ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

ご注文はごりらですか?

    • Good
    • 11

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/01/01(金) 18:10:44

    あけましておめでとうございます。

    タイトル通りのほのぼのSSです


    ーーーーーーーーーー




    ◇ラビットハウス◇


    チノ「倉庫の整理をしていたらこんな物が出てきました」つ 握力計

    ココア「あっ、懐かしい」

    チノ「どうですか?計ってみませんか?」

    ココア「うん、良いよ。握力計るのなんて久しぶりだなぁ」

    チノ「そうですね。普段は年に一回、体力測定の時くらいしか使いませんもんね」

    ココア「ちなみにチノちゃんは幾つだったの?」

    チノ「13キロです」

    ココア「可愛い数字だね!」

    チノ「可愛い数字じゃないです。これでも父よりは上なんですよ」

    ココア「へぇー、幾つだったの?」

    チノ「12キロです。お父さんも成長してるのですが、毎年1キロ勝ってるんですよ」フフン

    ココア(娘に花を持たせるお父さんの鏡!)

    チノ「私も伊達にバリスタの仕事をやってませんからね」

    ココア(ここは私も花を持たせるべき…だよね?)
  2. 2 : : 2016/01/01(金) 18:15:58
    期待です!
  3. 3 : : 2016/01/01(金) 18:21:49


    ココア「え〜いっ」ふにゅっ

    チノ「……」

    ココア「あっれー?4キロだー、おっかしいなぁ?」

    チノ「………」

    チノ「そういうのは良いのでちゃんとしてください」ムスッ

    ココア「えへへ、ごめんね」

    チノ「謝らなくて大丈夫ですから早く。リゼさんにも後でやってもらおうと思うので」

    ココア「今日はお店が休みだから、3人で遊ぶんだよね!」

    チノ「そうです。でも誰に説明してるんですか?」

    ココア「一度言えば忘れないんだよ!」

    チノ「自分にですか…」

    ココア「よぉーしっ、お姉ちゃん頑張っちゃうぞー!」

    チノ「はい。頑張ってください。お姉ちゃんではないですが」

    ココア「そんな!!!」

    チノ「やらないんですか?」

    ココア「やるよ!」

    ココア(ここですごい数字出せば、チノちゃんもお姉ちゃんって呼んでくれる筈だよね?)

    ココア「えいっ!」ギュッ!

    チノ「…」ドキドキ




    バキッ…バキバキッ!


    チノ「?!」





    ベキボキ!バキ!!!












    握力計だったもの「チーン」(粉々)






    ココア「ふう。幾つだった?」






    チノ「………」


  4. 4 : : 2016/01/01(金) 18:24:25
    >>2

    ありがとうございます!
  5. 5 : : 2016/01/01(金) 18:29:21

    ☆★☆


    ◇大通り◇


    リゼ「約束の時間までにはまだ余裕があるな…よしっ、洋服でも見ていくか!」

    スタスタ

    リゼ「あっ、これ、可愛い…。でも少しフリフリが多すぎて似合わないかな?…んん、でも可愛い…」


    バタバタバタバタ‼︎


    リゼ「ん?あれは、チノ?」



    バタバタバタバタ!!!



    チノ「はぁ…はぁ…、大変です!!」

    リゼ「どうしたんだ?まだ約束の時間じゃないのにそんなに慌てて」

    チノ「コ、ココアさんがゴリラに!」

    リゼ「ココアがゴリラ?あのウホウホいう動物にか?取り敢えず落ち着け」

    チノ「…すいません。少し取り乱してました」

    リゼ「少しってレベルじゃなかったけどな」

    チノ「正確には中身も外見もココアさんなのですが──」

    リゼ「それは普通にココアなんじゃ…」

    チノ「──握力計を粉々に砕きました」

    リゼ「握力がゴリラ並みに?!」



    ココア「もうっ、チノちゃん待ってよ〜」タッタッタッ

    チノ「ああっ、噂をすれば何とやらです。リゼさん気を付けて」ススッ

    リゼ(自然な流れで盾にされた)

    リゼ「よ、よぉココア。調子はどうだ?」

    ココア「あ、リゼちゃん!えっと、今日はね、握る力がライオンの噛む力よりあるよ」

    リゼ「自覚ありなのか?!」

    ココア「チノちゃん?なんで逃げたの?」

    リゼ「ここには自覚ないのか!!」

    チノ「近づかないでください」

    ココア「はっ!…そんな、酷い、これが反抗期…なのかな?」バキッ

    チノ「ひぃっ」

    リゼ「…ナチュラルに煉瓦を砕くなよ。人の家なのに」

    ココア「はぁ、走ったら甘いもの食べたくなってきちゃった。甘兎庵に行かない?」

    チノ「その意見には賛成ですが、ココアさんはまず握力をどうかなさったらどうですか?」

    ココア「大丈夫大丈夫。さっ、行こっ!」

    リゼ(ゴリラって本気出せば握力1t近くあるんだけど本当に大丈夫なのか?)

    チノ(大丈夫じゃないです)

    ココア(ファ◯チキください)

    リゼ(こいつら!直接脳内に!)

  6. 6 : : 2016/01/01(金) 18:30:18
    期待させていただきます!
  7. 7 : : 2016/01/01(金) 18:50:21


    ☆★☆


    ◇甘兎庵◇


    ココア「ふぅ。取り敢えず生バナナを3本」

    千夜「あら?ココアちゃんってそんな生ビール感覚でバナナを注文する子だったかしら?」

    ココア「フッ。三日月の果実を3本」

    千夜「言い方変えてもやっぱりバナナなのよねぇ」

    チノ「あの、別にバナナを食べに来たわけではないので私達の分まで注文しなくて大丈夫ですよ」

    ココア「違うよ、私1人で食べるんだよ?」

    リゼ「甘いものを食べに来たのじゃないのか?!」

    ココア「どっちも同じ甘味だからきっとオッケーだよ」

    チノ「わざわざバナナを食べに甘兎庵に来なくても良いかと思いますが…」

    ココア「バナナは栄養豊富なんだよ!!」

    リゼ「別にバナナを否定したわけじゃないんだけどな」

    ココア「彼方のお客様に三日月の果実を1つ」スッ

    青山「あっ、結構です」

    リゼ「だから、そういうのはBARでやれって」


  8. 8 : : 2016/01/01(金) 18:51:59
    >>6
    頑張ります!
  9. 9 : : 2016/01/01(金) 18:52:29


    千夜「ココアちゃん、また風邪でも引いたのかしら?」

    チノ「いえ、違います。話すと長くなるのですが…」

    千夜「何か理由があるのね。聞かせてくれない?」

    チノ「はい。────実はココアさんの握力がゴリラ並みになってしまったんです。そしたら好物まで変わったしまったみたいで…」

    リゼ(短い!)

    千夜「あらあら〜、つまりココア・ココアちゃんなのね」

    リゼ「ゴリラの正式名称みたいな呼び方してやるなよ!」

    ティッピー『ゴリラの正式名称はゴリラ・ゴリラじゃな』

    青山「次に書くのは、ゴリラになったバリスタなんてどうかしら?」

    ゴコア「ほぇぇ、上手くいけば映画化とかするのかな?」

    チノ「!──大変です!名前が!」

    リゼ「ゴリラに近付いてるのか!?」


  10. 10 : : 2016/01/03(日) 05:00:22

    ゴコア「え?私は私ウホよ? 」

    千夜「おかしくないウホね」

    チノ「千夜さん。乗っかるのやめてあげて下さい」
  11. 11 : : 2016/01/03(日) 05:02:08


    シャロ「はぁー、バイト疲れた…」

    千夜「あらぁ、シャロちゃん。いらっしゃい」

    リゼ「おお、シャロか。仕事お疲れ様」

    シャロ「リ、リリリ、リゼ先輩!?それにみんな!!なんで居るの!?!?」

    チノ「シャロさん!ココアさんが大変なんです!」

    シャロ「ココアが?」

    ゴコア「〈◉〉〈◉〉」ジーッ

    リゼ(めちゃくちゃシャロの方見てる!)

    チノ(目が怖いです!!)

    ゴコア「うっ!!」ほっ

    シャロ「ど、どうしたの!ココア」

    ゴリア「ウぅぅっ!!!」フラフラ

    チノ「あぁっ!更に名前表記が!!」

    リゼ「ココア!!!」

    ゴリア「……」ジリジリ

    シャロ「何?なんでジリジリと近付くの?!あと名前表記って何!?!?」


    ゴリア「き……ろ」ジリジリ


    シャロ「え?」


    ゴリア「黄色…」ジリジリ


    シャロ「ココ…ア?」


    ゴリア「黄色!バナナ!食べる!!」ダンッ


    ゴコアは跳んだ。

    その姿はまさに兎!!


    シャロ「きゃあぁぁぁっ!!!」

  12. 12 : : 2016/01/03(日) 05:04:10

    ガキンッ!!!

    ゴリアの脅威がシャロに届く事は無く、代わりに何かの音が響いた。

    リゼ「シャロ!逃げろ!!」

    シャロ「リゼ先輩…これは?」

    リゼがシャロとゴリアの間に立ち塞がる。

    リゼ「良いから早く逃げろ!!私も長くは持たない!!」

    シャロ「でも…」

    リゼ「いけっ!!!!!」

    シャロ「は、はい!!」

    千夜(『ツッコミがログアウトしました』)

  13. 13 : : 2016/01/03(日) 05:08:06


    リゼ(困ったな。握力以外はココアなわけだし銃で傷付けるわけにもいかないよな)

    ゴリア「モガァ」

    失われた言語。

    ゆらりと振るわれる右腕。

    ただし握力はゴリラ。

    リゼ(掴まれたら終わり!!)

    タンッ!

    リゼは後ろへ跳ねた。

    時間稼ぎが目的なので反撃する必要がないから。

    下手に回避すれば左腕がとんでくる。

    それを含めてのバックステップ。

    だが同時にゴリアもリゼを撃退する事が目的ではなかった。

    ダッ!

    ゴリアは駆けた。

    動いた左腕は攻撃ではなく、駆ける為に振るわれただけ。

    ゴリラは心優しき生き物。断じて親友を襲ったりしないのだ。

    千夜(襲われるシャロちゃん!悲しい!!)

    目的は甘兎庵から飛び出したシャロのみ。

    リゼ「させるか!」

    バックステップのまま体勢を下げ
    両足で隣を駆け抜けようとするココアの右脚を挟む。

    ゴリア「モカ?」

    リゼ「許せココ ────何ッ!?」



    ただしこの時リゼはある事を失念していた。外見がココアである為、二足歩行を崩せば倒れると思っていた。

    そこを取り押さえようとしていた。
    だがそれは二足歩行が前提だった。

    そう。ゴリラは

    リゼ「4足…歩行!」

    青山「なん…だと?」

    千夜「万事…急須ね」

    チノ「なんでですか!諦めないでください!」

  14. 14 : : 2016/01/03(日) 05:11:46


    誰もが諦めたその時。

    チノ「諦めてないです!」

    甘兎庵の扉が勢い良く開かれた。

    チノ「ティッピーは黙っててっ!」

    バンッ!!

    シャロ「先輩!!!!!!」

    リゼ「なっ!?馬鹿!なに戻って来て────」

    シャロ「ごめんなさい…リゼ先輩。でも…、これ以上リゼ先輩の傷付く姿なんて…私、見たくないんです…」ウルッ

    リゼ「シャロ、ありがとう。…まだ無傷だけど」

    ゴリア「モカモカ?モカ?」

    シャロ「状況は確かに分からないわ。でもね…」

    シャロはポケットからプラスチックの容器を取り出す。

    シャロ「これ以上先輩や千夜のお店を傷付けるのは、ココアでも許さないんだからぁー!!!!!」


    ジャラジャラ…


    シャロ「ごくんっ!!」


    青山「あれは…!」

    リゼ「カフェイン錠剤!!!」

    シャロ「カラダもってくれよ!!3倍カフェイン錠だっ!!!!!」

  15. 15 : : 2016/01/03(日) 05:16:59


    千夜「聞いた事があるわ。穏やかで純粋な心を持った戦士が、強い怒りをきっかけに金髪に──」

    シャロ「金髪は元からよぉおおおおお!!!」ゴゴゴゴゴゴゴ

    千夜「ナイスツッコミ。それでこそシャロちゃん」グッb

    千夜「でも真にツッコむ所はそれはカフェイン拳じゃなくてコーヒーサイヤ人って所ね」

    シャロ「そんなの知らないわよっ!───ウッ!」

    千夜「シャロちゃん?!大丈夫!?」

    シャロ「うぅっ!…うへっうへへへ」ウヘヘヘヘヘヘ

    チノ「!…おかしいです。いつものカフェイン酔いとは違います」

    リゼ「身体が、耐えられなかったのか?」
  16. 16 : : 2016/01/03(日) 20:10:10
    面白いw期待です!
  17. 17 : : 2016/01/03(日) 22:24:27
    ごちうさ見たことないのに面白さが伝わってきてやばいです。
  18. 18 : : 2016/01/05(火) 07:18:25
    >>16
    ありがとうございます!
    通りすがりさんのSSも拝見させてもらってます!

    >>17
    これを機に原作やアニメを是非です!
  19. 19 : : 2016/01/05(火) 07:18:49


    ゴリア「モカっ、モカモカモカモカァ!」

    リゼ「モカモカ…?──はっ!」

    千夜「どうしたの?」

    リゼ「鳴き声だよ鳴き声」

    チノ「うほうほじゃなくて…モカモカ?…あっ、モカさんの名前!」

    リゼ「そう。ゴリアの中にはまだ、ココアが残っているんだ!」

    チノ「じゃあモカさんを呼べば!」

    リゼ「いや、間に合わない…。来る頃にはココアは、もう…」

    チノ「そんな!それじゃココアさんは助けられないんですか!?」

    リゼ「いや、あるぞ。ココアの心を呼び戻すんだ。チノ、お前がな」

    チノ「なんで私なんですか!?それに、私には無理です…」

    リゼ「一緒に住んでるんだ。チノができなきゃ誰も出来ない」

    チノ「でも…」

    リゼ「あいつを引き戻すにはチノ。お前の力が必要なんだよ!」

    チノ「………」

  20. 20 : : 2016/01/05(火) 07:19:13


    ゴリア「モカモカモカモカカカカ」ブンッブンッブンッブンッ

    シャロ「ウヘッ…ウヘヘヘヘヘヘヘwwww」スカッスカッスカッスカッ

    千夜「凄い、シャロちゃんの戦闘力がドンドン上がっていくわ…!」
  21. 21 : : 2016/01/05(火) 07:32:43


    リゼ「確かに注意を引いたら襲われる可能性もある。死因がモフモフされたからって事もあり得る」

    リゼ「でも、チノはココアがずっとあのままでも良いのか!?ココアはお前にとってその程度の存在だったのか!?」

    チノ(…私にとっての……ココアさん?)






    ココア『チーノちゃんっ』

    (最初は変なお客さんにしか思ってませんでした)




    ココア『ココア風呂だよぉーっ』

    (余計な御世話ばかりして勝手に空回りして)




    ココア『チノちゃんのためにセロリパン作った!』

    (私の為に頑張ってレシピの開発をしたり)




    ココア『でもね なんだか 初めて姉妹喧嘩っぽいこと出来てちょっと嬉しかったかも…』

    (不思議な気持ちにさせられたりもしました)




    ココア『私…お姉ちゃんとしてチノちゃんのお手本になる生き方出来てるのかな…』

    (お手本になんかなれてません。でもココアさんの事は嫌いじゃなかったです)




    ココア『ごめんねチノちゃん いつものチノちゃんも大好きだからー!』

    (でも、今のココアさんは嫌いです)




    ココア『帽子よりも魚よりも チノちゃん大事!』

    (バナナよりもゴリラよりも ココアさんの方が大事です)




    ココア『大人になってもここで3人で働けたら素敵だね』

    (私も3人が良いです、3人じゃないと嫌です。だから…、だから!)




    チノ「だから帰って来て ココアお姉ちゃん…」ポロポロ



    ゴリア「!」


    ピカ──────ンッッッッ!!!!!

  22. 22 : : 2016/01/05(火) 07:34:54


    千夜「眩しい!」

    青山「でも、この光…温かいです」

    リゼ「ココアは!?ココアはどうなったんだ!」

    チノ「大丈夫ですよ」


    光の中心から1つの影が此方へ近付いてくる。

    それは紛れもなく二足歩行をしていた。


    ココア「…ただいま。チノちゃん」

    チノ「お帰りなさい。ココアさん」

    ココア「ごめんねいっぱい心配かけちゃって…私お姉ちゃん失格だよ…」

    チノ「そんな事ないですよ。私にとってココアさんは、立派とは言えないし、誇れるかと問われるとNoですが───大好きなお姉ちゃんです!」

    ココア「!!ヂ…ヂノぢゃぁん。わたじもだいずぎだよぉおおっ!」ダバーッ

    チノ「あぁ、もう泣かないで下さい」

    リゼ「これで一件落着だな」

    シャロ「ウヘヘウェイウェーイwww」

    千夜「うふふっ、そうねぇ」

  23. 23 : : 2016/01/05(火) 07:35:37


    チノ「ココアさん…いや、ココアお姉ちゃんだーい好き」

    ココア「私の方がチノちゃん大好きだよ!!」

    リゼ「張り合うなよ…」


    千夜「…ふふっ」


    シャロ「テラワロス」


    青山「うふふっ」


    ココア「えへへっ」


    チノ「ぷぷっ」


    リゼ「あははっ」




    みんな「「「「「「「あはははははははっ」」」」」」」























    ココア「っと、いう夢を見たの。だから、お姉ちゃんって呼んでっ!」

    チノ「なんでですか。脈絡がなさ過ぎます。良いから仕事してください」

    ココア「お願いだよぉ、私ゴリラになっちゃうかもよ?ほら!お願い!助けると思って!」

    チノ「嫌です」

    ココア「そんなぁ〜っ」

    リゼ「でも握力計か…私も昔壊した事があったな」

    チノ「……」

    ココア「……」

    チノ&ココア「「ゴリライゼ!!」」

    リゼ「ゴリラでも無ければライゼでも断じてない!!!」

    チノ「じゃあどうやって握力計を壊したんですか?」

    リゼ「ああ、普通に銃で壊してしまっただけだ」

    ココア「あっ、それなら普通だね!納得だよ!」

    チノ「ココアさん。普通じゃないです」

    ココア「わ、私は普通だよ!!ねっ、リゼちゃん」

    リゼ「いや、言葉のあやで普通って使ったけど、普通じゃないと思うぞ」

    ココア「裏切られた!酷い!」

    リゼ「裏切るもなにもないと思うんだけど」

    チノ「往生際が悪いですよ」

    ココア「うわーん、妹と心の友がお姉ちゃんを虐めるよぉ」

    リゼ「どこのガキ大将だ!」

    チノ「だから、妹じゃないですってばっ!」

    ココア「本当の妹じゃなくてもお姉ちゃんでいさせてぇええ」

    チノ「意味が分かりません。ああもう、くっ付かないでください!」

    リゼ「うわっ、押すな、溢れる!」

    ココア「リゼちゃんもお姉ちゃんって呼んでぇぇ」

    リゼ「見境なし!?」

    チノ「だから仕事してくださいってばっ」




    ワイワイギャーギャー



    …………………

    ……………

    ……

  24. 24 : : 2016/01/05(火) 07:37:27


    『こうして今日も平和なRabbit horse』

    『皆さんぜひお越し下さい!』

    『(^_^)<おいでやすどすえ』
  25. 25 : : 2016/01/05(火) 07:53:35


    ココア「うわぁっ、凄いセンスのあるチラシだーっ誰が書いたのかなぁー?」チラッ

    チノ「………」

    リゼ「………」

    ココア「………」ドキドキ







    チノ「これ、書いたのココアさんですよね」

    リゼ「馬(horse)だもんな」

    ココア「えっ!?なんで分かったの?!」

    リゼ「馬(鹿)だからな」

    チノ「学習してください」

    ココア「そんな学習してるよ!おいでやすどすえだよ!」

    リゼ「おいでやすどすえがおかしいんだよ」

    チノ「なんで英語と漢字で学習しなかったんですか」

    ココア「うぅっ、分かった…。私修行の旅に出るよ!」

    チノ「いや、仕事をしてください」

    ココア「行ってきます。立派なバリスタになって帰ってくるからね!」

    チノ「だから仕g」


    扉<バンッ


    リゼ「行ってしまったな」

    チノ「まあ、夜になってお腹が空いたら帰ってくるでしょう…」

    リゼ「あいつは犬か!」

    チノ(全く…。早く帰ってきてくださいね、ココアさん)



    ◇◆◇


    ココア(た、高い〜!墜落しないかなぁ、心配だよぉ)

    チノの思いとは裏腹に、ココアは飛行機を使い国外へ飛んだ。

    初めての海外旅行だった。

    ココア(まさか金属探知機に3回も引っかかるなんて)

    ココア(でもめげない。チノちゃん、お姉ちゃん新天地で頑張って修行してくるからね!)

    新天地。アフリカ

    そこで4足歩行をする霊長類と出会うのはまた別の話。





    おしまい


  26. 26 : : 2016/01/05(火) 07:56:44
    終わりです。ここまで見てくださった方ありがとうございました!
  27. 27 : : 2016/01/05(火) 08:01:09
    お疲れ様でした!可愛かったです!
  28. 28 : : 2016/01/05(火) 12:34:04
    お疲れ様です!
    >>21とかすごく感動しました!
  29. 29 : : 2016/01/06(水) 08:24:38
    なんか勢いが凄まじいです

    とても面白かったです!
    お疲れ様です
  30. 30 : : 2016/01/07(木) 05:36:17
    >>27
    ありがとうございます!可愛く書けてたなら良かったです!

    >>28
    「ピッカーン」と、「ピカーンッ」で迷ってましたが、ピカーンッにして良かったです!(絶対そこじゃない)

    >>29
    ほぼ勢いだけのSSですが、楽しんで貰えて良かったです!ありがとうございます!
  31. 31 : : 2020/10/26(月) 15:33:17
    http://www.ssnote.net/users/homo
    ↑害悪登録ユーザー・提督のアカウント⚠️

    http://www.ssnote.net/groups/2536/archives/8
    ↑⚠️神威団・恋中騒動⚠️
    ⚠️提督とみかぱん謝罪⚠️

    ⚠️害悪登録ユーザー提督・にゃる・墓場⚠️
    ⚠️害悪グループ・神威団メンバー主犯格⚠️
    10 : 提督 : 2018/02/02(金) 13:30:50 このユーザーのレスのみ表示する
    みかぱん氏に代わり私が謝罪させていただきます
    今回は誠にすみませんでした。


    13 : 提督 : 2018/02/02(金) 13:59:46 このユーザーのレスのみ表示する
    >>12
    みかぱん氏がしくんだことに対しての謝罪でしたので
    現在みかぱん氏は謹慎中であり、代わりに謝罪をさせていただきました

    私自身の謝罪を忘れていました。すいません

    改めまして、今回は多大なるご迷惑をおかけし、誠にすみませんでした。
    今回の事に対し、カムイ団を解散したのも貴方への謝罪を含めてです
    あなたの心に深い傷を負わせてしまった事、本当にすみませんでした
    SS活動、頑張ってください。応援できるという立場ではございませんが、貴方のSSを陰ながら応援しています
    本当に今回はすみませんでした。




    ⚠️提督のサブ垢・墓場⚠️

    http://www.ssnote.net/users/taiyouakiyosi

    ⚠️害悪グループ・神威団メンバー主犯格⚠️

    56 : 墓場 : 2018/12/01(土) 23:53:40 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    ごめんなさい。


    58 : 墓場 : 2018/12/01(土) 23:54:10 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    ずっとここ見てました。
    怖くて怖くてたまらないんです。


    61 : 墓場 : 2018/12/01(土) 23:55:00 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    今までにしたことは謝りますし、近々このサイトからも消える予定なんです。
    お願いです、やめてください。


    65 : 墓場 : 2018/12/01(土) 23:56:26 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    元はといえば私の責任なんです。
    お願いです、許してください


    67 : 墓場 : 2018/12/01(土) 23:57:18 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    アカウントは消します。サブ垢もです。
    もう金輪際このサイトには関わりませんし、貴方に対しても何もいたしません。
    どうかお許しください…


    68 : 墓場 : 2018/12/01(土) 23:57:42 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    これは嘘じゃないです。
    本当にお願いします…



    79 : 墓場 : 2018/12/02(日) 00:01:54 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    ホントにやめてください…お願いします…


    85 : 墓場 : 2018/12/02(日) 00:04:18 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    それに関しては本当に申し訳ありません。
    若気の至りで、謎の万能感がそのころにはあったんです。
    お願いですから今回だけはお慈悲をください


    89 : 墓場 : 2018/12/02(日) 00:05:34 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    もう二度としませんから…
    お願いです、許してください…

    5 : 墓場 : 2018/12/02(日) 10:28:43 このユーザーのレスのみ表示する
    ストレス発散とは言え、他ユーザーを巻き込みストレス発散に利用したこと、それに加えて荒らしをしてしまったこと、皆様にご迷惑をおかけししたことを謝罪します。
    本当に申し訳ございませんでした。
    元はと言えば、私が方々に火種を撒き散らしたのが原因であり、自制の効かない状態であったのは否定できません。
    私としましては、今後このようなことがないようにアカウントを消し、そのままこのnoteを去ろうと思います。
    今までご迷惑をおかけした皆様、改めまして誠に申し訳ございませんでした。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
be_ta0620

ベータ

@be_ta0620

「ご注文はうさぎですか?」カテゴリの最新記事
「ご注文はうさぎですか?」SSの交流広場
ご注文はうさぎですか? 交流広場