ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

ココア「チノちゃんとラブラブするよ!!」チノ「しません!」

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/11/23(月) 10:02:38
    知っている方は少ないと思いますがお久しぶりです
    ダンロンファンから重度なごちうさ勢になって帰ってきました

    ゆっくり書くつもりなのでよろしくです

    あと上に含まれてないキャラも出るかもなんでよろです
  2. 2 : : 2015/11/23(月) 10:15:17
    チノ「ココアさん、起きてください」

    チノ「…お姉さんに電話でもしましょうか」

    ココア「おはようチノちゃん!!」ガバッ

    チノ「はぁ…はやく準備してください、学校に遅れてしまいますよ」

    ココア「チノちゃんがちゅーしてくれたら準備するよ」

    扉<バタン
  3. 3 : : 2015/11/23(月) 10:42:53
    ココア「チノちゃん待ってよ〜」

    ココア「もう酷いよチノちゃん!先に行っちゃうなんて」

    チノ「すみません、ココアさん」

    ココア「もう怒ってないからいいyチノ「こっちなので」

    ココア「チノちゃん〜」
  4. 4 : : 2015/11/23(月) 11:10:59
    ココア「千夜ちゃん!」

    千夜「あら、ココアちゃんおはよう」

    ココア「うん、おはよう!ってそうじゃなくて」

    千夜「どうしたの?」

    ココア「最近チノちゃんが酷いんだよー」

    千夜「ココアちゃん、ちゃんと謝った?」

    ココア「なんで私が悪いことした前提なの!?」
  5. 5 : : 2015/11/23(月) 11:16:23
    千夜「あら、ごめんなさい、でチノちゃんがどうかしたの?」フフッ

    ココア「えっとね、私を起こしてくるとき毎回「お姉さんに電話でもしましょうか」って言ってくるの」

    千夜(それが効果的だからじゃないかしら)

    ココア「前まではお姉ちゃんって呼んで起こしてくれたのに〜」メソメソ

    千夜「きっと恥ずかしいのよ」ナデナデ

    ココア「それだけじゃないの!!」

    千夜「他にも何かあるの?」

    ココア「トマトいっぱい入れてくるし、もふもふさせてくれないし」

    千夜「うんうん」

    ココア「それと……私と一緒にいてくれないの」

    千夜「!」

    ココア「千夜ちゃんどうしよう…私嫌われたのかな」ウルウル

    千夜「そんなことないわよ!ココアちゃん元気出して!」

    ココア「そう…だよね、うん!そうだよね!」

    千夜「で本当にココアちゃんは悪いことしてないのね?」

    ココア「まだ疑ってたの!?」

    千夜「冗談よ」フフッ
  6. 6 : : 2015/11/23(月) 13:58:26
    涙流しながら期待してます!!、
  7. 7 : : 2015/11/23(月) 15:35:28
    >>6ありがとうございます!
  8. 8 : : 2015/11/23(月) 15:38:55
    >>7は自分ですwすいません


    千夜「でもチノちゃんが理由なくココアちゃんのこと避けるとは思えないわ、でもココアちゃんは心当たりないのよね」

    ココア「……」

    千夜「どうしたの?」

    ココア「…お姉ちゃん」

    千夜「え?」

    ココア「お姉ちゃんが来てから少し様子がおかしい気がする」

    千夜「モカさんがきてからね、モカさんに電話で聞いてみたら?」

    ココア「お姉ちゃん機械弱くて…文通してるから今度聞いてみるよ」


    ココア「そうだ、リゼちゃんにも相談してみよう」
  9. 9 : : 2015/11/23(月) 22:46:51
    ココア「あ!リゼちゃんとシャロちゃん、おーい!」フリフリ

    リゼ「あれ?ココアじゃん、どうかしたか?」

    ココア「ちょっと相談したいことがあって」

    シャロ「私席外そうか?」

    ココア「ううん、シャロちゃんも話聞いて」

    シャロ「わかったわ、で何があったの?」

    ココア「実はね、チノちゃんが構ってくれないの」

    リゼ&シャロ「ココア何したの?」

    ココア「もう!なんで私を疑うわけ!?」

    リゼ「いや、だって…なぁ?シャロ」

    シャロ「ええ、今までだって大抵ココアが原因だし…」

    ココア「酷いよ二人とも!」

    リゼ「ココアは何もしてないのか、ただチノが理由なしに避けるとは思えないしな」ウーン

    シャロ「チノちゃんと直接話してみれば?」

    ココア「構ってもらえないんだってば〜」

    リゼ「つきまとってれば話すチャンスがあるんじゃないか?」

    ココア「!」

    リゼ「なーんてな、あれ?ココアは?」

    シャロ「走って行っちゃいました」

    リゼ「冗談なのに…メール送っとくか」


    ココア(リゼちゃんの作戦でいこう!あと手紙お姉ちゃんにおくろう!)
  10. 10 : : 2015/11/24(火) 16:17:54
    手紙が届くまでの間

    ココア「チノちゃん!一緒にココア風呂だよ!」

    チノ「もう入りました」
  11. 11 : : 2015/11/24(火) 16:18:21
    ココア「チノちゃん!歯の点検するよー!」

    チノ「昨日歯医者に行ってきました、問題ないそうです」
  12. 12 : : 2015/11/24(火) 16:19:13
    チノ「…」モグモグ

    ココア(ご飯食べてる…今なら一緒に食べれる!)

    ココア「チノちゃん!一緒にご飯食べよ!!」

    チノ「お腹いっぱいです、ごちそうさま」
  13. 13 : : 2015/11/24(火) 16:19:43
    ココア「ええーい!」トビツキ

    チノ「うわぁ!」ササッ

    チノ「危ないです!やめてください!」プンスカ

    ココア「ごめんなさい…」

    チノ「もう…怪我なくてよかった」ボソッ

    ココア「なんか言った?」

    チノ「なんでもないです!」
  14. 14 : : 2015/11/24(火) 16:20:17
    ココア「最終手段を使うよ!」

    『死して償います』

    チノ「大変です!ココアさんがケチャップで死んでます!」

    リゼ「あれ?デジャブ」
  15. 15 : : 2015/11/24(火) 16:21:06
    ココア「奥の手だよ!」

    リゼ「最終手段と何が違うんだよ!?」

    ココア「ティッピーをもふもふするフリしてチノちゃんをもふもふするよ!」

    リゼ(前にもそんなことしてたよな?)


    ココア「ティッピー!!」トビツキ

    ティッピー「やめろー!!!」
    チノ「またですか!?」ササッ

    チノ「何回言わせればいいんですか」ゴゴゴ

    ココア「もう二度としません」正座

    チノ「私だけじゃなくティッピーまで危ないところだったんです、本当にやめてください」

    ココア「色々試したけど余計怒らせちゃたな…しばらく大人しくしてよう」
  16. 16 : : 2015/11/26(木) 23:10:23
    ココア可愛い~
  17. 17 : : 2015/11/27(金) 17:13:04
    >>16ですよね!ココア可愛い!!
    (推しは千夜)
  18. 18 : : 2015/11/27(金) 17:13:14
    『お姉ちゃんへ
    お母さんやお兄ちゃん達は元気にしてる?
    私は元気だよ!
    でも最近チノちゃんの様子がおかしいんだ…仲直りしたいんだけど
    どうすればいいかな?ココアより』
  19. 19 : : 2015/11/27(金) 17:15:41
    ココアたそ~
  20. 20 : : 2015/11/29(日) 16:53:06
    モカ「喧嘩してるのかしら、家の電話で電話してみよっと」

    プルルルル

    ガチャ

    ココア『もしもし』

    モカ「もしもしココア?」

    ココア『お、お姉ちゃん!?』

    モカ「大丈夫?チノちゃんと何かあったの?」

    ココア『えっとね、最近避けられてる気がするの…』

    モカ「もう!ココア何したの?」

    ココア『どうしてみんな私から疑うの!?』

    モカ「冗談よ」ハハッ

    ココア『も〜』
  21. 21 : : 2015/12/01(火) 21:45:34
    モカ「まぁまぁ、それよりチノちゃんのことでしょ」

    ココア『う、うん、でもどうしたらいいんだろう…』

    モカ「こんなときは」

    ココア『?』

    モカ「お姉ちゃんに任せなさい」ペカー

    ココア(電話越しなのにオーラを感じるよ!!)

    ココア『…ってそうじゃなくて!』

    モカ「ん?」

    ココア『任せなさいって、お姉ちゃん何するの?』

    モカ「内緒ー!何かあるまで大人しくしてなさい」






    モカ「さて………どうしようかな」アハハ

    モカ「様子見に行っちゃおうかな!」
  22. 22 : : 2015/12/05(土) 09:56:31
    モカ「久しぶり〜でもないか、ちょっと街を回ってからラビットハウスに行こうかしら」

    モカ「あら?」



    リゼ「あの2人のことどうにかしたいよな」

    シャロ「ええ、でも本当にチノちゃんはココアのことを避けてるんですか?」

    リゼ「うん、必要最低限しか話してるとこを見ないからな」

    千夜「どうしてココアちゃんを避けてるか聞いてみた?」

    リゼ「何でもありませんの一点張りだよ」ヤレヤレ

    千夜「どうしたものかしらね…」
  23. 23 : : 2015/12/06(日) 13:38:43
    モカ「……わっ!」ダキッ

    リゼ「うわぁ!だ、誰だ!?」

    モカ「う〜ん、相変わらず可愛いね」

    シャロ「モカさん!?」

    千夜「こんにちわモカさん」

    モカ「こんにちわ」モフモフ

    リゼ「離れろー!!」ジタバタ
  24. 24 : : 2015/12/06(日) 14:13:41
    リゼ可愛い~♡

    >>1 私もごちうさ大好きです♪
    みんな可愛らしくていいですよね~!^^

    期待してます!^^
  25. 25 : : 2015/12/06(日) 21:01:26
    僕もごちうさ好きです。
    あと、更新ガンバって下さい
  26. 26 : : 2015/12/08(火) 07:31:33
    >>24
    >>25ありがとうございます!
  27. 27 : : 2015/12/08(火) 07:32:40
    モカ「さてさて、モフモフ成分をたっぷり蓄えたところでみんなに話があるんだ」

    リゼ「」ガクガク

    シャロ「リゼ先輩大丈夫ですか?」

    リゼ「だ、大丈夫だ」

    千夜「私もリゼちゃんをモフモフしてみようかしら」

    リゼ「やめてくれ!?」

    モカ「もー!!私の話聞いてよ!リゼちゃんモフモフしちゃうぞ!!」

    リゼ「なんでだよ!」
  28. 28 : : 2015/12/08(火) 21:23:31
    面白いです
    期待です(*`・ω・*)ゞ
  29. 29 : : 2015/12/11(金) 18:41:29
    >>28ありがとうございます!
  30. 30 : : 2015/12/11(金) 18:43:37
    シャロ「モカさん話ってなんですか?」(話が進まないから私が進めなきゃ!)

    モカ「おお、そうだったね
    実はココアから相談されてることがあって」

    千夜「それってチノちゃんのことですか?」

    モカ「千夜ちゃん大正解!モフモフ権GETだよ!」

    千夜「嬉しい」パァァ

    リゼ「それは後にしてくれ…」ハァ

    モカ「そうね、そこであの二人を仲直りさせる協力をして欲しいの」

    シャロ「私手伝います!」

    千夜「私も〜」

    リゼ「私もだ」

    モカ「それとメグちゃんとマヤちゃんと青山さんも」

    リゼ・シャロ・千夜「え?」
  31. 31 : : 2015/12/11(金) 18:44:48
    リゼ「連れてきたぞー」

    マヤ「こんにちわ!モカ姉」

    モカ「こんにちわ、マヤちゃん」

    シャロ「こっちも連れてきました」

    メグ「こんにちわ」

    モカ「メグちゃんもこんにちわ……千夜ちゃん大丈夫?」

    千夜「だ、大丈夫です」ハァハァ

    青山「こんにちわ〜」

    リゼ「それでどうやって仲直りさせるんだ?」

    モカ「ーーって作戦なんだけど…」
  32. 32 : : 2015/12/12(土) 17:49:37
    期待です(≧∇≦)
  33. 33 : : 2015/12/15(火) 23:13:08
    >>32ありがとうございます
  34. 34 : : 2015/12/15(火) 23:13:13
    リゼ「いらしゃい、みんな」

    千夜「お邪魔するわね」

    シャロ「お、お邪魔します!」

    マヤ「リゼー、銃貸してー」

    メグ「マヤちゃん、いきなりすぎるよ」

    青山「ふふ」

    チノ「いらしゃいませ」
    (何故皆さんで来たのでしょう…?)
  35. 35 : : 2015/12/15(火) 23:38:50
    「……突入!」

    ダダダダ

    ダキッ

    チノ「!?」
    (や、柔らかい?)

    「相変わらずモフモフだぁ〜!」

    チノ「も、モカさん!?」
    (……大きい)

    モカ「そーだよ!あ、チノちゃんココア呼んできてもらえる?」

    チノ「は、はい…」

    モカ(うーん、少し嫌がっているように見える)

    チノ(何故こんなに大きいのでしょうか…抱きつかれると心地いいのに心地悪いです)


    コンコン

    チノ『ココアさん、モカさんがいらしゃってますよ』

    ココア「お、おお、お姉ちゃんが!?す、すぐ行くから待ってて」
  36. 36 : : 2015/12/16(水) 21:29:00
    ココア「なな、なんでお姉ちゃんがこっちに来てんの!?」

    モカ「お母さんがしばらくお店休めって」(本当は休ませてもらったんだけどね)

    ココア「お母さん1人でパン屋さん平気かな…」

    モカ「心配しない!お母さんの凄さはココアもわかってるでしょ」

    ココア「う、うん」
    (いつもは普通なのにパンを作るときだけは高速で動くもんね…)


    保登母「クシュン!…ココアが噂してるのねぇ」シュバババ

    器材たち「ヤメテェェェ」
  37. 37 : : 2015/12/19(土) 22:50:55
    モカ「とにかくお母さんは大丈夫だから!」

    ココア「うん…ところでなんでみんな集まってるの?」

    モカ「ふっふっふ、それはね……」

    ココア「?」クビカシゲ

    リゼ(なんで溜めるんだ…?)フツウニイエバイイノニ

    モカ「私がみんなを集めたからよ!」

    ココア「えぇー!?」ショウゲキ

    リゼ・シャロ・マヤ(そこ驚くとこ!?)

    メグ・青山・千夜(ココアちゃん(さん)面白い)

    チノ(…………ココアさんは相変わらずですね)フフッ

    ココア(!…チノちゃんが笑った!)
  38. 38 : : 2015/12/19(土) 22:55:00
    ココア「…」ボー

    シャロ「ココア?」

    ココア「……はっ!そ、そうだ、なんでみんなを集めたの?」

    モカ「それはね……みんなでお出かけしようと思ってね!」

    ココア「ヴェアアア!?」

    リゼ「う、うるさ…」キーン

    ココア「ヴェアアア」ゴメンナサイ

    シャロ「ココアどうしたの!?」

    ココア「ヴェアアアしか言えなくなっちゃったの…!」

    千夜「よかったぁ、治ったみたいね」

    ティッピー「ヴェアアア」

    マヤ「うつった!?」

    青山「この雄叫び…マスターが珈琲を零したときの叫びに似てる」ナツカシイ

    チノ(そりゃ、一緒ですもの)

    リゼ「にしてもなんだ?新手の感染病か?」

    ティッピー「ヴェアアア」

    マヤ「なんか、アレに似てるね。ポケモ」

    メグ「マヤちゃん!それ以上はだめだよ!」
  39. 40 : : 2015/12/23(水) 23:05:04
    ココア「無事にティッピーはいつも通りになったよ!」ヨシヨシ

    ティッピー「ヴェアアア♪」

    マヤ(治ってなくね!?)

    モカ「では、話を戻します」

    ココア「そうだった、えーとみんなでお出かけするんだよね。どこに行くの?」

    モカ「この前ピクニックを行った場所にもう一度行きたいなーって思ってるんだけど」

    ココア「今度はみんなでいけるんだー!」

    モカ「そうよ〜、じゃあ日にちを決めましょう♪」

    <ハーイ
  40. 41 : : 2015/12/25(金) 21:08:35
    ピクニック当日

    モカ「今回すり潰した唐辛子入りスコーンを持ってきました♪」

    ココア(ああ…またティッピーが食べるのが目に浮かぶよ。お姉ちゃんズルとかしないのになんで当たらないんだろう)

    モカ「もちろん見た目や匂いで判断出来ないようにしてるからね、はいみんなとって〜」

    ワイワイ

    モカ「せーの」パクッ

    ……シーン

    リゼ「ん?誰がハズレを食べたんだ?」

    ココア「ティッピー大丈夫?」

    ティッピー「うまいのぅ」

    ココア「ティッピーじゃないみたい」ホッ

    マヤ「美味しい!」

    モカ「ゔゔ」

    メグ「美味しいねマヤちゃん」

    青山「この美味しさを文字で表してみましょう」カキカキ

    シャロ「自分の小説はいいんですか?」フフッ

    千夜「あら?」チラッ

    モカ「唐辛子入りの作り忘れちゃったかなぁ??」ダラダラ

    千夜(みんな聞こえてなかったみたいね)フフッ
  41. 42 : : 2015/12/26(土) 18:00:38
    千夜「みんな、お茶でもどうぞ」

    ココア「ありがとう千夜ちゃん!」

    青山「いただきます〜」

    千夜「モカさんもどうぞ」

    モカ「いただくね」
    (水とかって飲まない方がいいって聞いたことあるなぁ…お茶は平気なのかな)

    ズズ

    モカ「!」
    (あれ!?辛味がおさまった!)

    千夜「どうかしました?」

    モカ「すっごく美味しいね!」

    千夜「本当ですか!ありがとうございます」
  42. 43 : : 2015/12/26(土) 21:54:14
    〜シャロの豆知識〜

    シャロ「唐辛子の辛さをお茶を飲んで収められた理由を教えるわね」

    「今回千夜が持ってきたお茶は緑茶なの。緑茶にはカテキンという皮膚や粘膜を保護する作用があるのよ、それが辛味を和らげてくれたの」

    「そういえば珈琲の苦味にも辛味を和らげる効果があるみたいね、辛いものを食べたあとはラビットハウスか甘兎庵に行けばいいわね」

    ココア「ま、負けてられない!私も豆知識を披露するよ」

    シャロ「あ、その他にも乳製品や酸っぱい物が効果あるみたい。牛乳やヨーグルトとかね」

    ココア「言おうとしてたのに〜!!」
  43. 44 : : 2015/12/30(水) 00:24:29
    ココア「美味しかったー!」

    マヤ「うまかったねー!……ん?」

    ココア「どうしたの?」

    マヤ「ここってボート借りれるんだ!メグ!スワンボートに乗ろうぜ!」

    メグ「疲れちゃうよ〜」

    マヤ「いいから!」グイグイ

    メグ「ふえぇぇぇ」
  44. 45 : : 2015/12/30(水) 10:52:46
    千夜「リゼちゃん私達も乗らない?」フフッ

    リゼ「ああいいぞ!私は三人用のボートのやつ乗りたい!」

    シャロ「リゼ先輩ー私も乗りますぅー!!」

    リゼ「カフェイン酔してるな!?誰だ飲ませたの!?」

    千夜「先行ってるわね」タッタッタ

    リゼ「待て千夜!お前だろ!」タッタッタ

    シャロ「先輩待ってぇ!」タッタッタ

    モカ「青山さん、一緒に乗りましょう?」

    青山「いいですよ」

    モカ「行きましょう!」

    青山「はい〜」

    モカ(後はあなた次第よ、頑張れココア)
  45. 46 : : 2016/01/01(金) 00:14:05
    ココア「行っちゃった」ポツン

    チノ「…そうですね」

    ココア「…」

    チノ「…」

    ココア「…チノちゃん!」

    チノ「は、はい!!」

    ココア「一緒にボート乗りませんか!?」(緊張で敬語になっちゃった!)

    チノ「いいですよ」(け、敬語?……冷たくしてたから怒ってるのでしょうか)
  46. 47 : : 2016/01/01(金) 00:15:14
    ココア「…」ギーコ
    (勇気出して話しかけないとね…!)

    チノ「…」ギーコ
    (意地悪が過ぎましたよね…きちんと謝りましょう!)

    「「……あ、あの」」

    ココア「あ、チノちゃんからでいいよ」

    チノ「いいえ、ココアさんからどうぞ」

    ココア「私はあとでいいから」

    チノ「良くないです、ココアさんから言ってください!」

    ココア「チノちゃんから!」

    チノ「ココアさんから!」

    ココア「チノちゃん!」

    チノ「ココアさん!」

    「「…アハハハハ」」

    ココア「もう、チノちゃんったらお姉ちゃんには遠慮しなくていいんだよ?」

    チノ「お姉ちゃんじゃありません」

    ココア「そこは遠慮してませんって言ってよぉ」

    チノ「…フフッ」
  47. 48 : : 2016/01/01(金) 00:19:06
    ココア「……あのね、チノちゃん」

    チノ「なんですか?」

    ココア「その、ごめんなさい!私何したか覚えてないけどチノちゃんに嫌なことしちゃったんだよね…」

    チノ「あ、謝らないでください。ココアさんは何もしていませんよ」

    ココア「え…?そうなの?」

    チノ「はい…そ、そのですね……モカさんがこの前来ましたよね」

    ココア「うん」

    チノ「それで……その、ココアさんが私にモカさんに甘えてるところを見られたくなくて、しばらく一緒に寝たりお風呂入ったりしなかったじゃないですか」

    ココア「うん」
    (バレてたんだ)

    チノ「恥ずかしながら寂しかったんです。ですのでココアさんにも同じ思いをしてもらおうと思ったんですが………引っ込みがつかなくなってしまって」

    「本当に申し訳ありませんでした」

    ココア「…」

    チノ(怒ってますよね……)

    ココア「よ、よがっだぁああ」ダバー

    チノ「!?」

    ココア「チノちゃんに嫌われたって思ってたからぁ」エッグエッグ

    チノ「お、お姉ちゃんを嫌いになるわけないじゃないですか!」///

    ココア「〜!チノちゃん大好き!」バッ

    チノ「ちょ、ここボートのうえ…」

    バッチャーン

    チノ「もぅー!ココアさんなんて嫌いです!!」

    ココア「ごめん〜!」
  48. 49 : : 2016/01/01(金) 00:25:36
    モカ「もう!二人とも風邪ひいたらどうするの!」ワシャワシャ

    ココア・チノ「ごめんなさい」

    リゼ「で、仲直りしたのか?」ワシャワシャ

    ココア「うん!バッチリだよ!」

    チノ「ご迷惑をおかけしました」カァ

    シャロ「で何が原因だったの?」

    ココア「実はね〜」

    チノ「い、言わないで!」

    ココア「うふふ、じゃあ2人だけの秘密にしよっか!」

    リゼ「教えろ〜!」ゴシゴシ

    ココア「痛い痛い!」アハハ
  49. 50 : : 2016/01/01(金) 00:28:03
    あけましておめでとうございます!
    このssはこれで終わりとさせてもらいます

    読んでいただけた方ありがとうございます!まだまだごちうさのssを書くつもりなのでそちらもよろしくです!
  50. 51 : : 2016/01/01(金) 02:08:35
    お疲れ様でしたー!スバラココチノでした(^p^)次回作にも期待しています!
  51. 52 : : 2016/01/01(金) 02:22:30
    >>51ありがとうございます!
    次も頑張ります!期待はしすぎないようお願いしますww
  52. 53 : : 2016/01/01(金) 02:27:28

    キマシ展開最高でした!
    次も期待してます
  53. 54 : : 2016/01/01(金) 02:33:05
    >>53ありがとうございますw
    百合ぽく見えますよねw
  54. 55 : : 2016/01/01(金) 02:54:33
    お正月にいいものを見れました
    お疲れ様でした!
  55. 56 : : 2016/01/01(金) 03:07:23
    >>55ありがとうございます!楽しめていただけたようで良かったです!
  56. 57 : : 2016/01/02(土) 09:58:04

    面白かったよ
  57. 58 : : 2016/01/02(土) 13:43:26
    >>57ありがとうございます!
  58. 59 : : 2016/03/25(金) 20:08:12
    いい話でした(⌒▽⌒)

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
bojomiyu

通りすがり

@bojomiyu

「ご注文はうさぎですか?」カテゴリの最新記事
「ご注文はうさぎですか?」SSの交流広場
ご注文はうさぎですか? 交流広場