ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

この作品は執筆を終了しています。

〚死して、この世に帰った少年エレンⅠ〛1st story 「死神との契約」

    • Good
    • 19

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/11/27(金) 18:53:53

    どうも!お久しぶりです!ゆーき訓練生です!

    お久しぶりですって言っても、誰も覚えていらっしゃらないでしょうね・・・(/ω・\)≣(/ω・\)チラッチラッ


    11月初めに、【引退作】としての作品の執筆を終了して、2週間ん・・・戻ってくるの早すぎですかね、リアルの方意外と平和でした(笑)


    そして、戻って来て早々新シリーズを書き始めます!


    よろしくお願いします!!亀更新です!

  2. 2 : : 2015/11/27(金) 18:55:40
    一番乗りなり。きったい♪
  3. 3 : : 2015/11/27(金) 18:56:56
















    通り魔「死ねぇっ!!」



    エレン「ッ!?」




    グサッ・・・



    通り魔のナイフの刃はエレンの心臓を貫通した。

    エレンは、大量の血を流し、その場に倒れた。


    ―――死ぬんだな。俺・・・


    エレンは目を閉じ、異変に気付く。


















































    エレン「あれ、痛くねぇ・・・」




  4. 4 : : 2015/11/27(金) 18:57:44

    >>2のかなさんへ

    かなさん、ありがとうございますぅぅぅ!!!


    めちゃくちゃ頑張ります!!
  5. 5 : : 2015/11/27(金) 19:01:15






    エレンは立ちあがる。



    足元には、血の川。



    エレン「あれ・・・」スッ



    エレンは心臓を抑える。



    エレン「血・・・とまってる・・・赤いのは服だけだ・・・」



    エレンは、あたりを見回す。
















    一番に目に入ったのは、鎌を持った骸骨だった。




    エレン「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」ドサッ



    骸骨「なんだよ・・・」



    エレン「」ピクピク



    骸骨「死んでるくせに、気絶してんじゃねぇよ」
  6. 6 : : 2015/11/27(金) 19:06:21



























    ~~2時間後。


    エレン「く・・・」ムク



    エレンは目を覚ます。



    エレン「俺、歩道で寝てたのか・・・?」



    エレンは、横を見る。



    骸骨「よっ、起きたか。」



    エレン「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ドサッ



    骸骨「・・・」



    エレン「痛ッ!!尻うった!」ヒリリ



    骸骨「今度は気絶しなかったようだな。」



    エレン「2階も見ればなれるぜ骸骨ヤロウ・・・」



    エレンは尻をさすりながら言った。



    エレン「俺はなんで生きているんだ?」



    エレンは一番気になることを聞く。



    骸骨「それはな・・・」



    エレン「ああ・・・」



    骸骨「死神の俺が、お前の命を拾ったからだよ」



    エレン「!?」



    骸骨いや、死神の言葉にエレンは目を丸くした。



  7. 7 : : 2015/11/27(金) 19:19:38
    お久しぶりです! ゆーきさん!


    期待です!
  8. 8 : : 2015/11/27(金) 22:04:57
    >>7の直方正典さんへ

    お久しぶりです!覚えてていただけて嬉しいです!

    期待にこたえられるように頑張ります!
  9. 9 : : 2015/11/27(金) 22:08:06
    所見です。

    なかなか私の趣味に合うタイトルでしたので、来てみました。
    期待です
  10. 10 : : 2015/11/27(金) 22:10:02
    期待です
  11. 11 : : 2015/11/27(金) 22:10:34






    “命を拾った”。それが本当ならエレンは1度死んで生き返ったことになる。


    エレン「俺は、1度死んだのか?」



    死神「ああ、心臓刺されてな。」



    エレン(夢じゃなかったんだ・・・あれは)



    エレンは通り魔に刺された時のことを思い出す。



    とりあえず、エレンは死神の話を信じることにした。


    かなり出鱈目(でたらめ)な話だが、目の前に死神がいる時点で現実の域を超えている。
  12. 12 : : 2015/11/27(金) 22:13:12


    >>9のイリヤスフィールさんへ

    趣味に合うタイトルでしたか!それはよかったです(笑)

    自分もFeteちょっと見てましたよ(。-∀-)



    >>10のひなのんさんへ


    ありがとうございます!期待にこたえられるように頑張ります!

  13. 13 : : 2015/11/27(金) 22:18:23





    エレンは質問を続けた。




    エレン「なぜ俺を選んだんだ?」
    死神「てきとー」



    死神の即答にまたもやエレンは目を丸くした。幸運だと思った。



    死神「ほら、よくあるだろ?奇跡的に命を取り留めたっていうニュース。あれは、俺たちの仕業だ」



    エレン「なるほど(奇跡の生還ってのは存在しなかったんだな)」



    死神「俺たちには、それくらいしかやることが無い。むしろいなくても世の中正常に回るくらいだ。ま、今はやることあるけど」



    エレン「は?じゃあその、“やること”をやれよ」



    死神「お前の命を拾うことも、“やること”の一環なんだよ」



    エレン「どういうことだ?」



    死神「その“やること”はお前の協力が無いと成し遂げられない」



    エレン「は?!」バッ



    死神の言葉にエレンは声を上げる。



    エレン「なんで俺が死神の仕事手伝わなくちゃなんだよ!」








  14. 14 : : 2015/11/27(金) 23:12:18
    おかえりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!


    きたいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!
  15. 15 : : 2015/11/28(土) 06:24:13
    お久しぶり


    期待してまっせ
  16. 16 : : 2015/11/28(土) 07:25:10
    期待!
  17. 17 : : 2015/11/28(土) 09:47:13
    期待よぉぉぉ!!
  18. 18 : : 2015/11/28(土) 16:46:25

    >>14の冥鬼門さんへ

    ただいまぁぁぁぁぁ!

    ありがとうございますぅぅぅぅぅぅぅぅ!



    >>15のイルカさんへ

    お久しぶりです!

    期待を裏切らないように頑張ります!


    >>16のマルス・ロッサムさんへ

    ありがとうございます!

    期待にこたえられるように頑張ります!


    >>17の穂乃華さんへ

    感謝よォォォ!

    期待にこたえられるように頑張ります!
  19. 19 : : 2015/11/28(土) 16:58:14



    死神「命拾ってやったんだからいいだろ。これからめんどくせぇ説明するからよく聞けよ?」



    エレン「あ、ああ・・・」



    死神の顔が真剣になる。というのは嘘でがいこつの表情なんてわからない。



    死神「今現在、生きている人間には‟リミッター”がついているのは知ってるよな?」



    リミッター・・・体の崩壊を避けるため、自動的に力を加減する(たぶん)脳の働き。



    エレン「ああ、知ってる」



    死神「で、そこに歩いてる一般人はリミッターが働いて人本来の力を発揮できないんだが、お前ら『死神の力で生き返った人間』は自分の意思でリミッターを外せる。」



    エレン「体壊れないのか?」



    死神「ああ、大丈夫だ。生き返った人間は一般人よりも生命力が何十倍もある。一般人が死ぬようなことでも、生き返った人間は、かすり傷ですむだろ」



    エレン「マジか・・・」



    死神「毒とか、首絞められたりとかは、さすがに死ぬけどな」



    エレン「ちょっと待て、生き返った人間も死ぬのか?」



    死神「あたりめぇだろ。そんなんじゃそこらへん老人だらけになっちまうよ。」



    エレン「2度目死んだらどうなるんだ?」



    死神「それはもう、死神の力でも助からねぇ」



    エレン「なるほどな・・・」


  20. 20 : : 2015/11/28(土) 17:07:07
    やっべ!期待しかねーよこれ
    死神って適当だな~  
  21. 21 : : 2015/11/28(土) 17:08:57
    >>20のセイバーさんへ


    本当ですか!?ありがとうございます!感謝の言葉しかありません!



    ↓注目!↓
    ――――――――――――――――――――


    では、自分は名前を考えるのが苦手なので、「死神」の名前募集です!

    コメントしてくださった方にはもれなく、「ゆーき訓練生」の感謝の言葉が送られます!(笑)


    ――――――――――――――――――――
    ↑注目!↑
  22. 22 : : 2015/11/28(土) 18:55:38
    デスアークなどはいかがでしょう
  23. 23 : : 2015/11/28(土) 18:55:51
    死神の名前 scream (スクリーム)
    意味はですね恐怖、苦痛、叫び声って意味だったと思います死神の名前にぴったりだと思って考えました。
    無理なら没でいいですよ。後期待です。
  24. 24 : : 2015/11/28(土) 18:56:34
    おぉw初めて人は投稿したところみたw
  25. 25 : : 2015/11/28(土) 19:31:29
    >>23の名前が結構カッコいいっ思ってるの俺だけかな?
    あっ期待してます頑張ってください!
  26. 26 : : 2015/11/28(土) 21:06:33
    お帰りです!!!( ;∀;)
    待ってましたぁー!!!

    期待してますーーーーー!!!!!^^


  27. 27 : : 2015/11/28(土) 22:02:53
    >>21 死神の名前、か・・・。

    「DerTod(デァ・トート)」
    というのはどうでしょうか^^
    ドイツ語で死神って意味です。

    あとは、「Krieger(クリーガー)」とか^^
    ドイツ語で戦士って意味です。
    カッコイイ死神さんだったので、
    「戦い」という言葉の入るこの言葉が似合うかなと思いまして。

    進撃の巨人なのでドイツ語にしてみました(*^▽^*)
    (長文失礼しました!)

  28. 28 : : 2015/11/28(土) 22:22:34
    Grim Reaper(グリムリーパー)
    意味は死神そのままです。
  29. 29 : : 2015/11/28(土) 22:39:52


    >>22の名無しさんへ

    え!?すごッ!めちゃくちゃかっこいいです!

    もう他にも投稿してくださった神様がいるのでそちらを・・・(´艸`*)


    >>23の名無しさんへ

    scream !!超かっこいい!

    みなさんの才能に感動しますよ!(笑)


    >>24の名無しさんへ

    マジですかw


    >>25の名無しさんへ

    いいえ!自分もです!あ、自分もです!あ!自分もです!

    ありがとうございます!期待にこたえられるように頑張ります!


    >>26>>27の子供なのにオタクさんへ

    待っててくれてありがとうございますーーー!

    ただいまです!期待にこたえられるように頑張ります!


    DerTod(デァ・トート)って!やばい!かっこいいいい!

    しかも!進撃に会うドイツ語!神ですね、はい(感動)


    Krieger(クリーガー)もいいですね!戦士という意味と教えてくださったのでこの後に出てくるオリジナルキャラクターに使わせてもらってもよろしいでしょうか?!


    自分のためにドイツ語を調べてくれたということにしたかったゆーき訓練生でした(笑)


    >>28の名無しさんへ


    Grim Reaper・・・うぉぉぉおおおおおおおおお!!

    かっこいいい!死神って感じの雰囲気はなってます!(笑)



    みなさん本当にありがとうございます!いい名前ばかりで感動しました!


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    そしてここから本番です!(笑)


    ①デスアーク

    ②scream (スクリーム)

    ③DerTod(デァ・トート)

    ④Krieger(クリーガー)

    ⑤Grim Reaper(グリムリーパー)


    いいと思ったものを選んで投稿してください!

    番号だけでOKです!理由もいりません!


    ある程度たったら決めたいと思います!名前が決まった後はアンケートのレスを非表示にしたいと思います!


    お願いします!名前が決まるまでは「死神」で物語を進めます!
  30. 35 : : 2015/11/28(土) 23:08:25
    みなさん、早くもありがとうございます!

    画面の前で感動してます!!(●´ω`●)

    では、本編書いていきます!


    現在は、

    ①3票
    ②1票
    ③0票
    ④1票
    ⑤0票


  31. 36 : : 2015/11/28(土) 23:16:34




    死神「で、仕事の話なんだが・・・」



    エレン「ああ。」



    死神「死神ってのはな、人の性格なんて知らずに命を拾っちまうことがよくある。」



    エレン「かわいそうだな」




    死神「しかも、命を拾った死神はその拾われた奴の“体の一部”となり、死神からでさえ見えなくなる。拾ったやつが死ぬまでな。」



    エレン「うあ・・・」


    死神「人間に『正義』や『悪』があるだろ?で、人間の方が悪だと、リミッター外せる強い人間は他の人より、強いパワーで暴れられる。」



    エレン「で、そいつらを止めろと。」



    死神「ああ、察しが良くて助かる」



    エレン「なんか、規模が大きいな」



    死神「ああ、しかもそいつらを束ねるボスがいるって噂がある」



    エレン「ボス・・・?」



    死神「ああ、とびきり強いって噂だ」



    エレン「でも、人間の一歩上レベルだろ?」



    死神「リミッターを外せる人間にも強い弱いがある。鍛えれば、無限に強くなる。何もしなければ、一般人の一歩上で終わりだ」



    エレン「本当かよ・・・」



    死神「安心しろ。お前以外にも動いてる死神もいるはずだ」



    エレン「俺一人だったら、まよわずこの世の中棄てるわ」



    エレンは、きっぱり言った。


  32. 37 : : 2015/11/28(土) 23:21:37

    ゆーきさんおかえりぃぃ!超期待!


    アンケートは①で!
  33. 39 : : 2015/11/28(土) 23:23:03
    アンケートは①でお願いします!

    引き続き期待です!
  34. 40 : : 2015/11/28(土) 23:25:30
    2か5がいいです。
    超期待してます。
  35. 43 : : 2015/11/29(日) 08:29:31

    コメントありがとうございます!

    現在は
    ①6票
    ②4票
    ③0票
    ④1票
    ⑤1票
    です!
  36. 44 : : 2015/11/29(日) 08:33:41




    エレン「・・・やばい、もう帰るわ」



    エレンは家へ向かう。



    死神「おう」






    ~~イェーガー宅前


    エレン「・・・」



    死神「なんで家の前で立ち止まってるんだ?」



    エレン「いや、母さんいるから。息子ががいこつ連れて帰ってきたら腰抜かすから!」



    死神「いい忘れてたが、俺は姿はお前以外に見えてないし、声もお前以外には聞こえないぞ」



    エレン「えっ…」



    エレンは顔を真っ青にする。



    死神「どうした?」



    エレン「じゃあ俺さっき、周りの人からしたら一人で話してたって事か?」



    死神「そうだな。」



    エレン「早く言えよォォォ―――――ッ!!」


  37. 45 : : 2015/11/29(日) 09:02:02
    ②でお願いします!!
    そして期待です!!
  38. 46 : : 2015/11/29(日) 13:32:20
    1でお願いします!!!それと期待
  39. 47 : : 2015/11/29(日) 13:35:05
    >>29 オリキャラに使って下さるんですか!?
    ありがとうございます!!!
    感動です・・・!( ;∀;)

    楽しみにしてます!^^
    期待です!
  40. 48 : : 2015/11/29(日) 15:23:28
    ①めっちゃ多いな俺は②がいいから②にしよ
  41. 49 : : 2015/11/29(日) 15:57:39
    ゆーさんだ!期待です! 
    投票は1で
  42. 50 : : 2015/11/29(日) 21:04:41
    1でお願いします。そして期待
  43. 53 : : 2015/11/29(日) 22:24:07


    エレンは家の鍵を開ける。



    エレン「ただいまー」



    カルラ「おかえりなさいー」



    エレンはさっと自分の部屋に入る。





    ~~エレン私室。


    エレン「なぁ、死神」



    死神「?」



    エレン「リミッターを外すにはどうすればいいんだ?」



    死神「早速やる気だな」



    エレン「ああ。」



    死神「目に力を入れるんだ」



    エレン「目?」



    死神「ああ、目が赤くなるとリミッターが外れるんだ」



    エレン「なんか難しそうだな」



    エレンは鏡を持ってきて鏡の中の自分と向き合う。



    エレン「? こうか?」グッグッグ



    死神「ギャハハハ!それ眉寄せてるだけじゃねぇか!」ゲラゲラ



    エレン「くっそ…」グッグッグ


  44. 54 : : 2015/11/29(日) 22:25:32
    エレンw
    期待です! あと49誤字ってる
  45. 55 : : 2015/11/29(日) 22:35:10
    >>54のカノさんへ

    期待にこたえられるように頑張ります!

    投票もありがとです!
  46. 56 : : 2015/11/29(日) 22:36:14
    1でお願いします。期待してます!!!
  47. 57 : : 2015/11/29(日) 22:41:42














    ~2時間後


    エレン「腹へった・・・」グッグッグ



    死神「う~ん、もう少しな気が」



    グッ・・・



    エレン「お!左目赤くなった!かっこいい!」



    死神「左目!?」



    エレン「左目じゃ問題あるのか?」



    死神「いや、そうじゃない。やったな」



    エレンの左目は赤く、右目は普通の目だ



    死神「じゃ、そこの鉛筆追ってみろ。片手でな」



    エレン「あ、おう。」



    エレンは鉛筆を手に持った。



    パキッ・・・



    エレン「!? 軽く力入れただけで折れた!?」



    死神「それがリミッターを外した後の力だ」



    エレン「なるほど…」



    エレンは自分の力に感動している。



    死神(人間がリミッターを外すと右目が赤くなると聞いていた。左目が赤くなることなんてあるのか?)



    エレン「なんか疲れたな・・・」



    死神「体力使うからな。今日は寝とけ」



    エレン「そだな・・・」



    エレンは風呂に入って眠りに落ちた。



  48. 58 : : 2015/11/29(日) 22:43:31
    期待でーす
  49. 59 : : 2015/11/29(日) 22:45:56
    >>58の楓華さんへ


    ありがとです!期待にこたえられるように頑張ります!
  50. 60 : : 2015/11/29(日) 22:59:17


    ~翌朝、6時。


    エレン「あ、朝か…」ファ~



    エレン「ねむ・・・」ムク



    エレンは目をこすってリビングへ行った。




    ~リビング


    カルラ「あら、早いわね」



    カルラが朝ご飯を準備して舞っていた。



    エレン「昨日寝るの早かったから」



    エレンは席に着き、ご飯に箸を伸ばした。「いただきます」



    ――――――――



    エレンは朝食を食べると、肩にバックをかけて家を出て行った。



    エレン「いってきますー!」



    カルラ「いってらっしゃい」





    ――――――――


    エレン「いたのか」スタスタ



    気づくとエレンの後ろには死神がいた。



    死神「学校か?めんどくせぇな」



    エレン「声も聞こえないし見えないんなら話しかけないでくれ。俺が変な人になるだろ」



    エレンは死神の方を見ず言った。



    死神「ちぇっ」



    エレン達は人通りの少ない道を歩く。



    死神「おい、エレン。」



    エレン「?」



    死神「こういう人通りの少ない所は気を付けろよ。襲われるかもしれないからな」



    エレン「誰に?」



    死神「悪側の死神付き人間」



    死神は不気味に嗤った。



    死神「例えば、左とか。」



    エレン「?」



    エレンは反射的に左を見た。




    エレン「!?」



    左から、とてつもないスピードで何かが迫っていた。



    そしてそのなにかは言った。



    「死ねッ!!」



    エレンは紙一重で、それを躱す。



    攻撃を避けられたそいつは、着地する。



    ?「ほう、俺の跳び蹴りを躱すとはな」



    馬面の男はそう言って笑った。



    エレン「何者だ、お前・・・」



    馬面「俺は、ジャン・キリシュタイン。この辺じゃよく聞く名だろ」



    エレン「聞かねぇな」



    エレンの即答に、ジャンは眉間にしわを寄せた。



    ジャン「知る必要はねぇ。死ぬんだからな」
  51. 61 : : 2015/11/29(日) 23:49:37
    うあああ‼︎俺も名前決めたかったぁ‼︎じゃあ俺は①に一票で‼︎


    設定がすごい面白い‼︎超期待‼︎



    ちなみに私が考えてたのは


    骸(ムクロ)です。なんか弱そうやなww
  52. 62 : : 2015/11/30(月) 02:01:55
    >>61のアマザラシさんへ

    投票ありがとです!

    ごめんなさい!骸(むくろ)個人的に好きですよ(笑)なんか、ミステリアスな感じがいいです!

    設定むちゃくちゃな感じしてたんですけど面白かったのなら良かったです!
  53. 63 : : 2015/11/30(月) 07:34:57
    1でお願いします。期待です!!
  54. 64 : : 2015/11/30(月) 18:47:03
    >>63の名無しさんへ

    投票&期待の言葉ありがとうございます!
  55. 65 : : 2015/11/30(月) 18:56:44

    死神「くるぞ!」



    エレン「ああ」サッ



    エレンは身構える。



    ジャン「ほう、なかなか手ごたえのありそうだな」



    ジャンは余裕そう笑った。



    ジャン「行くぞ!」ビュッッッッ!



    エレン「速ッ!?」



    ジャンの接近にエレンは体勢を崩す。



    ジャン「隙だらけだぜ!?」バキィッ



    エレン「うぐっ・・・」



    ジャンのパンチを腹に食らいエレンは塀にたたきつけられる。



    死神「大丈夫か?」



    エレン「ああ、全然大丈夫だ。」



    エレンは立ちあがった。



    ジャン「おい」



    エレン「なんだよ」



    ジャン「今誰と話してたんだ?」



    エレン「あ?死神だよ。てめぇにもいるだろ」



    ジャン「は?死神は3時間たったら完全に体の一部になるんだぜ?」



    エレン「!?」バッ



    エレンは死神の方を見る。



    死神「すまん。言い忘れてた」



    エレン「・・・」イラ
  56. 66 : : 2015/11/30(月) 19:16:48


    ジャン「おまえ、本当に“邪人”なのか?」



    エレン「邪人?」



    死神「命拾われた人間の事だ」



    エレン「なるほど」コソ



    エレン「ああ。そうだ」



    ジャン「・・・まぁ、死神と話せたって強くはないだろ」



    エレン「やってみればわかる」



    ジャン「なめやがって!!」ビュッッッッ



    ジャンはさっきの跳び蹴りを繰り出す。



    エレン「同じ技を2回も食らうかよ!」ヒュッ!



    エレンはしゃがんで跳び蹴りを躱す。



    ジャン「くそっ!」



    エレン「あんまりしゃべってると舌噛むぞ!」バキィッ



    エレンはジャンの顎をけり上げ、ジャンは見事に舌をかむ。



    ジャン「」ゴブッ



    エレン「とどめだ!」バキィッッッッ!



    エレンはリミッターを外し、ジャンのわき腹に回し蹴りを食らわせた。



    パキッ・・・何かがきしむ音がする。



    ジャンは吹き飛び電柱に激突した。



    エレン「ハァハァ・・・やたか」



    ジャンは白目をむいている。



    死神「おお!初勝利!」



    エレン「うるせぇな」



    エレンは鞄を肩にかけ、学校まで全力疾走した。
  57. 67 : : 2015/11/30(月) 20:12:14
    ゆ、ゆーきさん!!!お帰りなさい!!!!
    さらに帰ってきてからの第1作目は超面白いです!
    ちょーーーーーーーーーーーー期待してます!!
    (私も死神だぜぇ(笑))
  58. 68 : : 2015/11/30(月) 21:12:28
    結局死神の名前はどうなるの?
  59. 69 : : 2015/11/30(月) 21:41:14
    1でお願いします。期待常にしてます
  60. 70 : : 2015/11/30(月) 23:01:27
    お帰りなさいゆーまさん
    久しぶりです
    覚えてますか?
    毎回コメ書いてる時ふざけてるゲーマーですwww
    来て良かったぁ
    またこれからもよろしくお願いします!
  61. 71 : : 2015/11/30(月) 23:10:06
    >>67の進撃の死神さんへ

    お久しぶりです、ただいま!!

    さらに、面白いですか!?ありがとうございます!嬉しいです!

    はっ!ここにも死神が!

    では、この気に名前をこのSSの死神と同じ名前に(((殴



    >>68の名無しさんへ

    12月1日になった瞬間決定します!


    >>69のうんこさんへ

    了解しました!投票&期待の言葉ありがとうございます!


    >>70のゲーマーさんへ


    お!お久しぶりです!覚えてますよー!

    始めて会ったのはギャグの短編を書いた頃でしたね!(以下略

    これからもよろしくお願いします!
  62. 72 : : 2015/11/30(月) 23:12:40
    現在は
    ①13票
    ②6票
    ③0票
    ④1票
    ⑤1票

    です!みなさん投票本当にありがとうございます!
  63. 73 : : 2015/11/30(月) 23:53:43
    >>22の名無しさん!おめでとうございます!

    死神の名前は「デスアーク」です!かっこいいですね!


    そして、他に名前を考えてくださった方ありがとうございました!オリジナルキャラの名前として使わせていただきます!

    票を入れてくださった方もありがとうございました!正直ここまで乗ってくれる方がいるとは思ってませんでした(笑)


    本当にありがとうございました!



    ある程度コメント編集して見たんですけど、読みにくかったら言ってください
  64. 74 : : 2015/12/01(火) 00:42:34








    その頃、となりのマリア市では…


    憲兵「なんなんだ、これは…」



    通報を受けて駆けつけた二人の憲兵が目にしたのは、商店街一つが壊滅している光景だった。



    憲兵2「とりあえず報告だ!」



    憲兵「ああ!」



    憲兵は、通信機を手に取るよ。



    憲兵「もしもし、こちr…」



    憲兵が通信を始めた瞬間…



    ?「おっと、邪魔だな」



    2人の背後に2mほどの影。



    憲兵「!!」



    本部《おい、憲兵?応答しろ!》



    ?「商店街だけじゃ、物足りねぇなぁ」



    2mほどの大男は、憲兵を掴みコンクリートの地面に叩きつける。憲兵は、跡形もなく散って行った。

    それは、ほんの一瞬の出来事だった。



    憲兵2「た…た…」ガタガタ



    大男「次はお前だぁ…」



    大男は静かに憲兵2に迫る。



    憲兵2「お助けぇ!」ダダダ



    大男「遅いな」ビュッッ!



    大男は一瞬で憲兵2に追いつく。



    憲兵2「ぎゃぁぁ!」ダダダ



    大男「さようなら」ドズッッ!



    憲兵2は、大男のアッパーを食らい、10mほどの打ち上がる。



    大男「軽すぎる」



    大男は指をパキッと鳴らす。



    大男「もっと、強ぇ奴はいないのか?」



    大男は再び指を鳴らした。



  65. 75 : : 2015/12/01(火) 00:55:10


    〜〜シガンシナ中学校


    キーンコーンカーンコーン

    六時間目終了のチャイムがなる。


    エレン「やっと終わった…ぁ…」グググ


    エレンは最後の授業を終え背伸びをした。


    デスアーク(死神)「うお…暇すぎてしにそうだったぜ」



    エレン「もともと死んでるだろ」



    エレンはそう呟いて教室を出た。



    デスアーク「あれ?友達とかと一緒に帰らないのか?」



    エレン「俺、友達付き合い苦手なんだよ。友達はアルミンとミカサくらいだ」



    デスアーク「そのアルミンとミカサっていうのは?」



    エレン「ミカサは、一年前から行方不明。アルミンは家の方向全く逆だ」



    デスアーク「行方不明!?大丈夫なのか!?」



    エレン「さぁな、あいつが行方不明なって一年。憲兵も捜索を諦めてるし、死んだとも言われてる」



    デスアーク「数少ない友達だろ?探さなくていいのか?」
  66. 76 : : 2015/12/01(火) 01:26:41
    ミカサに何が?
    期待です!
  67. 77 : : 2015/12/01(火) 07:07:11
    名前いつきめるの??
  68. 78 : : 2015/12/01(火) 22:24:30
    期待
  69. 79 : : 2015/12/01(火) 22:32:36
    >>76のゲーマーさんへ

    ミカサについては少しずつ明らかになってきます!


    >>77のうんこさんへ

    デスアークに決まりました!


    >>78の名無しさんへ

    ありがとうございます!

    期待に応えられるように頑張ります!
  70. 80 : : 2015/12/02(水) 17:25:04
    期待
  71. 81 : : 2015/12/02(水) 17:45:26
    そしてエレンの返事は!
    乞うご期待www
  72. 82 : : 2015/12/02(水) 20:04:48
    >>80の名無しさんへ

    ありがとうございます!期待にこたえられるように頑張ります!


    >>81のゲーマーさんへ


    どうでしょう!?
  73. 83 : : 2015/12/02(水) 20:12:08



    エレン「ああ、アルミンと死ぬほど探したよ」



    デスアーク「それでも、見つからなかったのか?」



    エレン「ああ、どこにもいなかった。」



    デスアーク「ガチかよ・・・・」



    エレンとデスアークは家に向かいながら話す。



    エレン「いろんな番組で1日そのニュースばっかだったよ。憲兵がどれだけ捜査しても何も見つからないって。」



    デスアーク「で、お前は何で諦めたんだ。友達だろ?」



    エレン「それは・・・」



    デスアーク「なんだ?」



    エレン「捜査開始から半年、見つかったんだ…」



    デスアーク「何が?」
































































    エレン「海底から、ミカサの右腕が・・・」



  74. 84 : : 2015/12/02(水) 20:50:29

    デスアーク「は!?」



    エレン「ああ、本当だ。ミカサの物だった」



    デスアーク「海で死んだって事か」



    エレン「だが、死体が見つかってない…」



    デスアーク「海なんて広いだろ。死体なんて見つかるわけ・・・」



    エレン「それに、俺があってから初めてのあいつの誕生日であげたマフラーもな」



    デスアーク「なんか、謎だな・・・」





    エレンとデスアークはそう話しているうちに家に着いた。


  75. 85 : : 2015/12/02(水) 21:22:21


    しかし、家が見えるようになる曲がり角を曲がった先にあった景色は、想像を絶するものだった。



    エレン「なんだ…これ・・・」



    デスアーク「おい・・・」



    エレンの家が崩壊していた。



    エレン「か、母さん!父さん!」ダダダ



    エレンは家に駆けよる。



    デスアーク「完全に崩れてるな・・・」





    二人が家を見つめているとき、瓦礫(がれき)の中から誰かが出てきた。



    エレン「! 母さん!」



    エレンは瓦礫をかき分け、カルラに近付く。



    エレン「母さん!なんでそんな・・・」



    カルラは傷だらけだった。



    カルラ「エレン・・・来ちゃ…だめ・・・」



    エレン「何言ってんだ!早く病院に・・・」



    エレンがそう言いかけていたとき・・・



    ?「おっと…邪魔だな」



    後ろには、大男が立っていた。


  76. 86 : : 2015/12/02(水) 21:36:46

    カルラ「エレン!逃げなさい!」



    カルラは思い切り叫ぶ。



    エレン「ッ!?」



    大男「ほっ」バキッッッッ



    大男のビンタによりエレンは吹き飛ぶ。



    カルラ「エレッ・・・・・ぐっ・・・・・!」



    カルラは、大男に蹴り飛ばされる。



    大男「さっさとくたばれ、父親のようにな」



    その言葉で、エレンにスイッチが入った。



    エレン「おい・・・おまえが・・・やったのか?」



    大男「無傷とは、中々やるな」



    エレンは大男をにらむ。



    エレン「お前が、やったんだな」ギロ



    大男「ああ。」



    大男の言葉と同時に、エレンの目が赤く染まった。








  77. 87 : : 2015/12/02(水) 22:08:24

    大男「お、邪人か」



    大男はニヤと嗤う。



    エレン「うらぁぁぁッッ!!」バキッッ



    エレンは大男に跳び蹴り。




    しかしそれは、片手で止められる。



    大男「弱い。」



    大男の左目(・・・)が赤く染まる。



    大男はエレンの足を掴み投げ飛ばす。エレンは塀を突き破り他人の家の庭に突っ込む。



    エレン「ぐ・・・はつ・・・」ベチャッ



    エレンは血を吐く。


  78. 88 : : 2015/12/02(水) 22:24:50
    エレンが最強になるのかな?覚醒してw
  79. 89 : : 2015/12/02(水) 22:26:53

    デスアーク(こいつも左目があかいな・・・)



    エレン「ハァ・・・ハァ・・・(こいつ、ジャンって奴とはケタが違う・・・)」ゲホゲホ



    大男「なんだ…弱ぇじゃねぇか」スタスタ



    大男はエレンに迫る。



    大男「おらッ!」ブンッ



    大男の巨大な拳のパンチでエレンは再び吹き飛び、がれきに突っ込んだ。



    エレン「グッ・・・!」



    エレンは倒れているカルラの隣に横たわる。



    エレン「ハァ・・・ハァ・・・く・・・そっ…」



    エレンは、また血を吐く。



    大男「母親と一緒にくたばるんだな」



    大男は右手にエレンの首を、左手にカルラの首を掴んで絞める。



    大男「じゃあな、イェーガー一家」



    大男が首に力を入れた時だった。



    大男「!?」




















































    右手に掴んでいたはずのエレンが消えていた。
  80. 90 : : 2015/12/02(水) 22:29:38
    >>88の名無しさんへ


    なんか考え読まれた気分です(笑)
  81. 91 : : 2015/12/02(水) 22:29:52
    期待です^^
  82. 92 : : 2015/12/02(水) 22:37:01
    期待ですぅ‼︎
  83. 93 : : 2015/12/02(水) 22:37:38
    >>91の子供なのにオタクさんへ


    ありがとうございます!

    期待を裏切らないように頑張ります!



    >>92のアマザラシさんへ

    こんな更新おそい作品を見ていただいてありがとうございます!


    期待にこたえられるように頑張ります!
  84. 94 : : 2015/12/02(水) 22:45:57



    大男「・・・どうやって、俺の手から逃れた?」



    大男はカルラを地面に落とす。



    「母さんから・・・はなれろ・・・」



    エレンはいつもと違うかすんだ声で言った。



    大男「おいおい?どうやってて俺の手から逃れt…」

    バキィィィィィィィィッッッ!!



    エレンは大男に急接近し、蹴り飛ばした。



    大男は数m吹き飛ぶ。



    大男「くそ・・・なんなんだ?いきなりあいつ・・・」



    大男はエレンを見て驚愕した。



    エレン「この世から・・・駆逐してやる・・・」




































    エレンは両目が赤かった。





    【~2nd storyへ続く~】
  85. 95 : : 2015/12/02(水) 22:49:36


    1nd storyはここで終わりです!


    次回、大男との決戦、そして政府の邪人に対する組織が構成され、それが新たな敵に!?

    2nd storyをお楽しみに!



    読んでくださった方、コメントくださった方ありがとうございました!



    他の作品もよろしくです!



  86. 96 : : 2015/12/02(水) 22:59:42
    次作も期待してます!
  87. 97 : : 2015/12/02(水) 23:01:50
    >>96のログレスさんへ

    ありがとうございます!

    次回作もよろしくおねがいします!

    出来るだけ早く書き始めます!
  88. 98 : : 2015/12/02(水) 23:40:36
    ヤモリかと思った・・・ヤモリかな?いや違うか・・・いやでも((ry


    期待です
  89. 99 : : 2015/12/02(水) 23:53:09
    >>98の冥鬼門さんへ


    喰種のヤモリとキャラかぶってましたね、すみません( ;∀;)


  90. 100 : : 2015/12/03(木) 22:16:40

    これが続きです!

    http://www.ssnote.net/archives/41452#bottom
  91. 101 : : 2015/12/07(月) 18:34:26

    このシリースについての記事を作ってみました。

    ぜひ見てみてください!多少ネタバレ含みます!



    http://dic.ssnote.net/articles/%E3%80%8E%E6%AD%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%81%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E3%81%AB%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%80%8F%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
14721472v

ゆーき分隊員

@14721472v

この作品はシリーズ作品です

〚死して、この世に帰った少年エレンⅠ〛 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場