ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

ドスバギィ「凍土でイビルジョーに勝っちゃった...w」バギィ「はぁ!?」

    • Good
    • 5

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/05/16(土) 23:50:51
    はい。まだSS溜まってるのに新しいSSを書いてしまういーるんでございます。

    今回は苦手なギャグに挑戦です。シリアス勢の自分ですが今回は台詞しか書きません。

    短編です。ギャグのネタがないんですぐ終わりますはい。
  2. 2 : : 2015/05/16(土) 23:54:29
    凍土

    ドスバギィ「ただいま」


    バギィ「お帰りですぜボス!!」


    ドスバギィ「実はさ...言えない話なんだけどよ...」


    バギィ「へ?」


    ドスバギィ「さっきそこのところでイビルジョーに勝っちゃったんだよ...w」


    バギィ「はぁ!?」
  3. 3 : : 2015/05/17(日) 00:00:26
    バギィ(嘘だ...イビルジョーは獣竜種の中でもトップクラスの力を誇るんだぞ...)


    バギィ(それにこっちは鳥竜種という雑魚。大人気国民的狩猟ゲーのアイテムで言えばもえないゴミに等しい...それなのになぜ...)


    バギィ(ドスバギィという雑魚がイビルジョーなんかに勝ったんだ!!!!!)


    ドスバギィ「ん?どうかしたか?」


    バギィ「あ...いえ、なんでもないですぜボス!で、どうやって勝ったんですか?そのイビルジョーに」


    ドスバギィ「ああ...長い道のりだったぜ...こいつに勝つまで本当に長い道のりだったぜ...」
  4. 4 : : 2015/05/17(日) 00:10:26
    数十分前


    ドスバギィ「さぁて、夕飯のためにポポ4頭くらい狩るか。俺の自慢の睡眠攻撃でちゃちゃっと狩ってやるぜ☆」


    イビルジョー「...........おい」


    ドスバギィ「あ?誰かと思ったらイビルジョーじゃねぇか。なんだよ俺にようがあんのか」


    イビルジョー「そこ、俺様の住み処なんだけど...」


    ドスバギィ「は?ここは俺の巣だぞ調子乗ってんじゃねぇぞゴーヤ野郎、アスパラと一緒に焼くぞオラァ」


    イビルジョー「ゴ...ゴ.....ゴーヤって言ったなあああああああああ!!!!!」グォッ


    ドスバギィ「やっべ怒らせちゃった...」


    イビルジョー「スネ夫ヘア野郎が俺様に喧嘩売りやがってええええ!!!!食いちぎってやるわぁ!!!!!」ガオォォォ


    ドスバギィ「逃げろ!!!!!」
  5. 9 : : 2015/05/17(日) 22:56:45
    イビルジョー「があああああああああ!!!!!」グォッ


    ドスバギィ「ひえっ!?」スカッ


    イビルジョー「うおおおおあああああああ!!!!!」ギャォッ


    ドスバギィ「ふぉっ!?」ヒラリッ


    イビルジョー「くそおおおおお!!!スネ夫ヘアのくせしてすばしっこい奴め!!!!」


    ドスバギィ「へっ!!!!獣竜種最強のゴーヤ様ともあろうお方がたかが鳥竜種ごときに本気になりやがってwww」


    イビルジョー「ゴーヤって言うなあああああ!!!!俺様は苦くなんかねぇぞおおおおおおお!!!!!」


    ドスバギィ「ほーらほーら、お尻ペンペーンだwwwwww」


    イビルジョー「てめぇは手がみじけぇからケツなんて叩けねぇだろうがああああああ!!!!!」
  6. 10 : : 2015/05/18(月) 22:25:10
    ドスバギィ「だけど向こうは獣竜種最強(笑)。噛みつかれたら俺の頭がへし折られる...多分俺が全力で走っても無理だ」


    ドスバギィ「今は避けることしかでき.........そうだ!あれがあるじゃないか!!」


    ドスバギィ「バギィ一族究極秘伝奥義(アルティメットシークレットスキル)......催眠攻撃!!!!」


    ドスバギィ「一か八かだ.....これしか方法はない.......!!!!!」クルッ


    イビルジョー「どうした?もう諦めたか?所詮鳥竜種w俺様に喧嘩を売ったことを後悔しやがれ!!!!!」


    ドスバギィ「それは.........お前の方だあああああああああ!!!!!」


    イビルジョー「なに!?」


    ドスバギィ「喰らえ!!!!俺の究極秘伝奥義(アルティメットシークレットスキル)「催眠攻撃」!!!!!」バァッ


    イビルジョー「しまった!!!!催眠攻撃をくらうと眠ってしま...........う..........」バタッ
  7. 11 : : 2015/05/20(水) 01:15:15
    ドスバギィ「えへ...えへへ........えへへへへへへへwwwwwwwwwwぐえっへっへっへっへwwwwwwwwwwww」


    ドスバギィ「うええええいざまぁみろおおおおwwwwww俺に喧嘩売ったのが間違いなんだよおおおおおおwwwwwwwwww」


    ドスバギィ「みろこの無様な姿wwwwwwwwwwwイビルジョーがこの様だぜwwwwwwwwwwwww」


    ドスバギィ「所詮ゴーヤなんだよwwwwwwwwwおら、頭でも蹴ってやるwwwwwwwwww」ドカッドカッ


    ドスバギィ「この顔wwwwwwwwwいつみても笑えるぜwwwwwwwwwwwwふはははははwwwwwwwwwwwwwwww」


    イビルジョー「スネ夫ヘアくんいつまで俺様の頭を蹴っているんだい?」


    ドスバギィ「........................へ?」


    イビルジョー「てめぇの睡眠なんて効くわけねぇだろうが」ゴゴゴゴゴ


    ドスバギィ「あっら.....................」


    イビルジョー「くそ野郎が!!!!(自主規制)!!!!うおおおおおおお!!!!!」
  8. 12 : : 2015/05/21(木) 21:35:44
    ドスバギィ「くそ!!!!!こうなったら勝ち目なんてねぇ!!!!巣に戻るか!!!!!」


    イビルジョー「待てぇぇぇぇぇぇカーツオおおおおおお!!!!!」


    ドスバギィ「カツオじぇねぇよスネ夫だよ!!!!!」


    イビルジョー「うおおおらああああああああああ!!!!!」
  9. 16 : : 2015/05/24(日) 19:05:16
    ドスバギィ「ち、イビルジョーはすっかり頭にゴーヤ汁が昇ってるか.......飲んだらマズイだろうな......」


    ドスバギィ「ってそんな妄想してる場合じゃない!!!!奴の恐ろしさは健在だ!!!!!なんとか巣に帰ればこっちのもんだ!!」


    イビルジョー「大人しく死にやがれえええええええええええ!!!!!」


    ドスバギィ「まともに戦っても勝ち目はない!!!!!そうだあれが.........」


    イビルジョー「俺様の猛火炎ブレスをお見舞いしてやるうううう!!!!!」


    ドスバギィ「お前はゲロ吐くことしかできねぇだろゴーヤが!!!!!アボカドと一緒に煮るぞおらぁ!!!!!」


    イビルジョー「うるせぇんだよカーツオおおおお!!!!!」


    ドスバギィ「だからカツオじゃねぇよ!!!!!スネ夫だよ!!!!!」
  10. 17 : : 2015/05/27(水) 21:36:10
    エリア9


    ドスバギィ「はぁ......はぁ......」


    イビルジョー「ははははは...........貴様に逃げ道なんてねぇ.......とっとと俺様に食い殺されるんだな」


    ドスバギィ「ゴーヤに食われるならこっから落ちる方がマシさ」


    イビルジョー「なら落ちろ。俺様は食う気まんまんだぜ」


    ドスバギィ「わりぃなこっちもやりたいことがるんでね。落ちないよ」


    イビルジョー「威勢がいいな貴様.....なら...........ここで死ねええええええ!!!!!」グアアアオオオオオオ


    ドスバギィ(ち!!後ろは崖。逃げ道なんてないな確かに.........落ちるか.......食われるか........どっちにしても死ぬ)


    ドスバギィ(けどギリギリまで引き付けて横に避ければ勢いであいつが落ちる。これしかない......掛けるしかない!!!!!)


    イビルジョー「ぶるうううううああああああおおおおおおお!!!!!!!!!!」


    ドスバギィ「ここだ!!!!!」


    ドスバギィ「緊急回避。通称ハリウッドダイブ........またの名を.......ウルトラダイブ!!!!!」


    イビルジョー「ぶるうううううううううあああああああおおおおおおおおおおお!!!!!」


    ドスバギィ「しゅわっち!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


    イビルジョー「何!?待て落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる落ちる」


    イビルジョー「うわあああああああああああああああああああああ!!!!!」


    イビルジョー「アーッ♂」


    ドスバギィ「........................」
  11. 18 : : 2015/05/27(水) 21:42:28
    ドスバギィ「っていうわけなんだよwwwwwwwwwww俺勝っちゃったよwwwwwwwwwwwwww」


    バギィ(なんだ、それイビルジョーが自爆しただけで結局勝ってないじゃん)


    バギィ(所詮鳥竜種はもえないゴミに等しいんだな)


    バギィ「そういやボス今夜の夕飯は?」


    ドスバギィ「.......................................あ」


    バギィ(こいつ今度からもえないゴミって言おう)

























    END
  12. 19 : : 2015/05/27(水) 21:43:54
    ということでSS終わりにさせていただきます。

    ご朗読お疲れ様でした。

    久しぶりのギャグなんでオチがなんかねって思います。

    他にもシリアス作品が多いので是非そちらも朗読してくれると幸いでございます。
  13. 20 : : 2015/07/31(金) 17:00:52
    面白かった!
    イッチ乙
  14. 21 : : 2015/10/03(土) 13:37:25
    おもしろかった
  15. 22 : : 2016/01/06(水) 04:41:45
    おもしろかった
  16. 23 : : 2016/03/26(土) 11:27:48
    http://www.ssnote.net/archives/25676
    なんかこれに似てるけど
  17. 24 : : 2016/03/26(土) 14:26:37
    >>23
    丸コピじゃないから

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
kaideil

カイディル/P&G

@kaideil

「モンスターハンター」カテゴリの最新記事
「モンスターハンター」SSの交流広場
モンスターハンター 交流広場