ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

アルミン「104期お悩み相談室」

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2021/03/11(木) 23:34:09

    『アルレルト訓練兵、貴様を本日から一ヶ月間謹慎処分とする』

     ……キース教官に呼び出され、緊張の中そう告げられたのはつい昨日のことだ。僕はいま、救護室のベッドの上で過ごしている。身体を起こすと、訓練中の104期生や教官の罵声が窓の外から聞こえる。
     ふらふらと、なんとなく鏡に視線を向けた。右の眼球があるはずの場所には、白い眼帯が覆い被さっていた。
  2. 2 : : 2021/03/11(木) 23:34:31
    アルミンハーレム予定です
  3. 3 : : 2021/03/11(木) 23:43:22

     訓練中に事故に遭ったのが原因だった。僕の立体機動の成績はあまりよろしくない───というより、下から数えた方が速いぐらいだ。そんな訳で、訓練中、傷だらけのターゲットを眺めて、「今回も先を越されてるなぁ」なんてぼんやりと考えていたら、背後から急いで飛んでくる他の訓練兵の気配がした。
     姿はよく見えなかったが、恐らく女子だったように思う。その女子が射出したワイヤーが前方の木の幹に刺さらず、明後日の方向に跳ね返っていくのが見えた。
  4. 4 : : 2021/03/11(木) 23:48:24
     その時は、「やばい」と思った。というのも、射出したワイヤーが刺さらないのは、訓練兵の間では有名な“事故の前兆”だからだ。
     立体機動装置というのは、基本的に射出したワイヤーを引っ張る力で空間を移動する。つまり、ワイヤーが引っかかっていない間は、自由落下するということに他ならない。
     自由落下運動というのは始まってから急速に速度を増す。ワイヤーがうまく刺さらなかったことに気付いた時には、もう身体がバランスを崩していることが多い。そうしてパニックに陥っていると、再びワイヤーを撃ち出す暇もなく、地面に落下するのだ。
  5. 5 : : 2021/03/12(金) 00:10:34
    期待
  6. 6 : : 2021/03/12(金) 20:01:32
    ───そんな場面を見て、放っておけるわけがなかった。自分の運動音痴が災いして助かる人を助けられないなど、到底許容できない。
     細かいことを考える前に、人差し指が立体機動装置のトリガーを押し込んだ。
     
     今思うと、よく身体が動いたなと思う。一瞬の間で、僕はその女子の落下軌道を読み、アンカーを打ち込む最適な場所と飛行ルートを計算し、最大限加速するためにガスを吹かした。

     斬りつけてしまわないように、操作装置から超硬質ブレードを分離し、うまくその女子を抱き留めるように両手を広げ───結果、成功。目の前で人間が砕けるさまは見ずに済んだ。
  7. 7 : : 2021/03/12(金) 20:23:04

     しかし人間の身体は意外と重かった。女子だっただけマシなのだろうが、貧弱な僕にはかなり堪える重量だった。声を上げてガスを限界まで吹かしたが、人を抱えた僕の身体は、予想していたルートより高度を下げて飛翔……というより下降していった。
     自分が墜ちるというのは直感的に分かった。刺さったアンカーを支点として、まるで振り子のような運動で、その運動の頂点部で地面に叩きつけられるイメージが見えた。

     このままでは助かるものも助からないと思った僕は、抱えた女子に向かって叫ぶ。

    「……君っ!落ちないうちに飛ぶんだ!今度はアンカーを外さないようにね!」

     返事をする間もないと分かっているのか、その女子は何も言わずに僕の手から抜け出し、空中でアンカーを打ち出した。すぐに、ガス特有の匂いがして、女子が無事に立体起動を再開できたことに気付いた。

     よかったよかった、と胸を撫で下ろし、軽くなった身体で自分も体勢を立て直そうとした瞬間───身体がふわりと重力に包まれた。
  8. 8 : : 2021/03/12(金) 20:39:29

     何が起きたのかわからなかった。時間がゆっくりと流れる感覚。自分の右の腰あたりで、火花が散るのをぼんやりと見ていた。

     落下したとき、がつん、だかどん、だか、形容し難い重低音と、叫びたくなるような激痛が身体中を走った。立体機動装置のワイヤー射出部分が外れた事を慣性で転がりながら悟った。
     
     裂傷、打撲、骨折。熱ささえ伴う痛みの感覚に悶えながらも、そろそろ転がり終えようかというその時。

     思い出したくもない、果実が砕けるような音と一緒に、右眼に大きな異物感が現れた。最初は何が起きたかわからず、ただ一瞬冷たさを感じた。続いて熱を。右の頬を、生暖かい液体が伝った。しかして、それは大量の血だった。

    「……あっ、ぐあああああぁぁぁッ!!」

     遅れてやってきたのは、言い表せないほど強い痛みだった。生涯で最も強い痛みだと断言できるほどの痛み。放ったこともないような叫び声が喉を食い破って出た。
     間も無くして、視界が赤色に染まり、意識が薄れ始めた。すぐに気絶できたのは、逆に幸運だったかもしれない……。
  9. 9 : : 2021/03/12(金) 20:54:23

     気付いた時、僕は医務室に居た。担当の医務官が言うには、全身に打撲や裂傷があり、当然の如く骨が折れているらしい。そして───

    『君の右眼には、枯れ落ちた木の枝が刺さっていた。幸い、脳までは至らなかったようだが、その眼は二度と治らないと思った方がいい』

    ……それから教官に懲戒を言い渡されて、今に至るという訳だけど。

    「あんまり、というか全然後悔はしてないんだよな……」

     僕だけがこの怪我をする羽目になるくらいでよかった、と僕は思う。誰かが死ぬことに比べたらとんでもなく安い代償だ。左眼があるのだから、右眼に穴が開こうと貫かれようと些細な問題ではない。
     もっと言えば、もし自分が何も行動できずにあの女子を見殺しにしていたなら、きっと今頃、自分は自死を考えるほど心に傷を負っていただろう。

     あらゆる意味で、僕のした選択は間違ってないと思えているのだった。
  10. 10 : : 2021/03/12(金) 21:12:18

    「そろそろ対人格闘の訓練が終わる頃かな?」

     時計を見る。こうして寝て過ごしていると、いつもは永遠に感じるほど長くて過酷な訓練もあっというまに終わるものだ。

    (こりゃ、復帰した時が大変そうだな……)

     兵站訓練で血を吐きそうになりながら歩き続ける自分の姿を思うと、苦笑せずにはいられなかった。

     しばらくして───

    「「アルミンっ!」」

     二つの声が僕を呼んだ。片や、落ち着いてはいるが少女らしさを残す声、もう一方は、熱意と勇気をその芯に感じる声。
     僕の誇らしい幼馴染み、エレンとミカサだ。

    「眼は大丈夫かっ!?」

    「いや、昨日説明したじゃないか。右眼は駄目になったけど、その他はすぐ治るって」

    「そうは言っても、心配。頑張り屋なアルミンのことだから、きっと無理してる」

    「無理はしてないよ」

    「俺の目をまっすぐ見て言ってみろっ」

    「無理はしてないよ、エレン」

    「なっ……嘘じゃないだと」

    「じゃあ、もう一度、私の目をまっすぐ見て言って。エレンは鈍いから、きっと嘘に気付けてない」

    「なんだとっ」

    「だから、無理はしてないよ、ミカサ」

    「……エレン、アルミンは本当に無理してないみたい」

    「俺がさっき言っただろっ」

    「あはは……」

     なんとも騒がしいことだ。しかしこの騒がしさが同時に心地よくもある。このゆるい感じが、僕ら幼馴染み3人でいて楽しいポイントの一つなのだ。

     
  11. 11 : : 2021/03/15(月) 22:42:54

     ひとしきり笑ったあと、僕は、さて、と声の色を変えた。

    「君たちがここに来たということは、だ。当然『あれ』の準備はできてるんだろうね?」

    「それなんだけどよ、アルミン」

     それまで楽しそうだったエレンが、申し訳なさそうな顔をして僕の顔を見る。

    「お前がこんなになってまで、まだお前を頼るってのはどうも……」

    「いいんだよ、エレン。“アルミン・アルレルトを訪ねる時は、必ず何か一つ悩み事を持ってくること”ってお願いしたのは他でもない僕自身だからね」

     意識が回復したその日の夜、医務室にはエレンやミカサを始めとした知り合いの訓練兵が押しかけてきた。心配してくれるのは嬉しかったが、逆にその心配がむず痒かった。
  12. 12 : : 2022/02/23(水) 15:46:39
    459 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 23:51:02 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    いやーここまで勘違いした陰キャが集まってると見苦しくて仕方ないね笑


    460 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 23:52:10 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    こういう辺境のサイトで嘘吐いて何になるの?そっちが下らなくて草生えるわ


    461 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 23:56:16 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    正直まともに話せるのは井上雅也だけだな笑

    こういう時だけ前から思ってたとか下らない理由をつけて便乗してる小学生君はさっさと寝な笑

    462 : ラーメンラーメン : 2018/10/28(日) 00:15:24 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    てかさ、偏差値70なんて、正直勉強大量にやるとかそういうレベルじゃなくて、産まれたときから違うから笑


    あと、勘違いしてるかもしれないが、70はいくときがあるとしか言ってないぞ?笑


    あと、本当の天才はいないって言ってたけど偏差値70程度は天才でもなんでもないし、学校の半分がオタクって言われてるから笑


    知らないのに口出してんじゃねぇよ笑


    463 : ラーメンラーメン : 2018/10/28(日) 00:23:10 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    正直な話、俺は井上雅也だけと話したい。君らみたいな、便乗してるだけの奴等が混ざると、結局それだけになるんだよ。少しは考えてくれ。


    11 : ラーメンラーメン : 2018/10/21(日) 10:35:09 このユーザーのレスのみ表示する
    >>7 177っすね


    12 : ラーメンラーメン : 2018/10/21(日) 10:35:59 このユーザーのレスのみ表示する
    >>8 学年で一番身長ありましよ。柔道してるんで筋肉だけで50㎏超えてますし


    14 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 08:24:19 このユーザーのレスのみ表示する
    >>13 片手で持ち上げて投げれるかも

    62 : ラーメンラーメン : 2019/06/20(木) 13:20:42 このユーザーのレスのみ表示する
    偏差値70って言える頭も無いのに下らない煽りしてんじゃねぇよ餓鬼みたいに

    15 : ラーメンラーメン : 2019/06/20(木) 13:38:04 このユーザーのレスのみ表示する
    お前も行ってんのかよ

    偏差値何?

    17 : ラーメンラーメン : 2019/06/20(木) 14:57:11 このユーザーのレスのみ表示する
    >>16 張り合うっていうかもし俺より賢いなら凄いなぁって単純に思った

    まぁほっとくわ

    ラーメンラーメン
    kana3515
    嘘を吐いてる?そんな下らない事をする理由がないだろう。偏差値70前後は努力でどうにかなる問題じゃねぇよ。元の頭次第だよ。それに、ssに関係するのは偏差値じゃなくて文才。あと、人の事も信じられなくて人に合わせて、妄想に縋るような陰キャは黙ってて、どうぞ。受験前でしばらく低浮上なつもりだったけど止める。最後に話して垢消すよ。別に、荒らすつもりとか、そういうのも無いから。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
therookie

初心者

@therookie

「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場