ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

異世界転生したらまたミカサ・アッカーマンだった件

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2021/02/04(木) 01:09:26
    はじめて投稿させてもらうので面白くはないと思いますが、見てアドバイスなどいただけると助かります
  2. 2 : : 2021/02/04(木) 01:39:16
    ここはどこ…?私は一体…


    あぁ…思い出した…私は巨人と戦ってそして…


    ーーーーーーーー
    ーーーーーーー
    ーーーーーー


    ミカサ「はぁ…はぁ…もうガスも体力も…」



    アルミン「大変だ!ミカサのガスがもうなくなりかけてる!早く助けに行かないと!」



    エレン「くっ…アルミン…ミカサを助けに行くぞ…!」



    サシャ「む、無理ですよ!エレンもアルミンももうボロボロじゃないですか!」



    エレン「そんなの関係ねぇよ…あいつは、ミカサは俺の家族なんだ…!」



    リヴァイ「あいつはもう無理だ、諦めろ」



    エレン「諦めろ…ふざけんなよ!」ガシッ



    リヴァイ「あいつはお前を死なせないためにあそこにいる。お前に死んでほしくないからお前を助けた。俺達が今できることはここから生きて帰ることだ」



    エレン「俺だってミカサを死なせたくない!あいつは俺の…俺にとってのたった1人の家族なんだ!」



    ミカサ「エレン!!!」



    エレン「!!!」



    ミカサ「エレン、私はもう助からない…だから最期に聞いてほしい」



    エレン「何言ってんだよ!今助けに「来ないで!」



    ミカサ「エレン…私の大切な人…私のたった1人の家族…」



    ミカサ「エレン…今までありがとう」ニコッ



    エレン「おい…何言ってんだよ…お前も一緒に!」



    アルミン「エレン…!」ガシッ



    エレン「離せよアルミン!早くミカサを助けに行くんだ!」



    アルミン「もう無理だよ…」ポロポロ



    ミカサ「エレン…必ず生きて巨人を倒して」



    エレン「ミカサーー!!」



    巨人「」ニカッ ガシッ



    巨人「」アーン ゴクッ



    エレン「ミカサ…」ポロポロ


    ーーーーーーーー
    ーーーーーーー
    ーーーーーー


    ミカサ「そうだ…私は巨人に食べられたはず。ここは一体」キョロキョロ
  3. 3 : : 2021/02/04(木) 01:53:05
    神「ようこそ死後の世界へ」


    ミカサ「誰?死後の世界?」


    神「私は別の世界の神です。貴方は死んで今ここにいます」


    ミカサ「神?別の世界何を訳のわからないことを言ってるの」



    神「貴方が望むなら新たな世界へ転生させてあげようと思っていますがどうしますか?」



    ミカサ「別の…世界…」



    神「貴方がいた世界とは違う、巨人など存在しない世界です」



    ミカサ「巨人がいない…!?本当にそんな世界があるの?」



    神「もちろん、世界は1つではありません。たくさんの世界があります」



    ミカサ「私はエレンのいない世界に興味はない」



    神「エレン・イェーガーならいますよ」



    ミカサ「それはほんと!?」



    神「はい。ただあなたの知っているエレン・イェーガーではありませんが」



    ミカサ「エレン…エレンに会いたい」



    神「それ以外にも貴方とともに戦った方達もいますよ」



    ミカサ「じゃあまたエレンやアルミンと」



    神「そうですね。今度は巨人のいない世界でまた一緒に生活できるかもしれませんね」



    ミカサ「その世界に連れていって」



    神「では貴方には特別に私の力を使えるようにしておきましょう」



    ミカサ「貴方の力?」



    神「それは向こうの世界に行けばわかりますよ。それでは新しい世界を楽しんでください」



    ミカサ「またエレンに会える」
  4. 4 : : 2021/02/13(土) 20:59:58
    パチッ

    ミカサ「……ここは…」チラッ


    ミカサ「壁がない…?じゃあここは壁の外」キョロキョロ


    草原


    ミカサ「綺麗…これはアルミンの話してた草原だ」


    パカラパカラ



    ミカサ「何!」スッ



    「君、こんな所で何してるの?」



    ミカサ「貴方は!?」



    「どうしたの?」



    ミカサ「アルミン!」ダキッ



    アルミン「な、なんで僕の名前を!!」



    ミカサ「アルミン…よかった…」ツー



    アルミン「ちょ、ちょっと!何で泣いてるの!?」アワアワ



    ミカサ「またアルミンに会えるなんて…アルミン!エレンは!?エレンはどこ?」



    アルミン「君、エレンの事も知ってるの?」



    ミカサ「エレンは私のたった1人の家族。それはアルミンも知ってるはず」



    アルミン「エレンの家族…(この子一体…)」



  5. 5 : : 2021/02/14(日) 08:03:58
    アカウント作りました!少しずつ投稿していきたいと思います
  6. 6 : : 2021/03/15(月) 06:28:29
    アルミン「君は僕やエレンのことを知ってるみたいだけど、僕は君のことを知らない。どうして君は僕達を知ってるの?」



    ミカサ(そういえば神とかいう人が私の知ってるエレンではないと言ってた…ということはアルミンも私の知ってるアルミンじゃない…)



    ミカサ「私は別の世界からきたらしい。ごめんなさい、貴方は私の知ってるアルミンではないみたい」



    アルミン「別の世界!?」



    ミカサ「そう。私がいた世界は大きな壁があって、巨人と戦っていた」



    アルミン「巨人!?すごいね!それが本当ならすごい話だよ!」



    ミカサ「この世界には巨人はいないの?」



    アルミン「巨人はこの世界にはいないよ」



    ミカサ「そう、ならこの世界は平和なのね」



    アルミン「平和じゃないよ…」



    ミカサ「どうして?」



    アルミン「君の世界では巨人が君たちの敵だったみたいに、この世界では悪魔がいるんだ…」



    ミカサ「悪魔?」



    アルミン「人間を襲う悪い奴らさ」



    ミカサ「そう…やっぱりどんな世界にも平和な世界なんてない…」



    アルミン「そういえば君の名前聞いてなかったね。知ってるみたいだけど僕はアルミン・アルレルト」



    ミカサ「私はミカサ・アッカーマン。よろしくアルミン」



    アルミン「アッカーマン!?」



    ミカサ「なぜそんなに驚くの?」



    アルミン「ミカサ、君悪魔なの!?」



    ミカサ「私は人間」



    アルミン「だって今アッカーマンって!」



    ミカサ「それがどうしたの?」




    アルミン「悪魔の王もアッカーマンなんだ…リヴァイ・アッカーマン、過去最強の魔王って呼ばれてる」



    ミカサ「リヴァイ…あのチビか」ゴゴゴ



    アルミン「ど、どうして怒ってるの…?」



    ミカサ「あのチビはエレンの顔を蹴った。あのチビは許さない」



    アルミン「仲間…じゃないの…?」



    ミカサ「私のいた世界では一緒に巨人と戦っていた。けどこの世界でエレンやアルミンの敵なら私の敵」



    アルミン(信じていいのかな…)


▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
miku-514

翡翠

@miku-514

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場