ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

十神「俺がこの学園を統べる!!」朝日奈「何言ってんのこのかませ」

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/02/01(金) 22:06:02
    ネタバレ、キャラ崩壊恐らくします

    どんな展開になるかは安価次第

    登場キャラは1、2、3、V3、あとこまるも有りです

    他作品ネタは広く知られているものなら採用することがありますが基本安価下

    また、以下の場合も安価下です

    ○あまりにも具体的あるいは長すぎと判断した場合

    ○同じような内容の安価の連続

    ○あまりにニッチな性癖に関するもので私の手に負えないもの あと屁

    また、息抜きに書いていくので亀更新の恐れもあり

    以上のことが容認出来る心の広い方安価お願いします
  2. 2 : : 2019/02/01(金) 22:08:27
    期待
  3. 3 : : 2019/02/01(金) 22:13:01
    十神「それだ!!朝日奈、お前がそんな不名誉な呼び名を広めたせいで、俺は嘗められる羽目になった!!」

    朝日奈「え~あんたがかませだから悪いんじゃん、私のせいにしないでよ」

    十神「五月蝿い!!とにかくこの状況は不愉快極まりない!!そこで俺は今から学園を統べてみせる!!そして俺の才能を愚民共に知らしめてやる!!」

    朝日奈「勝手にすれば良いじゃん、どーせ無理だけど」

    十神「いや、不名誉な呼び名を広めた罰だ、お前も手伝え」

    朝日奈「うそっ!……まあ暇だしいっか、少しだけ付き合ってあげる、で、まず何するの?」

    十神「まずは>>4に行くぞ」
  4. 4 : : 2019/02/01(金) 22:13:46
    女子更衣室
  5. 5 : : 2019/02/01(金) 22:20:15
    十神「女子更衣室だ!!」

    朝日奈「は?」

    ~~

    女子更衣室

    朝日奈「で、何でここに来たの!?いや、特に止めなかった私も私だけど!!」

    十神「ふっ、もちろん全て俺の計画のうちだ」

    朝日奈「だから何しに来たの?まさか覗きとか、盗撮とか?だったらぶちのめすよ!!」

    十神「誰がそんな低俗で愚民臭いことをするか、ここに来た目的は>>6だ」

  6. 6 : : 2019/02/01(金) 22:23:31
    女の音を堪能するためだ
  7. 7 : : 2019/02/01(金) 22:31:48
    十神「女の音を堪能するためだ」

    朝日奈「あんたね……」

    十神「そう、有り体に言えば盗聴だな……」ボギャァ!

    朝日奈「ギルティ!!!!」ボディブロー

    十神「あ、朝日奈……お前何を」

    朝日奈「なおさら気持ち悪いわ!!」

    十神「はっ、所詮女には俺の高尚な試みは分からないだろう、これをすることで、やる気を上げ、才能の更なる飛躍が見込め…」グギャボラ!

    朝日奈「分かってたまるか!!!」

    十神「くっ……ん?俺達の他にも誰かいるな」チラッ

    十神「あれは>>8
  8. 8 : : 2019/02/01(金) 22:32:31
    苗木
  9. 9 : : 2019/02/01(金) 22:45:37
    十神「あれは苗木か、なぜあいつがここにいる?」

    朝日奈「知らないけど少なくとも盗聴が目的じゃないと思うよ」

    十神「まあいい、少し観察してみるか、あの物陰に隠れるぞ」

    ~~

    苗木「全くもう、何で僕がわざわざ女子更衣室に入って忘れ物をとらなきゃならないんだろう」

    霧切「それはね」ヒョコ

    舞園「苗木君が優しいからですよ」ヒョコ

    苗木「!!!二人とも!!いつの間に?」

    霧切「いつの間にって貴方が来る前からよ」

    舞園「はい、私達が着替えようとしていたら苗木君が」

    ~~

    十神「またストーキングしてるのかあいつらは」

    朝日奈「気配はなかったけど、一体いつからいたんだろう」

    十神「少なくとも俺の盗聴機によれば俺達が来る前には誰もいなかったな」

    朝日奈「それは後で壊すから」

    ~~

    霧切「うふふ、ここにいたのが私達で良かったわね、茶柱さんだったら今頃保健室よ」

    苗木「そ、そう言われれば」

    舞園「これからは気をつけて下さいね、それで誰に何を取ってくるように頼まれたんですか?」

    苗木「>>10さんに>>11を」
  10. 10 : : 2019/02/01(金) 22:46:32
    茶柱
  11. 11 : : 2019/02/01(金) 22:47:04
    汚れた自分のパンツ
  12. 12 : : 2019/02/01(金) 23:54:02
    なんか矛盾してる気が
  13. 13 : : 2019/02/02(土) 00:22:06
    苗木「茶柱さんに茶柱さんの汚れたパンツを」

    舞園「へえ」

    霧切「茶柱さんがなぜそんなことを?」

    苗木「うーん、何でだろう、なんか急いでたみたい何だよね」

    ~~

    朝日奈「茶柱ちゃんが男子にそんなこと頼むほどの急用?」

    十神「それなら知ってるぞ」

    朝日奈「何でしってんの?」

    十神「お前は本当に脳味噌が足りないな、学園を統べるに当たって情報収集は基本だろう、俺は学園の至る所にモノチッチを放ってるんだぞ」

    朝日奈「はあ?」

    十神「無論、全て俺のもとに情報は来る」

    朝日奈「…ん?ならお風呂とかここにも」

    十神「無論だ、まあ映像はないがな……」ギャバボエ!

    朝日奈「うおらっ!!!」ミギストレート

    十神「お、お前何をするんだ!!」

    朝日奈「当然だよ!!」

    十神「まあ、この俺の高度な作戦に愚民がついてこれないのは自然なことか……」ブルッ

    霧切「へえ、どんな作戦かしら」

    舞園「是非ともお聞かせ願いたいですね」

    十神「お、お前らなぜここが」

    苗木「あれだけ騒いで分からない方がおかしいと思うよ」

    舞園「そういうわけです」

    霧切「お仕置きは後にして、とりあえず今は茶柱さんが何を急いでいるのか聞かせて貰おうかしら」

    十神「ふっ、やはり愚民共は俺の力が…」

    霧切「あっ、モノチッチ!!」ユビサシ

    苗木「どこ?」クルッ

    舞園「ハッ!!」オラッ!

    十神「グギャボラ!!!」ピクピク

    朝日奈(出た、舞園ちゃんの謎パワー)

    霧切「気のせいだったわ、まあ後で入間さんにでも頼んでモノチッチは排除しておきましょう」

    舞園「で、十神君改めてお聞きします、茶柱さんは何を急いでいたんですか?」

    十神「>>14
  14. 14 : : 2019/02/02(土) 00:36:00
    花村にパンツを盗られた
  15. 15 : : 2019/02/02(土) 01:53:34
    そろそろ十神くんの顔が変形しそうなんだが・・・
    まぁ、十神くんが悪いか・・・
  16. 16 : : 2019/02/02(土) 11:18:06
    十神「どうやら花村にパンツを取られたらしい」

    舞園「なるほど」

    十神「そのために花村を捕まえて今日の晩飯にする気のようだ」

    苗木「やり過ぎじゃない!?」

    霧切「いいえ、苗木君、男子の貴方には分からないかも知れないけれど私達にとって下着泥棒はライオンの檻に投げ込んでもなお許せないものよ」

    朝日奈「さ、流石にそこまでは…」

    舞園「霧切さんのいうとおりですね、でも晩御飯のおかずにするのはちょっと嫌です」

    朝日奈「そうだよね舞園ちゃん」

    舞園「変なウイルスがありそうなので」

    朝日奈「そっち!?」

    霧切「まあそれはひとまず置いておきましょう、十神君一つ聞きたいことがあるんだけど」

    十神「何だ?」

    霧切「誰が貴男みたいなかませメガネにモノチッチなんて与えたのかしら?」

    十神「ふんっ、お前ごときにそれを教える理由は……」

    舞園「あっ!見てくださいあんな所にモノクマが!!」ユビサシ

    苗木「なっ!今度は何をする気なんだ?」クルッ

    霧切「教えてちょうだい十神君」グオッ!

    朝日奈(なんか鎌持った死神っぽいのが見える!!)

    十神「うっ」

    舞園「すいません苗木君、よく見たらポスターでした」

    苗木「なんだ、ポスターか」クルッ

    朝日奈(というかさっきから二人の連携は何なの?)

    霧切「さあ、吐きなさい」

    十神「モノチッチは>>17

  17. 17 : : 2019/02/02(土) 11:19:49
    花村と共謀してオカズを手に入れるための1つの手段に過ぎない
  18. 18 : : 2019/02/02(土) 16:36:43
    十神「花村と共謀してオカズを手に入れるための手段にすぎん……」グジャバラッ!

    朝日奈「吹っ飛べや!!!」オラアッ!

    十神「ぐへえ!!く、意識が……」バタリ

    霧切「まだまだ聞きたいはあるんだけど」

    苗木「霧切さん、あまり手荒なことは…」

    霧切「大丈夫よ苗木君、探偵として詳しいことを知りたいだけ、手荒なことをする気はないわよ」ニコッ

    舞園「霧切さん、プールに行きましょう」

    霧切「そうね、朝日奈さん、そこで伸びてるかませ運んでくれない?」

    舞園「すいませんが苗木君は少しだけ待っていて下さい」ペコリ

    苗木「えっと……うん」

    ~~

    霧切「さあ!!もっと詳しいこと吐きなさい!!!」オラッ!

    十神「グベボロッ!」ジャブジャブ

    朝日奈(水攻め!!!)

    舞園「さあ!!」

    朝日奈「というか、舞園ちゃんがエスパーで色々吐き出させれば良いじゃん」

    舞園「何言ってるんですか朝日奈さん、罪には罰を、当たり前のことです、要するに苦しめたいだけです」

    朝日奈「S!!!」

    霧切「ほら、早くしないと温度を下げるわよ」

    十神「や、止めろぉ!!俺は学園を統べる為にあらゆる手をだな……」グエッ

    霧切「無駄な口上は良いから早く言いなさい!!」

    十神「いや、モノチッチは花村が持っていたのを借りただけで……」ジャエッ!

    朝日奈(今水飲んだ!!すっごい飲んだ!!!)

    霧切「何で花村君がそんなものを持っているのかしら?」

    十神「ハアハア……それ…」グエッ

    霧切「遅い!!」

    朝日奈(2人目のS!!!)

    霧切「今度は早くしなさい」

    舞園「花村君が持っていた理由に心当たりは?」

    十神「>>19

  19. 19 : : 2019/02/02(土) 16:46:44
    日向から借りたと言っていた
  20. 20 : : 2019/02/02(土) 16:49:03
    モノチッチの事をモンチッチだとずっと勘違いしてた…
  21. 21 : : 2019/02/02(土) 16:52:00
    犠牲者が芋づる式に増えて行くなwww
  22. 22 : : 2019/02/02(土) 17:25:22
    十神「日向に借りたらしい」

    霧切「へえ、日向君にねえ」

    十神「本当だぞ!!」

    霧切「まあいいわ、裏をとれば分かるもの、舞園さん、日向君とついでに花村君の場所は?」

    舞園「大丈夫です、ちゃんと把握してますよ、ただ花村君は今茶柱さんにより気絶させられていて、今はじっくりコトコト煮込まれてます」

    霧切「今日は豚汁かしら、それとも別の?」

    舞園「さあ?、少なくとも豚料理は控えておきましょうか」

    朝日奈「そういう問題かな!?」

    霧切「確かに、別の問題も出てくるわね」

    朝日奈「だよね、だよね!!」

    霧切「誰が晩御飯作るのかしら?東条さんにこれ以上負担かけるのも悪いし」

    朝日奈「そこじゃないよね!!」

    舞園「まあ、お二人ともその話は後にしてとりあえず日向君の所に行きましょう、苗木君をこれ以上待たすのも妻失格ですし」

    霧切「あら?今何やらとんでもワードが聞こえたんだけど気のせいかしら?」

    舞園「私の記憶によればおかしなことは何一つ言ってないので気のせいでしょう」

    朝日奈「はいっ!ストップ!!その話題も後にして!!舞園ちゃん、日向はどこにいるの?」

    舞園「>>23です」
  23. 23 : : 2019/02/02(土) 17:28:12
    私のスカートの中です
  24. 24 : : 2019/02/02(土) 17:35:05
    もうカオス
  25. 25 : : 2019/02/02(土) 17:39:24
    神出鬼没
  26. 26 : : 2019/02/02(土) 18:03:02
    パンツマスターだからな…
  27. 27 : : 2019/02/02(土) 18:19:53
    日向は超高校級の相談窓口ってやつですか?
  28. 28 : : 2019/02/02(土) 18:57:54
    舞園「私のスカートの中にいますよ」ニコッ

    十神「なにっ!!あいつ!!」

    霧切「五月蝿い」ゴキィ!

    十神「ウルゲッ!!」ブクブク

    朝日奈「泡ふいて落ちた!!」

    霧切「さて、じゃあかませはほっといて行きましょうか」

    ~~

    ランドリー

    舞園「いましたよ!!」

    日向「うっ!!誰かっ!!助けてくれっ!!服に埋もれて何も見えない!!身体が!!嫌だ!!舞園のスカートに飛び込んで人生を終えるなんて嫌だ!!せめて七海が良い!!」ジタバタ

    朝日奈(なぜか上半身洗濯機に突っ込んでて洗濯機とその扉に挟まれてる)

    舞園(ランドリーで下着あさりをしていたので捕まえておきました)

    朝日奈(ナチュラルにエスパーってくるね)

    苗木「日向君!!なぜ君が下着あさりなんて!!?」

    日向「その声は苗木か、知れたこと超高校級のパンツハンターとしてそこにパンツがあるならたとえ火の中水の中草の中そしてスカートの中!!」

    苗木「君は相談窓口でしょ!!」

    日向「そんな称号は置いてきた!!今の俺はランドリーでランジェリーを求めるランジェリーマスターだ!!世界一のランジェリーマスターに俺はなる!!」

    白銀「うーん、私的には地味に日向君には探偵になって欲しかったな」

    日向「おお!!白銀もいたのか頼む、助けてくれ!!」

    朝日奈「いつの間にいたの!?」

    白銀「え?ついさっき、そろそろ洗濯終わったかなって」

    日向「朝日奈もいたのか、頼むから助けてくれっ、助けてくれたらお前のパンツ返すからぁっ!!!」ケツキック!

    朝日奈「犯人はお前か!!」

    日向「しまった!!誘導尋問か!」

    霧切「貴方が勝手に喋っただけよ」

    日向「霧切っ!!」

    霧切「答えなさい、貴男は花村君にモノチッチを貸したのかしら?もしそうならどこから入手したの?」

    日向「そ、それは…」

    舞園(答えないなら、下半身裸にしてこの部屋にゴキブリと蚊を放ちます)

    日向(エスパーで脅しとは苗木の前では猫かぶってるな相変わらずっ!!!)ブゲゥ!

    舞園(苗木君に気づかれずに貴男のアンテナを潰すなんて容易なことです、人の下着をあさっていた貴方には一片の同情もありません)

    日向「くっ!モノチッチは>>29

  29. 29 : : 2019/02/02(土) 19:00:55
    77期の女子(辺古山含む)と予備学科女子(サトウさんもご一緒に)と雪染先生との行為の映像を撮る為に白銀から貰った一匹を参考にして自作した。
  30. 30 : : 2019/02/02(土) 19:15:19
    十神
  31. 31 : : 2019/02/02(土) 21:52:15
    日向「77期の女子(辺古山含む)と予備学科女子(サトウも一緒に)と雪染先生との行為の映像を撮る為に白銀から貰った一匹を参考にして自作したんだよ!!」

    白銀「え?あのコスプレを自撮りする為に手に入れたモノチッチがそんな悪用を!?」

    霧切「でもそんな集団プレイ私の情報網にはかかってないわよ、舞園さんどう?」

    舞園「私も知りませんね」

    日向「ハッハッハ!!それはそうだろう、まだ口説きてる最中だからな!!準備は早いに越したことはない!!」

    朝日奈「最後の一言以外全く共感できない!」

    苗木「日向君、君って奴は……」

    舞園「………朝日奈さん、白銀さん少し苗木君と食堂あたりで休憩でもしていて下さい」

    霧切「そうね、私達は少しやることがあるから」

    苗木「二人とも?何を?」

    舞園「安心して下さい、人道に反することはしません」

    霧切「ちょっと義務を果たすだけよ」

    白銀「分かったよ、じゃあ行こっか今なら確か東条さんがいたからなんか作って貰おう」

    苗木「…うん」

    ~~
    プール


    十神「…………」

    >>32「十神!!大丈夫か?」

    >>33「一体何が?」
  32. 32 : : 2019/02/02(土) 21:53:22
    十六夜
  33. 33 : : 2019/02/02(土) 22:00:11
    花村
  34. 34 : : 2019/02/02(土) 23:28:37
    十六夜「十神!!しっかりするんだ!!」

    花村「僕達には君が必要なんだよ!!」

    十神「……う…う俺は……霧切に…」

    十六夜「気がついたか!!今すぐ保健室に連れて行ってやる!!」

    十神「…霧切、舞園、それに朝日奈!!!この借りは返すからな!!」

    ~~

    苗木「なっ!!?」

    東条「……」バタリ

    白銀「東条さん!?」

    朝日奈「しっかりして!!」

    東条「…朝日奈さん?」ムクリ

    苗木「一体何が?」

    東条「う…確か、大きな、そうとても大きな鍋があったから確認しようと思ったら後ろから誰かに殴られて…」

    苗木「まさか、東条さん程の実力者が…」

    白銀「誰かが花村君を助けるために東条さんを気絶させた?」

    朝日奈「そんな…」

    白銀「まさかギャグパートがシリアスパートに変わるなんて……」

    朝日奈(突っ込みする気が起きない)

    ~~

    十神「済まなかったなお前達」

    十六夜「気にするな、お前に力を貸すと誓ったのだからな」

    花村「うんうん!!またいっぱいおかずを用意してくれたらそれでいいから」

    十神「ふっ、任せておけ、全ては俺がこの学園を統べるための礎だ」

    ~~

    苗木「とにかく、何か手がかりを…」

    朝日奈「あっ!よく見たらもう一人倒れてる!!」

    白銀「あれは>>35
  35. 35 : : 2019/02/02(土) 23:33:24
    七海
  36. 36 : : 2019/02/03(日) 10:59:12
    七海「………」バタリ

    苗木「そんな、まさか七海さんまで!!」

    白銀「大丈夫?しっかりして!!」

    七海「う?」ムクリ

    朝日奈「良かった」

    ~~

    霧切「さあ!!どうやってモノチッチを量産したのか吐きなさい!!」ビシィ!

    日向「グケッ!!鞭は止めてぇ!!俺にM属性はないんだよ!!」

    舞園「じゃあ」トクトク

    日向「イタヒリッ!!!」

    舞園「唐辛子をジュースにしたものです、美味しいですか?」

    日向「お前ら!!動けない人間になんて非道な!!」

    舞園「下着泥棒は非道を超えた外道の所業だとは思わないんですか?そんな下半身丸出しで」

    霧切「そうよ、みすぼらしいアンテナの分際でなにいってるのかしらっ!!!」ビシィ!

    日向「アギャンッ!!」

    霧切「モノチッチは貴方が個人で作れる量産できるほど簡単じゃないわ!!協力者がいるでしょう早く吐きなさい!!」ビシィ!

    日向「アジャバラッ!!」

    霧切「そろそろアンテナ切り落とすわよ」

    舞園「ええ、玉を潰した後に切り落とされたくなかったら早く正直に喋って下さい、どのみちその気になればエスパーで全部分かるんですから」

    日向「……モノチッチは>>37
  37. 37 : : 2019/02/03(日) 11:11:14
    私、カムクライズルの確固たる意志です
  38. 38 : : 2019/02/03(日) 11:13:39
    カムクラが変態に…
  39. 39 : : 2019/02/03(日) 19:02:33
    日向「モノチッチは…」ブワッ

    舞園「髪が伸びた!?」

    カムクラ「私、カムクライズルの確固たる意志で量産したのです」

    霧切「カムクライズル?まさかあの噂が真実だったなんて」

    舞園「霧切さん!心当たりが!?」

    霧切「日向君がその性欲を満たすために試行錯誤し、遂に当時の自分には欲望を満たしきれないと絶望した彼が覚醒させた人格」

    霧切「それが超高校級の希望、カムクライズル」

    舞園「うわっ」ヒキッ

    カムクラ「流石ですね霧切さん、そこまで知っていれば僕に抵抗することの愚かさは…」バシンッ!

    霧切「でも今の貴男は下半身丸出しのただの変態、どうとでも出来るわよ」

    カムクラ「ふっ、それはどうでしょうね」

    舞園「ん?思考が読めなくなっ…」

    カムクラ「瞬間移動!!」ヒュンッ!

    舞園「た!?」

    霧切「まさか、こんな奥の手を隠していたなんて…」

    舞園「何をしでかすか分かりません!!一刻も早く苗木君の元に行きましょう!!」

    ~~

    カムクラ「ふっ」ヒュンッ

    十神「カムクラ、お前どうしたんだ急に現れて」

    花村「あはっ!!そのポークは僕に食べて貰いたいんだねぇ!」

    カムクラ「違います、実は…」

    ~~

    白銀「え?七海さんそれは本当なの?」

    七海「うん、私は確かに見たんだよ、気絶する前に>>40を」
  40. 40 : : 2019/02/03(日) 19:06:26
    ブレイクダンスするパンツを被った東条さん
  41. 41 : : 2019/02/03(日) 19:34:45
    何したんだよwww
  42. 42 : : 2019/02/03(日) 20:10:51
    依頼かな?
  43. 43 : : 2019/02/03(日) 22:21:06
    七海「今思い出しても身震いするよ」

    ~~

    七海「うーん、なかなか日向君見つからないなぁ」

    東条「まあまあ、これレモンティー入れたから一息ついて」

    七海「ありがとう東条さん」ゴクゴク

    東条「あら?何かしらあの大きな鍋?」コツコツ

    七海「眠い……」

    ゴンッ!!!

    七海「なっ?東条さん一体何が!?」

    東条「……」パンツカブリ

    七海「エえ???」

    東条「………」ブルンッ!クルンッ!

    七海「何故にブレイクダンス!?」

    東条「……」グオラッ!

    七海「いっ一体な……」ガツンッ!

    七海「あっ!?」バタリ

    ~~

    朝日奈「それは怖かったね」

    苗木「でもそんなパンツなんてここにはない、誰かが持ち去った?何故?というか何故ブレイクダンス?」

    東条「私がブレイクダンスなんて、やったことは無いけど」

    白銀「そもそも東条さんがパンツ被る自体であり得ないよ」

    苗木「でも、パンツね、なんか容疑者が頭に浮かんできたんだけど」

    朝日奈「苗木も?実は私も」

    白銀「地味に私も」

    ガチャッ

    東条「扉が!!」

    七海「あ!?誰か来た!」

    >>44>>45

  44. 44 : : 2019/02/03(日) 22:29:29
    左右田
  45. 45 : : 2019/02/03(日) 22:30:13
    ソニアさぁんのパアンツゥゥゥ!!
    うっひょおーーー!!
  46. 46 : : 2019/02/03(日) 23:33:12
    わろた
  47. 47 : : 2019/02/04(月) 10:26:45
    呪いのパンツ…?
  48. 48 : : 2019/02/04(月) 18:56:23
    左右田「ソニアさぁんのパアンツゥゥゥ!!
    うっひょおーーー!!!」

    朝日奈「……」

    苗木(そう、それはまさに一瞬の出来事だった)

    白銀(突然パンツを頭にかぶりながらやってきた左右田君)

    七海(誰もがあっけにとられる中彼女はぐっと拳を握り、足を強く踏み出した)

    東条(そしてありったけの力を魂の鳴動とともに変態へと伝えた)

    朝日奈「この変態が!!!!!!!!!」

    ゴギャッ!!!!

    左右田「パツブッ!!!!」

    七海「一発KO」

    ドタドタ

    霧切「苗木君大丈夫!?」

    舞園「お怪我はありませんか!?」

    朝日奈「あっ、二人とも丁度良かった」

    ~~

    カムクラ「あっ、左右田がやられました」

    十神「はっ、あの馬鹿め褒美にとらせたパンツにきをとられたのか?」

    カムクラ「どうやらそのよっ……」シュン

    日向「やべっ、時間切れだ」

    十六夜「まあ良い」

    十神「それより>>49はどうした?姿が見えないが」

    花村「ああ、彼なら>>50
  49. 49 : : 2019/02/04(月) 19:13:31
    天海
  50. 50 : : 2019/02/04(月) 19:14:29
    赤松さんを自分好みに洗脳し終わったようだよ
  51. 51 : : 2019/02/04(月) 19:22:54
    1章組、何してんすか…
  52. 52 : : 2019/02/04(月) 20:44:28
    花村「赤松さんを自分好みに洗脳し終わったみたいだね、これ中継」ピッ

    ~~

    天海「さあっ!楓ちゃん!!お兄ちゃんに砲丸をぶつけるっす!!」

    赤松「うんっ!蘭太郎お兄ちゃん!!」ガツンッ!

    天海「なんっ!!」

    赤松「次はベリーハード行くよぉ!」

    天海「ウェルカムっす!!」

    赤松「えいえい!!」ガツンッ!ガツンッ!

    天海「なぁんっ!!」

    赤松「えへへ、ウルトラハードまで耐えたら楓と一緒にお風呂だよ」

    天海「柔らかい砲丸が楽しみっすねぇ」

    赤松「もうっお兄ちゃんのH!!存分に弄くっていいけどね」ニコッ

    ~~

    十神「ふふふ、これは実験成功ということだな」

    十六夜「みたいだな」

    十神「よしっ!!お前ら!!遂に計画を実行に移すぞ!!」

    花村「いよいよだね、おかずいっぱい出来そうだよ」

    日向「全ての下着は俺のもんだぁ!!」

    ~~

    舞園「つまり、左右田君の脳内を全て暴けば良いんですね」

    白銀「うん、そうすれば地味に東条さん達を気絶させた犯人がわかるか……」

    ピンポンパンポーン

    十神『見ているか愚民共』

    苗木「十神君?」

    十神『俺は、俺達>>53が今日をもってこの学園を征服することをここに宣言する!!』

    朝日奈「はぁ?何言ってるのこのかませは」

    白銀「変な名前」

  53. 53 : : 2019/02/04(月) 20:58:17
    変態十字騎士団
  54. 54 : : 2019/02/04(月) 21:00:40
    名に恥じぬ集団だな…
  55. 55 : : 2019/02/04(月) 21:17:40
    十六夜が意外すぎるw
  56. 56 : : 2019/02/05(火) 04:19:27
    よいちゃん…アニメでは比較的まともだったのに…
  57. 57 : : 2019/02/05(火) 18:35:17
    十神『そう!!俺達変態十字騎士団(アブノーマルパラディンズ)がこの学園を統べる!!』

    霧切「誰よそんな頭のおかしい名前考えた馬鹿は」

    舞園「十神君ってことにしましょう、どうでも良いですよそんなこと」

    十神『言っておくが抵抗は無駄だぞ、しかし俺達に跪くなら寛容に受け入れる!!入会料は各々により違うがな、その代わり望みを俺達が出来る範囲で叶えてやろうじゃないか』ハッハッハ

    東条「入会料って何よ」

    十神『無論俺達の仲間は既に大勢いる、隣の人間がそうかも知れない、せいぜい気をつけることだ』

    七海「へえ」

    十神『さて、これから俺達変態十時騎士団の活動を話してやろうか』

    白銀「活動って、支配するんじゃなかったの?」

    十神『俺達の目標は別に力による独裁ではない、各々の能力と欲望を適切に運用し、俺達のレベルを上げるのが目的だ』

    苗木「なんか宗教じみた話してきたね」

    舞園「てか、欲望を適切に運用って何する気ですかって話ですよ」

    十神『しかし、それでも俺に反抗するものも少なからずいるだろう、故にここに宣言する!!俺達がそいつらの心を折るか折られるのかのゲームをしようじゃないか』ノリノリ

    朝日奈「なんかテンション上がってきてるね」

    苗木「十神君結構そういうゲーム好きだからね」

    七海「うーん、私はあんまりそういう系のゲームはしないなぁ」

    十神『言っておくがゲームを降りることは出来ない、こちらには人質がいる』

    七海「えっ?」

    十神『既に赤松を始め数人を確保している、赤松に至っては天海に裸体を弄られるのも時間の問題だ』

    東条「何やってるのよ天海君!!!」

    十神『くくく、それと二つ程俺からの個人的な宣言がある』

    霧切「まだあるの?」

    十神『まず一つ目は>>58




  58. 58 : : 2019/02/05(火) 18:43:19
    オレァクサムヲムッコロス!!(ムッコロフェイス)
  59. 59 : : 2019/02/05(火) 18:51:10
    狂気
  60. 60 : : 2019/02/05(火) 19:07:20
    すいませんが私が知らないので再安価下
  61. 61 : : 2019/02/05(火) 19:11:49
    変態洗脳した雪染先生は俺の直属の配下となった
  62. 62 : : 2019/02/05(火) 21:36:09
    十神『くっくっく、おい花村カメラを引け』

    苗木「?」

    霧切「あっ!?見てちょうだい!!」

    雪染『ははあっ!』ブリッジ

    七海「そんな!!雪染先生が裸エプロンのうえブリッジして十神君の椅子になってる!!」

    十神『見てのとおり、雪染は俺が変態洗脳し、配下にした、つまりだ』モギュ

    雪染『はあんっ!!』アンッ

    十神『なかなかの揉み心地じゃないか、くっくっくどうだこれを見てる男共、良いだろう、お前達も仲間になれば揉むことを許してやらんこともないぞ』

    苗木「何を言ってるんだ!!」

    霧切「流石よ苗木君!!」

    舞園「最高です!!」

    十神『そしてもうひとつ、俺に屈辱を与えた、霧切、舞園、そして朝日奈!!!!お前らに俺は必ず復讐をする!!特に朝日奈!!絶対に許さんぞ!!!!』

    朝日奈「何で私!?」

    十神『お前を捕らえた暁には全裸にして、その実りに実った胸を撫で回し嘗め回し掻き回し、そして俺の枕としてやる!!覚悟しておけ!!』

    白銀「何でか知らないけど朝日奈さんへの恨みが凄いね」

    朝日奈「そんな…何度かしばいたぐらいなのに」

    苗木「それって普通に恨まれるよね!!」

    十神『以上だ、せいぜい朝日奈以外は俺達変態十字騎士団に入ることを進める』

    ピンポンパンポーン

    苗木「そんな…十神君が」

    東条「私達を気絶させたのも彼らの仕業ね」

    霧切「ったく、かませの分際で随分大胆なことを始めたわね」

    七海「これからどうしよ、日向君も絶対十神君の仲間だろうし」

    白銀「絶対的な信頼感だね」ハハ

    舞園「まあ、とりあえず間違いなく彼らの仲間の左右田君から情報を抜き取るとしましょうか」

    左右田「………」チーン

    舞園「はあっ!!」フンッ!

    舞園「なるほど、どうやら変態十字騎士団は>>63らしいですよ」

  63. 63 : : 2019/02/05(火) 21:47:37
    黒幕が日向創
  64. 64 : : 2019/02/05(火) 22:41:47
    仲間どころか諸悪の根源じゃねえか
  65. 65 : : 2019/02/05(火) 22:52:42
    アブノーマルパラディンズwww
  66. 66 : : 2019/02/06(水) 19:02:30
    舞園「黒幕が日向君らしいですよ」

    七海「え!?」

    舞園「何でも、カムクライズルが十神君を唆して変態十字騎士団(アブノーマルパラディンズ)(笑)を組織したらしいです、実は計画その他諸々もカムクラがやっていて、要するに十神君は自分がトップと思ってるマリオネットですね」

    白銀「哀れっ!!!」

    七海「そんな!!日向君が黒幕なんてそんなわけ無いよ!!」

    苗木「七海さん…」

    七海「つい昨日だって私が5時間耐久テトリスをずっと見ていてくれたんだよ!!ボスをやってる時間なんて無いよ!!」

    霧切「まあ、確かに計画実行前日にそんな時間を過ごすのは少し引っかかるけど」

    東条「テトリス?対戦でもしていたのかしら?」

    七海「ううん、私が一人でやってたよ」

    東条「なら、七海さんゲームに関する集中力凄いから途中で抜け出すなり携帯を使うなり出来るでしょう」

    七海「絶対無いよ!!だって私が5時間耐久終わった時に私の上半身裸にしておっぱい揉んでたんだから!!」

    苗木「え?」

    七海「いつからやってたの?って聞いたら始まって2分ぐらいからって」

    舞園「色々突っ込みたいですけど一旦我慢します」

    七海「日向君が私のおっぱい揉み時間を偽るわけない!!つまり日向君は私とずっといたんだよ!!」ドヤッ

    霧切「………まあ日向君なら計画実行前日でもそれならやりそうね」

    朝日奈「七海ちゃんは気づかなかったの?」

    七海「うーん、日向君はいつも気づいたら揉んでるから、本当いつもなんだよ、朝ごはんも授業中も映画館でもこの前なんて選手宣誓の時も揉まれて、そんなに揉まれてるから、なんか日向君のやつは一周回って気づきにくくはあるよ」

    朝日奈「そ、そうなんだ……」

    霧切「話は変わるけど、舞園さん何故左右田君みたいなチキン野郎がそんなことを知っていたのかしら?日向君のソウルメイトだから?」

    舞園「何でも>>67を作った褒美として、変態十字騎士団の真実とソニアさんのパンツを手に入れたらしいです」
  67. 67 : : 2019/02/06(水) 19:15:49
    最新型メタルギア
  68. 68 : : 2019/02/07(木) 18:41:04
    舞園「最新型メタルギアらしいです」

    白銀「へえ、あれが」

    七海「なるほどあれね」

    朝日奈「あれって何!?」

    七海「あれは……それ」

    白銀「そう、あれはそれ」

    霧切「……舞園さん、具体的にどんなものかしら?」

    舞園「>>69です」




    モノクマ「ここに中の人の無能無知をお詫びします」ペコリ
  69. 69 : : 2019/02/07(木) 19:18:57
    罪木をおっぱい洗脳する機械
  70. 70 : : 2019/02/07(木) 20:24:57
    名前のわりにひどい
  71. 71 : : 2019/02/07(木) 20:28:39
    ”最新型”やからな……
  72. 72 : : 2019/02/07(木) 21:18:12
    舞園「罪木さんのような、可愛らしくておっぱい大きいのになんかネガティブで誰かに依存しちゃうんじゃない?的な人を洗脳して、おっぱいおっぱいにする機械です」

    白銀「ターゲット狙いすぎ!!」

    朝日奈「何よそれ!!」

    苗木(へえ、メタルギアって確かあれだよね、僕の浅い知識では確か濃い顔のダンディな傭兵?が出るゲームだと思ってたけどそっち系なんだ)

    七海「ってことは罪木さんも」

    霧切「恐らく日向君あたりに今頃胸を揉まれてるでしょうね」

    苗木「うう……」

    舞園「さて、これからどうしますかね」

    ~~

    最原「離してよ!!」ジタバタ

    百田「落ち着けって言ってんだよ!!!」

    最原「早くしないと天海君におっぱいが好き放題されちゃうんだ!!」ジタバタ

    百田「赤松が心配なのは分かるけどよ」

    最原「僕のなんだ!!誰にも渡してやるもんか!!!」ジタバタ

    百田「だあっ!!ハルマキ!!何とかしろ!!」

    春川「何とかって、私最原抑えて両手使えないからあんたが何とかしなよ、落とせっていうなら話は別だけど」ウデツカミ

    最原「もう離してよ!!!何だよ!!春川さんだって腕掴んでるだけで全然ホールドしてくれないし!!」

    春川「は?」

    最原「僕が百田君だったら絶対して……」ゴキッ!

    春川「うっさい」

    最原「ギャァァァァ!!!!肩はずれた!!」

    春川「だから五月蝿い」ゴキッ!

    最原「っつ!!入った!!」

    春川「ったく」ギロッ

    最原「ご、ごめんなさい」

    百田「おお、流石はハルマキ、終一が冷静になったぞ」

    春川「さて…ん?あそこになんかいる」

    百田「あれは」

    >>73>>74
  73. 73 : : 2019/02/07(木) 21:22:34
  74. 74 : : 2019/02/07(木) 21:24:32
    こちらスネーク!これよりバーチャスミッションを開始する!!
  75. 75 : : 2019/02/07(木) 22:08:17
    死にてぇ…
  76. 76 : : 2019/02/07(木) 22:49:22
    本物だな
  77. 77 : : 2019/02/08(金) 06:27:34
    なんだこの連携は・・・
  78. 78 : : 2019/02/08(金) 19:10:21
    星「こちらスネーク!これよりバーチャスミッションを開始する!!」スタスタ

    春川「星?何か変なこと言ってるね」

    百田「でも何故だか分かんねえがしっくりくる」

    最原「あとバーチャスミッションって何?」

    春川「謎だね、まさかスパイごっこしてるわけじゃ無いだろうし、もしかしたらアブノーマルパラディンズに洗脳されたのかもよ」

    最原「なるほどっ!!星君を尾行すれば上手くいけば赤松さんの元に!!」

    百田「よっしゃ!!そうと決まれば尾行…」

    星「尾行…なんだ?」ニョキ

    春川「!!!星!!何故!?じゃあ前にいるのは!?」

    星「ふっ、分身位できなきゃテニスプレイヤーは務まんねーよ」

    最原「うっ!!」

    星「さて、俺を尾行しようとはクールじゃねえな、何が目的だ?」

    春川「あんたこそ何よバーチャスミッションって?どんなミッションする気なの?」

    星「>>79

  79. 79 : : 2019/02/08(金) 19:12:05
    近くにいる、洗脳されておっぱい攻撃してくる罪木のおっぱいに埋もれに行くミッション
  80. 80 : : 2019/02/08(金) 19:34:48
    屁がダメになったからおっぱいが増えたな
    ほんとワンパターン
  81. 81 : : 2019/02/08(金) 21:34:52
    星「近くにいる洗脳され胸を使い攻撃してくる罪木の胸に埋まりにいくミッションだ」

    最原「お供するよ!!」

    春川「最原」ギロッ

    最原「星君!!一体何を考えてるんだ!!そんな羨まし……けしからないことを!!!」

    百田「そうだぞ星!!お前はそんなキャラじゃねえだろ!!」

    星「馬鹿野郎!!!これは命懸けのミッションだ!!」

    春川「どういうこと?」

    星「……仕方ねえな百聞は一見にしかずだ」

    ~~

    罪木「あはっ!!アハハハッ!!!」アハハッ!

    春川「え?」

    罪木「待ってクダサァイ!!!」ヒャハッ

    日向「………」バタリ

    百田「おいおい」

    罪木「ふふふフフフフフフフフフ!!!!」

    最原「そんな!?罪木さんがおっぱいに硫酸のビンを挟んでおまけに手に注射器装備してる!!!??」

    星「ああ、日向は無謀にも無策で罪木に襲いかかり肘打ちを決められたんだ」

    春川「注射器も硫酸も関係無いんだね」

    星「因みに注射器には右手に麻薬左手には凝血剤が入っているらしい」

    百田「恐ろしいな」

    星「全て忌村の特別製だ、これで分かっただろう、このミッションは命懸けなんだ」

    春川「胸に埋もれて硫酸のビンを奪うんだね」

    星「ああ、そして胸に飛び込まれ怯んだ隙に注射器も奪う、ついでに罪木も落とす」

    最原「難易度高くない?そもそも何で罪木さんはあんなに壊れてるの?」

    星「さあな、洗脳された副作用なんじゃねえか」

    春川「星は誰にそんな詳しい話を聞いてミッションを頼まれたの?」

    星「>>82

  82. 82 : : 2019/02/08(金) 21:39:52
    うるせえ、お前も黙って洗脳されてろ!
  83. 83 : : 2019/02/08(金) 21:55:46
    星「うるせえ!!お前も黙って洗脳されろ!!」ポチ

    春川「最原の盾!!」

    最原「アビババッ!!!」

    百田「終一!!」

    春川「星…まさかあんたが」

    星「ちっバレたか、こうなりゃ仕方ない実力行使だ!!」ヒュン

    春川「させないよ!!」ヒュン

    百田「ふ、二人とも見えねえ!!!」

    春川「ふん、ラケット無しの癖にやるじゃない」ヒュン

    星「やれやれ、クールじゃねえな」ヒュン

    罪木「アハハハッ!アハハハッ!アハハハッ!!!!!」

    最原「象さんゾウさんブーラブラ」ブラブラ

    百田「クッ!!一瞬にしてカオスな現場に成っちまった」

    春川「はっ!!」ヒュン

    星「ふっ!!」ヒュン

    百田(今のところ二人の間には殆ど差はねえ、仕掛けるなら今しか……でも一体どうすれば…)

    最原「ブラブラブラブラおっぱい揉みたいなぁ」ブラブラ

    百田(つーか終一壊れすぎだろ)

    最原「都合良く発情中のクジャクとかいないかなぁ」

    百田(クジャク!?)

    最原「あっ!!いた!!>>84だ!!!」
  84. 84 : : 2019/02/08(金) 21:58:10
    正気を失っておっぱい揺らしまくってる流流歌
  85. 85 : : 2019/02/09(土) 20:14:23
    カオスでわろた
  86. 86 : : 2019/02/09(土) 22:13:11
    安藤「よいちゃんよいちゃんよよいのよい」プルプル

    最原「しゅしゅっと終一まだ終わらん」ブラブラ

    安藤「ルルルル流流歌、よよいのよいちゃん」プルンプルン

    百田「やばい奴一名追加!!!」

    星「安藤?何故ここに?」ヒュン

    春川「百田!!そいつ捕まえといて!!」ヒュン

    百田「で、でもよ裸の女捕まるのはちょっと」

    春川「あんたがそんなたまか!!!気にせずいって!!ただし胸触ったら殺す!!」ギロッ

    星(ふっ)

    星「隙有りだ!!」バシュッ

    春川(んっ)

    春川「甘い!!」サッ

    星「なっ!!避けられた!?」

    春川「狩りは勝ったと思った時が一番危ないのよ、だから私達は相手を殺すまで油断しない」ヒュン

    春川「寝なさい」バシッ!

    星「うっ……」

    春川「ふう…危なかった」

    百田「ハルマキっ!!あれ見ろ!!何だあれ!?」

    春川「ん?」チラッ

    カムクラ「全く…」

    罪木「……」チーン

    最原「……」チーン

    安藤「……」チーン

    春川「何あんた?いつの間に三人を捕まえたの?」

    カムクラ「私はカムクライズル、日向創のもう一つの顔です」

    百田「なっ!?」

    カムクラ「本当なら貴方達も捕まえたいのですが」ヒョイ

    星「……」チーン

    カムクラ「そろそろお暇しなければ」

    春川「何をする気?」

    カムクラ「では」ヒュンッ

    百田「消えた!?」

    春川「一体……」

    ドタバタ

    舞園「ここですか!?」

    霧切「春川さん、百田君、ここに髪の長いエロ魔神が居なかったかしら?」

    春川「ああ…なるほど」

    ~~

    十神「馬鹿な!!何が起こっている!!」

    花村「この映像は生だよ」

    ~~

    天海「……」チーン

    赤松「お兄ちゃん!!しっかりしてよ!」ホウガン

    天海「……」チーン

    赤松「まだハイパーハードだよ!!砲丸だってまだ直径3メートルくらいなんだよ!!平気でしょ!!まだ遊び足りないよ!!」

    天海「……」チーン

    ~~

    花村「赤松さんが馬鹿でかい砲丸を天海君にぶつけて天海君がやられた」

    十神「そんな馬鹿なことがあるか!!洗脳はあくまでもその変態性を上げるもの、腕力に影響はないはずだ!!」

    十六夜「しかし、実際に赤松の腕力は上がっている、洗脳には何らかの副作用があるようだな」

    花村「洗脳と言えば」チラッ

    雪染「ハヘーン」プルプル

    十六夜「………まさかな」

    花村「よしっ!!試しに僕のウインナーを握らせて…」

    雪染「ぶにゃっ!!」パンチッ

    花村「ぐへえ!!」チーン

    十神「何だと!!花村が壁に埋まった!!」

    ~~

    舞園「へえ、そんなことがあったんですか」

    七海「日向君……」

    東条「星君まで」

    春川「で?あんたらは何でこの場所が分かったの?」

    白銀「>>87



  87. 87 : : 2019/02/09(土) 22:29:15
    「おしえま………しぇーん!!」ボインボイン
  88. 88 : : 2019/02/09(土) 22:31:07
    1人また1人と……
  89. 89 : : 2019/02/09(土) 22:39:16
    みんなのテンションに笑ってまう
  90. 90 : : 2019/02/09(土) 22:48:32
    白銀「おしえま………しぇーん!!」ボインボイン

    霧切「黙って」ビシッ!

    白銀「痛っ!!!」

    舞園「全く……めっ!!」

    白銀「ふぎゅう」ビエーン

    東条「よしよし、分かってるわ、貴女に悪気はないってことは」ナデナデ

    春川「こいつも?」

    苗木「うん」

    舞園「そうですね、さっきの質問も含めて今の状況をお話しするには少し時を遡る必要がありますね」

    ~~

    霧切「とりあえず変態共の場所も分からないし、歩いて探すしかないわね、舞園さん悪いけどそのチキン野郎運んでちょうだい」

    舞園「え~私がですか?」

    苗木「舞園さん、お願い」

    舞園「全く問題ありません!!」

    白銀「ははは…んっ何あれ!?」スタスタ

    七海「変な機械、カメラ?」

    舞園「よく分からないものには触らないのが一番で……」

    >>91「どいて!!」ドンッ ダッシュ

    白銀「ふぇ?」タッチ

    白銀「ぐげらえ~~!!!!」

    苗木「白銀さん!!」



  91. 91 : : 2019/02/09(土) 22:50:29
    七海
  92. 92 : : 2019/02/10(日) 19:44:04
    七海「あっちから日向君が胸を揉もうとしてる気配を感じる!!」ダッシュ

    朝日奈「あっ!!ちょっと白銀ちゃんが!?」

    七海「この気配…私と同様かそれ以上の胸囲、黒髪で包帯を巻いてるような…そんな気配がする!!罪木さんだね!!」

    霧切「何その特殊能力!?」

    七海「感じる…感じるよ!!こっち!!」ダッシュ

    舞園「日向君が胸を揉もうとしてる相手とその場所が分かる能力ですか…使えますね」

    東条「あの…白銀さんが」

    白銀「ふぎゅう……」

    霧切「……とりあえず七海さんを追うわよ!!」

    苗木「えっと…うん!」

    ~~

    朝日奈「という訳なの」

    春川「なにそれ」

    舞園「因みにその機械は左右田君に持たせてます」

    百田「あの舞園の上に飛んでる左右田にか?」

    舞園「ええ」

    春川「まあ左右田の扱いが雑なのは良いけど」

    左右田「……」チーン

    七海「ごめんね、白銀さん日向君のことになったらつい我を忘れて」

    白銀「ツーンだ!」

    東条「こらこら、謝ってるんだから許してあげましょ、ね」

    白銀「ううっ」

    春川「何で幼児退行なのかもよく分かんないね」

    七海「…っ!!感じる!!日向君が>>93の胸を揉もうとしてる!!」
  93. 93 : : 2019/02/10(日) 19:45:37
    辺古山とソニア(駄目なら辺古山だけ)
  94. 94 : : 2019/02/10(日) 20:14:19
    その日向は”日向”なのか”カムクラ”なのか……
  95. 95 : : 2019/02/10(日) 20:14:58
    日向だろ(圧)


    すいません
  96. 96 : : 2019/02/10(日) 21:55:34
    七海「この独特の威圧感、割といや、結構大きな胸囲にメガネ、辺古山さん…ん?もう一人…高貴な気配…なんか南国で最後まで生き残りそうなこの感じ…おまけにマカンゴの匂い…ソニアさんか」

    霧切「二人か」

    七海「急がないと日向君の腕が私以外の胸を触っちゃう!!」ダッシュ

    春川「……普通に考えてもう遅いと思うけどね」

    白銀「とりあえずレッツゴー!!」

    ~~

    日向「ふっふっふ…カムクライズルに成った後はやっぱりエロパワーをためなきゃな」ワキワキ

    辺古山「くっ!!日向お前!!やるなら早くしろ!!」プルンプルン

    ソニア「卑劣です!!両手を縛りながら私を好き放題しないなんてまさに最低です!!」プルンプルン

    日向「まあそう慌てるなって…たっぷり遊んでやるよ、快楽に溺れて気絶したりすんなよ」

    星「……」

    安藤「……」

    罪木「……」

    最原「……」

    日向(しかし四人いっぺんに運んだってのにまるで疲れてない…カムクライズルはもっと強くなれるな……そのためにはやはりエロパワーか)

    日向「それじゃあいただきま~~」

    ガタンッ!!

    日向「誰だ!?」

    >>97>>98
  97. 97 : : 2019/02/10(日) 21:56:27
    辺古山
  98. 98 : : 2019/02/10(日) 21:58:57
    くっ、殺せ!!///(手錠)
  99. 99 : : 2019/02/10(日) 21:59:04
    さてこのばか者をしばかねば(真剣構えて)
  100. 100 : : 2019/02/10(日) 22:11:47
    ペコ山かよw
  101. 101 : : 2019/02/11(月) 19:32:16
    辺古山「くっ、殺せ!!」///ウィズテジョウ

    日向「何だ、辺古山かよ」ハッハッハ

    辺古山「さあ殺せ!!!殺すんだ!!」ガチャガチャ

    日向「ん?」

    辺古山「さあっ!!殺すんだ!!思いっきり辱めを込めて胸を厭らしく抉り取りながら殺せ!!!」

    日向「あれ?こんなに殺せ殺せ言う感じに洗脳したっけ?」

    ~~

    七海「あとちょっと!!!」ダッシュ

    朝日奈「ちょっ、速っ!!」ダッシュ

    春川「私達より速いって……まじか」

    ~~

    日向「…まじか」

    ソニア「速くして下さーい」クルッ

    日向「っかし~な~~いつの間にか手錠を解いてひたすらソニアがムーンサルトしてるとか可笑しいよな」ハッハッハ

    辺古山「速く殺すんだ!!股に刀を刺して殺すんだ!!」ジタバタ

    ソニア「速く~~空中受精しますから~~」クルッ

    日向「まあ、身体をよじって股を開いてる辺古山もおっぱいプルンプルン、お股ヒクヒクのソニアもエロいからどうでもいいっちゃどうでもいいんだが……まあ一応」フンッ

    カムクラ「このモードで原因を探ってみますか……とりあえず超高校級占い師の才能を使って………」

    カムクラ「なるほど>>102ですか」

  102. 102 : : 2019/02/11(月) 19:36:32
    洗脳されると一瞬だけ凶暴化するが、またすぐに変態に戻る
  103. 103 : : 2019/02/11(月) 20:16:33
    空中受精というパワーワード
  104. 104 : : 2019/02/11(月) 21:52:11
    サーカスかな?
  105. 105 : : 2019/02/11(月) 22:14:25
    カムクラ「洗脳されると一瞬だけ凶暴化するが、またすぐに変態に戻るとでましたね」

    カムクラ「これが本当なら、この奇行は一時的なもの…ですが如何せん、もとがあのウニですからね予断は禁物」

    ドタバタ!!

    七海「いた!!私以外のおっぱいは揉ませないよ!!」

    朝日奈「だから速いよ七海ちゃん!!」

    春川「さっきぶり変態髪長野郎」

    カムクラ「おやおや、新しい胸がたくさん来ましたね…ん?残りはどこですか?」

    春川「言う必要ある?」

    百田「そのとおりだ!!」

    カムクラ「まっ、好都合ですからいいですが」

    七海「絶対私以外を好きにはさせない」

    ~~

    苗木「ああっ七海さん早すぎ…ごめんね霧切さん舞園さん、僕にスピード合わせたからこんなに遅くなって」

    霧切「気にすることは無いわよ」

    舞園「白銀さんがただこねて東条さん伴ってトイレに行ったせいでもありますから、今二人がいっている内に作戦でも……ん?」

    霧切「誰かいる…」バッ

    >>106>>107
  106. 106 : : 2019/02/11(月) 22:46:03
    春川
  107. 107 : : 2019/02/11(月) 22:48:02
    「うふふふ、ケツだけ星人の私について来れるかしら♪」プルプルプル
  108. 108 : : 2019/02/11(月) 23:09:15
    幼児退行でもしたのか?
  109. 109 : : 2019/02/12(火) 20:09:43
    春川「うふふふ、ケツだけ星人の私について来れるかしら♪」プルプルプル

    霧切「春川さん?」

    春川「うふふふふふふふふ」

    舞園「キャラ崩壊が激しいですね、今さらですけど」

    霧切「春川さんがやられたってことは皆カムクラ君に……」

    舞園「まあとりあえず」ハアッ

    春川「ウフ?」ピタッ

    春川「う…ごけな……」

    舞園「その芸は5歳児がやってこそです、ツンデレ春川さんには似合わないこと甚だしいです……ん?」

    春川「うぐっ……うっ……うっ!!?」ゼエゼエ

    苗木「???」

    春川「息……が…」

    霧切「なっ?」

    春川「…できな……い」

    舞園「洗脳?いや…マジですねこれは……仕方ありません」ハアッ!

    春川「うじゅっ!!」バタリ

    舞園「とりあえず気絶させておきましたが…これは応急処置に過ぎません」

    霧切「何とかしなきゃね」

    ~~

    カムクラ「こんな馬鹿なっ!!」モミモミ

    七海「もう離さないよ」ガシイ

    百田「……」チーン

    朝日奈「……」バイーン

    東条「ハアハア…七海さん…」

    カムクラ「私の腕が……胸から動かないだと」

    七海「私以外のおっぱいを揉ませない!!!これ以上被害も増やさせない!!」

    カムクラ「私は全ての胸を貧乳も巨乳も全てを揉みつくすんです!!確かに貴女の胸は一級品だ、しかし私は…」

    七海「そんなこと知らないよ!!日向君は…そう日向君は私の胸だけ揉めばいいの!!カムクラ君日向君に代わって!!!さもないと」グググ

    カムクラ「つっ!!私の…私の腕が折れ……」ヒュンッ

    日向「七海…離してくれ」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    東条(登場と共におそろしいほど揉んだわね)

    七海「駄目だよ離さない」

    日向「ったく…まあいい」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    東条(ゲシュタルト崩壊しそうね)

    七海「ねえ日向君何で皆を洗脳してまで私以外のおっぱい揉むの?」

    日向「……それは」

    ~~

    舞園「苗木君、多分何ですが>>110すれば春川さんを救えるはずです」

    苗木「えっ?」
  110. 110 : : 2019/02/12(火) 20:13:08
    メタルギアを破壊
  111. 111 : : 2019/02/12(火) 20:30:45
  112. 112 : : 2019/02/12(火) 21:17:39
    苗木「へえ…メタルギアね…メタルギア」

    霧切「ああ……なるほど」

    苗木「メタルギアって…何だったっけ?」

    霧切「食べ物?機械?概念?鉄のギア?カード?動物?歌?推理?文字?絵?心?」

    苗木「えっと……分かんないね、それだけ言ったんだからきっと入ってるよね」

    舞園「それは>>113です」




    モノクマ「はっきり申します、さっぱり分かりません」
  113. 113 : : 2019/02/12(火) 21:23:28
    とりあえずセンブリ茶飲ませましょうそれと朝日名さんどさくさに苗木君におっぱい引っ付けないで
  114. 114 : : 2019/02/12(火) 22:31:28
    鬼畜w
  115. 115 : : 2019/02/13(水) 22:29:48
    舞園「とりあえずセンブリ茶飲ませましょう」ホイ

    春川「カボガボッ」グエッ

    春川「苦っ!!」バタリ

    苗木「また倒れた!!」

    舞園「あと朝日奈さん苗木君におっぱい引っ付けないで下さい」

    朝日奈「………」ベタベタ

    苗木「うわっ!?朝日奈さんいつの間に!?」

    朝日奈「助け……て」ベタベタ

    霧切「朝日奈さん一体どうしたの?」

    朝日奈「おっぱい……いっぱいしなきゃ…苦しい…」

    苗木「え?」

    白銀「ただいまぁ!!トイレットペーパーがピンクで可愛かったよ!!あと東条さんがどっか行っちゃった!!」

    舞園「あっ、それなら大丈夫です、百田君が連れていっただけですから」


    ~~

    七海「日向君…それは本当なの?」

    日向「ああ、この洗脳は既に俺の手に負えないレベルだ何故ならカムクライズルでも分からない副作用が起きている」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    七海「朝日奈さんが急に叫んでどこかに行ったのも」

    日向「おそらくは…」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    東条(揉まないと死ぬのかしら)

    日向「元は俺がおっぱいをいっぱい揉むために左右田の装置を改良して作ったものだが、どうやら悪用をされたらしい
    」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    東条(悪用以外の方法を教えて欲しいわね)

    七海「誰がそんなこと」

    日向「俺以外に洗脳装置に手を加えられた人物、アブノーマルパラディンズの頭目である十神と…」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    七海「かませな訳はないつまり」

    日向「ああ、もう一人>>116の仕業だろう」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミツンツンツンツンツンツンツンツンツンツンモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ
  116. 116 : : 2019/02/13(水) 22:32:09
    全裸の花村
  117. 117 : : 2019/02/13(水) 23:16:37
    何をツンツンしてるんだ…?
  118. 118 : : 2019/02/15(金) 19:26:39
    日向「入間、そしてこの俺と並ぶエロ3王者が一人の、最近常に全裸の花村だろう」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ

    七海「まあ、入間さんは口だけだけどね」

    東条(私は何を見ているのかしら)

    ~~

    苗木「えっとつまり…」

    白銀「朝日奈さんは苗木君に常におっぱい当ててないと苦しいってことだね!!」

    朝日奈「う…うん」

    霧切「何なのよ一体それは!!!?」

    舞園「苗木君に迷惑だと思いませんか!!」

    朝日奈「それは本当にごめん、日向に何かを浴びせられたら…こうなっちゃった」ベタベタ

    舞園「絶対に直して見せますよ!!」

    霧切「まずは日向君の所に行って問い詰めてやるわ!!」

    ~~

    十神「くそっ!!何なんだこれは!?洗脳した連中が好き勝手な行動をとるわ、馬鹿力になってるわ、どういうこと何だ!?」

    花村「さあね、まあオカズになれば何でも良いけどさ!!」モミモミモミモミ

    雪染「アンッ!!」ブリッジ

    十神「俺の完璧な学園征服計画がこのままでは……」

    >>119「お困り?」

    十六夜「お、お前は!?」


  119. 119 : : 2019/02/15(金) 19:59:10
    舞園
  120. 120 : : 2019/02/15(金) 22:11:56
    舞園「お困りのようですね」

    十六夜「ま、舞園!!」

    十神「なぜここが分かった!?」

    舞園「逆に質問です、分からないと思ったんですか?あんなに人を洗脳しといて、一人でも捕まえればサイコメトリーなりなんなりで情報は聞き出せます」

    花村「じゃあ何でこのタイミングで一人で来たのさ?」

    舞園「理由は3つです、一つ、朝日奈さんが大義名分の元に苗木君におっぱいを押しつけてるからそれを直すため」

    十神「朝日奈が?」

    舞園「何で朝日奈さんにそんな洗脳したんですか!!!そんな素晴らしいの私にしなさい!!!苗木君に他の女の匂いがついたらどうしてくれるんですか!!」グオッ!

    十六夜「くっ!!おぞましい程の威圧感だ!」

    舞園「因みに、私以外は日向君の方に行きましたよ、別行動してるんです」

    花村「何でそんな……」

    舞園「二つ、貴方達と交渉がしたかったから」

    十神「何だと!?」

    舞園「簡単です、正直に言えば学園の皆さんがどうなろうと苗木君と私とが結ばれればどうでも良いんですよ」

    舞園「日向君が私以外の全ての女性の胸を寝具にされようとも、罪木さんが全員にやばい薬うとうが、かませに支配されようが構わないんです」

    十六夜「俺達にどうしろと?」

    舞園「私と苗木君をどうにかして二人きりにして下さい、後はこれからおこるであろう困難が吊り橋理論的な助けをして見事結ばれるはずです」

    舞園「因みに拒めば今この瞬間ミンチにします」グオッ!!!

    花村「ひえっ!!」

    十神「貴様!?」

    十六夜「3つ目は?」

    舞園「言いましたよね、困難が起こるって、それについての忠告です」

    十六夜「何が起こると言うんだ?」

    舞園「はい、花村君が洗脳装置に適当に手を加えたせいで朝日奈さんに大義名分が手に入った件とも関連するんですが」

    花村「バレてたの!?」

    舞園「エスパー嘗めないでください」

    十神「続きを話せ」

    舞園「とにかく、インチキパワーを手に入れた洗脳者達をまとめ上げ、この学園にクーデターを起こそうと画策している人達がいるんですよ」

    十神「俺以外に支配をしようとしている奴らがいるだと?」

    舞園「その名は>>121>>122
  121. 121 : : 2019/02/15(金) 22:19:50
    貧乳キリギリス
  122. 122 : : 2019/02/15(金) 22:23:42
    変態魔神苗木誠
  123. 123 : : 2019/02/15(金) 23:31:56
  124. 124 : : 2019/02/16(土) 10:09:19
    舞園は苗木と決別してしまったのか?……
  125. 125 : : 2019/02/16(土) 16:32:14
    肩書きがひでぇw
  126. 126 : : 2019/02/16(土) 19:16:53
    舞園「貧乳でお馴染みの貧乳霧切さんと」

    十六夜「何だと!?あの霧切が!?」

    花村「霧切さんは貧乳ってカテゴリーじゃ…」グヘエ!

    十神「花村がまためり込んだ!!」

    舞園「私以下ですからね!!」

    十六夜「まだいるんだろう」

    舞園「………もう一人は……」

    ~~

    苗木「なるほど、ありがとうね日向君」サワサワサワサワサワ

    霧切「これからも頼むわよ」ニギニギニギ

    日向「わ、分かりました!!洗脳者は俺が全て集めます!!」

    最原「ぼ、僕も頑張ります!!」

    日向(なんてエロパワーだ……とても敵わない)

    最原(これまで自分が、最高のエロリストだと思っていたけど……なんて驕りをしていたんだろう)

    苗木「霧切さんも相変わらず良いお尻だね、とてもさっきまで山葵を塗っていたとは思えないよ」

    霧切「苗木君こそ、トゲつき手袋で触ってるのに元気いっぱいなアンテナね」ウフフ

    日原((これが変態魔神苗木誠!!!!!))

    ~~

    十神「苗木…だと……」

    十六夜「な、なぜそんなことが」

    舞園「それは、苗木君達が日向君の元についたときの話です」

    ~~

    霧切「日向君!!今すぐ朝日奈さんを元に戻しなさい!」

    日向「霧切か…」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    霧切「七海さんの胸を触るのはおいといて速く直しなさい!!!」

    日向「断る……」ザンッ!!

    日向「グヘェ!!!」

    霧切「拒否は死よ」

    東条(また更なるカオスが来たわね)

    七海「日向君、ほら私の胸を揉んで回復して」

    日向「……」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    霧切「次はアンテナ切るわよ」

    日向「霧切お前!!許さないぞ!!これでも喰らえ!!」ピッ

    東条「霧切さん!!危ない!!」

    霧切「甘いのよ!!」ガシイ

    最原「……」チーン 

    霧切「最原君の盾!!」

    最原「ガベェ!!」

    日向「くっ!?もう1回!」

    霧切「させないわよ!!」ザンッ!

    日向「うわぁ!!」ゴトッ! カンッカンッ

    日向「しまった!!洗脳装置が!!」

    七海「外に行ったね」

    ドタドタ

    苗木「霧切さん、早いよ!!」バキィ!

    朝日奈「バキイ?」

    白銀「あれ、苗木君なんか踏んでる!」

    日向「あっ……」

    ドッカーン!!!!!!!!!

    ~~

    舞園「この時の爆発が洗脳波を出し、苗木君を…苗木君を!!!」

    十神「そんなことが……」

    舞園「苗木君は一際影響を強く受け、元のカリスマ性の高さと相まってすっかり司令塔に」

    十神「苗木がカリスマ性?馬鹿な……」バキィ!

    十六夜「十神の眼鏡!!!」

    舞園「分かりますか?今はかませの手も私は借りたいんです」

    花村「なるほど」

    十神「なるほどじゃない!!!」

    舞園「それで、このアブノーマルパラディンズの他のメンバーは?人手は多いに越したことはありません」

    十神「それは…」

    トコトコ

    >>127「ちわっす」

    >>128「お取込み中ですか?」

  127. 127 : : 2019/02/16(土) 19:32:04
    桑田
  128. 128 : : 2019/02/16(土) 19:33:22
    桑田2
  129. 129 : : 2019/02/16(土) 20:52:44
    桑田は増産可能なのか…?
  130. 130 : : 2019/02/16(土) 21:13:23
    舞園を追いかける為に桑田も分身の術を身に付けたって訳か。
  131. 131 : : 2019/02/16(土) 22:12:12
    桑田大量発生……!?
  132. 132 : : 2019/02/16(土) 23:33:58
    ウケタw
  133. 133 : : 2019/02/17(日) 22:36:45
    桑田1「ありゃ?舞園ちゃんっ!!」

    桑田2「何々?俺に会いに来てくれたの?」

    舞園「…………ウニって今繁殖期でしたっけ?」

    十神「そいつらはな、左右田と日向が桑田からエロルギーを手に入れる実験台にされた結果……」

    桑田1「天才野球選手兼S!!!」

    桑田2「同じく天才野球選手兼M!!!」

    十六夜「とまあ、こうなったわけだ」

    舞園「ハア、こんな人間以下の連中集めただけでよく学園征服するとか寝ぼけたこと言ってたもんですね」

    十神「何だと!貴様!!」

    舞園「だってこの場を見渡しても、十六夜さんを抜かせば、ポーク、眼鏡、ウニコンビ、それに私が所有してるチキン……とても征服するなんて言えませんよ」

    花村「そういえば、何で舞園さんは左右田君と春川さんを空中に連れてるの?」

    舞園「気絶したから私が面倒をみてるんです」

    桑田1「俺の面倒もみてぇ!!」

    舞園「黙ってください」

    舞園(それにしても、想像を下回る戦力ですね、これでは私の計画である、苗木君を助けてラブロマンス計画に支障をきたします…背に腹はかえられないですね……頼りたくはないですが……)

    ~~

    狛枝(やあ!!!どうしたの?こんなゴミクズにエスパーってくるなんてさ!?)

    舞園(今の私は白ワカメの力も借りたいほどヤバイ状況でして……今のそっちはどんな状況ですか?)

    狛枝(>>134)
  134. 134 : : 2019/02/17(日) 22:59:05
    苗木君が朝日奈さんのオッパイを揉むかと思ったけどその前に二人がハッスルするからヤバイ状態^^;
  135. 135 : : 2019/02/18(月) 17:39:13
    桑田がウニとはいつの間にドレッドヘアにしたんだ?
  136. 136 : : 2019/02/18(月) 18:59:00
    狛枝(苗木君が朝日奈さんのオッパイを揉むかと思ったけどその前に二人がハッスルするからヤバイ状態)^^;

    舞園(苗木君が誰の胸を揉むですって!?)

    狛枝(アハハ!!まあこんな感じでさ)

    ~~

    苗木「さて、次は朝日奈さん、その揉まれる為に育った胸を味わってあげるね」

    朝日奈「うんっ!!」プルンッ

    苗木「うんうんじゃあさっそく……いや少し味付けをしよっか」

    朝日奈「味付け?」

    苗木「さあ!!ハッスルハッスル!!胸を揺らしてハッスルハッスル!!」

    朝日奈「うんうん?ハッスルハッスル」

    狛枝(何でひたすらスクワットしてるんだろ)

    ~~

    狛枝(とまあこんな感じを物陰からみてたんだけどさ)

    舞園(近くに霧切さんは?)

    狛枝(いないよ)

    舞園(そうですか)

    狛枝(ところでヤバイ状況ってどんな感じ?)

    舞園(戦力を確認したら十六夜さん以外がかませ、ウニウニ、ポーク、チキン、それに春川さんが気絶中なんですよ)

    狛枝(ウニウニ?葉隠君が分裂でもしたの?)

    舞園(いえ、中身のほうです少し赤いしトゲがきついですが)

    狛枝(なるほど、桑田君が分裂を)

    舞園(とにかく状況は分かりました霧切さんがいないならチャンスです今すぐ向かいますから)

    狛枝(希望を期待してるよ)

    舞園(さて、どうなりますかね)

    ~~

    舞園「よしっ!!作戦は決まりました!!」

    十神「何だと!俺を差し置いて貴様!!」

    舞園「まず、桑田1、十六夜さん、あとポークは天海君を拾って序でに霧切さんを捜索!!見つかったら私に何とかして伝えてください!!」

    十六夜「何とかって」

    花村(当然のように天海君のことも知ってるんだ)

    十神「だから俺を……」

    舞園「次に残りは私と共に苗木君の元に向かいますよ!!!途中で見つけた洗脳者は好きにして構いません!!」

    桑田2「合点!!」

    舞園「さあ!!行きますよ!!」

    十神「貴様ぁ!!」

    舞園(待っていてください苗木君!!)

    ~~

    狛枝(うーん、正直に言って僕が舞園さんに肩入れする理由は特に無いんだよね、でも今の舞園さんからは希望の種を感じたし)

    狛枝(ん~~~~………ん?あれは>>137?)
  137. 137 : : 2019/02/18(月) 19:00:02
    日向with辺古山&ソニア
  138. 138 : : 2019/02/18(月) 19:13:59
    ブルゾンかな?
  139. 139 : : 2019/02/18(月) 19:34:23
    いやもしくは「ふかわりょう」かもしれない。
  140. 140 : : 2019/02/18(月) 19:37:49
    ラーメンズかもしれないぜ
  141. 141 : : 2019/02/19(火) 21:53:06
    日向「いくぞ、ソニア、辺古山!!!」

    ソニア「はいっ!!」クルンッ

    辺古山「殺せっ!!!」

    日向「三人秘技!!!THEムーンサルトキルミーベイベー(くっ殺…ん?赤ちゃん産まれちゃうよ)!!!」

    狛枝(流石に頭可笑しすぎる名前じゃないかな)

    ソニア「ハァッ!!」クルンッ

    辺古山「殺っ!!!」シンケン

    日向「エロよ!!俺に力を!!!!」

    狛枝(そこで僕は確かに見た、3人が同時に飛び上がり、ムーンサルトをしながら日向君が瞬時にソニアさんに挿入、顔からしてイクタイミングも同時だろう)

    ソニア「アハンッ!!!」アヘアヘ

    狛枝(そして辺古山さんに標的を変えた日向君がその胸を揉みながら中途半端なムーンサルトが災いしたのか頭から落下、しかし)

    日向「エロパワー!!!!!」

    狛枝(謎の咆哮と共に落下スピードが激変、まるで無重量の中を落ちるごとくの速さで立てられていた真剣に落下……と思いきや)

    辺古山「殺せ!!!!」

    狛枝(なんと日向君が広げた辺古山さんの胸の間の正中線あたりに見事に真剣がイン!!)

    日向「ふっ!!性行だ!!!あっ違った成功だ!」

    ソニア「これでようやく苗木さんにお見せできますね」

    辺古山「奴からエロルギーを大量に貰えばより素晴らしい、殺せっ!が出来るだろう」

    日向「もっと感度も喘ぎも良くなるぜ!!」

    狛枝(……あはっ!!これはこれで希望だね!!)

    ~~

    十六夜「おいっ!!天海お前大丈夫か?」

    天海「なんっ……楓ちゃんは?」

    桑田1「でかいよなおっぱい、揉みたいのか?」

    天海「違うっす!!一緒にお風呂入るって約束なんす!!」

    十六夜「赤松なら苗木あたりに多分美味しく食べられてるぞ」

    天海「なんっ?」

    花村「今さ僕たち半ば強制的に霧切さん探してるんだよ」

    十六夜「詳しくはモノモノクマクマだ」

    天海「なるほどウサウサモノモノって訳っすか」

    桑田1「さて、じゃあいきまっか……はっ!」

    十六夜「あれは!?」

    花村「>>142
  142. 142 : : 2019/02/19(火) 21:56:00
    ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!!貴様らは死ねぇ!!キュイーン
  143. 143 : : 2019/02/19(火) 22:27:58
  144. 144 : : 2019/02/19(火) 22:32:47
    中の人ネタか
  145. 145 : : 2019/02/20(水) 02:31:16
    あぁ、映画観た後のテンションで書き込んだのかな?確かに中の人一緒だな
  146. 146 : : 2019/02/20(水) 18:38:05
    すいませんが知らないので再安価下
  147. 147 : : 2019/02/20(水) 18:42:27
    桑田が全員死んでる
  148. 148 : : 2019/02/20(水) 19:09:28
    苗木は親友の彼女に手を出すと言う禁じ手を犯してしまったか…
  149. 149 : : 2019/02/20(水) 21:15:18
    花村「そんな…桑田君が!?」

    桑田2「……」フカブカナイフ

    桑田Ⅲ「………」ホウガンシュッケツ

    桑田γ「………」アワブクブク

    桑田α「…………」チンチンモギモギ

    桑田Z「……………」ヒダルマ

    十六夜「桑田達が!?」

    天海「じゃっじゃあ!!?」

    桑田1「うわあっ!!!!」ゴヘエッ!

    桑田1「バグハッ!!」ドッカーン

    天海「桑田君が爆発したっす!!!」

    花村「てか、桑田君多くない!?」

    ~~

    舞園「貴方……どうやってアポ共を殺したんですか」

    十神「急に桑田が消えたと思えば舞園、お前何を言ってるんだ?」

    舞園「かませに興味はありません、答えてください!!!」

    >>150「エロルギーを使ったんだよ」クスクス
  150. 150 : : 2019/02/20(水) 21:22:47
    西園寺
  151. 151 : : 2019/02/21(木) 21:03:53
    西園寺「エロルギーを使ったんだよ」クスクス

    舞園「エロルギー?まさか…それまでの力を持っていると言うんですか!?」

    十神「おい、舞園、さっきからなんだその…」

    西園寺「クスクスクス、苗木お兄のエロルギーはまさに最強最高のエロリスト、アポを丸ごと抹殺することなんて、胸を揉みながらチューリップを歌うより易いんだよ」

    舞園「エロルギー…なるほどだから貴女も昨日までおちびさんだったくせにビッグバン化してるんですね」

    十神「おい、だからエロルギー……」

    西園寺「最も最強最高のエロリストといってもお人好しの苗木お兄だからアポを殺した実行犯はこのアタシ」

    舞園「苗木君のエロルギーを蓄えアポ共に過剰放射したんですね」

    西園寺「ご名答、あんた達にも放射したいけど、かませはともかく舞園、あんたはそう簡単にはいかないだろーね」

    舞園「そのとおりです、私からしたら不思議でたまりませんよ、何故西園寺さんがわざわざ私の目の前に現れたのか」

    十神「いい加減俺の質問……」

    西園寺「教えてあげるよ、その理由は>>152
  152. 152 : : 2019/02/21(木) 21:08:53
    これを見せようと思って(苗木と朝日奈のセックス映像)
  153. 153 : : 2019/02/22(金) 22:12:29
    西園寺「これを見せようと思ってさ」ピコンッ

    十神「これは!?」

    苗木「朝日奈さん……ほらっ、全然揺れが足りないよ」ツンツン

    朝日奈「だってぇ……苗木がおっぱい持ってるか……」

    苗木「だっても幸村もないんだよ!!」ジュルゥ!

    朝日奈「ひゃあんっ!!吸っちゃやぁ!!!」
    アアンッ!

    苗木「おっぱい持ってるからなんだ!!せっかく超高校級の胸を持ってるんだからもっとエロくしなきゃ駄目なんだよ!!」レロレロ

    朝日奈「あぎゅっ!!!ダめぇ!!頭おかしくなっぢゃぅ!!!」アンッアンッアンッ

    苗木「まだまだ!!!今度はこっちだよ!」ベロンッ

    朝日奈「私のアソコォ!!弄らないでぇ!!」

    苗木「だーめ」チュパチュパ

    朝日奈「やぁっ!!!デル!!ビュルビュルしちゃう!!!」

    苗木「安心して全部僕が飲んであげるか……」

    グシャァ!!!!!!!

    十神「な、なんだ急に!!パソコンが壊れた!!」ギンギン

    西園寺「舞園?」

    舞園「分かっちゃいるんですよ、これは本当の苗木君じゃ無いって……でもやっぱり癪じゃないですか」ゴゴゴゴゴ

    舞園「自分の夫が胸に栄養の大半を奪われてる女にアンテナ振ってるのを見るのも、貧乳女狐とニャンニャンしてるのも不快極まりないですよ」グオッ!!!!

    十神「お前…まさか」ギンギン

    舞園「よって西園寺さん、ギルティです!!」

    バヒュンッ!!!!

    西園寺「ゴボレッ!!!!」バタリ

    十神「舞園!!お前なんてことを!!」ギンギン

    舞園「はっ?何のことですか?」

    十神「お前、西園寺を殺したんだぞ!!」

    舞園「相変わらずそのメガネ曇ってんですか?そんな非人道的で非効率的なことするわけ無いでしょう」

    十神「なら今のハ…」

    西園寺「舞園様、このかませ、殲滅しましょうか?」

    舞園「いえ、一応なんかの役に立つ可能性も微粒子であるかも知れなくも無いかも知れないので連れていきましょう」

    十神「え?」

    舞園「私の前であんなに洗脳をみせるなんて真似をして下さいっていってるようなものなんですよ」

    十神「お前……」

    舞園「苗木君との愛の為なら私は天使にも悪魔にも神にだってなってみせます、外法であっても使うのに何のためらいもありません」

    ~~

    霧切「この衝撃…舞園さんは近いわね」

    赤松「……」グー

    七海「……」グー

    霧切「まあこっちも最低限の準備はできたけども」

    霧切「さあ、赤松さん、七海さん起きなさい」

    赤松「>>154」ムクリ

    七海「>>155」ムクリ
  154. 154 : : 2019/02/22(金) 22:14:56
    おっぱいマシーン、起動。ボインボイン。
  155. 155 : : 2019/02/22(金) 22:15:35
    ぶりぶりぃ〜〜!!!
    ぶりぶりぶりぃ〜〜
  156. 156 : : 2019/02/22(金) 22:20:13
    カオスで草
  157. 157 : : 2019/02/22(金) 22:35:52
    おもんな
  158. 158 : : 2019/02/22(金) 22:40:19
    と、十神がずっとギンギンしてる…
  159. 159 : : 2019/02/22(金) 23:21:20
    赤松「おっぱいマシーン、起動」ボインボイン

    七海「ぶりぶりぃ〜〜!!!
    ぶりぶりぶりぃ〜〜」

    霧切「なるほど…ヤバイ感じになったわねエロルギーの注入量を間違えたかしら」

    ~~

    苗木「朝日奈さん、とっても綺麗だよ」モミモミモミモミ

    朝日奈「ひゃあんっ!!!!」アヘアヘ

    苗木「全身汗まみれで愛液ダクダク、とっても僕好みだよ」

    朝日奈「じゃ、じゃあ本番してぇ!!」

    苗木「それは駄目、お楽しみは然るべきに…ね」

    ~~

    天海「桑田君……君は良い奴か悪い奴かで問われたら……まあギリギリ良い奴といって嘘にならないかなぁ?て人だったっすけど」

    十六夜「こうも大勢の桑田達の死をみるとまあ、同情心が沸かないと言えばまあ、ギリギリ嘘にならないかどうかというレベルだが」

    花村「とりあえずお悔やみ申し上げるよ」ナムナム

    天海「さあっ!!供養も終わったし、いくっすよ!!早くいっていっぱい妹達をつくるっす!!」

    花村「出会った女の子も男の子も好きにして良いって舞園さんのお墨付きだもんね!!」

    十六夜「ったくお前達、霧切を探さないと舞園に殺されることを忘れるんじゃないぞ」

    花村「それはもちろん忘れてないよ」

    天海「ん?あれをみてくださいっす!!」

    十六夜「あれは>>160か?」
  160. 160 : : 2019/02/22(金) 23:22:40
    パンツを尻に食い込ませて誘惑する春川
  161. 161 : : 2019/02/23(土) 14:48:01
    春川「は、は~い、そこの間抜け面ども~~」フリフリ

    天海「春川さんがパンツを尻に食い込ませてるっす!!」

    春川「あ、遊んで…い、いかない?」フリフリ

    花村「喜んで!!いったっだっきまーす!!」ダイブ

    十六夜「ん?確か春川って、舞園が…」

    花村「え?」ドカンッ! グヘェ!

    舞園「何やってんですか性病ポーク、春川さんも悩殺相手が違います、このシスコン共はターゲットじゃありません」

    天海「花村君が!!!」

    十六夜「どういうことだ?」

    西園寺「はい、ご説明します、舞園様は春川がお目覚めになった後に有り難い閃光を浴びさせまして僕としたのです」

    天海「西園寺さんが!?何で?キャラ崩壊が半端ないっすよ!!」

    西園寺「そして、その春川の貧乳…もとい美乳とお尻を用いて敵をたらしこめ、配下を増やそうと画策されたのです」

    十六夜「しかもでかくなってるし…どういうことだ」

    舞園「そんなことはどうでもいいです」

    十神「あ、ああ!!」

    舞園「しかし、ここで貴方達にあったのは見方を変えれば僥倖ですね、普段は駄目野郎が殆どですが、今この場に置いては役割がありますよ、おめでとうございます」

    天海「なんか辛辣っ!!」

    舞園「西園寺さんは霧切さんの場所を知っています、天海君、豚、十六夜さんは西園寺さんとともに霧切さんのもとに向かい、1秒でも足止めをして下さい、そのすきに私が苗木君を救いますから」

    十六夜「何だと!」

    舞園「私に対抗出来るのはおそらく霧切さんのみです、とにかく時間さえあれば私が苗木君とロマンティックしますから」

    花村「僕たちそれからどうするの?」

    舞園「知りません、しかし貴方達の選択肢はイエスかはい、もしくは死しかありませんよ」

    十六夜「………分かった」

    舞園「じゃあ頼みましたよ、私はすぐに苗木君の元に向かいます、今から向かえば私と貴方達が目的地につくのは多分殆ど同時になります」

    十神「……さあいくぞ!!」

    天海(舞園さん、苗木君と離れすぎたせいかいつもより荒れてるっすね、十神君も一体なにがあったんだか)

    ~~

    狛枝「やあ、日向君、お楽しみ中失礼」

    日向「ん?狛枝?」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    ソニア「アンッ!!!」

    辺古山「殺せっ!!!」

    日向「何のようだ?言っとくがおっぱいも尻も脚もアソコも首も顔をへそも髪もうなじも鎖骨もわたさんぞ」

    狛枝「違うよ、僕の用は>>162
  162. 162 : : 2019/02/23(土) 15:00:21
    日向の肉便器に立候補した小泉を連れてきただけ
  163. 163 : : 2019/02/25(月) 22:51:00
    狛枝「ほらっ、日向君の肉便器に立候補した小泉さんだよ!!」

    小泉「日向っ」プルプル

    日向「小泉!?」

    狛枝「全く大変だったんだよ、江ノ島さんの実験台にされそうになった小泉さんを救い出したり、天願さんから逃げたりさ」

    日向「狛枝…お前」ツカツカ

    狛枝「…」ツカツカ

    グッ!

    日向「流石だぜマイフレンド!!!」

    狛枝「当然さ!!!マイホープ!!」

    ソニア「おおっ!!これがジャパニーズ川原の友情!!!」

    小泉「いや、ここは川原でも何でもないよソニアちゃんっ…!!!」ンンッ!

    日向「新感覚!!」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミペロベロツンツントントンモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    辺古山「全く…それで狛枝、小泉が江ノ島の実験台にされそうになったとは…どんな実験か知っているか?」

    狛枝「>>165
  164. 165 : : 2019/02/25(月) 23:06:42
  165. 166 : : 2019/02/25(月) 23:08:31
    お詫び

    この度何故かうまくレスができず、自分で書いた奴を度々非表示にしたことをお詫びいたします
  166. 167 : : 2019/02/25(月) 23:15:40
    >>165 すみませんが?を入れたものですが機能を確かめるために入れたのでセリフを訂正させてください(バグかなって思ったから)
    電気ウナギの遺伝子入れたら電気を作れるかという実験だよそれと終里さんが全裸でエロいことをするために日向君を探してたから日向君行ってみたら?
  167. 168 : : 2019/02/26(火) 10:22:07
    再安価ですか?
  168. 169 : : 2019/02/26(火) 20:58:00
    すいませんが再安価下とさせていただきます
  169. 170 : : 2019/02/26(火) 21:02:52
    電気ウナギの遺伝子入れたら電気を作れるかという実験だよそれと終里さんが全裸でエロいことをするために日向君を探してたから日向君行ってみたら?
  170. 171 : : 2019/02/26(火) 21:05:07
    あ、内容がダメってことでの再安価なら
    ドラえもんの人間切断機を作る実験
    に変更で
  171. 172 : : 2019/02/26(火) 22:38:52
    申し訳ないですが、仰るとおり初めのは長すぎに該当し、次のはドラえもんはまあいいですが、タケコプターやどこでもドアならともかく、人間切断機はちょいと知らないので再安価下とさせていただきます
  172. 173 : : 2019/02/26(火) 22:47:44
    身体中の性感帯の開発
  173. 174 : : 2019/02/28(木) 21:13:26
    狛枝「何でも身体の中に性感帯を作るとか何とか」

    日向「何だとっ!!!」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミンッ!

    小泉「ひゃんっ!!日向っ強スぎっ!!」アアンッ!

    日向「悪い、しかし狛枝それが本当ならとてつもなく素晴らしいことだぞ!!咽を性感帯にすれば声を出すだけで、食事をするだけで、心臓なら常に極上の時を味わえる!!」

    ソニア「ワオッ!!何てハイパーミラクルグッドなことなんでしょう!」

    日向「狛枝、今すぐ俺たちを江ノ島のところに連れていけ!!」

    狛枝「喜んで」

    ~~

    霧切「あら?いらっしゃい」

    十六夜「正直に言えば来たくはなかったがな」

    花村「間違いのない死ともしかしたら死なないかも知れないほぼ死の任務で後者を選んだに過ぎないんだよ」

    霧切「あらあら、あの枕ったらずいぶん焦ってるのね」

    天海「さて、霧切さんなら分かってると思うっすけど、一応言わせて貰います、時間を稼がせて貰うっすよ!!」

    西園寺「舞園様のご命令は絶対です」

    霧切「全く…」グオオオ!!

    天海「うっ!!」

    十六夜「この全身を切り裂かれたような威圧感…きついな」

    霧切「このまま私が貴方達と遊んであげても良いんだけど……まあせっかくだし」パンパン

    七海「………」ヒュン!

    赤松「………」ヒュン!

    花村「なんか出てきた!?」

    霧切「二人とも、その馬鹿共と遊んでちょうだい、私は問題ないと思うけど苗木君の元に行ってくるから」

    西園寺「行かせないですよ!!」

    赤松「邪魔させない」クネクネ

    花村「おおっ!!」

    七海「今から私達と楽しいことしよっ!!」

    天海「……ま、待ってくださいっす!!」

    赤松「なぁに?」タユンタユン

    天海「>>175
  174. 175 : : 2019/02/28(木) 21:17:41
    揉み揉み
  175. 176 : : 2019/03/01(金) 22:12:31
    天海「揉み揉み」

    霧切「ん?」

    天海「楓ちゃん約束したっすよね、一緒にお風呂に入ってその柔らかい砲丸を揉み揉みするって」

    赤松「タユンッ?」

    十六夜(タユンッ?どんな気持ちなんだ)

    天海「思い出してくださいっす!!!蘭太郎お兄ちゃんっすよ!!」

    赤松「お兄ちゃん?」

    赤松「蘭太郎お兄ちゃん………タユンタユンッ」

    赤松「タユンッタユンタユンタユンモミモミ!!!!」ウワァァァ

    十六夜「な、何だ!?」

    赤松「ウワァァァァァ!!!」

    ~~

    赤松「お兄ちゃんお兄ちゃん」ツンツン

    天海「なんすか楓ちゃん?」

    赤松「何でもないよっ」ダキッ

    天海「えへへ、楓ちゃんは柔らかいっすね、お兄ちゃんにそのおっぱい見せてくれないっすかね?一緒にお風呂入らないっすか?」

    赤松「そうだねぇ、楓の砲丸に耐えれたらいいよ!!」

    天海「どんとこいっす!!」

    ~~

    赤松「思い出した」

    天海「楓ちゃん!!」

    赤松「お兄ちゃん!!!」タッタッタ

    天海「楓ちゃん!!!」タッタッタ

    ギュッ!!

    天海「もう離れちゃ駄目っすよ」ヨシヨシ

    赤松「うんっ!!」

    西園寺(なにこの三文ってか一文芝居)

    霧切(茶番も良いとこね)

    十六夜(思い出した記憶って多分天海が洗脳してた時の奴だよな)

    赤松「それじゃお兄ちゃん、楓と一緒にお風呂に入る前に、ウルトラハードの砲丸いくよ」

    天海「ハイっす!!」

    赤松「よいしょっと」ムンッ!

    花村「!?!?!?なんかとんでもないデカイ砲丸が急に出てきた!!?」

    十六夜「直径30メートルはあるな」

    天海「ちょっ!!楓ちゃん?まさかこのデカイのが……」

    赤松「お兄ちゃん!!歯食いしばって!!」エイッ!

    天海「なんっ!!」グシャァ

    花村「天海君がヒキガエルみたいに潰れた!!」

    七海「ふっふっふ、驚いた?」

    十六夜「驚いたっていうか」

    七海「そう!!無から砲丸を生み出す力、それこそ赤松さんのエロビティ!!」

    十六夜「聞いてない!!ってかなんだエロビティって!?」

    七海「エロビティとはエロルギーから生まれる人知を超えた力!!」

    西園寺「ゲーマーだからかなんか楽しそうですね」

    七海「そして、私のエロビティ!!それは>>177!!!」

  176. 177 : : 2019/03/01(金) 22:14:53
    ゲームに関係する技や能力を使う
  177. 178 : : 2019/03/02(土) 01:04:06
    七海が最強過ぎるwww
  178. 179 : : 2019/03/02(土) 19:42:25
    七海「私はゲームに関連する技や能力を使えるの!」

    花村「なにそれチート」

    七海「こんな風にね」パチンッ

    十六夜「うわっ!?」ヒュン!

    花村「いやんっ!」ヒュン!

    西園寺「え?」ヒュン!

    ~~

    十六夜「ここはどこだ?」キョロキョロ

    西園寺「みたことない所だけど趣味悪い所ね」

    七海『そこはスーダンに出てくるファイナルデッドルームだよ』

    花村「なんか七海さんの声が聞こえる!」

    七海『フッフッフ、今や私は相手をゲーム内に入れることもかめは〇波を撃つことも、瞬間移動も思いのままだよ』ドヤッ

    十六夜「お前だけで世界征服ぐらい出来そうだな」

    七海『そうだね、残機無限もできるから死なないし、まあその話は置いといて、その部屋の謎とかないとご飯抜きだからガンバ』

    西園寺「そんだけ!?」

    七海『制限時間とかないから安心してね~~』

    ~~

    舞園「苗木君、何故ですか!?」

    苗木「ごめんね、舞園さん君の願いを聞くことはできない」

    舞園「どうして私と駆け落ちして暖かい家庭を作ってくれないんですか!?」

    苗木「………僕にはね夢があるんだ、だから君の願いは叶えられない、君の願いと僕の願いは同時に叶えることはできないから」

    舞園「そんな…」

    十神(俺は…一体何をしているんだろうか、この学園の支配者になるために計画を実行したというのに、今や舞園達の圧倒的な力にひれ伏しているだけ)

    十神(そんな俺が俺は腹立たしい、もし、まだチャンスがあると言うなら、そうだというのなら)

    十神「苗木!!」

    春川「ん?かませ一体何を」

    十神「>>180!!!!」
  179. 180 : : 2019/03/02(土) 20:01:59
    お前を・・・すまんトイレに離脱ーー
  180. 181 : : 2019/03/02(土) 20:35:35
    かませどころか腰ぬけじゃねえか
  181. 182 : : 2019/03/03(日) 19:05:33
    十神「お前を!!!!」ビキュン!

    十神(こ、これは!?)

    苗木「何?十神君?」

    十神(は、腹が……)クッ!

    十神「すまん、トイレ……」ビュン

    春川「は?」

    苗木「え?」

    舞園「はあ!?」

    ~~

    十神(くっ!!何故だ!!何故このタイミングで!?)

    十神(もう少しだ…もう少しだけ待ってくれ…目的地までせめて……)ウオオオ!

    >>183「ん?かませだ」

    十神「お前は!?」
  182. 183 : : 2019/03/03(日) 19:07:04
    おっぱい女朝日奈葵
  183. 184 : : 2019/03/03(日) 21:22:43
    朝日奈「かませだかませ!!!」タユンタユン

    十神「朝日奈……しかも上半身裸とは」ウッ!

    十神(くそっ!!俺の俺までまた……)ギンギン

    朝日奈「どうしたのかませ?苦しそうだねぇ」タユタユ

    十神(不味いっ!!便意と相まって!!…してたまるか!!この十神白夜がそんな愚民以下のこと!!)ギンギンギンギンギンギンギンギン

    朝日奈「もしかして、精子?」サワッ!

    十神「うっ!!触るな!!」テノバシ

    ポヨンッ!

    十神(天使の感触……これが胸か……現役JKの超高校級のおっぱい……本物のJKの巨乳……)

    ブジャッ!!!

    朝日奈「うわっ!!ばっち!!!」

    十神(ちくしょう……何で満足なぞ…俺は)フッ

    ~~

    狛枝「やあ、個人的に君だけは反吐が出るほど嫌いだよ!!」

    江ノ島「うっわ!!急にワカメが現れたと思ったら絶望的!!!」

    日向「江ノ島、単刀直入にいう、体内の性感帯について教えてくれ」

    江ノ島「ん?何々?私様の世界に轟く研究のモルモットになりたいの?」

    日向「俺はただ常に快楽の海に溺れていたいだけだ、そのためならモルモットだろうがフラスコだろうがなってやるよ」

    江ノ島「うぷぷ、把握っ!!」

    ソニア「では日向さんを…」

    江ノ島「うんうん、これ飲んでみて」ホイ

    日向「よしきた!!」ゴクリ

    小泉「日向大丈夫?」

    日向「うおおっ!!!こ、これは!?」

    江ノ島「今あんたが飲んだのは>>185だよ」




  184. 185 : : 2019/03/03(日) 21:26:50
    空想上の動物を呼んで使役出来る
  185. 186 : : 2019/03/03(日) 21:53:54
    つよすぎw
  186. 187 : : 2019/03/03(日) 22:06:18
    ff8のオメガウエポンやら、遊戯王のオベリスクの巨神兵なんかが出てきたらもう太刀打ち出来ない………
  187. 188 : : 2019/03/03(日) 22:12:08
    ユニコーンとかそういう系じゃない?
  188. 189 : : 2019/03/04(月) 18:48:16
    江ノ島「空想上のクリーチャーを召喚使役することができるようになる薬よ!!」

    ソニア「ファンタスティック!!!」

    日向「な…俺はそんな素晴らしい力に目覚めたのか!!」

    小泉「ひ、日向どう?」

    日向「ふっふっふ、この感覚なかなか良い!!まず…そうだな」パチンッ

    辺古山「これは!?」

    日向「クラーケン召喚!!!さあ!!触手プレイ開始だ!!」

    江ノ島「いやっ!!あたしまで巻き込むな!!わっ!?胸に入り込んでくる!!!」

    クラーケン「クラー!!!」ムニュムチャ

    ソニア「おおんっ!!!!全身に艶めかしい感触が!!」

    日向「まずはベタからだ!!徐々にレベルアップしていくぜ!!」

    ~~

    十六夜「おいっ!!そこにアイテムあるぞ!見逃すな!」

    花村「ハサミみっけ!!」

    西園寺「ハア、いつになったら出られるのか…」ハア

    ~~

    七海「蘇生!!!」

    天海「なんっ!!」ムクリ

    七海「おはよう天海君」

    天海「あれ?確か俺は楓ちゃんと一緒にお風呂で肩揉み胸揉みして……」

    七海「してないから」

    赤松「お兄ちゃんごめんねやり過ぎちゃった」

    天海「楓ちゃん!!」タッタッタ

    七海「ちょいまちストップ!」

    天海「なんすか?七海さん」

    七海「私はね>>190の為に君を生き返らせたんだよ」

  189. 190 : : 2019/03/04(月) 19:07:09
    私のおっぱいを揉みしだいてもらうために
  190. 191 : : 2019/03/06(水) 18:47:23
    七海「私のおっぱいを揉みしだいて貰うために天海君が必要なんだよ!」

    天海「なんっ!!」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    七海「アアンッ!」アアンッ!

    天海「なんなんなんなんなんなん!!!」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    七海「凄いね天海君、普通少しは戸惑うものだけど」ヒャンッ!

    天海「いいっすか、七海さん、巨乳美少女がおっぱい揉んでって言って揉まないって選択肢はないんすよ」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    七海「そういうものなの?」

    天海「分かるんすよ、なんせ俺は頭が良いっすからね」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    七海「へえ」チラリ

    天海「なん?」チラリ

    赤松「お兄ちゃん?何やってるの?」

    天海「あっ!?」

    赤松「ねえ、お兄ちゃん、楓を忘れておっぱい何で揉んでるの?楓のおっぱい嫌いなの?嫌いなんでしょ、というか楓のこと嫌いなんだね」

    天海「そ、そんなことはないっすよ!!お兄ちゃんは楓ちゃんのことを大切に……」

    赤松「嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ、やっぱりお兄ちゃんは楓のこと嫌いなんだ、他に揉めるおっぱいがないから楓のおっぱいで妥協しようとしたんだね」

    天海「楓ちゃん!!落ち着くっす!!」

    赤松「お兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんてお兄ちゃんなんて……」

    七海「あーあ壊れちゃった」

    赤松「お兄ちゃんなんて>>192!!!!!」
  191. 192 : : 2019/03/06(水) 18:50:47
    あっお兄ちゃんの後ろによだれを垂らしているドラゴンが
  192. 193 : : 2019/03/06(水) 18:53:00
    ドラゴンなんて居るわけってそう言えば呼べる奴居たような
  193. 194 : : 2019/03/07(木) 10:31:58
    図書室では何が起きてもおかしくないからさ
  194. 195 : : 2019/03/08(金) 18:13:26
    赤松「あっ!お兄ちゃんの後ろに!!」

    天海「なんすか?」クルッ

    ドラゴン「ゴーン!!!」ダラダラ

    赤松「涎を垂らしてるドラゴンがいる!?」

    天海「なんっ!?」

    赤松「怖いよぅお兄ちゃん」

    天海(はっ!これは名誉挽回のチャンス?)

    天海「大丈夫っすよ、お兄ちゃんがあんな奴……」グヘラッ!

    ドラゴン「ゴンゴン!!」シッポフル

    赤松「お兄ちゃんがしっぽでやられた!!」

    ドラゴン「ご~~ん」ニヘヘ

    赤松「イヤァァ!!!」

    七海「顕現せよ、竜殺しの剣!!的な」

    ドラゴン「ゴンッ!?」

    七海「行くよ!!名前ほどMP消費をしない技!!ドラゴン斬り!!!」ザンッ!

    ドラゴン「グバラッ!!」マップタツ

    赤松「おお!!流石七海さん!!ドラゴンなんて目じゃないね!!」

    七海「ふふふ、本家よりパワーアップしたドラゴン斬りの前に跪かないドラゴンはいないよ」ドヤァ

    赤松「あっ!!誰かドラゴンの中にいるよ!!」

    七海「あれは?」

    >>196>>197

    >>198「……」バタリ
  195. 196 : : 2019/03/08(金) 19:04:17
    日向
  196. 197 : : 2019/03/08(金) 19:05:27
    こいつ倒すとはさすが我が嫁一号だが終里を抱いてパワーアップしたよ
  197. 198 : : 2019/03/08(金) 19:06:34
    幸せそうな終里
  198. 199 : : 2019/03/10(日) 17:36:05
    日向「こいつ倒すとはさすが我が嫁一号、だが終里を抱いてパワーアップしたよ!!!」アッハッハ

    終里「……」チーン

    赤松「終里さんったら、なんて幸せそうな顔してるんだろう」

    七海「にしても日向君、そのドラゴンどうしたの?」

    日向「いやなに、胃の中で消化プレイしてたんだよ、そしたらお前が俺ごと真っ二つにしてきたってことだ」

    七海「私日向君を真っ二つにしちゃったの!?」

    日向「ああ、幸い終里とのプレイがラストに近かったから終里のエロルギーを全部吸うことにによってパワーアップして復活できたから良かったのものの、危うく死ぬところだった」

    七海「ごめんね、日向君」

    日向「いやいや、後で新体操プラスストロープレイにでも付き合ってくれたらチャラにしてやるよ」

    七海「ありがとう日向君!!!」

    赤松「良かったね七海さん、それにしても終里さん本当に幸せそう」

    日向「まあ絶頂の時エロルギー吸収されたからな、幸せそうな顔のまま逝ったんだろう」

    赤松「へえ、終里さん死んじゃったんだ」

    日向「まあ、エロルギー全部無くなったら当然の帰結ではあるんだけど、やっぱり悪いことしちゃったかな?」

    七海「大丈夫大丈夫、私の力が回復したら蘇生できるから、という訳で回復のために日向君早速…」

    日向「オッケー、プレイ開始だまずはこのストローをしたの口に入れて…」

    ~~

    左右田「いや!!もっと死について重く扱え!!!」

    舞園「ああ!!ようやく目を覚ましたと思ったら何訳の分からないツッコミしてんですか!?」

    左右田「ん?今どういう状況?」

    舞園「気合で理解しなさい!!」

    左右田「理不尽!!」

    苗木「まあまあ、舞園さん左右田君にも悪気は無いんだよ、何せパンツ被って朝日奈さんに気絶させられた後ずっと雑に扱われてたんだからさ」

    左右田「まじで何があったんだ?」

    舞園「とにかく!!左右田君のことはどうでも良いです!!苗木君、貴方の目的は何なんですか?私を袖にするにふさわしいもの何でしょうね?じゃなけば、私との結婚を要求します!!」

    苗木「別に舞園さんを袖にしてるわけじゃ無いんだけど」

    ~~

    十神「それで、朝日奈そんな胸丸出しのいかにも襲ってくださいと言わんばかりの恰好で何をしてるんだ?」ボロボロ

    朝日奈「少なくともあんたみたいなかませメガネに襲われたいなんて願望はないよ」

    十神(だろうな、ボコボコにされたし)

    朝日奈「>>200だよ」

  199. 200 : : 2019/03/10(日) 17:42:18
    母乳が出るようになったから苗木探しているの
  200. 201 : : 2019/03/13(水) 18:01:50
    朝日奈「母乳が出るようになったから苗木を探してるの」

    十神「母乳だと!?お前ついに妊娠したのか?」

    朝日奈「してないよ、検査の結果は陰性だったし」

    十神「な、ならなぜ?」

    朝日奈「エロルギーのなせる技だよ、そんなことよりかませ、あんた苗木の場所知ってるよね、連れていって」

    十神「はっ!なぜ俺がそんな面倒なことを…」

    朝日奈「おっぱい触らせて上げるから」

    十神「俺についてこい!!」

    ~~

    舞園「苗木君、貴方の夢って何なんですか?」

    苗木「それはね、全世界の女性にほぼ同時に僕の子供を宿して貰うことだよ、あっ、もちろん小さな子や、妊娠をするのに適さない年齢の人には強制しないけど、色々危ないからね」

    舞園「なんで、そんな!!!私だけじゃ駄目なんですか!?苗木君のためなら35億人でも赤ちゃんを産みます!!」

    苗木「それじゃあ駄目なんだよ、希望のためには舞園さんだけじゃ足りないんだ」

    舞園「どうして…」

    ~~

    春川「…という訳だよ、分かった?」

    左右田「ああ、把握した、しかし俺達空気だよな」

    春川「今の2人の雰囲気で突っ込んでいく勇気ないよ」

    左右田「苗木と舞園……完全に俺達のこと忘れてるっぽいし、ここは一丁>>202でも」






  201. 202 : : 2019/03/13(水) 18:04:21
    王馬が夢野のパンツを盗んでる写真を茶柱に渡しておこう
  202. 203 : : 2019/03/13(水) 18:07:33
    そういえば、王馬の出番なかったな
  203. 204 : : 2019/03/13(水) 23:08:30
    左右田「王馬が夢野のパンツを盗んでる写真を茶柱に渡しておこう」

    春川「は?何考えてんの?」

    左右田「だってよ、これ見て茶柱が怒って王馬がひーこらすんの想像したら面白くね」

    春川「なんて低レベルな奴」

    左右田「うっせぇよ、さてこの茶柱探索機を使ってと」ホイヨ

    春川(なんでそんなもの持ってるのよ)

    左右田「ヒヒヒ、王馬の野郎メタメタに伸されればいいんだ」

    春川(というか、この性行、どエロがそこらかしこに蔓延ってる今、その程度の変態行為見逃されるんじゃないかと私は思ってしまうんだけど)

    ~~

    舞園「…分かりました、苗木君、言っても分からないというなら」グオオ!

    苗木「力づくで僕を独り占めする気?」

    舞園「いいえ、私は決して苗木君を傷つけるような行為はしません、ただ私のエロビティで苗木君に私の魅力を再認識させるだけです」

    苗木「へえ」

    舞園「これが私のエロビティ!!>>205です!!」
  204. 205 : : 2019/03/13(水) 23:10:53
    マインドコントロール
  205. 206 : : 2019/03/13(水) 23:30:15
    舞園「ハア!!」

    苗木「これは……うっ!」

    舞園「マインドコントロールです!!私以外には見向きもしないようにしますよ!!」

    苗木「これが舞園さんの力…か」ニヤリ

    ~~

    左右田「ひゃはは!!王馬!!お前の寿命もあと少し…」

    霧切「あら?左右田君に春川さんこんな所で何をしてるのかしら?」

    春川「霧切!!」

    霧切「どうやら舞園さんが苗木君を手に入れるために無駄な努力をしているようね」チラリ

    春川「舞園のマインドコントロールが無駄な努力?そんなわけは無い!!」

    霧切「無駄なのよ、苗木君のエロビティに敵うエロビティは無いわ」

    左右田「なんだと」

    霧切「苗木君には私のエロビティ>>207も七海さんのゲーム関連のものを自由に使える力も及ばない、マインドコントロール如き何でも無いに等しいのよ」
  206. 207 : : 2019/03/13(水) 23:47:50
    サイコキネシス
  207. 208 : : 2019/03/13(水) 23:48:01
    他人のエロビティ無効化
  208. 209 : : 2019/03/13(水) 23:49:10
    タイムリープ
  209. 210 : : 2019/03/14(木) 00:11:18
    霧切「まあ、私のサイコキネシスは正直に言ったらハズレと言えるけどね」

    春川「苗木のエロビティってのは一体?」

    霧切「ふふふ」

    ~~

    苗木「舞園さん、大好きだよ」

    舞園「苗木君!!やっぱり私が一番ですよね!!」

    苗木「さあ、そのおっぱいを僕にちょうだい」

    舞園「はいっ!!」トコトコ

    苗木「ありがとう舞園さん」モミモミ

    舞園「苗木くぅん……気持ちいい~~です~~」

    苗木「で、舞園さん僕の夢のお手伝いしてくれる?」

    舞園「もちろんで~~す」ニヘニヘ

    ~~

    春川「な?あっさ折れた!?なぜ?」

    霧切「苗木君のエロビティ、それは言わば希望の力を顕現させたモノ」

    左右田「何だと」

    霧切「苗木君が望んだように事が進み、誰もその既定路線に抗えなくなる、それが苗木君のエロビティ、THE HOPE!!!」

    春川「嘘でしょ」

    霧切「今のは恐らく、舞園さんのエロビティを無効にし、手駒に加えると希望したのね、桁外れのエロルギー、最強のエロビティ、今の苗木君は世界最強よ、世界を執ることもその気になれば出来るほどにね」

    ~~

    十神(な、何だと!?今の霧切の話が本当なら、俺の希望ヶ峰学園征服計画なぞ無意味!!)

    朝日奈「さっすが苗木!!さっ、私も苗木におっぱいあげに行かなきゃ」タッタッタ

    十神(なんということだ……)

    朝日奈「霧切ちゃんヤッホー!!一緒に苗木におっぱいあげに行こっ!!」

    霧切「あら、いいわね」

    十神(とりあえず隠れておくか)

    霧切「じゃあね、春川さん、チキン君」

    左右田「……待て!!」

    霧切「何?」

    左右田「>>211




  210. 211 : : 2019/03/14(木) 00:12:23
    なんでもないっすすいません
  211. 212 : : 2019/03/14(木) 00:31:47
  212. 213 : : 2019/03/14(木) 18:45:07
    左右田「何でも無いっすすいません!!」ドゲザ

    霧切「そう」ツカツカ

    朝日奈「バイバイ」ツカツカ

    春川「どうしたの?」

    左右田「よく分からねえが、霧切を見た瞬間俺の中の大切な何かが全力で土下座をさせたんだ」

    春川「つまりチキンってことね、ビビっただけ」

    左右田「違えよ!!これはあれだ!!戦略的土下座だ!!」

    春川「聞いたことないよそんなの」

    十神「おい」

    春川「ん?かませ戻ってきたの?」

    十神「……春川に聞きたいことがある」

    春川「何?」

    十神「エロビティを手に入れる方法は何だ?」

    春川「何?欲しいの?」

    左右田「俺も欲しいな」

    春川「止めときな、あんたら見たいなかませアンドチキンに手に入れられるほど安いもんじゃないよ」

    十神「何だと!?」

    春川「かくいう私もまだ手に入れてないんだけどね」

    左右田「持ってねえのかよ!!!」

    春川「それだけ難しいのよ」

    十神「とにかく教えろ!!出来るかどうかは俺自身で判断する!」

    春川「……エロビティの会得方法それは>>214
  213. 214 : : 2019/03/14(木) 19:10:36
    モノクマに十連勝(大嘘)
  214. 215 : : 2019/03/14(木) 19:26:34
    春川「モノクマに10連勝することだよ」

    十神「モノクマに10連勝だと?」

    左右田「あのクマに…」

    春川「無理でしょ、止めときな馬鹿共」

    十神「……やってやる!!おれは必ず力を手に入れてやる!!」

    左右田「十神…」

    春川(まあ、でまかせ何だけどね)

    ~~

    十六夜「ようやく脱出成功だ!!」

    花村「ファイナルデッドルームだっけ?もうこりごりだよ」

    西園寺「ん?お前らあれを見て!!」

    十六夜「何だ?脱出早々に?」

    花村「あれは!!>>216!?」
  215. 216 : : 2019/03/14(木) 19:53:14
    お尻とおっぱいを揺らしながら誘う雪染
  216. 217 : : 2019/03/14(木) 19:54:34
    最原と苗木と日向の股間の長さが書いてある紙(順番に28cm 30cm 32cm)
  217. 218 : : 2019/03/15(金) 00:06:55
    雪染「あら~~十六夜君に花村君!!私といいことしない?」タユンタユン フリフリフリ

    西園寺「私は無視……」

    花村「喜んで!!」

    雪染「うふふ、なら早速!!」

    花村「アーバンな夜にしましょ…」バキィ!

    西園寺「私の台詞を遮るな豚」

    十六夜「しかし雪染、しばらく見なかったがお前どこにいたんだ?」

    雪染「そりゃもう、七海様とあんなことやそんなことを」

    西園寺「七海様?」

    雪染「ええ、今や七海様は苗木君の忠臣の一人、その類い稀なるエロビティで苗木君の夢をサポートしてるのよ」

    十六夜「ほう」

    雪染「それにベッドの上じゃ凄いのよ、私のおっぱいと自分のおっぱいをお互いに挟んで」ウフフ

    花村「詳しく!!!」

    西園寺「黙れ豚、それより日向おにぃはどうなってんの?七海おねぇに絞り尽くされたの?」

    雪染「それなら>>219よ」
  218. 219 : : 2019/03/15(金) 00:11:20
    他の女の子みんな変態に洗脳して遊んでいる
  219. 220 : : 2019/03/15(金) 00:21:54
    雪染「他の女の子みんな変態に洗脳して遊んでいるわよ」

    花村「さてと、日向君の親友である僕は彼のもとに一刻も早く行かなくては…」ガハッ!

    西園寺「いつ誰が誰の親友になったんだ色豚!!!」グリグリ

    花村「もっとぉもっとふんでぇ西園寺さぁん」

    西園寺「キモっ」

    花村「あはんっ!!」

    雪染「そうだ、皆も日向君や七海様の元に来る?」

    花村「イクッ!!」

    十六夜(しかし何故七海様と呼んでるくせに日向君と呼んでるのだろう)

    ~~

    十神「モノクマ!!出てこい!!俺と勝負しろ!!」

    十神(今の俺に逆転の方法があるとすれば苗木を超える能力を開花させるしかない)

    春川(馬鹿よね、かませがどんだけ頑張ったって今の苗木軍団に勝てるわけないのに)

    左右田「おっ!!俺の探査機に反応有りだ!!」

    十神「何だと!?」

    左右田「あそこに>>221がいるぜ!!」
  220. 221 : : 2019/03/15(金) 00:28:36
    お尻を突き出してプリンプリンいわさてる春川
  221. 222 : : 2019/03/15(金) 00:34:41
    新手が既に…
  222. 223 : : 2019/03/15(金) 17:53:23
    春川「プリンプリン!!」プリプリ

    春川「は?」

    左右田「何だよ春川お前双子だったの…」グボッ!

    春川「黙れチキン、そして」ミギストレート

    プリンプリン春川「グゲボラッ!!」

    春川「偽物野郎が」

    プリンプリン春川「ば、馬鹿などうしてこの私の変装を…?」プリプリ

    十神「馬鹿め、お前の尻は春川のそれよりデカ…」グエッ!

    春川「私がいるでしょうが!!尻とか色んなものの前に私がいるんだから他の私は偽物に決まってんでしょうが!!」

    プリンプリン春川「仕方ないね、見破ったご褒美に正体を見せてあげるよ」プリプリ

    左右田「お前は>>224!!」

  223. 224 : : 2019/03/15(金) 18:17:54
    モノクマとモノクマーズ
  224. 225 : : 2019/03/15(金) 22:33:53
    モノクマ「華麗にクマっとモノクマ見参!!」

    モノクマーズ「「「クマっと参上!!」」」

    十神「ふふふふふふ、ついに見つけたぞモノクマよ」

    モノクマ「何何?僕のストーカー?もうやっぱり人気者って大変だなぁ」

    十神「下らん戯れ言はどうでも良い、俺と十番勝負をしろ!!俺はおまえに10連勝して最強の力を手に入れてやる!!!」

    モノクマ「ん?よく分からないけど、まあ、かませごときに負けるわけ無いし、いいよ」

    十神「ふっ、すぐに終わらせてやる」

    春川(始めちゃったよ、嘘なのにさ)

    ~~

    七海「あっ、西園寺さん達、脱出出来てたんだね」フミフミ

    山田「ブヒー!!」

    日向「あっ、雪染先生お帰り!!おっぱいマッサージの準備出来てますよ!!」

    雪染「あら、早速お願いするわ、瞬間ブギュブギュコースで」

    日向「合点!!」

    十六夜「何だここは?」

    七海「ここはね、皆の待機場所、苗木君に愛を囁かれる皆が自らの身体を磨いて来るべき時を待っていたり、盛りついた皆が揉んだり揉まれたりする場所」

    花村「何ですと!!」

    七海「今や、男女問わず誰もが苗木君の支配下、まあもっとも進んで胸を差し出す人が大半何だけどね」

    雪染「アアンッ!!もぉっとぉちょうだいよぉ」アンッ!

    日向「ハイよっ!!」

    七海「というわけで西園寺さん達も苗木君に抱かれる準備しといてね」

    十六夜「七海、お前がここのトップなのか?」

    七海「そうだよ、たまたま結構強めなエロビティだから霧切さんに任されちゃってさ」

    花村「もっと強くお願いします!!!」

    赤松「じゃあ砲丸レベル10!!」ドゴンッ!

    七海「そうそう、あと一つ同じような場所があるんだけどそっちのボスは>>226なんだよ」
  225. 226 : : 2019/03/15(金) 22:37:17
    苗木のために男女両方になれるちーたん
  226. 227 : : 2019/03/16(土) 22:17:48
    七海「苗木君のために男女両方になれる不二咲君だよ」

    十六夜「ついに限界を超えたのか不二咲は」

    七海「うん、不二咲君のエロビティにより彼は彼女になれる、挿入している時に男に変わったら世界が一変する程の快楽を得られるらしいよ、何せ完全に変わっちゃうんだから」

    西園寺「外見的にはブツがあるかないかぐらいしか変わらなそうだけどねぇ」クスクス

    日向「俺も不二咲とやってみてえ!!」

    十六夜「性欲魔神のお前がやってないのか?」

    日向「不二咲は今や俺よりも立場が上、下のものは上のやつの許可がないとやれない、無理にやったら霧切あたりから死の制裁が待ってるんだよ!!!!」

    西園寺「思った以上に厳しい!」

    日向「くそぅ、俺はこんな秩序に縛られた世界より、フリーセックスがしたい!!」

    十六夜(十分すぎるほど束縛がない世界だと思うがな)

    七海「無理だよ日向君、今の苗木君や霧切さんに勝てるものは存在しない、今の彼らは多分世界を敵にまわしてもけろりとしてるよ」

    日向「ならせめて七海!!!俺と百連してくれ!!」

    七海「ええ、日向君この前34回目で果てたよね、大丈夫?」

    日向「今度は行ける!!」

    七海「じゃあ準備しよっか」

    十六夜(おぞましい性欲だな)

    西園寺「あっ、ちょっと待って」

    七海「何?」

    西園寺「最後に質問があるんだけどさ、>>228

    七海「>>229
  227. 228 : : 2019/03/16(土) 22:19:54
    不二咲を、キンタマでチャージしてちんこから洗脳ビームを発射するように洗脳してくれない?
  228. 229 : : 2019/03/16(土) 22:21:01
    いいよ、でもこっちに忠実なしもべにするね
  229. 230 : : 2019/03/17(日) 21:41:42
    西園寺「不二咲を、キンタマでチャージしてちんこから洗脳ビームを発射するように洗脳してくれない?」

    十六夜「なんだその面白変態は!?」

    七海「いいよ、そのかわりこっちに忠実な僕にするね」

    十六夜「いいのか!?」

    七海「別にいいんじゃない?私と不二咲君の立場って同じだし」

    日向「そうだそうだ!!だいたいその位の自由が今の日本には足りないんだ!!」

    十六夜「自由すぎだ!!」

    七海「そんじゃま、不二咲君のとこにレッツラゴー!!!!」

    ~~

    十神「グハッ!!」

    モノクマ「へい、ミスターかませ、10連勝どころか10連敗じゃない」

    十神「馬鹿な……この俺が」

    モノスケ「お父ちゃんにかませが勝とうなんて無理な話なんや!!あきらめて帰り!!」

    モノファニー「そのとおりよ!」

    十神「くっ!!それでも俺は力を手に入れなければ…」

    モノタロウ「無理だよ」

    モノキッド「無理だぜ!!」

    モノダム「ムリ」

    十神「貴様ら……」

    左右田「おい!!黙って聞いてりゃ好き勝手言いやがって!!」

    春川「左右田?」

    左右田「>>231
  230. 231 : : 2019/03/17(日) 21:50:46
    だったら俺が相手なってやるよ!!
  231. 232 : : 2019/03/17(日) 21:53:55
    ”死”
  232. 233 : : 2019/03/17(日) 22:21:59
    左右田「だったら俺が相手になってやるよ!!」

    十神「左右田?」

    左右田「へっ、俺だってエロビティが欲しいからな!!十神」

    十神「貴様……」

    左右田「まあ任せとけよ、俺が勝ったら自信になんだろ」

    モノクマ「うぷぷ、よく分からないけど君じゃあ尚更無理だよ」

    左右田「うっせぇ!!行くぞ!!」

    モノクマ「こいっ!!」

    春川(なにこの茶番)

    ~~

    苗木「皆ぁ!!最高だよ!!」モミモミモミモミモミモミコキコキベロベロ

    霧切「ふゃあんっ!!」

    舞園「苗木君っ!!!!」

    朝日奈「きもちぃぃ!!!」

    苗木「この分でいけばすぐに目標までエロルギーが溜まるね」

    ~~

    左右田「ぐべぇっ!!」

    モノクマ「弱い」

    春川(十神より遙かに早く終わった)

    十神「左右田!!!!」

    左右田「済まねぇ」

    モノクマ「ったく、雑魚雑魚じゃん」

    モノタロウ「本当だね」

    十神「な、なら!!今度は二人で!!」

    左右田「よしっ!!そうするか!!」

    春川(こすい)

    モノクマ「え~~まだやらないといけないの?」

    十神「黙って勝負しろ!!」

    モノクマ「面倒だなぁ」

    春川(ったく)

    春川「ねえモノクマ」

    モノクマ「何?」

    春川「>>234
  233. 234 : : 2019/03/17(日) 22:32:49
    「何ナリトオモウシツケヲ」プリン
  234. 235 : : 2019/03/19(火) 18:50:29
    春川「何ナリトオモウシツケヲ」プリン

    モノクマ「はい、プリンありがとうね」モグモグ

    モノタロウ「あっ!!お父ちゃんずるいっ!」

    モノスケ「わいらにもプリンちょうだいな!!」

    十神「どういうことだ?」

    モノクマ「ん?察しが悪いね、つまり春川さんは最初から僕の下僕だったんだよ、いや~無性にプリン食べたくなっちゃってさ」テヘペロ

    左右田「じゃあ春川が言ったエロビティゲット方は!?」

    モノクマ「嘘」

    十神「モノクマ貴様ぁ!!」

    モノクマ「でもまあついてきな、絶望的に絶望的なお前らに救世主を紹介してあげる」ウププ

    左右田「??」

    ~~

    左右田「お前らは!?」

    江ノ島「あっ、乙モノクマ」

    狛枝「やあ!!十神君、左右田君!!!」

    真宮寺「ククク、久しぶりだネ」

    天願「ほっほっほ」

    十神「何故お前らが集まっている!!?」

    モノクマ「うぷぷ、この四人は知ってのとおり、それぞれのクラス、職員から選ばれた、最強の四人」

    モノクマ「そう!!クレイジーフォース!!!」

    十神「お前らが二人以上揃えばろくなことはまず起きない、そう言われるお前らが仲良く全員揃ってるなんて、一体どういうことだ?」

    真宮寺「全く、こんな三人と同列に扱われるなんて僕にとっては非常に不快だヨ」

    天海「まあまあ、今はそれは置いときましょうよ真宮寺君」

    左右田「天海までいんのか」

    モノクマ「うぷぷ、あとついでに>>236もいるよ、あっ、春川さん次はチョコアラモードよろしく」

    春川「ハッ」
  235. 236 : : 2019/03/19(火) 19:00:32
    全裸でリンボーダンス中の花村
  236. 237 : : 2019/03/19(火) 19:25:13
    クレイジーフォースわろた
  237. 238 : : 2019/03/20(水) 01:29:00
    いや一人だけでも充分ろくな事が起こらんだろう・・・
  238. 239 : : 2019/03/20(水) 23:23:23
    モノクマ「あれ」

    花村「ひゃほ~!!!!」リンボー

    天海「あのとおりほぼ平常運転の花村君がいるっす」

    十神「なるほど、確かにいつもとほとんど変わらん、誤差の範囲だ」

    左右田「あれ誤差で済むか!!?」

    真宮寺「ククク、まあそんなことは詮無きことだヨ、それより今から僕達が何故集まっているのかを説明しよう」

    天願「ふぉっふぉっふぉ、そうじゃのう」

    江ノ島「簡単に言ったら私達は一枚岩じゃなくて、それぞれがそれぞれを利用し合ってる感じ」

    狛枝「そうなんだよ!!僕も胸中では早く江ノ島さんが滅されないかなぁと思ってるんだけど、とりあえず手を組んでるんだよ」

    左右田(じゃあ口に出すなよ)

    真宮寺「とりあえず最終目標は皆違うみたいだけど、中間目標は同じなんだヨ、つまり」

    天海「苗木君たちを倒す、いわば反乱っす」

    十神「反乱だと?」

    真宮寺「苗木君は今霧切さん達と性行を繰り返しエロルギーを貯めている、そして目標値まで達した時、彼はこの世界の女性の幼女や老女、身体的な問題などで妊娠が難しい人以外全てに彼の子を産ませるきなんだヨ」

    左右田「壮大かつ半端に気を遣ってる!!!」

    真宮寺「彼は世界を彼の子で満たすことが希望になると信じてるんだヨ」

    江ノ島「私様的には苗木の子なんて想像するだけで絶望的なのに、自分で産むなんてそんなのそんなの……絶望的!!!!」エクスタシー!

    十神「そうか、あいつのエロビティ、THE HOPEは希望を叶える、その力を使えばそんな荒唐無稽なことすら出来ると言うのか」

    江ノ島「そう!!反吐が出るほど絶望的で希望的な苗木をぶち殺すために私様も身につけたのよ、そのエロビティの能力は>>240!!」

    十神「何だと!!」
  239. 240 : : 2019/03/20(水) 23:28:04
    自分が感じた絶望が希望に変換される
  240. 241 : : 2019/03/20(水) 23:28:27
    効果を逆転することと効果を強奪の二つ
  241. 242 : : 2019/03/20(水) 23:37:39
    逆効果…
  242. 243 : : 2019/03/21(木) 22:03:20
    江ノ島「私様の感じた絶望が!!」

    江ノ島「希望に変換されんのよ!!!」

    左右田「え?」

    江ノ島「このことを知った瞬間私様は絶望したわ!!でもすぐに希望に変わった、そしてそのことに絶望して、また希望に変わって」ハアアン!

    真宮寺「今の江ノ島さんは刹那の絶望が瞬時に希望に変わる、まあ一種の永久機関に入ってるんだヨ」

    天海「しかも、このエロビティは常時発動型みたいで、江ノ島さんは今この瞬間も希望が絶望を生み、絶望を希望に変えてるんすよ」

    十神「ふっ、いい気味だ」

    江ノ島「けっ!!かませが調子に乗りやがって」

    天願「希望が増えるのは良いことじゃ」

    真宮寺「まあ、そんなことはどうでもいいんだヨ、僕達はもうすぐ苗木君達のもとに殴り込みに行くから、十神君達にも付き合って欲しいんだヨ」

    十神「ほう…やはりこの天才、十神白夜の力……」

    カツンカツン

    狛枝「足音!!」

    天海「き、君は!!!??」

    >>244>>245
  243. 244 : : 2019/03/21(木) 22:07:12
    ゴン太
  244. 245 : : 2019/03/21(木) 22:07:38
    残りの女達は洗脳して連れてきたよ
  245. 246 : : 2019/03/23(土) 21:46:47
    ゴン太「残りの女達は洗脳して連れてきたよ」

    江ノ島「あっ、サンキュー」

    天願「良くやったのゴン太君」

    ゴン太「ありがとう!!」

    左右田「何でゴン太がんなことしてんだよ!!!あとなんだ!残りって!?」

    狛枝「決まってるじゃないか、僕達に賛同する、七海さん、春川さんと苗木君に現在進行形で抱かれている、霧切さん、舞園さん、朝日奈さん、あと>>247さんを除いた皆だよ」

    天願「もちろんゴン太君も洗脳しておるぞ」

    左右田「七海も賛同してんの!?ってか何やってんだよクレイジーフォース!!!!」

    十神(春川も洗脳してるだろうが)
  246. 247 : : 2019/03/23(土) 22:13:47
    大神さん
  247. 248 : : 2019/03/23(土) 22:13:48
    踊り念仏の教祖になっている夢野とアンジー
  248. 249 : : 2019/03/24(日) 12:16:12
    ゴン太つよすぎワロタ
  249. 250 : : 2019/03/25(月) 20:32:28
    十神「しかし、霧切、舞園、朝日奈、大神とはとてつもない戦力だな」

    狛枝「うん!!ぶっちゃけ絶望しか無いよ!!でもこの絶望を乗り越えてこそ真の希望が見えてくるんだよ!!」

    天願「負けたとしても希望の肥やしになれるからの、損はどっちにしたってないわい」

    真宮寺「まあ僕にはそんなことはどうでも良いんだけどネ、姉さんが妊娠させられるのは困るからネ」

    江ノ島「もう死んでんだから別にいいでしょうにね~~」

    真宮寺「エンドレス希望生産機は黙ってヨ」

    江ノ島「いやんっ!!また絶望!!そして希望に置換される!!!」

    十神(大丈夫なのかこいつら…)

    狛枝「さて!!じゃあいこっか!!日向君、十六夜君、七海さんが先行してるはずだしね」

    ~~

    日向「お前…大神!!!」

    大神「朝日奈は今苗木に愛され絶頂を迎えてるのだ、余計な横槍を入れる下郎はこの先に進ません!!」

    日向「ざけんな!!入れんのは俺の創君だけだ!!そこを退け!!全世界性行計画は俺が引き継いでやる!!苗木をぶっ飛ばしてな!!」

    十六夜「そんな計画は知らんが、まあ引くわけにはいかんな」

    七海「私も日向君に協力するから引けないね」

    七海(一日最低50回はイチャイチャチュッチュする契約もしたしね)

    大神「愚かな、苗木により与えられた我のエロビティ>>251の前に跪くがよい!!!」
  250. 251 : : 2019/03/25(月) 20:47:42
    絶対防御と鬼神の拳
  251. 252 : : 2019/03/25(月) 21:15:49
    erovity
  252. 253 : : 2019/03/26(火) 22:33:40
    日向「絶対防御に鬼神の拳ね」

    十六夜「なら小手調べに」ビュッ!

    七海「たくさんの刀剣が大神さんのもとに!」

    大神「ふっ、絶対防御といったであろう、回避行動をする必要すら無い」カキンカキン

    日向「体に当たった瞬間に勝手に弾かれた!!まるで壁にボールをぶつけたみたいに!!」

    大神「そして!!」ハアアッ!

    七海「不味い!!日向君、十六夜君こっちに来て!!」

    大神「喰らえっ!!暴滅の拳(デストロイフィスト)!!!」ドカァァァン!!!!

    七海「空間移動!!!」ヒュン

    日向「俺達ごと大神の後ろに移動した!!」

    十六夜「しかし、大神の一撃も凄まじい威力だな、大神の目の前数十メートルが跡形もなくなっている」

    大神「避けたか、しかし仕留めるのもそう難しいことではあるまい」

    七海「悪いけど大神さん、今の一連の戦闘をみて分かったよ」

    大神「なにがだ?」

    七海「大神さんのエロビティじゃ私のゲームを司るエロビティに勝てないってこと、つまり私の勝ちってことだよ」

    大神「何だと!!」グオッ!

    十六夜「これは!?まさか空気砲!?空気を飛ばして攻撃しているのか!?」

    大神「ムンムンムンムンムンムンムン!!!!!!」

    日向「しかも連続で!!」

    七海「無駄だよ……ふう、エアロック!!」ガチャンッ!!

    日向「まさか!七海が空気砲が届く前に目の前の空気を固定した!?」

    七海「私のエロビティほど何でもできるのは苗木君のTHE HOPEぐらい、何故なら私は格ゲー、超能力ゲー、キャラゲーを含む全ての力を使えるのからね」

    日向「そうだ!!七海にできないことなんて無い!!」

    大神「戯れ言を、何でもできるだと?しかし!!我の本気の一撃を耐えることは出来まい!!」グオオオオ!!!

    十六夜「凄い闘気だ!!!!!」

    大神「砕け散れ!!!鬼神の怒拳(オーガズトール)!!!」

    日向「しかも早い!!!」

    大神(もらった!)

    七海「そうそう、私も避ける必要なんて無いんだよね」

    ドガンッ!!!!

    日向「何だと!!大神の攻撃が七海をすり抜けただと!!」

    七海「幻術だよ、有りもしない私に攻撃したんだよ大神さん」

    大神「馬鹿なっ!!!」

    七海「さて、お次は絶対防御を破る方法だけど」

    十六夜「七海!!俺のエロビティ>>254を使ったらどうだ!?」


  253. 254 : : 2019/03/26(火) 22:45:14
    エロビティを封印する破魔の瞳(格上には効果なし)
  254. 255 : : 2019/03/27(水) 22:19:58
    十六夜「エロビティ封印術だ!!」

    七海「ほう、じゃあお願いね」

    十六夜「ああ!!」

    大神「させるわけがなかろう!!」

    七海「その言葉、攻略本つけて返すよ」ハッ!

    大神「ぐわっ!!!動けな………」

    日向「金縛りだ!!!」

    七海「心のぶれた大神さん相手ならこのくらい楽勝だよ」

    十六夜「さあ、いくぞ」

    ~~

    十神「というか、何となくで聞いていたがエロビティとは具体的になんなんだ?」

    江ノ島「はあ?あんた知らないの?常識じゃん」

    真宮寺「全くだネ、人間の性欲の大きさつまりエロルギーが限界を超えた時に発現する力、それがエロビティだヨ」

    狛枝「基本的にエロい人の方がより高いエロルギーを持ってるからエロビティも強力なものが多い、それにどんな特殊能力を持っていても力でごり押しされて無効化されることが多いから、エロリスト同士の戦いはエロルギーの量しが勝敗に直結するんだ」

    天願「無論戦い方次第で如何様にも転ぶがの」

    天海「もっとも、エロビティは本来数百年に一人に発現するかどうかのレアな力だったんすけど、どうやら洗脳を日常的に繰り返してきたせいか、この学園の皆には発現しやすくなってる見たいっすね」

    左右田「そうだったのか」

    春川「アラモード買ってきたよ」

    ゴン太「あっ、モノクマならどっか行ったよ」

    花村「代わりに僕が食べるから春川さん、口移しでよろしく、ゆっくりゆっくり咀嚼してねぇ!!」

    春川「黙れ豚」

    十神「そういえば、苗木、霧切、舞園のエロビティは判明してるが朝日奈のを知らんな、今奴らの元に向かってるんだろう、知ってるなら教えてくれないか?」

    天願「彼女のエロビティは>>256じゃ」
  255. 256 : : 2019/03/27(水) 22:25:30
    時間と空間を操作すると千里眼
  256. 257 : : 2019/03/29(金) 19:26:03
    天願「時間、空間を操作でき、さらには千里眼までもっておる」

    左右田「チート!!!」

    十神「朝日奈め、それほどに強力な力を…」

    天願「ふぉっふぉっふぉ、安心しなさい」

    左右田「勝算があんのか?」

    天願「それはやってみんと分からんが、大丈夫じゃ」

    花村「だよね」

    天願「わしらはクレイジーフォース、狂いなら誰にも負けん、どんな力も狂乱には勝てんと証明しよう」

    朝日奈「へえ」

    狛枝「朝日奈さん!?」

    朝日奈「久しぶりだね、皆、千里眼で見えたよ、苗木の邪魔はさせない!!!」

    十神「どけ!!苗木を倒し世界を統一するのはこの俺だということを見せてやる!!」

    真宮寺(美しいヨ、なんて執念なんだ)

    朝日奈「そうそう、私の力で私の後ろとあんた達の後ろの空間を引っ付けた、つまり私を倒さない限り、あんた達は苗木のもとには行けずにぐるぐると回ることしか出来ない」

    江ノ島「へ~~」

    天願「なら仕方ないの、ここは一つわしが行こう十神君にも証明すると言ってしまったことだしの」

    ゴン太「天願さん、ゴン太も行くよ、これも紳士になるための試練だって江ノ島さんも言ってたし」

    天願「ゴン太君、辛くなったらワシを遠慮無く盾にするんじゃぞ」

    ゴン太「ゴン太そうならないように頑張るよ!!」

    左右田「狛枝!二人のエロビティは何なんだ?」

    狛枝「天願さんが>>258ゴン太君が>>259だよ」
  257. 258 : : 2019/03/29(金) 19:56:51
    一夜城建築
  258. 259 : : 2019/03/29(金) 20:07:13
    サイコロ振って出た目が奇数なら敵が有利偶数なら味方が有利になる
  259. 260 : : 2019/03/31(日) 17:02:27
    狛枝「天願さんが一夜城を建築出来る力」

    左右田「秀吉か!!」

    狛枝「サイコロ振って出た目が奇数なら敵が有利偶数なら味方が有利になる力だよ!!」

    左右田「ギャンブラーじゃねえか!!ゴン太に合う力じゃねえだろ!!セレスとかだろうが!!」

    朝日奈「ふん!そんな微妙な力で私に勝てるわけないじゃん」

    天願「どうかのう、どんな力も使い方次第じゃよ」

    ゴン太「うん!!」

    真宮寺「頑張ってネ」

    天海「応援してるっすよ」

    十神「お前らは何もしないのか?」

    真宮寺「ちょっとネ」

    天海「俺は解説するっすよ」

    朝日奈「よく分からないよど、まあいいや、行くよ!!」

    天願「ひょおおお!!」

    ゴン太「ほおお!!」

    天海「2人が朝日奈さんに一直線っす!!」

    朝日奈「空間削除」エイッ

    天願「ひょ?」ガオンッ!

    天海「ああ!!朝日奈さんの空間削除で天願さんの髭が削除されたっす!!」

    十神「なんだあれは!!?」

    朝日奈「ゴン太も早くカモンカモン」

    ゴン太「うっ!!紳士は女の人に暴力を触れないんだ……」

    左右田「じゃあ何で出てきた!!」

    天願「なら」ムンッ

    ゴン太「え?」

    天海「天願さんがゴン太君を持ち上げた!!」

    天願「喰らえ!!ゴン太君ロケット!!」ブンッ!

    天海「ぶん投げたっす!!!」

    左右田「ついさっき盾にしても構わんとかほざいてた爺が何やってんだ!!!!」

    朝日奈「時間反転」エイッ

    ゴン太「え?」ンブッ

    天願「な!?」ウゲッ!

    天海「時間が反転してゴン太君が勢いそのまま天願さんの所にいったっす!!一歩踏み出ていた天願さんに避けるまもなくクリーンヒット!!!」

    朝日奈「あんたらじゃ私の胸には届かないよ、大人しく苗木に跪いといて!!」

    天願「そ、それはどうかの…」

    朝日奈「ん?」

    春川「あっ!あそこにサイコロが転がってる!!」

    ゴン太「ゴン太、天願さんに言われたとおりに振ったよ」

    江ノ島「ゴン太のエロビティが発動する!!」

    十神「目は>>261だ!!」
  260. 261 : : 2019/03/31(日) 18:13:23
    6だ(ばち)って誰が弾いたゲっ5になっただと
  261. 262 : : 2019/04/01(月) 22:13:17
    十神「どうなる!?」

    コロコロコロリ

    十神「よしっ!!6……」

    江ノ島「あっ、すべっちた~~」ドンッ!

    十神「あ?」バチッ

    コロリ

    十神「5になった!!」

    江ノ島「あ!?何やってんだかませ眼鏡!!かませどころか足手まといじゃないのよ!!」

    十神「誰のせいだ!!」

    春川「そんなことを言ってる場合じゃないよ」

    左右田「目は奇数、つまりゴン太の能力により朝日奈にアドバンテージが発動する!!」

    朝日奈「これは!!」グオオン

    天願「ん?」ビリビリッ!

    ゴン太「え?」ビリビリッ!

    十神「何だ!?2人が裂けた!?」

    江ノ島「うっわ、血とか出てないから内臓とかよく見えるわ」

    天海「紙を破ったみたいに裂けたっすね、しかも真っ二つ」

    真宮寺「ククク、これはつまり朝日奈さんの力がアップしたんだネ、更に強力な空間能力を得たのか」

    朝日奈「そうみたい、これであんた達に勝ち目はないよ!!」

    十神「そんな馬鹿なことあるわけがない!!こい!朝日奈、俺の力を見せてやる」

    左右田「やめろ十神!!エロビティを持ってないお前に勝ち目は……」

    朝日奈「うっさいよチキン君」ジュッ!

    左右田「うわっ!!」ポトリ

    江ノ島「アッハッハ、右手が落ちた!!」

    左右田「笑うな!!でも何これ痛くない、不思議!!」

    江ノ島「まあいいや、腕なくして可哀想だからこれ上げる」ハイッ

    朝日奈「なにそれ?」

    江ノ島「>>263
  262. 263 : : 2019/04/01(月) 22:18:25
    令和
  263. 264 : : 2019/04/01(月) 22:28:19
    元号とか最強かよ…
  264. 265 : : 2019/04/06(土) 19:25:52
    モノクマ「はい、どうも無能な作者の代弁者である可愛さマックスのモノクマです、この度は作者の諸条件で更新が遅れていること、並びにその期間がもう少し長引くことをお詫び申し上げます」

    モノミ「絶対に完結させるまで失踪はしないのでこれからもよろしくお願いしまちゅでちゅ」
  265. 266 : : 2019/04/06(土) 20:20:16
    待ってまちゅ
  266. 267 : : 2019/04/08(月) 15:12:21
    モノミ「ちょっとだけ更新しまちゅ」



    江ノ島「令和よ」

    左右田「新元号じゃねえか!!」

    江ノ島「いや、ぶっちゃけ私様これあんまり好きじゃないからあんたにでもやろうかと」

    左右田「そんなもんどうやって俺によこすんだよ!!」

    朝日奈「なるほど、元号をわたすのが江ノ島ちゃんのエロビティ」

    江ノ島「全然違うけど」

    朝日奈「えっ!?そんなうそっ!!!」

    左右田「そんな驚くことか!!?」

    花村「やれやれ、黙って聞いてればやれ令和やら、新元号をアーバンにしろだ、フェラりたいだ」

    春川「言ってないよね」

    花村「そんなにフェラりたいなら、これにしなよ!!」

    朝日奈「あれは!!まさか>>268!」
  267. 268 : : 2019/04/08(月) 15:26:10
    スライダープッシュポップ
  268. 269 : : 2019/04/15(月) 18:31:49
    朝日奈「スライダープッシュポップ!!」

    春川「なにそれ?」

    花村「嘗め嘗めするキャンディーだよ」ハイ

    朝日奈「ありがとー!!」レロレ

    朝日奈「美味しー!!!……でも嘗めたら無くなっちゃうんだよね」

    花村「そんなあなたにスペシャルなお知らせ!!なんと嘗めれば嘗めるほど大きくなるキャンディーがあるよ!!」ポロンッ

    朝日奈「うわぁ!!すっごいゴツゴツしてて熱そうなキャンディーっ!!って」ビギャン

    朝日奈「粗末な粗挽きウィンナーじゃん!!」

    花村「うわっ!」ポトリ

    十神「なっ!!花村の花村が落ちた!!」

    花村「ふっふっふ、朝日奈さんこれこそ僕の計算どおりだよ」

    朝日奈「どういうこと?」

    花村「僕のエロビティは特殊な条件下、つまり僕のホットドッグに快感が走った時に発動!!」

    天海「よしっ!!ついに花村君のエロビティが!!この勝負もらったっす!!」

    左右田「そんな強力な力なのか?花村の分際で!!」

    花村「その力は>>270!!!」
  269. 270 : : 2019/04/15(月) 18:45:54
    人のパンツの色と形がわかる
  270. 271 : : 2019/04/19(金) 18:26:59
    花村「見えた!!朝日奈さんのパンツの色はインビジブル!!大事なところ以外をガードしてるヒモパン!!!!」

    朝日奈「なっ!?何故それを!?」

    左右田「それ意味あんのか!?」

    花村「ふっふっふ、僕のエロビティに分からないパンツはない!!」

    左右田「使えるけどまるで使えねぇ!!!」

    花村「これで1週間はおかずに困らな…」ビリッ!

    天海「ああっ!!花村君もびりびりに破られたっす!!」

    左右田「何しに来たんだあいつ!!」

    春川「でもどーしよ、いっこうに事態が好転しないね」

    狛枝「うーん、これはなかなかまいったね」ハハッ

    十神「笑ってる場合か!」

    朝日奈「そうだよ、苗木以外にパンツも知られちゃったことだし、そろそろ皆ビリビリタイムだよ」

    左右田「……こうなりゃ仕方ねえな」

    天海「左右田君?」

    左右田「朝日奈!!これを見やがれ!!俺の取って置きのメカ!>>272だ」
  271. 272 : : 2019/04/19(金) 19:09:43
    人類初期化ミサイル
  272. 273 : : 2019/04/19(金) 22:54:34
    こうして世界はループしていくんだね
  273. 274 : : 2019/04/24(水) 21:37:13
    左右田「人類初期化ミサイルだ!!」

    十神「!!!!」

    左右田「どんな力を持ってようが関係ねえ!!どいつもこいつも裸で騒いでた猿に戻る」

    朝日奈「あんた馬鹿じゃない!?」

    左右田「はっ、どうせ一生セックスすら出来ねえなら、猿に戻って本能のまま動く、そうすればきっと目の前にいるお前とするだろうな」

    朝日奈「マジで馬鹿じゃん」

    天海「本当にやるんすか?」

    左右田「そうだよ!!じゃあ行くぞ!!」ポチッ

    ドカンッ!!

    朝日奈「本当に馬鹿だよね」ハア

    左右田「あはははは、もう俺にも止められねえぞ!!」

    朝日奈「時空間を操れる私にそんなもん聞くわけ無いじゃん、別の時空にレッツゴーだよ」ヒュン

    十神「なにっ?」

    ~~

    七海「それは本当なの?」

    真宮寺「うん、僕は僕の力で脱出したけど、他の皆は朝日奈さんに捕まってるヨ、多分彼等じゃ時空間使いには勝てないだろうから、助けを呼びに来たんだヨ」

    七海「うーん、でもなぁ今ちょっと忙しいんだけど」

    十六夜「七海も手伝えっ!!」グハッ!

    日向「ドボゲィッ!!」グハッ!

    霧切「全くもって弱いわね、ったく何で私はあの時パーを出してしまったのかしら、本当なら今頃苗木君とラブラブチュッチュのアヘアヘタイムだったのに」

    真宮寺「霧切さんなら大丈夫、彼等ならきっと勝てるヨ、だから早くきて」

    七海「日向君いけそう?」

    日向「いけるかっ!!霧切のエロルギーは俺とは比べものになんないっつの!!」

    真宮寺「全く仕方ないネ」ハッ!

    十六夜「真宮寺何を?」

    真宮寺「僕の力で日向君のエロビティ>>275をパワーアップしといたから、後はよろしくネ」

    七海「頑張ってね~みんなを助けたらすぐに戻ってくるからローターの準備して待っててね」

  274. 275 : : 2019/04/24(水) 22:22:43
    どんな女の子の乳首を押すと胸を揺らすロボットに洗脳する能力(揺らし終わると正気に戻る)
  275. 276 : : 2019/04/25(木) 21:21:26
    日向「俺の力は乳首押さねえと発動できねえんだよ!!!触れもしないのにんなこと出来るか!!!」

    十六夜「無駄だ、あいつらもう行ったぞ」

    日向「ええ!!じゃあどうすりゃ良いの?ゼウスもポセイドンも天照大神もオリオンもデイダラボッチも消されたんだぞ!!!」

    十六夜「一瞬だったな」

    霧切「あら、あの変なおじさん達そんな凄い人達だったの、軽くあしらっちゃって悪かったかしら」

    日向「神様そう簡単に倒すなよ!!空気読め!!」

    霧切「それじゃあそろそろ私のサイコキネシスで貴方達を消すわよ」

    日向「くっ!!!!胸さえ触れたら……」

    霧切「さよなら」

    ~~

    朝日奈「さてと、そろそろ左右田の馬鹿のミサイルの効果も無くなっただろうし元の時空間に戻ろっと」ヒュン

    ~~

    朝日奈「なっ!!これは>>277
  276. 277 : : 2019/04/25(木) 21:37:30
    時間圧縮
  277. 278 : : 2019/04/26(金) 15:37:23
    圧縮圧縮ゥゥ!!
  278. 279 : : 2019/04/29(月) 23:10:43
    朝日奈「これは圧縮された時間!!」

    朝日奈(そんな!!何で?左右田のミサイルの力で原始の昔まで逆行された時間が半径1メートル程度の球になるまで圧縮されてる!?)

    十神「驚いたか?」

    朝日奈「かませ!!一体どうなってるの?」

    十神「時間圧縮……正直にいえば俺も驚いた、まさか時間という観念的な質量を持たないものが圧縮されることも、さらに圧縮されればそれが視認出来ることもな」

    春川「ったく、左右田の馬鹿のせいで危うくジエンドだったよ」ハァ

    左右田「悪かった……」

    春川「あんたねぇ、私がギリギリで能力に目覚めなかったらあんたのせいで全滅だったこと忘れないでよ」

    朝日奈「え?春川ちゃんはまだエロビティを使えないんじゃ…それに時間を圧縮するなんてそんな時間系統の力を都合よく引いたって言うの!?」

    春川「私の能力は時間系統なんてもんじゃないよ、もっとアバウトで範囲も大きい、そう私の力は目の前の困難を対処する力……しかも偶然手に入ったわけじゃないよ」

    朝日奈「なら一体!?」

    春川「>>280されたら手に入ったの」
  279. 280 : : 2019/04/30(火) 04:45:46
    ポテチのオマケを開けたら引換券だったからモノクマに渡した
  280. 281 : : 2019/04/30(火) 07:04:12
    ポテチのオマケ付きだと遊戯王チップスとプロ野球チップスしか思いつかない…
  281. 282 : : 2019/05/01(水) 22:32:43
    春川「ポテチのおまけのエロビティ引換券をモノクマに渡したらくれたのよ」

    朝日奈「はぁ!?」

    モノクマ「うぷぷ、最近はサービス充実させないとお客さん全然買ってくれないんだよ、おいしいプラスαじゃなきゃ通用しないの…あーあめんどくさい」

    朝日奈「そんな……苗木に1003回いかされて私はようやく手に入ったのに……」ガクリ

    十神「春川!!今がチャンスだ!!朝日奈の服を剥ぎ取ってとどめをさしてやれ!!」

    春川「自分でやりなよ、私のエロビティって受動的にしか出せないし」

    十神「何だと!?」

    朝日奈「ああ、もうなんかがっくりきたし、疲れてきたし、そろそろ終わらせよっか」ハアッ!

    狛枝「なんかする気だよ!!」

    江ノ島「時間停止とか空間切断とかじゃないの」

    天海「そんなっ!!」

    左右田「くっ、モノクマ!!俺にもエロビティをよこせ!!!」

    モノクマ「えー、ただであげるわけにはいかないなぁ」

    朝日奈「秘技、タイムロック!!!後数秒後に私以外の時間は停止する!!」

    左右田「時間がねえ!!早くしろ!!」

    モノクマ「じゃあ代わりに>>283して」
  282. 283 : : 2019/05/01(水) 22:43:10
    オナニー
  283. 284 : : 2019/05/05(日) 18:59:15
    モノクマ「オナニーして」

    左右田「え?今なんて?」

    モノクマ「僕見た目どおり清純派なピュアグマだからもう1回言うのはちょっと」

    左右田「どこがだ腹黒ベアが!!!」

    モノクマ「まあまあおかずはいっぱい体験したでしょ、あっ、因みに時が止まるまで後3秒だよ」

    左右田「短っ!!」

    朝日奈「タイムアップ!!」

    カチッ!!

    朝日奈「ふう、これで今この空間で動けるのは私だけ、ゆっくりビリビリにしよっと」

    ~~

    真宮寺「あの辺の空間に皆は朝日奈さんに閉じ込められてるはずだヨ」

    七海「よしっ、じゃあ空間使いのゲームキャラの力をつかっ……」ゾワァ!

    苗木「あれ?七海さんどうしたの?」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    舞園「何やら急いでるみたいですね」

    真宮寺(真顔で舞園さんの裸の胸を超高速で揉んでる……まだ今は彼等と会いたく無かったんだけどナ)

    七海「苗木君達こそこんな所になんの用?」

    舞園「>>285です」ニコッ
  284. 285 : : 2019/05/05(日) 19:37:23
    苗木君の依頼で真宮寺君の影に潜んでる不二咲君を迎えに来た
  285. 286 : : 2019/05/07(火) 20:36:03
    舞園「苗木君の依頼で真宮寺君の影に潜んでる不二咲君を迎えに来たんですよ」

    七海「苗木君そこにいるじゃん!」

    舞園「私と片時も離れたく無いんですよ、私達は宇宙一のラブラブカップルですからね」チュルチュル

    苗木「舞園さん、僕は皆大好きだよ、後もっと緩急つけて吸ってくれたら嬉しいな」

    舞園「はいっ!」

    春川「突っ込んでよ!!」

    真宮寺「おや?春川さん君は確か朝日奈さんに空間に閉じこめられたんじゃなかったかナ?」

    春川「モノクマのバカに目の前の困難を対処する力を貰ったから、何とか止まった時間でも動けて、閉鎖された空間を突破出来たのよ、まあ朝日奈が他の奴らをビリビリにしてる隙がなかったら無理だっただろうけど、あとこれも何とか持ってこれた」ポイッ

    十神「」チーン

    天海「」チーン

    江ノ島「」ボイーン

    春川「いや、今はそれじゃなくって真宮寺の影に不二咲が潜んでるって方でしょうが!!」

    真宮寺「そんなことを言ってたネ、でも僕には心当たりはないヨ」

    苗木「そんなことはないよ…出てきて不二咲君」

    春川「あっ!!」

    ビュンッ

    七海「おお、文字通り真宮寺君の影から出てきた!」

    不二咲「何で分かったの?」

    苗木「希望したから」

    舞園「それじゃ今度は私が質問しますよ、何で真宮寺君なんかの影に潜んでたんですか?」

    不二咲「>>287
  286. 287 : : 2019/05/07(火) 20:56:57
    真宮寺君のエロビティの神通力を強奪して苗木君に献上してイイコトしてもらうため
  287. 288 : : 2019/05/07(火) 22:14:47
    キンタマ…
  288. 289 : : 2019/05/09(木) 21:47:28
    不二咲「真宮寺君のエロビティの神通力を強奪して苗木君に献上してイイコトしてもらうためだよ」

    苗木「へえ、そうだったんだありがとう不二咲君!」

    不二咲「それほどでも」エヘヘ

    真宮寺「ちょっと待ってヨ、強奪?君の力は性転換じゃ無かったのかナ?」

    不二咲「それは男の僕に目覚めた力…女の僕に目覚めたのは他人のエロビティを強奪、貸与出来るんだよ!!!!!」

    春川「またチートな能力が……」

    舞園「それで?七海さんはまた何でこんな所に?苗木君を倒して逆ハーレムキングにでもなりたいんですか?真宮寺君は普通のハーレムキングですか?」

    七海「正直に言って逆ハーレムキングなんて興味ないよ、ただ本命の日向君が苗木君に抑圧されながら私の胸を揉むのが苦しいっていうから……もっと自由にセックスしたいんだってさ」

    霧切「つまり、日向君のためって訳ね」トコトコ

    苗木「霧切さん、日向君達は?」

    霧切「苗木君の注文どおりよ、いらっしゃい」

    日向「>>290

    十六夜「>>291

  289. 290 : : 2019/05/09(木) 22:18:17
    九頭龍兄妹を犯して九頭龍組掌握したぜ約束したこと頼むぜ
  290. 291 : : 2019/05/09(木) 23:40:24
    日向!ここにいる流流歌の乳首を押してくれ!(ガシッ)
  291. 292 : : 2019/05/13(月) 20:10:41
    日向「九頭龍兄妹を犯して九頭龍組掌握したぜ約束したこと頼むぜ」

    苗木「うん、もちろんだよ日向君、これからは男にも好きなだけ突っ込んだらいいよ」

    七海「は?」

    十六夜「日向!ここにいる流流歌の乳首を押してくれ!」ガシッ

    安藤「ちょ、よいちゃん何やってんの!?何で羽交い締め!?お尻とか鷲づかみするべきでしょう!!!」

    日向「うおらっ!!」ポチッ

    安藤「ひゃんっ!!強いよぉ」

    春川「また、面倒な奴らが」

    七海「ちょっと、日向君私いったよね、好みが変わるかもしれないから男には手を上げないでって、日向君は巨乳好きでエロいんだよ、間違っても人の竿を弄んじゃダメだって」

    日向「七海、俺は覚醒したんだよ、あらゆるジャンルを網羅して俺も苗木みたいな超高校級の希望になりたいんだ!!協力してくれよ!!」

    七海「嫌だ!!!日向君の一番はゆるふわムチムチ巨乳の私なんだから!!!いうこと聞かないならお仕置きだよ!!!」

    苗木「うーん、さすがに七海さんは日向君じゃ無理かな、仕方ないからここは僕が……」

    真宮寺「いや、君の相手は僕たちが務めるヨ、ねっ春川さん」

    春川「え?嫌、特にあんたと、って所が嫌だ」

    真宮寺「さて、春川さんも快く了承してくれたことだし、天海君、十神君達のこと頼んだヨ」ハッ

    天海「なんっ!!」

    春川「あっ、復活した」

    不二咲「あれは民俗学の力だね、神通力は僕がすでに奪っておいたし」

    舞園「うふふ、まあどんな力だろうと苗木君に勝つなんてあり得ませんがね」

    霧切「同感ね」

    真宮寺「それはこれを見てからにしてヨ!!!!秘技!!>>293

    安藤「よいちゃん、私よいちゃんにもっと乳首押して貰いたいよ~、パイパイオッパイのリズムでお願い」

    十六夜「仕方ないな、任せろ」
  292. 293 : : 2019/05/13(月) 20:30:52
    アポカリプス
  293. 294 : : 2019/05/13(月) 21:38:05
    流流歌、日向に洗脳されたのか
  294. 295 : : 2019/05/16(木) 22:11:05
    真宮寺「アポカリプス!!人類よ!!世界よ!!全てを無に帰す!!!」

    霧切「!!!!!!」

    舞園「これはヤバイです!!!」

    日向「真宮寺てめえ!!正気か!?」モミモミモミモミモミモミ

    七海「ほら!!柔らかな巨乳が一番でしょ!!」

    真宮寺「これしかないんだヨ、大丈夫後で世界を戻すからサ」

    不二咲「後?それっていつ?」

    真宮寺「君たちの邪念が消えたあとに決まってるヨ!!!!」ハアア!!!

    苗木「邪念とは失礼だよ真宮寺君」

    真宮寺「邪念だヨ!!!溜まった!!これで世界は終わりだヨ!!」

    春川「………ああ、そういう感じか」

    真宮寺「さらばだヨ!!!!」

    ~~

    十神「……うっ」ムクッ

    天海「気づいたっすね」

    春川「遅い」

    十神「なんだここは?説明しろ、真っ白な世界じゃないか」

    春川「真宮寺が世界を消したから私がエロビティを使ってあんたらを連れて別世界に行った、私の能力は目の前の困難を対処すること」

    天海「そして多分、真宮寺君が消した世界はすぐに戻るっす苗木君が何にも手を打ってないわけが無いっすからね、流石に規模が大きいから時間がかかるだけっす」

    十神「なるほど」

    春川「で、あんたの役目は一つ」チラッ

    江ノ島「………」パイパイ

    春川「あいつの身体弄って揉んで吸って、とにかく考えられる限りのエロを尽くしなさい」

    十神「なんだと?」

    天海「後は願うっす、エロビティが手に入りますようにって」

    春川「エロビティの発現条件の基本的な要綱はとにかくエロを尽くすこと、そしてエロビティがあるって、そしてそれを手に入れるって信じきること」

    十神「なるほど、やはり俺の力が必要というわけか」

    天海「まあ、そういっちゃえばそうっすね」

    春川「あんたが運良く苗木に対抗できるようなエロビティを手に入れられなかったら終わりだからよろしく」

    十神「ふっ、この時を待っていたぞ」

    ~~

    真宮寺「ハアハア、とにかく一時的にでも苗木君を退散させられたヨ、後は運に任せるしか」

    姉清「是清や」

    真宮寺「姉さん!!」

    姉清「大変です、>>296です」
  295. 296 : : 2019/05/16(木) 22:14:44
    ちーたんが洗脳されて肥大したキンタマから射精洗脳光線を打ってくる
  296. 297 : : 2019/05/18(土) 10:08:14
    あーもうめちゃくちゃだよ
  297. 298 : : 2019/05/19(日) 18:31:12
    姉清「ちーたんが洗脳されて肥大したキンタマから射精洗脳光線を打ってきますよ」

    真宮寺「なんだって!?」

    姉清「あれを見なさい!!!」

    不二咲「チー!!!!」ドッバンドッバン

    姉清「苗木君の仕業です、彼自身ももうすぐやってきます」

    真宮寺「とりあえず、彼を止めよう、キンタマから発射された射精光線で洗脳なんて世界最大最低急の洗脳のされ方だヨ」

    不二咲「チー!!!チー!!!!」ドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバンドッバン

    真宮寺「……そういえばアポカリプスした後は反動でしばらくは動くことも出来ないんだったヨ」ウギャア!

    姉清「是清ー!!!!!」

    ~~

    七海「ほら!!アポカリプスからも日向君を守り、最上級のオッパイをもってそれを喜んで捧げる少女なんて他にいないよ!!!日向君は私にだけアンテナ挿入すれば良いんだよ!!」

    日向「まあ、それはちょっとおいとこうぜ」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    ~~

    苗木「ふう、やっと戻ってこれたね」

    霧切「ありがとうね苗木君」

    舞園「お礼にセックスしましょうよ」

    苗木「あはは、お礼じゃなくてもいっぱいしてるじゃんか」

    朝日奈「ただいま」ヒュン

    苗木「あっ、朝日奈さんも別の時空間から帰ってきたね、じゃあ後は」チラッ

    真宮寺「」

    苗木「真宮寺君、おはよう」

    真宮寺「>>299
  298. 299 : : 2019/05/19(日) 18:41:22
    とりあえず朝日奈さんの母乳飲みながら僕を縛るのやめようかそれとその釣竿でサメ釣りのエサにするのは止めて
  299. 303 : : 2019/05/19(日) 21:04:57
    カオスすぎてワロタ
  300. 304 : : 2019/05/22(水) 22:29:17
    真宮寺「とりあえず朝日奈さんの母乳飲みながら僕を縛らないでほしいナ」

    苗木「だって朝日奈さんの母乳美味しいんだよ、真宮寺君も飲む?」チュパチュパ

    真宮寺「遠慮しとくよ、まだ言いたいこともあるしネ」

    苗木「何?」

    真宮寺「その釣り竿でサメ釣りの餌にするノ止めてヨ」

    苗木「いや、なんかサメ釣りしたい気分になったからさ」

    真宮寺「人生においてサメ釣りなんて単語を聞くなんて思わなかったヨ」

    苗木「でもお姉さんの力のせいか洗脳も出来ないし、いっそ餌にする方が良いかなって」

    真宮寺「君がそんな人でなしだとは思わなかったヨ」

    苗木「安心して、世界中に僕の子供を作った後には世界をそれを除いて元に戻すから、君の死もいつの間にか死んでた桑田君も皆元にもどるよ」

    舞園「え?桑田君死んでたんですか?」レロレロ

    霧切「ん~言われてみればそんなこともあったような…無かったような」レロレロ

    真宮寺「君たちも上下のアンテナを嘗めるのは辞めようか」

    朝日奈「私はオッパイ吸われてるもん」エッヘン

    真宮寺「なんで得意気なのかナ?」

    苗木「おっ、見てサメかな?真宮寺君の下の海で何かが動いてるよ」

    霧切「あれは>>305?」



  301. 305 : : 2019/05/22(水) 22:46:29
    ゴムボートの上でセックス中の日向と九頭龍と七海
  302. 306 : : 2019/05/25(土) 00:09:34
    これは超高校級の葬儀屋が必要ですねぇ!
  303. 307 : : 2019/05/25(土) 20:06:37
    七海「いやぁ!!日向君ったらグチョグチョしすぎぃ!!!」ヒャンッ!

    日向「もっと喘げ七海!!!もっと濡れてくれないと俺と九頭龍のチンコ入んねえぞ!!」

    九頭龍「………」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ

    霧切「なんだ、ゴムボートの上で七海さんと日向君と九頭龍君のセックスしてるだけみたいね」

    苗木「平和だね」

    真宮寺「平和の意味を定義し直す必要がありそうだネ」

    朝日奈「でも、なかなかサメはかからないね」

    舞園「真宮寺君が不味そうに見えるからじゃないですか?」

    霧切「いえ、サメは血の匂いに引き寄せられるからこれを使いましょう」

    苗木「それは?」

    霧切「こんなこともあろうかととっておいた不二咲君の処女開通記念の血よ」

    苗木「流石霧切さん!!」

    霧切「ほら、サメ来なさい」

    真宮寺「マジでやったヨこの人」

    苗木「ん?」

    舞園「どうしたんですか?私のおっぱいにしこりでも?」

    苗木「いや、なんか来るみたい、残念ながらサメじゃないけど」

    天海「そのとおりっすよ……」

    春川「来たくないけど、私のエロビティの時間切れみたいだから元の場所に戻ってきたわよ……」

    朝日奈「なんか2人とも元気ないね」

    天海「アブノーマルパラディンズになんて入るんじゃ無かったっす」

    霧切「ずいぶん懐かしい話をするわね」

    春川「しょせんはかませよ……」

    朝日奈「ああ、あのかませも来てるんだ」

    十神「はっはっは!!俺にもついにエロビティが!!」

    舞園「へえ、凄いですね、因みにどんな?」

    十神「>>308だ」
  304. 308 : : 2019/05/25(土) 20:36:13
    隕石を落とす(ただし九分九厘失敗し苗木と日向と最原に取って良い結果になる)

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
nnnon

リフレ

@nnnon

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場