ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

犯行前夜

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2021/07/26(月) 04:07:58
    駄文注意

    妄想注意

    解釈違い注意

    n番煎じ注意

    思いつき気分転換です

    ゆっくり更新します

    おk?
  2. 2 : : 2021/07/26(月) 04:11:13
    三回目の学級裁判が終わった。


    わんわんと泣き叫ぶ声が、裁判場に響き渡る。


    自分に吐く嘘は、いずれ身を滅ぼす。今まで死んでいった者達も、これから死んでいく者達も


    嘘を積み重ねた結果、溜まりに溜まった何かが自分を破滅に導く。だから、オレは彼女がそうならないよう諭したんだ。


    「オレさ、実は夢野ちゃんのこと結構気に入ってるんだ。勿論、嘘だけどね?」


    人は誰しもが嘘吐きである。自分の為に吐く嘘もあれば、他人の為に吐く嘘もある。


    悪意からくる嘘もあれば勿論善意からくる嘘もある。


    なら、本当に嘘とは悪なのか、真実とは善なのか、全部が全部そうとは言い切れないはずだ。


    もし、全ての嘘吐きが悪というのなら、淘汰され、許されざる存在であるのならば


    それでは彼女の頑張りは全て無駄であった事になる。それはおかしい


    「…あの時、つまらなくなかったと言ったけど」


    自分のベッドに横たわり、天井を見据えながらひっそりと呟く。


    「あぁ、でもやっぱりあの最期だけはつまらなかったよ。とても、笑えるような代物じゃなかった」


    もう既に七人が居なくなった。このコロシアイは最後の二人になるまで続くらしいからあと三、四回の学級裁判で終わるだろう。勿論、そこまで待ってやる義理はないんだけど


    「次の仕込みも済んだ事だし、今度は入間ちゃんにお願いしなくちゃね。」


    これはオレが事件を起こすまでの物語。


    最低で最悪な、最高につまらない物語。


    王馬小吉という独りの男の、犯行前夜の物語である。
  3. 3 : : 2021/08/05(木) 22:33:47
    わお
  4. 4 : : 2021/08/27(金) 09:46:37
    オレのお願いに対し、入間ちゃんは渋々了承した。


    『協力してもどうせ裏切られるだけ』


    そう言って彼女はオレの提案を拒否した。


    もしかすると、もう少し早く言っていれば彼女も協力してくれたかも知れない。それこそ、赤松ちゃんが事件を起こすより前にこれらの作成をお願いしていたら…


    「…いや、それならそれで首謀者が邪魔して来るだろうね」


    それはそうと、さっきの入間ちゃんの様子は少し変だった。何か企んでるような、こちらの様子を伺ってるような…


    「次に事件が起こるとすれば、クロになるのは入間ちゃん…か」


    ふと、オレは先日のことを思い出した。


    三回目の学級裁判が終わった次の日、モノクマ達から渡されたカードキーを持って真っ先に向かった場所は図書室だった。


    何故なら、これを使えば首謀者に繋がる手掛かりが見つかるかも知れないと思ったからだ。それに、赤松ちゃんの…


    実を言うと、オレは最初の事件についてずっと疑いの目を向けていた。


    まず、あんな仕掛けが通用するとは思えないしのが一つ。それにあの時天海ちゃんが持っていたモノパッドのような物が現場には落ちていなかった。


    なら誰がそれを持ち去ったのか、それは首謀者以外には考えられない。じゃあ何故持ち去る必要があったか、そこに重要なヒントが隠されているからだ。では何故、そんな物を一個人に渡していたか…恐らく、それは彼が…


    まぁ、とにかく行けば分かると思ってた。しかしそのカードキーは図書室の隠し扉では使えなかったのだ。


    そして、オレは学園中を探し回りようやくそのカードキーが使える場所を見つけた。そして、外の世界の…を知った。


    さて、ここで問題だ。仮にもし、みんながこの事実を知ればどうなる?クロになった入間ちゃんが、裁判を生き残った末にようやく解放されると思った瞬間、コレを見ればどうなる?


    答えはそう、絶望だ。彼女の事だ、その場で自殺してしまうかも知れない。自棄を起こして飛び出してしまうかも知れない。心が壊れてしまうかも知れない。ゆえに彼女を勝たせる訳にはいかない、残念だけど入間ちゃんがクロになった暁にはちゃんとおしおきを受けてもらう。


    じゃあその後の事は?いずれ、最原ちゃん達も外の真実を知るだろう。知って、絶望するだろう。それだと首謀者の思う壺だ。外の世界を知って確信した。このコロシアイを観てる奴はいる。オレ達を見せ物にして、絶望する様を愉しんでる奴がいる。でなければこんなあからさまに外の世界の真実をチラつかせる訳がない。


    きっと、最後の二人になるまでコロシアイは続く。何故二人なのか、最初は裁判が成り立たなくなるからだと思っていたけどそうじゃない。次のコロシアイに参加させられるんだ。 


    恐らく天海ちゃんがそうだったんだろう。残ったもう一人を人質に取られたか、それとも別の形で参加しているのかは分からない。でも…


    「そうなる前に、ゲーム盤をひっくり返してやらないといけないね」
  5. 5 : : 2021/09/10(金) 11:49:02
    調べてみると、どうやら入間ちゃんはオレを殺そうとしているらしい。成る程、確かにみんなから嫌われてるオレを殺すのに罪悪感はないだろうし、妥当な判断だと思う。


    「どうせ裏切られるなら、裏切られる前にじぶんから裏切る…か。でも、それってどういう意味かわかる?」


    外の世界が真の意味で平和だったなら、別に殺されてやっても良かったかもしれない。オレが本当に独りぼっちで、仲間なんてものが存在しなかったなら、殺されても良かった。でも…


    「あいにく素直に殺されてやる義理はない、外の世界の真実ってやつは残酷だ。彼女一人を外に出すわけにはいかないんだ」


    とは言ったものの、仮にオレが入間ちゃんの計画を暴露したところでいつもの嘘と判断されるだけだ。だったら…


    「こんな事思い付くなんて、つくづくオレって奴は救えないなぁ」


    あいつらも幻滅するに違いない。仮にもし、オレが生き残る事があっても許してはくれないだろう。でも、このコロシアイを仕組んだ首謀者に一泡吹かせるには


    これを見てる奴らに、このコロシアイはつまらないと思わせるには、こうするしかない。


    この、コロシアイを終わらせるためなら、オレは悪魔にでもなろう。


    「ごめんなゴン太…お前の事利用させて貰うよ」
  6. 6 : : 2021/09/10(金) 12:55:30
    完結してない作品が沢山あるけど、色んな作品同時進行でやると混乱しない?大丈夫なのか?

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mzb3zabdgy

さとりいぬ@チームダンガンロンパ宣伝部長

@mzb3zabdgy

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場