ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

アルミン「エレンが・・・ちっちゃくなった?」 エレン「きゃはは!」ニコニコッ エレン元々女です

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/02/22(木) 10:51:13
    この作品は、女でちっちゃくなっちゃったエレンをアルミンが振り回されながら守っていく作品です。アルエレ注意

    以上が嫌!見たくない!って方はプラウザバックを推奨致します。それでは、どうぞ
  2. 2 : : 2018/02/22(木) 16:07:35
    新作ですか
    期待です!
  3. 3 : : 2018/02/22(木) 20:22:59
    期待でふ!!
  4. 4 : : 2018/02/22(木) 23:05:11
    >>2
    期待ども!

    >>3

    期待どもでふ!





    補足、この作品は思い付きの1作完結ストーリーシリーズの2作目ですです
  5. 5 : : 2018/02/22(木) 23:20:51
    しょうがねーなー(笑)

    期待してあげてもいーよーん


    まー、アニキの作品は毎度期待でふおw
  6. 6 : : 2018/02/22(木) 23:47:20
    >>5

    しょーがねーって・・・・・・
    まぁ、期待ありがとう




    明日か明後日くらいに開始しますので悪しからず
  7. 7 : : 2018/02/23(金) 23:09:21
    期待!
  8. 8 : : 2018/02/24(土) 01:27:39
    >>7
    期待ありがとうございます!
  9. 9 : : 2018/02/25(日) 05:04:39
    ある日、僕。アルミンは教官に呼ばれて教官の執務室に向かった



    コンコン ガチャ


    アルミン「アルレルト、来ました」


    エレン「あ、アルミン」(大体6才くらい)


    アルミン「エレン!?」


    キース「ハンジが薬を飲ませた。そして見て分かるとおり6歳児まで小さくなったようだ。アルレルト、貴様はイェーガーと恋仲になったとアッカーマンから聞いている。貴様が面倒を見ろ」


    アルミン「はっ!」


    キース「よしっ。戻って良い」


    アルミン「失礼します!ほら、エレンいくよ」ヒョイ


    アルミンはエレンをだっこして、その場を去った



    その後。

    ー食堂ー



    皆「エレンが小さくなったー!?」


    アルミン「ハンジさんが薬を飲ませたみたいなんだ。それで事情を聞いた僕が色々面倒を見ることになったんだよ」


    ミカサ「エレン、何処?隠れてないで出てきて」


    エレン「ミカサ?顔怖い」


    ミカサ「」


    エレン「あれ?ねぇ、ねぇねぇ。反応無し!息絶えています!!アルレルト少佐!」ツンツン ビシッ!


    アルミン「僕はそんな大層な役じゃないよ」


    エレン「えぇー?いいじゃん。彼女の言うこと聞けないのー?」ジー


    アルミン「あ、えっとそれは」



    エレン「ふんだ!言うこと聞いてくれないならクリスタと遊んで来るもんねーだ!」タッタッタ!


    皆(可愛い・・・)




    スタスタスタスタ


    クリスタ「みんなどうしたの?集まって」



    ユミル「それがよ、ん?」



    エレン「クリちゃーん!!」タッタッタ! ダキッ


    クリスタ「え?ん?だ、誰?」ヨシヨシ


    ユミル「エレンだ。ハンジさんに薬飲まされたんだと。つうかエレン、私のクリスタをクリちゃんなんて名前で呼ぶな!」


    エレン「顔の怖い人の言うことは聞くなってお母さんに言われてるもんねー!」ベー!


    ユミル「このっ」


    クリスタ「ダメだよユミル。エレンでも小さいんだから」ナデナデ


    エレン「ほふにゃ〜ん♪」スリスリ


    アニ「アルミン?」チラ


    アルミン「僕のエレンが、クリスタに・・・」シクシク


    アニ「何いじけてんのさ。みっともないよ、そう思うなら連れ戻せばいいじゃん」


    アルミン「だって」





    アルミン「My Angelと天使クリスタがじゃれてるとこの間に入るなんて無理だよぉ」



    アニ「さて、皆、戻るよ」スタスタ


    アルミン「ちょっとー?!無視!?無視なんですか!?」


    アニ「だって、ねぇ?」


    ミカサ「アルミン。これは私でも許容できない。エレンという彼女がいながらどうしてクリスタに目を向けるの?それで浮気が発覚してエレンがライナーやジャンなどという獣に犯されてもいいの?」


    アルミン「それは」



    エレン「どうしたの?ミカサ、浮気?犯す?」


    ミカサ「エレン、大丈夫。貴方は獣になんか穢されない」ヨシヨシ


    エレン「撫でないでよ・・・///」テレッ


    ミカサ「・・・・・・・・・ジュルリ」



    バッ!


    アルミン「今のは聞いちゃいけない音だったよ!!?」ギュウ


    エレン「アルミン?痛い」


    ミカサ「それは仕方の無いこと。だってエレンが可愛すぎるから。ニョタのショタは最強。ので、私の理論は可愛いは正義!よって私の勝ち!さぁアルミン!エレンを渡して!」



    アルミン「君に渡したらエレンが変なのに目覚めるからダメだよ!」


    エレン「あーもう。うるさいっ!!」



    皆「!!?」



    アルミン・ミカサ「!?」ビクッ!


    エレン「とうして2人は私だけでそんな喧嘩するの!!?いつまでも喧嘩するならアニとエッチするよ!!それでもいいの!?」




    アニ「」ボフッ!!!



    ユミル「アニのやつ、ショートしやがった」


    クリスタ「一瞬で想像したんだろうね」(^_^;




    エレン「アルミンもアルミンで変な意地張るな!!」


    アルミン「」


    ミカサ「ぷっ」


    エレン「茶々を入れない!正座!!!!」ビシッ!



    アルミン・ミカサ「はい!!」サッ!




    クリスタ「6才に説教される15才・・・」


    ユミル「くっ、ぷっくくく」プルプル




    その後もエレンの説教は続き、そして長い事2時間2人は説教された。そして、事が終わりを迎えると思われたその瞬間



    ボンッ!!




    エレン「けほっけほっ、何?」


    アルミン「エレン!!戻ったんだね!」


    エレン「ねぇねぇ、アルミン。ちょっと倉庫裏に来てよ、私がいるのにクリスタの事見つめてたんだってね?この意味、分かるよね?座学成績1番さん」ニコニコッ スタスタ




    アルミン「」





    嘘だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!
  10. 10 : : 2018/02/25(日) 05:08:53
    その後、アルミンはエレンに絶対的存在として叩き込まれた。身体で。イってもイっても搾り取り続けられ、空っぽになるまでセ○○スしていたらしい

    そして、アルミンさんの感想は


    アルミン「え?えっと、膣内が物凄く僕のとフィットしてて超気持ち良かったよ。もう僕にはエレンしかいないって実感させられたよ」ニヘラー


    だそうです。そして、エレンはエレンで何故かクリスタの擬似の姉になったらしい


    なぜ?わかんない


    そんなこんなあって、みんな後日より普通に(普通じゃない)訓練生活を送ったとさ
  11. 11 : : 2018/03/03(土) 15:44:56
    お久しぶりです!!ルシファー何度も殴られた人っす!!

    最近、忙しいばかりっす
                                  
  12. 12 : : 2018/03/05(月) 17:14:47
    お久しぶりですー!

    こっちはWi-Fi止まってたから何も出来なかった
  13. 13 : : 2018/03/05(月) 23:13:35
    師匠!

    ついに、更新ですか!?




    いよっしゃーらーい!


    Wkwk ktkr



    期待だよ?期待だよ!
  14. 14 : : 2018/03/05(月) 23:22:34
    >>13

    更新?何を言うか。このシリーズは思い付きの1作完結シリーズなのだよ?だからこの続きはないのだよ
  15. 15 : : 2018/03/05(月) 23:22:48
    でも、期待ありがとう

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
utiha_sasuke

セシル

@utiha_sasuke

この作品はシリーズ作品です

思い付きの1作完結シリーズ シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場