ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

この作品は執筆を終了しています。

エレン「BS法?」

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/11/07(土) 18:06:10
    最近バトルロワイアルを見ました。

    藤原さん格好いいですねぇ

    バトロワを見たらssを書きたくなったので書いてみます。

    バトロワに似たような話にするつもりです。

    一応グロ含むで。(前田亜季さん可愛いですねw)
  2. 2 : : 2015/11/07(土) 18:17:55
    これは俺のお爺さん、エレン爺ちゃんから聞いた話。


    昔はクソな世の中で、それはそれは残忍な事件が多かったらしい


    犯人は若者が多く、日本中のオトナ達が悩んだ。


    そこで編み出された方法が『BS法』。


    えっと・・・バトル・サバイバルって言ったかな?


    その法はとんでもなくイカれたもので、爺ちゃん達もそれに巻き込まれたらしいんだ。


    16歳になる高校一年生が、南の無人島、『刹那島』とか言うところに連れて行かれるらしいんだ。




    いろんな地方の中から一つの学校、一つのクラスだけ。


    幸いな事に、爺ちゃんの頃は4つの地方しか無かった。


    30人のクラスで殺し合い、生き残りを1人にする。



    今度その1人は、知らない29人と殺し合いをする。


    勿論一人になるまで。



    トーナメントみたいなもんかな?


    それで優勝者が一人決まる。その優勝者は大金と巨大な権利を手に入れることが出来る。



    はぁ。マジで狂ってるよな?



    え?じゃあ何故爺ちゃんが生きてるかって?









    優勝者だからだよ。







    ・・・じゃあ今から50年以上前の話をするぜ
  3. 3 : : 2015/11/07(土) 18:28:39



    50年以上前:エレン16歳

    10月25日 PM 16:36


    エレン「あーあ・・・高一の修学旅行もう終わりかぁ・・・」


    アルミン「早いよね・・・本当に4泊したのかな?」


    キース「よーっしお前等!荷物をバスに詰め込め!!帰るぞ!!」


    ライナー「はぁ・・・」


    アルミン「まぁまぁ 来年もあるんだしいいだろ?」


    ライナー「畜生・・・クリスタに告白できんかった・・・」


    エレン「えっ!?お前してねぇーの?昨日張り切ってたくせにww」


    ライナー「うっせぇぞエレン」


    キース「ふざけてないで早く行け!!置いてかれるぞ!!」



    エレライアル「はーい」










    エレン「・・・」ウトウト


    アルミン「エレン!!エレン!!」


    エレン「!・・・なんだアルミン」


    アルミン「なんかおかしいよ・・・」


    エレン「なんかしたか?」


    アルミン「・・・皆が寝てるよ・・・」


    エレン「そりゃ皆疲れてるもんな。俺も眠いし ハァ~」


    アルミン「それだけじゃない。僕らはバスに乗っているはずなんだ。」


    アルミン「それなのに・・・」ガラッ


    エレン「!!」




    ザァァァ~...



    エレン「・・・海?」


    アルミン「僕らはどうやら船に乗っているようなんだ・・・」


    エレン「ちょっ・・・おかしくねぇーか?」


    アルミン「だからさっきから言ってるって・・・」



    クリスタ「...!」


    クリスタ「エレン?アルミン?」


    エレン「おぉクリスタ・・・悪い起こして」


    クリスタ「いやいいけど・・・アレ?・・・潮の香りがする・・・」

    アルミン「それが僕らは船に乗ってるらしいんだ・・・」


    クリスタ「えっ!!?」


    クリスタ「な、なんで・・・?」


    エレン「どうなってんだ・・・」
  4. 4 : : 2015/11/07(土) 18:33:18
    ガララララッ!!


    エレアルクリ「!!」


    ???「おい。このマシンガンそっちに持ってって」


    ???「りょーかい。あんま大きい声で喋るなよ?」


    ???「スマンスマン・・・極秘任務だったな」


    ???「そーだぞ。・・・・・・にしてもこのクラスの生徒はかわいそうだよな」


    ???「BSに巻き込まれるなんてよぉ・・・」


    ???「ホントだよな。 アッハッハハハ」


    エレン「BS?なんだそれ」


    アルミン「どっかで聞いたことある・・・」


    クリスタ「!!」


    キース「・・・なぜ目を覚ましている・・・」


    キース「睡眠薬が足りなかったのか・・・」


    エレン「先生!ここはdキース「ふんっ!!」プシュゥゥゥゥ


    アルミン「(催眠ガス!?)」


    クリスタ「キャァァx・・・















  5. 5 : : 2015/11/07(土) 18:49:28


    エレン「・・・」


    エレン「!!」


    エレン「何処だここ・・・」


    エレン「!!」


    エレン「腰に何か付いてる・・・なんだこれ」カチャカチャ


    アルミン「うぅん・・・・・・・・・なんだここ」


    ライナー「何なんだよ・・・」カチャカチャ



    ザワザワザワザワ・・・



    ガラララララ!!


    キース「」スタスタ


    エレン「・・・」ギロッ


    キース「・・・」フンッ


    キース「全員目を覚ましたか・・・」


    クリスタ「ここは何処ですか?」


    キース「ここは無人島、刹那島だ」


    アルミン「刹那島!?じゃあやっぱり・・・」


    キース「勘が鋭いなアルミン。」


    アルミン「どうして僕らが・・・」


    キース「知っているヤツが居たが、この島では、仲間の最期を見ることとなるだろう」


    エレン「最期・・・?」


    キース「そうだ。隣に居る奴の死を見ることとなる。」


    キース「簡潔に言えば、君たちには殺し合いをしてもらいます」


    エレン「ハァァァ!?」


    キース「まぁ落ち着きなさい。」


    キース「誠に光栄な事に、君たちは政府からBS法の適合者として選ばれた。とてもすばらしい。」パチパチパチ


    ベルトルト「BS法? って何ですか?」


    キース「」カッカッカッ (黒板に書く)


    キース「」パチン


    キース「BS法とは、バトル・サバイバルの略です。」


    エレン「バトル・サバイバル?」


    キース「最近の君たちの年齢の起こす事件が多すぎる。」


    キース「そこで政府がそれを止める為に作った法律。」


    キース「それがBS法である。」


    キース「君たちには、最後の一人が残るまで殺し合って貰います」


    キース「武器は我々がランダムに支給する」


    キース「ありがたく受け取るように」


    キース「武器にはナイフ、斧、銃など様々なものがある。」


    キース「とはいえ我々も中身は知らない。生き残れるかどうかはこの武器で決まる。」


    エレン「先生、腰に付いてるベルトみたいなのなんですか?」


    キース「それは禁止区域に入ったり、島から逃げようとすると反応し、上半身を吹っ飛ばす。」


    キース「出来ればこれで死ぬ者が居なければ良いのだが・・・」


    キース「それと、君たちにはバッグを支給する。先ほど言った武器の他に、食料、水分、地図、コンパスが入っている」


    キース「稀に武器が2つ入っていることがある。それは大当たりだ。とても運が良い」


    キース「また、正午、18時に放送を入れる。禁止区域と死亡者の名前を読み上げる。地図に書き込んでおくように」


    キース「それでは出席番号順に名前を読む。」
  6. 6 : : 2015/11/08(日) 02:21:06
    期待だ...
  7. 7 : : 2015/11/08(日) 09:20:58
    >>6
    駄作になりそうですがありがとうございますw
  8. 8 : : 2015/11/08(日) 09:27:57
    マリア地方 ウォール高等学校1年F組

    男子15名 女子15名 計30名

    男子1番:アルミン・アルレルト
    男子2番:イアン・スク
    男子3番:エルド
    男子4番:エレン・イェーガー
    男子5番:オルオ
    男子6番:カシウス・ジョン
    男子7番:グンタ
    男子8番:コニー・スプリンガー
    男子9番:ジャン・キルシュタイン
    男子10番:ゼロ・ダイ
    男子11番:ベルトルト・フーバー
    男子11番:マルコ
    男子12番:ミケ
    男子13番:ヤクト・ドーガ
    男子14番:ライナー・ブラウン
    男子15番:リヴァイ  (優勝候補)
  9. 9 : : 2015/11/08(日) 09:29:03
    >>8の訂正

    マリア地方 ウォール高等学校1年F組

    男子15名 女子15名 計30名

    男子1番:アルミン・アルレルト
    男子2番:イアン・スク
    男子3番:エルド
    男子4番:エレン・イェーガー
    男子5番:オルオ
    男子6番:カシウス・ジョン
    男子7番:グンタ
    男子8番:コニー・スプリンガー
    男子9番:ジャン・キルシュタイン
    男子10番:ゼロ・ダイ
    男子11番:ベルトルト・フーバー
    男子12番:マルコ
    男子13番:ミケ
    男子14番:ライナー・ブラウン
    男子15番:リヴァイ  (優勝候補)
  10. 10 : : 2015/11/08(日) 09:44:05
    女子1番:アニ・レオンハート
    女子2番:イツミ・シー
    女子2番:オミ・レン
    女子3番:クリスタ・レンズ
    女子4番:サシャ・ブラウス
    女子5番:スミス
    女子6番:チヨ・コン
    女子7番:ナナバ
    女子8番:ノンノ
    女子9番:ハンジ・ゾエ
    女子10番:ヒストリア・レイス(クリスタとは別人)
    女子11番:ペトラ・ラル
    女子12番:ミカサ・アッカーマン
    女子13番:ミーナ・カロライナ
    女子14番:モッド・ピクシス(ドット・ピクシスの娘)
    男子15番:ユミル
  11. 11 : : 2015/11/08(日) 09:45:55
    知ってるキャラ以外の名前を書くのが大変でした

    ちなみにアニとミカサがバトロワで言う、相馬光子辺り

    リヴァイは・・・分かるよね?


    出来ればバトロワを知らない人もついて行けるような内容にしたいです
  12. 12 : : 2015/11/08(日) 10:10:54
    刹那島 PM18:00


    エレン「はぁはぁはぁ・・・」ダッタッタッタ


    エレン「(一体何なんだよ!?俺等が殺し合いするなんてあり得ない・・・夢でも見てるってのか!?)」


    ドンッ!!


    エレン「ワッ!!」ドサッ


    クリスタ「誰!?」チャキッ


    エレン「く、クリスタ・・・」


    クリスタ「エレン!!」


    エレン「なぁ・・・俺等どうなるんだよ・・・」


    クリスタ「・・・でも結局は死ぬとも思うの・・・」


    エレン「あぁ・・・確かに一人になるのは無理だ・・・」


    エレン「この島から脱出しないか?」


    クリスタ「脱出?」


    エレン「あぁ。」


    クリスタ「うーん・・・」


    バンッバンッ!!


    エレクリ「!!?」


    カシウス「」ガサガサッ


    エレン「カシウス!」


    カシウス「・・・なぁ・・・どうすれば良い」


    カシウス「本当はお前等のこと殺したくはないんだ・・・」


    カシウス「でもそれじゃ生き残れない!!」バッ


    クリスタ「鎌!?」


    エレン「クリスタこっちだ!!逃げろ!!」ダッ


    クリスタ「うんっ!!」ダッ


    カシウス「待てこの野郎!!」ダッタッタッタ
  13. 13 : : 2015/11/08(日) 10:29:53
    カシウス「畜生!!追いつけれねぇ・・・」


    バンバンッ!!


    カシウス「!!」クルッ


    ゼロ「」バンッ!!


    カシウス「うがっ!!・・・ゼロォ・・・」ドサッ


    ゼロ「フッ・・・やはりこういうのは銃が一番良いんだよな」バンッ!!


    カシウス「がっ!!・・・もう死ぬのかよ・・・俺・・・」


    ゼロ「じゃあな。カシウス」バキュゥンッ


    カシウス「」ドサッ


    ゼロ「ヘッ・・・意外と使えるなこの銃・・・」カチャッ


    ゼロ「何だよ・・・カシウスの武器鎌かよ・・・使えねぇなぁこりゃ」







    タッタッタッタッ・・・



    ライナー「(クソッ・・・クリスタは何処行ったんだ・・・)」


    ライナー「!!」


    エレン「クリスタこっちだ!!」グッ


    クリスタ「エレンッ!!」


    ライナー「」


    エレン「ひとまず人気の無いところに行くぞ」


    クリスタ「うん!」


    ライナー「・・・エレンの野郎・・・」グッ



    刹那島 北東部 海岸沿い


    リヴァイ「」スタスタスタ


    ジャン「おい・・・見ろよ・・・不良のリヴァイだぜ」ボソッ


    コニー「あんなの相手に戦えねぇよ・・・」ボソッ


    リヴァイ「!」チラッ


    ジャン「マズイ!!伏せろ!!」サッ


    コニー「」サッ


    リヴァイ「」バララララララララララララララッ


    ジャン「マシンガンだっ・・・」チラッ


    コニー「でも俺等の後ろを撃ってるぞ?」


     キャァッ!!>


    ジャン「今の声・・・ミカサか!?」バッ


    コニー「ジャン!!行くなッ!!」


    リヴァイ「・・・雑魚か」ギロッ


    コニー「ジャン!!伏せろ!!」


    ジャン「ウォォォォォォォォォ!!」





  14. 14 : : 2015/11/08(日) 11:13:47
    刹那島 10月26日 天気:晴れ

    BS開始 1日目 AM6:00


    エレン「・・・朝か・・・」


    クリスタ「長かったね・・・」


    エレン「そういやまだ俺鞄の中見てねぇや」ガサガサ


    クリスタ「何入ってるんだろうねぇ・・・」ガバッ


    エレン「何だこれ・・・日本刀・・・?」


    クリスタ「か、刀!?」


    エレン「」シャキッ


    エレン「スゲェ・・・」


    クリスタ「あぁちなみに私は・・・コルト・・・ガバメント・・・?っていう銃だったわよ」


    エレン「へぇ・・・まぁ刀でも十分戦えるよな」


    クリスタ「そうねぇ・・・」


    ♪パッヘルベル カノン (サビの部分)


    エレン「ん・・・?音楽・・・?」


    クリスタ「放送・・・?」


    エレン「でも放送って正午と18時じゃなかったっけ?」


    キース「あー諸君等に朗報だ」


    キース「優勝者に一歩近づけたぞ諸君」


    エレクリ「え・・・?」


    キース「見事ゼロ・ダイ君がカシウス・ジョン君を銃殺した」


    エレン「カシウス・・・!?」


    クリスタ「昨日のあの後に・・・?」


    エレン「クソォッ!!」ダンッ


    クリスタ「エレン・・・」


    キース「それとこれからは午前の6時にも放送を出す」


    キース「聞きそびれるなよ!!それと禁止区域を出す」


    キース「10時に Gー5  14時にK-6 18時にL-2 最初は3つだけだ」


    キース「それと昨日で一人しか死んでいないぞ!!」


    キース「もっとペースを上げろ!! 以上だ」プツン


    エレン「・・・」


    クリスタ「狂ってる・・・」



    刹那島 北東部 海岸付近


    コニー「ジャアアアアアアアアン!!」


    コニー「クッソ何処行ったんだあん野郎・・・」ザッザッザッ


    サシャ「コニー!!」


    コニー「サシャ!!大丈夫か!?」


    サシャ「えぇ・・・とりあえず」


    コニー「なぁジャンを見なかったか?」


    サシャ「いや見てないよ・・・?」


    コニー「クッソ何処行ったんだあの野郎」ガンッ


    サシャ「ん?・・・・・・あれジャンじゃない?」ユビサシ


    コニー「おっ!!ジャン!!」ダッ


    ジャン「おぉコニー・・・サシャ・・・」フラフラ


    サシャ「・・・?」


    サシャ「コニー!!ジャンの背中!!」


    コニー「えっ・・・?」チラッ


    ジャン「クッソ・・・痛ぇ・・・」フラフラ


    コニー「背中に釘・・・誰にやられた!?」


    ジャン「ミカサだ・・・気をつけろ・・・アイツは化け物dミカサ「へー私を化け物扱いするんだ」


    コニサシャジャン「!!」


    ミカサ「ジャン・・・見損なったよ」


    ジャン「うっせぇ!!人が心配してあげたのに・・・」


    ミカサ「ジャン・・・次は息の根を止めてあげる」ジャキッ


    サシャ「ネイルガン!?」


    ジャン「もう容赦しねぇ」カチャッ


    ミカサ「FN P90・・・サブマシンガンかしら」


    ジャン「火力はこっちの方がたkミカサ「」ダンッ


    ジャン「」ドスッ


    ジャン「うっ・・・この野郎!!」ダダダダダダダダダダ


    ミカサ「」サッサッ


    ジャン「何・・・!?乱射を避けるなんて不可能なhミカサ「フッ」ドゴォ


    ジャン「ガハッ・・・」


    ミカサ「ハッ」ゲシッ


    ジャン「クッソ・・・この野郎!!」チャキッ


    ミカサ「」ダァンッ


    ジャン「・・・あ」ドスッ



    彼女の放った釘は、ジャンの胸元を貫いた。



    ジャン「」スパァッ


    白い浜辺に赤い花のような血が噴き出した


    コニー「ジャアアンッ!!」


    ミカサ「近づくなッ!!」チャキッ


    サシャ「うっ・・・」



    おーい!!コニィィー!!



    ミカサ「・・・誰?」チラッ


    ミカサ「!!」


    コニー「エレン!!」


    ミカサ「・・・エレンの隣に居るのは・・・クリスタ・・・?」


    エレン「ミカサ!?」


    ミカサ「エレン・・・その横に居るのは誰?」


    エレン「誰って・・・クリスタだよ・・・」


    ミカサ「チッ・・・この女狐!!」カチャッ


    クリスタ「撃つなら撃つよ!!」チャキッ


    ミカサ「えぇい!!」ダァンッ


    クリスタ「ッ!!」バババババババババッ!!


    ミカサ「このぉッ!!」 トゥキュォンッ トゥキュォンッ


    エレン「クリスタ!!コニー!!サシャ!!こっちだッ!!」ダッ


    ミカサ「待てこの悪女ッ!!」ダッ


    コニー「これでも喰らえッ!!」カポッ シュッ


    ミカサ「(手榴弾!?)」ザッ



    ズドォォォォォォォォンッ!!





  15. 15 : : 2015/11/08(日) 11:16:40
    マリア地方 ウォール高等学校1年F組

    男子15名 女子15名 計30名

    男子1番:アルミン・アルレルト
    男子2番:イアン・スク
    男子3番:エルド
    男子4番:エレン・イェーガー
    男子5番:オルオ
    男子6番:カシウス・ジョン 死亡:銃殺
    男子7番:グンタ
    男子8番:コニー・スプリンガー
    男子9番:ジャン・キルシュタイン 死亡:銃殺
    男子10番:ゼロ・ダイ
    男子11番:ベルトルト・フーバー
    男子12番:マルコ
    男子13番:ミケ
    男子14番:ライナー・ブラウン
    男子15番:リヴァイ  (優勝候補


    女子1番:アニ・レオンハート
    女子2番:イツミ・シー
    女子2番:オミ・レン
    女子3番:クリスタ・レンズ
    女子4番:サシャ・ブラウス
    女子5番:スミス
    女子6番:チヨ・コン
    女子7番:ナナバ
    女子8番:ノンノ
    女子9番:ハンジ・ゾエ
    女子10番:ヒストリア・レイス(クリスタとは別人)
    女子11番:ペトラ・ラル
    女子12番:ミカサ・アッカーマン
    女子13番:ミーナ・カロライナ
    女子14番:モッド・ピクシス
    男子15番:ユミル


    男子6番:カシウス・ジョン 死亡
    男子9番:ジャン・キルシュタイン 死亡

    残り28名
  16. 16 : : 2015/11/08(日) 13:24:08
    エレン「はぁはぁ・・・」


    クリスタ「ジャングルに小屋があって助かったね・・・」ハァ


    コニー「ミカサが来てないか確認してくる」ガチャッ


    サシャ「気をつけてくださいね」


    コニー「あぁ」


    バタンッ


    エレン「ジャンまで殺られたのか・・・」


    クリスタ「ん・・・?何か聞こえない?」


    サシャ「え?」


    エレン「・・・・・・・・・聞こえるか?」


    クリスタ「コニーの声と・・・」


    クリスタ「ライナー?」





    ライナー「なぁコニー?エレンとクリスタは知らないか?」


    コニー「エレンとクリスタは俺たちと一緒に行動してるぜ?」


    ライナー「・・・」チラッ


    ライナー「その小屋か?」


    コニー「まぁな。あとサシャもいるぜ?」


    ライナー「ok。分かったありがとう」チャキッ


    コニー「!!」



    バァァンンッ!!



    エレン「銃声!?」ガタッ


    サシャ「まさか・・・」



    パリィンッ!!


    銃声のあった次の瞬間窓が一斉に割れた。



    ライナーがマシンガンで強襲したのだ。



    エレン「伏せろ!!」


    ダダダダダダダッパリィンダダダダダダッ


    ライナー「エレェン!!俺の女返せぇッ!!」


    エレン「落ち着けライナーァ!!」
  17. 17 : : 2015/11/08(日) 13:55:05
    クリスタ「止めてよライナー!!嫌いになるよ!?」


    ライナー「嫌いも何も元から嫌いだっただろうがァ」ババババババ


    サシャ「もう・・・私が止めます」ジャキン


    エレン「日本刀!?」


    サシャ「私もエレンと同じ日本刀です・・・」


    サシャ「では行ってきます!!」ダッ


    ライナー「エレェンッ・・・お前のこと一生恨んでやるよ!!」チャキッ


    サシャ「うぉぉぉぉぉぉ!!」


    ライナー「!?サシxyサシャ「オラァッ!!」ザクッ


    ライナー「・・・うがぁっ!!」


    サシャ「よくもコニーを!!」ザシュッザシュッ


    ライナー「クッ・・・死ねぇ!!」ダダダダダダダダッ


    サシャ「」ダキューン


    ライナー「はぁはぁ・・・女の癖に調子のるなよ・・・」


    サシャ「・・・この・・・人殺しィ!!」グサッ


    ライナー「ぐっ・・・」


    サシャ「ハァハァ・・・エレン君・・・」


    エレン「サシャ!!」


    サシャ「それとクリスタちゃん・・・」


    クリスタ「・・・」


    サシャ「頑張って生きてね・・・」ドサッ


    ライナー「はぁ・・・はぁ・・・」


    ライナー「もう・・・エレンは・・・駄目なヤツだな・・・」


    ライナー「俺にここまdダァンッ!!


    エレン「うわっ!!」


    クリスタ「キャッ!!」



    ライナーの頭は血を吹きながら吹っ飛んだ




    ライナー「」ドサッ




    アニ「・・・対象の死亡を確認・・・」


    アニ「フッフッフ・・・ここは絶好のスナイパーポイントね・・・」
  18. 18 : : 2015/11/08(日) 14:05:46
    刹那島 南西 森の中


    ゼロ「ヘッヘッヘ・・・この調子でドンドン殺ってくぜ☆」


    エルド「ほう・・・良い度胸だ」ダァンッ!!


    ゼロ「うがぁっ!!」ドサッ


    エルド「フンッ・・・調子に乗ると危ないぞ」ガシッ


    ユミル「お前もだな」シャキンッ


    エルド「ッ!?」クルッ


    ユミル「おらぁぁぁ!!」ダッ


    エルド「」パシッ


    ユミル「!?」


    エルド「包丁の持ち方が駄目だったな」チャキッ


    ユミル「クッ・・・」


    オミ「ユミル~!!」ダッ


    エルド「2対1・・・厄介だな」バシッ ドガッ


    ユミル「かはっ・・・」


    オミ「ユミル!!・・・・・・エルド・・・?」


    エルド「はぁ・・・どうしてみんなここで死にたがるんだろうな」


    オミ「止めてエルド!!じゃないと頭たたき割るよ!!」サッ


    エルド「ハンマーに包丁ねぇ~・・・いらねぇな」チャキッ


    ユミル「ウォォォォ!!」ダッ


    ユミル「アッ・・・」ダァンッ


    エルド「!?」クルッ


    エルド「誰だッ!?」


    リヴァイ「」バンッバンッ!!


    エルド「がっ」ドサッ


    オミ「アンッ・・・」ドサッ


    リヴァイ「・・・まともに殺り合えるのは居ないのか・・・」
  19. 19 : : 2015/11/08(日) 16:31:22
    マリア地方 ウォール高等学校1年F組

    男子15名 女子15名 計30名

    男子1番:アルミン・アルレルト
    男子2番:イアン・スク
    男子3番:エルド  死亡:銃殺
    男子4番:エレン・イェーガー
    男子5番:オルオ
    男子6番:カシウス・ジョン 死亡:銃殺
    男子7番:グンタ
    男子8番:コニー・スプリンガー 死亡:銃殺
    男子9番:ジャン・キルシュタイン 死亡:銃殺
    男子10番:ゼロ・ダイ  死亡:銃殺
    男子11番:ベルトルト・フーバー
    男子12番:マルコ
    男子13番:ミケ
    男子14番:ライナー・ブラウン 死亡:銃殺
    男子15番:リヴァイ  


    女子1番:アニ・レオンハート
    女子2番:イツミ・シー
    女子3番:オミ・レン 死亡:銃殺
    女子4番:クリスタ・レンズ
    女子5番:サシャ・ブラウス
    女子6番:チヨ・コン
    女子7番:ナナバ
    女子8番:ノンノ
    女子9番:ハンジ・ゾエ
    女子10番:ヒストリア・レイス(クリスタとは別人)
    女子11番:ペトラ・ラル
    女子12番:ミカサ・アッカーマン
    女子13番:ミーナ・カロライナ
    女子14番:モッド・ピクシス
    女子15番:ユミル 死亡:銃殺 


    男子3番:エルド
    男子8番:コニー・スプリンガー
    男子10番:ゼロ・ダイ
    男子14番:ライナー・ブラウン

    女子3番:オミ・レン
    女子15番:ユミル

    死亡 残り22名
  20. 20 : : 2015/11/08(日) 16:42:16
    エレン「はぁ・・・なんで皆平気で殺し合えるんだ・・・?」


    クリスタ「分からない・・・」





    刹那島 PM14:38南ジャングル


    リヴァイ「」スタスタスタ


    リヴァイ「・・・俺は悪くない・・・」


    リヴァイ「害虫を消しただけだ・・・」





    おい見ろよ・・・リヴァイのヤツまた暴力沙汰起こしたらしいぜ


    マジかよ・・・近づきたくねぇ


    リヴァイ「・・・」


    先生「おいリヴァイ!!ここは学校だぞ!?何してるんだ!!」


    リヴァイ「」


    先生「はぁ・・・いくら親に連絡しても駄目だな君は・・・」


    先生「人間として疑うよ・・・」


    リヴァイ「・・・」




    俺は・・・誰とも仲良くなれない 一匹狼




    リヴァイ「!!」


    ミケ「・・・リヴァイか」


    リヴァイ「ミケか・・・」




    唯一喋れるのは、不良仲間のミケのみ




    ミケ「はぁ・・・俺殺っちった・・・」


    ミケ「モッドとミーナ」



    女子13番:ミーナ・カロライナ
    女子14番:モッド・ピクシス

    死亡 残り20名


    ミケ「背後からナイフで頭を一刺し・・・」


    ミケ「こりゃ生きて帰っても警察沙汰だな」


    リヴァイ「たかが2人で気を落とすな」


    リヴァイ「俺は3人だぜ?」


    ミケ「違うとは思うが・・・」


    ミケ「その中にエルドは入っていないよな?」


    リヴァイ「」


    ミケ「午前中死体を見た。死因は銃殺っぽいな」


    ミケ「幼なじみの体をボロボロにしたヤツは誰だろうと許さない」


    ミケ「殺したヤツが居たら速攻で殺る・・・仇討ちだ」


    リヴァイ「そうか・・・」


  21. 21 : : 2015/11/08(日) 16:44:24
    >>19訂正

    マリア地方 ウォール高等学校1年F組

    男子15名 女子15名 計30名

    男子1番:アルミン・アルレルト
    男子2番:イアン・スク
    男子3番:エルド  死亡:銃殺
    男子4番:エレン・イェーガー
    男子5番:オルオ
    男子6番:カシウス・ジョン 死亡:銃殺
    男子7番:グンタ
    男子8番:コニー・スプリンガー 死亡:銃殺
    男子9番:ジャン・キルシュタイン 死亡:銃殺
    男子10番:ゼロ・ダイ  死亡:銃殺
    男子11番:ベルトルト・フーバー
    男子12番:マルコ
    男子13番:ミケ
    男子14番:ライナー・ブラウン 死亡:銃殺
    男子15番:リヴァイ  


    女子1番:アニ・レオンハート
    女子2番:イツミ・シー
    女子3番:オミ・レン 死亡:銃殺
    女子4番:クリスタ・レンズ
    女子5番:サシャ・ブラウス
    女子6番:チヨ・コン
    女子7番:ナナバ
    女子8番:ノンノ
    女子9番:ハンジ・ゾエ
    女子10番:ヒストリア・レイス(クリスタとは別人)
    女子11番:ペトラ・ラル
    女子12番:ミカサ・アッカーマン
    女子13番:ミーナ・カロライナ
    女子14番:モッド・ピクシス
    女子15番:ユミル 死亡:銃殺 


    男子3番:エルド
    男子8番:コニー・スプリンガー
    男子10番:ゼロ・ダイ
    男子14番:ライナー・ブラウン

    女子3番:オミ・レン
    女子4番:サシャブラウス
    女子13番:ミーナ・カロライナ
    女子14番:モッド・ピクシス
    女子15番:ユミル

    死亡 残り19名
  22. 22 : : 2015/11/08(日) 16:50:47
    リヴァイ「それはすまなかった」


    ミケ「・・・おい」


    ミケ「まさかお前・・・殺したとか言うなよ・・・?」


    リヴァイ「あぁ俺が殺した」


    ミケ「・・・リヴァイ?」


    リヴァイ「・・・殺さねぇと帰れねぇんだよッ!!」チャキッ


    ミケ「フッ」サッ バッ


    ミケ「リヴァイッ!!」ヒュンッ


    リヴァイ「」サッ


    リヴァイはミケの投げたスタンガンを避け・・・


    リヴァイ「すまない」ダダダダダダダダ


    ミケ「マシンガンが何だって言うんだよッ!!」ヒュンッ 


    ミケ「お前も頭を刺して殺してやるッ!!」バッ


    リヴァイ「ッ!!」サッ


    ミケ「(日本刀!?・・・何故だ・・・それはエレンとサシャの持っていた・・・!!)」


    リヴァイ「・・・さらばだ・・・」ズパァンッ!!


    ビチャビチャッ・・・


    ミケ「」ドサッ


    リヴァイ「・・・」シャキッ


    リヴァイ「すまないミケ・・・」ガシッ



    リヴァイはミケのスタンガンを拾い、その場を後にした
  23. 23 : : 2015/11/08(日) 16:59:22
    エレン「クリスタ。移動しよう」


    クリスタ「うん・・・」


    エレン「ここは北東部だ。南へ移動しよう」


    クリスタ「分かった・・・・・・・・・・・・!!エレン!!」


    エレン「?」クルッ


    ミカサ「まだ生きてたのね・・・女狐ッ!!」


    クリスタ「・・・」ゴクッ


    ミカサ「エレン?こっちへ来なさい」


    ミカサ「その女のそばに居ると汚れるわよ?」


    エレン「・・・」チラッ


    クリスタ「?」


    エレン「おいミカサ!!俺の相手をしろ!!」


    ミカサ「・・・エレン?」


    エレン「俺の左腕を落としたらクリスタを捨てて、お前の所に行く」


    エレン「無理だったら一生俺に付きまとうな」


    ミカサ「良いわよ・・・?   全力で殺ってあげるッ!!」ダッ


    エレン「」ダッ


    ミカサ「!!」


    エレン「墜ちろミカサァッ!!」チャキッ


    ミカサ「マシン・・・ガン・・・」


    エレン「オラアアアアアアアァ!!」ダダダダダダダダダダダ


    ミカサ「ッ...アァッ...グッ...アアアア!!」パキュンパキュンパパゥン


    エレン「・・・はぁはぁ」


    ミカサ「もう・・・エレンったら・・・」


    エレン「・・・」


    ミカサ「 一 生 離 さ な い わ 」


    エレクリ「!!」


    ミカサ「」ドサッ


    エレン「はぁはぁ・・・ミカサを殺ってしまった・・・」


    エレン「すまないジャン・・・」


    クリスタ「・・・仕方ないよ・・・」


    クリスタ「・・・早く南に行こう」
  24. 24 : : 2015/11/09(月) 19:53:10
    エラい懐かしい映画ネタ拾ってきたな、

    もしかしてⅡもかくん?

    期待です
  25. 25 : : 2015/11/13(金) 20:32:46
    >>24
    ありがとうございます

    Ⅱは見たこと無いです・・・


    なんか名簿がおかしくなってきて面倒な事になってますw
  26. 26 : : 2015/11/13(金) 20:33:32
    一旦これ書き直して良いですかね
  27. 27 : : 2015/11/13(金) 20:33:50
    全く同じ題名で一から書き直そうと思います
  28. 28 : : 2015/11/16(月) 17:57:22
    あ、忘れてましたが、書き直したのこちらです↓↓

    エレン「バトル・サバイバル」
    http://www.ssnote.net/archives/40998

    結構コメント少なくて傷ついている自分が居ます(´・ω・`)
    是非見てやってください(執筆中)

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
doraguraito

☆神出鬼没の蒼火竜・ミッキーだお☆

@doraguraito

「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場