ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

女神さまの言うとおり 最終話 「アルテミス」

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/08/11(火) 16:18:28






























    「許さねえ。許さねえぞ!!」



    「・・・・・・・・・・・」



    「俺とエレンの間を引き裂いただけじゃなく」



    「アルミンまで俺から遠ざけやがって!!!」



    「テメエだけは絶対に許さねえ!!」




    「おぉ、こわいこわい」




    「で、どうしろっていうんだい?」




    「ぶっ殺してやる!!」




    「私をぉ?アハハ!笑っちゃうねぇ♪」




    「テメエをぶっ殺して、エレンとアルミンを必ず取り戻す!!」




    「フ~~ン、本気で私を殺る気?」



    「だったらやってみれば~~?」




    「テメエエエエエッッ!!!!」




    「」パチン




    パッ






    「いいよ~~、殺っても」

























    「”次”があればねぇ~~」ニヤァ


  2. 2 : : 2015/08/11(火) 16:22:57

























    エレン「これが本当に最後の試練……になるかな?」


    ジャン「これ以上続くんなら、いっそここらへんで楽になりてえよ」サクサク


    アニ「アンタ、それいつまで食べてる気?」


    ジャン「あと7個残ってるから、それ喰ったら終わりだよ」サクサク


    エレン「なあジャン、俺の分も残してくれよ」


    ジャン「わあってるよ」


    アニ「……ジャン」



    ジャン「ん?」


    アニ「アタシにも、1ついいかな?」


    ジャン「交換だったらいいぞ」


    アニ「じゃあ、アタシのメンチカツあげるから」


    ジャン「OK!わかった」


  3. 3 : : 2015/08/11(火) 16:26:01
    期待です!
  4. 4 : : 2015/08/11(火) 20:27:28
    期待!!アルミンって、今まででてたっけ?どんな繋がりが!?
  5. 5 : : 2015/08/11(火) 20:44:23













    「ようエレン」ポン


    エレン「え?」


    シャビィ「元気かおい」


    エレン「シャビィ……」


    シャビィ「やっぱ来たんだな」


    エレン「お前こそ」


    シャビィ「あぁ早く始まんねえかなぁ」

















    )))ピーンポーンパーンポーン(((




    アナウンス「えーそれでは、お時間となりましたので、神の子のみなさんはスタンバイお願いしま~~す」



    アナウンス「じゃあカレンちゃん、あとはよろね~~~♪」






    カレン「は~~い♡」



    カレン「かしこまり~~~な~~~のだ♪」






    カレン「じゃあみんなぁ!今から扉が出てくるから、焦らずゆっくり入ってきてね~~~♪」













    エレン「扉だと?」


    シャビィ「おほっ♪やっとか。来たぜ来たぜ」ワクワク


    アニ「」ゴクッ


    ジャン「」サクサク





    ザワザワ ザワザワ ザワザワ ザワザワ

  6. 6 : : 2015/08/11(火) 20:49:53



    ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタッ


    ゴトゴトゴトゴトゴトゴトゴトゴトゴトゴトッ











    「な、なんだ?」


    「地面が揺れてるぞ」



    「あ、見ろあれ!!」












    ゴトン プシューーーーーッ


















    カレン「はい、ではこれより開門で~~~~す♪」




    カレン「みなさん、お入りくださ~~~~い♪」











    エレン「・・・・・・・・・・・・・・」


    エレン「……行こう!!」


    アニ「ええ!!」


    ジャン「おっしゃ!!」ゴクン


    シャビィ「キシシシシシシ♪」






    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ

    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ

    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ

    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ……




















    ―――――――――――――――――――
    立方体内部








    エレン「なんだここ?」


    アニ「何もない?」


    ジャン「おまけに暗くてなんも見えねえぞ」


  7. 7 : : 2015/08/11(火) 21:12:59

    ガタン


    ジャン「うおっ?」


    アニ「動いてる……上に?」


    エレン「なんか、でっけえエレベーターに乗ってる気分だな」




    シャビィ「まだかなまだかなま~~だかなっ♪」














    ガコン




    アニ「!?」


    ジャン「止ま……った?」


    エレン「ここが、決定戦の場所?」











    ピカッ










    エレン「ん?」












    ――――――――――――――――――――

     時 期 神 兼 女 神 決 定 戦 


            会 場


           入 場 門





    ※参加者の皆さまはここでゼッケンを着て
     準備をお願いします









    ―――――――――――――――――――――










    エレン「この先に、会場が……!」


    ジャン「ここで支度しろってか」



    エレン「……よし」サッ シャツ



    アニ「」サッ パーカー


    ジャン「」サッ ジャージ



    バッ バッ バッ バッ








    エレン「これでよし」


    アニ「うん」


    ジャン「ふん」


    シャビィ「」



    エレン「お前はいいのか?」



    シャビィ「もう着てるよ。ホレッ」ピラッ



    エレン「あ、そうか」





















    ガタッ






    ギギギーーーーーッ








    ジャン「扉が、開くぞ!!」


    アニ「いよいよだね」



    シャビィ「始まる始まる~~オホホッ♪」









    エレン「……みんな」


    アニ「ん?」






































    エレン「絶対に、生きて帰ろうな」











    アニ「・・・・・・・・・」


    アニ「」ニヤッ




    アニ「ええ!!」


    ジャン「おう!!」






















































    エレン「行くぞ!!」
  8. 8 : : 2015/08/12(水) 00:17:09
    期待
  9. 9 : : 2015/08/12(水) 09:28:51
    期待です!
  10. 10 : : 2015/08/12(水) 10:05:43
    期待
  11. 11 : : 2015/08/12(水) 14:09:04
    期待!!最初にしゃべっていた女の人って、ハンジ?
  12. 12 : : 2015/08/13(木) 10:28:45









    スタスタスタスタスタスタ

    スタスタスタスタスタスタ
















    ―――――――――――――
    決定戦 会場







    エレン「ここが、会場?」


    アニ「なんかどう見ても……」


    ジャン「競技場……みてえだな」


    エレン「いったい、ここでどんな大会が……?」


















    カレン「は~~みなさ~~~ん♡」



    カレン「それではこれよりぃ」


    カレン「”決定戦”改め……」





























    カレン「”運動会”を開催しま~~~~すっ♪」





























    エレン「は……?」


    アニ「うん……」


    ジャン「…どうかい?」



    シャビィ「ほぉ」








    ジャン「なんで?なんで運動会?」


  13. 13 : : 2015/08/13(木) 10:41:23















    カレン「みなさんは運よく生き残ったのでぇ」


    カレン「その運をくっつけてぇ」


    カレン「運動会にしたので~~~~す♡」
























    ジャン「・・・・・・・・・・・・・・・・・」


    ジャン「ダメだ。追いつけない」タメイキ


    アニ「別にどうでもいいわよそんなこと」


    エレン「とにかく生き残る。それだけを考えよう」






















    カレン「それではぁ、実行委員の入場で~~す♡」










    ♪マーチソング



    ♪タンタンタン タンタンタン タンタンタン

    タラッタッタッタッタッタッ
















    ザッザッザッザッザッザッザッザッザッ

    ザッザッザッザッザッザッザッザッザッ

    ザッザッザッザッザッザッザッザッザッ












    「おい、なんか来たぞ」


    「なんだあれ?」




































    エレン「あれは……」


    アニ「クルミ割り……」


    ジャン「人形……?」

  14. 14 : : 2015/08/13(木) 11:05:52


    エレン「あれは、ジェロさんの取説にのってた…!」


    アニ「今回の神の使いってわけか」


    ジャン「何が神の使いだよ。ただの人殺しの道具じゃねえか」
















    カレン「それではみなさん、実行委員が持っている札に分かれてくださ~~~い♪」





    人形A―[A組]

    人形B―[B組]

    人形C―[C組]

    人形D―[D組]

    人形E―[E組]

    人形F―[F組]















    カレン「みなさん、自分たちの組はゼッケンの左下に書いてあるから、それを頼りに分かれてくださいね~~~」















    エレン「ゼッケンに?」チラッ





    ―――――――――――――――――
     
      シ ガ ン シ ナ 高 校


        エレン・イェーガー



    D組
    ―――――――――――――――――







    エレン「ホントだ。いつの間に?」


    ジャン「D組……ってこれ」


    ジャン「俺たちがいた組じゃねえか」




    エレン「え、じゃあもしかして……」


    エレン「アニ、お前は……」



    アニ「私は……」チラッ






    ―――――――――――――――――
     
      シ ガ ン シ ナ 高 校



        アニ・レオンハート


    E組
    ―――――――――――――――――










    アニ「・・・・・・・・・・・・・」


    エレン「マジかよ」


    ジャン「おいおい」


    アニ「……仕方ないね」


    アニ「アタシはE組(あっち)に行くよ」


    エレン「アニ……」



    アニ「心配はいらないよ」


    アニ「自分の身ぐらい、自分でなんとかするから」



    エレン「……そうだな」



    アニ「そっちも死ぬんじゃないよ」


    ジャン「わかってるよ」













    タッタッタッタッタッタッタッタッタッ

    タッタッタッタッタッタッタッタッタッ































    エレン「・・・・・・・・・・・・・・」


    ジャン「なんだエレン。彼女が行っちまって寂しいのか?」


    エレン「そ、そんなことねえよ!」


















    カレン「みなさんキレイに分かれたようですね♪」




    カレン「それでは、これより、アルテミス嬢からお言葉がございま~~~す♪」




















    エレン「アルテミスだと!?」


    ジャン「ぬいぐるみ野郎か」


  15. 15 : : 2015/08/13(木) 15:47:48
    アニィ!!生き残って!!期待!!
  16. 16 : : 2015/08/13(木) 17:47:39










    アルテミス「え~~本日はお集りいただき、ありがとうございます」(棒)


    アルテミス「この運動会で見事勝ち残った1人には」


    アルテミス「私と同じ神の力が得られます」


    アルテミス「なので、みなさんはりきって挑んでくださいね~~」(棒)























    「神と同じ力……」


    「マジかよ」


    「俺たち、神になれるのか……」








    エレン「」ギリッ


    エレン「ふざけやがって…!!」


    ジャン「エレン、なんとか報復の時を作らねえと、また人が死ぬのは確実だぜ」


    エレン「わかってるよ」




















    アルテミス「以上終わり。じゃあ後は実行委員に任せます。よろね~~~」









    カレン「かしこまり~~~♡」


    カレン「それではみなさん」


    カレン「待ちに待った”運動会”の開幕で~~す♪」

  17. 17 : : 2015/08/13(木) 17:56:02
    期待ですッッ!!!!
  18. 18 : : 2015/08/13(木) 18:07:33


    カレン「まず最初の競技は、こちらです!!」





    パラッ





    [ときょうそう]















    エレン「ときょうそう?」


    ジャン「要するに”かけっこ”だよな?」
















    カレン「まず初めは、『ときょうそう』」




    カレン「……改め」

















    エレン「えっ」


    ジャン「はっ?」















    カレン「」ウイーン フデ




    カレン「」シュッ シュッ










    [ ど きょうそう]



    カレン「どきょうそうの始まりで~~す♪」















    エレン「なんだ?テンを付け足しやがったぞ?」


    ジャン「それになんだよ?”どきょうそう”って?」


  19. 19 : : 2015/08/13(木) 18:26:59


    カレン「は~~い。ではこれより選手の名前を述べるので、呼ばれた方はスタートについてね♡」



    カレン「A組 ジェス・ポータン」


    カレン「B組 クーラ・イエッサ」


    カレン「C組 マルク・ローガン」


    カレン「D組 ムーロ・カレーナ」


    カレン「E組 ヒアナ・マザード」


    カレン「F組 アーク・レイザン」






    カレン「以上6名、前へ!」







    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ























    カレン「それではこれよりルールの説明をいたします♪」


    カレン「まず初めに私が〇×形式の問題を出します♪」


    カレン「そして問題を出した後、10秒後にスタートし、」


    カレン「200m先の正解と思うゴールに向かって走ればいいのです♪」


    カレン「ただ注意として、後ろからは実行委員のみなさんが追いかけてきますので、」


    カレン「捕まらないように気を付けてくださいね~~♪」











    エレン「つまり」



    エレン「ちんたら考えてる時間はねえってことか」


    ジャン「」ゴクッ




    カレン「それではみなさん、張り切って行きましょう!!」

















    カレン「レッツ”どきょうそう”!!!」


  20. 20 : : 2015/08/13(木) 18:36:46
















    カレン「それでは問題です♪」ダダン




    カレン『蛇の毒は経口の場合は無害である。〇か×か?』











    ジェス(蛇の毒?)


    クーラ(経口ってどういう意味だ?)


    マルク(確かあれは……えっと)


    ムーロ(無害だったような……)


    ヒアナ(これは多分、正解は……)


    アーク(×だな。毒含んでる時点でもう無害じゃねえし)










    カレン「それでは、位置についてぇ」





    カレン「よーーーーーーーーい」



















    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーン!!」パァン
  21. 21 : : 2015/08/13(木) 21:34:03


    ジェス「くっ!!」ダッ


    クーラ「ここは信じて〇で!!」ダッ


    マルク「頼む!!当たってくれーーー!!」ダッ





    ダダダダダダダダダダッ

    ダダダダダダダダダダッ

    ダダダダダダダダダダッ















    アーク(×だ!!絶対そうに決まってる!!)ダダダダッ











    エレン「あのF組のヤツはええな」


    ジャン「あのまま行けば1着だな」







    アーク(頼む!!当たってくれ!!)



    アーク「あた……」




















    ズバッ









    アーク「え……」








    アーク「」バタン










    エレン「!!?」


    ジャン「!!?」



    エレン「テープが……」


    ジャン「人を切った…?」



    エレン「ということは……」


    ジャン「答えを間違えてゴールしたら……」








































    エレジャン(即死!!!!)ゴクッ

  22. 22 : : 2015/08/13(木) 21:48:17
    怖い・・・ 3位くらいの順で走らないとヤバイな!!←ズルい
    期待!!
  23. 23 : : 2015/08/13(木) 21:59:39


    マルク「あ……ああぁ……」ガクガク


    ガシッ


    マルク「ヒッ!!」



    クルミ割り人形「」ア~~~ン






    マルク「い……」









    マルク「イヤアアアアアアアアアアァァァァッッ!!!!」





    バキッゴキッ ブチブチブチィッ








    マルク「食べないでえええええええええええぇぇぇっ……!!!」







    クーラ「答えは〇!!」ダダダダッ


    ムーロ「グッ!!」ダダダダッ


    ヒアナ「良かった!とりあえずこれで!」ダダダダッ




    ヒアナ(このペースだと最下位だけど……)


    ヒアナ(実行委員に捕まらなければ!!)








    ジェス「セッ!!」ブチッ








    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」





    クーラ「よっしゃ!!」タン





    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」







    ムーロ「ハァハァ、ハァハァ」タン








    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」









    ヒアナ「とりあえず……これで私も……」









    バタン













    ヒアナ「え?」




    ヒアナ「なんで?なんでゴールが閉まって!?」










    クルミ割り人形「」ジリ ジリ ジリ ジリ ジリ









    ヒアナ「ヒッ!!!」




    ヒアナ「ねえお願い!!!開けてよ開けて!!!」バンバンバンバン





    クルミ割り人形「」ジリジリジリジリ






    ヒアナ「ねえっ!!!!お願いよおぉっ!!!!」バンバンバンバン








    ガシッ





    ヒアナ「ひっ!!!」ビクッ




    クルミ割り人形「」ア~~~ン





    ヒアナ「あ……」










    バリッ

    ブシャッ ブチブチブチ バリボリバリボリ

    ゴキッ ムチャムチャ ポタポタポタポタ


















    カレン「あ、そうだ言い忘れちゃってましたぁ♪」


    カレン「最下位の人は即死亡してしまいますので、そこも注意してくださいねぇ♡」
















    エレン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


    ジャン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





    アニ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」







    シャビィ「ほほう」


    シャビィ「なかなか面白えじゃねえかこれ♪」







    ※正解は〇

     蛇の毒はタンパク質で出来ているため、
     飲んでも胃液で分解されるため、身体に害は及びません。
     ただし、虫歯があったり、口内に傷が合ったりする場合は
     害を及ぼす危険性があります。

  24. 24 : : 2015/08/14(金) 08:01:47


    カレン「それでは第2レース行きましょ~~~♪」








    カレン「A組 カルロ・マンダン」


    カレン「B組 ムウ・ジョシュア」


    カレン「C組 クルス・マクロ」


    カレン「D組 ミダス・ディンキー」


    カレン「E組 マレア・ボトムズ」


    カレン「F組 フクシ・リューセイ」




    カレン「以上6名、前へ!!」








    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ







    カルロ「嫌だ。死にたくない……!」ブツブツ


    ムウ「遅れたら死、間違えたら死、最下位でも死……!」ブルブル


    クルス「なんとか10秒以内で答えを見つけないと…」ブツブツ


    ミダス「間違えないように。間違えないように…」ブツブツ


    マレア「怖いの……イヤ。死ぬのはイヤ……!」ブツブツ


    フクシ「母さんと恋人が待ってるんだ。こんなところで死ねるかよ……!」ブツブツ


  25. 25 : : 2015/08/14(金) 08:17:25





    カレン「それでは問題です!!」ダダン






    カレン『レントゲンを開発したのは”レン・トウゲン”というニホン人である。○か×か?』









    カルロ(これ……確か本で見たぞ)


    ムウ(良かった。これはわかるぞ)


    クルス(レン・トウゲン……確かにニホンっぽい名前だ)


    ミダス(よし。これならわかるぞ)


    マレア(レントゲン…レン・トウゲン……)


    フクシ(待てよ。確かレントゲンを開発したのは……)

















    カレン「それでは、位置についてぇ」



    カレン「よーーーーーーーーい」















    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーン!!!」パァン

  26. 26 : : 2015/08/14(金) 08:48:28
    二問目の答えは分かる……でも絶対私なら追い付かれるか最下位レベルの足の遅さ…(泣)
    期待です!
  27. 27 : : 2015/08/14(金) 09:40:31



    ダダダダダダダダダダッ

    ダダダダダダダダダダッ

    ダダダダダダダダダダッ






    カルロ(ここは迷わず×だ!!)ダッ


    マレア(レン・トウゲン……あり得なくもないけど、ここは〇で!!)ダッ


    フクシ(確かあれはニホン人じゃないはず!×だ!)ダッ






    ダダダダダダダダダダッ

    ダダダダダダダダダダッ

    ダダダダダダダダダダッ











    ムウ「うわああああああっ!!!!」



    ムウ「よせええ!!!喰うなあああああああああぁぁぁ!!!」





    バリボリバリボリ ブチブチブチィッ














    フクシ「それっ!!」プチッ






    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」






    カルロ「フン!!」タン






    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」






    クルス「ハァハァ」タン







    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」








    ミダス「よし、俺も生き残るぞ!!」ダダダダッ







    ツルッ









    ミダス「え……」





    ミダス「」ドシャアアアア




















    エレン「アイツ、転びやがったぞ!?」


    ジャン「会場に飛び散った血で滑ったんだ!!」











    マレア「フッ!!」タン









    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」













    ミダス「おい、そんな……」









    クルミ割り人形「」ア~~~ン











    ミダス「や……」




    ミダス「やめろおおおおおおおおおぉぉぉ……!!!」







    バリッ バキボキッ

    ブチブチブチ ブシャアッ

    ムチャムチャ ムチャムチャ















    カレン「実行委員のみなさん、清掃は常に心がけてくださいねぇ♪」





    クルミ割り人形「スンマソ」ペコペコッ


    クルミ割り人形「モウシワケナイ」ペコペコッ








    ※正解は×

     開発したのはドイツの物理学者
     「ヴィルヘルム・レントゲン」。
     1895年にX線を発見し、その功績により
     ノーベル物理学賞を受賞しました。
     無論「レン・トウゲン」というニホン人は存在しません。

  28. 28 : : 2015/08/14(金) 09:53:01
    まず、名前からしてないですよねw

    3人はいつくるんだ!? ドキドキ
    期待!!
  29. 29 : : 2015/08/15(土) 10:24:40



    カレン「それでは第3レース行きましょ~~~♪」





    カレン「A組 クリーフ・ゲイン」


    カレン「B組 ビルク・イージェス」


    カレン「C組 マクラ・オーベン」


    カレン「D組 ラムバ・カルロス」


    カレン「E組 シャビィ・イノセンシオ」


    カレン「F組 コルク・ペンシオ」






    カレン「以上6名、前へ!!」









    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ









    エレン「シャビィだと?」


    ジャン「ここで名前を呼ばれたか」














    クリーフ「・・・・・・・・・・・・」


    ビルク(生き残る……俺は生き残るぞ!)


    マクラ(早く帰りたい……)


    ラムバ(簡単な問題でありますように)


    シャビィ「ピュ~~♪ピュ~~♪」クチブエ


    コルク「」ゴクッ


  30. 30 : : 2015/08/15(土) 10:36:25


    カレン「それでは問題です♪」ダダン




    カレン『1日を24時間、1年を365日として、1年を秒にすると31622400秒である。〇か×か?』








    クリーフ「え?」


    ビルク「1年の秒は……えっと…」


    マクラ(1分が60秒で、その60倍が1時間だから……えっと…)ユビオリ


    ラムバ「」ユビオリ


    シャビィ「・・・・・・・・・・・・」


    コルク「………駄目だ。気持ち悪くなってきた…」クラッ










    カレン「それでは、位置についてぇ」









    カレン「よーーーーーーーーい」













    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーン」パァン


  31. 31 : : 2015/08/15(土) 22:08:07
    やっと映画見た~期待
  32. 32 : : 2015/08/16(日) 09:26:57




    クリーフ「わかんねえ!どっちだ!?」ダッ


    ビルク「わかんねえけど、〇で!」ダッ




    ラムバ「クソッ!いったいどっち……」








    ガシッ



    ラムバ「え?」





    シャビィ「ヒャハハハハァッ♪」




    ラムバ「な、なにすんだテメエ!!」












    エレン「アイツ、隣のヤツを!!?」


    ジャン「どうする気だ?」














    ラムバ「おい離せ!!どうする気だお前!!!」



    シャビィ「なにって……」









    シャビィ「オリャアアアアアアアアアァァァッ!!!」








    ブーーーーーーーーーーーーン












    ラムバ「うわあああああああああぁぁぁっ!!!!」ピューーーーン














    エレン「投げ飛ばした!?」


    ジャン「しかも片手で。なんて野郎だ……」









    ラムバ「ああああああああああああっ……」



  33. 33 : : 2015/08/16(日) 09:40:24


    ズバッ





    ラムバ「」バタン








    シャビィ「あれえ」


    シャビィ「〇だと思ったのに。違ったかぁ」


    シャビィ「……やっぱ俺こういうの向いてねえなぁ」


















    エレン「……マジかよ」


    ジャン「あれがアイツのやり方……」


    ジャン「ホントに人間かよアイツ」







    エレン「これを期に」


    エレン「アレを真似するヤツなんかが現れたら……!!」











    ※正解は×

     1分は60秒。その60倍が1時間。その24倍が1日。
     よって1日は86400秒。
     その365倍が1年なので、1年は
     31536000秒となります。
     
     ちなみに閏年の場合は、1日加算されますので、
     31622400秒となります。

  34. 34 : : 2015/08/16(日) 11:46:46



    カレン「それでは、第4レース行きましょ~~~♪」







    カレン「A組 ルーナ・マレンジ」


    カレン「B組 ケルビ・インベス」


    カレン「C組 サンナギ・ゴーウェン」


    カレン「D組 ジャン・キルシュタイン」


    カレン「E組 ディン・クレベンス」


    カレン「F組 リーカ・ウェイン」








    カレン「以上6名、前へ!!」








    ジャン「お、俺の番かよ……」


    エレン「……なあジャン」


    ジャン「あ?」


    エレン「俺さあ、ちょっと考えたんだけど……」


    ジャン「なんだよ?」



    エレン「あのな……」
































































    ジャン「……そうか。それなら」


    エレン「だろ?」


    ジャン「そうだ。よくよく考えたら、それは……」









    カレン「ジャン・キルシュタイン君、前へ!!」







    ジャン「サンキューエレン。それでやってみるぜ!!」


    エレン「死ぬなよ!」



    ジャン「おう!!」タッタッタッタッタッタッタッ


  35. 35 : : 2015/08/16(日) 12:03:39



    カレン「それでは問題です♪」ダダン





    カレン『太陽系惑星は全て同じ自転である。〇か×か?』










    ルーナ(やった♪これならわかる!)


    ケルビ(太陽系惑星?それって何があったっけ?)


    サンナギ(自転……自転……どうだったかな…)


    リーカ(これは中学で習った!!わかるわ!)






    ジャン(これはちょっとわかんねえな……)



    ジャン(仕方ねえ)












    ジャン(あれで行くか!!!)
















    カレン「それでは、位置についてぇ」
















    カレン「よーーーーーーーーい」
















    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーン!!!」パァン


  36. 36 : : 2015/08/16(日) 12:23:54



    ルーナ「私は生き残る!!」ダッ


    ディン「くっそ!!わかんねえけど!!」ダッ


    リーカ「もらったわ!!」ダッ







    ジャン(落ち着け。今は実行委員に捕まらなければいい!)ダッダッダッ


    ジャン(ゴールするヤツを待つんだ!!)



















    ルーナ「フンッ!」プチッ










    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」










    ジャン「よし、今だ!」ダッ








    「なにすんのよアンタ!!」



    「うるせえ!!前に出てくんな!!」







    ジャン「うん?」クルッ









    リーカ「アタシは生きるんだから、邪魔しないでよっ!!」


    ディン「俺こそ生き残る!!だから犠牲になってくれっ!!」










    ジャン「なにやってんだアイツら!!」ダッ
















    エレン「ジャン!!?」







    アニ「何考えてるのよアイツ!!?」

  37. 37 : : 2015/08/16(日) 12:49:13


    ジャン「おいテメエ!!離しやがれ!!!」ドカッ



    ディン「グフッ!」ドテン




    ジャン「ほら!!早く立って!!」


    リーカ「え、ええ!!」スクッ



    タッタッタッタッタッタッタッタッタッ








    ディン「あ、テメエ!!待ちやが……」






    ガシッ




    ディン「あ…」





    バリボリバリボリ バリボリバリボリ









    ジャン「よし!このまま行けば!!」











    ジャン「セイッ!!」タン


    リーカ「えいっ!」タン












    カレン「ゴーーーーールゴーーーーーーーーーール!!!」











    ケルビ「あ、そんな……」






    クルミ割り人形「」ア~~~ン








    ケルビ「や……」





    ケルビ「やめてえええええええええぇぇぇぇ………」








    バリボリバリボリ バリボリバリボリ ブシャアッ

    ガブガブ ブチブチブチィッ










    リーカ「あ、あの……」


    ジャン「え?」


    リーカ「あ、ありがとうございます。助けてくれて」


    ジャン「いや、ただほっとけなかったから。それだけだよ」


    リーカ「キルシュタインさんでしたっけ。優しいんですね」



    ジャン「や、やめろよ!!」


    ジャン「俺、そんな柄じゃねえし!!」スタスタスタスタ







    リーカ「・・・・・・・・・・・・・」


















    エレン「あああぁ……ヒヤヒヤしたぁ~~~~~」コシヌケ






    アニ「もう……あのバカ。ホントに……」ペタン








    ※正解は×

     太陽系惑星(水・金・地・火・木・土・天・海)の内
     金星のみ自転が逆回りなのです。
     
     何故金星のみ逆回りなのか
     未だにそれは解明されておりません。


  38. 38 : : 2015/08/16(日) 20:33:35
    ジャンかっこいい!
  39. 39 : : 2015/08/18(火) 11:08:31



    エレン「お前何考えてんだよ!?」


    ジャン「生き残れたから別にいいだろ?」


    エレン「頼むから、無茶はやめてくれよ……」


    エレン「こっちまでヒヤヒヤするぜ……」


    ジャン「ああ、悪い悪い」
















    カレン「それでは第5レース行きましょ~~~♪」







    カレン「A組 リブラ・フレンチェル」


    カレン「B組 リル・クレータン」


    カレン「C組 ユミ・エリュン」


    カレン「D組 エレン・イェーガー」


    カレン「E組 アニ・レオンハート」


    カレン「F組 エーリン・ガウェイン」




    カレン「以上6名、前へ!!!」









    エレン「俺とアニの版かよ……!」


    ジャン「嫌な所で出くわしたな……」


    ジャン「アニにもアレ教えてやったらどうだ?」


    エレン「言われなくてもそうするさ」








    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ












    アニ「エレン……」


    エレン「アニ、こんなところで再会なんてな」


    アニ「ねえアンタ、さっきジャンに何話してたの?」


    エレン「あれ、気づいてた?」


    アニ「もしかして、何か秘策とか?」


    エレン「ああ、実はな……」


    エレン「俺さ、気づいたんだよ」


    アニ「え?」


    エレン「このどきょうそう、どんな問題が出ても関係なく生き残れる方法があるんだ」


    アニ「え、それって本当!!?」


    エレン「シッ!声が大きいぞ!」


    アニ「あ、ごめん」


    エレン「いいか?それはな…………」


























    アニ「え、なにそれ?」


    アニ「それが必勝法?」


    エレン「ああ、そうだ」


    アニ「なんかそれ、ちょっと怪しいんだけど……」


    エレン「信じられないか?」


    アニ「……ちょっとだけ」


  40. 40 : : 2015/08/18(火) 11:41:23


    カレン「それでは問題です♪」ダダン





    カレン『LEDとは、《電子工学》を意味する”Light Emitting Diodeの略である。〇か×か?』






    エレン「いいかアニ、言った通りにしろよ」


    エレン「俺を信じろ。そうすれば大丈夫だ!」


    アニ「・・・・・・・・・・・・・・」



    アニ「わかったよ」





    アニ(なんだろう、失敗したら死ぬって場面なのに……)


    アニ(なんだか、安心する……)















    カレン「それでは、位置についてぇ」



    カレン「よーーーーーーーーい」
















    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーン!!!」パァン


  41. 41 : : 2015/08/18(火) 11:49:13


    エレン「フッ!」ダダダダダダダダダダッ


    アニ「ハッ!」タッタッタッタッタッタッタッタッタッ















    ジャン「なんだアイツ!?あんなに飛ばして、大丈夫なのか!?わかってんのかよ!?」





    シャビィ「ほぉ」














    アニ「エレン……」タッタッタッタッタッタッタッ




























    エレン《いいかアニ、俺を信じてとにかく俺の後を追うんだ》


    アニ《うん、それで?》


    エレン《それだけだ》


    アニ《・・・・・・・・・・・・・・・・・・》


    アニ《え、なにそれ?》


    アニ《それが必勝法?》


    エレン《ああ、そうだ》






















    アニ(ホントに信じていいんだよね?エレン!!)タッタッタッタッタッタッタッ












    ジャン「エレン!頼む!当たってくれ!!」


  42. 42 : : 2015/08/18(火) 12:09:50


    エレン「フン!!」プチッ





    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」








    アニ「!!!」


    アニ「当たった!!?」タン





    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」












    エーリン「答えは〇!!もらったわ!!」






    エーリン「ハッ」タン







    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」






    リブラ「ヘァッ!」タン







    カレン「ゴーーーーーーーーーール!!!」










    リル「イヤアアアアアアアアアアァァァァッッ……!!」


    ガブガブガブガブ ムチャムチャムチャムチャ
















    エレン「ハァハァ、ハァハァ」


    アニ「凄い…!アンタ凄いよエレン!!」



    ジャン「エレン!アニ!やったな!」


    アニ「エレンが必勝法教えてくれたおかげで助かったよ!」


    ジャン「エレンお前!ほんとスゲエやつだな!」


    アニ「どうして正解がわかったんだい!?」



    エレン「え、あれは……」





















    エレン「”勘”だよ」


















    アニ「………………………え?」


    ジャン「……………………は?」


    エレン「俺はただ勘に任せて行った、それだけだよ」


    アニ「え、じゃ、じゃあさっき言ってた必勝法って……?」


    エレン「ああ、ああやって言えば、少しは気が楽になると思ってさ」


    エレン「ちょっと嘘ついたんだ」サラッ







    ジャン「・・・・・・・・・・・・・・・」


    アニ「・・・・・・・・・・・・・・・・」









    アニ「ねえエレン」


    エレン「ん?」






    ジャン「ヒヤヒヤさせるなって言っておいて……」ニギッ


    アニ「アンタが一番……」ニギッ











    ジャンアニ「ヒヤヒヤさせてんじゃねええええええかええええええぇぇっ!!!」ボカァッ





    エレン「グハァッ!!」








    シャビィ「ハハッ♪面白っ♪」








    ※正解は〇
     
     LED電球などで知られるLEDは
     ”Light Emitting Diode”の頭文字から由来してます。
     これの訳が「電子工学」となります。


  43. 43 : : 2015/08/18(火) 12:12:40
    エ、エレン………(´ω`;)

    期待ですッッ!!
  44. 44 : : 2015/08/20(木) 14:27:23



    カレン「それでは第6レース行きましょ~~♪」




































    ――――――――――
    レース終了














    カレン「は~~いみなさん、お疲れ様でしたぁ♪」


    カレン「それでは”どきょうそう”はこれにて終了です♪」


    カレン「次のプログラムに参ります♪」



    カレン「実行委員のみなさん、セッティングお願いしま~~す♪」







    くるみ割り人形「」テキパキテキパキ

    くるみ割り人形「」テキパキテキパキ

    くるみ割り人形「」テキパキテキパキ

    くるみ割り人形「」テキパキテキパキ







    くるみ割り人形「ジュンビカンリョウ!」




    カレン「は~~いご苦労様~~~♪」







    エレン「なんだなんだ?」


    アニ「なんか、コースにいろいろ置いてあるけど……」


  45. 45 : : 2015/08/20(木) 14:32:20


    カレン「次の競技は、こちらです!!」




    パラッ







    [しょうがいきょうそう]









    エレン「障害競走?」


    ジャン「どきょうそうがちょい難しくなったバージョンか?」









    カレン「次は”しょうがいきょうそう”」





    カレン「……改め」フデ







    シュッ シュッ










    [じょうかいきょうそう]








    カレン「”じょうかいきょうそう”を始めま~~す♪」









    エレン「は?」


    ジャン「じょうかい……きょうそう?」


  46. 46 : : 2015/08/20(木) 14:49:31


    カレン「それではこれから名前を上げますので、呼ばれた方は前へ!」




    カレン「A組 マリッサ・キリス」


    カレン「B組 レム・ハックレー」


    カレン「C組 アヤ・シャメイン」


    カレン「D組 オスカー・ランゼル」


    カレン「E組 エレーニ・バンクラー」


    カレン「F組 パラス・ラングナー」







    カレン「以上6名、前へ!!」










    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ







    マリッサ「なんなの次は?」


    レム「またこれ、人が死ぬやつ?」


    エレーニ「・・・・・・・・・・・」


    パラス「もうやだ……帰りたい……」















    カレン「それではぁ」



    カレン「上にご案内いたしま~~~~す♪」





    ウィーーーーーーーーーーーーーーン













    エレン「なんだ?」


    ジャン「ステージごと上に上がってったぞ?」















    ガコン



    カレン「とうちゃ~~~~く♪」















    カレン「それではルールの説明をいたします♪」


    カレン「これからみなさんは、私の合図でスタートして、コースの障害物をクリアしてゴールに向かっていけばいいのです♪」


    カレン「ただそれだけです。簡単でしょう?」








    パラス「そ、それだったら……」


    アヤ「安心して望めそうね」






































    ジャン「そうか。じょうかいきょうそうってのはそういうことか」


    エレン「は?どういうことだよ?」


    ジャン「じょうかいってのは多分”上階”から来ているんだろう。だから上で行う競技なんだ」


    エレン「た、確かにそうだけど……」



    エレン「でも、ああゆう競技なら別に上でやらなくてもいいはずなのに……」







    エレン「なんでわざわざあんな高いとこでやるんだ?」


  47. 47 : : 2015/08/21(金) 13:07:38






    カレン「障害は全部で4つ!」


    カレン「最初は平均台。バランスが命だよ!」


    カレン「2つ目は跳び箱!ちゃんとうまく飛んでね!」


    カレン「3つ目は机運び!両手でも片手でもOKです!」


    カレン「そして最後はハードル!ハードルは倒しちゃダメだよ!」



















    カレン「それでは、位置についてぇ」












    カレン「よーーーーーーーーーーーーーーい」


















    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!」パァン


  48. 48 : : 2015/08/24(月) 10:52:13




    レム「平均台は得意だわ!!」ピョン


    マリッサ「フン!!」ピョン









    カレン「慎重に慎重にぃ♪」






    ツルッ






    アヤ「あ、しまっ……」










    ヒューーーーーーーーーーーーーン

















    アヤ「やあああああああああああああああああっ!!!」


















    グチャアアアアアアアアアアアアアッ










    エレン「ッ!!!?」



    ジャン「人が、落ちた!!?」






    カレン「失敗したら即死亡ですのでご注意くださ~~~い♡」


  49. 49 : : 2015/08/26(水) 15:44:14


    エレン「そんな……」


    ジャン「そのための高さかよ……」















    レム「下は見ない。下は見ない…」



    ―――――――――――
    跳び箱ゾーン






    パラス「跳び箱は得意だ!!」ダン


    マリッサ「これぐらいどうってことない!」ダン


    オスカー「こんなもん!!」ダン


    エレーニ「フン!!」ダン


    パラス「あ、ダメだ…」






    「ソゲキセヨ」






    パラス「え……」





    バキュン






    パラス「」バタン





    カレン「ノーミスで行かなきゃダメダメよ~~♡」









    ――――――――――
    机運びゾーン





    マリッサ「あとはこれだけ!!」セッセッセッ


    オスカー「フンス!」


    エレーニ「よいしょ!」










    カレン「みなさ~~ん、ゴールまであと少しだよ~~♪ファイト!ファイト!」












    ―――――――――――
    ハードルゾーン




    マリッサ「ハッ!ハッ!ハッ!」ピョンピョン


    オスカー「セイッ!ハッ!!」ピョンピョン



    エレーニ「ハッ!ホッ!」ピョンピョン








    パァン















    カレン「ゴーーーーーーーーーーーーーーーール!!!」


  50. 50 : : 2015/08/26(水) 15:52:25


    エレン「これが、”上階競走”……!」


    ジャン「どこまで殺せば気がすむんだよ……」
















































    エレン(その後、この上階競走は第6レースまで開催され…)


    エレン(俺たちは指名されず、ただ人が落ちていくの見ているだけで終わった……)


  51. 51 : : 2015/08/26(水) 16:04:42


    カレン「みなさんここまでお疲れ様でした~~」


    カレン「ちょうど時間ですので、ここでお昼休みにいたします♪」


    カレン「各自持参したお弁当をお食べくださ~~い♡」

















    エレン「飯の時間か、もう」


    ジャン「んなこと言われてもよぉ…」


    エレン「食う気が……」



    エレン「しねえ」ゲソッ
    ジャン「しねえ」ゲソッ






    アニ「ねえお二人さん」


    エレン「ん?」


    アニ「どうしたの?食べないのお弁当」モグモグ



    エレン「アニ、お前よくあんなの見たあとで食えるな」


    アニ「だってお腹空いたんだもん。アンタたちも食べといたら?」



    ジャン「そ、そうだな。気分が良くなったら食うよ」


    アニ「うんうん」


    アニ「ねえジャン、約束。カレコロ交換してよ」


    ジャン「え、ああそうだったな」



    ジャン「ほい」カレコロ


    アニ「じゃあ私も、はい」メンチカツ





    エレン「ジャン、俺も俺も」


    ジャン「おいおい焦んな。今やっから」






    エレン「俺も食っとく。いただきます」


    ジャン「おいお前、もう気分良くなったのかよ?」


    エレン「いや、アニの言うとおりだと思ってさ」






    エレン「いただきまーーす」





    ジャン「・・・・・・・・・・・」



    ジャン「だな」






    ジャン「いただきます」


  52. 52 : : 2015/08/26(水) 16:07:50







































































  53. 53 : : 2015/08/26(水) 16:18:39


    ――――――――――
    食事終了















    カレン「はい、それではぁ、午後からの競技を始めたいと思いま~~す♪」




    カレン「始める前に、みなさんにお知らせがございま~~す♪」













    エレン「お知らせ?」


    ジャン「なんだなんだ?」












    カレン「実はアルテミス嬢が、急遽忙しい事情ができてしまいましたので、ちゃっちゃと終わらせてとのことなので~~す♪」



    カレン「と、いうことでぇ~~」






    カレン「これより最終競技を始めたいと思いま~~す♪」















    エレン「な、なんだと!?」



    ジャン「いきなり最終競技?」


    アニ「突然どうしたんだろうね?」















    カレン「さあ、最後にみなさんが挑む競技は、こちらです!!」パラッ












    [ぼうたおし]















    アニ「棒たおし?」



    ジャン「いや待て。またテンとか付け足すんじゃねえのか?」


    エレン「そうなると、”ぼうだおし”とか、”ほうたおし”とか?」



















    カレン「最後は”ぼうたおし”」







    カレン「……改め」フデ」




    シュッシュッ
















    [ ぜつ ぼうたおし]
















    カレン「”ぜつぼうたおし”を始めま~~~す!!」









    ジャン「ぜつ……」



    エレン「ぼうたおし?」


  54. 54 : : 2015/08/26(水) 16:38:44




    カレン「この競技はチーム戦で行われます」


    カレン「組ごとに分かれていただき、チームワークを駆使して戦っていただきます」


    カレン「1組は攻撃と防御の組に分かれ、攻撃チームは相手の棒を倒す役、防御チームは自分たちの棒を守る役にわかれます」


    カレン「そして相手の棒を倒せたチームの勝利となります」













    エレン「ルール自体は一緒だな」


    ジャン「ああ。これのどこが”ぜつぼう”なんだか……」







    カレン「なお、要注意として……」




    カレン「棒には強力な爆弾が付いておりますのでぇ…」



    カレン「くれぐれも取り扱いにはご注意くださいね」











    エレン「なに!?爆弾!?」


    ジャン「これが”ぜつぼう”か……」




    エレン「え、じゃあ棒をたおしたら……」












    カレン「当然棒を倒せば、その爆弾は爆発します」


    カレン「爆弾は衝撃に弱いですからね」


    カレン「いざ棒を倒すとなったら、覚悟を決めてお倒しください」











    エレン「そんな……」


    ジャン「どこまでもふざけてやがるぜ」


  55. 55 : : 2015/08/26(水) 16:56:55


    ジャン「おいどうすんだ?もしE組と当たっちまったら……」


    エレン「そん時は、どっちかが死ぬしか…」


















    カレン「では時間がもったいないですので、早速始めます」スッ サイコロ





    コロコロコロコロ







    出目 2・3




    カレン「では第1試合。B組対C組。前へ!!!」








    ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ













    エレン「チーム戦……一気に殺す気か」


    ジャン「おいエレン。ここでなんか手打たねえと、ヤツを止められねえかもしんねえぞ」


    エレン「・・・・・・・・・・・・・」


  56. 56 : : 2015/08/26(水) 17:16:31



    カレン「制限時間は2分です。それではスタンバイお願いします」















    カレン「それでは、位置についてぇ」







    カレン「よーーーーーーーーーーーーーーい」
















    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!」パァン







    「うおおおおおおおおおおおおおっ!!!」」ダダダダ



    「ああああああああああああああっ!!!」ダダダダ



  57. 57 : : 2015/08/26(水) 18:21:58
    期待です!!
  58. 58 : : 2015/08/27(木) 16:12:56




    ジャン「数が多い分有利なのはC組だな」



    エレン「・・・・・・・・・・・・・・」

















    C組リーダー「数が多い分俺たちは有利だ!!このまま押し切るぞ!!」


    C組「おおっ!!!」


    ダダダダダダダダダダッ










    アニ「なんだいC組の奴ら、やる気マンマンじゃないか」


    シャビィ「どうだか」


    アニ「は?」


    シャビィ「あんなの所詮空元気なだけだよ」


    アニ「なんですって?」


    シャビィ「アイツらの目を見ればわかるさ」


    シャビィ「どう見てもアイツら」







    シャビィ「まだ死を覚悟してねえ」


    アニ「え……」


















    C組男子A「どりゃああああああっ!!」パシッ



    B組「まずい!!敵が棒にたどり着いた!!」


    B組「死守しろっ!!棒から引っペがせええっ!!!」








    C組リーダー「もう遅いぜ!!この勝負、俺たちの勝ちだあぁっ!!!」
















    C組男子A「・・・・・・・・・・・・・・・」















    C組リーダー「おい……」


    C組リーダー「なにしてんだよ。早く倒せよ……」









    C組男子A「・・・・・・・」プルプルプルプル
















    シャビィ「ほらな」


  59. 59 : : 2015/08/27(木) 16:20:50














    C組リーダー「早く棒倒して死ねよ!!ほら!!」




    C組男子A「無理だ……やっぱできねえよ……」




    C組リーダー「なに躊躇してんだテメエエッ!!!」



    C組リーダー「お前がやんねえと俺たち死ぬんだぞぉっ!!!」



    C組男子A「でもやっぱできねえよ!!!!」




    C組男子A「俺死にたくねえよぉ!!!!!!」










    C組リーダー「この役立たずがああああああっ!!!!!」















    カレン「は~~い残り30秒ですよぉ~~♪」


  60. 60 : : 2015/08/27(木) 16:49:45


    B組「離れろコラッ!!!」グイ



    C組男子「あ……」




    ドテン



    B組「よし!!落としたぞぉっ!!!」









    C組リーダー「チ、しゃあねえ!!!」


    C組リーダー「みんなで突っ込むぞぉっ!!!!」





    B組リーダー「みんな、正面突破だ!!!」
























    シャビィ「半端な覚悟じゃこのゲームはクリアできない」


    シャビィ「全てを捨てる覚悟でなければ、人は死ぬことを決心できないんだよ」


    シャビィ「そして人が初めて死を決心できるのは……」


    シャビィ「全てを失い、絶望し、真っ白になった時だけなんだよ」




    アニ「シャビィ……アンタ……」














    カレン「はい10秒前~~~♪」











    カレン「9…8…7…6…5…」








    C組リーダー「やばいみんな!!棒から離れろ!!!」



    B組リーダー「退避だ!!退避いいいぃっ!!!!」









    カレン「3…2…1……」
















    ドカアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァン


    ドカアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァン















    C組リーダー「爆発した……」


    B組リーダー「2つ一緒に。引き分けか」














    カレン「引き分けなんてありないしぃ」








    クルミ割り人形「」ゾロゾロゾロゾロ ゾロゾロゾロゾロ













    C組「え。え。え」



    B組「おい、なんだよこいつら」











    カレン「はい。じゃあ実行委員、よろね~~~」











    バキバキバキバキッ ブチブチブチィッ

    ゴキッバキッゴキゴキ ブシャアアアアッ

    ムシャムシャムシャムシャ ガブガブ バリボリ















    カレン「負けたチームには死。引き分けの時はどっちも死だよ~~~」


  61. 61 : : 2015/08/27(木) 17:01:03






    ジャン「おいおいおい」


    ジャン「どうすんだよこれ……」


    ジャン「今回ばかりはもう……」






    エレン「いや」



    ジャン「?」



    エレン「これは結構簡単なゲームだ」



    ジャン「な、なんだって?」



    エレン「今までやってきた中で一番……」







    エレン「簡単なゲームだぜ、これ」







    ジャン「エ、エレン…?」



















    エレン(ひらめいたぞ!!)















    エレン(女神殺しを!!!!)


  62. 62 : : 2015/08/27(木) 17:08:41


    エレン(でも、それにはまず……)


    エレン(あの男の協力が必要だ!)

















    カレン「はい、それでは次の試合参りましょう」サイコロ




    コロコロ コロコロ



    出目 4・5








    カレン「はい。第2試合はD組とE組で~~す」












    ジャン「さ……」



    ジャン「最悪だ……」



    ジャン「最悪の展開じゃねえかコレ」












    エレン「何言ってんだよジャン」


    ジャン「はぁ?」


    エレン「これこそ俺が待ってた展開じゃねえか!!」


    ジャン「おいエレン。お前、どうしちまったんだよ…」


    ジャン「ショック受けすぎて混乱しちまったのかよ……」




    エレン「よし、そうと決まれば……」




    タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ

    タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ






    ジャン「エレン、どこに行くんだよ?」


























    エレン「おいシャビィ」


    シャビィ「おや、珍しいな。お前から声をかけてくるなんて」


    エレン「ちょっと話がある。顔貸してくんねえか?」


    シャビィ「話?」


  63. 63 : : 2015/08/27(木) 18:04:30








    ジャン「なんだエレンのやつ」


    ジャン「シャビィなんかのところに行きやがって」




























    シャビィ「おほっ♪なんだそれおい」


    エレン「乗ってくれるか?」


    シャビィ「モチだぜモチ。やっぱお前サイコーだなぁ♪」






    アニ「ねえエレン、さっきから何話して……」




    エレン「時間がない。歩きながら説明するよ」




    アニ「え、なに?なんか思いついたの?」




    エレン「ああ、まあな」









    エレン(100%じゃねえけど……)




    エレン(これが上手くいけば……)















    エレン(アルテミス(アイツ)を討てる!!!)






    エレン「アニ、いいか。D組のみんなも」



    ジャン「なんだよなんだよ」





    D組「なになに?」ゾロゾロゾロゾロ








    エレン「今から俺が言うことをよく聞いてほしいんだ」






    エレン「これが上手くいけば……」















    エレン「誰も死なずにすむ!!!」


    D組「なんだって!!?」




    ジャン「それ本当かよ!!?」




    エレン「ああ」


  64. 64 : : 2015/08/27(木) 18:05:05












































































  65. 65 : : 2015/08/27(木) 18:15:15


    エレン「……ということだ」



    ジャン「・・・・・・・・・・・・・・」


    D組「・・・・・・・・・・・・・・・」








    ジャン「いやエレン、ちょっと質問いいか?」


    エレン「なんだよ?」


    ジャン「確かにそれはいい案かもしんねえけど、肝心のクリア法はどうすんだよ?」


    アニ「そうだよ。それじゃE組(私たち)に殺られるのがオチだって」



    エレン「そこは俺に任してくれ。いい考えがあるんだ」




    ジャン「いや、だからエレン、その”いい案”ってのをまず……」










    カレン「そろそろお時間です。スタンバイオナシャ~~ス」











    エレン「みんな頼む。俺に任せてくれ」


    エレン「俺は絶対に誰1人死なせはしない!!」





    D組「・・・・・・・・・・・・・・・」



    ジャン「…しゃあねえなおい」


    ジャン「わかったよ。腹くくるぜエレン」


    アニ「わ、私も!!」






    D組男子「そ、そうだな」


    D組男子「わかったよ。頼むぞイェーガー!」


    D組男子「失敗したら死んで俺たち助けろよ!!」








    エレン「ありがとうみんな!!」

















    カレン「それでは第2試合、気合を入れてぇ」
















    カレン「よーーーーーーーーーーーーーーーーい」



















    カレン「ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!」パァン

  66. 66 : : 2015/08/27(木) 18:17:15
    期待
  67. 67 : : 2015/08/27(木) 18:48:20
    どんな方法だろう…!
    期待です!
  68. 68 : : 2015/08/27(木) 20:07:05




    ジャン「ったく、思い切ってみたはいいが……」


    ジャン(正直疑心暗鬼だぜ)

























    エレン《いいかみんな。ここは迂闊に攻めちゃまずい》


    エレン《だから逆に、相手に攻めさせる策でいきたいと思ってる》


    ジャン《なに?”攻めさせる”…だと?》


    エレン《ああ》


    エレン《そのためには、みんなにそれぞれ配置についてもらいたいんだ》


    D組《配置?》


    エレン《そうだ》





    エレン《まず棒を守る”守備位置”》


    エレン《次に敵を迎え撃つ”迎撃位置”》


    エレン《そして最後に…》




    エレン《棒を持つ”固定位置”》




    エレン《この3つの位置についてもらいたいんだ》



    D組《なるほど。で、その担当は誰がいいんだ?》



    エレン《迎撃役は、とにかく喧嘩に自身がある人》


    エレン《守備役は、最低でも足止めをできる人》


    エレン《そういう人が抜擢だ》



    D組男子《だったら、俺が迎撃を請け負おう》


    D組男子《喧嘩は、未だ負け知らずだからな》


    エレン《じゃあ、お願いします!》


    ジャン《じゃ、じゃあ俺は守備で》


    エレン《守備役は全員でやろう。そのほうが安全だ》


    ジャン《そ、そうだな》


    ジャン《じゃあ後は、棒を持つ役は……》





    エレン《それは俺が引き受ける》



    ジャン《はぁ?》


    エレン《俺が棒を死守する》


    ジャン《エレン、なんでそんな危ない役を……?》


    エレン《とにかくだ。勝つにはこの策でいく》






    エレン《……ということだ》























    ジャン(まったく、どうしちまったんだアイツ……)


    ジャン(今のアイツの行動、まるで読めねえぞ)

  69. 69 : : 2015/08/27(木) 20:31:44













    E組男子「どうしたんだD組のやつら」


    E組男子「攻めてこない。守りに身を固めたのか」




    E組リーダー「フン、この数に怖気づいたんだ!!行くぞみんな!!!攻め落とすぞ!!!」



    E組「おおおっ!!!」ダダダダダダダダダッ



    E組「攻撃こそ最大の防御だぜっ!!!」








    D組男子「セッ!!」バキッ




    E組男子「ゴフッ!!」バタッ









    アラン「D組迎撃担当””アラン・ケルビス!」


    アラン「近づくやつは歯が折れるぜ!!」シュッシュッ








    E組「ううぅ」ジリ







    E組「ひ、怯むな!!行け行けええぇっ!!」


  70. 70 : : 2015/08/27(木) 20:43:19


    E組「うおおおおおおおおおおおおおっ!!!」


    ダダダダダダダダダダッ




    アラン「くそ、いっつもタイマンだったから……」バキッ


    アラン「これはさすがに……!!」バキッ






    E組「行くぞオラアアアアアアアアッ!!」バッ






    アラン「まずい!!取り逃がした!!」






    ジャン「来るぞ!!用意だ!!」カマエ



    守備組「おしっ!!」カマエ






    ジャン「オラアッ!」トビヒザ


    E組「ゲフッ!」



    D組「それそれぇっ!!」ゲシゲシッ



    E組「あげゃっ!!」











    E組「お、おいリーダー!!どうすんだよ!?このままじゃ全滅だぞ!!」





    E組リーダー「あ、焦るな。こっちの方が多いんだ……」


    E組リーダー「それにこっちには……」



    E組リーダー「あのイノセンシオがいるんだぞ!!」



    E組男子「リーダー、そのイノセンシオなら後ろに……」









    シャビィ「ピュ~~♪ピュ~~♪」クチブエ








    E組リーダー「おいイノセンシオ!!なにしてる!!お前も行ってこい!!」



    シャビィ「え、俺もっすかリーダー」


    E組リーダー「当たり前だ!!それにお前はめちゃくちゃ強いんだ!!暴れてこい!!」





    シャビィ「・・・・・・・・・・・・」









    シャビィ「やだ」






    E組リーダー「なに?」





    シャビィ「めんどくせえからやだ」






    E組リーダー「お前、ふざけるのもいい加減に……」





    バキッ





    E組リーダー「」バタン











    シャビィ「ゴタゴタうるせえんだよチキン野郎」



    シャビィ「俺には俺のやり方があんだ」





    シャビィ「てめえなんかに指図される筋合いはねえよ」ナカユビ


  71. 71 : : 2015/08/27(木) 20:51:30


    シャビィ「さ~~~てと」


    シャビィ「あっちはもう掃除が終わるかな♪」
















    アラン「オラアッ!!」バキッ





    ジャン「オルアァッ!!」ドカッ
















    バキッ ドカッ ゲシッ シュッ シュッ……
















    ジャン「……よし」


    アラン「あとは、2人だけだな」






    アニ「・・・・・・・・・・・・・」


    シャビィ「ヘヘン」








    アラン「で、エレン。このあとどうすんだ?」


    ジャン「お前の言うとおりにしたぜ」


    エレン「みんな、ここまで俺を信じて乗ってくれてありがとう!」










































    エレン「あとは、俺達(・・)に任せてくれ」





    ジャン「え…」





    アニ「俺…たち?」


  72. 72 : : 2015/08/27(木) 21:01:18


    カレン「は~~~い残り40秒」



    エレン「みんな、離れていてくれ」



    ジャン「え?」


    アニ「どうして?」




    エレン「いいから離れろ。危ねえから」



















    アニ「危ない………?」





    アニ「エレン、アンタまさか……!!?」



    アニ「誰1人死なない方法って……」


























    アニ(自分を、犠牲に…!!?)


















    アニ「待ってよエレン!!!なんだいそれ!!!!」


    アニ「ダメだよそんなの!!!何考えてんのよ!!!」




    エレン「・・・・・・・・・・・・・・・」



    エレン「アラン」



    アラン「ん?」







    エレン「アニを頼む」







    アラン「……わあったよ」








    アラン「ほら、行くぞ」グイ






    アニ「離してよ!!!」












    アニ「エレン!!!!バカなことやめて戻ってきて!!!」









    エレン「・・・・・・・・・・・・・・・・」














    アニ「バカエレン!!!戻ってこいバカアァッ!!!!!」


  73. 73 : : 2015/08/27(木) 21:10:10



    カレン「は~~~い残り20秒♪」








































    エレン「今だ!!!」ダッ








    アニ「え?」






    エレン「」ダダダダダダダダダッ











    アニ「エ、エレン?どこに?」













    シャビィ「言っただろ?誰1人死なせねえって♪」









    アニ「え?」













    シャビィ「強力な爆弾が付いておりますのでぇ……」















    シャビィ「くれぐれも取り扱いにはご注意くださ~~い♪」ウシシ





    シャビィ「ハハハァ♪」カマエ
























































    シャビィ「行くぜエレーーーーーーーーーーンッ!!!!」ダダダダダダダダダッ


  74. 74 : : 2015/08/27(木) 21:14:34

















    エレン(委員長!)


    エレン(レオン!)


    エレン(生徒会長!)


    エレン(ブレン!)


    エレン(ナオトさん!)


    エレン(トーマス!)


    エレン(ナック!)


    エレン(ミリウス!)


    エレン(サムエル!)


    エレン(ミーナ!)















    エレン(今こそ!!)















    エレン(女神を討つ!!!!)


  75. 75 : : 2015/08/27(木) 21:18:11


    エレン(そして!!)





    エレン(俺の退屈な日常を……)















    エレン(取り戻すんだ!!!)


    ダダダダダダダダダッ


















    アニ「エレン……。あの方向は……」



    ジャン「アルテミスの立方体……」



    アラン「アイツ、殺る気か」


    アラン「女神を討つ気か?」








    D組「行け……」


    E組「決まれ……」


  76. 76 : : 2015/08/27(木) 23:45:05
    行けーーー!!!エレンとシャビイ!!
  77. 77 : : 2015/08/28(金) 08:47:51




    シャビィ(そうだよエレン!)


    シャビィ(お前のその顔……)


    シャビィ(あん時の俺と同じ顔だぜぇ♪)

































    ダリオ《まったくお前はなんてことをしてくれたんだ!!》


    シャビィ《・・・・・・・・・・・・・・・》


    ダリオ《偉大なるイノセンシオ家に泥を塗りたくって!!》



    ゲシッ ゲシッ




    シャビィ《ゴフッ!》


    ダリオ《恥を知れええっ!!》


    シャルル《お父様、もうやめて!!》


    ダリオ《お前は下がっていろ!!》


    ダリオ《コイツは我が一族の恥さらしだ!》


    シャルル《それ以上やったら、お兄様が!!》


    ダリオ《フン!!こんな奴、もう私の息子でも、お前の兄でもない!!》



    シャビィ《言ってくれたな親父》





    ドカッ




    ダリオ《グハッ》ドテッ





    シャビィ《俺がもう赤の他人なら……》


    シャビィ《俺もアンタをもう親父とは……》



    チャキン




    シャビィ《思わない》


    ダリオ《お、お前。何を?》


    シャビィ《偉大なるイノセンシオ家とか、我が一族とか……》


    シャビィ《もうウンザリなんだよ》




    シャルル《お、お兄様……?》


    シャビィ《でもこれでやっと……》ニタァ



    ダリオ《や…やめろ……》




















    シャビィ《解放される♪》ニヤアアアァ





    ダリオ《やめろおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!》



















    ドスッ ドスッ

















    シャルル《い…………》




    シャルル《いやあああああああぁぁぁっ!!!!!》


  78. 78 : : 2015/08/28(金) 09:01:55




















    シャビィ(ミリウス……)


    シャビィ(お前にも今のエレンを見せてやりたかったぜ)



















    ミリウス「お前、エレンに言ったそうだな」


    ミリウス「”エレンはお前とよく似てる”って」


    シャビイ「・・・・・・・・・・」


    ミリウス《正直俺には、まるで似てないようにしか見えないんだが……》


    シャビイ《・・・・・・・・・・》


    ミリウス《お前、アイツの何を見てそう思ったんだ?》


    シャビイ《……ああ、あれのことか》


    シャビイ《それはな………》







    シャビィ《俺の見る限りアイツは》


    シャビィ《人殺しを楽しむヤツに見えたんだ》


    ミリウス《なんだって?》


    シャビィ《あるいは……》



    シャビィ《その快感をまだ覚えていない未熟なヤツだ》



    ミリウス《なんでお前にそんなことが?》


    シャビィ《俺も経験者だからな》


    シャビィ《まあまだアイツは、多分人は殺してねえだろう》


    シャビィ《まだこの上ない快感を味わっていない》



    ミリウス《・・・・・・・・・・・・・・》


    シャビィ《まあ、いずれ熟する時はくるだろうさ》



    シャビィ《賭けてもいい》




    シャビィ《そん時のヤツは多分……》
































    シャビィ《満面の笑みを浮かべるだろうぜ》


  79. 79 : : 2015/08/28(金) 09:05:37















    エレン「行くぜえええええええシャビイイイイイイイイイイッ!!!!」





    シャビィ「シャラアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!」































    カレン「ふぇ?」








    「5…4…3…」








































































    エレシャビ「死ね女神いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいぃぃぃぃぃぃいぃぃぃぃぃぃぃっっっ!!!!!!!」







    ブーーーーーーーーーーーーーーン


  80. 80 : : 2015/08/28(金) 09:09:26

    「2…1…」































    ドカアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァン








    ドカアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァン

















    カレン「」ヒューーーーーーーーーーーーーン









    ガシャアアアアアアアアアアアアン
































    ジャン「や……」




    アニ「やった……」




    アラン「爆発した……」


  81. 81 : : 2015/08/28(金) 21:04:40




    エレン「ハァハァ、ハァハァ」




    シャビィ「ゼェゼェ、ゼェゼェ」

































    「あ~~~~~~~~~~~~~~~~あ」




















    「な~~~~にしてくれちゃってんのお前ら~~~~」

















    エレン「!!?」クルッ




    シャビィ「ッ!!?」クルッ





















    カレン(首)「お前ら面白いから気に入ってたのに~~~」



    カレン(首)「しらけたわ~~~~~~」









    ジャン「この声……!!」



















    カレン(首)「そ。本物はこっち。残念だったね~~~~」















    エレン「そんな……」




    エレン「いつの間に……!!?」

















    カレン(首)「そりゃ女神だからね~~~~。なんでもできちゃうわけ。おわかりぃ?」












    カレン(首)「さ~~~~~てと」








    カレン(首)「こんなことしたお2人にはお仕置きだよ♪」


  82. 82 : : 2015/08/28(金) 21:09:55




    カレン(首)「実行委員」















    ―――――――――――
    天井





    クルミ割り人形「うんしょ、うんしょ」




    爆弾       爆弾



































    エレン「え……」



















    アニ「エレン……ダメ。逃げ……!!」



















    カレン(首)「投下ぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」


















    ヒューーーーーーーーーーーーーン






































    エレン「あ……」



    シャビィ「ふ……」

















  83. 83 : : 2015/08/28(金) 21:10:26





































































  84. 84 : : 2015/08/28(金) 21:10:43






























    ドカアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァン


















    ドカアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァン






























  85. 85 : : 2015/08/28(金) 21:16:36





































    エレン「」バタン








    シャビィ「」バタン


















































    アニ「エレン……?嘘……」















    カレン(身体)「」アタマヒョイ



    ゴキッ バチン








    カレン「フゥ~~、これでよしと」










    カレン「あ、もういらないやそれ」








    カレン「捨てといてぇ」





    クルミ割り人形「アイサ」


    クルミ割り人形「ガッテン」



    ヒョイ ヒョイ



















    アニ「エレン……嫌だ……ダメ…行かないで……」

























































    クルミ割り人形「」ポイ



    クルミ割り人形「」ポイ
























































    アニ「エレエエエエエエエエエエエエエェェェェェェンンンンンッッ!!!!!!」



  86. 86 : : 2015/08/28(金) 21:30:47



















    エレン「・・・・・・・・・・・・・・・・」




    シャビィ「・・・・・・・・・・・・・・・」





    ヒューーーーーーーーーーーーーン





















    俺たちは失敗した。





    俺たちの日常を、俺たちの友達を奪った






    あの悪魔を討てなかった。







    全てが無駄に終わってしまった。








    俺は自分の非力を、弱さを悔いた。









    ちくしょう……















    ちくしょう……






















    ピカアッ













    エレン「あっ……」















    その時、俺は見た。見たんだ。





















    ”希望の光”を……






































    終わり



  87. 87 : : 2015/08/28(金) 21:58:10










    原案:諌山創(進撃の巨人)

       中川沙樹(進撃!巨人中学校)

       金城宗幸(神さまの言うとおり)

       藤村緋二(神さまの言うとおり)













    企画・執筆:ローリン・ナオト












    スペシャルサンクス


    ジャン最高様  雛莉華様  MARIA様



    ひなのん♪様  エレアニファンクラブ様



    heiße様 螺騎様  マルス・ロッサム様



    ジャンもっと報われろ!様  ニア様



    紫陽花様  NOBU様



    その他

    コメをくださった名無しの皆様


    ご鑑賞いただいた全ての皆様


















    配給:ssnote



























































    女神さまの言うとおり





       ―完―









  88. 88 : : 2015/08/28(金) 22:24:59



    あとがき


    思えばこれを書き始めたのは今から約3ヶ月前の5月20日。


    もう3ヶ月も経っていたのにちょっと驚きですね。


    ただDVDの発売を記念して書き始めただけなのに、まさかこんなにいろんな人に見ていただけるなんて、なんて言ったらいいのやら……。


    そうですね。今の気持ちを一言で表すなら、「とても嬉しい!!」


    そして「やっと終わった!!」この2つですね(笑)





    映画版も書こうと思ってたんですが、あんな中途半端な終わり方じゃ、「どうやって終わらせれりゃいいんだよ!?」ということで、こちらは中断しました。


    続編の映画やってくれないかなぁ……。



    まあそんな根も葉もない期待をしながら、僕はちょっと待ってるんですよね。

















    では最後に




    ここまで最後までお付き合い、見てくださった皆様!!


    全ての作品にコメを下さった皆様!!







    僕を支えてくださった全ての皆様に感謝いたします!!!






    ありがとうございました!!!






    企画・執筆 ローリン・ナオト


  89. 89 : : 2015/08/28(金) 23:34:53
    あの…私がバカだから分かってないだけかもですが、ミカサやアルミンについてはどうなったんですかね…
  90. 90 : : 2015/08/29(土) 01:33:01
    神様の言う通り×進撃の巨人
    は初めて見ました!とても面白かったです!
  91. 91 : : 2015/08/29(土) 09:08:47
    神言う×進撃とても面白かったです!お疲れ様でした!
  92. 92 : : 2015/08/29(土) 10:43:55
    とっても面白かったです!
    三ヶ月にわたる執筆お疲れ様でした!

    一話から毎回とても読んでて、エレン達がどうなるのか気になってハラハラドキドキしてました 笑
    素敵な作品をありがとうございます!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
hinokagututi

ローリン・ナオトLV.50

@hinokagututi

この作品はシリーズ作品です

女神さまの言うとおり シリーズ

「進撃の巨人 × ホラー」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場
「ホラー」SSの交流広場
ホラー 交流広場