ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

エレン「(必ず…巨人を…)」1 エレンチート

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/03/09(日) 23:15:54
    名もなき者です。
    もう一つ書いてるssと両立していきたいと思います。
  2. 2 : : 2014/03/09(日) 23:16:52
    今日は無理なので、今度投稿します。
  3. 3 : : 2014/03/09(日) 23:18:12
    あと、特にカップリングはありません。
  4. 4 : : 2014/03/10(月) 15:02:28
    こんにちは
  5. 5 : : 2014/03/10(月) 15:02:44
    今日中に投稿します。
  6. 6 : : 2014/03/10(月) 15:06:01
    うぃー
  7. 7 : : 2014/03/10(月) 17:16:59
    少し投稿します。

    844年

    エレン「あれ?」

    エレン「いつの間にか寝ちまった…」

    ミカサ「エレン、薪集めは終わった。」

    エレン「あぁ、すまんありがとな」

    エレン「さて、そろそろ帰るか…」

    ミカサ「えぇ」

    エレン「う、うわぁぁぁぁぁ」バタ

    ミカサ「エレン!?」

    エレンは、激しい頭痛とめまいに襲われた…

    エレン「ん」

    ミカサ「エレン、大丈夫?」

    エレン「あぁ」

    エレン「もう、大丈夫だ」

    グリシャ「エレン、おそらく疲労だろう。」

    エレン「疲労?」

    エレン「俺は、全く疲れなどはなかったぞ?」

    グリシャ「何!?」

    グリシャ「じゃあ何故?」

    エレン「まぁ、いいや」

    エレン「疲れもねぇから、アルミンと遊んでくる。」ダッ

    グリシャ「お、おい待ちなさい!エレン!」

    カルラ「ミカサ!エレンを追って!」

    ミカサ「分かった」

    カルラ「あの子大分あぶなかっしいから、頼んだよ」

    ミカサ「うん」ダッ

    ミカサ「え?」

    ミカサ「え、エレン」

    エレンは、ミカサよりもはるか早いスピードで、走って行った、
  8. 8 : : 2014/03/10(月) 17:21:51
    ミカサ「(何故、エレンがあんなに早い)」

    ミカサ「(エレンは、私より遅いはず…)」

    ミカサが考えている間にエレンは、姿を消した。

    ミカサ「え、エレン?」

    ミカサ「速くいかなくては…」
  9. 9 : : 2014/03/10(月) 17:23:42
    期待
  10. 10 : : 2014/03/10(月) 17:28:55
    期待だぜ!
  11. 11 : : 2014/03/10(月) 17:37:38
    いじめっ子「異端者!殴り返すことができねぇのかよ!」

    アルミン「そんなことするわけがない!」

    アルミン「そんなことしてしまったら、君たちと同類じゃないか!」

    いじめっ子2「何だと!」

    アルミン「君たちは、僕が言ってることが正しく認めてるから、言い返せなくて、殴ることしかできないんだろ!」

    アルミン「それは、僕に…」

    アルミン「降参したってことだろ!」

    いじめっ子3「もう、頭に来た!」

    エレン「おい、お前ら!」

    いじめっ子1「エレンだ!一人で来やがった」

    いじめっ子2「今度こそ、ぶちのめしてやる!」

    エレン「おりやぁぁぁぁぁぁ」

    ドガーン

    アルいじ2,3「!?」

    エレン「な、何だこの力…」

    いじめっ子3「おいおい、嘘だろ?」

    アルミン「壁にめり込んでる…」

    いじめっ子2「お、おい早く助けて逃げるぞ」ガクブルガクブル

    いじめっ子1,2,3「助けてぇぇぇ」ダダダダダダ

  12. 12 : : 2014/03/10(月) 17:41:38
    >>9>>10
    ありがとうございます。
  13. 13 : : 2014/03/10(月) 17:42:54
    塾があるので、一旦切ります。
    帰ってできたら、投稿します。
  14. 14 : : 2014/03/10(月) 18:01:31
    エレン本人も分かってないとは……期待
  15. 15 : : 2014/03/10(月) 19:38:22
    ヴァルキリーさん
    >>7の中に、ヒントがあります。
    その時に…あっ!この先を、言っては…
  16. 16 : : 2014/03/10(月) 20:31:59
    ただいまです。(まっ>>15の地点で、帰ってたんですけどね。)
    ご飯食べるなり、お風呂入るなりして、遅くなりました。
  17. 17 : : 2014/03/10(月) 20:32:16
    投稿します。
  18. 18 : : 2014/03/10(月) 20:45:34
    アルミン「え、エレン?」

    アルミン「何?その力…」

    エレン「し、知らん…」

    ミカサ「え、エレン」タッタッタッタッタッ

    エレン「お、ミカサ」

    ミカサ「エレン、何なの?」

    エレン「は?なんだよいきなり…」

    ミカサ「エレンすごいスピードで走ってたけど…私が、追いつかなかった。」

    エレン「は?なんだよ…それ…」ガクブルガクブル

    アルミン「エレン、君はなんなの?さっきの力といい、そのスピードは…」

    ミカサ「力?」

    アルミン「さっき、僕がいじめっ子に殴られたときに、僕を助けるためにいじめっ子を殴ったら、壁にいじめっ子がめり込んだんだよ…」

    アルミン「ほら、この通り」

    ミカサ見た光景は、壁に大の大人がすっぽり入るぐらいの穴が開いていた。

    ミカサ「でも、なんでいきなりエレンがこんなになったの?」

    アルミン「今日の出来事を、思い出してみようか。」
  19. 19 : : 2014/03/10(月) 20:46:37
    オリジナル感goo
  20. 20 : : 2014/03/10(月) 20:48:38
    ありがとうございます。
  21. 21 : : 2014/03/10(月) 20:49:19
    まぁこれからは、少し原作と同じになります。
  22. 22 : : 2014/03/10(月) 20:57:05
    あと、もちろんすべての能力が高いです。

    最高が10としましょう

    体術…10

    基礎体力…オーバー

    立体起動…オーバー

    座学…10

  23. 23 : : 2014/03/10(月) 20:57:39
    オーバー…10を切っているという事
  24. 24 : : 2014/03/10(月) 20:58:34
    >>22最高を10にした意味ないな...
    期待してるけど
  25. 25 : : 2014/03/10(月) 20:59:45
    一言足りてませんでした。
  26. 26 : : 2014/03/10(月) 21:01:03
    エレン以外の人の能力の最高能力が、10でした。
    いつも、一言足りなくて、すみません…
  27. 27 : : 2014/03/10(月) 21:19:02
    ~省略~

    エレン「ということがあったんだ。」

    アルミン「そういう事が…」

    アルミン「何だろう?」

    アルミン「あのさ、頭痛とめまいに襲われた時、どうだったの?」

    エレン「どうだったといわれても、そんなこと言われてもな~」

    アルミン「でも、それが原因なのは、確かなのは事実なんだよね。」

    エレン「まぁ~そうd」

    ビリリ!ドカーン!

    エレン「何だ!?」

    アルミン「あっちの方だよ」

    エレン「あぁ、行ってくる」ダッ

    ミカサ「え、エレン」ダッ

    アルミン「ちょっと」タッ

    エレン「お、おい」

    ミカサ「えっ!?」

    アルミン「ちょっと二人と…!?」
  28. 31 : : 2014/03/11(火) 21:03:14
    21:30です。
  29. 32 : : 2014/03/11(火) 21:30:02
    来たよ~!
  30. 33 : : 2014/03/11(火) 21:32:52
    SS書くと聞いて(シュタッ)
  31. 34 : : 2014/03/11(火) 21:35:33
    今から、投稿します。
  32. 35 : : 2014/03/11(火) 21:36:10
    この覚醒には何か裏がありそうだな・・・。カップリング無しは残念だなぁ・・・
  33. 36 : : 2014/03/11(火) 21:36:28
    >>32
    今日も、ありがとうございます。
  34. 37 : : 2014/03/11(火) 21:37:36
    希望があるなら、書きますよ
  35. 38 : : 2014/03/11(火) 21:37:37
    ガンバレ
    期待してます
  36. 39 : : 2014/03/11(火) 21:38:15
    ありがとうございます。
  37. 40 : : 2014/03/11(火) 21:39:25
    カップリングは、いりますか?
    あるなら、45まで、多数決で決めます。
  38. 41 : : 2014/03/11(火) 21:40:44
    エレアニクリで
  39. 42 : : 2014/03/11(火) 21:41:37
    他にありませんか?
  40. 43 : : 2014/03/11(火) 21:43:16
    >>41
    精いっぱい頑張りますが、無理でしたらどちらかにするので、メインはどちらですか?
  41. 44 : : 2014/03/11(火) 21:43:44
    エレサシャで
  42. 45 : : 2014/03/11(火) 21:44:11
    期待だ!
    僕はエレアニで!!
  43. 46 : : 2014/03/11(火) 21:44:20
    >>43メインはエレアニで
  44. 47 : : 2014/03/11(火) 21:45:32
    >>46
    OK
    >>44
    ごめんなさい。
    >>45
    ありがとうございます。

    投稿します。
  45. 48 : : 2014/03/11(火) 21:55:43
    ミカサ「あ、あれは…」

    エレン「巨人…」

    アルミン「で、でもあまりにもでかすぎる…」

    アルミン「巨人は、最大まで15メートルまでのはず…でもあれは…」

    アルミン「50メートル以上だぞ!」

    超大型巨人「」ズズズズズズ

    ミカサ「動いた」

    エレン「!?」ダッ

    ミカアル「エレン!」ダッ

    エレンの研ぎ澄まされた直感が、頭をよぎる。

    エレン「まさか…まさか!」

    エレン「母さん!」

    ドーン

    大きな音とともに、エレン達の日常が…崩れた…

    アルミン「破壊された…」ピタ

    ミカサ「速く、エレンを…」

    アルミン「ミカ…サ…(行ったら、ダメだ!ほかにエレン達を助ける方法はある)」
  46. 49 : : 2014/03/11(火) 22:07:46
    エレン「ここを曲がれば、俺たちの家が…」

    エレン「崩れてる…」ピタ

    カルラ「エレン!」

    エレン「母さん!」

    エレン「これをでければ…母さんは!」グググ

    ミカサ「エレン」

    エレン「ミカサ、手伝ってくれ!」

    ミカサ「うん」グググ

    ズシンズシン

    カルラ「巨人が来たよ…」

    カルラ「二人ともやめて!」

    エレン「でも!母さんが!」

    カルラ「もういいんだよ」ポロポロ

    エレン「え?」

    カルラ「私は、二人が生きてるだけで、私は幸せだから…早く逃げて…」ポロポロ

    エレン「でも、でも…」ポロポロ

    エレン「俺達は!」

    エレン「良くないんだよ――――――――――――」

    エレン「」ピリリ

  47. 50 : : 2014/03/11(火) 22:17:25
    この時であった…エレンに眠る真の力が目覚めた…

    エレン「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ」ズズズ

    木の柱が、少しずつ持ち上がっていった…

    ミカカル「!?」

    ミカサ「え、エレンその力…」

    エレン「か、母さん…は…やく…」

    カルラ「うん」

    カルラ「いいよ」

    ズドン!

    カルラは助かるが、もう一つの恐怖があった…

    巨人「」ニター

    エレカルミカ「!?」

    巨人が、エレン達の目の前にいた…
  48. 51 : : 2014/03/11(火) 22:24:13
    期待してます!!
  49. 52 : : 2014/03/11(火) 22:29:17
    他のしみぃ^^
  50. 53 : : 2014/03/11(火) 22:31:54
    巨人「」シュッ

    巨人が、エレン目がけて手を伸ばした。

    カルラ「エレン!」ドン

    巨人「」ガシ

    カルラ「うっ」グググ

    エレミカ「!?」

    カルラは、エレンをかばい、代わりに巨人に捕まった…

    エレン「母さん!」

    エレン「何で…俺のために…」ポロポロ

    カルラ「決まってるじゃない。」

    カルラ「エレン、あなたは私の息子…愛してるわよ。」ニコ

    カルラ「エレン、ミカサ、生き延びるのよ。」

    巨人「」ガブ

    ブシャャャャャ

    カルラは、笑顔のまま食べられた…

    エレン「母ぁぁぁぁぁぁさぁぁぁぁぁぁん!」ポロポロ

    ミカサ「おば…さん…」
  51. 54 : : 2014/03/11(火) 22:34:26
    あぁ…やっぱ死ぬのか…
  52. 55 : : 2014/03/11(火) 22:35:54
    >>54
    はい…

    一旦切りますが、できたら投稿します。
    出来なかったら、また明日。
  53. 56 : : 2014/03/11(火) 22:40:24
    エレンチートすっげえ好き!期待!!
  54. 57 : : 2014/03/11(火) 22:50:53
    なんにしてもカルラは・・・・
  55. 58 : : 2014/03/11(火) 22:56:06
    母ぁぁぁぁぁぁさぁぁぁーーーーん!
  56. 59 : : 2014/03/11(火) 22:56:50
    おのれ!!カルライーターめ!!
  57. 60 : : 2014/03/12(水) 17:50:49
    19時に投稿します。
  58. 61 : : 2014/03/12(水) 19:18:03
    投稿します。

    一方

    アルミン「あ、ハンネスさん!」

    ハンネス「あぁ、アルミン無事か…エレンとミカサは!」

    アルミン「エレンとミカサが、反対側に行っちゃた。」

    ハンネス「何だと!」

    アルミン「多分、家に行ったんだと思うよ!」

    ハンネス「そうか、俺はエレン達を助けに行くから、アルミンは船に乗ってろ」パシュ

    アルミン「うん、頼んだよ!」
  59. 62 : : 2014/03/12(水) 19:26:48
    ハンネス「もう巨人がこんなに!?」シュュュュュ

    ハンネス「エレン、無事でいてくれよ」シュュュュュ

    ハンネス「あともう少し」シュュュュュ

    ハンネス「エレnカァァァァァァサぁァァァァァン

    ハンネス「カルラ!クソ!」

    ハンネス「エレンとミカサだけでも」バサ


  60. 63 : : 2014/03/12(水) 19:50:55


    ハンネス「エレン、ミカサ…」

    ハンネス「俺がもう少し早く来ていれば…」グ

    ミカサ「また、これか…」

    ハンネス「さぁ、船に乗れ」

    アルミン「ミカサ!」

    アルミン「エレ…ン?」

    エレン「(母さんが、死んだ…)」

    エレン「(俺にもっと力があれば、母さんは…)」ジワ

    エレン「(俺がもっとこの力を使いこなせれば…)」ガシッ

    アルミカ「!?」

    エレン「駆逐してやる!」

    アルミン「え、エレン?」

    エレン「この世から…一匹残らず…」

    エレン「巨人を…駆逐してやる!」
  61. 64 : : 2014/03/12(水) 19:51:33
    鎧の巨人が来たところは、省略します。
  62. 65 : : 2014/03/12(水) 20:04:57
    一旦切ります。
  63. 66 : : 2014/03/12(水) 20:05:13
    22時にまた投稿します。
  64. 67 : : 2014/03/12(水) 22:00:50
    駆逐系男子ここにあり
    期待!!!!!!!!!!!!
  65. 68 : : 2014/03/12(水) 22:02:48
    今から、投稿します。
  66. 69 : : 2014/03/12(水) 22:16:57
    5年後

    キース「104期入団式をはじめる!」

    キース「貴様は何者だ!」

    ハッ!シガンシナクシュッシンアルミン・アルレルト!・・・

    エレン「(俺は、ここでこの力を使いこなせるようになって…)」

    エレン「(俺は…)」







    エレン「(必ず、巨人を…)」
  67. 70 : : 2014/03/12(水) 22:18:04
    これは、ここまで!

    これは、シリーズにします。
  68. 71 : : 2014/03/12(水) 22:21:05
    エレンのあの力は一体・・・?何かに憑かれでもしたのか?
  69. 72 : : 2014/03/12(水) 22:23:05
    期待
  70. 73 : : 2014/03/12(水) 22:27:20
    >>71
    そこの説明してませんでしたね。
    そこは、エレンが寝た時に、肉体、細胞が急激に活性化し、強くなった感じで、副作用的なもので、エレンが頭痛、めまいに襲われた感じですかね…
  71. 74 : : 2014/03/12(水) 22:27:31
    適当で、すみません…
  72. 75 : : 2014/03/12(水) 22:27:56
    >>72
    ありがとうございます。
  73. 76 : : 2014/03/12(水) 22:42:44
    http://www.ssnote.net/archives/12042
    エレン「もう一つの…兵団…」2を立てました。
  74. 77 : : 2014/03/13(木) 10:34:38
    73
    なんだミカサにひっぱたかれておかしくなったのかと思った
  75. 78 : : 2014/03/14(金) 07:11:58
    じょーずに焦げました!!(=期待)
  76. 79 : : 2014/08/04(月) 18:22:21
    放置してるー
  77. 80 : : 2014/08/12(火) 22:27:23
    まだかなー
  78. 81 : : 2014/08/12(火) 22:28:07
    だれかいますかー?
  79. 82 : : 2014/12/30(火) 05:23:15
    やばいな
  80. 83 : : 2015/01/29(木) 22:03:15
    戻ってくるかな?
  81. 84 : : 2015/02/04(水) 22:11:15
    エレンイェーガー戦闘力リヴァイミカサそれぞれ1000人分知能アルミンエルヴィンそれぞれ1000人分立体起動ジャン1000000000000000人分格闘術アニ10000000000000分いわゆる人類超最強と言ったところかな
  82. 85 : : 2015/06/06(土) 02:41:40
    http://www.ssnote.net/archives/12042

    みた感じだれも貼ってないっポイから貼っときます。今更感あるけども。
  83. 86 : : 2018/01/06(土) 12:13:15
    期待

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
a_wiht

名もなき者

@a_wiht

この作品はシリーズ作品です

~もう一つの兵団~ シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場