ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

エレン「反転する薬?」

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2021/12/17(金) 21:57:36


     それはとある日のとある休日、偶然に偶然が重なって出来上がった奇跡のような薬が、アルミンの手によって作り出されたのだった…。


    〜食堂〜


    エレン「反転する薬?」

    アルミン「うん、昨日徹夜で作ったんだけどね…実験で寝ていたベルトルトに飲ませてみたら瞬く間に頭が足の位置まで移動したんだ。それも身じろぎ無しで」

    エレン「そりゃまた微妙な…それベルトルトの寝相が悪いだけじゃねえの?」

    アルミン「いや流石に寝相で片付けられないよあれは。…ところでエレン」

    エレン「飲まねえぞ」

    アルミン「早っ!?最後まで言わせてよ!」

    エレン「どうせ飲んだら碌でも無いことになって、身体が爆発するんだろ?絶対飲まねえぞ、爆発なんざしねえぞ俺は!」

    アルミン「しないよ爆発は!僕が作るものをなんだと思ってるんだ!」

    エレン「爆発物」

    アルミン「はぁ!?」
  2. 2 : : 2021/12/17(金) 22:08:17


    アルミン「誰の発明品が爆発物だっていうのさ!今まで爆発したことなんて一回でもあったかい!?」

    エレン「無い、でも爆発する」

    アルミン「しないってだから!」


     謎のエレンの爆発推しに翻弄されるアルミン。そんな二人の元へ寄る人物が一人。


    ミカサ「おはよう」

    アルミン「うわぁっ!?ミカサ!?おはよう!」

    エレン「おはようミカサ。席は空けといたぞ」

    ミカサ「ありがとうエレン。でもいくらなんでも私のパンで席を空けるのはどうかと思う」

    エレン「確かに…ケツに敷かれたらパンが潰れちまうもんな」

    ミカサ「違う。私が言ってるのはそういうことじゃ無いの」

    エレン「分かった分かった…要はあれだ、パンが欲しいんだろ?席を空ける用のパンと…仕方ねえな、俺のパンやるよ。これで席も空けれるしパンも食えて一石二鳥だな!」

    ミカサ「何にも完結してないと思う。でもパンはもらう。ありがとう」

    アルミン「うーん…ツッコミ役がいないから僕を挟んでの混沌空間が広がってるや。僕の話も忘れ去られてるし…」

    ミカサ「エレン、椅子のパンはどうすれば良い?」

    エレン「食えば良いんじゃねえの?」

    ミカサ「でももう踏んで潰れた」

    エレン「じゃあサシャにあげとけ」

    ミカサ「分かった」


     サシャ,パンアゲル ホントウデスカ!アリガトウゴザイマス! ミ,ミカサ!オレニハ… ナイ
  3. 3 : : 2021/12/17(金) 22:21:30



    エレン「それで…ベルトルトの頭と足が合体した話だっけ?もう聞き飽きたぜそれ」

    アルミン「話したのは今が初めてだし、違う話だねそれ。僕が言いたいのは僕が発明したこの『反転する薬』を飲んで欲しいということだね、うん」

    エレン「うーん…人体に悪影響はないんだよな?爆発とか」

    アルミン「しないよ、現にベルトルトは爆発してないでしょ?」

    エレン「あぁ、たしかに…」チラ


    ライナー「お、おいベルトルト、お前大丈夫か?」

    ベルトルト「あ、ぁ…ライナー…朝から腹痛と胃もたれと…何故か知らないけど、頭が足に向かって引っ張られるような感覚がして…これで長座体前屈が捗りそうだよ…ウッ」ゴキッ

    ライナー「べ、ベルトルトぉーっ!」


    エレン「大丈夫そうだな」

    アルミン「でしょ?」

    ミカサ「大丈夫じゃないと思う」

    エレン「これなら飲んで…大丈夫か」

    アルミン「よし!じゃあグイッと!グイッといっちゃって!」

    ミカサ「一気飲みの音頭じゃないの、薬の一気飲みは危ない」

    アルミン「何言ってるんだ!こういう時はそう…時には歩くより…まず走れだよ!」

    ミカサ「作品が違う、考え直してエレ___

    エレン「おい、飲んでも何も起こらねえぞ」

    ミカサ「エレン!?」

    アルミン「うーん…副作用もないようだし、エレンには何もないのかな?…面白くないなぁ」


     と、さらりとアルミンがゲス発言をした瞬間、エレンの背後から何者かが現れる。
  4. 4 : : 2021/12/18(土) 13:09:12



    クリスタ「おはようエレン!アルミンとミカサも!」

    エレン「お、クリスタか。おはよう」

    アルミン「お、おはようく、クリスタ!」

    ミカサ「おはよう」

    エレン「それで、どうしたんだ?」

    クリスタ「あ、騒がしかったから何だろうと思って来て見たんだけど…」

    エレン「あ、スマン。煩かったよな?ごめんなアルミンが」

    アルミン「なんで僕なのさ!?」

    クリスタ「あはは…大丈夫だよ。あっ!そういえばエレンに用があったんだ!」

    エレン「ん?」

    クリスタ「血をちょっと分けてくれないかな?衛生班の人が月一回の健康診断のためにって私がお願いされたんだけどさ。あ、この入れ物にお願い」

    エレン「お、おう。アルミンとミカサはもうやったのか?」

    アルミン「あー、あったねそんなの。昨日ジャンに言われたよ」

    ミカサ「私も。ただ血を出しすぎて貧血になったから午後の訓練に参加できなかった」

    エレン「だからいなかったのかお前。…まぁいいか、この容器に入れればいいんだな?どれくらいだ?」

    クリスタ「あっ、半分くらいまででいいよ」

    エレン「分かった。……どこから血出せばいいんだ?」

    クリスタ「歯で指の腹を噛み切るってやり方もあるけど…怖かったら針もあるけどいる?」

    エレン「いや、この程度は怖くねえさ。…ふんっ」ブチ


     エレンが血を出すために親指の腹を噛み切った瞬間…エレンの身体が発光し、眩い光を放った。

     その眩い光に目が眩んだクリスタ、アルミン、ミカサは腕で目を覆い隠し、光が収まるまでその身を硬直させていた。

     そして数秒か数十秒か…光が収まったのを確認した三人は、ようやく視界を取り戻した。


    アルミン「び、びっくりした…」

    クリスタ「な、なんだったの今、え、エレンがぴかーって」

    ミカサ「エレン!大丈夫!?」

    エレン「おう!大丈夫だ!だけどパンがデカくなった!」

    ミカサ「そう…よかった。でもエレン、姿が見えない」

    アルミン「うん?パンがデカくなったって?」

    クリスタ「み、み、み、ミカサ!椅子!椅子の上に!」

    ミカサ「?」


     ミカサが自分の座っていた椅子の上をみて、何もないことを確認する。


    ミカサ「何もない」

    クリスタ「違う!え、エレンの椅子!」

    ミカサ「?」


     ミカサがエレンの椅子を確認すると…そこには、身の丈以上あるパンに一生懸命齧り付いているエレン…いや、小さくなったエレンの姿があった。


    ミカサ「エレン!?可愛い!」

    アルミン「心の声が漏れてるよミカサ。…とはいえ、反転する薬でどうして…エレンは特別身長が高いわけでもないし…うーん」

    クリスタ「ど、どうなってるのこれ」

    エレン「もがもが(パンがでけぇ!)」
  5. 5 : : 2021/12/19(日) 14:12:50



    クリスタ「か、可愛い…!」

    ミカサ「え、エレン。齧り付くのは行儀が悪いから…」

    エレン「つっても手で千切れねえし…あれ?なんかお前らデカくね?」

    アルミン「エレンが小さくなったんだよ。僕の薬でね」

    エレン「おわっマジだ!やべえじゃねえか!」

    アルミン「確かにね、明日の訓練にも響く。でも大丈夫!解毒剤は今日の夜くらいに___

    エレン「こんな小さかったら誰かに潰されちまう!アニと格闘訓練できねえし立体起動装置もつけれねえじゃねえか!」

    アルミン「僕以上にデメリットに気付いてる!?」

    ミカサ「訓練に関してだったらエレンは頭が回る」

    クリスタ「…」ソワソワ


     小さいエレンの後ろ姿をクリスタが中腰でマジマジと見ており、何やら難しい顔をしている。

     そして意を決したようにクリスタはエレンに手を伸ばし、指を一本突き立て…


    エレン「んぇ」プニ

    クリスタ「…柔らかい」

    エレン「ふひふは(クリスタ)?」プニプニ

    アルミン「完っ全に玩具だね」

    ミカサ「羨ましい…私も」

    エレン「みははも(ミカサも)…」プニプニ

    アルミン
  6. 6 : : 2022/02/21(月) 21:29:53
    (^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^)(^ω^

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
Garia

うづき

@Garia

「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場