ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』 ――はじまり編 No.3――

    • Good
    • 13

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/10(木) 11:37:36
        進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』

    ――――3年後(850年)――――

    教官「本日、訓練兵を卒業する」

    教官「その中で最も成績の良かった10名を発表する、呼ばれた者は前へ」

    教官「主席、ミカサ・アッカーマン」

    教官「次席、ユーク・トラス」

    教官「第3位、ライナー・ブラウン」

    教官「第4位、ベルトルト・フーバー」

    教官「第5位、アニ・レオンハート」

    教官「第6位、エレン・イェーガー」

    教官「第7位、ジャン・キルシュタイン」

    教官「第8位、マルコ・ボット」

    教官「第9位、コニー・スプリンガー」

    教官「第10位、サシャ・ブラウス」

    教官「以上10名」
  2. 2 : : 2013/10/10(木) 11:38:35

    教官「本日を以て訓練兵を卒業する諸君らには、
       3つの選択肢が与えられる」

    教官「壁の強化に努め各街を守る『駐屯兵団』」

    教官「犠牲を覚悟して、壁外の巨人領域に挑む『調査兵団』」

    教官「王の元で民を統制し、秩序を守る『憲兵団』」

    教官「無論、諸君ら新兵から憲兵団へ入団できるのは、
       成績上位10名のみだ」

    教官「後日、配属兵科を問う」

    教官「本日はこれにて、第104期訓練兵団解散式を終える、以上!」

    一同「ハッ」ビシ


  3. 3 : : 2013/10/10(木) 11:39:44

    ――――食堂――――

    「いーよな、お前らは10番以内には入れてよ!」

    「どーせ、憲兵団に入るんだろ?」

    ジャン「ハァ?当たり前だろ?
        何のために努力してきたっていうんだよ?」

    マルコ「オレも、憲兵団にするよ。
        王の近くで仕事ができるなんて…光栄だ!!」

    ジャン「まだ、お利口さんやってるのか、マルコ?」

    ジャン「言えよ、本音を。内地に行けるからだろ?」ニヤリ

    ジャン「やっと、このクッソ息苦しい最前線の街から脱出できるからだろ?
        内地での安全で“快適”な暮らしが俺達を待ってるからだろうが?」

    マルコ「なっ、お前、恥を知れよ。少なくともオレは…」

    ジャン「あーすまん、俺が悪かった。お前は優等生だったな」
  4. 4 : : 2013/10/10(木) 11:41:33

    ジャン「しかし、お前らならどうする?」バッ

    ジャン「お前たちも内地の特権を蹴ってまで、
        『人類の砦』なんて美名のためにここに残るのか?」


    シーン


    ジャン「だよなぁ、みんな内地に行きたいよな?
        好きでこんな端っこの街に生まれたわけ
        じゃないんだし、だれでもそうはずだ」

    ジャン「で、そこのお二人はどうするんだ?ユーク、アニ?」チラ

    アニ「私は、憲兵団に行く意志はずっと変わらない」

    アニ「でもアンタと同じだなんて思われたくないね」フイ

    ジャン「ハハハ、相変わらず連れねぇな、アニ」

    ジャン「で、お前はどうなんだ、ユーク?」チラ

    ユーク「“相変わらず”はジャンの方だろ?もちろん憲兵団に行く。
        俺もその意志は変わらない…守りたいものもあるしな」

    アニ「……」
  5. 5 : : 2013/10/10(木) 11:44:21

    ジャン「へーへー、“相変わらず”お熱いこって」ケラケラ

    エレン「なぁ、内地が“快適”とか言ったな?
        ここも5年前まで内地だったんだぞ?」

    エレン「ジャン、内地に行かなくても、
        お前の脳内は十分“快適”だと思うぞ?」

    ライナー「ブフー」ブシュッ

    アルミン「うわーーー!?」ビシャビシャ

    ライナー「す、すまん」フキフキ プルプル

    ミカサ「エレン、やめなさい」

    ジャン「エレン、現実を見ろ。3年前の人類の2割を投入した作戦も、
        1体の巨人を倒すために平均30人は死んでいき、最終的には全滅だ」

    ジャン「たとえ、それから多少巨人の情報を得たところで、この先、
        あとどれだけの人間を投入すれば、巨人に勝利できるんだ?
        人口が出揃うまで巨人は待ってくれるのか?」

    エレン「だからって諦めるのか?確かに3年前の敗北も
        超大型巨人をはじめとして巨人に対して無知
        だったことが最大の敗因だ」

    エレン「だが、彼らの犠牲から得られた情報を次に
        繋げなければ、彼らの死はどうなるんだ?」

    エレン「彼らの死を無駄にしないためにも俺たちは
        巨人に挑み続けなければならないんじゃないのか?
        違いか、ジャン!?」

    ユーク「……」
  6. 6 : : 2013/10/10(木) 11:45:24

    エレン「…俺には、夢がある」

    ジャン「……」

    エレン「巨人を駆逐して、この狭い壁の中から飛び出して、
        外の世界を探検する!」

    エレン「その夢のためなら、この命をも賭けてやる!」

    ユーク「……(エレンも相変わらずか、まぁこれが彼のいいところだけどね)」

    ジャン「その話はもう、聞き飽きたよ、耳に胼胝(たこ)ができるくらいに」

    ジャン「エレン、お前が諦めの悪い馬鹿だってことはわかったから、
        さっさとこのお通夜みたいな雰囲気、自前のムードメーカーでなんとかしろ」

    エレン「うるせぇな、てめぇがさっさと内地にでも行け、
        この敗北主義者が」

    ジャン「この死に急ぎ野郎…」

    エレン「…」

    ジャン「…」

    エレジャン「ふっ」バキッ

    ユーク「(まーた、始まった…)」ヤレヤレ
  7. 7 : : 2013/10/10(木) 11:46:42


    ウォー マタ ハジマッタゼ

    ガンバレー ジャン

    マケルナー エレン


    ライナー「おーい、その辺にしとけよ?」


    バキッ ドガッ

    ワーワー イケイケー

    ライナー「…まるで聞いてねぇな」

    ミカサ「」スッ

    ユーク「(ん?ミカサ止めに入るのか?じゃあ俺も行かなきゃな)」スッ

    ミカサ「」ヒョイ

    エレン「ん?…うわ!?」

    エレン「放せよ!?ミカサ?」ジタバタ

    ジャン「へっ、まーたミカサにおんぶに抱っこか、エレン?」

    ユーク「お前もだよ、ジャン?」ヒョイ

    ジャン「!?ちょ、ユーク、なにしやがる!?降ろせ!」ジタバタ


    アッハッハッハッハ


    ミカサ「ありがとう、ユーク。私はエレンを担当する」スタスタ

    ユーク「どういたしまして。…ジャン、反省会だ。マルコもついてきて」スタスタ

    マルコ「ハハハ、わかったよ」スタスタ

    エレジャン「くっそぅ!」ジタバタ


  8. 8 : : 2013/10/10(木) 11:48:28

    ――――食堂の外――――

    ミカサ「エレンの熱くなると衝動的になる癖は結局、
        この3年間治らなかった」ヤレヤレ

    エレン「へっ、あいつが腰抜けだからムカついたんだよ」

    ミカサ「でも、解散式の日にまで喧嘩はやめて」

    エレン「はいはい、おれが悪かったよ。
        そういえば、お前、配属兵科の希望は?」

    ミカサ「私には特に希望はない。
        エレンのいくところが私の居場所」

    エレン「お前、まだそんなこと言ってんのか?何度も言ってるだろ?
        お前とアルミンには安全なところで暮らしてほしいって」

    ミカサ「でもそうなったら、私はエレンと離れ離れになってしまう。
        もう家族を失うのは耐えられない」

    エレン「…日常的に会えなくなるだけだろうが。
        永遠の別れっていうわけじゃねぇ。
        少しでいいから、考え直してくれないか?」

    ミカサ「…善処する」

    エレン「……」


  9. 9 : : 2013/10/10(木) 11:50:22

    ――――その裏側――――

    ユーク「」ポイッ

    ステーン

    ジャン「いってぇな」サスサス

    マルコ「突っかかってきたエレンもそうだけど、
        ジャンだってムキにならなくたって」

    ジャン「いいや、あいつだけはどうも気に食わねぇんだよ、    だからだ」

    ユーク「…まっ、喧嘩は終わったし、
        あとは本人に任せるよ、じゃあな」クル

    ジャン「…なぁユーク、お前はあいつのように
        調査兵団に行かなくていいのか?」

    ユーク「…」ピタ

    ジャン「お前だって、最初、エレンが語る外の世界の話を
        真剣に聞いてたじゃねぇか。エレンとも仲がいいし、
        てっきり調査兵団を希望してるものと思っていたが?」

    マルコ「そうだね、エレンの話に真剣に耳を傾けていたのは    よく覚えているよ」

    マルコ「それより、エレンともジャンとも同じくらい仲がいいのは
        ユークぐらいじゃないかな、正直珍しいよ」

    ユーク「俺も正直者が好きなんでな、だからバカ正直者な
        コニーやサシャも好きだし、付き合いやすいよ」

    ユーク「勿論、外の世界はみんなで探検したい。
        でも俺が憲兵団へ行くのは、“目的”があるから」

    ジャン「そっか…まぁ俺たちは3人とも憲兵団志望だ。
        これからもよろしく頼むぜ?」スッ

    マルコ「ああ、オレからもよろしく頼むよ、ユーク」スッ

    ユーク「…あぁ、これからもよろしくな、お前ら」ガシ


  10. 10 : : 2013/10/10(木) 11:51:02

    ――――宴会後――――

    ライナー「遅かったな、ユーク」

    ベルトルト「少し、遅刻だよ?」

    アニ「構い過ぎなんだよ、アンタは」

    ユーク「ごめんごめん、でもあいつらみてると面白くてさ」

    ライナー「まぁいい…それで、明日の話をするぞ?」

    ベルトルト「うん」

    アニ「やるんだよね?」

    ユーク「……」

    ライナー「どうした?迷いがあるのか?」

    ユーク「…いや、大丈夫だ、切り替える」

    ベルトルト「変な入れ込みは任務に支障をきたすから注意してね?」
  11. 11 : : 2013/10/10(木) 11:51:46

    ユーク「あぁ」

    アニ「……」

    ライナー「明日、また壁を壊す」

    ライナー「場所はこのトロスト区のウォール・ローゼ外門からだ」

    ベルトルト「今回も扉を蹴るのは僕だよね?」

    ライナー「あぁ、そうだ、それはまたベルトルトにやってもらう」

    ライナー「ウォール・ローゼ内門を壊すのは、また俺が担当する」

    アニ「私とユークは、今回は何もしなくてもいいんだよね?」

    ライナー「あぁ、ウォール・マリア内に巨人は十分いるし、
         今回はわざわざ引き寄せなくても大丈夫だと思う」

    ライナー「今回、アニとユークには俺達2人のアリバイ工作をしてほしい」

    ライナー「大事な役目だ、何をどうするかの判断はお前達に
         任せるが、抜かりなく頼むぞ?」

    ユーク「任せてくれ」

    ライナー「じゃあ、今日はこれで解散にしよう」


  12. 12 : : 2013/10/10(木) 11:52:05

    ――――翌日――――

    5年ぶりのその轟音に人々は思い出した

    巨人の恐怖を

    逃げ惑う人々を、今度は人間の姿から見て

    俺も再び思い出した

    俺が人類ではなかったことを――――


    To be continued…
  13. 13 : : 2013/10/10(木) 12:38:02

    第3話でした。

    ご閲覧いだたきありがとうございます。

    いきなりオリキャラのユークが次席という設定を取らせて
    いただきましたが、単純に入れたかったわけでもなく、
    無意味でもありません。

    細かい設定は随時、会話の中に示唆していくので、それぞれの思いで読んでみてください。
  14. 14 : : 2013/10/10(木) 12:53:56
    乙!!!
  15. 15 : : 2013/10/11(金) 19:28:45
    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  16. 16 : : 2013/10/19(土) 17:50:27
    マ、マルコが生きてる!
  17. 17 : : 2014/10/21(火) 20:18:58
    乙です!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場