ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』 ――はじまり編 No.2――

    • Good
    • 11

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/10(木) 11:23:00
        進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』

    ――――845年――――

    オレ達は巨人としてウォール・マリア南方 シガンシナ区を侵攻

    その後、ウォール・マリア内門を突破

    オレは巨人の中から逃げ惑う人類を見ていた



    ワーワー ギャーギャー

    キョジンダー ニゲロー

    タスケテー シニタクナイー



    「(これが人類か、やっぱり驚いてるよな)」

    「(ん?あれは…)」


  2. 2 : : 2013/10/10(木) 11:23:44

    エレン「ミカサ、そっちを持て!!この柱をどかすぞ!!」

    ミカサ「うん」

    エレン「母さん、母さん!!」ググ

    ミカサ「おばさん、今助けるから」ググ

    カルラ「逃げなさい、二人とも!母さんは…もう、無理だから…」

    エレン「急げ、ミカサ、急ぐんだ」

    ミカサ「わかってる、でも…」

    カルラ「エレン、ミカサを連れて逃げなさい、早く」

    エレン「逃げたいよ、俺も!!早く出てくれよ!!」

    エレン「早く、一緒に逃げよう!!」

    カルラ「母さんの足は瓦礫につぶされて、たとえ出られても走れない、わかるだろ?」

    エレン「だったら!俺が担いで逃げるから!!だから…」

    カルラ「……どうしていつも母さんの言うことを聞かないの!?」

    カルラ「最期くらい言うこと聞いてよ!!…ミカサも!!」

    ミカサ「イヤ、イヤダ!!…また家族を失うなんて…イヤ!!」


    ズシンズシン

  3. 3 : : 2013/10/10(木) 11:24:12

    カルラ「巨人が来たわ。ほんとにお願いだから…逃げて!!」

    カルラ「このままじゃ3人とも…」

    ハンネス「カルラ!!」

    カルラ「待って!!戦ってはダメ!!」

    カルラ「お願いだから、子供たちを連れて逃げて」

    ハンネス「……っく!!」ガシ

    エレン「ハンネスさん!?」

    ミカサ「放して!!」

    ハンネス「……これがカルラとグリシャさんに対する最善の報いなんだ!!」

    エレン「そんな、母さん!!」

    カルラ「エレン、ミカサ!!生き延びるのよ!!」



    カルラ「…やっぱり、行かないで…」


    グシャ

  4. 4 : : 2013/10/10(木) 11:25:08

    エレン「ハンネスさん、何で戦わなかったんだ!?
        なんで母さんを助けてくれなかったんだ!?」

    ミカサ「」

    ハンネス「カルラを助けられなかったのは、
         お前に力がなかったからだ…」

    エレン「っく!!」

    ハンネス「そして、巨人と戦わなかったのは…俺に…
         勇気がなかったからだ!!」ポロポロ

    ミカサ「(あぁ、またこれか)」ズキズキ



    「(これが、オレ達のしたことの結果なのか…?)」

    「(あの子たちもオレ達とそう年齢の変わらない子供たち)」

    「(オレ達と、人類は…一体、何が違うんだ…?)」


  5. 5 : : 2013/10/10(木) 11:26:27

    ――――避難民の乗る船―――― 

    ライナー「アニ、ユーク!ちゃんと船に乗れたのか!よかった!!」

    ベルトルト「うん、乗れなかったらどうしようかと、でもよかった」ホッ

    ユーク「アニが上手く先導してくれたおかげだ、ありがとね、アニ!」

    アニ「どういたしまして」

    ユーク「……」

    ライナー「どうした?ユーク」

    ユーク「オレ達が、これをやったんだよね?」

    ライナー「…あぁ、だが俺達にも目的がある、そのための手段に過ぎない、
         だから難しく考えないで割り切ろう、そのほうが俺達の為にもなる」

    ユーク「…あぁ」

    ライナー「それに騒がしいとはいえ、あまりこういうところで
         その話はするな、墓穴を掘ることになるぞ」

    ユーク「わかった、十分に気を付けるよ」

    ユーク「…これからどうするんだっけ?」

    ライナー「まずは、次の壁のあるウォール・ローゼまで
         この船で移動して、住民登録をする」

    ライナー「そのあと、訓練兵団に入団し、人類の武力や情報
         を内部から得るんだ」

    ベルトルト「とにかく、これから僕たちは訓練兵団に…って
          ライナーまでちょっと口を滑らせてるよ」

    ライナー「あ、すまん」

    アニ「全く、先が思いやられるよ」

    ベルトルト「(大丈夫かなぁ、この2人)」


  6. 6 : : 2013/10/10(木) 11:27:37

    ―――――――― 

    その後、オレ達4人はウォール・ローゼ内の避難民収容所へ移動した

    壁内の情勢は想像以上に、混乱を極めていた

    配給を貰いだけで3時間並ばされた

    その配給に並んでいるとき、オレは、再びあの少年を目撃した



    駐屯兵「なにしやがる、クロガキ」バキ

    エレン「いってぇ」

    アルミン「何してるんだ!」

    アルミン「すみません、この子はおなかがすいていて、苛立っていただけなんです」

    駐屯兵「チッ、今度から気を付けろよ、お前たちが生きていられるのも
        俺たちの飯を分けてやってるおかげなんだからな!」スタスタ

    エレン「くっそぅ」



    あの少年、生き残ったのか…よかった…あれ?何でオレ、ホッとしているんだ?

    当時は、俺が安堵した理由はわからなかった
    理由はのちに解ることになる

    敵対するはずの人類にこのような矛盾した感情を抱き始めた

    この時から、オレは、人類を見てみたいと…思った


  7. 7 : : 2013/10/10(木) 11:28:59

    ――――2年後(847年)――――

    あの年は混乱が続き、12歳から入団可能な訓練兵団への
    募集は中止された

    ライナーとベルトルトは機会を先延ばしにされ、
    残念がっていた

    その翌年も募集は中止に…今度はアニも残念そうだった

    この2年間は、4人で力を合わせて開拓地で過ごした

    農作業は子供のオレ達にはしんどいものだったが、
    働かなければ配給も貰えないため、
    その日を生き抜くために必死に働いた

    作戦とはいえ、いつの間にか俺達も人類に交じって
    生活していた

    そして今、12歳となった俺も含めて4人で訓練兵団の
    入団式を迎えている――――


  8. 8 : : 2013/10/10(木) 11:30:15

    キース「貴様は何者だぁ!!」

    ミーナ「トロスト区出身、ミーナ・カロナイナです!!」



    この通過儀礼でそいつがどんな奴かだいたい見て取れる

    2年前、あの地獄を見てきた奴は、眼を見ればわかる

    稀にごく少数、バカ正直者や本物のバカもちらほら見えているが…



    俺達は、俺とアニ、ライナーとベルトルトの2組に分かれて
    訓練兵として生活してくことを決めた

    あまり密接過ぎて、芋づる式に正体がバレないための
    最低限の策である

    逆に1人だと、孤立してしまう危険があるため2人組が最善だと考えた

    このペアになった理由は単純で、身長や歳が似た者同士で
    一緒にいたほうが何かと都合がいいことと考えたからだ

    ベルトルトが少し残念そうにしていたのは、よくわからなかった

    ライナーも納得はしていたが、少々渋っていたのは俺の気のせいか…?

    まぁ何はともあれ、ここからまた作戦が開始される



    でも、俺は、それとは別に人類を見てみたいと思う

    見極めよう、この3年間で…



    To be continued...
  9. 9 : : 2013/10/10(木) 11:34:13
    読んでいただいた方は、どうもありがとうございます。
    第2話でした。

    しばらくは、本編と似た展開になるので会話がかぶってしまうのは
    ご了承いただきたいというのが、1点です。

    しかし、必ずしも出来事、時系列が本編と一致しないのでそこはどう展開するか、楽しみの1つではないでしょうか

    ちょっとまだSSのノウハウや管理の仕方がわからないので、アドバイス等あればお願いします。
  10. 10 : : 2013/10/11(金) 19:28:10
    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  11. 11 : : 2014/04/26(土) 16:38:42
    クロガキ

    と、なっているのは仕様でしょうか?
  12. 12 : : 2014/04/26(土) 17:29:58
    >>11 muniさん
    誤植です(笑)
  13. 13 : : 2014/10/21(火) 20:13:20
    面白かったです!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場