ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

スライムに転生した俺ととあるパーティーによる魔王討伐記録

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/11/07(水) 18:36:34
    第1章   俺の突然の死

    「…さん」
    「‥トさん」
    どこかで俺を呼ぶ声が聞こえる…あれ…おかしい そう思って自分の身を起こした。すると…
    「ユートさん良かった。目が覚めたのですね。」
    そこにいたのは、赤と緑の魅惑的なオッドアイ。美しい金髪は腰程まであり、そして背中に大きく美しい、白い翼のある天使だった。
    「ユートさん。不幸にもあなたは17歳という若さで死んでしまいました」
    手をお腹の辺りで重ね、伏し目がちに俺に事実を伝える。
    「そうか、俺死んだのか…」
    もっと友達と遊びたかった、それから17年間で1回でも彼女つくれば良かったな…ってか俺、死ぬまで童貞だったのかよマジかよ、これが聖人?なのか…
    「はっそうだ!あの子は、あの子はどうなったんだ!?」
    「ああ、あの子なら無事ですよ傷も掠り傷くらいです。」
     天使は少し笑った
    「それにしてもあの場でよくあの子を庇うことができましたね」
    「ああ、あのままだったらあの子が鉄骨で串刺しになっていた。だが死ぬのは俺でよかったんだ家族には悪いがな…」
    「ふむふむ成程あなたが好きなアニメのキャラに似ていたから助けた…と」
    「ん?ああそうだが…って俺の心読んでる!?」
    「はい、読めます!天使なので!」
    「まじかよ…ずるくね?って事はさっきのも…」
    「はい!全て聞こえていますが?」
    天使はお腹の辺りで手を重ねたまま首を傾げる
    「うお~まじかよ心の叫びも!?恥ずかしいだろうが!」
    オホン 天使が軽く咳払いをする。
    「話を戻しますよ。あなたは若くして亡くなりました。なのでいい話が有ります。」
    「いい話?」
    俺が食い付きを見せると、天使の目の色が変わる。心なしかキラキラしているような…
    「はい!あなたを異世界に転生させてあげます。ただし今まで通りの生活はまず無理ですがね。」
    「はあ?どういうことなんだ?」
    異世界って何だ?転生?
    「あなたの転生する異世界は魔王に支配されています。転生されるならあなたが勇者となってその世界を救う事が条件です。魔法が存在し、多種多様な種族が暮らしている、
    そうですね…あなたの世界で言うRPGでしょうか。例えばエルフ、天使族と人のハーフ、獣人、あとモンスターなんかが居ますね。職業は、戦士、魔法使い、賢者、
    妖精使い、などがあります。盗賊など、主に盗みや強奪などで生計を立てている者もいますね。ですが盗賊は、冒険者の集まりであるパーティ、
    その集会所のようなギルドでは正式の職業です。まあ異世界の説明はこんな感じですかね。まあこのまま死んで記憶全て消去して今までの世界に赤子として蘇るという手もあります
    けどどうしますか?」
    う~んつまり話をまとめると、このまま死亡で現世に新しい体で赤子から暮らすのか、今までの記憶を持ったまま異世界を救うのかの2択という事か…異世界楽しそうだなぁ
    そうだ、親父も「自分のやりたい物を全力で楽しめ!」って言ってたな。よし!決めた!異世界に行ってみよう!
    「決めた!その世界、救ってやる!」
    「そうと決まれば、魔方陣の上に…」
    「こうか?」
    俺が魔方陣の上に立つと光を放ち始める…
    「はい!ですが人の姿で転生が必ずできるとはかぎりません。」
    「はあ?なんでだ?」
    「運が関係してしてきます…」
    「運?」
    「はい…その人の運です…では行ってらっしゃいませ。無事魔王討伐が成功したあかつきには、天界からささやかな贈り物をさせていただきますので。」
    彼女の言葉が終わったとたんに魔方陣が光をおび始めた
    「はあ?俺運なんてないのに…」
    そう言い終わる前に意識がとんだ…
  2. 2 : : 2018/11/07(水) 18:44:02
    何かアドバイスあれば書き込んでください!おねがいします。
  3. 3 : : 2018/11/07(水) 19:36:06
    言うまでもない!行の間を開けろ!(言っちゃった)
  4. 4 : : 2018/11/08(木) 03:18:31
    すいませんでした!次から気をつけます!

    あと遅れましたが作者は受験者です。あとこの作品は自分の初めて書いた作品です。変になっても許してください。
  5. 5 : : 2018/11/08(木) 03:28:01
    投下します!

    第2章      転生結果

    「うん?ここはどこだ?」

    その言葉とともに今まであったことを思い出した。

    「そうだ俺は魔王討伐のために…」

    「おい!あそこにスライムがいるぞ!」

    「本当だ!いまはスライムも、もしかしたら魔王軍の手先かもしれないからな」

    「倒すぞ」

    「ああ」

    そういいながら2人の中年のおっさんが俺の方に向かってくる。

    (はあ?スライム?俺の事か?)

    そう思って近くの水たまりに写る自分の体を見る…水色の体、手や足は無い…ん?

    手足が無い?まずい俺の運の無さでスライムに転生したのか?

    {おい!俺のこと殺さないでくれ、いや殺さないで下さい!!}

    「ん?このスライムいつもと違うような…」

    「なんだ?おまえスライムごときに躊躇するのか?」

    「まってそのスライムを殺さないで!」

    (この声は!この俺の2番推しのアサミちゃんに似ているなあ…)

    そう思って自分は声のする方を見たそしたら5歳ほどの可愛いロリがこっちに走ってくる。

    「ミリンちゃんここはモンスターが出るのになんで村から出たりしたんだ?」

    おっさんの1人が声をかける。
    「だってここら辺に光の柱が見えたから…」

    「そうか…なら仕方ない。ミリンちゃんこのスライム持って帰りな!」

    「うん!」

    ミリンと呼ばれたロリは俺を持ち上げると走り出した

    「いいのか?」

    男が質問する。

    「ああ。いいんだ。だって村のばばさまに言われただろ?」

    「ああ、光の柱をもし見たらその近くのモンスターか人を連れてこい…だったか?」

    「ああ」

    「理由はそのモンスターか人だかが100年前にもいた魔王を倒したという伝説?があるかららしいなぁ」

    「まあその事は置いといてモンスター討伐行きますか。」

    「ああ、そうだな。」 

    次は夕方くらいに投稿します。
  6. 6 : : 2018/11/09(金) 07:16:43
    今日の午後更新します。
  7. 7 : : 2018/11/09(金) 16:31:13
    投稿します。
    第3章      村のばばさま

    ミリンちゃんに抱えられて村に着くまで今までのこと整理しよう…
    俺はユート17歳、東京に住んでいた ある日外に出たら工事現場から鉄骨が上から落ちてきてその落下地点にい俺の好きなアニメキャラの真理歌(まりか)に似ていたから助けようとしてその子を押し倒して
    変わりに俺が鉄骨に串刺しにされた 気が付いたら天界?のような所にいて、天使に「勇者になって異世界を救ってほしい」みたいな事言われて俺は「転生する」といったものの「転生時に人の姿かどうかは俺の運次第」って言われて転生したら
    なんとスライムになっていたんだ俺は2人のおっさんに討伐されそうになったがミリンちゃんに助けられてミリンちゃんや2人のおっさんの出身の村に連れて行かれている…

    「スライムさんついたよここが世界一美味しい芋酒で有名なカルメル村だよ」
    とミリンちゃんは自慢げにいった。
    「ばばさま、例の光の柱のちかくにいたスライム連れてきたよ」
    と大声で言いながら村で一番大きい屋敷に入って行った。
    「おやおやそれは本当かい?」
    この人がばばさまなのか?少し若い気がする… 
    しばらくして車いすが押されてきた。すると
    「どうやらそのスライムが勇者らしいね」
    しわがれた声が聞こえたするとミリンちゃんが
    「そうみたいだよばばさま」と言った
    (まじかよこっちがばばさままのかよならあそこの女の人は使用人なのか?)
    そう思っていたら
    「私の弟子を呼んできてくれ。」
    とばばさまがいった。
    「今呼んでいますから、安心してください。」
    と使用人が言ったそうしたら
    「お呼びですか?ばばさま。」
    と言って女の子が現れた
    「この者の言葉を分かるように翻訳してほしい。いいなサリカ」
    ばばさまがそういった(この子モンスター使いなのか)
    「はい!修行そ成果の見せどころ…サリナ頑張っちゃいます!」
    (可愛いまじで可愛いな)
    「さぁスライムさんこのサリカになんでも言ってくださいね?」
    俺はサリナに元々人だったこと、そして俺が魔王の討伐に来たことを伝えた…
    「ふむふむ成程。ばばさまやはりこのスライムは、魔王討伐にきた勇者様です。」
    サリカが俺の話を要約してばばさまに言った
    「やはり100年前と同じだね…サリカ何日かかってもいいからここから532ニールはなれた聖なる山にそのスライムを連れていきなさいそして人の姿に戻してからここに戻ってきなさい」
    (1ニール0.5キロくらいらしい…ここの世界の知識は転生時のおまけなのか?)
    「ではこんな時にとお供の契約をしていたスノータイガー、連れていきますね」
    「ガウ~」
    サリカと仲がいいのかスノータイガーは甘えている
    しばらくして
    「食料などの準備が終わったので早速出発しましょう」
    村の門の近くにたくさんの人がいた。もちろんミリンちゃんもだ。
    「サリカお姉さん行ってらっしゃい。」
    可愛い声でミリンちゃんがいった。
    「うん、行ってくるね!さぁ聖なる山に出発~」
    そう言うとスノータイガーにまたがって俺たちは村を出た。

  8. 8 : : 2018/11/09(金) 21:00:58
    アドバイス、コメントお願いします!

    http://www.ssnote.net/archives/70345

    2作目進撃の巨人のSSです。よかったらどうぞ!
  9. 9 : : 2018/11/09(金) 21:12:05

    第4章      山までの道のりパート1 

    今のパーティメンバー     俺(ユート)スライム

         サリナ  スノータイガーモンスター使い   武装能力(サリナの杖に宿って氷と水の魔法が使えるようになる)

      このメンバーで例の聖なる山に行くのか…

    ん?何かがこっちに向かって飛んでくるのか?そしたらアイアンビー(ものすごく硬い蜂)が飛んできた

    「アイアーン」って気が狂ったのかサリカがアイアンビーに近ずいていく 

    ん?アイアンビーが刺すどころが何もしないでただサリナに抱きしめられている

    「おい、その蜂お前のこと刺さないのか?」

    俺はサリカに訴える

    「ささないですよ~だってお友達ですから?」

    「なら、なんで村の外にいるんだ?」

    「じつはばばさまに村に入れるのはスノータイガーだけにしろと言われまして…」

    「なるほど、だからお前のこと刺さないのか」

    「能力はアイアンの名前どうり硬いので鎧などに、私の能力で変化させることができるのだよ!」

    サリカが自慢げに言った。

    「というか私には、サリカって名前があるのでお前って言わないでください!!」

    「ああ分かったよ」

    「分かれば良いんですよ分かれば」
    サリカが言った

    「ところで今のみんなの装備は?」

    「ユート?さんはスライムなのでなにも持ってないので装備がなしで私がモンスター使いの装備に木の杖、持ち物がスノーとアイアンのご飯ですね」

    サリカが持ち物を確認しながらいった。

    「ん?それ不味くないか?」

    「あっ、確かに不味いですね。ユートさん何も持っていないのでHPが5ですからダメージ受けたら即あの世行きですね」

    「あー不味いよ~武器屋無いのかよー」

    「あっあそこに移動式の武器、防具屋が…今すぐ買いにいきましょう!お金有るので!」

    「ああ。俺の命が無くなる前に~」

    「急がないと行ってしまいますよ!」

    サリカの声を聞いていたのかお店の人がワゴンを止めた。

    今日はここまで!
  10. 10 : : 2018/11/11(日) 04:11:53
    コメント、改善点などお願いします!!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「未分類」カテゴリの人気記事
「未分類」カテゴリの最新記事
「未分類」SSの交流広場
未分類 交流広場