ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another ――番外編―― 第17話 『左眼が見つめる先』

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/12/26(木) 11:55:53

    進撃の巨人Another ――番外編―― 第17話


    ――Part 1――

    ――――前回までのあらすじ――――

    俺は、104期訓練兵「エレン・イェーガー」
    順位を競い、鎬《しのぎ》を削る「ユーク・トラス」は、俺の3番目に出来た親友だ!!

    前回は、またミカサがユークとアニを唆して、お祭りに誘ったんだったな

    祭りの前日は、浴衣を買いに行き…ミカサの浴衣姿に見惚れたのは、一応事実だ

    当日の最後は、花火だったわけだが、俺達はそれぞれ2人組に分かれる事になって――――


    ――――――――
    ――――
    ――

  2. 2 : : 2013/12/26(木) 11:56:59

    ――――休日 正午前――――

    エレン「……」スタスタ

    エレン「(散歩に出掛けはしたが…)」

    エレン「(…暇だなぁ)」ポケーー

    エレン「(やっぱり時間を無駄にしない為にも、特訓しようかな?)」ウズウズ

    エレン「(よしっ!そうと決まれば…おっ!)」

    エレン「(あの木陰に居るのは…)」ジーーッ
  3. 3 : : 2013/12/26(木) 11:57:18


    ユーク「……」

    ユーク「…Zzz」スピーー


    エレン「(…ユークか!)」

    エレン「(あいつが外で寝てるなんて、珍しいな)」

    エレン「(休日に寝てる時は、基本的に部屋から出ない事が多かったのに)」

    エレン「(なんでまた、外で寝てるんだ?)」
  4. 4 : : 2013/12/26(木) 11:57:33


    サァーーー ヒューーーッ


    ユーク「Zzz」スヤスヤ


    エレン「(そうか。風があるからか!)」ピーン

    エレン「(確かに今の季節は、部屋が暑くて寝苦しいよな)」

    エレン「(…そっとしておくか)」ソローリ ソローリ

    エレン「(さて、昼飯まで何していようかな?)」スタスタ

    エレン「(…とりあえず、散歩を続けるか――――)」


  5. 5 : : 2013/12/26(木) 11:57:49

    ――――同時刻 女子寮――――

    ミカサ「あっつぅーい」グテン

    アニ「しゃきっとしなよ」パタパタ

    クリスタ「あっついねぇ」パタパタ

    ユミル「クリスタには、私が扇いでやるよ!」パタパタ

    クリスタ「あぅぅ、ありがとぉ」

    ユミル「だからクリスタは、私を扇いでくれよ!」パタパタ
  6. 6 : : 2013/12/26(木) 11:58:20

    クリスタ「いいよぉ、交換だね!」パタパタ

    サシャ「微笑ましいですね」パタパタ

    ミーナ「ふっふっふー、じゃあ私がここで、もっと暑くなる事を言っちゃうよぉ!」

    ミカサ「…やめてほしい」グテテン

    アニ「めんどくさいなぁ」パタパタ

    クリスタ「まぁそう言わずに、聞いてあげようよ」パタパタ
  7. 7 : : 2013/12/26(木) 11:58:55

    ユミル「そうだな。ほんとに鬱陶しかったら、追い出せばいいだけだ」パタパタ

    ミーナ「そんな事を言っていられるのも、今のうちだからね?」ニヤニヤ

    ミカサ「…それで?」

    アニ「一体、何の話さ?」

    ミーナ「これを聞いたら、ミカサもエレンともっと仲良くなれるかもね?」ニヤリ

    ミカサ「その話、詳しく!!」グワッ
  8. 8 : : 2013/12/26(木) 11:59:15

    アニ「身代わり早いね」パタパタ

    ミカサ「わくわく」

    クリスタ「(私もそれ、応用できるのかな?)」パタパタ

    ミーナ「えっとね…それは、『ほっぺキス』!!」

    ユミル「は?」

    サシャ「(お腹空きましたね)」グゥゥ
  9. 9 : : 2013/12/26(木) 11:59:43

    ミカサ「…どういう事?」ポカン

    アニ「(また、ミーナはくだらない事を…)」ハァ

    ミーナ「私、この前マルコにキスしちゃったの!」エヘ!

    ミカサ「本当に!?」グワッ

    アニ「(…意外だ)」ビックリ

    クリスタ「ほんと!?その話、詳しく教えて!!」キラキラ
  10. 10 : : 2013/12/26(木) 12:00:29

    ミーナ「と言っても、さっき言った『ほっぺキス』なんだけどね」シレッ

    ミカサ「なんだ…口じゃないの」ガッカリ

    クリスタ「もう、驚かさないでよ」ガッカリ

    ミーナ「えぇぇ…そこまでがっかりされる事でもないと思うけど…」シュン

    アニ「まっ、話し始めたんだから、最後まで言いなよ」

    ミーナ「アニだけが私の味方だよぉ」ダキッ
  11. 11 : : 2013/12/26(木) 12:01:24

    アニ「暑いから、離れてよ」ギューギュー

    ミーナ「それじゃあ、詳細を発表するね!」

    アニ「(ちょっとだけ気になったとは、言えない)」

    ミーナ「この前、彼が木陰で寝ていたところに、偶然通りかかってね」

    ミーナ「それで、彼の隣に座って、顔を眺めていたら…きゃっ///」テレテレ

    ミカサ「それで…ほっぺにキスをしたと?」
  12. 12 : : 2013/12/26(木) 12:01:59

    クリスタ「意外とロマンチックだね」

    ユミル「でも、口にする勇気はなかったと?」

    ミーナ「うぅぅ…だって、口は流石に憚《はばか》られたんだもん」

    ミカサ「別に今更、貴方達の間で気にする事なんてないはず」

    ミーナ「でもっ!恥ずかしいからさ…///」テレテレ

    アニ「……」
  13. 13 : : 2013/12/26(木) 12:02:40

    クリスタ「いいなぁ。そういうの」ウットリ

    ユミル「(もしやこいつ、また『あの馬面』の事を…)」ジーーッ

    ミカサ「…私もエレンにキスしたい」ボソリ

    アニ「…!!」ピクッ

    ミーナ「行って来れば?」ニマニマ

    ミカサ「エレン、待っていて!」ドロン ピューーッ
  14. 14 : : 2013/12/26(木) 12:02:59

    クリスタ「行っちゃったね」

    ユミル「あぁ、“逝った”な…きっとまた、爆死して帰って来るぜ」ニシシ

    クリスタ「『爆死』ってなぁに?」ポカン

    ユミル「良い子のクリスタちゃんは、知らなくてもいい事なんだぜ?」ナデナデ

    クリスタ「うん、良い子にしているね!」

    ミーナ「(クリスタ…)」
  15. 15 : : 2013/12/26(木) 12:03:15

    ユミル「(こいつ、危ういなぁ)」ソワソワ

    アニ「(ユーク…)」

    ミーナ「ミカサは行っちゃったけど、話は続けるね?」

    アニ「私は散歩に出掛けるから、またね」スクッ

    ミーナ「アニには、聞いてもらいたかったんだけどなぁ」

    アニ「悪いね。ここは暑いし、外の風をあたりに行くよ」
  16. 16 : : 2013/12/26(木) 12:03:27

    サシャ「もうすぐお昼ですよ?」

    アニ「わかった。お昼には間に合うようにするさ」

    サシャ「来ない場合は、私にお任せください」ドヤァ

    アニ「残念だけど、その心配はないよ」

    サシャ「…そうですか」シュン

    アニ「それじゃあね」ヒラヒラ


  17. 17 : : 2013/12/26(木) 12:03:40

    ――――女子寮 外――――

    アニ「(『ほっぺにキス』…ね)」トコトコ

    アニ「(ミーナは、随分と進んでいるんだね)」

    アニ「(…私は)」ピタッ

    アニ「(私は、ユークの事を異性として好き)」

    アニ「(この前、ようやくこの気持ちに気付いたけど…)」
    (『――番外編―― 第16話』参照)

    アニ「(あれからもう1週間…特に何も起っていない)」
  18. 18 : : 2013/12/26(木) 12:04:38

    アニ「(ううん。私が『何も起こしていない』から)」

    アニ「(ユークの事が好き…でも、ここからどうしたらいいのか…私にはわからないよ)」

    アニ「(ユーク…)」シュン

    エレン「よぉ、アニ!」

    アニ「…エレンじゃないか」

    エレン「お前も散歩か?」
  19. 19 : : 2013/12/26(木) 12:05:30

    アニ「あぁ。部屋の中は暑くてね」

    エレン「俺もだ。外は風があるからな」

    アニ「そうかい」

    エレン「…ユークなら、さっき見かけたぞ?」

    アニ「なんで、あいつが出てくるんだい?」

    エレン「いや、なんとなくだけど」
  20. 20 : : 2013/12/26(木) 12:05:41

    アニ「…それで?」

    エレン「あぁ、『あっちの木陰で寝ていたから、行ってみれば?』って言おうとした」

    アニ「そうかい。ありがとね」

    エレン「…あぁ」

    アニ「それじゃ」トコトコ

    エレン「またな」スタスタ


  21. 21 : : 2013/12/26(木) 12:06:00

    ――――例の木陰――――

    アニ「…まだ寝てた」

    ユーク「Zzz」スピーー

    アニ「(とりあえず、座ろう)」チョコン

    ユーク「Zzz」スースー

    アニ「(気持ち良さそうに眠って…)」チラ

    アニ「(ユーク…)」ジーーッ
  22. 22 : : 2013/12/26(木) 12:06:26

    アニ「(…『ほっぺにキス』)」

    アニ「(…はっ!私、何を思って…///)」カァァ ブンブン

    アニ「……///」ジーーッ

    ユーク「Zzz」スヤスヤ

    アニ「(…キス…したい)」

    アニ「(…そっか。またわかった)」
  23. 23 : : 2013/12/26(木) 12:07:15

    アニ「(ユークに倒れ込んだ“あの時”も…私は…『そう』しようと…していたんだね)」
    (『――番外編―― 第16話』参照)

    アニ「(…ユークは…怒るかな?)」ドキドキ

    アニ「(ユーク…)」スーーッ

    ユーク「Zzz…!」ピクン

    アニ「(どきりっ!!)」ピクッ

    ユーク「Zzz」スヤスヤ
  24. 24 : : 2013/12/26(木) 12:08:22

    アニ「(びっくりした…!!)」バクバク

    アニ「(そっか…ダメだよね。勝手にそんな事したら…)」

    アニ「(でも…///)」ジーーッ

    ユーク「Zzz」スースー

    アニ「(…心の弱い私を許して…ユーク///)」スーーッ

    アニ「……///」Chu…
  25. 25 : : 2013/12/26(木) 12:08:45

    ユーク「……」ピクリ

    アニ「……///」スッ

    アニ「(ほっぺにだけど…しちゃった…///)」ドキドキ

    アニ「(…なんか、幸せ///)」ポーー

    ユーク「…うぅん」モゾモゾ

    アニ「(まずいっ!起きちゃう!!)」アセアセ
  26. 26 : : 2013/12/26(木) 12:08:58

    ユーク「…あれ?」パチリ

    アニ「お、おはよう」アセアセ

    ユーク「…そうか。俺は寝ていたんだったな」

    アニ「夏とはいえ、また風邪引くよ?」ドキドキ

    ユーク「そうだな。気をつけないと」

    アニ「もうすぐ、お昼だよ?」アセアセ
  27. 27 : : 2013/12/26(木) 12:09:20

    ユーク「そっか、じゃあ一緒に行こう」スクッ

    アニ「うん、勿論さ」ニコ スクッ

    ユーク「木陰は涼しいよな」

    アニ「私も今度、涼みに来るよ」

    ユーク「その時はさ、――――」スタスタ

    アニ「うん。そうだね――――」スタスタ


  28. 28 : : 2013/12/26(木) 12:10:20

    ――――周囲の物陰――――

    ミカサ「…見てしまった」ドキドキ

    ミカサ「アニ…ほっぺにだけど、よくぞ頑張った!」ジーン

    ミカサ「エレンを探しに外に出てみたけれど、エレンは見つからなかった」

    ミカサ「でもその代わりに、とてもいいものが見られたので、私も満足」ホッコリ

    ミカサ「『大満足』を得るには、やはり私もエレンにキスする他ない」キリッ

    ミカサ「待っていて、エレン。すぐに貴方の元へ行くから!」ソソクサ ピューーッ


  29. 29 : : 2013/12/26(木) 12:11:26

    Part1終わり

    年末は、この話と本編で終わりかな?

    なお年始には...

  30. 30 : : 2013/12/26(木) 14:51:10
    年始には....!?
  31. 31 : : 2013/12/26(木) 16:22:06
    >>30
    でも秘密さ!
  32. 32 : : 2013/12/26(木) 22:19:34
    >>31
    じらしますねぇ
  33. 33 : : 2013/12/26(木) 23:40:05
    >32
    実際にすぐ明かすより、楽しめるでしょ?

  34. 34 : : 2013/12/27(金) 13:52:38

    ――Part 2――

    ――――数日後 食堂――――

    ミカサ「ところで、ユーク、貴方は髪は切らないの?」

    ユーク「え?」ドキリ

    アニ「(確かに…)」チラ

    ミカサ「この暑い季節に、貴方のような長い髪は…正直、暑苦しくて、且つ鬱陶しい」

    ユーク「(な、なんだってぇ!!)」グサリ!

    アニ「(確かに…)」ジーーッ
  35. 35 : : 2013/12/27(金) 13:53:12

    エレン「(今日の話題は、ユークの髪の事か)」モッグモッグ(←無関心)

    ユーク「そ、そんな…」ワナワナ

    ミカサ「別に、短髪にしろとまでは、言わないけれど」

    ミカサ「その眼を覆わんとする前髪は、早いうちに何とかした方がいい」

    ユーク「(これ結構、気に入っていたのに…)」グサリ!!

    アニ「(確かに…)」ジトーーッ
  36. 36 : : 2013/12/27(金) 13:53:31

    エレン「(一体、どうなっちゃうだろうな…ユークの奴)」モッグモッグ(←他人事)

    ユーク「…で、どうしろと?」

    ミカサ「ので、『斬る』」

    アニ「いや、それはダメ!」

    ミカサ「ごめんなさい。『切る』」

    アニ「……」ホッ
  37. 37 : : 2013/12/27(金) 13:53:44

    ユーク「…誰が?」

    ミカサ「…私が」

    アニ「え!?」

    ユーク「なんで、君が?」

    ミカサ「私は、他人の散髪は出来る」

    ユーク「…費用が掛からないのは、良いけど…信用できるの?」
  38. 38 : : 2013/12/27(金) 13:54:18

    ミカサ「クリスタにも聞いてみて」

    ユーク「今、聞いて来るから…」


    ガチャ バタン


    クリスタ「お腹空いたねぇ」トコトコ

    ユミル「あぁ、またここのまずぅい飯にありつくとするか」

    クリスタ「もう!そんな事言ったら、生産者と作ってくれた人に失礼でしょ!!」プンプン

    ユミル「はいはい、わるぅござんしたぁ」ケラケラ
  39. 39 : : 2013/12/27(金) 13:54:34


    スタスタ トコトコ


    アニ「都合よく、向こうからやって来たよ」

    ユーク「じゃあ、聞いてみるか」

    ミカサ「クリスタ、少しこちらへ来てほしい」チョイチョイ

    クリスタ「なぁに、ミカサ?」トテトテ

    ユミル「一体、何の用だ?」

    ミカサ「私達は、クリスタに用がある」
  40. 40 : : 2013/12/27(金) 13:55:00

    ミカサ「ので、貴方には用はない」

    ユミル「んだと、こらぁ!」ガオーー

    アニ「言い方が悪いよ、アンタ」ハァ

    ユーク「ごめんな。落ち着いてくれ」ドウドウ

    ユミル「…まぁこれくらいで怒る私もどうかしてたよ」スーハー

    クリスタ「それで、何の話なの?」
  41. 41 : : 2013/12/27(金) 13:55:15

    ミカサ「実は、ユークの髪を切るという話になって…」

    クリスタ「え!?ユーク、遂に髪を切るの?」

    ユミル「こりゃあ、明日は雪かもな!」ニシシ

    ユーク「…随分な言われ様だな」シュン

    アニ「それくらいアンタは、髪を切っている印象がないって事さ」

    ユーク「ちゃんと、長さが自然体を維持しているだろ?前髪とか…」シュン
  42. 42 : : 2013/12/27(金) 13:55:39

    ユミル「そういや、そうだな」

    クリスタ「もしかして、ちょくちょく自分で整えていたの?」

    ユーク「…まぁね」ズーン

    ミカサ「…話を戻しても良いだろうか?」

    アニ「また逸れる前に、全部話してしまいなよ」

    クリスタ「ごめんね?」
  43. 43 : : 2013/12/27(金) 13:56:03

    ミカサ「それで、ユークの髪を私が切ろうという流れになったのだけれど」

    ミカサ「どうもユークは、私の腕を信じていないようで」

    ユミル「まぁ確かに不安だわな」

    クリスタ「それを証明してほしいって事?」

    ミカサ「その通り。クリスタ、貴方からも彼に何か言ってあげて」

    ユーク「……」ジーーッ
  44. 44 : : 2013/12/27(金) 13:56:25

    クリスタ「あのね、ユーク。ミカサの髪を切る腕は確かだよ?」

    ユーク「え?本当に?」

    ミカサ「ほら」ドヤァ

    ユーク「どう思う、アニ?」チラ

    アニ「…頼ってみたら?」

    ユーク「…そうだなぁ」ウーン
  45. 45 : : 2013/12/27(金) 13:56:47

    アニ「(どうせなら…私が切ってあげたいんだけど)」

    アニ「(他人の髪を切るのは、あまり得意じゃないから…)

    ミカサ「さぁどうするの、ユーク?」ズイ

    ユーク「…じゃあ…任せてみるよ」

    エレン「(おっ、ようやく決意したか)」(←あくまで喋らない)

    ミカサ「それでは、いつがいいだろうか?」
  46. 46 : : 2013/12/27(金) 13:57:05

    アニ「また今度の休日でいいんじゃない」

    ミカサ「となると…3日後?」

    ユーク「道具の準備は、出来ているの?」

    ミカサ「その点に関しては、問題ない」チッチッチ

    ミカサ「なにせ、こちらは女の子」

    ミカサ「身嗜みの道具の数だけは、男子を凌駕《りょうが》している」エヘン
  47. 47 : : 2013/12/27(金) 13:57:24

    ミカサ「というわけで、クリスタ!道具を貸して!!」グワッ

    ユーク「なんだ。結局、クリスタ頼みなのかい?」

    クリスタ「勿論、それはいいけど」

    ミカサ「…?」

    クリスタ「ミカサ1人だけで大丈夫?」

    ミカサ「どういう事だろうか?」キョトン
  48. 48 : : 2013/12/27(金) 13:57:35

    ユミル「ミカサがちゃんとできているか、誰か付き添った方がいいんじゃないか?」

    アニ「それなら、私が付き添うよ」

    ユーク「是非、そうしてくれ」ホッ

    ミカサ「では、これで予定は整った」

    ミカサ「ので、当日は楽しみにしておいて、ユーク」フフフ

    ユーク「(大丈夫かなぁ?)」


  49. 49 : : 2013/12/27(金) 13:57:53


    ――――夜 男子寮――――

    ユーク「――――というわけで、髪を切られる事になっちゃってさ」

    ライナー「…災難…だな?」ウーン

    ベルトルト「そうなんだ」

    アルミン「どれくらい短くするの?」

    ユーク「さぁ…ミカサ次第…じゃないかな?」

    エレン「そりゃあ、初めては不安だな」
  50. 50 : : 2013/12/27(金) 13:58:05

    ユーク「正直、髪を切るのは、あまり好きじゃないんだけどなぁ」

    ライナー「断ればよかったじゃないか」

    ユーク「いやぁ…あんな風に『鬱陶しい』とか『暑苦しい』とか言われたら…な?」

    ベルトルト「断りにくいよね」アハハ

    アルミン「まぁミカサなら大丈夫だって!」

    ユーク「なんで、そんな事を言えるんだ?」
  51. 51 : : 2013/12/27(金) 13:58:38

    アルミン「まぁ本人から聞いた方が早いかもね」チラ

    エレン「……」

    ユーク「じゃあ、ミカサ『本人』に聞いてみるとするよ」

    アルミン「(違うんだけどなぁ…)」チラ

    エレン「……」

    エレン「(まぁ、大丈夫だろ?)」
  52. 52 : : 2013/12/27(金) 13:59:18

    ライナー「まぁ確かに、ミカサの言い分もわからんでもないな!」ワハハ

    ユーク「え?」ピクッ

    ライナー「俺もな、いつその長い髪を切るんだろうかと、ずっと思っていたんだ!」ワハハ

    ユーク「…え?」ピククッ

    ライナー「俺を見てみろよ。それに比べたら、鬱陶しいだろ?」

    ユーク「(な、なんだってぇ!!)」ガーン
  53. 53 : : 2013/12/27(金) 13:59:35

    ベルトルト「まぁ、確かに…ね?」

    ユーク「そ、そんな…ベルトルトまで…」ワナワナ

    アルミン「訓練中に、邪魔になったりしない?」

    ユーク「いや…別にそんな事は…」オロオロ

    エレン「片目がほぼ覆われてたら、見えねぇだろ?」

    ユーク「いや、本人からは、ちゃんと見えているんだけど?」アセアセ
  54. 54 : : 2013/12/27(金) 13:59:48

    ライナー「周囲の人間は、そんな事はわからんもんだ」ワハハ

    ベルトルト「ちょっと、危なっかしく見えるかもね?」

    ユーク「(そ、そんな…俺の周囲からの印象って…)」ズーン

    アルミン「でも、それが恰好良いっていう話も聞くんだけどね?」

    ユーク「…!!」ピクリ

    ライナー「まぁ、ユークも顔はいい方だからな」
  55. 55 : : 2013/12/27(金) 14:00:16

    ベルトルト「成績も上位だし、人気はあるのかもね」

    ユーク「そうなのか?」

    エレン「まぁ、そうなんじゃないか?」

    アルミン「長めの髪型も相まって、より恰好良く見えているのかもね!」

    ユーク「ありがとな、お前ら…」ジーン

    アルミン「でもその髪も、もう切っちゃうんだけどね」シレッ
  56. 56 : : 2013/12/27(金) 14:00:25

    ユーク「(…ぐはぁっ!!)」ズテン

    ライナー「まっ、大丈夫さ」

    ベルトルト「例え髪を切っても、それだけで人気が落ちる事もないと思うからさ」

    ユーク「(別に、モテたいわけじゃない)」ググッ

    ユーク「(それに意味がない事は…わかっているから)」

    エレン「たかが髪の所為で、訓練に支障を来すのは、良くないと思うぞ?」
  57. 57 : : 2013/12/27(金) 14:01:17

    ユーク「…それもそうだよな」シュン

    アルミン「正論だね」

    ライナー「俺達にとって、これ以上に説得力のある言葉はないな」

    ベルトルト「流石のユークも、言い返せないだろうね」

    ユーク「わかった。“今は”髪は切る」

    ライナー「ん?」
  58. 58 : : 2013/12/27(金) 14:01:26

    ベルトルト「おや?」

    ユーク「だが、来年の春にかけて、また伸ばす!」

    ユーク「これは決定事項だ!」ドーン

    アルミン「(ユークも意外な所で、結構頑固だよね)」

    エレン「(俺は今くらいの長さで、丁度いいや)」

    エレン「(伸びてきたら、また『あいつ』に切ってもらわなきゃな)」
  59. 59 : : 2013/12/27(金) 14:01:35

    ユーク「そうと決まれば、もうさっさと寝る!」

    ユーク「うん。これに限る!!」バサッ

    アルミン「今日は早いね」

    ライナー「なんでだろうな?」

    ベルトルト「多分、気を紛らわせたいんだと思うよ?」

    ユーク「(でも…正直、まだ不安がある――――)」モンモン


  60. 60 : : 2013/12/27(金) 14:02:16

    Part2おわり

    年末まで研究とは...辛い

  61. 61 : : 2013/12/27(金) 19:21:49
    頑張れ!!これは俺の楽しみの一つなんだ!!!
  62. 62 : : 2013/12/27(金) 20:24:26
    >>61
    今日は一応これで帰れるけど...明日の朝も実験だよぉ
  63. 63 : : 2013/12/28(土) 02:22:08
    ライナーたちやめて、ユークのライフはもう0よ!
  64. 64 : : 2013/12/28(土) 19:40:49
    本編ってどうなってますか?
  65. 65 : : 2013/12/28(土) 20:14:04

    ――Part 3――

    ――――休日――――

    ミカサ「それでは、始めよう」チャキン!

    ユーク「…切り過ぎないでね?」

    ミカサ「大丈夫」

    ユーク「…前髪は、眼に掛かるかどうかくらいで、止めておいてもらいたいんだけど」

    アニ「注文が多いね、アンタ」

    ミカサ「男は黙って、待つべき」チョキチョキ
  66. 66 : : 2013/12/28(土) 20:14:15

    ユーク「(…不安だ)」ソワソワ

    ミカサ「…ユークは髪が多くて、1本1本が長め」チョキチョキ

    ユーク「後ろを自分で整えるのは、少し難しくてね」

    ユーク「こうして、人の手ですかしてもらわないといけないんだよ」

    アニ「大変だね」

    ユーク「量が多いのは、どうも俺の髪質らしい」
  67. 67 : : 2013/12/28(土) 20:14:41

    ミカサ「ので、まずはこうして、後ろから量を落としに行っている」チョキチョキ

    ユーク「手馴れているね」

    ミカサ「ええ。昔はエレンの髪を切っていくうちに、練習を積んだから」

    アニ「なるほど、そう言う事ね」

    ミカサ「……」チョキチョキ

    ユーク「……」ジーーッ
  68. 68 : : 2013/12/28(土) 20:14:56

    アニ「……」ペラッペラッ

    ミカサ「誰も喋らなくなってしまった」チョキチョキ

    ユーク「集中した方がいいと思ってね」

    ミカサ「これくらいのおしゃべりなら寧ろ、勢いが乗る」チョキチョキ

    ユーク「じゃあ、アニは何を読んでいるの?」チラ

    アニ「…雑誌」
  69. 69 : : 2013/12/28(土) 20:15:22

    ユーク「内容は?」

    アニ「髪型だよ」

    ミカサ「何か、良さそうな参考があった?」チョキチョキ

    アニ「それなりにね。流行とかが書いてあるよ」

    ユーク「『流行』…ねぇ」

    ミカサ「こちらも多少なりとも、流行に合わせた方がいいだろうか?」ウーム
  70. 70 : : 2013/12/28(土) 20:15:42

    アニ「…まぁ、ユークの意見を聞くのが最もさ」

    ミカサ「確かに、他人に決められる事ではないと思う」

    ユーク「だから、さっき言ったように…」

    ミカサ「でも、長さは少し取るから」チョキチョキ

    ユーク「……」シュン

    アニ「(ユークの反応…面白い)」チラチラ

  71. 71 : : 2013/12/28(土) 20:16:50

    ―――――――― 

    ミカサ「後ろは粗方、取り終わった」

    ユーク「アニ、見てくれない?」

    アニ「はいはい」ジーーッ

    ユーク「どんな感じ?」

    アニ「…いいんじゃない?長さも残っているし」

    ミカサ「単純に、量を3割程度落としただけだから」
  72. 72 : : 2013/12/28(土) 20:17:32

    ユーク「頭が軽くなった気がする」

    ミカサ「後ろはこれでいいけれど、まだまだ始まったばかり」チャキン

    ミカサ「これから、側頭部から前頭部に掛けて切っていく」

    ユーク「正念場だな」

    アニ「私も見ていてあげるから、ミカサを信じなよ」

    ミカサ「それでは、いく」チョキチョキ
  73. 73 : : 2013/12/28(土) 20:18:06

    ユーク「……」ソワソワ

    アニ「……」ペラッペラッ

    ミカサ「……」チョキチョキ

    ユーク「ミ、ミカサ…」ソワソワ

    ミカサ「少し黙っていて…」チョキチョキ

    ユーク「…はい」シュン

  74. 74 : : 2013/12/28(土) 20:18:27

    ――――――――

    ミカサ「終わった。どうだろうか?」

    アニ「…うん、変ではないね」

    ユーク「何、その含みのある言い方」ソワソワ

    アニ「別に?」ニコ

    ユーク「…不安なんだけど?」ソワソワ

    ミカサ「大丈夫。普通に纏まっている」
  75. 75 : : 2013/12/28(土) 20:18:40

    ユーク「漠然としていて、全然わからない」

    アニ「今、鏡出すから」ゴソゴソ

    アニ「はい」サッ

    ミカサ「どうだろうか?」

    ユーク「…ちゃんと出来ていたね」

    ミカサ「だから、言った通り」エヘン
  76. 76 : : 2013/12/28(土) 20:18:58

    アニ「私も正直、ここまで腕がいいとは思っていなかったよ」

    ミカサ「もっと褒めて」ドヤァ

    ユーク「すごいよ、ミカサ!」

    ユーク「前髪もちゃんとギザギザに施してあって、バランスがいいし」

    アニ「左眼もちゃんと見えているね」

    ユーク「あぁ、少し視界が広がった気がする」
  77. 77 : : 2013/12/28(土) 20:19:10

    ユーク「それに全体的に軽くなったけど、長さもちゃんと残してくれている」

    ミカサ「これくらい軽くなれば、見た目も暑苦しくなくていいと思う」

    ユーク「気に入ったよ、ありがとう!」パァァ

    ミカサ「どういたしまして」

    アニ「それはそうと、髪の毛の掃除しなきゃね」

    ユーク「掃除用具を持って来なきゃ」
  78. 78 : : 2013/12/28(土) 20:19:22

    ミカサ「それは、既に用意してある」

    ミカサ「けれど、少し待ってほしい」

    ユーク「...?」

    アニ「何?」

    ミカサ「折角なので、次は私の髪を切ってもらいたい」

    ユーク「え!?一体、誰に?」
  79. 79 : : 2013/12/28(土) 20:19:36

    アニ「私には、出来ないよ?」

    ユーク「という事は?」チラ

    ミカサ「ユークに頼みたい」

    ユーク「やっぱり、そうなるの?」

    ミカサ「ええ、その通り」

    ユーク「なんでまた?」
  80. 80 : : 2013/12/28(土) 20:19:52

    ミカサ「勿論、根拠もある」

    アニ「それって?」ジッ

    ミカサ「貴方はこれまで、極力自分で毛先を整えたりしてきたと言っていた」

    ミカサ「ので、その腕を信じてみようと思う」

    ユーク「…俺自身、少し不安だよ?」

    ミカサ「貴方を信じる」
  81. 81 : : 2013/12/28(土) 20:20:06

    アニ「これは、責任重大だね」

    ユーク「全くだよ」

    ミカサ「それで、頼んでもいいだろうか?」

    ユーク「…わかったよ」

    アニ「私も見ているからさ」

    ミカサ「ありがとう。是非お願いしたい…」
  82. 82 : : 2013/12/28(土) 20:20:24


    ガチャ バタン


    ミーナ「あっ!アニ見つけた!!」

    ミカサ「ミーナ」

    アニ「どうかした?」

    ミーナ「アニが物資調達の当番を忘れているから、呼びに来たんだよ」

    アニ「あっ!すっかり忘れていたよ」

    ユーク「あれ?アニの当番は、来週じゃなかったっけ?」
  83. 83 : : 2013/12/28(土) 20:20:33

    アニ「アンタには、間違えて伝えちゃったみたいだね」

    ミカサ「それならば、早く行くといい」

    アニ「アンタ達2人で、大丈夫かい?」

    ミカサ「大丈夫、ユークに任せるから」

    ユーク「…行って来たら?」

    アニ「…すまないね」
  84. 84 : : 2013/12/28(土) 20:20:44

    ミカサ「いいえ、付き合ってくれて、ありがとう」

    ミーナ「アニ、行くよ?」

    アニ「わかったよ、すまなかったね」

    ミーナ「ううん!今からだからさ!!」

    アニ「それじゃあ、2人とも」フリフリ

    ミーナ「またねぇー!」フリフリ
  85. 85 : : 2013/12/28(土) 20:21:04


    ガチャ バタン


    ユーク「2人か…」

    ミカサ「では、お願いする」スチャ

    ユーク「…頑張るよ」チャキン

    ミカサ「気軽に切ってくれればいい」ニコ

    ユーク「どんな感じにすればいいの?」

    ミカサ「全体的に、2cmずつくらい切ってほしい」
  86. 86 : : 2013/12/28(土) 20:21:21

    ミカサ「量が多くて大変だけれど、お願い」

    ユーク「量は落とさなくていいの?」

    ミカサ「ええ、あまり髪全体の長さがまばらだと、纏まらなくなるから」

    ユーク「なるほど。これまでのミカサの髪の纏まりは、そこに起因していたのか」

    ミカサ「ふふっ、参考にしてみると良い」

    ユーク「確かに知らなかった事だから、俺にとっては新発見だ!」ピーン
  87. 87 : : 2013/12/28(土) 20:21:42

    ミカサ「それでは、お願い」ジッ

    ユーク「…あまり期待しないでね?」

    ミカサ「別に構わない」

    ユーク「失敗しても起こらないでね?」

    ミカサ「不安なのも分かるけれど、集中して?」チラ

    ユーク「…はい」チョキチョキ

  88. 88 : : 2013/12/28(土) 20:22:27

    ――――――――

    ユーク「(ミカサの髪は、本当に綺麗だな)」チョキチョキ

    ユーク「(色も漆黒で…俺も黒いけど、それ以上に黒いな…ははっ、意味わかんないな!)」

    ユーク「(…触った印象は、さらさらだ)」チョキチョキ

    ユーク「(いいなぁ…こういう髪質)」

    ユーク「……」チョキチョキ

    ミカサ「ユーク、さっきから静かだけれど、どうかした?」
  89. 89 : : 2013/12/28(土) 20:22:53

    ユーク「いや、ミカサの髪質がいいなぁって思っていてね」

    ミカサ「そうだろうか?」

    ユーク「とても羨ましいよ?」チョキチョキ

    ミカサ「ありがとう」

    ユーク「何か手入れで工夫をしているのかい?」

    ミカサ「これといって、何かをしているわけではない」
  90. 90 : : 2013/12/28(土) 20:23:05

    ユーク「じゃあ、このさらさらな髪は、君の髪質そのもの?」

    ミカサ「おそらく、そう」

    ユーク「羨ましいね」

    ミカサ「ユークはなぜそんなに、髪への拘《こだわ》りがあるの?」

    ユーク「…わからない」

    ミカサ「どういう事?」
  91. 91 : : 2013/12/28(土) 20:23:21

    ユーク「昔から、髪は割と長めだったけど、さっきまで程じゃなかったよ」

    ミカサ「…じゃあ、何かきっかけが?」

    ユーク「あったと思うんだけど…忘れちゃったよ」

    ミカサ「では、なぜそんなに伸ばしていたの?」

    ユーク「…それもわからない」

    ミカサ「……?」
  92. 92 : : 2013/12/28(土) 20:23:43

    ユーク「ただ…何となく、その思いに動かされて、伸ばしていたからね」

    ミカサ「そうだったの」

    ユーク「…次は前髪へ行くよ?」

    ミカサ「お願い」

    ユーク「前髪は、顔の印象を決める大事な要素だから、慎重にね」チョキ…チョキ…

    ミカサ「それは、とても良い心掛け」
  93. 93 : : 2013/12/28(土) 20:24:00

    ユーク「自分でも調整するときに、細心の注意を払っていたからね」

    ミカサ「ええ、とても上手」

    ユーク「でも、実際に自分で見てみるまでは、わからないよ?」チョキ…チョキ…

    ミカサ「いいえ、きっと大丈夫だと信じているから」

    ミカサ「余計な迷いは必要ない」

    ユーク「…頑張るよ」

  94. 94 : : 2013/12/28(土) 20:25:16

    ――――――――

    ユーク「次は、前髪の長さに合わせて、側頭部を切るね?」

    ミカサ「ええ」

    ユーク「…今更なんだけどさ」

    ミカサ「...?」

    ユーク「君はこの暑い中で、どうして長袖シャツを着ているんだい?」

    ミカサ「…どうして、そんな事を聞くの?」
  95. 95 : : 2013/12/28(土) 20:25:47

    ユーク「いや、普通気になるでしょ?」

    ミカサ「…セクハラ」ボソリ

    ユーク「…ごめん」シュン

    ミカサ「いいえ、私が意地悪しただけ」クスリ

    ユーク「じゃあ。答えてくれるの?」

    ミカサ「(ユークなら…大丈夫だろう)」
  96. 96 : : 2013/12/28(土) 20:26:15

    ユーク「…?」

    ミカサ「ええ、なら脱ごう」

    ユーク「無理しなくてもいいけど?」

    ミカサ「いいえ、貴方はきっと髪を切った時に、服の中へ落ちてしまう事を懸念していた」

    ミカサ「違う?」

    ユーク「…正解」
  97. 97 : : 2013/12/28(土) 20:26:40

    ミカサ「ので、脱ぐ」

    ユーク「むこう側、向いているね?」クルッ

    ミカサ「デリカシーがあって、助かる」ヌギヌギ

    ユーク「……」

    ミカサ「ユーク、こっちを見ても構わない」

    ユーク「それじゃあ、再開するね」チャキン
  98. 98 : : 2013/12/28(土) 20:26:53

    ミカサ「お願い」

    ユーク「……」チョキチョキ

    ミカサ「……」ジッ

    ユーク「……」チョキチョキ

    ミカサ「……」ジーーッ

    ユーク「(…あれ?)」ピタッ
  99. 99 : : 2013/12/28(土) 20:27:11

    ミカサ「…ユーク、どうかしたの?」

    ユーク「…いや?」

    ミカサ「(…気付かれただろうか?)」

    ユーク「ミカサのさ…」

    ミカサ「ええ」

    ユーク「肩の方にある…」
  100. 100 : : 2013/12/28(土) 20:27:21

    ミカサ「…ええ」

    ユーク「その…模様の様なものって?」

    ミカサ「(やはり、気付かれてしまった)」

    ユーク「…ミカサ?」

    ミカサ「……」

    ユーク「答えられない事?」
  101. 101 : : 2013/12/28(土) 20:27:54

    ミカサ「…その通り」

    ユーク「…じゃあ、聞かないさ」

    ミカサ「ありがとう。そうしておいてほしい」

    ユーク「…エレンにも?」

    ミカサ「ええ、エレンはこの事を知っているけれど、これが何かは、教えていない」

    ユーク「エレンさえも教えていないの?」
  102. 102 : : 2013/12/28(土) 20:28:18

    ミカサ「私の故郷の…秘密らしいから」

    ユーク「『らしい』って?」

    ミカサ「実は私も、あまりよく知らないの」

    ユーク「……」

    ミカサ「私の家系が、代々受け継いでいるものらしいけれど」

    ミカサ「その意味を教えてもらう前に、両親が殺されてしまったから」
  103. 103 : : 2013/12/28(土) 20:28:29

    ユーク「…ごめん、余計な事を聞いてしまって」シュン

    ミカサ「いいえ、私が勝手に話しただけ」

    ミカサ「ので、貴方は負い目を感じないで?」

    ユーク「…ありがとう」

    ミカサ「この話は、これで終わりにして、続きをお願い」

    ユーク「…はい」チョキチョキ

  104. 104 : : 2013/12/28(土) 20:28:45

    ―――――――― 

    ユーク「はい、終わったよ?」

    ミカサ「どんな感じになっただろうか?」

    ユーク「はい、鏡」サッ

    ミカサ「…おお!いい感じ」

    ユーク「お気に召せば、何よりだよ」ホッ

    ミカサ「とても上手」チラチラ
  105. 105 : : 2013/12/28(土) 20:28:59

    ユーク「それじゃあ、片付けをしようか」

    ミカサ「ええ、そうね」

    ユーク「アニ、いつ帰って来るかな?」サッサッ

    ミカサ「ふふっ、早く彼女に会いたいの?」ニヤニヤ

    ユーク「…まぁね」サッサッ

    ミカサ「…素直」サッサッ
  106. 106 : : 2013/12/28(土) 20:29:09

    ユーク「…ねぇ、ミカサ」ピタッ

    ミカサ「どうかしたの?」ピタッ

    ユーク「……」

    ミカサ「……」

    ユーク「…ごめん。今はいいや」

    ミカサ「…そう?」
  107. 107 : : 2013/12/28(土) 20:29:27

    ユーク「変な雰囲気にして、ごめんね!」ニッ

    ミカサ「それは…別に構わない」

    ユーク「さっ!掃除の続きをしよう」サッサッ

    ミカサ「ええ、わかった」サッサッ

    ユーク「落ちている髪の毛…多いね」

    ミカサ「長いものは、ほとんどは貴方のもの」
  108. 108 : : 2013/12/28(土) 20:31:15

    ユーク「それを言うなって!」ハハッ

    ミカサ「ふふっ、そうね」クスリ

    ユーク「それより、ミカサの髪がとても艶々していてさ!」

    ミカサ「貴方は、髪にこだわりを持っているのね」

    ユーク「ミカサの髪がとても羨ましいよ」

    ミカサ「男の子にそう言う事を言われたのは、これが初めて――――」クスス


  109. 109 : : 2013/12/28(土) 20:31:59

    Part3おわり

    なんか、おしゃべりであっという間に終わった感じがします

  110. 110 : : 2013/12/28(土) 20:33:11
    >>64
    今、無い時間を削って頑張って書いてますよ!

    時間が欲しいです

    もっともっと書きたいものが沢山あるんですよね!!
  111. 111 : : 2013/12/29(日) 01:21:16
    いいね!
  112. 112 : : 2013/12/29(日) 14:18:56

    ――Part 4――

    ――――夕方 食堂――――

    ユーク「アニ、帰ってこないね」チラチラ

    ミカサ「確かに、買い出しにしては遅いわね」

    ユーク「大丈夫かなぁ」ソワソワ

    ミカサ「アニは強いから、きっと大丈夫」

    ユーク「……」ソワソワ

    ミカサ「ふふっ、ユーク、少しは落ち着いたら?」クスリ
  113. 113 : : 2013/12/29(日) 14:19:11


    ガチャ バタン


    ミーナ「たっだいまぁ!」

    アニ「ただいま」クタクタ

    ユーク「アニ!こっちだよ!!」フリフリ

    ミカサ「2人とも、一緒に食べよう」

    ミーナ「私達を待っていてくれたの?」

    アニ「またまた悪いね」
    (『――番外編―― 第7話』参照)
  114. 114 : : 2013/12/29(日) 14:19:48

    ユーク「当たり前さ」

    アニ「ありがと。そんな風に思ってくれていて、嬉しいよ」

    ユーク「…お腹空いた?」

    アニ「うん。腹ペコさ」

    ユーク「配膳、取ってきたら?」

    アニ「なんだ。今回は取ってきてくれないのかい?」クスリ
  115. 115 : : 2013/12/29(日) 14:20:04

    ユーク「取ってきてほしい?」クスッ

    アニ「お願い」ニコ

    ユーク「じゃあ、少し待っていてね!」スタスタ

    ミカサ「…ユークはアニに甘い」ニヤニヤ

    ミーナ「甘々だね」ニッコリ

    アニ「(そんなあいつが…私は好きなのさ)」ニコ
  116. 116 : : 2013/12/29(日) 14:20:19


    スタスタ スタスタ


    ユーク「アニ、お待たせ!」コトン

    アニ「ありがと」ニコ

    ユーク「どういたしまして!」ニカッ

    ユーク「それじゃあ、食べようか!」

    アニ「いただきます」スッ

    ミーナ「いただきまーす!」
  117. 117 : : 2013/12/29(日) 14:20:36

    ミカサ「ようやく、いただきます」スッ

    ミーナ「…そういえば、2人とも髪が!」

    ユーク「流石に、気が付くよな」

    ミカサ「ええ。でも私は気に入っている」ニコ

    ユーク「俺も一時はどうなるかと思ったけど、気に入っているよ?」ニコ

    アニ「ユークはミカサの髪を、ちゃんと出来たみたいだね」
  118. 118 : : 2013/12/29(日) 14:20:52

    ユーク「あぁ、何とかなるものだな」

    ミカサ「ユークのはさみ使いは、上手だった」

    ユーク「俺自身、意外だったけどね」

    アニ「今まで自分で切っていたんだから、自然と技術が身に付いていたのさ」

    ユーク「そうなのかもね」

    アニ「(私もいつか“また”…ユークに切ってもらおう)」
  119. 119 : : 2013/12/29(日) 14:21:24

    ユーク「(実は昔、開拓地時代に、アニの髪の毛を切ってあげたりしていたんだけどね)」

    ユーク「(これを言うと、またミカサの『美味しいおやつ』になっちゃうから)」

    ユーク「(敢えて、言わないでおいたんだよな)」ニヤリ

    ユーク「(…多分、俺が髪を伸ばすきっかけになったのも…その頃だったよな)」

    ユーク「(あの時のアニの髪が…とても綺麗で、憧れていたんだ…だから)」

    ユーク「(俺も髪を伸ばせば、そうなると信じ込んでいて…我ながら子供っぽいよな)」ハハッ

  120. 120 : : 2013/12/29(日) 14:21:48

    ――――――――

    ミーナ「ユーク、髪切ってもかっこいいね!」

    ユーク「おっ!ありがとね」ニコ

    アニ「むっ」ムスッ

    ミカサ「(アニ…)」クスリ

    ミーナ「ユークの左眼って、初めて見た気がするよ」

    ユーク「あれ?そんな印象だったの、俺って?」
  121. 121 : : 2013/12/29(日) 14:22:00

    ミーナ「うん!だって左眼だけは、隙間から少ししか見えなかったんだもん」

    ユーク「俺からは皆の事を、ちゃんと見えていたんだよ?」

    ミーナ「でも、両目とも見えているのも、やっぱりいいね!」ニコ

    ミカサ「ミーナ、そんな事を言っていると、マルコに言いつけるかもしれない」

    ミーナ「え!?そ、それは止めて!」アセアセ

    ユーク「ははっ、本当に言ったりはしないさ」
  122. 122 : : 2013/12/29(日) 14:22:21

    ミカサ「勿論、冗談」ニコ

    ミーナ「はぁ…びっくりしたよぉ」ホッ

    アニ「ユ、ユーク…」ジッ

    ユーク「何?」ニコ

    アニ「か、かっこいいよ…///」ボソリ

    ユーク「(どきりっ!!)」ドキンッ
  123. 123 : : 2013/12/29(日) 14:22:32

    アニ「……///」ドキドキ

    ユーク「あ、ありがと、アニ!///」ニコ

    アニ「うん…///」モジモジ

    ミカサ「にやにや~」

    ミーナ「にまにま~」

    アニ「ア、アンタら…」アセアセ
  124. 124 : : 2013/12/29(日) 14:22:44

    ユーク「あっ、あそこでエレンがミカサを褒めているよ?(棒)」チラ

    ミカサ「今すぐ行く!!」ピューーッ

    ユーク「(はい、1人目)」

    アニ「ミーナ、マルコがあそこで女の子と話しているけど?」シレッ

    ミーナ「た、大変!行かなきゃ!!」ピューーッ

    アニ「(これで2人とも)」
  125. 125 : : 2013/12/29(日) 14:23:08

    ユーク「……」チラ

    アニ「……」チラ

    ユーク「ありがとね、アニ」

    アニ「うん」ニコ

    ユーク「(アニにも褒めて貰えたか…嬉しいな)」

    アニ「(本当にかっこいいよ…ユーク?)」
  126. 126 : : 2013/12/29(日) 14:23:27


    エレン! ホメテ! ホメテ!

    ウワ ダキツクナヨ!

    マルコ! ウワキハ ダメ ダカラネ!

    エッ!? ナニカノ カンチガイジャ?


    ユーク「…俺は知らない」ニコ

    アニ「…私も知らないさ」ニコ


    ワーワー ワイワイ

    ギャーギャー ガヤガヤ


  127. 127 : : 2013/12/29(日) 14:24:03

    ――――数日後 朝 食堂――――

    ユーク「アニは?」

    ミカサ「まだ来ていないみたい」

    ユーク「起こさなかったの?」

    ミカサ「勿論、起こしたけれど、のそのそと着替えていたので、先に来た」

    ユーク「…まぁ着替え始めたなら、また寝たりはしないだろうね」

    ミカサ「心配?」
  128. 128 : : 2013/12/29(日) 14:24:20

    ユーク「少しね」

    ミカサ「そう」

    ユーク「…ミカサ」

    ミカサ「何?」

    ユーク「この前に途切れた話を…してもいいかい?」

    ミカサ「髪の掃除をしていた時の話?」
  129. 129 : : 2013/12/29(日) 14:24:46

    ユーク「そうさ」

    ミカサ「…その話とは?」

    ユーク「……」

    ユーク「アニが…キスをしてきたんだ」

    ミカサ「…!!」ピクリ

    ユーク「…勿論、ほっぺにね」
  130. 130 : : 2013/12/29(日) 14:25:15

    ミカサ「(それって、あの時の…)」

    ユーク「髪を切る1週間くらい前に、木陰で寝ている時にね」

    ミカサ「あの時、起きていたの?」

    ユーク「『あの時』?」

    ミカサ「あっ、いえ…何でもないの」アセアセ

    ユーク「…まぁ続けるけど、アニが近づいてくる気配で、本当は起きていたんだ」
  131. 131 : : 2013/12/29(日) 14:25:44

    ミカサ「寝たふりを…していたの?」

    ユーク「…少しだけ、アニを驚かせようと思っただけなんだ」

    ミカサ「でも反対に、貴方の方が彼女に驚かされる事になった、と?」

    ユーク「…あぁ、驚いたよ」

    ミカサ「それで…貴方は」

    ユーク「ミカサ…」
  132. 132 : : 2013/12/29(日) 14:25:54

    ミカサ「...?」

    ユーク「どういう事だと思う?」

    ミカサ「『ど、どういう事』…とは?」

    ユーク「アニに…変化が訪れている」

    ミカサ「気付いていたの?」

    ユーク「今回の事で、ある程度の確証を得たんだ」
  133. 133 : : 2013/12/29(日) 14:26:13

    ユーク「(でも、その前にも…今回のきっかけになるような事も…あった)」
    (『――番外編―― 第16話』参照)

    ユーク「ミカサ、君は前に言ったよね?」

    ユーク「『今の俺には、絶対に話せない』事があるって」
    (『――番外編―― 第10話』参照)

    ミカサ「ええ、そうね」

    ユーク「それはまだ…話せないのかい?」

    ミカサ「……」
  134. 134 : : 2013/12/29(日) 14:26:41

    ユーク「……」ジーーッ

    ミカサ「…ええ、話せない」

    ユーク「なんでさ?」

    ミカサ「あの時…貴方には、『その時が来るのを待つように』とも言った」
    (『――番外編―― 第10話』参照)

    ユーク「…そうだけどさ」

    ミカサ「アニはきっと…自分の本当の気持ちに…気が付いたのだと思う」
  135. 135 : : 2013/12/29(日) 14:27:11

    ユーク「……」

    ミカサ「ので、貴方へキスをした」

    ミカサ「口ではなく、ほっぺにしたのは…きっと貴方への最後の遠慮だったのだと思う」

    ミカサ「(きっとアニは、この前のミーナの会話に…触発されてしまったのだと思う)」

    ミカサ「(でなければ、あのアニが…そんな大胆な行動に出るとは、考えにくい)」

    ミカサ「(しかしアニの想いも、それだけ強くなっているという事でもある)」
  136. 136 : : 2013/12/29(日) 14:27:40

    ユーク「俺はこれから…アニとどう接すればいいんだ?」

    ミカサ「アニは…その事を知っているの?」

    ユーク「多分、俺が本当に寝ていたと思っている…と思う」

    ミカサ「そう…」

    ユーク「……」ジーーッ

    ミカサ「…きっと」
  137. 137 : : 2013/12/29(日) 14:28:09

    ユーク「ん?」

    ミカサ「きっと…もう少しだから…諦めないで!」

    ユーク「『諦める』って何を?」

    ミカサ「今の貴方は、私に『答え』を求めて、考える事から逃げようとしている」

    ミカサ「私は貴方には…諦めてほしくない!」

    ユーク「ミカサ…」
  138. 138 : : 2013/12/29(日) 14:28:28

    ミカサ「アニは自分の力で、その『答え』に辿り着いた」

    ミカサ「その結果が、今回の事なのだと思う」

    ミカサ「だから貴方も、自分で『答え』を探し続けてほしい!!」

    ユーク「…そうか、わかったよ」

    ユーク「『答え』を人に求める、俺が間違っていた」

    ユーク「やってみせるさ!絶対に見つけるから!!」
  139. 139 : : 2013/12/29(日) 14:28:57

    ミカサ「うん…頑張って」グスン

    ユーク「…泣かないでよ」

    ミカサ「ごめんなさい。少し感動して…」グシグシ

    ユーク「もうすぐ、アニも来るからさ」

    ミカサ「アニとは…」グシグシ

    ユーク「ん?」
  140. 140 : : 2013/12/29(日) 14:29:30

    ミカサ「貴方はこれからも、アニとは今まで通りに接してほしい」

    ユーク「…わかったよ」

    ミカサ「私も『この事』は一切、彼女には言わないから」

    ユーク「ミカサには、助けられてばかりだね」

    ミカサ「いいえ、私もこれが楽しいから」ニコ

    ユーク「…ありがとう」
  141. 141 : : 2013/12/29(日) 14:29:53


    ガチャ バタン

    トコトコ


    アニ「おはよう、2人とも」

    ユーク「あぁ!おはよう、アニ」ニカッ

    ミカサ「おはよう」ニコ

    アニ「私は、ここでいいかい?」

    ユーク「あぁ、いつも通り、隣に座りなよ」

    アニ「うん」スチャ
  142. 142 : : 2013/12/29(日) 14:30:28

    ミカサ「アニ、良かったわね」ニコニコ

    アニ「…?いつもの事じゃないか」

    ユーク「そっ、『いつも通り』」ニコ

    アニ「アンタ達、どうかしたの?」チラチラ

    ミカサ「いいえ、何にも?」ニコニコ

    ユーク「アニ、食べようか!」

    アニ「そうだね。いただきます」スッ

  143. 143 : : 2013/12/29(日) 14:33:46

    ――――――――

    ユーク「(…アニの予想外の行動に対して)」

    ユーク「(きっと俺も…少し焦っていたんだな)」

    ユーク「(人へ答えを乞うなんて、俺らしくなかったよ)」

    ユーク「(さっきミカサは、『もう少しだから、諦めるな』と言った)」

    ユーク「(落ち着いて考えると、俺もそんな気がしてきたよ)」

    ユーク「(『諦めない事』…それはこれまでに、君から教えられてきた事だったね…ミカサ)」
  144. 144 : : 2013/12/29(日) 14:34:01

    ユーク「(そして、アニ…君があの時にしてくれたキスが…本物の想いだったとしたら…)」

    ユーク「(俺はもうすぐ…『その答え』に辿り着けるかもしれないからさ)」

    ユーク「(…だからね…だから!)」

    ユーク「(アニ…君を本当に笑顔にさせてあげられる日が…来ると思うんだ!!)」

    ユーク「(その時まで…そして、それからもずっと…)」

    ユーク「(この眼で君の事を…見つめ続けるから――――)」



    進撃の巨人Another ――番外編―― 第17話

    『左眼が見つめる先』



    La Fin.

  145. 145 : : 2013/12/29(日) 14:34:21

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【執筆中 進撃の巨人Another 第34話 『駒の数』】
    http://www.ssnote.net/archives/5377

    【執筆中 進撃の巨人Another 第33話 『タイキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/5376

    【13/12/24 進撃の巨人Another 第32話 『特質』】
    http://www.ssnote.net/archives/5206

    【13/12/20 進撃の巨人Another 第31話 『敵の敵』】
    http://www.ssnote.net/archives/5204

    【13/12/17 進撃の巨人Another 第30話 『隠す者』】
    http://www.ssnote.net/archives/4699

    【13/12/15 進撃の巨人Another 第29話 『ハツゲン』】
    http://www.ssnote.net/archives/4697

    【13/12/06 進撃の巨人Another 第28話 『キタイ』】
    http://www.ssnote.net/archives/4287

    【13/12/05 進撃の巨人Another 第27話 『夜明け』】
    http://www.ssnote.net/archives/4235

    【13/11/30 進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』】
    http://www.ssnote.net/archives/3742

    【13/11/27 進撃の巨人Another 第25話 『帰る先』】
    http://www.ssnote.net/archives/3554

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740
  146. 146 : : 2013/12/29(日) 14:34:34

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  147. 147 : : 2013/12/29(日) 14:35:07

    ――番外編――

    【13/12/25 進撃の巨人Another ――番外編―― 第16話】
    http://www.ssnote.net/archives/5229

    【13/12/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第15話】
    http://www.ssnote.net/archives/4702

    【13/12/10 進撃の巨人Another ――番外編―― 第14話】
    http://www.ssnote.net/archives/4373

    【13/12/04 進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話】
    http://www.ssnote.net/archives/3949

    【13/11/30 進撃の巨人Another ――番外編―― 第12話】
    http://www.ssnote.net/archives/3487

    【13/11/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話】
    http://www.ssnote.net/archives/3066

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――その他――
    【執筆中 進撃の巨人Another ――104期相談所編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/5371

    【13/12/08 進撃の巨人Another ――104期相談所編―― 第1話 ユーク「勉強の方法が分からない?」】
    http://www.ssnote.net/archives/4493


    ――雑談――

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924
  148. 148 : : 2013/12/29(日) 14:36:46

    16話がとても長かったので、感覚が麻痺しますが、今回はいつもくらいの長さでした

    さて、頑張って本編2話分を年越し前に完成させます!!

    相談所は、もうしばらく待ってね!

  149. 149 : : 2013/12/29(日) 15:48:14
    わかった
  150. 150 : : 2013/12/29(日) 19:06:26
    >>110
    急かしてしまったようで申し訳ない・・・・!
  151. 151 : : 2014/01/23(木) 20:18:15
    てすと

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場