ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第34話 『駒の数』 ――第57回壁外調査編 No.8――

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/12/20(金) 17:53:08

    進撃の巨人Another 第34話 『駒の数』

    ――第57回壁外調査編 No.8――

  2. 2 : : 2014/01/11(土) 20:39:46

    ――――巨大樹の森の中――――


    ドッドッドッ

    ドドッドドッドドッ


    女型の巨人「(もう…あと…少しで!!)」ドッドッドッ

    女型の巨人「(エレン、絶対に捕まえるから!)」

    女型の巨人「(覚悟…し…な?)」チラ


    調査兵「……」

    調査兵「……」

    エルヴィン「…撃てーーっ!!」バッ
  3. 3 : : 2014/01/11(土) 20:40:19


    ドドドドドッ!!

    バババババッ!!


    女型の巨人「(…!?)」

    女型の巨人「(拙い!避けないとっ!!)」

    女型の巨人「(これが…ユークの言っていた事だったんだね)」

    女型の巨人「(…無数に何かが飛んでくる!!)」

    女型の巨人「(…負けない!!)」

    女型の巨人「(動けっ!私の身体!!…あぁぁああ!!)」


    ドォォォォオオオオ!!

    ゴォォォォオオオオ!!


  4. 4 : : 2014/01/11(土) 20:40:48

    ――――巨大樹の森 境界――――


    ドォォォォオオオオ!!

    ゴォォォォオオオオ!!


    クリスタ「…?」チラ

    クリスタ「(何の音だろう?)」

    クリスタ「(凄い轟音だったな)」

    クリスタ「(…私達って…今、何をしているんだろう?)」

    クリスタ「(先輩たちは何も答えてくれないし、これじゃあ、分からないよ)」

    クリスタ「(でも、それ以上に今は…)」チラ
  5. 5 : : 2014/01/11(土) 20:41:16



    パキパキパキ


    野生の巨人「……」ニタニタ

    野生の巨人「……」ウロウロ


    クリスタ「…っ!!」ゾクッ

    クリスタ「あの…登ってきましたが?」

    ナナバ「そうだね」

    ナナバ「ここまで登ってこられたら、私が退いてあげようかな」

    ナナバ「でも、後少ししたら…」

    クリスタ「…?」
  6. 6 : : 2014/01/11(土) 20:41:38

    ナナバ「撤退命令が出ると思うけどね」

    クリスタ「それは…」

    クリスタ「さっきから森の奥で鳴っている爆発音と関係があるんですか?」

    ナナバ「……」シーン

    クリスタ「(また…答えてくれない)」

    クリスタ「(一体、何が起こっているんだろう?)」


  7. 7 : : 2014/01/11(土) 20:41:58

    ――――巨大樹の森 境界 別地点――――

    ミカサ「……」

    サシャ「ミカサ…」

    サシャ「この音…何だと思いますか?」

    サシャ「森の中で大砲でも撃っているんでしょうか?」

    ミカサ「……」

    サシャ「ミカサ?」
  8. 8 : : 2014/01/11(土) 20:42:14

    ミカサ「…分からない」

    サシャ「…そうですよね」

    ミカサ「でも…」

    サシャ「何ですか?」

    ミカサ「何らかの作戦が実行されていると、私は考える」

    サシャ「『作戦』って、何のですか?」
  9. 9 : : 2014/01/11(土) 20:42:34

    ミカサ「…分からない」

    サシャ「…そうですか」

    ミカサ「(先程、右翼側が壊滅したという情報と何らかの関係があると考える)」

    ミカサ「(しかし、その本質が何なのかは分からない)」

    ミカサ「(なぜ突然、壊滅に追い込まれたのか、情報が不足している)」

    ミカサ「(こんな時にこそ、『彼』の助けが欲しいのだけれど…)」


  10. 10 : : 2014/01/11(土) 20:42:52

    ――――巨大樹の森 境界 別地点――――

    ユミル「さっきから、後ろがうるせぇな」

    ユミル「なぁ、ベルトルさん」

    ユミル「クリスタがどの辺に行ったか、知らねぇか?」

    ベルトルト「ごめん…知らない」

    ユミル「だよなぁ…はぁ、クリスタ…」

    ベルトルト「……」
  11. 11 : : 2014/01/11(土) 20:43:05

    ベルトルト「(森の中で一体、何が起こっているんだ?)」

    ベルトルト「(あの爆発音…大砲を持って来たようには見えなかったけど)」

    ベルトルト「(ユークが以前、言っていた事と何か関係があるのだろうか?)」

    ベルトルト「(だとしたら、さっきから聞こえていた音は、やっぱり…)」

    ベルトルト「(2人共…大丈夫なんだろうか?)」

    ベルトルト「(僕達は今、2人を信じる事しかできない…)」


  12. 12 : : 2014/01/11(土) 20:43:25

    ――――巨大樹の森 境界 別地点――――

    ジャン「少し、移動するぞ、アルミン!」

    アルミン「うん!」

    ジャン「野郎、コツを掴んできたみてぇだ」

    ジャン「木登りが段々上手くなってきてるぞ」パシュッ


    ヒュンッ ヒュンッ

    ギリリ ギリリ


    野生の巨人「……」グググ

    野生の巨人「……!」ズルッ ドシン
  13. 13 : : 2014/01/11(土) 20:43:52


    ギリリ ギリリ


    ジャン「それも個体差があるみてぇだが」スタッ

    ジャン「なぁ、アルミン」

    アルミン「…?」スタッ

    ジャン「今、森の奥で何かやってるみてぇだが」

    ジャン「何となく、察しがついてきたぞ」

    アルミン「……!」
  14. 14 : : 2014/01/11(土) 20:44:11

    ジャン「あの女型の巨人を捕獲するために、ここまで誘い込んだんだよな?」

    アルミン「おそらくね。もしくは、あの『仮面』の方も」

    ジャン「そんな大作戦を一部の兵にしか教えなかった理由も、これしか考えられねぇ」

    アルミン「……」

    ジャン「…人為的に、壁を壊そうとする奴が兵団の中に居るって事だろ?」

    アルミン「……」
  15. 15 : : 2014/01/11(土) 20:44:53

    ジャン「……」

    アルミン「…うん。僕もそう思う」

    アルミン「多分、団長はそう確信している」

    アルミン「エレンの存在は、巨人が人為的に操作されている可能性を示唆するものだから」

    アルミン「壁を壊そうとした巨人は人間であり、彼らは壁の内側に居ると想定されている」

    アルミン「ならば最優先は、その人間を特定してこれ以上の壁の破壊を防ぐ事だ」
  16. 16 : : 2014/01/11(土) 20:45:23

    アルミン「そして、それ以上に、彼らを捕獲する事が出来れば…」

    アルミン「調査兵団の悲願である情報が…」

    アルミン「この世界の真相そのものが手に入ると期待できる」

    ジャン「あの音は、そいつが罠に掛かった音で、エレンはその餌か」

    アルミン「うん。そう言う事さ」

    ジャン「しかし、どうして団長はエレンが壁を出たら、巨人が追って来ると確信できたんだ?」
  17. 17 : : 2014/01/11(土) 20:45:49

    アルミン「それは、今回のトロスト区襲撃で、彼らが壁を完全に壊さなかったからだと思う」

    ジャン「どういう事だ?」

    アルミン「彼らは、なぜか攻撃を途中で止めてしまったんだ」

    アルミン「ウォール・ローゼの内門まで破壊する事が、彼らの目的のはずなのに」

    ジャン「それって…」

    アルミン「…中止せざるを得ない理由があったんだ」
  18. 18 : : 2014/01/11(土) 20:46:11

    アルミン「折角、破壊した外門を防がれてしまう事も放っておいた」

    アルミン「恐らく、不測の事態の為にそれどころではなくなったんだ」

    ジャン「その『不測の事態』って言うのは…」

    アルミン「もし、彼らが壁の破壊よりも重視する何かが、あの時、起こったのだとしたら…」

    アルミン「それは、エレンの巨人化以外に考えられない」

    ジャン「ってことは、つまり…」
  19. 19 : : 2014/01/11(土) 20:46:33

    アルミン「……」コクリ

    ジャン「エレンの巨人化をあの時知った奴の中に、諜報員のような奴が居たって事か?」

    アルミン「……」

    ジャン「…あの時、あの場所で、見てたやつらの、誰かが…」

    ジャン「だとしても、釈然としねぇ」

    ジャン「どこに居るかもわからないって状況にしても」
  20. 20 : : 2014/01/11(土) 20:46:52

    ジャン「もう少しくらい、多くの兵に作戦を教えても良かったんじゃないのか?」

    ジャン「相手が知性のある巨人だと知っていれば、死なずに済んだ兵も多かったはずじゃ…」

    アルミン「それは、きっと団長に更に高度な考えがあって…」

    ジャン「でもよ、あの巨人の存在を知っていたらよ」

    ジャン「対応も違っていたはずだ」

    ジャン「お前の所の班長達だって…死なずに済んだかもしれねぇ」
  21. 21 : : 2014/01/11(土) 20:47:18

    アルミン「…そうかもしれない」

    アルミン「けれど、団長は選んだんだ」

    ジャン「『選んだ』?」

    アルミン「壁の中の人類と僕達、調査兵団の命」

    ジャン「……!」

    アルミン「団長は、兵団の命を切り捨てる方を選んだ」
  22. 22 : : 2014/01/11(土) 20:47:39

    ジャン「……」

    アルミン「僕はたいして長くも生きていないけど、確信している事があるんだ」

    アルミン「何かを変える事が出来る人が居るとすれば、その人はきっと…」

    アルミン「大事なものを切り捨てることが出来る人だ」

    アルミン「エルヴィン団長をはじめ、駐屯兵団のピクシス指令も、憲兵団のドーク師団長も」

    アルミン「…ザックレー総統だって」
  23. 23 : : 2014/01/11(土) 20:48:38

    アルミン「化け物をも凌ぐ必要に迫られたなら、人間性をも捨て去る覚悟が出来る人の事だ」

    アルミン「何も捨てることが出来ない人には、何も変える事は出来ないだろう」

    ジャン「……」

    アルミン「そして、僕達の中にも…その素質を持った人が居る…『彼』のように」

    ジャン「…そうか」

    アルミン「彼は、強いからね。身体能力だけじゃなく、精神力まで」
  24. 24 : : 2014/01/11(土) 20:49:05

    アルミン「そして、彼の強さの所以は、その覚悟の強さだよ」

    ジャン「…違ぇねぇ」

    アルミン「僕達は、団長に着いて行くしかないよ」

    ジャン「そうだな。その為にも…」


    アァァァァアアアア!!

    ビリビリビリッ!!


    アルミン「うわっ!!」

    ジャン「何だ!?何が起こったんだ!?――――」


  25. 25 : : 2014/01/11(土) 20:49:34

    ――――少し時は遡り 巨大樹の森から約40 km地点の平野――――

    獣の巨人「さぁ、君達、あいつ食べてもいいよ」スッ

    野生の巨人「がぁぁぁ!」ダダッ

    野生の巨人「あぁぁぁ!」ダダッ

    仮面の巨人「……」

    獣の巨人「ふふっ、どうしたんだい?」

    獣の巨人「途端に恐怖したのかい?」
  26. 26 : : 2014/01/11(土) 20:50:25


    ダダッ ダダッ


    仮面の巨人【ふふふ…】

    獣の巨人「…?」

    仮面の巨人【待て】スッ

    野生の巨人「がぁぁぁ!」ダダッ

    野生の巨人「あぁぁぁ!」ダダッ

    仮面の巨人【君達は、彼に騙されているよ。止まれ】ジーーッ
  27. 27 : : 2014/01/11(土) 20:50:55

    野生の巨人「……」ピタッ

    野生の巨人「……」ピタッ

    獣の巨人「私の命令から、止まった?」

    仮面の巨人【俺ならば、君達の望みを叶えてやれる】

    仮面の巨人【俺に従え】ジーーッ

    獣の巨人「(今、彼は何を言っているんだ?)」
  28. 28 : : 2014/01/11(土) 20:51:36

    野生の巨人「……」

    野生の巨人「……」

    仮面の巨人【よし。それでいい】

    仮面の巨人【以後、俺の指示に従っていれば、君達の望みへ誘導してやろう】

    仮面の巨人【君達はこれから…】

    仮面の巨人【あの『獣』へ向かっていくんだ!】スッ
  29. 29 : : 2014/01/11(土) 20:52:04

    野生の巨人「……」クルッ

    野生の巨人「……」クルッ

    獣の巨人「(こちらを向いた?)」

    獣の巨人「(彼らの眼が先程と違う…まさか?)」

    仮面の巨人「(今度は、こちらの番さ!)」

    仮面の巨人【さぁ、行け!】
  30. 30 : : 2014/01/11(土) 20:52:32

    野生の巨人「がぁぁぁ!」ダダッ

    野生の巨人「あぁぁぁ!」ダダッ

    獣の巨人「…!?」

    仮面の巨人【ふふふ、さぁどうする?】

    仮面の巨人【お前の駒は、俺が貰ったよ】

    獣の巨人「なるほど。君のその能力の使い道は、そういう事なのか」
  31. 31 : : 2014/01/11(土) 20:53:01


    ダダッ ダダッ


    獣の巨人「はぁ、仕方ないね」

    獣の巨人「君達、君達…」

    野生の巨人「がぁぁぁ!」ダダッ

    野生の巨人「あぁぁぁ!」ダダッ

    仮面の巨人【無駄さ】

    獣の巨人「…拘束力が強いみたいだね」
  32. 32 : : 2014/01/11(土) 20:53:31

    仮面の巨人【これで、俺も手の内は見せたんだ】

    仮面の巨人【さぁ、今度はお前の番だぞ?】

    獣の巨人「私の方が君よりも力が弱い様なら、仕方がないね」

    獣の巨人「あー、君達、あの2体とも倒してきてよ」

    野生の巨人「……!」ダダッ

    野生の巨人「うぁぁぁ!」ダダッ
  33. 33 : : 2014/01/11(土) 20:54:09


    ドガッ!!

    ガァァァァ!!

    バキバキ!!

    シューーーッ


    仮面の巨人【……】

    獣の巨人「……」

    仮面の巨人【ふっ、所詮、野生同士では、精々引き分けが関の山さ】

    獣の巨人「でも、これで君の持ち駒はゼロだよ?」

    仮面の巨人【無いなら…奪えばいいんだよ】

    獣の巨人「私も少々、本気で命令するから、覚悟が必要だよ?」
  34. 34 : : 2014/01/11(土) 20:54:48

    仮面の巨人【そうでもしないと、俺を突破できないと気付いたからだろう?】

    獣の巨人「どうも君には、隠し事は出来ないみたいだね」

    仮面の巨人【俺を侮らない方がいい】

    獣の巨人「では、次はどうしようか」

    仮面の巨人【俺もさっさとケリをつけて先へ行きたいんだよ】

    獣の巨人「それは、私も同様さ」
  35. 35 : : 2014/01/11(土) 20:55:28

    獣の巨人「こうしている間にも、君達に先手を取られっぱなしだからね」

    仮面の巨人【ははっ、さっきのは、口先だけの先手宣言だな】

    獣の巨人「2人居る君達の方が、この状況で有利だったという事さ」

    仮面の巨人【このままでは、また俺に奪い取られるぞ?】

    獣の巨人「それは最早、仕方ないと考えるさ」

    獣の巨人「…じり貧合戦の開始だよ!――――」


  36. 36 : : 2014/01/11(土) 20:56:24

    前半ってことで、今日はこの辺で!

    それとコメント制限外しました

  37. 37 : : 2014/01/11(土) 22:13:55
    番外編の最終話最高だったぜ
  38. 38 : : 2014/01/11(土) 22:45:00
    >>37
    当たり前さ!(笑)

  39. 39 : : 2014/01/11(土) 22:51:42
    期待です!
    番外編面白かったです!
  40. 40 : : 2014/01/11(土) 23:20:46
    >>39
    ありがとう!

    番外編はどれも私自身が気に入っているからね

    これからもいい話が出来るようにミカサ達に頑張ってもらうよ

  41. 41 : : 2014/01/12(日) 06:21:32
    このシリーズ最高!
    期待しています!(^o^)/
  42. 42 : : 2014/01/12(日) 14:41:54
    ついに来たあぁぁぁ
  43. 43 : : 2014/01/12(日) 19:18:44
    >>41
    ありがとう!
    でも最近は、本作の台詞に準拠(一部改正、増加)しているから、
    読み覚えのある会話があるけど、仕方のない事だから我慢してほしいんだ!



  44. 44 : : 2014/01/12(日) 19:19:10
    >>42
    戦いはまだまだこれからだぁ!

  45. 45 : : 2014/01/12(日) 20:21:10

    ――――同時刻 巨大樹の森の中――――


    ドォォォォオオオオ!!

    ゴォォォォオオオオ!!


    女型の巨人「(…ふっ!!)」ググッ

    女型の巨人「(うあぁぁぁあ!!)」ダダッ

    女型の巨人「(…はぁっ!!)」ズザザザ


    調査兵「どうなったんだ?」

    調査兵「土煙の所為で全然見えないぞ!!」

    エルヴィン「これは…」
  46. 46 : : 2014/01/12(日) 20:21:24


    女型の巨人「(…なんとか、避けられたみたいだね)」

    女型の巨人「(咄嗟にユークの話を思い出せて、身体が反応できたよ)」

    女型の巨人「(…すぐに体勢を立て直さないと!!)」グワッ


    ハンジ「…そんな!?」

    ハンジ「大作戦だったのに、外しちゃったの!?」

    ハンジ「目標!目標はどこ!?」キョロキョロ
  47. 47 : : 2014/01/12(日) 20:21:47


    ドッドッドッ


    女型の巨人「(土煙で互いに位置が解らない)」

    女型の巨人「(敵も多いし、どうすれば…)」


    エルヴィン「全員!戦闘態勢!!」スッ

    調査兵「はっ!」

    エルヴィン「捕獲は失敗!目標の接近に注意せよ!!」

    調査兵「はっ!」パシュッ ギューーン
  48. 48 : : 2014/01/12(日) 20:22:00


    ドドッドドッ


    リヴァイ「…作戦は失敗のようだ」

    リヴァイ「俺達はこのまま駆け抜けるぞ」

    ペトラ「はい!」

    オルオ「ちっ」

    グンダ「了解!」

    エルド「エレン、まだ気を抜くなよ?」
  49. 49 : : 2014/01/12(日) 20:22:28

    エレン「はい!」

    エレン「(作戦失敗?)」

    エレン「(それよりもさっきのが作戦だったって事か?)」

    エレン「(この森の中に巨人を引き付けて、捕獲しようとしていたのか?)」

    エレン「(でも、なんであの巨人はあの罠から逃れられたんだ?)」

    エレン「(咄嗟に回避できていたが、何か知っていたのか?…それとも…)」
  50. 50 : : 2014/01/12(日) 20:22:53


    パシュッ ギューーン

    パシュッ ギューーン


    調査兵「うぉぉぉ!!」バッ

    調査兵「くたばれーー!」バッ


    女型の巨人「(くっ、硬化)」ピキピキピキ


    ガキィッ


    調査兵「ぐっ、硬ぇ」

    調査兵「おい、気を付け…!!」


    バチィ!

    ズドン!


    女型の巨人「(この程度の敵なら…でも、数が多い!!)」
  51. 51 : : 2014/01/12(日) 20:23:23


    パシュッ ギューーン

    パシュッ ギューーン


    調査兵「くらえぇー!!」バッ

    調査兵「ここで仕留めてやる!!」バッ


    女型の巨人「(この数の前には…きっと、私も対応が追い付かない!)」

    女型の巨人「(私の力…使うしかないよね?)」

    女型の巨人「(ユーク、勝手に使うけど…対応して?)」

    女型の巨人「(…せーのっ!!)」スゥゥ
  52. 52 : : 2014/01/12(日) 20:23:45


    女型の巨人「きぃやぁぁぁぁ!!」


    アァァァァアアアア!!

    ビリビリビリッ!!


    調査兵「!?」バッ ズザザ

    調査兵「ぐわっ!!」ビュン ズザザ

    エルヴィン「!?」ビリビリ

    ハンジ「うわっ!!」

    ミケ「…!!」
  53. 53 : : 2014/01/12(日) 20:24:09

    エルヴィン「…何が起こったんだ?」

    エルヴィン「(感情的な発声か?それとも他に目的が…)」

    ハンジ「今の一体、何だったの?」

    調査兵「断末魔ってやつですか?迷惑な…」

    ミケ「エルヴィン」

    エルヴィン「どうした?」
  54. 54 : : 2014/01/12(日) 20:24:40

    ミケ「…匂いぞ」

    エルヴィン「……!」

    ミケ「……」コクリ

    エルヴィン「方角は?」

    ミケ「全方位から多数!同時に!!」

    エルヴィン「…!!」
  55. 55 : : 2014/01/12(日) 20:25:10


    ドッドッドッ

    ドッドッドッ


    エルヴィン「(この女型の巨人…一体、何を…)」

    エルヴィン「全員、周囲から巨人が襲来する!対処せよ!!」


    女型の巨人「(これで周囲の巨人は、私に向かって襲って来る)」

    女型の巨人「(その過程で、調査兵団を攪乱できれば儲けものさ)」

    女型の巨人「(今、私1人でこれだけの数を相手にするのは、無理だからね)」

    女型の巨人「(そして私は、この隙に…)」


  56. 56 : : 2014/01/12(日) 20:25:46

    ――――同時刻 巨大樹の森から約40 km地点の平野――――


    シューーーッ

    シューーーッ


    仮面の巨人【……】

    獣の巨人「……」

    仮面の巨人【お前が連れてきた巨人は、ほとんどが相討ちしたぞ】

    獣の巨人「君の力、強いんだね」

    仮面の巨人【互いに持ち駒は、残り僅か…】

    獣の巨人「最後の決戦だね」
  57. 57 : : 2014/01/12(日) 20:26:24

    仮面の巨人【じゃあ、最後の一手を始めようか】スッ

    獣の巨人「あぁ、負けないよ」スッ

    仮面の巨人「(アニ、もう少しだけ待っていて…)」

    獣の巨人「(おそらく私と君の戦いの行く末は…)」

    獣の巨人「行けっ!」

    仮面の巨人【そうはさせない!】
  58. 58 : : 2014/01/12(日) 20:26:50


    アァァァァアアアア!!

    ビリビリビリッ!!


    仮面の巨人【……!】

    獣の巨人「!?」

    野生の巨人「……」ピタッ

    野生の巨人「……」ピタッ

    仮面の巨人「(この“声”…アニの…)」

    仮面の巨人「(そうか。使わざるを得ない状況になったのか)」
  59. 59 : : 2014/01/12(日) 20:27:14

    獣の巨人「なんだい、この声は?」

    獣の巨人「君は、知っているかい?」

    仮面の巨人【さぁな?】

    仮面の巨人【知っていても、きっと教えないだろうね】

    獣の巨人「…まぁいいよ。大方の推測はつく」

    獣の巨人「君達、何をしているの?」
  60. 60 : : 2014/01/12(日) 20:27:44

    野生の巨人「……」クルッ ドッドッドッ

    野生の巨人「……」クルッ ドッドッドッ

    獣の巨人「ん?」

    仮面の巨人「(彼女の声には、俺達の言葉は敵わない)」

    獣の巨人「おーい、何をしているの?目標は、目の前だよ?」

    仮面の巨人「(無駄さ)」
  61. 61 : : 2014/01/12(日) 20:28:03

    野生の巨人「……」ドッドッドッ

    野生の巨人「……」ドッドッドッ

    獣の巨人「…行っちゃったよ」

    仮面の巨人【…互いの持ち駒は尽きた】

    獣の巨人「そうだね」

    仮面の巨人【これから、どうするんだ?】
  62. 62 : : 2014/01/12(日) 20:28:19

    獣の巨人「『これから』って?」

    仮面の巨人【…補充しに行くのか?】

    獣の巨人「そうだねぇ、それもいいけど…」

    仮面の巨人【なら、俺は全力でお前の足止めをするまでさ】

    仮面の巨人【今度は、俺が戦う番だ】

    獣の巨人「…いや、止めておくよ」
  63. 63 : : 2014/01/12(日) 20:28:35

    仮面の巨人【突然、どうしたんだ?】

    獣の巨人「いやね、私はきっと、君には素手で勝てないと思ってね」

    仮面の巨人【…そうか。他には?】

    獣の巨人「今回は、君達にチャンスを譲ろうかなと思ってね」

    獣の巨人「互いにこれ以上の痛手は不要だろう?」

    仮面の巨人【…それは、助かる】
  64. 64 : : 2014/01/12(日) 20:28:57

    獣の巨人「それじゃあ、君は彼女を追ったらどうだい?」

    仮面の巨人【…これが“借り”とは思わないからな?】

    獣の巨人「勿論、そんなつもりもないよ」

    獣の巨人「今回は、私の負け…彼女に感謝だね」

    仮面の巨人【なんだ。やっぱり確信はあったのか】

    獣の巨人「君も私を侮り過ぎさ」
  65. 65 : : 2014/01/12(日) 20:29:20

    獣の巨人「私もそんなに馬鹿ではないよ?」

    仮面の巨人【…そうか。じゃあな】

    獣の巨人「きっと、また会うよ」

    仮面の巨人【…そうなるだろうな】

    獣の巨人「今は、君達が失敗する事を願うのみかな…それとも成功した後に…」

    仮面の巨人【勝手に言っていろ】クルッ
  66. 66 : : 2014/01/12(日) 20:30:41


    ドッドッドッ

    ドッドッドッ


    獣の巨人「やれやれ、若いっていうのは、血の気が多いね」

    獣の巨人「でも、私も昔はあんなだったかな?」

    獣の巨人「…さて、私はとりあえず、帰る事にしようかね」

    獣の巨人「他人のおこぼれを頂戴するのは、あまりしたくないんだけど」

    獣の巨人「彼の存在と言う、いい情報も手に入ったし、今回はそれを収穫にするとしようか」

    獣の巨人「今度は、負けないよ。『仮面』君?――――」



    To be continued...

  67. 67 : : 2014/01/12(日) 20:31:04

    【あとがき】

    その青年は、駒を扱う事に長《た》けている

    駒を扱う目的としては、複数ある

    相手を倒す為

    または、何かを護る為

    その手段として、尊い犠牲になるものは…

    そして、その青年の心の内は――――

  68. 68 : : 2014/01/12(日) 20:31:28

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/12/31 進撃の巨人Another 第33話 『タイキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/5376

    【13/12/24 進撃の巨人Another 第32話 『特質』】
    http://www.ssnote.net/archives/5206

    【13/12/20 進撃の巨人Another 第31話 『敵の敵』】
    http://www.ssnote.net/archives/5204

    【13/12/17 進撃の巨人Another 第30話 『隠す者』】
    http://www.ssnote.net/archives/4699

    【13/12/15 進撃の巨人Another 第29話 『ハツゲン』】
    http://www.ssnote.net/archives/4697

    【13/12/06 進撃の巨人Another 第28話 『キタイ』】
    http://www.ssnote.net/archives/4287

    【13/12/05 進撃の巨人Another 第27話 『夜明け』】
    http://www.ssnote.net/archives/4235

    【13/11/30 進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』】
    http://www.ssnote.net/archives/3742

    【13/11/27 進撃の巨人Another 第25話 『帰る先』】
    http://www.ssnote.net/archives/3554

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740
  69. 69 : : 2014/01/12(日) 20:31:41

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  70. 70 : : 2014/01/12(日) 20:32:16

    ――番外編――

    【14/01/10 進撃の巨人Another ――番外編―― 最終話 【コメント欄】】
    http://www.ssnote.net/archives/6414

    【14/01/10 進撃の巨人Another ――番外編―― 最終話】
    http://www.ssnote.net/archives/6413

    【13/12/29 進撃の巨人Another ――番外編―― 第17話】
    http://www.ssnote.net/archives/5860

    【13/12/25 進撃の巨人Another ――番外編―― 第16話】
    http://www.ssnote.net/archives/5229

    【13/12/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第15話】
    http://www.ssnote.net/archives/4702

    【13/12/10 進撃の巨人Another ――番外編―― 第14話】
    http://www.ssnote.net/archives/4373

    【13/12/04 進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話】
    http://www.ssnote.net/archives/3949

    【13/11/30 進撃の巨人Another ――番外編―― 第12話】
    http://www.ssnote.net/archives/3487

    【13/11/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話】
    http://www.ssnote.net/archives/3066

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845
  71. 71 : : 2014/01/12(日) 20:32:25

    ――その他――
    【執筆中 進撃の巨人Another ――104期相談所編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/5371

    【13/12/08 進撃の巨人Another ――104期相談所編―― 第1話 ユーク「勉強の方法が分からない?」】
    http://www.ssnote.net/archives/4493


    ――雑談――

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924


    ――その他情報媒体――

    【随時更新中 SS Pedia記事 『進撃の巨人Another』】
    http://dic.ssnote.net/articles/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BAAnother
  72. 72 : : 2014/01/12(日) 20:34:40

    補足として、>>24での

    『アァァァァアアアア!!

    ビリビリビリッ!!』

    は、>>52にて、アニが発した声です

    珍しく時系列が逆順になりましたが、わかり難いため、ここでお教えしておきます

  73. 73 : : 2014/01/13(月) 13:12:56
    お疲れ様でした
    獣の巨人の過去に何が...
    次回も期待です
  74. 74 : : 2014/01/13(月) 14:21:41
    >>73
    年寄り(?)にありがちな懐古ってやつですかね

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場