ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

日向「クリスマス迄に彼女が欲しい。その為にはナンパをするしかない」

    • Good
    • 9

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/11/28(火) 07:50:10
    以下の点にご注意下さい

    ・日向ハーレム、苗木ハーレム、最原ハーレム
    ・育成計画時空
    ・日向は超高校級の相談窓口
    ・主人公トリオの目は節穴、耳は飾り
  2. 2 : : 2017/11/28(火) 08:08:26
    日向「という訳で街に繰り出すぞ。苗木!最原!ついてこい!」

    苗木「えー」

    最原「えー」

    日向「何だその気のない返事は!やる気を出せ!気合を入れろ!」

    日向「そんな事では戦場で生き残れないぞ!」

    苗木「戦場ってなにさ」

    最原「ナンパ程度で大袈裟な」

    日向「馬鹿野郎!ナンパを舐めるな!これは生きるか死ぬかの戦いなんだ!」

    日向「クリスマスをかわいい彼女と過ごす為には命を掛けろっ!死ぬ気で戦え!」

    日向「甘えは全て捨てるんだ!分かったか!」

    苗木「何でそんなにテンション高いの?」

    最原「インフルエンザとか?」

    日向「むしろどうしてお前らはテンション低いんだ」

    日向「お前達だって女の子と2人でクリスマスを過ごしたいだろ」

    苗木「それは…」

    最原「まぁ…」

    日向「彼女、居るのか?」

    苗木「………」

    最原「………」

    日向「居ないだろ」

    日向「このまま行動を起こさずクリスマス迄に彼女が出来る可能性あるのか?」

    苗木「ない…」

    最原「です…」

    日向「そうだろ。だったら行動しないと」

    日向「彼女は空から降ってきたりなんてしない。地面から生えてきたりなんてしない」

    日向「自分の力で手に入れるんだ」

    苗木「………」

    最原「………」

    日向「ナンパ、しようぜ」

    苗木「うん」

    最原「行こう」
  3. 3 : : 2017/11/28(火) 09:39:01
    相変わらず欲望に忠実な3人組
  4. 4 : : 2017/11/28(火) 20:11:58
    ※3
    男子高校生だからね





    [街中]



    日向「よーし!彼女をゲットするぞー!」

    苗木「ナンパをするのはいいんだけど、どうやるの?」

    最原「僕も苗木くんもナンパなんてした事ないよ。日向くんコツを教えて」

    日向「知らん」

    苗木「知らないの?」

    最原「言い出しっぺのくせに?」

    日向「うるさい。ナンパのコツを知ってたらとっくに彼女作ってるよ」

    日向「そもそも学園に居ると女子の方から話しかけてくるからな。自分から女子に声をかけるやり方なんて分からん」

    苗木「あぁ確かに。ボクも自分から女の子に話しかけるのは少ないかな」

    最原「僕も女子の方からよく絡まれるよ」
  5. 5 : : 2017/11/28(火) 20:24:42
    日向「まぁいい。ナンパなんて勢いと熱意だろ」

    日向「気の弱そうな女を狙って押し込めば簡単にホテルまで連れ込めるはずだ」

    苗木「えぇ…いきなりホテルに連れ込むなんて早すぎない?」

    最原「そんなに上手くいくかなぁ」

    日向「ものは試しだ。童貞3人が話し合っても良い案は出ないだろ」

    日向「まず俺がナンパしてみる。話し合いはそれからだ」

    日向「えーっと気の弱そうな女は…」キョロキョロ



    黒髪ポニテ巨乳「ふぇぇ…」トボトボ



    日向「いた!今にも泣き出しそうな女がいるぞ!」

    日向「行ってくる!」ダッ

    苗木「大丈夫かな…」

    最原「あの女の人見たことあるような…?」
  6. 6 : : 2017/11/28(火) 22:07:57
    自ら地雷に踏みしめにいくタイプか...男やなぁ~
  7. 7 : : 2017/11/28(火) 23:22:03
    そいつは責任とらせる系やで
  8. 8 : : 2017/11/28(火) 23:36:35
    地雷原でも突撃するのが男ってもんよ





    黒髪ポニテ巨乳「ぐすっ…小泉さん達とはぐれてしまいましたぁ…」

    黒髪ポニテ巨乳「スマートフォンも無くしてしまいましたし…どうすれば…」

    黒髪ポニテ巨乳「ふえっ…」グスッ

    日向「お嬢さん、お困りですか?」

    黒髪ポニテ巨乳「えっ…?」

    日向「力になりますよ。何でも言って下さい」

    黒髪ポニテ巨乳「あ、あの…」

    日向「詳しい話はあそこのホテルで聞きます。2人切りでじっくりと、ね」

    黒髪ポニテ巨乳「ふえっ!?///」

    日向「さ、行きましょう。大丈夫、優しくしますよ」

    黒髪ポニテ巨乳「えっと…えっと…」

    黒髪ポニテ巨乳「は、はい…///」
  9. 9 : : 2017/11/29(水) 00:13:11
    地雷原とゆうか、あの世に突っ込んでるような。
    もちろん地獄に。
  10. 10 : : 2017/11/29(水) 10:26:38
    どっちにしろ羨ましいわ!
  11. 11 : : 2017/11/29(水) 14:11:59
    いつもこの三人は鈍感主人公達だから、こうやって自分から攻めるのを見るのは中々面白い
  12. 12 : : 2017/11/29(水) 16:20:44
    ポニテにしてるのか
  13. 13 : : 2017/11/29(水) 20:16:58
    ※9
    ひどい言われようである

    ※10
    go to 地雷原

    ※11
    確かにいつもは主人公トリオは攻められる側ですもんね

    ※12
    ポニテってます
  14. 14 : : 2017/11/29(水) 20:35:12
    日向(………)

    日向(あれ?成功した?)

    日向(え、マジで?こんな上手くいくもんなのか?)

    日向(なんだ、簡単じゃないか。これならもっと早くナンパしてればよかった)

    日向(さて後はホテルに連れ込んでシッポリと…)

    黒髪ポニテ巨乳「えへへ…♪今日はツいてないと思ってたらとてつもない幸せが舞い降りてきてくれましたぁ」

    黒髪ポニテ巨乳「まさか日向さんからラブホテルに誘われるなんて///」

    黒髪ポニテ巨乳「幸せ過ぎてイっちゃいそうですぅぅぅぅっ!///」

    日向「ん?どうして俺の名前を知ってるんですか?」

    黒髪ポニテ巨乳「ふえっ?」

    日向「どこかでお会いした事ありましたっけ」

    黒髪ポニテ巨乳「え、え?」

    日向「こんなにかわいくてスタイルが良い女性を忘れるなんてありえるのか?」

    黒髪ポニテ巨乳「か、かわっ!?///」

    日向「うーん…?」

    黒髪ポニテ巨乳「あ、あの、本当に分からないんですかぁ?」

    黒髪ポニテ巨乳「毎日お会いしてますよね?」

    日向「んー…?毎日…?」ジー

    黒髪ポニテ巨乳「そ、そんなに見つめられると…///」

    日向「もしかして、罪木か?」

    罪木「は、はいそうです!罪木蜜柑ですぅ!」



    苗木「あの人罪木さんなんだ。気づかなかったよ」

    最原「あー罪木さんか。どこかで見たことあるなぁって思ってたんだ」
  15. 15 : : 2017/11/29(水) 21:05:11
    なるほど…確かに節穴だ
  16. 16 : : 2017/11/29(水) 21:17:04
    ※15
    そうなんです。節穴なんです




    日向「なんだ罪木か。髪型がいつもと違うから分からなかったよ」

    罪木「よかった…日向さんに忘れられてしまったのかと思いましたよぉ」ホッ

    日向「俺が罪木(のおっぱい)を忘れる訳ないだろ」

    罪木「あ、ありがとうございますぅ///」

    日向「じゃ、また明日」スタスタ

    罪木「え?ラブホテルに行くんじゃ…」

    日向「同級生とラブホはさすがにな…別の女を探すよ」

    罪木「別の…女…?」

    日向「おう。彼女を作る為に今ナンパしてるんだよ」

    罪木「私では…ダメなんですかぁ…?」

    日向「俺は新たな出会いが欲しいんだ」

    罪木「………」

    日向「じゃあな」
  17. 17 : : 2017/11/29(水) 22:40:28
    嫌な予感が....
  18. 18 : : 2017/11/29(水) 22:45:13
    よりにもよって罪木相手にその発言はどうかと思うぞ日向……
  19. 19 : : 2017/11/29(水) 22:51:44
    踏みしめた地雷の上でタップダンスして帰れるとは思えんが日向だから大丈夫かな...?
  20. 20 : : 2017/11/29(水) 23:02:39
    薬とか注射器とか出されなければワンチャン・・・ないな、うん
  21. 21 : : 2017/11/29(水) 23:20:33
    グッバイ日向…(´;ω;`)
  22. 22 : : 2017/11/30(木) 14:12:43
    流石日向くん…正直者だ!
    でも、正直に言えば許されるとは限らないという世の中の闇に呑まれてしまうのだろうか…

    罪木はおっぱいもいいが下半身のムチムチ感も最高だと思います
  23. 23 : : 2017/11/30(木) 23:08:42
    みなさん罪木に怯えすぎでは?
    少し愛が重いだけでどこにでもいるごくごく普通の女の子ですよ

    ※22
    握手
  24. 24 : : 2017/11/30(木) 23:23:35
    罪木「うふっ…うふふふふっ」

    罪木「あははははははっ!」

    日向「?どうした急に笑いだして。お腹痛いのか?」

    罪木「日向さんに捨てられた日向さんに捨てられた日向さんに捨てられた日向さんに捨てられた日向さんに捨てられた日向さんに捨てられた日向さんに捨てられた日向さんに捨てられた」

    日向「早口過ぎて何を言ってるのか分からないぞ」

    罪木「日向さんに捨てられたっっ!!」

    日向「そんなデカイ声出さなくても聞こえるって」

    罪木「あれ?あれあれ?おかしいですねぇ」

    罪木「日向さんが私を捨てるなんておかしいですねぇ」

    罪木「日向さんが私以外の女を選ぶなんておかしいですよねぇ」

    日向「そうか?」

    罪木「おかしいですよぉ。だって私と日向さんは運命の赤い糸で結ばれているんですからぁ」

    日向「そうなのか?それは初耳だ」

    罪木「日向さんが私以外の女をナンパするなんてありえないですよねぇ」

    日向「いやそれはありえるだろ」

    日向「だって俺、運命の赤い糸なんて信じてないし。そんなものあるわけないだろ」



    ピシッ



    日向「なんだ?空気が凍ったような…」



    苗木「」合掌

    最原「」合掌
  25. 25 : : 2017/11/30(木) 23:30:35
    某だべ「まあ、日向っちは幸せに暮らすべ、俺の占いは3割当たる!!日向っちから占い料金請求しないとだべ」
  26. 26 : : 2017/11/30(木) 23:32:41
    ナンパって怖いね
  27. 27 : : 2017/11/30(木) 23:40:32
    さようなら日向君…
  28. 28 : : 2017/11/30(木) 23:41:54
    運命の赤い糸(点滴)でしょ。

    さよなら日向くん、尊い犠牲だった……
  29. 29 : : 2017/11/30(木) 23:50:31
    ※25
    よう葉隠!水晶玉投げていい?

    ちょっとちょっと皆諦めるの早いよ。まだ終わってないから
  30. 30 : : 2017/11/30(木) 23:56:37
    罪木「ブツブツブツブツブツブツブツブツ」ハイライトオフ

    日向「罪木?おーい」

    罪木「いら…い……さん…殺………」

    日向「俺はもう行くぞ」

    罪木「私…死………ずっと…一緒…」

    日向「罪木、聞いてるのか?」

    罪木「最初……こう………私だけの……日向…さ…」

    日向「ダメだなこれは。全然聞いてない」

    日向「まぁいいほっとこう。さーてどこかに良い女はいないかなー」





    ドス





    日向「え…?」
  31. 31 : : 2017/11/30(木) 23:59:55
    (日向の)人生オ〜ワ〜タ〜♪
  32. 32 : : 2017/12/01(金) 00:08:33
    日向…お供え物が必要だな…つ花村のパンツ
  33. 33 : : 2017/12/01(金) 00:19:35
    王馬「にしし、俺はナンパなんてしないよ、彼女がいるからね」

    キーボ「どうせ嘘ですよね?」

    とか会話してそう
  34. 34 : : 2017/12/01(金) 00:22:25
    私は草餅をお供えするよ‥‥
    せめて成仏してね(遠い目)
  35. 35 : : 2017/12/01(金) 00:25:06
    悲しみの~向こうへと~辿り着けるなら~
  36. 36 : : 2017/12/01(金) 01:05:49
    これはあれだ!腹パンで意識失った日向くんを逆にお持ち帰りして愛し合うんだよね?
    そうに違いない!!(現実逃避中)
  37. 37 : : 2017/12/01(金) 01:40:24
    これは勢い余って頭突きキスに違いない...せやろ?
  38. 38 : : 2017/12/01(金) 15:31:51
    ※31
    まだだ、まだ終わってない!

    ※32
    えー俺弐大のパンツがいいなー

    ※33
    王馬がナンパしたら女の方から群がりそう

    ※34
    草餅1ダースお願いします

    ※35
    たどり着けないんだよなぁ…

    ※36
    逃げちゃだめだよ

    ※37
    そうだね。そうだと…いいね…
  39. 39 : : 2017/12/01(金) 15:48:46
    ポタポタ

    日向「あ………血………?」

    罪木「うふふ❤️最初からこうすればよかったんですねぇ」

    日向「つみ………き………?」

    罪木「日向さんを殺せば私以外の女のところになんて、行けませんものねぇ」

    日向「どう………して………」

    罪木「日向さんが悪いんですよぉ。私を捨てようとするから」

    罪木「運命の赤い糸を信じてくれない日向さんなんて要らないです」

    罪木「だから殺して、私好みの日向さんになってもらいますぅ」

    罪木「私だけの日向さんになってもらいますぅ」

    罪木「死ねば、信じてくれますよねぇ?死ねば、ずっと傍に居てくれますよねぇ?死ねば、私だけを見てくれますよねぇ?」

    罪木「日向さんが死ねば」



    罪木「私以外の女のところになんて行かないですよねぇっ!!」



    日向「………」

    罪木「うふふ❤️血を流す日向さんも素敵♥️」

    罪木「大丈夫ですよぉ。永遠に愛してあげますからねぇ」

    罪木「安心して死んでくださぁい」

    罪木「うふっ。うふふふふっ」

    罪木「あはははははははははははははっ♥️」



    日向「あー痛かった」ムクッ

    罪木「え?」
  40. 40 : : 2017/12/01(金) 17:18:34
    これは主人公ですねぇ
  41. 41 : : 2017/12/01(金) 17:35:15
    覚醒日向君だったか。じゃあ大丈夫だな!
  42. 42 : : 2017/12/01(金) 20:37:10
    日向「まったく…いきなり包丁で腹を刺すとか何を考えてんだ」

    罪木「え?え?」

    日向「あーあ…血で服が汚れたよ。穴も開いてるし」

    罪木「ど、どうして生きてるんですかぁ!?」

    日向「俺は不死身だからな」

    罪木「ふじ…み…?」

    日向「カムクラパワーがあればこの程度の傷はすぐに治るんだよ」

    日向「包丁は没収だ」ヒョイ

    罪木「あっ…!返して!返してくださぁい!」ピョンピョン

    日向「ダメだ。いくら俺が不死身でも痛みを感じない訳じゃないんだぞ」

    罪木「包丁についた日向さんの血をペロペロするんですぅ!」ピョンピョン

    日向「こいつ反省してないな。こうなったら」グイッ

    罪木「ひゃっ!?」

    日向「体に直接反省させてやる」

    罪木「お、お姫さまだっこ…///」

    日向「行くぞ!」



    罪木「こ、ここは…///」



    [ラブホテル]<いらっしゃい



    日向「いいか。今からここでお前の体に反省させるからな」

    日向「足腰が立たなくなるまでみっちりとしごいてやる」

    日向「覚悟しろ」

    罪木「は…」

    罪木「はい♥️」
  43. 43 : : 2017/12/01(金) 20:56:18
    すごく今更な疑問なんだか
    なんで包丁を持ってたんだ?
    保健委員に必要ない気がするんだか‥‥
  44. 44 : : 2017/12/01(金) 21:29:29
    ※43 病みやすい子は携帯してるのは普通やぞ? 古事記に書かれてる。
  45. 45 : : 2017/12/01(金) 22:10:37
    ご、護身用…とか?
    すいません何にも考えてませんでした
    ヤンデレに包丁は標準装備なので…深く考えないで頂けると…
  46. 46 : : 2017/12/01(金) 22:21:41
    日向「ただいま」

    苗木「ただいま、じゃないよ」

    最原「2時間も待たせるなんて…」

    日向「悪い。俺遅漏なんだ」

    苗木「そんな情報要らないよ」

    最原「そのスッキリした表情が腹立つ」



    日向「次は苗木がいけ」

    苗木「うえっ!?ぼ、ボク?」

    最原「頑張って苗木くん」

    苗木「う、うん…」

    日向「ターゲットはどうするんだ?」

    苗木「実はさっきから気になってる人が居るんだよね」

    最原「気になってる人?」

    苗木「ほら、あそこの銅像の前に立ってる人」



    帽子眼鏡マスク「~♪」



    日向「帽子とマスクで顔はよく見えないな」

    最原「スラッとしててモデルさんみたい」

    苗木「何故かあの人に声をかけなきゃいけない気がするんだよね」

    日向「なんだそりゃ」

    最原「一目惚れ?」

    苗木「分からないけど、行ってくる」
  47. 47 : : 2017/12/01(金) 23:18:27
    苗木「あの、すいませんちょっといいですか?」

    帽子眼鏡マスク「はい、何ですか?」

    苗木「その、先ほどからボクに向かって手を振ったりウィンクをしたりしてましたよね?」

    帽子眼鏡マスク「気づいてくれてたんですねっ」

    苗木「えっと、はい」

    帽子眼鏡マスク「ふふっ嬉しいです」

    苗木「それで、ボクに何か用事でも…?」

    帽子眼鏡マスク「いえ、特にはありません」

    苗木「あれ?そうなんですか?」

    帽子眼鏡マスク「はい。でもなえ…あなたは私に何か言いたい事があるんじゃないですか?」

    苗木「え?よく分かりましたね」

    帽子眼鏡マスク「私、エスパーなんです」

    苗木「へー!それは凄い!」
  48. 48 : : 2017/12/01(金) 23:40:59
    明らかにアイドルじゃないですか
  49. 49 : : 2017/12/02(土) 00:21:47
    エスパー?
    一体誰なんだ(すっとぼけ)
  50. 50 : : 2017/12/02(土) 00:31:22
    葉隠「エスパー、きっと俺達の知り合いだべ」

    何か、かませ眼鏡、希望厨、サブリミナル王馬の三人メインも読んでみたい
  51. 51 : : 2017/12/02(土) 03:34:57
    彼女作る為にナンパしてた筈なのにヤって満足しちゃった日向くん
  52. 52 : : 2017/12/02(土) 10:21:17
    苗木は日向と違って捨てたりしない…よな…?
  53. 53 : : 2017/12/02(土) 10:27:35
    十神は腐川さんと恋人になったらなったで、苗木にデートの相談しそう
  54. 54 : : 2017/12/02(土) 16:58:13
    同志よ!(=´∀`)人(´∀`=)
    スーダンの最初の海の一枚絵で最初に目に付いたのが罪木の下半身だからしょうがない

    超高校級のエスパーなんていないはずだからこれは苗木君の知り合いではないな!(すっとぼけ
  55. 55 : : 2017/12/02(土) 21:13:23
    ※48
    チガウヨ

    ※49
    誰ですかね?(すっとぼけ)

    ※50
    十神はまだギリ書けるけど狛枝と王馬メインは私の力量では無理です。狛枝と王馬ってどう書けばいいのか分からん

    ※51※52
    日向は罪木をセフレとしてキープしてます

    ※53
    十神と腐川が付き合ったら十神がウキウキでデートプラン練りそう

    ※54
    罪木のムチムチ具合いはヤヴァイ
  56. 56 : : 2017/12/02(土) 21:25:23
    苗木「じゃあボクが今から言う内容も分かって…?」

    帽子眼鏡マスク「はい、分かってます」

    苗木「うわ…なんだか恥ずかしいな…///」

    苗木(ナンパするのが筒抜けって…///)

    帽子眼鏡マスク「ふふっ大丈夫ですよ。恥ずかしくなんかありません」

    帽子眼鏡マスク「さぁ言ってみて下さい」

    苗木「う、うん。何か変な感じですけど」

    苗木「あの、ですね。ぼ、ボクとお茶でも」

    帽子眼鏡マスク「喜んで!」

    苗木「しませんかってはやっ!返答早い!」

    帽子眼鏡マスク「ふふっ♪私が苗木くんのお誘いを断るなんてありえませんよっ」

    苗木「え?どうしてボクの名前を」

    帽子マスク「これで分かりますか?」スッ←眼鏡を外した

    苗木「!?ま、まいぞ」

    舞園「シー」

    ピトッ

    苗木「うむっ!?」

    舞園「だーめ♥️」

    苗木(ま、舞園さんの指が…唇に…///)
  57. 57 : : 2017/12/02(土) 21:46:59
    舞園「ごめんなさい。今はプライベートなので」

    苗木(あ、そっか。こんな街中で舞園さんが居るのがバレたらパニックになっちゃうよね)

    スッ

    苗木「あっ…」

    苗木(舞園さんの指がボクの唇に触れてたんだよな…///)

    苗木(ただそれだけの事なのにドキドキする…///)

    舞園「…ふふっ♥️」ペロッ

    苗木「!?」

    舞園「ちゅっ♥️ちゅぱ♥️」

    苗木(唇に触れた指を舐め…!///)

    舞園「ちゅう♥️うふふ♥️間接キスですね♥️」

    苗木「///」
  58. 58 : : 2017/12/02(土) 23:39:39
    これは逆お持ち帰り確定ですねぇ
  59. 59 : : 2017/12/03(日) 00:29:31
    11037「野球真面目にしたら、俺も苗木と同じ扱いをされるかもしれないな」

    希望厨「ボクで良かったら、桑田クンの希望の踏み台に」

    11037には希望の未来は待ってますか?それとも終わりですか?
  60. 60 : : 2017/12/03(日) 00:32:15
    日向は七海とPUBGしておけば良い
  61. 61 : : 2017/12/03(日) 21:16:16
    ※58
    もう苗舞でゴールしてもいいかな

    ※59
    (希望は)ないです

    ※60
    PUBGの相乗り動画好き
  62. 62 : : 2017/12/03(日) 21:40:10
    苗木「…///」ポー

    舞園「苗木くん?どうかしましたか?」

    苗木「え!?えっと」

    舞園「興奮、しましたか?」

    苗木「ぶっ!?な、何を言って…///」

    舞園「ふふっ冗談ですよっ」

    苗木「からかわないでよ///」

    舞園「ごめんなさい♪」



    舞園「この近くに珈琲がとても美味しい喫茶店があるんです。良かったら行きませんか?」

    舞園「ケーキも種類が豊富でオススメなんです」

    苗木「まい…おっと危ない。また名前を言いそうになったよ」

    苗木「オススメの喫茶店かぁ。いいね、行ってみたい」

    苗木「まいぞ、ダメだどうしても名前を言いそうになっちゃう」

    舞園「では今だけあだ名で呼び合うというのはどうでしょうか」

    苗木「あだ名?」

    舞園「はい。私の事はサヤちゃんと呼んで下さい」

    苗木「さ、サヤちゃん?」

    舞園「私は苗木くんの事をマコくんと呼びますので」

    苗木「マコくん!?」

    舞園「これならバレませんよ」

    舞園「ね、マコくんっ♪」

    苗木「ま、マコくんって///」

    舞園「ほら、サヤちゃんって、呼んで下さい」

    苗木「さ、ささっ、さ、さ…///」

    苗木「サヤ…ちゃん…///」

    舞園「マコくん♪」

    苗木「さ、サヤちゃん…///」

    舞園「マーコくん♪」

    苗木「さ…サーヤちゃん///」

    舞園「マコくん♥️」

    苗木「サヤちゃん///」



    日向「うわあああっ!肩が!肩があっ!」

    最原「肩がもげるぅぅぅぅっ!」
  63. 63 : : 2017/12/03(日) 21:53:34
    ゴン太「肩がもげちゃったら大変だよ!!」
  64. 64 : : 2017/12/03(日) 22:08:34

    俺「舞園さやかが男とデートしてる…っと、snsに投稿~これは荒れるぞぉwww」ゲス顔
  65. 65 : : 2017/12/03(日) 22:24:34
    ちーたん「あ、変なスレあったからプログラマーの力で消し去ろう」
  66. 66 : : 2017/12/03(日) 22:33:36
    希望厨「舞園さんの希望が輝くためには恋人は必要な存在なんだよ、そうすることで彼女の希望は尊いものになるはずだよ、でも、相手が希望の象徴じゃなきゃダメだけどね」
  67. 67 : : 2017/12/04(月) 00:06:59
    野次馬たち個性が濃すぎて名前書く必要ねぇよ
  68. 68 : : 2017/12/04(月) 01:32:49
    石田「お前らぁ!何そこでイチャイチャしてるんだぁ!良い子はとっととお寝んねしてろぉ!」
  69. 69 : : 2017/12/04(月) 10:13:50
    思った以上にガヤが騒がしくて塩

    感情的になるのはよくないヨ……
  70. 70 : : 2017/12/04(月) 20:32:51
    超高校級集まりすぎて対処しきれん…
  71. 71 : : 2017/12/04(月) 20:44:16
    舞園「マコく~ん♥️」スリスリ

    苗木「まい…サヤちゃん。ど、どうして腕を組むの///」

    舞園「だめ?」

    苗木「ダメではないけど…」

    舞園「私達恋人同士なんだから腕を組むのは当たり前でしょ?」

    苗木「こ、ここっ、恋人!?」

    舞園「違うの?」

    苗木「ち、違うよ!…あれ、違うよね?」

    舞園「そんな…恋人だと思ってたのは私だけなの…?」

    舞園「酷いよマコくん…ぐすん」

    苗木「わー!うそうそごめん!そうだよね!ボク達恋人同士だよね!」

    苗木「ごめんねサヤちゃん泣かないで!」

    舞園「…私達、恋人同士でいいんだよね?」

    苗木「うん、そうだよ」

    舞園「私のこと、愛してる?」

    苗木「もちろん、愛してるよ」

    舞園「『サヤちゃん好きだよ、愛してる』って言って?」

    苗木「サヤちゃん好きだよ、愛してる」

    ピー ロクオンガカンリョウシマシタ

    苗木「ん?今のは…?」

    舞園「私も愛してるよ、マコくん♥️」

    ちゅ♥️
  72. 72 : : 2017/12/04(月) 21:04:22
    仁「苗木くんは響子を選ぶよな?選ばないと学園長権限で....」
  73. 73 : : 2017/12/04(月) 21:33:11
    ※72
    苗木「分かりました。サヤちゃんと響子さんと結婚します」





    舞園「マコくん…♥️」

    苗木「サヤちゃん…」

    舞園「あ、喫茶店に着いたよ」

    苗木「サヤちゃんオススメの喫茶店か。どんなとこ」



    [ラブホテル]<いらっしゃい



    苗木「ろ」

    舞園「さ、入ろっか❤️」

    苗木「え、あれ?喫茶店は?」

    舞園「ここだよ」

    苗木「いやこれラブホテル」

    舞園「喫茶店だよ」

    苗木「どう見てもラブ」

    舞園「喫茶店だよ」

    苗木「ラ」

    舞園「喫茶店だよ」

    苗木「あ、うん、そうだね」

    舞園「さぁ入ろ」グイグイ

    苗木「ま、待って!サヤちゃん待って!」

    舞園「マコくんどうしたの?」

    苗木「ここに入るのはさすがにちょっと…」

    舞園「どうして?」

    苗木「どうしてって、それは…」

    舞園「マコくんは私のこと、食べたい?」

    苗木「え!?」

    舞園「私はマコくんの珈琲が飲みたいなぁ♥️」ツンツン

    苗木「あふっ!ど、どこ触って」

    舞園「マーコくん」

    舞園「私の体」



    舞園「た・べ・て♥️」
  74. 74 : : 2017/12/04(月) 22:43:17
    流石その手のプロだ、ベッドの下に切霧さんがいないことを祈るばかりだ...
  75. 75 : : 2017/12/04(月) 22:46:47
    おう枕園いつまでやってんだ婆
  76. 76 : : 2017/12/04(月) 23:05:46
    苗木きゅん成分を直接摂取しだす舞園さん
  77. 77 : : 2017/12/04(月) 23:10:01
    苗木…これやるから死ぬなよ…つ精力剤
  78. 78 : : 2017/12/05(火) 12:02:47
    舞園はまだ処女だから…汚れてないから

    ※77
    舞園「ありがとうございます!」ゴクゴク



    ダンガンロンパ3とコラボしてる戦国アスカなるソシャゲが気になってしょうがない
    七海とか霧切とか澪田とか罪木とか朝日奈とかめっちゃ欲しい
    でも課金しないと手に入らないっぽいんだよなぁ…うーん
    コラボ絵の七海がおっぱい全開でヤバい
  79. 79 : : 2017/12/05(火) 12:14:36
    苗木「ただいま」

    日向「1発殴らせろ」

    最原「蹴ってもいい?」

    苗木「いくらでも。今のボクは無敵だよ」

    日向「くっそー!羨ましすぎるだろ!」

    最原「あの舞園さんの体を堪能出来るなんて!」

    苗木「甘くて…美味しかったです」



    日向「最後は最原だ。行ってこい」

    最原「緊張するなぁ…」ドキドキ

    苗木「大丈夫だよボクでも成功したんだから」

    日向「どんな女を狙うんだ?」

    最原「できれば胸の大きい女性がいいかな」

    日向「お前はほんとに巨乳が好きだよな」

    苗木「流石むっつり」

    最原「い、いいでしょ別に。好きなんだから」

    日向「でもそう都合良く巨乳の女なんて」



    ツインテ爆乳「あーくそ!さみぃんだよっ」



    日向「…いたな」

    苗木「最原クンあの人にってもう居ない」

    日向「流石むっつり」
  80. 80 : : 2017/12/05(火) 13:49:34
    あの口調…あっ……(察し

    これは即堕ち不可避
  81. 81 : : 2017/12/05(火) 17:45:06
    ※80
    ま、まだ分からんじゃん!





    ツインテ爆乳「くしゅん!…あーマジで寒い。こんな事ならもっと厚着すればよかったか」

    ツインテ爆乳「いやでもオレ様のヴィーナスボディがコートで隠れたら世界規模の損失だわな」

    ツインテ爆乳「しょーがねーな。世の男共のオカズの為に我慢してやるか」

    ツインテ爆乳「ひゃっひゃっひゃ!泣いて感謝しろよカス共!…くちゅん!」

    ツインテ爆乳「やっぱさみぃぃぃっ!」ガタガタ

    最原「僕が温めてあげましょうか?」

    ツインテ爆乳「あ?」
  82. 82 : : 2017/12/05(火) 18:19:25
    依存すると罪木と同じタイプやな……とはいえこっちはポンコツ成分あるからまだマシ……か?
  83. 83 : : 2017/12/05(火) 19:36:40
    苗木への差し入れが横取りされてる…(´・ω・`)
  84. 84 : : 2017/12/05(火) 20:26:38
    兄弟!アスカZeroで七海が欲しいなら950石あれば江ノ島との二択確立で確定ゲットだぞ!

    来週の金曜ぐらいまでやってるからゆっくり考えるんや!
    ワイは石足りなくて10すらまわせてないけん
  85. 85 : : 2017/12/05(火) 21:17:20
    ※82
    マシ…だと思うよ?

    ※83
    舞園「おかげさまでビンビンですよ!」

    ※84
    情報提供感謝する兄弟!
    ガチで課金するか検討するわ
    ソシャゲに課金するのは2年程前に止めたけど復活するかぁ
    七海が欲しすぎて震えてる
  86. 86 : : 2017/12/05(火) 21:27:32
    最原「その格好では風邪をひいてしまいますよ」

    最原「貴女のような美しい人が鼻水を垂れ流す姿は見たくない」

    最原「さ、僕のコートの中に飛び込んで下さい」

    最原「そしてその胸にある肉まんを味あわせて下さい」

    最原「カモン!щ(゜▽゜щ)」



    入間「何やってんだ童貞原。寒さで頭がイカれたか?」



    最原「ど、どど、童貞じゃないよ!」

    入間「どっからどう見ても童貞だろうが腐れチ○ポ」

    最原「って、その口の汚なさは」

    最原「もしかして、入間さん?」

    入間「おいおいマジで脳が腐ってんじゃねーのか?」

    入間「究極の美貌を誇るオレ様の顔を忘れるなんざテメーの脳みそはミジンコ以下か!」

    最原「………」

    入間「な、なんだよぉ…何とか言えよぉ…」



    最原「すいません間違えました」スタスタ

    入間「あぁ!?」
  87. 87 : : 2017/12/05(火) 23:12:34
    最原「いやぁまさか入間さんとはね失敗失敗」スタスタ

    入間「おい待てやコラァ!」

    最原「あのおっぱいは魅力的だけど、それ以上に口が悪いからなぁ」スタスタ

    入間「待てっつってんだろクソ童貞野郎!」

    最原「ほんとあの性格さえなければ僕の好みなのに」スタスタ

    入間「待って…待ってよぉ…」

    最原「惜しいけど次のターゲットを探そう」スタスタ

    入間「うえっ…ぐすっ…終一…待ってぇ…」

    最原「さてと巨乳はどこかな」スタスタ

    入間「やだ…やだよぉ…捨てないでぇ…」

    最原「うるさいなぁ…一体なに」クルッ

    入間「ふえっ…えぐっ…ううっ…」

    最原「え…?」

    入間「う、ううっ…うわあああん!」

    最原「い、入間さん!?どうして泣いて」

    入間「うわあああんごめんごめんねぇぇぇ!」

    入間「謝るからあああああ!」

    入間「置いてかないでよおおおおお!」

    最原「ちょっ、入間さん落ち着いて」オロオロ

    入間「うわあああああああああああん!」ビエー



    苗木「なーかしたーなーかしたー」

    日向「せーんせーにーいってやろー」
  88. 88 : : 2017/12/06(水) 15:12:17
    兄弟!84や!

    一万課金で1600石だから初期に貰える石を合わせれば2回ステップができるで。
    1ステップだけなら5せんあれば十分だけど課金したくなかったら
    半年位したら復刻するからその時まで溜めるのも吉やぞ。

    以上がステマ、兄弟に副あらんことを....
  89. 89 : : 2017/12/06(水) 19:14:14
    赤松さんが暴走しそうだな( ˙-˙ )
  90. 90 : : 2017/12/06(水) 22:42:34
    ※88
    再びの情報提供感謝する兄弟!
    半年か…我慢出来るかな
    今課金するか半年待つか悩む

    ※89
    赤松はまともだから暴走はしない…はず
  91. 91 : : 2017/12/06(水) 22:53:33
    最原(どうして入間さんが泣いているのか分からないけど不味い!)

    最原(こんな街中で女の子を泣かしたとなったら社会的に死んでしまう!)

    最原(実際周りの人達が何事かとこっちを見ている)

    最原(このままだと下手したら警察を呼ばれかねない)

    最原(急いでこの場から離れないと…!)

    最原「入間さん!」ギュ

    入間「ふえ?」

    最原「こっちに来て!」グイッ

    入間「あっ…手…///」

    最原「ここは寒いからどこか建物の中に避難しよう」

    最原「近くに避難出来る建物は…」キョロキョロ



    [ラブホテル]<いらっしゃい



    最原「ここだ!」

    最原「すいません!1部屋お願いします!」
  92. 92 : : 2017/12/07(木) 09:42:46
    やっぱ即堕ちじゃないか!!
    でもそのチョロさが入間さんの可愛いところ

    ぶっちゃけV3やる前は絶対こいつ偽乳や!と思ってました
    本物とか素晴らしい
  93. 93 : : 2017/12/07(木) 11:46:10
    幾らでもある建物の中で迷うことなくホテルに連れ込む様はまごうことなきラブホギャンブラー

  94. 94 : : 2017/12/07(木) 13:50:12
    カモン!じゃねーよw

    何だろ、ぶっ壊れなのに妙に納得してしまう主人公たち。
  95. 95 : : 2017/12/07(木) 16:54:52
    ※92
    俺は赤松の方が偽乳だと思ってました
    90もあるように見えん

    ※93
    泣いてる女の子を飲食店とかに連れ込んだら店員さんに通報されてしまいますからね
    個室でゆっくり話せるラブホが最適なのです

    ※94
    最原がぶっ壊れるのは巨乳相手だけだから
    普段はまともだから
  96. 96 : : 2017/12/07(木) 17:14:53
    入間「ま、待って終一」

    最原「ん?どうしたの?寒いから早く入ろうよ」

    入間「入ろうって…ここラブホテルじゃ…///」

    最原「そうだよ。何か問題でも?」

    入間「ふえっ…だ、だって私初めてで…///」

    最原「大丈夫、僕も初めてだよ」

    入間「そうなの…?でも慣れてるような…」

    最原「ラブアパートで100回程練習したからね」

    入間「ラブアパート?」

    最原「なんでもない。気にしないで」

    入間「???」

    最原「そんな事より」

    ワシッ

    モミモミ

    入間「きゃっ…!」

    最原「この季節はやっぱり肉まんだよね」

    グニュグニュ

    入間「やっ…!だめ…///」

    最原「こんな大きい肉まんは見たことないよ」

    モニュモニュ

    入間「んんっ…あっ♥️」

    最原「味はどうかな?」

    入間「あっ、あっ、ああっ♥️」

    最原「いただきます」

    ハムッ

    入間「はぁぁぁぁん♥️」ビクンビクン
  97. 97 : : 2017/12/07(木) 17:36:17
    最原「ただいま」

    苗木「おかえり」

    日向「肉まんの味はどうだった?」

    最原「騙されたよ。肉まんだと思って食べたら」

    最原「餡まんだった」

    苗木「うん、分かんない」

    日向「何上手い事言ったみたいな顔してんだよ。全然上手くねーよ」

    最原「入間さんの餡まんに僕のフランクフルトを挟んで食べて貰ったんだけど」

    日向「おい止めろ食べ物で例えるな」

    苗木「コンビニでフランクフルト買えなくなっちゃうじゃん」



    日向「ナンパは全員成功だな」

    苗木「まさかこんなに簡単に彼女が出来るとは思わなかったよ」

    最原「これでおもいっきりクリスマスを楽しめるね」

    苗木「ありがとう日向クン」

    最原「ナンパに誘ってくれて」

    日向「よせよ。確かに誘ったのは俺だけどナンパが成功したのはそれぞれが勇気を出して女に声をかけたからだ」

    日向「礼なんていらないさ」

    苗木「日向クン…」

    最原「日向くん…」

    日向「さぁ帰ろう。もうだいぶ暗い」

    苗木「そうだね。早く帰ろう」

    最原「帰って皆に彼女が出来たって自慢しようかな」

    日向「左右田が泣くな」

    苗木「桑田クンもね」

    最原「あはは!」

    日向「あ、そうそう」



    日向「明日もナンパに行くからな」

    苗木最原「「え?」」
  98. 98 : : 2017/12/07(木) 17:58:24
    探偵とゲーマーとピアニストがアップを始めました
  99. 99 : : 2017/12/07(木) 18:12:12
    >>98
    どこでもしつこいくらい仕事してるからここでくらい休んでていいよ
  100. 100 : : 2017/12/07(木) 18:23:05
    揃いも揃って相貌失認かなこの主人公達はwでも声でもわかってないんだよなぁ・・・難聴?
  101. 101 : : 2017/12/07(木) 19:34:54
    まさかの2週目くるか!?ww
    まあ屑木と屑向と屑原だからなぁww
  102. 102 : : 2017/12/07(木) 21:38:16
    ……絶対修羅場になるぞ( ˙-˙ )
    なった場合このような事で良くね?

    苗木→学園長から一夫多妻の許可が降りる
    日向→ソニアの国で一夫多妻が認められてる
    最原→アンジーの国で一夫多妻が認められてる
    こうすればハーレム……w
  103. 103 : : 2017/12/07(木) 22:36:57

    >>102

    なるほど‼︎そうすれば安心だなw
  104. 104 : : 2017/12/08(金) 01:18:59
    >>103
    まぁ主人公の性欲が持つかどうかだけど( ˙-˙ )
  105. 105 : : 2017/12/08(金) 14:36:05
    ※98
    なお目に光は無いもよう

    ※99
    ところがどっこい次はヒロイントリオのターンなんだ

    ※100
    ハーレム主人公は女の子にモテる事と引き換えに全ての感覚器官を失ってしまうから仕方がないんだ

    ※101
    2週目、行きます

    ※102※103※104
    主人公トリオが干からびちゃうよぉ!
  106. 106 : : 2017/12/08(金) 14:54:33
    ~次の日~



    日向「よし!今日も気合いを入れて女を捕まえに行くぞ!野郎共!準備はいいかっ!」

    苗木「………」

    最原「………」

    日向「何だその白けた顔は!魂を燃やせ!心を震わせろ!」

    日向「ナンパに己の全てを掛けるんだっ!」

    苗木「日向クン…」

    最原「あのさ…」

    日向「腹から声だせっ!このアンテナ野郎!」

    苗木「何でまたナンパをするの?」

    最原「昨日で終わりじゃないの?」

    日向「終わりな訳ないだろ。まだ目的を達成していないんだから」

    苗木「目的?」

    日向「俺達がナンパをした目的は何だ?」

    最原「え?彼女を作る事でしょ?」

    日向「違う。クリスマスに彼女と2人切りで過ごすことだ」

    苗木「?それならもう達成出来ると思うんだけど」

    最原「僕は入間さん、苗木くんには舞園さん、日向くんには罪木さんとそれぞれ彼女が出来たよね」

    苗木「うん。後はクリスマスに各自が彼女と過ごせば目的は達せられるはずだよ?」

    日向「罪木は彼女じゃないぞ。セフレだ」

    日向「罪木も『いいんです。ほんの少し、本当に少しだけでも愛を頂けるのなら、体だけの関係でも私は…』って言ってるからな」

    日向「罪木は彼女じゃない」

    苗木「屑」

    最原「最低」
  107. 107 : : 2017/12/08(金) 14:56:45
    カムクラなら干からびない薬作れるだろう
  108. 108 : : 2017/12/08(金) 16:16:26
    この清々しいまでの屑っぷりwww
  109. 109 : : 2017/12/08(金) 16:24:41
    エルファバさん所の主人公トリオの中では日向が一番やばいなw
  110. 110 : : 2017/12/08(金) 19:05:15
    最原と苗木にも良心(と呼んでいいか微妙なもの)があったというのに……

  111. 111 : : 2017/12/08(金) 19:55:39
    ※107
    そうだね日向くんだけは大丈夫だね
    日向くんだけは

    ※108※109
    多くの女の子を愛する為には時に非情にならねばならんのだ

    ※110
    ナンパに良心など不要!
  112. 112 : : 2017/12/08(金) 20:04:30
    日向「俺の事はいいんだよ。問題はお前達だ」

    苗木「だからボク達には彼女が」

    日向「苗木の彼女はアイドルだよな」

    苗木「え?そうだけど」

    日向「しかも国民的アイドルグループのセンターを務める程のアイドルだよな」

    苗木「そんな当たり前の事を今更聞いてどうしたの」

    日向「お前はそんな超人気アイドルとクリスマスを2人切りで過ごせると本気で思ってるのか?」

    苗木「そ、それは…」

    日向「無理だよな。クリスマスはアイドルにとって最も忙しい日の1つだ」

    苗木「………」

    日向「お前はかわいい彼女とクリスマスを過ごす事なんて出来ないんだよ」
  113. 113 : : 2017/12/08(金) 20:23:37
    日向「最原」

    最原「ほ、僕は大丈夫だよ。僕も入間さんもクリスマスに予定なんてない」

    日向「お前は入間と楽しくクリスマスを過ごせる自信があるのか?」

    最原「どういう意味?」

    日向「クリスマスは神聖で特別な日だ。そんな日にお前は入間の罵詈雑言を浴びたいか?」

    最原「それは…」

    日向「入間の聞くに耐えない下ネタを聞きたいのか?」

    日向「クリスマスツリーを見上げながら『終一のツリーを私の中に入れてズコバコして♥️』とか言われたいのか?」

    最原「………」

    日向「嫌だよな」



    日向「これで分かっただろ。俺達にはまだクリスマスを2人切りで過ごすかわいい彼女は居ないんだよ」

    苗木「………」

    最原「………」

    日向「ナンパ、しようぜ」

    苗木「うん」

    最原「行こう」
  114. 114 : : 2017/12/08(金) 21:16:11
    それはそうなりますわwww
  115. 115 : : 2017/12/08(金) 21:51:54
    あくまで「クリスマスを二人きりで過ごせる」「可愛い彼女」にこだわるのか…




    刺されなきゃいいね…
  116. 116 : : 2017/12/08(金) 21:57:48
    [街中]



    日向「考えたんだが昨日のやり方はダメだ。1人がナンパしている間残りの2人がただ待っているのは効率が悪い」

    苗木「確かに。皆ラブホテルで数時間ハッスルしてたからね」

    最原「マク○ナルドで数時間粘るのはキツかったよ」

    日向「そこでだ。今日は3人バラバラに行動しよう。時間を決めてナンパの成功、失敗に関わらず集合するのはどうだ」

    苗木「良いと思うよ」

    最原「時間はどうする?」

    日向「そうだな…5時間にしよう。もしかしたら昨日みたいにラブホに突入する展開になるかもしれないからな」

    苗木「分かった、5時間だね」

    最原「それじゃあ5時間後にまたここに集まろう」

    日向「おーし!今日こそかわいい彼女をゲットするぞ!」

    苗木最原「「おー!」」
  117. 117 : : 2017/12/08(金) 22:33:39
    ~日向サイド~



    日向「さて、どんな女を狙うか…」

    日向「やはりここは大人しそうな奴にするか。強引にラブホに連れ込んでも泣き寝入りしそうなタイプがベストだ」

    日向「どこかに居ないものか…おっ」



    猫耳フード「………」ピコピコ



    日向「ふむ…あの女にするか。見た感じ大人しそうだ」

    日向「胸もなかなか…悪くない」

    日向「それにしてもゲームをしながら歩くなんて危ないな。事故に合う前に俺が保護するか」



    日向「へいそこの道行く子猫ちゃん!ゲームをしながら歩くのは危ないぞー」

    日向「悪い狼さんに食べられちゃうかもよ」

    日向「そう、俺みたいな狼にね…なんちゃって!」



    シーン



    日向(…反応が無い。滑ったか?)

    日向(子猫ちゃん呼びが不味かったか?それとも狼がダメだったか…うーむ)

    猫耳フード「日向くん何してるの?」

    日向「ん?その声は…」



    日向「花澤さん?」

    七海「何で中の人の名前を呼んだの?」
  118. 118 : : 2017/12/08(金) 22:35:04
    うわぁぁぁぁぃぁぁぁぁぁぁぁぁぃぁぁぁぁぁぁぁぁwwwww
  119. 119 : : 2017/12/08(金) 23:26:19
    日向「こんな所で何してんだ?」

    七海「今日発売のゲームを買いにきたの」

    七海「日向くんは?変なこと喋ってたけど」

    日向「俺はナンパだよナンパ」

    七海「ナンパ?」

    日向「もうすぐクリスマスだろ?それまでに彼女を作ろうと思ってな」

    日向「せっかくの高校生活なんだ。クリスマスをかわいい彼女と過ごしたいだろ」

    七海「ふぅん。それで私に声を掛けたんだ」

    日向「そうなんだ。でもまさか七海とはなぁ」

    七海「おかしいね」

    日向「ほんとだよ。新しい出逢いに胸を膨らませて声を掛けたらまさかのクラスメートなんてさ」

    日向「ははっ!おかしいよな!」



    七海「日向くんの彼女は私なのにね」

    日向「ん?」
  120. 120 : : 2017/12/09(土) 00:05:28
    花澤さんで吹いたw
  121. 121 : : 2017/12/09(土) 00:20:20
    主人公がヤバければヒロインもヤバいのか、仕方ないね!
  122. 122 : : 2017/12/09(土) 07:33:00
    あ、(察し)
  123. 123 : : 2017/12/09(土) 11:26:32
    (アカン)
  124. 124 : : 2017/12/09(土) 14:32:22
    世界はヤベェ奴でできている
  125. 125 : : 2017/12/09(土) 17:53:03
    まだ慌てる時間じゃない





    七海「ねぇ日向くん。私が居るのにどうしてナンパなんてするの?」

    七海「私が居れば他の女なんて要らないよね」

    七海「私だけを愛してるって言ってくれたじゃない」※言ってません

    七海「何回も何回も情熱的なキスを交わしたじゃない」※交わしてません

    七海「何度も何度も体を重ねたじゃない」※重ねてません

    七海「私のお腹には日向くんの赤ちゃんがいるんだよ?」※いません

    七海「それなのにナンパをするのはおかしいよね?」※おかしくありません

    七海「私を捨てるの?日向くん」

    七海「日向くん」

    七海「日向くん日向くん日向くん」

    七海「日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん」



    七海「日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん日向くん」



    七海「ねぇ日向くん」

    七海「ナンパはおかしいよね?」ハイライトオフ
  126. 126 : : 2017/12/09(土) 18:40:01
    ヤンデレやん( ˙-˙ )wwwww
  127. 127 : : 2017/12/09(土) 18:40:38
    最原「ワロタwwwww」
    苗木「だからやめた方がって( ´・ω・`)」
  128. 128 : : 2017/12/09(土) 19:09:35
    七海は妄想の中に生きてるのか!?
  129. 129 : : 2017/12/09(土) 19:47:31
    でえじょうぶだ!カムクラシステムで無敵だからな!!何本刺されても大丈~夫
  130. 130 : : 2017/12/09(土) 21:33:48
    ※127
    君達も笑ってる場合じゃないんだよなぁ

    ※128
    妄想というか世界線が入り乱れてるというか

    ※129
    七海は罪木と違って刺したりはしないから…
    ただベッドに潜り込んで既成事実を作るだけだから…
  131. 131 : : 2017/12/09(土) 21:42:44



    シーン



    七海「むっ…彼女が話してる最中に居なくなるなんて日向くんはだめだめな彼氏さんですなぁ」

    七海「これは彼女である私が守ってあげないといけないね」

    七海「日向くんに近付く害虫は駆除しないと」

    七海「ふふっ…沢山始末したら日向くんは褒めてくれるよね」ハイライトオフ





    日向「ふぅ…ここまでくれば大丈夫だろ」

    日向「よく分からないが今は七海の近くに居るのは不味い気がする」

    日向「俺のアンテナがそう告げてるんだ」

    日向「まぁ七海の事は置いといて」

    日向「気を取り直してナンパを再開させるとするか」



    ノシ



    日向「ん…?急に体が重くなったような…?」

    日向「それと背中に幸せな感触がある気がする…」

    日向「………気のせいか?」

    スタスタ



    七海「………」ギュウ←日向の背中にしがみついている
  132. 132 : : 2017/12/09(土) 21:44:34
    再開する胆力よ...流石は日向さん!
  133. 133 : : 2017/12/09(土) 23:00:57
    いや気づけよww
  134. 134 : : 2017/12/10(日) 00:46:51
    気づかない日向すげぇな( ˙-˙ )wwwww
  135. 135 : : 2017/12/10(日) 08:49:42
    なんでコイツらいつもいつもヤンデレ拗らせてんねんwwwwww
    七海は未来日記所持者かwwwwww!?
  136. 136 : : 2017/12/10(日) 09:58:18
    日向ムキムキだもんなぁバストも90くらいあったろそしてそれを上回る田中ウホッ
  137. 137 : : 2017/12/10(日) 14:20:50

    背中に女くっつけた奴がナンパしてきたら何言ってんだコイツとしかならんだろww
  138. 138 : : 2017/12/10(日) 17:28:23
    ※132
    ハーレム主人公はこの程度では止まらない

    ※133※134
    七海は日向の首元に両腕を回して足も腰に絡めてます。コアラみたいな感じに
    でも、気付かない

    ※135
    未来日記めっっっちゃ懐かしい!内容全く覚えてないけども

    ※136
    日向はバスト91だったかな。田中は…93?

    ※137
    完全に不審者ですね
  139. 139 : : 2017/12/10(日) 17:49:53
    日向「お姉様!僕に大人の遊びを教えて下さい!」

    モブ美女「あら、かわいい坊やね。いいわよ、お姉さんがたっぷりと…」

    七海「<●><●>」

    モブ美女「ひっ!?」

    日向「どうかしましたか?」

    モブ美女「ぎゃー!」ダッシュ

    日向「あ、ちょっと!」



    日向「お食事でもいかがですか?」

    モブお嬢様「あらあら。わたくしはんばーがーという物を食べたいのです…が…」

    七海「<●><●>」

    モブお嬢様「お助けー!」ダッシュ

    日向「まっ…行ってしまった…」



    日向「お嬢ちゃん、飴をあげるからお兄さんと遊んでくれないかな」

    モブJS「わーい!飴ちゃんだー!いいよー!何してあそ…」

    七海「<●><●>」

    モブJS「ママー!」ダッシュ

    日向「くそっ!もう少しで釣れたのに!」




    日向「ダメだ…成功しない…」

    日向「声を掛けた女性がことごとく悲鳴をあげて逃げ出すのは何故なんだ」

    日向「俺ってそんなに怖い顔してるか?割りと人畜無害な顔だと思うんだが…」

    七海「日向くんはカッコいいよっ」

    日向「そうか?自分ではよく分からないな…」

    七海「私は顔以外も好きだけどね。ていうか日向くんの全部が好きっ」

    日向「ははっありがとう」

    七海「うんっ///」

    日向「………」

    七海「………」

    日向「何してる」

    七海「虫除け…だと思うよ?」

    日向「そうか」

    七海「うん」



    日向「降りろこらぁ!」グググッ

    七海「」ギュウウウウ

    日向「このっ…!足を絡ませるんじゃない!」

    七海「」ギュウウウウ

    日向「ぐえっ!ま、待て…絞まってる!首が絞まってる…!」

    七海「」ギュウウウウ

    日向「たんまたんま!力を抜け!死ぬっ!死ぬぅ…!」

    七海「」ギュウウウウ

    日向「ぐああああっ!」
  140. 140 : : 2017/12/10(日) 17:52:29
    さらば日向。
    お前の事は忘れない……
  141. 141 : : 2017/12/10(日) 19:40:38
    背中に幸せな感触があるんだろ、これくらいへーきへーき
  142. 142 : : 2017/12/10(日) 21:23:07
    日向「はぁ…はぁ…」

    七海「」ギュウ

    日向「ほんと降りてくれよ…このままだとナンパができないだろ」

    七海「やだ」

    日向「なんで邪魔をするんだ」

    七海「彼氏が浮気をしようとしてたら彼女として止めさせるの当前でしょ」

    日向「だから俺達は付き合ってないって言ってるだろ」

    七海「」ギュウ

    日向「はぁ…たくっ…」



    日向「分かったよ。ナンパは諦めるからとにかく降りろ」

    七海「やだ」

    日向「お前なぁ」

    七海「だって降りたら日向くんまたナンパに行くじゃん」

    日向「行かないって」

    七海「うそ」

    日向「嘘じゃない」

    七海「」ギュウ

    日向「どうしろっていうんだよ…」

    七海「…どうしても降りてほしい?」

    日向「どうしても降りてほしいよ」

    七海「…なら私のお願いを聞いてくれたら降りてあげる」

    日向「あぁいいぞ。なんでも聞くから早く降りてくれ」

    七海「行きたい所があるの。連れてって」

    日向「どこに行きたいんだ?」

    七海「あそこ」



    [ラブホテル]<ようこそ



    日向「ラブホに連れて行けばいいんだな?」

    七海「うん」

    日向「分かったよ。さっさと行くぞ」

    七海「」ギュウ

    日向「それにしてもどうしてラブホに行きたいんだ?あそこに何かあるのか」

    七海「既成事実」ボソッ

    日向「なんだって?」

    七海「なんでもない。眠くなってきたからベッドで休みたいの」

    日向「ふぅん。まぁ外は寒いし中で暖まるとするか」

    七海「うん」



    七海「逃がさないよ」
  143. 143 : : 2017/12/10(日) 21:36:27
    日向の見境がなさすぎるwww
  144. 144 : : 2017/12/10(日) 22:14:14
    日向は七海をラブホに連れてくだけで何もしないでナンパ再開するつもりなんだろうなぁ(ただしそれは不可能に近い)
  145. 145 : : 2017/12/10(日) 22:55:21
    これはだいしゅきホールドですね、逃れるのは不可能だ。
  146. 146 : : 2017/12/11(月) 02:35:37
    逃れられぬカルマ
  147. 147 : : 2017/12/11(月) 02:47:32
    いくら小さな声で言っても流石に後ろに抱きついてる子の声くらい聞こえるんじゃ・・・って思ったけどこの主人公の耳は飾りだったな!なら仕方ないね!ヽ(°∀。)ノ
  148. 148 : : 2017/12/11(月) 08:41:36
    俺はバックじゃなきゃイケねぇんだその隙に散!
    あー天才はまじつれぇわ
  149. 149 : : 2017/12/11(月) 17:29:02
    このあと日向は夜襲われるのか……
  150. 150 : : 2017/12/11(月) 22:07:52
    あれだろ日向の短小みてバグが起こり七海が町娘Aみたいになる
  151. 151 : : 2017/12/11(月) 22:57:44
    ラブホに入った時点で日向は詰んでます
    セ○クスするまで七海はしがみついたまま
    だいしゅきホールドで中出しまでさせるので妊娠は避けられません
  152. 152 : : 2017/12/11(月) 23:09:22
    ~苗木サイド~



    苗木「日向クンの話術に騙されて来ちゃったけど…やっぱりナンパはダメだよね」

    苗木「ボクには舞園さんがいるんだから」

    苗木「うん、よし!ナンパはしないぞ!」

    苗木「でも5時間も何しよう…とりあえず適当にぶらつくか」

    テクテク テクテク

    苗木「ん…?なんだろう、あれ」



    地べたに這いつくばりながらあんパンで牛乳を流し込みつつ双眼鏡を覗いている女「………」モグモグ ゴキュゴキュ



    苗木「なにあれ…人?うわめちゃめちゃ怪しい」

    苗木「地面に倒れこんで一体何をしてるんだろ。気になる」

    苗木「関わるべきではないんだろうけど…暇だし、声を掛けてみようかな」

    苗木「あのーすいません」

    地べたに這いつくばりながらあんパンで牛乳を流し込みつつ双眼鏡を覗いている女「なにかしら」

    苗木「そんな所で何をしてるんですか?」

    地べたに這いつくばりながらあんパンで牛乳を流し込みつつ双眼鏡を覗いている女「見て分からないかしら。地べたに這いつくばりながらあんパンで牛乳を流し込みつつ双眼鏡を覗いているのよ」

    苗木「は、はぁ」
  153. 153 : : 2017/12/11(月) 23:27:28
    あんパン女「………」モッチャモッチャ

    苗木「あの、寒くないんですか?この時季のアスファルトは冷たいと思うんですけど」

    あんパン女「平気よ。ホッカイロを大量に仕込んでいるから」

    苗木「パンツ見えてますよ」

    あんパン女「パンツなんてただの布よ。恥ずかしくなんてないわ」

    苗木「黒ですね」

    あんパン女「………」ゲシッ

    苗木「いだっ!?なんで脛蹴ったの!?」

    あんパン女「勝手に見た罰よ」

    苗木「なら隠しなよ…」

    苗木「双眼鏡で何を見てるの?」

    あんパン女「殺人犯」

    苗木「ええっ!?」

    あんパン女「指名手配中の犯人を追っているの」

    苗木「は、え?ほ、本当に?」

    あんパン女「本当よ」

    苗木「け、けけ、警察に!」

    あんパン女「ダメよ。こんな街中で警察を呼んだらパニックになるわ」

    苗木「じゃあどうすれば」

    あんパン女「私達で捕まえるわよ」

    苗木「わたし…たち?え、ボクも?」

    あんパン女「苗木くんは私の助手なのだから手伝いなさい」

    苗木「は?助手?って…」



    苗木「霧切さん!?」

    霧切「行くわよ苗木くん」

  154. 154 : : 2017/12/12(火) 07:47:42
    霧切「………」コソッ

    苗木「霧切さん本当に捕まえるの?」

    霧切「えぇ」

    苗木「危ないから止めた方が…」

    霧切「凶悪犯から市民を守る為よ。誰かがやらなくてはいけない」

    苗木「それはそうだけど…」

    霧切「安心して。いざという時は私が苗木くんを守るわ」

    苗木「…いや、ボクが霧切さんを守るよ。何があろうとも、絶対に」

    霧切「苗木くん…」

    苗木「なんてったってボクは霧切さんの助手だからね」

    霧切「…ありがとう」

    霧切「頼りにしているわ苗木くん」

    苗木「任せて」

    霧切「早速苗木くんに頼みたい事があるのだけど」

    苗木「なに?なんでも言って」

    霧切「手が冷たくなってきたから握って暖めて欲しいの」

    苗木「え?」

    霧切「どうしたの?なにか問題でも?」

    苗木「いや…」

    苗木(手袋してるのに冷たいも何もないんじゃ…)

    霧切「ならお願い。手がかじかんで辛いの」

    苗木「わ、分かったよ」

    ギュッ

    霧切「苗木くんの手…暖かい」

    苗木「霧切さんの手も暖かいよ」

    苗木(手袋してるからね)

    霧切「揉んでちょうだい」

    モミモミ

    霧切「ふふっとても暖かいわ」

    苗木(まぁいいか)
  155. 155 : : 2017/12/12(火) 08:35:39
    霧切「…苗木くん、大変よ」

    苗木「え?…まさか、殺人犯が通行人を襲ったとか!?」

    霧切「いえ、犯人は何もしていないわ」

    苗木「そう…よかった」ホッ

    苗木「じゃあ何が大変なの?」

    霧切「ホッカイロの効果がなくなってきたわ」

    苗木「…はい?」

    霧切「全身に仕込んでおいたホッカイロから一斉に暖かさが失われてしまった…」ガタガタ

    苗木「た、大変だね」

    霧切「えぇ一大事よ」ブルブル

    霧切「そこで苗木くん」

    苗木「嫌な予感がするけどなに?」

    霧切「ホッカイロになりなさい」

    苗木「意味が分からないなぁ」

    霧切「苗木くん自身がホッカイロになるのよ」

    苗木「ごめん本当に意味が分からない」

    霧切「私に抱きついて暖めなさい」

    苗木「いやだよ」
  156. 156 : : 2017/12/12(火) 18:49:33
    ホッカイロになるとかいうパワーワード
  157. 157 : : 2017/12/12(火) 19:40:28
    お前がホッカイロになるんだよ!
  158. 158 : : 2017/12/12(火) 20:42:37
    手を繋ぐ←わかる
    ホッカイロになる←???
  159. 159 : : 2017/12/12(火) 21:54:33
    抱きつくのか
  160. 160 : : 2017/12/12(火) 22:19:29
    苗木「ボク自身がホッカイロになることだ」

    ブリーチは偉大
  161. 161 : : 2017/12/12(火) 22:33:58
    霧切「苗木くんに拒否権はないわ」

    苗木「あるよ」

    霧切「どうして嫌がるの?超高校級の美少女探偵のホッカイロになれるのよ?」

    霧切「ここは泣いて喜ぶ場面だと思うのだけど」

    苗木「自分で美少女とか言わないの」

    霧切「事実よ」キリギリッ

    苗木「事実だけども」

    霧切「そんな事をしている間にも私の体温がどんどん奪われていくわ」

    霧切「こうなったら、実力行使よ」

    苗木「実力行使って…うわっ!なにするの!?やめて!」



    霧切「暖かいわ」ホワーン

    苗木「ううっ…///」←霧切のコートの中にすっぽり納まっている

    霧切「苗木くんは体温が高いのね」

    苗木「恥ずかしいよぉ///」

    霧切「所謂あすなろ抱きね」

    苗木「普通は男性が女性を抱き締めるんだけどね…」

    霧切「んー…」スリスリ

    苗木「ちょ、ちょっと!もぞもぞしないでよ!」

    苗木(胸が…霧切さんの胸が…///)

    霧切「眠くなってきたわ…」

    苗木「眠ったらダメだよ。今は殺人犯を追いかけてる最中なんだから」

    霧切「殺人犯?」

    苗木「え?殺人犯を追ってるんだよね?」

    霧切「…そうだったわね」

    苗木「もう。忘れちゃダメじゃない」

    霧切「ごめんなさい」

    霧切(そう言えばそんな設定だったわね)
  162. 162 : : 2017/12/12(火) 23:06:27
    あ……(察し)
    霧切さん苗木一本釣りですか……
  163. 163 : : 2017/12/13(水) 17:44:46
    霧切「苗木くん、犯人が動いたわ」

    苗木「え!?ほんと!?」

    霧切「追いかけるわよ」

    苗木「よ、よし。行こう」

    霧切「………」ギュー

    苗木「あの、霧切さん?」

    霧切「なにかしら」

    苗木「動けないから離して」

    霧切「………」

    苗木「霧切さん?」

    霧切「このままで行きましょう」

    苗木「はい?」

    霧切「離したくないわ」ギュー

    苗木「いやいやいや離してよ。歩けないじゃん」

    霧切「歩けるわよ」

    苗木「いやまぁ歩けるけど歩き辛いよ」

    霧切「苗木くんを離したら凍死してしまうわ」

    苗木「大袈裟な…」

    霧切「だいたいあなたはホッカイロなのよ。ホッカイロが使用者から離れるなんておかしいとは思わないのかしら」

    苗木「ホッカイロじゃないよ」

    霧切「いいから行くわよ。幸い犯人はゆっくり移動しているから私達ものんびり追いかけましょう」

    苗木「なんて緊迫感のない追跡なんだ…」
  164. 164 : : 2017/12/13(水) 20:32:38
    ヨタヨタ

    ヨタヨタ

    苗木「き、霧切さん。やっぱり歩きにくいよ」

    霧切「そうかしら。私は快適だけど」

    苗木「快適ってどこが」

    霧切「苗木くんは良い匂いがするわね」スンスン

    苗木「嗅がないでよ!」

    霧切「あら、苗木くんだって私の匂いを嗅いでいるじゃない」

    苗木「嗅いでないよ!言いがかりはやめて!」

    霧切「でも私の胸の感触は味わっているわよね?」

    苗木「………」

    霧切「苗木くん?」

    苗木「あ、あーそうだ犯人は?ちゃんと監視できてる?」

    霧切「話をそらしたわね」

    霧切「犯人の事はちゃんと見ているわよ。今建物の中に入っていったわ」

    苗木「ほんと?ならボク達も入ろう」

    霧切「そうね、入りましょう」

    苗木「それで?どこに入ったの?」

    霧切「あそこよ」



    [ラブホテル]<ようこそ



    苗木「」

    霧切「さ、入るわよ」
  165. 165 : : 2017/12/13(水) 21:23:16
    これはベッドでは弱いパターンかな?
  166. 166 : : 2017/12/13(水) 22:00:25
    苗木「待って待って待って」

    霧切「なに?苗木くん。早くしないと犯人を見失ってしまうわ」

    苗木「…霧切さん、ここが何なのか分かってる?」

    霧切「ラブホテル」

    苗木「分かってるんだね良かった」

    苗木「霧切さんはここをラブホテルだと理解したうえで入ろうとしてるの?」

    霧切「そうよ」

    苗木「…なんで入る必要があるの?」

    霧切「殺人犯がラブホテルに入って行ったからよ」

    苗木「…ねぇ、その殺人犯って本当にいるの?」

    霧切「いな…いるわ」

    苗木「今いないって言いかけたよね!?いないって言いそうになったよね!?」

    霧切「いるわよ。私の心の中に」

    苗木「こわっ!?霧切さん心に殺人犯を飼ってるの!?」

    霧切「私の心の中の殺人犯がラブホテルに入って行った。だから私達も後を追うわよ」

    苗木「嫌だよ!?そんな危ない妄想は自分1人でやって!」
  167. 167 : : 2017/12/13(水) 22:11:45
    霧切「そう…苗木くんは私とはラブホテルに入りたくない」

    霧切「そうなのね」

    苗木「当たり前だよ。なんでクラスメートの妄想に付き合ってラブホテルに入らなきゃいけないのさ」

    霧切「舞園さんとは入ったのに」

    苗木「舞園さんはボクの彼女だからね」

    苗木「……………え?」

    霧切「残念だわ。大切なクラスメートを売らなければいけないなんて」ピラッ




    【苗木と舞園が腕を組んでラブホテルに入って行く写真】



    苗木「なに………これ………」

    霧切「これを報道機関に売ったらどうなるかしらね」

    苗木「なん…で…こんな…写真…が…」

    霧切「探偵の情報収集力を舐めないでちょうだい」

    霧切「苗木くんに群がる悪い虫は常に監視しているわ」

    苗木「……………」

    霧切「さて苗木くん。この写真をバラ撒かれたくなかったら」

    霧切「私とラブホテルに入ってくれるわよね」
  168. 168 : : 2017/12/13(水) 22:23:31
    日向に続いてさらば苗木。
    お前の事は忘れない。
    ……あれ?デジャブ?
  169. 169 : : 2017/12/13(水) 23:09:47
    脅迫は犯罪だし屈して駄目だ!
    舞園さんに連絡すれば解決するよ!
    (たぶん殺し合いになるけど)
  170. 170 : : 2017/12/13(水) 23:10:46
    苗木「………」

    霧切「沈黙は肯定と受け取るわよ」

    霧切「安心して。苗木くんが私の言うことを聞けば写真は破棄するわ」

    霧切「私だってできる事ならクラスメートを売るような真似はしたくない」

    霧切「あなたが大人しく私に従えば全て丸く納まるのよ」

    苗木「本当に…ボクが我慢すれば…」

    霧切「えぇ。苗木くん次第よ」

    苗木「………分かった」

    霧切「ふふっ。そう言ってくれると思ったわ」



    苗木(ごめん舞園さん…ボクは今から汚されちゃう)

    苗木(でも、頑張るから。ボクが耐えれば舞園さんとの幸せな生活を壊さずに済むんだ)

    苗木(だからお願い、力を貸して)

    苗木(ボクは絶対に屈しない!笑顔で舞園さんのもとに帰るんだ!)

    霧切「苗木くんを私の色に染めてあげる」

    霧切「あの忌々しい雌猫から必ず苗木くんを奪い返すわ」

    霧切「ふふっ…舞園さんが悔しがる顔が楽しみね」

    苗木(霧切さんには、負けない!)キリッ
  171. 171 : : 2017/12/13(水) 23:15:11
    完璧にレイプ系エロ漫画の常套手段でワロタwww
  172. 172 : : 2017/12/13(水) 23:50:32
    即堕ち苗木君か、はたまた即堕ち霧切さんなのか
  173. 173 : : 2017/12/13(水) 23:53:53
    信じて送り出した苗木くんが霧切さん(ry
  174. 174 : : 2017/12/14(木) 13:52:36
    苗木君がノリノリになるに1票
  175. 175 : : 2017/12/14(木) 21:16:02
    苗木「んほおおおっ!しゅごいのおおおっ!」

    NTR大好き
  176. 176 : : 2017/12/14(木) 21:26:30
    ~最原サイド~



    最原「日向くんの勢いに押されてナンパをしにきちゃったけどやっぱりよくないよね」

    最原「僕には入間さんが居るんだから」

    最原「彼女が居るのにナンパをするなんて不誠実だよ」

    最原「よし、ナンパは止めよう」ウン

    最原「説得して日向くんにもナンパを止めさせた方がいいよね」

    最原「罪木さんを大事にするように言わないと」

    最原「苗木くんもきっと協力してくれるよね」

    最原「でもそうなるとこれからどうしようかな」

    最原「ナンパは止めるとして、5時間も何しよう」

    最原「…とりあえずお昼ご飯でも食べるか」

    最原「この辺に飲食店は…」キョロキョロ



    金髪ポニテ巨乳「お腹空いたちゃった。お昼にしよっと」



    最原「お嬢さんお一人ですか?よかったら僕と食事をしませんか?」
  177. 177 : : 2017/12/14(木) 21:31:22
    おいゴラ最原ぁ!!
  178. 178 : : 2017/12/14(木) 22:00:51
    金髪ポニテ巨乳「へ?」

    最原「良いお店があるんですよ。案内します」

    金髪ポニテ巨乳「え?え?」

    最原「さぁ行きましょう」

    ガシッ

    金髪ポニテ巨乳「わひゃ!?」

    最原「おっとすいません。いきなり手を掴むのは失礼でしたね」

    金髪ポニテ巨乳「だ、大丈夫だよ。少しびっくりしただけだから」

    最原「そうですか…では改めて、手を繋いでもいいですか?」

    金髪ポニテ巨乳「う、うん」

    最原「よかった。貴女のような素敵な女性と手を繋げるなんて夢のようです」ニッコリ

    金髪ポニテ巨乳「ふへっ!?///」

    ギュ

    最原「さ、行きましょう」

    金髪ポニテ巨乳「………///」プシュー

    金髪ポニテ巨乳「きょ、今日の最原くんは積極的だね…///」

    金髪ポニテ巨乳「いつもは控え目なのに…」

    最原「え?」

    金髪ポニテ巨乳「私は控え目な最原くんもす…良いと思うけど積極的な最原くんも…///」モジモジ

    最原「あの」

    金髪ポニテ巨乳「強引な最原くん…か、壁ドンとかされちゃうのかな///」

    最原「もしもし?」

    金髪ポニテ巨乳「お、押し倒されたりとか…///」

    最原「聞こえてますか?」

    金髪ポニテ巨乳「そのまま…初めてを…///」

    金髪ポニテ巨乳「きゃー♥️(/ω\)」

    最原「あの!」

    金髪ポニテ巨乳「わ!?な、なに!?」

    最原「どうして僕の名前を知ってるんですか?」

    金髪ポニテ巨乳「え?」

    最原「どこかでお会いした事ありましたっけ?」

    金髪ポニテ巨乳「どこかでって…クラスメートなんだから毎日会ってるよね?」

    最原「え…?も、もしかしてキミは…」



    赤松「最原くんどうしちゃったの?なんだかいつもと様子が違うけど」
  179. 179 : : 2017/12/14(木) 22:12:21
    流石はおっぱいソムリエ、巨乳を見るとつい揉んでしまうとは職業病だな。
  180. 180 : : 2017/12/14(木) 22:45:22
    毎回思うけど赤松入間の二人に挟まれたら凄い事になりそう。
  181. 181 : : 2017/12/15(金) 00:04:38
    ※179
    む、胸はまだ揉んでないよ!揉んだのは手だよ!

    ※180
    個人的に七海と罪木の組み合わせが最強だと思ってたらそれをも越えるおっぱいコンビの登場で衝撃だった
  182. 182 : : 2017/12/15(金) 00:14:46
    最原「………」

    赤松「最原くん?調子悪いの?」

    最原「………」

    赤松「風邪ひいた?熱はない?」

    最原「………」スッ

    赤松「テンションが高かったのは熱がって、え?」



    最原「………」土下座



    赤松「さ、最原くん、何…してるの…?」

    最原「違うんです!これには!これには訳が!」

    赤松「ち、違うってなにが?」

    最原「確かに僕はナンパをしました!でもこれは僕の意志ではないんです!」

    最原「日向くんに…!日向くんに脅されて無理矢理ナンパをさせられていたんです!」

    赤松「日向くん?無理矢理?よく分かんないけど頭をあげて!」

    最原「けっして!けっして浮気ではありません!」

    赤松「う、浮気!?なんのこと!?」

    最原「信じて欲しい!僕が愛しているのはキミだけだ!」

    赤松「あああ愛してる!?///」

    最原「どうか!どうかお許しを!」

    赤松「そっか…私と最原くんは恋人同士なんだね…///」

    最原「世界で1番キミを愛してる!」

    赤松「最原くん…♥️」キュン



    最原「愛してるよ入間さん!」



    赤松「私も最原くんを愛して…///」

    赤松「愛して………」

    赤松「……………は?」
  183. 183 : : 2017/12/15(金) 03:37:22
    最原てめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

    もうアンジーの島が一夫多妻制だったらいいのに(白目)
  184. 184 : : 2017/12/15(金) 06:25:02
    なんでこの世界の男どもは自ら墓穴を掘りたがるんだ!!
    いいぞもっとやれ!!

  185. 185 : : 2017/12/15(金) 07:30:06
    才原君素直!でも今は素直になるとヤバイよ!
  186. 186 : : 2017/12/15(金) 11:20:26
    これは砲丸ENDですね、間違いない
  187. 187 : : 2017/12/15(金) 12:04:59
    逆に最原君達は何でクラスメイトを見分けているんだ‥‥?
    制服?それとも口調?
  188. 188 : : 2017/12/15(金) 12:45:59
    ※188 考えるのだ。普段と違い、私服やオシャレしてると分からんぐらいに変わるのだ。

    ただアレだけ胸デカいのはなかなかおらんのだけど気がつかないってことは別の何かで見分けるに違いない。
  189. 189 : : 2017/12/15(金) 13:59:54
    ?「なんでナンパなんかしたんすかね?」
  190. 190 : : 2017/12/15(金) 16:06:30
    巨乳金髪枠か…
  191. 191 : : 2017/12/15(金) 20:02:20
    女の子達は私服だったりいつもと違う髪型だったりするので主人公トリオは気づかないのです

    普段から女の子達のことをちゃんと見ていないからこうなるのです

    ※186
    なぜ分かったし
  192. 192 : : 2017/12/15(金) 20:15:45
    最原「入間さん大好きだー!」

    赤松「最原くん?」

    最原「キミのふかふかのおっぱいが大好きだー!」

    赤松「ねぇ最原くん」

    最原「キミの感じやすい体が大好きだー!」

    赤松「最原くん」

    最原「キミのぷりっぷりのお尻が大好きだー!」

    赤松「おい」

    最原「はい」



    赤松「ねぇ、入間さんを愛してるってどういうこと?」

    最原「え?そのままの意味だけど」

    赤松「…なんでそれを私に言うの?」

    最原「え?だってキミは入間さんでしょ」

    赤松「え?」

    最原「え?」

    赤松「…私、赤松だけど」

    最原「え?」

    赤松「え?」

    最原「…またまたご冗談を。キミは入間さんなんでしょ?」

    赤松「赤松楓なんだけど」

    最原「え?」

    赤松「え?」

    最原「キミが…赤松さん…?」

    赤松「そうだよ」

    最原「嘘だっ!!」

    赤松「嘘じゃないよ」

    最原「だって金髪じゃん!」

    赤松「私も入間さんも金髪でしょ」

    最原「髪長いじゃん!」

    赤松「私も入間さんもロングだよね」

    最原「巨乳じゃん!」

    赤松「きょ…ま、まぁ私も入間さんも大きいほう…だとは思うけど」

    最原「…え、本当にキミは赤松さんなの?」

    赤松「さっきからそうだって言ってるじゃない」

    最原「………」

    赤松「最原くん、何か言うことは?」

    最原「ご」

    最原「ごめんなさぁぁぁぁぁい!!」土下座
  193. 193 : : 2017/12/15(金) 22:03:31
    赤松「はぁ…入間さんと間違えるなんて」

    最原「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

    赤松「いいよもう。別に怒ってないから」

    最原「ごめんなさいごめんなさいごめっ…え?怒ってないの?」

    赤松「怒ってないよ。そんな事より聞きたい事があるんだけど」

    最原「聞きたいこと?」

    赤松「入間さんを愛してるって本当なの?」

    最原「本当だよ。世界で1番愛してる」

    赤松「…2人はお付き合いしてるの?」

    最原「そうだよ。ラブラブなんだ~」

    赤松「………いつから?」

    最原「昨日からだよ」

    赤松「……………きっかけは?」

    最原「僕が入間さんをナンパしたんだ。それでそのままラブホテルに入って」

    赤松「…………………性交したの?」

    最原「中出ししました!」グッ

    赤松「…………………………ふーん」
  194. 194 : : 2017/12/15(金) 23:01:03
    全員ヤンデレやん。最高。
  195. 195 : : 2017/12/16(土) 00:37:44
    魔王赤松待ったなし
  196. 196 : : 2017/12/16(土) 00:41:54
    苗木と最原は何故か即堕ちんちんは思い浮かぶ
  197. 197 : : 2017/12/16(土) 12:01:26
    言うても最原から声かけて入間がそれに答えてる訳だからそれにとやかく言うのはなぁ
  198. 198 : : 2017/12/16(土) 15:30:59
    ヤンデレに理屈なんて通用しないんやで
  199. 199 : : 2017/12/16(土) 18:40:01
    ※194
    ありがとうございます

    ※195
    魔王赤松って元ネタ的なのあるんですかね?いろんな所でちょいちょい見かけるけど

    ※196
    即堕ちんちんのゴロの良さ

    ※197
    まぁ確かに赤松にどうこう言う権利はないのだけれどもそう簡単に割り切れるものではないしね

    ※198
    赤松はヤンデレちゃうし…
  200. 200 : : 2017/12/16(土) 18:53:14
    赤松「つまり最原くんは入間さんを引っ掻けて強引にラブホテルに連れ込み中出しセ○クスをしたんだね」

    最原「赤松さんの口から中出しセ○クスなんて言葉は聞きたくなかったぁ」

    赤松「不潔」

    最原「うぐっ」グサッ

    赤松「軽薄」

    最原「ぐはっ」ドスッ

    赤松「変態」

    最原「ごほっ」ザクッ

    赤松「最原くんがそんな人だったなんて」

    赤松「本当に入間さんとは愛し合ってるの?雰囲気に流されてるだけじゃないの?」

    赤松「ベッドから始まる恋なんて不純だよ」

    最原「うっ…そう言われると…」

    赤松「自信ない?」

    最原「………」

    赤松「だったら確かめてみようよ。ベッドから始まる恋が本当にあるのかどうか」

    最原「確かめるって…どうやって?」

    赤松「簡単だよ」



    赤松「私を抱けばいいんだよ」

    最原「ちょっと何言ってるのか分からない」
  201. 201 : : 2017/12/16(土) 20:30:10
    ……(゜д゜)
    次アンジーで島が一夫多妻制だったらいいのに((ボソッ(そしてヤンデレ発生……ぐへへ~!!!!(^p^三^p^))
  202. 202 : : 2017/12/16(土) 20:56:09
    最原くんって頼めばヤらせてくれそう(直喩)
  203. 203 : : 2017/12/16(土) 21:18:18
    チョロイン枠は最原君で決定かな
  204. 204 : : 2017/12/16(土) 21:38:17
    ※201
    ごめんなさい今回はアンジーの出番はない予定です

    ※202
    赤松「最原くんって土下座すればヤらせてくれそうだよね」このタイトルで1本書けますな

    ※203
    主人公トリオで1番押しに弱いのは最原かねやっぱ
  205. 205 : : 2017/12/16(土) 21:51:16
    赤松「ね?良いアイデアでしょ?」

    最原「どこが?赤松さんを抱く必要性が見当たらないんだけど」

    赤松「いいじゃん。入間さんに中出ししたんだから私にも出してよ」

    最原「そんな軽いノリで言わないでよ」

    赤松「今日は…危ない日なんだ///」モジモジ

    最原「この状況で1番聞きたくない情報をありがとう」

    赤松「今ならパツキン巨乳JKを孕ませ放題だよ?」

    最原「パツキン巨乳JKは入間さんで間に合ってます」

    赤松「…そんなに私を抱きたくないの?」

    最原「正直魅力的な提案ではあるけど…さすがにね」

    赤松「そっか…それならしょうがないね」ゴソゴソ

    最原「諦めてくれた?」

    赤松「うん。別の方法でいくよ」スッ

    最原「別の方法?」

    赤松「そ。強行策」E:砲丸

    最原「あの…なんでリュックの中から砲丸を取り出したの?ていうかなんで持ち歩いてるの?」

    赤松「ごめんね。痛いけど我慢してね」

    最原「あの…なんで振りかぶってるの?え、嘘だよね?冗談だよね?待って赤松さんやめっ」

    赤松「最原くん」



    赤松「おやすみ♥️」ハイライトオフ





    ガンッ
  206. 206 : : 2017/12/16(土) 22:06:19
    いつも思うんだがそのまま永眠しちゃいそうだよな・・・
  207. 207 : : 2017/12/16(土) 22:09:48
    いっそ主人公パワーなんざ無効化して即死してみたらどうだろうか……?本末転倒だけど。
  208. 208 : : 2017/12/16(土) 22:15:53
    まぁ気絶なんてよほど強い衝撃じゃないとしないしなぁ。ましてや砲丸だと力加減もだいぶ難しかろうに

    まぁ赤松ちゃんはヒロインパワー(物理)持ってるし、へーきへーき。
  209. 209 : : 2017/12/16(土) 22:23:39
    一番の下衆な事をしている
    日向が一番状況がマシという理不尽‥‥
  210. 210 : : 2017/12/16(土) 22:54:54
    一般通過市民「キャーヒトゴロシー」
  211. 211 : : 2017/12/17(日) 01:14:47
    砲弾型麻酔銃だからへーきへーき
  212. 212 : : 2017/12/17(日) 11:14:02
    なんで砲丸なんか持ち歩いてるんすかね?
  213. 213 : : 2017/12/17(日) 17:51:00
    ※206※208
    赤松は砲丸のスペシャリストだから血を流さず相手を気絶させるなんて朝飯前ですよ

    ※207
    主人公死んだら話終わっちゃうからねぇ…

    ※209
    日向も包丁で刺されたから…

    ※210
    一般市民にはただの痴話喧嘩にしか見えないからセーフ
    一般市民A「男が浮気したんだって」一般市民B「なら砲丸で殴られても仕方ないね」

    ※211
    コナン君も灰皿でおっちゃんを眠らせてんだから砲丸もOKだよね

    ※212
    いつでもどこでもなん図書さんの頭上に落とせるよう携行してるんすよ
  214. 214 : : 2017/12/17(日) 17:55:35
    安価つけてコメントに返信するのやめてくれんか?
    フィルターつけてもすり抜けてくるんだよ
  215. 215 : : 2017/12/17(日) 18:11:00
    最原「がっ…!」

    ドサッ

    最原「」シーン

    赤松「…ごめんね。私にはこうするしかないんだ」

    赤松「最原くんが私を受け入れてくれないのなら…無理矢理にでも受け入れてもらうよ」

    赤松「入間さんには悪いけど、私も最原くんに愛されたいんだもん」

    赤松「ごめんね、最原くん。ごめんね、入間さん」

    赤松「ごめんね、ごめんね、ごめんね」

    赤松「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」

    赤松「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

    赤松「ごめんなさい」



    赤松「……………」

    ズルズル

    最原「」

    赤松「うふふ♪楽しみだな~♪最原くんとのセ○クス♪」

    ズルズル

    ズルズル

    赤松「最原くんが気を失ったままなのは残念だけど」

    ズルズル

    ズルズル

    ズルズル

    赤松「子供ができれば最原くんも受け入れてくれるよね」



    [ラブホテル]<ようこそ



    赤松「最原くんが私を受け入れるまで」

    赤松「いつでも、どこでも、何度でも」

    赤松「砲丸からは」



    赤松「逃げられないよ♥️」
  216. 216 : : 2017/12/17(日) 18:12:31
    ※214
    分かりました。次からは※を使って返信します
    ごめんなさい
  217. 217 : : 2017/12/17(日) 21:22:04
    これを見てるといつぞや言っていた。
    ヤンデレ赤松vsヤンデレ東条もみてみたいですね。www
  218. 218 : : 2017/12/17(日) 21:22:21
    日向「だいしゅきホールドは反則だろ…」

    苗木「霧切さんには勝てなかったよ…」レ○プ目

    最原「なんか…記憶が抜け落ちてる気がする…」



    日向「お前らどうだった?ナンパは成功したのか?」

    苗木「ボクは…完敗だったよ…」

    最原「僕は…何も覚えてないんだよね…」

    日向「なんだよ2人共失敗したのか。情けない」

    苗木「そういう日向クンは成功したの?」

    日向「俺は…成功したというか…なんというか…」

    最原「歯切れが悪いね」

    日向「俺は憑かれた」

    苗木「疲れた?」

    最原「突かれた?」

    日向「こいつに」



    七海「<●><●>」



    苗木最原「「うわああああっ!?」」ビクゥ

    日向「七海がくっついて離れないんだよ」グググ

    七海「」ギュウウウ

    日向「くっ…!はぁ…トイレにもくっついてきやがる」

    苗木「それは…」

    最原「よかったね…」

    日向「よくない」



    日向「結果は1分2敗だな」

    日向「なんなんだよお前らやる気あるのか」

    苗木「なにしれっと自分だけ引き分けにしてるのさ」

    最原「日向くんも負けだからね」

    日向「えーいうるさい。彼女は作れなかったけど愛人はできたから引き分けなんだよ」

    苗木「カス」

    最原「ゴミ」

    日向「とにかく俺達はまたナンパに失敗したんだ。このまま引き下がる訳にはいかない」

    日向「明日もナンパするぞ!」

    苗木「………」

    最原「………」

    日向「返事!」

    苗木最原「「はぁ…」」



    七海「<●><●>」
  219. 219 : : 2017/12/17(日) 21:30:54
    ※217
    そういえば前にそんなこと言いましたね。完全に忘れてたけど
    ヤンデレ赤松は書きやすいけどヤンデレ東条は難しいなぁ…病んでる東条は想像しにくい
    書きたいけど数年後とかになるかも
  220. 220 : : 2017/12/17(日) 21:40:17
    ※219
    それが無理なら
    ヤンデレ七海vsヤンデレ罪木でもいいですよwwww
  221. 221 : : 2017/12/17(日) 22:15:44
    ヤンデレ対戦はあかんな...学園ひとつ吹き飛ぶぞ
  222. 222 : : 2017/12/17(日) 22:28:09
    次は軍人、写真家、美術部あたりかな?
  223. 223 : : 2017/12/17(日) 22:47:46
    それ以前に七海がずっとひっついてるのにナンパ行くこと自体が自殺行為そのものだって事に気づけ日向―!!

    いいぞ作者さんもっとやれ!!
  224. 224 : : 2017/12/17(日) 23:03:13
    罪木はハイライトアヘ顔
    敗北が決まってそう
  225. 225 : : 2017/12/17(日) 23:31:29
    背中に女の子引っつけてる状態でナンパに行こうと思える日向くんのメンタルの強さよw
  226. 226 : : 2017/12/17(日) 23:36:49
    逆に考えるんだ。

    苗木君に霧切さん、最原君に赤松ちゃんが背中にくっつけばこの空間が普通に見える!
  227. 227 : : 2017/12/18(月) 00:03:19
    そうか!わかったぞ!91cmは胸じゃなくメンタルの大きさだったんだ。
  228. 228 : : 2017/12/18(月) 01:15:12
    七海は食事とかトイレとかどうしてんだろ?
  229. 229 : : 2017/12/18(月) 10:57:28
    日向「七海オメーやけにはりきってるなぁ」
    七海「うな!うなぁうな重!」
  230. 230 : : 2017/12/18(月) 20:54:03
    日向……クズだな( ˙-˙ )
    最原……次はアンジーさんでよくね?……それか茶柱wwww

    苗木は……(*'へ'*) ンー朝日奈でよくね
  231. 231 : : 2017/12/18(月) 22:20:05
    ※220
    七海と罪木のヤンデレ対決もいつか必ず書きます

    ※221
    希望ヶ峰学園崩壊待ったなし!

    ※222
    日本舞踊家、ギャンブラー、コスプレイヤーを予定しております

    ※224
    罪木「えへ❤️えへへへへ♥️」ハイライトオフ

    ※225
    彼女を作るのに必死だからね。背中に七海がくっついてようと立ち止まる訳にはいかない

    ※226
    苗木も最原も重さで潰れそう

    ※227
    胸の大きさ=心の強さならダンガンロンパ最強は誰になるんだ?弐大?

    ※228
    食事の時は日向の膝の上に移動してあーんしてもらいます。自分がトイレに行く時はさすがに日向から降ります

    ※229
    うな重こと元太君

    ※230
    アンジーも茶柱も朝日奈も出ないっすすいません



    次の3周目で終わる予定です
  232. 232 : : 2017/12/18(月) 22:33:22
    ※231 日向「よし七海がトイレ行った隙にナンパいけるな」
  233. 233 : : 2017/12/18(月) 22:35:25
    ~次の日~



    日向「おーいお前達準備はいいか?」

    苗木「………」

    最原「………」

    日向「なんだなんだそのシケたツラは。今日がラストチャンスなんだぞ」

    日向「クリスマスまでもう時間がない。今日彼女ができなかったらクリぼっちになるんだぞ。気合いを入れろ」

    苗木「もういいよ…」

    最原「疲れた…」

    日向「あぁ?何を言ってるんだ。諦めるのか」

    苗木「ボクはクリスマスを霧切さんと過ごすことにしたよ。本当は舞園さんと過ごしたかったけど、妥協する」

    最原「僕は赤松さんと過ごすよ。記憶にないけどどうやら僕は赤松さんとセ○クスしたらしいんだ。責任は取らないと」

    日向「そうか…お前らは決めたのか」

    苗木「日向クンもナンパなんかやめてさ」

    最原「罪木さんか七海さんとクリスマスを楽しみなよ」

    日向「そうか、そうか、お前達は」



    日向「oneおっぱいで満足なんだな?」



    苗木「はい?」

    最原「oneおっぱい?」
  234. 234 : : 2017/12/18(月) 22:59:22
    まーた変な事言い出したぞコイツww
  235. 235 : : 2017/12/18(月) 23:42:02
    ※232
    例え日向が地の果てまで行こうとも七海は追いかけてくるぞ

    ※234
    変?そうですかね?普通ですよ
  236. 236 : : 2017/12/18(月) 23:53:22
    日向「そうかー。お前達はoneおっぱいで満足なのかー」

    日向「もったいない。実にもったいない」

    日向「俺はthreeおっぱいを楽しむんだけどなー」

    日向「右手で罪木のおっぱいを揉みながら左手で七海のおっぱいを揉みしだきつつ」

    日向「これからお持ち帰りする(予定の)女のおっぱいを口で堪能するのになー」

    苗木「………」

    最原「………」

    日向「いやぁいいんだ!お前達がただ1つのおっぱいを愛でたい、そうおっしゃるのであれば俺は止めません」

    日向「それもまた愛だ」

    日向「聖なる夜にoneおっぱいでハッスルすればいい」

    日向「でも俺はthreeおっぱいを楽しんじゃうからなー」

    日向「後で後悔しないようになー」

    日向「あー!おっぱいの海で溺れてしまうー!」

    苗木「………」

    最原「………」



    日向「ナンパ、しようぜ」

    苗木「うん」

    最原「行こう」
  237. 237 : : 2017/12/19(火) 00:06:42
    なんて贅沢
  238. 238 : : 2017/12/19(火) 00:27:28
    threeおっぱいとかいう謎のパワーワード
    そしてそれに負ける苗木と最原

    しかし3つ目は口なのか…男の尻尾じゃないのか…
  239. 239 : : 2017/12/19(火) 10:13:22
    日向はあっちの桜餅ならいけるんやね
  240. 240 : : 2017/12/19(火) 10:18:36
    日向ムラ「ついでに僕の下半身の毒も、お口で吸い出してくれると非常に助かるんですが(threeおっぱい楽しみながら)」
    ソニア「下半身ですね、わかりました」ガッツポ
  241. 241 : : 2017/12/19(火) 14:16:22
    先生「日向くん、君色々と問題になってるぞ( ;´꒳`;)」
  242. 242 : : 2017/12/19(火) 14:20:27
    これ最後に日向くんが真相聞いた他の女子たちにフルボッコにされる可能性が微レ存…?
  243. 243 : : 2017/12/19(火) 17:12:37
    ※237
    これぞハーレム主人公にのみ許された特権

    ※238
    もちろん最後は尻尾でも味わいますよ。でもまずは口で味見をするのです

    ※239
    いけますね

    ※240
    日向はそんなこと言わない!ストレートにフェラしてくれって言います

    ※241
    希望ヶ峰学園なら大抵の不祥事は揉み消せるから問題ない

    ※242
    むしろ感謝されるのでは?日向が苗木最原をナンパに誘ったおかげで舞園霧切入間赤松はセ○クスできたわけだしね
  244. 244 : : 2017/12/19(火) 17:42:56
    ~日向サイド~



    日向「過去2回は罪木と七海に邪魔されて上手くいかなかったからな」

    日向「今日こそは真剣にナンパをするぞ」

    日向「セフレと愛人はできたけどクリスマスを楽しむ為には彼女が居ないとダメなんだ」

    日向「どこかに上玉は居ないものか…おっ!」



    ビックバン「あーもー和菓子が無くなるとかさいあくー」

    ビックバン「こんな時に限って変態の花村おにぃもパシリの左右田おにぃも居ないなんて」

    ビックバン「ほんっと肝心な時に役にたたないんだから」



    日向「和服美人か…悪くない」

    日向「俺はミニスカが好きなんだがたまには着物の世界に踏み込んでみるか」

    日向「あの和服美人どうやら和菓子をご所望の様子…ならば!」



    ビックバン「うーさむいー!なんでわたしがわざわざ和菓子を買いに行かなきゃなんないのよー!」

    日向「もし、そこのお嬢さん」

    ビックバン「あ?」

    日向「私とあなたの草餅を交換しませんか?」

    ビックバン「はぁ?」

    日向「あなたの胸についている立派な草餅を食べさせてもらえないでしょうか」

    日向「代わりと言ってはなんですが僕の股間にあるミルク入り草餅をご馳走しますよ」

    日向「どうですか?」

    ビックバン「死ね」
  245. 245 : : 2017/12/19(火) 18:09:19
    直球で罵倒されて草
  246. 246 : : 2017/12/19(火) 18:10:38
    ちなみに女子たちってのは大神さんとかペコさんとかの直接は関わってない方々です
  247. 247 : : 2017/12/19(火) 18:26:43
    最原君に食べ物に例えるなとか言ってた癖に発想一緒じゃんww
    しかもこっちも負けず劣らず発言が寒くて凍えそうwww
  248. 248 : : 2017/12/19(火) 19:25:55
    西園寺にヒットかwwwww
    ……これ後で小泉に説教されるんじゃね
  249. 249 : : 2017/12/19(火) 20:24:40
    >>248 いや説教されようが、日向ならこりずに小泉も口説いて最終的に西園寺含めて3Pになるから(確信)
  250. 250 : : 2017/12/19(火) 21:47:33
    ※246
    なるほどそっちですか。知られたらオシオキ開始ですね

    ※247
    自分で例える分にはセーフ

    ※248※249
    小泉「日寄子ちゃんには手を出さないで!アタシが…アタシが代わりになるから!」
    悪い男に引っ掛かった親友を救うため少女は自分の体を差し出す
  251. 251 : : 2017/12/19(火) 22:03:45
    日向「おやおやこれは手厳しい。ミルク入り草餅には自信があるのですが」

    日向「しかしいけませんよ。あなたのような和服美人が死ねなどという汚い言葉を使っては」

    日向「大和撫子ならば奥ゆかしくないと」

    ビックバン「いきなり下ネタ吹っ掛けられたら死ねって言いたくもなるっての」

    ビックバン「剣山で串刺しにしてやろうか?」

    日向「遠慮します」

    ビックバン「はぁもう…只でさえこの寒さで憂鬱なのに変なこと言わないでよね」

    日向「股間のホットミルクを飲んで暖まりますか?」

    ゲシ

    日向「うごっ!?」

    ビックバン「潰れて死ね」

    日向「おごご…!股間の草餅が…!」

    日向「あ、でも和服美人に股間を蹴られるっていいな…新しい世界が開けそう」

    ビックバン「うわぁ…」

    日向「それと蹴る時に着物の裾から出てきた生足も最高です」

    ビックバン「」ゲシ ゲシ ゲシ

    日向「うわっやめろっ。蹴るな!蹴らないでくれ!」

    ビックバン「死ね!死ね!地面と同化して死ねぇ!」ゲシ ゲシ ゲシ

    日向「あ、パンツ見えた」

    ドゴォ

    日向「ぷごっ!?」
  252. 252 : : 2017/12/19(火) 22:30:44
    日向、半年以上会ってなかったのか・・・?
  253. 253 : : 2017/12/19(火) 23:13:46
    いっそ西園寺に去勢される日向……
    アリだな!
    あ、でもカムクラパワーで復活するか……
  254. 254 : : 2017/12/20(水) 12:06:20
    希棒vsビッグバン
  255. 255 : : 2017/12/20(水) 20:59:29
    ※252
    ほぼ毎日会ってますよ

    ※253
    日向「カムクラパワー!」ニョキ

    ※254
    世紀の戦いですね


    私事で申し訳ないのですが12月27日から1月1日にかけて更新できない日があるかもしれません
    詳細につきましては↓に書いてありますので

    【エルファバの研究教室】
    http://www.ssnote.net/groups/2539

    興味のある方は覗いてみて下さいお願いします
  256. 256 : : 2017/12/20(水) 21:15:40
    ビックバン「はぁ…はぁ…!」

    日向「はぁ…はぁ…///」

    ビックバン「気持ち悪い顔で喘ぐな!」

    日向「新・世・界!」

    ビックバン「うっさい!」

    ビックバン「もーなんなのー!日向おにぃが変態になっちゃうなんて!」

    ビックバン「誰がこんな事したのよー!わたしの日向おにぃを返してよ!」

    日向「!その呼び方…」

    ビックバン「うええーん!いつもの日向おにぃに戻ってよー!」

    日向「金髪、着物、おにぃ。やはりあなたは」



    日向「西園寺のお姉さんですね?」



    西園寺「」ピタ

    西園寺「………は?」



    日向「一目見た時からどっかで見たことあるなって思ってたんですよ」

    日向「俺の近くに似たような奴がいたよなーでも誰だっけなーって」

    日向「今、確信しました」

    日向「金髪、着物、おにぃ、和菓子、暴言、泣き虫」

    日向「その全てが西園寺と重なる」

    日向「しかしここで1つの疑問が。俺の知っている西園寺はロリっ子だ。こんな大人の女性ではない」

    日向「つまり西園寺本人ではなく血縁者である可能性が高い」

    日向「見た目的に母親はありえない。ならば!」

    日向「あなたは西園寺日寄子さんのお姉さんですね!間違いない!」

    日向「俺のカムクラ的頭脳がそう告げている!」

    日向「謎は全て解けた!」

    日向「どうです?当たっているでしょう?」

    日向「はーはっはっ!」
  257. 257 : : 2017/12/20(水) 21:24:15
    この日向君は迷推理しか出来ないのか
  258. 258 : : 2017/12/20(水) 22:32:52
    ※257 罪深いおっぱいのせいじゃ...乳が全てを狂わせている
  259. 259 : : 2017/12/20(水) 23:07:55
    今ふと思ったけど中の人的に日向君と最原君相棒じゃん
  260. 260 : : 2017/12/20(水) 23:09:32
    超高校級の迷推理くらい持ってます…
  261. 261 : : 2017/12/20(水) 23:15:33
    西園寺「バー○ーww」
    日向「?!」
  262. 262 : : 2017/12/21(木) 00:03:02
    超高校級の節穴
  263. 263 : : 2017/12/21(木) 07:27:55
    日向……良い奴だったよ
  264. 264 : : 2017/12/21(木) 08:23:53
    俺達まで節穴になっている件
  265. 265 : : 2017/12/21(木) 21:40:47
    日向「真実はいつもひとつ」

    最近黒の組織のボス的な人が判明したらしいけど10年くらい読んでないから全く話が分からない
  266. 266 : : 2017/12/21(木) 21:57:42
    西園寺「日向おにぃ…何言ってるの…?」

    日向「いやぁ西園寺にこんなに美人な姉が居たとはな。お姉さんお名前を教えてくれませんか?」

    西園寺「…西園寺日寄子」

    日向「それは妹さんの名前ですよ。俺が知りたいのはあなたの名前です」

    西園寺「西園寺日寄子」

    日向「ですからそれは妹の」

    西園寺「西園寺日寄子だって言ってるでしょ!」

    日向「…え?どういうことだ?」

    西園寺「わたしに姉なんて居ない。わたしが西園寺日寄子なの」

    日向「お前が…西園寺?え、嘘だろ?なんでそんなに大きくなってるんだ?」

    日向「俺が知ってる西園寺は背が小さくて胸もぺったんこな極上のロリボディの持ち主だぞ」

    日向「こんな大きなおっぱいを胸にぶら下げてる西園寺を俺は知らない」

    西園寺「数ヵ月前にいきなり成長期がきて急激に大きくなったの!学園中で話題になってたじゃん!」

    西園寺「日向おにぃだって気づいてたでしょ!毎日会ってるんだから!」

    日向「そうだったか?記憶にない」

    西園寺「それ…本気で言ってる?」

    日向「あぁ」

    西園寺「うそ…だよね…?」

    日向「嘘じゃない」

    西園寺「………」
  267. 267 : : 2017/12/21(木) 22:07:34
    日向 死す!
  268. 268 : : 2017/12/21(木) 22:20:16
    もうここまで判別出来てないと
    カムクラ化の手術のせいで脳とか視覚がおかしくなったんじゃないかと逆に心配になってきた‥‥‥
  269. 269 : : 2017/12/21(木) 23:00:26
    これはカムクラの代償だろう、そうじゃなきゃ西園寺かわいそすぎる
  270. 270 : : 2017/12/21(木) 23:16:32
    念のためだけど、この日向カムクラ手術いつした設定?
    まぁ、そこまで深く突っ込むことでもないから適当でもいいんだが。
  271. 271 : : 2017/12/21(木) 23:26:39
    手術してなかったら罪木に刺された後の日向は浮遊霊かよ
    もしかしたらカムクラの手術が失敗してその時から浮遊霊に…ねーよみんな霊感強すぎだろ
  272. 272 : : 2017/12/21(木) 23:29:04
    やっぱ節穴なんだよなぁ…
  273. 273 : : 2017/12/22(金) 00:04:37
    ※267
    西園寺は凶行に走らないからだいじょぶだいじょぶ

    ※268※269
    いえ単に日向が鈍感過ぎるだけです
    女の子の変化に一切気づかない超高校級の鈍感

    ※270
    希望ヶ峰学園に入学する直前に手術を受けた設定です
    原作とは違い人格と感情は消えず記憶だけ失った形です
    その代わりカムクラとしての才能は1日数分程度しか使えません
    って以前経験人数センサーSSで設定したはず…合ってるよね?間違ってたらすいません
    この『主人公トリオ』シリーズの設定纏めたほうがいいかな…細かい部分だいぶ忘れてる気がする

    ※271
    日向はちゃんと生きております

    ※272
    節穴ですね…
  274. 274 : : 2017/12/22(金) 00:21:26
    西園寺「………ぐすっ」

    西園寺「うっ…うえっ…」

    日向「西園寺?」

    西園寺「ふえっ…うううっ…!」



    西園寺「うえええええん!日向おにぃのばかあああああ!」



    日向「うおっ!?なんだどうした!?」

    西園寺「わたしが大きくなったのに気づかないなんてしんじらんなあああい!」

    西園寺「せっかくおにぃ好みのおっぱいになれたと思ってたのにいいい!」

    西園寺「おにぃの傍に相応しい女に近づけたと喜んでたのにいいい!」

    西園寺「日向おにぃは眼中にないなんてえええ!」

    西園寺「うわああああん!!」ビエー

    日向「さ、西園寺!悪かった!俺が悪かったから泣き止んでくれ!」

    西園寺「うわああああん!!」

    日向「頼む西園寺!この通りだ!」土下座

    西園寺「うわああああん!!」

    日向「すまない西園寺!西園寺!さいおんじぃぃぃぃぃっ!!」

    日向「償えるならなんだってする!一生下僕でもいい!」

    日向「だから頼む!許してくれえええ!!」



    西園寺「結婚してくれるなら許す」

    日向「なんだそんなことか。いいぞ」
  275. 275 : : 2017/12/22(金) 00:28:13
    あっさりと!?いくら頭のメーターがおかしな方向に振りきれてるからって簡単に承諾する!?
    もう少し躊躇しようよ・・・
  276. 276 : : 2017/12/22(金) 07:24:29
    他のふたりならともかく、きっと日向君に躊躇する理由なんてないんだな
  277. 277 : : 2017/12/22(金) 09:16:20
    七海「<●><●>」
  278. 278 : : 2017/12/22(金) 21:14:42
    ※275
    日向にとって結婚とは女をキープする手段だからね
    結婚したところで女遊びをやめるつもりは毛頭ありません

    ※276
    苗木「け、結婚っ!?」
    最原「けけけ結婚!?」
    日向「結婚?ふーんいいよ」
    逆プロポーズされた時のそれぞれの反応

    ※277
    七海は新作ゲームに夢中だから大丈夫
  279. 279 : : 2017/12/22(金) 21:30:08
    西園寺「えへへ…日向おにぃ///」スリスリ

    日向「はははかわいいやつめ」ナデナデ

    西園寺「ありがとう日向おにぃ。わたしを選んでくれて」

    日向「お前みたいな美人に逆プロポーズされて断る男なんていないよ」

    西園寺「うれしい///」

    日向「俺も嬉しいよ」

    日向(セフレ、愛人に続いて嫁をGETできて)

    日向「寒いだろ、もっとくっつけ」

    西園寺「うん///」ギュウ

    日向「………」ナデナデ

    西園寺「ふへへ///」

    日向(かわいい)ムラ

    日向「西園寺」

    西園寺「んー?」ギュウウ

    日向「さっきから気になってるんだが」

    西園寺「なにー?」ギュウウ

    日向「着物はだけてるぞ」

    西園寺「え?あ、ほんとだ」

    日向「俺のことを蹴りつけてる時にはだけたみたいだな。かなり激しく蹴ってたし」

    西園寺「あれは日向おにぃが変なこと言うからでしょー」

    日向「悪い悪い。そのままだと風邪ひくぞ。直してやる」

    西園寺「日向おにぃに着付けなんてできるのー?」

    日向「おう任せろ。カムクラパワーでちょちょいのさっ、だ」

    西園寺「カムクラパワーってほんと便利だよねー。でもどこでするの?」

    日向「あそこでやろう」



    [ラブホテル]<welcome



    西園寺「ふえ?」
  280. 280 : : 2017/12/22(金) 21:46:40
    ここでカムクラ使うのはフラグ何やろなぁ(アホ面)
  281. 281 : : 2017/12/22(金) 21:48:33
    着付けを直すには脱がさないといけないからな
  282. 282 : : 2017/12/22(金) 21:50:22
    前の二人に比べて西園寺のほうがまともなんじゃないか、これは
  283. 283 : : 2017/12/22(金) 23:20:07
    ひよこちゃんは甘やかしたらチョロい系

    これは甘々SOX不可避
  284. 284 : : 2017/12/23(土) 11:03:44
    何か3人目はみんな天敵っぽい組み合わせ何だよな主人公ズは即堕ちんちんなんじゃろ
  285. 285 : : 2017/12/23(土) 19:20:41
    日向→とにかく女が欲しいクズ
    苗木→流されやすい被害者(即堕ちんちん)
    最原→後先を考えない性癖に忠実な性の塊
  286. 286 : : 2017/12/23(土) 22:01:32
    ( -ω- ) ンー・・・一番の被害者は苗木かな( ˙-˙ )
    そして一番のクズは日向
    最原は…口だけで言うタイプかな
  287. 287 : : 2017/12/24(日) 16:37:04
    小泉「…」(ヒナコイは嫌いかね?)
  288. 288 : : 2017/12/24(日) 19:28:39
    ※280
    フラグ?ないよ!たぶん

    ※281
    そうそう。別にやましい気持ちはないよ

    ※282
    西園寺は病んでないからね

    ※283
    まーたチョロインが増えてしまった

    ※284
    そうかね?天敵っぽいのはギャンブラーだけじゃない?

    ※285
    合ってる

    ※286
    苗木は怪我してないから1番の被害者とは言えないなぁ
    包丁で刺されたり砲丸で殴られたりしてからでないと

    ※287
    ヒナコイ好きですよ。今回は出番ないけど
  289. 289 : : 2017/12/24(日) 19:41:24
    西園寺「ひひひ日向おにぃ!あ、あそ、あそこって///」

    日向「ラブホテルだな」

    西園寺「ラブホテル!?///」

    日向「さぁ入ろう。着物がはだけてる西園寺を他の人に見られたくない」

    西園寺「ら、ラブホテルって…え、えっちなことをする場所…だよね…///」

    西園寺「ダメだよ日向おにぃ…わたし達まだ高校生なんだよ…?///」

    西園寺「そういうのは…大人になってからじゃないと…///」モジモジ

    日向「おいおいなにか勘違いしてないか?別にエロいことをするつもりはないぞ」

    日向「ただ着付けし直すだけだって」

    西園寺「そうなの…?」

    日向「ラブホテルに入るからといって必ずエッチをする訳じゃない。休憩をするだけだったりカラオケで遊んだりすることもある」

    日向「だから安心しろ。手は出さないよ」

    日向「最も西園寺が望むなら…」

    西園寺「ま、まだいいよ!え、えっちは…結婚してからで…お願いします///」

    日向「分かった。エッチは結婚後のお楽しみ、だな」

    西園寺「…うん///」コクン
  290. 290 : : 2017/12/25(月) 15:42:17
    絶対手を出すぞ!
  291. 291 : : 2017/12/25(月) 18:08:41
    手は出さない(休憩をしたりカラオケで遊ぶとは言ってない)
  292. 292 : : 2017/12/25(月) 21:23:34
    日向「手、出しちゃった☆」テヘッ

    本当は今日までに完結させたかったけどまぁいっか
    世のリア充共は今頃パンパンしてんだろーなー
    旨いもん食ってんだろーなー

    俺なんて1人寂しく唐揚げ弁当なのに
    唐揚げ弁当旨いからいいけどね
  293. 293 : : 2017/12/25(月) 21:43:41
    ~苗木サイド~



    苗木「また日向クンの口車に乗せられてしまった…」

    苗木「でも今回は少し本気を出してナンパしてみようかな」

    苗木「舞園さんには悪いけど、やっぱりボクもかわいい女の子とクリスマスを過ごしたい」

    苗木「彼氏彼女の関係じゃなくて友達としてクリスマスを一緒に遊んでくれる人を探そう」

    苗木「それなら浮気にはならないよね」

    苗木「霧切さん?逆レ○プするような人はちょっと…」

    苗木「友達になってくれそうな人は…ん?」



    ゴスロリショートヘア「ふぅ…まさかウィッグが全て壊れてしまうなんて…ついていませんわ」



    苗木「わぁ…あの人凄い。肌が真っ白」

    苗木「肌の白さとゴスロリが相まってお人形さんみたい。綺麗だ」

    苗木「でも友達になってくれそうな雰囲気はないかな…声をかけにくいオーラが出てる」

    苗木「うーんどうしよう、他の人にしようか…いやでもダメ元で突撃してみるか」

    苗木「ナンパなんて失敗して当たり前。とにかく良い女に沢山声をかける。下手な鉄砲数打ちゃ当たる」

    苗木「話かけなければ始まらないんだ。行くだけ行ってみよう」
  294. 294 : : 2017/12/26(火) 00:19:39
    たえちゃんキターーーーー!(゚∀゚*)
  295. 295 : : 2017/12/26(火) 00:44:44
    更新楽しみです。尊敬レベルです。
    自分もこれくらい面白いss書いてみたいです…!
  296. 296 : : 2017/12/26(火) 19:05:04
    ※294
    多恵子さんの口調に違和感があったらごめんなさい
    この子書くの難しいねん

    ※295
    ありがとうございます!
    そう言って頂けると嬉しさのあまり、吐きます



    今日の更新は22時過ぎを予定しております
  297. 297 : : 2017/12/26(火) 21:40:14
    苗木「あ、あの~すいません。ちょっといいですか?」

    ゴスロリショートヘア「あら、貴方は…わたくしに何か用ですの?」

    苗木「えーっとですね、その…突然で大変申し訳ないのですが、よかったらボクとお茶しませんか?」

    ゴスロリショートヘア「お茶…ですか?」

    苗木「はい、お茶…です」

    ゴスロリショートヘア「これは所謂ナンパ、ですの?」

    苗木「はい、ナンパです」

    ゴスロリショートヘア「貴方のような冴えない男性がわたくしをナンパですか」

    苗木「はい、冴えない男である平々凡々な私が貴女のような高貴なる女性に恐れ多くもナンパ等という下賎な行為をした次第であります」

    ゴスロリショートヘア「なんですのそのへりくだった言い方は」

    苗木「いえ、貴女から発せられているオーラにあてられて自然とこんな喋り方になっているのであります」

    ゴスロリショートヘア「ふふっそうですか。悪くない気分です。しかし」

    ゴスロリショートヘア「いつもの話し方に戻して下さい。こんな畏まった話し方は貴方に似つかわしくありませんわ」

    ゴスロリショートヘア「冴えない貴方にはいつもの明るくナヨナヨとした張りのない話し方がぴったりですのよ」



    セレス「ねぇ、苗木くん?」
  298. 298 : : 2017/12/27(水) 00:00:58
    なぜだろう、苗木君は逆レイプされて即堕ちアヘ顔Wピースしか浮かばない...
  299. 299 : : 2017/12/27(水) 00:50:29
    ガッツリsmプレイしそう
  300. 300 : : 2017/12/27(水) 14:14:02

    絶対SMプレイになるんだろうな…でも苗木君が主導権を握るのも見て見たいような…



    考えたけどやっぱ無理だな。苗木君ご愁傷様
  301. 301 : : 2017/12/27(水) 15:32:10
    霧切さんに勝てない苗木君が勝てる訳がない。
  302. 302 : : 2017/12/27(水) 16:45:38
    ……苗木 良い奴だった
  303. 303 : : 2017/12/27(水) 16:57:24
    どうやっても襲われる苗木くん
  304. 304 : : 2017/12/30(土) 18:28:08
    コメントありがとうございます
    反応できずにすいません
    ちょっとだけ更新します
  305. 305 : : 2017/12/30(土) 18:42:50
    苗木「…ほへ?」

    セレス「何ですかそのマヌケな声は。顔もだらしないですわよ」

    苗木「な、なんでボクの名前を知ってるんですか?」

    セレス「はい?」

    苗木「初対面ですよね?まさかエスパー!?」

    セレス「苗木くん?何を言っているのですか?」

    苗木「そんなっ…まさか舞園さん以外にもエスパーが居るなんて!」

    セレス「苗木くん。今はわたくしとお話しているのですよ。他の女性の名前を出すなんてマナー違反ですわ」

    苗木「ということはボクには彼女が居るにも関わらずナンパをしている最低な男だって事もバレてる!?」

    セレス「は?」

    苗木「しかも彼女が2人居ることも!」

    セレス「あ?」

    苗木「threeおっぱいを堪能する為に都合の良い女性を探していることも!」

    セレス「苗木くん?少々聞きたい事があるのですが」

    苗木「でもこの人おっぱいないなーってがっかりしていることも!」

    セレス「苗木くん?聞いていますか?」

    苗木「でもでも顔はかわいいからいっかーって妥協していることも!」



    苗木「全て筒抜けだったなんてー!!」



    セレス「無視してんじゃねーよゴラァ!!」
  306. 306 : : 2018/01/04(木) 00:02:08
    ひななみがもっとほしい
  307. 307 : : 2018/01/04(木) 22:47:41
    ※306
    了解





    苗木「」ボロボロ

    セレス「全く…主人の顔を忘れるだなんて下僕失格ですわ」

    苗木「下僕になった覚えはないけどね…」

    セレス「お黙りなさい。苗木くんはたった今からナイト候補から下僕に格下げです。いいですわね?」

    苗木「そもそも最初からナイト候補でもないし下僕でいいよ」

    セレス「では早速下僕である苗木くんに命令を与えます。服を脱いで四つん這いになりながらわたくしの靴を舐めなさい」

    苗木「やっぱりナイトがいいです!」

    セレス「ナイト候補に戻りたいのですか?」

    苗木「はい戻りたいです!」

    セレス「そうですか。まぁ苗木くんには光るモノがありますしわたくしも鬼ではありません」

    セレス「先程のわたくしに対する非礼を誠心誠意謝罪するのであれば、許して差し上げます」

    苗木「謝るだけでいいの?」

    セレス「ええ構いません。下僕の失態の一つや二つを許せない程矮小な心を持ち合せてはいませんわ」

    苗木「セレスさん…!」

    セレス「さぁ苗木くん。心を込めて謝りなさい」

    苗木「うん!」
  308. 308 : : 2018/01/04(木) 23:02:15
    苗木「ごしゅじんさまのかおをわすれてごめんなさい。ゆるしてね☆」

    セレス「おい」

    苗木「なに?」

    セレス「全然心が込もってねーよナメてんのか。やり直し!」



    苗木「ごめんね…わざとじゃないんだ。まさかボクの言葉でキミが傷つくとは思わなかったんだ」

    苗木「おっぱいがちっぱいでがっかりとか思ってごめん。タエコティア・ルーデンヤスヒロさん」

    セレス「おい」

    苗木「なに?」

    セレス「名前間違えてんじゃねーよ!セレスティア・ルーデンベルクだっつってんだろ!」

    苗木「ヤスヒティア・ルーデンタエコさん?」

    セレス「セ・レ・ス・ティ・ア・ルー・デン・ベル・ク!!」

    苗木「安広多恵子さん?」

    セレス「その名前で呼ぶんじゃねー!!」

    苗木「ちっぱいは怒らないの?」

    セレス「」ブチッ





    苗木だったモノ「」





    セレス「フー…フー…!」E:ジャスティスハンマー
  309. 309 : : 2018/01/05(金) 01:54:20
    さらば苗木
  310. 310 : : 2018/01/05(金) 19:17:51
    最原「赤松さんはこんなことしないよなぁー」
  311. 311 : : 2018/01/05(金) 21:20:37
    やっと追いつきましたぞ
    ビックバンひよこかわゆす
  312. 312 : : 2018/01/05(金) 21:21:36
    苗木に黙祷
  313. 313 : : 2018/01/06(土) 00:05:02
    最低
    高評価の意味がわからん
    ダサすぎ
    ゼッタイ許さない
  314. 314 : : 2018/01/06(土) 00:19:30
    >>313

    そんな事言うな
    れいぎを知れ
    なんて奴だ
  315. 315 : : 2018/01/06(土) 01:24:30
    >>314

    縦読みだと同意してて草
  316. 316 : : 2018/01/06(土) 13:43:00
    ※315わかってくれてよかった!
  317. 317 : : 2018/01/06(土) 17:06:40
    みんなツンデレやな(`・ω・´)
  318. 318 : : 2018/01/06(土) 22:23:13
    ※309
    まだ生きちょるよ!

    ※310
    最原…お前…記憶が…!

    ※311※312
    ビックバン西園寺かわいいよね
    苗木死んでねーですよ

    ※313※314※315※316
    縦読みって一瞬ドキッとするから苦手

    ※317
    ワシはヤンデレがいいどす
  319. 319 : : 2018/01/06(土) 22:29:51
    苗木「まことに申し訳ありませんでした。誠だけに」土下座

    セレス「………」ムスー

    苗木「からかい過ぎたね。ごめんねセレスさん。機嫌直して?」

    セレス「………」プイッ

    苗木「餃子奢るからさ」

    セレス「………」ツーン

    苗木「本当にごめん。ボクって好きな子をついいぢめたくなるタイプなんだ」

    セレス「………」ピクッ

    セレス「わたくしがそのような甘言に惑わされるとでも?」

    苗木「セレスさん嬉しそうだね」

    セレス「気のせいですわ」

    苗木「口元がにやけてるよ」

    セレス「見間違いです」

    苗木「ほっぺた赤いし」

    セレス「今日は一段と冷えますわね」

    苗木「セレスさん、好きだよ」

    セレス「………」

    苗木「………」



    セレス「///」

    苗木(チョロい)
  320. 320 : : 2018/01/07(日) 14:13:11
    たえちゃんチョロかわいい
  321. 321 : : 2018/01/07(日) 16:13:10
    ハンマーでボコボコにされたのに生きてるのかww
    苗木君も意外と丈夫なんだね
  322. 322 : : 2018/01/07(日) 21:40:28
    赤松「何て暴力的なの‼」
  323. 323 : : 2018/01/07(日) 23:18:08
    ※320
    そうでしょうそうでしょう

    ※321
    幸運だからね

    ※322
    その手に持ってる砲丸は何かね?
  324. 324 : : 2018/01/07(日) 23:48:07
    セレス「おほん!謝罪の言葉はもうけっこうです」

    苗木「照れちゃってかーわーいーいー」

    セレス「…」ギロッ

    苗木「サーセン」

    セレス「では次はお金を払っていただきます」

    苗木「うえっ!?お金取るの!?」

    セレス「当然です。わたくしの心はとても傷ついたのですよ。許して欲しければ示談金を支払って下さい」

    苗木「さっきは謝れば許してくれるって…」

    セレス「気が変わりました。やはり物事を解決するにはお金が必要です。誠意とは言葉ではなく金額ですのよ」

    苗木「ええええ…」

    セレス「苗木くんの所持金はいくらですか?」

    苗木「えっと…3千円くらい…」

    セレス「湿気てますわね」

    苗木「一般的な高校生なんてこんなもんだって」

    セレス「その程度のお金ではわたくしは満足できません」

    苗木「そんな事言われても」

    セレス「仕方がありません。体で払ってもらいます」

    苗木「か、体で!?まさか内蔵を売れっていうの!?」

    セレス「いいえさすがにそこまでは言いませんわ」

    苗木「なら風俗に沈めと!?」

    セレス「お金で苗木くんを買うのも魅力的ですが違います。苗木くんにはわたくしを満たして欲しいのです」

    苗木「満たす?」

    セレス「ええ。わたくしと共にあそこの建物に入ってもらいます」



    [ラブホテル]<welcome



    苗木「oh…」

    セレス「苗木くんがわたくしの心と体を満たしてくれるのであればお金の要求は取り下げます」

    セレス「どうです?悪くない提案だと思いますが」

    苗木「た、確かにお金を払うよりかはマシだけど…でも」

    セレス「何か問題でも?」

    苗木(舞園さんと霧切さんにバレたら…!)

    セレス「苗木くんはわたくしと体を重ねるのが嫌だとでも言うのですか?」

    苗木「いや全然。むしろ抱かせて下さい」

    セレス「ウフフ…そうですか。では期待していますよ。しっかりとリードして下さいね」

    セレス「ウフフフフ♪」

    苗木(舞園さんと霧切さんが怖いけど…まぁ大丈夫か。そんな簡単にバレる訳ないよね)

    苗木(まさかこんな展開になるとは思わなかったけど、これはむしろラッキーだよね)

    苗木(お金を払わずにセレスさんを抱けるんだから幸運以外の何物でもないよ)

    苗木(よーし!ボクのテクニックでセレスさんをヒーヒー言わせるぞー!)
  325. 325 : : 2018/01/08(月) 00:33:12
    苗木マジチョロイン
    あとヒーヒー言うのは絶対苗木の方
  326. 326 : : 2018/01/08(月) 13:58:37
    ( ˙-˙ )……探偵を侮らない方が
  327. 327 : : 2018/01/08(月) 17:32:23
    ???「ゼッタイニ許さないフフフフ」
  328. 328 : : 2018/01/09(火) 01:07:12
    ※325
    鞭と蝋燭でしばかれるんだろうなぁ

    ※326
    アイドルも侮ってはいけませんよ

    ※327
    お前は…!誰?
  329. 329 : : 2018/01/09(火) 01:29:32
    ~最原サイド~



    最原「threeおっぱいか。日向くんもたまにはいいこと言うよね」

    最原「やっぱり男はおっぱいだよ。おっぱいに囲まれてなんぼの生き物なんだよ」

    最原「男はおっぱいに包まれていないと死んでしまう。だから僕がナンパをするのは生きる為なんだ」

    最原「けっして。けっっっして!浮気ではありません!生きる為に必要な事なんです!分かりましたか?」

    最原「ご理解頂けた様なのでいざおっぱいを…むむっ!」



    痴女レイヤー「キラッ☆」ビシッ

    パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ



    最原「あれは…コスプレかな?周りの人達がカメラのシャッターを一心不乱に押している」



    痴女レイヤー「きゃはっ☆」ビシッ

    パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ



    最原「写真撮られてる女の人あんな薄着で寒くないのかな。胸元全開おへそ丸出しスカートもパンツ見えそうなくらい短いし」



    痴女レイヤー「えいっ☆」ムギュ

    パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ



    最原「おおっ!?おっぱいがこぼれ落ちそうだ!サイズはそこそこでもあれだけ寄せて上げられると…うっ!ふぅ…」

    最原「いやぁ眼福眼福。良いものが見れました。ごちそうさまです」

    最原「あのおっぱいだけでお腹は充分満たされたけど、こうなるとデザートが食べたいなぁ」

    最原「…よし。あの女の人のパンツをデザートにしよう」
  330. 330 : : 2018/01/09(火) 20:34:48
    最原……どんどん巨乳を……































    羨ましい( ˙-˙ )
  331. 331 : : 2018/01/09(火) 21:22:32
    ちょっと気になるんだが
    なんのコスプレしてるんだろ?
    ランカちゃんかなと思ったけどそれなら
    胸は強調しないだろうし‥‥‥
    (元ネタなかったらごめんなさい)
  332. 332 : : 2018/01/09(火) 23:41:56
    ※330
    白銀は巨乳なんですかね?個人的に白銀は巨乳ではないと思ってます

    ※331
    元ネタはないです
    ただ艦これの島風ばりのドスケベコスチュームを着てるイメージでお願いします
  333. 333 : : 2018/01/09(火) 23:56:18
    最原「スマホをカメラにして…」

    最原「カメコさん達の迷惑にならないように近づかないと…」

    最原「匍匐前進でゆっくり行こう…」

    ズッ…ズッ…

    ズッ…ズッ…

    最原「よいしょ…よいしょ…」

    ズッ…ズッ…

    ズッ…ズッ…

    最原「ううっ…地面が冷たい…」

    ズッ…ズッ…

    ズッ…ズッ…

    最原「もう少し…あと少しでパンツが…」

    ズッ…ズッ

    ズッ…ズッ…

    最原「見え…見え…!」

    ズッ…ズッ…

    ズッ…ズッ…

    最原「見えたっ!」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

    最原「うおおおおっ!」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

    最原「だりゃああああっ!」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

    最原「おんどりゃああああっ!!」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ



    痴女レイヤー「あ、あの~…」



    最原「何?」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

    痴女レイヤー「なに…してるの?」

    最原「見て分からない?写真撮ってるんだけど」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

    痴女レイヤー「それは分かるけど…」

    最原「なら話しかけないで。集中してるから」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

    痴女レイヤー「いやでも…」

    最原「ほらポーズとってよ。それがキミの仕事でしょ」

    カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

    痴女レイヤー「無理だよ…」

    最原「どうして?」

    痴女レイヤー「だって…」



    痴女レイヤー「スカートの中に顔を突っ込まれて連写されてるんだよ?できないよ…」
  334. 334 : : 2018/01/10(水) 21:48:56
    最原「………」

    痴女レイヤー「パンツを撮られるのは慣れてるけどこんなゼロ距離で撮影されるのは初めてだよ…」

    最原「………」

    痴女レイヤー「離れてくれたらいくらでもポーズ決めるからさ、ね?」

    最原「………」

    痴女レイヤー「それにさっきからその…息がね?わたしの…あ、アソコに当たって変な感じなの///」

    最原「………」

    痴女レイヤー「だからお願い離れて?恥ずかしいよ…///」

    最原「フー…」

    痴女レイヤー「ひゃああああん!?」ビクゥ

    最原「フー…フー…」

    痴女レイヤー「やっ…ちょ、ちょっと///」

    最原「フー…フー…フゥゥゥゥ!」

    痴女レイヤー「だめっ…ダメだよぉ…だめぇ…///」

    最原「フッ!フッ!フッ!」

    痴女レイヤー「やっ!あっ!あんっ!///」

    最原「フシュゥゥゥゥゥ!」

    痴女レイヤー「だめっ…イクッ…イッちゃう…!///」

    最原「ペロ」

    痴女レイヤー「あひぃぃぃぃぃっ!?♥️」ビクンビクン
  335. 335 : : 2018/01/10(水) 22:38:03
    もう最原は手遅れか……もしもし警察ですか、痴漢が
  336. 336 : : 2018/01/11(木) 06:02:47
    これはもはや合意の上と言っても過言ではないな(錯乱
  337. 337 : : 2018/01/11(木) 20:13:29
    白銀ってこんなキャラだっけ?
  338. 338 : : 2018/01/11(木) 23:07:11
    ※337 これにほぼ近いぞ、コスプレ代稼ぐ為にバーで甘えてたからな。
    その口説き文句で最原が一瞬堕ちたからな、こっちでは堕としてるけどな!
  339. 339 : : 2018/01/12(金) 16:17:12
    ※335
    学園が揉み消すから無駄だよ

    ※336
    変態と痴女がイチャついてるだけだからね

    ※337
    違和感全開だと思いますが大目に見ていただけると…すいません

    ※338
    あのシーンの白銀はふうぞ…えんこ…キャバ嬢みたいでヤバかった
  340. 340 : : 2018/01/12(金) 16:31:38
    最原「いやぁごめんごめん」

    白銀「もう!ごめんじゃないよ!なんて事してくれたの!」

    白銀「あんなに沢山人が居る中でわたし変な声出しちゃったじゃん!」

    白銀「パンツを撮るだけならまだしもアソコを舐めるなんて何考えてるの!?」

    白銀「地味に恥ずかしかったんだからねっ」

    最原「イクのは派手だったけどね」

    白銀「さ~い~は~ら~くん?」ギュム

    最原「いひゃいいひゃい!ほっへたひっはららいで!」

    白銀「反省してるのかな~?」ギュムギュム

    最原「してまふしてまふ!」

    白銀「それなら写真は全部消してね?」

    最原「やらっ!」

    白銀「け~し~な~さ~い~!」ギュムギュム

    最原「い~や~ら~!」

    白銀「いい加減にしなっ…くしゅん!」

    白銀「ううっ…流石にこの格好で長時間外に居るのは地味にキツいなぁ…」ガタガタ

    最原「大丈夫…じゃなさそうだね」

    白銀「撮影されてる時は寒さなんて忘れちゃうんだけどね…いざ撮影が終わると一気に寒さが押し寄せてくるよ…」ブルブル

    最原「着替えは?」

    白銀「それがね…ないの」

    最原「え?」

    白銀「実はね、学園のわたしの部屋からこの格好でここまで来たんだ。だから着替えは学園に帰らないとないの」

    最原「…頭大丈夫?」

    白銀「自分で言うのもあれだけど…ダメだと思う」ガタガタブルブル
  341. 341 : : 2018/01/12(金) 19:55:11
    最原……お前いつか茶柱に半殺しに……いやその前に他の女子に半殺しか
  342. 342 : : 2018/01/12(金) 19:58:26
    白銀「サムいサムいサムいサムい~…!」ガタガタブルブル

    最原「白銀さん」

    白銀「サムいサムいサムいサムい…な、何?」ブルブルガタガタ

    最原「スゥー…」



    最原「カモン!щ(゜▽゜щ)」バサッ



    白銀「………」ガクガクブルブル

    最原「………」←コート全開

    白銀「………」ガチガチガタタタタ

    最原「………」←コート全開



    ヒュー………



    白銀「何…してるの?」

    最原「いや…白銀さんが寒そうだから…その…暖めてあげようと…ですね」

    白銀「うん」

    最原「僕の胸に飛び込んでおいで…という意味で…コートを広げ…ました」

    白銀「そうなんだ」

    最原「そうなんです」

    白銀「………」

    最原「………」



    最原「どうかな?ちゃんと暖まってる?」ギュウ

    白銀「うん…とっても暖かいよ」ギュウ
  343. 343 : : 2018/01/12(金) 22:58:37
    これ絶対はいってるよね?
  344. 344 : : 2018/01/12(金) 23:58:33
    二次元キャラになりきれても、背に腹はかえられなかったか
  345. 345 : : 2018/01/13(土) 06:45:24
    胸が当たってるよな( ˙-˙ )……あれ、最原くんどんだけ変態だっけ
  346. 346 : : 2018/01/13(土) 22:04:36
    ※343
    まだ入ってないです

    ※344
    このままだと凍死しちゃうからね

    ※345
    当たってる処か押し潰されております
  347. 347 : : 2018/01/13(土) 22:20:22
    最原「………」ギュウ

    白銀「んっ…最原くんもっと…ぎゅってして」

    最原「………」ギュー

    白銀「もっと…強く…」

    最原「………」ギュギュー

    白銀「うん…うん…いいよ…そのまま…」スリスリ

    最原「………」ギュギュギュー

    白銀「んー…」スリスリ

    最原「………」



    最原(おっぱいが…!おっぱいがぁ…!)



    最原(白銀さんのほどよい大きさのおっぱいが僕の中で暴れてるぅぅぅ!)

    最原(やめて!スリスリやめて!理性が!理性がぁ…!)

    最原(むき出しの太股を擦り付けるのやめて!勃っちゃう!勃っちゃうからぁ…!)

    最原(白銀さん布面積が異常に少ない服着てるから…スベスベの素肌ががががが!)

    最原(それに…)

    白銀「最原くんのほっぺ暖かいね…」スリスリ

    最原(あーやめてぇ!ほっぺた同士を擦り合わせるのはらめぇぇぇぇ!)

    白銀「んっ…はぁ…♥️」

    最原(艶かしい吐息を耳元で出さないでぇぇぇぇ!)

    最原(あばばばばばっ!)
  348. 348 : : 2018/01/14(日) 03:19:29
    もうそのままコート閉めて内部で合体しちまえよ

    そしてそのまま頭がフットーしs…ん?砲丸が上から降ってき…(ガンッ!
  349. 349 : : 2018/01/14(日) 21:09:42
    ※348
    合掌





    最原「はぁ…はぁ…///」

    白銀「んっ…はぁ…最原くぅん♥️」

    最原(甘えた声で呼ばないでぇ…潤んだ瞳で見つめないでぇ…)

    白銀「最原くん…♥️最原くん…♥️」

    最原(僕と白銀さんは身長が近いから…唇が触れそうで…)

    白銀「キス…してもいいかな…♥️」

    最原(白銀さんの唇…柔らかそうだな…)

    白銀「最原くん…♥️最原くん…?」

    最原(唇を重ねたら…どんな味がするのかな…)

    白銀「ねぇ最原くん、聞いてる?」

    最原(食べたい…貪りたい…)

    白銀「むぅ…聞いてない…」

    最原(でも僕には入間さんと赤松さんが…)

    ギュム!

    最原「いたっ!?」

    白銀「もー無視しないでよ!女の子がキスしたいって言ってるのに無反応だなんて酷いよ!」

    最原「え…?えっと…」

    白銀「地味なわたしでも流石に傷つくんだからね!」

    最原「ご、ごめん…ってキス?え?」

    白銀「それと今他の女の子の事を考えてたでしょ!ダメだよ今最原くんの前に居るのはわたしなんだから!わたし以外の女の子を思い浮かべちゃダメ!」

    最原「え、何で分かって」

    白銀「返事!」

    最原「は、はい!」
  350. 350 : : 2018/01/14(日) 22:55:57
    白銀「まったくもう…最原くんは女心が分かってないんだから」

    最原「ごめんなさい…」

    白銀「ふぅ…興奮したら暑くなってきちゃった」

    白銀「ありがとう最原くん。もう大丈夫だから離していいよ」

    最原「え?いやでもこの寒さだよ?また直ぐに体が冷えちゃうよ」

    白銀「大丈夫だよ!コスプレしてればこんな寒さへっちゃらへっちゃら!」

    白銀「それともあれかな?もっとわたしを抱き締めていたい…とか?」

    最原「い、いやそんなことは…」

    白銀「もー!そこは頷くところだよ!嘘でも『抱き締めたい』って言わないと!」

    最原「嘘はよくないんじゃ…」

    白銀「やれやれ…最原くんが女心を理解する日は遠そうだね」

    最原「そ、そんな事ないよ!女心だってちゃんと理解してるさ!」

    白銀「ほんとに?それじゃあわたしが今何を考えてるのか分かる?」

    最原「えっと………しゃ、写真撮影を………して欲しい………とか?」

    白銀「うーん、半分正解かな」

    最原「半分…?」

    白銀「うん、最原くんに撮影して欲しいのは当たってるよ」

    最原「じゃあもう半分は?」

    白銀「わたしとあそこに入って欲しいの」



    [ラブホテル]<welcome



    最原「………また?」

    白銀「また?」

    最原「あ、いや…何でもないよ」
  351. 351 : : 2018/01/15(月) 21:31:10
    白銀「どうかな。一緒に入ってくれる?」

    最原「うーん…」

    白銀「ダメ?」

    最原「僕と白銀さんはそういう関係じゃないからね…。ラブホテルに入るのはちょっと…」

    白銀「あ、その、ち、違うよ?ラブホテルに入りたいのは別にえ…エッチな事がしたいからって訳じゃないよ///違うからね///」

    最原「え?じゃあ何で?」

    白銀「あのね、最原くんと個撮がしたいの」

    最原「個撮?」

    白銀「個撮っていうのはね、カメラマンとレイヤーが1対1で撮影を行う事なんだ」

    白銀「コスプレの撮影って1人のレイヤーに対して複数のカメラマンが取り囲んで行う事が多いでしょ」

    白銀「それに比べて個撮は1対1だから他の人を気にしなくていいし、カメラマンの希望するポーズを気兼ねなく要求できる」

    白銀「そうするとカメラマンが撮りたい写真を撮りやすくなるの」

    白銀「もちろん危険もあるよ。個室で2人きりになるから犯罪に巻き込まれる可能性がある。だから個撮は信頼できる人とじゃなきゃやっちゃダメ」

    白銀「わたしは最原くんを信じてるからね。最原くんとなら個撮をしたいなって、そう思ったの」

    白銀「どう…かな。わたしと個撮、してくれませんか?」

    最原「………本当に撮影だけなんだね?」

    白銀「うん、撮影だけだよ。エッチな事は一切なし!」

    最原「それなら…いいよ」

    白銀「ほんとっ!?」パアァァ

    最原「うん。白銀さんを撮影できるなんてむしろ僕の方からお願いしたいくらいだよ」

    白銀「やったぁ!それじゃあ早速いこっ」グイグイ

    最原「あはは。そんなに引っ張らないでよ」

    最原(まぁ撮影だけなら浮気にはならないよね。少しうしろめたいけど、いっか)

    白銀「ほら!早く早く!」

    最原「白銀さん楽しそうだね」

    最原(そんなに僕に写真を撮って欲しかったのか。これは真剣にやらないといけないね)

    白銀「うん!ずっと最原くんと個撮をしたいと思ってたんだ!」

    白銀(ふふっ♪ラブホテルに入ればこっちのものだよ。最原くんは押しに弱いからね。露出の激しい服で誘惑すれば…!)

    白銀「楽しみだなぁ♪」ペロリ
  352. 352 : : 2018/01/15(月) 21:57:01
    ~クリスマス~



    日向「………」

    最原「へぇ…皆で舞園さんのコンサートに」

    苗木「うん。舞園さんが特別にチケットを用意してくれてね。霧切さんセレスさんと一緒に見に行くんだ」

    苗木「コンサートの後はセレスさん行き付けのレストランで食事をして、最後に霧切さんが予約してくれたホテルで一泊するよ」

    日向「………」

    苗木「最原クンは?」

    最原「野外コスプレ4Pファック」

    苗木「え?」

    最原「野外コスプレ4Pファック」

    苗木「な、何それ…」

    最原「イルミネーションを見ながらサンタのコスプレをした赤松さん達をトナカイのコスプレをした僕が犯すプレイだって」

    最原「反対したんだけどね…多数決で押しきられたよ」

    苗木「そ、そうなんだ。風邪ひかないように
    気をつけてね…」

    日向「………」

    最原「日向くんは?七海さん達とどんなクリスマスを過ごす予定なの?」

    日向「………」

    苗木「日向クン?聞いてる?」

    日向「ん…?何だ…?」

    最原「どうしたの?さっきから静かだけど」

    苗木「考え事?」

    日向「ちょっとな…」
  353. 353 : : 2018/01/15(月) 21:57:45
    なぜ肉食獣と一緒に檻に入るのか
  354. 354 : : 2018/01/15(月) 22:20:52
    ※353
    最原視点では白銀は肉食獣に見えないからしょうがない





    日向「なぁ苗木、最原。俺達がナンパを始めた理由は何だ?」

    苗木「今更どうしてそんな事を聞くの?」

    日向「答えてくれ」

    最原「クリスマスをかわいい彼女と過ごす為、だよね?」

    日向「そうだ。その為に俺達はナンパをした。女に声をかけまくった。その結果苗木と最原は彼女をゲットする事ができた」

    最原「まさか3人もできるとは思わなかったけどね」

    苗木「ん?ボクと最原クンは?」

    日向「ふと思ったんだ。苗木と最原には無事に彼女ができた。でも、俺は結局」



    日向「彼女できてないよなって」



    苗木「………」

    最原「………」

    苗木最原「「は?」」
  355. 355 : : 2018/01/15(月) 22:38:24
    嫁と愛人ができたやん
  356. 356 : : 2018/01/15(月) 23:17:40
    最原がトナカイ側…つまり乗られるんですねわかります

    日向くんは付き合ってくれとか一言も言ってないもんね…みんなも一足飛びの事しか要求しないし…いや、1人自称彼女がいたか
  357. 357 : : 2018/01/16(火) 00:29:55
    そうかわかったぞ!日向は彼女としてしてではなくセフレ感覚なんだ!
  358. 358 : : 2018/01/16(火) 01:03:48
    嫁、愛人、セフレ
    確かに彼女はできてない
  359. 359 : : 2018/01/16(火) 09:09:19
    ※355
    ても彼女居ないじゃん?

    ※356
    そうなんだよ皆飛びすぎなんだよね
    何事も順番ってモノがあるんだから

    ※357
    この日向は愛よりも体だからね

    ※358
    そうなんです。それが問題なのです
  360. 360 : : 2018/01/16(火) 09:17:30
    日向「考えてもみてくれ」

    日向「罪木はセフレだろ?」

    日向「七海は愛人だろ?」

    日向「西園寺は嫁だろ?」

    日向「ほら、肝心要の彼女が居ないじゃないか」

    日向「どうすんだよこれ。俺だけ目的を達成できてないとか恥ずかしすぎるだろ。言い出しっぺなのに」

    日向「こんな事では苗木と最原に顔向けできない…!」

    日向「すまん2人共。俺は…なんてダメな奴なんだ…!」

    苗木最原「「………」」

    日向「どうした?そんな『何を言ってるんだこの屑は』って目で見つめて」

    苗木最原「「何を言ってるんだこの屑は」」

    日向「おっと…口に出されるとこんなにもくるのか…。まぁ今の俺にはお似合いか…」
  361. 361 : : 2018/01/16(火) 09:27:18
    苗木最原「「いやいやいやいや」」

    苗木「え?本当にキミは何を言っているの?」

    最原「大丈夫?熱でもあるの?風邪?インフルエンザ?」

    日向「体調に問題はない」

    苗木「それは逆に問題だよ…」

    最原「正常でその発言なんだ…」

    日向「その憐れむような目は止めろ。はっ!それが勝者の余裕ってヤツか」

    日向「いいよなお前達はよー!かわいい彼女が居るんだもんなー!」

    日向「こちとら彼女がいねーんだよチクショー!」

    日向「あーあ!俺もかわいい彼女とクリスマスを過ごしたかったなー!」

    苗木最原「「うわぁ…」」

    日向「引くんじゃねーよこのリア充共がっ!くっそこうなったら…!」

    日向「今日中に彼女を作ってやる!とびきりかわいい彼女を作ってぎゃふんと言わせてやる!」

    日向「今更謝ったって遅いからな!首を洗って待ってろ!」

    日向「バーカ!バーカ!」

    ダダダダッ



    苗木最原「「………」」
  362. 362 : : 2018/01/16(火) 11:05:47
    日向クン…頭弄られたせいで、頭パーになってんじゃねーかwww
  363. 363 : : 2018/01/16(火) 17:21:14
    ※362
    それプラスクリスマスの魔力がね…
    何だかんだ日向もクリスマスで浮かれているのです
  364. 364 : : 2018/01/16(火) 17:35:50
    日向「啖呵を切ったもののどうするか」

    日向「クリスマスの本番は夜。だが既に昼を過ぎている」

    日向「今から街に繰り出してナンパに勤しんでも夜までに彼女をゲットできる可能性は低い」

    日向「となると…学園内で調達するか」



    日向「雪染先生!」

    雪染「あら日向くんどうしたの?」

    日向「話があるんです!」

    雪染「話?あ、そうそう先生も日向くんにお話があるの」

    雪染「あなた七海さん罪木さん西園寺さんとお付き合いしているそうね。ダメよ1人に絞らないと。3股なんて許しません」

    日向「雪染先生!俺の彼女になって下さい!」

    雪染「超高校級といっても健全な高校生。交際をするなとは言わないわ。でも3股はいけません」

    日向「あの、聞いてます?」

    雪染「いい?今日中に1人に絞りなさい。そして誰とお付き合いするのか先生に報告すること。分かった?」

    日向「あのー」

    雪染「さ、私も京助とのデートの為に準備しないと。日向くん、クリスマスだからってハメを外してはダメよ。避妊はしっかりしなさい、いいわね?」

    日向「はい…」

    雪染「よろしい。それじゃあ良いクリスマスを」
  365. 365 : : 2018/01/16(火) 20:14:21
    救世主が現れたなぁ(*´ω`*)

    いやこれソニアの国が一夫多妻制ならやばいぞ( ˙-˙ )
  366. 366 : : 2018/01/16(火) 21:35:12
    さすが先生、鉄壁だぜ…

    でも、ちさ先生の制服姿は結構エゲツなかった記憶(絶望編第1話?
  367. 367 : : 2018/01/16(火) 21:57:00
    ソニアさんは田中くんがいるから大丈夫じゃないっすかねぇ
    それにしたって苗木、最原サイドが全くチミドロフィーバーにならなかったのは驚きですわぁ
  368. 368 : : 2018/01/17(水) 20:56:59
    今更だけど恋人いる女に声掛けるとか
    この日向君は本当にクズだな‥‥
    しかも調達とか物あつかいかよ‥‥‥
    日向君、君だけは天罰が下されるべきだよ‥‥‥
  369. 369 : : 2018/01/17(水) 21:28:07
    ※365
    やばくないよ

    ※366
    おっぱいがえげつないよね

    ※367
    表向きは仲良いけど裏では靴に画鋲仕込んだりしてるよきっと

    ※368
    確かにちょっと、いやかなりの屑に仕上がってしまった
    ほんとどうしてこうなった
  370. 370 : : 2018/01/17(水) 21:37:12
    ウサミ「ジングルベールジングルベール鈴が鳴るー♪」

    ウサミ「きょーおは楽しいクリスマスー♪」

    ウサミ「うふふ♪今日は待ちに待ったクリスマスでちゅね♪生徒のミナサンも楽しそうでちゅ」

    ウサミ「あちしもサンタさんに負けないくらいミナサンに笑顔をプレゼントしたいでちゅね」

    ウサミ「ふんふふーん♪」

    ドドドドドッ

    日向「ウーサーミー!」

    ウサミ「ほえ?日向くん?」

    キキー シュタ

    日向「ウサミ!」

    ウサミ「日向くんどうしまちたか?廊下を走ってはいけまちぇんよ?」

    日向「ウサミ!お前に折り入って頼みがある!」

    ウサミ「頼み?うふふいいでちゅよ。生徒の頼みはどんな事でも叶えまちゅ。先生にドーンと言ってみてくだちゃい!」



    日向「俺の彼女になってくれ!」



    ウサミ「………ほえ?」
  371. 371 : : 2018/01/17(水) 21:50:36
    ウサミ「あの…日向くん?何を言って」

    日向「頼む!この通りだ!」土下座

    ウサミ「えええええっ!?な、何をしてるんでちゅか!頭を上げてくだちゃい!」

    日向「た・のーむ!」

    ウサミ「か、彼女というのはつまり…」

    日向「恋人になってくれ!」

    ウサミ「ええええええええっ!?」

    日向「頼むよ。生徒の頼みはどんな事でも叶えてくれるんだろ?」

    ウサミ「そ、そうしたいのはやまやまでちゅが…教師と生徒がお付き合いするなんて…は、ハレンチでちゅ!///」

    日向「それが燃えるんだろ?」

    キィィィィ…

    日向「いいだろ?な?なっ?」

    ウサミ「だ、ダメでちゅよぉ…///」

    キュィィィィ…

    日向「優しくするから」

    ウサミ「でも、でも…///」

    ギュイイイイン!

    日向「ウサミ…」

    ウサミ「日向くん…///」



    ドゴォ!



    日向「ぽぎゃん!?」

    クルクルクルクルー

    グチャ

    ウサミ「日向くんが吹き飛んだー!?」

    キキィ

    月光ヶ原「………」
  372. 372 : : 2018/01/17(水) 21:57:27
    ここでダークホース登場だと!
  373. 373 : : 2018/01/17(水) 21:59:47
    日向……お前はやっぱりゲスだったな……
  374. 374 : : 2018/01/17(水) 23:17:40
    ※372
    ダークホース(出番終了)

    ※373
    間違いありませんね
  375. 375 : : 2018/01/17(水) 23:36:14
    [予備学科校門]



    菜摘「はーよーやく2学期が終わったわ」

    菜摘「さてと。お兄ちゃんとペコのクリスマスプレゼントを買いに行かないと」

    菜摘「それにパーティの飾り付けや料理も作んなきゃいけないし、あー忙しい」

    菜摘「こんな時日向が居たら楽なんだけど…たくっ、メールも電話も無視とか何なのよあいつは!」

    菜摘「どうでもいい時には絡んでくるくせに肝心な時に居ないんだから!」

    菜摘「次に会ったら文句言ってやる!」

    菜摘「………」

    菜摘「別に、寂しくなんてないわよ…」

    ドドドドドッ

    日向「なーつーみー!」

    菜摘「………は?」

    キキィ シュタ

    日向「菜摘!」

    菜摘「なん、は、ひ、日向!?」

    日向「菜摘!」ガシッ

    菜摘「な、何よ?つーか手握んな!」

    菜摘(てててて手が!日向の手がぎゅって!///)

    日向「菜摘。お前に伝えたい事があるんだ」

    菜摘「何よ伝えたい事って」

    菜摘(まさか…告白!?)

    日向「俺と…」

    菜摘「」ゴクリ

    日向「付き合ってくれ!」

    菜摘(キタ━(゚∀゚)━!)
  376. 376 : : 2018/01/18(木) 13:36:35
    最初からチョロい、菜摘ちゃんだ!
  377. 377 : : 2018/01/18(木) 20:34:26
    ※376
    日向と菜摘ってけっこうお似合いだと思うんだよね





    菜摘「は、はぁ?あ、ああアンタいきなり何言ってるわけ?こ、告白とかバカじゃないの?」

    菜摘「私は極道の娘なのよ?しかも天下の九頭竜組のね!」

    菜摘「その私と付き合いたいって意味分かってんの?血塗られた裏の世界に飛び込む事になるのよ?」

    菜摘「アンタみたいな一般人が生きて行ける世界じゃ」

    日向「今はそんな話はしてない!覚悟なんてとっくにできてるんだよ!」

    日向「極道とか裏の世界とかどうでもいい!菜摘の気持ちを聞せてくれ!」

    菜摘「わ、私は…」

    日向「菜摘!俺の女になってくれ!」

    菜摘「わ、私も…」

    日向「菜摘!」

    菜摘「私も…!日向のことが…!」



    辺古山「ハァッ!!」

    ドシュ!



    日向「くぺっ!?」

    クルクルクルクルー

    ドチャ

    菜摘「好きっ…!ってあれ?日向は?」キョロキョロ
  378. 378 : : 2018/01/18(木) 20:42:36
    ペコちゃんww
    坊ちゃんの差し金かな?
  379. 379 : : 2018/01/18(木) 21:02:49
    ひでぶ
  380. 380 : : 2018/01/18(木) 21:04:20
    小泉なら…
  381. 381 : : 2018/01/18(木) 21:32:40
    ※378
    坊ちゃん「殺れ」
    辺古山「はい」

    ※379
    おまえはもう死んでいる

    ※380
    小泉に告白したらサトウに殺される
  382. 382 : : 2018/01/18(木) 21:46:30
    日向「ごほっ!ごほっ!げほっ!」

    菜摘「ちょ、ちょっと大丈夫!?」

    辺古山「菜摘様!ご無事ですか!」

    菜摘「ペコ!?アンタ何してんのよ!」

    辺古山「菜摘様がたぶらかされていたのでお助けを」

    日向「の…ごほっ!喉に…突きとか…死ぬ…!ごほごほっ!」

    菜摘「ペコ!日向に謝りなさい!」

    辺古山「菜摘様。この男は複数の女性に手を出している不埒な男なのですよ。現に私のクラスでも3人が毒牙にかかっているのです」

    菜摘「うそっ…!?」

    辺古山「菜摘様は私の後ろへ。今この男を始末します」

    辺古山「クラスメイトのよしみだ。苦しませずにあの世へ送ってやる」

    辺古山「さぁ日向、神妙に…居ない!?」

    辺古山「くっ…カムクラの力を使ったな…!私としたことが…!」

    辺古山「申し訳ありません菜摘様。日向に逃げられてしまいました…菜摘様?」

    菜摘「ブツブツブツブツ」

    辺古山「な、菜摘様?どうかしましたか?」

    菜摘「許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない…」

    菜摘「私以外の女に手を出すなんて許さないっ!!」

    菜摘「ペコ!日向を捕まえるわよ!組員を全員呼び寄せなさい!」

    辺古山「で、ですがそれは…」

    菜摘「クリスマスプレゼントはお兄ちゃんの使用済みパンツよ」

    辺古山「畏まりました。速やかに手配します」
  383. 383 : : 2018/01/18(木) 22:34:28
    辺古も欲望に忠実だったか。
    そういえば最近パートナーの匂いつきシャツ嗅ぐとストレスダウンするらしいで!
  384. 384 : : 2018/01/18(木) 22:53:53
    誰か理性的な人はいないのか
  385. 385 : : 2018/01/18(木) 23:22:33
    これには九頭竜も苦笑い
  386. 386 : : 2018/01/18(木) 23:42:03
    ※383
    マジで?じゃあ主人公トリオのシャツ争奪戦が始まるな

    ※384
    いない
    雪染ですら宗方が絡むと暴走するし

    ※385
    坊ちゃん、顔がひきつってますよ
  387. 387 : : 2018/01/18(木) 23:50:22



    江ノ島「パスパス。カムクラじゃないアンタに興味なんかないっつーの。松田くんとのデートに遅れるからどけよ」



    モナカ「これから狛枝お兄ちゃんで遊ぶ(意味深)のじゃー!だからごめんなさーい。あなたなんかに構ってる暇はないんだー」



    ソニア「申し訳ありません。今夜は田中さんと共にクリスマス限定殺人鬼を捕まえに行く予定がありますので…」



    春川「(百田とのデートを邪魔するとか)殺されたいの?」
  388. 388 : : 2018/01/19(金) 00:19:44
    いや見境なさすぎw
    なんでわざわざ成功しなさそうな人
    選ぶんだよw
  389. 389 : : 2018/01/19(金) 01:23:35
    ※388
    時間がないから視界に入る女全てに声をかけてる状態なのです





    日向「くそっ…この学園はどうなってるんだ…!リア充だらけじゃないか!」

    日向「学園中に充満しているリア充オーラが俺の心を蝕んでいくぅ…!」

    日向「彼女…一刻も早く彼女を作らねば…!」

    日向「どこかに都合のいい女は…おっ!」



    猫耳フード「………」

    黒髪ポニテ巨乳「………」

    ビックバン「………」



    日向「いた!しかも3人!時間的にこれがラストチャンスだ!せめて1人だけでもモノにするぞ!」

    日向「すいませんお嬢さん方!少々お時間をいただけないでしょうか?」



    カシャン

    日向「………え?」E:手錠

    猫耳フード「………」



    プス

    日向「いたっ!?」

    黒髪ポニテ巨乳「………」



    ドス

    日向「ぐふっ!?」

    ビックバン「………」



    日向「手錠に注射に腹パン…がはっ!」

    バタン

    日向「」シーン

    猫耳フード「………」

    黒髪ポニテ巨乳「………」

    ビックバン「………」



    七海「………」ハイライトオフ

    罪木「………」ハイライトオフ

    西園寺「………」ハイライトオフ
  390. 390 : : 2018/01/19(金) 09:47:47
    oh…
  391. 391 : : 2018/01/19(金) 11:52:32
    死んだな…コリャ…
  392. 392 : : 2018/01/19(金) 12:14:34
    ※390
    yes…

    ※391
    カムクラパワーがあるから…
  393. 393 : : 2018/01/19(金) 12:36:50



    日向「はっ!?」パチッ



    日向「うぐっ…頭…いてぇ…」

    日向「み、水…」

    ガチャガチャ

    日向「あ…?な、何だこれ…はぁ!?何だこれ!?」←ベッドに大の字で拘束されている

    日向「くっ!このっ…!うぎぎぎ!」ガチャガチャ

    日向「ダメだ…外れない…」ハァハァ

    日向「一体誰がこんな事を…」



    七海「あ、起きた?」

    罪木「お目覚めですかぁ?」

    西園寺「おはよう日向おにぃ」



    日向「お、丁度いいところに。この拘束を解いてくれないか?あと水も頼む」

    七海「………」

    罪木「………」

    西園寺「………」

    日向「おい聞いてるのか?早くこれを」

    七海「日向くんはさ」

    日向「ん?」

    七海「私達だけじゃダメなの?」

    日向「何の話だ?それよりこの手錠を」

    罪木「どうして私達以外の女性に声をかけるんですかぁ?」

    西園寺「視界に入る女に片っ端から声なんかかけちゃってさぁ、ばっっっかじゃないの」

    日向「もしかして見てたのか?」

    七海「最初から見てたよ。ちさ先生をナンパするところから全部」

    日向「まいったなぁ。ナンパを失敗してるの見られてたのか。恥ずかしいな」

    罪木「失敗したっていいじゃないですかぁ。日向さんには私達が居るんですから」

    日向「そういう訳にはいかない。なんとしても今日中に彼女を作らないといけないんだ」

    日向「だから頼む。拘束を解いてくれ」

    西園寺「やだ」

    日向「そこをなんとか」

    西園寺「日向おにぃにはわたし達だけで充分でしょ」

    日向「いままだだ。まだ足りない。お前達だけでは俺の渇きは満たされない」

    日向「俺はもっともっと女が欲しいんだよ」

    七海「………」

    罪木「………」

    西園寺「………」
  394. 394 : : 2018/01/19(金) 12:58:38
    七海「これはオシオキが必要みたいだね。どうしよっか?」

    罪木「そうですねぇ。逃げられないように足の骨を折る、なんてどうでしょうかぁ」

    西園寺「えー生温いよー。足を切断しちゃえばー?」

    七海「私達以外の女性が視界に入らないように目を潰すのはどうかな?」オメメグルグル

    罪木「いいですねぇ。ついでに鼓膜も破りましょう」オメメグルグル

    西園寺「御手洗おにぃの洗脳アニメも使っちゃおうよー。日向おにぃがわたし達以外の雌豚に興味を示さないようにさー」オメメグルグル

    七海罪木西園寺「「「キャッキャ♪」」」



    日向(ふっ…甘い、甘いぞ。チョロ甘だぜ。俺にはカムクラパワーがあるんだ。この程度の拘束なんて意味ないんだよぉ!)

    日向(はーはっは!精々そこで俺へのオシオキを考えるといい。無駄だけどなー!)

    日向(こんな薄暗い部屋からとっとと抜け出して街へ繰り出すとするか!)

    日向(いくぞ!カムクラパワー!)

    シーン

    日向(…あれ?カムクラパワー!)

    シーン

    日向(ん…?カムクラパワー!カムクラパワー!)

    シーン

    日向(ふん!ほっ!はぁ!ぬああああ!!)

    シーン

    日向(何故だ!?何故カムクラパワーを発動できない!早くしないとあいつらに見つか…あっ)

    日向(そうだ…車イスに轢かれた時と竹刀で喉を突かれた時の傷を治す為にカムクラパワーを使ったんだった)

    日向(それに辺古山から逃げる時にも使ったし…もしや今日1日分のカムクラパワーを使いきったのか?)

    日向「やっべぇ…」ダラダラ
  395. 395 : : 2018/01/19(金) 15:05:19
    七海「日向くん?」

    日向「」ドキィ

    日向「な、なな、何だ?」

    七海「沢山汗かいてるけど暑いの?」

    日向「そ、そうだなぁ。ちょ、ちょっと暑いかもなぁ」

    罪木「拭きますねぇ」フキフキ

    日向「あ、ありがとう」

    西園寺「脂汗浮かべてお腹でも痛いのー?」

    日向「けけ、今朝食べた草餅が、腐ってたの、かも、なぁ!あはははは!」

    七海「カムクラパワーが使えないんでしょ?」

    日向「」ギクゥ

    日向「な、なーんのことだ?使えるし。いつも通り使えますし」

    罪木「強がっても無駄ですよぉ。全部見ていたと言いましたよねぇ?」

    西園寺「カムクラパワーが底をついてる事なんてお見通しだよー」

    日向「なん…だと…!?」

    七海「ふふっもう逃げられないよ。日向くんはこれから私達とこの部屋で生きて行くんだよ」

    罪木「ずっと、ずっと、ずうっと一緒ですよぉ❤️」

    西園寺「逃げ出す気も失せるくらい調教してあげる♥️」

    七海罪木西園寺「「「あはははははははっ!!」」」オメメグルグル



    日向(終わった…俺の人生はここまでか…)

    日向(これは罰だな…3人を蔑ろにした俺への…)

    日向(七海を、罪木を、西園寺を、壊してしまった…償いきれない罰…)

    日向(受け入れよう…全てを。愛も、痛みも、想いも、全て)

    日向(何もかも全部。受け入れて楽になろう)

    日向(もう、疲れた…)



    七海罪木西園寺「「「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!」」」グルグルグルグルグルグル





    ―END―
  396. 396 : : 2018/01/19(金) 15:09:06
    本編終了

    次からちょっとだけオマケ
  397. 397 : : 2018/01/19(金) 15:23:53
    ~クリスマス苗木サイド~



    苗木「」カチコチ

    舞園「マコくんどうしたの?口に合わない?」

    苗木「いやぁボクこんな高級なレストランで食事するの始めてだから緊張しちゃって」

    セレス「情けないですわね」

    霧切「無理もないわ。このレストランは3年先まで予約が埋まっている有名店なのだから」

    舞園「本来なら私達が入る事は叶わないお店ですもんね」

    苗木「それがセレスさんのおかげでこうして食事ができるなんて夢みたいだよ。ありがとうセレスさん」

    セレス「礼には及びませんわ。ここのオーナーとは知り合いなので便宜をはかってもらっただけです」

    舞園「オーナーさんとはどうやって知り合ったんですか?」

    セレス「聞かない方が身の為ですよ」

    霧切「ギャンブル繋りでしょうね」

    セレス「ご想像にお任せします」

    苗木「あはは…ごめん、ちょっとトイレに行ってくる」

    霧切「苗木くん食事中にトイレに行く時はオブラートに包みなさい」

    セレス「今度マナーについてお教えしますわ」

    舞園「マコくん大丈夫?付いて行こうか?」

    苗木「大丈夫だって子供扱いしないでよ。それじゃあ行ってくるね」

    トコトコ



    舞園「………」

    霧切「………」

    セレス「………」
  398. 398 : : 2018/01/19(金) 15:26:51
    日向はバッドエンドか、ほかふたりは大丈夫かな
  399. 399 : : 2018/01/19(金) 15:36:28
    舞園「霧切さんその小汚い足を退けてくれませんか?さっきから私の足を踏んでいますよ」

    霧切「ごめんなさいわざとよ」グリグリ

    霧切「私が座る椅子に画鋲をバラ撒いたのはセレスさんね?やることが小賢しいのよ」

    セレス「なんの事ですか?身に覚えがありません」

    セレス「わたくしのロイヤルミルクティーに下剤を入れたのは舞園さん、あなたですね?流石はアイドル。陰湿ですこと」

    舞園「言い掛りは止めて下さい。私が盛ったという証拠はあるんですか?」

    舞園「………」

    霧切「………」

    セレス「………」

    舞園「チッ」

    霧切「ペッ」

    セレス「クソガ」



    苗木「ただいまー」

    舞園「おかえりマコくん」

    霧切「デザートがきてるわよ」

    セレス「飲み物のお代わりはいかがですか?」

    苗木「ありがとう。いやーかわいい彼女達に囲まれての美味しい食事。幸せだなー!」
  400. 400 : : 2018/01/19(金) 15:59:05
    ~クリスマス最原サイド~



    最原「無理無理無理無理!」

    赤松「諦めたらそこで試合終了だよ!」

    最原「無理だって!入んないって!」

    入間「安心しろ。このオレ様が作ったバイブだぞ?ちゃーんと終一の穴にジャストフィットするってーの」

    最原「僕は挿れる側だよね!?何で挿れられようとしてるの!?」

    白銀「最原くんは女の子顔だからきっとバイブも似合うよ」

    最原「意味が分からない!」

    入間「ラチがあかねー。おいバカ松!終一の上半身を押さえろ。地味眼鏡は下半身な」

    赤松「OK!」ガシッ

    白銀「任せて!」ガシッ

    最原「やだっ!やだやだやだぁ!!」ジタバタ

    入間「うひひ♪これが終一のア○ルか」

    最原「やーだやーだやーーーだーーー!!」ジタバタジタバタ

    赤松「ごめんね最原くん。これが終わったら」

    白銀「わたし達に挿れさせてあげるから」

    入間「お邪魔しまーす」

    ズブリ

    最原「ぎっ…!?」



    ぎゃああああああああああああああああっ!!





    ―オマケEND―
  401. 401 : : 2018/01/19(金) 16:00:40
    これで終わりです

    年が変わったにも関わらずグダグダとクリスマスネタを引っ張ってしまいすいませんでした

    ありがとうございました
  402. 402 : : 2018/01/19(金) 16:11:35
    クズにしすぎぃ
  403. 403 : : 2018/01/19(金) 18:51:44
    日向‥‥やっぱり相手を蔑ろにして欲に溺れると罰せされるんだな‥‥
    苗木君は何も知らないままでお幸せに
    最原君はご愁傷様です‥‥‥個人的にはブチ切れて逆に調教SMプレイとか見たかったです(まぁそっちでも入間達は喜びそう)
  404. 404 : : 2018/01/19(金) 22:18:34
    すみません
    らがさになってました‥‥
  405. 405 : : 2018/01/20(土) 04:03:25
    ペコちゃんや菜摘はどうなったんだろ…
  406. 406 : : 2018/01/20(土) 09:48:48
    日向!諦めるな!次の日にはカムクラパワーが復活するはず! えっ君だrチュウシャブスー
  407. 407 : : 2018/01/20(土) 18:12:40
    ※402
    少しやり過ぎた感はある。反省

    ※403
    本当は全員パッピーエンドにするつもりだったんですけど日向があまりにもアレだったので日向だけバッドエンドにしました
    次書く時はマトモな日向にします

    ※404
    大丈夫ですよ~

    ※405
    この後辺古山と菜摘が日向を救出します
    なので日向は洗脳されずに済みました
    日向は今回の件を深く反省し、真摯に女の子達と向き合うように改心しました
    その後は七海罪木西園寺菜摘と仲良く幸せに生きて行く事となります

    ※406
    もし辺古山と菜摘が救出に来なかった場合にはカムクラパワーが復活する前に洗脳されてしまうのでゲームオーバーです
  408. 408 : : 2018/01/21(日) 12:34:08
    エルファバさんは反省しているが、oneおっぱいどころかthreeおっぱいになっても満足しなかった日向さんサイドの問題でもあると私は思う

    あの3人とドチャクソ甘いベッドタイムを過ごせば良かっただろうに…
    強欲は身を滅ぼすのです

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
nori

エルファバ

@nori

この作品はシリーズ作品です

≪育成計画時空≫シリーズ シリーズ

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場