ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

東条「あ///、終一様ッ///…!」最原「東条さん?」東条「ハッ!」(゜ロ゜;

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/11/03(金) 17:07:18




    私は…人には言えない秘密を持っている……


    誰にも言えない…バレてはいけない…いけないことを、私は隠している……










  2. 2 : : 2017/11/03(金) 17:14:55









    東条「これで一通り良し…っと……」


    東条「次は、茶柱さんに頼まれてた…」


    王馬「やっほー東条ちゃん!」


    王馬「今日も相変わらず仕事熱心だねー」


    東条「王馬君?何か用かしら?」


    王馬「いやー、仕事熱心な東条ちゃんもいいけど、たまには遊んであげようかなーってね」


    王馬「にししっ」


    東条「………………」





    東条(王馬君……いつも何かしらに私の事を誘ってくる…)


    東条(もしかして王馬君は……)






  3. 3 : : 2017/11/03(金) 19:11:54





    東条(私の事が///…ッ!?///////)ドキッ…ドキッ…♥️







    そう……私は極度の恋愛妄想癖をもっている…





  4. 4 : : 2017/11/03(金) 20:54:20
    かわいい
  5. 5 : : 2017/11/04(土) 08:10:06






    何時からだろう…?


    私が、こんな性癖に目覚めてしまったのは……






    東条(王馬君は何時も周りを困らせてばかりのイタズラ好きで、)


    東条(心なしか…キーボ君でもゴン太君でも入間さんよりも、一番私にちょっかいをかけてる気がするわ…)


    ※気のせいです。





  6. 6 : : 2017/11/04(土) 09:16:33


    東条(王馬君は…そうやって私に振り向いて欲しかったかも知れないわ//////…)


    東条(好きな人にイタズラしたくなる原理と同じで///…)













    王馬『本当は気づいていんじゃないの?』


    東条『な///、なんのこと///…かしら?///』


    王馬『俺が東条ちゃんにちょっかいをかけてる理由さ、もしかして分かってて、わざと素っ気ないふりをしていたの?』


    東条『ち///、違うわ王馬君///…!』


    王馬『酷いなぁー、俺は、ただ…東条ちゃんの事が好きなのに。俺の心を弄ぶなんて…』


    東条『ご///、こめんなさい///…そう感じたのなら謝るわ//////』


    王馬『もう遅いよ、東条ちゃん。』


    王馬『俺が生ぬるかったよ、東条ちゃんにもっと、俺の本気を見せないと信じて貰えないから…』


    ガシッ


    東条『きゃっ///!な///、何を//////…!?』


    壁ドンッ!


    東条『ひゆぅッ//////!?』


    王馬『今度から…いや、今からいつも以上に念入りに東条ちゃんをいじめてあげるね』


    顎クイッ


    東条『だ///、ためっ//////!まだ私達///…』


    王馬『東条ちゃん…』


    東条『あ///、ああ///…お///、王馬君っ//////!』







  7. 7 : : 2017/11/04(土) 13:50:03
    期待です
  8. 8 : : 2017/11/04(土) 18:03:11











    王馬「東条ちゃん?」


    東条「あっ///!だ///、ため///…っ///!」


    東条「王馬君っ///!は///、激しぃッ///!あ///…」


    王馬「ねぇ東条ちゃん!」


    東条「ッ!?」(゜ロ゜;ハッ


    王馬「どうしたの急に?」


    東条「あ、いえ…何でもないわ……」(;゜∇゜)



    東条(バレては…いないみたいね……?)アセアセ





    王馬(途中から声に出てたの気づいてないのかなー?にししっ!相変わらず東条ちゃんって面白いね!)




  9. 9 : : 2017/11/04(土) 22:28:20
    かわい…きゃわいい
    期待です!(^_^)
  10. 10 : : 2017/11/04(土) 23:33:01
    素晴らしい 僕が見たかったのはこれだヨ!
  11. 11 : : 2017/11/05(日) 00:46:06
    素晴らしいヨ!さすが東条さんだヨ!!
  12. 12 : : 2017/11/05(日) 01:11:29
    東条さんは合格だヨ!
  13. 13 : : 2017/11/05(日) 02:11:24
    ↑なんで僕の偽物が3人もいるんだろうネ……
  14. 14 : : 2017/11/05(日) 04:59:28

    貴い……
  15. 15 : : 2017/11/05(日) 19:52:44






    東条(私としたことが、王馬君の目の前で妄想してしまうなんて……これではメイド失格よ!)


    東条(気持ちを切り替えないと!)





    真宮寺「おや?」





    真宮寺「やぁ…東条さん」


    東条「真宮寺君?」


    真宮寺「奇遇だネ。隣座ってもいいかな?」


    東条「ええ…構わないわ。今、お茶を淹れるから…」


    真宮寺「いや、東条さんは座ってて、いつも東条さんに頼ってばかりだから、お礼もかねて、お茶は僕が淹れてくるから…」


    真宮寺「それに……ちょうど君とお喋りしたい気分だからネ」


    東条「え、そう…?」


    真宮寺「じゃあ、ちょっと待っててネ」


    東条(どうしたのかしら?私と…お喋り?まさか…真宮寺君も……私の事///?)

  16. 16 : : 2017/11/05(日) 19:56:38
    お茶と塩もってきそうだネ
  17. 17 : : 2017/11/06(月) 18:56:19
    むしろ塩と塩持ってきそうだネ
  18. 18 : : 2017/11/06(月) 20:58:05
    さらにおまけに塩持ってきそう
  19. 19 : : 2017/11/07(火) 08:59:06
    塩害がひどいな
  20. 20 : : 2017/11/07(火) 10:43:18
    だって塩だもの
  21. 21 : : 2017/11/07(火) 14:28:58
    砂糖の代わりに塩持ってきそう
  22. 22 : : 2017/11/07(火) 17:18:51
    東条(真宮寺君は正直、何を考えているのか読みにくい人だけど、)


    東条(彼はよく人を観察する事がある。ということは、いつも端から私を見ていたってことになるわね…)


    東条(そんなに見つめられたら照れるわね///)


    東条(それに、あの服とあのマスク…前に荒縄を使うのが得意って言っていたわね……間違いないわ、ドSの鬼畜だわ//////!?)


    東条(もしかして、自分からお茶を淹れてくるって言っていたけど、実は、睡眠薬とかを仕込んで、私に飲ませようとして//////……)















    東条『……………』


    東条『……ん…?あれ私…何を?』





    真宮寺『目が覚めたかな?』


    東条『真宮寺君…?』


    ガチャガチャ!!


    東条『ッ!?これは!?何をしているの!?』


    真宮寺『クククッ…いいヨ、東条さん。凄くいいネ…』


    東条『外してちょうだい!真宮寺君!!』


    真宮寺『残念だけど、それはできない相談だサ。この状況、まだわからないかな?』


    東条『そ///、それって///……』


    真宮寺『いつも君の事を観察していたヨ』


    真宮寺『観察して分かった…やはり君はとても素晴らしい女性だ。いつも皆の期待に応えて、皆からも尊敬される…実に素晴らしいヨ』


    東条『えっ///…そ///、そんな照れるじゃない//////』(*/∀\*)


    真宮寺『そんな東条さんを観ていたら……どうやら僕は、いつの間にか、君の虜になっていたヨ』


    真宮寺『だから、君を独占したいと思った。君のその優しさを僕だけのものにしたいと…そう思ったのサ…』


    東条『え//////?』


    真宮寺『好きな人を独占したいなんて、誰もが思うことだよネ?だから僕も、東条さんを念入りに体の隅々まで』


    東条『真宮寺君の気持ちは分かったわ///…けど、こんなやり方///!』


    真宮寺『僕の事しか考えられないように…調教してあげるヨ!』


    パチンッ!


    東条『ひゃう~//////!!』


    真宮寺『実は僕、縛るのが得意なんだヨ。亀甲縛りって知っているかな?』ニヤニヤ

  23. 23 : : 2017/11/07(火) 17:54:17
    塩がニヤニヤしてて塩
  24. 24 : : 2017/11/07(火) 22:10:15
    真宮寺=塩で会話通じるのほんと岩塩
  25. 25 : : 2017/11/10(金) 00:23:54
    期待
  26. 26 : : 2017/11/10(金) 19:10:55






    東条「や///、やめっ///…」


    東条「そんなに///…ッ!激しくッ//////…されたら//////」


    東条「だ///、だめっ//////!」








    真宮寺「………………」ジー





    真宮寺(クククッ…相変わらず、東条さんを観察するのは面白い!)


    真宮寺(けど、姉さんの友達には不合格だけど……)


  27. 27 : : 2017/11/10(金) 22:26:16
    キルミー生存じゃん
    やったぜ
  28. 28 : : 2017/11/11(土) 15:11:25
    期待です!
  29. 29 : : 2017/11/13(月) 19:14:34


    東条「ハァ…」


    東条(危うく声に出すところだったわ…)


    ※もう声に出してます。


    東条(妄想だって分かってるのに…。空しくなるのが分かってるのに……これだけは止められない…)


    東条(気持ちが沈んでるわ、こういう時は!)


    東条「…………」キョロキョロ


    東条(誰も居ないみたいね…)キョロキョロ


    東条(…えーと、確か……この本棚に……)ガサガサ


    東条(あった、これを読んで心を落ち着かせないと)っ□←TL小説(けっこうハードなやつ)


    東条(では、早速…)ペラペラ


    ガチャ!


    東条「ッ!!」





    天海「一体誰が、俺の部屋の前に大量の砲丸を…ん?東条さんじゃあないっすか?」


    東条「あ、天海くんッ!?」


    天海「奇遇っすね、図書室にいるってことは、東条さんも何か読書でも?」


    東条「え、ええ…たまにはいいかな…って」







    東条(まずいは!こんなところで、こんな本を読んでいたなんてバレたら!!)


    東条(天海君の事だから、きっと…)










  30. 30 : : 2017/11/22(水) 02:20:15
    支援
  31. 31 : : 2017/11/22(水) 09:52:03

    更新止まっててすんませんm(__)m









    天海『へぇ~、まさか東条さんがこんな物を愛読していたなんてビックリっすよ』ニヤニヤ


    東条『か、返しなさい!』


    天海『こんな物を読むってことは…」


    天海「そんなに欲求不満だったってことっすか?』


    東条『ち、違うわ…こ…これには、その…』


    東条『と、とにかく返してっ!』


    天海『おっと!』


    天海『そう簡単に渡す訳ないじゃないすか』


    東条『お、お願い…っ!この事は誰にも…秘密に……』


    天海『いいっすよ」


    天海「この本のことは秘密にしてあげるっす。ただ、その代わり……』


    東条『な、何が望みなの…?』


    天海『望み?望みなんて、そんなの……』


    顎クイッ


    東条『あっ///』





    天海『東条さんが欲しいっす』












  32. 32 : : 2017/11/23(木) 19:22:18










    東条(わ///、私が欲しいなんて///…ダメよ天海君っ///!)


    東条(…それに私には心に決めた人が///////!」


    天海「心に決めた人?」


    東条「そうよ///、私に//////…は……」


    東条「ハッ!」(゜ロ゜;!


    天海「急にどうしたんすか?」



    東条(しまった!つい、声に……)カァァ~


    天海「顔が赤いっすよ、もしかして風邪っすか?」


    東条「ち、違うのこれは…その……」


    東条(だ、誰か……)アワアワ






  33. 33 : : 2017/11/24(金) 18:35:48








    「東条さん」











    東条「ッ!?」


    東条(その声は!)





    最原「あ、いたいた。ちょっと東条さんに聞きたい事が…って、どうしたの東条さん?顔が赤いよ?」


    東条(終一様ッ///!)


    東条(私の想い人///!私の王子様ッ///!まさか来てくれるなんて!)


    最原「これ、どういう状況?」


    天海「俺にも良くわからないっすよ?」


    東条(やっぱり私達は運命の赤い糸で結ばれているのだわ~//////♥️)








    最原「」


    天海「」


    最原「東条さん悶絶してるけど……本当に何があったの…?」


    天海「だから分からないっす…」




  34. 34 : : 2017/11/30(木) 02:28:10
    支援
  35. 35 : : 2017/12/19(火) 12:03:14





    東条(私には好きな人がいる…)


    東条(名前は、最原終一様。)


    東条(彼は、知的で、それでいてクールで、透き通る肌に、長いまつげ、女性らしい凛々しい顔……そして、何より)







    東条(黒髪の美形~//////!)





    東条(黒髪の美形の法則は、ドS///!鬼畜///!肉食系///!)


    東条(終一様は、この三拍子が揃った逸材よ///!)


    東条(その優しい顔の下で、どんな野獣が潜んでいるのかしら///言葉攻めを受けながら、私を押さえつけて、私のあられもない痴態を嘗めまわるかのように///…じっくりと///)



    東条(ああ///!この妄想だけで一週間は自給自足できるわ~//////!)




    ピンポ~ン♪



    東条「ッ!?」( ゚д゚)!




    東条(いけないいけない!また気を許してしまっていた)


    東条(気を付けないと!)


    東条「はい?」



    ガチャ!










    最原「東条さん」



    東条(はぁぁぁん~//////終一様~///♥️)ウットリ


  36. 36 : : 2017/12/30(土) 16:30:04
    東条さんのイメージ崩壊…
  37. 37 : : 2017/12/30(土) 23:12:18
    (いい意味で)
  38. 38 : : 2017/12/31(日) 11:16:01
    「塩ハッピーニューイヤーだヨ 今年もよろしくネ これ着ヨ」
  39. 39 : : 2018/01/20(土) 18:07:11


    東条「終一s…じゃなくて最原君、こんな時間にどうしたのかしら?」


    東条(平常心…平常心…)


    最原「………………」


    東条「…?どうしたの?」


    東条「最原君??」


    ガシッ!


    東条「へ…?」


    最原「東条さん…」




  40. 40 : : 2018/01/27(土) 17:16:33




    最原「君は、一日中僕の事をいやらしい目でずっと見ていたよね?」


    東条「えっ///?」


    東条(まさか妄想してしまった事に気づかれた///!?)


    最原「とぼけなくていいよ、探偵の僕にかかれば、東条さんの考えてる事なんて…」


    最原「すぐ解るからさ」


    東条「ご///、ごめんなさい//////!そんなつもりじゃなかったの///」


    最原「僕の事をずっといやらしい目で見ていたってことは、相当欲求不満だったんでね」


    最原「無理もないよ…こんな状況じゃあ、ストレスも溜まる……現に、」





    壁ドンッ!





    東条「アッ///////!?」


    最原「僕も、けっこう溜まっているんだ。色んな意味で」





    顎クイッ!





    東条「さ///、最原君///!」


    最原「だからさぁ…東条さん、超高校級のメイドとして、君に依頼したいんだ」


    東条「い///依頼///…?」


    最原「今から僕のストレスを解消してほしいんだ」


    東条「そ///それって///…」


    最原「分かってる癖に、それは…」


    東条「それ///…は/////?」














    東条「…………ハッ!!」(゜ロ゜;!


    東条「…ん?……あれ…?」


    東条「……」(゜゜;)(。。;)


    東条「今のは、夢…?そんな…、終一様…生殺しなんて……、ちょっと///興奮するじゃない//////!」






    今日も東条さんは平常運転であった。






    ~おしまい~




  41. 41 : : 2018/01/27(土) 17:17:08

    オチが思いつかなくて長々と完結してなくて、読者の皆様すいませんでした!!( ノ;_ _)ノ

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mkai1002251

KAI

@mkai1002251

「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場