ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

最原「入間さんから経験人数センサーを借り…盗んできたよ!」日向「でかした!」苗木「早速使ってみよう!」

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/09/30(土) 13:56:31
    以下の点にご注意下さい

    ・最原ハーレム、苗木ハーレム、日向ハーレム
    ・育成計画時空
    ・日向は超高校級の相談窓口
    ・ワンパターン
    ・下品
    ・失礼
    ・処女厨
    ・薄味なエロ表現
  2. 2 : : 2017/09/30(土) 14:06:17
    日向「これさえあれば気になるあの子が処女かどうかが分かるな!」

    最原「しかもこのセンサー経験人数だけじゃなく性交相手の名前も分かるんだ!」

    苗木「流石性の権化入間さん!」



    苗木「さてと誰から使う?」

    日向「ここは言い出しっぺの最原だろ」

    最原「いいの?じゃあ誰に使おうかな」



    赤松「ううっ…まさか2kgも太るなんて…」トボトボ



    日向「お、ちょうど良い所に赤松がいるぞ」

    苗木「最原くん、赤松さんに使ってみなよ」

    最原「………」

    苗木「どうしたの?」

    最原「ねぇ…やっぱり使うの止めない?」

    日向「どうしたんだよ。あんなにノリノリだったじゃないか」

    最原「いや…もしこれで赤松さんが非処女だったら…僕は…僕は…」

    最原「オロロロロッ」

    苗木「わー!?吐いたー!」

    日向「お前メンタル弱すぎだろ」
  3. 3 : : 2017/09/30(土) 14:37:30
    日向「大丈夫だって。あの赤松が非処女なわけないだろ」

    苗木「そうそう。赤松さんに彼氏がいるとは思えないよ」

    最原「分からないよ…もしかしたらこんな事があったかもしれない」





    赤松『ふう…』

    先生(最原)『どうした赤松くん。今日は調子が良くないね』

    先生『旋律が乱れているよ』

    赤松『すみません先生…朝から体調が悪くて…』

    先生『熱は計ったのかい?』

    赤松『………』フルフル

    先生『ふむ…では私が計ってあげよう』

    モミ

    赤松『きゃあ!?』

    先生『少し熱があるようだね』

    赤松『せ、先生!?何をするんですか!』

    先生『熱を計っているんだよ』

    モミモミ

    赤松『んんっ…///む、胸を揉んでるだけじゃないですか…///』

    先生『知らないのかい?胸を揉む事で体温が計れるのだよ』

    赤松『聞いた事ないですよ…///』

    先生『では次に私の体温計を使って計ってみよう』

    ボロン

    赤松『あっ…大きい…///』

    先生『さあ、計るよ…』





    最原「こんな事が…あったかもしれない…!」
  4. 4 : : 2017/09/30(土) 15:53:25
    日向「最原…お前は赤松を信じられないのか?」

    最原「え?」

    日向「お前が信じなくて一体誰が赤松を信じるんだ」

    最原「日向くん…」

    苗木「キミはニューダンガンロンパV3の主人公なんだ」

    苗木「主人公なら、ヒロインを信じてあげなよ」

    最原「苗木くん…」

    最原「そうだ…そうだよね」

    最原「僕が信じなくちゃ、赤松さんを守る事なんて出来ないよね」

    最原「ありがとう日向くん、苗木くん」

    最原「僕は赤松さんの処女膜を信じるよ」

    最原「うおおおっ赤松さんっ!」

    最原「処女であってくれえぇぇぇぇぇっ!」

    ピッ





    【赤松楓】

    ・経験人数:1人

    ・性交相手:最原終一





    最原「ん?」

    苗木「え?」

    日向「は?」
  5. 5 : : 2017/09/30(土) 16:32:38
    まさか、、、寝てる間に?!
  6. 6 : : 2017/09/30(土) 17:28:25
    最原「え、えっ?」

    苗木「まさか最原くんが非童貞だったなんて…」

    日向「お前…大人だったんだな」

    最原「いや、えっ?」

    苗木「それならそうと言ってくれればよかったのに」

    日向「水くさいぞー」

    最原「いやいやいやいやいや」

    最原「おかしいおかしいおかしいおかしい」

    苗木「何が?」

    最原「だって僕童貞だよ!」

    日向「今更隠さなくていいって」

    最原「本当だって!」

    苗木「じゃあこのセンサーに最原くんの名前が表示されてるのは」

    最原「何かの間違いだよ!」

    日向「故障してるとかか?」

    苗木「もしくは最原くんと同姓同名の人がいるとか?」

    最原「えええっ…どういう事なの…」

    日向「つーかそこに赤松が居るんだから聞けばいいじゃないか」

    苗木「うん、それが良いよ」

    最原「わ、分かった…聞いてくる」
  7. 7 : : 2017/09/30(土) 18:24:39
    赤松「ダイエットしないと…!」

    最原「赤松さーん!」

    赤松「うえ!?さ、最原くん!?」

    最原「ちょっと聞きたい事があるんだけど」

    赤松「な、何かな!?」

    赤松(まさか…太った事がバレた!?)

    赤松(どうしよう…最原くんに幻滅されちゃう…)

    最原「単刀直入に言うよ」

    赤松(ううっ…)

    最原「赤松さんって非処女なの?」

    赤松「」

    最原「赤松さんの処女膜を破ったのは僕のチ○ポでいいのかな」



    赤松(どうしよう…私が最原くんに幻滅しそうなんだけど)
  8. 8 : : 2017/09/30(土) 19:16:05
    もしかして太ったのって妊娠…?
  9. 9 : : 2017/09/30(土) 20:10:45
    >>8シー!




    最原「どうなの?」

    赤松「どうなのって…どうしてそんな事を聞くの?」

    赤松「その…私がひしょ…ゴニョゴニョって…///」

    最原「これを見て」

    【赤松楓】

    ・経験人数:1人

    ・性交相手:最原終一

    赤松「なっ…何これ…」

    最原「入間さんの発明品だよ」

    最原「この機械で性交の有無を確認出来るんだ」

    最原「勝手に使って申し訳ないけど…どうしても確かめたいんだ」

    最原「僕は赤松さんと…セックスしたの?」

    赤松「す、ストレートに聞くね///」

    赤松「もうちょっとこう…濁した感じで聞いてよ…///」

    最原「探偵だからね」

    最原「で?どうなの?したの?」

    赤松「………」



    赤松「したよ…///」
  10. 10 : : 2017/09/30(土) 20:39:32
    寝てるときに逆に…?
  11. 11 : : 2017/09/30(土) 22:20:57
    最原「いつしたの?」

    赤松「前にクラス対抗のドッジボール大会をやった事があったでしょ」

    最原「あぁあったね。僕の顔面にボールが直撃して気絶した事件が」

    最原「あの時は赤松さんが手当てをしてくれたんだよね?」

    赤松「うん、保健室に罪木さんが居なかったからね」

    最原「もしかして…その時に?」

    赤松「………うん」



    ~回想~



    百田「食らえ!」ブン

    弐大「無駄じゃあ!」ガシッ

    王馬「弐大ちゃんは反則でしょー」

    狛枝「そっちにはゴン太クンがいるじゃない」

    赤松「皆頑張れー!」ピョンピョン

    最原「………」ジー

    赤松「ファイトー!」ユサユサ

    最原(チア姿の赤松さん…凄いよ!)

    最原(跳び跳ねる度におっぱいがぶるんぶるんに弾けてる)

    最原(ミニスカからはアンスコがチラ見えしてるし)

    最原(いやー眼福眼福)

    百田「チッ…弐大は無理だ。こうなったら」

    百田「狛枝テメーだあ!」

    狛枝「え、ボク!?」

    百田「おらぁ!」ブン

    狛枝「わわっ!」

    コケッ

    狛枝「あっ」

    ドサッ

    百田「あっくそ!コケて避けやがった!」

    赤松「…最原くん危ない!」

    最原「え?へぶっ!」キリモミカイテン

    ドサッ
  12. 12 : : 2017/09/30(土) 23:12:36
    これヤバいな...(褒め言葉)
  13. 13 : : 2017/10/01(日) 16:13:15
    赤松「最原くん!?」

    百田「終一大丈夫か!?」

    狛枝「ごめん!ボクなんかが避けるから」

    赤松「保健室に運ぼう!」

    百田「狛枝!終一の足を持て!」

    狛枝「分かったよ!」



    ~保健室~



    ガラッ

    赤松「罪木さんっ!」

    シーン

    赤松「…あれ?罪木さんは?」

    百田「おいおいこんな時にどこ行ったんだ!」

    狛枝「おかしいね。いつ怪我人が出てもいいように大会中は保健室で待機してるって言ってたのに」

    百田「仕方ねぇ。狛枝!罪木を探しに行くぞ!」

    狛枝「そうだね。赤松さんは最原くんを見ててあげて」

    赤松「うん、任せて!」

    タタタタッ

    赤松「手当てをしないと…」

    赤松「頭と鼻を冷やして…鼻血を拭いて…」

    赤松「鼻血で体操服が血まみれだ…脱がそう」

    ヌギッ

    赤松「………」ゴクリ

    赤松「こうして見ると…最原くんも男の子なんだな…」

    赤松「顔は女の子みたいにかわいいのに…」

    赤松「………」ジュルリ

    赤松「…いいよね?」

    カチッ

    赤松「鍵を閉めて…よしっ」

    赤松「これはチャンスなんだ…誰かに最原くんを取られるくらいなら…私が取る!」

    赤松「初めてだけど…イメージトレーニングはばっちり積んできたし」

    赤松「………行くよ!」

    赤松「い、いただきまーす///」
  14. 14 : : 2017/10/01(日) 17:56:41
    何で盗んできたっていい直したんだ...
    普通逆じゃ....
  15. 15 : : 2017/10/01(日) 18:05:32
    ~回想終了~



    最原「僕が気絶してる間にそんな事が…」

    赤松「………ごめんね」

    赤松(まさかこんな形でバレるなんて…)

    赤松(最原くんとお付き合い出来たら明かすつもりだったのに…)

    赤松(完全に嫌われた…)

    最原「い………」

    赤松(エッチな子だって…軽蔑され)グス

    最原「いやっふーーー!」ピョーン

    赤松「………」

    赤松「え?」



    最原「わーいわーい!やったー!」

    最原「童貞を卒業出来たー!」

    最原「しかも相手が赤松さんだなんて」

    最原「最高だーーーーー!!」イエーイ

    赤松「」



    赤松「あ、あの最原くん?」

    赤松「軽蔑しないの?」

    最原「え?何で?」

    赤松「何でって…気絶してる最原くんを襲ったんだよ?」

    赤松「私、最低な事をしたんだよ?」

    赤松「嫌われて…当然なんだよ」

    最原「赤松さん」ガシッ

    赤松「きゃっ!」

    最原「今夜、空いてるかな?」

    赤松「え?う、うん…特に用事は無いけど…」

    最原「チアの衣装を持って僕の部屋に来てくれないかな」

    最原「僕が童貞を卒業した時の状況を検証したいんだ」

    赤松「そ、それって…///」

    最原「僕は探偵だからね」

    最原「真実を…暴いてみせる」キリッ
  16. 16 : : 2017/10/01(日) 18:29:53
    最原「ふ、ふふっ」ニマニマ

    日向「すげぇ殴りたい」

    苗木「赤松さんで童貞を捨てるなんて羨ましいなぁ」

    最原「さぁ!次に行こうか!」

    日向「テンションたけーな」

    苗木「今夜赤松さんとセックスする約束してるからねぇ」



    日向「次は苗木が使えよ」

    苗木「いいの?」

    日向「あそこに霧切がいるぞ」



    霧切「………」テクテク



    苗木「あ、ホントだ」

    日向「まぁ霧切は処女だよな」

    最原「そうだね。霧切さんがそういった事に興味があるとは思えないよ」

    苗木「…分からないよ。もしかしたら過去に」





    霧切『人質なんて卑怯ね』

    犯人(苗木)『クククッ…いいのかい?そんな生意気な口をきいて』

    犯人『人質の頭を吹き飛ばすよ』

    霧切『………』

    霧切『人質を解放する条件を言いなさい』

    犯人『んー?条件?そうだね…』

    犯人『………』ジロジロ

    犯人『へへっ…アンタえらい別嬪さんじゃないか』

    犯人『よし決めた。人質を解放する条件は』

    犯人『アンタの体を好きにさせてもらおうか!』

    霧切『………私の体を差し出せば人質を解放するのね?』

    犯人『あぁ約束しよう』

    霧切『………分かったわ』スルッ

    犯人『話が早くて助かるよ』

    犯人『さあ!たっぷりと楽しませてもらうよ!』





    苗木「こんな事件があったかもしれない」
  17. 17 : : 2017/10/01(日) 20:28:55
    日向「確かに霧切は事件解決のためなら何でもやりそうだが」

    最原「さすがに体を差し出すようなマネはしないと思うよ」

    苗木「どうかな。霧切さんはあまり自分の体を大事にしてくれないから…」

    日向最原「「うーん」」

    苗木「まぁとにかくセンサーを使ってみるよ」

    苗木「例えどんな結果が出ようともボクは霧切さんを信じる」

    日向「苗木…」

    最原「苗木くん…」

    苗木「すーはー」

    苗木「…押すよ」

    ピッ





    【霧切響子】

    ・経験人数:0人





    苗木「霧切さあぁぁぁぁぁぁん!」ダダダダッ
  18. 18 : : 2017/10/01(日) 20:42:35
    霧切「…?」

    苗木「霧切さあぁぁぁぁぁぁん!」ダダダダッ

    霧切「苗木くん…?」

    キキィ

    シュタ

    苗木「霧切さん!」ガシッ

    霧切「どうかしたの?」

    苗木「霧切さん!ボクは信じてたよ!」

    霧切「よく分からないけれど落ち着いて。手が痛いわ」

    苗木「あ、ごめん!興奮しちゃって」

    霧切「いえ…私に何か用かしら」

    苗木「うん!霧切さんにお礼が言いたくて」

    霧切「お礼?」

    苗木「霧切さん!」



    苗木「処女でいてくれてありがとう!」



    霧切「………」

    苗木「やっぱり霧切さんは処女だよね!」

    苗木「いやー安心したよ!信じてたけどさ!」

    苗木「霧切さんの処女が証明されて良かった良かった!」

    霧切「………」スッ

    苗木「霧切さん!今夜早速ボクの部屋で開通式を」

    スパァン

    苗木「ぷげらっ!」

    ドサッ

    霧切「………」

    霧切「しばらく私に話しかけないで」スタスタ



    苗木「ふふっ…霧切さんったら照れちゃって」

    苗木「恥ずかしがらなくてもいいのに」

    苗木「頬が朱に染まってかわいかったなぁ」

    苗木「あ、ダメだこれ。脳みそが揺れてる」ガクガク
  19. 19 : : 2017/10/01(日) 21:39:10
    日向「ははっ、でっかい紅葉だな」

    最原「大丈夫?かなり腫れてるけど」

    苗木「大丈夫だよ。これは霧切さんの愛の証だから」



    日向「んじゃ次は俺が使うぞ」

    日向「都合よく七海が歩いてるしな」



    七海「………」ピコピコ



    最原「相変わらずゲームやりながら歩いてるね」

    苗木「七海さんも処女だろうね。恋愛はよく分からないって言ってたし」

    日向「確かに七海は恋愛が苦手だ」

    日向「でもあいつ、いつ何処でどんな時でも眠るだろ?」

    日向「そうすると」





    不審者(日向)『………ん?』

    七海『すー…すー…』

    不審者『おいおいマジか。こんな所で女子高生が寝てやがる』

    不審者『深夜の公園でよく眠れるな。襲って下さいって言ってるようなもんだぞ』

    不審者『………』キョロキョロ

    不審者『誰も居ないな』

    不審者『ふへへ…!それじゃあ頂くとしますか』

    モミモミ

    七海『んっ…』

    不審者『うひょー!すげー弾力!』

    コリコリ

    七海『んんっ…///』

    不審者『こいつ…寝ながら感じてやがる。とんだ淫乱だな』

    不審者『そんじゃ挿れますか!』





    日向「こういう可能性もあるわけだ」
  20. 20 : : 2017/10/01(日) 22:41:33
    苗木「う、うーん」

    最原「否定は、出来ないね…」

    日向「だろ?」

    日向「七海は危なっかしいからな」

    日向「俺が傍にいてやらないと」

    日向「七海は俺が守る」

    ピッ





    【七海千秋】

    ・経験人数:0人





    日向「七海の純潔は俺がまもおぉぉぉぉる!!」ドドドドドッ
  21. 21 : : 2017/10/01(日) 22:44:32
    ヒロインズで手出してるのが赤松さんだけ……持ち前の行動力が原因だな。
  22. 22 : : 2017/10/01(日) 22:48:14
    でもこれ苗木と日向は非童貞だろ?
  23. 23 : : 2017/10/02(月) 17:54:32
    七海「………」ピコピコ

    日向「んなああああなみぃぃぃぃぃ!」ドドドドドッ

    七海「?」

    日向「七海!」ガシッ

    七海「…日向くん?」

    日向「七海!」ギュッ

    七海「わぷっ」

    ギュウウウ

    七海「日向くん、ちょっと苦し」

    日向「七海!お前(の純潔)は俺が守る!」

    七海「え?」

    日向「どんな事があろうと俺は七海(の処女)を離さない!」

    日向「俺は七海(の処女膜)が欲しいんだ!」

    日向「だから頼む!俺と一緒に生きてくれ!」

    日向「ななみぃぃぃぃぃぃっ!!」ギュウウウウウ

    七海「………」

    七海(日向くんどうしちゃったんだろ)

    七海(急に私が欲しいとか一緒に生きてくれとか)

    七海(これってプロポーズ…なのかな?)

    七海(だったら…)

    七海「えっと…何だかよく分からないけど」



    七海「子供は何人作ろっか」
  24. 24 : : 2017/10/02(月) 22:04:20
    伝わってる様で伝わってな…
    あ、伝わってる()
  25. 25 : : 2017/10/03(火) 12:04:40
    苗木「結婚おめでとう」

    最原「式には呼んでね」

    日向「ははっよせよ。まだ早いって」



    苗木「これでそれぞれ1回づつセンサーを使ったね」

    日向「最原→苗木→俺の順番で使ってくか」

    苗木「じゃあ次は最原くんだね」

    最原「誰に使おうかな」



    春川「………」タッタッタ



    最原「あ、春川さんがランニングしてる」

    日向「春川か…意外と百田とヤってるかもな」

    苗木「春川さんと百田くん、よく一緒に居るもんね」

    最原「ないない。あの2人はありえないよ」

    最原「百田くんは超が付く程の鈍感だからね」

    最原「いつも春川さんがアピールしてるけど全く効果無いし」

    最原「2人の親友である僕が保証する。春川さんは処女だよ」

    ピッ





    【春川魔姫】

    ・経験人数:1人

    ・性交相手:百田解斗





    最原「気不味いよっ!」
  26. 26 : : 2017/10/03(火) 12:29:39
    走ってるってことは、春川さんもダイエットだなw(ゲス顔
  27. 27 : : 2017/10/03(火) 17:18:32
    ハルマキも赤松と同じかんじなのかな
  28. 28 : : 2017/10/03(火) 18:07:40
    >>26
    そんなつもりは無かったんだけどそういう事にしますか(ゲス顔)

    >>27
    そんな感じです。百田は童貞を卒業してる事に気付いていません




    最原「親友2人が実は男女の関係でしたなんて気不味過ぎるよ!」

    最原「ていうか言ってよ!僕達親友じゃないか!」

    最原「親友に隠し事はナシだよ!」

    最原「これからどんな顔して一緒にトレーニングすればいいのさ!」

    苗木「お、落ち着いて」

    日向「赤松も入れて4Pでもすればいいんじゃないか?」

    最原「そ・れ・だ!」

    最原「春川さーん!」ダダダッ



    春川「ん…?最原?」

    最原「春川さん!トレーニングお疲れ様」

    春川「別に…この程度たいした事ないよ」

    春川「で?何か用?」

    最原「あのね、画期的なトレーニング方法を思いついたんだ」

    春川「画期的?」

    最原「うん、このトレーニング方法なら楽しくそして楽に体を鍛えられるんだ!」

    春川「ふーん…」

    最原「さらにさらに!このトレーニングをすれば百田くんと今以上に仲良くなれるよ!」

    春川「………」ピクッ

    最原「どう?興味ある?」

    春川「…本当に百田と仲良くなれるの?」

    最原「もちろん!」

    春川「…なら教えて」

    最原「いいよ、それはね…」



    最原「僕と春川さんと百田くんと赤松さんで4Pをする事なんだ!」



    春川「………よんぴー?」

    最原「あれ?知らない?」

    春川「知らない」

    最原「そっかそっか。それなら今夜僕の部屋に来てよ」

    最原「実践で教えてあげる」

    春川「…分かった。あんたの部屋に行けばいいんだね」

    最原「うん待ってるよ。あ、ちゃんとシャワーを浴びてから来てね」

    春川「トレーニングする前にシャワーを浴びるの?」

    最原「シャワーを浴びずにプレイするのがお好みですか?」

    春川「?よく分からないけど…分かった、シャワーを浴びてから行くよ」
  29. 29 : : 2017/10/03(火) 19:41:44
    ツッコミ不在の恐怖
  30. 30 : : 2017/10/03(火) 21:59:41
    苗木「本当に4Pするの?」

    日向「春川に殺されるぞ」

    最原「大丈夫だよ。春川さんは百田くんが絡むとチョロくなるから」



    苗木「さぁて誰に使おうかな~」



    戦刃「」ボケー



    苗木「お!戦刃さん発見!」

    日向「あいつ何してんだ?」

    最原「口を半開きにして空を見上げてるけど」

    日向「とても軍人には見えないな」

    苗木「きっとお腹が空いてるんだよ。4時間目の授業中よくあの表情してるし」

    日向「それでいいのか軍人」

    最原「戦刃さんは処女かな」

    苗木「そうだね。戦刃さんの頭の中には江ノ島さんしかいないから」

    日向「いや苗木もいるだろ」

    苗木「ボク?ははっそれは無いよ。戦刃さんはボクなんか眼中に無いって」

    日向「こいつ…戦刃からの好意に気付いて無いぞ」ヒソヒソ

    最原「あんなに苗木くん好き好きオーラ出してるのにね」ヒソヒソ

    苗木「何コソコソ話してるの?押すからね」

    ピッ





    【戦刃むくろ】

    ・経験人数:1人

    ・性交相手:江ノ島盾子





    苗木「ほらね。戦刃さんは江ノ島さんの事しか考えてないんだよ」
  31. 31 : : 2017/10/03(火) 22:05:44

    おいちょと待て性交相手の所が…
  32. 32 : : 2017/10/03(火) 22:47:04
    日向「」

    最原「」

    苗木「どうしたの?2人共鳩が豆鉄砲を食った様な顔してるけど」

    日向「驚いたな…」

    最原「衝撃的だね…」

    苗木「え?あぁ確かに近親相姦はちょっと引くよね」



    日向「まさか江ノ島が男だったなんて…!」

    最原「男であんなミニスカを履くなんて変態じゃないか…!」

    苗木「え!?江ノ島さんって女装趣味の男だったの!?」



    日向「だってそうだろ…戦刃の処女膜を破るのにはチ○ポが必要なんだ」

    最原「必然的に江ノ島さんが男という事になるね…」

    苗木「そんなっ…!それじゃああの豊満なおっぱいは…」

    日向「偽乳だな」

    苗木「嘘でしょ…」

    最原「残念だけど…」

    苗木「」ボーゼン



    苗木「いや………ボクは諦めない!」

    苗木「まだ江ノ島さんのおっぱいが本物の可能性は残っている!」

    日向「苗木…諦めろ。男におっぱいは無い」

    最原「江ノ島さんは男…これが真実だよ」

    苗木「まだだよ…女の子が処女膜を破る方法はある」

    日向「何だと…?」

    苗木「ボク達はある可能性を見落としていたんだ」

    最原「可能性…?」

    苗木「そう………」



    苗木「江ノ島さんがふたなりという可能性をね!」



    日向最原「「な、何だってー!?」」

    苗木「江ノ島さんがふたなりなら、あのおっぱいが本物だという可能性は残るよ」

    日向「なんてこった…江ノ島がふたなりだったなんて…」

    最原「それならあのおっぱいが本物で、かつ戦刃さんの処女を奪う事も出来るね」

    日向「すげーよ苗木!」

    最原「キミはまさに超高校級の希望だ!」

    苗木「どんな状況でも諦めなければ希望は輝く」

    苗木「希望は…前に進むんだ!」
  33. 33 : : 2017/10/04(水) 00:31:35
    普通に道具とか指やろw
  34. 34 : : 2017/10/04(水) 16:55:31
    松田「お前チ○コ生えてんだってな。学園中で噂になってるぞ」

    江ノ島「えっ何それ絶望的」



    日向「おっしゃあ!次は俺の番だ!だーれに使おうかなっと…あっ」



    罪木「うゆぅ…また転んでしまいましたぁ」



    苗木「あっ」

    最原「あっ」

    日向苗木最原「「「………」」」

    苗木「罪木さんはその…ね」

    最原「過去に色々とあったみたいだからね…」

    日向「………」

    苗木「どうする日向くん。罪木さんに使うのは止めとく?」

    日向「いや…使うよ」

    日向「確かに罪木は非処女かもしれない。でも、それがどうした」

    日向「女にどんな過去があろうと受け入れるのが男ってもんだろ」

    日向「俺はスーパーダンガンロンパ2の主人公として罪木から逃げない」

    最原「日向くん…」

    日向「俺は…罪木の全てを受け入れる」

    ピッ





    【罪木蜜柑】

    ・経験人数:1人

    ・性交相手:日向創





    日向「すまん。気持ちの整理をさせてくれ」
  35. 35 : : 2017/10/04(水) 17:31:31
    主人公にあるまじき掌返し
  36. 36 : : 2017/10/04(水) 17:34:51
    日向「………」

    苗木「えーと…これはどういう事なんだろ…」

    最原「日向くんは罪木さんとセックスした覚えは」

    日向「無い」

    苗木「となると赤松さんと同じパターンかな」

    最原「日向くん、罪木さんに話を聞いてみたら?」

    日向「………そうだな」ガタッ



    日向「罪木、大丈夫か?」

    罪木「日向さん…」

    日向「ほら、掴まれ」

    罪木「あ、ありがとうございますぅ」

    グイッ

    日向「よっと…怪我は無いか?」

    罪木「大丈夫です。慣れてますから」

    日向「慣れてるとかそういう問題じゃないだろ」

    日向「罪木はもっと自分の体を大事にしろよ」

    日向「あんまり心配させないでくれ」

    罪木「日向さん…」

    日向「頼む」

    罪木「…はい、分かりました。…えへへ♪」

    日向「ん?どうした?」

    罪木「あ、すみません…日向さんはやっぱり優しいなぁって」

    罪木「昔からずっと、変わらないです」

    日向「昔から?」

    罪木「いえ…何でもありません」
  37. 37 : : 2017/10/04(水) 17:45:54
    日向「…なぁ、罪木。お前に聞きたい事があるんだが」

    罪木「私に…ですか?」

    日向「あぁ、その…なんだ…」

    日向「俺と罪木ってさ…」

    日向「セックス…した事あるか?」

    罪木「えっ…?」

    日向「………悪い。今のは聞かなかった事にしてくれ」

    日向「そろそろ授業の時間だ。教室に戻」

    罪木「………ありますよ」

    日向「えっ?」

    罪木「ずっと前に…1度だけあります」

    罪木「日向さんは、覚えていませんか?」

    罪木「私は、今でもはっきりと覚えています」

    日向「………いつの、話だ?」

    罪木「覚えて…いないんですね…」

    罪木「私達が…小学生の時です」
  38. 38 : : 2017/10/04(水) 20:42:08
    ~回想~



    ミカン「ぐすっ…ぐすっ…」

    ミカン「どうして…ぐすっ…誰も私と…遊んでくれないんですかぁ…」

    ミカン「寂しいですぅ…ぐすっ」

    ハジメ「おい、お前」

    ミカン「ふぇ?」

    ハジメ「お前毎日ここで泣いてるよな。ヒマなのか?」

    ミカン「えっと…」

    ハジメ「ヒマならちょっと俺に付き合ってくれないか?」

    ハジメ「最近引っ越して来たばかりでさ、ここらへんの事よく分かんねーんだよ」

    ハジメ「俺の事案内してくんね?」

    ミカン「………」

    ハジメ「嫌か?まぁ無理にとは言わないけど」

    ミカン「嫌…じゃない…です。でも…」

    ハジメ「ん?」

    ミカン「私で…いいんですか?」

    ハジメ「お前がいいんだよ」

    ミカン「!」

    ハジメ「俺はヒナタハジメっていうんだ。お前は?」

    ミカン「わ、私は…ツミキミカン…です!」

    ハジメ「ミカンか、美味しそうな名前だな。それじゃあミカン」

    ハジメ「よろしくな!」

    ミカン「は…はいっ!」
  39. 39 : : 2017/10/05(木) 09:36:44
    幼馴染みの巨乳ドジっ娘とか興奮しますなあ!
    なのにそれを忘れるとは…終わったらおしおきですな
  40. 40 : : 2017/10/05(木) 21:40:00
    ミカン「ここがこの街で1番大きな病院です」

    ハジメ「おーでっかいな」

    ミカン「私、病院が大好きなんですよぉ」

    ハジメ「へー何で?」

    ミカン「あの独特の匂いを嗅ぐと落ち着くんです」

    ハジメ「俺はあの匂い苦手だなー。うえーってなる」



    ミカン「ここがスーパーです。何でも揃ってますよ」

    ハジメ「………」グー

    ミカン「ハジメさん?」

    ハジメ「腹減った…」グー

    ミカン「お腹鳴ってますねぇ」クスクス



    ミカン「公園です」

    ハジメ「食べ過ぎた…ちょっと休憩」

    ハジメ「ミカン、膝借りるぞ」ゴロン

    ミカン「ひょえ!?」

    ハジメ「うあーミカンの膝枕気持ちいいー」

    ミカン「あうあう///」プシュー

    ハジメ「ははっ!ミカンの顔真赤だな!」



    ハジメ「案内してくれてありがとな」

    ミカン「いえ…私の方こそありがとうございます」

    ハジメ「なぁミカン。明日は何処行きたい?」

    ミカン「ふぇ?」

    ハジメ「映画でも見に行くか?」

    ハジメ「それともプール?ゲーセンで遊ぶってのも」

    ミカン「あ、あのっ!」

    ハジメ「ん?どうした?」

    ハジメ「あ、もしかして明日用事あったか?そんじゃー別の日に」

    ミカン「明日も…私と遊んでくれるんですか?」

    ハジメ「俺はそのつもりだけど…無理なら」

    ミカン「どうして…こんな私と遊んでくれるんですか?」

    ハジメ「だって俺達友達だろ」

    ミカン「とも…だち…?」

    ハジメ「友達と遊びたいから遊ぶ。理由はそんだけ」

    ハジメ「俺はミカンと遊びたいんだよ」

    ミカン「………ぐすっ」

    ハジメ「うえっ?」

    ミカン「うっ…ぐすっ…」ポロポロ

    ハジメ「お、おい何で泣く。そんなに俺と友達は嫌か?」

    ミカン「ちがっ…違いますぅ…」

    ミカン「友達が出来たの…初めてだから…!」

    ミカン「今まで誰も…私と遊んでくれなかったから…」

    ミカン「嬉しくて…うえぇぇぇぇん!!」
  41. 41 : : 2017/10/05(木) 21:56:13
    ハジメ「………」

    ミカン「ぐすぐすっ…」

    ハジメ「ミカン」

    ギュ

    ミカン「ハジメ…さん?」

    ハジメ「よしよし。泣くな泣くな」ナデナデ

    ハジメ「泣いたらかわいい顔が台無しだぞ」

    ミカン「ほえっ!?///」

    ハジメ「ミカンと遊んでて思ったけど」

    ハジメ「ミカンに泣き顔は似合わないよ」

    ハジメ「笑ってる顔の方がずっと良い」

    ハジメ「だからさ、俺と居る時はなるべく笑顔で居てくれ」

    ハジメ「俺も出来るだけミカンを楽しませるからさ」

    ハジメ「頼む」

    ミカン「あ、あのあの///か、かわいいって///」

    ハジメ「おいおいここは笑顔で返事をする場面だぞ」

    ハジメ「ほら笑って。こんな感じで」ニカッ

    ミカン「は………」

    ミカン「はいっ!」ニコッ



    ハジメ「やっぱりミカンの笑顔はかわいいなっ!」

    ミカン「ほええ…///」プシュー
  42. 42 : : 2017/10/06(金) 14:59:08
    ミカン「ハジメさんおはようございます!」

    ハジメ「おーおはようミカン」

    ハジメ「よく俺の家が分かったな」

    ミカン「えへへ…愛の力です!」



    ハジメ「どっちの映画を見ようか」

    ハジメ(ミカンは女の子だしホラーよりも恋愛の方がいいかな)

    ミカン「ハジメさん!この作品にしましょう!」

    ハジメ「ホラーでいいのか?」

    ミカン「はいっ!血がドバドバ飛び散るシーンが沢山あるって書いてあります!」

    ハジメ「ふーん…あっこの映画15歳以上じゃないと見れないってさ」

    ミカン「」ガーン



    ミカン「は、ハジメさん…どうでしょうか…///」モジモジ

    ハジメ「うーん…ちょっとハデすぎないか?」

    ミカン「それでしたら…これは?」

    ハジメ「それもハデだな」

    ミカン「じゃあこれは?」

    ハジメ「なぁミカン、何でお前が持ってくる水着はどれも布面積が小さいんだ?」



    ミカン「お、お待たせしましたぁ///」

    ハジメ「ん?…おっ」

    ミカン(浴衣+ポニテ)「へ、変じゃないでしょうか…///」

    ハジメ「」ボー

    ミカン「ハジメさん?」

    ハジメ「!あっいやっその…」

    ハジメ「似合ってる…綺麗だ///」

    ミカン「あ、ありがとうございますぅ///」

    ハジメ「ま、祭行くぞ!」

    ミカン「は、はい!」

    ギュ

    ミカン「ほえ…?」

    ハジメ「はぐれるといけないからな…手を繋ごう」

    ミカン「えっと…はい…///」

    ハジメ「………///」

    ミカン「………///」
  43. 43 : : 2017/10/06(金) 15:22:46
    まだ健全
  44. 44 : : 2017/10/06(金) 18:21:02
    かわいい日罪だなー
  45. 45 : : 2017/10/06(金) 22:01:40
    ~数ヶ月後~



    ミカン「お、お邪魔します…」

    ハジメ「まぁくつろいでくれ」

    ミカン「………」ソワソワ

    ハジメ「どうした。挙動不審だぞ」

    ミカン「ハジメさんのお部屋に入るのは初めてですから…緊張しますぅ…」

    ハジメ「俺達はいつも外で遊んでるからなぁ」

    ハジメ「大した物があるわけじゃないんだからそんな緊張すんなって」

    ハジメ「ほら、ジュースでも飲め」

    ミカン「は、はい…頂きます」チュー



    ミカン「それで…大事なお話とは…」

    ハジメ「ん…あぁそれはだな…」

    ミカン(わざわざお部屋でするお話って何でしょうか…)

    ミカン(大事なお話…ま、まさか!プロポーズ!?)

    ミカン(そんな!私達にはまだ早いですよぉ///)イヤンイヤン

    ミカン(でも私は…ハジメさんとならいつでも…///)





    ハジメ「俺ん家、引っ越す事になったんだ」





    ミカン「えっ…?」
  46. 46 : : 2017/10/06(金) 22:23:19
    あっ……
  47. 47 : : 2017/10/07(土) 10:43:59
    oh…
  48. 48 : : 2017/10/07(土) 18:14:37
    ハジメ「まいったよ。昨日の夜にいきなりまた引っ越しするからって言われたんだ」

    ハジメ「ウチの親父転勤が多くてさー」

    ハジメ「せっかくここでの暮らしに馴れてきたってのに勘弁してほしいよ」

    ミカン「………」

    ハジメ「ミカン?どうした?」

    ミカン「い………や………」

    ハジメ「ミカン?」

    ミカン「いや………です………」

    ハジメ「お前…泣いてるのか?」

    ミカン「いや………いやです………」

    ミカン「ハジメさんが………居なくなったら………」

    ミカン「また………ひとりぼっちに………なっちゃいます………」

    ミカン「ハジメさん………何処にも………行かないで………」

    ハジメ「そう言われてもな…」

    ミカン「私も………連れていって………」

    ハジメ「………無理だ」

    ミカン「どう………して………」

    ハジメ「俺だって、ミカンと離れたくない」

    ハジメ「でも…どうしようもないんだ。俺達は子供なんだから」

    ハジメ「大人の決めた事を変える力はない」

    ハジメ「親の言う事を聞くしかないんだ」

    ミカン「いや………いやっ!」

    ハジメ「俺だって嫌だ!でも…こればっかりは…」

    ミカン「うっ…ぐすっ…」

    ハジメ「頼むミカン。分かってくれ…」

    ハジメ「泣かないで…笑顔で、お別れしよう」

    ミカン「ぐすっ…ぐすっ…」

    ハジメ「な?」

    ミカン「………」



    ミカン「分かり…ました」

    ハジメ「分かってくれたか」

    ミカン「その代わり…1つお願いがあります」

    ハジメ「何だ?なんでも言ってくれ」

    ミカン「私に…傷を下さい」

    ミカン「1人でも…頑張れるように」

    ミカン「ハジメさんが居なくても…生きて行けるように」

    ミカン「いつの日か…ハジメさんと再会出来るように」

    ミカン「私の体に…傷を付けて下さい」

    ハジメ「傷ってお前…そんな事出来るわけ」

    ミカン「お願いします…ハジメさんの傷が欲しいんです」スルスル

    ハジメ「お、おい!何で服を脱ぐんだ!?」

    ミカン「傷を………傷を………下さい」ゴソゴソ

    ハジメ「待て!服を脱がすな!」

    ミカン「ハジメさん」



    ミカン「私を傷付けて」ハイライトオフ
  49. 49 : : 2017/10/07(土) 21:19:05
    ~回想終了~



    罪木「これが、私と日向さんが初めてセックスをした時のお話です」

    日向「………」

    罪木「日向さんが…ハジメさんが私の隣から居なくなって、私はまたひとりぼっちになってしまいました」

    罪木「辛くて…苦しくて…何度も心が折れそうになりました」

    罪木「それでも私は、挫けませんでした」

    罪木「私の体には…ハジメさんから貰った傷がありましたから」

    罪木「ハジメさんと過ごした、甘くて蕩ける様な思い出がありましたから」

    罪木「いつの日か、ハジメさんと再会出来る事を信じて、生きて来ました」

    罪木「希望ヶ峰学園の入学式の日に日向さんに声をかけられた時は心臓が止まるかと思いましたよ」

    罪木「あぁやっぱり私とハジメさんは運命の赤い糸で結ばれているんだって」

    罪木「もう2度とハジメさんを離さないって」

    罪木「そう…思っていたのに」



    日向『はじめまして、俺は日向創って言うんだ。お前は?』

    日向『罪木蜜柑…か。これからよろしくな!』



    罪木「ハジメさんは…私の事を覚えていてはくれませんでした」

    罪木「辛くて…辛くて辛くて辛くて!」

    罪木「苦しくて…苦しくて苦しくて苦しくて!」

    罪木「なんの為に私は今まで生きてきたんだろうって…絶望しました」

    罪木「何度も何度も…泣きました」

    罪木「それでも…私は諦めません」

    罪木「ハジメさんが私の事を覚えていてくれないのなら」

    罪木「日向さんに…私の事を覚えてもらおうって」

    罪木「そう心に決めたんです」
  50. 50 : : 2017/10/07(土) 23:48:56
    あらやだ……日向くんマジサイテー……
  51. 51 : : 2017/10/08(日) 02:38:43
    子供は忘れっぽいからね、
    しょうがないね、
  52. 52 : : 2017/10/08(日) 07:13:31
    赤松みたいな感じかと思えば想像以上に重かった
  53. 53 : : 2017/10/08(日) 12:41:57
    もうこのss日罪オンリーでいいんじゃないかな
  54. 54 : : 2017/10/08(日) 13:54:18
    いやいや、もっと色んなカップリングを見ようよそこは!
    もしかしたらこの日罪並みのエピソードがあるかもしれないじゃない!
  55. 55 : : 2017/10/08(日) 14:04:10
    日罪長すぎて飽きる
    好きでもないから余計に
  56. 56 : : 2017/10/08(日) 16:19:18
    個人の好みを言われても……
  57. 57 : : 2017/10/08(日) 17:52:41
    日罪幼馴染みネタは専用スレを建ててやるべきでしたね
    自分でもこんなに長くなるとは思いませんでした。行き当たりばったりで申し訳無い

    もう少し日罪にお付きあい頂けると嬉しいです
  58. 58 : : 2017/10/08(日) 18:07:41
    罪木「でも…それでも…」

    罪木「覚えていて欲しかった」

    日向「罪木…」

    罪木「日向さんが私の事を『罪木』と呼ぶ度に」

    罪木「私の心に穴が開くんです」

    罪木「もう2度と…『ミカン』と呼んではくれないんだって」

    罪木「その事実が私の心に穴を開けるんです」

    日向「………」



    罪木「ごめんなさい、こんな話をされても困りますよね」

    罪木「今の話は忘れて下さい」

    罪木「『ミカン』はもういいんです。これからも『罪木』として…」

    罪木「……………」

    罪木「いや………です………」

    罪木「忘れ………ない………で………」

    罪木「ミカンを………消さ………ない………で………」

    罪木「もう1度………もう1度だけで………いいから」

    罪木「呼んで………呼んで………下さい………」

    罪木「ミカンって………呼んで………」





    ミカン「ハジメさん」
  59. 59 : : 2017/10/08(日) 18:26:02
    日向「………」

    日向「ごめん…呼べない」

    日向「俺には…『ミカン』との思い出が無いから」

    日向「何も………覚えていないから」

    日向「そんな俺に…お前を『ミカン』と呼ぶ権利は無いんだ…」

    日向「………ごめん」



    罪木「そう…ですよね…」

    罪木「私みたいなドジでマヌケな女との思い出なんて覚えていたくありませんよね」

    罪木「ごめんなさい、押し付けがましい事を言って…」



    日向「違う…違うんだ。覚えていたくないなんて事あるわけない」

    日向「でも…俺は…俺には記憶が無いんだ」

    日向「『ミカン』との思い出だけじゃない…俺には希望ヶ峰学園に入学する以前の記憶が」

    日向「何1つ…無いんだ…」

    罪木「え…?」
  60. 60 : : 2017/10/08(日) 19:01:32
    罪木「どういう…ことですか?」

    日向「俺が…1日に数分間だけカムクライズルになれるのは知ってるだろ?」

    罪木「はい…ありとあらゆる才能を自由に使える状態…ですよね」

    日向「このカムクライズルの才能は、俺が持って産まれたモノではないんだ」

    日向「これは…人体実験の末に手に入れた才能なんだよ」

    罪木「人体実験…!?」

    日向「希望ヶ峰学園には表と裏の顔があるんだ」

    日向「表向きは才能溢れる若者を育て上げ国の希望を作る事」

    日向「裏の顔は…才能を脳に埋め込んで人工的に天才を作る事」

    日向「俺は…脳に無理矢理才能を植付けられた実験体なんだよ」

    罪木「そんなっ…!日向さんがどうして!?」

    日向「さあな…何せ俺には記憶が無いんだ」

    日向「この実験の代償は記憶を失うこと」

    日向「気付いた時には希望ヶ峰学園に入学していよ」

    日向「これらの話も雪染先生から聞いただけ…本当かどうかも分からない」

    日向「あ、人体実験を企てた評議委員の連中は宗方さん達が壊滅させたから安心してくれ」

    日向「今のこの学園は平和だ」

    罪木「………」



    罪木「ふっ…ふふっ…」

    罪木「うふふふふふふふふふふふっ」

    日向「つ、罪木!?どうした!?」

    罪木「そっかぁ…そうなんですねぇ…」

    罪木「ハジメさんが私を忘れてしまったのは希望ヶ峰学園のせいなんですねぇ」

    罪木「おかしいと思ったんですよぉ…私と運命の赤い糸で結ばれているハジメさんが私の事を忘れるなんて」

    罪木「私とハジメさんの愛を妨害する連中がいるんですねぇ!」

    罪木「許さない…絶体に許さない…!」

    罪木「潰してやる…バラバラに切り刻んでやるっ…!」

    日向「お、落ち着け!評議委員はもう捕まって」

    罪木「ハジメさんは待ってて下さいねぇ」

    罪木「全てが終わったらハジメさんの記憶を元に戻してあげます」

    罪木「大丈夫ですよぉ…愛に不可能なんて無いんですから」

    罪木「ミカンとハジメさんの愛で奇跡を起こしてみせます」

    罪木「ハジメさん」





    ミカン「いっぱい愛し合いましょうねぇ❤️」
  61. 61 : : 2017/10/08(日) 19:14:40
    これで日罪編は終わり

    補足するとこのSSでのカムクライズルプロジェクトは中途半端に成功した感じで
    失うのは記憶だけで人格と感情は消失しない
    その代わりカムクラの才能は1日数分しか使えないという事になってます
  62. 62 : : 2017/10/09(月) 15:35:07
    苗木「………」

    最原「………」

    日向「………何だよ」

    苗木「例え過去に何があろうとボク達は友達だよ」

    最原「それだけは忘れないでね」

    日向「………ありがとう」

    苗木「話は変わるけどさ」

    日向「………何だ?」

    苗木「七海さんと罪木さん、どっちと結婚するの?」

    日向「………ノーコメント」

    最原「これは刺されるね」



    日向「さぁ気を取り直して次のターゲットに行くぞ!いつまでもシリアスモードだと疲れるからな」

    苗木「次は最原くんだよ」

    最原「どこかに良いカモいないかな」



    入間「おっかしーなー…経験人数センサーどこいったんだ?」



    最原「カモがネギ背負ってる」

    苗木「入間さんは経験豊富だろうね」

    日向「普段があれだからな。2桁は行くんじゃないか?」

    苗木「いや、もしかしたら3桁行くかも」

    日向「少なくとも処女は無いな」

    苗木「処女はありえないよ」

    最原「あの見た目と言動で処女だったら逆に引くよね」

    ピッ





    【入間美兎】

    ・経験人数:0人





    最原「処女ビッチバンザーイ!!」ダダダッ
  63. 63 : : 2017/10/09(月) 15:56:19
    \(^o^)/さすが入間
    やっぱり君は希望(処女ビッチ)だね!
  64. 64 : : 2017/10/09(月) 16:52:01
    すっごい今更なんだけどこのタイトル
    借り…盗んできたよ!
    じゃなくて
    盗ん…借りてきたよ!
    のが正しいんじゃないの?
    >>1がこれであってるってならいいけど
  65. 65 : : 2017/10/09(月) 16:59:27
    段々最原君のキャラ崩壊が酷くなってきてるっすね。w
    因みに最原君の字ってそのまま変換出来ないからウザくないっすか?
  66. 66 : : 2017/10/09(月) 17:01:44
    性格と行動がアレだけど好きな相手にアップルパイ作れる位には料理上手
    言動と思考がアレだけどわりかしチートアイテムちゃちゃっと作れる天才
    服装と品性がアレだけど自他共に認めるスタイルは正にパーフェクトボディ

    アレな部分さえなければほんと最高のヒロインに!なれたんだけどなぁ……
  67. 67 : : 2017/10/09(月) 19:34:05
    思ったけど最原君が別の人と付き合って経験人数センサーをその時使ってたら浮気を疑われ修羅場になるんジャマイカ!?
  68. 68 : : 2017/10/09(月) 19:52:14
    >>64
    これで合ってます。特に意味は無いので気にしないで下さい

    >>65
    SSを書き始めた当初は少し面倒だったけど慣れました

    >>66
    個人的にダンガンロンパシリーズで1番の美人は入間だと思ってます
    ホント性格がね…ビビってる時はかわいいけど

    >>67
    経験人数センサーは使い方を誤るとコロシアイに発展する可能性のある恐ろしい機械ですわ
  69. 69 : : 2017/10/09(月) 20:20:08
    最原「入間さーん!」タッタッタ

    入間「あん?」

    入間「んだよダサイ原か。オレ様は忙しいんだからどっか行け」シッシッ

    最原「入間さんは処女だったんだね!」

    入間「は、はぁ?」

    入間「お、おお、オレ様が、しょ、処女なわけ、ね、ねーだろ」

    入間「証拠もねーのにテキトーな事ぶっこいてんじゃねーぞ!」

    最原「これを見て」

    【入間美兎】

    ・経験人数:0人

    入間「あっ!テメーか!経験人数センサーをパクりやがったのは!」

    最原「違うよ!借りたんじゃなくて盗んだんだ!」

    入間「合ってんじゃねーか!」

    最原「そんな事はどうでもいいんだよ!ほらこれ!入間さんが処女だっていう証拠だよ!」

    入間「こ、これは…その…こ、壊れてんだよ!」

    最原「え?これ壊れてるの!」

    入間「あ、当たり前だろ!このオレ様が処女なわけあるか!」

    入間「オレ様のヴィーナスボディに群がる雄共は星の数程いるからな!」

    入間「毎日毎日とっかえひっかえヤりまくりだっつーの!」

    最原「本当に処女じゃないの?」

    入間「ヤりまくりだっつってんだろ!」

    最原「ビッチなんだね?」

    入間「ビッ…!?そ、そんな言い方しなくてもいいだろぉ…」

    最原「それならさ」



    最原「僕にもヤらせてよ」



    入間「ふぇ…?」

    最原「毎日ヤりまくりなんでしょ?」

    最原「だったら僕にもヤらせてよ」

    入間「え、えっと…そのぉ…」オロオロ

    最原「ん?どうしたの?まさかダメとは言わないよね」

    最原「あ、実はやっぱり処女とか…」

    入間「お、おーいいぜ!ヤらせてやるよ!」

    入間「お、オレ様のテクにかかれば童貞原の早漏チ○ポなんざ5秒でイかせてやる!」

    最原「ホント?それじゃあ今夜僕の部屋に来てね」

    入間「お、おう!オレ様とヤる前にシコシコ抜くんじゃねーぞ!」

    最原「うん、精子を貯めて待ってるよ」



    入間(ふぇぇどーしよー…今更未経験だなんて言えないよぉ…)

    入間(い、いやダサイ原は童貞だ!オレ様のヴィーナスボディを見せつければそれだけでイくはず…)

    入間(後はテキトーに流せば…)

    最原「ちなみに僕童貞じゃないから」

    入間「え」
  70. 70 : : 2017/10/09(月) 21:32:22
    この流れはまた童貞厨をこじらせるぞ!
  71. 71 : : 2017/10/10(火) 04:09:36
    修羅場をくれぇー!
    後期待してますー!
  72. 72 : : 2017/10/10(火) 09:47:19
    赤松さん来るか…
  73. 73 : : 2017/10/10(火) 10:42:56
    記憶ないんだからほぼ童貞
  74. 74 : : 2017/10/10(火) 23:18:56
    最原「クククッ…あのヴィーナスボディを好きに出来ると思うとニヤニヤが止まらないよ」

    日向「今夜は赤松達と4Pをやるんじゃなかったのか?」

    最原「入間さんを加えての5Pだよ!」

    苗木「うわぁゲスい」



    苗木「次はボクの番だね。ターゲットは決まってるよ」

    日向「ズバリ?」

    苗木「舞園さん!ちょうど広場で歌の練習をしてるからね」



    舞園「~♪」



    最原「舞園さんかぁ…芸能界ってやっぱり枕営業とかあるのかな」

    日向「イケメンな俳優や男性アイドルもゴロゴロ居るからな。舞園は既に誰かに食べらているかもしれん」

    苗木「舞園さんに限ってそんな事あるわけないよ!舞園さんはアイドルだもの清純派だもの!」

    苗木「ボクの舞園さんが非処女だなんてそんなオカルトありえません!」

    ピッ





    【舞園さやか】

    ・経験人数:0人





    苗木「芸能界は腐ってなんかいなかったんだ!」
  75. 75 : : 2017/10/10(火) 23:32:07
    舞園さんには普通に迫ってほしいな苗木…そもそもなんで霧切さんにあんなアタックしたんだ
  76. 76 : : 2017/10/11(水) 22:35:35
    >>75
    好きな子が処女だと判明したらテンション上がりますでしょ?



    日向「おー処女なのか」

    最原「良かった…舞園さんは芸能界の闇に囚われてはいなかったんだね」

    苗木「舞園さんに会ってくるね!」タッタッタ



    苗木「おーい舞園さーん!」

    舞園「苗木くんっ」

    苗木「あのさ舞園さんはしょ」

    舞園「私、処女ですよ」

    苗木「え?」

    舞園「私の純潔は苗木くんの為に取ってあるんです」

    苗木「あの」

    舞園「今はまだダメですけど、いつか…いつか私が芸能界の頂点に立てたその時に」

    舞園「苗木くんに…私の処女を捧げます///」

    苗木「ちょっ」

    舞園「私と苗木くんは今から婚約者です!」

    苗木「まっ」

    舞園「先日苗木くんのご両親にご挨拶をしておきました!」

    舞園「新婚旅行は何処に行きたいですか?」

    舞園「どんなマイホームを建てましょうか」

    舞園「子供は…何人欲しいですか?///」モジモジ

    舞園「浮気をしたら…許しませんからね」ハイライトオフ



    苗木「うん、そうだねっ!」
  77. 77 : : 2017/10/11(水) 22:48:17
    エスパーだから仕方ないネ
  78. 78 : : 2017/10/12(木) 18:53:22
    ハハハ!!ヤンデレって怖いね


    ヤンデレって怖いね(大事なことなので二回言った
  79. 79 : : 2017/10/12(木) 20:01:34
    エスパー&ヤンデレ……厄介だぞ( ´・ω・`)w
  80. 80 : : 2017/10/12(木) 22:14:28
    場合によってはストーカー×ヤンデレもあったけどあの様子ならセーフやな
  81. 81 : : 2017/10/12(木) 22:20:46
    日向「超高校級のアイドルと婚約なんて凄いじゃないか!」

    最原「いやぁ羨ましいなぁ!」

    日向「学園中に言い触らしてくるよ!」

    最原「僕はマスコミにリークしてくるね!」

    苗木「止めて!まだ死にたくなぁい!」



    苗木「死にたくない死にたくない死にたくない…」ブツブツ

    最原「苗木くんが壊れちゃった」

    日向「ほっとけ。そんな事より次だ次」



    西園寺「はい!小泉おねぇあ~ん♪」

    小泉「あ、あ~ん…///」



    日向「あいつら本当に仲良いな。まとめて調べるか」

    ピッ





    【西園寺日寄子】

    ・経験人数:0人





    日向「処女か」

    最原「この学園にロリコンは居ないみたいだね」

    日向「小泉はっと…」

    ピッ





    【小泉真昼】

    ・経験人数:1人

    ・性交相手:サトウ





    日向「サトウはクレイジーサイコレズだもんなぁ…」
  82. 82 : : 2017/10/12(木) 22:22:32
    クレイジーサイコレズやべぇ
  83. 83 : : 2017/10/12(木) 22:42:18
    苗木「流石サトウさん。絶望編が放送された時こいつヤベェって話題になってたもんね」

    最原「復活早いね」

    日向「…これって、小泉とサトウは付き合ってるって事でいいんだよな?」

    最原「まぁそう…だと思うよ」

    日向「つまり小泉は浮気をしてるんだな?」

    苗木「え?どうして?」

    日向「あれを見ろよ」



    西園寺「小泉おねぇだーい好き!」

    小泉「もう日寄子ちゃんたら…///」



    日向「どう見てもあれは恋人同士のいちゃつきだろ?」

    苗木「確かに…」

    最原「つまり小泉さんは西園寺さんとサトウさんで二股してるのか…最低だね」

    苗木「小泉さん…この学園で1番マトモだと思ってたのに…浮気なんて見損なったよ」

    日向「いや…決めつけるのはまだ早い。もう1つの可能性がある」

    苗木「もう1つの可能性…?」

    最原「それは一体…」

    日向「それはな…」



    日向「サトウにレ○プされた小泉を、西園寺が傍に寄り添って癒しているという可能性だ」

    苗木最原「「なっ、何だってー!?」」
  84. 84 : : 2017/10/12(木) 23:02:35
    マジかよサトウ最低だな...
  85. 85 : : 2017/10/13(金) 07:59:56
    苗木「た、確かにサトウさんの小泉さんに対する愛は凄まじかったもんね」

    最原「小泉さんを守る為に九頭竜くんの妹を殺るくらいだからね」

    日向「小泉への愛を抑えきれなくなったサトウは遂に襲ってしまったんだ」

    日向「そして…」



    ザァァァァ←雨

    小泉『うっ…ううっ…ぐすぐすっ…』

    西園寺『小泉おねぇ!?どうしたの!?』

    小泉『ぐすっ…日寄子ちゃん…』

    西園寺『何があったの!?どこか痛い!?』

    小泉『ごめっ…ごめんね…アタシ…』

    小泉『汚されちゃった…』

    西園寺『えっ…?』

    小泉『初めては…日寄子ちゃんって…決めてたのに…』

    小泉『うっ…うううっ…!』

    西園寺『………』

    ギュッ

    小泉『ひよこ………ちゃん………?』

    西園寺『大丈夫…大丈夫だよ…』

    西園寺『どんな事があってもわたしは小泉おねぇから離れないよ』

    西園寺『小泉おねぇはいつもわたしを守ってくれたよね』

    西園寺『これからは…わたしが小泉おねぇを守るよ』

    小泉『日寄子ちゃん…!』

    小泉『うっ…うわあぁぁぁんっ!』

    西園寺『………』ナデナデ



    日向「小泉と西園寺の愛は一層深まったんだ」

    苗木「うっ…ぐすっ…ざいおんじさん…!」

    最原「ぐすっ…立派になったね…!」

    日向「………」スタスタ



    日向「………」

    西園寺「あれぇ?日向おにぃじゃん」

    小泉「何か用?」

    日向「小泉…西園寺…」

    日向「俺は…お前達を応援してるからな」

    西園寺「え?」

    小泉「はぁ?」

    日向「それだけだ」クルッ スタスタ



    小泉「何だったの…?」

    西園寺「さぁ?脳みそが腐ったんじゃない」
  86. 86 : : 2017/10/13(金) 11:24:46
    苗木「まさか経験人数センサーで感動するとはね」

    最原「この機械は素晴らしいよ」

    日向「女の処女膜にはドラマが詰まってるんだな」



    最原「さて、4周目に行くよ。ターゲットは」



    夢野「んあー…」ダルーン



    最原「夢野さん、キミに決めた!」

    ピッ





    【夢野秘密子】

    ・経験人数:0人





    最原「まぁそうだよね」

    苗木「夢野さんって性についての智識あるのかな?」

    日向「疎そうだよな」

    最原「確かめてみようか」
  87. 87 : : 2017/10/13(金) 11:43:30
    最原「夢野さーん」

    夢野「んあ…?何じゃ最原か」

    最原「夢野さんって処女なんだね」

    夢野「んあ?」

    最原「………」

    夢野「………」

    最原「…あれ?何のリアクションも無いの?」

    夢野「最原よ」



    夢野「しょじょとは何じゃ?」



    最原「え?そこから?」

    最原「もしかして…セックスも知らない?」

    夢野「せっくす?」

    最原「純潔とか破弧とか生理とかは?」

    夢野「?」

    最原「レ○プとかアナルとか69とかは!?」

    夢野「???」

    最原「えぇー…女子高生なのに何も知らないってピュア過ぎない?」

    最原「じゃあ…赤ちゃんはどうしたら出来るのとかも知らないの?」

    夢野「それは知っておるぞ」

    最原「えっホント?」

    最原(どうしてピンポイントでそれだけは知ってるんだ?)

    最原(夢野さんのご両親は一体どんな教育をしてきたんだろ…)

    最原「教えてくれるかな」

    夢野「何じゃ?最原は知らぬのか?」

    最原「え?あー…そうだね。知らないから夢野さんに教えて欲しいなぁ」

    夢野「おぉーそうかそうか!ではウチが特別に教えてやろう。とくと聞くがよい!」

    夢野「赤ん坊はな」



    夢野「男と女が同じベッドで寝たら出来るのじゃ!」



    最原「………」

    最原「え?」
  88. 88 : : 2017/10/13(金) 12:03:58
    あながち間違ってはいない・・・
  89. 89 : : 2017/10/13(金) 12:38:17
    なん、だと…(絶望)
  90. 90 : : 2017/10/13(金) 19:52:48
    夢野「どうじゃ!驚いたか!」

    最原「あ、あのさ夢野さん。そのベッドで寝るっていうのは…」

    夢野「そのままの意味じゃ。男と女が一緒のベッドで睡眠を摂ると赤ん坊が出来るんじゃ!」

    最原「あっ、そっちかぁ」

    最原(寝る=セックスではなくて寝る=睡眠なのね)

    最原(良かった~。これで『チ○コをマ○コに入れてズコバコする行為じゃ!』なんて言われたら海に飛び込んでたよ)

    最原「夢野さんは物知りだねぇ」

    夢野「そうじゃろそうじゃろ!ママに教えて貰ったんじゃ!」

    最原(夢野ママさん…貴女の娘は良い子に育ってますよ)

    最原(今から僕が汚しますけどねっ!)グヘヘ

    最原「でもおかしいなー。僕が知ってる方法とは違うんだけど」

    夢野「む?そうなのか?」

    最原「夢野さんの方法だとさ、男女が一緒に寝ただけで赤ちゃんが出来ちゃうんでしょ?それはおかしいよ」

    夢野「どこがじゃ」

    最原「だって」



    最原「僕と夢野さんは毎日一緒にお昼寝してるじゃない」



    夢野「」

    最原「昨日も僕のベッドに潜り込んできたよね」

    最原「一昨日は夢野さんのベッドで僕を抱き枕にして眠ったし」

    最原「3日前は腕枕をしてあげたよね」

    夢野「………」

    最原「でも赤ちゃんは出来てないでしょ?」

    最原「夢野さんの方法は間違いなんだよ」

    夢野「………」フルフル

    最原「安心して。僕が正しい子作りを実践で教えてあげる」

    最原「さ、僕の部屋に行こうか」

    夢野「何ということじゃ………」



    夢野「ウチのお腹には最原との赤ん坊がおるんじゃな!?」



    最原「そうきたかー」

    夢野「おおっ…不思議じゃ…ウチのお腹に新しい生命が宿っておるんじゃな…」

    最原「あのね夢野さん違うんだ。赤ちゃんはセックスをしないと」

    夢野「こうしてはおれん」

    夢野「パパとママ、それにクラスの皆にも伝えんと」

    夢野「ウチのお腹には最原との赤ん坊がおるんじゃー!」ダダダッ

    最原「まってー!僕が社会的に死んでしまうー!!」ダダダッ
  91. 91 : : 2017/10/14(土) 22:59:00
    苗木「ロリコン死すべし」

    日向「慈悲は無い」

    最原「手は出して無いから!」

    苗木「毎日一緒にお昼寝してる時点でギルティだから」

    日向「俺も西園寺と昼寝したいぜ」

    苗木「ボクも………ボクにはロリ枠が居なかった…」orz

    最原「夢野さんのママから電話で『娘を宜しくお願いします』って言われたよ…」

    日向「外堀埋まったな」



    苗木「ロリ枠が居ないならおっぱいだ!ボクはおっぱいとお昼寝する!」



    朝日奈「ドーナツさいこー♪」モグモグ



    苗木「褐色おっぱい発見!処女膜は!?」

    ピッ





    【朝日奈葵】

    ・経験人数:0人





    苗木「しゃおらっ!ドーナツっぱいと処女膜を頂きます!」ドドドドッ
  92. 92 : : 2017/10/15(日) 04:09:04
    最強のセコム(さくらちゃん)がついてると思うけど大丈夫か?
  93. 93 : : 2017/10/15(日) 13:41:38
    苗木くん、そのセコムを堕としてこそ「超高校級の希望」と言えるんじゃないかしら?
  94. 94 : : 2017/10/15(日) 15:29:20
    >>94
    中学時代に戻してくれるなら喜んで堕としにかかるのだろうが...うーむ
  95. 95 : : 2017/10/15(日) 20:47:53
    苗木「朝日奈さんっ!」

    朝日奈「むぐっ!?」

    朝日奈「ん~!」トントントン

    朝日奈「ぷはぁ!」

    朝日奈「もー!びっくりさせないでよ!喉に詰まったじゃん!」

    苗木「ごめんごめん。はいミルクティー」

    朝日奈「あ、ありがと」

    朝日奈「ゴクゴク」

    苗木「朝日奈さん」

    朝日奈「?」ゴクゴク

    苗木「朝日奈さんのおっぱいを枕にしてお昼寝したいんだけどいいかな?」

    朝日奈「!?ごほっ!げほっげほっ!」

    苗木「えっ!?いいの!?それじゃあ早速」

    朝日奈「待って苗木!何言ってるの!?」

    苗木「ほら早く横になって。ボクはもう眠いんだよ」

    朝日奈「な、苗木?頭打ったの?」

    苗木「ミルクティーがこぼれてるね。そのままだと風邪をひくから服を脱いで」

    朝日奈「あ、うん…脱がないよ!?」

    朝日奈「どうしちゃったの苗木!変だよ?何かあったの?」

    朝日奈「罪木ちゃんに診てもらったほうが」

    苗木「処女日奈さん」

    朝日奈「うえっ!?///」

    苗木「ボクはキミのおっぱいでお昼寝したいんだ。分かるよね?」

    朝日奈「えっと…えっと…///」

    苗木「そしてキミの処女膜も頂きたいんだ。これも分かるね?」

    朝日奈「しょ、しょしょ処女って…///」

    苗木「分かったならボクの部屋に来て。いいね?」

    朝日奈「あうあうあう///」

    苗木「葵」ボソッ

    朝日奈「ひゃう!?」

    苗木「分かったって言って」ボソボソ

    朝日奈「うひゃ…///」ゾクゾク

    苗木「葵…お願い」ボソボソ

    朝日奈「わ、分かった!分かったから…」



    朝日奈「耳元で囁かないでぇ…///」ゾクゾク
  96. 96 : : 2017/10/15(日) 21:10:10
    日向「チョロいな」

    最原「流石チョロっぱい」

    苗木「ま、ボクにかかればこんなモンだよ」

    日向「大神にバレるなよ」

    苗木「大丈夫。大神さんには大量のプロテインをプレゼントして買収済みだから」



    日向「さてと誰に使うか…ん?」



    澪田「落とし穴を掘って創ちゃんの度肝を抜いてやるっすよー!」ザクザク



    日向「あのツノドリルは何をしてるんだ」

    最原「日向くんを落とし穴に落としてびっくりさせようとしてるみたいだね」

    苗木「ここからだと澪田さんの姿が見えないよ」

    日向「どんだけ深く掘ってんだ…」

    最原「澪田さんは見た目が派手だけど物凄く良い子だよね」

    苗木「バンドをやってる人は軽いイメージだけど澪田さんは身持ち固そうだね」

    日向「澪田が非処女だったら泣くぞ」

    ピッ





    【澪田唯吹】

    ・経験人数:0人





    日向「落とし穴作り手伝ってくる」タッタッタッ
  97. 97 : : 2017/10/15(日) 21:21:04
    そろそろヤ○マンorヤ○チン出てきてほしいな
  98. 98 : : 2017/10/15(日) 21:35:57
    あ、これ経験人数だから男もアリなのか
  99. 99 : : 2017/10/15(日) 21:36:34
    日向「おーい澪田」

    澪田「あ、創ちゃん!」

    日向「手伝うよ」

    澪田「ホントっすか!それじゃ竹槍のセットをお願いするっす」

    日向「おう」

    澪田「唯吹はスタンガンと手錠を用意しますんで」

    日向「分かった」

    日向「………」セッセッ

    澪田「………」サッサッ

    日向「ところで澪田」

    澪田「何すか?」

    日向「この落とし穴はどう使うんだ?」

    澪田「創ちゃんを捕獲するんすよ!」

    日向「へーどうやって?」

    澪田「まず創ちゃんを落とし穴に突き落としまふ」

    日向「うん」

    澪田「創ちゃんに竹槍が刺さるっすよね」

    日向「そうだな」

    澪田「そこに唯吹がすかさずスタンガンを叩き込むっす!」

    澪田「するとどうなりますか?」

    日向「竹槍とスタンガンのコンボ攻撃だから身動き出来ないだろうな」

    澪田「そうっすよね!そして最後に創ちゃんに手錠を嵌めて終了っす!」

    澪田「後は唯吹の個室に監禁して創ちゃんとのラブラブ新婚生活を堪能するんすよ!」

    澪田「あーワクワクするっすー!!」

    日向「どうしてそんな事をするんだ?」

    澪田「最近創ちゃんが全然構ってくれないんすよ~…」ショボーン

    澪田「唯吹を放ったらかしにして他の女の子と遊んでばっかり」

    澪田「だから決めたっす。創ちゃんを唯吹だけのモノにしようって」

    澪田「監禁して他の女とは一切接触させないっす」

    澪田「唯吹と創ちゃんだけの世界を作りましょー!」

    澪田「創ちゃん。落とし穴が完成したら落ちて下さいっす」



    澪田「一緒に堕ちよ」ハイライトオフ
  100. 100 : : 2017/10/15(日) 21:58:44
    ソニアさんとペコが気になる
  101. 101 : : 2017/10/15(日) 23:47:02
    もしもその二人の経験人数が2桁行ってたら絶望するしかない
  102. 102 : : 2017/10/15(日) 23:52:35
    ソニアとペコも一人ずつだと願いたい……
  103. 103 : : 2017/10/16(月) 00:02:04
    なんで日向のトコは特にこうなるんだw
  104. 104 : : 2017/10/16(月) 00:19:46
    モテモテだしいいんじゃないかな?
  105. 105 : : 2017/10/17(火) 00:21:15
    苗木「いやぁ愛されてるね!」メソラシ

    最原「実に羨ましいよ!」メソラシ

    日向「俺の目を見て言え」

    苗木「骨は拾ってあげるから!」グッ

    最原「おもいっきり逝こう!」グッ

    日向「ふざけんな!お前らも道連れにして」

    ドゴォ!

    苗木日向最原「「「!?」」」



    茶柱「サイハラ…コロス…!」フシュルルル

    大神「苗木よ…覚悟は出来ているな…!」シュゴオオオ



    最原「」

    苗木「」

    日向「どうやらお前らも逝くみたいだな。ざまぁみろ!」

    ポンポン

    日向「ん?」クルッ



    罪木「ハジメさぁん♥️」チマミレ



    日向「」
  106. 106 : : 2017/10/17(火) 01:48:39
    茶柱「よくも…よくも…!」ワナワナ

    茶柱「夢野さんを汚しましたねぇぇぇぇっ!」

    茶柱「あの天使な夢野さんを孕ませるなんてうらやま…許しません!」

    茶柱「死を持って償ってもらいます!」

    最原「………」

    ピッ





    【茶柱転子】

    ・経験人数:0人





    大神「苗木よ…朝日奈に不埒なマネをしようとしたな…!」

    大神「お主にはプロテインを譲ってもらった恩がある…だが!」

    大神「朝日奈に善からぬ事をしようとするのならば我は黙ってはおらぬ!」

    大神「その腐った性根…叩き直してくれるわ!」

    苗木「………」

    ピッ





    【大神さくら】

    ・経験人数:0人





    罪木「うふふっハジメさぁん♥️」

    罪木「私達の愛を邪魔するゴミを掃除してきましたぁ」

    罪木「もう大丈夫です。私達に障害はありません」

    罪木「さぁ私の個室に行きましょう。ミカンとハジメさんの失われた時間を取り戻しましょうねぇ♥️」
  107. 107 : : 2017/10/17(火) 07:44:10
    苗木と最原は何冷静に測定してるのwww
  108. 108 : : 2017/10/17(火) 13:19:30
    >>107

    人は自らの死を悟ると冷静になれる…らしい
  109. 109 : : 2017/10/17(火) 13:24:24
    さくらちゃんはもしかしたらとも思ったがまだだったか
  110. 110 : : 2017/10/17(火) 14:09:46
    苗木「………」

    日向「………」

    最原「………」

    ダダダダダッ



    茶柱「逃がしません!」ダダダッ

    大神「待たぬかっ!」ドドドッ

    罪木「鬼ごっこですかぁ?懐かしいですねぇ」シュババッ



    苗木日向最原「「「ヤバいヤバいヤバい!!」」」

    最原「くっそー!5Pするまで死ねるかー!」

    日向「七海とハメハメするまで死んでたまるかっ!」

    苗木「ボクなんてまだ童貞だよ!死ぬわけにはいかない!」

    最原「でもどうするの!?とても逃げ切れるとは思えないんだけど!」

    苗木「何か…何かないかっ…!」

    日向「こうなったら…!」

    キュピーン

    カムクラ「カムクラパワーで逃げるぞ!掴まれ!」

    最原「その手があった!」

    苗木「ナイス!」

    日向「行くぞぉぉぉぉぉ!!」

    キュイン



    大神「ぬぅ!?」

    茶柱「消えた!?」

    罪木「ふぇぇ…ど、どこですかぁ!?」
  111. 111 : : 2017/10/17(火) 14:15:34
    日向「ここまでくれば大丈夫だろ」

    苗木「いやー助かった」

    最原「ありがとう日向くん」

    日向「しばらくは部屋に隠れてた方がいいかもな」

    苗木「そうだね。大神さん達はまだ捜しているだろうし」

    最原「見つからないように慎重に帰ろう」



    日向「また明日な」

    苗木「5Pの感想聞かせてね」

    最原「楽しんでくるよ」

    苗木日向最原「「「それじゃ」」」
  112. 112 : : 2017/10/17(火) 14:21:40
    カムクラの力ってすげー!
  113. 113 : : 2017/10/17(火) 14:42:01
    ~日向の個室~



    ガチャ

    日向「ふわぁぁ…眠っ…」



    七海「日向くんは私と結婚するんだよ。邪魔しないで」

    澪田「はぁ?寝言は寝てから言ってくださいっす」

    七海「寝言じゃないよ。私は日向くんにプロポーズされたもん。一緒に生きて欲しいって」

    澪田「どーせ夢でも見たんでしょ。寝過ぎて頭がおかしくなったんじゃないっすか」

    七海「あ?」

    澪田「お?」



    日向「………なんてドスの利いた声なんだこえぇぇ…」

    日向「何で俺の部屋で修羅場が起きてんだ」

    日向「と、とにかく逃げないと…!」



    罪木「何処に行くんですかぁ?」



    日向「ふおぉぉぉぉぉっ!?」ビクーン

    日向「つ、つつ罪木ぃ!?」

    罪木「はぁい貴方のミカンです❤️」

    日向「どうして俺の居場所が…!?」

    罪木「愛の力ですよぉ。私とハジメさんは運命の赤い糸で結ばれているんです」

    罪木「ハジメさんが何処に居てもすぐに見つけられます!」

    日向「ま、マジか…」

    罪木「…あれ?あれあれあれあれぇ?」

    罪木「おかしいですねぇ…どうして私とハジメさんの愛の巣に害虫が2匹も居るんですかぁ?」

    七海「…害虫は罪木さんと澪田さんでしょ」

    澪田「あぁ?唯吹を虫呼ばわりしましたね」

    罪木「駆除しないといけませんねぇ」

    七海「…いいよ。相手してあげる」スッ

    日向「落ち着け七海。ゲームキューブは鈍器じゃない」

    澪田「容赦しないっすよ」ブンブン

    日向「澪田、ギターで素振りをするな」

    罪木「ハジメさんは待ってて下さいね。掃除しますから」ジャキ

    日向「罪木、その注射器はデカすぎないか?」

    七海「おらぁ!」ゴッ

    澪田「ふんっ!」バキッ

    罪木「はぁっ!」ブチュ

    ドカッバキッゴンッグチャッ



    日向「………」

    日向「菜摘の所に避難するか」
  114. 114 : : 2017/10/17(火) 21:11:24
    ~苗木の個室~


    ガチャ

    苗木「あー疲れた…」



    霧切「あなた、苗木くんと婚約した等と妄言を言い触らしているそうね」

    舞園「妄言等ではありません、事実です」

    舞園「苗木くんのお義父様とお義母様にもキチンとご挨拶をしたんですよ」

    霧切「…この事をマスコミにリークしたらどうなるかしら」

    舞園「あら、脅すんですか?探偵のくせに?」

    舞園「構いませんよ。恋は障害がある程燃え上がるんです!」

    舞園「芸能界から干されてしまうかもしれません。でも、その程度では私は止まりません」

    舞園「苗木くんも芸能界も、私が手に入れてみせます!」

    霧切「…そう、分かったわ」

    霧切「なら私も本気を出すわ。あなたがこれまでどんな汚い事をして芸能界を生きて来たか暴いてみせる」

    霧切「あなたの黒い噂は数え切れない程聞いているのよ」

    舞園「どうぞご自由に。証拠が見つかるといいですね。ま、無駄でしょうけど」

    霧切「………」ギリィ

    舞園「うふふっ♪」



    苗木「」ガタガタブルブル

    苗木「こ、この部屋物凄く寒いぞ…!」

    苗木「何処かで温まらないと…」

    苗木「…そうだ!セレスさんのスカートの中で暖をとらせてもらおう」
  115. 115 : : 2017/10/17(火) 21:34:47
    ~最原の個室~



    ガチャ

    最原「5Pの前に体を清めないと」



    春川「最原を殺す」ゴゴゴゴッ

    赤松「お、落ち着いて春川さん!」

    百田「俺は4人でも5人でもいいぜ」

    入間「は、初めてが乱交とかレベル高いよぉ」

    入間「でもぉ…悪くないかも♥️」

    赤松「2人も止めてよ!」

    春川「離して。最原のクソヤローを始末する」

    赤松「だからダメだって!」

    百田「んだよハルマキ乱交は嫌なのか?」

    春川「嫌に決まってるでしょ。私は百田と2人で…」

    赤松「わ、私も…最原くんと2人きりがいいな」

    百田「しょうがねーな。んじゃ俺と終一と入間で3Pすっか!」

    入間「あぁっ!?テメーみてーな宇宙馬鹿なんざお断りだっつーの!」

    春川「私よりも入間なんだ。胸か。胸なんだ」

    春川「その無駄にデカい無駄な脂肪の塊、切り落とす」チャキ

    赤松「わー!待って春川さん!」

    春川「ついでにアンタのも切り落とす」

    赤松「なんでっ!?」

    ギャーギャーワーワー



    最原「うーんこれは5Pを出来る状況ではないね」

    最原「どうしようかな…そうだ」

    最原「斬美ママに甘えてこよう」
  116. 116 : : 2017/10/17(火) 22:30:33
    ~次の日~



    苗木「それじゃあ結局5Pは出来なかったんだ」

    日向「残念だな」

    最原「うん。でも東条さんと授乳プレイを楽しめたから結果オーライだよ」

    最原「苗木くんと日向くんは大変だったみたいだね」

    苗木「霧切さんと舞園さんの言い争いは凄かったよ」

    苗木「アレは雰囲気だけで人を凍死させられるレベルだよ」

    苗木「セレスさんのスカートの中に避難しなければボクも危うく死ぬ所だった」

    日向「七海罪木澪田が暴れてな。部屋中ズタボロだ」

    日向「まぁ俺は九頭竜家で食事してて無事だったけどな」

    日向「間違えて酒を飲んじまって九頭竜がぶっ倒れるわ辺古山の眼鏡が爆発するわ菜摘が全裸で踊りだすわでメチャメチャだったよ」



    最原「それにしてもこの経験人数センサーは素晴らしいね。皆の本性がどんどん暴かれていくよ」

    苗木「普通は経験人数なんて分からないからね。かわいいあの子が処女だと判明した時の興奮は病みつきになるよ」

    日向「知りたくない事実も判明するけどな。江ノ島がふたなりとか」

    最原「ま、それだって最高のおかずだよ」

    最原「よーし、学園中の経験人数を調べ尽くそう!」

    苗木日向「「おー!」」

  117. 117 : : 2017/10/17(火) 22:40:12
    ピッ



    【十神白夜】

    ・経験人数:2人

    ・性交相手:腐川冬子、ジェノサイダー翔



    【ソニア・ネヴァーマインド】

    ・経験人数:2人

    ・性交相手:田中眼蛇夢、左右田和一



    【辺古山ペコ】

    ・経験人数:2人

    ・性交相手:九頭竜冬彦、九頭竜菜摘



    【松田夜助】

    ・経験人数:2人

    ・性交相手:江ノ島盾子、音無涼子



    【宗方京助】

    ・経験人数:2人

    ・性交相手:雪染ちさ、逆蔵十三



    【安藤流流歌】

    ・経験人数:2人

    ・性交相手:十六夜惣之助、忌村静子





    最原「………」

    苗木「………」

    日向「………」

    最原「この学園…3P多いね」





    ~END~
  118. 118 : : 2017/10/17(火) 22:41:17
    これで終わりです

    処女喪失モノAVを見ている時に浮かんだネタでした

    ありがとうございました
  119. 119 : : 2017/10/17(火) 22:45:26
    ちょっと待て同一人物がいるぞ
  120. 120 : : 2017/10/18(水) 00:19:23
    左右田……良かったなお前(感涙)
  121. 121 : : 2017/10/18(水) 00:44:51
    お疲れさまでした(っ´ω`c)

    腹筋割れそうです(っ´ω`c) 笑
  122. 122 : : 2017/10/18(水) 08:27:12
    ボクサー良かったな…
  123. 123 : : 2017/10/18(水) 13:18:55
    番外編でいいので彼らがやれることがやれたのか見てみたい^^
  124. 124 : : 2017/10/18(水) 16:02:05
    >>119
    人格が変わると別人としてカウントされる仕組みです

    >>120
    仲良しソニアサンドが好きなのでこういった結果になりました

    >>121
    ありがとうございます。終始下品でしたが少しでも笑って頂けたら嬉しいです

    >>122
    ボクサーは一途だからね。応援したくなります

    >>123
    番外編は厳しいですねネタがもう尽きました
    ただいずれ霧切七海赤松が経験人数センサーを使う話を書くつもりなので、その時に5Pネタとかを書けたらなと思います



    赤松「アンジーさんは処女だよね。神様しか興味ないし」

    ピッ

    【夜長アンジー】

    ・経験人数:1人

    ・性交相手:最原終一

    赤松「………あ?」



    こんな感じで主人公トリオが他の女とヤりまくってるのに自分には手を出してくれず
    ヒロイントリオのヤンデレ度が増していく話を書きたいと思っております

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
nori

エルファバ

@nori

この作品はシリーズ作品です

主人公トリオが女の子達とイチャイチャするシリーズ シリーズ

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場