ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

エレン「進撃の世界をめちゃくちゃにする」アルミン「ありきたりな感じなのに今更やるのか」第1巻※ギャグ(カオス)

    • Good
    • 4

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/02/05(日) 18:18:48
    昔よりギャグセンスを失った僕が(どういうことやねん)
    ギャグ系を書いていきたいと思います…駄作の予感…
    皆さん目が腐らないようにしっかり保護しておいてください
    もうどうせならつまらなすぎて逆に笑えるくらいなとこを狙うべきかもしれないと思い始める俺


    よければコメントくださーい!

    ちなみにマンガ見て書いてますのでそこのところ把握お願いします(把握してどうなるのかは不明)
  2. 2 : : 2017/02/05(日) 18:19:30
    後で投稿していきますっ!1作も終わってないのに4作目であります(当時)
  3. 3 : : 2017/02/05(日) 18:36:39
    その日…巨人は思い出した

    ヤツらに忘れられていた恐怖を…

    璧外で放し飼いにされていた屈辱を…


    エレン「意味分かんねぇよ!!」











    キース「総員!逃走用意!」


    キース「目標は27体だ!必ず逃走するぞ!」


    エルヴィン「…!目標との距離5000!こちらを見ています!」


    キース「目がいいな!」


    キース「訓練通り五つに分かれろ!囮はお前らが引き受ける!(謎)」


    エルヴィン「目標距離100!」


    キース「いくらなんでも速すぎっしょ〜おかしいっしょこれは」


    キース「まぁいいや、全攻撃班!立体機動に移れ!」


    キース「ちなみにお前らのガスボンベは先に空にしてある!」


    キース「お前達には囮として死んでもらおう!じゃあな!good-bye!!また逢う日まで!」


    モーゼス「巨人の力を!思い知るッ!」
  4. 4 : : 2017/02/05(日) 18:39:17
    期待ですw
  5. 5 : : 2017/02/05(日) 18:42:39
    ???「行ってきマウス」ドヤァ



    ミカサ「エレン、エレン、エレン!」


    エレン「…ん〜うるさいなぁ〜」


    ミカサ「エレン!起きて!エレン!?」


    エレン「……」


    ミカサ「…エレン…起きて」


    エレン「……」


    ミカサ「起きろっつってんだろ舐めてんのか」ボコッ


    エレン「いっつ…」


    ミカサ「泣いてんじゃねぇよ、もう帰らないと日が暮れるんだよ」


    エレン「あれ…?…ミカサ…お前…ハゲてないか?」


    ミカサ「は?」ボコッ


    エレン「いってぇ…嘘だって…多分…」


    ミカサ「エレン…どうして泣いてるの…?」ボコッ


    エレン「お前が殴るからだろ」



    ヒュゥゥゥゥゥゥゥ……
  6. 6 : : 2017/02/05(日) 18:43:53
    >>4ありがとうございます(`・ω・´)ゞ
  7. 7 : : 2017/02/05(日) 18:45:52
    エレン「言うなよ誰にも…あの後俺がミカサをボコボコにしたとか…」


    ミカサ「…言う」シクシク


    エレン「でも一発殴っただけで涙が出るなんて…一度親父に見てもらえば?」


    ミカサ「ブーメラン」
  8. 8 : : 2017/02/05(日) 18:55:06
    ハンネス「何泣いてんだミカサ?」


    エレン「!!!?ハ、ハンネスさん!?」


    ハンネス「ミカサ…お前エレンになんかされたのか?」


    エレン「な、何もしてねぇよ!」


    ハンネス「じゃあなんで泣いてんだ?」


    エレン「そ、それより見てくれよ!この跡!ミカサに殴られたんだ!寝てただけなのに!」


    ハンネス「…んで、やり返したのか?」


    エレン「ち、ち、ちげえよ!…って」


    エレン「香水くさ!」


    エレン「え…!?また…香水かけてる…」


    ハンネス「お前らも一緒にどうだ?」


    エレン「つーか使い方間違ってんだよ!ふた開けてドボドボかけんじゃなくて上んとこ押してシュッシュすんだよ!」


    ハンネス「まぁ、知ったこっちゃねーわ」


    エレン「じゃあそもそも香水の使い方を知るつもりなんかねぇんだな!?」


    ハンネス「ねぇな!」


    エレン「なっ、なんだよ!もう駐屯兵団なんて名乗るのやめてにわか香水兵団にしろよ!」


    ハンネス「それも悪くねぇ!」


    エレン「悪いだろ!」


    ミカサ(そもそもこの時代に香水ってあんのかな…まぁそんなの知ったこっちゃねーや)
  9. 9 : : 2017/02/05(日) 18:58:05
    エレン「…」


    ミカサ「エレン、調査兵団はやめたほうがいい」


    エレン「いやオレまだ何も言ってねぇじゃねぇかよ!」
  10. 10 : : 2017/02/05(日) 19:09:18
    カンカンカンカンカンカン


    住民「調査兵団が帰ってきたんだ!正面の門を閉めろ!急げ駐屯兵!」


    ミカサ「英雄の凱旋だ…行こうエレン!」


    エレン「お前さっき調査兵団バカにしてたじゃねぇかよ!テノヒラクルーすな!」


    タッタッタッタッタ…


    エレン「うっわーほとんど誰も見てねぇ調査兵団人気ねぇ〜…」


    住民「こんなに帰ってきたのか…?今回も尋常じゃないな…」


    住民「100人で調査に向かったはずなのに…300人もいるぞ…みんな…どうしちまったんだ…」


    住民「子作り以外にありえないだろうが」


    モーゼス母「モーゼス!モーゼス!」


    エレン「なんだあのババァ」


    エレン「ぐうかわ」


    ミカサ「……」


    モーゼス母「あの…息子が…見当たらないんですが…息子は…どこでしょうか?」


    キース「多分後ろにいると思いますよいつも通りエロ本でも読んでるでしょう」
    ※先ほど囮になって死んでます


    モーゼス母「あ、そうすか…」


    エレン「めっちゃ可愛い惚れてまうやろ」


    ミカサ「エレン、冗談はやめて」



    キース「あー今回も成果得まくりだねみんな。俺超有能だね(謎)」


    兵士「せやね。うん。(謎)」


    キース「ただいたずらに巨人死なせたしね(謎)」


    兵士「まず日本語勉強してから団長やれや」



    住民「すげえもんだな…壁の外にさえいれば安全だってことが良くわかったぜ(謎)」


    住民「おまけに金までくれるとか頭いかれてんだろ」


    住民「全くだ…これじゃああいつらのおかげで太らされてるようなもんだな…ありがてぇ」


    エレン「何言ってっかわかんね、みんな揃って頭おかしいんじゃね」


    ミカサ「ブーメラン」
  11. 11 : : 2017/02/05(日) 19:19:53
    エレン「帰ってきたぞカルラ」


    カルラ「母親を呼び捨てにしないでくれないかなエレン?」


    グリシャ「お、遅かったじゃないか二人共!何かあったのか!?」


    エレン「いーや、別に何も」


    グリシャ「そ、そうか、本当だな!?」


    エレン「なんだよこいつ…過保護かよ…頭イっちゃってんじゃねーの」ボソッ


    ミカサ「エレン、本当のことを言ったらダメ」ボソッ


    エレン「あれ?父さんと母さん出かけんの?」


    グリシャ「ああ、これから書斎で仕事するんだ」


    カルラ「これからビニコンでバイト」


    エレン「父さんは着替える必要性な、母さんはビニコンとかいうなよコンビニって言えよちゃんと」


    ミカサ「…私が…調査兵団に入りたいって…」


    エレン「☆唐☆突☆」


    ミカサ「私は何を考えているの!?壁の外に出た人類がどれだけ死んだかわかってるの!?」


    エレン「いや増えてんだろ」


    ミカサ「分かってる!」


    エレン「俺には分からない」


    ミカサ「壁の外がどうなっているかわからないまま死ぬなんて嫌だ!」


    グリシャ「や、やめなさいミカサ!そんな探究心は今すぐ捨てろ!」


    エレン「お前がそんな事言ったら話進まねーじゃねーかよ」


    カルラ「……ミカサ」


    カルラ「帰ったら…ずっと秘密にしていたチーズハンバーグの作り方を…教えてやろう」


    ミカサ「大丈夫です」
  12. 12 : : 2017/02/05(日) 19:27:56
    アルミン「どうした異端者、さっさと金出しゃいい話だろ」


    いじめられっ子「そ…そんなことできるか!お前が離してくれないんだもん!金すら出せないよ!」


    アルミン「う…うるせえぞ屁理屈野郎!」ボコッ


    いじめられっ子「どこが屁理屈なんだよぉぉぉぉ!!」


    エレン「おい!何やってんだアルミ缶の上にあるミカン!」


    アルミン「ちげーわアルミンだわ」


    エレン「おう!」


    アルミン「おうじゃねーよ」


    エレン「んで、何やってんだよ」


    アルミン「見りゃわかんだろカツアゲだよ」


    エレン「…おい…なんで…」


    エレン「なんで呼んでくんないんだよ!」ボコッ


    アルミン「う、いたい…うぅ…うぇぇん…」ウェェェェン


    エレン「ったく…弱っちーな…おいお前さっさと逃げとけ、どーせ金なんか持ってねーんだろ」


    いじめられっ子「あ、ありがとう…(キャラ崩壊かなこれは)」


    エレン「おい大丈夫かアルミニウム」


    アルミン「一人で…立てるよ…あと…アルミンだよ…」


    エレン「あぁ…すまんピクミン」
  13. 13 : : 2017/02/05(日) 19:44:24
    アルミン「ーーーーーーそれで人類はいずれ風俗に行くべきだって言ったら」


    アルミン「褒められた。最高だって」グスン


    エレン「風俗か…イイなそれ…熟女もいんのかな…」


    ミカサ「エレン…頭イっちゃってるのはあなたの方みたい」


    エレン「くっそーなんで熟女好きってだけで白い目で見られるんだ」


    アルミン「そりゃ…若い子とやるだけでずっと人類が繁栄し続けられたからだ」


    エレン「熟女じゃ繁栄出来ねーのかよ」


    アルミン「無理じゃないかな」


    ミカサ「やめて二人共、このSSは性描写含む、の欄にチェックしに行くの面倒だから」


    エレン「自分の命を賭けるんだ、俺らの勝手だろ!」


    アルミン「うーんちょっと何言ってるか伝わってこない」


    ドォォォォォン


    エレン「うわ、なんだ、耳鳴りってやつか?」


    アルミン「違うと思う」


    ミカサ「絶対違う」


    エレン「なっ!なんだよ!みんなで批判しなくたっていいじゃねぇかよ!」


    アルミン「イヤ、だってそうだもん」


    エレン「はぁ、もういいよ…アルミン、一体何があった?」


    アルミン「そ…そんな…」


    エレン「何があるってんだよったく…動きたくないのに…」


    ミカサ「エレンダラダラしてないでちゃんと動いて、このままじゃニートになる」


    エレン「働いたら負けだ」


    アルミン「エレン!早く!」


    エレン「ん…?なんだアイツ…巨人か?」


    ミカサ「エレン、驚いて」


    エレン「なんで」


    ミカサ「面白くないから」


    エレン「なんでそこで面白さ求めんの」


    住民「う…動くぞ…!」


    ゴゴゴゴゴゴゴ……ゲホッゲホッ


    エレン「自分で発した蒸気にむせてるぞアイツアホじゃね」


    アルミン「だと思う」


    ドドドドドド…ガッシャアアアン


    エレン「あれ?壊せないらしい」


    アルミン「あの壁は発泡スチロールで出来ているからね」


    ミカサ「壊れないわけだ」


    エレン「誰かツッコミなさい」


    アルミン「あれ…?巨人が一旦帰っていく…」


    エレン「ハンマーを持って帰ってきたらしい」


    ドオオオオオオン…


    ミカサ「それでも壊せないらしい」


    エレン「また帰ってった」


    アルミン「今度はドリルか」


    エレン「流石にそろそろやられるな、避難しとこーぜ」


    アルミン「ウィッス」
  14. 14 : : 2017/02/05(日) 21:47:01
    ドォォォォォォン



    エレン「うおおお発泡スチロールが飛んでいくぞ」


    アルミン「壁が壊されたんだ」


    エレン「それは見ればわかる」


    アルミン「ごめん」


    ミカサ「二人共、グダグダな会話はやめて。見てる人が呆れてる」


    エレン「すいませんでした」


    アルミン「逃げるぞ二人共!早くしないと次々と巨人が入ってくる!」


    エレン「!!」ダッ


    ミカサ「!?」


    アルミン「エレン!?」


    エレン「壁の破片が飛んでった先に家が!母さんが!」


    ミカサ「いぇぇぇぇがぁぁぁぁ!!」


    エレン「キャラ崩壊するのはやめろ!!」


    エレン(家に当たってるわけがない…とっくに逃げたに決まってる…)


    エレン(あの角を曲がれば…いつもの家が…いつもの…家が…)


    エレン「あったぁぁぁぁwwwwww」


    エレン「普通にあったあああああwww」


    ミカサ「あれ…誰か倒れてる…」


    エレン「か、母さんだ!何があったんだよ!母さん!」


    カルラ「エ…エレンかい?」


    エレン「ああそうだよ何があったんだよ!」


    カルラ「バイトに行こうと思ったら…必要なものがなかったんだよ…」


    エレン「は!?」


    カルラ「もうバイトに行くのは諦める。でも、心が折れて走れない…分かるだろ?」


    エレン「分かんねぇよ!」


    カルラ「だから…母さんはもう走る気力がないんだ…だからエレン、ミカサを連れて逃げなさい」


    エレン「I'll carry you!」


    カルラ「何でこんな時なのに英語を喋るの!?」


    エレン「What?」


    カルラ「Why don't you ever listen to me?!」


    エレン「何を言ってるかわからないよ母さん!」


    カルラ「もういい!母さんは走って逃げるからあなた達も付いてきて!」タッタッタッタ


    エレン「走れんじゃねぇかよ!」


    ミカサ「速い…速すぎて目で追うことすらできない」


    エレン「置いてくんじゃねぇよ!」


    ハンネス「大丈夫かお前ら!」


    エレン「大丈夫なわけないだろ!にわか香水兵団助けてくれ!」


    ハンネス「ふーんそういう事言うんだ。ふーんもういいよ」


    エレン「おい!どうすりゃいいんだよ巨人が迫ってきてんのに!」


    ハンネス「しゃーねーなー…おい、今家の中に誰かいるか?」


    エレン「家の中なのに何故か着替えを済ませた父さんがいるよ!」


    ハンネス「早く何故か着替えたお前の親父を呼んでこい!」


    エレン「分かった!」タッタッタッタ


    ハンネス「この巨人を倒して3人とも助ける…」


    ハンネス(…やっべおしっこ漏れそう)


    ミカサ(…?何やってんだこの飲んだくれ)


    ハンネス(やっべーなほんとやっべー酒飲みすぎたなおしっこ漏れるてかちびったわ)


    ハンネス(これじゃ時間稼げねーなおいどうする俺?)


    ミカサ(ホント何やってんだコイツ、さっきから股間触りやがって)


    ハンネス(やっべ漏れそう)


    ミカサ(巨人で感じちゃってんのかな…いくら裸体だからって…そんな趣味があったとはハンネスさん…人間のクズだな…調査兵団入れば巨人に嫌でも会えるんだから調査兵団入ればいいのに…)


    ハンネス(マジで威厳とかそういうのあるじゃん?だからそーゆーの守んなきゃいけねーよなこんな所で漏らすわけにわいかねーわ)


    巨人(…なんかこいつくっせぇぞ…こいつ狙うのやめとこ)クルッ


    ハンネス(よく分かんないけどやった俺の勝ち)


    ミカサ(巨人も流石に引いたんだな)


    エレン「父さん早く!」


    グリシャ「あー着替えといてよかったよホント」


    ハンネス「早く逃げますよグリシャさん!」タッタッタッタ


    エレン「えっ…さっきの巨人は?」タッタッタッタ


    ハンネス「俺が倒した!」タッタッタッタ


    ミカサ(嘘つけ)タッタッタッタ


    グリシャ「一体何があったんですか?」タッタッタッタ


    ハンネス「それが自分もよくわかりません!」タッタッタッタ


    ミカサ(分かってないんかい)タッタッタッタ


    ミカサ(両方どっちもどっちだ…こいつらひどすぎる頭が痛くなりそうだ…)タッタッタッタ
  15. 15 : : 2017/02/06(月) 17:14:24
    兵士「この船まだガラガラやねん!早よ乗れや!」


    エレン「…」


    ミカサ「…(ホントに頭痛くなった)」ズキンズキン


    兵士「これ以上はもう危険や!閉門せい!もうシガンシナの住民なんてええねん」


    兵士「せやねぇ…」


    アルミン(まだ人がいるじゃないか…誰か人の心を持ってる人はいないのか…?)


    兵士「巨人が門に突っ込んでくるで!阻止するんや!こんなん余裕やろ余y

    ピシッ ドォォォォォン


    エレン「発泡スチロールの壁が…破られた…」


    ミカサ「普通の巨人でも破れそうだけど…」ボソッ


    エレン「なんか言ったかミカサ?そこはご都合主義なんだよミカサわかったか?」


    ミカサ「俺には分からない」


    エレン「それはお前のセリフじゃないぞミカサ」


    ミカサ「散々人のセリフをパクってきたあなたには特大ブーメランを授けよう」


    エレン「何それ需要あんの?誰得?」
  16. 16 : : 2017/02/06(月) 17:24:35
    住民A「おしまいだ…また…人類は…」


    住民B「反撃〜の〜嚆矢だ〜♪」


    住民A「変なタイミングで歌うな」


    エレン「もう…あの家には二度と帰れない…」


    ミカサ(何を言っているんだろう…家潰れてないし家族からは死者も出てないのに……え?巨人?そんなのは知らん)


    エレン(うるさいぞミカサ、俺は悲劇のヒーロー(謎)を演じてんだよ!俺は今日から俳優だ(謎)!)


    ミカサ(直接脳内に入ってきた!?私のウォール・ローゼが破られるなんて…)


    エレン(膜じゃあるまいし意味深なこと言うな!)


    ミカサ(意味深なのどっちだよ)


    エレン「どうして最後までロクでもない口ゲンカしかできなかったんだ!」


    ミカサ(してない……強いていえば私がチーズハンバーグの作り方教えこまれそうになっただけ)


    エレン「どうして…こんな目に…人間が強いから…?じゃねーや、弱いから?つーか主に弱いの香水兵団だけだろ…」


    ミカサ(またディスられるハンネス)


    エレン「強いやつは吠えるしかないのか…アォォォォォォン!!俺やっぱつえーわ」


    ミカサ「エレン、あなたは調査兵団に行く前に私と精神科に行くべき」


    エレン「何言ってるかわからない」


    ミカサ「本作では主にエレンの言動が意味分からない、とかそういうのは言わないでおこう」


    エレン「言っちゃってるゥ♪」


    ミカサ「……」


    エレン「ちくしょう…チクショウ…畜生…」


    ミカサ(何で3回言ったんだろう…ポ〇モンみたいに進化してんのかな……………って……つまんな…)


    エレン駆逐してやる…この世から……1匹…残らず!


    ミカサ(おーっとここで作者、鍵カッコを忘れる痛恨のミス)


    ミカサ(エレン駆逐してやるってなんだかまるでエレンが駆逐されるみたいだ…私が守ろう)


    エレン(なんでこいつニヤニヤしてんだ)


    ミカサ(してねえわ、どちらかといえばめんどくせえなと思ったよ)
  17. 17 : : 2017/02/06(月) 17:26:04
    思ったけどこの作品くっそつまんねーじゃん(俺の作品は全作品共通)
    打ち切りになりそうだよこれ
    まぁ続き書くけど←
  18. 18 : : 2017/02/06(月) 20:54:52
    ※ちょっと飛びます



    教官「本日諸君らは訓練兵を卒業する…その中で訓練成績が良かった上位十名を発表する。呼ばれたものは前へ」






    教官「首席 ミカサ・バッカーマン!ではなくヤッターマン!」


    教官「でもなかったわ、ミカサ・キッコーマン!」


    教官「間違えた!首席 エレン・イェーガー」


    ミカサ(めんどくさ…スルーしよスルー)


    エレン(眠い…)













    教官「2番 エレン・イェーガー」












    教官「3番 エレン・イェーガー」


    エレン「あれ?あれ?」















    球場内アナウンス「4番 サード エレン・イェーガー」


    エレン「野球じゃねーだろ!」
















    教官「5番 エレン・イェーガー」



    ミカサ「もうそのボケは飽きた、そもそも最初から面白くない」

















    教官「6番 エレン・イェーガー」


    アルミン「ツッコミすらしたくありません!」


    教官「うるさいバカみてぇな名前のアルルルミンアルルルミンレルト!」

















    教官「7番…目がかゆいエレン・イェーガー」


    エレン「目かゆくないです」


    教官「目がかゆいのは私だ」

















    教官「8番 ジャン・キルシュタイン!の親友エレン・イェーガー」


    エレン「は?俺がなんであんな馬と仲良くならなきゃいけないんすか」


    ジャン「こっちのセリフだ」




















    教官「9番 エレン・キルシュタイン」


    エレン「もはや誰なんですかそれは」


    ジャン「なんで教官は俺らを仲良くさせたいんだよ…」


























    教官「10番 アルミホイル・ピクミン」


    アルミン「誰だよ」
  19. 19 : : 2017/02/06(月) 20:57:47
    期待ですw
  20. 20 : : 2017/02/06(月) 20:58:40
    >>19こんなくだらないのに期待とはwありがとうございますw
  21. 21 : : 2017/02/06(月) 21:07:58
    教官「…以上10名…」


    エレン「絶対10名じゃない」


    アルミン「絶対最後の僕だよね」


    教官「誰だお前は?お前のようなマッシュルームは呼んでいない。開拓地へいけ」


    アルミン「いやおかしいでしょてかみんな見てるのに自分10位だと思っててしかも違うとか赤っ恥だよどうすんだよ」


    エレン「開拓地へいけマッシュルーム」


    アルミン「お前も便乗するな、首席だからって調子乗るなよ」


    エレン「おう」


    アルミン「4番だからって調子乗るなよ」


    エレン「でも出来ればピッチャーが良かった」


    教官「お前は連投したからな、今回は相手も弱いしお前は温存だ」


    エレン「ハイ!監督!」



    ジャン(エースで4番かよ)


    アルミン「くっそ…ちょっとくらい…いや、結構…いや、かなり…顔がいいからって…モテるからって…野球できるからって…調子乗るなよ…」


    ミカサ「もう褒めるのはそこら辺にしときなさいアルミン」



    アルミン「いやまだだまだ言い足りない…天才すぎて幼なじみに誇りに思われてるからって…」


    ミカサ「もうよして、あなたのライフは0よ」
  22. 22 : : 2017/02/06(月) 21:14:48
    教官「本日を以て訓練兵を卒業する諸君らには5つの選択肢がある」





    教官「王の元で民を統制し秩序を守る「憲兵団」」











    教官「香水研究をする「香水兵団」」









    エレン「…おい、名付け親である俺がツッコまないとでも思ったか」













    教官「犠牲を覚悟して璧外の巨人領域に行く「散歩兵団」」







    アルミン「あぁ楽しそう」














    教官「入ればすぐ、解剖される「解剖大好きクラブ」」





    エレン「ポ○モン大好きクラブみたいに言うな」













    教官「特にこれといってすることもない「調査兵団」」





    エレン「調査しないんかい」
  23. 23 : : 2017/02/06(月) 21:19:12
    教官「無論、新兵から解剖大好きクラブに入団出来るのは」


    教官「首席のみだ」


    エレン「あなたは一体何を、この俺に解剖されろと言っているんですか」


    教官「当たり前だがお前が入るとは思っていない」


    エレン「何のためにあんだよそれ」


    教官「ちなみに憲兵団には原作での上位10名が入れる」


    エレン「原作でのとか言うのやめませんか」


    教官「後日配属兵科を問う。本日はこれにて104期訓練兵団解散式を終える…以上!」
  24. 24 : : 2017/02/06(月) 21:27:22
    ジャン「あー憲兵団に入ればやっとこのクッソ息苦しい最前線の街から脱出できるぜ…」


    ジャン「内地での安全で快適な暮らしが俺たちを待ってるんだ…なぁマルコ!」


    マルコ「恥を知れよこの馬面!お前みたいな顔面のやつが大声で喋ればどうなるかわかってるのか!?」


    ジャン「お前…全国のジャンファンに謝れ!」


    マルコ「知ったこっちゃねーよ!」


    ジャン「あ〜すまん俺が悪かった。お前は毒舌だったな」


    エレン「なぁ…内地が快適とか言ったな…ジャン…内地に行かなくてもお前の脳内は快適だと思うぞ?」


    ジャン「あぁ…夏場はクーラーガンガンだしな…」


    ジャン「って違うわ!お前…それをお前が言うかエレン…外の世界を探検するとか言ってたな…おめでたいのはお前の方じゃないのか?なぁ…普通に考えれば分かるだろ?人類は巨人に勝てない…」


    エレン「それで?」


    ジャン「は?おまえ話聞いてたか?」


    エレン「聞いてなかった」


    ジャン「おい」
  25. 25 : : 2017/02/06(月) 21:37:04
    エレン「まぁいいや…お前の話聞くの面倒だし…馬の世話なんかしてられっかよ」


    ジャン「お前も全国のジャンファンに謝れ」


    エレン「はぁ…もうわかったから…さっさといけよ内地に…お前みたいな敗北主義者がここにいちゃあ士気に関わんだよ…」


    ジャン「もちろんそのつもりだが…お前こそ壁の外に行きてぇんだろ?さっさといけよ、大好きな巨人がお前を待ってるぜ?」


    エレン「俺は巨人より阪神の方が好きだよ!」


    ジャン「はぁ!?野球のことなんか聞いてねえよ!」


    エレン「あ〜そうだなお前みたいな馬に野球のルール分かんねえもんな!」


    ジャン「お前首席だからって調子乗りやがって!」ボコッ


    エレン「お前のパンチなんか痛くも痒くもねーんだよ!強いていえばくすぐったい!」ケラケラ


    ジャン「お前おちょくってんだろ…」


    エレン「うん。」


    ジャン「うんじゃねえよ」


    マルコ「もううるせえな黙れよ馬面恥を知れ」ドスッ


    ジャン「ぐへえ☆」バタッ


    エレン「マルコ…やっちまったなぁ☆」


    マルコ「そうだね☆ごめんよ馬!」


    アルミン「それじゃ済まされないっしょwwww」


    エレン「そんな時は俺の治癒魔法で」


    アルミン「やめろ、原作の世界観すら失ったらもうこの作品はただのゴミだ」


    エレン「そんな事言うな作者が泣くだろ」


    アルミン「駄作メーカーなんかいくら貶しても罰は当たらないよ」


    俺「俺が直々に罰を下してやるからな見てろよ」


    アルミン「どwうwやっwてwwww」


    俺「ぶっ〇すぞてめえ」
  26. 26 : : 2017/02/06(月) 21:44:44
    エレン「ミカサ、お前配属兵科の希望は?」


    ミカサ「散歩兵団」


    エレン「だめだお前は俺と一緒に調査兵団に入れ、お前はなんだろうと早死する、俺が見届けてやる(謎)」


    アルミン「もうお開きだってよ二人共。寮に戻るよ」


    エレン「アルミン、お前配属兵科の希望は?」


    アルミン「僕は調査兵団にするよ」


    エレン「足でまといだ、やめた方がいい」


    ミカサ「アルミンが入ってもどうせいじめられるだけ。主にエレンと私に」


    アルミン「みんなで否定しなくてもいいじゃないか…死んでも足でまといにはならないよ!」シクシク


    エレン「いーや足でまといだ」


    ミカサ「私もそう思う。アルミン、調査兵団はやめた方がいい」


    アルミン「もういいよ!エレンもミカサも知らないミン!」


    エレン「じゃあな、先に寮行ってていーぞ、おやすミン」


    ミカサ「おやすミン」


    アルミン「おやすミン」


    ジャン(なんだこいつら)←復活
  27. 28 : : 2017/02/06(月) 22:01:56
    見てるよー
  28. 29 : : 2017/02/06(月) 22:01:57
    こんなつまんねーのに三人もお気に入りしてくれた涙でそう
  29. 30 : : 2017/02/06(月) 22:02:34
    >>28フランスパングランプリさん…見てくれてるとはありがたい!!
  30. 31 : : 2017/02/07(火) 17:04:16
    >>29「こんなつまんねーのに…」って…

    めちゃめちゃ面白いですよ!?
    ひとりで爆笑してしまいましたwww

    期待です
  31. 32 : : 2017/02/07(火) 17:14:57
    >>31ホントそういうコメントすげえ嬉しいです励みになります!
    ありがとうございます!
  32. 33 : : 2017/02/07(火) 20:31:17
    エレン「おやすミンとか言ったけどやっぱ寮まで遠いわぁ」


    アルミン「そうだねぇ」


    ミカサ「瞬間移動すればいい話」


    エレン「できるんならやれ」


    ミカサ「ちなみにできない」


    エレン「じゃあするな」


    アルミン「…あっ!香水兵団のお荷物だ!」


    ミカサ(ハンネスさん…またディスられてる…)


    ハンネス「お、おいお前ら…一応俺の方が立場的に偉いんだからな…?敬礼くらいしろ?」


    エレン「香水兵団のにわか香水部隊長より訓練兵団首席でエースで4番の俺の方が偉いと思うけど?」


    ハンネス「サラッと俺をバカにしただろ…」


    エレン「バカにするも何もあんたは元々馬鹿でしょ」


    ミカサ(ハンネスさんが巨人討伐したとか嘘ついてた時普通に騙されてたエレンも馬鹿だと思う)


    ハンネス「そういえばお前の親父…行方がこっちもわからないままなんだが」


    エレン「親父か、そういや行方不明になったっけ」


    ハンネス「頼りは最後にそばにいたというお前の記憶なんだが…何か思い出したか?」


    エレン「うっ…頭が…!」ドサッ










    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    女性「や、やめてくださいグリシャさん!何をしようとしているんですか!?」


    エレン「やめてよ父さん!父さんは母さんがバイトをやめておかしくなったんだ!」


    グリシャ「エレン!ズボンを脱ぎなさい!」


    エレン「何言ってんだよ父さん!」


    グリシャ「そっちの君も!服を脱ぎなさい!」


    女性「何言ってるんですか!?離してください!」





    グリシャ「エレン!」










    グリシャ「童貞を捨てなさい!!」










    グリシャ「そして私も混ぜてくれ!」



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







    アルミン「エレン!」


    エレン「!?なんだよ変態クソ親父!…………って…あれ?アルミン?」


    アルミン「大丈夫なの?あのあと急に倒れて寮まで運んだんだ(変態クソ親父ってなんだよ)」


    アルミン「すごくうなされてたけどどんな夢を?」


    エレン「……大変だ、おそらく性描写を含むの欄にチェックしなきゃいけなくなった」
    ※今ここでつけることを決意しました。
  33. 34 : : 2017/02/07(火) 21:02:31
    エレン「はぁ…?調査兵団にするって?(バカは来んじゃねぇwwwww)」


    エレン「コニー…お前は8番だろ(原作)!?前は憲兵団に入るって…」


    コニー「憲兵団がいいに決まってるだろ…けどよ…」


    トーマス「首席のお前がいるからだろ(適当)」


    エレン「お、おう、きかんしゃトーマス」


    きかんしゃトーマス「誰がきかんしゃトーマスだバカ野郎」


    コニー「イヤ…!オレは…あれだ!そう!ジャンだ!」


    コニー「俺はあいつと同じ兵団に入りたくないだけだ!」


    エレン「何でだよあいつめっちゃいいやつだろ」


    コニー「う、うるせえ!」


    エレン「ごめんねこれからはちっちゃい声で喋る」ボソッ


    きかんしゃトーマス「絶対違う」


    サシャ「あのぅ…皆さん」


    エレン「なんだよ芋女パンプキン」


    サシャ「いや…サシャです…てか芋なのにカボチャってどういうことですか?」


    エレン「うるせえ黙れ」


    コニー「お前手に持ってるのはなんだ?」


    サシャ「お肉です!上官の食料庫から盗ってきました!」


    エレン「よっしゃそれ食べよーぜ」


    ミーナ「みんなで分けよう!」


    コニー「スライスしたりー!」


    きかんしゃトーマス「パンに挟んだり!」


    サムエル「いーや俺が全部食ってやる…グへへへへへ」バッ


    サシャ「あっ!取らないでください!」


    エレン「上官!!サムエルが上官の食料庫から肉盗んでます!!」バッ


    サムエル「おい?おい?てか肉今取られたし…」


    上官「お前ちょっとこっち来い」


    サムエル「いや俺じゃないんですけd…」


    サシャ「こいつです」


    コニー「こいつです」


    ミーナ「こいつです」


    エレン「こいつです!…モグモグ…生でもいけんじゃん…」


    トーマス「僕はただの機関車です!」


    上官「そうか。ということらしい。貴様名はなんという!」


    サムエル「アルミニウム・キルシュタインです(大嘘)」


    上官「アルミニウム、ちょっとこっちへ来い」


    サムエル「はーい☆」


    エレン「逝ってらっしゃーい!」


    エレン「よし!じゃあみんなで食おうぜ!」


    固定砲整備4班サムエル以外の一同「ぉおおおおおおお!!…ってなんだこのかじった痕は」
  34. 35 : : 2017/02/07(火) 22:22:02
    ☆腹筋崩壊☆
    1人でむっちゃ爆笑してました!
    特に>>3 >>5が面白くて3分くらいずっと笑ってました!
    期待です( ´ ▽ ` )ノ
  35. 36 : : 2017/02/07(火) 22:24:13
    >>35 美華沙さん!ありがとうございます!頑張ります!!
  36. 37 : : 2017/02/08(水) 22:59:21
    期待です(*≧∀≦*)
    爆笑しました!
    面白いからくそつまんないとか言わないで!
  37. 38 : : 2017/02/09(木) 07:48:01
    >>37ありがとうございます!
    ホントですか!?
    そういうコメント貰えるととても嬉しいです!
  38. 40 : : 2017/02/09(木) 13:03:22
    エレン(あれから…5ヵ月経った…)


    エレン(5792分の1の領土と…95000分の1の人口を失ってようやく)


    エレン(人類は…尊厳を取り戻しつつある…勝てる…)


    エレン(人類の反撃は…これからd




    ドォォォォォォォォン…





    エレン「寒ッ!!」


    エレン「みんな!立体機動に移れ!」


    固定砲整備4班サムエル以外「ハッ!」


    エレン「危なかった…ていうか!」


    エレン「なんで今出てきたんだよ!最後までセリフ言わせてくれよ!」


    エレン「そもそもなんで俺達が目の前にいるのに巨人化しようと思ったんだベルトルト!」


    ベルトルト「えぇぇえ!?!?」
  39. 41 : : 2017/02/09(木) 17:53:52
    大丈夫エレミカとか書いてる時点で進撃馬鹿にしてるから
  40. 42 : : 2017/02/09(木) 18:05:57
    >>41え?俺エレミカ書きましたっけ?
    閲覧&コメありがとうございます!
    あとすいません!色々聞いて申し訳ないんですが何が大丈夫なんですか?
  41. 43 : : 2017/02/10(金) 15:55:59
    5792分の1の領土と95000分の1の人口ってw
     
    しかもベルトルトって分かってんですかw
  42. 44 : : 2017/02/10(金) 17:33:45
    >>43
    ほとんど奪われてませんww

    そこはご都合主g……ゴホンゴホン…いや…何ででしょうね…?
  43. 45 : : 2017/02/12(日) 18:42:19
    ベルトルト(とにかく壁を壊して逃げよう…)


    ドォォォォォォン…


    エレン「…ちく…ちく…チクチクしてやる…1匹…残らず…!」


    エレン「バシュウウウウウ!」


    きかんしゃトーマス「立体機動装置の音を口で言っていくスタイル」


    エレン「よう…2日ぶりだな…」


    ベルトルト(その前にも言うべきセリフあっただろうに全部省いたせいで早く来られて逃げるタイミングを失った…)
  44. 46 : : 2017/02/17(金) 22:26:17
    エレン「バシュウウウウウウ!」


    きかんしゃトーマス「2回目やめて、突っ込みにくい」


    エレン「バシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!」


    きかんしゃトーマス「もう勝手にして」


    エレン「呪い!」


    ベルトルト「えっ…のろいって…その…鈍い!じゃなくって…そっち?」


    エレン「うっ!寒ッ!」


    きかんしゃトーマス「自分で言うか」


    ベルトルト「どうしよ…呪いのせいで蒸気止まらない…まぁいいや逃げよ」


    エレン「いっけええええええええええ!!」


    エレン「ザシュッ!」


    きかんしゃトーマス「ザシュッ!じゃねーよお前のせいで逃げちゃったわ」


    コニー「オイ!そんな話してる場合か!」


    エレン「その通りだこの機関車野郎」


    きかんしゃトーマス「なんかよくわかんないけど俺disられてんのかなこれ」


    コニー「壁が壊されちまったんだ…早く塞がないとまた巨人たちが入ってくるぞ!」


    エレン「あ〜めんどくせ…マジメンディー」


    きかんしゃトーマス「ホントそれ…マジメンディー」


    ミーナ「どれなの!ホントどれ!?メンディーとか言わないで!」


    エレン「ポテチ買いに行こうぜ」


    きかんしゃトーマス「ホントそれ」


    エレン「だから何がだよ」


    きかんしゃトーマス「手のひら返すな寂しいだろうが」


    上官「何をしているんだ訓練兵!」


    エレン(ヤバイ…壁に穴が空いてんのにトロトロしてたらそら怒られるわな)


    上官「オイ…お前らの中に真の肉泥棒がいるらしいな…」


    きかんしゃトーマス「今その話かよ!」


    エレン「ホントそれ!」


    きかんしゃトーマス「だからどれだよ」


    エレン「寂しいからやめろよ!心が破けちゃうだろうが!」


    ミーナ「うるさい破けろ!」


    エレン「上官…ミーナさんにいじめられました〜」


    ミーナ「出た、すぐチクる奴」


    上官「かわいそうに…何があったんだ?」


    ミーナ「って上官!?」


    上官「なんだね君たちは。さっさとポテチ買いに行きなさい!」


    きかんしゃトーマス「ハッ!」


    ミーナ「じゃねーよ!」


    サシャ「このお肉美味しいです…!!」


    エレン「お前は肉食うな!」


    ミーナ「なんなんだこのカオス!」


    きかんしゃトーマス「つーかそもそもは肉泥棒の話だろうが!?」


    エレン「そんなものは忘れろ…今お前には何が見える?ポテチだろ?(強制)」


    きかんしゃトーマス「見えねーよ!てか(強制)ってのやめろよ!」
  45. 47 : : 2017/02/22(水) 19:44:14
    面白いwwwww
  46. 48 : : 2017/02/22(水) 19:58:59
    >>47
    ありがとうございます!!!!
  47. 49 : : 2017/02/22(水) 21:04:25
    ※またちょっと飛びます



    上官「悔やまれることに最も実戦経験の豊富な散歩兵団は昼食後の散歩のため出払っている」


    アルミン(昼食後の散歩…?非常事態だぞ帰ってこいよ…)


    上官「現在我々人類最強兵団のみによって…」


    エレン(何が人類最強だ嘘つきやがってこのにわか香水兵団が)


    上官「壁の修復と迎撃の準備が進行している」


    アルミン(壁の修復…?壁直せる技術あったかな香水兵団に)


    上官「お前達訓練兵も卒業演習を合格した立派な兵士だ!お前達だけで作戦を決行してもらう!」


    エレン(嘘だろ)
  48. 50 : : 2017/02/23(木) 22:33:14

    なんだwwwこのカオスさはwww





    期待ですww
  49. 51 : : 2017/02/23(木) 22:48:24
    >>50
    カオスだと思ったら狙い通りであります(`・ω・´)ゞ


    ありがとうございます!
  50. 52 : : 2017/02/25(土) 15:31:29
    何このsswwwwwwww

    めちゃくちゃ..........





















    おもしれぇじゃねーか!wwwwww
  51. 53 : : 2017/02/25(土) 23:07:36
    >>52
    何このコメントwwww

    めちゃくちゃ………





    嬉しいじゃねーか!
  52. 54 : : 2017/02/27(月) 15:54:21
    フランツ「大丈夫だよアンナ…僕が必ず君を守るから」


    ハンナ「パンツ…大丈夫じゃないみたいね、私の名前を間違えてるもの」


    フランツ「あっ!?ごめんよペコ!」


    ハンナ「それあれだね、ペコ&りゅ○ちぇる」


    ミカサ(エレンいないんだけど)
  53. 55 : : 2017/02/27(月) 15:57:33
    ミカサ「エレン!」


    エレン「!?大丈夫か!?」


    ミカサ「え、あぁ、私はd エレン「ほんとに大丈夫なのかアルミン!?」


    ミカサ(あぁそっちね)シクシク


    アルミン「だだだだだだだっだっだだっだっ大丈夫っだっこんっなの!すっぐにっ収まっるぅ!?!?」ガクガクブルブル


    エレン「おぉ良かった!」


    ミカサ(なんでやねん)
  54. 56 : : 2017/02/27(月) 16:02:57
    アルミン「しかしっ…まずいぞ…現状では縦1mもの穴をすぐに塞ぐ技術は無い!」


    エレン「そんなんいくらでもあんだろうが」


    アルミン「塞いで栓をするって言ってたあの岩だって…結局掘り返すことさえ出来なかった!」


    エレン「ガン無視☆」


    アルミン「穴を塞げない時点でこの街は放棄される…ウォール・ローゼが突破されるのも時間の問題…そもそも巨人はその気になれば…壁なんかいくらでも壊すことが出来るんだ!」


    エレン「壁が発泡スチロールであることに…やっと気づいたようだなピクミソ」


    アルミン「どんな味噌なのそれは」
  55. 57 : : 2017/02/27(月) 16:14:06
    上官「それでは訓練通りに各班ごと通路に分かれ人類最強兵団の指揮の下、補給支援、情報伝達、巨人の掃討などをお前らだけで行ってもらう」


    エレン(相変わらず頭のおかしいにわか香水兵団)


    上官「前衛部、中衛部、後衛部どこがいいかは自由に決めろ」


    コニー「俺後衛部が良い!ジャンケンで決めるぞ!ジャンケンぽい!!」


    エレン(うるさい黙れ)


    上官「我々は住民にタダで飯を食わせてやっている。とはいえ見捨てたら可哀想である。だからお前達が助ける(謎)そのためにこのウォール・ローゼを死守しなければならない。」


    アルミン(意味がわからない)ボーゼン


    上官「お前らなんかいくら死んだっていいんだとにかく住民と我々さえ助かれば」ボソッ


    エレン(サラッと住民思いやるあたり優しい)


    ミカサ(どう考えても人間の底辺)


    上官「なお…承知しているであろうが巨人を討伐せずに生きて帰ってくれば死罪に値する…みな心して命を捧げよ」


    アルミン(人生終了)ガクゼン


    上官「解散!」


    訓練兵「ハッ!!!?」


    エレン(最後に疑問符が付いてるとか気にしたら負けだ)
  56. 58 : : 2017/02/27(月) 16:20:02
    ジャン「うおぉぉぉ!!」


    ジャン「なんで今日なんだ明日から内地に行けたっつーのに!なぁ!答えろベルトルト!」


    ベルトルト「!?!?!?」


    ジャン「まぁ俺はそんなことよりジャンケンに勝てたことの方が嬉しいから許してやる」


    ベルトルト「あ…あ…あぁ…。」
  57. 59 : : 2017/03/04(土) 10:05:16
    なぁ!みんななんでベルさん責めるんだよ!答えろよジャン!((殴
    ゴホッ…期待です
  58. 60 : : 2017/03/04(土) 13:06:30
    >>59
    ベルトルトがそこに居たからだ!!(名言風)
    ありがとうございます!
  59. 61 : : 2017/03/10(金) 16:18:33
    >>59でもエレンもジャンも優しいよねwww
    超大型の正体がベロベロロって知っても理由追及したりしないあたりwww

    (優しいのか!?)
  60. 62 : : 2017/03/12(日) 15:35:49
    やばいwww

    メッッッチャ
    笑ったwww
    まだ子供だから
    お母さんに
    「うるさい!静かにして!」
    と怒られるざま
  61. 63 : : 2017/03/16(木) 13:17:48
    >>61
    そうですこの世界のキャラたちは皆優しいのです!(優しいのか…?)

    >>62
    そういうコメント…
    すげえ嬉しい。・゚・(ノД`)・゚・。
  62. 64 : : 2017/03/31(金) 20:27:11
    期待っすよー
  63. 65 : : 2017/04/30(日) 00:47:04
    >>64
    更新してなくてすいません(笑)
    ありがとうございます!
  64. 66 : : 2017/05/03(水) 13:39:22
    期待です!!
  65. 67 : : 2017/05/04(木) 20:19:03
    とても面白いです!!
    きたい!!
  66. 68 : : 2017/05/06(土) 17:49:52
    面白いお
  67. 69 : : 2017/05/11(木) 16:11:22
    死にたい!だってこのssが・・・・・・
















    面白すぎんだよ!畜生!散歩兵団入り手ェ!
  68. 70 : : 2017/06/10(土) 12:21:13
    ご飯食べながらだから、吹き出しそうになっちゃたよ!
    面白い!期待!
  69. 73 : : 2017/06/20(火) 22:04:05
    コメントが幼稚園で笑う
    終始口角ピクピクさせながら読んでる自分も自分なんだけどな…
    期待です
  70. 74 : : 2017/06/22(木) 20:14:32
    頑張れ主!
  71. 77 : : 2017/06/25(日) 22:31:03
    >>66
    ありがとうございます!
    >>67
    ありがとうございます!嬉しいです!
    >>68
    ありがとうございます!
    >>69
    死なないでください!(笑)
    是非入ってください、ちなみに散歩するだけで毎回死者が出ます!
    >>70
    嬉しいです!(笑)ありがとうございます!
    >>71
    うんこさんごめんなさい!頑張って書きます!
    >>73
    期待ありがとうございます!
    >>74
    ありがとうございます!頑張ります!
    ちなみに>>75>>74さんのなりすましですか?



    いやなんかすごいことになってるコメ欄wwww
    でもみなさんが見てくれてる証拠ですね!
    ありがとうございます!

    ボチボチ書いてきます~面白くなかったらごめんなさい~(笑)
  72. 78 : : 2017/06/25(日) 22:48:59
    >>期待…しています…
  73. 79 : : 2017/06/25(日) 22:50:31
    >>78
    なんで若干引いた口調やねん
  74. 80 : : 2017/06/25(日) 23:22:25
    また修正したんで見直してくれると嬉しい…かも…(?)
  75. 81 : : 2017/06/26(月) 23:06:47
    君が九番ピッチャーなら僕は四番バッターさ
  76. 82 : : 2017/06/30(金) 23:18:16
    >>81
    俺が必ず無失点に抑える…得点は頼むぜ4番!
  77. 83 : : 2017/07/03(月) 16:51:54
    >>82
    まかせとけ9番!!!
  78. 84 : : 2017/07/03(月) 22:21:56
    >>83
    おう!!






    ミカサ「エレン」


    エレン「お、おう、じゃあな」


    ミカサ「いやちょっと待てや」


    エレン「どうせお前あれだろ、戦闘前に死亡フラグ建築しにきたんだろ」


    ミカサ「は?」


    エレン「なんだよ…違うのか…んで?何の用だ?俺は忙しいんだよ…2分後にはファンサービスしに行かなきゃいけねえからな」


    ミカサ(ファンサービス…?巨人に…?)


    ミカサ「……えーっと…なんだっけ」


    エレン「もう行くわ」ダッ


    ミカサ「嘘嘘嘘嘘、嘘だからちょっと待って」


    エレン「…おう…」


    ミカサ「……戦闘が混乱したら私のところに来て」ボソッ


    エレン「俺とお前って同じ班だったっけなー違ったと思うんだが気のせいかな」


    ミカサ「あっ、え…違う班だけど……まぁ…その…混乱した状況下では筋書き通りには行かない…から、うん」


    エレン「ふうん…気が向いたら行くわ」


    ミカサ「いやいやいやいや……その…私はあなたを守る…!!」


    エレン「知らないでござる、では拙者は行くで候」


    ミカサ(何言ってだこいつ)


    ミカサ(とにかくキャラがぶれぶれすぎる…そして久しぶりの投稿ゆえグダグダすぎる…)


    イアン「ミカサ訓練兵!」


    ミカサ「は?」


    イアン「えっ」


    ミカサ「えっ」


    エレン「は…?」


    イアン「…ゴホン…えー、お前は特別に後衛部隊だ」


    ミカサ「は?」


    イアン「えっ」


    ミカサ「えっ」


    イアン「あと……そ、その…とても綺麗な黒髪だ…」


    ミカサ「は?」


    エレン「お前ら長いんだよ!!」
  79. 85 : : 2017/07/03(月) 22:28:12
    ミカサ(いやいやいやいや後衛部隊とか…まぢむり…)


    ミカサ「あの…私の腕では…足でまといになります!」


    イアン「お前の判断を聞いているのではない」


    ミカサ「もぅまぢむりリスカしょ……」


    イアン「…女性とともに過ごした夜の数はにわか香水兵団1と言われたこの私の判断だ」


    ミカサ(ファーーーーーーーwwwwwwwwwwオワタァァァァァァァァwwwww)


    エレン「ファーーーーーwwwwwwwwwwww」


    ミカサ「うるせえぶっ殺すぞ」
  80. 86 : : 2017/07/03(月) 22:35:04
    エレン「は?人類存亡の危機だぞ!何てめえの勝手な都合を押し付けてんだ!」


    ミカサ「いやオメーがうっせえからだろおおおおおお!!?」


    エレン「なあ!俺らいつ死ぬかわかんねえのによ!この戦闘で死ぬかもしんねえんだぞ!喧嘩なんかしてる場合じゃねえだろ!」


    ミカサ(喧嘩吹っかけてきたのどっちだっけ…まあでも確かにそうだ…)


    ミカサ「…悪かった…私は冷静じゃなかった…」


    エレン(単純でよろしい)


    ミカサ「…でも…どうか…」


    ミカサ「死なないで…」














    エレン「結局死亡フラグ立てに来ただけやんけぶっ飛ばすぞ」
  81. 87 : : 2017/07/04(火) 05:53:18
    待ってました!!
  82. 88 : : 2017/07/04(火) 19:09:05
    >>87
    ありがとうございます!
    これからも暖かい目で見守っていただけるとありがたいです(笑)
  83. 89 : : 2017/07/08(土) 10:46:12
    続きは?
  84. 90 : : 2017/07/08(土) 10:47:11
    もしかして準備中?
    だったらすいません(;ω;)
  85. 91 : : 2017/07/08(土) 10:50:12
    エレン「温かい目…ハッ∑(゚Д゚)そうか!」メラメラの温かい目!
    すいません(´・Д・)」期待してます!
  86. 92 : : 2017/07/15(土) 19:36:26
    期待です( *`ω´)こ~れくらい期待です╰(*´︶`*)╯←これくらい
  87. 93 : : 2017/07/16(日) 08:47:55
    このss面白すぎ!
  88. 94 : : 2017/07/18(火) 22:13:06
    はよこーいきたいじゃー!
  89. 95 : : 2017/07/22(土) 22:08:17
    くそ面白いし!                                                                                                                                                   最高っす
     
  90. 96 : : 2017/07/22(土) 22:09:29
    くそ面白いし!



    最高っす
  91. 97 : : 2017/07/23(日) 12:41:14
    くだらないけど笑ってしまうw
  92. 98 : : 2017/07/23(日) 19:16:49
    おもれぇww
    尊敬するじゃねぇか!
  93. 99 : : 2017/08/02(水) 10:42:16
    面白すぎる!期待×9999999
  94. 100 : : 2017/08/02(水) 10:42:53
    続きが気になります!
  95. 101 : : 2017/08/06(日) 20:05:25
    すごいコメント来てる~(笑)
    ごめんなさい更新相変わらず遅いと思います~…

    皆さんありがとうございます~m(_ _)m
  96. 102 : : 2017/08/10(木) 02:46:47
    がんばれー
  97. 103 : : 2017/08/10(木) 21:28:13
    早よかかねぇとぶっとばすぞワレェ
    期待
  98. 104 : : 2017/08/13(日) 20:16:36
    俺は!昨日!散歩兵団に入ったら!団長が!壊れた立体起動装置と段ボールの馬くれた!正直いらねぇ!
  99. 105 : : 2017/08/14(月) 21:02:34
    やっべぇくっそおもしれぇwwww
    俺のミカサレベルの腹筋(んなわけあるか)が崩壊したwwwwww
  100. 106 : : 2017/08/14(月) 21:03:01
    期待です!
  101. 107 : : 2017/08/15(火) 19:02:31
    まだかなー
  102. 108 : : 2017/08/15(火) 19:33:31
    俺は…
    俺は…
    散歩兵団になる!!!!!!!!!!
  103. 109 : : 2017/08/16(水) 04:29:28
    おれは、散歩兵団に入るぞ!you、新兵!
  104. 110 : : 2017/08/16(水) 11:49:17
    >>109youは「よう」ですか?それとも「あなた」ですか?
  105. 111 : : 2017/08/16(水) 17:05:44
    まだかぁぁぁぁぁぁ
  106. 112 : : 2017/08/17(木) 00:29:18
    俺は!9番ピッチャーの豪速球(早い投稿)を待っている!
  107. 113 : : 2017/08/18(金) 00:48:21
    深夜なので思い切り笑いたいのに笑えないことがつらいww
  108. 114 : : 2017/08/24(木) 19:04:14
    クソだな(いい意味で)
  109. 115 : : 2017/09/05(火) 16:09:22
    最高です
  110. 116 : : 2017/09/22(金) 20:18:12
    えーーまだー?マジ失望…




























    やっぱクッソおもしれぇwww
  111. 117 : : 2017/09/29(金) 21:04:07
    最高(ღ✪v✪)(ღ✪v✪)
  112. 118 : : 2017/09/29(金) 21:04:17
    しめじっすね
  113. 119 : : 2017/10/08(日) 21:25:35
    驚く結果をもたらします
    このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事がかなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。

    約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
    たった3分ですから、ためす価値ありです。


    まず、ペンと、紙をご用意下さい。
    先を読むと、願い事が叶わなくなります。


    1,まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。


    2,1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。


    3,3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名前をかく)


    必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。


    4,4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。


    まだ、先を見てはいけませんよ!!


    5,8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。


    6,最後にお願い事をして下さい。


    さて、ゲームの解説です。

    1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

    2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。

    3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。

    4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

    5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

    6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

    7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

    8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

    9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

    10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


    この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。
  114. 120 : : 2017/10/29(日) 11:29:08
    は?なんですかこのssは。
    クソすぎですね。
    こんなSS見たことありませんよ。 
    糞すぎて腹筋崩壊しましたよ。
    数文後笑いすぎて下の人には怒られますや華族には怒られますね
    オモシロスギマシタ
    続き書いてくだはい
  115. 121 : : 2017/11/11(土) 21:53:33
    華族てw
  116. 122 : : 2017/11/11(土) 21:56:52
    >>119
    叶う根拠がはっきりしなくて信じられない
    ここでネタバレ
    これやったことあるけど、願い叶わなかった
    別のところでそれ見たけど、掲示板に紹介しろとか書いてなかった。曖昧な情報だね
    まあ、誰も信じてる人いないよね…?
  117. 123 : : 2017/11/11(土) 22:54:15
    なんなんだ......このssは凄すぎる(意味深)
    期待です!
  118. 124 : : 2017/11/11(土) 23:16:30
    せっかくスレを立てたのに誰もレスしてくれないお・・・(´・ω・`) 皆さんもこんな経験されたこと・・・ありますよね? でももう大丈夫!!!

    安 心 し て く だ さ い ! !

    そんな悲しい思いはもう我々がさせません!(`・ω・´) たとえどんなクソスレでも

    0 レ ス 撲 滅 委 員 会

    が必ずや保護致します!(`・ω・´) みなさん今後も安心してクソスレをお立てください

    ※同時に0レス撲滅委員会は新規委員も募集しております。 仕事は簡単!クソスレにただ書き込むそれだけ!! 慈悲に溢れる方、隙間時間を使って働きたいと考えている方 色々な人材をお待ちしております。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
W_yasu_D19

9番ピッチャー

@W_yasu_D19

この作品はシリーズ作品です

進撃の世界を滅茶苦茶にするよくある感じのSS※ギャグ(カオス) シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場