ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第27話 『夜明け』 ――第57回壁外調査編 No.1――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/12/05(木) 20:47:58

    進撃の巨人Another 第27話 『夜明け』

    ――第57回壁外調査編 No.1――


    ――――憲兵団配属 30日目(壁外調査前日)――――

    ユーク「それじゃあ、行って来るからな!」

    マルロ「…精々、休暇を楽しんで来いよ」

    ユーク「…なんだ、嫉妬か?」ニヤリ

    マルロ「ふんっ、そんなんじゃないさ」

    ユーク「…?」

    マルロ「(お前に近づく為に、特訓するんだよ!)」
  2. 2 : : 2013/12/05(木) 20:48:45

    ユーク「じゃあ、時間も勿体ないし、行くよ」

    マルロ「…あぁ」

    ユーク「♪」


    ガチャ バタン


    マルロ「よしっ!俺はもっと強くなるぞぉ!!」

    マルロ「早速、今日の仕事の後は、走り込みからだな!!」

    マルロ「待ってろよぉ、ユーク!!」

  3. 3 : : 2013/12/05(木) 20:49:08

    ―――――――― 

    アニ「…それじゃ」

    ヒッチ「あはっ!彼氏とのデート、楽しんできてねぇ?」ニヤニヤ

    アニ「…はいはい」

    ヒッチ「3日間も居ないんだから…勿論、『そう』なんでしょ?」ニヤリ

    アニ「…ふふっ、そうかもね」

    ヒッチ「あれ?意外な反応だね?」
  4. 4 : : 2013/12/05(木) 20:49:22

    アニ「そうかもね」

    ヒッチ「ちょっとぉ、返答が典型的過ぎない?」

    アニ「…行って来るよ」

    ヒッチ「…いってらっしゃい」ヒラヒラ


    ガチャ バタン


    ヒッチ「…はぁ、いいなぁ」

    ヒッチ「…私は仕事までの間、もう少し寝よっと」ボフッ

    ヒッチ「…私も彼氏ほしぃー!!」ジタバタ


  5. 5 : : 2013/12/05(木) 20:49:37

    ――――街中――――

    ユーク「アニ、こっちだよ」

    アニ「わざわざ街中で待ち合わせとは、すっかりデート気分かい?」

    ユーク「…午前中はね」

    アニ「午後からは…替え玉だね?」

    ユーク「…気の毒だけど、駒になってもらった」

    アニ「…そう」
  6. 6 : : 2013/12/05(木) 20:50:16

    ユーク「…気にしたらダメだよ?」

    アニ「冷徹だね、アンタ」

    ユーク「俺達の為に…必要な事だからだよ」

    アニ「…うん」

    ユーク「(優しいな、アニは…いや)」

    アニ「どうかした?」
  7. 7 : : 2013/12/05(木) 20:50:33

    ユーク「(…いや、言わなくてもいいだろう)」

    アニ「ユーク?」

    ユーク「…さっ!午前中はデートだよ?」ギュッ

    アニ「突然何さ?」ピクリ

    ユーク「駒を使うのは午後からで…午前は俺達が印象を残す番だから」

    アニ「…わかったよ。アンタみたいに所構わずに、はしゃいでいればいいわけ?」クスリ
  8. 8 : : 2013/12/05(木) 20:52:22

    ユーク「いや、この恥ずかしい役目は、俺だけで十分さ」

    アニ「アンタって訓練兵の時も、いつもそんな感じだったけど?」

    ユーク「え?」

    アニ「自覚なかったのかい?」

    ユーク「…え?」

    アニ「もういいさ。行こう」ギュッ
  9. 9 : : 2013/12/05(木) 20:52:43

    ユーク「あ…うん」トボトボ

    アニ「元気にしたらどうだい?」クスス

    ユーク「ちょっとだけ…落ち込んだだけさ」トボトボ

    アニ「幸先悪いね…アンタ」クスクス

    ユーク「アニぃ…」

    アニ「(ふふっ…)」ニコニコ


  10. 10 : : 2013/12/05(木) 20:53:03

    ――――昼頃――――

    ユーク「さっ、ここまででいいだろうね」キリッ

    アニ「切り替えが早かったね」

    ユーク「いつまでも気落ちしていられないさ…なにせ」

    アニ「…正念場だからね」

    ユーク「…ここの警戒はまだ薄いから、通過できるはずだ」

    アニ「最悪の場合の言い訳も考えてあるしね」
  11. 11 : : 2013/12/05(木) 20:53:22

    ユーク「…実力で通る事もできるさ」

    アニ「でも、それはしたくはない…でしょ?」

    ユーク「…あぁ、そうだね」

    アニ「大丈夫さ、アンタが考えたんだから」

    ユーク「ありがとう…行こう」

    アニ「(お願い、何も起こらないで――――)」


  12. 12 : : 2013/12/05(木) 20:54:18

    ――――ウォール・ローゼ内――――

    ユーク「…普通に通れた」ユラユラ

    アニ「…来た時と同じ感じだったね」ユラユラ

    ユーク「あぁ、トロスト区から戻って来た時、通過検査があまりにもテキトーだったから」

    ユーク「数日監視していたんだけど、今日も杜撰《ずさん》なままだった」

    アニ「懲りてないんだね、人類はさ」

    ユーク「…あぁ、馬鹿だ」
  13. 13 : : 2013/12/05(木) 20:56:02

    アニ「…アンタに比べたら、皆、馬鹿さ」

    ユーク「……」チラ

    アニ「……」ジーーッ

    アニ「…ごめん、余計な事言った」シュン

    ユーク「…別の話をしよう!」ユラユラ

    アニ「お願い」ユラユラ
  14. 14 : : 2013/12/05(木) 20:56:28

    ユーク「ここならもう大っぴらに話してもいいから、9日前に伝えた事を細かく話すよ!」

    アニ「あの時は、耳元でこそこそと教えてくれただけだったけど、詳細はまだだったね」

    ユーク「そっ!馬の事は今日まで行っていなかったけど、ちゃんとわかっていたね!」

    アニ「じゃなきゃ、どうやって行くつもりだい?」クスリ

    ユーク「…走るとか?」ニッ

    アニ「“あの姿”でも、相当疲れるよ」ハァ
  15. 15 : : 2013/12/05(木) 20:56:53

    ユーク「この馬は、壁に着いた時に隠す」

    アニ「帰りの為だね?」

    ユーク「そう。賊に盗られないように、工夫して隠さなきゃいけない」

    アニ「その辺は、アンタの裁量に任せるよ」

    ユーク「山育ちを活かす時さ!」

    アニ「1人で…生きてきたもんね」
  16. 16 : : 2013/12/05(木) 20:57:18

    ユーク「そうだな、気が付いたら1人で居たよ」

    アニ「…寂しくなかった?」

    ユーク「…全然」

    アニ「どうして?」

    ユーク「音があったからさ」

    アニ「あの時、教えてくれた音?」
  17. 17 : : 2013/12/05(木) 20:57:40

    ユーク「そうさ。あの音達が色々と、俺に教えてくれてね」

    アニ「…幻想的だね」

    ユーク「でもそういうものさ」

    アニ「そのおかげで…私も助けてもらったからさ…///」

    ユーク「…どういたしまして」ニカッ

    アニ「…ほら、話が逸れたよ?///」
  18. 18 : : 2013/12/05(木) 20:58:15

    ユーク「(また、赤くなっちゃって)」ホッコリ

    アニ「さっさとしなよ…///」プイ

    ユーク「はいはい」ニコニコ

    アニ「(また、からかわれた…)」プーイ

    ユーク「このペースなら、陽が暮れて暗くなった頃に丁度、ローゼの壁に到達すると思う」

    アニ「トロスト区やカラネス区を介さずに、直接壁外へ出るんだよね?」
  19. 19 : : 2013/12/05(木) 20:58:53

    ユーク「あぁ、陽が落ちているから、壁外の巨人は既に無力化」

    ユーク「壁上に兵が残っている意味はないから、邪魔をする敵兵も居ない」

    アニ「おまけに私達が登るのは、どこか適当な見つかりにくい場所」

    ユーク「…これだけ周到すれば、邪魔は入らないはずだ」

    アニ「立体起動装置は、誰のを使うの?」

    ユーク「アニがこの前、2体を始末した時に使ったものの残りのガスを使う」
  20. 20 : : 2013/12/05(木) 20:59:17

    アニ「そういえばあの装置、ガスが満タン近く入っていたよね?」

    ユーク「トロスト区戦で本部を奪還した時に、隙を見て補充したんだ」

    アニ「...!!」

    アニ「あの時から、既に確保していたの?」

    ユーク「ミカサに皆を煽ってもらって、本部へ向かう途中でね」

    ユーク「丁度いい装置が…“落ちていた”のさ」
  21. 21 : : 2013/12/05(木) 20:59:43

    アニ「…アンタが少しだけ遅く辿り着いたのって…そういう事だったの?」

    ユーク「…皆、焦りから視野が狭くなっていて、誰も気が付かなかったさ」

    アニ「ずっと、隠し持っていたんだね」

    ユーク「あぁ、注意深く扱ったからね」

    アニ「すごいよ、アンタ…」

    ユーク「それ程でもない」
  22. 22 : : 2013/12/05(木) 21:00:11

    アニ「ううん、アンタが思っている事じゃないよ」

    ユーク「...?」

    アニ「あの時のアンタは…エレンを助けられなくて…落ち込んでいるように見えたからさ」

    アニ「ミカサと…約束していたんでしょ?」

    ユーク「…あぁ、確かにエレンを守ってくれと約束を頼まれたよ」

    アニ「なんで…そんなに冷徹なの?」
  23. 23 : : 2013/12/05(木) 21:00:32

    ユーク「それとこれとは…全くの別物だからさ」

    アニ「…そうだね」

    ユーク「ミカサに頼まれようと…俺がすべき事は変わらない」

    ユーク「装置を2つ確保する…それが俺のあの時の任務でもあったから」

    アニ「…もう1つは、いつ手に入れたの?」

    ユーク「街の“片付け”の時さ」
  24. 24 : : 2013/12/05(木) 21:01:02

    アニ「ガスが多い方を…私に渡してくれたんだね」

    ユーク「…当たり前さ」

    アニ「…それって?」

    ユーク「……」

    アニ「理由を…教えて」

    ユーク「…ここまでの事を想定していたからさ」
  25. 25 : : 2013/12/05(木) 21:01:42

    アニ「…そっか」

    ユーク「(如何なる場合でも…俺はアニを…)」

    アニ「(きっと…私の事を…考えてくれていたんだよね?)」

    ユーク「(優先するに…決まっているだろう?)」

    アニ「(でもそれを言ったら、ベルトルトを蔑ろにする事になる…だからユークは…)」

    ユーク「(アニも気が付いていて…わざと押し黙っているんだろう…)」
  26. 26 : : 2013/12/05(木) 21:02:28

    アニ「(ありがとね…ユーク)」

    ユーク「(優しいね、君は…)」

    アニ「…ユーク」チラ

    ユーク「…あぁ」ジッ

    ユーク「……」ユラユラ

    アニ「……」ユラユラ


  27. 27 : : 2013/12/05(木) 21:02:52

    ――――夜 ウォール・ローゼ近く――――

    ユーク「壁だな」

    アニ「着いたね」

    ユーク「おそらくここは、丁度トロスト区とカラネス区の中間地点に位置するはず」

    アニ「近くに森もあるし、間違いないんじゃない?」

    ユーク「それじゃあ、馬を停めて、壁を登ろう」

    アニ「2人別々で?」
  28. 28 : : 2013/12/05(木) 21:03:26

    ユーク「いいや、俺がアニを背負って登る」

    アニ「どうして?」

    ユーク「アニが使った後に隠しておいた、この偽装用の装置は1つしかない」

    ユーク「この任務の性質上、自らのガスを使う事は好ましくない」

    ユーク「だから、この装置のガスを満タンにしておいたんだ」

    ユーク「こうして再び、壁を登る事を想定してね?」
  29. 29 : : 2013/12/05(木) 21:03:47

    アニ「うん。やっぱりアンタはユークだよ」

    ユーク「ミカサも以前、同じような事を言っていたけど、それって何?」

    アニ「アンタは気にしなくてもいい事さ」ニコ

    ユーク「なんだろうね、一体?」ニコ

    アニ「…登らないの?」

    ユーク「…登るさ」
  30. 30 : : 2013/12/05(木) 21:05:02

    アニ「私を運んで?」

    ユーク「…ちゃんと掴まっていてね?」

    アニ「アンタは登る事だけに集中しなよ?」

    ユーク「…アニがちゃんとしがみついていれば、の話ね?」

    アニ「言われずとも」ギューーッ

    ユーク「(…首が少し苦しいな)」ギュウギュウ
  31. 31 : : 2013/12/05(木) 21:06:34

    アニ「(ユーク…)」ギューーッ

    ユーク「(早いところ登ろう…でも決して焦らずに!)」

    ユーク「いくよ、アニ?」

    アニ「うん」ギューーッ

    ユーク「……」パシュ!!

    アニ「……」ギューーッ


    パシュッ カンッ

    ギュルルル タタンッ


  32. 32 : : 2013/12/05(木) 21:07:04

    ――――壁外(ウォール・マリア内)――――

    ユーク「――――アニ、着地したよ」シュタッ

    アニ「ありがと、おかげで楽だったよ」

    ユーク「…少し歩いて、カラネス区の近くまで行こう」

    アニ「そこで、寝る場所を探すの?」

    ユーク「うん…壁外調査は朝に出発が基本だから、それまで付近の民家で寝よう」

    アニ「もう…5年も人が住んでいないんだよね」
  33. 33 : : 2013/12/05(木) 21:08:09

    ユーク「俺達が…した事さ」

    アニ「うん、それは忘れていないさ」

    ユーク「俺達は…あの時まだ子供だったから…」

    アニ「私達のした事の意味が…分かっていなかったからね」

    ユーク「…折角なんだし、楽しい話だけしていようか!」

    アニ「うん、私もその方が、余計な事を考えないで済むよ」
  34. 34 : : 2013/12/05(木) 21:08:32

    ユーク「この前もさ、またマルロが絡んできてさ」

    アニ「私も最近は、ヒッチに絡まれる事が多いんだよね」

    ユーク「気に入られたんじゃないか?」クスリ

    アニ「アンタの方こそ、そうじゃないか」クスス

    ユーク「他にもさ――――」

    アニ「私も部屋でね――――」


    スタスタ トコトコ

    ペチャクチャ ハハハ


  35. 35 : : 2013/12/05(木) 21:12:27

    ――――カラネス区から南方 数10km地点 一軒の民家――――

    ユーク「…ここにしようか」

    アニ「手頃な大きさだもんね」

    ユーク「鍵も開いていて、侵入が簡単だ」

    アニ「『侵入』って…まぁそうだけどさ」クスス

    ユーク「まぁ閉まっていても、素手で壊せるけどね?」ケロッ

    アニ「むっ、私だって自慢の蹴りが…」ムムッ
  36. 36 : : 2013/12/05(木) 21:13:23

    ユーク「そんな事で張り合わないでよ」ハハッ

    アニ「あっ!ムキになっていたよ…///」カァァ

    ユーク「(子供っぽいな、そういうところが)」

    アニ「今、子供っぽいとか思ったでしょ?」

    ユーク「いや、別に?」シレッ

    アニ「……」ジトーーッ
  37. 37 : : 2013/12/05(木) 21:14:23

    ユーク「…一緒に寝てあげるからさ?」

    アニ「…当たり前」ジトーーッ

    ユーク「…もう寝ようよ」ソソクサ

    アニ「逃がさない」ササッ


    モゾモゾ ギューーッ

    ジタバタ ギューーッ


    ユーク「首絞まっているよ、アニ?」ギュウギュウ

    アニ「絞めているからさ」ギューーッ
  38. 38 : : 2013/12/05(木) 21:14:45

    ユーク「任務を果たさせてよ」

    アニ「ふふっ、アンタが抱きしめてくれるまで、止めないさ」ニコ

    ユーク「はいはい、わかったからさ」ダキッ

    アニ「それでいいよ」ニコ

    ユーク「(なんか、緊張感がないなぁ)」ソワソワ

    アニ「(本当に明日から…戦いが始まるんだね)」ドキドキ


  39. 39 : : 2013/12/05(木) 21:15:01

    ――――翌日(壁外調査当日) 夜明け頃――――

    ユーク「アニ、起きて」ユサユサ

    アニ「…うん」パチリ

    ユーク「今日は、目覚めがいいね」

    アニ「…勿論さ」キッ

    ユーク「…巨人が行動を始める前に、俺達も整えよう」

    アニ「5年ぶりだもんね」
  40. 40 : : 2013/12/05(木) 21:15:19

    ユーク「ちゃんと出来るかどうか、感覚を研ぎ澄まさないとな」

    アニ「精神集中は、外でやろうか」

    ユーク「それもいいけど、まずはご飯だね」

    アニ「今日1日で…決着をつけるんだよね?」

    ユーク「…あぁ、だからちゃんと食べてね?」

    アニ「大丈夫さ」


  41. 41 : : 2013/12/05(木) 21:15:41

    ――――民家の外――――

    ユーク「……」シーン

    アニ「……」シーン

    ユーク「…アニ」

    アニ「…何だい?」

    ユーク「…感覚はどう?」

    アニ「…少し鈍っている感じ」
  42. 42 : : 2013/12/05(木) 21:15:54

    ユーク「そうか…俺もだよ」

    アニ「でも…もう少しで…いけると思う」

    ユーク「…目的を強くイメージするんだ」

    アニ「…わかっているよ」

    ユーク「…今日、エレンを奪取する」

    アニ「…うん」
  43. 43 : : 2013/12/05(木) 21:17:55

    ユーク「…故郷へ…帰る為に」

    アニ「…うん!」

    ユーク「…感覚が来た!」パチリ キッ!

    アニ「私も…成れる!」パチリ

    ユーク「調査兵団の煙弾が発射されたら…成ろう」チラ

    アニ「わかった。指示をお願い」コクリ

  44. 44 : : 2013/12/05(木) 21:20:12


    パシューーッ!!

    パシューーッ パシューーッ


    ユーク「…来たな」

    アニ「準備は、もう出来ているよ」

    ユーク「よし!…いくぞっ!!」スッ

    アニ「うん!!」スッ


    パチンッ! チッ!

    ――――カッ!!

    ピシャーーッ!! ドォオオン!!

  45. 45 : : 2013/12/05(木) 21:22:32

    ―――――――― 

    5年ぶりの『その感覚』の『夜明け』に、俺達は再認識する

    この5年間で変わった事、そして変わらず持ち続けた事

    その全てを受け入れて、これから再び人類と戦いに行く

    君は人類側の『玉』らしく、そこで大人しく待っていろ、エレン――――



    To be continued...

  46. 46 : : 2013/12/05(木) 21:23:09

    【あとがき】

    人は感覚を記憶する生き物である

    視覚、聴覚、触覚…等様々だが、それらの感覚を裏付けとして記憶を留める

    記憶には、想いすら込められる

    その方が、脳はその記憶をより長く残そうとするから

    彼らは『その感覚』に、どのような想いを結びつけていたのか――――

  47. 47 : : 2013/12/05(木) 21:23:23

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/30 進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』】
    http://www.ssnote.net/archives/3742

    【13/11/27 進撃の巨人Another 第25話 『帰る先』】
    http://www.ssnote.net/archives/3554

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  48. 48 : : 2013/12/05(木) 21:23:36

    ――番外編――

    【13/12/04 進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話】
    http://www.ssnote.net/archives/3949

    【13/11/30 進撃の巨人Another ――番外編―― 第12話】
    http://www.ssnote.net/archives/3487

    【13/11/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話】
    http://www.ssnote.net/archives/3066

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924


    ――その他情報媒体――

    【随時更新中 SS Pedia記事 『進撃の巨人Another』】
    http://dic.ssnote.net/article/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BAAnother
  49. 49 : : 2013/12/06(金) 06:19:17
    期待
  50. 50 : : 2013/12/06(金) 10:53:05
    >>49
    ありがとう、がんばるよ
  51. 51 : : 2013/12/06(金) 21:17:04
    参考にどうぞ

    【Fig. 1 時系列】

    日  程  ――――|―――→|――――|―――→|――――|―――→
        午前   午後   午前   午後   午前   午後
    調査兵団      ?         ?         ? 
               ?         ?         ? 
    ユーク達  ←――→ ←――→ ←―→    ?       ? 
           街中    移動  待機    ?       ? 
    壁外調査      前日        当日        翌日

    休  暇      1日目       2日目       3日目

    配  属     30日目       31日目       32日目
  52. 52 : : 2013/12/06(金) 21:18:14

    なんか、ずれてるけど、脳内補完しておいて

  53. 53 : : 2013/12/06(金) 21:33:20
    少しずれを修正

    【Fig. 1 時系列】

    日  程  ――――|―――→|――――|―――→|――――|―――→
           午前   午後   午前   午後   午前   午後
    調査兵団      ?         ?         ? 
              ?          ?         ? 
    ユーク達  ←――→ ←――→ ←―→    ?       ? 
           街中    移動   待機    ?       ? 
    壁外調査      前日        当日        翌日

    休  暇      1日目       2日目       3日目

    配  属     30日目       31日目       32日目

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場