ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話 『求めるは近き、見つめるは遠き』

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/12/01(日) 19:36:33

    進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話


    ――Part 1――

    ――――前回までのあらすじ――――

    季節は初夏に移り変わった。104期訓練兵・第5席「ユーク・トラス」は様々な人との
    関わりを通じ、己にとっての護るべき『玉《ぎょく》』を定め、決意を新たにした――――

    夜も寝苦しくなり始めた初夏、ミカサの提案で、皆で川へ水浴びに行くことに!

    アニはユークへの気持ちを募らせ始めるも、当の本人はいざ知らず…

    アニは、びしょ濡れとなった自身を庇うユークの姿に戸惑うも、アニもまた彼の心情を知らず――――


    ――――――――
    ――――
    ――

  2. 2 : : 2013/12/01(日) 19:38:17

    ――――対人格闘訓練――――

    ユーク「先日の水浴びは、楽しかったな」

    ミカサ「ええ、アニも貴方もいい思い出が出来たようで、私も満足」ホッコリ

    ユーク「それは、何の事だい?」

    ミカサ「貴方だけが、透けたアニの服の事を知っている」

    ユーク「(どきり!!)」ビクッ

    ミカサ「そして帰り道、アニをおぶっていた貴方は、間違いなく何か感じていた筈」ニヤニヤ
  3. 3 : : 2013/12/01(日) 19:39:19

    ユーク「な、何の事かな?///」プーイ

    ミカサ「恥ずかしがらなくてもいい」クスッ

    ユーク「……///」シーン

    ミカサ「それで、感触はどうだった?」ニマニマ

    ユーク「…さぁ、どうだろうね?///」

    ミカサ「正直に言えばいい」ニヤニヤ
  4. 4 : : 2013/12/01(日) 19:39:39

    ユーク「君に正直に話せば、忽《たちま》ち拡散しちゃうだろ?」

    ミカサ「それは、勿論」

    ユーク「なら、尚更駄目だな。絶対に言わないよ」

    ミカサ「でも、それも状況次第」

    ミカサ「あまり芳しくない結果に成り得るのであれば、そんな事はしない」

    ユーク「本当だろうね?」ジッ
  5. 5 : : 2013/12/01(日) 19:40:11

    ミカサ「ええ、私を信じて」ジーーッ

    ユーク「……柔らかかったよ」

    ミカサ「え?何が?」ニマニマ

    ユーク「勿論、彼女の身体がね」

    ミカサ「それは、どこの部位?」

    ユーク「…知らないね、もう」プーイッ
  6. 6 : : 2013/12/01(日) 19:41:20

    ミカサ「ふふ、恥ずかしがって」クス

    ユーク「恥ずかしいのは、寧ろ正常だろ?」

    ミカサ「ええ、大丈夫。誰にも言わないから」

    ユーク「そうか。信じて良かったよ」

    ミカサ「こんな面白い事、広めたら勿体無い」

    ユーク「なんだよ。結局、魂胆はそこに起因するのか…」ハァ
  7. 7 : : 2013/12/01(日) 19:41:56

    ミカサ「そんなに悪い話じゃない」

    ユーク「まぁ、良かったという事で!」

    ミカサ「そうね、この話はこれで終わりにしましょう」

    ユーク「それじゃ、今日も宜しくお願いね?」スッ

    ミカサ「ええ、今日も鍛えましょう!」スッ

    ユーク「じゃあ、俺が先攻だっ!!」ダッ
  8. 8 : : 2013/12/01(日) 19:43:25

    ミカサ「ふふっ、かかってきなさい」

    ミカサ「返り討ちにしてみせよう!」バッ


    バシバシ! ドカッ!

    ビュンッ! ササッ!


    ミカサ「(そういえば…もうすぐ“あの日”だった!!)」

    ミカサ「(近日中に、ユークに相談してみよう!)」

  9. 9 : : 2013/12/01(日) 19:44:16

    ―――――――― 

    アニ「(この前は、帰りにユークにおぶってもらっちゃったね)」

    アニ「(あいつの背中…暖かくて、頼もしかった…)」

    アニ「(なんでそんな風に思うのか、今の私には…よくわからないけど…)」

    アニ「(とても心地良かった)」ポーー

    アニ「(そういえば、服が濡れちゃって…あいつに庇ってもらったんだよね)」

    アニ「(…嬉しかった///)」
  10. 10 : : 2013/12/01(日) 19:45:38

    アニ「(あいつが庇ってくれなかったら…私は…)」

    アニ「…...!」ハッ

    アニ「(そういえば、私って…)」

    アニ「(事ある毎に、あいつに世話になっているよね)」

    アニ「(私って、あいつに貰ってばかりだなぁ)」

    アニ「(私も何か、ユークに恩返しが出来たらいいのにな――――)」


  11. 11 : : 2013/12/01(日) 20:04:30

    ――――数日後 掲示板――――

    ――――成績一覧――――

    【104期訓練兵 第27回 定期試験 成績順位】

    第1位 ミカサ・アッカーマン(943 / 1000)

    第2位 ライナー・ブラウン(901 / 1000)

    第3位 ベルトルト・フーバー(861 / 1000)

    第4位 アニ・レオンハート(855 / 1000)

    第5位 マルコ・ボット(797 / 1000)

    第6位 ユーク・トラス(776 / 1000)

    第7位 エレン・イェーガー(752 / 1000)

    第8位 ジャン・キルシュタイン(751 / 1000)

    第9位 ユミル(742 / 1000)

    第10位 コニー・スプリンガー(719 / 1000)

    第11位 サシャ・ブラウス(701 / 1000)

    第12位 クリスタ・レンズ(671 / 1000)



    第16位 ミーナ・カロナイナ(623 / 1000)



    第43位 アルミン・アルレルト(517 / 1000)





  12. 12 : : 2013/12/01(日) 20:05:09

    ――――――――

    ユーク「なん…だと…!?」ワナワナ

    マルコ「やった!ついに5位だ!!」

    ジャン「……」ギリギリ

    エレン「おお!1つ上がった!!」ウキウキ

    ユーク「成績が…下がっている…」

    ジャン「ちくしょー!エレンに1点及ばなかったぁー!!」ガァーー!!
  13. 13 : : 2013/12/01(日) 20:05:52

    エレン「落ち着けよ、ほぼ同率じゃねぇか」ハハハ

    ジャン「1点でも、差が出来ている事が悔しいんだよっ!!」

    ユーク「マルコは、何があったんだ?」

    ジャン「そうだ、そうだ!」

    エレン「そうだな、俺も気になる」ワクワク

    マルコ「うぅーん、最近は訓練に身が入るようになってね」
  14. 14 : : 2013/12/01(日) 20:06:22

    ユーク「何か、あったっけ?」

    マルコ「まぁ…僕にとって大切なものが出来てね」

    マルコ「それを守る為に、僕がもっと強くならなくちゃと思ったら、やる気が出てね」

    ジャン「なんだよ、そりゃ?」

    マルコ「ははっ、秘密さ」ニコ

    エレン「ふぅーん、そういうものなのか」ヘェーー

    マルコ「(もしかしたら、彼女の成績が上がっているのも…同じ事を考えていたりしてね)」

    ユーク「……」

  15. 15 : : 2013/12/01(日) 20:08:09

    ――――――――

    ミーナ「やった!10番台に到達したよっ!!」ウキウキ

    アニ「よかったね。もう少しじゃないか」

    ミーナ「うん!私、もっと頑張るっ!!」

    アニ「(でもユーク…アンタは一体、何やっているんだい?)」チラ

    アニ「(前回より、点数も成績が下がっているね…何かあったのかな?)」ソワソワ

    アニ「(…私が元気づけて…あげるべきなのかもね)」
  16. 16 : : 2013/12/01(日) 20:10:44

    アニ「(庇ってくれた分も、おぶってくれた分のお礼もしなきゃ!)」

    アニ「(でも…いつがいいだろう?)」モンモン

    アニ「(私がユークと会えるのは、朝食と夕食の時か、例の夜の倉庫くらいだし)」

    アニ「(私は…一体、何を…あいつに返してあげられるんだろう?)」

    アニ「(次に会う時まで、あいつが喜ぶような事を…考えておかないとね)」

    アニ「(どうしようかなぁ?)」

  17. 17 : : 2013/12/01(日) 20:11:10

    ――――――――

    ライナー「ミカサに少しだけ追いついたな」

    ベルトルト「まぁ、1位への道は、少し遠いと思うけどね」

    ライナー「まぁ、一歩ずつな」

    ベルトルト「…『彼』は大丈夫だろうか?」

    ライナー「…そうだな。また俺達との差を意識してなければいいが…」
    (『――番外編―― 第3話』参照)

    ベルトルト「頑張ってほしいね、『彼』には」

    ライナー「あぁ、そうだな」

  18. 18 : : 2013/12/01(日) 20:12:12

    ――――――――

    クリスタ「うぅーん、またまた12位…遠いなぁ」

    ユミル「そう、くよくよするな、クリスタ!」

    クリスタ「ユミルも少し順位が落ちちゃったね」

    ユミル「まぁ、私の事はいいんだよ」

    ユミル「(調節してクリスタが10位に入れるように謀ってたなんて…言えねぇよな)」

    クリスタ「うぅーん…」

  19. 19 : : 2013/12/01(日) 20:13:32

    ――――――――

    コニー「よっしゃ!今度はオレがトップ10入りだぜ!!」

    サシャ「ぐぬぬ、コニーやりますねぇ」ムムム

    コニー「このまま憲兵団へ一直線だぜ!」

    サシャ「そうはさせませんよ!憲兵団に入るのは私です!!」

    コニー「へっへー、今のザマじゃ、まだまだ天才のオレには勝てねぇよ!!」

    サシャ「いいえ、私も負けませんから!!」

  20. 20 : : 2013/12/01(日) 20:14:32


    ワーワー ワイワイ

    ガヤガヤ エレンエレン!


    ユーク「(最近、気が緩んでいたみたいだ)」

    ユーク「(こんな体たらく、“2人”に言った事に対して、立場がないじゃないか!)」
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ユーク「(…悔しい)」

    ユーク「(何かきっかけが欲しい…何か…)」

    ユーク「(…そういえば)」

    ユーク「(マルコが言っていた…『大切なもの』…)」
  21. 21 : : 2013/12/01(日) 20:16:12

    ユーク「(俺にとってのそれは…アニ達3人)」

    ユーク「(この前、そう決めたばかりだ…)」
    (『――番外編―― 第11話』参照)

    ユーク「(そして、アニ…)」

    ユーク「(君を『玉』として護ろうと決めた…家族のように…)」

    ユーク「(…それだけじゃあ…ダメなのか?)」

    ユーク「(俺の成績が下がった原因…)」
  22. 22 : : 2013/12/01(日) 20:16:33

    ユーク「(その原因がたった今、俺が思った事であるとするなら…)」

    ユーク「(俺には…何が足りないんだ?)」

    ユーク「……」

    ユーク「(心が…もやもやとする)」

    ユーク「(俺は…この感覚の正体が…どうしても掴めない…)」

    ユーク「(…答えが…出ない)」


  23. 23 : : 2013/12/01(日) 20:17:35

    ――――その日の夜 食堂――――

    ミカサ「ユーク、少し相談がある」ヒョコッ

    ユーク「なんだい、ミカサ?」

    アニ「私も居るけど、いいの?」

    ミカサ「構わない。アニにも話を聞いてほしい」

    ユーク「わかったよ、それで?」

    ミカサ「実は、次の次の休暇日は、エレンの誕生日に当たる」
  24. 24 : : 2013/12/01(日) 20:18:13

    ユーク「そうだったんだ!」ハツミミ!

    アニ「ふぅーん」ヘェーー

    ミカサ「ので、貴方達にエレンの誕生日会を開催するのを手伝ってほしい」

    ユーク「いいよ!賛成だ!!」

    アニ「まぁ、いいんじゃない?」

    ミカサ「ありがとう!では早速、打ち合わせを始めよう」
  25. 25 : : 2013/12/01(日) 20:18:51

    ユーク「君がエレンよりも早く来て、ここに座ったのはその為だね?」

    ミカサ「ええ、そういう事」ニコ

    アニ「成功すればいいね」

    ユーク「アニも手伝うんだから、そんな他人事のように言っちゃダメだろ?」クスッ

    アニ「ごめん、そうだったね」

    ミカサ「そんな訳で2人とも、よろしくお願いします」ペコリ
  26. 26 : : 2013/12/01(日) 20:19:10

    ユーク「分かったよ、頼まれた!」

    アニ「それで、何から始めたらいいの?」

    ミカサ「日程は、休暇日にしようと思う」

    ミカサ「場所は、食堂」

    ユーク「時間は、夕方頃かい?」

    ミカサ「ええ、でももう少し早く始めて、お昼過ぎでもいいかもしれない」
  27. 27 : : 2013/12/01(日) 20:19:27

    ユーク「確かに、その方がいいかもね」

    アニ「夕食と被らないし」

    ミカサ「そういう事」

    ユーク「了解だ!」ワクワク

    アニ「(ユークったら、自分の事のように楽しそう)」チラ

    ミカサ「それで、買い物についてなのだけれど――――」


  28. 28 : : 2013/12/01(日) 20:21:02
    Part1おわり

    続きはまた明日!と言いたいところだけど、
    明日は、おそらく本編かな?

  29. 29 : : 2013/12/02(月) 20:40:07

    ――Part 2――

    ――――夜 倉庫――――

    ユーク「1週間ぶりくらいだね」ナデナデ

    アニ「うん」スリスリ

    ユーク「今日も耳掃除するんでしょ?」

    アニ「うん…お願い///」スリスリ

    ユーク「今回は、よく1週間持ち堪えたね。偉いよ!」ナデナデ

    アニ「辛かった…」ウズウズ
  30. 30 : : 2013/12/02(月) 20:40:45

    ユーク「じゃあその鬱憤は、俺が解消してあげよう!」スチャ

    アニ「よろしくお願いします」ゴロン ジッ

    ユーク「それじゃあ、今日も始めるか!」ホジホジ

    アニ「(あぁ、気持ちいいなぁ♪)」ニャーン

    ユーク「(アニ、とても気持ち良さそうだ)」

    アニ「♪」ニコニコ
  31. 31 : : 2013/12/02(月) 20:41:58

    ユーク「(見ているこちらが、寧ろ癒される)」ウットリ

    ユーク「(心なしか、アニから猫の鳴き声が聞こえてきそうな程、和んでるなぁ)」ニコニコ

    アニ「(…やっぱり、気持ちいい♪)」ニャーン

    アニ「(最近は、少しずつユークの手捌きにも慣れてきた)」

    アニ「(もう、あんな恥ずかしい声は出さないっ!!)」キリッ

    ユーク「あっ、少しだけ奥に発見!」ムッ
  32. 32 : : 2013/12/02(月) 20:42:20

    アニ「(この気持ち良さ、やめられないなぁ♪)」ニャーン

    ユーク「採掘開始っ!」ホジホジ

    アニ「…きゃぁっ!!///」ビクリッ!

    ユーク「ごめん、痛かった?」ナデナデ

    アニ「だ、大丈夫…びっくりしただけ///」ドキドキ

    ユーク「そうか…また少し奥の方、行くよ?」ホジホジ
  33. 33 : : 2013/12/02(月) 20:43:20

    アニ「う、うん。そう言う風に言ってもらえれば、安心する…///」ギュッ ドキドキ

    ユーク「本当に1週間ぶりのようだから、いつもより多めだね」ホジホジ

    アニ「恥ずかしいから、そういう事は言わないで…///」モジモジ

    ユーク「ごめん、女の子に向かって失礼だったね」ハンセイ

    アニ「(ユークは優しいなぁ…///)」ポーーッ

    ユーク「アニ、気持ちいいかい?」ホジホジ
  34. 34 : : 2013/12/02(月) 20:44:37

    アニ「うん。アンタ上手だから、ついつい癖になるよ…///」ウットリ

    ユーク「それは、俺も嬉しいな!」ホジホジ

    アニ「♪」ニコニコ

    アニ「……!」ハッ

    アニ「(あっ!そういえば、ユークを元気づけようって話だったんだ!!)」ピコーン

    アニ「(私としたことが、誘惑に負けてすっかり忘れていた!)」
  35. 35 : : 2013/12/02(月) 20:44:57

    アニ「(どうしようかなぁ?)」ウーン

    アニ「(今は、こんな状態だけど…)」

    アニ「(ユークにも…また耳掃除…してあげるべきなのかな?)」
    (『――番外編―― 第1話』参照)

    アニ「(でも、ユークからしてほしいって、言われた事なんてないし…)」

    アニ「(そんな事は、全然思っていないのかな?)」

    アニ「(…一応、後でそれとなく聞いてみよう!)」

  36. 36 : : 2013/12/02(月) 20:45:27

    ――――――――

    ユーク「はい、こっちは終わり。反対側向いて」サッ

    アニ「うん///」ゴロン ジッ

    ユーク「……」ホジホジ

    アニ「……///」モジモジ

    ユーク「……」ホジホジ

    アニ「……///」ソワソワ
  37. 37 : : 2013/12/02(月) 20:46:38

    ユーク「…アニ、落ち着きがないけど、どうかした?」キョトン

    アニ「え?いや…何でもないよ…///」ソワソワ

    ユーク「(何を考えているんだろ?)」

    アニ「(…『単に気持ちがいいから』とは、良い訳として言いにくい)」

    ユーク「……」ホジホジ

    アニ「(気持ちいいなぁ♪)」ニャーン
  38. 38 : : 2013/12/02(月) 20:47:37

    ユーク「…はい、こっち側も終わり!」

    アニ「ありがとね」ムクリ

    ユーク「今日は、すぐに起きるんだね?」

    アニ「え?」

    ユーク「だって、いつもは耳掃除中に寝落ちしちゃうか、暫くは膝枕を続けているでしょ?」

    アニ「そうだったっけ?」
  39. 39 : : 2013/12/02(月) 20:48:17

    ユーク「アニが気付いていないだけで、実際はそうだよ?」

    アニ「そ、そうなんだ」゙

    アニ「(恥ずかしい…///)」モジモシ

    ユーク「今日は、もう終わりにする?」

    アニ「えっと…あのね」モジモジ

    ユーク「ん?」キョトン
  40. 40 : : 2013/12/02(月) 20:49:03

    アニ「今度は、久しぶりに…私が…耳掃除してあげるよ///」

    ユーク「あ、ほんと?」ラッキー!

    アニ「う、うん!いつも私ばかりで悪いしね」アセアセ

    アニ「(案外、すんなり通ったね)」イガイ

    ユーク「(本当は、できればいつでも頼みたかったんだけど…)」

    ユーク「(アニが基本的に寝落ちしちゃうから、状況的に無理だったんだよね)」
  41. 41 : : 2013/12/02(月) 20:49:39

    ユーク「(でも、アニの方から誘ってくれるとは、なんという僥倖だ!)」

    アニ「それじゃあ、寝転がって」チョコン

    ユーク「お願いします」ゴロン ジッ

    アニ「アンタほど上手じゃないから…あまり期待しないでね?」ホジホジ

    ユーク「前にしてもらった時は、少なくとも下手ではないと思ったよ?」

    アニ「ふふっ、なにそれ?上手でもないって事?」クスリ
  42. 42 : : 2013/12/02(月) 20:52:02

    ユーク「まぁ、やっていくうちに上手になるさ」

    アニ「そ、そうだね」ホジホジ

    ユーク「(そう。やっていくうちに…ね)」

    アニ「(や、やっていくうちにって事は…///)」ドキドキ

    ユーク「……」

    アニ「……///」ホジホジ
  43. 43 : : 2013/12/02(月) 20:52:29

    ユーク「……」

    アニ「ど、どうかな?気持ちいい?」ホジホジ

    ユーク「うん。上手だよ?」アンシン!

    アニ「そう、よかった」ニコ ホジホジ

    ユーク「(どきりっ!!)」ズキュンッ

    ユーク「(“また”…だ)」ドキドキ
  44. 44 : : 2013/12/02(月) 20:55:32

    ユーク「(この感覚…アニと居る時にだけ…現れている?)」

    ユーク「(俺に一体、何が起こっているんだ?)」ムムム

    ユーク「……///」ドキドキ

    アニ「……」ホジホジ

    アニ「(ユーク、気持ちいいんだ…嬉しいなぁ!)」パァァ

    アニ「(…そうだ!少し気になっていた事を聞いてみよう!!)」

  45. 45 : : 2013/12/02(月) 20:56:23

    ――――――――

    アニ「ねぇ、少し話…いいかい?」ホジホジ

    ユーク「ん、何だい?」チラ

    アニ「アンタってさ…やっぱり、私の身体には…興味がないわけ?」ジッ

    ユーク「…まだその事を…気にしていたのかい?」ジッ
    (『――番外編―― 第10話』参照)

    アニ「う、うん…少し…ね///」モジモジ

    ユーク「…興味がないわけじゃない」
  46. 46 : : 2013/12/02(月) 20:56:56

    アニ「え?」ドキリ

    ユーク「でもね、“そういう事”じゃないんだよ」

    アニ「そ、それって…?」

    ユーク「…アニは、どうしたいんだい?」

    アニ「…最近、アンタが元気ないように思えてね…それでさ」

    ユーク「なるほどね。それじゃあ…『心配掛けてごめん』…でいいのかな?」
  47. 47 : : 2013/12/02(月) 20:57:16

    アニ「うぅーん、そんな答えを望んでいるわけじゃないんだけど…」

    ユーク「つまり、どういう事?」

    アニ「アンタがなんで元気がないのかが…知りたくてさ…」モジモジ

    ユーク「…成績が下がったからだよ」

    アニ「この前の発表の?」

    ユーク「そっ。マルコに…負けちゃったからね」
  48. 48 : : 2013/12/02(月) 20:57:43

    アニ「でも、アンタ達の順位が入れ替わる事なんて、これまで日常茶飯事だったじゃないか」

    アニ「何を今更…」

    ユーク「いや、アニ達とまた差が離されてしまった事が…悔しいんだよ」

    アニ「そう…なんだ」

    アニ「(そういう事だったの?本当に?)」ジッ

    ユーク「(半分嘘だ…ばれたかな?)」チラ
  49. 49 : : 2013/12/02(月) 20:58:32

    アニ「……」ジーーッ

    ユーク「(疑っているって顔だ)」ジッ

    アニ「本当に…それだけ?」

    ユーク「あぁ、それだけの事さ」

    ユーク「(ごめん、嘘なんだ…)」

    アニ「……」
  50. 50 : : 2013/12/02(月) 21:00:30

    ユーク「……」

    アニ「…ねぇ、ユーク」ボソリ

    ユーク「…何だい、アニ?」

    アニ「アンタはさ…私に触りたいとか…考えた事はないの?」

    ユーク「…またその話かい?」スクッ

    ユーク「それは、さっき終わって…」
  51. 51 : : 2013/12/02(月) 21:01:22

    アニ「ううん!終わってないよ!!」ズイッ

    アニ「アンタは…話を逸らしただけ…」

    ユーク「…ばれていたか」

    アニ「…こんな状況なんだよ?」

    アニ「普通の男女なら、到底考えられないような」

    ユーク「……」
  52. 52 : : 2013/12/02(月) 21:02:51

    アニ「アンタは、いつも快く私を迎えてくれるけど」

    アニ「“その時”に、いつも何を考えているの?」

    ユーク「……」

    アニ「ねぇ…答えてよ」

    アニ「教えてよ…アンタの気持ちを!」ジッ

    ユーク「…俺はね」
  53. 53 : : 2013/12/02(月) 21:04:55

    アニ「私も…少しくらいなら…いいと思っているんだよ?」ジッ

    アニ「アンタが“そう望む”んだったら…私は…!!」

    ユーク「アニ」

    アニ「私は、“アンタならいい”って…そう思えるかも…しれないからさ」

    ユーク「アニっ!!」

    アニ「!!」ビクッ!!
  54. 54 : : 2013/12/02(月) 21:06:50

    ユーク「そんな事を…口にしないでくれ!!」

    アニ「…どうして?」ポロッ

    アニ「ねぇ、どうして…答えてくれないの?」ポロポロ

    アニ「私はこんなにも…アンタの気持ちが…知りたくて堪《たま》らないのに…」グスッ

    ユーク「……」

    アニ「ぐすっ…うぅぅ…」グスッグスッ
  55. 55 : : 2013/12/02(月) 21:07:22

    ユーク「アニ…」ダキッ ギュッ!

    アニ「うぅっ…うぅぅ…」グスッグスッ ギューーッ

    ユーク「俺が怒った理由…わかる?」ナデナデ サスサス

    アニ「…ううん」フルフル ギューーッ

    ユーク「それはね…アニが自分を蔑《ないがし》ろにしていたからだよ」ナデナデ

    アニ「私が…自分の事を?」グスッ
  56. 56 : : 2013/12/02(月) 21:08:15

    ユーク「少しの気の迷いが生じたからって…」

    ユーク「そんな簡単に、自分を捨てないでくれ!」ギュッ

    アニ「…うん」グスッグスッ

    ユーク「俺は、アニの事を大切に想っている」

    アニ「…!!」

    ユーク「でも、それは…女の子としてよりも家族愛に近いもの…だと、思うんだ」ギュッ
  57. 57 : : 2013/12/02(月) 21:09:35

    アニ「…うん」シュン

    ユーク「だから一時の気の迷いの為に、自分を捨ててしまいそうだったアニが…許せなくて」

    ユーク「つい、大声で怒鳴ってしまったんだ…ごめんね」ナデナデ

    アニ「うん…うん。私も…ごめんなさい」グスッ

    ユーク「これからは、“あんな事”を軽々しく、言っちゃダメだからね?」ナデナデ

    アニ「ありがとう、ユーク…ありがとう…」グスッ ギューーッ
  58. 58 : : 2013/12/02(月) 21:11:48

    ユーク「思う存分、泣いていいからね?」ナデナデ ギュッ

    アニ「……」グスッグスッ

    ユーク「……」ナデナデ 

    アニ「(ユーク…)」スリスリ

    ユーク「(アニ…」」ギューーッ

    アニ「(私は…)」ギューーッ

  59. 59 : : 2013/12/02(月) 21:12:54

    ――――――――

    ユーク「今日は、この辺にして…戻ろうか?」

    アニ「うん…今日もありがとね…」グスッ ズピッ

    ユーク「(ごめんね、アニ…俺はきっと…)」

    アニ「(私…嬉しかったん…だよね…?)」ゴシゴシ


    ユーク「(この気持ちは、もしかしたら家族愛だけじゃない…のかもしれない…けど!!)」

    ユーク「(俺がこの気持ちの正体に辿り着くまでは…誰にも言ってはいけないんだ!」
  60. 60 : : 2013/12/02(月) 21:14:05

    ユーク「(だから、アニ…君は“その時”まで、待っていてくれるかい?)」

    ユーク「(俺は必ず、そこへ辿り着いて見せるから…その時は、絶対に!!――――)」


    アニ「(ユークが私の事を、大切に想っていてくれている)」

    アニ「(それが再確認できただけでも、良かったじゃないか)」

    アニ「(焦る必要なんて…なかったんだよ)」

    アニ「(ユークが返事をくれる、“その時”まで…私は、待とう!――――)」


  61. 61 : : 2013/12/02(月) 21:16:16

    Part2おわり

    今回の話は、2人の転機となるかもしれませんね

    この話が完成したのは、かれこれ1か月ほど前ですが、
    特に文章に力を入れたので、少しでも感動していただけたら嬉しいです



  62. 62 : : 2013/12/03(火) 18:08:13

    ――Part 3――

    ――――『次の』休暇日――――

    ミカサ「それでは、買い出しに出掛けましょう!」

    ユーク「エレンには、勘付かれてはいないようだ」

    アニ「順調だね」

    ミカサ「ええ、今日の事も出来れば気付かれない方がいい」

    ミカサ「ので、細心の注意を払って、行きましょう」コソコソ

    ユーク「なんかこの感じ、久しぶりだな」ソローリソローリ
    (『――番外編―― 第6話』参照)
  63. 63 : : 2013/12/03(火) 18:08:42

    アニ「楽しんでいたのは、アンタ達だけでしょ?」ソソクサ

    エレン「お前ら、何やっているんだ?」ヒョコッ

    ミカサ「ひゃっ!?エ、エレン!!」

    アニ「アンタこそ、何やっているんだい?」

    ユーク「(絶妙なタイミングだったな)」

    エレン「いや?あっちの方を歩いている時に、お前達3人が見えたからさ?」
  64. 64 : : 2013/12/03(火) 18:09:11

    ミカサ「そ、そ、そうだったの!」アセアセ

    アニ「(ミカサ、慌て過ぎだよ…ユーク、頼んだよ?)」チラ

    ユーク「(わかったよ)」チラ

    ユーク「俺達3人で買い出しを頼まれてな。ちょうどさっき」

    ユーク「これから出かけるところだったんだ」

    ユーク「ね、アニ?」チラ
  65. 65 : : 2013/12/03(火) 18:09:37

    アニ「そういう事」

    エレン「なんだ。じゃあ俺もついて行こうか?」

    ミカサ「エ、エレンは…い、いいからっ」アセアセ

    ユーク「(ミカサ…君はもう喋れなくていいから)」

    アニ「(ぼろが出る前に口を封じておこう)」サッ

    ミカサ「もがもが…」ジタバタ
  66. 66 : : 2013/12/03(火) 18:09:58

    アニ「暴れるんじゃないよ、エレンにばれてもいいの?」ヒソヒソ

    ミカサ「(そ、それは嫌っ!)」シーン

    エレン「ミカサもすぐに大人しくなったな」

    ユーク「彼女も大人になったという事さ」

    エレン「いつもは全力で抵抗するのにな」ハハハ

    ユーク「まぁ、彼女の事は、今は置いておいて…」
  67. 67 : : 2013/12/03(火) 18:10:22

    エレン「そうだな。それでいいのか?」

    ユーク「あぁ、今日は俺達3人で大丈夫だからさ」

    ユーク「エレンは特訓するなり、勉強するなりで頑張ってくれ!」

    エレン「そうだなぁ。勉強は嫌だけど…」

    ユーク「マルコに逆転されて悔しくないのか?俺は悔しいぞ?」

    エレン「…そうだよなっ!俺ももっと頑張って、マルコに勝ってみせるぞぉー!!」
  68. 68 : : 2013/12/03(火) 18:10:46

    ユーク「その意気だ!時間は今しかないんだからな?」(強調!)グッ!

    エレン「それじゃあ、俺はひとっ走り行ってくるぜ!!」クルッ ダッ!


    タッタッタ


    ユーク「…これでよし」フゥ

    アニ「…もういいよ、ミカサ」パッ

    ミカサ「苦しかった…」ケホッ

    ユーク「それじゃあ、また邪魔が入らないうちに“次へ”行こうか?」スタスタ

    アニ「そうだね」スタスタ

    ミカサ「誰も心配してくれない…寂しい」トコトコ


  69. 69 : : 2013/12/03(火) 18:11:21

    ――――街中――――

    ユーク「買い出しという名目だが…」

    アニ「まぁ、嘘はついてないよね…半分」

    ミカサ「そうね。教官が指示したという事以外は、至って事実」

    ユーク「まずは、小物や装飾品から買いに行くか?」

    アニ「そうだね、食材は最後に…」

    ミカサ「ええ、それでは雑貨屋から行きましょう!」スタスタ


  70. 70 : : 2013/12/03(火) 18:12:09

    ――――街中――――

    ユーク「さて、買い出しという名目だが…」

    アニ「まぁ、嘘はついてないよね…半分」

    ミカサ「そうね。教官が指示したという事以外は、至って事実」

    ユーク「まずは、小物や装飾品から買いに行くか?」

    アニ「そうだね、食材は最後に…」

    ミカサ「ええ、それでは雑貨屋から行きましょう!」スタスタ


    スタスタ トコトコ

    ワイワイ ペチャクチャ


  71. 71 : : 2013/12/03(火) 18:12:42

    ――――雑貨屋――――

    ユーク「飾り用のキラキラや輪っか用の紙とか探せばいいの?」キョロキョロ

    ミカサ「ええ、その通り」

    アニ「招待数もある程度絞ってあるから、そんなに大袈裟なものじゃなくてもいいよね?」

    ユーク「そうかもね。あまり派手だと、エレンも気恥ずかしいかもしれないし」

    ミカサ「食堂とは言ったけど、14人座れるだけのスペースと机があれば、それで十分」

    アニ「参加者は、私達とエレン」
  72. 72 : : 2013/12/03(火) 18:13:05

    ユーク「そして、ライナーやベルトルトをはじめとした」

    ミカサ「アルミン、マルコ、ジャン、コニー、ユミル、クリスタ、サシャ、ミーナ」

    ユーク「以上14名だな」

    アニ「誰に向かって説明したの?」

    ミカサ「今は、そういう無粋な事は言わないの」メッ!

    アニ「わかったよ」
  73. 73 : : 2013/12/03(火) 18:13:40

    ユーク「順応は必要な事だよ?」ニコ

    アニ「…うん」

    ミカサ「それでは、再び探しましょう!」

    ユーク「探しているうちに良い物も見つかるかもね!」ガサゴソ

    ミカサ「ええ、プレゼントも用意しなくては…」ガサゴソ

    アニ「何がいいだろうね?」キョロキョロ
  74. 74 : : 2013/12/03(火) 18:14:11

    ユーク「エレンの希望はわかるかい、ミカサ?」チラ

    ミカサ「いいえ、怪しまれてもいけないので聞いては来なかった…でも」

    アニ「…?」

    ユーク「でも?」

    ミカサ「心の籠ったものであれば、例えどんな下手な手作りのものでも」

    ミカサ「エレンはきっと、快く受け取ってくれるはず」ニコ
  75. 75 : : 2013/12/03(火) 18:14:36

    ユーク「…そうだな」

    アニ「大切な事だね、それは」

    ミカサ「ええ、なので心を込めて選びましょう!」

    ユーク「さーて、何か珍しいものはないかなぁ?」ガサゴソ

    アニ「ユークは今の話、ちゃんと分かっていたの?」クスクス

    ミカサ「本当に…」クスッ
  76. 76 : : 2013/12/03(火) 18:16:18

    ユーク「あぁ、ちゃんと聞いていたさ!」

    ユーク「大切なのは、エレンに喜んでもらう為に心を込める事」

    ユーク「そしてエレンはどんなプレゼントでも、快く受け取ってくれるはず」

    ユーク「…だろ?」

    ミカサ「ええ、その通り」ニコ

    アニ「なんだ。ちゃんと聞いていたんじゃないか」
  77. 77 : : 2013/12/03(火) 18:17:28

    ユーク「だから、びっくりするような面白そうな物がないか、探しているんだよ」ガサゴソ

    ミカサ「ふふっ、やっぱり分かっていないのかもしれない」クスッ

    アニ「ほんとにね…」クスリ

    ユーク「♪」ガサゴソ

    ミカサ「…私達も探しましょう!」チラ

    アニ「そうだね。探そうか――――」ガサゴソ


  78. 78 : : 2013/12/03(火) 18:17:50

    ――――市場――――

    ミカサ「今度は、食糧品」

    アニ「暑さにやられてダメにならないように保管しなきゃね」

    ユーク「食糧庫に置かせてもらえるか、帰ったら交渉しようか」

    ミカサ「そうね。来る前に予め交渉(物理)しておけばよかった」

    ユーク「ミカサ、またよからぬ方向(物理)で解決しようとしていなかった?」

    アニ「……」
  79. 79 : : 2013/12/03(火) 18:18:13

    ミカサ「そんな事はない」クスリ

    ユーク「だといいんだけどね」ハハ

    アニ「……」ジーーッ

    ミカサ「(…アニが見つめている)」タラタラ

    ユーク「それで、何の料理を作るんだい?」

    ミカサ「今回もまた、アニに料理を決めてもらった」
  80. 80 : : 2013/12/03(火) 18:19:10

    ユーク「『今回もまた』って?」

    ミカサ「前回のシチューは、アニが献立として決めてくれた」
    (『――番外編―― 第9話』参照)

    ユーク「どうしてまた、シチューにしたんだい、アニ?」

    アニ「シチューの料理法は、他のいろんな料理に応用できるんだよ」

    アニ「野菜を切ったり、煮込んだり、アクをとったり」

    アニ「そんな基礎的な動作が、色々と詰め込まれているからね」
  81. 81 : : 2013/12/03(火) 18:19:59

    ユーク「勉強になるよ」

    ユーク「それで、今回の料理は?」

    ミカサ「今回は、誕生日という事で『グラタン』!!」ババーン!

    ユーク「もう夏なのに、それは熱くないかい?」アハハ

    アニ「確かに誕生日らしい料理だけど、考えどころかもね」

    ミカサ「……」シュン
  82. 82 : : 2013/12/03(火) 18:21:16

    ユーク「そんな顔をしないでくれよ」

    アニ「アンタもさっき言っていたでしょ?」

    ユーク「気持ちを込める事が何よりも大事」ニカッ

    アニ「後は、相手がそれを快く受け取るのを待つだけさ」ニコ

    ミカサ「そうだった。ありがとう!思い出す事ができた」パァァア

    ユーク「それじゃ、他にも料理は作るとして…」
  83. 83 : : 2013/12/03(火) 18:22:35

    ユーク「(俺が作るわけじゃないけど…)」

    ユーク「(…俺もアニに料理を習おうかな?)」

    アニ「他の献立は、私が考えてもいいの?」

    ミカサ「ええ、アニに可能範囲でよろしくお願いする」ペコリ

    ユーク「アニ、責任重大だな」ハハ

    アニ「じゃあ、こんな料理を作ろうと思うんだけどさ――――」


  84. 84 : : 2013/12/03(火) 18:23:33

    ――――――――

    ユーク「ふぅ、買った、買った」ヨイショッ!

    ミカサ「14人前ともなると、量も結構となる」ズシッ

    アニ「後は、そうだね」キョロキョロ

    ユーク「まだ、買う物あるのか?」ズシズシ

    ミカサ「両手が塞《ふさ》がってきた」ズシィ

    アニ「サラダ用の野菜を買っておかないとね」トコトコ

    ユーク「待ってくれよ、アニぃー」ズシズシ

    ミカサ「(私はここで待とうか?――――)」


  85. 85 : : 2013/12/03(火) 18:23:51

    ――――帰路――――

    ユーク「結局、3人とも両手が塞がっちゃったな」ハハッ

    ミカサ「結構、重たい」ズシィ

    アニ「最後の野菜達が重たいね」ズシズシ

    ユーク「…ようやく兵舎が見えてきたな」ジーーッ

    ミカサ「荷物を食料庫の前に置いて来て、その後に教官に交渉(物理)に行きましょう!」

    ユーク「だから『物理』はダメだって!」
  86. 86 : : 2013/12/03(火) 18:24:08

    アニ「それに、あの『野生種』に食べられてしまわないように、1人は見張りをしなきゃね」

    ミカサ「確かに。では、私とユークで交渉に行く」

    ミカサ「ので、アニに見張りを頼みたい」

    アニ「仕方ないね、わかったよ」

    ミカサ「サシャと闘うのが嫌ならば、私が代わりに見張りでも構わない」

    アニ「いいよ。私が交渉へ行っても、結局ユークが全部喋っちゃうんだし、私は不要だよ」
  87. 87 : : 2013/12/03(火) 18:24:32

    ミカサ「それも、そうかも」クスリ

    ユーク「それよりもミカサは、自分のエレンへの想いの強さを教官へ伝える事が仕事だよ?」

    ミカサ「わかった。頑張る」

    ミカサ「2人とも、今日は本当にありがとう!」ペコリ

    ユーク「ははっ、どういたしまして」ニコ

    アニ「でもそれは、兵舎に着いて、全て終わった後にしなよ」クスリ
  88. 88 : : 2013/12/03(火) 18:24:52

    ミカサ「それもそう。では、頑張って帰ろう!」オーー!

    ユーク「(今日は、楽しかったな)」

    アニ「(ミカサったら、あんなに嬉しそう)」

    ミカサ「(エレン、当日は楽しみにしていて♪――――)」ニコ


  89. 89 : : 2013/12/03(火) 18:25:47

    Part3はこれで終了

    明日でこの話も終わりです

    でも明日は、長めのPartだからお楽しみに!

  90. 90 : : 2013/12/04(水) 18:36:59

    ――Part 4――

    ――――『次の次の』休暇日――――

    ミカサ「それでは、皆。今日は集まっていただき、ありがとう」

    ミカサ「今日皆には、エレンの誕生日を祝ってもらいたくて招待した」

    ミカサ「ので、料理も食べて、皆にも楽しんでいってもらいたい」ニコ

    エレン「正直、驚いたぜ!」

    エレン「皆、ありがとな!!」

    アルミン「発案はミカサで、アニとユークが手伝ったらしいよ?」
  91. 91 : : 2013/12/04(水) 18:37:13

    エレン「そうだったのか!ありがとな、3人とも!!」

    ミカサ「ええ、嬉しそうでなにより」ニコ

    ユーク「誕生日おめでとう!」

    アニ「料理も期待してなよ」

    エレン「そうだな!わくわくしてきた!!」

    ミカサ「それでは皆、初めにエレンを祝いましょう!」
  92. 92 : : 2013/12/04(水) 18:37:39

    ユーク「アニ」

    アニ「うん、ミカサ」

    ミカサ「ええ、そして皆、せーのっ!」


    「「「お誕生日おめでとぉーう!!」」」


    パチパチ パチパチ


    エレン「うっ…ありがとな…お前ら」グスグス

    ユーク「エレン、泣くの早過ぎだ」

    アニ「涙腺脆かったんだね」
  93. 93 : : 2013/12/04(水) 18:38:05

    ミカサ「さぁ、エレン!まずは私が作ったグラタンを食べてほしい!!」ワクワク

    エレン「おう!いただくぜ!!」パクッ

    ミカサ「ど、どうだろうか?///」ドキドキ

    エレン「…すっげぇ、美味いぞっ!!」キラキラ

    ミカサ「よかったぁ///」パァァ

    アニ「それじゃあ、皆も食べていいよ」
  94. 94 : : 2013/12/04(水) 18:39:00

    ユーク「いただきまーっす!!」パクパク

    アニ「ふふっ、アンタ早いね?」クスッ

    ユーク「お腹も減っていたし、アニの料理をいち早く食べたくてね!」ニカッ

    アニ「そ、そうなんだ…///」ポッ

    ユーク「今日も美味しいよ、アニ?」ニコ

    アニ「ありがとう、ユーク///」

  95. 95 : : 2013/12/04(水) 18:39:57


    ワイワイ キャッキャッ


    クリスタ「このグラタン、美味しいねっ!!」ピョンピョン

    ユミル「ほんとだな、こりゃいける!」ガツガツ

    ジャン「(ミカサのグラタンか…どれ)」パクッ

    ジャン「(うん…生きててよかった…俺)」ジーン

    ライナー「いやぁ、美味いな」

    ベルトルト「料理の1つ1つが丁寧に作ってあるね」
  96. 96 : : 2013/12/04(水) 18:41:01

    ミーナ「マルコ、このサンドイッチも美味しいよっ!」

    マルコ「ありがとう!食べてみるよ」

    ミーナ「美味しいよね?」

    マルコ「うん、卵がとてもふんわりとしているね」

    コニー「オレはグラタンが美味いと思うぞ!」

    サシャ「私はサンドイッチの方ですかね?」

  97. 97 : : 2013/12/04(水) 18:41:28


    ワイワイ ガヤガヤ

    パクパク モグモグ


    ユーク「よかったね、ミカサ」

    アニ「皆、アンタの作ったグラタンを褒めてくれているよ」

    ミカサ「その様で、安心した」ホッ

    ユーク「また1つ腕を上げたね」

    アニ「アンタはよく頑張ったと思うよ、私は」

    ミカサ「ありがとう、嬉しい」ニコ
  98. 98 : : 2013/12/04(水) 18:42:05

    ユーク「それじゃあ、そろそろプレゼントを渡そうか?」ヒソヒソ

    アニ「そうだね。盛り上がっている今が頃合いかも」ヒソヒソ

    ミカサ「それじゃあ、ユーク。皆の注目を集めてほしい」ヒソヒソ

    ユーク「あいよ」

    アニ「頼んだよ?」

    ミカサ「では、3、2、1…どうぞ」サッ

    ユーク「(せーのっ!)」スゥッ

    ユーク「皆!聞いてくれ!!」

  99. 99 : : 2013/12/04(水) 18:42:26


    ザワザワ ガヤガヤ

    ピタッ シーン


    エレン「ん?どうしたんだ、ユーク?」

    サシャ「何か始まるんですか?」

    ユーク「あぁ!まだ誕生日会の盛り上がりは、これからさっ!!」グッ

    ライナー「(ユークの奴、随分と熱が入っているな)」ヒソヒソ

    ベルトルト「(きっと、彼も楽しんでいるんだよ)」ヒソヒソ

    クリスタ「(なんだろ?)」ジッ
  100. 100 : : 2013/12/04(水) 18:42:46

    ジャン「(そっか、確かに今かもな)」ジーーッ

    ユーク「ご馳走も食べて、皆気分が良くなったところで!」

    ユーク「エレンへのプレゼントへと移ろうか!!」イエーーイ!

    ミカサ「イエーイ!!」ピーッス!

    アニ「い、いえーい…」プルプル

    エレン「おぉ!それは嬉しいな!!」ワクワク
  101. 101 : : 2013/12/04(水) 18:43:32

    ユーク「皆も何かしら、持って来たんだろ?」

    ジャン「へっ、たりめーじゃねぇか!」

    ライナー「俺達を嘗めてもらっては困るな」フフン

    ベルトルト「うん!ちゃんと用意して来たさっ!!」

    クリスタ「そっか!やっぱり一番のお楽しみは、プレゼントだよね!!」キャッキャッ

    ユミル「私だってちゃんと持って来てやったぞ?」ヘヘッ
  102. 102 : : 2013/12/04(水) 18:44:16

    ミーナ「勿論、そんなに大事なものを忘れるわけないじゃない!」エヘン

    コニー「おう、俺も持って来たぞ!」

    エレン「ほんとか、お前ら!?」

    エレン「いやぁ、楽しみだ!!」ワクワク

    ユーク「うん。それじゃあ、誰から渡す?」チラ

    ミカサ「私は最後がいい」
  103. 103 : : 2013/12/04(水) 18:44:38

    ユーク「そうだね。その方がきっといいさ!」

    ミカサ「ありがとう」

    ユーク「それじゃあ、特攻隊長はジャンに任せるぞ!」ビシィ

    ジャン「おっ!俺が一番ってか?」ニヤ

    ユーク「最近ジャンは、“誰かさんのお陰”か知らないが」

    ユーク「エレンとは、意気投合し始めたようだしな!」ニカッ
  104. 104 : : 2013/12/04(水) 18:45:05

    ジャン「へっ!随分と言うじゃねぇか、どこかの『誰かさん』よぉ」ニヤ

    ユーク「頼んだぜ、ジャン?」ニヤ

    ジャン「よっしゃ!期待しておけよ、エレン?」ズイズイ!

    エレン「初めはジャンか。何だろうな?」ワクワク

    ジャン「ほらよ!ありがたく受け取りやがれ!」スッ

    エレン「サンキュー!早速、開けてもいいか?」ドキドキ
  105. 105 : : 2013/12/04(水) 18:45:23

    ジャン「へっ、恥ずかしいが、しゃあねぇな!」ニッ

    エレン「なんだろうなぁ」ガサガサ

    ジャン「……」

    エレン「お!これは…!!」

    ユーク「何が入っていたんだ?」チラ

    ジャン「…どうだ、エレン。俺の実力を見たか?」ニヤ
  106. 106 : : 2013/12/04(水) 18:45:40

    エレン「あぁ!やっぱお前のセンスはすげぇよ!!」キラキラ

    ミカサ「一体、何が入っていたの?」チラ

    アニ「私達には見えないね」チラ

    ユーク「なるほどな、これを選んだのか」

    ライナー「エレン、俺達にも見せてくれ」

    ベルトルト「なにが入っていたんだい?」
  107. 107 : : 2013/12/04(水) 18:45:59

    エレン「…これだ!!」ジャーーン!

    クリスタ「あ!あれって…」

    ユミル「…ほぉ、あの馬面、誕プレとしては中々やるじゃねぇか」ヘッ

    マルコ「アルミン、あれって」

    アルミン「うん。間違いないと思うよ」

    ユーク「外の世界の本…だよな?」チラ
  108. 108 : : 2013/12/04(水) 18:46:45

    ジャン「あぁ…そうだ!」ニッ

    エレン「…すっげぇ、嬉しい」キラキラ

    ユーク「エレンも感動して、言葉に力が入っていないようだよ」クスッ

    ミカサ「エレン、良かったわね」ジーン

    アニ「あいつ、一番目にしてハードル上げすぎだよ、全く」クスリ

    サシャ「なぁんだ、食べ物じゃないんですかぁ」ガッカリ
  109. 109 : : 2013/12/04(水) 18:46:57

    コニー「オレは、難しい本はわかんねぇなぁ」

    ミカサ「サシャ、今は大事な時だから、邪魔しないで」バッ

    サシャ「もがもが…」ジタバタ

    ユーク「コニー、君はもっと本を読んで、知見を広めるべきだ」バッ

    コニー「もがもが…」ジタバタ

    アニ「似た者どうしが2組だね」クスッ
  110. 110 : : 2013/12/04(水) 18:47:17

    エレン「これは…海や火山が載っている本だよな?」

    ジャン「そうだな…あの時には時間がなくて、皆で読めなかったものだ」
    (『――番外編―― 第7話』参照)

    エレン「お前…こんな危険な真似して…」

    ジャン「アルミンだって、あの時に1冊こっそりと買ってただろ?」

    ジャン「冊数が少なけりゃ、努力と運次第で、ばれやしねぇよ」

    エレン「…ありがとな」
  111. 111 : : 2013/12/04(水) 18:47:40

    ジャン「おう!ありがたく受け取っておけ!!」ヘヘッ

    ユーク「はい、感動をありがとう!」

    ミカサ「ありがとう、ジャン」

    ミカサ「エレンも嬉しそうで、私も嬉しい!」ニコ

    ジャン「(どきりっ!!)」

    ジャン「へっ、別に大した事じゃねぇよ」プイ
  112. 112 : : 2013/12/04(水) 18:47:59

    ミカサ「うん。ありがとう」ニコ

    ジャン「お、俺はもういいだろ?」チラ

    ユーク「あぁ、元へ戻っていいよ」

    ジャン「ったく、恥ずかしいったらないぜ」

    ミカサ「では次は、誰がいいだろうか?」

    アニ「ジャンがハードル上げちゃった所為で、次は行き辛いね」

  113. 113 : : 2013/12/04(水) 18:48:11


    タジタジ ソワソワ


    ユーク「じゃあ、次は俺が一転させてみるか!」

    ミカサ「『一転』とは?」

    ユーク「ジャンとは違った…美しさだよ」トオイメ

    ミカサ「…?」ポカン

    アニ「…?」ポケーー

    ユーク「まっ!見ていてくれ――――」スタスタ

  114. 114 : : 2013/12/04(水) 18:49:03

    ――――――――

    エレン「皆!色々なプレゼントありがとな!」

    エレン「どれもこれも気持ちがこもっていて、すげぇ嬉しかったぞ!」ニコニコ

    ユーク「エレン、まだ全員は終わっていないぞ?」チラ

    アニ「そうだよ」チラ

    エレン「…そうだよな!」チラ

    ミカサ「……///」ソワソワ モジモジ
  115. 115 : : 2013/12/04(水) 18:49:56

    ユーク「それじゃあ最後は、ミカサだよ?」

    アニ「頑張って!」

    ミカサ「う、うん…///」

    エレン「ミカサ」ジーーッ

    ミカサ「わ、私のプレゼントは…」

    エレン「何だ?」ワクワク
  116. 116 : : 2013/12/04(水) 18:50:18

    ミカサ「ま、まずは…この…料理のつもりだった」モジモジ

    エレン「あぁ!すげぇ美味かったからな!!」ニカッ

    ミカサ「う、うん!嬉しいっ…」ニコ

    ミカサ「アニ達にも手伝ってもらったけれど…」

    ミカサ「私は…エレンの為に…一生懸命に作った!」ジッ

    エレン「あぁ。お前の気持ちは、ちゃんと食べて受け取ったよ」ニッ
  117. 117 : : 2013/12/04(水) 18:50:46

    ミカサ「そ、それともう1つ…プレゼントがあるの…」モジモジ

    エレン「…それは?」

    ミカサ「…エ、エレンの…お願いを…何でも1つだけ…聞いてあげる事!!」ドーン

    エレン「え!?」ドキリッ

    ユーク「(…ほぉ、なるほどねぇ)」ヘェェ

    アニ「(最後の締めとしては、中々に面白いモノをプレゼントしたね)」ホゥホゥ
  118. 118 : : 2013/12/04(水) 18:51:07

    ミカサ「エ、エレンは…私に…何をお願いしたい?///」チラ ジッ

    エレン「(…何でもか…あっ!!)」ピコーン

    ユーク「(おっ!エレンは早速、何か思いついたのか?)」チラ

    アニ「(一体、何をお願いするんだろうね?)」チラ

    ユーク「(さぁな?それは俺にも解らないさ)」チラ

    エレン「(ずっと気になってた、“あの事”をお願いにしてみよう!)」ウン!
  119. 119 : : 2013/12/04(水) 18:51:26

    ミカサ「エ、エレン…決まった…?///」モジモジ

    エレン「あぁ!決めたぜ?」ニッ

    ミカサ「じゃ、じゃあ…遠慮なく言って?///」モジモジ

    ユーク「(ミカサは勝負に出たな)」チラ

    アニ「(何とか上手く行くといいけどね)」チラ

    エレン「じゃあ、『遠慮なく』頼むぞ?」ジッ
  120. 120 : : 2013/12/04(水) 18:51:50

    ミカサ「う、うんっ!!」ジッ

    エレン「ミカサ…」ジッ

    ミカサ「エ、エレン?」ジッ

    エレン「俺は、お前に…」

    ミカサ「『私に』…?」

    ミカサ「(遂に、“本当の家族”になってほしいって!?)」ドキドキ!!
  121. 121 : : 2013/12/04(水) 18:52:06

    ユーク「(遂に、エレンも言うのか!?)」ワクワク

    アニ「(どうなるんだろう…?)」ソワソワ

    エレン「お前の…」

    ミカサ「(わ、『私の』…?)」ドキマギ

    ユーク「……」ワクワク

    アニ「……」ソワソワ
  122. 122 : : 2013/12/04(水) 18:52:27

    エレン「俺に、お前の腹筋を触らせてほしいんだ!!」ドーーンッ!!

    ミカサ「…え?」

    ユーク「…は?」ズテンッ!!

    アニ「……(放心)」ポケーー

    ミカサ「エ、エレン…今、何て言ったの?」エーット?

    エレン「二度も言わせるなよ…恥ずかしいな」
  123. 123 : : 2013/12/04(水) 18:52:53

    ミカサ「え、え?私の…腹…筋…?」アセアセ

    エレン「そうだよ。ずっと気になってたんだよ!」
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ユーク「(エ、エレン…君は最後の最後に、盛大に仕出かしてくれたな!)」グググ スクッ

    アニ「アンタ、思いっきりこけたけど、大丈夫なのかい?」サスサス

    ユーク「大丈夫さ」

    ユーク「だが、たった今のエレンの大失態には、少々文句がね…」
  124. 124 : : 2013/12/04(水) 18:53:11

    エレン「何だよ、『大失態』って!失礼だな!!」プンプン

    ユーク「いや、怒りたいのはこっちの方!…って言うよりもミカサだよ!!」

    ユーク「エレンの所為で、ミカサがあっち側へ召されちゃっただろ!」

    エレン「いや、どういう事だよ?」

    ユーク「ほら、見てみろよ!」スッ

    ミカサ「……(放心)」チーン
  125. 125 : : 2013/12/04(水) 18:53:37

    アニ「(ミカサ、お悔やみ…)」ナムナム

    エレン「おーい、ミカサぁ?どうしたんだよぉ?」ユサユサ

    ミカサ「…エ…エレ…ン」グラグラ

    ユーク「(凄い精神力だな。既に立ち直りかけている)」

    アニ「(まぁ今までの、あの死に急ぎ野郎の事から察すれば、理解も適《かな》うかもね)」

    エレン「それで、どうなんだ?」
  126. 126 : : 2013/12/04(水) 18:53:56

    ミカサ「え?何が?」

    エレン「だから、お前の腹筋を触らせてくれるのか、ダメなのかだよ!」

    ミカサ「エ、エレンは…何でそんな事を?///」モジモジ

    エレン「いやさ、お前のあの底なしの体力もさ」

    エレン「その腹筋があってこそなんじゃないかと、考えたんだよ」

    ミカサ「そ、それで…私の腹筋を触らせてほしいと?」ワナワナ
  127. 127 : : 2013/12/04(水) 18:54:29

    エレン「そういう事だよ」

    ユーク「(…あぁー、思い出したような気がする)」

    ユーク「(確かあの長距離走の後、風呂場でそんな話していたっけ?)」
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ユーク「(いや、ちょっと待てよ。それってさ…)」モヤモヤ

    ユーク「(俺がミカサの身体の構造に、興味を持った事を話したからであって…)」

    ユーク「(このきっかけを作ったのって…実は俺じゃないのか?)」ピーン
  128. 128 : : 2013/12/04(水) 18:54:48

    ユーク「(あれ?俺このままだと…なんかまずくないか?)」タラタラ

    ユーク「(…今のところ、その事実に気付いているのは俺だけのようだ)」

    ユーク「(後はエレンが余計な事を言わなければ、万事解決する(誤魔化せる)のだが…)」

    ミカサ「エレンは何をきっかけに、そんな事を思うようになったの?」

    エレン「あぁー、確かユークがそう言ってたんだよなぁ」チラ

    ミカサ「え、ユークが?」チラ
  129. 129 : : 2013/12/04(水) 18:55:19

    ユーク「……」フイッ

    アニ「(どうするの、ユーク?)」チラ

    ユーク「(もう知らないよ!後の成り行きは、まさに運任せだっ!!)」チラ

    アニ「(頑張ってね…)」ハァ

    ユーク「(全くだよ…)」ハァ

    ミカサ「ユーク、どういう事?」ジッ
  130. 130 : : 2013/12/04(水) 18:55:55

    ユーク「…さぁ、俺には見解が付かないよ」フイッ

    ミカサ「なぜ目を逸らすの?」ジーーッ

    ユーク「…さぁ?」フイッ

    ミカサ「もういい。エレンに直接聞くから」クルッ

    ユーク「あっ!それはやばいって、マジで!!」アセアセ

    ミカサ「さようなら、ユーク」チラ
  131. 131 : : 2013/12/04(水) 18:56:16

    ユーク「ちょ、ちょっと待って!弁解の余地をくれ!!」アセアセ

    ミカサ「それじゃあ、エレン。続きを話して」ジッ

    ユーク「エレン!君こそ今、何も言うんじゃない!!」

    エレン「ユークがミカサの体力が維持されている原因が、筋肉にあるって言ってたからさ」

    ユーク「おい、くそ鈍感エレンよぉ…」ガクッ

    ミカサ「そう、ユーク。後で“付き合ってね”?」ニコ
  132. 132 : : 2013/12/04(水) 18:56:45

    ユーク「(アニ!助けてぇ!!)」チラ

    アニ「(…アンタ1人で頑張りな)」フイ

    ユーク「(え!?ちょっと!不条理な!!)」

    アニ「(私の勇気を無下にした事への…ちょっとした “仕返し”だよ?)」クスッ

    エレン「それでな、ユークがさ――――」

    ユーク「エレンは、もうしゃべるなぁー!!」ジタバタ

    ミカサ「逃がさない」ガシッ ニコニコ

    アニ「(ふふっ――――)」ニコ


  133. 133 : : 2013/12/04(水) 18:56:59

    ――――その日の夜 倉庫――――

    ユーク「俺にわざわざ弱点を晒すなんて、何を考えての行動だい?」

    ミカサ「そう難しく考える必要はない」

    ユーク「ほんとかい?」

    ユーク「油断を誘う為の、君の罠だったりして」

    ミカサ「別に、そんな事は一切ない」

    ミカサ「“前”と同じように、私にもしてくれればいい」
  134. 134 : : 2013/12/04(水) 18:57:13

    ミカサ「ので、私にもまた…お願い」ゴロン ジッ

    ユーク「『付き合って』とか言うから、てっきりボコられると思って」

    ユーク「それなりの覚悟を決めて、ここへ来たんだけどね」

    ミカサ「そんな事はしない」

    ユーク「そうかい。でもまさか、また耳掃除を頼まれるとは…」

    ユーク「それも…アニ以上に、耳が弱いくせに」クスッ
  135. 135 : : 2013/12/04(水) 18:57:35

    ミカサ「いいから始めてほしい…お願い」ギュッ

    ユーク「わかりましたよ」ホジホジ

    ミカサ「相変わらず上手」

    ユーク「それで、ミカサ」ホジホジ

    ミカサ「何?」

    ユーク「わざわざこの為だけに、休戦しているわけじゃないんでしょ?」ホジホジ
  136. 136 : : 2013/12/04(水) 18:58:14

    ミカサ「鋭い。半分正解」

    ユーク「もう半分は?」ホジホジ

    ミカサ「もう半分は、本当に貴方の耳掃除が希望だった」

    ユーク「そう。お褒めに預かり、光栄だな」ホジホジ

    ミカサ「あの…ユーク」

    ユーク「ん?」
  137. 137 : : 2013/12/04(水) 18:58:35

    ミカサ「もう少し、上の方をお願い…痒いから」モジモジ

    ユーク「『上』って、ここら辺?」ホジホジ

    ミカサ「そう、そこ!」

    ユーク「それで、話を戻すけど」

    ミカサ「ええ」

    ユーク「君は今日、エレンに決死の覚悟で臨んだね」
  138. 138 : : 2013/12/04(水) 18:59:00

    ミカサ「私なりの本気のつもりだった」

    ユーク「その本気は、俺達にも伝わっていたよ。でも…」

    ミカサ「…ええ」

    ユーク「エレンの壁は、まだ崩壊とまでは行かなかったね」

    ミカサ「残念だった」

    ユーク「まっ!近道は遠回りって事さ」
  139. 139 : : 2013/12/04(水) 18:59:24

    ミカサ「そうね。私も急ぎすぎたかもしれない」

    ユーク「ほんとだよ…物事には、順序ってものがあるのにさ…」ピタッ

    ミカサ「どうかしたの、ユーク?」チラ

    ユーク「いや、何でもないさ。こっちの話」ホジホジ

    ミカサ「そう」

    ユーク「…はい、反対側だよ?」パッ
  140. 140 : : 2013/12/04(水) 19:00:09

    ミカサ「ええ」ゴロン ジッ

    ユーク「……」ホジホジ

    ミカサ「そういえば…」

    ユーク「何だい?」ホジホジ

    ミカサ「貴方がプレゼントしたもの…」

    ユーク「…あぁ、あれ?」
  141. 141 : : 2013/12/04(水) 19:00:29

    ミカサ「あの時の貴方の様子からは、おそらくサプライズ要素だと思っていた」

    ユーク「まぁ、買い物の時もそう言う風に言っていたしね」

    ミカサ「貴方がエレンにあげた『万華鏡』」

    ユーク「ミカサも覗いてみたかい?」

    ミカサ「ええ、とても綺麗だった」ウットリ

    ユーク「あの雑貨屋で、ふと気になってね」
  142. 142 : : 2013/12/04(水) 19:00:49

    ミカサ「貴方もいいセンスをしていた」

    ユーク「ありがとう」

    ミカサ「ところで、ユーク」

    ユーク「何だい?」ホジホジ

    ミカサ「貴方はこうして、膝枕で私に耳掃除をしてくれているけれど」

    ユーク「…それで?」ホジホジ
  143. 143 : : 2013/12/04(水) 19:01:09

    ミカサ「アニはいいの?」

    ユーク「今アニとは、あまりこういったべたべたするのは…止《よ》したいんだ」

    ミカサ「何かあったの?」

    ユーク「いいや、こっちの都合だ」ホジホジ

    ミカサ「そう」

    ユーク「こっちも終わったよ?」パッ
  144. 144 : : 2013/12/04(水) 19:01:31

    ミカサ「ありがとう。でも…」

    ユーク「ん?」

    ミカサ「もう少し…このままで居させて…」ギュッ

    ユーク「寂しいの?」

    ミカサ「ええ、それに少し悲しい」ギュッ

    ユーク「…エレンがきっと、ミカサの想いに応えてくれる日が、必ず来るから」
  145. 145 : : 2013/12/04(水) 19:01:46

    ミカサ「…ええ」

    ユーク「だから今は、辛抱強く待っていてあげて」ニコ

    ミカサ「…ありがとう、ユーク」ニコ

    ユーク「…夜は、少し寒くないかい?」

    ミカサ「そうね。この長椅子には毛布が敷いてあるけれど」

    ユーク「直接椅子に寝転がったり、座ったりすると腰を痛めるからね」
  146. 146 : : 2013/12/04(水) 19:02:09

    ユーク「もう、毛布が常備されているのが、定番なんだよ」

    ミカサ「そうだったの。アニの為?」

    ユーク「そっ!アニの為さ」

    ミカサ「…アニは幸せ者ね」

    ユーク「不幸には、絶対にしないさ」

    ミカサ「でも、貴方達はまだ互いに、最高の幸せではない」
  147. 147 : : 2013/12/04(水) 19:02:28

    ユーク「いずれ、君には感謝してもしきれないと思う時が…来るのかもね」

    ミカサ「ええ。私がこれほどまで働いたのだから」

    ミカサ「成功させないと…許さない」ニコ

    ユーク「…身体にも、毛布掛けようか?」バサッ

    ミカサ「ありがとう。いただくとする」モゾモゾ

    ユーク「温かいでしょ?」
  148. 148 : : 2013/12/04(水) 19:02:53

    ミカサ「ええ。もう夏ではあるけれど…今は、温かく感じる」ヌクヌク

    ユーク「アニもね、こうやって膝枕されながら、毛布に包まっているのが好きみたいなんだ」

    ミカサ「まるで、猫みたい」クスッ

    ユーク「本当にね」

    ミカサ「今日はこのまま寝てしまっても、構わないだろうか?」ジッ

    ユーク「どうぞ、今日は許そう」
  149. 149 : : 2013/12/04(水) 19:04:10

    ミカサ「…ありがとう」ヌクヌク

    ユーク「今日は、よく頑張ったね」

    ミカサ「ええ…」ウトウト

    ユーク「おやすみ、ミカサ」

    ミカサ「おやすみ…なさい…」ウトウト

    ミカサ「Zzz――――」

  150. 150 : : 2013/12/04(水) 19:04:41

    ――――――――

    ユーク「(『近道は、遠回り』…か)」

    ユーク「(アニも…もしかしたら俺だって…そうだったのかもしれないな)」

    ユーク「(アニが積極的にアプローチを掛けてくれたのは…俺は嬉しかった)」

    ユーク「(けれどそれが、アニを女の子として意識している為なのかは、正直わからない)」

    ユーク「(俺は自分の気持ちすら…まともにわかっていない。だから…)」

    ユーク「(“その”結論を出すのは…まだ、時期尚早なのかも…しれないな――――)」



    進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話

    『求めるは近き、見つめるは遠き』



    La Fin.

  151. 151 : : 2013/12/04(水) 19:04:58

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/30 進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』】
    http://www.ssnote.net/archives/3742

    【13/11/27 進撃の巨人Another 第25話 『帰る先』】
    http://www.ssnote.net/archives/3554

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790

  152. 152 : : 2013/12/04(水) 19:05:10
    ――番外編――

    【13/11/30 進撃の巨人Another ――番外編―― 第12話】
    http://www.ssnote.net/archives/3487

    【13/11/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話】
    http://www.ssnote.net/archives/3066

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924


    ――その他情報媒体――

    【随時更新中 SS Pedia記事 『進撃の巨人Another』】
    http://dic.ssnote.net/article/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BAAnother

  153. 153 : : 2013/12/04(水) 19:08:38

    番外編もこれで13話が完結し、ようやくここまで来ました

    少し大学が忙しすぎて、ろくに本編を書けておりません

    もしかしたら、2週間ほど番外編をおし進めるかもしれません

    番外編も早く完結させたいのも、私の想いの1つではありますが、少々腑に落ちない気持ちです

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場