ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』 ――憲兵団配属編 No.18――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/29(金) 11:26:29

    進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』

    ――憲兵団配属編 No.18――


    ――――憲兵団配属 20日目――――

    ユーク「2人とも、留守の間はすまなかったな!」ハハッ

    アニ「私達の仕事を代わってもらっていたようだね」

    マルロ「必要な責務だ。気にするな」フンッ

    ヒッチ「えぇー、私はすごく面倒くさかったんだけど?」ジトーーッ

    マルロ「そう言うな、ヒッチ」

    ヒッチ「でもさぁ…」ウジウジ
  2. 2 : : 2013/11/29(金) 11:27:09

    ユーク「それじゃあ今度、4人でご飯でも食べに行こう」

    ヒッチ「勿論、アンタの奢り?」ニヤ

    ユーク「当たり前だろ?」ニヤ

    ヒッチ「やったね!楽しみぃ♪」ウキウキ

    アニ「アンタさ、大丈夫なの?」ヒソヒソ

    ユーク「任務の事?」ヒソヒソ
  3. 3 : : 2013/11/29(金) 11:27:35

    アニ「それもなくはないけど、お金の事もだよ」ヒソヒソ

    ユーク「その事は、別に大丈夫さ」ヒソヒソ

    アニ「ほんとに?」ジッ

    ユーク「今のうちに、使えるだけ使っておくつもりだ」

    アニ「(『今のうち』…か。そうだよね…)」

    マルロ「2人で何を話しているんだ?」
  4. 4 : : 2013/11/29(金) 11:27:52

    ヒッチ「怪しぃねぇ」ジロジロ

    ユーク「何でもないさ」

    アニ「そうそう」シレッ

    ヒッチ「で、いつ行くの?」ウキウキ

    ユーク「次の休暇日でいいんじゃないか?」チラ

    アニ「私はそれで、構わないけど」
  5. 5 : : 2013/11/29(金) 11:28:11

    マルロ「ご馳走になるのなら、俺も合わせるぞ?」

    ヒッチ「別にアンタは、これといって予定もないでしょ?」

    マルロ「はぁ…俺にだって、休日にしたい事くらいはあるんだよ」

    ヒッチ「へぇ、なぁにそれ?」ジッ

    マルロ「…特訓とかな」

    ヒッチ「ぶっ、なにそれ?」キャハハ
  6. 6 : : 2013/11/29(金) 11:28:33

    ヒッチ「つまんないのぉ」

    マルロ「なっ!お前、いつまでも馬鹿にしてるなよ!?」

    ユーク「(特訓ね…あの出来事が効いたのかな?)」チラ

    アニ「(きっと、そうだろうさ)」チラ

    ユーク「(やれやれ、無駄に火をつけてしまったみたいだ)」

    アニ「(だから、余計な事はするなって言ったのにさ)」
  7. 7 : : 2013/11/29(金) 11:29:04

    ユーク「(まぁ、好きにやらせておけばいいじゃないか)」

    アニ「(そのうち、ツケがアンタに返ってくるよ?)」

    ユーク「(その前には、もうこの壁の中には居ないさ)」

    アニ「(そうだと、いいね)」

    ヒッチ「それじゃあ、今度の約束ね?」

    マルロ「楽しみにしてるぞ」
  8. 8 : : 2013/11/29(金) 11:29:47

    ユーク「まぁ、気長に待っていてくれ」

    アニ「…ほら、仕事だよ?」

    ユーク「あぁ、久しぶりだな」

    ヒッチ「1週間分、きっちり働きなさいよ?」

    マルロ「こら、ヒッチ」

    ユーク「まぁ、彼女が正しいよ」
  9. 9 : : 2013/11/29(金) 11:31:08

    ユーク「頑張ろうか、アニ」チラ

    アニ「そうだね」

    マルロ「ほら、置いて行くぞ?」

    ヒッチ「早く来なさいよぉ!」フリフリ

    アニ「はいはい」

    ユーク「…今行くさ」


    スタスタ スタスタ

  10. 10 : : 2013/11/29(金) 11:31:47

    ―――――――― 

    ユーク「そういえば、俺達が居ない間に、何か新しい仕事は貰えたかい?」

    ヒッチ「ううん。なぁんにも!」ケロッ

    マルロ「だが俺は、焦らない事に決めたからな」

    マルロ「今、与えられた仕事をきっちりこなす!」

    マルロ「まずは、そこからだ!」

    ユーク「(ほぉ、こいつも変わったな)」
  11. 11 : : 2013/11/29(金) 11:32:53

    アニ「……」ジーーッ

    アニ「(皆、どんどんユークの影響を受けていっているね)」

    アニ「(…大丈夫かな?)」チラ

    ユーク「(大丈夫さ…俺達がやるべき事もまた、ちゃんと決まっているからさ)」チラ

    ユーク「(それを見つめ続ければいいんだよ)」コクリ

    アニ「(うん、わかった)」コクリ
  12. 12 : : 2013/11/29(金) 11:33:28

    ヒッチ「……」チラ

    ヒッチ「(この2人、アイコンタクトが多いね)」ジーーッ

    ヒッチ「(やっぱり恋人って言うのは、こういうものなのかな?)」

    ヒッチ「(はぁ、良い彼氏ほしぃなぁ)」


  13. 13 : : 2013/11/29(金) 11:34:23

    ――――同日 訓練中――――

    ユーク「そういえばさ」

    アニ「何だい?」

    ユーク「憲兵団に配属されてからも、こうやって訓練があるとは思わなかったよ」

    アニ「なんだ、アンタは知らなかったの?」

    ユーク「誰かそんな事を言っていたっけ?」

    アニ「私は以前、ユミルにそう聞いた事があっただけさ」
  14. 14 : : 2013/11/29(金) 11:34:45

    ユーク「あぁ、彼女は情報通だからね」

    アニ「…面倒くさいったらないね」

    ユーク「…憲兵団という性質上、対人格闘ばかりだな」

    アニ「ここでは一番、実践的だからね」

    ユーク「まぁ腕が鈍らなくていいかもね」

    アニ「…ここの奴は、相手としてつまらないよ」
  15. 15 : : 2013/11/29(金) 11:35:15

    ユーク「…俺もそう思う」

    アニ「トロスト区の104期は…他よりも格段強かったんだね」

    ユーク「そうだな。10傑は皆、優秀だった」

    アニ「10位には入らなかったけど、クリスタやユミル、ミーナもアルミンだって」

    ユーク「皆、それぞれ特技を持っていたな」

    アニ「個性的だったもんね」
  16. 16 : : 2013/11/29(金) 11:37:00

    ユーク「…この支部で俺達に勝てる奴は、上官にすらいないだろう」

    アニ「トロスト区へ行く前に、アンタは加減を間違えて、上官を完敗させちゃったもんね」

    ユーク「…やはり体裁上、負けておくべきだったかも」

    アニ「別にいいんじゃない?」

    アニ「どうせ、長くは居ないんだし」ボソリ

    ユーク「アニ、しっ」フルフル
  17. 17 : : 2013/11/29(金) 11:38:10

    アニ「はいはい、気を付けるよ」

    ユーク「そんな中でも、俺に突っかかって来るのは…」チラ

    マルロ「よぉ、ユーク!久しぶりにどうだ?」スタスタ

    ユーク「はいはい、待ってな」アキレ

    アニ「それじゃあ、私はそこら辺をぶらぶらしてるよ」トコトコ

    ヒッチ「おっと、そうはいかないんだなぁ」ニシシ
  18. 18 : : 2013/11/29(金) 11:38:42

    アニ「…何だい?」ムスッ

    ヒッチ「そんな不機嫌な顔しないでよ」

    アニ「別に…」フイ

    ヒッチ「話しついでに、アンタに相手してほしくてね」

    アニ「……」チラ

    ユーク「(彼女はしつこいけど、頑張って?)」チラ
  19. 19 : : 2013/11/29(金) 11:41:43

    アニ「…はぁ」

    ヒッチ「それじゃ…いくよ?」ニヤリ

    アニ「…かかってきな」ハァ スッ

    ヒッチ「今日は当ててやるわよ!」

    アニ「…当たらないって」フイ

    ヒッチ「今に見てなさい!」ダッ


    ハァッ! サッ

    フンッ! ササッ

  20. 20 : : 2013/11/29(金) 11:41:58

    ユーク「……」ジーーッ

    マルロ「余所見するなよ?」ビュン

    ユーク「(当たらないよ、こんなの)」サッ

    ユーク「……」ジーーッ

    マルロ「(くっそ、まるでこっち見ていないのに…)」ギリリ

    ユーク「(アニの方は“大丈夫”かな?)」チラチラ


    ビュン サッ

    ブン ササッ


  21. 21 : : 2013/11/29(金) 12:19:17

    今日は丁度半分のこのくらいで

    番外編12話Part4も暇つぶし程度に読んてください

    また明日!

  22. 22 : : 2013/11/29(金) 16:39:32
    期待!

  23. 23 : : 2013/11/29(金) 16:39:45
    いつもお疲れです!
  24. 24 : : 2013/11/29(金) 18:08:47
    >>22,23
    ちょっと本編書くのに割く時間も本格的になくなってきたけど、
    番外編は在庫を沢山用意してあるから、主にそっちに期待して!

  25. 25 : : 2013/11/30(土) 00:29:08
    マルロ脳内再生余裕杉wわろりんwww
  26. 26 : : 2013/11/30(土) 19:34:13

    ――――翌日(配属21日目) 勤務時間外――――

    上司「…休暇が欲しい?」

    ユーク「はい、只今申請した通り、9日後から3日間、休暇をいただきたいと思います」

    上司「…まぁ、早めに報告を行う事は、感心だな」

    ユーク「ありがとうございます」ペコリ

    上司「最近の新兵は、そういう報告が遅い事が多いからな」

    ユーク「…そうですね」
  27. 27 : : 2013/11/30(土) 19:34:34

    上司「9日後か…うぅーん…」

    ユーク「……」ジーーッ

    上司「…いいぞ。こちらで調整しておこう」

    ユーク「ありがとうございます」ペコリ

    上司「この申請書には、『レオンハート』の名もあるが…2人で過ごすのか?」

    ユーク「…はい」ニコ
  28. 28 : : 2013/11/30(土) 19:35:05

    上司「周囲の新兵からは、2人は恋人だと聞いているから、そう納得するのが自然だな」

    ユーク「そうですか…私も嬉しいです」

    上司「…まぁ、こういうのは、若い内に楽しんでおくものだ」

    上司「昇格すれば時間に追われ、中々家族と会う時間もなくなるものだ」

    ユーク「…はい」

    ユーク「(…普段怠けている癖に、よく言うよ)」
  29. 29 : : 2013/11/30(土) 19:35:28

    上司「わかった。9日後から3日間の休暇という事だな」

    ユーク「はい、間違いありません」

    上司「…もう、行ってもいいぞ」チラ

    ユーク「はっ!失礼しました」バッ

    上司「あぁ、今日はもう休め。あがりだ」

    ユーク「はい」クルッ

  30. 30 : : 2013/11/30(土) 19:35:52


    スタスタ スタスタ


    上司「(…優秀だな…あの『トラス』とかいう新兵)」

    上司「(同期には“馬鹿な真面目”も居るが、それとはまた異なる雰囲気だ)」

    上司「(必要以上に、感情を表に出さないポーカーフェイスな辺りが、それを表しているな)」

    上司「(あの眼…こんな俺でも…そこから強い意志を感じたよ)」

    上司「(…俺はいつから…こうなっちまったんだろうな)」

    上司「(『若さ』か…懐かしい)」


  31. 31 : : 2013/11/30(土) 19:36:17

    ――――夜 外のベンチ――――

    ユーク「風が心地いいね」

    アニ「ねぇ、まだこんな茶番を続けるの?」ジッ

    ユーク「だって…いつまでも君と居たいから」ニコ

    アニ「…ばか」プイ

    ユーク「すぐに眼を逸らして、赤くなっているでしょ?」ニヤリ

    アニ「…知らないっ///」プーイ
  32. 32 : : 2013/11/30(土) 19:36:45

    ユーク「……」

    アニ「……///」

    ユーク「…本題だよ」キリッ

    アニ「あっ…うん」キッ

    ユーク「9日後から3日間、休暇をもらったよ」

    アニ「え、3日も?」
  33. 33 : : 2013/11/30(土) 19:37:06

    ユーク「そう」

    アニ「…『あの日』に合わせているの?」

    ユーク「そうだよ。だから前後合わせて、3日間だよ」

    アニ「…失敗した時に為に?」

    ユーク「いや…手を抜かない為さ」

    アニ「本気なんだね」
  34. 34 : : 2013/11/30(土) 19:37:31

    ユーク「アニは…本気じゃないの?」

    アニ「勿論、本気を出すさ」

    ユーク「『3日間』にしたのは、論理的な理由もあってね」

    アニ「それは?」

    ユーク「過去の事を調べてみると、壁外調査は大体が半日~1日」

    ユーク「長くかかっても3日以内には、帰還している」
  35. 35 : : 2013/11/30(土) 19:38:06

    ユーク「…生き残る数は、やはり半分程度で上出来だそうだ」

    アニ「…そうなんだ」

    ユーク「俺は…1日以内に完遂するつもりだ」

    アニ「…短期決戦って事?」

    ユーク「あぁ、チカラを使えば、早く動けて移動範囲も広い…だが」

    ユーク「そもそも、このチカラは長時間保てない」
  36. 36 : : 2013/11/30(土) 19:39:00

    ユーク「もう5年も使っていないけど、アニだって、それはわかっているだろう?」

    アニ「…そうだね。私も半日が限界さ」

    ユーク「…休暇1日目の午後に、シーナを出る」

    アニ「…夜じゃないの?」

    ユーク「あぁ、夜間に『2枚』を超えるのは…辛いからね」

    アニ「『2枚』って…“そういう事”?」
  37. 37 : : 2013/11/30(土) 19:39:35

    ユーク「…そうだ」

    アニ「うん…ユークについて行くよ」

    ユーク「ありがとう…今は何も言わずに、ただついて来てほしい」

    アニ「後で…説明してくれるんでしょ?」

    ユーク「ここじゃあ…危ないからね」

    アニ「私も分かってるよ…信じてるから」
  38. 38 : : 2013/11/30(土) 19:40:17

    ユーク「それまでに、アニにもやっておいてもらいたい事や準備もしてもらうよ?」

    アニ「任せておいて」

    ユーク「…それじゃあ、今からそれを言うから」スッ

    アニ「…耳元で?」

    ユーク「そっ、あくまで君に愛の言葉を囁いているように演じるさ」

    アニ「…気障《きざ》だね」
  39. 39 : : 2013/11/30(土) 19:40:34

    ユーク「…知っているでしょ?」ニコ

    アニ「…勿論さ」ニコ

    ユーク「…それじゃあ、よく聞いていてね?」

    アニ「…うん」

    ユーク「――――」ボソボソ

    アニ「うん…うん。――――」コクリ

  40. 40 : : 2013/11/30(土) 19:40:52

    ――――――――

    ユーク「――――という事だよ、わかった?」

    アニ「うん、わかった。ちゃんとやるよ」

    ユーク「それと、“さっきの事”も今、軽く説明してあげたからさ」

    アニ「それも納得した」

    ユーク「それじゃあ、そろそろ部屋へ戻ろう?」

    アニ「…もうちょっとだけ」ピトッ
  41. 41 : : 2013/11/30(土) 19:41:12

    ユーク「…うん、わかったよ」ギュッ

    アニ「…安心する」

    ユーク「いつも…してあげているでしょ?」クスリ

    アニ「いつまでも…してほしいんだ」ギューーッ

    ユーク「もうすぐ…願いは叶うからさ」

    アニ「…うん」
  42. 42 : : 2013/11/30(土) 19:42:51

    ユーク「…だから、頑張ろう!」ニコ

    アニ「…そうだね!」ニコ

    ユーク「……」ギュッ

    アニ「……」ギューーッ

    ユーク「…もう時間だ」スッ

    アニ「…仕方ないね」パッ
  43. 43 : : 2013/11/30(土) 19:43:23

    ユーク「…おやすみ、アニ」スーーッ

    アニ「……」

    ユーク「…ありがとう」

    アニ「私の…方こそ…///」チラ

    ユーク「先に戻っているからね?」クルッ

    アニ「また明日」フリフリ

  44. 44 : : 2013/11/30(土) 19:43:38


    スタスタ スタスタ


    アニ「…私も部屋に戻ろう」

    アニ「(こんな平和も…残り後僅か…か)」スクッ


    トコトコ トコトコ


  45. 45 : : 2013/11/30(土) 19:44:03

    ――――数日後――――

    マルロ「おい、ユーク!今日も対人格闘訓練は、俺と組んでくれ!!」

    ユーク「…またか」ハァ

    マルロ「で、どうなんだ?」

    ユーク「(本当は、アニと組んでいたいんだけどね)」チラ

    アニ「(私はヒッチに絡まれてるから、組んであげれば?)」チラ

    ユーク「…いいさ、相手してやるよ」
  46. 46 : : 2013/11/30(土) 19:44:26

    マルロ「お前から技術を盗んでやる!」

    ユーク「追いついて来れたらな?」

    マルロ「やってやるさ!!」ダッ

    ユーク「幾分かマシになったけど、まだまだ遅いぞ?」ササッ

    マルロ「(絶対に追いついて、“いつか”…超えてやる!!)」ダッ

    ユーク「(こんな風にしていると…時間が経つのは早いな…)」ササッ
  47. 47 : : 2013/11/30(土) 19:44:50

    マルロ「(くそっ!余裕な表情しやがって!!)」

    ユーク「(この動きが出来るのも、偏《ひとえ》に彼女のおかげ)」

    マルロ「(まずは、その涼しい表情を剥ぎ取る事からだ!!)」

    ユーク「(ミカサには何から何まで、感謝しきれないよ)」

    マルロ「(だが、こいつが何を考えているか…俺にはわからない)」

    ユーク「(しかし、その応報が敵対とは…運命とは皮肉だな――――)」

  48. 48 : : 2013/11/30(土) 19:45:13

    ――――――――

    ここへ戻って来てからは、月日の巡りが早かった

    俺達2人は『その日』に備え、着実に準備を積み重ねていった

    そして、明日はもう…『前日』だ



    To be continued...

  49. 49 : : 2013/11/30(土) 19:45:26

    【あとがき】

    1日に出来る事は、多いようで実は少ない

    人が時間を欲する所以がそこにある

    『蓄積は結晶、継続は力なり』

    もし、あの時にもっと努力出来ていたならば…

    人間であれば、一度は考えた事のある議題である――――

  50. 50 : : 2013/11/30(土) 19:45:48

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/30 進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』】
    http://www.ssnote.net/archives/3742

    【13/11/27 進撃の巨人Another 第25話 『帰る先』】
    http://www.ssnote.net/archives/3554

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790

  51. 51 : : 2013/11/30(土) 19:48:46

    ――番外編――

    【13/11/30 進撃の巨人Another ――番外編―― 第12話】
    http://www.ssnote.net/archives/3487

    【13/11/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話】
    http://www.ssnote.net/archives/3066

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924


    ――その他情報媒体――

    【随時更新中 SS Pedia記事 『進撃の巨人Another』】
    http://dic.ssnote.net/article/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BAAnother

  52. 52 : : 2013/11/30(土) 19:58:31

    憲兵団編はイメージしていた予定より、2倍近くかかってしまったけれど、無事に完結!

    次回からは、ユーク達の新たな戦いが始まります

    彼らに希望のある未来は訪れるのか...時間を作って頑張って書きます

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場