ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

エレン「時は過ぎて行く」

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/09/08(火) 23:31:20
    一時間後位に書きます!
  2. 2 : : 2015/09/09(水) 00:01:21
    投下!





    ザーーーーーーーーーーー

    「ミカサ、眠れないのか?」

    ミカサ「えぇ、ジャン入っていい?」

    ジャン「勿論」

    アルミン「スースー」

    ミカサ「アルミンはぐっすり」

    ジャン「そりゃあ、剣を振る練習を俺達の2倍やったからな」

    ミカサ「明日は筋肉痛になる気がする」

    ジャン「絶対歩くのが辛いと思う」

    ガチャ

    ジャン「誰!ムグッ」

    ミカサ「静かに」

    コツッコツッ

    バシャ

    ミカサ「誰?」

    「…」

    ジャン「どうする?」

    ミカサ「朝まで放置する?」

    ジャン「グリシャのジジイ呼んでくる」

    ミカサ「じゃあ、お母さんを」

    5分後

    グリシャ「どうしたんだい?」

    カルラ「眠いわ」ゴシゴシ

    「」シーン

    カルラ「生きてるの?」

    グリシャ「んっ?」スッ

    ミカサ「マスク?」

    グリシャ「!皆逃げろ」

    アルミン「ファ!」バサッ

    ミカサ「アルミン!早く出るよ!」

    アルミン「解んないけど、わかった!」

    ジャン「早くしろ」

    カルラ「ふっ!結界、無双封印!」

    無双封印

    自分よりも魔力が高くないと破壊できない


    グリシャ「離れよう!此処から遠くへ」

    アルミン「わかった!」
  3. 3 : : 2015/09/09(水) 00:40:08
    10分後

    ハァハァ

    カルラ「ここまでくれば良いでしょう」

    グリシャ「そうだな」

    ミカサ「何で逃げたの?」

    グリシャ「」

    カルラ「大人の事情よ」

    ジャン「おい!話しやがれ!」

    アルミン「僕は別に」

    グリシャ「時が来れば話す」

    カルラ「私達が死ぬ前に」

    ミカサ「でmバッーーーーーンン

    グリシャ「遅かった!」

    シュタッ

    「」チャキ

    グリシャ「くっ!」スッ

    カルラ「」パラッ

    ミカサ「」スッ 刀を構える音

    ジャン「」ジリッ

    アルミン「グカー」zzz

    「シュ」ビュン

    グリシャ「速い!」スッ

    「エクスカリバー!」

    グリシャ「雷電竜 雷斬り」バチィィ

    バァォァァァァン

    グリシャ「グハッ」

    カルラ「大丈夫?ヤバいわね! 召喚! ジークキャバリエ!」

    ジークキャバリエ「」ブンブン チャキ

    「ふっ!武器切り替え! エグゼクティブ」ジャラ

    グリシャ「強くなったな!我が息子よ!」

    ミカアルジャ「!」

    カルラ「本当は貴方が一番上だものね」

    グリシャ「だが、ここで消えてもらうぞ! エレン!」

    エレン「黙れ糞親父、おい!セイバー」

    キュイーン

    アルミン「エクスカリバーが」

    ミカサ「光った」

    「ふっと!どうも~セイバーデース!」

    セイバー「剣になるのは、疲れるからこのまんまがいい」

    グリシャ「やはり、お前の能力は相変わらずチートくさいな!」

    エレン「イェーガー族の技を全てコピーして、捨てやがったのはどこの誰だっけ?」

    グリシャ「最初は、空間爆発、空間移動、武器召喚、具現化、全てを破壊する、性転換、の能力があったな!」

    エレン「ウザいんだよ!」

    グリシャ「決着を付けよう」

    グリシャ「カルラはアルミン達を」

    カルラ「解ったわ 召喚! ブラックキューブ!」

    アルミン「お父さんは?どうするの?」

    グリシャ「決着を付けて帰ってくる!」

    アルミン「解った!」

    アルミン達は黒いキューブ形をした物の中に入り消えていった

    グリシャ「さて、殺ろうか」

    エレン「そちらからどうぞ!」

    グリシャ「召喚獣! 雷神竜」

    雷神竜「キュルァァァ!!!」

    エレン「二刀流 エクスカリバー!デスソード!」

    セイバー「出番だね!」ヒュゥゥン

    エレン「」チャキ 構え

    グリシャ「雷神竜!奥義! 雷神雷斬り!」

    雷神竜「キュルァァァ!!!」ビシャン!ビシャン

    エレン「二刀流奥義! スターバーストストリーム!」

    雷神竜「!」バサッ

    エレン「遅い!」ザン!ザン!ザッザッザザザザザ

    雷神竜「グカァ」ヨロヨロ

    エレン「とどめだ!」ズバァァァン!

    グリシャ「なん!だと」

    エレン「勝負あったな」

    グリシャ「負けて言うのはすまないが、あの子達を殺さないでくれお願いだ!」ポロポロ

    エレン「」



    エレン「はぁぁぁ、俺が死んだとでも言っておけ!その代わり、三年後のギルドに入るための訓練所に入ってもらうからな!」

    グリシャ「ありがとう、エレン!」

    エレン「戻してやッから、2秒目をつぶれ」

    グリシャ「うむ」ぎゅっ

    エレン「じゃぁな」

    グリシャ「ありがとう」シュイン

    エレン「何でこんなことしたんだろ」

    そしてグリシャは無事に帰れた、しかし三年後の訓練所に子供達を連れていくことになった、グリシャ、果たしてどうなるのか!


    序章 完

    次からは1章です
  4. 4 : : 2015/09/09(水) 13:52:22
    第一章 訓練所


    チュン チュチュチュン

    ジャン「ふぁーーーーあ」ゴシゴシ

    アルミン「おはよう、ジャン」

    ジャン「おはよう」

    ジャン,キルシュタイン

    14歳
    身長162㎝

    性格 少し冷静

    能力 分解
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アルミン「眠たそうだね」クスクス

    アルミン,アルレルト

    親に捨てられたところをジャンとミカサに救われた

    身長152㎝

    性格 ほのぼのとしている

    能力 目で見たものを具現化出来る


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ジャン「そういゃあ、今日訓練所にいかなきゃならないのか」

    アルミン「僕は楽しみだよ」

    ミカサ「私は嫌だ」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ミカサ,キルシュタイン

    ジャンの姉

    身長160㎝

    性格 冷静

    能力 火を操る

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ミカサ「訓練せずとも私は強い」

    ジャン「確かにな、だが能力のバトルは弱いよな」

    ミカサ「私は格闘技しか使う気はない」

    アルミン「準備出来た?」

    ジャン「おいしょ!あぁ」

    ミカサ「完璧」

    グリシャ「外に迎えが来ているはずだ、訓練所に行ったらリーティスと言う奴が居るからなじゃあな」

    ミカサ「行ってきます」

    ジャン「じゃあな親父」

    アルミン「グリシャ叔父さんじゃあね」

    グリシャ「じゃあな」

    バタン



    ジャン「あの人かな?」

    アルミン「聞いてみよう」

    黒フード「ん?おっ来たな」

    ジャン「貴方は?」

    リーティス「リーティス、リーティス,イェーガー」

    ミカサ「お父さんが言っていた人」

    リーティス「皆僕に捕まって、ワープするから」

    アルミン「わかりました」

    リーティス「ワープ!」シュン

    ここで止めます
  5. 5 : : 2015/09/09(水) 14:01:36
    期待!!
  6. 6 : : 2015/09/09(水) 15:11:15
    エレン「セイバーお茶くれ」

    セイバー「はーい」コトッ

    エレン「うまい」

    セイバー「ん?あれ、あの子達はあの時の?」

    エレン「おっ!そろそろ来ると思った」ガタッ!

    セイバー「待って」

    エレン「荷物もって行くぞ」

    セイバー「うーい」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アルミン「ここかな?」

    ジャン「広!」

    ミカサ「広すぎる」

    「来たか」

    「来ましたね」

    ミカサ「誰」

    セイバー「セイバーと」

    エレン「オーディオだ(偽名だけど)」

    エレン「もう手続きは済ませた」

    セイバー「一周間ここで過ごして訓練所に行くわよ」

    皆「はーい」
  7. 7 : : 2015/09/09(水) 20:38:49
    キングクリムゾン!

    セイバー「何か喋った!」

    エレン「気にするな」

    ジャン「早くしてください、遅れます」

    エレン「黙れ、魔術や剣術で1回も攻撃が当たらなかったくせに」

    アルミン「痛いとこつかれたね」ハハハ

    ミカサ「でも入ってそうそう、オーディオを暗殺してみなさい!だもの」

    アルミン「オーディオさんはチーターですか?」

    エレン「違う俺はビーターだ!」

    セイバー「何でや! あっ!のってしまった!」

    エレン「ついたぞ、じゃあなまあ後から会うけど多分」ブツブツ

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    エレン「彼奴らは行ったから、能力発動 タイムアウト!」

    セイバー「私も!」ヒュルルルルルル

    エレン「俺達は今15才くらいだな」

    セイバー「ウーン変な気分」

    エレン「可愛い///」

    セイバー「ふぇ///」

    エレン「あっ!能力使って女になろ!能力発動」

    エレン「よいしょ」スタッ

    エレン,イェーガー(男)

    15歳
    身長164㎝
    髪が白くほぼ無表情、だがセイバーと居るときは笑顔
    これは可愛い
    能力 性転換、空間爆発、剣を創る、瞬間移動、リミッター、ギア、コピー、分身、分解、魔装、支配

    エレン,イェーガー(女)

    15歳
    身長154㎝
    黄緑色の髪でニッコリとしているまさに天使

    能力 車輪眼、黒炎、呪い、秘宝具生産、影、龍の能力が使えます!

    セイバー

    15歳
    身長154㎝
    金色に似た髪の色をしておりクリスタより少し髪が長い

    能力 精霊を操る

  8. 8 : : 2015/09/09(水) 23:04:45
    ずっとトリップ貼ってると
    思ったら貼ってなかった アセアセ

    多分見られてないんだろうな シクシク
  9. 9 : : 2015/09/10(木) 23:42:36
    エレン「いこっ!セイバー」

    セイバー「待ってよー!」

    エレン「フフッ」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    訓練所


    キース「えー今から、信頼を深めるため異空間で戦闘を行うなお、異空間は外傷のダメージはなく、降参をしたら現実世界にとばされる!」

    キース「では、三人一組のチームを作「教官」

    キース「なんだ」

    エレン「僕セイバーと一緒で二人だけがいいんだけど」

    セイバー「じゃないと能力が」

    キース「わかった!では解散後、チームを作ったらこのゲートへ入れ!良いな」

    エレン「じゃあ行こ!セイバー」

    不良「あんたら、順位が俺らより低かったら何でも1つだけゆうことを聞く掛しねぇか」

    エレン「お兄さん達辞めた方がいいよ」

    セイバー「まあまあ、体に叩き込めばいいんだよ」

    エレン「そうだね、じゃあ私達が負けたら、一周間奴隷で良いよ!その代わり負けたら話し掛けてくんじゃねえぞ?」

    セイバー「じゃあね!」ヒュュュウン

    不良「ククク早速ヤれるぜ」キキキキキ

    キース「(どうやらアイツは手を出しては出しては敵に手を出したようだな)」

    キース「それでは皆入るんだ、エレン,セイバーチームは先に行ったぞ!」

    皆「はい!」
  10. 10 : : 2015/09/10(木) 23:56:50
    写輪眼だと思ったのですけど違っていたらすみません。

    期待です
  11. 11 : : 2015/09/11(金) 00:46:56
    ほんとだ!間違えてた!
    あと名前とトリップはコメント返しだけに貼ります
  12. 12 : : 2015/09/12(土) 10:17:10
    キース「うむ、皆入ったなでは、はじめ!!!」

    バァァァァァァン


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ミカサグループ

    ジャン「うるさ!」

    アルミン「さすがに五月蝿いね」

    ミカサ「ビックリした」

    ジャン「じゃあ敵探すぞ!」

    皆「おー!(棒)」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ライナーチーム

    ライナー「いたぞ!」タッタッタッ

    ベルトルト「ほんとだね」トンッヒュットンッ

    ライナー「そういゃぁアニは?」

    ベルトルト「見えなかったの?先行ったよ」

    ライナー「いつ?」

    ベルトルト「今」

    ライナー「早!」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    エレンチーム


    エレン「暇だね」

    セイバー「敵が居ない」

    エレン「神出して、自習練習でも」

    セイバー「ダーメ!」

    エレン「ん?右側700㍍地点戦闘中だね」

    セイバー「おっ先!」ジャキン

    エレン「ちょっお前まさか!」

    セイバー「とう!奥義聖剣エクスカリバー!」ズガガガガガガ

    エレン「そこの人逃げて超逃げて!」

    そこの人達「ワッツ?ギャャャャャャャャャャャ」ズガーン

    エレン「終わった」

    セイバー「てへッ?」

    エレン「お前キャラ変わりすぎ」

    セイバー「エレンもでしょ?」

    エレン「俺はセイバーとか宝具の奴らとしか話さないよ」

    セイバー「またまたぁ」

    エレン「はー」

  13. 13 : : 2015/09/13(日) 11:12:15
    エレン「それより誰もいねぇな」

    セイバー「誰か殺ったのかしら?」

    「あぁ殺ったさ」

    エレン「ん?誰?あんた」

    リヴァイ「特別参加のリヴァイだ!キースに頼んで新兵がどれ程強いか試している」

    セイバー「エレン、男か女、どっちか早く選んで戦う準備して」

    エレン「じゃあ体が軽い女で行くわ」ヒュュュ

    エレン「フフッじゃあ始めましょう」

    エレンはしょっちゅう男や女になってます

    セイバー「じゃあ私も行こうかな」チャキ

    リヴァイ「面白い沈めてやる」

    エレン「その言葉覚えてて下さいね?」

    リヴァイ「お前らこそ」バチバチバチバチ
  14. 14 : : 2017/06/08(木) 20:06:12
  15. 15 : : 2017/07/04(火) 21:15:59
    放置?
  16. 16 : : 2017/07/30(日) 21:21:44
    エレリヴァ「行くぞ」ドゴッ
    エレン「クソッ」ブン
    リヴァイ「遅い」‼︎‼︎
  17. 17 : : 2017/08/11(金) 13:49:26
    ほうちか?
  18. 18 : : 2017/09/01(金) 20:34:31
    >>17に同意
  19. 19 : : 2017/10/07(土) 17:16:03
    エレンの女バージョンを、‘エレナ`とでも呼びましょうか。
    ちなみに、このssには関係ないと思いますが、ルシファー=サタンなんですよ

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「進撃の巨人 × アクション」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場
「アクション」SSの交流広場
アクション 交流広場