ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

この作品は執筆を終了しています。

探偵「ソニービーン事件」

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/07/02(木) 00:09:48
    注意事項

    亀返信

    不定期返信

    グロ

    共食い


  2. 2 : : 2015/07/02(木) 00:10:38
    『えー....◯◯家の地下倉庫には肉をむしり取ったような遺体があったとのことです』

    ウォーーーン

    ピーポーピーポー

    『父親は[食った]と言っています一体何を食べたのかは不明です」

    「◯◯家、一家集団で人肉を食う」

    カシャ

    カシャ

    「おいおい....マジか?...◯◯のやつ....人間食ってたって....」

    「うぁー......」

    ____________
    __________
    ________
    ______

    裁判官「ーーーーー?」









    「食べましたよ、美味しいから」














    事件発覚前
  3. 3 : : 2015/07/02(木) 00:26:34
    弟「うん!これおいしいよ!兄ちゃん!」


    クチャ

    母「ほんとねー....さすが私の息子よ!」

    父「ハハハハハ!」

    兄「あはは...ありがとう」

    姉「おいしいわね兄の彼女」

    クチャ

    家中に漂う不思議な匂いと空気は普通の人にとっては匂いだらすぐ吐くような匂いだった、だが彼ら葛木家はこんな匂いはしステーキのようなものだった

    母「そうだわ!太ももは唐揚げにしましょう!」

    「「「ぉー!!いいねー!!」」」



    ーーーーーーー
    ーーーーー
    ーーー


    キー

    カチャカチャ


    部長「えー、最近だが殺害多発しているそれを同一人物の犯行と見ている」

    「はっ...はぁ」

    ??「.......ふーふふーんー」
  4. 4 : : 2015/07/02(木) 00:39:08
    部長「それで、本部から探偵を支給された」

    「これが....探偵?どう見てもただの」

    探偵「......あはっ」

    「変人じゃあないですか?」

    部長「それじゃあ自己紹介を」

    探偵「えーと....僕の名前は....とりあえずトップスシークレットだから.....T800で!」

    「(ターミネータかよ)」

    探偵「趣味はアニメ、妄想、カツアゲから逃亡、ポテチ、就寝自殺未遂ごっこ、現実逃避、引きこもること」

    「は?」

    趣味「嫌いなものはー警察、理由はクズがいるから」


    「(ドラマの見過ぎだ...)」

    探偵「好きな食べものはポテチ」

    探偵「嫌いなものはポテチ以外全部」

    「(..........oh)」
  5. 5 : : 2015/07/02(木) 02:35:56


    探偵「ところで事件の内容一から教えてください何度も聞けばなんとかなるはずです」

    部長「あ、うん」

    部長「7月24日東京◯✖️□の住宅街の空き地の草むらにひどい悪臭がすると住民が見に行ったところそこに酷く腐った遺体が発見され警察に通報」

    部長「聞き込み調査では何の情報も得られていない」

    探偵「なるほど」

    探偵「...........遺体はどんな感じなくですか?」

    刑事1「えっとそのことは私が」

    探偵「どうぞ」

    部長「(勝手にしきられてるんだが)」

  6. 6 : : 2015/07/02(木) 11:00:24
    刑事1「えー、遺体はまだ新しいのですが酷く悪臭がしており身体中に刃物で刺されたような跡があり、腕や足を一本ずつ引きちぎられています」

    探偵「んっコンソメうま」ボリボリ

    探偵「腕とかは見つかったんですか.....?」

    刑事1「まだです、ですが足の親指なら」

    探偵(足の親指....カニバリズム事件?....けど親指食うか?手の指ならなんとなくわかりますけど)

    探偵(いや、それはあるか)

    探偵(親指硬いし)

    探偵(苦しめるためにやった...)

    探偵(.........やっぱり理解不能の事件てっいいねぇ)

    探偵「.........」ニヤリ

    「.............」
  7. 7 : : 2015/07/02(木) 20:14:29
    翌日

    探偵「......」バリバリボリ

    刑事1「あの」

    探偵「?あげませんよ」

    刑事1「べっ別にいらないです」

    刑事1「けど働いてください」

    探偵「いや、僕はただ推理して犯人を見つけるだけだから」

    刑事1「証拠探しとかは....」

    探偵「僕、刑事じゃないし」

    刑事1「..........」
  8. 8 : : 2015/07/02(木) 22:37:10
    ザァーーーーー


    弟「..........」

    ポツポツ


    「ぎゃ」

    ドッ.......


    ザァーーーー



    ザッ

    父「俊介、誰か来たか?」

    弟「ううん」

    父「そうか」

    弟「今日は女の人?」

    父「あぁそうだぞ!お父さんのお手伝いよく頑張ったからな、今日は女の人だ」

    弟「わーーい!」

    父「それじゃ車に乗って待っててくれ」

    弟「うん!」


    ザァーーーー

    ズル....ズル....

    父「んしょ!」

    ドサッ

    バンッ


    ________________
    ____________
  9. 9 : : 2015/07/02(木) 23:30:11
    探偵「別に僕いらないようなきがするんだよ。あんな事件よくあることだしさ」

    「最近行方不明の届けが増えてきたんだよなぁ」

    「行方不明の大抵は死んでるか、神隠し的なやつ」

    探偵「....」

    探偵「ま、大丈夫」

    _________
    _______

    部長「なに?僕にも捜査させろ?」

    探偵「はい」

    探偵「だって僕はそれのために呼ばれたんですもん」

    探偵「僕、国に呼ばれたんです、警察ざじゃなくても捜査できるようにしてくだい」

    部長「................」

    部長(けどなぁ...服装が...上は真っ白な長袖のシャツ...下は真っ黒なパジャマぽいズボン....)

    探偵「はいはい、ニートてっ言いたいんですね」

    探偵「けどね好きでなったわけじゃあ無いんですよ」

    探偵「引きこもり生活ではこの服装は神の服装なんですワタソン君」

    探偵「第一ね、僕は一体何のために来たのかわからないんです」

    部長「.........」

    部長(何を言ってるのかわからない)
  10. 10 : : 2015/07/03(金) 11:27:52


    部長「君ぐらいの頭脳なら警察になるなんて簡単じゃないのかね?」

    探偵「.......」

    探偵「なれないんですよ僕は」

    探偵「体力なんざもろともない」

    探偵「入学試験でバーン」

    部長「うっうーん....仕方ない上と話をするよ」

    探偵「お願いしますね」

    __________
    ______
    ___


    刑事「聞き込み調査してもいい情報が見つからん」

    刑事1「まぁまぁ、頑張りましょうよ」

    刑事「次はここを当たってみるか」

    ピンポーン

    『はーい』
  11. 11 : : 2015/07/03(金) 14:21:25

    ガチャ

    母「はい」

    刑事「こういうものですが」

    母「え...と」

    刑事「いえただの聞き込み調査です」

    母「あっあぁ」

    刑事「最近ここで不審な人物は見かけましたか?」

    母「.............」

    母「いえ、全く」

    刑事「そうですか...見かけたらお願いしますね」

    母「それでは...」

    ガチャ

    刑事1「んー.....今日はここまでにします?」

    刑事「そうだな」


    ________
  12. 12 : : 2015/07/03(金) 14:54:25

    1ヶ月


    探偵「・・・」

    探偵「殺人事件が多発....」

    探偵「どれもこれも似たようなもの....狙われるには....男....そして人間の筋肉のない部分をむしりとられる」カサカサ

    探偵「そして....行方不明事件...行方不明になるのは女性」

    探偵「.............あともう少しで事件のことがわかるんだがなぁ」

    ゴソゴソ

    刑事1「何をしてるんですか?.....」

    刑事1「ここてっ20日前の事件現場ですよ」

    刑事「証拠とかそんなものなんて...」

    探偵「...?」

    探偵(飴のを包む袋?)

    探偵(ここゴミ捨て禁止だよな)

    探偵「よし、聞き込み調査するか」

    刑事1「探偵さんの調査は自由だなぁ」

  13. 13 : : 2015/07/06(月) 22:18:48
    探偵(飴....苺の飴....)

    探偵(.......子供...は関係ないか)

    探偵「んー調査はやめ」

    刑事1「.....(いちいちめんどくさい人...)」

    探偵「これ、この飴を調べて」

    刑事1「?」

    弟「...はぁ...はぁ...」タッタッタ

    探偵「子供てっ元気でいいですよねー、心が汚れてたらうざったらしく思えますが」

    刑事1「..............」

    ________
    ______
    ____


    ガチャ

    弟「ただいまー」

    母「おかえりなさーい」

    タッタッタ

    弟「ねぇねぇ!お母さん!明日の遠足に太ももの唐揚げ入れて!」

    母「えっとー....もも肉あったかしら?」

    ガチャ

    冷蔵庫の中は綺麗に整理整頓され
    人肉が詰まっていた、少し肉から流れる血で冷蔵庫はいたるところに血が付いており
    悪臭が
    漂っていた
    普通ならば、悪臭でバレると思うが
    部屋中に強力な消臭リキを置き
    人肉を腐らせないように保存させていた
    冷蔵庫の隣には野菜が突き詰めており
    臭いが写らないようにされていた

    母「うん!あった!」

    弟「やったーー!僕楽しみに待ってるーー!」
  14. 14 : : 2015/07/07(火) 07:41:32
    ピンポーン

    ガチャ

    バン!

    刑事1「ぎゃぶ」

    探偵「あ、それじゃ行きましょうか、私もう禁断症状が出そうなんです」

    刑事1「ててて.....ドア 、僕の鼻にドーンされました」

    探偵「あら、それはいいことですね、鼻が大きくなって外国人風になっていいことじゃないですか」

    刑事1「いや、僕アジア系だから似合いません」

    探偵「さっさと近くのお店でポテチ買いまくりますよ」

    刑事1「うぅ.....酷い....毎日迎えに行って僕のおこづかいでポテチを買わなきゃいけないなんて.....」

    探偵「酷くありません、私を助けると思いなさい」

    刑事1「.....」


    カラス「......」

    探偵「あそこにカラスがいるでしょう?」

    刑事1「いますね」

    探偵「貴方を見て生ゴミだと勘違いしてるのでしょう」

    刑事1「え」



    ______________
    _____
  15. 15 : : 2015/07/07(火) 17:34:13
    「えーとこの飴、甘党性ですよ」

    探偵「甘党ですかー、私どちらかというと甘深派ですが」

    「へっへー」

    探偵「甘深はあれですよ、綺麗なんですね」

    「(どうでもいいわー)」

    探偵「とりあえず犯人は力があって甘いもの好き.....と」

    探偵(けどあんなに一人で人を殺せるんですかね)

    探偵(この事件は単純...が、単純なほど難しい)

    探偵(プロか?いや....)

    クルクル

    「すいませんそんなに椅子の上で体育座りして回るとーーー」

    探偵「あ」


    ドンガラガッシャーン
  16. 16 : : 2015/07/07(火) 17:44:00
    荒しのアタシが言わ。
    これメチャクチャ面白いです。期待してます
  17. 17 : : 2015/07/07(火) 17:48:00
    >>16

    ありがとうございます!!!
  18. 18 : : 2015/07/07(火) 17:50:42
    がんば⭐
  19. 19 : : 2015/07/07(火) 17:51:50
    消臭リキで笑った笑
  20. 20 : : 2015/07/07(火) 18:01:59
    _____________
    _______


    ワイワイ

    「.....?」

    アハハ!

    先生「えーと!それじゃあ!博物館はどうでしたか?ー」

    「楽しかったです!」

    先生「それじゃあお昼なのでお弁当の時間です!」

    「わーーい!」

    先生「それじゃあ、手を合わせて」


    「「「「「いただきます!」」」」」

    弟「やっと唐揚げが食べられるぞ!」パァ

    弟「(女の人の太もも肉の唐揚げ★!
    女の人の太もも肉の唐揚げ★!)」ウキウキ


    パカッ


    弟「よしっ!」


    お友達「わー....俊介君の唐揚げ美味しそう」

    弟「一個あげようか?」

    お友達「えっ!?いいの!?それじゃこのミニハンバーグ一個と交換ね!」

    弟「うん!」

    お友達「それじゃどれどれ....」

    パクッ

    お友達「!!」

    お友達「これ!すごくおいしいよ!」

    弟「だって女の人のだからねー」

    お友達「へーメスの鶏かー」

    弟(いや...女の人だから)
  21. 21 : : 2015/07/07(火) 18:04:10
    期待
  22. 22 : : 2015/07/07(火) 19:01:59
    期待です
  23. 23 : : 2015/07/07(火) 22:32:37
    >>21
    >>22

    ありがとうございます!!!
  24. 24 : : 2015/07/07(火) 22:35:04
    >>16マァジィか、荒しが荒らさないssは面白いことの証だったりするんだろうか?


    期待!
  25. 25 : : 2015/07/07(火) 22:59:00
    >>24

    わかりません....

    期待ありがとうございます!



    探偵「.......バリバリ」

    探偵「ねぇ、ケンジ君」

    刑事1「へ?なんですか」

    探偵「コンソメデットパラダイスを食べましたね」

    刑事1「へ?」

    探偵「あのポテチはコンソメパンチの5倍の濃さですよ」

    刑事1(あー.....だからあんなに....おぇ)」ピク

    刑事1(嘘をつこう)

    探偵「もうバレバレですよ」

    探偵「今は真夏、夜中です冷房が切れています」

    探偵「あなたの服に付いたかすかなカスが汗で広がってシミになっています」

    刑事「やべっ」

    探偵「そして決定的な証拠は....!!」

    探偵「コンソメくさい!!!」
  26. 26 : : 2015/07/08(水) 00:03:10
    探偵「歯磨きしてきなさい!消臭力!拘束しますよ!」

    刑事「うっうあああ!?」

    探偵「私は怒りましたよ!」

    探偵「パージしてやろうかと思いましたよ!!」

    探偵「お仕置きです!!事件現場周囲の家で飴をよく食ってる人を絞り出してきてください!」

    探偵「さもなくば!電気パーツでパージしますよ!?」

    刑事「ひぃ!!落ち着いてください!えっとえーと...(名前なんだっけ)....探偵さん!」

    探偵「もうあの時反応しなければわからなかったでしょうね!人間は一つの行動でばれたりばれなかったりするんです、えぇもう私別の可能性の世界parallel worldに行きたいですよ!そんでparallel world崩壊してみたいです!新人警官恨みまくれですよ!ブツブツ」
  27. 27 : : 2015/07/08(水) 14:56:27
    __________
    ________
    ____

    『いいですか?ちゃんと調べてください』

    刑事「はい」

    『テレビ電話をばれないようにしてください』

    『私が異変にいずいたら家の中に入ってください』

    『責任は私がとります』

    刑事「はい」

    『あとあなたの財布から1万円をとって角砂糖を買いましたおいひいでしゅ』

    ボリボリ

    刑事「殺気が今場にも沸いたことがない」
  28. 28 : : 2015/07/08(水) 17:39:25


    『いっひゃんいっひゃんでしゅよー』

    ボリボリ

    刑事「........」ボーー

    刑事(人をいじるのが楽しいてっことなのかぁ)

    刑事は死んだ魚の目をして呟いた



    探偵「....」

    探偵「........私の仮説はこうだ」

    探偵「あの現場では親子がいたそう犯人は親子の父だ」

    探偵「父は子に【だれかきたら叫べ】といいだれかきたらそいつを殺す、無差別事件だと思う」

    探偵「が、あの所々ちぎられた遺体に歯型があった、犬かと思ったけど人間の歯型」

    探偵「そしてきっちりと歯型が部分のよだれは雨で消えた」

    探偵「殺害して解体する間に子供に飴を食わせ待たせて」

    探偵「そして犯人の最大の特徴、女性は首だけが事件現場に残される」

    探偵「そして子供が食べていた甘党製の飴はなぜか非常にマイナーで子供が食べるのは非常に珍しい」

    探偵「そう、甘党菓子をよく食う子供がいる家が犯人の可能性が高い」

    探偵「けど....」

    カサ

    もぐもぐ

    探偵「ドーナツを串刺しするあの人ずげー、すごくたべやすひぃしゃかしじぎゃんもぐもぐ」


    __________
    _______


  29. 29 : : 2015/07/08(水) 23:33:44
    __________
    _______


    ケイジ君は事件現場の周囲の家を一軒一軒周り見ていった

    甘深製のお菓子を食べる子供の情報は得られなかった


    住民「あんたここら辺をうろうろしてるみたいだけど何をしてるの?」

    住民「子供のこととか聞いて、誘拐するんじゃあないでしょうね!?」

    刑事「えっ」

    住民「警察に通報するわよ?」

    刑事「えっえええ!?」

    ____
    __
    _
  30. 30 : : 2015/07/09(木) 00:26:14
    おもろい
  31. 31 : : 2015/07/09(木) 00:39:32
    >>30

    ありがとうございます!
  32. 32 : : 2015/07/09(木) 02:16:19

    『ケイジ君どんまいです』

    刑事「いや、どんまいじゃないですよ...僕がクビにされたら....」

    『大丈夫、私が責任とります』

    刑事「けど、探偵てっ国家とかの仕事じゃなくてプライベートのお仕事みたいな感じですし....逮捕.....とか...なるんじゃ』

    『言いませんでしたけっ?』

    『国に呼ばれたって』

    『別に大丈夫です』

    刑事「けど...あんな事件...極秘の中の極秘世界の天才を超える天才的な頭脳のあなたがこんな簡単な事件....呼ぶなんて変ですね」

    『さぁ、私はただ事件を解決しなさいてっ言われたので。よくわかりませんし、』

    『これ以上のことは""とっぷしーくれっと""です』

    刑事「はぁ....」
  33. 33 : : 2015/07/09(木) 08:59:22
    『頑張ってください、君の好きなアニメグッズを買ってあげます」

    刑事「えっ!?pーーーーのグッズを買ってくれるんですか!?」

    『えっ!?ケイジ君はpーーーーーなんですか!?私はpーーーの方です!pーーーーーーです!!」

    刑事「あなたは私と正反対ですか!?」

    『あぁ...pーーーーに興味少しありましたからねー....今度見てみようかなぁ...』ゴニュニュ

    刑事「話をきいてくださーーーい!」

    『調査してからですよ』

    刑事「はーい」

    刑事「......さてこれが最後の家かな」


    ピンポーン


    『そのままダッシュ』

    刑事「しません」
  34. 34 : : 2015/07/09(木) 16:52:43
    探偵「ぅぅ.....」シュン

    探偵「てっ何を考えているのでしょう」

    探偵「ポテチを不良に取られて悲しんでいる場合じゃありません」

    探偵「事件を解決しましょう」

    探偵「.......」

    カサ


    ボリボリ

    カタカタ

    探偵「イメージを塗り替えて現実に」


    _________
    _______


    『はいーー』

    ガチャ


    刑事「すいませんこんにちは....ー」

    『.....』ヴー

    母「あら!あの時の刑事さん」

    刑事「ちょっとお時間ありますか....?」

    探偵『.....(探偵の感がビビビとっくるぞ)』
  35. 35 : : 2015/07/09(木) 17:10:41
    刑事「ここで、甘深の飴を良く食べているお子さんとかいらっしゃるでしょうか...?」

    母「えぇそれならよく私息子が....ー」

    探偵『.......すごい豚の匂いがしますか?』

    刑事「えぇすごい豚の匂いが.....」ボソボソ

    探偵『わかりましたよ....これ、」

    探偵『急いで家の中を調べてください!冷蔵庫とか!』

    刑事「へ?はい!!」

    ダッ

    母「えっええ?」
  36. 36 : : 2015/07/10(金) 02:59:42
    刑事「すいません!冷蔵庫見させていただきます」

    ガチャン

    探偵『....ふつう...』

    刑事「いや、普通てっ....言うの少し酷くないですか?」

    母「.............」カクカク

    探偵『いや、待てよ.....』

    探偵『ケイジ君、もう大丈夫ですわかりましたよ』

    探偵『あーーお母さんお騒がせしました、ここの街に非常にクレイジーな犯罪者がいるので冷蔵庫を見させていただきました』

    母「えっ....えっ...はい」

    刑事「すいません....」

    _____________
    _________
    ____
  37. 37 : : 2015/07/10(金) 16:42:52
    執事「本当にあなた様の直感やら妄想力やら発想力は豊かですね....」

    探偵「ラーメンがラーメンでなければラーメンではなくうどんらぁめんになってしまいラーメンではなくらぁめんになってしまいラーメンではなくらぁめんになってしまうのですよってクレイジーに見えますがクレイジーじゃないココアラーメンのできるのです」

    探偵「それと同じです」

    執事「なるほど、あなた様はやりたいことをして自分を磨きたいということですね」

    探偵「えぇ」

    探偵「後でケイジ君を誘って遊園地に行きましょう」

    執事「では、お車の手配をしておきます」

    探偵「......ココアにラーメン........いいんじゃないですかねぇ」ボー
  38. 38 : : 2015/07/10(金) 22:43:48
    __________
    ________
    ____


    刑事「ぅぅ....帰り道不安になって胃が...」

    探偵「お帰りなさいケイジ君」

    刑事「普通に椅子に座れないんですか...?」

    探偵「あの人と同じです」

    刑事「へー、40パーセントなんとかかんとかですか....?」

    探偵「はい、そして安心するのでこう座るのです」

    刑事「....何かわかったことはありますか?」

    探偵「えぇ」

    探偵「これは〔カニバリズム事件〕ですよ」

    探偵「リアルソニービーンに出会えるかもしれませんよ」スクッ

    刑事「ソニービーン?」

    ゴキッ

    探偵「ててて...腰が...」

    探偵「ソニービーンと言うのは食人鬼家族のことですよ」

    刑事「食人....鬼......え?」

    刑事「人を食べる鬼ですか?」

    探偵「痛いのが嫌なドMにしますよ?クレイジーになりたいんですか?」イラァ

    刑事「ひぃ」

    探偵「それではお話しましょう」



    探偵「この事件の仮説を」ニヤ
  39. 39 : : 2015/07/10(金) 23:21:46
    探偵「フフフ....フフ....フフフフフフ.....」

    探偵「あーはっはっはっはっ!!!!」

    刑事「(やばい、覚醒しやがったこいつ)

    刑事「よっよく少ない証拠で仮説を立てられましたね....」アセアセ

    探偵「なぁに....妄想力が大切なんです、わかりましたか?」

    探偵「ワタソン君」

    探偵「重要人物はあの一家です」

    刑事「葛城家ですか...?」

    探偵「えぇ...」

    探偵「あの家族は人間を食べています」

    刑事「人間を食べて...え...うぅ...」

    探偵「人肉は豚に似た匂いがします部屋中に豚の匂いが充満するなんてありえません」

    探偵「私は気持ち悪くて吐きます」

    探偵「ケイジ君は言ったでしょう?豚の匂いがするてっ」

    刑事「えぇ....」

    探偵「それが重要なんです」

    探偵「前にも言いましたがこの事件は単純」

    探偵「部屋中に充満する強烈な豚の匂い、甘深飴の包み紙.そして地下室この3つの証拠でこの事件は解決ができます」

    刑事「(できる....のかな)
  40. 40 : : 2015/07/11(土) 00:31:33
    探偵「第一事件は簡単に全員で暴行して食い散らした」

    探偵「第二事件は父か母が子供に監視役をやらせ首だけを残し家に持って帰った」

    探偵「ま、行方不明事件もありますのでまだまだ死人がいるでしょう」

    探偵「ま、あとはあの家を調べればわかるでしょう。」

    探偵「さ!犯人たちを引っ捕らえるんですよね?」

    探偵「私も行きます」

    刑事「はっ!はいい!!」


    _________________
    _____________
    _______
  41. 41 : : 2015/07/11(土) 04:27:48
    母「ふっふーん」タンタン



    ドン!

    ガチャ

    母「?」

    「手をあげてください!」ガチャ

    母「!?」

    兄「母さんなんの」

    兄「ひぃ!!!!?」

    探偵「フフ」

    刑事「うっすーいパーカですね...」

    「暴行!殺人!えーっとーー食人などの容疑で一家全員強制逮捕します!!」

    姉「ちょっと!何を!痛い痛い!!」

    「暴れないでっ!」

    探偵「向こうは大暴れですね」

    探偵「さて...シュウスケ君」

    弟「?」

    探偵「....人肉どこにあるかわかりますか?」

    弟「こっち」
  42. 42 : : 2015/07/11(土) 13:09:24
    探偵「ケイジ君も」

    刑事「えっ!?はい!」

    弟「テーブルの下だよ」

    父「そこは!!」

    探偵「皆さんテーブルをどしてください」

    「はい」

    ガコッ

    探偵「へー....地下室につながる道ですか...そしてパスワード付きですか....」

    「パスワードを言え!」

    父「!!」フルフル


    ______________________
    〔ぬんこんかうすう〕

    〔んいがい〕

    ______________________

    探偵「いえ、大丈夫です」

    探偵「入力ボタンの隣に書かれているものを見ればわかります」

    「は、失礼しました」

    探偵「ここをこうして」

    ピッピピピ
  43. 43 : : 2015/07/11(土) 13:44:23


    ________________


    〔にんげんおいしい〕


    _______________

    探偵「まさに願望が出てますね」

    ピッ


    ガシュン

    探偵「ケイジ君」

    刑事「はいはい、開ければいいんで.......」

    オォォ

    「ぅ....なに...この....」

    刑事「おええ...」

    探偵「ぅぅぅ....この中には彼らにとっての主食が入っています.....」

    探偵「おぇええ....私は向こうに行ってますね...おぇええ」

    父「人を食って何が悪いんだ!!人間は昔から共食いしてたくせに!!」

    兄「........もう......なんだよこれ...父さんが俺らに食わせやがって!!!」

    弟「.......」

    母「やめて!!あなた達も美味しそうに!!」

    「落ち着いてください!話は署で!」
    _________________
    ______________
    _______

    探偵「しかしこの事件は悲しいですね...」

    探偵「人肉を食う親から人肉を食わない子は生まれません人肉を食わない子供を産みたかったら人肉を食わなければよかったんです」

    探偵「子供がかわいそうですね」

    探偵「ですが子供にも罪もあります」

    探偵「この先何が起きるのかわからない恐怖にとらわれる」

    探偵「悲しいですねー」

    探偵「さて、落ちつおたら遊園地に行きましょう」

    探偵「.....やっぱり冬に行きましょう...ロシアにいきたいですし」

    ザッ

    ザッ

    探偵「もしもしchord nameポテチ星人です」


    end

  44. 44 : : 2015/07/11(土) 14:12:02
    後書きらしきもの

    突然なんとなく刑事ものを書こうとしたらいつの間にか探偵というキャラが生まれこうなりました
    もちろん私には推理物などかけません
    「よし!仕方ない!シャーロックホームズを超える頭脳にしてしまえwwww!.....あれ?私に頭いいキャラ書けるの?いや無理です変人にしちゃお」というノリで書いてました

    感想をくれると嬉しいです



    ピチューン
  45. 45 : : 2015/07/11(土) 14:21:15
    おもしろかった!
  46. 46 : : 2015/07/14(火) 19:13:59
    乙カレー

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
Ikariasuka

あしゃはりゃ

@Ikariasuka

「サスペンス」カテゴリの最新記事
「サスペンス」SSの交流広場
サスペンス 交流広場