ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

アスカ「殺してやる...殺してやる...」シンジ「うわー脅迫罪だー!おまわりさーん!」

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/05/21(木) 15:09:58
    悲しいくらいにパッと思いつきました
  2. 2 : : 2015/05/21(木) 15:14:53
    エヴァのアスカが刺されたシーンです

    アスカ「殺してやる....殺してやる....」

    ーーーーー

    シンジ「.............え」

    シンジ「こっこれ....脅迫罪だ!!!」

    シンジ「ダメだろ!!!脅迫するなんて!!!いくらさ!!敵でもダメだろ!!!」

    シンジ「よし!僕は警察を呼んでやるからな!!いや...まずはミサトさんだな」

    プルルルル

  3. 4 : : 2015/05/21(木) 15:20:17
    ミサト『しっシンジ君!?』

    シンジ「ミサトさん!!アスカが...アスカが......てっなんで生きてるんですか!?」

    ミサト『男勝りの女だからよ!』

    シンジ「いや、それでも死ぬと思うんですけど」

    ミサト『嘘よ嘘!救急箱があってそれで.....』

    シンジ「いやいやもうあの時完全に天へご降臨しましたよね!?」

    ミサト『(この子なんとしてでもssマジックを使ったな!と言いたいようね....)』

    シンジ「ねぇミサトさん.....ミサトさん......」

    シンジ「もうすぐで三十路のミサトさん」

    ミサト『.......(死ねば永遠の29歳ね)』


    パーン!!
  4. 6 : : 2015/05/21(木) 15:29:38
    シンジ「ちっ!死にやがったなババア!!」


    死んでも一定時間細胞とかが生きているので何かが聞こえます

    ミサトさんの最後に言われた言葉

    【ババア】

    ミサト「」

    ーーーーーーー

    シンジ「うああああ!!!あのアスカめ!!遂に犯罪起こしやがって.....もう我慢できない....殴ってやる!!!!」

    兵「あ、碇シンジはっk」

    シンジ「あ"?」

    兵「自殺しますね」


    バキン
  5. 7 : : 2015/05/22(金) 23:54:57
    シンジ「ん?まぁいいや」

    プルルルル

    『あっあの!?警察ですが!?今は警察出動できmーーー』

    シンジ「五月蝿い!!!今すぐネルフに近くにいるあの赤いエヴァを止めさせてよ!!!あの人脅迫罪だよ!!」

    『えっ!?いやっ待ってください!止められませんし無理です!』

    シンジ「いいから読んでくださいよ.....みんなが死んじゃうんだよ.....アスカのせいで死んじゃうんだよ.......」

    『(こいつ頭イカれてる)』

    シンジ「いいから来てくださいよ!!!!ミサトさん!!!!」

    キーーーン

    『うわっ!てかミサトてっ誰やねん!』


    その頃ミサトさんだったものは

    ミサト「」ゴゴゴゴ


    燃えていました
  6. 8 : : 2015/05/23(土) 22:08:43
    シンジ「くっそぉ....母さーん!」

    初号機「」ゴゴゴゴ

    シンジ「よし!アスカを殺す寸前まで殴って止めてやる!!!!」

    ーーーーーーー

    マヤ「!?しょ...初号機が!!動いています!!」

    青葉「なっなに!?」

    日向「シンジ!!やれ!!!やるんだ!!」

    初号機「ウオオオオオオオォォォォー」

    弐号機をパンチ

    アスカ「きゃああああああああああああ!!!!!」

    「!?」
  7. 10 : : 2015/05/24(日) 15:30:32
    初号機『アスカぁ!!!そこでじっと待ってろよ!!!』

    弐号機『たす...けてくれたの?』

    初号機『うるさい!邪魔だよ!!』

    量産機「......がっ」

    初号機『きた!おい!それよこせえええ!!!!!!』

    初号機は走り込み勢いに乗せ蹴り吹っ飛ばした

    ドガアアン

    初号機『ロンギヌスの槍をとったぞ!!』

    初号機『他の量産機を倒して全部手に入れ......ぐへへへへへ」


    ーーーーーーー

    マヤ「シンジ君がおかしい!!!」

    青葉「いやあれが....」

    日向「碇シンジの本性なんだ!!!」

    マヤ「」


    『はははは!!!早く家に帰って....エロ本?いやアスカで【pーーー】は嫌だな犯罪者だし』

    『やっやめて!シンジぃ....私を見捨てないで!私を抱いて!!私を犯罪者扱い者しないdーーーー』

    ドガアアン

    『うるさい!!』
    『きゃああああああああああああああああああああ」

    青葉・日向「な」

    マヤ「」
  8. 11 : : 2015/05/25(月) 20:54:44
    初号機『うおおおぉぉ!!!僕は本気を出すぞ!!!本当だからな!!!』

    ドガアアアアアアア

    初号機は弐号機を掴み一つにまとまっている量産機に投げた

    弐号機『きゃああああ!!!』

    弐号機「っーーーー!!!何するのよ!!バカシンジ!!!』

    初号機「あああ!?!!僕のことバカっていったなぁ!?許さないぞ!!!」
  9. 12 : : 2015/05/25(月) 20:58:49
    ドガン!!

    初号機は量産機に向かって走った凄まじい速さでそして量産機を蹴りひるんだ隙に弐号機を持ち弐号機をまるで布団投げで人に枕を叩きつけるように量産機を叩いた。

    初号機『うおおおおおおおお!!!!!』

    弐号機『きゃあああああああああああ!!!!!!!!』

    ーーーー
    ーーー
    ーー




    シンジ「あ...アスカ?」

    シンジ「ねぇ?アスカ!」
  10. 13 : : 2015/05/25(月) 21:02:18
    シンジ「なんだよこれ....なんで僕が初号機に乗ってるんだよ....」

    シンジ「なんだよ....量産機は倒れてるし......そして弐号機は.....」チラ

    シンジ「....あ....ああ」

    シンジ「あ....ああああ....ア スカ ?」

    弐号機はぐちゃぐちゃになっていた

    内臓は飛び出て目玉は潰れかけたものが飛び散り

    周りは血だまり

    そして人工筋肉つまり肉が散らばっていた
  11. 14 : : 2015/05/25(月) 21:05:53
    シンジ「うああああああああああああああ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!!!!!!!!!!!!!!」

    ーーーーーー

    「あなたはなぜ過去の自分に乗り移ったの?」


    シンジ「............」

    シンジ「........アスカを殺せなかった...」

    シンジ「何もない世界にいるアスカが殺せなかった.....だから」

    シンジ「あそこで殺した」

    「何も変わらない、もっと嫌なことになる」

    シンジ「別にそれでいいや....もう....嫌だ!!!」
  12. 15 : : 2015/05/25(月) 21:08:25
    シンジ「もう僕はイカれてるんだよ!!!!!!」

    シンジ「はぁ...はぁ...全てを楽しい過去にするのが怖い...壊れるんだよ....楽しい日常が.....」

    シンジ「僕が壊しちゃうんだよ」

    シンジ「僕が存在存在するから....」


    「なら消えればいいじゃない」
  13. 16 : : 2015/05/25(月) 21:12:59
    シンジ「やだよ....嫌だよ!!!!!」

    シンジ「消えたくない!!!消えたくないんだ.....」

    シンジ「僕は.....僕は.....生きたいんだよ.....」

    シンジ「世界がどうなってもいい...けど生きたいんだよ....希望があると信じてさ.....」

    シンジ「だから...僕は......待ってるここで......帰ってくる人を」

    「この世界に希望なんてない」

    シンジ「だったら.....」




























    シンジ「作ってやる」

    シンジ「僕は神同然だから!」





    終劇




▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
Ikariasuka

シコ丸

@Ikariasuka

「エヴァンゲリオン」カテゴリの最新記事
「エヴァンゲリオン」SSの交流広場
エヴァンゲリオン 交流広場