ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第22話 『次世代』 ――憲兵団配属編 No.14――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/18(月) 09:11:26

    進撃の巨人Another 第22話 『次世代』

    ――憲兵団配属編 No.14――


    ――――街中――――

    ユーク「そうだ、クリスタ!」チラ

    クリスタ「何、ユーク?」チラ

    ユーク「調査兵団に所属してからの事で、話を聞いてみたかったんだ」

    クリスタ「いいよ!どんな事?」ニコ

    ユーク「まずは、そうだな。配属された後の気持ちとかから聞きたいな?」ニコ

    クリスタ「うん。それは結構、迷ってたんだけどね。その後に――――」

  2. 2 : : 2013/11/18(月) 09:13:38


    アニ「(ユークは機会を逃さずに、情報収集を開始したね)」

    アニ「(手紙のやり取りだけじゃ、細かい事情までは聞けなかったから、好都合だ)」

    アニ「(それに、ユークは『聞いてみたかった』とも言った)」

    アニ「(おかげで『聞きたい』や『教えてほしい』って言うよりも怪しまれずに)」

    アニ「(且つ、自然体に接する事が出来ている)」スゴイ!

    アニ「(直接聞き出すのは、ユークの話術に任せて、私はサポートに回ろう)」

  3. 3 : : 2013/11/18(月) 09:14:00


    クリスタ「――――って言う風に、私は皆の役に立ちたいって決めたんだっ!!」キラキラ

    ユーク「クリスタは、優しい子だね」ニコ

    クリスタ「えへへ、そうかな?」テレテレ

    ユーク「皆も女神が調査兵団に入って、嬉しかったり、悲しかったりだろうね」クスッ

    クリスタ「そ、そんな事ないぉ」モジモジ

    ユーク「ユミル、君はよく納得したね」
  4. 4 : : 2013/11/18(月) 09:14:59

    ユミル「まぁ、私も直前までは、強く反対してたんだがな」

    アニ「アンタが納得するなんて意外だね」

    ユミル「こいつは私が思っていた以上に、意志が強かったようでな」

    ユミル「結局、私が押し切られて、折れる事になったんだよ」

    クリスタ「私だって、いつまでも守られてばかりは嫌なんだよ!」

    アニ「そういう事ね」
  5. 5 : : 2013/11/18(月) 09:15:11

    クリスタ「うん!だから今度は私が皆を助ける番なんだよ!」フンス

    ユーク「意気込みはいいけど、ちゃんと力はついてきたの?」クスッ

    クリスタ「うっ…それはまだまだだけど…いつかきっと!」

    ユミル「(いつか…ねぇ)」

    ユーク「(頑張る他ないよ、クリスタ)」

    アニ「(頑張れ、クリスタ)」

  6. 6 : : 2013/11/18(月) 09:15:30

    ――――――――

    クリスタ「ところで!ユーク達の方は、憲兵団ではどう?お仕事は大変?」

    ユーク「ん?あぁ、まだ新兵のうちは、精々掃除や見回りなんかの雑用ばかりだよ」

    アニ「そっ、責任の付きまとう仕事は、危なかっしくて、任せられないってさ」

    ユミル「まっ、保身を考えてる奴にしちゃ、その方が便利だもんな」

    ユーク「よくわかってるね、ユミルは」

    ユミル「それが、人間ってもんさ」
  7. 7 : : 2013/11/18(月) 09:15:54

    クリスタ「ん?どういう事?」ポカン

    ユーク「純粋なクリスタは、知らない方がいいさ」ニコ

    ユミル「そうそう、そういう面倒事は、私達のような奴らが引き受けるもんさ」ワシャワシャ

    クリスタ「きゃっ!ユミル、髪の毛くしゃくしゃにしないでよぉ」ジタバタ

    ユーク「(ユミル、君はどこまで“解って”るんだい?)」

    アニ「(でもそういう事も、いずれはクリスタだって、知らなきゃいけないだろうね)」
  8. 8 : : 2013/11/18(月) 09:16:13

    ユーク「(彼女は既に、とても重たい責務を負っている)」

    ユーク「(これ以上は、俺達としても彼女の精神を追い込みたくはない)」

    アニ「(例え、私達が本当は敵だったとしても…ね)」

    ユミル「(クリスタ、お前は必ず私が守るからな!)」

    クリスタ「もーう、やめてよぉ」ジタバタ

    ユーク「聞きたい事はそれだけかい、クリスタ?」
  9. 9 : : 2013/11/18(月) 09:16:29

    クリスタ「ううん、他にもたくさんあるんだぁ」ワクワク

    ユーク「ははっ、俺も君達の日常が知りたいから、聞かせてね?」

    クリスタ「うん、いいよ!」

    ユーク「じゃあ、次は何について聞きたいんだい?」

    クリスタ「うんとね、新しい同期はどんな子達なのかなぁって」

    ユーク「あぁ、特にユニークな奴が2人居てな。そいつらは――――」


  10. 10 : : 2013/11/18(月) 13:48:09

    ――――街の端《はずれ》――――

    クリスタ「2人は、ここ来た事ある?」

    ユーク「いや、なかったな」

    アニ「そうだね、知らなかったよ。こんな風景があったなんて」

    ユミル「まぁここは人気が少ないからな。秘密の場所だ」

    クリスタ「どう?いい景色でしょ?」エヘン

    ユーク「あぁ、春先で綺麗な花畑だな」
  11. 11 : : 2013/11/18(月) 13:48:20

    アニ「綺麗だね」

    ユミル「私はクリスタの方が、もっと綺麗だと思うけどな」ダキッ

    クリスタ「きゃっ!もう、ユミル。また急に抱き付いて来て!!」プンプン

    ユミル「はっはっは。いいじゃねぇか」ギューーッ

    クリスタ「うぅーん、苦しいよぉ」ジタバタ
  12. 12 : : 2013/11/18(月) 13:48:40


    アニ「ふふっ」クスリ

    ユーク「ん?どうかしたの、アニ?」チラ

    アニ「いやさ、本当に言う人が居たんだな、って思ってさ」

    ユーク「何を?」

    アニ「ユミルが言った“あの言葉”」

    ユーク「…あぁ、『あれ』か」
  13. 13 : : 2013/11/18(月) 13:49:25

    アニ「そっ、『あれ』」クスリ

    ユーク「ははっ、そうだな。確かに、実際に聞くと面白いな!」クスス

    アニ「昨日、アンタは言わなくて良かったかもね」

    ユーク「全くだ、顔が茹で上がってしまう」

    アニ「聞く方も恥ずかしくて、堪らないだろうさ」

    ユーク「なら、言ってやろうか?」ニヤ
  14. 14 : : 2013/11/18(月) 13:49:44

    アニ「いや、いいって。遠慮しとく」クスッ

    ユーク「残念だなぁ、アニの恥ずかしがった顔を見たいのに」

    アニ「…いつも近くで見ていただろ?」

    ユーク「…それもそうだな!」ニッ

    アニ「全く、いつも恥ずかしかったんだからね?」ニコ

  15. 15 : : 2013/11/18(月) 13:49:56

    ――――――――

    クリスタ「2人ともー、こっちに来てみなよぉー」フリフリ

    ユミル「いつまでも、いちゃついてんじゃねぇぞぉー?」ブンブン

    ユーク「2人ともいつの間にかあんなところに行ってたな」

    アニ「気づかなかったね」クスッ

    ユーク「それじゃあ、俺達も行こう!」スタスタ

    アニ「そうだね」スタスタ

  16. 16 : : 2013/11/18(月) 13:50:24


    クリスタ「2人して、何の話をしていたの?」

    ユーク「ん?君達の話だよ?」ニコ

    クリスタ「どんな話?」

    ユーク「君達2人は、バカップルだなぁって話」ニカッ

    ユミル「おいおい、お前らがそれを言うかよ」ケッ

    アニ「アンタの今の態度、ジャンみたいだね」クスッ
  17. 17 : : 2013/11/18(月) 13:50:38

    クリスタ「え?ジャン!?」

    ユミル「おいおい、あんな馬面と同じにするなよな?」

    クリスタ「ちょっと、ユミル!そんな事、言わないでよ!!」プンプン

    ユミル「悪かったって、だから許せよ、クリスタ?」

    クリスタ「もう、知らないっ!」プイッ

    ユミル「そんなぁ、クリスタぁぁ!」ガクッ
  18. 18 : : 2013/11/18(月) 13:50:53

    アニ「自業自得だね」クスッ

    ユーク「全くだ、俺達の事を馬鹿にしてるからさ」ニコ

    ユミル「くっそぉぉ」

    クリスタ「ふぅーんだっ!!」プンプン

  19. 19 : : 2013/11/18(月) 13:52:07

    ――――――――

    ユーク「クリスタ、君は彼と同じ兵団に所属した」

    ユーク「この先はやっぱり“そうする”のかい?」

    クリスタ「うん、まだ早いかなって…思うんだ」

    ユーク「いつか、言えるといいね」ニコ

    クリスタ「うん!道は険しいけど、私、頑張るよっ!!」ニコ

    アニ「頑張れ!クリスタ」ニコ
  20. 20 : : 2013/11/18(月) 13:52:25

    クリスタ「ありがとね、アニ!」ニコ

    ユミル「うおぉぉい、私だけ置いてけぼりなんて、許さねぇぞぉぉ」

    ユーク「まだ、その状態だったのかい?」

    アニ「いい加減、切り替えなよ」

    クリスタ「もう怒ってないから、ね?」

    ユミル「よっしゃぁー!立ち直ったぜぇー!!」
  21. 21 : : 2013/11/18(月) 13:53:02

    ユーク「現金だなぁ」

    アニ「全くね」

    クリスタ「うふふ」

  22. 22 : : 2013/11/18(月) 16:09:39

    ――――――――

    クリスタ「それじゃあ皆、そろそろ…あれ?」

    ユーク「どうかした?」

    アニ「あっちの方に、何かあるのかい?」キョロキョロ

    クリスタ「あっちに子供がいるの」スッ

    ユミル「ほんとだな、そしてあの様子から察するに」

    アニ「迷子、だね」
  23. 23 : : 2013/11/18(月) 16:09:53

    ユーク「そのようだな」

    クリスタ「私、声掛けてくるね!」タッタッタ

    ユミル「私達も行くか」

    アニ「そうだね、でも」

    ユーク「俺達4人が押し掛けても、きっと怖がるだろうからさ」

    ユミル「…そうだな、まずはクリスタに任せてみるか」
  24. 24 : : 2013/11/18(月) 16:10:18

    アニ「あの子は、子供をあやすのが得意そうだしね」

    ユミル「なんたって、天使だから!!」エッヘン

    ユーク「なんで、君が胸を張ってるんだい?」クスリ

    アニ「ほんとだよ」クスッ

    ユミル「まぁいいじゃねぇか。頃合いを見て、クリスタの所へ行こうぜ?」

    ユーク「そうだな。今、クリスタが奮闘してるみたいだし」
  25. 25 : : 2013/11/18(月) 16:10:41

    アニ「もう少し待ってから…だね?」

    ユーク「あぁ、ここから見ていても、クリスタが奮闘している様子が面白い」ニマニマ

    ユミル「あぁ、天使だなぁ」ウットリ

    アニ「アンタ達もそういうの飽きないね、全くさ」クスッ

  26. 26 : : 2013/11/18(月) 16:10:55

    ――――――――

    クリスタ「迷子なの?」

    子ども「うん、お母さんとはぐれちゃって」シュン

    クリスタ「そうなんだ。でもよく泣かなかったね。偉いよ」ナデナデ

    子ども「えへへ、でもお母さんはどこだろう?」キョロキョロ

    クリスタ「お母さんがどこへ行ったかは聞いてないの?」

    子ども「うん。知らないうちにはぐれちゃってて」シュン
  27. 27 : : 2013/11/18(月) 16:11:14

    クリスタ「そっかぁ。でも大丈夫だよ!」

    子ども「え?」

    クリスタ「私達が君のお母さんの所へ送り届けてあげるからさ!」ニコ

    子ども「ほんとに?でも『私達』って?」

    クリスタ「ほら、あそこに大きい人が2人と、小さい人が1人いるでしょ?」スッ

    子ども「うん」
  28. 28 : : 2013/11/18(月) 16:11:36

    クリスタ「あの人達は、私のお友達なの」

    子ども「お友達?」

    クリスタ「そう!だから、4人で一緒に探してあげるね?」ニコ

    子ども「うん!ありがとう!!」キラキラ

    クリスタ「皆優しいから、お母さんに会えるまで一緒に遊んでくれるよ?」

    子ども「わーい、やったぁ!」ワクワク
  29. 29 : : 2013/11/18(月) 16:12:27

    クリスタ「うふふ、3人ともこっちに来るみたいだから、行こうか?」ニコ

    子ども「うん。お願いします」

    クリスタ「それじゃあ、行きましょう!」ギュ

    子ども「うん!」ギュ

  30. 30 : : 2013/11/18(月) 16:12:50

    ――――――――

    ユーク「説得できたみたいだね」スタスタ

    アニ「どうだった?」

    ユミル「困った事があったら、私を頼れよぉ?」ニッ

    子ども「あっ」サッ

    ユミル「ん?」

    クリスタ「もう、ユミル!いきなり顔を近づけたら、そりゃあ怖がるよ」
  31. 31 : : 2013/11/18(月) 16:13:07

    クリスタ「大丈夫だよ?このおねぇちゃんも優しいからね?」ナデナデ

    子ども「う、うん。怖がってごめんなさい」シュン

    ユミル「ま、まぁいいって事よ」アハハ

    ユーク「ちょっと傷ついてるな」ヒソヒソ

    アニ「まぁ、顔が怖いって言われたらね」ヒソヒソ

    ユミル「おい!聞こえてるぞ、2人とも!!」ギロリ
  32. 32 : : 2013/11/18(月) 16:15:09

    子ども「ひっ!」サッ

    クリスタ「あっ!もう、ユミルったら、また!!」ナデナデ

    ユミル「いやいや、今のはこいつらが悪いのであって…」ワナワナ

    ユーク「あれ?聞こえてた?」ニヤリ

    アニ「地獄耳だね、アンタ」クスリ

    クリスタ「ユミル?」プンプン
  33. 33 : : 2013/11/18(月) 16:15:30

    ユミル「だから!さっきのは、『急に顔を近づけたから』であって」

    ユミル「決して、『顔が怖かったから』じゃねぇんだからな!?」クワッ

    ユーク「ほら、その顔だって」クスクス

    ユミル「だから、ちげぇって!!」

    ユーク「そうだったかな?ねぇ、アニ?」チラ

    アニ「さぁ、どうだっただろうね?」クスッ
  34. 34 : : 2013/11/18(月) 16:16:14

    ユミル「てめぇら!いい加減にしろぉーー!!」ガァーー!

    クリスタ「いい加減にするのは、ユミルの方だよ!?」プンプン

    子ども「びくびく」ガクブル

    ユミル「あっ!すまん…」シュン

    ユーク「それで、その子の親は何だって?」

    クリスタ「うん。どうも知らないうちに、母親とはぐれたらしいの」
  35. 35 : : 2013/11/18(月) 16:16:40

    アニ「待ち合わせ場所とかを聞いてないの?」

    クリスタ「お母さんと待ち合わせとかした?」

    子ども「あっ!そういえば、迷ったら街の方へ行きなさいって言われてたんだ!」ウッカリ

    クリスタ「そうなんだ。じゃあそれまでは、私達が遊び相手になってあげるね?」

    子ども「うん、ありがとう!」

    ユーク「なんだ、案外、簡単に解決しそうだな」
  36. 36 : : 2013/11/18(月) 16:17:04

    アニ「大事になりそうになくて、良かったね」ホッ

    ユミル「私はまだ納得がいかねぇ…」イライラ

    クリスタ「それじゃあ、何しながら、行こうか?」ニコ

    子ども「肩車がいい!」

    アニ「じゃあ、この大きいお兄ちゃんにやってもらいな」ニコ

    ユーク「それは、俺の事か?」クスッ
  37. 37 : : 2013/11/18(月) 16:17:30

    クリスタ「ユークしかいないじゃん!」ニコ

    アニ「背が高い奴の宿命だよ」

    子ども「お兄さん、お願い!」

    ユーク「よぉーっし!ちゃんと掴まってろよ?」グイッ スクッ

    子ども「わー!高っかいなぁーー!!」キャッキャッ

    ユーク「見晴らしはどうだ?」
  38. 38 : : 2013/11/18(月) 16:17:51

    子ども「とても綺麗だぁーー!!」キラキラ

    アニ「それは良かったね」

    クリスタ「いいなぁ」ウズウズ

    アニ「アンタは、ユミルにでもやってもらいな」

    クリスタ「えぇどうせなら、背が高いユークの方がいいかも」チラ

    アニ「むっ、それはダメ!」
  39. 39 : : 2013/11/18(月) 16:18:15

    クリスタ「冗談だよ、アニ?」ニヤニヤ

    アニ「あっ!嵌められた」グヌヌ

    クリスタ「嫉妬するアニ、可愛いね」ニマニマ

    アニ「う、うるさいよっ///」プイッ

    クリスタ「アニって案外、独占欲が強かったんだね?」ニヤニヤ

    アニ「いい加減に、そのにやけた顔を何とかしなっ!」プーイ
  40. 40 : : 2013/11/18(月) 16:18:38

    クリスタ「にやけてなんかないよぉ?」ニヤニヤ

    アニ「だから、その顔だって」

    ユーク「楽しいか?」

    子ども「うん、とっても!!」キラキラ

    ユミル「おぉぉい、皆ぁぁ、私の事を忘れないでくれよぉぉ!」シクシク


  41. 41 : : 2013/11/18(月) 16:19:19

    ――――街中――――

    子ども「あっ!お母さん居たっ!!」スッ

    クリスタ「よかったね」ニコ

    子ども「うん、ありがとう!おかあさぁーん!!」タッタッタ

    子どもの母「すみません。わざわざ連れて来てもらったようで」

    クリスタ「いえいえ、当然の責務です」バッ

    ユーク「これからは、あまり目を離さないように、お願いしますね?」ニコ
  42. 42 : : 2013/11/18(月) 16:20:42

    子どもの母「ええ、気をつけます。ありがとうございました」ペコリ

    子ども「また、あそんでねーー!」フリフリ

    クリスタ「うん、ばいばーい!」フリフリ

    ユーク「元気でな」フリフリ

    アニ「またね」フリフリ

    ユミル「へっ、まぁ、楽しかったぜ!」フリフリ

    子ども「ばいばーい!!」ブンブン

  43. 43 : : 2013/11/18(月) 16:21:04

    ――――――――

    クリスタ「さて、無事に街に戻って来たし、もう夕方だね」

    ユミル「そうだな、また兵舎に戻らねぇとな」

    ユーク「ん?今は、訓練兵団の兵舎に居るのか?」

    クリスタ「うん。そうなんだよ」

    ユミル「それがどうかしたか?」

    アニ「一昨日、見に行った時は、誰も居なかったんだよ」
  44. 44 : : 2013/11/18(月) 16:22:02

    ユーク「皆に会えるかと思って、期待して行ったんだけどな」

    クリスタ「そうだったんだぁ」

    ユミル「3日ごとに、交互に移動するからな」

    ユーク「今日が1日目かい?」

    クリスタ「ううん、2日目。だから明日は、まだ訓練兵舎に居るよ?」

    ユーク「そうか。なら明日は、会いに行けるかもな!」ニカッ
  45. 45 : : 2013/11/18(月) 16:22:22

    ユミル「そういう事か。まぁ大丈夫なんじゃないか?」

    アニ「(ユーク、さり気なくローテーションの日程を聞き出せたね)」

    ユーク「それじゃあ、俺達も宿に戻るよ。じゃあね!」フリフリ

    アニ「ばいばい」

    クリスタ「うん、また明日か、また今度ねーー!!」フリフリ

    ユミル「またな」


  46. 46 : : 2013/11/18(月) 16:23:51

    ――――帰路――――

    ユーク「…やったな」グッ

    アニ「そうだね。良い情報が入った」

    ユーク「明日は、何か得られそうな気がするな」

    アニ「あいつらに会うのも、明日が最期かもしれないね」

    ユーク「あぁ、悔いは残さないように、全力で行こうと思う」

    アニ「私はサポート側に着くから、頑張って」
  47. 47 : : 2013/11/18(月) 16:24:16

    ユーク「あぁ、任せておけ」

    ユーク「何かヒントだけでも掴んでから、シーナヘ戻るから」

    アニ「期待してるよ」ニコ

    ユーク「じゃあ、今日も部屋に来る?」ニッ

    アニ「…多分ね?」ニコ

    ユーク「“それも”楽しみにしておくよ!」ニコ

    アニ「全く、調子がいいんだから」クスッ

    ユーク「これが、俺のいい所だと思ってるからさ!――――」



    To be continued...

  48. 48 : : 2013/11/18(月) 16:24:33

    【あとがき】

    彼らが助けた子ども

    彼らが動いた時、果たしてその子は生きていられるのか

    世代が移り変わる時、歴史にも変化が訪れる

    今は果たして、誰の時代なのだろうか――――

  49. 49 : : 2013/11/18(月) 16:24:54

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  50. 50 : : 2013/11/18(月) 16:25:08

    ――番外編――

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924
  51. 51 : : 2013/11/18(月) 16:27:14

    2日間、番外編10話の為に間隔が開きましたが、
    トロスト区滞在4日目がこれにて、終了です

    翌日、彼らは今度こそ、ここでの『目的』を果たせるのか

    今は、私だけが知っています

    それでは!!
  52. 52 : : 2013/11/19(火) 00:28:37
    宣伝忘れてたけど、
    次回は、番外編11話の予定です

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場