ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』 ――憲兵団配属編 No.13――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/15(金) 09:19:30

    進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』

    ――憲兵団配属編 No.13――


    ――――トロスト区滞在 4日目(配属17日目)――――

    ユーク「ほら起きて、アニ」ユサユサ

    アニ「うぅーん、まだねむいぃ」モゾモゾ

    ユーク「(…可愛い)」ジーーッ

    アニ「……Zzz」スピーー

    ユーク「あっ!また寝始めた!!」ユサユサ

    アニ「ちょっとぉ、やめてよぉ…」ウトウト
  2. 2 : : 2013/11/15(金) 09:20:36

    ユーク「いい加減、起きなよ。今日も出掛けるよ?」ユサユサ

    アニ「…あ、おはよう、ゆーくぅ…」ゴシゴシ

    ユーク「…はぁ、俺は朝食を食べに、先に降りてるからね?」

    アニ「わかった。着替えてから行くよ…」ウトウト

    ユーク「(心配だな…また寝てしまわないだろうか…)」ソワソワ

    アニ「Zzz…Zzz…」ウトウト ノロノロ


  3. 3 : : 2013/11/15(金) 09:21:18

    ――――食事処――――

    ユーク「(アニは、朝がとても弱いよね)」

    ユーク「(結局、昨夜も押し掛けて来たか)」

    ユーク「(まぁ嬉しいんだけどさ…ちょっと危機感が足りないかもな)」(←人の事言えない)

    ユーク「(…アニ、まだかなぁ)」チラチラ

    ユーク「(折角いい料理なのに、冷めてしまったら勿体ないよ)」グゥゥ

    ユーク「(もういいや。先に食べていよう!)」パクパク
  4. 4 : : 2013/11/15(金) 09:25:08


    スタスタ スタスタ

    スチャ スチャ


    ユーク「(ん?誰か来た?)」チラ


    「――――」

    「――――」


    ユーク「(誰だろうな、あれ)」

    ユーク「(体格が対極な2人だな)」

  5. 5 : : 2013/11/15(金) 09:25:26

    ユーク「片方は…190cmは超えていそうだ)」チラ

    ユーク「(対して、もう1人は随分と小柄…でも目がやばい事は、何となく解る)」

    ユーク「……」

    ユーク「(…何だろうか?)」

    ユーク「(これ以上、2人を見ない方がいいと、勘が言っている気がする)」フイ

    ユーク「(ここの客かな…まぁ俺には、関係ないかもな?)」

  6. 6 : : 2013/11/15(金) 09:25:52


    ミケ「次の壁外調査では、“彼”の活躍が人類の勝利の鍵を握っている」

    リヴァイ「そうだな。奴をコントロールできるかが、調査兵団の命の境目となるとも言える」

    ミケ「彼も人間であるから、あまりそういう言い方はしたくはないが」

    リヴァイ「しかし、それが力を持った人間の宿命でもある」

    リヴァイ「仕方のない事だ」

    ミケ「そうだな」
  7. 7 : : 2013/11/15(金) 09:26:09

    ミケ「我々も“彼”の為に、冷徹になる必要がある」

    リヴァイ「あぁ」

    ミケ「それこそ、人間性をも捨て去る覚悟が必要だ」

    リヴァイ「“あいつ”に人間でいてもらう為にもな」

    ミケ「その通りだ」

    リヴァイ「この話は、これで終わりにしよう」
  8. 8 : : 2013/11/15(金) 09:26:22

    ミケ「そうだな。折角、朝食に寄ったんだからな」

    リヴァイ「そういう事だ。こんな話は本部ですればいい」


    「――――」

    「――――」


    ユーク「(あの2人、何を話してるんだろうな?)」モグモグ

    ユーク「(距離がある所為で、内容は聞き取れない)」

    ユーク「(まぁこんなところで話す内容なんて、“大した事”じゃないと思うけど…)」

    ユーク「(それにしてもアニは遅いなぁ…もう食べ終わっちゃうよ)」チラチラ
  9. 9 : : 2013/11/15(金) 09:26:58

    アニ「おはよう」ウトウト

    ユーク「ようやく、来たか」

    アニ「ごめんね、遅れて」シュン

    ユーク「ほんとだよ。アニと一緒に食べたかったのに」

    ユーク「冷めちゃうといけないから、我慢出来なくて、先に食べちゃったよ?」

    アニ「私も今から食べるから、待っててくれない?」ジッ
  10. 10 : : 2013/11/15(金) 09:27:17

    ユーク「そりゃ勿論、待つよ?」

    アニ「ありがとね」

    ユーク「(俺は待ってる間、アニの食べてる姿を見て、癒されるとするかな)」ジーーッ

    アニ「……///」モグモグ

    ユーク「(……可愛いなぁ)」ジーーッ

    アニ「…ねぇ、ちょっと?///」ジッ
  11. 11 : : 2013/11/15(金) 09:27:42

    ユーク「ん?何だい?」

    アニ「なんで、じっと見てるの?///」モジモジ

    ユーク「なんでって、そりゃあ…アニの食べてる姿が可愛いから?」ケロッ

    アニ「…もう、部屋に戻っててよ///」モグモグ

    ユーク「…わかったよ、名残惜しけどね」ニコ

    アニ「…さっさと行って?///」モジモジ

    ユーク「はいはい、わかりましたよ?」スタスタ

    アニ「(…ユークのばかっ///)」モグモグ


  12. 12 : : 2013/11/15(金) 09:28:03

    ――――街中――――

    ユーク「少し出遅れちゃったな」スタスタ

    アニ「ごめんね?遅れちゃって」シュン

    ユーク「それはもういいよ」

    アニ「うん」

    ユーク「今のうちに、好きなだけ甘えときなよ?」ニコ

    アニ「…うん///」モジモジ
  13. 13 : : 2013/11/15(金) 09:28:28

    ユーク「…今日を含めて、残り2日なんだけどさ」

    アニ「そうだね」

    ユーク「今日は、アニの女の勘を頼ってみようと思うんだ!」ピコーン

    アニ「なにそれ?」

    ユーク「まぁつまり、アニの気の赴くままに散策してみよう!」

    ユーク「というわけさ」
  14. 14 : : 2013/11/15(金) 09:28:45

    アニ「なんでそんな事を思ったの?」

    アニ「もう疲れちゃった?」クスッ

    ユーク「少し気分転換が必要だと思ってね」ニッ

    アニ「そういう事ね」

    ユーク「それで、アニ。どこか行きたい場所はあるか?」

    アニ「どこでもいいの?」
  15. 15 : : 2013/11/15(金) 09:28:55

    ユーク「あぁ、情報を得る事は考えなくていい」

    ユーク「純粋にアニが今、一番行きたいところへ行こう!」

    アニ「それって、ただのデートじゃないの?」クスリ

    ユーク「そうとも言うな」ハハハ

    アニ「そんな事で大丈夫なの?後2日だよ?」

    ユーク「情報はどんなところにあるかは、わからないものさ」
  16. 16 : : 2013/11/15(金) 09:29:23

    ユーク「アニが意識していなかった場所にも案外、情報は転がってるかもしれないよ?」

    アニ「そうかもね」

    アニ「可能性を否定しちゃいけないものね?」

    ユーク「アニもちゃんと、わかってきたようだね」ニコ

    アニ「なら、今度は私の行きたい場所に行くとするよ」

    ユーク「昨日は俺がアニを付き合わせたからな」
  17. 17 : : 2013/11/15(金) 09:29:36

    アニ「今日は私だね」

    ユーク「そういう事だ」

    アニ「じゃあ、どうしようかなぁ?」

    ユーク「単純にデートでも、俺は構わないよ?」ニカッ

    アニ「それも…いいかもね」

    ユーク「なら、決まりだ!」ワクワク
  18. 18 : : 2013/11/15(金) 09:30:21

    アニ「じゃあ、街をぶらぶらしよっか?」ニコ

    ユーク「それもまた一興だ!」ニコ

    アニ「そういえば。今朝、寝ぼけてた時にね――――」

    ユーク「ははっ!アニは朝弱いもんね――――」


    スタスタ トコトコ


  19. 19 : : 2013/11/15(金) 18:29:42

    ――――とあるお店の前――――

    ユーク「あれ?ここは…」

    アニ「気が付いた?“あの時”のお化け屋敷の後、2人で来たカフェだよ」

    ユーク「外装が変わったな」

    アニ「この前の襲撃でね」

    ユーク「一応、残ってたんだな」

    アニ「復旧が早かったみたいだね」
  20. 20 : : 2013/11/15(金) 18:30:16

    ユーク「アニは、この店の復旧の事を知ってたのか?」

    アニ「ううん。何となく、来てみただけさ」

    ユーク「女の勘は、鋭いな」

    アニ「いざという時には、良い武器になるかもね?」クスッ

    ユーク「頼りにしてるよ?」ニコ

    アニ「…それでね、ユーク」ジッ
  21. 21 : : 2013/11/15(金) 18:31:02

    ユーク「ん?」

    アニ「ここで、またお菓子…頼んでもいい?///」ジッ

    ユーク「(こんな時ばっかり、上目遣いをして来て…全く)」ニマニマ

    ユーク「(こんな表情をされたら…奢らないわけには、行かないじゃないか!)」ニヤニヤ

    アニ「……///」ジーーッ

    ユーク「(…可愛いなぁ)」ホッコリ
  22. 22 : : 2013/11/15(金) 18:31:35

    アニ「...ダメ?」ジーーッ ウルウル

    ユーク「そんなに食べたいのかい?」クスッ

    アニ「…うん///」コクリ ジーーッ

    ユーク「仕方ないね…頼んでいいよ。紅茶もね?」ニコ

    アニ「ありがとうっ!!」パァァ

    ユーク「(…こんな状況だけど、幸せだな…俺は)」ジーン
  23. 23 : : 2013/11/15(金) 18:31:45

    ユーク「アニ、浮かれすぎて、転んだりしないようにね?」

    アニ「うんっ!大丈夫っ!!」トテトテ

    ユーク「(すっかりはしゃいじゃって…忘れてるな、こりゃ)」ウットリ

    アニ「――――♪」ウキウキ

    ユーク「(アニが嬉しそうで、俺も気分がいい♪――――)」


  24. 24 : : 2013/11/15(金) 18:32:07

    ――――カフェ内――――

    アニ「――――♪」ルンルン

    ユーク「――――♪」ホッコリ

    アニ「味が変わってない。よかったぁ!」パァァ

    ユーク「俺もここのローズティーが、また飲めて良かったと思うよ」ジーン


    カランコロン♪


    アニ「新しい客が入って来たね」

    ユーク「昼前だけど、客足があるようだな」
  25. 25 : : 2013/11/15(金) 18:33:20


    「――――」

    「――――」



    アニ「……」ジーーッ

    ユーク「……」ジーーッ

    アニ「…あれ、クリスタじゃない?」

    ユーク「ほんとだな」

    ユーク「という事は」

    アニ「当然…ね?」

  26. 26 : : 2013/11/15(金) 18:33:49


    クリスタ「今日はゆったりティータイムだね、ユミル!」ウキウキ

    ユミル「まぁ偶にはいいか。最近は、訓練が厳しくて参っちまうぜ!」

    クリスタ「今日は何を頼もうかなぁ♪」

    ユミル「いつ死ぬかわからねぇんだから、今のうちに思う存分、金使っとけよ?」クシシ

    クリスタ「もう、ユミル!そんな縁起の悪い事、言わないでよぉ!!」プンプン

    ユミル「ははっ!わりぃ、わりぃ」ケラケラ

  27. 27 : : 2013/11/15(金) 18:34:04


    ユーク「勿論、2人セットだよな」チラ

    アニ「恒例だからね、容易に想像できたよ」チラ

    ユーク「さて、どうする?」ジッ

    アニ「『どうする』って、どうするの?」

    ユーク「『2人と合流する?』って事さ」

    アニ「アンタはどうしたいの?」
  28. 28 : : 2013/11/15(金) 18:34:14

    ユーク「俺はこのまま気づかないふりして、アニとのデートを続けているのも構わない」

    ユーク「勿論、向こうが気づいて、話しかけてこない限りはね」

    アニ「じゃあ、暫くは向こうの出方を見ていてもいいんじゃない?」

    ユーク「なんだ、アニもなるべくデートを邪魔されたくはないって?」クスリ

    アニ「まぁそんなところだよ」

    ユーク「素直でよろしい」ニコ
  29. 29 : : 2013/11/15(金) 18:34:50

    アニ「それで、私達はこのままどうすればいいの?」

    ユーク「とりあえず、向こうの話に聞き耳を立てながら、ゆったり楽しもうか!」ワクワク

    アニ「アンタの尾行好きも、ミカサの影響だったね」

    ユーク「尾行したり、聞き耳を立てたりするのって、スリルがあって楽しいんだぜ?」

    アニ「はいはい、わかったよ」

    ユーク「じゃあ、静かにしてようか」シーーッ

    アニ「そうだね」

  30. 30 : : 2013/11/15(金) 18:42:22


    クリスタ「それでね、ジャンはその時にね――――」ペチャクチャ

    ユミル「その話は、前にも聞いたっての!」ワハハ

    クリスタ「あれ?そうだったっけ?」ポカン

    ユミル「ほんとにおめぇは、あの馬面の事となると、見境がねぇなぁ」ケラケラ

    クリスタ「ミカサ程じゃないもんっ!」プンプン

    ユミル「あいつと比較する時点で、かなり深刻だと思うぞ?」
  31. 31 : : 2013/11/15(金) 18:42:36

    クリスタ「え!?そ、そうなのかなぁ?」ソワソワ

    ユミル「…それで、クリスタ」ジッ

    クリスタ「ん?どうしたの、ユミル。急に真剣な顔になって」ポカン

    ユミル「最近はずっと、つけられてないのか?」ジッ

    クリスタ「う、うん…なんか大丈夫みたい」

    ユミル「突然なくなったもんな。“アレ”が」
  32. 32 : : 2013/11/15(金) 18:42:50

    クリスタ「何でだろうね?」

    ユミル「さぁな。だが、何者かの意図を感じるぜ」

    クリスタ「私って…やっぱり要らない子だったのかな?」ショボン

    ユミル「そんな事ない」

    クリスタ「だって、また“あの人達”が来たら…他の人にも迷惑が掛かるかもしれないし」

    ユミル「その時は、お前だけでも私が守るから!」
  33. 33 : : 2013/11/15(金) 18:43:21

    クリスタ「ありがとね、ユミル」

    クリスタ「でも、私の所為で皆に迷惑をかけるのは…やっぱり嫌なの」シュン

    ユミル「でも、もう来ていない」

    ユミル「なら、今は心配しなくても、別にいいじゃねぇか」

    クリスタ「本当に、それでいいのかな?」

    ユミル「この問題は、お前の力だけでなんとかできる事じゃないんだ」
  34. 34 : : 2013/11/15(金) 18:43:35

    ユミル「もっと周りを頼れ」

    ユミル「例え迷惑事だって、構わねぇから」

    ユミル「ここの人間は、誰もお前を拒んだり、要らないと思ったりなんてしない」

    クリスタ「…ありがと」グスッ

    ユミル「…折角のお楽しみなんだ」

    ユミル「さっさと切り替えて、気分転換しようぜ?」サスサス
  35. 35 : : 2013/11/15(金) 18:43:50

    クリスタ「そうだねっ!私、元気出すよっ!!」パァァ

    ユミル「あぁ!笑顔でいてこそ、我らが天使だ!!」ニカッ

    クリスタ「もう、またそんな事言って…あれ?」

    ユミル「どうかしたか?」

    クリスタ「ねぇ、あそこにいる2人って」スッ

    ユミル「ん?」クルリ
  36. 36 : : 2013/11/15(金) 18:45:16

    クリスタ「…アニと…ユークだよね?」

    ユミル「…そうだな。あの特徴的な体格差は、例のバカップルだな」

    クリスタ「さっきまでは、ユミルの影になってて、全然気付かなかったよ」

    ユミル「私も背を向けていたからな。気付かなかったよ」

    クリスタ「(どうしよう…聞かれちゃってたかな?)」ビクビク

    ユミル「(今の会話…聞かれてねぇだろうな?)」ソワソワ
  37. 37 : : 2013/11/15(金) 18:47:18

    クリスタ「とりあえず、2人に話し掛けに行こうか!」

    ユミル「そうだな。それが良いかもな」

    クリスタ「行こっ、行こっ!」

    クリスタ「(2人に会うのも、久しぶりだぁっ!!)」ワクワク

    ユミル「(聞かれてなかったかを確かめるいい機会だしな)」

    ユミル「(初めは、様子を見よう)」ジーーッ

  38. 38 : : 2013/11/15(金) 18:47:54


    ユーク「…“あの時”の事だよな?」

    アニ「…そうだね」

    ユーク「もう…半年前になるな」

    アニ「あの時は…すまなかったね」

    ユーク「それは…もういいんだ」

    アニ「でも…」
  39. 39 : : 2013/11/15(金) 18:48:30

    ユーク「アニ、この話はこれで終わりだ」

    アニ「…うん」

    ユーク「これは、俺達の中で止めておくべき事だ」

    アニ「…そうかもね」

    ユーク「彼女の事は、ベルトルトにも概要を話してある」

    ユーク「だから…今はもう、この話は…いいんだ」
  40. 40 : : 2013/11/15(金) 18:49:59

    アニ「…ありがとう」ボソリ

    ユーク「それより、クリスタがこっちに気付いたみたいだな」チラ

    アニ「そのようだね…」

    アニ「彼女、軽い足取りで近づいてきたよ」

    ユーク「まるで小動物だな」

    アニ「皆、天使やら女神やら言ってるもんね」
  41. 41 : : 2013/11/15(金) 18:50:16

    ユーク「じゃあ、アニ」

    ユーク「“これからすべき事”は、解ってるよな?」ヒソヒソ

    アニ「『今ようやく、2人に気付いた』ふりをする…だよね?」ヒソヒソ

    ユーク「よし…じゃあ、開始!」ヒソヒソ

  42. 42 : : 2013/11/15(金) 18:50:46


    クリスタ「アニ!ユーク!久しぶりっ!!」ニコニコ

    ユミル「よぉ!ご無沙汰だな」ケラケラ

    ユーク「おぉ!2人とも久しぶりだな」ニコ

    アニ「久しぶり」

    クリスタ「今は2人でデート中?」ワクワク

    ユミル「大層なご身分だなぁ」クシシ
  43. 43 : : 2013/11/15(金) 18:51:22

    クリスタ「もう!ユミルはそうやって茶化さないのっ!!」プンプン

    ユミル「はいはい、わるぅーござんしたぁー」ケラケラ

    ユーク「まぁ、そんなところだよ」

    アニ「久しぶりに、トロスト区に戻ってきた事だしね」

    ユーク「君達は、今日は非番なのかい?」

    クリスタ「そうなの!だからこうして、お菓子を食べに来たんだぁ」キラキラ
  44. 44 : : 2013/11/15(金) 18:51:35

    アニ「へぇ、それは良かったね」

    クリスタ「ねぇねぇ!もしよかったら、私達もここに座っていいかな?」

    ユーク「別に構わないよ?」

    アニ「どうぞ」

    クリスタ「うん、ありがとう!」スチャ

    ユミル「邪魔するぜ?」スチャ
  45. 45 : : 2013/11/15(金) 18:52:17

    クリスタ「それで、2人は何を食べていたの?」

    ユーク「久しぶりにここに来たからね」

    ユーク「懐かしいものを、と思ってさ…」チラ

    アニ「……」パクパク

    クリスタ「美味しそうだね、それ!」キラキラ

    アニ「…少し食べるかい?」スッ
  46. 46 : : 2013/11/15(金) 18:52:33

    クリスタ「いいの?」パァァ

    アニ「いいよ。さぁどうぞ」ニコ

    クリスタ「やったぁ!いただきます!」パクッ

    クリスタ「甘くて美味しいねっ!!」キラキラ

    アニ「そう、喜んでもらえて良かったよ」

    ユーク「俺も2人も笑顔が見られて、奢った甲斐があったよ」ニコ
  47. 47 : : 2013/11/15(金) 18:53:00

    ユミル「なんだ、お前が金出してたのか」ケラケラ

    ユーク「まっ、必要な事だろ?」

    ユミル「そうだな。男の甲斐性ってやつだ」ニシシ

    クリスタ「ありがとね、アニ」ニコ

    アニ「どういたしまして」ニコ

    ユーク「…癒されるなぁ」ウットリ
  48. 48 : : 2013/11/15(金) 18:53:22

    ユミル「全くだ。天使が2人居るように見える」ホッコリ

    ユーク「いや、実際2人居るだろ?」

    ユミル「勿論、クリスタの方がランクが上だけどな」ニシシ

    ユーク「…ちょっと、ユミル。それは聞き捨てならないな」ギロリ

    ユミル「あぁ?やんのか、こら?」ギロリ

    ユーク「俺の実力は知ってるだろ?」
  49. 49 : : 2013/11/15(金) 18:53:35

    ユーク「早く謝るか、表出るか、どっちにする?」ニコ

    ユミル「へっ、お前に勝てないでこの先、クリスタを守れるかってんだよ!」ニッ

    クリスタ「ちょ、ちょっと2人とも止めなよぉ」オロオロ

    アニ「子供だね、アンタら。落ち着きな」ハァ

    ユーク「…ふふっ」ニヤ

    ユミル「…ははっ」ニヤ
  50. 50 : : 2013/11/15(金) 18:53:59

    クリスタ「…?どうしたの、2人とも?」キョトン

    ユーク「まぁ2人の前で争ってところで、仕方がないな」

    ユミル「そうだな、決着はいずれ別の機会に着けるべきだ」

    ユーク「その時は、楽しみにしてるよ」

    ユミル「てめぇこそ、ビビッて逃げんじゃねぇぞ?」

    ユーク「…じゃあ、お茶の時間を再開しようかっ!」ケロッ
  51. 51 : : 2013/11/15(金) 18:54:17

    ユミル「そうだな、私はもっとクリスタを見ていたい!」ケロッ

    クリスタ「え?2人とも身代わり早くない?」ネェネェ

    アニ「割といつも通りで安心したよ」シレッ

    クリスタ「ええ?わかんないの、私だけ!?」

    クリスタ「ねぇ、ちょっとぉ!――――」


  52. 52 : : 2013/11/15(金) 19:14:38

    ――――街中――――

    ユーク「2人はこの後、どうする予定なの?」

    クリスタ「うーん、とりあえず街を散策して気分転換かな?って感じだよ!」

    ユミル「私はクリスタが楽しそうなら、何だっていい!」

    アニ「相変わらずのクリスタ好きだね」

    ユーク「じゃあ4人で、どこか行ってみるかい?」

    クリスタ「いいね、それ!」ワクワク
  53. 53 : : 2013/11/15(金) 19:15:29

    アニ「まぁ、いいんじゃない?」

    ユミル「私も構わない」

    ユーク「じゃあ、今日は俺達2人も、クリスタの気まぐれに着いて行ってみる事にするよ」

    ユーク「アニは、それで構わない?」

    アニ「いいよ、午前中は付き合ってもらったからね」

    クリスタ「それじゃあ、出発だぁー!!」ウキウキ
  54. 54 : : 2013/11/15(金) 19:16:40

    ユミル「へへっ、今日もいい笑顔が見られそうだぜ!」ニシシ

    ユーク「何が起こるのだろうね、アニ?」

    アニ「さぁ私にはわからないよ…けど」

    ユーク「けど?」

    アニ「偶には、すべて忘れて、こういうのも…いいものだねって思った」

    ユーク「そう…それなら、俺も嬉しいよ」ニカッ
  55. 55 : : 2013/11/15(金) 19:17:22

    アニ「うん」ニコ

    クリスタ「皆ぁ!早く行くよぉーー!!」ルンルン♪

    ユミル「待てって、クリスタぁ!」タッタッタ

    ユーク「アニ、俺達も置いて行かれないように、行くよ?」ギュ

    アニ「…うん。そうだね」ギュ

    ユーク「(今日は、平和な一日に完結するのかな?――――)」



    To be continued...

  56. 56 : : 2013/11/15(金) 19:17:46

    【あとがき】

    運命とは、皮肉なものであり

    その時には、取り留めもないと思っていた事でさえも

    後にそれが『鍵《ヒント》』となり得る事は、この世の中では少なくない

    それに注意深く気が付くことができる者は、ごく稀な存在である――――

  57. 57 : : 2013/11/15(金) 19:18:13

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  58. 58 : : 2013/11/15(金) 19:18:37

    ――番外編――

    【執筆中 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924
  59. 59 : : 2013/11/15(金) 19:19:20

    4日ぶりの本編21話、これにておわり!

  60. 60 : : 2013/11/16(土) 09:13:15
    相変わらずの文章表現力・・・・

    すごいです
  61. 61 : : 2013/11/16(土) 09:49:26
    >>60
    ありがとう
    でも年を取れば、こんなもんです

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場