ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話 『各々が想う、護るべき玉』

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/19(火) 15:27:21

    進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話


    ――Part 1――

    ――――前回までのあらすじ――――

    季節は梅雨真っ只中!104期訓練兵・第5席に位置し、ストラテジーに定評のある
    「ユーク・トラス」は、ミカサに教えられた将棋に即座に夢中となった!!

    ミカサの気遣いが空回りし、更に2人の仲に嫉妬して兵法講義中に大暴露勃発!!

    この事件は、ユークとアニが各々、自身が抱える互いへの想いを考え直すきっかけとなった

    件《くだん》のミカサのお詫びの際、アニは揺れる想いをミカサに打ち明けるも――――


    ――――――――
    ――――
    ――

  2. 2 : : 2013/11/19(火) 15:27:41

    ――――夕食後 食堂――――

    ミカサ「ユーク、また私と将棋をして遊ぼう!」トコトコ

    ユーク「いいよ。そう言うと思って、最近は用意を済ませてるから」ジャーン

    ミカサ「ありがとう。では早速、始めよう!」ウキウキ

    ユーク「それじゃ、君の先攻でいいよ?」

    ミカサ「ふふふ、むやみに先攻を与えると、後で痛い目を見る事になる」

    ユーク「その言葉、一度でも俺に勝ってから、言ってごらん?」プークスクス
  3. 3 : : 2013/11/19(火) 15:28:14

    ミカサ「むぅぅ!見ていなさい、ユーク!!」

    ミカサ「必ず、貴方を狼狽《うろた》えさせてみせるからっ!!」ビシッ

    ユーク「…ほら、始めるよ?」ジッ

    ミカサ「…うん」パチッ

    ユーク「……」パチッ


    ――――――――
  4. 4 : : 2013/11/19(火) 15:28:40

    ユーク「それにしても、俺もミカサもすっかり将棋にハマっちゃったな」

    ミカサ「ええ、将棋は奥が深い。可能性も選択肢も無限に広がっている」キラキラ

    ユーク「そう!将棋が将棋である所以がそこに帰結する!!」ドーン

    ミカサ「ユークは将棋の魅力は、他に何があると思う?」

    ユーク「そうだなぁ、ミカサ。」

    ユーク「このゲームってさ、とても人間味があるとは思わないか?」
  5. 5 : : 2013/11/19(火) 15:28:56

    ミカサ「どういう事?」

    ユーク「取った駒は味方となり、取られた駒は相手に寝返る」

    ユーク「ただ殺して終わりなんかよりも、騙す騙されるっていう所が人間臭くて」

    ユーク「この世界を抽象化した縮図だとは、思わないか?」

    ミカサ「そこまで考えた事は、今までなかった」

    ミカサ「なるほど、そういう見方もあり得るのね」
  6. 6 : : 2013/11/19(火) 15:29:16

    ユーク「そうか、少し俺がひねくれていたのかな?」

    ミカサ「いいえ、決してそんな事はない」

    ミカサ「貴方がそう感じたのは、貴方には物事の本質を見抜く力があるから」

    ユーク「そうなのかな?」

    ミカサ「それは、貴方が誇るとても強い武器となる」

    ミカサ「ので、その才能は、これからも作戦立案などの機会で、十二分に活かすべき」
  7. 7 : : 2013/11/19(火) 15:29:50

    ユーク「ありがとう。主席のミカサに言われると自信がつくよ!」イキイキ

    ミカサ「ふふっ、折角なので他にも思う所があれば、聞かせてほしい」

    ユーク「そうだなぁ、例えばさ――――」


    ――――――――
  8. 8 : : 2013/11/19(火) 15:30:09

    アルミン「ユークとミカサ、またやってるね」

    マルコ「うん、僕達も上達してユークに勝てるよう頑張ろう!!」

    アルミン「うん、じゃあ今日も特訓だ!」

    マルコ「僕も負けないよ?」


    ―――――――― 
  9. 9 : : 2013/11/19(火) 15:30:49

    ミカサ「やばい、負けそう…」アセアセ

    ユーク「いい加減、投了したら?」ニヤニヤ

    ミカサ「いいえ、私は最後まで諦めない」

    ミカサ「諦めたら、そこで試合は終了してしまうから」キリッ

    ユーク「(どっかで聞いた事あるなぁ、それ)」ハハ

    ミカサ「うーん、うーん…」ナヤミ
  10. 10 : : 2013/11/19(火) 15:43:50

    ユーク「(悩んでるミカサって色っぽくて…なんかいいな)」

    ユーク「(さぁ悩め、悩め!)」ニヤニヤ

    ミカサ「(なんとか一矢報《いっしむく》いる事はできないだろうか…あっ!閃いたっ!!)」

    ミカサ「(これならば、きっといけるはず!!)」ジーーッ

    ユーク「…そういえばアニは、どこ行ったんだ?」キョロキョロ

    ミカサ「(い、今だぁーー!!)」バサァーーッ!!
  11. 11 : : 2013/11/19(火) 15:44:05

    ユーク「え!?ちょ、ミカサぁーーっ!!」ゴチャゴチャーーッ!!

    ミカサ「ふっ、これで試合は引き分けとなった」

    ミカサ「いやはや、危ないところだった」フーーッ ヤレヤレ

    ユーク「いや、意味分かんねぇよ!!」

    ユーク「なんで盤ごと全部ひっくり返したんだ!?」ズイッ!

    ミカサ「……」プーイ
  12. 12 : : 2013/11/19(火) 15:44:39

    ユーク「無視すんなよ!おいぃぃ!!」ユサユサ

    ミカサ「ユーク、男のくせに、たかが一局流れたくらいでみっともない」ハァ ヤレヤレ

    ミカサ「もっと器の大きくて、大らかな性格になるべき」グラグラ

    ユーク「いやいやいや!!ここまで『詰んでた』のに、それはないだろう!?」

    ミカサ「ごめんなさい。もうしない」シュン

    ミカサ「ので、許してほしい」ウルウル
  13. 13 : : 2013/11/19(火) 15:44:52

    ユーク「その嘘泣きに免じて、今回は許そう」ハァ

    ミカサ「(すぐに見破られた…悲しい)」グスッ(ほんと泣き)

    ユーク「全く、もう」プンプン

    ミカサ「けれど宣言通り、貴方を『狼狽《うろた》えさせる』という目的は達した」ドヤァ

    ユーク「あぁ、確かにさっきそう言ってたね」

    ユーク「だが、それは威張る事じゃない」ジトーーッ
  14. 14 : : 2013/11/19(火) 15:45:27

    ミカサ「うぅっ…ごめんなさい」シュン

    ユーク「(しおらしいミカサは、魅力的で可愛いんだけどなぁ)」

    ユーク「(おっといけない、いけない。エレンに申し訳ないよ)」ブンブン

    ミカサ「?」キョトン

    ユーク「…あっ!今ので、新しい遊び方を思いついたよ」ピコーン

    ミカサ「それは一体?」
  15. 15 : : 2013/11/19(火) 15:45:57

    ユーク「こうやって、適当に駒を『積んで』おいて」ガチャガチャ

    ユーク「こうして、1つずつ交互に駒を抜いていって…」ガラガラ

    ユーク「…こんな風に積み上がりが崩れたら負け」

    ユーク「簡単でしょ?」

    ミカサ「ええ、それなら将棋自体を知らなくても、手軽に遊べそう」

    ユーク「他にもこんな風に縦に積んでいくのを競うってのも、今思いついたけど」ヒョイヒョイ
  16. 16 : : 2013/11/19(火) 15:47:12

    ミカサ「…なんで、そんなに上手に重ねてゆけるの?」

    ミカサ「…難しい」バラバラ

    ユーク「え?出来ないの?」

    ミカサ「普通の人は、そう易々とはできないと思う」グヌヌ

    ユーク「なんだ、そうなのか」

    ミカサ「でも、これはこれとして、私達は将棋の方を楽しみましょう!」
  17. 17 : : 2013/11/19(火) 15:48:28

    ユーク「もう、ズルしちゃダメだからね?」メッ!

    ミカサ「ええ、反省している」シュン

    ユーク「それじゃあ、開始だ」パチッ

    ミカサ「よろしくお願いします」パチッ

    ユーク「……」パチッ

    ミカサ「…うーん」パチッ


    ―――――――― 
  18. 18 : : 2013/11/19(火) 15:48:51

    ユーク「さっきより、強くなったな」ウーム

    ミカサ「ええ、貴方の上達が早いお陰で、私もいい具合に追いかける立場となっている」

    ミカサ「ので、私の上達の早さも、とりわけ貴方のお陰と言って過言ではない」パチッ

    ユーク「それじゃあ、追いつかれないように、俺も頭使うかな」パチッ

    ミカサ「ユーク、貴方の勝ち筋には共通点がある事が、最近分かった」

    ユーク「それは?」
  19. 19 : : 2013/11/19(火) 15:49:31

    ミカサ「貴方は、『桂馬』を止めに使いたがる」

    ユーク「…気付かれてたか」

    ミカサ「何か拘りがあるの?」

    ユーク「この『桂馬』ってなんか、自分と似た匂いがしてね」ヒョイッ ジーーッ

    ミカサ「匂い?」クンクン

    ユーク「ははっ、言葉の意味そのままじゃないよ?」
  20. 20 : : 2013/11/19(火) 15:50:08

    ミカサ「わかっている。少しふざけただけ」クスッ

    ユーク「この『桂馬』だけ、2手先斜め前という奇抜な動きをするだろ?」

    ミカサ「ええ、確かに独特な雰囲気を持っている」

    ユーク「実践的な話をすると、この『桂馬』という駒はね」

    ユーク「相手の『金』や『銀』の存在を逆手に取る事で、相手に王手を掛けやすいんだよ」

    ミカサ「そうだったの。それは気付かなかった」
  21. 21 : : 2013/11/19(火) 15:53:12

    ユーク「…ただし、現実では、『王』を獲る為には、この『桂馬』は死ななければいけない」

    ミカサ「……」

    ユーク「将棋の『詰み』とは、白旗を揚げる事に等しい」

    ユーク「つまり『王』の命は、ギリギリのところで助かるんだ」

    ユーク「だが現実では、そうはいかない。誰かが『王』を殺さなければならない」

    ユーク「そして、その目的を達する為には、必要な犠牲と殺生が必要だ」
  22. 22 : : 2013/11/19(火) 15:53:55

    ユーク「側近の『金』や『銀』をも、一矢一殺の覚悟で獲《と》りに行かなければならない」

    ミカサ「そうね」

    ユーク「つまりこの『桂馬』は詰まる所、捨て駒であり、最後の手柄は別の駒が獲《と》る」

    ユーク「なんとも、不条理だよな」ハァ

    ミカサ「けれど、『桂馬』の活躍は、決して忘れ去られないだろう」

    ミカサ「彼の意志は、必ず受け継がれるはず…そう信じたい」シュン
  23. 23 : : 2013/11/19(火) 15:54:30

    ユーク「ごめん、どんよりした空気にしちゃったね」

    ユーク「梅雨ってだけでも、鬱陶しいのにさ」ハハッ

    ミカサ「いいえ、貴方のおかげでまた、気付かなかった事に目を向けて考えさせられた」

    ユーク「どうしても、こういったことを考えてしまうんだ」

    ユーク「もはや悪癖だ」ハァ

    ミカサ「では、気分展開にもう一局、行きましょう」
  24. 24 : : 2013/11/19(火) 15:57:17

    ユーク「ありがとう。でも俺が勝つからね?」

    ミカサ「私こそ、負けっぱなしは納得がいかない」

    ミカサ「ので、頑張るっ!!」ヨーシ!

    ユーク「いつも付き合ってくれて、ありがとね」

    ミカサ「それは、私の方こそ」ニコ

    ユーク「でも、手加減はしないさ」キリッ

    ミカサ「望むところ」キリッ


    ―――――――― 
  25. 25 : : 2013/11/19(火) 15:58:14

    ミカサ「…惨敗」シュン

    ユーク「また、戦術を考えてから、おいで」

    ミカサ「(最早、私ではユークのストラテジーには、到底及ばず)」

    ミカサ「(またそれに追い縋《すが》る事すら、できないのだろうか…?)」ガックシ


    ユーク「(俺が、この将棋を通じて感じた事)」

    ユーク「(ミカサには、全部は話していない)」

    ユーク「(俺もまだ、“これ”の正体が何であるのかを、掴めていないから――――)」


  26. 26 : : 2013/11/19(火) 15:59:40

    ――――翌朝 食堂――――

    ミカサ「ユークは駒に例えると、『桂馬』だと思う」

    ユーク「唐突だね」

    ミカサ「昨日、貴方が言っていた時に、ふと考えていた」

    ミカサ「ここの皆にも各々に個性があって、駒に例えられるのではないかと」

    ユーク「面白そうだな」

    ユーク「例えばどんな?」
  27. 27 : : 2013/11/19(火) 16:00:21

    ミカサ「例えば、クリスタ」

    ミカサ「彼女は言わずもがな、『玉』だと思う」

    ユーク「彼女も優秀だけど、『玉』だと言われちゃうと、納得せざるを得ないな」ハハ

    ミカサ「貴方は、誰か思いついた?」

    ユーク「ライナーは、あのガタイでタックルされたら、一溜《ひとたま》りもなさそうだ」

    ユーク「だから例えるなら、きっと『飛車』だな」
  28. 28 : : 2013/11/19(火) 16:02:57

    ミカサ「上手、その調子」

    ユーク「一方、やんちゃなミカサは、きっと斜めから縦横無尽に駆け廻る『角』が似合う」

    ミカサ「そうだろうか?」キョトン

    ユーク「きっとそうだよ」

    ミカサ「でもまた、私の事を『やんちゃ』と言う」

    ユーク「本当の事さ」クスス
  29. 29 : : 2013/11/19(火) 16:03:08

    ミカサ「私だって、少しは気にしているのに…」シュン

    ユーク「…ごめんね?」

    ミカサ「別にいい。私の努力で何とかする」

    ユーク「まぁ、頑張ってね?」

    ミカサ「話を戻そう」

    ユーク「そうだな、話が逸れていた」
  30. 30 : : 2013/11/19(火) 16:03:46

    ミカサ「それで、他には?」

    ユーク「『金』は、きっとベルトルトだな」

    ミカサ「どうして?」

    ユーク「あいつは目立たないけど、結局のところ何でもできるだろ?」

    ユーク「それはきっと、優秀な証拠さ」

    ミカサ「なるほど、そう言う視点で捉えたのね」
  31. 31 : : 2013/11/19(火) 16:06:13

    ユーク「あぁ、なんだかんだ言って、彼には憧れてるよ」

    ミカサ「意外な言葉を聞いた」クスリ

    ユーク「そうかい?」

    ミカサ「ええ、貴方はあまり人に憧れるタイプではないと思っていたから」

    ユーク「…悔しいからさ」ボソリ

    ミカサ「え?」
  32. 32 : : 2013/11/19(火) 16:06:32

    ユーク「いいや、何でもないさ!」

    ミカサ「...?」

    ユーク「『香車』は、ジャンって感じがするな」

    ミカサ「これはまた、どうして?」

    ユーク「あいつは実は、縁の下の力持ちでもあるからな」

    ユーク「皆、それに気付かないだけで」
  33. 33 : : 2013/11/19(火) 16:07:18

    ミカサ「そうなの」

    ユーク「きっと意外な所で、活躍してくれているんだよ」

    ユーク「そういう所が…似てるかな?」

    ミカサ「ユークが皆の事をしっかりと見ているのが分かって、安心した」ニコ

    ユーク「ははっ、じゃあ最後は『銀』だ」

    ユーク「勿論これは、アニだな!」
  34. 34 : : 2013/11/19(火) 16:07:43

    ミカサ「ほぉ、それはどうして?贔屓?」ニヤニヤ

    ユーク「勿論、贔屓目なんてしていないぞ?」

    ユーク「ちゃんと実力で判断してる!」

    ミカサ「アニのどういったところが『銀』なの?」

    ユーク「アニは小柄で、立体機動では前後方向の小回りが得意な事に基づいた」

    ミカサ「なるほど、ちゃんと理に適っていた」チェッ
  35. 35 : : 2013/11/19(火) 16:08:58

    ユーク「俺もちゃんと考えてるんだよ?」

    ユーク「それと、なんで舌打ちしたの?」ネェ チョット

    ミカサ「それはそれで安心した」

    ミカサ「舌打ちは、聞き間違い」

    ユーク「勿論そうさ!」

    ユーク「いや、聞こえたよ?」
  36. 36 : : 2013/11/19(火) 16:09:08

    ミカサ「きっと気のせい」

    ミカサ「それよりも、他の遊びをしない?」

    ユーク「いいよ。あの積み抜きゲーでいい?」

    ミカサ「ええ、あれは意外とスリルがある事がわかって以来、面白いと思う」

    ユーク「それじゃあ、やろうか――――」


    ―――――――― 
  37. 37 : : 2013/11/19(火) 16:10:34

    ミカサ「むぅ、勝てない」

    ユーク「ミカサだって、悪い手はしてないんだけどね」

    ユーク「さて、何でだろうね?」

    ミカサ「きっと、貴方にはツキを呼び込む力もあるんだろう」ハァ

    ユーク「まぁ、そんな落ち込まないで?」

    ユーク「こんなスケールの小さいゲームなんだし」
  38. 38 : : 2013/11/19(火) 16:10:45

    ミカサ「ええ、そうね。私の持っているツキも逃げてしまう」コイ!コイ!

    ユーク「ほかの遊びにする?」

    ミカサ「いいえ、今日はこの遊びだけにする!」

    ミカサ「貴方に勝ちたい!!」

    ユーク「それじゃあ、後3回くらいして、今日はお開きにしようか」

    ミカサ「ええ、そうしましょう――――」


  39. 39 : : 2013/11/19(火) 16:11:37

    最近は番外編が多いですけど、気にしないでください

    Part1終了です。

    また、明日!!

  40. 40 : : 2013/11/20(水) 12:20:41

    ――Part 2――

    ――――同日 夜 談話室――――

    ユーク「ベルトルト、少し話いいか?」ヒョコッ

    ベルトルト「珍しいね。いいよ」

    ユーク「(珍しい…か。そうだよな。今は別行動扱いなんだし)」

    ベルトルト「それで、話って?」

    ユーク「今は、2人しか居ない…だからここで話しても構わないだろ?」

    ベルトルト「…わかったよ。でもあくまで遠回しにね?」
  41. 41 : : 2013/11/20(水) 12:21:13

    ユーク「それは常に弁《わきま》えてるから、大丈夫だ」スチャ

    ベルトルト「それで?」

    ユーク「どうせだから、これでもしながら話そうぜ?」スッ

    ベルトルト「最近、君がハマってるっていう『将棋』かい?」ジッ

    ユーク「あぁ、お前も食堂で俺達がやってるの見てて…もう指せるんだろ?」

    ベルトルト「…まだまだ初心者だけどね。横目で見ていたから、ルールはもう知ってる」
  42. 42 : : 2013/11/20(水) 12:22:52

    ユーク「都合がいい。ゆったりと話そう」パチパチ

    ベルトルト「お手柔らかにね?」パチパチ

    ユーク「あくまで話がメインだから、邪魔が入りそうなら、これでカモフラージュする」

    ベルトルト「なるほどね、そういう意図も含まれていたんだ」

    ユーク「以前、お前と『あいつ』がチェスを使って、そうやってたのを横目で見たからな」

    ベルトルト「鋭い観察眼だね」
  43. 43 : : 2013/11/20(水) 12:23:54

    ユーク「それ程でもないさ」

    ベルトルト「…それで、話って何だい?」

    ユーク「…お前、実は『あいつ』以上に無理してないか?」

    ユーク「…っていう話だ」パチッ

    ベルトルト「…この前の話の続き?」パチッ
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ユーク「あの時、お前は自分の事は一切口にせず、『あいつ』の事ばかり気に掛けていた」
  44. 44 : : 2013/11/20(水) 12:24:24

    ユーク「それに気付いて、少し心配でな」パチッ

    ベルトルト「ありがとね…でも、僕は大丈夫だよ」パチッ

    ユーク「…本当にそうなのか?」ジッ

    ベルトルト「あぁ、まずは『彼』の更正が先決だ」

    ユーク「…『あいつ』は、そんなに酷い状態なのか?」

    ベルトルト「そうだね。今はすっかり『戦士』と『兵士』の人格が分離してしまっているよ」
  45. 45 : : 2013/11/20(水) 12:25:04

    ユーク「…そうか、そこまで重傷だったとはな」

    ベルトルト「……」

    ユーク「その事…『彼女』には、言ったのか?」

    ベルトルト「言えるわけがないよ…」

    ベルトルト「彼女にだけは、余計な心配は掛けたくない」

    ユーク「俺も同感だ…その必要はない」
  46. 46 : : 2013/11/20(水) 12:25:47

    ユーク「…今のところはな」

    ベルトルト「いつかは…言うつもりなのかい?」

    ユーク「そうしなきゃ、始まらないだろ?」

    ベルトルト「それは…いつ?」

    ユーク「…未定だ」

    ベルトルト「…そっか」
  47. 47 : : 2013/11/20(水) 12:26:48

    ユーク「『2枚目』を破る前までには、必ず言うつもりだ」

    ベルトルト「『彼女』は…“受け入れてくれる”かな?」

    ユーク「“受け入れさせる”他…ないんだよ」

    ベルトルト「辛い役目だね」

    ユーク「仕方ないさ、俺が一番近いんだから…」

    ベルトルト「(ユーク…その役目は僕が…)」
  48. 48 : : 2013/11/20(水) 12:27:13

    ユーク「ん?どうかしたか?」

    ユーク「近くに誰かいたとか?」キョロキョロ

    ベルトルト「いいや、そんなんじゃないよ」

    ユーク「じゃあ何だ?」キョトン

    ベルトルト「これは、僕の中に留めておくよ」

    ユーク「だから、そうやって何でも抱え込むのを、俺は心配してるんだよ!」
  49. 49 : : 2013/11/20(水) 12:27:58

    ユーク「必要な事だろ?俺達を頼れよ!」

    ベルトルト「ありがとう。気持ちは嬉しいよ…でも、“これ”ばっかりはいいんだ」

    ベルトルト「(“これ”は…僕の我がままだから…言っちゃダメなんだ)」

    ベルトルト「(僕が君を羨ましがっているだなんて…言えるわけがない…)」

    ベルトルト「……」

    ユーク「……」
  50. 50 : : 2013/11/20(水) 12:29:08

    ユーク「(どうやら、俺の作戦は失敗したようだ)」

    ユーク「(何にも聞き出せなかった…)」

    ユーク「(これでは、俺は…ただこいつに、不安を与えただけだ)」

    ユーク「(俺は…無力だな)」

    ユーク「(俺にも…)」

    ユーク「(俺にこそ!3人を助けられるような力が欲しい――――)」


  51. 51 : : 2013/11/20(水) 12:29:37

    ――――男子寮 自室――――

    ユーク「ただいま」ガチャ

    ライナー「よぉ!帰って来たか」

    ユーク「…ライナー1人か?」

    ユーク「…エレンとアルミンは?」キョロキョロ

    ライナー「あいつらは、図書館に勉強に行ったぞ?」

    ユーク「こんな時間に?ここですればいいんじゃないか?」
  52. 52 : : 2013/11/20(水) 12:32:12

    ライナー「どうも、エレンが集中したい様子でな」

    ライナー「アルミンを連れて、教官に許可を取りに行ったようだ」

    ユーク「そうだったか…ちょうどいい」

    ライナー「どうかしたか?」キョトン

    ユーク「ライナー…今のお前は『戦士』か?」

    ユーク「それとも…『兵士』か?」ジッ
  53. 53 : : 2013/11/20(水) 12:35:19

    ライナー「え?何を言ってるんだ?」

    ユーク「……!!」ピクリ

    ライナー「俺達は、巨人と戦う兵士になる為に、ここに居るんだろ?」ワハハ

    ユーク「……」

    ユーク「(…これは、予想以上に重傷だった)」

    ライナー「それがどうかしたのか、ユーク?」
  54. 54 : : 2013/11/20(水) 12:38:27

    ユーク「(…なんで俺は、もっと早く気付けなかったんだ?)」

    ライナー「おーい?」

    ユーク「(こんな様じゃ…『戦士』は続けられない)」

    ユーク「(いつ何時、支障を来さないとも限らない)」

    ユーク「(ベルトルトが自分の心配をする事を放棄してまで)」

    ユーク「(ライナーを気に掛けていたのかが、ようやく納得できた)」
  55. 55 : : 2013/11/20(水) 12:39:01

    ユーク「……」ググッ

    ライナー「おーい、ユーク?」

    ユーク「ん?あぁ、すまないな」

    ユーク「考え事をしていた」

    ライナー「そうか!そういえば、ベルトルトを見なかったか?」

    ユーク「ベルトルトならさっき談話室で会って、将棋を指しながら話をしたよ」
  56. 56 : : 2013/11/20(水) 12:39:18

    ライナー「そうか、珍しいな!お前達が話をするなんて!!」

    ユーク「…は?」

    ライナー「いや、だからよ?お前とベルトルトが話をするなんて珍しいなって事だよ」

    ユーク「(…ライナーは一体、何を言ってるんだ)」アゼン

    ライナー「?」

    ユーク「(何をキョトンとした顔をしてる…?)」
  57. 57 : : 2013/11/20(水) 12:40:15

    ユーク「(どういう事だ?)」

    ユーク「(いまいちよくわからない…とりあえず)」

    ユーク「そんな事はないだろ?話くらい普通にするさ」

    ライナー「いや?部屋でも寡黙なあいつは、口数は少ないはずだぞ?」

    ユーク「いやだから、そんな事はないって」

    ライナー「お前はともかく、俺は幼少期からずっとあいつと一緒に居たんだから!」
  58. 58 : : 2013/11/20(水) 12:40:40

    ユーク「(…俺だって、10歳からはお前達と行動を共にしていたぞ?)」

    ユーク「(まだ核心へ迫れない…俺の理解が追いついていない…のか?)」

    ライナー「まぁなんだ、あいつとも仲良くしてやってくれ。あと1年なんだしな」ニカッ

    ユーク「あ、あぁ…こちらこそ宜しく?」

    ライナー「それじゃあ、俺はもう寝るからな!おやすみ」バサッ

    ユーク「あぁ、おやすみ」

  59. 59 : : 2013/11/20(水) 12:41:20


    ガチャ


    ベルトルト「ただいま」

    ユーク「あぁ、お帰り」

    ユーク「丁度いいタイミングだったよ」

    ベルトルト「…何かあったの?」

    ユーク「今この場には俺達3人…正確にはライナーは寝てるから、実質2人だ」

    ベルトルト「うん、それで?」
  60. 60 : : 2013/11/20(水) 12:41:57

    ユーク「今、『あいつ』と話してたんだ」

    ベルトルト「そうなんだ。兵士の『彼』は、どんな感じだった?」

    ユーク「…状況は想像以上に、拙《まず》い事になっていた」

    ベルトルト「え?どういう事!?」

    ユーク「順を追って話していく」

    ユーク「まずは帰った後に、『あいつ』が話し掛けて来てな――――」


    ――――――――
  61. 61 : : 2013/11/20(水) 12:42:24

    ユーク「――――という話の流れだ。わかったか?」

    ベルトルト「それは…深刻だね。本当に…」

    ユーク「『あの発言』には俺も動揺して、その時は思考が固まってしまった」

    ベルトルト「仕方ないよ。それほど今の『彼』は、深刻な状態なんだから」

    ユーク「…『あいつ』は俺の事を、同郷だと認識していなかった」ジッ

    ベルトルト「どういう事だと思う?」
  62. 62 : : 2013/11/20(水) 12:42:45

    ユーク「…あいつ、自身で記憶を改竄《かいざん》してる」

    ユーク「おそらく、自分にとって都合の悪い記憶を全て…」ハァ

    ベルトルト「だから、(任務として別行動をとっている)君の事を誤認したんだね」

    ユーク「あれは『あいつ』が『戦士』ではなく、『兵士』で居続ける為の防衛本能だ」

    ユーク「最早、『あいつ』は『兵士』の殻に閉じ篭《こも》ってしまったようだ」ガクッ

    ベルトルト「やっぱり、そうだったんだね」
  63. 63 : : 2013/11/20(水) 12:43:07

    ユーク「心当たりがあったのか?」

    ベルトルト「実は、さっきの君と同じように」

    ベルトルト「僕も『彼』と話が噛み合わなくなる事が、時々あってね…」

    ユーク「…なんで、もっと早く言ってくれなかった?」

    ベルトルト「ずっと、僕の勘違いだと“思っていた”」

    ベルトルト「いや、そう“思っていたかった”んだ!」
  64. 64 : : 2013/11/20(水) 12:43:58

    ユーク「…そうだな。それが“普通”の反応だ」

    ユーク「致し方がない」

    ベルトルト「…ごめん、もっと早く、君にだけでも言うべきだったんだ」ガクッ

    ユーク「済んだ事は、悔やむべきではない」

    ユーク「それは、次に繋げよう!」

    ベルトルト「『彼女』には、この事は…今は絶対に言えないね」
  65. 65 : : 2013/11/20(水) 12:44:19

    ユーク「あぁ、やはりまだ尚早だ」

    ユーク「『彼女』に話す前に、今のうちに対策を考えよう」ハァ

    ベルトルト「僕は、どうすればいい?」

    ユーク「『戦士』としての記憶が深層心理へ埋め込まれているのなら」

    ユーク「『あいつ』から秘密が漏洩する危険性は低いと考えられる」

    ユーク「が、何がきっかけで『戦士』の状態に戻るのかは、まだ明らかではない」
  66. 66 : : 2013/11/20(水) 12:44:37

    ベルトルト「それじゃあ...」

    ユーク「そこでベルトルトには、この先暫くの間は、『あいつ』へ言葉を掛け続けてほしい」

    ユーク「言葉でもダメなら、何かの行動や仕草でも構わない」

    ユーク「秘密が漏洩してしまう前に、“一時的にでも”『戦士』に戻す方法を見つける他」

    ユーク「俺達が、作戦を成功させる道筋は有り得ない!!」

    ベルトルト「わかったよ、やってみる」
  67. 67 : : 2013/11/20(水) 12:44:59

    ベルトルト「いや、必ずやってやる!」

    ユーク「その意気だ、ベルトルト。ただし…」

    ユーク「他人が居る前で『あいつ』を『戦士』に戻すのは、得策ではない」

    ベルトルト「そうだね、“あの時”の記憶が戻って、発狂されたりしても困るからね」

    ユーク「あぁ、俺と『彼女』は直接手を下してはいないが…お前達2人は…」ジッ

    ベルトルト「うん…そうだね。僕達はもう…」
  68. 68 : : 2013/11/20(水) 12:46:27

    ユーク「それ以上は言うな」

    ユーク「その言葉は、自分を苦しめるだけで意味はない」フルフル

    ベルトルト「君は、最後の心の支えだよ、ユーク」

    ユーク「『彼女』にはまだ言えない手前、俺達でなんとかするしかない」

    ベルトルト「頑張ろう、ユーク!」グッ

    ユーク「あぁ、“今度は俺達が”『あいつ』を助ける番だ!!」
  69. 69 : : 2013/11/20(水) 12:46:56

    ベルトルト「『彼』には、ずっと苦労を掛けてきたからね」

    ユーク「そうだな。ずっと俺達の兄貴分で、面倒を見て貰った」

    ベルトルト「今度は僕達が『彼』に返す番だよね」

    ユーク「…部屋に誰か近づいて来た」シッ

    ベルトルト「エレンとアルミンかな?」

    ユーク「わからないが、この話はこれで終わりだ」
  70. 70 : : 2013/11/20(水) 12:47:58

    ユーク「区切りがいいところで終えられて良かったよ」

    ベルトルト「そうだね。後少し遅れていたら…」

    ユーク「とにかく今は、悟られないように、ベッドに戻ろう」ソソクサ

    ベルトルト「僕は、寝たふりをしてるから、説明は頼んだよ?」

    ユーク「あぁ、任せとけ」モゾモゾ

    ベルトルト「……」シーン

  71. 71 : : 2013/11/20(水) 12:48:22


    ガチャ バタン


    エレン「うへぇぇー、疲れたぁーー」グテーン

    アルミン「ただいま」

    ユーク「よぉ、遅くまで勉強とは、ご苦労さんだな」モゾモゾ

    エレン「ライナーとベルトルトは?」

    ユーク「もう寝たようだ。疲れていたみたいだな」チラ

    ライナー「Zzz」グガーー
  72. 72 : : 2013/11/20(水) 12:48:36

    ベルトルト「ぐーぐー」

    アルミン「そうみたいだね。僕達も寝ようか」

    エレン「そうだなぁ、疲れたしなぁ」グテテーン

    ユーク「エレン、夏だからって、床で寝たら風邪引くぞ?」クスッ

    エレン「おうぅ、それはいけねぇなぁ」モゾモゾ

    アルミン「おやすみ、2人とも」
  73. 73 : : 2013/11/20(水) 12:50:16

    エレン「おやすみなぁ、アルミン、ユーク…Zzz」

    ユーク「おやすみ」チラ

    ベルトルト「(良い対応だったよ、ユーク!)」グッ

    ユーク「(あぁ、こちらは大丈夫だ!)」コクリ

    ベルトルト「……」シーン

    ユーク「……」シーン


    ――――――――
  74. 74 : : 2013/11/20(水) 12:51:36

    ユーク「(ライナーの記憶の改竄…)」

    ユーク「(さっきベルトルトと話した通り、状況は芳《かんば》しくない)」

    ユーク「(やはり、あの様子では俺の事を…)」

    ユーク「(そしておそらくアニの事も、今やただの同期としか認識していないだろう)」

    ユーク「(これで俺が直接、ライナーへ干渉する事は出来なくなった…)」

    ユーク「(ライナーを任せられるのは、これでお前だけになった)」
  75. 75 : : 2013/11/20(水) 12:52:22

    ユーク「(頼んだぞ、ベルトルト…)」

    ユーク「……」

    ユーク「(俺は…仲間の1人も助けられず、無力だ)」

    ユーク「(俺に出来る事は、ベルトルトに指示を与える事だけなのだろうか?)」

    ユーク「(俺がライナーに、“直接”干渉する事ができれば…おそらくは――――)」


  76. 76 : : 2013/11/20(水) 12:53:18

    Part2終了です

    この続きは、おそらく2日後

    明日は、本編第23話の予定

  77. 77 : : 2013/11/22(金) 11:24:10

    ――Part 3――

    ――――翌朝 食堂――――

    ユーク「……」ズーン

    ミカサ「おはよう、ユーク」

    ユーク「あぁ、おはよう」チラ

    ミカサ「隣に座っても、構わないだろうか?」

    ユーク「どうぞ?」ハァ

    ミカサ「では、失礼する」スチャ
  78. 78 : : 2013/11/22(金) 11:24:39

    ユーク「…隣でいいのかい?」チラ

    ミカサ「ええ、構わない」

    ユーク「前にも言ったけど、男の人にそんな事したら、勘違いされる事もあるよ?」ハァ
    (『――番外編―― 第9話』参照)

    ユーク「君みたいな綺麗な顔立ちの子がさ…」ズーン

    ミカサ「今はそんな事は、どうだっていい」

    ミカサ「ユーク、貴方は…」
  79. 79 : : 2013/11/22(金) 11:25:03

    ユーク「ん?」ハァ

    ミカサ「どうも塞《ふさ》ぎ込んでいる様子」

    ユーク「そう見えるかい?」チラ

    ミカサ「さっきから、下を向いて溜め息ばかり」

    ミカサ「どうかしたの?」

    ユーク「…誰にも言わないでね?」
  80. 80 : : 2013/11/22(金) 11:25:51

    ミカサ「ええ、約束する」

    ユーク「アニにもね」

    ミカサ「アニには、言い難い事?」

    ユーク「約束してくれ」

    ミカサ「わかった。誓おう」

    ユーク「ありがとう。それなら話せるよ」
  81. 81 : : 2013/11/22(金) 11:26:42

    ミカサ「話を遮《さえぎ》って申し訳ないけれど、アニは今はどこに?」キョロキョロ

    ユーク「アニは教官からの頼まれ事で、席を外してるよ」

    ミカサ「そう。でも意外」

    ユーク「何がだい?」チラ

    ミカサ「いつもの貴方ならば、すぐに彼女を助けに行くはず」

    ユーク「確かにいつもの俺なら、真っ先にアニの元へ向かうだろうね」
  82. 82 : : 2013/11/22(金) 11:27:38

    ミカサ「ええ。でも今日に限ってそうしないのは、今落ち込んでいる事と関係があるの?」

    ユーク「…まぁ、その通りだよ」ハァ

    ミカサ「話してもらえるだろうか?」

    ミカサ「貴方の力になりたい」ジッ

    ユーク「じゃあ、話を再開するよ」スゥッ

    ミカサ「ええ、お願い」ジッ
  83. 83 : : 2013/11/22(金) 11:27:57

    ユーク「…ミカサはさ」ジッ

    ミカサ「なに?」

    ユーク「…もし、仲間が自分達の元から離れようとしていたら、どうやって引き留める?」

    ミカサ「それは、どういう事だろうか?」

    ユーク「もし…ずっと共に居た仲間が、仲間でなくなってしまうような危機が生じたら…」

    ミカサ「……」
  84. 84 : : 2013/11/22(金) 11:28:23

    ユーク「君は一体、どんな選択をするんだい?」ジッ

    ユーク「それを…教えてほしい」

    ミカサ「私は…」

    ユーク「俺には…どうすればいいのか、解らないんだ」

    ミカサ「…ユーク」

    ユーク「俺はっ!その仲間の為に…今は何もしてやれないんだ…」ギリッ
  85. 85 : : 2013/11/22(金) 11:28:40

    ミカサ「……」

    ユーク「なぁ、ミカサ…君なら」

    ユーク「ずっと“親友”を持ち続けてきた事がある、君なら…」ジッ

    ミカサ「……」ゴクリ

    ユーク「この先、どういう選択をするんだい?」

    ユーク「教えてくれ…」
  86. 86 : : 2013/11/22(金) 11:29:45

    ミカサ「……」

    ユーク「……」ジッ

    ミカサ「…ユークが言った事が」

    ミカサ「『友達の気持ちを繋ぎとめておく事』であるというのであれば…」

    ミカサ「その答えはきっと、無限の選択肢が広がっていると、私は思う」

    ユーク「それは…ずるくないかい?」
  87. 87 : : 2013/11/22(金) 11:32:05

    ミカサ「でも、そういうものだと…私は思っている」

    ユーク「それじゃあ…『どうすればいいのか』の解決に…なっていないよ」

    ミカサ「聞いて…ユーク」

    ユーク「…何をだい?」チラ

    ミカサ「可能性が広がっているという事は…決して悪い事ではないと…私は思う」

    ミカサ「だって…その中には必ず、“答え”があるはずだから…」
  88. 88 : : 2013/11/22(金) 11:34:17

    ユーク「でも“結果”として、“正解を導かなければ”…意味なんてないよ」

    ミカサ「その考え方を否定する事は、私には出来ない…でも」

    ユーク「……」

    ミカサ「でも…それは、私達に選ぶ権利が与えられているという事」

    ミカサ「それは、運命が私達の努力次第で、幾らでも変えられるという事だから」

    ユーク「ミカサ…」ジッ
  89. 89 : : 2013/11/22(金) 11:35:53

    ミカサ「だから…『諦めないで!』、ユーク!!」ジッ

    ユーク「……」

    ミカサ「貴方には、とても大切なものがあるはず」

    ユーク「…それは」

    ミカサ「それが何であるかは、貴方自身が決めればいい」

    ミカサ「私は、絶対に干渉できないから」
  90. 90 : : 2013/11/22(金) 11:36:43

    ユーク「俺の…大切なもの…」

    ミカサ「ええ。貴方はそれを守る事だけを、懸命に考え続ければいい」

    ミカサ「たった、それだけの事」

    ユーク「たった…それだけで…いいのかい?」

    ミカサ「それは、“貴方にしかできない事”であり、皆も同じ様に、そうやって生きている」

    ミカサ「その“選択”に対して、初めから“結果”を求めてはいけない」
  91. 91 : : 2013/11/22(金) 11:37:33

    ミカサ「“結果”は、最後まで決して…誰にも解らないものだから」

    ユーク「大変だな…人の気持ちを繋ぎ止めておく事って」

    ミカサ「ええ、とても大変」

    ユーク「常に『結果が見えない』だなんて、不安で仕方がないよ…」

    ミカサ「でも私達はずっと、その努力をし続けなければならない」

    ユーク「何の為だろうね?」
  92. 92 : : 2013/11/22(金) 11:44:17

    ミカサ「それはきっと…私達がずっと勉強し続けて行く為」

    ユーク「人生は、ずっと勉強し続ける…ね」

    ミカサ「その通り。それを放棄した者は、死んだも同然」

    ユーク「手厳しいな、ミカサはさ」クスッ

    ミカサ「ふふっ、今日初めて笑った」ニコ

    ユーク「そういえば、そうだったな」
  93. 93 : : 2013/11/22(金) 11:46:00

    ミカサ「貴方はやはり、いつも笑っていないと」クスリ

    ユーク「そう言うミカサだって、笑顔が似合ってるんだぞ?」

    ミカサ「それは嬉しい。でも…」

    ユーク「ん?」

    ミカサ「その言葉は、アニに言ってあげて。貴方の口から」ニコ

    ユーク「一応、聞くけど…どうしてだい?」
  94. 94 : : 2013/11/22(金) 11:46:34

    ミカサ「アニが…一番喜ぶから」ニコ

    ユーク「…わかったよ。また今度ね」

    ミカサ「ええ、きっと…」

    ユーク「ありがとう!気持ちの整理がついて、落ち着いたよ」

    ミカサ「どういたしまして」

    ユーク「それじゃあ、ご飯食べようか!」
  95. 95 : : 2013/11/22(金) 11:48:12

    ミカサ「ええ、いただきます」スッ

    ユーク「いただきますっ!」スッ


    ガチャ バタン

    トコトコ フラフラ


    アニ「ふぅ…やっと終わったよ」クタクタ

    アニ「全く、人使いが荒いんだから」プンプン

    ユーク「おっ!おはよう、アニ!!」ブンブン

    ミカサ「こっちよ」チョイチョイ
  96. 96 : : 2013/11/22(金) 11:48:56

    アニ「2人だけとは、珍しいね」

    ユーク「偶には、こういう事もあるよ」

    ミカサ「アニが知らないだけ」

    アニ「(むっ!なんかムカつく)」ムムッ

    ユーク「さっ!アニも早く食べようぜ?」

    ミカサ「ほら、ユークもこう言っている」
  97. 97 : : 2013/11/22(金) 11:50:20

    ミカサ「ので、アニも早く」

    アニ「わかったよ」

    ユーク「あっ、そうだ、アニ!」

    アニ「なんだい?」チラ

    ユーク「アニは一番、笑顔が似合うからな!ずっと笑顔でいてくれよ?」ニカッ!

    アニ「(どきりっ!!)」ピクン

  98. 98 : : 2013/11/22(金) 11:50:49

    アニ「ごほっ!ごほっ!///」ドキドキ

    アニ「な、何をいきなり///」ドキドキ

    ユーク「だって気持ちは、伝えた者勝ちだもんな!」

    ユーク「だろ!ミカサ?」

    ミカサ「ええ、その通り」ニコ

    アニ「アンタの差し金かい、ミカサ?」
  99. 99 : : 2013/11/22(金) 11:51:43

    ミカサ「別に、悪意を持っている訳ではない」

    ミカサ「私は、少し背中を押しただけ」

    ミカサ「ので、これはユークの本心」ニコ

    アニ「ま、まぁ、いいさ…///」テレテレ

    ユーク「アニ」ニコニコ

    アニ「恥ずかしいから、そんな眼で見つめないでよ///」モジモジ

    ミカサ「(微笑ましい――――)」ニコ


  100. 100 : : 2013/11/22(金) 12:31:34

    おそらく、これで今日の分はおわりです。

    しかし、Part2自体はまだ続きがあります。

    Part2を2つに区切りました。続きはまた明日

    そして今日は、本編24話も前半だけを公開しています

    そちらもご覧いただけるとありがたいです

  101. 101 : : 2013/11/23(土) 10:33:31

    ――――夜 談話室――――

    ユーク「……」

    マルコ「…珍しく黄昏《たそがれ》て、考え事かい?」

    ユーク「…マルコ」チラ

    マルコ「僕でよければ、話を聞くけど?」スッ

    ユーク「…俺には、1つの悩みがあったんだ」

    マルコ「悩みかい?」
  102. 102 : : 2013/11/23(土) 10:33:52

    ユーク「そう、悩みだ…」

    マルコ「また…ミカサ関連かい?」

    ユーク「なんで…そう思ったんだ?」

    マルコ「最近、君はミカサとも一緒に居る事が多いと思ったからさ」

    マルコ「それこそ、アニと一緒に居る時間の長さと同じくらいにね」

    ユーク「…そうだったか…やはりな」
  103. 103 : : 2013/11/23(土) 10:34:29

    マルコ「で、悩みの核は?」

    ユーク「いや、ミカサじゃない」

    マルコ「じゃあ、アニの事?」

    ユーク「それは…当たらずとも、遠からずと言ったところだ」

    マルコ「…無理には聞かないよ」

    ユーク「ありがとな。マルコのそういう所が、俺は気に入っている」
  104. 104 : : 2013/11/23(土) 10:35:01

    マルコ「こちらこそ、ありがとね」

    ユーク「…この問題は、俺が自分で考えて、答えを出すべきだからさ」

    マルコ「……」

    ユーク「だから悪いけど、マルコには溜息は聞いてもらっても」

    ユーク「悩みを聞いてもらう事は、出来ないんだよ」

    マルコ「人生偶には、そういう事も必要なものさ」
  105. 105 : : 2013/11/23(土) 10:35:25

    ユーク「…そうなのかもな」

    ユーク「『人生は最期まで、勉強の繰り返し』だ」

    マルコ「誰かから聞いたのかい、それ?」

    ユーク「…秘密の人だ」

    マルコ「…そうかい」

    ユーク「ところで、寝る前の気分転換に、一局付き合ってくれないか?」
  106. 106 : : 2013/11/23(土) 10:35:46

    マルコ「いいよ、僕も強くなったからね?」ニヤ

    ユーク「そりゃあ、楽しみだ!」

    マルコ「(きっかけは何でも良かったけど、ユークが元気になれそうで、僕も良かったよ)」


    ―――――――― 
  107. 107 : : 2013/11/23(土) 10:36:17

    ユーク「…珍しい守り方してるな」ジーーッ

    マルコ「うん。“広いけれど浅く”よりも“狭いけれど深く”ね?」

    ユーク「『狭いけれど深く』…か」

    ユーク「(選び抜いたものだけを守る事に特化した戦術)」

    ユーク「(この本質は、『俺の求める答え』の本質と、どこか似ている気がする...)」

    ユーク「…!!」


    ――――――――
    ――――
    ――

  108. 108 : : 2013/11/23(土) 10:37:34


    ミカサ『ユークがアニの事を、とても気にしていたから――――』


    全く、いつもいつも…何を言ってるんだ、君は――――


    ライナー『おい、ユーク。これから3年間、アニの事…頼んだぞ?――――』


    当たり前だ…彼女が悲しんでいるところなんて、見たくない!――――


    ベルトルト『ユークはもっと僕達を頼っても、良いんだからね?――――』


    お前は、いつも俺達の事ばかり気に掛けて…少しは自分を心配しろってんだ――――


    アニ『ユーク…いつも私を守ってくれて…ありがとね――――』


    “ここ”へ来た時からずっと、君は俺にとっての、最後の家族のような存在だった


    そして今、この時を経て、俺は…アニ…君の事を――――

  109. 109 : : 2013/11/23(土) 10:38:54


    ――
    ――――
    ――――――――


    ユーク「……」ツーー

    ユーク「(…そうか、忘れていたのかもしれないな)」ポロッ

    マルコ「(ユーク…)」

    マルコ「どうかしたのかい?」

    ユーク「…わかった気がしたんだ」グシグシ

    マルコ「…そう、よかったね」ニコ
  110. 110 : : 2013/11/23(土) 10:39:16

    ユーク「きっかけをくれて、ありがとな!」ニッ

    マルコ「そうかい。それじゃあ今日は、これで終わりにしておく?」

    ユーク「すまないな。途中で止めてしまって」

    マルコ「構わないよ。将棋はいつだってできるけどさ」

    マルコ「ユークがしたい事は、今じゃないとできないんだろ?」

    ユーク「ありがとな!俺はその為に部屋に戻るよ!!」タッタッタ

  111. 111 : : 2013/11/23(土) 10:39:41


    マルコ「あっ!ユークったら、将棋の盤と駒を忘れて行ったよ」

    マルコ「本当に珍しいね。彼がこんなミスするなんてさ」

    マルコ「彼は…何を感じたんだろうね」

    マルコ「……」

    マルコ「僕にも…何か少し…」

    マルコ「彼の気持ちがわかるような気がするのは…なんでだろうか?」


  112. 112 : : 2013/11/23(土) 10:40:05

    ――――男子寮 自室――――


    ガチャ バタン


    ユーク「ただいま」

    エレン「おかえりー!遅かったな」

    ユーク「少し、マルコと話をしていてな」

    エレン「そうなのか」

    ユーク「でも、もう眠いから横になってるよ」スタスタ 

    エレン「そうか、おやすみ」
  113. 113 : : 2013/11/23(土) 10:40:34

    ユーク「おやすみ」バサッ

    ユーク「……」モゾモゾ


    ユーク「(何か…掴めた気がしたんだ!)」

    ユーク「(もう少しで、『その答え』が見つかる気がするよ、ミカサ!)」

    ユーク「(それは何か、将棋と似ているような気もしたんだ!)」

    ユーク「(俺が大切に想うもの…それはきっと――――)」


  114. 114 : : 2013/11/23(土) 11:04:14

    2日間に分けたPart3終了です

    この試行どうだったでしょうか?

    本編も24話を完結させましたので、そちらもご覧ください

    明日は、Part4を全て公開します

    それでは!
  115. 115 : : 2013/11/24(日) 13:18:29

    ――Part 4――

    ――――翌日 昼 休憩中――――

    ユーク「ふぅ…今日の立体機動訓練は、少しきつかったな」バシャバシャ

    ユーク「ベルトに体を引っ張られ過ぎて、体中が悲鳴を上げている」ズキズキ

    ユーク「はぁ…明日はきっと、筋肉痛だろうなぁ」ハァ イヤダ

    ユーク「……」

    ユーク「(一晩考え続けて、『答え』はきっと、纏まったと思う)」

    ユーク「(“2人”に気付かされるまでは、意識していなかったな…こんな事は)」
  116. 116 : : 2013/11/24(日) 13:18:57

    ユーク「(これもミカサの言葉をはじめ、マルコがくれたきっかけのお陰でもある)」

    ユーク「(マルコには昨日お礼を済ませたから、今日はミカサにもお礼を言いに行こう!)」

    ユーク「(…昨晩に一睡もしなかったから、今回は本調子を出せなかったなんて)」

    ユーク「(お笑い草だな、こりゃ)」

    ユーク「(これ以上あいつらに離されない様に、立体機動で点を稼がないといけないのにな)」

    ユーク「(はぁ…身体いてぇな…)」ズキズキ

  117. 117 : : 2013/11/24(日) 13:19:16


    タッタッタ


    ユーク「(…誰かが近づいて来ている?)」ジッ

    ベルトルト「はぁっ、はぁっ!!」タタタ

    ユーク「ベルトルトじゃないか」

    ユーク「珍しく息切らせて、どうかしたか?」

    ベルトルト「……ぜぇぜぇ」ハァハァ

    ユーク「あっ!お前も顔洗いに来たのか?」
  118. 118 : : 2013/11/24(日) 13:19:58

    ユーク「すげぇ、急いでいたようだけどさ」ハハッ

    ベルトルト「ユーク!聞いてくれ!!」

    ユーク「どうしたんだ?大声出して」

    ユーク「それに、こんな堂々と近づいて来て大丈夫なのか?」

    ベルトルト「あっ、それは大丈夫」

    ベルトルト「周囲の確認は、常に怠ってないからさ」
  119. 119 : : 2013/11/24(日) 13:20:53

    ユーク「なら、いいけどさ」

    ユーク「それで、一体どうしたんだ?」

    ベルトルト「ライナーを『戦士』に戻せる言葉が見つかったんだよ!」

    ユーク「…!!」

    ユーク「それは…本当か?」ヒソヒソ

    ベルトルト「嘘じゃないよ」ヒソヒソ
  120. 120 : : 2013/11/24(日) 13:21:34

    ユーク「“あれから”、お前はあいつに何をしていたんだ?」

    ベルトルト「ユークの言った様に、『戦士』に関連のある言葉を掛け続けたんだ」

    ベルトルト「勿論、忠告通り、2人の時にだけね」

    ユーク「そうか、それでどうだった?」

    ベルトルト「うん。『故郷』って言葉に、最も反応を示していたと思うよ」

    ユーク「そうか、それならいつ呼び戻しても、状況として大丈夫そうだな」
  121. 121 : : 2013/11/24(日) 13:22:08

    ユーク「それと、記憶が戻った際の後遺症などはあったか?」

    ベルトルト「特に叫び出したり、泣き出したりする事はなかったよ」

    ベルトルト「ただ…」

    ユーク「なんだ?」

    ベルトルト「現実を再び見て絶望し…うな垂れたていたようだったよ」

    ユーク「それは受け入れなければならない、俺達の宿命だ」
  122. 122 : : 2013/11/24(日) 13:22:46

    ユーク「それについては、事関して(他の事ならばともかく)致し方がない」

    ベルトルト「そうだね」

    ユーク「…よかったじゃないか」

    ユーク「まだ俺達にも、希望は…残っているようだ」

    ベルトルト「…そうさ!」

    ユーク「それじゃあ、これからもあいつの事は、よろしく頼むぞ?」
  123. 123 : : 2013/11/24(日) 13:23:08

    ベルトルト「うん!任せておいてくれ!!」

    ベルトルト「(僕だって、3人の為に役に立ちたいんだ!いや…立つんだ!!)」グッ

    ユーク「(『任せて』…か)」

    ユーク「(そういえば…そうだったよな!)」

    ユーク「(俺ももっと、『視野を広く持って』)」

    ユーク「(自分1人で、何でも解決しようとせずに…)」

    ユーク「(“仲間を頼る勇気”を持つべきだよな!!――――)」


  124. 124 : : 2013/11/24(日) 13:23:40

    ――――夜 食堂 夕食後――――

    ユーク「昨日はありがとう、ミカサ」パチッ

    ミカサ「お礼は、昨日聞いた」ウーン

    ミカサ「ので、もういい」パチッ

    ユーク「俺自身の中で、気持ちを整理する事が出来たと思うよ」パチッ

    ミカサ「それは、よかった」ウーン

    ユーク「でも具体的な方法については、結局、言及していなかったよね」マダカイ?
  125. 125 : : 2013/11/24(日) 13:24:07

    ミカサ「教えてほしい?」ジャア コレダ! パチッ

    ユーク「参考までに聞いておきたい」アマイヨ! パチッ

    ミカサ「あくまで『参考』までに?」グハァ ヤラレタ! グヌヌ…

    ユーク「答えは…俺自身で探し出すからさ」ナヤメ!ナヤメ!

    ミカサ「少し、『手』を緩めてくれれば、話そうと思う」モウムリ!

    ユーク「君は手加減される事が、嫌いだと思ってさ」
  126. 126 : : 2013/11/24(日) 13:24:41

    ユーク「常に本気を出していた“つもり”でいたんだけど」トウリョウ シナヨ

    ミカサ「ええ、確かに手加減は嫌い…え?『つもり』とは?」トウリョウハ イヤ! アキラメ タクナイ!!

    ユーク「俺の本気に挑みたかったら、もっと戦術を磨いて出直しておいで」コレデ ツミダ!

    ミカサ「…また負けた。全然勝てない」シュン

    ユーク「でも、ミカサも着実に上達してるよ?」

    ユーク「単に、俺との上達速度に差があるだけさ」ジャラジャラ
  127. 127 : : 2013/11/24(日) 13:25:19

    ミカサ「ぐぬぬ、悔しいが反論できない」

    ユーク「じゃあ、もう一局して、俺に近づくかい?」

    ミカサ「ええ、是非お願いしよう!」イザ!

  128. 128 : : 2013/11/24(日) 13:25:42

    ――――――――

    ユーク「ねぇ、ミカサ」パチッ

    ミカサ「何?」パチッ

    ユーク「昨日、君が言っていた、『大切なもの』について考えてみたよ」パチッ

    ミカサ「そう…それで、結論は出た?」パチッ

    ユーク「まぁね」パチッ

    ミカサ「何とは聞かない」
  129. 129 : : 2013/11/24(日) 13:26:19

    ユーク「そうかい?」

    ミカサ「ええ、それは“誰”?」

    ユーク「なんだ、そりゃ」ハハッ

    ミカサ「ねぇ、教えて」ニヤニヤ

    ユーク「その顔、俺の答え…知ってるんじゃないの?」クスッ

    ミカサ「いいえ、『貴方の口から』聞きたい」ニマニマ
  130. 130 : : 2013/11/24(日) 13:26:50

    ミカサ「ので、早く答えて。待ちきれない」ワクワク

    ユーク「ところで、ミカサ」

    ミカサ「あっ!話を逸らさないで」

    ユーク「君にとっての『玉』って何だい?」ジッ

    ミカサ「『玉』とは、この将棋の?」

    ユーク「そっ!俺達が守らなければならない、大事なもの」
  131. 131 : : 2013/11/24(日) 13:27:41

    ミカサ「…なるほど、そういう事」

    ユーク「その通り。さっきの君の質問の答えにも相当する代物《しろもの》だ」

    ミカサ「私にとっての『玉』は勿論、エレン!!」ドーン!!

    ユーク「まっ、それは知っていたけどね」シレッ

    ミカサ「そ、そんな…恥ずかしい…///」モジモジ テレテレ

    ユーク「(うざっ)」アキレ
  132. 132 : : 2013/11/24(日) 13:28:03

    ミカサ「ユーク、その顔は何?」ジトーーッ

    ユーク「何でもないさ」

    ミカサ「それで、貴方にとっての『玉』とは誰?」

    ユーク「俺は『誰』だなんて言ってないよ?『何』としか」クスッ

    ミカサ「ん?私の考えている事と相違する?」キョトン

    ユーク「秘密だよ」ニッ
  133. 133 : : 2013/11/24(日) 13:28:36

    ミカサ「そんな!私だけ言うのは、不公平」ブーブー

    ミカサ「ので、貴方も白状するべき!」ユサユサ

    ユーク「俺が言うだなんて、一言も言ってないさ」

    ユーク「君は、俺の質問に答えたに過ぎないのさ」グラグラ

    ミカサ「女の子を騙すなんて、男として酷い」

    ミカサ「ので、成敗、成敗!!」ポカポカ
  134. 134 : : 2013/11/24(日) 13:30:53

    ユーク「ミカサのポカポカパンチは、随分と優しいな」アハハ

    ミカサ「これは貴方なので、特別優しくしている」ポカポカ

    ミカサ「ので、素直に教えてほしい」ジッ

    ユーク「…仕方ないね。それは…」


    トコトコ


    アニ「アンタらは、今日も仲がいいね」ムスッ

    ユーク「アニも将棋するかい?」

  135. 135 : : 2013/11/24(日) 13:31:29

    アニ「そうだね。じゃあ一局付き合ってよ」

    ユーク「楽しみだな!」

    ミカサ「アニ、これからユークが重大発表をする」

    ミカサ「ので、聞いていてほしい…もがもが!」ジタバタ

    ユーク「ミカサはもういいからさ。寮へ戻ってていいよ?じゃあね!」

    ミカサ「そんな!酷い…もがもが」ジタバタ
  136. 136 : : 2013/11/24(日) 13:32:06

    ユーク「後はエレンに任せよう。おーい、エレーン!」

    エレン「…またミカサが迷惑掛けたな」グイグイ

    ユーク「それじゃあ、ミカサの後始末は、よろしくな?」フリフリ

    エレン「すまないな。ごゆっくり」グイグイ

    ミカサ「(“後始末”扱い……)」ズルズル

  137. 137 : : 2013/11/24(日) 13:32:53

    ――――――――

    ユーク「…行ったな」チラ

    アニ「今のは、少し強引じゃなかった?」クスッ

    ユーク「エレンだって、察してくれていただろう?」ニッ

    アニ「あの鈍感死に急ぎ野郎にしては…ね」

    ユーク「エレンも少しずつ精神的にも成長して、大人に近づいているって事さ」

    アニ「アンタも?」
  138. 138 : : 2013/11/24(日) 13:33:20

    ユーク「そっ!俺達、皆そうさ」

    アニ「そうかい」

    ユーク「それじゃあ、アニ。対局開始だ!」ワクワク

    アニ「少しは…手加減してよね?」

    ユーク「それじゃあ、アニが強くならないだろ?」

    アニ「別に私は、そこまで強くなるつもりはないんだって」
  139. 139 : : 2013/11/24(日) 13:33:42

    アニ「(アンタと将棋で遊んで、一緒に居られれば…それでいいと、思ってるだけだからさ)」

    ユーク「じゃあ、途中途中で解説しながら、進めてみようか!」

    ユーク「重要な個所が“見えてきて”、戦略が解り易くなるぞ!」

    アニ「アンタがしたいようにしなよ?」クスリ

    ユーク「よぉーし、じゃあ頑張るぞ!」ウキウキ

    アニ「…ねぇ、少し気になっていたんだけどさ」
  140. 140 : : 2013/11/24(日) 13:33:58

    ユーク「なんだい?」ウキウキ

    アニ「アンタってさ、いつも『王』じゃなくて、『玉』を使ってるよね」

    アニ「なんで?理由でもあるの?」

    ユーク「…なんでだろうな」クスリ

    アニ「教えてよ」

    ユーク「さぁ?何となく使ってただけだから、わからないよ」
  141. 141 : : 2013/11/24(日) 13:35:22

    アニ「ふぅーん」ジッ

    ユーク「さぁ、アニの番だ!」ウキウキ

    アニ「はいはい」クスッ

    ユーク「……」ニコニコ

    アニ「――――」

    ユーク「――――」
  142. 142 : : 2013/11/24(日) 13:37:44

    ユーク「(――――でも今は、その意味が何となく解る気がする)」

    ユーク「(俺が導き出した『あの質問の答え』…それは!)」

    アニ「私も一応さ、戦略考えてきたから、ここで試してみるよ」

    ユーク「そうか!それは楽しみだ♪」ワクワク

    アニ「でもアンタに適うかどうかは、わかんないけどね?」

    ユーク「いいさ、それでも♪」ウキウキ

  143. 143 : : 2013/11/24(日) 13:38:37

    ユーク「(俺にとっての『玉』とは。アニ、君の事なんだよ?)」

    ユーク「(アニ、君はそこに居て。俺が守るから)」

    ユーク「(確かに今の俺は、精々『桂馬』程度の実力しかない)」

    ユーク「(けれど、俺がいつか…アニと“あの2人”を守れる力を手に入れられるとしたら)」

    ユーク「(絶対に『桂馬』は、“捨て駒”になんてしない!!)」

    ユーク「(『金』や『飛車』をも倒せるくらいに強く“扱って”、皆を護ってみせるから)」

    ユーク「(だから、アニ。君は俺にとっての…『玉』で在《あ》り続けてくれ――――)」



    進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話

    『各々が想う、護るべき玉《ぎょく》』



    La Fin.

  144. 144 : : 2013/11/24(日) 13:38:57

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  145. 145 : : 2013/11/24(日) 13:39:31

    ――番外編――

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924
  146. 146 : : 2013/11/24(日) 13:46:23

    ようやく11話まで終わりました。

    ユークがミカサに悩みを相談しているところは、感情を激しく表現出来たと自分では思っています

    私としての結構好きなワンシーンでした

    ただ回想シーンを書いている時は、少し恥ずかしくなった...

    本編で少し会話に詰まり遅れ気味なので、これからどうなるかはわかりません。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場