ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話 『訪れた、運命との出会い』

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/13(水) 22:01:36

    進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話


    ――Part 1――

    ――――前回までのあらすじ――――

    104期訓練兵・第5席「ユーク・トラス」は、己の使命と今の楽しい日々を
    天秤に掛ける事ができず、限られた期限が迫りつつある事に、迷いと焦りが生じている

    ユークはアルミンへ座学・主席の座と共に、面倒な課題も纏めて譲渡して、外出を堪能した

    ミカサとクリスタは、アニに料理を習い、その腕が上達!休暇に皆にご馳走を振る舞った!

    そしてジャン、お願いだからさ!クリスタの方もちゃんと見てあげて!!――――


    ――――――――
    ――――
    ――

  2. 2 : : 2013/11/13(水) 22:02:01

    ――――教室 兵法講義――――

    ユーク「(アルミン、随分疲弊してたけど、結局、何の課題をさせられてたんだろうな?)」

    ユーク「(あの光景は、微笑ましかったな)」

    ユーク「(ミカサはエレンに、クリスタはジャンに美味しくシチューを食べて貰えていて)」

    ユーク「(ただ、ジャン!お前はもっとクリスタの好意に気付くべきだ!!)」

    ユーク「(クリスタも遠慮していて、押しが弱い印象もあったな)」

    ユーク「(何か理由でもあるんだろうか?)」
  3. 3 : : 2013/11/13(水) 22:02:28

    ユーク「(まぁ、そんな事よりもだ!)」

    ユーク「(またアニの美味しい手料理が食べられて、僥倖だった!!)」

    ユーク「(『あの時』、好きなものを聞いていたのは、そういう意味もあったのだろうか?)」

    ユーク「(ともあれ、皆幸せでWIN-WIN達成だな!!)」メデタシ メデタシ

    ユーク「(最近は、季節も移り変わりつつある)」

    ユーク「(おかげで…)」チラ

  4. 4 : : 2013/11/13(水) 22:03:02


    ザーーーッ

    ザーーーッ


    ユーク「(この様に雨まっしぐら)」

    ユーク「(まさしく梅雨でございます)」ジメジメ

    ユーク「(あまり、好きじゃないんだよね…梅雨って…)」ドヨーン

    ユーク「(妙に蒸し暑いし、じめじめするし、洗濯物は全然乾かないし…)」ハァ
  5. 5 : : 2013/11/13(水) 22:03:15

    ユーク「(外での訓練も大幅に減り、この様に兵法講義と技巧ばかりが執り行われている)」

    ユーク「(まぁ、座学も技巧も得意だから、それはそれでいいんだ)」フンス

    ユーク「(だけど、外に出て遊べないってのは…うずうずするよね?)」ウズウズ

    ユーク「(この講義が終わったら…多分、マルコとかとチェスでもして遊ぶんだろうけど…)」

    ユーク「(チェスって、ちょっとね…)」ウーン


  6. 6 : : 2013/11/13(水) 22:09:24


    アニ「(雨…止まないなぁ)」ジーーッ

    ミカサ「(じめじめ~…じめじめ~…)」ジーーッ

    ユーク「(ちゃんと講義聞いてなよ、2人とも…)」ジーーッ


  7. 7 : : 2013/11/13(水) 22:10:08

    ――――夕食後――――

    マルコ「ユーク、また対局しないかい?」

    ユーク「いいよ。盤ある?」

    マルコ「一式、持って来たよ」ジャラジャラ

    ユーク「じゃあ、食堂でするか。何か飲みながら…」カチャカチャ


    アニ「(そうだ!“アレ”持って来よう!!)」タッタッタ

  8. 8 : : 2013/11/13(水) 22:10:19


    マルコ「ここの所、負け続けだから、今日は勝たせてもらうよ!」ヨォーッシ!

    ユーク「ふふ、勝てるかな?」

    アルミン「僕は観戦するね」

    マルコ「じゃあ、終わったら、次は僕と対局してね?」

    アルミン「うん。いいよ」

    ユーク「じゃあ、瞬殺するかな」ケロッ
  9. 9 : : 2013/11/13(水) 22:11:36

    マルコ「そう簡単に、させないよ?」ニヤリ

    ユーク「お!秘策でも考えてきたか?」

    マルコ「まぁ、見てて」

    ユーク「楽しみだな」ニヤリ

    アルミン「(ユークの動き、ちゃんと見ておかないとね!)」ジーーッ

    マルコ「よしっ!僕の先攻だ!!」スッ


  10. 10 : : 2013/11/13(水) 22:12:35

    ――――試合経過――――

    ユーク「あぁ、そのナイトそう使って来たのか」ウムム

    マルコ「これで、ユークはクイーンへの道を開けざるを得ないでしょ?」ウキウキ

    ユーク「(俺が考えた攻防一体のバランスが取れた陣形…ようやく崩される時が来たか)」

    ユーク「(今までは、いろんな陣形を試したけど)」

    ユーク「(一番勝率が高いから、ずっと使ってきたんだよね)」

    ユーク「(もう、世代交代かな?)」ウーン
  11. 11 : : 2013/11/13(水) 22:13:07

    マルコ「さぁ、どうする、ユーク?」ワクワク

    ユーク「(マルコ、楽しそうだなぁ…さて、どうしよう)」

    ユーク「(仕方ない。陣形崩してでも、クイーンは守りに行くか)」

    ユーク「(…いや、思いついた。マルコの戦術を無力化する1手を)」ピコーン

    ユーク「……」スッ

    マルコ「え?…あ!なんだって!?」ガーン
  12. 12 : : 2013/11/13(水) 22:14:17

    ユーク「…後、少しの所だったけどな」

    ユーク「マルコの解答は不正解だったようだ」クス

    マルコ「逆に僕のクイーンが、3手先で取られてしまう」

    ユーク「それまでの2手はビショップを守るために手を費やされる」

    ユーク「だが、ビショップの失墜を放置したら、キングまで一直線」

    ユーク「直に、チェックメイトになる」
  13. 13 : : 2013/11/13(水) 22:15:25

    マルコ「これじゃあ…ユークの罠に、正面から掛かりに行くしかないじゃないか」ガガーン

    ユーク「俺も、たまたま今思いついたんだよ。危なかった」ヒヤリ

    アルミン「今回も駄目そうだね、マルコ」

    マルコ「くっ、アルミン。僕の仇は君に任せたよ!」ガクッ

    アルミン「うん。僕もできるだけ頑張るよ」

    アルミン「というわけで、次は僕だよ、ユーク!!」イザ!
  14. 14 : : 2013/11/13(水) 22:16:48

    ユーク「ん?次はアルミンとマルコの対局じゃないのか?」

    マルコ「いいよ、アルミンに仇を頼んだから!」

    アルミン「そういうわけだから、始めるよ!!」

    ユーク「いいだろう、かかってこい」

    アルミン「絶対に!その防御壁を打ち破ってみせる!!」

    ユーク「(アルミンはどう来るかな?)」


    ――――――――
  15. 15 : : 2013/11/13(水) 22:18:49

    アルミン「ぐわぁ、嵌められたっ!!」ガーンッ

    ユーク「ふぅ、実に紙一重の攻防だったな」

    マルコ「互いに罠の張り方が凄く深かったね」

    マルコ「一進一退の攻防だった」ドキドキ

    ユーク「最後に、アルミンが引っかかった罠」

    ユーク「実は12手目から、ずっとばれないように狙ってたんだよ」ニヤリ
  16. 16 : : 2013/11/13(水) 22:19:11

    アルミン「そうだったんだ」

    アルミン「自分の行動を遅らせるような、少し奇怪な動きだったから」

    アルミン「てっきり、ミスしたんじゃないかと思って、放置しちゃったよ」

    ユーク「じゃあ、俺は部屋に戻ろうかな」スクッ

    マルコ「あっ、待ってよ!もう一局、勝負して!!」ハイ!

    アルミン「僕もリベンジだ!!」ハイハイ!
  17. 17 : : 2013/11/13(水) 22:20:35

    ユーク「…悪いな、チェスはもう…飽きたんだ」ハァ

    マルコ「なんで?ずっと勝ってるじゃないか」

    アルミン「嫌いになる理由でもあるの?」

    ユーク「いや、嫌いではないよ。でも好きじゃない」

    マルコ「どういう事?」

    アルミン「うん。訳を聞いてもいいかな?」
  18. 18 : : 2013/11/13(水) 22:22:07

    ユーク「…チェスってさ、相手の駒を取ったら、それで終わりだろ?」

    マルコ「うん、そうだね」

    マルコ「チェスは、相手の駒を減らす戦争ゲームがモデルだから」

    アルミン「巨人が居る今の世界では、人間同士の戦争なんて考えられないけどね」

    ユーク「(いずれ、起こるさ…いや、俺達がその戦争のトリガーを引く事になる)」

    ユーク「そう。だから好きじゃないんだよ」
  19. 19 : : 2013/11/13(水) 22:26:08

    ユーク「駒(人)を取って(殺して)全滅させて、『はい終わり!』なんて、不毛だろ?」

    ユーク「戦火の残滓《ざんし》は、憎しみ以外に何も残らない」

    ユーク「そんなのは…虚しいだけさ…」

    マルコ「そんな事まで…考えた事はなかったよ…」

    アルミン「ユークは、優しいんだね…」

    ユーク「そんないい人じゃないさ、俺は…」
  20. 20 : : 2013/11/13(水) 22:26:34

    ユーク「(俺は…いずれ君達の…敵になるから…)」ズキズキ

    マルコ「じゃあ、何か他の遊びないかなぁ」

    アルミン「チェスがメジャーだから、他の遊びはわからないなぁ」


    ミカサ「そういう時は、私にお任せ」ヒョコッ

    ユーク「待ってましたよ、ミカサさん」

    ユーク「さて、今日はどんな騒動を起こしてくれるんだい?」ハァ
  21. 21 : : 2013/11/13(水) 22:28:04

    ミカサ「随分なご挨拶で、心外だ」

    ミカサ「ユークが退屈そうにしていた」

    ミカサ「ので、お誂《あつ》え向きのゲームを紹介しようと思っていたのに」シュン

    ユーク「ごめんな」

    ミカサ「それで、それはどんなものなんだい?」

    ミカサ「私の故郷に在った、チェスに似たボードゲーム」
  22. 22 : : 2013/11/13(水) 22:28:54
    >>21訂正
    ミカサ「それで、それはどんなものなんだい?」
     ↓
    ユーク「それで、それはどんなものなんだい?」
  23. 23 : : 2013/11/13(水) 22:29:23

    ミカサ「名前は、『将棋』」

    ユーク「『将棋』?なんだい、それは?」

    ミカサ「将棋の基礎ルールは、チェスに似ていて、ルーツは同じと思われる」

    ミカサ「ただし将棋には、チェスにはない独特のルールがある」

    ミカサ「例えば、駒の配置はチェスとは違い、更に駒の数も多い」

    ユーク「ふぅーん」
  24. 24 : : 2013/11/13(水) 22:31:11

    ミカサ「そして、ここからが将棋の最大の特徴」

    ミカサ「ので、ちゃんと聞いて」

    ユーク「…?」

    ミカサ「それは、『取った相手の駒を今度は、自分が持ち駒として使える』という事」

    ユーク「…!?」

    ミカサ「ふふふ、やはり貴方は、このルールの面白さに、早速、食いついた様」ニヤリ
  25. 25 : : 2013/11/13(水) 22:32:27

    ユーク「その話、詳しく!」ワクワク

    ミカサ「そのルールは、勿論相手も同様」

    ミカサ「相手の駒を使えるから、戦略が大幅に広がる」

    ミカサ「これがチェスには無い、将棋の面白さ」

    ミカサ「どう、ユーク?」

    ユーク「大変、興味深いんだが、君は将棋を再現できるのかい?」
  26. 26 : : 2013/11/13(水) 22:32:49

    ミカサ「その点は、問題ない」

    ミカサ「駒の配置や種類、数、能力は全て覚えている」

    ミカサ「ので、まずは紙で駒を代用して、模擬対局を行う」

    ミカサ「少しの間、ここで待っていて。準備してくる」スタスタ


    ユーク「2人は、将棋は知っていたか?」チラ

    マルコ「いや、僕も初耳だった。けれど、面白そうだ」キラキラ
  27. 27 : : 2013/11/13(水) 22:33:03

    アルミン「僕も今までミカサから聞いた事はなかったよ、初耳だ」ビックリ

    ユーク「俺の勘が、将棋に反応している」

    ユーク「ので、絶対に会得するぞ!!」グッ

    マルコ「ははっ、ユークったら、口調がミカサになってるよ」

    アルミン「随分、インスパイア(触発)されちゃったね」

    ユーク「はっ!危ない、危ない!!」アセアセ


    ―――――――― 
  28. 28 : : 2013/11/13(水) 22:33:37

    ミカサ「それでは、準備が整った」

    ミカサ「ので、説明を始める」

    ユーク「面倒くさいから、細かい説明は端折《はしょ》るよ?」

    ミカサ「ん?一体誰に話しかけてるの?」

    ユーク「じゃあ、飛ばすぞ?」

    ミカサ「ユーク、話を聞いて、ねぇねぇ――――」


  29. 29 : : 2013/11/13(水) 22:33:49

    ――――説明終了後――――

    ミカサ「――――という事」

    ミカサ「これが将棋の一連の流れ」

    ミカサ「皆、理解できただろうか?」

    ユーク「あぁ、説明が上手で、解り易かった」

    マルコ「とりあえず、駒を動かす事はできそうだ」

    アルミン「紙に駒の動きも書いたから、初めは見ながら確認する事にするよ」
  30. 30 : : 2013/11/13(水) 22:34:25

    ミカサ「では、私はユークと練習する」

    ミカサ「ので、アルミンはマルコと練習してみて」

    ユーク「よろしく、ミカサ」

    ミカサ「ええ、こちらこそ」

    アルミン「しっかり覚えようね!」

    マルコ「うん、ユークに勝てるようにね!」

  31. 31 : : 2013/11/13(水) 22:35:41

    ――――――――

    ユーク「早速、ライバルにされちゃったな」ハハッ

    ミカサ「貴方のチェスの腕は、確かだった」

    ミカサ「アルミンにも勝てるのだから」

    ユーク「それじゃあ、俺達も練習だ!」

    ミカサ「ええ、今回は教える立場だけど、私も実力はまだまだ」

    ミカサ「ので、お手柔らかに」ペコリ
  32. 32 : : 2013/11/13(水) 22:40:55

    ユーク「よろしく」ペコリ

    ユーク「でも一局目は、ミカサが先導してくれよ?」

    ユーク「実際に動かしながらじゃないと、気付けない事も多いからさ」

    ミカサ「わかった。では、私の先攻」スッ

    ユーク「俺もまずは、テキトーに駒を動かしてみるよ」スッ

    ミカサ「では、こちらの番――――」スッ

  33. 33 : : 2013/11/13(水) 22:41:55


    ユーク「――――これで、ミカサの『歩』を取ったわけだな」センシュ!

    ミカサ「ええ、それは貴方の持ち駒置き場へ置いて、次の貴方の番から出せる」ヨカッタワネ

    ユーク「そうか、やったな!」イエーイ!

    ミカサ「ただし『歩』には、『二歩』という例外なルールがある事に気を付けて」メッ!

    ミカサ「慣れて来ても、対局に集中すると、見逃す事が多々あるから」

    ユーク「あぁ、今のところ、『歩』を場に置くことはできないな」ウーン
  34. 34 : : 2013/11/13(水) 22:42:06

    ミカサ「たかが『歩』だと思って嘗めていると、後に痛い目を見る事もしばしば」スッ

    ユーク「油断大敵って事か」スッ

    ミカサ「ええ、続けましょう――――」スッ


    ――――――――

  35. 35 : : 2013/11/13(水) 22:49:52

    今日はここまでです

    また明日!
  36. 36 : : 2013/11/14(木) 14:06:37

    ――Part 2――

    ユーク「――――あっ!これは詰んだな」

    ミカサ「ええ、貴方が次に『王』をどこへ動かそうと、他の駒を使って守ろうと」

    ミカサ「次の私の一手で詰む」

    ミカサ「よってこの対局は、私が勝利した」エヘン

    ユーク「うん。おめでと」

    ユーク「これで具体的な流れも解った」
  37. 37 : : 2013/11/14(木) 14:06:50

    ユーク「(それと同時に、おそらくコツも掴めた気がする)」

    ユーク「(このゲームでは、相手を詰むのに効果的で、独特の動きをする駒が存在する…)」

    ユーク「(この『桂馬』という駒…何となく気に入った)」

    ユーク「(次は、これで仕掛けよう)」ヨシ!

    ユーク「ミカサ、次の対局を申し込む」スッスッ

    ミカサ「ええ、もっと練習しましょう」スッスッ
  38. 38 : : 2013/11/14(木) 14:07:02

    ユーク「(いいや、練習はもういい)」

    ユーク「(ここからは“勝ちに行く”)」キラン

    ユーク「(例え練習ばかりしていても、“本番”では勝てないからな)」

    ミカサ「それでは、先攻は貴方がどうぞ」

    ユーク「あぁ。じゃあ、これで」スッ

    ミカサ「はい」スッ
  39. 39 : : 2013/11/14(木) 14:07:21

    ユーク「……」スッ

    ミカサ「……」スッ

    ユーク「……」スッ

    ミカサ「(ん?なんか変な動き…)」スッ

    ユーク「(ここに罠を張っておこう)」スッ

    ミカサ「うーん…」スッ

    ユーク「……」スッ


    ――――――――
  40. 40 : : 2013/11/14(木) 14:07:35

    ミカサ「――――あれ?まずい、追い込まれそう」アセアセ

    ユーク「どうした?ミカサの実力は、こんなもんか?」

    ミカサ「むっ!さっきまで教わっていた立場なのに、生意気」スッ

    ユーク「(出来るだけ、ペースを乱してくれよ?)」ニヤリ

    ミカサ「あっ!むむぅっ!!どうしようか」ウーン ウーン

    ユーク「(さっき手持ちの確保した『桂馬』を使うまで…あと少し)」チラ
  41. 41 : : 2013/11/14(木) 14:08:44

    ミカサ「こ、これで…どうだろうか…?」スッ

    ユーク「(網に掛かった!容赦なく、止めを刺しに行こう)」スッ

    ミカサ「(あっ!まずい、まずい、まずい!!)」アセアセ

    ミカサ「(二局目で初心者に負けてしまうなんて、恥ずかし過ぎる)」アセアセ

    ミカサ「(でもこのまま続けても、戦略性で劣る私が負けるのは、火を見るよりも明らか)」

    ミカサ「(どうしよう…どうしよう…)」アタフタ
  42. 42 : : 2013/11/14(木) 14:09:23

    ユーク「(さぁ、悩め、悩め!)」ニヤニヤ

    ユーク「(君が悩む程、俺の仕掛けた蜘蛛の糸に、足を取られる事となる)」ニシシ

    ミカサ「(…そうだっ!『あの話』を使おう!!)」ピコーン!

    ミカサ「ところで、ユーク」スッ

    ユーク「なんだい?」スッ

    ミカサ「貴方は、女の子としてのアニの身体に、興味はない?」スッ
  43. 43 : : 2013/11/14(木) 14:09:47

    ユーク「……」ピタッ

    ミカサ「(…反応有り!いけるっ!!)」ニヤリ

    ユーク「…それは、どういった意味だい?」ススッ

    ミカサ「(駒の扱いが、少しだけ雑になった)」ジーーッ

    ユーク「……」

    ミカサ「(きっと動揺している証拠)」ニシシ
  44. 44 : : 2013/11/14(木) 14:10:08

    ユーク「(ミカサめ、何を考えているんだ?)」ドキドキ

    ミカサ「単刀直入に言おう」ジッ

    ミカサ「私はこの前、お風呂でアニの胸に触った」スッ
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ユーク「…へぇ、それは僥倖だったね」スッ…

    ミカサ「(腕が少し震えていたのを、私は見逃さなかった!もう少し!!)」

    ミカサ「あの触り心地は、まるで最高級の絹のようだった」
  45. 45 : : 2013/11/14(木) 14:10:31

    ミカサ「いや寧ろ、それ以上の肌触りと『弾力』だった」(強調!)スッ

    ユーク「…………そうかい」

    ユーク「それは…良かったね」…スッ

    ミカサ「……」ジーーッ

    ミカサ「(一切、視線をこちらに向けず、間がとても長かった)」

    ミカサ「(やはり、ユークも1人の男だったという事だろうか)」ニヤニヤ
  46. 46 : : 2013/11/14(木) 14:11:01

    ユーク「……」

    ユーク「(…ミカサにペースを乱されている)」ムムッ

    ユーク「(全く…俺らしくないな)」ハァ

    ユーク「(動揺するな!冷徹なプレイングをしろ!!)」カッ

    ミカサ「貴方も是非、頼んでみては、どうだろうか?」スッ

    ミカサ「きっとアニなら、許してくれるはず」ニコ
  47. 47 : : 2013/11/14(木) 14:11:17

    ユーク「ぶっっ!!」

    ミカサ「あら、どうかしたの、ユーク?」ニマニマ

    ユーク「ふんっ、気にするな。続けよう」スッ

    ミカサ「……」ニヤリ

    ミカサ「(とても動揺している)」

    ミカサ「(この前の仕返しも含めているので、もっと虐めておこう)」ニヤニヤ
    (『――番外編―― 第9話』参照)
  48. 48 : : 2013/11/14(木) 14:15:55

    ユーク「……」グヌヌ

    ユーク「(ミカサめ、この前耳に息吹き掛けて遊んだ事を、まだ根に持ってるのか?)」ジッ
    (『――番外編―― 第9話』参照)

    ミカサ「……」チラ

    ミカサ「(ふふふ、もっと苦しむがいい)」ニヤニヤ

    ユーク「……」

    ユーク「(くっ!何も言い返せない自分が不甲斐ない…)」グギギ

  49. 49 : : 2013/11/14(木) 14:16:05


    アルミン「……」

    マルコ「……」

    アルミン「(2人して、なんて会話をしてるんだ)」アゼン

    マルコ「(僕達が隣にいること、すっかり忘れてるよね?)」ボーゼン

    アルミン「(いや、ミカサの事だから、ユークを困らせる意味で、わざとの可能性も…)」

    マルコ「(ユークも随分、頑張って平静を保ってるね。感心するよ)」


    ――――――――
  50. 50 : : 2013/11/14(木) 14:16:30

    ユーク「さぁ...どうした...?ミカサよ…君の番だ」

    ミカサ「ふっふっふ。すっかり冷静さを失っている」

    ミカサ「今の貴方になら、目を瞑っていても、容易に逆転できそう」クスス

    ユーク「くっ!卑怯な!!」

    ミカサ「卑怯ではない」

    ミカサ「だから貴方もアニに頼めばいいと、こうして勧めている」ニマニマ
  51. 51 : : 2013/11/14(木) 14:17:48

    ユーク「頼めるわけないだろう!」

    ユーク「この常識知らずの騒動姫がっ!!」プルプル

    ミカサ「ふふ、言葉に覇気がない」

    ミカサ「そんな言葉は、今の私には一向に効かない」ニーヤニーヤ

    ユーク「ならば、この対局だけでも!勝利して見せる!!」カッ!!

    ミカサ「ふふふ、私も負けない...」


  52. 52 : : 2013/11/14(木) 14:18:27


    アニ「はい、お茶」トンッ


    ユーク「え?」チラ

    ミカサ「ア、アニ?」ドキリッ

    アニ「ん?何、驚いてんの?」

    ユーク「寮に帰ったんじゃなかったのか?」

    アニ「ううん。この前買ったお茶の葉を、取りに戻ってたんだよ」
    (『――番外編―― 第7話』参照)
  53. 53 : : 2013/11/14(木) 14:18:44

    アニ「アンタには、奢って貰うばかりだったから、何かお返しがしたくてさ」

    ユーク「そうだったのか…で、いつから食堂に居た?」

    ユーク「(聞かれてないかどうかだけが心配だ)」

    アニ「20分くらい前に戻って来て、厨房でお湯沸かして、お茶を煎れてたんだよ」

    ユーク「そ、そうか。わざわざありがとな!」ニッ

    ユーク「うん、美味しいよ。このお茶」ズズ
  54. 54 : : 2013/11/14(木) 14:20:18

    アニ「そう、よかった」ニコ

    ユーク「ははは...」ニコ…ニコ…

    ユーク「(なんとか、聞かれてなかったみたいだ。よかったぁ)」ホッ

    ミカサ「......」ムスッ

    ミカサ「(…なんか、つまらない。どうしてくれようか…)」ジーーッ

    アニ「なに、ミカサ?アンタもお茶飲みたいの?」
  55. 55 : : 2013/11/14(木) 14:21:20

    ミカサ「…?」

    アニ「…?」

    ミカサ「いただけるのであれば、喜んで戴く」チョウダイ!

    アニ「じゃあ、煎れてくるから、待ってて」

    アニ「アンタ達も飲む?」

    アルミン「あ、うん。是非戴くよ。楽しみだなぁ」アセアセ

  56. 56 : : 2013/11/14(木) 14:22:21

    マルコ「ありがとね。今度お返しするから」ソワソワ

    アニ「ふふっ、いいよ。お茶くらいで」

    アニ「じゃあ、少し待っててね」トコトコ


    ユーク「ふぅ、危機一髪だった」フゥ

    ミカサ「私としては、これではつまらない」ムスッ

    ミカサ「どうせなら、聞こえていた方が…」ボソリ
  57. 57 : : 2013/11/14(木) 14:22:29

    アルミン「ミカサ、何て事を言うんだ!」

    マルコ「ユークがまだ寛容だから良かったものの」

    マルコ「一歩間違えれば大惨事だったよ!!」

    ユーク「全くだ!君はもっと人の気持ちというものをだな――――」ガミガミ クドクド

    ミカサ「…はい、ごめんなさい」シュン


    ――――――――
  58. 58 : : 2013/11/14(木) 14:22:57

    アニ「何?ミカサ、アンタまた、ユークに怒られたの?」クスッ

    ミカサ「ええ、彼は最近よく私を叱る」

    ミカサ「ので、慰めて」ガバッ

    ユーク「叱られるような事をする、君が悪いよ!」ガミガミ

    アニ「そうだよ、ミカサ」

    アニ「それに危ないから、急に縋《すが》りつかないで」アチチ
  59. 59 : : 2013/11/14(木) 14:23:09

    ミカサ「おっと、それは申し訳なかった」パッ

    ユーク「本当に申し訳ないと、思ってるのかい?」クス

    ミカサ「ええ、本当に思っている」キリッ

    アニ「なら、初めからふざけるのは、止めてほしいね」フフッ

    ユーク「それは、それで静かでよくもあり、悪くもあるかな?」


    アハハハハ クスッ

  60. 60 : : 2013/11/14(木) 14:23:19


    マルコ「あの2人、ミカサの扱いが日に日に上達していくね」

    アルミン「ミカサ、そのうち2人に飼われちゃいそう」ソワソワ

    マルコ「それは、エレンが嫉妬しちゃうよ」

    アルミン「うぅーん、まだそこまではいかないかも――――」


    ――――――――
  61. 61 : : 2013/11/14(木) 14:23:51

    ユーク「――――じゃあ、これで詰みだ」スッ

    ミカサ「ぎゃすっ!」グテーン

    アニ「ミカサ、アンタこの前、ユミルに言葉遣いを注意したばかりじゃないか」
    (『――番外編―― 第9話』参照)

    ミカサ「ごめんなさい。でも一度だけ言ってみたかった」キリッ

    アニ「へぇ」

    ミカサ「アニも一度、言ってみてはどうだろうか?」
  62. 62 : : 2013/11/14(木) 14:24:21

    アニ「え?私は、別にそんな変な言葉なんて、言いたくないよ」

    ミカサ「きっと可愛いから、一度だけ!」ネッ?

    アニ「う、うぅーん」チラ

    ユーク「……」ジーーッ(興味津々)

    アニ「うぅ、じゃあ、一度だけね?」モジモジ

    ミカサ「ええ、お願い」
  63. 63 : : 2013/11/14(木) 14:24:38

    アニ「…ぎゃ…ぎゃす…///」プイッ テレテレ

    ミカサ「(……ぐはぁっ!!)」バタン

    ユーク「(……うん、よかった。俺は生きてる!)」キリッ ゼェゼェ

    マルコ「(2人に何が起こったんだろう?)」チラ

    アルミン「(さぁ、わかんないね。確かにアニが可愛かったけどさ)」チラ

    アニ「…?///」キョトン
  64. 64 : : 2013/11/14(木) 14:25:35

    ユーク「アニ、お茶のお変わりを貰っていいかい?」

    アニ「あ、うん。わかった」

    アニ「今、煎れてくるよ」トテトテ

    ユーク「…ミカサ、いい加減起きなよ」ユサユサ

    ミカサ「…とても可愛かった」ウットリ

    ユーク「それは俺の台詞だ。横取りしないでくれ」ムスッ
  65. 65 : : 2013/11/14(木) 14:25:58

    アルミン「言及するところは、そこかい?」

    マルコ「僕達が入り込む余地はないね」

    ミカサ「貴方こそ以前、私の台詞を横取りして、撃退者気取りだった」
    (『――番外編―― 第5話』参照)

    ミカサ「ので、今回は私の番」

    ユーク「はいはい。あの時は、悪かったね」スッ

    ミカサ「ありがとう」パシッ ググッ スクッ
  66. 66 : : 2013/11/14(木) 14:26:32

    ユーク「もう一度やってほしいな」ボソ

    ミカサ「それこそ、頼めばいい」

    ユーク「また、今度ね」

    ミカサ「ええ、胸の方もね」

    ユーク「それは、もういいから!」

    ミカサ「うふふ、ごめんないさい」ニコ


    ――――――――
  67. 67 : : 2013/11/14(木) 14:27:10

    アニ「はい、お代わり持って来たよ」スッ

    ユーク「ありがとう!いただきます」ズズ

    アニ「それで、何やってたの?」

    ユーク「あぁ、チェスに似た将棋って遊びだよ」

    ミカサ「私の故郷の遊びだった。駒はないので、紙で代用している」

    アニ「ふぅーん、私も覚えよっかなぁ」
  68. 68 : : 2013/11/14(木) 14:27:33

    ユーク「どういう風の吹き回しで?」

    アニ「別に、気紛れさ」

    アニ「(ユークと遊ぶ時の、きっかけになるかもしれないし…)」

    ミカサ「(お?これは期待!!)」ワクワク

    ユーク「じゃあ、俺が教えるよ!ミカサはもう倒しちゃったし」ニヤ

    ミカサ「むっ!たった1回勝ったくらいで、良い気にならないでほしい」
  69. 69 : : 2013/11/14(木) 14:27:48

    ミカサ「今度また勝負するまでに、腕を磨いておく」

    ミカサ「ので、その時は覚悟っ!!」

    ユーク「いいぞ!俺も将棋は好きになったから、全力で臨むよ!!」

    アルミン「ユークの全力か。恐ろしい事になりそうだ」

    マルコ「チェスの時は、半分嫌気が差した状態でも、あの強さだったわけだからね」

    アルミン「それが今、将棋にハマったとなると――――」


    ――――――――
  70. 70 : : 2013/11/14(木) 14:30:04

    ミカサ「では、私はこれで寮に戻る」

    ミカサ「ので、皆、おやすみなさい」フリフリ

    ユーク「あぁ、お休み」

    アルミン「また、明日ね」

    マルコ「おやすみ」

    アニ「あっ、ミカサ!」
  71. 71 : : 2013/11/14(木) 14:30:54

    ミカサ「何、アニ?」

    アニ「私も終わったら戻るからさ」

    アニ「鍵は開けといてね?」

    ミカサ「わかった」スタスタ

    ミカサ「それじゃあ、皆、おやすみなさい」フリフリ


    スタスタ ガチャ バタン

  72. 72 : : 2013/11/14(木) 14:31:11


    アニ「それじゃあ、ユーク。教えてね」ニコ

    ユーク「あぁ、アニが興味を持ってくれて、嬉しいよ」ニコ

    アニ「それで、これはどうやって動かせばいいの?」

    ユーク「この駒達の動きはな、――――」

    アニ「へぇ、面白いんだね」

    ユーク「早速、俺を相手にして、練習だ!」ワクワク
  73. 73 : : 2013/11/14(木) 14:31:23

    アニ「アンタ、嬉しそうだね」クスッ

    ユーク「そりゃあ、嬉しいさ」

    ユーク「アニと遊べるんだからな!」

    アニ「そ、そうかい…///」モジモジ

    ユーク「始めるぞ?」ワクワク

    アニ「う、うん」キリッ
  74. 74 : : 2013/11/14(木) 14:31:41

    ユーク「…はい」スッ

    アニ「初めは…どう動かせばいいの?」

    ユーク「俺は初めに何も言わないから、アニの思うように動かしてみて?」

    ユーク「そうすれば、いずれ分かってくるからさ」ニコ

    アニ「うん、分かった」

    アニ「じゃあ、これで!」スッ
  75. 75 : : 2013/11/14(木) 14:31:59

    ユーク「うん。じゃあ、俺はこうだ!」スッ

    アニ「はい!」スッ

    ユーク「その『歩』もらった!」スッ

    アニ「あっ!取られちゃった!!」ガーン

    ユーク「慌てないで、反撃に出るんだ!」

    アニ「う、うん。頑張る!」ウロウロ
  76. 76 : : 2013/11/14(木) 14:32:14

    ユーク「(初々しいなぁ)」ホッコリ

    アニ「うぅーん、うぅーん…」ウロウロ

    ユーク「(…見てて、癒される)」ニッコリ

    アニ「あっ!また取られちゃった!!」ガガーン

    ユーク「(ミカサが俺に教えてくれたように、手加減しようかな?)」

    アニ「うぅぅ…ユークぅ…」ウル…ウル…
  77. 77 : : 2013/11/14(木) 14:32:32

    ユーク「(まずい…なんとかしなきゃ…)」アセアセ

    アニ「…あっ!その『駒』もらった!!」ヤッター!

    ユーク「(よかった…ちゃんと気が付いてくれて)」

    アニ「……♪」ウキウキ

    ユーク「(…分かり易いなぁ)」ホッコリ

    アニ「ユークの番だよ?」ルンルン♪
  78. 78 : : 2013/11/14(木) 14:32:51

    ユーク「…そうだな」スッ

    アニ「あっ!またいただきっ!!」ヤッター!!

    ユーク「(…子供をあやしている感覚だ)」

    アニ「楽しいね!」

    ユーク「あぁ、とてもね」ニコ

    アニ「(ユークともっと遊びたいなぁ♪)」
  79. 79 : : 2013/11/14(木) 14:33:05

    ユーク「(アニにちゃんと教えられているのかな?)

    アニ「あれ?もしかして私…負けそう?」アセアセ

    ユーク「そうだな…これで『詰み』だよ」スッ

    アニ「あーあ、負けちゃった」

    ユーク「もっと練習しなきゃな?」クスリ

    アニ「じゃあ、付き合ってよ!」
  80. 80 : : 2013/11/14(木) 14:34:01

    ユーク「喜んで」ニコ

    アニ「今度は、私が勝つからね!」

    ユーク「勝てればな?」

    アニ「むっ!」

    アニ「きっと勝つさ!!」ビシィ

    ユーク「(…楽しいな、アニと遊ぶのは♪)」


  81. 81 : : 2013/11/14(木) 14:34:30

    Part2終了です

    また、明日来ますが、どちらをやるかは未定
  82. 82 : : 2013/11/16(土) 18:59:22

    ――Part 3――

    ――――翌朝 食堂――――

    ミカサ「おはよう、2人とも」

    ユーク「…おはよう、ミカサ」

    アニ「…おはよう」

    ミカサ「...?」

    ユーク「……」ウトウト

    アニ「……」ウツラウツラ
  83. 83 : : 2013/11/16(土) 19:00:06

    ミカサ「2人とも、少し眠そう」

    ユーク「…少し、寝不足かな?」ウトウト

    アニ「昨日、熱中しちゃってたしね」ウツラウツラ

    ミカサ「そんなに夢中になっていたとは、教えて良かったのだろうか」パッチリ

    アルミン「ううん、よかったんだよ」

    マルコ「ユークにも、夢中になるものが見つかったんだし」
  84. 84 : : 2013/11/16(土) 19:00:56

    ミカサ「(『既にユークはアニに夢中である』)」

    ミカサ「(…という事は、今は言わない方がいいだろう)」

    ユーク「ミカサ、準備が整ったら、挑みに来なよ?」

    ユーク「挑戦は、いつでも待ってるからさ」ゴシゴシ

    アニ「ユーク、目ぇ掻いちゃダメでしょ」グイ

    ユーク「あっ、すまん」パッ
  85. 85 : : 2013/11/16(土) 19:01:12

    ミカサ「わかった。私も特訓したら、申し込みに行く」

    ミカサ「ので、首を長くして待っていて」

    ユーク「楽しみだよ…俺に完封されて悔しがる表情を浮かべる、君の姿がね」ニヤリ

    ミカサ「その言葉、そっくりそのまま返す事になるだろう」ニヤリ

    アニ「まぁーた、始まった」ヤレヤレ

    アルミン「ユーク、今日の訓練は技巧だけど、その様子で大丈夫なの?」
  86. 86 : : 2013/11/16(土) 19:01:37

    ユーク「あぁ、大丈夫だ!ご飯を食べれば、目も覚めるだろう」

    マルコ「今日も雨が降ってるから、午後はきっと座学だろうね」チラ

    アルミン「ほんと、止まないね、雨」チラ

    ミカサ「2人は、寧ろ得意科目ばかりで嬉しいんじゃない?」ニコ

    アルミン「まぁ、本音を言うとね」ニッ

    マルコ「僕達は、肉体派じゃないからさ、体力訓練は苦手なんだよね」アハハ
  87. 87 : : 2013/11/16(土) 19:02:01

    ユーク「まぁ、どっちかといえば、俺も技巧派・頭脳派だし」ウツラウツラ

    アニ「私も技巧は得意な方かな。座学はわかんないけど」ケロッ

    ユーク「アニの座学は、俺がサポートするので、何も心配は要りません」ウトウト

    アニ「いつもありがとね。パン少し分けてあげるよ」ハイ

    ユーク「おお!ありがとう!!」パクパク

    アニ「ふふっ」ニコ

    ミカサ「……」ニコ


  88. 88 : : 2013/11/16(土) 19:02:30

    ――――技巧 立体機動装置整備――――

    ユーク「あれ?ここのトリガーの射出口の部品おかしいぞ?」コレ!

    アルミン「ほんとだ、錆《さ》びてるのかな?」カチャカチャ

    マルコ「湿度も高いもんね。毎日の整備が大変だ」フキフキ

    ユーク「なぁ、この立体機動装置の技術力についてどう思う?」イジイジ

    アルミン「唐突だね」カチャカチャ

    マルコ「まぁ、何も思わないわけじゃないけど、一体なんだい?」フキフキ
  89. 89 : : 2013/11/16(土) 19:03:19

    ユーク「固定砲台や、その他の各種武器の命中精度が、極めて低い中で」

    ユーク「この立体機動装置だけは、とんでもない完成度を誇ってるよな」イジイジ

    アルミン「そうだね。立体機動装置の発明者、『アンヘル・アールトネン』」

    アルミン「彼が如何に天才だったかが、よくわかる技術力の差だよね」カチャカチャ

    マルコ「でも、立体機動装置を使っても、まだまだ巨人には勝てない事も多いんだよね」

    ユーク「まぁ、訓練とはいえ、動かない巨人の的ばかり相手してても」
  90. 90 : : 2013/11/16(土) 19:03:45

    ユーク「実践の恐怖や緊張感はないから、どうしても実践では動けない人が多いらしいな」

    アルミン「他に効率的で、充実する訓練内容が思いつけばいいんだけどね」

    マルコ「でも、僕らは、まだまだ子供だし。訓練で危険すぎることは…」

    ユーク「そうだな。これだけ訓練を積んでも、その技術を使わないままでいて」

    ユーク「内地で肥えただけの奴だって、過去に腐るほど居たはずだ」

    アルミン「それは、今の兵団のシステムが『飴と鞭』の方式を取っていて」
  91. 91 : : 2013/11/16(土) 19:04:38

    アルミン「立体機動などの高度な技術を後世へ伝える為には」

    アルミン「その愚策を講ずるも、致し方のない事だと思うんだ」

    ユーク「じゃあ、話題を変えるが、現在の根本的な問題として」

    ユーク「巨人を迎え撃つための壁の迎撃システムについてはどう思う?」

    アルミン「これはまた」

    マルコ「高度な問題を投げ込んで来たね」
  92. 92 : : 2013/11/16(土) 19:05:02

    ユーク「だが、これは大事な事だろ?」

    ユーク「(いずれ俺達が、再び壁を進撃するときのヒントが得られるかもしれないし)」

    アルミン「そうだね。壁に守られていて安心しきっているのか」

    アルミン「5年前までは壁の補修すらまともに行われてこなかったもんね」

    アルミン「駐屯兵団は朝からずっと、お酒飲んでたし」

    マルコ「それは、酷いね」
  93. 93 : : 2013/11/16(土) 19:06:04

    ユーク「でも、それくらい認識が甘かったんだろ?」

    アルミン「うん。超大型巨人が現れるまでは」

    ユーク「......」

    ユーク「(すまんな、あいつの事です)」チラ


    ベルトルト「……」カチャカチャ

    ライナー「うーん…」カチャカチャ

  94. 94 : : 2013/11/16(土) 19:06:36


    ユーク「(あの2人もまじめにやってるな)」

    ユーク「(アニの方は…)」チラ


    ミカサ「アニ、ここはどうやるんだっけ?」

    アニ「あぁ、そこは、こうやってやるといいって、あいつも言ってた」ソコ ソコ

    ミカサ「『あいつ』とは、またユークの事?」ニヤリ

    アニ「…だから、知らないってば///」プイッ

    ミカサ「照れて可愛い」モダエ

  95. 95 : : 2013/11/16(土) 19:08:42


    ユーク「(ミカサと仲良くやってるみたいで、安心した)」ホッ

    アルミン「ユーク?」

    ユーク「あぁ、すまん、すまん!」

    ユーク「えぇっと…各兵団が今できる事についてだったな!」

    マルコ「そうそう!ユークの考えは?」

    ユーク「そうだな…」
  96. 96 : : 2013/11/16(土) 19:09:44

    ユーク「壁を補強する以外にも、出来る事はあるはずなのに」

    アルミン「なぜできないのか」

    マルコ「単に考えてもいないし、必要な努力を“やってないだけ”なんだよね」ハァ

    ユーク「その通り、人類の希望と呼ばれる兵団が聞いて呆れる」ハァ

    アルミン「あんな、前線の様子も知らないような内地の輩の所為で...」

    アルミン「親やおじいちゃんが生贄にされたかと思うと…僕は、悔しくて仕方がないんだ」
  97. 97 : : 2013/11/16(土) 19:11:22

    ユーク「なら、お前がこの世界の仕組みを根本から変えてやれ」

    ユーク「お前なら、出来る可能性はきっとあるさ」

    アルミン「うん、僕頑張るよ!!」

    マルコ「僕もだ!絶対に憲兵団に入って、腐敗を取り除く為に頑張るよ!!」

    ユーク「あぁ、その意気だ。頑張れ!」

    アルミン「壁以外の迎撃システムについて、話がまだ終わってないよ?」
  98. 98 : : 2013/11/16(土) 19:11:42

    ユーク「そうだったな。再開しよう」

    マルコ「確か、壁の周りに穴を掘って、巨人を足止めするって話もあったんだよね?」

    アルミン「うん、でもそれは現実的には、無理だと判断されたんだよ」

    ユーク「巨人が蔓延《はびこ》っているのが、現状だからな」

    ユーク「そんな中、壁外へ出て大穴を掘るなんて、それこそ自殺行為だ」

    ユーク「人間の行進の跡もいずれ、消えてしまいかねない」
  99. 99 : : 2013/11/16(土) 19:12:28

    ユーク「もっと、現実的に考えへシフトすべきだ」

    ユーク「それを机上の空想に終わらない為にもな!」

    マルコ「じゃあさ、こういう作戦はどうだろうか?」



    マルコ「――――っていう感じに、巨人達の進行を誘導するって案なんだけど」

    ユーク「うぅーん、それだと壁外調査に出た調査兵団なんかが、帰れなくなるから」

    ユーク「その意見には、あまり賛同はしたくないかな」

    アルミン「その事については、僕にも考えがあってね――――」

  100. 100 : : 2013/11/16(土) 19:15:01


    ペチャクチャ ワイワイ

    アーダ コーダ


    教官「(中々興味深い議論だな…メモメモ)」サラサラ カキカキ

    ミカサ「(あちらの会話は凄い)」

    アニ「…あれ?」カチャ…カチャ…

    ミカサ「(あの3人が集まると、104期の頭脳が完成する!!)」ワクワク

    アニ「あっ!ワイヤーが絡まっちゃった!!」グチャグチャーン
  101. 101 : : 2013/11/16(土) 19:15:21

    ミカサ「(あの頭のよさ…私もあやかりたい)」ジーーッ

    アニ「(いそげっ!いそげっ!!)」イソイソ イソイソ

    ミカサ「……」ジーーッ

    アニ「(ユーク!助けてぇ!!)」アセアセ

    ミカサ「(アニ…貴方一体、何をやっているの…)」ジトーーッ


  102. 102 : : 2013/11/16(土) 19:15:46

    ――――午後 教室 兵法講義――――

    教官「――――」ペチャクチャ

    ユーク「……」

    アニ「……」

    ミカサ「……Zzz」

    ユーク「…...」

    ユーク「(あっ、そうだ!)」
  103. 103 : : 2013/11/16(土) 19:16:09

    ユーク「(あの場面でなら、『桂馬』が効いてくるかも!!)」ピーン

    アニ「ねぇ、ユーク」チョイチョイ

    ユーク「(でも、その際、『銀』を捨てなければいけないのが、ネックだなぁ)」ウーン

    アニ「ねぇってば…」ユサユサ

    ユーク「…ん?何だい、アニ?」

    アニ「さっきから呼んでるよ、全く」プンプン
  104. 104 : : 2013/11/16(土) 19:17:12

    ユーク「ごめん、将棋の戦術を思いついて、気付かなかったよ」

    アニ「そう、随分ハマったんだね」ヒソヒソ

    ユーク「あぁ、あれはいいものだ」ヒソヒソ

    ユーク「『気に入った』っていうレベルじゃないな!」

    アニ「それで、私の話なんだけどさ」

    ユーク「ん?そういえば、話って何だい?」
  105. 105 : : 2013/11/16(土) 19:17:33

    アニ「ここの話、よく分かんないんだけど、教えてくれない?」ココ!

    ユーク「あぁ、それは、陣形の右翼が崩れた時に、右後方が――――」

    アニ「へぇ、アンタ将棋の事ばっかり考えてて、聞いてなかったんじゃないの?」ジッ

    ユーク「うん?何その含みのある言い方」

    アニ「別に…」

    ユーク「もしかして、俺を試してた?」
  106. 106 : : 2013/11/16(土) 19:17:55

    アニ「だって、アンタ今日講義の内容、全然聞いてなさそうだったし」

    ユーク「一応、耳には入ってたよ?」

    アニ「そうみたいで、安心したよ」

    ユーク「なんでアニが安心するの?」

    アニ「だって、アンタのノートがないと、私は座学で点数獲れないんだもん」

    ユーク「はいはい、わかった、わかった」
  107. 107 : : 2013/11/16(土) 19:18:20

    アニ「頼んだよ?」

    ユーク「わかったってば」

    ミカサ「アニ、またユークに頼りっきり」パチリ

    ミカサ「そういうのは、感心しない」ジロッ

    ミカサ「ので、もっと自分の力で頑張るべき」

    アニ「別にいいじゃん!なんだってさ」ケロッ
  108. 108 : : 2013/11/16(土) 19:19:43

    ユーク「俺も納得してるから、いいんだよ?」

    ミカサ「むぅ。それでは注意した私が悪者の様で、納得がいかない」プクーーッ

    ユーク「ミカサも講義に集中したら?」

    ミカサ「(…理不尽だ…こうなったら!『ここで言ってやる』!!)」

    ユーク「ほら、講義に集中するよ、2人とも?」ヒソヒソ

    アニ「はいはい、わかったよ」ヒソヒソ
  109. 109 : : 2013/11/16(土) 19:20:01

    ミカサ「アニ」ボソリ

    アニ「ん?」チラ

    ミカサ「ユークは、本当はアニの女の子らしい身体が、とても気になっていた」

    ミカサ「ので、講義に集中できていなかったのよ、アニ?」

    ユーク「は?」ドキッ

    アニ「え?」ドキリ
  110. 110 : : 2013/11/16(土) 19:20:20

    ユーク「いやいやいや!ないから、ないから!!」ブンブン

    アニ「え?え!?どういう事?」ドキマギ

    ミカサ「どうもこうもない。言葉のまま」ニヤリ

    ユーク「ミカサ!!」ドンッ

    教官「こら、そこ!やかましいぞ!!」

    ユーク「…すみません」
  111. 111 : : 2013/11/16(土) 19:20:36

    ユーク「ミカサ、それとアニも…ちょっと来て」ギュ グイグイ

    ミカサ「……」ニヤニヤ ズルズル

    アニ「え?いきなり何?」トテテテ


    ユークノ ヤツ トツゼン ドウシタンダ?

    オンナノコ フタリノ テヲ ヒイテ イッタワヨ!

    シュラバ? シュラバナノ?

    ワイワイ ガヤガヤ


    教官「はぁ、講義どころじゃなくなったよ、全く」ブツブツ


  112. 112 : : 2013/11/16(土) 19:21:31

    ――――教室の外――――

    ユーク「こら、ミカサ!何て事を言ってくれたんだ!!」ガミガミ

    ミカサ「別に、ユークも本当は、そう思ってるんでしょ?」ニヤリ

    アニ「ねぇ。結局、何の話してるの?」

    アニ「これじゃあ、私だけわからないよ」

    ユーク「アニは興味を持たなくていい事だからさっ!気にするな!!」ガシッ

    アニ「え!?う、うん…///」ドキドキ
  113. 113 : : 2013/11/16(土) 19:23:00

    ミカサ「…ほら、ユーク。アニだって貴方に掴まれて、顔を赤くしている」

    ミカサ「ので、いっそ言ってしまった方が、楽になる」

    ユーク「違う!俺がアニに抱いている感情は、そんな事じゃない!!」

    アニ「え?ユークは何を言ってるの?」

    ミカサ「アニ、ユークには昨日、以前にお風呂で貴方の胸を触った事を話した」

    アニ「えぇ!?」
  114. 114 : : 2013/11/16(土) 19:24:10

    ミカサ「『興味があるなら、貴方もアニに頼めばいい』とも言った」

    アニ「な、何て事を言ってんのさ!!///」カァァ

    ミカサ「ユークもそれを聞いて、動揺していた」

    アニ「え!?」ドキリ

    ミカサ「ので、ユークも1人の男の子に過ぎないという事がわかった」

    アニ「あ、そ、そうなんだ…///」チラ
  115. 115 : : 2013/11/16(土) 19:24:39

    ユーク「アニ!そんな目で俺を見ないでくれ!!」

    ユーク「俺はアニを家族として、大切にしたいんだよ!!」ジッ

    アニ「ほ、ほんとに…?///」ジッ ドキドキ

    ユーク「本当だ」ジッ

    アニ「う、うん…なら、いいんだ///」ドキドキ

    ミカサ「(ちぇっ、失敗した…悔しい)」グヌヌ


    ――――――――
  116. 116 : : 2013/11/16(土) 19:25:06

    ユーク「(…アニ、ごめん。半分は…嘘なんだ)」

    ユーク「(アニを大切にしたい気持ちは、俺の中で一番を占めているのは、間違いない)」

    ユーク「(…でも、アニに興味がないというのは、限りなく嘘に近いんだ)」

    ユーク「(家族失格だよな…俺は不純だ…)」ガックシ


    ――――――――
  117. 117 : : 2013/11/16(土) 19:26:24

    アニ「……///」ドキドキ

    アニ「(びっくりした…でも、ユークはすぐに否定していたし)」ドキドキ

    アニ「(私もこれ以上、気にしてたら…駄目だよね)」

    アニ「(ユークの名誉の為にも…)」

    アニ「(…でも、本当に“そう”だったら、私は…どう思うんだろう…?)」ドキドキ

    アニ「(ユークも男の子だったら…私は…っ!!)」プシューーッ カッ! ボンッ!!

  118. 118 : : 2013/11/16(土) 19:27:31

    ――――――――


    ボンッ!!


    ミカサ「(爆発音!?)」キョロキョロ

    アニ「……///」プシューーッ マッカッカ

    ミカサ「(なんだ、アニか)」ヤレヤレ

    ユーク「“一応”、解決したんだし、教室に戻らないか?」

    ミカサ「えぇ、行きましょう。ユークはアニの手を引いて行ってあげて」アレ!

    アニ「……///」プスプス
  119. 119 : : 2013/11/16(土) 19:27:58

    ユーク「…あぁ、わかったよ」ギュ

    アニ「あ、ユーク…///」ギュ

    ユーク「迷惑かけて、ごめんな?」ナデナデ

    アニ「い、いいよ。私もみっともないところ見せて、ごめん///」

    ユーク「アニの所為じゃないよ。みーんな、彼女が悪いからさ」ギロリ

    ミカサ「さぁ、私は知らなぁーい」シレッ

  120. 120 : : 2013/11/16(土) 19:29:59


    ツカツカツカ


    ユーク「(今日の所は、俺の汚点という形で許すけどさ)」

    ユーク「(今度騒動を起こしたら、覚悟しておけよ、ミカサ?)」イライラ

    アニ「(ユークは、私を女の子として…)」

    アニ「『異性として』…見てくれてるのかな…?///)」ドキドキ

    アニ「(私も、ユークの事…///)」ポーー

    ユーク「(アニは…家族のようなもの…だ!――――)」ツカツカ


  121. 121 : : 2013/11/16(土) 19:30:41

    Part3終了です
  122. 122 : : 2013/11/17(日) 10:46:46

    ――Part 4――

    ――――夜 女子寮――――

    ミカサ「ねぇ、アニ」

    アニ「なんだい?」

    ミカサ「明後日の休暇は、一緒に街に出掛けよう!」

    アニ「なんで、私と?」

    ミカサ「そんなつれない事、言わないでほしい」

    アニ「別に、いつも通りさ」
  123. 123 : : 2013/11/17(日) 10:47:08

    ミカサ「今までにも、何度も一緒にお出掛けした仲」

    ミカサ「ので、この前のお詫びの目的も兼ねて、お菓子を食べに行こう」
    (『――番外編―― 第9話』参照)

    ミカサ「勿論、お菓子は私がご馳走する」

    ミカサ「ので、アニは何も心配せずに、私と一緒に街へ出掛けてほしい」

    アニ「そういう事なら、ご馳走になるよ。楽しみだ」ニコ

    ミカサ「ええ、良い店を教えてもらったから、期待していて」ニコ
  124. 124 : : 2013/11/17(日) 10:47:35

    アニ「じゃあ、楽しみが増えたところで、明日に備えて寝ようか?」

    ミカサ「ええ、おやすみなさい」

    アニ「おやすみ――――」


  125. 125 : : 2013/11/17(日) 10:48:52

    ――――次の日 夜 食堂――――

    ユーク「……」

    ミカサ「ねぇ、ユーク」ジーーッ

    ユーク「…ふんっ」フイ

    ミカサ「あの…」オロオロ

    ユーク「……」プイ

    ミカサ「き、昨日の事は…」ワナワナ
  126. 126 : : 2013/11/17(日) 10:49:40

    ユーク「…知らない」ツーン

    ミカサ「う…あぅぅ…」シュン

    ミカサ「(今日1日…ずっと口を利いてもらえていない)」

    ミカサ「(ので、とても寂しい…)」ウルウル

    ユーク「……」ツーン

    アニ「ねぇ…ユークさぁ」ジッ
  127. 127 : : 2013/11/17(日) 10:50:03

    ユーク「…なんだい、アニ?」チラ

    アニ「…許してあげたら?」チラ

    ミカサ「あぅぅ…」ウルウル

    ユーク「……」

    アニ「ねぇ…」

    ユーク「わかったよ…」ハァ
  128. 128 : : 2013/11/17(日) 10:50:29

    ユーク「ごめんよ、ミカサ」

    ユーク「知らんぷりした俺が悪い…」ペコリ

    ミカサ「…!!」パァァ!!

    アニ「(現金だね、この子も)」クスリ

    ユーク「(昨日も…俺自身の汚点だって、認めたばかりじゃないか)

    ユーク「(女の子のミカサに…八つ当たりするなんて…)」
  129. 129 : : 2013/11/17(日) 10:50:47

    ユーク「(男として…最低だな…俺)」

    アニ「(ユーク…)」

    ユーク「だから…元気出してくれ、ミカサ」チラ

    ミカサ「ええ!とても元気になった!!」

    ミカサ「ので、ありがとう!!」ギュ

    ユーク「…はいはい」ニコ
  130. 130 : : 2013/11/17(日) 10:51:05

    アニ「(ミカサも良かったね)」

    ユーク「(それもあるけど…ね)」

    ユーク「ミカサ…手」チラ

    ミカサ「...?」キョトン

    アニ「ほら、ミカサ」

    ユーク「この前、注意したでしょ?」
    (『――番外編―― 第9話』参照)
  131. 131 : : 2013/11/17(日) 10:52:11

    ミカサ「…あっ!そうだった」パッ

    ユーク「別に、無理強いは…しないけどね?」

    アニ「(私は、ちょっと…嫌…かな?)」モヤモヤ

    ミカサ「折角、注意してもらったのだから、この機会に直したい」

    ミカサ「ので、またしてしまった時は、お願い」ジッ

    ユーク「わかったよ」ニコ
  132. 132 : : 2013/11/17(日) 10:52:25

    アニ「(ユーク…)」モヤモヤ

    ユーク「…そういえば、明日は休暇日だったな」

    ミカサ「そうね、ユークは何か予定はあるの?」

    ユーク「いいや、ないよ」ボケーー

    アニ「……」

    ミカサ「そう」
  133. 133 : : 2013/11/17(日) 10:53:22

    ユーク「君達は?」チラ

    ミカサ「ええ、ある」

    ユーク「そうかい」

    ミカサ「でも…」

    ユーク「...?」

    ミカサ「秘密」ニコ
  134. 134 : : 2013/11/17(日) 10:53:58

    ユーク「何だい、そりゃ?」クスリ

    ミカサ「アニも」

    ユーク「アニも?」チラ

    アニ「う、うん…明日は、出掛けて来るから…」モジモジ

    ユーク「そうかい、楽しんでおいで?」ニコ

    アニ「!!…う、うん」モジモジ
  135. 135 : : 2013/11/17(日) 10:54:21

    ユーク「……」ニコニコ

    ミカサ「ユーク、将棋の方はどう?」

    ユーク「『どう』…とは?」

    ミカサ「面白い戦術でも見つけた?」

    ユーク「…あぁ、そう言う事ね」

    ミカサ「そう」
  136. 136 : : 2013/11/17(日) 10:54:35

    ユーク「講義中も考えていたから、見つけたよ?」

    ミカサ「そう、また次の対局が楽しみ」ニコ

    ユーク「多分、ミカサじゃあ、俺には勝てないよ?」ニヤリ

    ミカサ「むっ!そんな事はない」

    ユーク「どうかな?」

    ミカサ「勝負に、絶対はないから!」
  137. 137 : : 2013/11/17(日) 10:55:39

    ユーク「…次を楽しみにしてるよ」

    ミカサ「ええ」

    アニ「(私も…ユークと遊びたい)」ウズウズ

    アニ「(でも…いつ誘おうかな...?)」モヤモヤ

    ユーク「(将棋をすること自体は、とても楽しみだ...でも)」

    ユーク「(将棋も紙の駒でやるのは…もう無理があるかもな)」
  138. 138 : : 2013/11/17(日) 10:56:44

    ユーク「(…明日は、1日休みか…よしっ!!)」ガタッ

    ミカサ「どうかしたの、ユーク?」

    アニ「突然、立ち上がって」

    ユーク「明日、やる事が出来たからね!」

    ユーク「今晩のうちに、準備を始めるのさ!!」

    アニ「...?」キョトン
  139. 139 : : 2013/11/17(日) 10:57:40

    ミカサ「何かは分からないけど、とてもやる気が感じられる」

    ミカサ「ので、頑張って!」

    アニ「よく分からないけど、頑張りな?」

    ユーク「ありがとう、2人とも!」

    ユーク「それじゃあ、俺はもう行くよ!!」スタスタ


    ガチャ バタン

  140. 140 : : 2013/11/17(日) 10:57:56


    ミカサ「ユークは…一体何を考えたのだろうか?」

    アニ「さぁ、あいつの行動原理も、時々よく分からないからさ」

    ミカサ「『時々』?」

    アニ「う、うん?」

    ミカサ「という事は、いつもは何でも分かるという事?」

    ミカサ「アニとユークは以心伝心?」ニヤニヤ
  141. 141 : : 2013/11/17(日) 11:01:23

    アニ「え!?そ、そう言う訳では…ないけどさ…」アセアセ

    ミカサ「ふふっ、焦らなくてもいい」

    ミカサ「少しからかっただけ」クスリ

    アニ「も、もう、ミカサ!」

    ミカサ「ふふっ、ごめんなさい?」ニコニコ

    アニ「むぅぅ…///」テレテレ
  142. 142 : : 2013/11/17(日) 11:04:08

    ミカサ「では、アニ」

    アニ「…?」

    ミカサ「私達も、もう戻りましょう」

    アニ「そうだね、明日に備えなきゃ」

    ミカサ「ユークには、どこへ行くか言わなかったけれど、大丈夫だろうか?」

    アニ「きっと、大丈夫さ」
  143. 143 : : 2013/11/17(日) 11:04:52

    ミカサ「どうして、そう思うの?」

    アニ「あいつも『楽しんで来い』って、言ってくれていたしさ」

    ミカサ「ええ、そうね」

    アニ「私は、楽しみさ」

    ミカサ「ありがとう、アニ」

    アニ「お礼を言うのは、私の方じゃないの?」
  144. 144 : : 2013/11/17(日) 11:05:10

    ミカサ「いいえ、きっと私の方」ニコ

    アニ「そうなのかな?」ポカーン

    ミカサ「ええ、きっとそう――――」


  145. 145 : : 2013/11/17(日) 11:06:57

    ――――翌日 休暇日――――

    ミカサ「アニ、支度はできた?」

    アニ「うん、万端だよ」

    ミカサ「それでは、偶には女の子どうしで、お出掛けしましょう!」

    アニ「はしゃぎすぎだよ?」クスッ

    ミカサ「おっと、癖が出てしまった」

    ミカサ「今日は、あくまでおしとやかに」

  146. 146 : : 2013/11/17(日) 11:07:31

    アニ「アンタに、おしとやかさを我慢できるの?」クスクス

    ミカサ「普段、『やんちゃ』とばかり言われている」

    ミカサ「ので、この機会に頑張ってみる!!」

    アニ「まぁ、頑張りな?」クスス

    ミカサ「ええ、私も変わってみる事にする」

    ミカサ「(そう…『私も』――――)」


  147. 147 : : 2013/11/17(日) 11:08:04

    ――――街中――――

    ミカサ「どうやら、ここのお店のよう」ピタ

    アニ「外観は、雰囲気がいいね」ジーーッ

    ミカサ「まぁ、見ていても始まらない」

    ミカサ「ので、早速、中へ入りましょう」

    アニ「そうだね、今日はご馳走になります」ペコリ

    ミカサ「ええ、大船に乗ったつもりでいて」ニコ


    カランコロン

  148. 148 : : 2013/11/17(日) 11:09:19

    ――――店内――――

    アニ「――――うん!美味しいね、ここのお菓子」パクパク

    ミカサ「ええ、とても癒される味がする」ウットリ

    アニ「まぁ、こんなにいいお菓子が食べられたという事で」

    アニ「アンタに胸の1つや2つも、触られた甲斐があったというものだね」パクパク

    ミカサ「アニ、そんな安っぽい言い方をするのは、ダメ」

    ミカサ「もっと自分を大切にしてほしい」
  149. 149 : : 2013/11/17(日) 11:10:03

    アニ「ごめん、そうだね」

    アニ「でも、大丈夫だよ」

    アニ「そう簡単に、他の奴には触らせたりなんてしないから」

    アニ「(この先、そんな事が再び来る事なんて、ないかもしれないし)」

    ミカサ「ええ、アニの胸はランク付けで例えると、最高ランクだった」

    ミカサ「ので、これからもむやみに、他人に触れさせてはダメ」
  150. 150 : : 2013/11/17(日) 11:11:38

    アニ「それは…きっと」

    アニ「アンタが、暴走しない限りはね」クスッ

    ミカサ「うっ、それは言わないでほしい」シュン

    アニ「ふふっ、もう済んだ事だから良いんだよ」

    ミカサ「ありがとう。アニは人としての器が大きい」

    ミカサ「その大きな胸も収まるくらいに」
  151. 151 : : 2013/11/17(日) 11:11:54

    アニ「あはは」

    ミカサ「うふふ」

    アニ「上手い事を言えだなんて、言ってないよ?」クスッ

    ミカサ「ふふっ、偶にはこういうのもいいかと思って」クス


    ミカサ「でも、アニ」

    アニ「なんだい?」
  152. 152 : : 2013/11/17(日) 11:12:20

    ミカサ「貴方はもしかして、『彼になら別に構わない』と思っていたりしない?」

    アニ「げほっ!…突然なんだい?」

    ミカサ「…正直に答えてほしい」

    ミカサ「今の私は、貴方の切実な答えが欲しい」ジーーッ

    アニ「うっ…まぁ、私の事を女の子として、見てくれているのなら…」

    アニ「それも…あまり悪い気はしない…って感じ」オズオズ
  153. 153 : : 2013/11/17(日) 11:13:24

    ミカサ「そう…わかった。ありがとう」

    アニ「う、うん///」モジモジ

    ミカサ「まぁ、こういう下世話な話は、これで終わりにするとして」

    アニ「そ、そうだね」ドキドキ

    ミカサ「今度は、貴方が彼の事を“異性として”、どう思っているのか」

    アニ「…!!」
  154. 154 : : 2013/11/17(日) 11:13:52

    ミカサ「それを単刀直入に聞きたい」

    ミカサ「ので、お願い。また正直に私の問いに答えて」ジッ

    アニ「そ、それは…」ウッ

    ミカサ「……」ジッ

    アニ「……最近、よくわからなくなってきたんだ」

    ミカサ「それは、つまり?」
  155. 155 : : 2013/11/17(日) 11:14:38

    アニ「今は、上手く説明できないんだけど…」

    アニ「今まで思ってきた『家族』っていう枠組みから、あいつの存在が最近大きくなって」

    アニ「私の中で、何か多くを占めるようになってきた気がするんだよ」

    ミカサ「…そう」

    アニ「ミカサは、私の“この気持ち”が一体何なのか…知ってるのかい?」ジッ

    ミカサ「ええ、知っている」コクリ
  156. 156 : : 2013/11/17(日) 11:15:02

    アニ「…教えて」ジッ

    ミカサ「…いいえ、教えられない」フルフル

    アニ「なんでさ…?」

    アニ「…少し…苦しいんだよ…私は」ポロッ

    ミカサ「どうして苦しいの?」ジッ

    アニ「あいつの事が、ずっと頭から離れないんだ」ポロポロ
  157. 157 : : 2013/11/17(日) 11:15:31

    アニ「この際だから白状するけど、最近はずっと…あいつに甘えていたいって思っていて」

    アニ「また、膝枕とかしてほしいって…ずっとずっと!思ってたんだ!!」

    ミカサ「…アニ、さっきの貴方の質問に答えよう」

    アニ「教えてくれるの?」ジッ

    ミカサ「いいえ、“それ”は、教えられない」フルフル

    アニ「何さ、それ…」グスッ
  158. 158 : : 2013/11/17(日) 11:16:19

    ミカサ「私が答えるのは、貴方が『なんで?』と聞いた事についてだけ」

    アニ「もう、それでいいから、教えてよ。辛いんだよ」グスグス

    ミカサ「アニ、貴方の求める答えは、実はすぐ身近にある」ジッ

    ミカサ「今は、盲目になっていて、その正体に気付けないだけ」

    ミカサ「けれど落ち着いて、よく見つめ直したら、きっとそれが何なのかが解るはず」

    ミカサ「頑張って。私は、アニをずっと応援してるから」ニコ
  159. 159 : : 2013/11/17(日) 11:16:51

    アニ「厳しい試練だね」グスッ

    ミカサ「ええ、――は盲目って言うから」

    アニ「え?今、何て言ったの?」

    ミカサ「今の貴方には、絶対に教えない――――」ニコッ


  160. 160 : : 2013/11/17(日) 11:17:32

    ――――訓練兵舎 食堂――――

    ユーク「おかえり、2人とも」

    ユーク「街へ出掛けていたんだね」

    アニ「…ただいま」ボソリ

    ミカサ「ええ。2人でゆったりと、ティータイムを楽しんだ」ニコ

    ユーク「そうかい...」

    ユーク「アニを連れて行ってくれて、ありがとね」ペコリ
  161. 161 : : 2013/11/17(日) 11:18:30

    ミカサ「いいえ、私もとても楽しかった」

    ミカサ「ので、頭は上げて」

    ユーク「ありがとう」スッ

    ミカサ「それより、ユーク」

    ユーク「何だい?」

    ミカサ「晩御飯までの間、一局付き合って貰えないだろうか?」
  162. 162 : : 2013/11/17(日) 11:18:58

    ユーク「…将棋にかい?」

    ミカサ「ええ、貴方と話す機会を設けたくて」

    ユーク「(話す機会…か)」

    ユーク「(今度、俺もベルトルトと相談するのに、この手を使おう!)」
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ユーク「あぁいいよ。じゃあ盤を用意しようか」ジャラジャラ

    ミカサ「…これは?」
  163. 163 : : 2013/11/17(日) 11:19:26

    ユーク「将棋の盤と駒一式だよ」

    ミカサ「貴方が作ったの?」ジーーッ

    ユーク「そっ!休みの日くらいじゃないと、凝って作ってる暇なんてないからね」エヘン

    アニ「凄いね、アンタの器用さは」ヒョイッ

    ユーク「ありがとう!」ニコニコ

    ミカサ「本当に上手に出来ている」
  164. 164 : : 2013/11/17(日) 11:19:42

    ミカサ「駒の形状も指に馴染んで、指し易すそう」

    ユーク「ずっと使う事になるだろうからね」

    ユーク「駒を作るのは初めてだったけど、本気を出した」

    ミカサ「これは未使用品?」ニヤ

    ユーク「勿論。ミカサとの対戦の為に、使う機会は取っておこうと思っていたんだが」ニヤ

    ユーク「その必要も初日から無くなったみたいで、俺も喜ばしいよ」ニッ
  165. 165 : : 2013/11/17(日) 11:20:54

    アニ「じゃあ、私は一旦寮へ戻って、着替えてくるから」ヒラヒラ

    ユーク「あぁ!夕食は、一緒に食べような!!」ブンブン

    ミカサ「是非、私も一緒に」ハイ!

    アニ「ふふっ、いいよ」

    アニ「それじゃあね!」スタスタ

  166. 166 : : 2013/11/17(日) 11:21:19

    ――――――――

    ユーク「よしっ!じゃあ早速、対局開始だ!!」パチッ

    ミカサ「とてもいい指し音がする」パチッ

    ユーク「なんたって俺の本気と、こだわりの材質を使ったからな」エヘン

    ミカサ「使うのが勿体無いくらいに、いい音が鳴っている」パチッ

    ユーク「でも、折角作ったんだから、思いっきり使ってくれ」ニコ

    ミカサ「ええ、ありがたく使わせてもらう」ニコ
  167. 167 : : 2013/11/17(日) 11:21:51

    ユーク「今日は、2人でお菓子を食べに行っただけ?」パチッ

    ミカサ「いいえ。その後には、また服屋と雑貨屋を見て回ったりした」パチッ

    ユーク「アニは、楽しそうだった?」パチッ

    ミカサ「ええ、とてもはしゃいでいた」パチッ

    ユーク「ははっ、俺の眼がなかったのもあったのかな?」パチッ

    ミカサ「きっと、それだけではないと思う」クスッ
  168. 168 : : 2013/11/17(日) 11:22:52

    ユーク「ん?どういう事?」パチッ

    ミカサ「アニ自身にとって、自分の気持ちを見つめ直す、良い機会となったみたい」パチッ

    ユーク「どういう事?その話、詳しく聞きたいな」ワクワク

    ミカサ「ダメ。貴方には、絶対に話さない」クスッ

    ユーク「『絶対』とは、酷いな」ハハ

    ミカサ「ええ。貴方もいずれは、アニと同じ気持ちになる時が来る」

    ミカサ「ので、今は焦らずに、“その時が来る”のを、ジッと待っていて――――」ニコ



    進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話

    『訪れた、運命との出会い』



    La Fin.


  169. 169 : : 2013/11/17(日) 11:23:36

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790

  170. 170 : : 2013/11/17(日) 11:23:56

    ――番外編――

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924
  171. 171 : : 2013/11/17(日) 11:26:09

    お付き合いいただき、ありがとうありがとうございました。

    ユークの人生に大きな影響を与えうる将棋との出会い

    図らずもそのきっかけを与えたのは、将来、敵と成り得るミカサ...

    現実として、運命とは皮肉なものですよね


    さて明日は、本編22話!

    クリスタとユミルと外へお出かけの予定だったかな?

    また明日、お楽しみに!!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場