ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』 ――憲兵団配属編 No.7――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/03(日) 17:22:05

    進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』

    ――憲兵団配属編 No.7――


    ――――街の中――――

    ユーク「ミカサ達と話し込んだ所為で、他の皆はとっくに離散しちゃってたな」ハハ

    アニ「随分、長かったよ。ちょっとどころじゃなかった。あれじゃ兵法講義だよ」グッタリ

    アニ「それに、アンタが一方的に話してただけじゃないか」ハァ

    ユーク「いや、そんなことないよ?」

    ユーク「ちゃんと相手の相槌を待ってから、次の言葉を発するよう心掛けていたから」エヘン

    アニ「(こっちは、相槌するほど理解が追いついてなかったけどね)」ハァ
  2. 2 : : 2013/11/03(日) 17:22:31

    ユーク「そういえば、ミカサ達にエレンの事を聞くの、すっかり忘れてたよ」シマッタ!

    アニ「やっぱ、その後の事とか、気になるの?」

    ユーク「まぁ、それもなくはないが、単純に元気にやってるかどうかってね」チラ

    アニ「なにそれ?」

    ユーク「……元気でいてもらわなければ、困るんでね」キッ

    アニ「!!」ビクッ
  3. 3 : : 2013/11/03(日) 17:22:48

    ユーク「…あっ、ごめん。雰囲気変わってた」パチリ

    アニ「べ、別にいいけど…」ドキドキ


    ―――――――― 

    ユーク「(ミカサ達には、ああいう体《てい》で話したけど実際のところ、今回の検査の
         意義については俺自身、確証はまるでない。さっきまでの話は、可能性に過ぎない)」

    ユーク「(『信頼と信用を重きに置く』なんて表現したけど、本当にそうなのだろうか?)」

    ユーク「(調査兵団にとって、この検査を通じて情報の利益を最も得られる場合とは?)」

    ユーク「(もしこの検査で犯人を絞り込めれば、或いは、あわよくば断定できれば儲けもの)」
  4. 4 : : 2013/11/03(日) 17:23:31

    ユーク「(…程度の認識であり、真の目的は、やはり俺の言った通り、
         104期全員を信用するための口実作りだったのだろうか...?)」

    ユーク「(うーん、駄目だな。判断材料が少なくて、考えるだけ泥沼に嵌《は》まる)」

    ユーク「(これじゃあ、それこそ相手の思う壺じゃないか)」ハァ

    ユーク「(考えてもいいが、深く考え過ぎるな!冷静になれ!!)」スーハー

    ユーク「(今はまだ、『可能性を広げて頭に入れておく』、程度の認識でいい)」

    ユーク「(立案者が奇行種人間っていう可能性もあるんだ。可能性はまだ捨てるな!)」
  5. 5 : : 2013/11/03(日) 17:24:21

    ユーク「(情報がない状態で分からないことを考え続けても、いい事はない)」ウン

    ユーク「(今はとにかく墓穴を掘らないこと!それだけに細心の注意を払うのみ!!)」グッ

    ユーク「(…頭を冷やすためにも、気分転換が必要だ。頭を使い過ぎた)」プシューー

    ユーク「(誰か、都合のいい奴いないかなぁー。特にコニーとかサシャとか…)」キョロキョロ


    ――――――――
  6. 6 : : 2013/11/03(日) 17:24:43

    アニ「(また1人で考え込んで、私を無視してる…)」ムスッ

    ユーク「(あっ!居たよ。片割れの1人がいい所に…財布の用意はしておこう)」ガサゴソ

    アニ「ねぇ、いい加減、話し相手になってよ。ねぇ、ちょっと…」グイグイ

    ユーク「(これだけで半日耐えられるかなぁ...?)」ヒヤリ

    アニ「ねぇ、無視しないでってば!」グイグイ

    ユーク「うぅーん、――――」モンモン


  7. 7 : : 2013/11/03(日) 17:25:19

    ――――御食事処――――

    サシャ「お久しぶりですね、お2人とも!!」

    ユーク「あぁ、久しぶりだね」

    アニ「久しぶり」

    ユーク「ところで、何で俺達は食事時でもないのに、定食屋に居るんだろうな?」

    アニ「さぁ、主にアンタの所為じゃない?」ツーン

    ユーク「アニ、さっきからなんか、俺に冷たくない?」ネェネェ
  8. 8 : : 2013/11/03(日) 17:25:51

    アニ「ふんっだ」プーッイ

    サシャ「…もしかして私、お邪魔でしたか?」アハハ

    ユーク「いや、ごめん。こっちの都合だよ。久しぶりだったし、サシャとも話をしたくてね」

    サシャ「だから、奢ってくれるということで、声を掛けてくださったんですね!!」

    アニ「まぁ、そういう事なんじゃないの?食べたい物、好きなだけ頼めば?」ツーン

    ユーク「(なんか、お怒りのようだ......俺、何かしたっけ?)」ワカラン
  9. 9 : : 2013/11/03(日) 17:26:07

    アニ「(……もう知らないっ)」ツーン

    サシャ「(…ちょっと、頼みづらい雰囲気ですねぇ)」タジタジ

    ユーク「ん、どうしたの、サシャ?何か頼んだら?」

    アニ「そうだよ、何でも頼んでいいってさ」ツーン

    ユーク「ごめん、アニはもう喋らないで」バッ

    アニ「もがもが…」ジタバタ
  10. 10 : : 2013/11/03(日) 17:26:40

    サシャ「じゃあ、この魚のフライ定食をいただきましょうかね」

    ユーク「ん?てっきり後2,3食は行くだろうと思ってたんだけど?」キョトン

    サシャ「いえ、普段なら食べられるんですが、今はちょっと“お腹が膨れて”…」エヘヘ

    ユーク「んんー、珍しいね」ニコ

    サシャ「あはは…(アンタらの所為なんやけどなぁ)」キョロキョロ

    アニ「もがもが」ジタバタ
  11. 11 : : 2013/11/03(日) 17:27:00

    サシャ「もう放してあげたらどうですか?」ソレ

    ユーク「…そうだね。ごめんね、アニ」パッ

    アニ「……」ムスッ

    ユーク「(あらら、また機嫌悪くなった)」ナンデ?

    サシャ「(全く、このバカップルは…またおなか膨れた)」プクーー

    ユーク「じゃあ、1食だけでいい?」
  12. 12 : : 2013/11/03(日) 17:27:15

    サシャ「はい!ありがたくご馳走になります!!」ペコリ

    ユーク「お安い御用だよ。その代わりに、話し相手になってくれ」

    サシャ「はい、私もユークと久しぶりに話をしたかったので、よかったです!!」ニコ

    ユーク「ほら、アニも参加して」チョイチョイ

    アニ「アンタが勝手に話してればいいじゃん。私は聞いとくから」

    ユーク「俺はアニにも、もっと皆と話してほしいんだよ」
  13. 13 : : 2013/11/03(日) 17:28:06
    ユークも鈍感すぎたなー
  14. 14 : : 2013/11/03(日) 17:28:09

    ユーク「(この5日間が、最期の機会になるかもしれないんだよ?)」チラ

    アニ「(…そうだったね、わかったよ)」チラ

    サシャ「(2人とも、何で見つめ合っとるんやろうか?)」ハテ?

    ユーク「それじゃあ、注文するぞ?」

    サシャ「はい、よろしくお願いします!!」ジュルリ

    ユーク「すみませーん!オーダーお願いしまーす!!」チリチリーン

    店員「ご注文を承りまーす」

    ユーク「この魚のフライ定食1つと、それから――――」


  15. 15 : : 2013/11/03(日) 17:29:02

    ――――お食事後―――― 

    ユーク「――――ふぅーん。じゃあサシャは、エレンが今どこでどうしてるのかは、知らないわけか…」カチャカチャ

    サシャ「ええ、私だけはなく、他の同期の皆も知らないと思いますよ?」

    アニ「そうなの?」サクサク

    サシャ「ミカサも毎日、エレンエレン言って心配してますし」ジーーッ

    ユーク「ミカサも知らないんじゃあ、ちょっと情報を得るのは、難しいかなぁ」カチャカチャ

    ユーク「(ミカサなら、『どんな手段』を使ってでも、エレンの安否は確認するだろうし)」
  16. 16 : : 2013/11/03(日) 17:29:46

    アニ「(やっぱ、手掛かりなし...か)」サクサク

    サシャ「ユーク、少し気になるんですが」ジーーッ

    ユーク「ん、何が?」カチャカチャ

    サシャ「そのカチャカチャ言ってる動きです」ジーーッ

    ユーク「…ん?あ、またやってた…気付かなかったよ」

    アニ「…アンタ、まだその癖が治ってなかったんだね」サクサク
  17. 17 : : 2013/11/03(日) 17:30:09

    ユーク「ごめん、行儀が悪いってことは、分かってるんだけどね…」

    サシャ「無意識だったみたいですけど、何か意味があるんですか?」

    ユーク「どうも考え事していると、無意識的にやってるようだな、これ」

    アニ「(つまり、悟られるリスクが高い…ということか)サクサク

    サシャ「そうでしたか」ジーーッ

    ユーク「さっきから、俺の手の方を見てると思ってたけど、ちょっと視線の先が違うな?」ジッ
  18. 18 : : 2013/11/03(日) 17:30:35

    サシャ「い、いえ、そんなことはありませんよ?」チラッチラッ

    ユーク「…その視線の先は、アニが食べてる芋フライかな?」ズバリ

    サシャ「うっ、その通りです。ちょぉーっと分けてほしいなぁって…」ジュルリ

    ユーク「アニ、少しあげたら?俺の分は、もういいからさ」チラ

    アニ「別にいいけど、全部はダメだよ?砂糖使ってて、高いんだから」スッ

    サシャ「わーい、ありがとうございまぁーす!!」サクサク
  19. 19 : : 2013/11/03(日) 17:30:50

    ユーク「それ、結構美味しいだろ?」ニッ

    サシャ「はい!甘くてサクサクで美味しいです!!」ニコ

    アニ「うん、本当に美味しいね、これ」サクサク

    ユーク「そういったお菓子が好きなアニも、ちゃんと女の子って事だよ」ニコ

    アニ「っ!!当たり前だからっ////」モジモジ

    サシャ「(うわぁ、また始まった…あっ!今ので安全に満腹に…芋が甘い?)」サク…サク…
  20. 20 : : 2013/11/03(日) 17:32:05

    ユーク「(なんだ、あのサシャの顔?『芋が甘い』的な表情してる?)」

    ユーク「(そりゃ芋なんだから、砂糖なんてなくって本来、甘いだろうさ)」クスッ

    アニ「(ユーク、なんか勘違いしてそうな顔だ)」ジーーッ サクサク


    ――――――――

    サシャ「――――あっ!あっという間になくなっちゃいましたね」アーア

    アニ「…ほんとだ、忘れちゃうくらいに夢中になってたね」アラマ

    ユーク「まぁ、2人が美味しそうに食べているのを見て、俺も満足だけどね」ニコ
  21. 21 : : 2013/11/03(日) 17:32:54

    サシャ「それじゃあ、ユーク!今日はご馳走様でした!!」ペコリ

    アニ「ご馳走様」ニコ

    ユーク「どういたしまして」ニカッ

    ユーク「(でもまーた、財布が豪快に吹っ飛んだ気がする)」

    ユーク「(でも、いいか。『ここ』でお金を使うのも後、数える程度の回数だし――――)」


  22. 22 : : 2013/11/03(日) 17:33:39

    ――――夕方――――

    ユーク「日が暮れてきたな、今日はもう宿へ行くか?」

    アニ「宿って、どんなところ?」

    ユーク「さぁ?俺も地図を貰っただけだから、よくわからない」

    アニ「他に情報が得られないかな?」

    ユーク「もう少し、散策してみるか?」

    アニ「うん、そうする」
  23. 23 : : 2013/11/03(日) 17:34:37

    ユーク「誰かいるかな?」

    アニ「もう皆、兵舎に戻ってるかもね」

    ユーク「そういえば、調査兵団は…っていうか、104期の皆はどこで寝泊まりしてるんだ?」

    アニ「なんかミカサによると、エレンとリヴァイ班以外は、どこか分からない場所に居てさ」

    アニ「他は訓練兵舎を使わせてもらったり、本拠地の寮に居たりするんだってさ」

    ユーク「え!?何でミカサとアニが繋がってるの?いつそんな話をしてた?」
  24. 24 : : 2013/11/03(日) 17:35:24

    アニ「…実はね、憲兵団に配属されてから、3回ほど手紙のやり取りをしたんだ」

    ユーク「なぁんだ。知らなかったよ。言ってくれてもよかったじゃないか」プンプン

    アニ「単に情報だけじゃなくて、その…女同士でしかできない話もあったんだよ」

    アニ「だから、下手に手紙を見られる訳にも、いかなくてさ」

    ユーク「それで、言えなかったのか」ナットク

    アニ「そういう事だよ。だから、手紙は見ちゃダメだからね?」ジッ
  25. 25 : : 2013/11/03(日) 17:35:48

    ユーク「言われた手前、アニが嫌がることはしないって誓うよ」

    アニ「うん、それならいいよ」ホッ

    ユーク「それで、他には有益な情報はあった?」

    アニ「いや、それ以外には、特に…」

    ユーク「有益に成り得る情報…でもいいんだ」

    アニ「うぅーん、私にはどの情報がそれに該当するか、見当がつかないよ」ウーン ウーン
  26. 26 : : 2013/11/03(日) 17:36:22

    ユーク「じゃあ、明日の食事の時にでも、覚えていることを話してくれ」

    アニ「うん、わかったよ」

    ユーク「ただし、外食の時に限るけどな」ヒソヒソ

    アニ「どうしたの?突然」コソコソ

    ユーク「もし現時点で俺達に疑いがあるとしたら、宿や兵舎などではなるべく、
        核心に迫るような発言は、絶対に避けた方がいい」ヒソヒソ

    アニ「つまり?」コソコソ
  27. 27 : : 2013/11/03(日) 17:36:50

    ユーク「そう言った場所には、仕掛けやら、聞き耳を立てられているリスクがあるからだ」

    アニ「私達が油断して、ぼろを出さないか、様子を探ってるって事?」

    ユーク「そういう可能性もある、ということだ」

    アニ「……」

    ユーク「だが、確率は低くないだろう。だから警戒すべきだと今、言ったんだ」

    アニ「…わかったよ。気を付ける」
  28. 28 : : 2013/11/03(日) 17:38:22

    ユーク「あぁ、俺も気を付ける…だから」

    アニ「......?」

    ユーク「少しでも秘密を守るために、極力一緒に居よう!」ギュッ

    アニ「う、うん。わかったから…その…外で抱き締めるのは、やめて?」

    ユーク「…ごめん、じゃあ、これから宿へ向かうけど、よろしく頼むよ?」ジッ

    アニ「わかったよ――――」


  29. 29 : : 2013/11/03(日) 17:38:54

    ――――宿の前――――

    ユーク「――――結局、途中に誰とも会わなかったな」

    アニ「やっぱり皆、帰っちゃったんだって。元々、忙しいんだし」

    ユーク「でも、もう1人くらい会っておきたかったな」

    アニ「今日だけでも収穫があったじゃないか。それで我慢しな」クスッ

    ユーク「…手配された宿は、ここだな」

    アニ「まぁ流石、憲兵団というだけあるね」

    ユーク「こんなところででも、ちゃっかりと税金を使わせてもらうか」ハハ


  30. 30 : : 2013/11/03(日) 17:40:18

    ――――宿の中――――

    アニ「それに、ちゃんと個室だ」

    ユーク「ちょっと寂しいけどな」

    アニ「アンタ、いい加減にしな」

    ユーク「はいはい…それでアニ、覚えてる?」

    アニ「…うん、お願い」スッ
  31. 31 : : 2013/11/03(日) 17:40:41

    ユーク「今日は、よく乗り切ったな、偉いぞ」ナデナデ

    アニ「…うん。私、頑張ったよ///」スリスリ

    ユーク「明日は、ライナーとベルトルトに会いに行こうか」ナデナデ

    アニ「そうだね、あの2人にも一通り、報告しとかなきゃね」スリスリ

    ユーク「…いつまで、していてほしい?」ナデナデ

    アニ「…まだ、もう少し…」スリスリ
  32. 32 : : 2013/11/03(日) 17:41:03

    ユーク「気が済んだら、言ってくれ。それまでは遠慮はするな」ナデナデ

    アニ「…うん」スリスリ

    ユーク「……」ダキッ ギュゥッ

    アニ「あっ!……うん」ギューーッ

    ユーク「…絶対に成功させよう、アニ」ギュッ

    アニ「うん、絶対に!!」ギューーッ


    ―――――――― 
  33. 33 : : 2013/11/03(日) 17:43:00

    この5日間で、どれだけ情報を集められるか

    ここでの収穫が後に必ず、影響を与えるだろう

    残り4日。必ず君を見つけるよ、エレン――――



    To be continued...


    【あとがき】

    人は必ず、誰かに見られている

    それがどんなに些細な事でも、必ず誰かが

    それが己の首を絞める前に気付けた者は、勝利へ近づけるだろう

    その拘りが、新たな『癖』を生み出さない限り――――


  34. 34 : : 2013/11/03(日) 17:43:38

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790

  35. 35 : : 2013/11/03(日) 17:43:48

    ――番外編――

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038
  36. 36 : : 2013/11/03(日) 17:47:21

    以上です。

    今回は、サシャと彼らの絡みでした。

    前回は、ミカサとアルミン

    そして前々回は、ジャンとミーナ

    トロスト区滞在 2日目。果たして彼らがその日、初めて会うのは、誰なんでしょうか?

    常識的に考えれば納得でき、解るかもしれません
    しかし閃かない限りは、おそらく予見できない意外な人物です
  37. 37 : : 2013/11/03(日) 18:28:01
    面白かったー!
    コニーは?
  38. 38 : : 2013/11/03(日) 19:11:05
    >>37

    ん?さぁどうだろうね?

    乞うご期待!!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場