ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』 ――憲兵団配属編 No.5――

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/01(金) 18:47:42

    進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』

    ――憲兵団配属編 No.5――


    ――――トロスト区滞在 1日目(配属14日目)――――

    ユーク「久しぶりだな。トロスト区…」シミジミ

    アニ「…帰って来たね」

    ユーク「…死体の処理が終わり、復興が始まって、まだ3週間も経っていない」

    アニ「…まだ全然、元通りというわけには、いかないみたいだね」

    ユーク「…民家なんかは少しずつ着工された形跡があるが、まだ所々に
        アンカーを射出した痕跡が残ってるな。ほら、あそこなんか」スッ

    アニ「うん。でも崩壊した建物は、大方、取り壊しを始めてるね…工事の音が少し耳障りだ」
  2. 2 : : 2013/11/01(金) 18:49:06

    ユーク「でも、死体の腐乱臭は残らなくて良かった。あれは一生、慣れることはないだろう」

    アニ「うん、私もそう思う」

    ユーク「ちょうど昼前だ。まずは、どこかで昼にするか?」

    アニ「そうだね、私もおなか減ったよ」グゥゥ

    ユーク「どこかに新しい店とかないかなぁ」キョロキョロ

    アニ「ふふ、アンタ、初めて街に出てきた田舎者みたいだよ」クスリ
  3. 3 : : 2013/11/01(金) 18:49:18

    ユーク「そうか、ははっ、俺も舞い上がってるみたいだな」ワハハ

    アニ「それで、何かいい所は見つかった?」

    ユーク「うぅーん、一見、新しそうな店はないかなぁ…どこもまだ、改装中だ」

    アニ「それじゃあ、去年よく行ってたレストランにでも行ってみない?」

    ユーク「そうだな、あそこはいい味だったなぁ」

    アニ「勿論、“まだ残ってれば”の話だけど…あれ?」
  4. 4 : : 2013/11/01(金) 18:49:34

    ユーク「あぁ、残ってればいいんだがな…どうした?」

    アニ「あれ、ジャンじゃない?」スッ

    ユーク「え、どこ?」ジーーッ

    アニ「人混みの中だけど、少し目立つでしょ?あいつの髪」

    ユーク「…あっ、見つけた!ほんとだ、あれは確かにジャンだな!!」ワクワク

    アニ「ふふ、気持ちが表に出過ぎだよ…で、声は掛けるの?」
  5. 5 : : 2013/11/01(金) 18:49:50

    ユーク「そうだな、久しぶりにジャンと飯ってのも、いいかもな」

    アニ「そう」

    ユーク「アニは、ジャンが一緒でも構わないか?」

    アニ「いいよ、誘ってきな」ニコ

    ユーク「じゃあ、こっそり近づいてみようか?」

    アニ「え?」
  6. 6 : : 2013/11/01(金) 18:50:06

    ユーク「久しぶりなんだし、少し驚かせてみよう!」ニシシ

    アニ「アンタ、そういうの相変わらず好きだよね」クスッ

    ユーク「こればっかりは、ミカサの所為で止められなくなっちゃってね」ニッ

    アニ「まぁ、良い性格だと思うよ、私は」フフ

    ユーク「…勿論、アニも一緒にだぞ?」ジッ

    アニ「え、私は別にいいよ」フリフリ
  7. 7 : : 2013/11/01(金) 18:50:21

    ユーク「そう言わず、な?」

    アニ「はいはい、アンタの戯れに付き合ってやるよ」ハァ

    ユーク「アニも実は、楽しかったりするんだろ?」ニヤ

    アニ「別にそんな事、思ってないよ」フフ

    ユーク「でも、決まりな!」ギュ

    アニ「あ、また、そうやって強引に…もう、全く」フフ
  8. 8 : : 2013/11/01(金) 18:50:38

    ユーク「こっそりとな」ニシシ ソローリ

    アニ「はいはい…」ソローリ


    ジャン「――――」


    ユーク「…誰かと話してるな」ヒソヒソ

    アニ「そうみたいだね」コソコソ

    ユーク「だけど、寧ろチャンスだ!」ソローリ

    アニ「アンタほんと良い性格してるよ」ソローリ

  9. 9 : : 2013/11/01(金) 18:51:42

    ジャン「――――でな、そこの店に…」

    ユーク「ジャン!!」ドンッ

    ジャン「おぅわっ!!」ビクッ

    ミーナ「きゃっっ!!」ビクゥ

    ユーク「あれ?ジャンはミーナと話してたのか」キョトン

    ジャン「なんだよ、ユークか、驚かせやがって…」ハァ

    ミーナ「ほんとだよぉ、いきなりでびっくりしたんだからね!!」ドキドキ プンプン
  10. 10 : : 2013/11/01(金) 18:52:08

    ユーク「ははっ、悪かったな!しかし、『びっくりした』とは、
        唐突な出来事に遭遇したからこそ、そう思うんだ!」

    ユーク「じゃないと、ドッキリの価値が失われるだろ?」ハハ

    ジャン「ったく、お前は相変わらず、薀蓄《うんちく》くせぇな」ホッ

    ミーナ「でも、ちゃんと説明してくれる所が、ユークのいい所なんだよね」ホッ

    ユーク「ミーナ、ありがとう!ちゃんと分かって貰えてて、俺はとても嬉しいよ!!」ニッ

    アニ「…ねぇ」
  11. 11 : : 2013/11/01(金) 18:52:34

    ジャン「だが、お前もこんな人混みで驚かすなよ、迷惑だろ?少しは反省して……って!」

    ミーナ「うんうん。ユークは、昔は真面目だったのに、ミカサの所為で変な方向へ……って!」

    アニ「…3人とも私を置いて、話進めないでよ」チョット

    ジャン「テメェ、こんなところで何してんだ!?」クワッ

    ミーナ「帰って来てたの!?それにアニも居るしっ!!」クワッ

    アニ「!!」ビクゥ
  12. 12 : : 2013/11/01(金) 18:52:51

    ユーク「…そういう反応こそ待ってたんだけど、意外と遅かったな」ザンネン

    ユーク「なんか、俺が居て当たり前みたいな反応で、ちょっとぞっとした」ブルッ

    アニ「なんで、ぞっとしたの?」チラ

    ユーク「いやぁ、俺もいつの間にか、目立ってしまってたんだなぁ、と」ハハハ

    ジャン「当たり前ぇだ、このやろぉ!いつもいつもミカサとつるみやがって!」

    ジャン「羨ましいんだよ!この野郎がぁ!!」グイグイ
  13. 13 : : 2013/11/01(金) 18:53:06

    ユーク「久しぶりに会って、随分なご挨拶だなぁ、ジャンは」ユラユラ

    ジャン「人混みの中で周囲の迷惑を省みずに、ドッキリ仕掛けるような奴にだけは言われたくねぇよ!!」

    ミーナ「まぁ、それは確かに言えるね。ユーク、もうやっちゃダメだよ?」メッ

    ユーク「分かった、分かった。反省してまぁーす」ニヤニヤ

    ジャン「ほんとか!こらぁ!!」グイグイ

    ユーク「……」グラグラ
  14. 14 : : 2013/11/01(金) 18:53:25

    ミーナ「あっ、都合が悪くなったから、いつものシカト決め込んだね」

    アニ「あいつもあれでいてワンパターンな事が多いからね」

    アニ「(ただし、それも本気の時以外だけ…)」

    ミーナ「それで、2人はいつ帰って来たの?」

    ユーク「ついさっき、到着したばかりだ。検査には昼を食べてからでも、間に合うだろ?」グラグラ

    ミーナ「そうなんだぁ。あっ、じゃあさ!私達と一緒に食べない?」ワクワク
  15. 15 : : 2013/11/01(金) 18:53:37
    期待&期待&期待
  16. 16 : : 2013/11/01(金) 18:53:58

    ユーク「おっ、いいねぇ。実は、俺達も人混みの向こうからジャンが見えたから、誘おうと思っていてね」グラグラ

    ユーク「誰かと話していたから、驚かすチャンスと思って、仕掛けたんだけど、ミーナだったとはね、都合が良かったよ」グラグラ

    ミーナ「じゃあ、決まりだね!どこにするかは、決めてあるの?」

    ユーク「いや、復興した店が無いなら、アニやミカサ達とよく行っていた
        レストランに、行ってみようかと思っていた所だよ」グラグラ

    ミーナ「そうなんだ、それなら、私がいい店紹介するよ!」ハイ!ハイ!

    ユーク「それじゃ、お願いするよ!」グラグラ
  17. 17 : : 2013/11/01(金) 18:54:16

    ミーナ「じゃあ、こっちだよ……って、ジャン。いい加減、止めてあげて」

    ジャン「ちっ、結局、最後まで無視しやがって…もういいよ」ハァ パッ

    ユーク「ようやく解放されたか、頭揺られ過ぎて、脳細胞大丈夫かな?」ハハ

    ジャン「心配するくれぇなら、初めから返答しやがれってんだよ!!」イライラ

    ユーク「ははっ、悪かったな、ジャン。だが、これが俺の色だ」ニッ

    ジャン「ちっ、まぁいいよ。俺もゆっくりと話したいことがあったからな」フイ
  18. 18 : : 2013/11/01(金) 18:54:46

    ユーク「…わかった。じゃあ、昼食べながらでいいか?」

    ジャン「あぁ、なら行こうぜ?」キリッ

    ユーク「あぁ」キリッ

    アニ「……ねぇ、いつまで私は居ない扱いなの?」ムスッ

    ユーク「ミーナはちゃんと気付いてくれてただろ?」シレッ

    ミーナ「そぉだよぉー!!私は気付いてたよ?アニ、久しぶりぃーー!!」ムギューー!
  19. 19 : : 2013/11/01(金) 18:55:18

    アニ「…苦しいよ、ミーナ」ギューギュー

    ミーナ「アニ、すっかり拗ねちゃってぇ、私が構ってあげるからねぇー」ヨシヨシ

    アニ「…別にいいよ」イラッ

    ミーナ「あぁ!久しぶりのつんつんアニ、可愛いなぁ!!」ナデナデ

    ユーク「むっ、ミーナ、くっつき過ぎだぞ?」ムッ

    ミーナ「あはは!ユークもやきもち妬いて、まだまだ子供だねっ!!」ヘヘーン
  20. 20 : : 2013/11/01(金) 18:55:50

    アニ「…ねぇ、ユーク。ミーナやってもいい?」

    ユーク「今の俺に、眼は有りません」フイ

    アニ「じゃあ、遠慮なく…」スッ

    ミーナ「きゃっ!!ごめんごめん、放すから痛いのはいやぁ!!」バッ

    ジャン「…茶番は終わったか?」

    ユーク「ん、お付き合いいただき、ありがとう!」
  21. 21 : : 2013/11/01(金) 18:56:07

    アニ「……」ムスッ

    ユーク「アニ、いつまでもそんな顔してないで、ほら、行こう?」

    アニ「…わかった」

    ユーク「それで、ミーナ、どこにあるの?」スタスタ

    ミーナ「うん、ちょっと裏通りにね、再開した店があるんだぁ!」スタスタ

    ジャン「さっき、ちょうどその話してたんだよ」
  22. 22 : : 2013/11/01(金) 18:56:26

    ユーク「あぁ、そうだったのか」

    ユーク「じゃあ、2人で行こう!的な話にでもなってたのか?」

    ジャン「…まぁ、そんなところだ」

    ミーナ「実は、午前中ね…」

    ジャン「ミーナ、その話は、店に入ってからでも遅くないだろ?」

    ミーナ「…そうだね。じゃあ、お店で話すよ!」
  23. 23 : : 2013/11/01(金) 18:56:43

    ユーク「そうか、何の話だろうなぁ」チラ

    アニ「私が知る由はないよ――――」


  24. 24 : : 2013/11/01(金) 18:57:06

    ――――お店の中――――

    ミーナ「中の広さも丁度いい感じじゃない?」

    ユーク「あぁ、そうだな。他の客の雰囲気もいいから、期待できそうだ」フムフム

    ジャン「実は、俺達も来るのは、初めてなんだけどな」

    ユーク「なんだ、そうだったのか。ミーナやけに詳しかったからさ」

    ミーナ「この店、案の定、サシャの受け売りでね」

    ユーク「へぇ、すぐに見つける辺り、サシャの勘も健在のようだ」ハハ
  25. 25 : : 2013/11/01(金) 18:57:23

    アニ「それで、2人はさっき、何の話してたの?」

    ユーク「ん?アニ、興味なさそうなふりして、気になってたのか?」

    アニ「別に、そんなんじゃないよ。アンタが言い出すまで、また時間が掛かりそうだったから」フイ

    ユーク「俺もこれ以上、あんなおふざけで本題を先延ばしには、しないさ」ハハ

    アニ「…だといいけど」フンッ

    ミーナ「いやぁ、相変わらずアツアツですなぁ」ニヤニヤ
  26. 26 : : 2013/11/01(金) 18:59:06

    ジャン「へっ、憲兵団様は、そんなことで大丈夫なのかよ?」イラッ

    ユーク「まずは、ミーナ。その言葉、そっくりそのままお返しするよ」

    ユーク「君の恋バナ好きの相変わらずだな。今も尚、“彼”を想ってるのかい?」ニヤ

    ミーナ「ぎゃんすっ!!」キャ!

    ユーク「そして、ジャン。憲兵団の仕事は、まだ始まったばかりだよ」

    ユーク「今はまだ、何か特別な事をさせてもらってるわけでもない」
  27. 27 : : 2013/11/01(金) 18:59:32
    支援!
  28. 28 : : 2013/11/01(金) 18:59:43

    ユーク「ね、アニ?」チラ

    アニ「まぁ掃除だとか、街の巡回だとか、そんな雑用ばかりだよ、新兵の内はね」

    ジャン「なんだ。思ったより、地味だったな」

    ミーナ「そうだね、もっと華やかなものだと思ってた」

    ユーク「華やかねぇ、出世すれば周りから見れば、そう思えるかも
        しれないが、俺は特にそういったことには、興味はない」ズズ

    アニ「同じく」
  29. 29 : : 2013/11/01(金) 19:00:07

    ミーナ「まぁ、ユークにはアニがいるもんねぇ」ズズ

    ユーク「…まぁ、強ちその通り」ズズ

    アニ「っていう感じでいつも話を終わらせるの、やめて」ハァ

    ユーク「じゃあ、さっきの話の続きをしてくれ」

    ジャン「あぁ、ようやく本題に移れる」ハァ

    ミーナ「実はね、午前中はマルコのお見舞いに行ってたんだ」
  30. 30 : : 2013/11/01(金) 19:00:25

    ユーク「!!」ピクッ

    アニ「……!」チラ

    ユーク「マルコの怪我の経過は?」

    ジャン「容態は安定しているから、1か月で回復して復帰できるか、って感じらしい」

    ミーナ「傷こそ大きかったけど、なんとかなりそうだ、って言われてる」

    ユーク「そうか、よかった」ホッ
  31. 31 : : 2013/11/01(金) 19:00:48

    アニ「(ユーク……)」

    ジャン「あぁ、全てはお前の活躍によるものだ。ありがとう!!」ペコリ

    ユーク「…頭を上げてくれ、ジャン。感謝の気持ちは十分伝わっている」

    ユーク「俺は、仲間の為にできることをしたまでだ」

    ジャン「でも、今の俺には、お前に感謝することしかできねぇから…」

    ユーク「ジャンが俺と同じ状況に立たされた時、きっと俺よりも素早く行動し、
        マルコを助けていただろう。だから、これ以上、頭は下げるな」
  32. 32 : : 2013/11/01(金) 19:01:08

    ジャン「…あぁ、今度何かあったら、真っ先に俺がっ!あいつを助けてやるっ!!」グッ

    ユーク「その意気だ、ジャン」ニッ

    ミーナ「いいね」

    アニ「…そうだね」

    ミーナ「ユーク、私も貴方にお礼が言いたいの」

    ユーク「…そうか」
  33. 33 : : 2013/11/01(金) 19:01:45

    ミーナ「ユーク、命を助けてくれて…ありがとう!!」ペコリ

    ユーク「……あぁ、感謝の気持ち、しかと受け取ったよ」

    ユーク「だから、もう頭を上げて?」

    ミーナ「…うん」スッ ニコリ

    ユーク「うん」ニコッ

    アニ「……よかったね、2人とも」
  34. 34 : : 2013/11/01(金) 19:02:06

    ユーク「あぁっ!!」

    ミーナ「うんっ!!」

    ジャン「…丁度、飯が運ばれて来たぜ?いい雰囲気で締めくくって、食おうや」

    ユーク「あぁ、いただきます!」スッ

    ミーナ「いただきまーすっ!」バッ

    ジャン「…いただきます」スッ

    アニ「…いただきます」スッ


    ――――――――
  35. 35 : : 2013/11/01(金) 19:02:21

    食事中、俺達は一言も言葉を発しなかった

    その雰囲気は、決して嫌いではなかった

    その雰囲気の本質が何であるか、なんとなく知っていた気がしたから

    その静かな食事の光景は、まるで何かに感謝するかの様

    それは、“相手”への感謝の気持ち

    そして、今、生きていることへの感謝と喜びの気持ち

  36. 36 : : 2013/11/01(金) 19:03:18


    ……でも、違うんだよ

    俺は、君達が期待するような“人類じゃない”

    君達の想いは、この先、決して受け取ることはできないだろう

    君達の想いを、君達の目の前で捨て去る時は、果たして訪れるのだろうか…?

    そしてその時、俺が君達に見せる“顔”は、きっと――――



    To be continued...

  37. 37 : : 2013/11/01(金) 19:03:56

    【あとがき】

    タイトル『ドウキ』

    その意味は、同期と動機

    ユークにとって“彼ら”は『仲間』なのか、それとも『知り合い』なのか

    そして、2人を助けた動機とは

    “彼”以外は、誰も知らない

    否、“彼”すら、その所以を知らんや――――
  38. 38 : : 2013/11/01(金) 19:04:18

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  39. 39 : : 2013/11/01(金) 19:04:32

    ――番外編――

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038
  40. 40 : : 2013/11/01(金) 19:07:44
    >>15
    >>27
    応援ありがとう!

    ここ数日はかなり頑張ったから、ストックがあるよ!

    この後の本編16話とその後また再開する番外編、その第11話(10,11,12話も完成済み)
    是非とも期待していてください
  41. 41 : : 2013/11/01(金) 19:29:44
    期待ー!
    怖いなー…これから来るシーンが…
    アニどうなるんだろ。

    あと、新作はエレミカがいいです!
  42. 42 : : 2013/11/01(金) 20:22:29
    >>41
    皆、これまでエレアニばかりだったから、エレミカを欲してるの?

    でも、2週間はAnother進めるから、もう少し待っててね

    それと、ここで、訂正
    >>40の番外編だけど、完成したのは、第9,10,11話で、期待すべきは第10話!!それだけだよ
  43. 43 : : 2013/11/01(金) 20:25:05
    >>41忘れ言

    ユークにも期待してあげて!(笑)

    “アニが”ねぇ...ふふっ
  44. 44 : : 2013/11/02(土) 19:43:33
    乙!
    新作はエレアニがいいかな!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場