ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第12話 『人柄』 ――憲兵団配属編 No.4――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/31(木) 18:31:47

    進撃の巨人Another 第12話 『人柄』

    ――憲兵団配属編 No.4――


    ――――憲兵団配属 13日目――――

    ユーク「アニ、準備はできた?」

    アニ「こっちは大丈夫。アンタこそ忘れ物ないんだろうね?」

    ユーク「大丈夫、実のところ、必需品って立体機動装置だけなんだよね」

    アニ「アンタ、何も食べない気かい?」

    ユーク「極論だ。真に受けるなよ」クス

  2. 2 : : 2013/10/31(木) 18:32:23

    アニ「…むっ」ムスッ

    ユーク「…また、拗ねる」ムッ

    アニ「拗ねてないからっ」プイ

    ユーク「(さぁて、どうやって宥《なだ》めようかな?)」

    ユーク「荷物は装置も食料も着替えもその他諸々は、ちゃんと揃ってるから、心配するな」

    ユーク「足りなくなったら、途中で調達すればいいさ」
  3. 3 : : 2013/10/31(木) 18:32:36

    アニ「…まぁ、そうだけどさ」

    ユーク「(ご機嫌取りの方法は、馬に揺られながら考えるか...)」

    ユーク「あの馬だな。さぁ、行こうか」

    アニ「うん」



  4. 4 : : 2013/10/31(木) 18:32:59

    ――――同時刻 トロスト区――――

    ライナー「2体を消すことには成功したが、これはまずいことになったな」

    ベルトルト「うん。早くも疑いがかけられるなんて、いくらなんでも早すぎる」

    ライナー「何も証拠は残さなかったんだよな?」

    ベルトルト「うん。アニも居たし、抜かりはなかったはずなんだけど…」

    ライナー「調査兵団はどうして俺達104期訓練兵から疑いを掛け始めたんだ?」
  5. 5 : : 2013/10/31(木) 18:33:25

    ベルトルト「…今のところ、分からない」

    ベルトルト「とても勘のいい人が居るのか」

    ライナー「それとも、頭が切れる奴が居るのか」

    ベルトルト「公表された内容も、全て本当のことを言っているか分からないし」

    ベルトルト「目撃情報もなく、現場にも犯人を特定する証拠がないと言っているにも
          関わらず、早くもピンポイントに僕達に目をつけてきた」

    ライナー「これは偶然か?」
  6. 6 : : 2013/10/31(木) 18:34:08

    ベルトルト「調査兵団が何かを掴んで、揺さぶりを掛けに来たのかもしれない」

    ライナー「なら、尚更、俺達が下手に動揺するわけにもいかないな」

    ベルトルト「…いや、彼ならこう言うんじゃないかな?」

    ベルトルト「『泥にまみれろ』って」

    ライナー「…そうか!周囲に合わせて、ある程度動揺を見せていた方が、
         寧ろ、敵の目を眩《くら》ませることができるのか」

    ベルトルト「そういう事さ。だから落ち着きすぎても、それはそれで駄目なんだと思う」
  7. 7 : : 2013/10/31(木) 18:34:44

    ライナー「なるほどな。とことんあいつの言葉は役に立つな」

    ベルトルト「うん、彼の指示がないと、僕達はちゃんと動けないね」ハァ

    ライナー「そう、自分を卑下するな」

    ライナー「俺達には、それぞれに役割があるんだから、自分のできることをまず、
         ちゃんとやればいい。結果はその後についてくる」

    ベルトルト「それも、彼が以前、言っていた言葉だよね?」

    ライナー「はは、まぁな。ありがたい限りだ」
  8. 8 : : 2013/10/31(木) 18:35:25

    ベルトルト「ほんとにね…」

    ライナー「2人もここに来るんだよな?」

    ベルトルト「うん、明日の正午に検査があるから、それに間に合うように、
          今日の朝にはストヘス区を発《た》ったんじゃないかな?」

    ライナー「そうか、2人に会うのは2週間ぶりだな」シミジミ

    ベルトルト「僕は、昨日1人に会ったんだけどね」

    ライナー「…あまり、口には出すなよ?」
  9. 9 : : 2013/10/31(木) 18:35:39

    ベルトルト「わかってるよ、今は人の気配がないから、少し安心して話せているけど」

    ベルトルト「君も気を付けてね?特に寝ている時や安心しきって、油断が生じる時…」

    ライナー「わかった。俺も気を付ける」

    ベルトルト「それじゃ、そろそろ皆のところに戻ろうか」

    ライナー「そうだな、あらぬ誤解を招いてもまずいからな」

    ベルトルト「それって、どういう意味の?」クス
  10. 10 : : 2013/10/31(木) 18:35:59

    ライナー「おいおい、お前までそんな噂、信じてるのか?」

    ベルトルト「別に?」クスクス

    ライナー「そりゃあ、ねぇぜ、ベルトルトよぉ」

    ライナー「お前だって当事者になるんだぞ?」

    ベルトルト「それは、困ったね」クスス

    ライナー「全く…」
  11. 11 : : 2013/10/31(木) 18:36:17

    ベルトルト「…!誰か来たよ」

    ライナー「……」


    タッタッタ


    ジャン「おい、お前らいつまで油売ってんだ?」

    ライナー「あぁ、すまんな。ベルトルトとの話は丁度終わったところだ」

    ベルトルト「もう、時間かい?」
  12. 12 : : 2013/10/31(木) 18:36:37

    ジャン「あぁ、そうだ。この後の索敵陣形の講義の為にお前らを呼びに来たんだよ」

    ライナー「わざわざすまんな」

    ベルトルト「ありがとう、今行くから」

    ジャン「おう。場所は、訓練所の講義室でやるらしい。行こうぜ?」

    ライナー「そうだな。行くか」

    ベルトルト「うん」

  13. 13 : : 2013/10/31(木) 18:36:58


    スタスタスタ


    ジャン「それにしても、一体誰なんだろうな。面倒なことしてくれたもんだ」ハァ

    ライナー「2体の巨人の事か?」

    ジャン「あぁ、何の恨みがあったかは知らねぇが、おかげで貴重な実験体が損失」

    ジャン「挙句、俺達が疑われて、態々《わざわざ》トロスト区へ戻ってくる羽目に
        なったんだからよぉ。しっかりと落とし前着けてもらわねぇと」

    ライナー「ははは、たまったもんじゃないな」

    ベルトルト「ほんとにね…」
  14. 14 : : 2013/10/31(木) 18:38:06

    ジャン「そういや、ユークとアニも戻ってくるんだよな?」

    ライナー「おそらくな。明日の正午に間に合うように来るんじゃないか?」

    ベルトルト「2人のいるストヘス区からこのトロスト区までは、馬で1日掛かるからね」

    ベルトルト「(……特別なルート・時間帯を除けば、別の話だけどね)」

    ジャン「あいつら、またいちゃついてくるじゃないだろうなぁ」イラッ

    ライナー「あいつらだって、非常事態だということは分かってる筈だ」
  15. 15 : : 2013/10/31(木) 18:38:21

    ライナー「こんな時にまで、ふざけてはいないだろう。(確証はないが…)」ガハハ

    ベルトルト「(ちょっと…心配だな)」ソワソワ

    アルミン「あっ、3人とも!もうすぐ始まるから、早く教室に入ってってさ」

    ライナー「よう、アルミン!」

    ベルトルト「皆は、もう集まってる?」

    アルミン「うん。あと君達3人だけだよ?」
  16. 16 : : 2013/10/31(木) 18:38:51

    ライナー「そうか、それは悪かったな」ガハハ

    ベルトルト「ごめんね」

    ジャン「まぁ、時間には間に合ってるんだから、文句を言われる筋合いはねぇよ」

    ジャン「さっさと入ろうぜ」スタスタ

    アルミン「ジャンは、正直だなぁ」

    ライナー「それがあいつのいい所さ」
  17. 17 : : 2013/10/31(木) 18:39:08

    ベルトルト「エレンは、いないのかい?」

    アルミン「うん、やっぱりエレンだけは特別で、調査兵団が隔離して対応を行ってるよ」

    ライナー「どんな風に扱われてるんだろうなぁ?」

    ベルトルト「虐待とかされてなきゃいいけどね」

    アルミン「だ、大丈夫だよ。きっと」ソワソワ

    ライナー「すまん、心配させたな。俺達も教室に入ろう」
  18. 18 : : 2013/10/31(木) 18:39:28

    アルミン「うん、そうだね。実は僕、この索敵陣形の講義が大好きね?」

    ベルトルト「はは、やっぱりアルミンはこういうの好きだよね?」

    アルミン「うん!僕の力を活かせるのは、こういうところだからさ」

    ライナー「あぁ、人類の為に貢献しろよ?」ワハハ

    アルミン「うん、頑張るよ!!」キラキラ

    ベルトルト「(眩しいな…人類の為...か)」
  19. 19 : : 2013/10/31(木) 18:39:38

    ベルトルト「(僕達が何食わぬ顔でこの場に居ることも、とてもおこがましい事なんだよね)」

    ベルトルト「(…2人とも、無事に到着してくれよ?)」


  20. 20 : : 2013/10/31(木) 18:40:05

    ――――ストヘス区 南方――――

    ユーク「…この風景も少し見飽きたな」

    アニ「…私は、こういった風景が続いているのは、嫌いじゃないけどね」

    ユーク「アニは、一日中日向ぼっこタイプだからな」

    アニ「何それ?」クス

    ユーク「ずっと同じものを愛し続けることができる、一途ないい性格ってことだよ」

    アニ「あっそ。そういうアンタは、常に移り変わっていくよね」
  21. 21 : : 2013/10/31(木) 18:40:31

    ユーク「…同じところに留まるのは、あまり好きじゃないんだ」

    ユーク「俺は、この世界のもっと様々なものを見て行きたいと思ってる」

    アニ「…外の世界って事?」

    ユーク「あぁ、確かに俺達は、壁内の人類がいう所の『外の世界』の住人だった」

    ユーク「でも、俺はここへ来るまでの間もずっと、1人で森の中で生きてきた」

    ユーク「だから、結局のところ、エレン達が語ったような『本当の外の世界』の事は、
        何1つ知らないんだよね」
  22. 22 : : 2013/10/31(木) 18:41:09

    アニ「…私だって、そんなもんさ」

    アニ「ずっと、お父さんと暮らして、格闘ばっかりやらされてきた」

    アニ「おかげで、私は何にも知らない、無知な人間だった」

    アニ「でも、アンタとミカサが私にいろんなことを教えてくれたんだよ?」

    ユーク「…そうか」

    アニ「…ありがとう」

    ユーク「…どういたしまして」ニコ

    アニ「…うん」


    ――――――――
  23. 23 : : 2013/10/31(木) 18:41:30

    ユーク「もうすぐ、日が暮れるな」

    アニ「暗くなってきたね。今夜はどうするの?」

    ユーク「民家を探して、一晩泊めてもらうか、森の近くで野宿でもしようと思う」

    アニ「野宿はあまり、好きじゃない」

    ユーク「わかった。じゃあ、もう少し進んで、民家を探そうか」

    アニ「うん、わかった」
  24. 24 : : 2013/10/31(木) 18:41:59

    ユーク「ここら辺は、草原が多いな」

    アニ「そうだね。おかげで見通しがいいけど、これほどまで何もないとちょっと寂しいね」

    ユーク「こういう所には、開発が行き届いてないんだな」

    アニ「仕方ないんじゃない?」

    アニ「人手不足だし、街から遠くて、移住希望者が居ないってのも原因かもね」

    ユーク「5年前の土地奪還戦――――人類の口減らしの目的は達したけど、
        その後の、内地の土地の開発計画もまた、杜撰《ずさん》なものだった」
  25. 25 : : 2013/10/31(木) 18:42:26

    アニ「懐かしい話だね」

    ユーク「投入する人員を誤ったのが、土地の開発に失敗した主因だった」

    アニ「でも、子供を奪還戦に投入するわけにもいかなかっただろ?」

    アニ「王政が『仮初の人権』という体裁を守るためには、どうしても大人の数を
       減らすという方法しか、施行できなかったんだよ」

    ユーク「それは、俺もわかっている…けど、やはりそれは間違っていた」

    アニ「苦しかったもんね、あの時の生活は」
  26. 26 : : 2013/10/31(木) 18:43:17

    ユーク「あぁ、子供だった俺達が、あの苦しい日々を己で経験したからこそ、言えることだ」

    ユーク「勿論、その原因を作ったのが、俺達だということも忘れなかったが」

    アニ「けどアンタもマルロに言ってただろ?『正しいだけでは世の中では通用しない』って」

    ユーク「俺が言ったことが跳ね返されるとはな…俺だって、分かっているつもりだった」

    ユーク「けど、こうしてこういう風景を見ると、どうしても考えてしまう」

    アニ「…あまり、人類に肩入れしないで」
  27. 27 : : 2013/10/31(木) 18:44:34

    ユーク「…ごめん。少し熱くなって、本質を見失う所だったよ」

    アニ「……あっ!ユーク、家がある!!」スッ

    ユーク「いつの間にか、結構進んでいたな。あの家の主に交渉してみよう」

    アニ「私も居た方がいい?」

    ユーク「あぁ、アニは美人だから、援護射撃になる。頼んだ」ニッ

    アニ「はいはい、わかったから」クスッ

    ユーク「…本気で言ってるんだぞ?」

    アニ「わかったから、さっさと交渉を済ませましょう」クスクス

    ユーク「そうだな。すみません!誰かいらっしゃいますか?――――」


  28. 28 : : 2013/10/31(木) 18:45:01

    ――――民家の一室――――

    アニ「承諾して貰えてよかったね」

    ユーク「あぁ、男性が出たからアニの存在が効力を発揮したな」ハハ

    アニ「また、そんなこと言って…全く」クス

    ユーク「今日は疲れたし、もう寝ようか」

    アニ「うん、そうだね……同じベッドってのが、気になるけど」

    ユーク「普通の民家にベッドが1つ余ってるってことが珍しいんだから、ここは甘えよう」
  29. 29 : : 2013/10/31(木) 18:45:53

    アニ「わかったよ、私も入るから、もう少しそっちに寄って」モゾモゾ

    ユーク「はいはい」モゾモゾ

    アニ「…こんなところで、変なことしないでよ?」ジロッ

    ユーク「俺は分別のある大人だよ?」

    アニ「ふふ、まぁどっちでもいいんだけどね」ニコ ボソリ

    ユーク「それじゃあ、明日も朝に発つから、おやすみぃー」

    アニ「おやすみ――――」


  30. 30 : : 2013/10/31(木) 18:46:56

    ――――翌朝――――

    ユーク「一晩、お世話になりました」

    ユーク「朝食までいただいて、本当にありがとうございます」ペコリ

    アニ「…ありがとうございました」ペコリ

    主の男性「はっはっは、いいんだよ。気を付けて行きなさい」ニコ

    ユーク「はい、御恩は忘れません。さようなら!!」フリフリ

    アニ「……」ペコリ

    主の男性「いつでも歓迎だからなー!!」ブンブン


    ―――――――― 
  31. 31 : : 2013/10/31(木) 18:47:25

    ユーク「いい人だったな。朝食まで出してもらって」ジーン

    アニ「そうだね、あんな人間も珍しいと思う」

    ユーク「こういった人が少ないところに住むと、たまに訪れる旅人とも
        すぐに仲良くなったりできるのかもしれないな」

    アニ「そうかもしれないね」

    ユーク「…どうかしたか?」

    アニ「…ううん、少し…お父さんを思い出して」
  32. 32 : : 2013/10/31(木) 18:48:49

    ユーク「アニのお父さんも、ああいう気さくな方だったのか?」

    アニ「まぁ、気風《きっぷ》がいいというか、大らかというか、雰囲気が似てた」

    ユーク「へぇ。まぁ俺もいつか会うから、その時は紹介よろしくな?」ニッ

    アニ「ふふ、その時が来たら…ね?」クスリ

    ユーク「とか言ってるうちに、もうすっかり壁に近づいていたな」

    アニ「もう、ここら辺には、畑が広がっていて、色鮮やかだね」キョロキョロ
  33. 33 : : 2013/10/31(木) 18:49:42

    ユーク「今年は豊作かな?(だが、直に…)」

    アニ「そうだといいね。(私たちが、奪う去ってしまうかもしれないもの…)」

    ユーク「もうすぐ、皆にも会えるな!楽しみだ!!」ワクワク

    アニ「アンタ、一昨日からそればっかりだね」クスリ

    ユーク「アニは、楽しみじゃないのか?」

    アニ「楽しみだよ、私も」
  34. 34 : : 2013/10/31(木) 18:51:01

    ユーク「それじゃあ、1週間。厳密に言えば、5日程度。存分に楽しもうか!!」ニコ

    アニ「…そうだね」ニコ


    ―――――――― 

    準備はできている

    後は、己の力量を駆使して、敵の眼を欺くのみ

    アニならちゃんとやれる、信じている限り

    さぁ、情報戦の開幕だ!!――――



    To be continued...

  35. 35 : : 2013/10/31(木) 18:51:25

    【あとがき】

    タイトル『人柄』

    一体誰の?

    “彼”が人であり続ける限り、それは言葉として成り立つ

    しかし、彼がただ1つだけを残して、全てを捨てたとしたら、それは――――
  36. 36 : : 2013/10/31(木) 18:51:47

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790

  37. 37 : : 2013/10/31(木) 18:52:01

    ――番外編――

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

  38. 38 : : 2013/10/31(木) 18:53:07

    今日の分は、終わりだぁーー!!

    また、明日まで、ばいばい!!
  39. 39 : : 2013/11/01(金) 00:43:21

    最近、Anotherシリーズだけで戦っていけるかどうか不安になって来た。
    勿論、書いていて時間はかかる分、楽しいんだけどね

    私もそろそろ元々好きだったエレアニとエレミカシリーズを書こうかなと思っていますが、
    Anotherとどっちつかずになるもの嫌ですね。意見あれば、ください。考えます
  40. 40 : : 2013/11/01(金) 18:40:06
    毎回たのしませてもらってます!

    頑張って下さい!
  41. 41 : : 2013/11/01(金) 18:52:12
    エレミカ
  42. 42 : : 2013/11/01(金) 19:09:58
    >>40
    名無しでもコメントは活力になる!ありがとう
  43. 43 : : 2013/11/01(金) 19:10:44
    >>41
    エレミカの方ですか

    まぁいつ始めるか分かりませんが、乞うご期待ということで!
    気長に待っていてください

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場