ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』 ――憲兵団配属編 No.3――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/30(水) 22:21:30

    進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』

    ――憲兵団配属編 No.3――


    ――――憲兵団配属 7日目――――

    ユーク「――――」

    アニ「――――」


    マルロ「あの2人、1週間ずっと一緒に居るな」

    ヒッチ「離れてるところなんて、そう見てないね」
  2. 2 : : 2013/10/30(水) 22:22:00

    マルロ「…もう1週間になるんだよな」

    ヒッチ「私達がここに来てからね」

    マルロ「結局、この6日間は、掃除や街の見回りくらいの雑用しかさせてもらえなかった」

    ヒッチ「まぁ、まだ始まったばかりなんだし、あんな上司じゃあ、
        新兵の私達にまともな仕事の指示なんてくれないだろうさ」

    マルロ「…俺は、もっと民衆に頼られるような仕事がしたい」

    ヒッチ「だからぁ、今の私達には、人望もないし、コネもない」
  3. 3 : : 2013/10/30(水) 22:22:32

    ヒッチ「そう簡単に、仕事なんて貰えないんだって…こんなこと常識だよ?」

    マルロ「……はぁ」

    ヒッチ「傍で溜息ついてると、こっちまでご飯が不味くなるんだけど?」

    マルロ「……すまん」

    ヒッチ「それに私は退屈でも、今の楽な仕事の方がいいよ。危険もないしね」

    マルロ「お前は、とことん向上心がないんだな」
  4. 4 : : 2013/10/30(水) 22:22:50

    ヒッチ「アンタのそれは、向上心じゃなくて、無謀か将又《はたまた》、単なる自惚れさ」

    マルロ「…そうかもしれない」

    ヒッチ「いつもは、必死に返してくるのに、今日は素直で大人しいじゃない」

    マルロ「この前、ユークに完敗して、俺は自分が無力だったことを実感した…」

    ヒッチ「意外と、堪えてたんだね」クス
  5. 5 : : 2013/10/30(水) 22:23:00

    マルロ「だからって、諦めないぞ!絶対にあいつの余裕な顔を歪ませてやる!!」

    ヒッチ「…物理的に?」クスッ

    マルロ「こんな時に、そんな冗談いうわけないだろ」ハァ

    ヒッチ「相変わらず、ノリが悪いなぁ」キャハ


    ――――――――
  6. 6 : : 2013/10/30(水) 22:23:55

    ユーク「…今夜だ」

    アニ「うん」

    ユーク「俺は、アニが出る前に手筈を済ませておくから、アニは何にも
        臆することなく、壁へ進んでくれ。俺を信じろ」

    アニ「うん、分かった。いつも信じてるよ」

    ユーク「それと、前に話した通り、今夜は一度、部屋に来てくれ」
  7. 7 : : 2013/10/30(水) 22:24:12

    アニ「『深夜デート』ってやつでしょ?」

    ユーク「そういう体《てい》でな」

    アニ「大丈夫、上手くやるから」

    ユーク「寮から出るときに、しょぼいミスするなよ?」ニヤ

    アニ「ふふ、ここに来て、そんなミスするわけないでしょ?」クスリ

    ユーク「それじゃあ、後は――――」

    アニ「うん。――――」


  8. 8 : : 2013/10/30(水) 22:24:49

    ――――夜 男子寮――――

    ユーク「アニ、いらっしゃい」ガチャ

    アニ「こんばんわぁ」ニコ

    ユーク「(アニ、ちょっと露骨で変…)」ニコ

    マルロ「…遂に、部屋にまで連れてきたか」ハァ

    ユーク「仕方ないだろ?夜は会えなくて、寂しかったんだから」

    アニ「…ごめんね?」
  9. 9 : : 2013/10/30(水) 22:25:31

    マルロ「まぁ、構わないが、俺も雑用で少し疲れてるから、静かにしててくれよ?」

    ユーク「わかってるよ。俺も騒ぎを起こしたくないからな」

    アニ「なんか話でもする?」

    ユーク「そうだな、女子寮の事とか教えてくれるか?」

    アニ「…変態だね」

    ユーク「…おい、そう言った意味じゃないから」
  10. 10 : : 2013/10/30(水) 22:25:43

    ユーク「日常を教えてくれって事」

    アニ「あぁ、そういう」

    アニ「(打ち合わせ通りに、話をして時間が経てばいいんだよね?)」

    ユーク「(あぁ、マルロが寝たのを確認してから、外に出るから)」

    ユーク「(今は、マルロにアニ来ていることの承認になってもらう)」

    アニ「そういえば、こんな話が合ってね――――」

    ユーク「へぇ、彼女はやっぱり面白いな――――」

  11. 11 : : 2013/10/30(水) 22:26:09


    マルロ「(俺とユークの違いとは何だ?)」

    マルロ「(俺はどうすればいい?考えるんだ…)」

    マルロ「(……Zzz)」


    ――――――――
  12. 12 : : 2013/10/30(水) 22:26:29

    ユーク「……」

    アニ「……」

    ユーク「寝たよな?」チラ

    アニ「おそらく、間違いないよ」チラ


    マルロ「Zzz」


    ユーク「じゃあ、そろそろ出るぞ?」ソローリ

    アニ「静かにね」ソローリ


  13. 13 : : 2013/10/30(水) 22:27:19

    ――――憲兵団支部 門外――――

    アニ「アンタさ、あいつと居て、息が詰まらない?」

    ユーク「マルロか?そんなことはないけど」シレッ

    アニ「アンタは、あいつの事、気に入ってるの?」

    ユーク「いや、あいつ、マルコとエレンを足して割ったみたいな性格してて」

    アニ「…確かにそうかもね」クス
  14. 14 : : 2013/10/30(水) 22:28:25

    ユーク「しかも、彼らの欠点ばかり寄せ集めた感じで、世間知らずで」

    アニ「うん」

    ユーク「だから、ああいう人間がこのまま何も知らないまま、
        沈んでいくのを見ているのが、少し勿体無く感じてね」

    ユーク「手を加えてみたくなったんだ」

    アニ「そう。アンタ変な物好きだもんね」

    ユーク「うん。だから、ミカサ達ともこれまで楽しく過ごせたんだと思う」
  15. 15 : : 2013/10/30(水) 22:29:09

    アニ「あんたは、ミカサのやんちゃに丁寧に構い過ぎなんだよ」クス

    ユーク「仕方ないだろ。本当に楽しい時間だったんだからさ」

    アニ「…そう」

    ユーク「話が逸れたけど、アニは同室の同期の事で、何か悩みでもあるのか?」

    ユーク「だから、俺にマルロの事を聞いてきたんだろ?」

    アニ「…うん、そう」
  16. 16 : : 2013/10/30(水) 22:29:42

    アニ「私は、ヒッチと同室だから、少しあの空気が苦手でね」

    ユーク「大方、ヒッチから質問攻めにされてるんじゃないのか?」

    アニ「…よく分かったね」

    ユーク「わかるさ。アニの事だもの」

    アニ「そういうの、今は要らないから、本当の事を教えて?」

    ユーク「彼女がアニに強く興味を示しているのが、日常的にひしひしと伝わって来てな」
  17. 17 : : 2013/10/30(水) 22:30:42

    ユーク「彼女は、自分と正反対な人間のアニの事が、気になるんじゃないか?」

    アニ「私は、そういうの苦手だから、疲れるんだよ」ハァ

    ユーク「1ヶ月だけだから、少しは相手してあげたら?」クス

    アニ「…わかったよ。秘密が漏れない程度にはね」

    ユーク「あぁ、そこ大事だから、油断しないように」

    アニ「分かってるよ」
  18. 18 : : 2013/10/30(水) 22:31:44

    ユーク「うぅーん、アニは人に懐くのに慣れてないから、いざ懐くと危なっかしいんだよ」

    アニ「…そんな事ないって」

    ユーク「…まっ、そのうち気付くさ」ハハ

    アニ「むぅ…」ムスッ

    ユーク「それじゃ、この立体機動と予備のガスを持っていき、必要に応じて使い分けてくれ」

    ユーク「巨人を殺すときには、こちらのガスを、そしてそれ以外の時は、
        こちらの後で処分する方のガスへ逐次、交換してくれ。ここがミソなんだ」
  19. 19 : : 2013/10/30(水) 22:32:40

    アニ「うん、わかった。捨てる方のガスは、使い終わったらどうすればいい?」

    ユーク「そこら辺に捨てられても困るし、帰ってきたら、この指定の場所に
        目印を置いたから、そこに指示がある。その通りに隠してくれ。

    ユーク「俺が明け方に回収して、3週間後の壁外遠征までの間、保管する」

    アニ「つまり、遠征時に便乗して、証拠を隠滅するわけだね?」

    ユーク「その通りだ。アニがアレを始末する代わりに、この3週間の鬼門は、俺に任せろ」

    アニ「うん、頼りにしてるよ」
  20. 20 : : 2013/10/30(水) 22:33:04

    ユーク「それじゃあ、行ってくれ。壁の門番は、明け方まで機能しない」

    ユーク「なるべく、音を下げて、予備の方のガスで壁を登ってくれ」

    ユーク「それぞれの壁の下に馬を手配してあるから、それであくまで隠密に行動してくれ」

    ユーク「ウォール・ローゼ南部内門では、ベルトルトが待ってる」

    アニ「わかった。それなら、トロスト区まで行けるね」

    ユーク「一夜ではかなりハードだが、頑張ってくれ」ポン
  21. 21 : : 2013/10/30(水) 22:33:47

    アニ「うん、行ってくる」

    ユーク「アニ、最後にこっち来て」

    アニ「…何?」

    ユーク「――――」スッ

    アニ「――――ありがと」

    ユーク「それじゃあ、明日な!」フリフリ

    アニ「うん、行ってきます――――」


  22. 22 : : 2013/10/30(水) 22:34:23

    ――――翌日の午後―――― 

    捕虜として捕えられた2体の巨人『ソニー』と『ビーン』が、昨晩の内に何者かの手により
    殺害されたとの情報が、ここウォール・シーナ東城壁都市ストヘス区まで伝わって来た

    目撃情報は一切なく、犯人の性別はおろか、人数、犯行時間までの情報すらないようだ

    アニ達が上手くやり遂げたということだろうか

    それとも、内部への疑いを持ち始め、こちらへ過剰な情報を与えない作戦だろうか

    アニは無事に明け方帰って来て、予備のガスはしっかりと指定した場所に隠されていた

    後は、俺の仕事だ。今度は俺が3週間、凌ぎきってみせる

    ――――そして、今、俺達2人に新たな指示が下された


  23. 23 : : 2013/10/30(水) 22:35:47

    ――――憲兵団配属 12日目――――

    ユーク「――――自分と彼女がストヘス区へ召集される、ですか?」

    アニ「……」

    上官「そうだ。2体の巨人が殺害されたという話は、もう噂でも聞いているだろう?」

    上官「調査兵団は、104期訓練兵から103期、102期と順に、立体機動装置
       の検査を行い、まず君達の疑いを晴らしていく方針のようだ」

    ユーク「(疑いを晴らすねぇ。訓練兵を第一に疑う時点で、とても信じがたいが…)」
  24. 24 : : 2013/10/30(水) 22:36:26

    ユーク「ハッ、承知しました!」バッ

    アニ「……ハッ」バッ

    上官「お前たちからは、何かあるか?文句だとか」

    ユーク「1つ、質問があります」

    上官「ん、なんだ?」

    ユーク「自分たち2人が初めにその検査の対象とされたのは、
        トロスト区支部の訓練兵であったという理由からでしょうか?」
  25. 25 : : 2013/10/30(水) 22:37:32

    上官「さぁ、そんなことは知らんが、おそらくそうだろうな。場所が場所だしな」

    上官「今のうちに聞いておきたいことは、他にあるか?」

    ユーク「いや、有りません」

    上官「それじゃあ、向こうでの滞在期間が5日間ということだから、往復を含めて7日間、
       2人を特別休暇という形で報告しておく。心置きなく、同期達と会ってこい」

    ユーク「ありがとうございます」バッ

    アニ「……」バッ
  26. 26 : : 2013/10/30(水) 22:38:04

    上官「それじゃあ、今日はもう仕事はいいから、明日の出発に向けて準備しておいてくれ」

    上官「何を持って行っても構わないだろうが、一番大事な立体機動装置だけは忘れるなよ?」

    ユーク「ハッ」バッ

    アニ「……ハッ」バッ

    上官「移動方法は、馬を2頭用意しておくから、明日の朝、それで向かうように、以上」

    ユーク「ハッ、失礼します」バッ

    アニ「……失礼します」バッ


    ―――――――― 
  27. 27 : : 2013/10/30(水) 22:39:15

    ユーク「対応が早いな。しかも…」

    ユーク「真っ先にピンポイントで、疑われてるな」

    ユーク「いずれは疑いの目が来るとは解っていたが、どうもこれは早過ぎる気がする」

    アニ「…何かミスしたかな」

    ユーク「いや、アニとベルトルトが居ても気付かないんだったら、ミスはないんだろう」

    ユーク「ただ…」
  28. 28 : : 2013/10/30(水) 22:39:39

    アニ「『ただ』?」

    ユーク「調査兵団にも、サシャ並みに野生の勘の働く者がいるかもしれないってことだ」

    ユーク「将又《はたまた》、あのアルミンのように、とても知性(悪知恵)が高いか…」

    アニ「…厄介で、手強そうだね」

    ユーク「あぁ、この上なくな。油断しているとこの先、足元を掬われることになるかもな」
  29. 29 : : 2013/10/30(水) 22:40:01

    アニ「準備は、前に話した通りに、だよね?」

    ユーク「あぁ、『こちら』は違う所へ移動させておく。それが最善策だ」

    アニ「…2週間ぶりだね。あいつらに会うのも」

    ユーク「あぁ、あいつらが調査兵団に入ってどんな面してるか、今から楽しみだ!」ワクワク

    アニ「あんまりはしゃぎ過ぎて、墓穴を掘らないでよ?」

    ユーク「大丈夫だ。この興奮は、そんなミスを誘発するものじゃないと、言っている」
  30. 30 : : 2013/10/30(水) 22:40:47

    アニ「一体、誰が?」

    ユーク「俺の中のワクワク」ニッ

    アニ「あっそ」クスッ

    ユーク「アニもミーナに会えるんじゃないか?」

    アニ「そっか。もう退院していてもいい頃だよね」

    ユーク「…こんな世界だし、最後かもしれないんだ。ちゃんと存分に話しておけよ?」

    アニ「…うん、わかった」
  31. 31 : : 2013/10/30(水) 22:41:19

    ユーク「それじゃあ、準備を始めようか!」

    アニ「アンタの分、初めに手伝ってやるよ」

    ユーク「おっ!昼間なのに、良いのか?」

    アニ「別に、このくらいのリスク、どうってことないよ」

    アニ「皆、私たちの事、“知ってる”んだろ?」ニヤリ

    ユーク「あぁ、ちゃぁんと、種は蒔いといたから、そろそろ芽が出て、
        実を結んでくれてもいいんじゃないかと思ってる頃合いだ」ニッ

    アニ「それじゃあ、行きましょう」

    ユーク「あぁ、皆に会うのも楽しみだ――――」



    To be continued...
  32. 32 : : 2013/10/30(水) 22:45:15

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――番外編――

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845
  33. 33 : : 2013/10/30(水) 22:45:37

    ――本編――

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790


    ――雑談――

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038
  34. 34 : : 2013/10/30(水) 22:47:07
    ハラハラドキドキ!

    どうなるのかまったく読めない…
    明日も楽しみですo(^-^)oワクワク
  35. 35 : : 2013/10/30(水) 22:51:07
    >>34
    相変わらず早いね!

    明日も...ねぇ
  36. 36 : : 2013/10/30(水) 22:53:46

    ――あとがき――

    番外編のアイデアが膨れ上がって、そっちに移りたくてうずうずしている、今日この頃。

    時間が欲しい。切実にそう思います...
  37. 37 : : 2013/10/31(木) 01:28:04

    【あとがき】

    『危機』とは、チャンスの後にこそ招かれるモノ

    そして『嬉々』とは、それを乗り越えた者が、次のチャンスに期待する様

    この世界では、2者の循環で成り立っているという

    どちらが多い事もどちらが少ない事も、また有り得ない――――
  38. 38 : : 2013/10/31(木) 06:00:13
    楽しみ!
    そっか、ミーナとか生きてんのかー…
  39. 39 : : 2013/10/31(木) 20:41:43
    とても面白い!
  40. 40 : : 2013/10/31(木) 20:51:16
    がんばー!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場