ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

もう恋なんてしない

    • Good
    • 3

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/05/24(土) 09:34:06
    エレアニ大好きです!

    思いついたのでバァーと書いていきたいです!

    短編・現パロです!

    よろしくお願いします!
  2. 2 : : 2014/05/24(土) 09:40:33


    朝か…


    俺、エレン・イェーガーはゆっくりと身体を起こす…


    目覚ましを止めて時計を見ると9時を少し回ったところだった…


    「いつもの土日より遅く起きたな…」


    そりゃそうか…
    あいつがいないからいつも起きていた時間に起こしてくれる訳がない…


    ベットから抜けて、リビングに行く


    リビングのドアを開ける…


    いつもならそこには見慣れた人の姿があった…
    キッチンでいつも俺より早く起きて、朝飯を作ってくれる奴がいた…


    しかし…キッチンを見てもその姿が見えなくて、いつもしている良い匂いが漂って来ない…


    あいつがいないことをこんなところでまた実感するとは…


    エレンはキッチンへ向かい、朝食の準備をする


  3. 3 : : 2014/05/24(土) 09:48:16


    お前がいないとなにも出来ないわけじゃない…


    あいつはいつも、私がいないとあなたはダメね、と言っていた


    うるせぇ…お前がいなくても朝食の準備ぐらいできるわ…


    俺はいつも食べている、目玉焼きとパンとベーコンとサラダを一人で作った


    ほらな…こんくらい簡単だ


    エレン「あれ……紅茶ってどこにあるんだ…」


    紅茶を探すが、見当たらない…


    いつも朝飯の時にお前が作ったのを飲んでいたんだが…


    お前が管理してたから場所わかんねぇよ…


    仕方なく俺は紅茶を諦めて牛乳にすることにした…


    エレン「いただきます…」


    一人で手を合わせて食べ始める…


    エレン「…美味しくねぇな……」


    目玉焼きは焼き過ぎてて少し焦げがついててまずい
    パンもジャムを付けたが、場所によっては偏りがあった
    サラダも同じように大きさがバラバラで食べずらい…


    エレン「…お前が作ったのなら……文句も言えんだけどな…」


    そう呟きながら、箸を進めていく…

  4. 4 : : 2014/05/24(土) 09:52:00


    リビングを見渡してみた…


    いつもより広く感じる…


    あいつといた時は…
    窮屈に感じたんだがな…


    俺は今自由になったんだ…


    あいつがいたことで俺の生活は少しだけ束縛されていた…


    だけど…


    エレン「……」


    もっと…



    寂しくなっちまったな…


  5. 5 : : 2014/05/24(土) 09:58:05



    ーーーーーーーーーー

    「さようなら」


    エレン「…ああ」


    俺が別れを告げて、あいつは荷物をまとめて出ていった


    その時のあいつの気持ちは俺にはわからない…


    あの時俺はあいつに言った…


    もう恋なんてしない…と…

    ーーーーーーーーーー


    俺は街を歩いていた…


    いつも歩いている街だ…


    エレン「あれ…こっちにこんな店あったのか…」


    左を見ると見慣れない店がいくつか見えた


    左側はいつもお前がいたからな…


    左側がいつもより見えていて…
    ちょっと戸惑っちまったよ


  6. 6 : : 2014/05/24(土) 10:04:15


    家に帰って来た…


    あいつがいなくなってから掃除をしてねぇな…


    今日は久し振りにやってみるか…


    そう思って掃除を始めるが、なかなか進まない…


    いつもは二人でやっていたので長くかかってしまう


    洗面所を掃除している時…


    歯ブラシが目に入った


    2本ある…
    あいつと俺の分だ…


    俺は一本取って、ゴミ箱に捨てた


    あいつの部屋も掃除した…


    あいつの趣味で買った服、化粧品などがいっぱいあった…


    勿体無いけど…全部捨てるか…


    全てをビニール袋に詰めると、結構な量になった…


    そして、ビニール袋などを持って、外に出る


    男らしく、いさぎよくと…


    ゴミ箱を抱えて歩く…


    だけど…


    他の人から見たら俺は…


    一番センチメンタルに映ってるだろうな…

  7. 7 : : 2014/05/24(土) 10:08:37


    こんなにいっぱいの…


    お前の抜け殻集めて…


    無駄なものに囲まれて…


    暮らすのも…幸せなんだな…


    初めて知ったよ…



    家に戻り、ポストを見ると、あいつ宛の郵便が届いていた…


    やっぱりお前も…迷ってんだな…


    俺もだよ…


    だから少し心配だ…




    二人で出せなかった答えは…


    なんだろうな…


    だけど次は見つける…


    お前が顔も名前も知らない誰かと…


    絶対に見つけてみせる…



  8. 8 : : 2014/05/24(土) 10:09:04
    期待してます
  9. 9 : : 2014/05/24(土) 10:10:49




    本当に…




    本当に…






    お前が大好きだった





    だから俺は…





    もう恋なんしない




    なんて絶対に…





    言わない









  10. 10 : : 2014/05/24(土) 10:11:37
    はい、終わりです!

    適当に書きましたー!


    ただの自己満足です!
    見てくださりありがとうございました!
  11. 11 : : 2014/05/24(土) 17:29:12
    さすがです-_-b
  12. 12 : : 2014/05/24(土) 17:33:03

    エレンの彼女役は僕の中でも決まってませんw
    だから読んでいる人によって、その人を想像してもらって読んでください!
  13. 13 : : 2014/06/13(金) 23:23:45
    もう恋なんてしないなんてー
    言わないよぜぇったいー
  14. 14 : : 2014/07/30(水) 15:00:42
    歌にあるよなw
  15. 15 : : 2015/11/22(日) 09:10:55
    素晴らしい
  16. 16 : : 2015/11/22(日) 09:15:28
    私もエレア二描いてます♪
    エレアニ大好きです。
  17. 17 : : 2015/12/02(水) 22:31:49
    楽しいー(笑)
  18. 18 : : 2015/12/08(火) 19:11:45
    スッゲ!
  19. 19 : : 2015/12/16(水) 22:40:38
    やっべーぞっ
  20. 20 : : 2018/08/29(水) 13:17:22
    やっぱり、槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」か…。何かこの作品を見ながら、この歌を聞くと、切ない気持ちになるな〜
  21. 21 : : 2018/08/29(水) 15:41:55
    うんこじゃねーのかよ!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
child_dragonbas

エレアニ大好き

@child_dragonbas

この作品はシリーズ作品です

エレアニ大好きの短編集 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場