ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話 『まだ見えぬ、信念の未来』

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/25(金) 23:28:20
    進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話


    ――――前回までのあらすじ――――

    104期訓練兵・第5席「ユーク・トラス」。彼の悲願は人類抹殺の使命を果たし、3人の仲間と共に故郷へ帰ること

    久しぶりに男だけで街へ出掛けたユーク御一行。ここに来て、ジャンのファッションセンスが煌《きら》めいた!

    これを尾行《つ》け狙うは、またまたミカサとアニ。その真意は、ユークの本音を盗み聞きすることにあった

    アニも気になるユークの本音を聞き出すことは叶わなかったものの、3人の関係はこれまで通りに?――――


    ――――――――
    ――――
    ――

  2. 2 : : 2013/10/25(金) 23:29:13

    ――――訓練所敷地内 グラウンド――――

    ユーク「(前回はミカサを弄り過ぎて、最後にはやばいことになった。
        反省した。これは二度と思い出したくない……)」ガクブル
     
    ユーク「(それにしても、アニがあのシュシュをちゃんと着けてくれていて嬉しかったな)」

    ユーク「(訓練の時は、流石に外してるけど、最近は、訓練以外の時は、
         シュシュを腕に付けたり、前に買ってあげた髪留めも使って
         くれていたりするのをしばしば見かける)」ハァッハァッハァッ

    ユーク「(プレゼントした側からすれば、ちゃんと使ってくれているのを
         見ると、安心すると同時に嬉しくなる)」ジーン

    ユーク「(ああいう姿を見ると、アニが結構、素直で可愛らしいところが
         あるんだよなぁと感じる、今日この頃…)」ゼェゼェ
  3. 3 : : 2013/10/25(金) 23:29:34

    ユーク「(さっきから、なぜ息を切らしてるのかって?)」ハァハァ

    ユーク「(実は今、グラウンドでの長距離走の訓練でね)タッタッタ

    ユーク「(こういった基礎体力訓練は、2年目の前期までしかなかったからなぁ)」タッタッタ

    ユーク「(久しぶりだと結構、キツイものなんだよね…)」タッタッタ ゼェゼェ

    ユーク「(状況を簡単に説明する。『心の声状態』でも、かなりキツイから簡潔に)」ゼェゼェ

    ユーク「(従来のこの訓練の内容は、単にひたすら走り続けるだけの訓練だったんだけどね)」

    ユーク「(それだと単調になってしまって、訓練していてもどうしても飽きる!のが、実情)」
  4. 4 : : 2013/10/25(金) 23:30:08

    ユーク「(しかし、俺がある時、ある事象に気づき、それをつい口にしたせいで、
         この訓練の内容は、刺激的なものとなった。勿論、悪い意味でな!!)」

    ユーク「(その、俺が気づいた事っていうのが、これまた、ミカサ関連の事でさ)」ハァ

    ユーク「(ミカサが常に同じ速度で完走しているんじゃないかと、いつしか気になって、
         目測でタイムラップを計ってみると、なんとまぁ、正確だったわけだ)」

    ユーク「(俺は、この原理がミカサの身体をコントロールできる能力に起因する、と考えた)」

    ユーク「(そして、つい興味本位でアルミンとマルコにこの事を話してしまったんだ)」

    ユーク「(それが、この悪夢の始まりだった――――)」ハァ


    ――――――――
    ――――
    ――

  5. 5 : : 2013/10/25(金) 23:30:22

    ユーク「なぁ、アルミン、マルコ。ちょっと気になることがあるんだが」チョイチョイ

    アルミン「なんだい?」

    マルコ「一体何かあったの?」

    ユーク「……今、(長距離走の訓練で)女子達が走ってるだろ」アッチ

    アルミン「そうだね」

    マルコ「それで何に気がついたの?」

    ユーク「……ミカサの走りを見てほしいんだ」スッ

  6. 6 : : 2013/10/25(金) 23:31:04


    ミカサ「……」タッタッタ

    ミーナ「ミカサ、はやいよぉ」ゼェゼェ

    サシャ「……ぜぇぜぇ」フラフラ

    クリスタ「……もうだめぇ」バタン キュー

    アニ「……はぁっはぁっ」タッタッタ

    ミカサ「……」タッタッタ

  7. 7 : : 2013/10/25(金) 23:31:18


    アルミン「まだまだ余裕そうだね」スゴイ

    マルコ「失礼な言い方だけど、とても女性とは思えない体力だ」

    ユーク「あぁ、感服するよ。でも俺が言いたいのは、そこじゃないんだ」

    アルミン「つまり?」

    ユーク「俺もミカサの体力の凄さの為に、前々からずっと見ていたんだが」

    ユーク「ミカサって、スタートから常に同じ速度で走り続けてるんだ」
  8. 8 : : 2013/10/25(金) 23:31:36

    マルコ「そうだったんだ。気が付かなかったな」

    ユーク「ミカサは、自分の身体をコントロールできるらしいから、
        多分、その原理を利用しているんじゃないかと思うんだ」

    アルミン「そう言われれば、それで納得だけど。それがどうかしたの?」

    ユーク「あれ、タイマー機能の役割も果たせるんじゃないか……と、ふと思った」ボソリ

    マルコ「……その発想はなかったね」

    ユーク「……すまん、どうでもいい事だったな。忘れてくれ」
  9. 9 : : 2013/10/25(金) 23:31:55

    アルミン「そんなことないと思うよ?誰も気が付けなかった発見だ。ねぇ、マルコ?」

    マルコ「うん。僕もそう思うよ。アルミンだってそういうんだから、自信持てよ!」ポン

    ユーク「ありがと。だがこれを発見したからと言って、それがどうした?って話なんだけどな」ハハ

    コニー「すげー!ミカサにはタイマー機能があったのか!!」キラキラ

    アルミン「コニー、いつの間に!?」

    ユーク「これが、コニークオリティさ」フッ

    コニー「こにぃくおりてぃ?よくわかんねぇけど」
  10. 10 : : 2013/10/25(金) 23:33:11

    コニー「それよりユーク、それ本当か?」キラキラ

    ユーク「あぁ。ミカサの走り方をよく見てみろよ。常に一定のリズムを刻んでるだろ?」

    コニー「そうだな。すげぇ綺麗な走り方だと、俺は思うぞ!」

    ユーク「その通りだ。あのリズミカルな走り方ができるのは、その綺麗なフォームにもある」

    ユーク「でも、常に一定速度というのは、人間、かなり難しいんだ。
        ……人はそこに留まらず、常に移りゆく生き物だから」

    アルミン「(なんか、急に話が重く感じた。何でだろう?)」ハテ?

    マルコ「……」
  11. 11 : : 2013/10/25(金) 23:33:53

    ユーク「まぁ、とにかく、ミカサの一定のリズムは何かに応用
        できないかなぁと考えていたんだよ、コニー」

    コニー「そうだったのか!俺、難しいことはよくわかんねぇけど、
        すげぇ事なら皆にも言ってくる!!じゃあな!!」ビュンッ


    シーン


    アルミン「嵐のように現れて去って行ったね」モウ アンナ トコロニ

    マルコ「寧ろこれがコニーismというものだと言えよう」
  12. 12 : : 2013/10/25(金) 23:34:16

    ユーク「まぁ、結果どうなるか毎度、肝を冷やされるが、人としてのあいつの事は好きだな」

    アルミン「うん、僕も」

    マルコ「同感だ」


    ―― 
    ―――― 
    ―――――――― 

  13. 13 : : 2013/10/25(金) 23:35:21


    ユーク「(まぁ、多分あれがきっかけだったんだろうな)」ハァハァ

    ユーク「(それから、ミカサの噂が忽《たちま》ち広がって、それが教官の耳に入って、
         俺が事情を説明する羽目になったんだよな。正直、面倒くさかった)」ハァ タッタッタ

    ユーク「(そして次の訓練時、先導するミカサが常に一定速度で走るタイマーとなって、
         『ミカサに5周遅れたら敗退。ノルマを満たせなかった成績下位にはペナルティ』
         という、なんとも簡単でスリリングなルールが提示させた)」ヤレヤレ

    ユーク「(皆、ペナルティは嫌がって、始めは必死にミカサについて行っていたが、
         瞬く間にその力の差は歴然となった)」
  14. 14 : : 2013/10/25(金) 23:36:16

    ユーク「(俺達でも感じている。ミカサに課せられているペースもかなりハードルが高いと)」

    ユーク「(あっという間に、皆がふるい落とされていった)」

    ユーク「(そして、現在この戦いに生き残っているものは、あと若干名のみ)」

    ユーク「(先頭を走るのは、勿論、主席のミカサ)」

    ユーク「(それに俺達の集団が遅れないように着いて行っている状態である)」

    ユーク「(この集団には、俺を含めた10傑が勢ぞろいし、他には、ユミルも食らいついて
         来ている……リタイア寸前でフラフラな状態のクリスタの様子を見ながら)」
  15. 15 : : 2013/10/25(金) 23:37:05

    ユーク「(他の104期生達は、開始60分で半分が、その後40分で、あっという間に
         俺達12人の精鋭集団だけとなってしまった……情けない)」

    ユーク「(グラウンドの周りは主に野郎どもの死屍累々《ししるいるい》でむさ苦しい。
         見てもモチベーションが下がるだけだし、決して見ないようにしよう)」

    ユーク「(俺達も開始前は余裕を見せていて、エレンやコニーと持久力の勝負をしよう!
         などと言っていたが、今は勝負の事は後回しで、必死にミカサのハイペースに
         ついていくことだけに集中している)」

    ユーク「(ずっと、誰も何も喋っていない……)」

    ユーク「(一応、俺達の勝負では最後に残った者が勝ち!というこれまた単純明快な
         ルールを取り決めたが、果たして誰が勝てるか……そもそも最後までミカサに
         ついていけるのかすら、分からない)」

  16. 16 : : 2013/10/25(金) 23:37:25


    ユーク「(――――この集団内でも限界に差が見え始めたな。だが、ここからが勝負)」チラ

    コニー「……ぜぇぜぇ」フラッフラッ

    ユーク「(コニーはそろそろお陀仏だな。時間の問題だ)」

    ユーク「(……無理しすぎて大事には、ならないでくれよ?)」ソワソワ


    ユーク「(他の皆は?)」チラ

    ライナー「......」ハァハァ タッタッタ

    ベルトルト「……」ハッハッ タッタッタ

    アニ「……はぁはぁ」タッタッタ
  17. 17 : : 2013/10/25(金) 23:38:16

    ユーク「(あいつら、やっぱりすげぇな。今の俺では、とても及ばないのが解る)」ムム

    ユーク「(この前の兵站行進でまたアニに教えて貰った『省エネ』のアドバイス)」
        (『――番外編―― 第6話』参照)

    ユーク「(今回は、そのアドバイスを活かして、常に一定のリズムを意識したおかげか、
         大分、体力を温存して、こうして終盤戦に臨むことができている)」

    ユーク「(コニーは、序盤で喋っていて、速度の加減を頻繁にしていたから、
         そこで差がついたんだろうな。勝負ってのは、こういうもんさ)」

  18. 18 : : 2013/10/25(金) 23:38:55


    ユーク「(他は?)」チラ

    エレン「……ぜぇぜぇ」ハァッハァッ タッタッタ タタッ

    ジャン「……(死に急ぎ野郎には負けねぇ)」ハッハッ ザッザッザ

    マルコ「……(キツイ、でもあと少しだ!)」ゼェゼェ ザッザッザ

    ユーク「(エレンも直にリタイアかな?所々リズムに乱れがある。
         あれが案外、蓄積して体力を削がれる原因になるからな)」

    ユーク「(ジャン、君の顔や目線からは、エレンへの対抗心を燃やしているのが
         読み取れるけど、熱くなりすぎだ。足取りも重そうだし、直に限界だろう)」

    ユーク「(マルコは、まだやれそうだ。頑張れ!)」

  19. 19 : : 2013/10/25(金) 23:39:41


    ユーク「(そういえば、クリスタ・サシャ・ユミルの3人の姿がいつの間にか......)」キョロキョロ

    ユーク「(あ、見つけた)」

    サシャ「……ゼェゼェ」グテーーン

    ユーク「(前々からふらふらだったサシャは、いつの間にか脱落していたか。
         サシャもコニーと同じで野生の力だけで生きているからな。仕方ない…)」

    ユーク「(そして、ユミルは向こうでクリスタの介抱をしている、といつも通りだな)」ウン
  20. 20 : : 2013/10/25(金) 23:40:47

    ユーク「(そして、先頭のミカサは?)」チラ

    ミカサ「……(はぁはぁ)」タッタッタ

    ユーク「(汗こそ掻いているけど、表情はまだまだ余裕綽々《よゆうしゃくしゃく》
         といった感じだ……本当にすごいな、ミカサは――――)」


    ユーク「(――――おっと、俺が一番、集中できていなかったな。気を引き締め直そう!)」


  21. 21 : : 2013/10/25(金) 23:41:23

    ――――訓練終了後――――

    ユーク「ぜぇぜぇ、やっと終わった」バタン

    エレン「くっそう、ジャンに負けたぁ」バタン

    ジャン「へっ、見たか!だが、俺もマルコには及ばなかったか…」ハァハア

    マルコ「今回は、僕とユークが同率優勝といったところかな」ゼェゼェ

    ユーク「結局、最後まで倒れなかったの、“あの3人”だったな」チラ

    ライナー「……はぁはぁ」フゥ

    ベルトルト「……ふぅ」スーハー

    アニ「……」
  22. 22 : : 2013/10/25(金) 23:42:45

    マルコ「ミカサも勿論だけど、彼らも凄いね」

    ユーク「だが、やはり特筆すべきはミカサの底なしの体力だったな」

    ユーク「あの速度をこの長時間、維持するなんて最早、人間業とは思えない」

    マルコ「だが、現にいるんだから、認める他ないよね」

    ユーク「まぁ、いい目標があっていいけどな。道が果てしなく険し過ぎるけど」

    エレン「俺は、絶対ミカサに追いついて見せるぜ!」

    ジャン「はっ、精々、ミカサより早く発つなんて真似すんなよ?死に急ぎ野郎」

    エレン「へっ、わかってるよ。あいつを1人にするわけないだろ!」スッ

    ジャン「それでこそ、好敵手《ライバル》だ!!」ガシッ
  23. 23 : : 2013/10/25(金) 23:43:12

    ユーク「……言い友情だな」

    マルコ「うん、最近、ジャンとエレンはいい感じだね」

    ユーク「そうだな。何かあったのかもな。(俺がこの前、お膳立てしたの効いてるのかな?)」
        (『――番外編―― 第7話』参照)

    コニー「そ、それより、水くれぇ」グテーーン

    ユーク「コニーもあの絶望的な状況でよく踏ん張ってついてきたな」エライゾ

    マルコ「コニーって根性あるね!」ミナオシタヨ

    コニー「も、勿論…天才…だからな…だが、早く水をぉ」
  24. 24 : : 2013/10/25(金) 23:43:29

    クリスタ「大変!コニー、水はここにあるよぉ!」ササッ

    コニー「お、おぉ。さんきゅぅー」ゴクゴク

    クリスタ「よかったぁ、一命は取り留めた」フゥ

    ユーク「クリスタ、復活したのか。案外早いな」

    クリスタ「うん、ユミルの介抱のおかげもあってね」

    ユーク「それより、エレン達にも水を渡してあげてくれ」

    クリスタ「う、うん。わかった!ミーナも!!」

    ミーナ「うん、わかったよ。ほら、エレン、水だよ!」サッ
  25. 25 : : 2013/10/25(金) 23:43:45

    エレン「おう、サンキュー」ゴクゴク

    エレン「はぁーー!生き返ったー!!」

    クリスタ「ジャンも、どうぞ!」サッ

    ジャン「…あぁ、ありがとな。(願わくはミカサが良かったが)」ゴクゴク

    クリスタ「……」ソワソワ ドキドキ

    ジャン「…ん?まだなんか用か?」キョトン

    クリスタ「え?い、いや、何でもないの!」アセアセ
  26. 26 : : 2013/10/25(金) 23:44:02

    ジャン「?まぁ、よくわかんねぇけど、他の奴にも渡してやってくれ。ありがとな!」ニッ

    クリスタ「っ!!う、うん!私、行ってくるね。それじゃあ、ばいばい!!」フリフリ トタタタ

    ジャン「(何で、あんな急に挙動が不審に?)」ゴクゴク

    ユミル「…...」ジーーッ

    ミカサ「……」ジーーッ

  27. 27 : : 2013/10/25(金) 23:44:28


    ユーク「……(ふぅーん)」チラ

    アニ「ん」スッ

    ユーク「?」

    アニ「はい、水」スッ

    ユーク「おお!ありがと!俺も欲しかったんだ」ゴクゴク

    アニ「アンタ、今回かなりいい感じに走ってたね」チョコン
  28. 28 : : 2013/10/25(金) 23:45:09

    ユーク「あぁ、この前の兵站行進でのリズムの件。斬撃に続いて、また役に立ったよ。」
        (『――番外編―― 第1,6話』参照)

    ユーク「ありがとな」

    アニ「別に、褒めてほしくて言ったんじゃないから」フイ

    ユーク「素直じゃねぇなぁ」ハハ

    アニ「……ほっといて」プイッ

    ユーク「拗ねないでくれよ」ゴクゴク
  29. 29 : : 2013/10/25(金) 23:45:26

    アニ「……」

    ユーク「……」

    アニ「……アンタ、何か話はないの?」チラ

    ユーク「え?アニが俺に話があるから、こっちに来たんじゃないのか?」キョトン

    アニ「……むぅ」プクー

    ユーク「ん?どうした?」

    アニ「もう、いい」スクッ スタスタ

    ユーク「一体、何だ?」ワカラン

  30. 30 : : 2013/10/25(金) 23:45:45


    アニ「(私も一体、何をあいつに期待していたんだろ?)」ウーム

    アニ「(……甘えたい)」

    アニ「(そういえば、もう2週間ほど、膝枕してもらってないなぁ)」

    アニ「(…はっ!私、すっかりあいつに依存してしまっていた――――)」ヴヌヌ


    ミカサ「……」ジーーッ


  31. 31 : : 2013/10/25(金) 23:49:24
    第8話一日目、ここまでにしておきます。

    今回は、一応最長更新しました。

    投稿は4日に分けられると思います。

    では、続きの投稿は、明日までお待ちください!
  32. 32 : : 2013/10/26(土) 00:20:49
    期待!

    もしかして、クリスタは……⁉︎
  33. 33 : : 2013/10/26(土) 16:32:28
    学校の持久走を思い出しました…(^◇^;)

    アニがかわいい!
    ジャンに春が来るのかなo(^-^)oワクワク

    続き楽しみです(*^^)
  34. 34 : : 2013/10/26(土) 17:22:02
    きたーい!!!
  35. 35 : : 2013/10/26(土) 19:44:50

    ――――男子風呂――――

    エレン「いやー、今日の長距離走は地獄だったな」ハァ

    アルミン「僕なんて、ペナルティ付きなんだからね」ハァ

    ユーク「ミカサがアルミンを5周抜き去る時、一瞬だけ躊躇したよな」ハハ

    マルコ「でも、ミカサも心を鬼にして、アルミンを皆と平等に扱ったんだろうね」

    ユーク「ミカサなりの優しさってやつだな」

    アルミン「はぁ、上位陣は、個別に勝負を始めるあたり、余裕だね」
  36. 36 : : 2013/10/26(土) 19:45:13

    エレン「そんなことなかったぞ、かなりキツかったんだから」グツグツ

    ジャン「そうだぜ。苦しかったのは、何もお前だけじゃねぇんだ」バシャバシャ

    ライナー「はっはっは、今日が夏じゃないだけでよかったと思うべきだろ?」ワハハ

    ベルトルト「確かに。もし夏だったら皆逝っちゃってたね、きっと」クスス

    ジャン「縁起でもねぇ事、言うなよな。まぁあり得る当たり、笑えねぇんだけどよ」ブルッ

    ユーク「俺も流石に夏にあれは嫌だなぁ」
  37. 37 : : 2013/10/26(土) 19:45:23

    マルコ「でも、それより凄かったのは、やはりミカサだったよね?」

    コニー「あぁ、終盤は全く歯が立たなかった」

    ユーク「あの速度を保ち続ける身体、興味があるねぇ」バシャバシャ

    ライナー「お!ユークが珍しく言ってるぞ!!」ワハハ

    ユーク「はは、そんなんじゃねぇよ。本当に興味本位だけだ」ゴシゴシ

    エレン「(ミカサに、腹筋触らせてもらえるか、頼んでみようかな――――)」ブクブク


  38. 38 : : 2013/10/26(土) 19:46:37

    ――――女子風呂――――

    クリスタ「はぁーー!生き返るねぇーー!!」グツグツ

    ユミル「おい、クリスタァ。おやじ臭いぞ!!」ワハハ

    クリスタ「だって足が棒で、もうクタクタだったんだもん」ジンジン

    ミーナ「おかげで数日は、筋肉痛で苦しむことになりそう」ジンジン

    ミカサ「私も汗を流せて、気持ちがいい」ザバァーーッ

    アニ「……ふぅ」チャポン グツグツ
  39. 39 : : 2013/10/26(土) 19:46:57

    ミカサ「ところで、クリスタ。さっき、ジャンに対して妙に
        ソワソワしている様子だったけれど、一体どうしたの?」ニヤリ

    クリスタ「え゛?い、一体、な、何の事か、わ、私、分かんないなぁ」アセアセ

    ユミル「そうだった!私も気になってたんだよ!!」

    ユミル「おい、クリスタ!まさかジャンの奴に…なんてことはないよなぁ!?」ズイッ

    クリスタ「ひゃっ!!もう、そ、そんなに迫ってこないでよぉ…」ウルウル

    ユミル「あ、す、すまん。ついムキになっちまって」アセアセ
  40. 40 : : 2013/10/26(土) 19:47:21

    ミカサ「では、私が“冷静に問いただす”としよう」ジッ

    クリスタ「うっ…」タジタジ

    ミカサ「クリスタは何も答えなくていい。ただ私の眼から注意を逸らさないでほしい」

    クリスタ「う、うん…」ボソボソ

    ミカサ「クリスタとジャンは他人」

    クリスタ「……」ジッ

    ミカサ「……」
  41. 41 : : 2013/10/26(土) 19:47:40

    ミカサ「クリスタとジャンは知り合い」

    クリスタ「……」ジッ

    ミカサ「クリスタとジャンは友達」

    クリスタ「……」ジッ

    ミカサ「クリスタとジャンを恋人にしたい」

    クリスタ「っ!!///」プイッ

    ミカサ「……そう。分かった。もういい」
  42. 42 : : 2013/10/26(土) 19:48:47
    訂正
    ミカサ「クリスタとジャンを恋人にしたい」

    ミカサ「クリスタはジャンを恋人にしたい」
  43. 43 : : 2013/10/26(土) 19:49:29

    ユミル「おい、ミカサ!クリスタは何だって!?私にも教えろぉーー!!」ユサユサ

    ミカサ「ユミル、落ち着いて。ここはお風呂場。ので、暴れてはダメ」メッ グラグラ

    ユミル「そんな悠長なこと言ってられるか!私のクリスタがあの馬面の事が
        好きかもしれないっていう緊急事態時に!!」

    クリスタ「っ!!ジャ、ジャンのことをそんな風に言わないで!!」ザバァーーッ

    ミカサ「……」ジーーッ

    ユミル「……」タラーー

    ミーナ「……」ブハァッ

    アニ「……」カポーン
  44. 44 : : 2013/10/26(土) 19:50:04

    クリスタ「え?……あ!!///」プルプル

    ユミル「ク、クリスタ、あ、あのな…」アセアセ

    クリスタ「……い」

    ミカサ「『い』?」

    クリスタ「いやぁぁぁあああ!!」ダダダダ

    ユミル「あっ!おい、待てよ!クリスタァーー!!」タタタタ

    ミカサ「お風呂場では安全のため、走らないように」シーーッ
  45. 45 : : 2013/10/26(土) 19:50:34

    ミーナ「……行っちゃったね。発狂しながら」フキフキ

    アニ「……アンタももう上がりなよ」アァ オユガ アカイ

    ミーナ「うん。それじゃ、先に戻ってるね。ミカサ、アニのことお願いね」ヒラヒラ

    ミカサ「ええ、任せておいて」グッド ラック!

    アニ「一体、何を任せるんだか」ハァ セッカクノ オユガ

    ミーナ「とりあえず、私もクリスタを保護しなきゃ――――」

  46. 46 : : 2013/10/26(土) 19:50:53


    ミカサ「――――2人だけになってしまった」カポーン

    アニ「お湯も換えたし、もう少し、浸かっていこう」カポーン

    ミカサ「折角2人なのだから、少しプライベートな事を聞きたい」ハイ!ハイ!

    アニ「別に私は、アンタの事情なんて知りたくないけど」ツーン

    ミカサ「そんなこと言わずに」ネェネェ

    アニ「だから、私は別にいいって」イヤ
  47. 47 : : 2013/10/26(土) 19:52:14

    ミカサ「アニは、最近、服の感じはどう?特に上半身」

    アニ「また勝手に話をし始めて……必ずしも答えるわけじゃないから」ツーン

    ミカサ「さっきから、いいツンデレっぷり。“彼”にも見せてあげたい」

    アニ「だから、“あいつ”は関係ないって!」

    ミカサ「まだ、誰とも言っていない」ニヤニヤ

    アニ「…あ、しまった!」
  48. 48 : : 2013/10/26(土) 19:52:50

    ミカサ「『彼』と聞いて、すぐに貴方の言う『あいつ』を連想したのはどうして?」ニマニマ

    アニ「ふんっ!もう知らないね!!///」ツーン

    ミカサ「ねぇ、『あいつ』って?ねぇねぇ、誰々?」ユサユサ

    アニ「あんまりしつこいと、本当に怒るよ?」イラッ

    ミカサ「……ごめんなさい」シュン

    アニ「えらく素直だね、今日は」イガイ

    ミカサ「この前もユークに怒られて、反省した」
  49. 49 : : 2013/10/26(土) 19:54:02

    アニ「ふーん。遂にあいつがアンタを叱る機会が訪れるとはね」イイ キミ

    ミカサ「今回の事も反省はしている。だが、後悔は一切していない!!」キリッ

    アニ「いや、知らないよ。そんなアンタの事情なんて」ダカラ ナニ?

    ミカサ「ので、アニはさっさと『あいつ』がユークであることを認めるべき」ニヤニヤ

    アニ「だから、知らないって///」プーイッ

    ミカサ「頬を赤らめて、顔を逸らしても、寧ろその表情がこちらへのご褒美となるだけ」

    アニ「くぅぅ///」
  50. 50 : : 2013/10/26(土) 19:55:40

    ミカサ「……この事はもう楽しめたので、続きはまた今度でいい」オイトイテ

    アニ「何さ?」

    ミカサ「まだ、私の1つ目の質問には答えていない」

    アニ「……なんだっけ?」

    ミカサ「この前買った服は体に馴染んでいる?という質問の事」

    アニ「あぁ、そうだったね。」

    アニ「うん。いい感じにフィットしてるよ。あの時は、探すの手伝ってくれて、ありがとね」
       (『――番外編―― 第3話』参照)
  51. 51 : : 2013/10/26(土) 19:56:04

    アニ「おかげで、快適に過ごせてるよ」

    ミカサ「それは、よかった。甲斐があったというもの」

    アニ「そういえば、アンタあの時、ちゃんと気づいてたんだね」

    アニ「私が、その…きょ、胸囲のことで…サイズに悩んでたって事」

    ミカサ「あの時も言ったけれど、ちゃんとアニの仕草で気付いていた。
        (気づいたのは、偶々そのときだったが、嘘は言っていない)」キリッ

    アニ「あの時は、男のユークも居たし、本当に助かったんだ。ありがと///」モジモジ
  52. 52 : : 2013/10/26(土) 19:56:44

    ミカサ「私は、アニが羨ましい」ジーーッ

    アニ「え?突然、何さ」キョトン

    ミカサ「私も成長こそしているけれど、それはZ方向への成長(身長)であって、
        私が望むX方向への成長(胸囲)はまだまだ乏しい」シュン

    アニ「一体、何を言っているのかわからないけど、私は、アンタの身長が羨ましいよ」ハァ

    ミカサ「背丈なんてあっても、女の子としての価値が下がる」ハァ

    アニ「小さくて、ちんちくりんなんかより、断然マシさ」ハァ
  53. 53 : : 2013/10/26(土) 19:57:02

    ミカサ「それにしても……」ジーーッ

    アニ「うっ…な、何さ?」サッ

    ミカサ「隠さないでほしい」ジーーッ

    アニ「そんなに凝視されると…恥ずかしいんだけど…///」フイッ

    ミカサ「…少しだけ触らせてほしい」キラキラ

    アニ「い、いや///」プイ
  54. 54 : : 2013/10/26(土) 19:57:23

    ミカサ「そこをなんとか」オネガイ!

    アニ「や///」

    ミカサ「…むぅ」

    アニ「……///」ギュ

    ミカサ「(…無理に隠そうとして、寧ろ谷間ができている…悔しい)」チラ

    ミカサ「(今の私の実力では、アニに対抗しようにも到底、叶(敵)《かな》いそうにない)」
  55. 55 : : 2013/10/26(土) 19:58:12

    ミカサ「(…こうなれば、実力行使!!)」ガバッ

    アニ「っ!!」ビクッ

    ミカサ「アニー!覚悟ぉー!」サワサワ

    アニ「あ、ちょ、ちょっと!やめてよぉ///」ジタバタ

    ミカサ「…!!これは凄い弾力…同じ女でも、これはものにしたいと直感した!!」ピーン

    アニ「な、なに…言ってるんだ…い///」ジタバタ

    ミカサ「もう少しだけ…うへへ」モミモミ

    アニ「やぁっ、あぁんっ!だめぇ///」ビクビク
  56. 56 : : 2013/10/26(土) 19:58:45

    ミカサ「ふぅ、満足した。ありがとう!」ホッコリ

    アニ「…はぁ…はぁ///」ビクンビクン

    ミカサ「(しまった。調子に乗ってしまった)」

    アニ「うぅ、初めて触られた///」ウルウル グスッ

    ミカサ「…ごめんなさい。泣かせるつもりはなかったの」アセアセ

    アニ「……」グスッ グスッ

    ミカサ「今度、お菓子をご馳走するから、手打ちにしてほしい」ネッ?

    アニ「……わかった」ズピッ
  57. 57 : : 2013/10/26(土) 19:59:11

    ミカサ「(一安心……でも本当に、触り心地は、最高級の絹のようだった)」ジーン

    ミカサ「(……“これ”でユークをおちょくってみよう!)」ニシシ


    ――――――――

    アニ「……はぁ」

    ミカサ「落ち着いた?」

    アニ「おおよそ」フゥ
  58. 58 : : 2013/10/26(土) 20:00:00

    ミカサ「そう。では、部屋に戻ろう。もう遅い時間だ」

    アニ「一体、誰の所為《せい》だい?」ギロリ

    ミカサ「ごめんなさい。反省はしている」シュン

    アニ「……でも、『後悔はしていない』キリッ、でしょ?」

    ミカサ「その通り、後悔は微塵もしていない」キリッ

    アニ「わかったから、もう戻りましょ」ハァ

    ミカサ「御意」

  59. 59 : : 2013/10/26(土) 20:00:13


    ザバァーーッ


    ミカサ「忘れていたけど、クリスタはどうなっただろうか」

    アニ「女子寮内とはいえ、あの恰好のまま飛び出したとしたらまずいね」

    ミカサ「ユミルが何とかしてくれていると信じるしかない」

    アニ「まぁ、1つ言えることは、ミーナでは2人を追うには、力不足ってことくらいだね」

  60. 60 : : 2013/10/26(土) 20:00:32


    ミーナ「ハックション!!」ズズーー

    ユミル「風邪引いたか?」ナデナデ

    ミーナ「うぅ、どうだろう」ズズ

    ユミル「クリスタには、うつさないでくれよ?」

    ミーナ「分かってる。じゃあもう寝るね?おやすみぃ!」モゾモゾ

    ユミル「あぁ、おやすみ!」
  61. 61 : : 2013/10/26(土) 20:01:05

    ユミル「さぁーて、私の愛しのクリスタちゃんはちゃんと寝てますかねぇ?」

    クリスタ「Zzz」スピーー スーー

    ユミル「動き回って疲れたのか、もうぐっすりで起きる気配がえねぇな」ナデナデ

    クリスタ「うぅーん」モゾモゾ

    ユミル「芋女のことは放っておくとして、どうしようか」ナデナデ

    クリスタ「むにゃぁ…」スリスリ
  62. 62 : : 2013/10/26(土) 20:01:21

    ユミル「まぁ、細かいことは後で考えるとするか!今は、クリスタが可愛い!!」

    ユミル「いや、語弊があるな。今はもっと可愛い!!」ナデナデ

    クリスタ「うぅーん……ほらぁ、にんじんだよぉ……じゃん」ムニャムニャ

    ユミル「(……なんてこったい!!)」ポカーン


  63. 63 : : 2013/10/26(土) 20:01:59

    ――――女子寮 ミカサとアニの部屋――――

    ミカサ「ただいまぁーっと」シュタタ

    アニ「なんだい、その奇怪な動きは?」シロイメ

    ミカサ「そんな、差別的な視線を送らないでほしい」シュン

    アニ「で、何それは?」ツーン

    ミカサ「スルーされた。傷つく」オヨヨ

    ミカサ「…というのは、置いておいて。これは、私の故郷に伝わる忍びの業」ドロン
  64. 64 : : 2013/10/26(土) 20:02:38

    アニ「切り替え早いね。で、その『ドロン』っていう擬態(音)語も関係あるの?」

    ミカサ「これが、私の専売特許だから。ユークもそうだったけれど『ドロン』に関しては、
        何も言えないので、今後は気にしないでもらいたい。これがないと、忍びの業を
        使っていることが伝わらないから」ドヤァ

    アニ「今回は、第二会話使わないんだね。……ユークはいつ、それを目撃したの?」

    ミカサ「ええ、2つ会話があると面白いけど、今はその時じゃない」キリッ

    アニ「あ、そう。どうでもいいけど」
  65. 65 : : 2013/10/26(土) 20:03:05

    ミカサ「(言おうか、言わまいか。悩む)」ウーム

    ミカサ「(言えば、面白いけど、今後アニにも警戒されるリスクが高まる。ので、今は黙秘)」

    ミカサ「ユークには、この前、夜に散歩しているときに遭い、話をしたに過ぎない」

    ミカサ「ので、アニは心配しなくてもいい」

    アニ「私が、あいつの事で何を心配するんだい?」

    ミカサ「“解ってる”くせに」コノコノ!

    アニ「いや、“分かんない”んだけど」ツツカナイデ
  66. 66 : : 2013/10/26(土) 20:03:44

    ミカサ「(次はどうやって仕掛けようか)」ツンツン

    アニ「そういえば、第二会話使わないんじゃなかったの?」サッソク ツカッテル ケド

    ミカサ「やはり、なにかにつけて便利だということ」ノデ コレカラモ ツカウ!

    アニ「あっそ。アンタがなに企んでるかなんて、知らないけどね」

    ミカサ「そういえば、アニ。下着のサイズが大丈夫か見せてほしい」ピーン

    ミカサ「(あわよくば、また触れるかもしれない…ぐへへ)」ニタァ

    アニ「(なんか悪い顔してる…面倒事なら、全力で回避しよう)」ウン!
  67. 67 : : 2013/10/26(土) 20:04:26

    アニ「なんだい、藪から棒に?」

    ミカサ「別に唐突な話ではない。先ほどもお風呂で話していたばかり。ので、さぁ!」

    アニ「なにが『さぁ!』なのか分かんないね」フイ

    ミカサ「そんな!アニだって“解ってる”筈」ムムゥ

    アニ「いや、だから“分からない”って」プーイ
  68. 68 : : 2013/10/26(土) 20:04:53

    ミカサ「むぅ、今日は手強い」

    アニ「…アンタどうせまた何か考えてるんでしょ?」キット ソウ

    ミカサ「べ、別に『いやらしい事』なんて考えてないっ」アセアセ

    アニ「は?私は『何か』って言ったんだけど」ズイッ

    ミカサ「あ、いや、そのぉ……おやすみなさいっ!!」バサッ モゾモゾ

    アニ「…逃げたね。まぁ現行犯じゃないからここは見逃そうか」ヤレヤレ

    ミカサ「……グーグー」
  69. 69 : : 2013/10/26(土) 20:05:05

    アニ「(寝たふりだってのがバレバレだよ)」

    ミカサ「……Zzz」スピーー

    アニ「(……早)」

    アニ「(私も寝よう…)」ギュ

    アニ「(“次は”いつかなぁ...Zzz)」スースー


  70. 70 : : 2013/10/26(土) 20:05:45
    今日の分は終了ー!

    丁度半分に来ました
  71. 71 : : 2013/10/26(土) 20:06:57
    期待!

    クリスタおもしろいw
    ジャンににんじんあげる夢ww
  72. 72 : : 2013/10/26(土) 20:12:33
    また明日たのしみー!
  73. 73 : : 2013/10/26(土) 20:14:09
    >>71

    ジャン「また――――か?」アニ「ぐぬぬ」
    というシリーズでジャンクリの魅力を知りました

    かの作者は、文章力と内容のユーモアさに秀でていると思います。

    もし読んだことのない方がいらっしゃったら、ぜひ読んでみることをお勧めします

    そのほかにも同じ作者の方が執筆された
    クリスタ「……ようこそ、私の隠れ家へ」
    という作品も大変面白いですよ!
  74. 74 : : 2013/10/27(日) 19:22:25

    ――――翌日――――

    クリスタ「皆、昨日は暴走しちゃってごめんね?」ペコリ

    ミカサ「いいえ、気にしないで。私も執拗に焚き付けて申し訳なかった」

    ユミル「全くだ。うちのクリスタちゃんは、まだ耐性が低いんだから慎重に取り扱えよ!」

    アニ「アンタも取り乱してたじゃないか。お互い様だろ?それにクリスタをモノ扱いしない」

    クリスタ「アニ、ありがとう。でもやっぱり、暴走に至った私が悪いの」
  75. 75 : : 2013/10/27(日) 19:22:45

    ミーナ「場所が、女子寮内でよかったね。幸いユミルがすぐに追いついて
        担いで行ったお陰で、周囲には知られてないみたい」チラチラ

    ミカサ「確かに、そのような噂は広まっていないよう」

    アニ「アンタこそ、一命を取り留めてよかったね」

    クリスタ「なんだ、アニあの時の会話、ちゃんと聞いてたんだ」

    アニ「…別に“聞こえてきた”だけだよ」

    ミカサ「近くに彼も居たから?」ニヤリ
  76. 76 : : 2013/10/27(日) 19:23:33

    アニ「…知らないけど、余計なことは口にするんじゃないよ」ギロリ

    ミカサ「そんなに睨まないでほしい。折角の綺麗な顔が台無し」ニヤニヤ

    アニ「くっ!素直に喜べないじゃないか」グヌヌ

    ミカサ「ほぉ、アニも綺麗と言われると嬉しがるとは、初耳」ニマニマ

    アニ「…もう、アンタには口きかないことにするよ」プイッ

    ミカサ「あ、ごめんなさい。だから、ねぇお願い。口を利かないのは止めてほしい」ユサユサ

  77. 77 : : 2013/10/27(日) 19:23:53


    ミーナ「ミカサとアニあんなに仲が良かったんだぁ、いいなぁ」

    ユミル「なんだぁ、どっちに嫉妬してるんだ?」

    ミーナ「ミカサ…かなぁ?」

    クリスタ「最近、特に仲良くなったよね」

    ユミル「まぁ、あれを仲がいいと判断するには、あいつらともある程度仲良くないと、分からねぇよな」

    ミーナ「…よし!私もアニと絡んでくる!!」ダッ

  78. 78 : : 2013/10/27(日) 19:24:12


    ワタシモ イレテーー!

    チョ トビコンデ クルンジャ ナイヨ

    ワイワイ キャーキャー


    クリスタ「……」ウズウズ

    ユミル「…時には我慢だ、クリスタ」ポン

    クリスタ「…はっ!いけない、いけない!!…でも楽しそうだなぁ」ポケーー

    ユミル「お前には私がいるだろぉ?」ギュウギュウ

    クリスタ「ゆみりゅぅ、あっついよぉ」ムギュムギュ

  79. 79 : : 2013/10/27(日) 19:24:45


    オリャオリャ ギュウギュウ

    チョット イタイヨォ ムニュゥゥウ


    ユーク「あちらは、今日も平和だな」ポケーー

    エレン「そうだな、そのおかげで、こっちは静かに飯が食える」モッグモッグ

    アルミン「エレン、本当のこととはいえ、少しミカサに失礼だよ?」パクパク

    エレン「誰もミカサがとは、言ってないだろ?アルミンの方こそ、ミカサに失礼だぞ?」
  80. 80 : : 2013/10/27(日) 19:25:25

    ユーク「エレンも言うようになったなぁ」ポーー

    アルミン「最近、どうしちゃったの?エレンはそんなキャラじゃなかったはずだよ?」

    エレン「どうもこうも、これが普段の俺だよ。いつもはミカサの言動が
        インパクト強すぎて、それにタジっていただけだよ」モッグモッグ

    ユーク「まぁ、それは分かる。振り回されてる身として」

    エレン「…うちの家族が、すまねぇな」

    ユーク「でも、お陰で毎日が、スリリングで楽しいからいいさ」
  81. 81 : : 2013/10/27(日) 19:25:53

    アルミン「ユークも結構、頑丈になったよね」

    ユーク「あぁ、俺自身も力がついているのを感じてる。ミカサのきまぐれに感謝だな」

    エレン「本当に嫌なら、断ってくれてもいいんだからな?」

    エレン「お前は優しいから、不本意でミカサのきまぐれの相手を
        してやってるんじゃないかって思ってたんだ」

    ユーク「そんなことないから、気にするな。それに俺もエレンには感謝してることがある」
  82. 82 : : 2013/10/27(日) 19:26:12

    エレン「それはなんだ?」キョトン

    ユーク「アニの事だ」

    ユーク「アニは人見知りだけど、エレンとの対人格闘訓練では、楽しそうにやってるよ」

    エレン「俺がアニと特訓することがお前と何の関係があるんだ?」キョトン

    ユーク「アニの技を褒めてくれる人がいれば、アニは喜び、俺は幸せを感じる」

    ユーク「俺は、アニを不幸にはしたくないからね」
  83. 83 : : 2013/10/27(日) 19:26:32

    アルミン「しっかりと考えてあげてるんだね、アニの事」

    ユーク「当たり前だよ」

    エレン「お前は本当に人徳があるな」

    ユーク「いや、本質はエレンがミカサの心配をするのと同じだよ」

    ユーク「(人徳…か。それが人ならば、その言葉が合うだろうけど…)」

    エレン「俺は別にミカサを心配してるわけじゃ…」

    エレン「ただ単に、あいつが騒動を起こして、周囲に迷惑をかけるのが嫌なだけで…」
  84. 84 : : 2013/10/27(日) 19:27:41

    ユーク「いや違うぞ、エレン。お前は、本当にミカサを気に遣《や》って、
        彼女の事を心配しているんだ」

    ユーク「でなければ、最初から関与せず、放っておけばいい」

    エレン「……」

    ユーク「放任主義な家庭すらあるほどだ。」

    ユーク「血のつながりのない家族をちゃんと気に掛けることが
        できるのは、エレンがミカサを愛しているからだ」

    アルミン「……」
  85. 85 : : 2013/10/27(日) 19:28:12

    ユーク「その愛の根底が家族にあるのか、それとも別なのかは、俺は知らない」

    ユーク「けど、エレンとミカサにはちゃんと強い繋がりがある。この事実だけで十分だ」

    エレン「…そうか、わかったよ。ありがとな!」

    アルミン「僕も友達として、エレンやミカサは勿論、ユークの事も大切にするからね!」

    ユーク「ふふ、ありがとう」

    エレン「あぁ!俺達はずっと友達だ!!」

    ユーク「それじゃあ、今日も訓練へ向かおうか!!」


  86. 86 : : 2013/10/27(日) 19:28:34

    ――――夜 倉庫裏――――

    ライナー「集合完了。今回も定期報告会だ。早速、行おう」ヒソヒソ

    ベルトルト「今回は、何もないよ」

    アニ「私も、特にはない」

    ユーク「俺も…だが、3年目ともなると、大体の情報は出尽くしているな」

    ユーク「残りの1年は、書庫での情報収集と周囲の人間の近辺調査でいいんじゃないか?」
  87. 87 : : 2013/10/27(日) 19:29:20

    ライナー「そうだな、文献調査は必要だな。ただ少し時間がないというのが、弱点だ」

    ベルトルト「もう僕たち4人とも上位が定番になっているから、いいんじゃないかな?」

    アニ「成績を通算して考えても、外野のダークホースによる大逆転負けもないだろうね。」

    ユーク「俺は、まだ3人に1度も勝ててないから、悔しいんだけどな」グヌヌ

    ライナー「それは、この前話しただろ?お前が伸びるのは、これからだって」

    ユーク「でも、焦りたくもなる」
  88. 88 : : 2013/10/27(日) 19:29:59

    アニ「アンタも拘《こだわ》るね。『4位の壁』に」クス

    ライナー「全くだ。俺達がお前を置き去りにすることはないから、安心しろ」

    アニ「アンタは、私達のとの成績の差に拘りすぎなんだよ」

    ライナー「俺達の目的は、訓練で上位に入ることに帰結するわけじゃないんだぞ?」ハハハ

    ベルトルト「ユーク、ここに居る目的、忘れてないよね?」
  89. 89 : : 2013/10/27(日) 19:30:22

    ユーク「当たり前だ。故郷に帰るための手段として、1人も残さない。次は2枚目だ」

    ベルトルト「そう。解っているならいいよ。でもユーク、そしてアニ!」

    アニ「!!」ドキリ

    ユーク「うん?」

    ベルトルト「最近の君達は、ミカサとつるんで以来、目立ちすぎている。気を付けて」

    ユーク「ミカサからは、誰も逃れられないよ。俺も少しだけ困ってる」
  90. 90 : : 2013/10/27(日) 19:30:42

    ライナー「『少しだけ』とは?」

    ユーク「…楽しいんだ。今の生活」

    ベルトルト「!!」

    ライナー「……」

    アニ「(やっぱり、ユークもそう思っていたんだ)」

    ベルトルト「ユーク、君は彼女(人間達)に毒されて来てるんだ」

    ユーク「そんなことはない。故郷へ帰ることとこの生活を楽しく過ごすことは、別の問題だ」
  91. 91 : : 2013/10/27(日) 19:31:00

    ユーク「俺も今年で15なんだから、この程度の分別はつけて、最後には、けじめをつける」

    ベルトルト「僕は、過去の君が居なくなってしまうんじゃないかって、心配なんだ」

    アニ「……」

    ユーク「それなら、ライナーだって、そうだろ?」チラ

    ライナー「うっ……」ドキリ

    ベルトルト「…気づいていたの?」
  92. 92 : : 2013/10/27(日) 19:31:41

    ユーク「あぁ、ライナーとはあくまで他人のふりをしてきたけど、
        ここに来てからの変化は、おおよそ察知できていた」

    ユーク「ライナーも変わってきている。俺と同じように。アニもな」

    ライナー「!!」

    アニ「!!」

    ベルトルト「……君は平気なの?ちゃんと、戦士で居続けられるの?」

    ユーク「…人は変わる。時にはその色や形までも」

    ライナー「……」
  93. 93 : : 2013/10/27(日) 19:32:12

    ユーク「だが、俺達を支える根底にあるものは不変だ。俺達にはたった1つの信念がある」

    ユーク「たとえ、彼らがどんな人間だったからといって、それは貫くべきものだ」

    アニ「……」

    ユーク「そして真に強い者は、たった1つ以外に全て捨てられる者だ」

    ユーク「ライナー、お前の心が今にもバランスを崩して、
        倒れてしまうことは、俺もベルトルトだって解っている」

    ユーク「だが、それをどう乗り越えられるかは、結局、お前が頑張るしかないんだ」
  94. 94 : : 2013/10/27(日) 19:32:46

    ユーク「選べ、選択の期限は1年を切った」

    ユーク「俺はもう、決めているぞ?」

    ライナー「……俺は、俺は」プルプル

    ベルトルト「ライナー…」チラ

    アニ「(…私はまた、戦士になれるんだろうか)」

    ユーク「今日は、これで終わりにしよう。いつの間にか時間が経っていたな」
  95. 95 : : 2013/10/27(日) 19:33:10

    ユーク「じゃあ、先に2人が順に戻れよ。俺とアニはその後だ」

    ライナー「あぁ、わかった」

    ベルトルト「2人も気を付けてね」


    スタスタ

    スタスタ

  96. 96 : : 2013/10/27(日) 19:33:55


    ユーク「(だが、ベルトルト。俺が一番心配してるのは、お前なんだよ)」ハァ

    ユーク「(お前は、他人ばかり気にかけ過ぎだ。そのせいで自分を気に掛ける余裕がない)」

    ユーク「(今はまだ、耐えていられるかもしれないけど、このままじゃ…壊れるぞ?)」

    ユーク「(寧ろライナーの方が扱いやすい。自分の事を話題に出さないベルトルトの
        ようなタイプが説得するのに、骨が折れるんだ)」

    ユーク「さっきもそうだった。俺達の心配ばかりで、自分の事を一切、口にしていなかった)」

    ユーク「(今度、話す機会を作ろうかな?)」

  97. 97 : : 2013/10/27(日) 19:34:21


    ベルトルト「(ユークには、口論ではまるで歯が立たないな。これが彼の才能なんだろうね)」

    ベルトルト「(今の時の様に、彼が仲間で本当に良かったと思う)」

    ベルトルト「(ユーク、君は君が思っているよりもずっとすごい人なんだよ?)」

    ベルトルト「(…アニはユークといて楽しいんだろうか。楽しいんだろうね)」

    ベルトルト「(最近は、アニが笑うところをよく見かけるようになった)」

    ベルトルト「(きっかけを作るのはミカサで、彼女には勿論、感謝もしているんだけど)」
  98. 98 : : 2013/10/27(日) 19:34:34

    ベルトルト「(アニ、君にはできれば、僕の傍で笑っていてほしいんだ)」

    ベルトルト「(こういう時ほど、いつも傍にいる彼を羨ましく思うことはないな)」

    ベルトルト「(…アニ)」


    ――――――――
  99. 99 : : 2013/10/27(日) 19:34:56

    ユーク「…俺達も戻るか」

    アニ「…ねぇ、ちょっと待って」ギュ

    ユーク「袖掴んで、どうかしたか?」

    アニ「ちょっと、倉庫に入ってほしいの」グイグイ

    ユーク「もう帰らないと、怪しまれるぞ?」

    アニ「ちょっとだけで、いいからさ」ギュウ

    ユーク「…わかったよ」

    アニ「うん…」


  100. 100 : : 2013/10/27(日) 19:36:15

    本当は、ここで終えようと思っていたのですが、

    昨日と今日で嬉しい事があったので、最後まで行きます!!

    それでは、最終パートです
  101. 101 : : 2013/10/27(日) 19:36:39

    ――――倉庫内――――

    ユーク「更に人目を避けて、どうしたんだ?」

    アニ「あのね、実は、アンタに頼みたいことがあって…」モジモジ

    ユーク「なんだ?言ってみな?」

    アニ「それがね、そのぉ…」

    ユーク「口で説明できないなら、ジェスチャーや行動で表せばどうだ?」ストン
  102. 102 : : 2013/10/27(日) 19:37:14

    アニ「!!(ユークが座った!チャンス!!)」スッ

    ユーク「ん?」

    アニ「……」ゴロン ポスン

    ユーク「…あぁ、そういうこと?」

    アニ「…う、うん。こういうこと///」モジモジ

    ユーク「今日は、何かご希望は?」
  103. 103 : : 2013/10/27(日) 19:37:35

    アニ「とりあえず、撫でてほしい。アンタの手、安心するから///」スリスリ

    ユーク「お安い御用さ。(アニ、甘えてる…可愛いなぁ)」ナデナデ

    アニ「…ふふ」ニコニコ

    ユーク「そんなに、嬉しかった?」クス

    アニ「はっ!そ、そんなでもない///」フルフル

    ユーク「…もう遅いぞ?顔赤くして」フフ
  104. 104 : : 2013/10/27(日) 19:38:24

    アニ「うぅ、じゃあ、もう開き直るからっ!」スリスリ

    ユーク「…寂しいなら、遠慮せずにこうやって甘えて来てくれ。俺は歓迎するから」ナデナデ

    アニ「ありがと」スリスリ

    ユーク「(家族が寂しがっていて、放っておけるわけないよな)」ナデナデ

    ユーク「(こうやっていると、アニが俺を頼ってくれていると分かって、俺も嬉しい。)」

    アニ「(家族なんだから、このくらい甘えていても、問題ないよな。このくらい…)」ウン
  105. 105 : : 2013/10/27(日) 19:39:13

    アニ「(ユークの膝の上、手の愛撫。安心する…)」ポワーン

    アニ「(折角だから、アレもお願いしてみようかな?)」


    アニ「ねぇ、もう1つ、お願い…聞いてくれる?」チラ

    ユーク「(どきり)!!…なんだい?」ドキドキ

    アニ「…これ…なんだけど」ゴソゴソ スッ

    ユーク「…耳かき?お願いってこれ?」
  106. 106 : : 2013/10/27(日) 19:39:44

    アニ「そう、この前のアンタの耳掃除…気持ちよかったんだよ///」カァァ

    アニ「そ、それで…今度は…綿棒じゃなくて、耳かきで…してほしくて///」モジモジ

    ユーク「…ていうか、さっきからずっと、これを持ってたってこと?」

    アニ「あ、そ、それは…」アセアセ

    ユーク「どう考えても、会議で必要なかったよな?」ジッ

    アニ「う、うん…」
  107. 107 : : 2013/10/27(日) 19:40:07

    ユーク「……」

    アニ「やっぱり、駄目だよね…こんな不純な私じゃ…」

    アニ「(初めから、この機会を窺《うかが》っていたなんて…)」

    ユーク「(アニ、最初から俺を頼ろうとしてくれていたのか?)」

    ユーク「わかったよ。じゃあ、貸して」スッ

    アニ「え!?」
  108. 108 : : 2013/10/27(日) 19:40:36

    ユーク「希望通りにしてあげるから、はい貸して」スッ

    アニ「はいっ」スッ

    ユーク「意外なリクエストで驚いたけど、了解した」パシッ シャキン

    アニ「…よろしくお願いします」ジッ

    ユーク「今回は綿棒じゃないから、痛かったらちゃんと言ってくれよ?」

    アニ「うん、わかった」
  109. 109 : : 2013/10/27(日) 19:41:12

    ユーク「それじゃ、始めるよ!」スッ

    アニ「……」ギュ

    ユーク「なんで、目閉じたの?」キョトン

    アニ「え?だって、恥ずかしいでしょ?」ギューー

    ユーク「(寧ろ可愛いんですけどね。)でも、じっとしててな?」

    アニ「わかった……んん!」ビクッ
  110. 110 : : 2013/10/27(日) 19:42:24

    ユーク「はい、落ち着いてなぁ」ホジホジ

    アニ「……んぁっ///」ビクビク

    ユーク「アニは、ほんとに耳弱いよね」ホジホジ

    アニ「自分で...やる分には…んぁっ!…平気なんだけどねっ…あぁっ///」ビクッ

    ユーク「(こんなに敏感に反応されても困るんだけどなぁ)」ホジホジ

    ユーク「じゃあ、自分でした方がいいんじゃないか?怪我もしないし」

    アニ「たまには、アンタのもいいかなって、思ったんだよ…あぁ!そこっ!////」ビクン
  111. 111 : : 2013/10/27(日) 19:43:07

    ユーク「…ちょっと声、大きいぞ?特に喘ぎ声…」ホジホジ

    アニ「だって、抑えられないんだから、しょうがないでしょ?///」ビクビク

    ユーク「はいはい、気を付けてくださいな」ホジホジ

    アニ「それより、アンタ。ちゃんと見えてるの?」

    ユーク「見えてるけど?」

    アニ「この倉庫、暗いでしょ?」

    ユーク「月明かりも手伝ってくれてるし、ちゃんと見えてるよ?」
  112. 112 : : 2013/10/27(日) 19:43:45

    アニ「私はアンタの顔を認識するので、精一杯なんだけど」

    ユーク「でも、俺はちゃんと見えてるぞ?現にこうしてアニに怪我させてないし」ホジホジ

    アニ「なんで、そんなにクリアなんだい?」

    ユーク「森に住んでたからかな?」

    ユーク「夜に散歩もよくしたし、目が強くなっていたんだろうな」ホジホジ
  113. 113 : : 2013/10/27(日) 19:44:53

    アニ「そうなんだ。それで耳の中どう?汚い?」オズオズ

    ユーク「心配するほど汚れてないよ?剥がれた古い皮膚がある程度で、今はそれを取ってる」

    アニ「そう、よかった」

    ユーク「アニは、頻繁に耳掃除するのか?」

    アニ「1週間に2,3回程度だよ」

    ユーク「痒いのかもしれないけど、自分ですると奥まで執拗に掻いて傷つけるから程々にな」ホジホジ
  114. 114 : : 2013/10/27(日) 19:45:58

    アニ「じゃあ、アンタが気を付けて、私の耳の世話してよ///」チラ

    ユーク「別に構わないぞ?」ホジホジ

    アニ「え!?」

    ユーク「あ、暴れるな!危ないから」ギュ

    アニ「ご、ごめん…でも、それ本当かい!?」

    ユーク「だから、OKだって」ホジホジ

    ユーク「(寧ろ、僥倖《ぎょうこう》だろ、それ)」
  115. 115 : : 2013/10/27(日) 19:46:37

    アニ「じゃ、じゃあ、是非…頼もうかな…///」モジモジ

    ユーク「頻度とか場所とか考えてあるの?」ホジホジ

    アニ「ここでいいんじゃない?アンタも耳の中が見えてるなら、夜でもいいし」

    ユーク「分かったよ。でも頻繁にだと怪しまれるぞ?」

    アニ「…気を付ける」

    ユーク「ほんとか?」クス

    アニ「む!大丈夫だって!!」
  116. 116 : : 2013/10/27(日) 19:47:47

    ユーク「じゃあ、俺からも条件だ」

    アニ「何?」

    ユーク「アニは、自分で耳掃除するの、禁止な」ニヤ

    アニ「な、なんだって!?」ガーン

    ユーク「だって、そうしないと、耳の中が荒れちゃうだろ?許さないよ?」ジッ

    アニ「うぅ…」
  117. 117 : : 2013/10/27(日) 19:48:34

    ユーク「守れないんだったら、約束は破棄かなぁ」チラ

    アニ「あぅぅ、そんなぁ…」ワナワナ

    ユーク「(動揺するアニ、可愛いな)」.

    ユーク「さぁ、選べ!俺か自分か」サァ!

    アニ「…じゃ、じゃあ、ユークにお願いする。自分ではしないって約束するよ」ガックシ
  118. 118 : : 2013/10/27(日) 19:49:04

    ユーク「もっと、喜んだらどうだ?」ニヤニヤ

    アニ「素直に喜べないよ、これじゃあ」

    ユーク「アニの耳は俺が責任もって世話しますので、ご心配なく」

    ユーク「それこそ、アニが自分でする気もなくすくらいにな」ニッ

    アニ「ちゃんと、私の要望通りにしてよ?」
  119. 119 : : 2013/10/27(日) 19:49:44

    ユーク「あぁ、いいよ。でもこれで、完全に管理されちゃったな」フフ

    アニ「あっ!それだけは、言わないようにしてたのにぃー!!」ポカポカ

    ユーク「はは、痛くねぇなぁ」ツンツン

    アニ「ちょっと、私で遊ばないでよ!」

    ユーク「…それで、ご要望は?」ニコ

    アニ「…反対側もお願い」ゴロン ジッ
  120. 120 : : 2013/10/27(日) 19:50:58

    ユーク「承りました、お嬢様」スッ ホジホジ

    アニ「べ、別にそんなのはいいからっ///」

    ユーク「じゃあ、普段通りで」ホジホジ

    アニ「(あぁ、気持ちいいなぁ――――)」


    ――――――――
  121. 121 : : 2013/10/27(日) 19:51:43

    アニ「Zzz」

    ユーク「(案の定、寝ちゃったか)」ヤレヤレ

    ユーク「(意外な展開になったな。本当に予想外だ)」

    ユーク「(アニもやっぱり、寂しかったんだな)」チラ

    アニ「Zzz…むにゃむにゃ」

    ユーク「(アニ、家族として君を寂しくなんてさせないからな)」ナデナデ

    アニ「うぅーん…Zzz」スリスリ
  122. 122 : : 2013/10/27(日) 19:52:53

    ユーク「(…俺は、知っている気がする。何かの存在に…)」チラ

                ミカサ「こんばんは」ノゾキ

    ユーク「(そうでしたねぇ、貴方がいましたねぇ。すっかり油断して、忘れてました)」

    ユーク「(って、いやいやいや!!やばいんじゃないか、これ!?)」

    ユーク「(会話の内容こそぼかしていたけど、実際に疑問を持たれたらやばい会話だ)」

    ユーク「(…倉庫裏での会議、聞かれてなかった…よな…?)」タラリ

                ミカサ「そんな怖い顔してどうしたの?」シュタッ
  123. 123 : : 2013/10/27(日) 19:53:24

    ユーク「(様子を見ながら、聞き出すしかないな。確証が欲しい!)」

    ユーク「…驚いただけだ。そんなところに居たとはな」

    ミカサ「ふふふ、貴方もまだまだ修行が足りない」ドロン

    ユーク「君はいつ修行を積んだんだい?9歳からはエレンの家だろ?」

    ミカサ「ふふふ、秘密」ニコ シーッ
  124. 124 : : 2013/10/27(日) 19:53:52

    ユーク「(まぁ別にこの会話は『繋ぎ』に過ぎない。本題はその先にある!)」クワッ

    ユーク「いやぁ、ミカサに聞かれてたとはな。参った参った。(少し間抜けを演じて…)」

    ミカサ「今回もまた貴方達の面白い会話が聞けた」ニヤリ

    ユーク「(今のじゃあ、よくわからないな。いつからいたのかが問題だ。俺達の後か先か)」

    ユーク「(…だが、まだタイミングではない)」
  125. 125 : : 2013/10/27(日) 19:54:15

    ユーク「どんな話が面白いって?(ミカサの方から答えを誘導してみよう)」

    ミカサ「アニがあんな風に甘えてくるなんて、おそらく貴方はもう少しで
        耐えられなかったのではないだろうか?」ニマニマ

    ユーク「まぁ、それは否定しない」キリッ

    ユーク「(ミカサもこちらを警戒していて、話題をそちらへ移すことはしないのだろうか?)」

    ユーク「(なら、仕方ない。本題を聞くとしようか。どちらにせよ、この答え次第だ)」
  126. 126 : : 2013/10/27(日) 19:55:42

    ユーク「ミカサは、俺達が倉庫に入った時から、天井裏に居たのかい?」

    ミカサ「いいえ、私が倉庫の天井裏へ登ったのは、散歩をしている時に
        倉庫の中から、女性の声が聞こえてきた」

    ミカサ「ので、中で何か如何わしいことをしているのではと思い、戸の隙間から覗いた」

    ミカサ「案の定、貴方達は『如何わしいこと』をしていた」ニヤリ

    ユーク「それは、聞き捨てならないな。別に咎《とが》められることじゃない」

    ユーク「(この返答だけから判断すれば、即答であったし、嘘の可能性は低そうだ)」
  127. 127 : : 2013/10/27(日) 19:56:44

    ユーク「(あくまで勘だけど、今ミカサが言っていたことは本当で、
         外での会議は聞かれていないと考えてもいいだろう…よかった)」ホッ

    ユーク「(もし、聞いていたとして、更にその会話の内容に疑問を感じることが
         あったとしたら、全く動揺を見せていない今の会話の応答は不自然…)」

    ユーク「(考え過ぎか…)」


    ミカサ「(…咄嗟に嘘をついてしまった)」

    ミカサ「(本当は、今日何か起こるんじゃないかという勘に従って、
        倉庫の天井裏で待機していた。)」
  128. 128 : : 2013/10/27(日) 19:57:38

    ミカサ「(他に誰が居たかまではよく分からなかったけど、そこにユークが
         居たことだけは声で分かった。いつも一緒に居るから)」

    ミカサ「(でも、これは、私の中だけに留めておこう。ユークにも私の知らない
         プライベートがある。そこだけは人として尊重しなければならないと思う)」

    ミカサ「それでは、この事を他言しない代わりにお願いがある」ズイッ

    ユーク「な、なんだい?(あれ、なんかデジャヴが…)」ドキリ

    ミカサ「私も耳掃除してほしい///」モジモジ
  129. 129 : : 2013/10/27(日) 19:58:12

    ユーク「(前回、断ってその上おちょくったら、酷い目に遭ったからな。今回は素直に…)」
        (『――番外編―― 第7話』参照)

    ユーク「わかったよ。さぁ、おいで…と言いたいところだけど、アニが寝ていて動けないな」

    ミカサ「ならば、少しの間、アニを失礼して…」

    ユーク「…あっという間に、且つ静かにアニを移動させたな」

    ユーク「では、改めて、どうぞ」ポンポン

    ミカサ「うん、では、失礼する」ゴロン
  130. 130 : : 2013/10/27(日) 19:58:36

    ユーク「アニの使ったやつだけど、構わないかい?」スッ

    ミカサ「ええ、アニのであれば、私はあまり気にしない」

    ミカサ「ので、思う存分どうぞ」

    ユーク「(変な言い方だなぁ)」ホジホジ

    ミカサ「…!!やぁんっ///」ビクン

    ユーク「……」

    ミカサ「……」
  131. 131 : : 2013/10/27(日) 20:00:08

    ユーク「…ミカサも耳弱かったのか?」

    ミカサ「…い、いえ、そんなはずないのだけれど」ワナワナ

    ユーク「……」ホジリ

    ミカサ「ひゃぁっ!!///」ビクビク

    ユーク「……」

    ユーク「……今夜は、覚悟しろよ?」ニヤリ

    ミカサ「え!?や、やっぱり、やめて…きゃぁぁあーー!///」


    ――――――――
  132. 132 : : 2013/10/27(日) 20:00:41

    ユーク「ふぅ、良い戦いだった」コキコキ

    ミカサ「…はぁ…はぁ///」ビクンビクン

    ユーク「耳掃除しただけだろう?それに君から頼んできて、何て情けない恰好してるんだ」

    ミカサ「こ、これは…貴方の技術がすごいだけ…///」ハァハア

    ユーク「俺は、普通にやってるだけなんだけど…」
  133. 133 : : 2013/10/27(日) 20:00:57

    ミカサ「ユーク、この技はアニと私以外にしてはいけない!危険過ぎる!!///」クワッ

    ユーク「はいはい、技のつもりないし。(そんな顔赤くして迫真に迫られてもなぁ)」

    ミカサ「絶対にダメ!ダメだから!!」メッ!

    ユーク「念を押しすぎだ。大丈夫、分かったから」ヤレヤレ

    ミカサ「それでは、私は失礼する///」フラフラ
  134. 134 : : 2013/10/27(日) 20:01:17

    ユーク「そんな覚束ない足取りで大丈夫か?」

    ミカサ「私の心配は要らない。それよりアニをちゃんと送り届けて」

    ミカサ「今の私には、アニを運ぶ余裕すらない。ので、お願い」ヨチヨチ

    ユーク「(遂によちよち歩きになったか、こうして見ると恐ろしいな、俺の技)」ホー

    ユーク「わかったよ、気を付けて帰れよ?」フリフリ

    ミカサ「ええ、おやすみなさい」フラフラ ヨチヨチ

  135. 135 : : 2013/10/27(日) 20:01:54


    ユーク「それじゃ、アニを起こそうかな」

    アニ「Zzz」スースー クシュン

    ユーク「あっ、風邪引いたのか?」

    アニ「Zzz…うぅ」ブルブル

    ユーク「何か毛布的なものないかな」キョロキョロ

    ユーク「俺の上着を掛けておこう」パサッ

    アニ「Zzz」スースー
  136. 136 : : 2013/10/27(日) 20:02:27

    ユーク「少しは温かくなったのか、落ち着いたな」ホッ

    ユーク「起きそうにないから、また膝の上に載せておこうか」ヨイショット

    アニ「Zzz…うぅーん」スリスリ

    ユーク「このすりすりは最早、アニの癖だな。脊椎反射レベルの反応だ」クス

    アニ「Zzz…むにゃむにゃ」スピーー

    ユーク「よくおやすみ、アニ……Zzz――――」


  137. 137 : : 2013/10/27(日) 20:03:10

    ――――翌朝――――

    ユーク「…ん」パチリ

    アニ「おはよう」

    ユーク「アニ…なんで俺、転がってるんだ?」

    アニ「アンタ、一晩中、私を膝枕してくれてたんでしょ?上着も掛けてくれて、ありがと」

    ユーク「そのお礼が、アニの膝枕って事?」
  138. 138 : : 2013/10/27(日) 20:03:58

    アニ「アンタに風邪ひかれても困るし、まぁその通り、お礼だよ」ニコ

    ユーク「(たまに見せてくれるその笑顔が、俺は一番好きだよ)」

    ユーク「ありがとう。でも、もう起きるよ」ムクリ

    アニ「…折角なんだから、もうちょっとゆっくりしてなよ。まだ朝早い時間だし」グイッ

    ユーク「…じゃあ、そうするよ」ポスン ゴロン
  139. 139 : : 2013/10/27(日) 20:04:47

    アニ「……」

    ユーク「……」ウトウト

    アニ「昨日は、ありがとね。突然のお願い聞いてもらって」

    ユーク「俺も好きでしてたから、お互い様だよ」

    アニ「それに、またしてくれるって約束もしてくれたよね?」

    ユーク「あぁ、その代わり、アニは自分ではしないこと。いいね?」
  140. 140 : : 2013/10/27(日) 20:05:52

    アニ「それくらい、安い代償だよ。寧ろ次が楽しみで仕方なくなる」クス ニコ

    ユーク「そう言ってもらえると、俺も嬉しいよ」ニッ

    アニ「上着、返しといたから」

    ユーク「…そういえば、身体に掛かってたな。気付かなかった」

    アニ「なんでだい?」クス

    ユーク「もっと温かいものを頭が感じてるからな」スリスリ
  141. 141 : : 2013/10/27(日) 20:06:29

    アニ「ふふ、なんだいそりゃ?」クスクス

    ユーク「まぁ、そう言うな。俺も少し、恰好つけたかっただけだから」ニコ

    アニ「たまには、私もこうやって膝枕くらいならしてあげるよ」

    ユーク「それは、ありがたいな。幸せだ」ウットリ

    アニ「ふふ、調子いいんだから」クスリ
  142. 142 : : 2013/10/27(日) 20:07:02

    ユーク「…そろそろ戻ろうか」ムクリ

    アニ「そうだね。それじゃ先に行って」

    ユーク「あぁ、ありがとうな、アニ!」フリフリ


    ガラッ

    スタスタスタ

  143. 143 : : 2013/10/27(日) 20:07:31


    アニ「それじゃ、私も戻ろうかな…ふふ」ニコリ


    ―――――――― 


    スタスタスタ


    ユーク「昨日からいろいろあったな」

    ユーク「定期報告会の後にアニに耳掃除を頼まれて、それをミカサに見られていて」ハラハラ
  144. 144 : : 2013/10/27(日) 20:08:34

    ユーク「ちょっと俺達の正体の事で怪しい雲行きだったが、杞憂に終わって」フゥヤレヤレ

    ユーク「朝起きたら、逆にアニに膝枕されてて…幸せな気持ちだったな…」ウットリ

    ユーク「…ベルトルトの言ったように、人に毒されてきてると言われても、否定はできない」

    ユーク「事実、俺はこの日常が気に入っている。少々大変だけど、それに目をつぶれば…」

    ユーク「…こんな幸せな毎日がいつまでも続くなら、この先、辛い思いもしなくて済むんだけどなぁ」ハァ
  145. 145 : : 2013/10/27(日) 20:09:51

    ユーク「…いや、辛い事があるから幸せを感じるし、辛さもまた感じられるんだよな」

    ユーク「初めから幸せな人間は、最後までその幸せを実感できない世界一の不幸者だ」

    ユーク「でも、辛さから逃れることは、許されない。俺達はもう、後戻りはできないから…」

    ユーク「でもごめん、ベルトルト。俺あの時、最後に1つだけ嘘をついたんだ」

    ユーク「俺は、まだ選べていないよ。俺はきっと――――」



    進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話

    『まだ見えぬ、信念《みち》の未来《さき》』



    La Fin.


  146. 146 : : 2013/10/27(日) 20:10:36
    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845
  147. 147 : : 2013/10/27(日) 20:10:48

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038
  148. 148 : : 2013/10/27(日) 20:14:54

    第8話完結です

    話の流れに途中困りましたが、何とか立て直して、締めにつなげられたと感じています

    次回からは、Another本編を再開します

    物語は、――憲兵団配属編――

    ユークの人生に影響を与えるであろう、新たな同期が登場します

    ユークが憲兵団という世界を見て、何を感じ、どのような行動へ移すのか...

  149. 149 : : 2013/10/27(日) 20:57:01
    良かったです。
    ユーク、最後どうなるんだろ…
    本編期待!
  150. 150 : : 2013/10/27(日) 21:20:30
    ユークってどういう顔してるの?顔の特徴とかある?
  151. 151 : : 2013/10/27(日) 21:27:46
    今回も良かったです(≧∇≦*)

    ユークの耳掃除、すごすぎる…


    いよいよ本編ですか!!
    楽しみです(*'▽'*)
  152. 152 : : 2013/10/28(月) 09:53:37
    >>149
    アロマさん、今回もコメントありがとう!

    ユークの最期はやはり、物語の最期まで分からないように、
    (できるだけ)うまい具合に仄めかしながら、書きます
  153. 153 : : 2013/10/28(月) 09:59:44
    >>150
    カリーさんは、確か初コメントかな?

    ユークの顔の特徴は、特に物語中で述べるつもりはありません

    特別イケメンでもなく、かといって下の方でもない。
    まぁ、中の上くらいの目もちゃんと大きさのある青年
    だと思ってください。

    身体的なスペックは、卒業時点で
    髪長め、前髪で左目が少し隠れている
    身長180cm
    体重65kg
    座高94cm
    なので足ちょっと長めです

    誰を参考にしたなんて、言えませんが...



  154. 154 : : 2013/10/28(月) 10:01:50
    >>151
    ベル好きの弓使いさんもありがとう!

    ずっと番外編ばっかりで、本編書いたの2週間ぶりくらいだったから、
    文章の感覚が少し鈍ってて、『あれ、これ番外編に似てね?』
    という印象を受けるかもしれません

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場