ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

エレアニ「好きだ」

    • Good
    • 21

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/13(日) 01:51:59
    エレアニです

    初投稿です

    多分ネタバレ注意

    よろしくお願いします
  2. 2 : : 2013/10/13(日) 01:53:18

    アニ「……」

    つまらない
  3. 3 : : 2013/10/13(日) 01:56:57

    対人格闘訓練なんかめんどくさい

    適当にサボろう

    ん…ライナーが来た…

    隣の奴は…エレンっていう死に急ぎ野郎か

    ライナー「教官の頭突きは嫌か?」

    ライナー「それ以上~~以下略」

    !…身長のこと言うとは…死にたいようだね…

    エレン「は?何だよ…その言い草…!」
  4. 4 : : 2013/10/13(日) 01:57:34
    期待‼
  5. 5 : : 2013/10/13(日) 02:01:03

    エレン(すげぇ怒ってる…~以下略~)

    ~~中略~~

    アニ「はあ…」

    ライナー重いから蹴るの疲れる…

    さっさとどっか行こう…

    エレン「すげぇ技術だな」

    !…こいつ…

    エレン「誰かか教わったんだろ?」

    アニ「…お父さんが…」

    この技に興味持ったんだ…

    ~~中略~~

  6. 6 : : 2013/10/13(日) 02:06:25

    食堂

    ジャン「ふざけんなよてめぇ…‼」

    エレン「ハァ⁉」

    死に急ぎとジャン…またやってるよ…

    どっちかが大人になればいいものの…

    エレン「お前いい加減にしねぇと…」

    エレン「!…ふっ‼」バシッドサッ

    !…あいつ…私の技を…

    ~~中略~~

    エレン「お前…それでも…兵士かよ」

    へー、あいつ…面白い事してくれるね

    まぁ…少しかっこ良かったな…
  7. 7 : : 2013/10/13(日) 02:11:38

    訓練場

    エレン「しかしどうだオレの蹴り技は?見よう見まねだがうまく決まったよな」

    !…こいつ…

    アニ「は…全然駄目。まったくなってない」

    エレン「何だよ…どこが悪いって言うんだ?」

    まぁ…教えてやってもいいかな…

    アニ「…そんなにこの技が気に入ったのなら、教えてやってもいいけど?」

    エレン「え?やだよ。足蹴られんの痛いし」

    !…こいつは…

    アニ「…遠慮なんかしなくていいって」バシッドサッ
  8. 8 : : 2013/10/13(日) 02:21:40

    数日後

    エレン「えーと…あ、居た。おーい!アニー!」

    …やっぱり来たか…

    エレン「また一緒にやろうぜ!」

    アニ「あんたも懲りないね…そんなに地面に叩きつけられるのが気に入ったの?」

    エレン「んな訳ねぇだろ‼…まぁその技は気に入ったかな!」

    アニ「へー、じゃあ早く構えな。体に染み込ませてあげるよ」

    エレン「望むところだ!いくぞ!」

    シュッサッバシッドサッ

    エレン「いつつ…クソ…また負けた!」

    アニ「そんな簡単にやられるほど私も弱くないよ」

    こいつ…たった数日で上達してる…

    エレン「うーん…もうちょっとだと思うんだけどな…」

    アニ「まぁ少しは上達してるよ」

    エレン「マジで⁉よっしゃ!アニに言われると嬉しいな!」ニコッ

    アニ「///…ふんっ。ほら、次は立体起動の訓練だよ。」
  9. 9 : : 2013/10/13(日) 02:29:17

    エレン「そういえばそうだな!あっ!次の立体起動の訓練二人一組じゃん…誰とやろうかな…」

    これは…誘った方がいいのかな…

    アニ「ねぇ。私と一緒にやらない?」

    エレン「えっ⁉アニと⁉」

    アニ「あっ、嫌ならいいんだけど…」

    エレン「そんな事ねぇよ!アニは立体起動も上手いしこっちからお願いしたいぐらいだ!よろしくな!」

    アニ「うん…よろしく…///」

    エレン「ドキっ///」

    エレン(何だ今の…上目遣いで顔赤らめるとか…)

  10. 10 : : 2013/10/13(日) 02:38:15

    立体起動訓練中

    エレン「よしっ!あっちにマトあるぞ!いくぞ!アニ!」

    アニ「ああ。OK」

    エレン「ふっ‼」ザク

    アニ「はっ!」ザクッ

    エレン「クソッ!やっぱり斬撃の深さはアニの方が上か!」

    アニ「あんたは力任せなんだよ。ちゃんとタイミングとか角度とかを考えてやればいいんだよ」

    エレン「そうか…わかった!ありがとう!アニ!」

    くっ///…こいつはいちいち真っ直ぐなんだから…///

    エレン「ん?ッ⁉アニ‼前見ろ!」

    アニ「えっ⁉ッ⁉」



  11. 11 : : 2013/10/13(日) 02:50:46

    目の前に木が!

    エレン「アニ‼‼」

    アニ「くっ‼」サッ

    なんとか避けられたけど、体制がわるい…落ちる‼

    エレン「おおお‼アニ‼‼」

    ガシッ

    えっ?何が?

    エレン「アニ大丈夫か!」

    …ッ⁉///…お姫様抱っこされてる///

    アニ「エレン⁉///」

    エレン「良かった無事で!もうゴールも近いし下ろすのめんどいからこのまま行くぞ!」

    このまま…?…ッ⁉ちょっと待って!このままって!

    アニ「エレン!大丈夫だから下ろしエレン「ゴール!!」

    アルミン「エレン!意外と遅かっ……え?」

    ミカサ「エレン!大好きだっ……はぁ⁉」

    ザワザワ…オイオイエレンガアニヲオヒメサマダッコシテルゾ

  12. 12 : : 2013/10/13(日) 02:53:40

    ミカサ「エレン!大好きだっ……はぁ⁉」×

    ミカサ「エレン!大丈夫だっ……はぁ⁉」○

    でした!すみません!
  13. 13 : : 2013/10/13(日) 03:01:20

    ミカサ「エレン…なんでアニをお姫様抱っこしてるの?」

    エレン「ん?いや、アニが落ちそうになったから助けたんだよ」

    アニ「///…エレン!もう大丈夫だから下ろして///」

    エレン「ん?あー、悪い悪い」

    アニ「いや、その……ありがとう///」

    エレン「気にすんな」ニコッ

    あー、やばい…今たぶん私の顔真っ赤だろうな…

    エレン…カッコよすぎでしょ

    女子寮

    ミーナ「ねぇねぇアニ!エレンとは何があったの!」

    アニ「別に何もないよ。私が落ちるのを助けてもらっただけだよ///」

  14. 14 : : 2013/10/13(日) 03:02:06

    今日はここまで!

    おやすみなさい!

  15. 15 : : 2013/10/13(日) 03:07:06
    素晴らしい
  16. 16 : : 2013/10/13(日) 09:41:26

    投稿しまーす

    誰か見てくれていると嬉しいな!
  17. 17 : : 2013/10/13(日) 09:42:45
    >>16 見てマース
  18. 18 : : 2013/10/13(日) 09:49:11
    見てるよ〜
  19. 19 : : 2013/10/13(日) 09:50:17

    ミーナ「へー、よかったね」ニヤニヤ

    よくなんかない…私は…

    戦士になり損ねた…

    アニ(やっぱり好きになったのかな…エレンのことが」

    ミーナ「あのー、アニさん。途中から完全に声に出てますが」

    ん?……ッ⁉///

    アニ「…嘘…でしょ?」

    ミーナ「へー、エレンのことが好きなんだ」ニヤニヤ

    あー、もう最悪…

    アニ「……///」

    ミーナ「無言で通そうとしてるかもしれないけど、顔真っ赤だからね?」

    アニ「ッ⁉///……あーもうそうだよ!私はエレンのことが好きだよ!」
  20. 20 : : 2013/10/13(日) 10:10:53

    あー、もう言っちゃった…

    ミーナ「あ、アニさん。そんなに大声で言わなくても…」

    アニ「あ///」

    ハンナ「へー、アニはエレンが好きなんだ」ニヤニヤ

    サシャ「そうだったんですか!知らなかったです!」

    アニ「……///」

    ハンナ「赤くなっちゃって、アニ可愛い!」

    サシャ「そんなに好きなんですね」

    ミーナ「だけどエレンは倍率高いよ?」

    ……へ?

    アニ「倍率?」

    ミーナ「意味わからない?簡単にいえば、みんな狙ってるってこと」

    アニ「そうなの⁉」

    ハンナ「アニ知らなかったの?」

    サシャ「私でも知ってましたよ」

    ミーナ「まぁ、エレンは目つき怖いけど、普通にイケメンだからね。しかも成績も上位だし」
  21. 21 : : 2013/10/13(日) 10:24:52
    アニかわゆす(●´ω`●)
  22. 22 : : 2013/10/13(日) 10:25:46

    そんな…

    アニ「誰が狙ってるの?」

    ミーナ「わかりやすいのはやっぱりミカサかな?次にわかりやすいのがクリスタだね。あとはモブだから気にしなくていいよ」

    アニ「クリスタもそうなの⁉」

    サシャ「本当に知らなかったんですか?結構クリスタはアタックかけてますよ?」

    ミーナ「そうだね…」

    ハンナ「あれれ、私の目にはミーナもそう見えたけど」ニヤニヤ

    アニ「そうなの⁉」

    サシャ「それは初耳です!」

    ミーナ「違うよ!確かにカッコ良くて優しくて頼りがいがあると思うけど、そんなんじゃないから!」アセアセ

    ハンナ「いや、焦りすぎ。バレバレだよ」

    アニ「そんな…ミーナまで…」

    そんなに多いの?…私じゃ無理かな…

    男子寮

    ライナー「おい!エレン!アニとは何があったんだ!」

    エレン「はあ?別に何もねぇよ。ただ落ちるのを助けただけだよ」

    アルミン「落ちるのは防げたけど、多分堕ちちゃっただろうね。違う意味で」

    エレン「どういう意味?」

    ライナー「お前にはまだ早いことだ」


  23. 23 : : 2013/10/13(日) 10:26:47

    21

    ですよね!めっちゃ可愛いと思います!
  24. 24 : : 2013/10/13(日) 10:32:45
    >>23

    おお!同士よ………

    アルミン上手い!
  25. 25 : : 2013/10/13(日) 10:35:15

    エレン「?まぁいいや、じゃあ俺は自主練しに行くから!」

    アルミン「本当に好きだね」

    ライナー「頑張れよ!」

    エレン「おう!」

    女子寮

    アニ「あーもう…今日は情報が頭の中に入りすぎた…」

    ミーナ「特に愛しのあの人の情報がね」ニヤニヤ

    ハンナ「いや、ミーナが言えたことじゃないでしょ?」ニヤニヤ

    サシャ「それもそうですね」ニヤニヤ

    ミーナ「だから私は…///」

    一回外に出て頭の中整理しよう…

    アニ「ちょっと散歩してくる…」

    ハンナ「わかった。気をつけてね!」

    アニ「ん…」
  26. 26 : : 2013/10/13(日) 10:47:54
    訓練場

    はぁ…星が綺麗だな…

    みんなエレンのこと好きなんだ…

    私は…エレンと付き合いのかな…

    うん…多分そうだろうな…

    付き合いたい
    キスがしたい
    抱き合いたい
    そんなことが頭の中に浮かぶ…

    アニ「…エレン…」

    「ん?そこにいるのはアニか?」

    アニ「ッ⁉」

    エレン「よう!」

    なんでこんなところに…

    アニ「……」

    エレン「なんでここにいるんだよ?」

    アニ「別に…ただの散歩だよ…あんたは?」

    エレン「ん?ああ、俺は自主練だよ。早くアニに勝ちたいからな!」

    こんな時間になっても訓練か…真面目だな…

    まぁ…そういうところも好きだけど…

    アニ「へー、じゃあ私も一緒にやってやるあげるよ」

    エレン「え?マジで⁉よっしゃ!じゃあ早速やろうぜ!」

    こんなに嬉しい顔されるとこっちまで嬉しくなる…

    アニ「行くよ!」

    数十分後

    エレン「いてて、アニにはまだ敵わないや」

    アニ「そろそろ終わりにしないとだね」

    ああ…この時間がいつまでも続けばいいのに…

  27. 27 : : 2013/10/13(日) 10:59:15

    エレン「そうだな!ありがとな!付き合ってくれて!」

    アニ「別に…私がやりたくなっただけだよ」

    …あんたと一緒に…

    エレン「そうか!じゃあまた今度もやろうぜ!」

    アニ「そんなに好きなんだね、この技が」

    エレン「ああ、その技を早く習得したいからな!やってくれるか?」

    アニ「仕方ないね」クスッ

    エレン「ッ⁉///」ドキっ

    アニ「?どうしたの?顔赤くして」

    エレン「いや…お前そんな顔出来るんだ…」

    アニ「そんな顔って?」

    エレン「笑顔だよ…なんか…すっげぇ可愛くて…ドキっとした」

    アニ「ッ⁉///…ふん。あんたでもお世辞は言えるんだね…」

    エレン「お世辞じゃねぇよ!本当に可愛かったって!」

    アニ「///わかったからもう戻るよ!」

    エレン「ああ、そうだな!おやすみ!」

    アニ「おやすみ…」

    本当に…あいつは…真っ直ぐすぎでしょ

  28. 28 : : 2013/10/13(日) 11:18:07

    数日後

    訓練場

    エレン「悪いな!遅くなって!俺から誘ったのに!」

    アニ「別に…私も今来たところだから…」

    嘘…楽しみだったから、20分前には来てた

    今日は寒いね…もうちょっと遅くくればよかった…

    エレン「そっか!…ん?お前震えてねぇか?」

    アニ「大丈夫だよ…」

    エレン「本当か?ちょっと手出せ」ギュッ

    アニ「ッ⁉///何すんのさ!」

    エレン「ほら!手も冷たい!やっぱり俺を待ってたから、こんなに…」

    アニ「別に…大丈夫だよ…」

    エレン「ちょっとあそこの小屋に入って暖をとろう」

    アニ「大丈夫だって!それに訓練はどうするのさ⁉」

    エレン「アニが風邪を引きそうなんだ!訓練なんてやってられっか!」

    アニ「ッ⁉///」

    本当にこいつは…優しいな…

    しかも握ってくれている手が暖かい…

    小屋の中

    エレン「まぁ外よりは、暖かいな!」

    小屋の中で二人っきり…ッ⁉///何を考えているんだわたしは///

    エレン「えーと…毛布とかは…お!あった!アニ!これ羽織っとけ!あとそれだけじゃ足りないと思うから、俺の上着も!」

    アニ「ありがとう…///でもそれじゃあ、あんたが寒くない?」

    エレン「こんなのどうってことねぇよ!……はっくしゅん!」

    アニ「どうってことありそうだけど…」

  29. 29 : : 2013/10/13(日) 11:28:36

    エレン「大丈夫だよ!俺は!お前は早く羽織れ!」

    やっぱりこいつは…優しいけどバカだな…

    アニ「そうだね」

    エレン「ああ!……ってなんでこっちに来るんだ?」

    アニ「あんたと一緒に毛布に包まるためさ」

    エレン「はあ⁉///俺はいいから!」

    アニ「駄目だね。ほら、毛布かけるよ」

    エレン「おい!……ああもういいや…」

    アニ「ようやく諦めがついたかい。ほら中に入りな」

    エレン「お邪魔しまーす」ゴソゴソ

    アニ「OK。……もっとこっちに寄りなよ。体全部入ってないでしょ?」

    エレン「いや、マジでいいから///ホントに///」

    アニ「あんたが良くても私が困るんだよ。じゃあわたしがそっち行くから」ゴソゴソ

    エレン「ちょっと待てって///」

    アニ「待たない…これで二人とも完全に入ったね」
  30. 30 : : 2013/10/13(日) 11:30:05
    うお!
    アニが積極的!
  31. 31 : : 2013/10/13(日) 11:40:55

    エレン「入ってるのはいいですが…アニさん…いろいろと当たってるのですが…」

    アニ「何が?」

    エレン「何がって…もういいよ///」

    当ててんのよ…バーカ

    アニ「何がかな?」ゴソゴソ

    エレン「バカ動くな///お前分かっててやってるだろ///」

    アニ「さあ?」クスッ

    エレン「ッ⁉///」ドキっ

    アニ「それよりさ…」

    エレン「な、なんだよ…」

    アニ「毛布の上からでもわかるあんたのアレはどうするのさ?///」

    エレン「?……ッ⁉///」バッ

    アニ「今更隠しても遅いから。…ふーん私の体で興奮しちゃった?///」クスッ

    エレン「しょうがないだろ!///お前の体暖かいし、柔らかいし…///」

    アニ「へー///……ねぇエレン…」

    エレン「な、なんだ///(俺の名前…呼んだの初めてじゃないか?)」

    アニ「私が……ヌいてあげようか?///」ボソ

    エレン「ッ⁉///おま、お前‼」

    アニ「ふふっ///冗談に決まってるじゃん///」
  32. 32 : : 2013/10/13(日) 11:49:01

    エレン「なんだ。良かった…」

    アニ「本当にそう思ってる?本当は期待したんじゃない?///」

    エレン「はあっ⁉///んな訳ねぇだろ‼///」カァ

    耳が赤い…確か嘘ついたらそうなるってミカサが…///

    アニ「耳赤いよ?嘘ついたら赤くなるんでしょう?///」

    エレン「なっ⁉お前なんでそれを‼///」

    アニ「へー///抜いてほしいんだ///」

    エレン「ッ⁉///…ほら、もうあったまっただろ!早く帰るぞ!///」

    アニ「そうだね///」クスッ



  33. 33 : : 2013/10/13(日) 11:54:20

    一旦休憩!

    多分すぐに戻ります!
  34. 34 : : 2013/10/13(日) 12:08:14
      ∧_∧
     ( ・∀・)ドキ
    oノ ∧ つ⊂) ドキ
    ( ( ・∀・)ワク
    oノ ∧ つ⊂) ワク
    ( ( ・∀・)ニヤ
    ∪(  ∪ ∪  ニヤ
     と__)__)
  35. 35 : : 2013/10/13(日) 12:42:40

    続き書きまーす
  36. 36 : : 2013/10/13(日) 12:55:10

    女子寮

    エレン…可愛かったな…///

    私…あんな大胆なこと…今頃恥ずかしくなって来た…///

    もしエレンが抜くのお願いして来たら…///やっぱり考えるのやめよう///

    だけど多分私でもチャンスはあるんだろうな…

    明日からもっと積極的に行こうかな…///

    絶対に付き合ってみせる!

    男子寮

    エレン「はぁ…」

    アニのやつ…からかいやがって…

    あんまりにも柔らかかったから…さっきトイレで抜いちゃったし…

    仕方ないだろ…あんなの興奮するなっていう方が無理だろ…

    …///思い出したらまた少し興奮してきた///

    明日からどんな顔して会えばいいんだよ…

    翌日

    食堂

    エレン「ふぁ~ぁ。ねみぃ…」

    昨日あの後寝れなかったから寝坊した…

    休日だったからよかったものの…

    エレン「みんなもう食堂にいないな…ん?誰かいる?……ッ⁉アニ!」

    アニ「ん?…ああ、おはよう」

    エレン「ああ、お、おはよう」

  37. 37 : : 2013/10/13(日) 13:08:10

    なんでアニが…

    エレン「なんでアニがいるんだ?」

    アニ「食べる以外の目的でここには来ないよ」

    エレン「あ、ああそうだな…じゃあなんでこんな時間に食べてるんだ?」

    アニ「別に…寝坊しただけ…あんたはなんでここに?」

    エレン「ああ、俺も寝坊したんだ…」

    エレアニ(昨日のことを考えてて寝坊したなんていえないよ(ねぇよ))

    エレン「隣いいか?」

    アニ「いいよ」

    エレン「どうも。…今日は休日か…何やろうかな。やっぱり自主練かな…」

    アニ「休日なのに自主練するの?」

    エレン「いつもはそうだな!」

    アニ「はぁ…やっぱりあんたはバカだね」

    エレン「なんでだよ…別にいいだろ」

    アニ「なんのための休日なのかわかってる?」

    エレン「ん?そりゃ〜自主練とかするためのアニ「違うから」

    アニ「体を休めるための休日だからね」

    エレン「そういうもんか…じゃあ今日は部屋で寝てようかな…」

    これは…街に誘うチャンスじゃないか…

    昨日積極的にいこうって誓っただろ!

    頑張れ私!
  38. 38 : : 2013/10/13(日) 13:20:21
    続きをお願い!
  39. 39 : : 2013/10/13(日) 13:29:27
    頑張れ!

    アニ!
  40. 40 : : 2013/10/13(日) 13:31:17

    アニ「ね、ねぇあんた」

    エレン「ん?なんだ?」

    アニ「今日暇だったら、一緒に街に行かない?」

    エレン「え?街に出たら疲れないか?」

    アニ「大丈夫だよ。そんなに動き回らないし、気分転換にもなるだろ?」

    エレン「そうか…よしっ!じゃあ行くか!」

    やった!断られなくてよかった!

    アニ「そう…じゃあこの後すぐに門の前にね?」

    エレン「了解!じゃあまた後で!」

    アニ「ああ…」

    よしっ!なんとか誘えた!

    服は何がいいかな…

    少しオシャレして行こう///

    数十分後

    エレン「アニ遅いな…」

    アニ「ごめん!お待たせ!」

    エレン「おう!アニ!おせぇ……ぞ?」

    え?…このめっちゃ美少女は誰?

    エレン「えっと……アニ…なのか?」

    アニ「?他に誰がいるの?」

    嘘だろ…めっちゃ可愛い!///……髪も下ろしてて、凄い新鮮だ…

    エレン「いや、ごめん…あまりにも違うから」

    アニ「…やっぱり変かな?…」チラッ

    エレン「ッ⁉///」ドキっ

    その姿で上目遣いは無いだろ…///

    エレン「いや、似合ってるよ!その…あまりにも可愛すぎて…違う人かと…///」

    アニ「そう…///」

    エレン「髪も下ろしてて…うん、そっちも可愛いな///」

    アニ「ありがとう…///……てゆうか、今そっちもって言った?///」

    エレン「あ///いや、その…///」

    アニ「へー///いつも思ってたんだ///」

    エレン「う…///そうだよ!悪りぃか!///」

    アニ「そんなこと言ってないじゃん///」

    いつも思ってくれてたんだ…///

    嬉しいな…///

    やっぱりチャンスはあるな…

    今日頑張って告白しよう!///
  41. 41 : : 2013/10/13(日) 13:45:43

    エレン「ほらもう行くぞ!」ギュッ

    アニ「あ///」

    手握ってくれた…///大っきいな…



    ガヤガヤ

    エレン「結構人いるな…」

    アニ「そうだね…」

    エレン「まずはどこ行くんだ?」

    アニ「そうだね…まずは服屋かな」

    エレン「なんか買いたい服あるのか?」

    アニ「うーん…あんたのダラしたい服をなんとかしてあげようと思って」

    エレン「え?そんなにダラしない?」
    アニ「うん」

    エレン「そんな即答するほどとは…」

    アニ「私がコーディネートしてあげるから。早く行くよ」

    エレン「分かったよ…任せましたよ」

    服屋

    アニ「エレン!これ着てみて!」

    エレン「はいよ………着たよ…」

    ……///はっ!見とれてしまった///

    かっこいいな///

    アニ「うん、それでいいんじゃない?」

    エレン「じゃあこれ買うよ。アニは自分の買わないの?」

    アニ「私はこれを買うよ」

    エレン「へー、着てみてくれよ!」

    アニ「え?まぁいいけど………どうかな?」

    エレン「ッ⁉///…可愛すぎ…」

    アニ「ッ⁉///そうかな…///ありがとう///」ニコ

    エレン「ッ⁉///」ドキっ

    …やっとわかった…俺のこの気持ちが…

    俺…アニが好きなんだ…
  42. 42 : : 2013/10/13(日) 13:47:47
      ∧_∧
     ( ・∀・)ドキ
    oノ ∧ つ⊂) ドキ
    ( ( ・∀・)ワク
    oノ ∧ つ⊂) ワク
    ( ( ・∀・)ニヤ
    ∪(  ∪ ∪  ニヤ
     と__)__)
  43. 43 : : 2013/10/13(日) 13:53:48

    数時間後

    公園

    エレン「ちょっと休むか…あそこのベンチに座らないか?」

    アニ「そうだね」

    エレン「はぁ…疲れた。やっぱり街に出ると疲れるじゃん」

    アニ「そう?…ごめん…誘って…」

    エレン「謝んなよ!すっげえ良い気分転換になったから。誘ってくれてありがとな!」ニコ

    アニ「そう…///」

    私はやっぱりこいつの笑顔が好きだな…///

    これは結構良い雰囲気じゃないか?

    …今なら言える気がする///
  44. 44 : : 2013/10/13(日) 13:58:52
    いっけぇええええ!アニィイイイイイ!
  45. 45 : : 2013/10/13(日) 14:06:08

    アニ「ねぇエレン…」

    エレン「ん?なんだ?」

    アニ「私……あんたの事が…エレンの事が………好き///」

    アニ「エレンの真っ直ぐな瞳が好き…エレンの笑顔が好き…エレンの真っ直ぐな心が…好き…///」

    アニ「良かったら、私と付きあっエレン「待った‼」

    アニ「え?」

    やっぱり…駄目だったかな…

    エレン「ああ…もう!…俺が先に言おうと思ったのに…」

    ………え?……

    エレン「その先は、男の俺が言う……アニ、俺はお前が好きだ!」

    エレン「アニの笑顔が…アニの優しい心が好きだ……大好きだ!」

    エレン「アニ……俺と付き合ってくれ!///」

    アニ「……はい、喜んで///」ニコ

    エレン「アニ…///」

    アニ「エレン…///」

    チュッ

    エレアニ「好きだ」

    ~~完~~
  46. 46 : : 2013/10/13(日) 14:07:27

    ありがとうございました!

    疲れたぜ!

    結構短かくなりました!

    次はもっと長いやつを書きたいです!
  47. 47 : : 2013/10/13(日) 14:09:02
    お疲れ様です(●´ω`●)

    面白かったですよ(●´ω`●)
  48. 48 : : 2013/10/13(日) 15:48:44
    よかった!
  49. 49 : : 2013/10/13(日) 18:37:10
    >>12 ミカサさん思わず本音が(笑)(笑)

    よかったですよ(´艸`*)
  50. 50 : : 2013/10/13(日) 18:46:49
    エレンはかっこいいから女狐どもが寄ってくる。
    ので、わた・・・ミカサなら彼を守ってくれる。
  51. 51 : : 2013/10/13(日) 19:19:19
    アニがかわいいです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
  52. 52 : : 2013/10/13(日) 19:52:24
    アニが可愛くていいですなぁ(๑╹ω╹๑ )

    ≫50
    アッカーマン訓練兵、配置に戻れ‼︎
  53. 53 : : 2013/10/13(日) 21:01:13
    これの2があればいいのに
  54. 54 : : 2013/10/13(日) 21:29:31
    続き読みたーい‼‼
  55. 55 : : 2013/10/13(日) 22:17:52
    ::|__
    ::|  \
    ::| 、_ \
    ::| (●) \
    ::|人_)⌒:: |
    ::|⌒´  /
    (⌒ー―′ )
    ::|




    まさか終わりじゃあ無いでしょうね?ww

  56. 56 : : 2013/10/13(日) 23:12:35
    続き書いてください
  57. 57 : : 2013/10/13(日) 23:53:52
    続きは、、アニじゃなくてわた・・・ミカサがいい
  58. 58 : : 2013/10/14(月) 00:14:02
    すごいよかった!
  59. 59 : : 2013/10/14(月) 00:37:32
    よかった
    もちろん続きあるよね?
  60. 60 : : 2013/10/14(月) 01:09:20
    いいかいアニ、後々辛くなるのは君なんだ
  61. 61 : : 2013/10/14(月) 08:56:56
    アニレオンハートはやっぱり可愛い
  62. 62 : : 2013/10/14(月) 19:22:43
    良かった!!乙
  63. 63 : : 2013/10/16(水) 00:05:51
    積極的なアニ・・・いい!
  64. 64 : : 2013/10/16(水) 09:54:52
    こんにちは!
    1 です!
    やっぱり続編を書くべきでしょうか…
  65. 65 : : 2013/10/16(水) 09:58:03
    今日の夜までに少し意見を頂きたいです!
  66. 66 : : 2013/10/16(水) 10:00:17
    あと、
    エレン「仲間…か…」
    を投稿しました!
    これもいちおうエレアニです!
    良かったら見てください!
  67. 67 : : 2013/10/18(金) 21:25:48
    なぜ世にアルアニがあるんだ
  68. 68 : : 2013/10/18(金) 21:59:48
    >>67 同志よ•••
  69. 69 : : 2013/10/19(土) 19:46:03
    >>67>>68
    同志達よ…
  70. 70 : : 2013/10/21(月) 18:21:09
    あっかーまん訓練兵配置に戻りジャンきるシュタインと訓練しろ。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  71. 71 : : 2013/10/21(月) 18:22:00
    あにきゅんかわいwwww
  72. 72 : : 2013/10/25(金) 20:42:39
    めっちゃ面白かった!

    続編こい!!
  73. 73 : : 2013/11/03(日) 22:42:08
    なかなか面白い
  74. 74 : : 2013/11/05(火) 12:28:47
    続編求む!!!!!!!!!!!(`・w・)>ビシッ
  75. 75 : : 2013/11/06(水) 17:10:07
    エレアニ「愛してる」

    この続編です!
    見てください!
  76. 76 : : 2013/12/17(火) 04:33:55
    あかん!!ニヤニヤ止まらん
  77. 77 : : 2013/12/19(木) 13:53:54
    エレアニ好くな人ー
  78. 78 : : 2013/12/22(日) 20:30:09
    はーい( ^-^)ノ( ^-^)ノ( ^-^)ノ( ^-^)ノ( ^-^)ノ ( ^-^)ノ
  79. 79 : : 2013/12/24(火) 18:43:06
    エレアニもいいけど今度、
    アルアニもかいてくれませーんか?
    もうどっちも大好物ですわ!
  80. 80 : : 2014/01/01(水) 05:13:12
    僕相当とう見てるにしてもこれは、


    実に面白い (ボクはスポーツ系男子です)
  81. 81 : : 2014/01/03(金) 11:40:56
  82. 82 : : 2014/02/16(日) 11:08:01
    アルアニはマジ要らん
  83. 83 : : 2014/02/16(日) 11:08:24
    アルミンはクリスたとなってろ!!
  84. 84 : : 2014/04/24(木) 18:06:25
    アルアニは排除するwwww
  85. 85 : : 2014/05/30(金) 15:31:02
    アルアニベルアニを1匹残らず駆逐する。
  86. 86 : : 2014/06/16(月) 00:33:44
    肝すぎるぜーーーーーーー!?

  87. 87 : : 2014/07/26(土) 13:22:44






    アニ「エレン、まず服屋さん行こう」

    エレン「ああいいぞ、じゃあ俺どんな服買えばいいか選んでくれ」

    アニ「うんいいよ」

    エレン「なあアニ」

    アニ「何?」

    エレン「服屋ユニ○ロでいいか?」

    アニ「うん、入ろう」

    店員「いらっしゃいませ」

    エレン「どれ買おっかな」

    アニ「エレンこれどう」

    エレン「うーん」

    アニ「これは」

    エレン「あっそれいいなきてみよ」

    エレン「アニどうだ」

    アニ「すごい似合ってる」

    エレン「そうかじゃあこれにするか」

    アニ「エレン私の服選んで」

    エレン「いいぞ」

    アニ「これどう?」

    エレン「なんか違う」

    アニ「これは」

    エレン「これも」

    エレン「うーん」



  88. 88 : : 2014/07/26(土) 13:23:22
    すいません上の遊びれす
  89. 89 : : 2014/07/28(月) 04:24:51
    ss 変わらぬ面白さ
  90. 90 : : 2014/07/29(火) 13:10:41
    うん、いい話てかアニ可愛すぎ
  91. 91 : : 2014/08/22(金) 14:24:36
    マジ最高アニかわいい
  92. 92 : : 2014/08/22(金) 14:38:03
    次回作二期待
  93. 93 : : 2014/08/25(月) 12:59:42
    アニちゃんかわゆすね〜( ̄Д ̄)ノ
  94. 94 : : 2014/09/15(月) 21:44:40
    んで期待‼️
  95. 95 : : 2014/10/20(月) 02:09:46
    エレン、クリャ
    アニ、ごめんなさい
  96. 96 : : 2014/10/20(月) 10:54:51
    おもろいおもろい最高最高
    .       ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           (;´Д`)< スンマセン、直ぐに片付けます
      -=≡  /    ヽ  \_______
    .      /| |   |. |
     -=≡ /. \ヽ/\\_
        /    ヽ⌒)==ヽ_)= ∧_∧
    -=   / /⌒\.\ ||  ||  (´・ω・`)
      / /    > ) ||   || ( つ旦O
     / /     / /_||_ || と_)_) _.
     し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))
  97. 97 : : 2015/04/18(土) 20:58:34
    エレアニにはミカサは不要。ので,ミカサ・アッカーマン訓練兵は,自宅で待機させるか,訓練をさせていた方が良いと思う。
    エレアニにミカサを入れたく無い理由は,エレン・イェーガー訓練兵とアニ・レオンハート訓練兵の仲を引き裂いてやろうとか,邪魔してやろうかとか嫉妬してきたりとかで正直ウザイから。
    こう思っている人は,何人かいると思う。
    あと,ベルトルト・フーバー訓練兵も出さないで欲しい。※ミカサと同じ理由
    あとは話の内容ですが,戦士だとか,そういうのは,ストーリー進行の妨げになるので止めて欲しいですね。
    個人では,エレアニだと,巨人中学校の方が好きなので,時間があったら書いて下さると,嬉しいです。

    ーー
    ーーー
    ーーーーー
    ーーーーーー
    リヴァイ「悪くない…」
    エレン「そうですか」
    リヴァイ「あぁ」
    リヴァイ「やはり…」
    エレン「はい?どうしたんですか兵長」
    リヴァイ「エレンとアニの仲を『戦士』等と言う言葉で邪魔してないのがこの作品の良い所だ…」
    エレン「ありがとうございます」
  98. 98 : : 2015/04/18(土) 21:09:08
    リヴァイ「お前も,こういうことするんだな」
    エレン「そりゃ,一様人間ですから…」
    リヴァイ「人間か…」
    エレン「兵長の言いたい事は分かります」
    エレン「でも一様人間ですよ」
    アルミン「何かを変えるためなら人間性をも捨て去るか…」
    エレン「うぉっ!?何だアルミンか…」
    エレン「って,いつから居たんだよ!」
    アルミン「凡そ250年前…」
    エレン「はぁっ!?」
    アルミン「あぁ,何だいエレン」
    エレン「だってよ,250年前からとか言うから」
    アルミン「あぁ,ゴメンゴメン」
    アルミン「僕は本を読んでいただけだよ」
    リヴァイ「お前らうるせぇぞ…」
    リヴァイ「あと,俺の存在忘れてたよな?」
    エレ.アル「ごめんなさい」
    リヴァイ「分かればいいんだ」
  99. 99 : : 2015/04/18(土) 21:19:12
    エレン「あっ,ミカサ」
    ミカサ「エレン,アルミンおはよう」
    リヴァイ「………」
    ミカサ「あとチビ…」
    リヴァイ「うるせぇ…」
    エレン「おい,ミカサ! 兵長にそんな事言うなよ!」
    エレン「例え,そうだとしても言って良い事と悪いことがある!」
    アルミン「フォローになって無いよ!」
    ミカサ「ごめんなさい…」
    リヴァイ「おい,エレンお前調子乗ってるよな…」
    エレン「いえ,そんな事は…」
    アルミン「エレン!ミカサ!これ見て!」
    エレン「おぉー!すげぇなアルミン!」
    ミカサ「…凄い…」
    リヴァイ「(俺軽く無視されて無いか?)」
    アルミン「あと,兵長!」
    リヴァイ「何だ…?」キラキラ
    アルミン「その顔気持ち悪いです」
    リヴァイ「」シュン
  100. 100 : : 2015/04/18(土) 21:31:54
    エレ.ミカ.アル.リヴァ「ん?/何?/なっ,何だい?/あ”?」
    アルミン「何でライナーが空から降って来るの?」
    エレン「あっ(もしかして)」ダッ
    アルミン「エ,エレン!?」

    ダッダッダッダッダッダッダッ
    エレン「」ハァハァ
    アニ「エ,エレン?」
    エレン「よぉ,久しぶりだな」
    アニ「最近顔出さないと思ったら,こんな所に居たのかい」
    エレン「あ,あぁ」
    アニ「他に好きな女でも出来たかい?」
    エレン「」ブッーー
    アニ「(耳が赤くない…本当か…)」ホッ
    エレン「ハァハァ,どうしたんだ?」
    アニ「ただの,暇潰しさ…」
    ※これは,本編の世界観では無い世界
  101. 101 : : 2015/04/30(木) 23:09:46
    普通エレミカっしょ!
  102. 102 : : 2015/08/26(水) 07:15:21
       ∧∧
      (*・ω・)  おやすみ
      _| ⊃/(___
    / └-(____/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  103. 103 : : 2015/08/29(土) 01:53:37
    エレアニエレクリ論外。エレミカだね。
  104. 104 : : 2016/01/31(日) 18:35:00
    エレアニ最高!!!!!!
  105. 105 : : 2016/05/27(金) 20:16:21



























  106. 106 : : 2016/05/27(金) 20:23:17
    湯豆腐


































    湯豆腐





































    湯豆腐




















    湯豆腐




















    湯豆腐
  107. 107 : : 2017/05/24(水) 21:28:36
    エレミカだっっっっいっっっっきらい!!!!
  108. 108 : : 2017/05/25(木) 16:28:09
    >>107
    ちょい言える
  109. 109 : : 2017/06/04(日) 08:51:33
    エレミカこの世にいらない
  110. 110 : : 2017/09/17(日) 07:17:40
    エレミカ エレクリもだいじょうぶ
    ベルアニ アルアニ ライアニ 論外
    個人的に好きなのは
    エレアニ ライクリ ベルユミ コニサシャ
    ミーマル ジャンミカ
    アルミン・・・ぼっちwwww
     ╭━━━━━━╮
     ┃  ’ω’   ┃
     ┃      ┃
     ┃┃   ┃ ┃
     ┃┃   ┃ ┃
     ┃┃   ┃ ┃
     ╰┫   ╰┳╯
      ┃ ┃  ┃
      ┃ ┃  ┃
      ┃ ┃  ┃
     ╭┛╭┛  ┃
     ┗━┻━━━╯
  111. 111 : : 2017/11/17(金) 14:05:26
    そこアルクリにして、ライナーぼっちでしょwww






    ライナー「...」シクシク(;;)
  112. 112 : : 2017/11/17(金) 14:38:44
    エレアニ、エレクリ、ベルユミは公式じゃないから論外
    エレミカ、ベルアニが公式=ジャスティス!!
  113. 113 : : 2017/12/29(金) 20:19:30
    エレアニ ジャンミカ アルクリ ベルユミ コニサシャ マルミー ライナーぼっち
    これが一番


    エレアニまじで(´神`)
  114. 114 : : 2017/12/29(金) 20:37:14
    ↑原作で否定されてるのに(笑)
    アホか
  115. 115 : : 2018/02/04(日) 16:17:46
    お前らかよくそが
  116. 116 : : 2020/04/24(金) 15:05:44
    エレミカ、エレアニ、エレヒス、アルクリ、ライクリ、ライサシャ、
    マルミー、コニサシャ、ベルユミ、ジャンミカが好きだね
    エレクリ、アルアニ、ベルアニがあんま好きじゃない

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
child_dragonbas

エレアニ大好き

@child_dragonbas

この作品はシリーズ作品です

エレアニ恋物語 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場