ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

【創作論破】帰ってきた ダンガンロンパV4 ~新たなる希望の学園と絶望の生徒達~ 2

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2021/01/04(月) 15:32:05
    プロローグ&第一章
     →http://www.ssnote.net/archives/86457
  2. 2 : : 2021/01/04(月) 15:34:07
    作者 ド=モ、サクシャデス。
       第二章に入るその前に、
       改めて、キャラ紹介をば。
       1キャラ1スレで行きます。
  3. 3 : : 2021/01/04(月) 15:43:56
    「俺の名前は天城黒乃、

     こんな成りしてるが

     【超高校級の万事屋】

     やらせて貰ってる。」

    超高校級の万事屋
     
     天城 黒乃

    ・「某漫画に憧れて、
      小さい頃から近所でお手伝いなんかをしてたら
      テレビに取材され、
      何でかんだで有名になった。」

    ・「身長175cm 体重 60kg」

    ・「女性に関して苦手意識がある。」
    (過去のトラウマが原因、詳細はいつか分かる。)


    天城「なんで、こんなに貧乏くじばっか引くんかね?
       神様がいるんなら、そこんところ聞いてみたいわ。」
       (この状況に対する本音)

    天城「いや、俺じゃねえ!」
      (疑われたとき)

    天城「・・・その依頼、確かに承った。」
       (かっこつけるときの口癖)

  4. 4 : : 2021/01/04(月) 15:52:32
    「私の名前はAIと申します。

     マスターが付けてくれました。」

    超高校級のAI

     AI(アイ)

    ・「とある研究」により作られた試作品兼最高作。」

    ・「色々あって、彼女を作った「博士」が行方不明。」

    ・「天城黒乃に、名を貰ったことにより
      プログラムが作動し、天城黒乃はマスターになった。」

    ・キーボ枠

    AI「私は、好きですよ?この名前。」
       (名前に対する感想)

    AI「それは、AI差別ですよ!」プンプン
      (自身をロボット扱いされたとき)

    AI「私だって・・・皆さんのように
       ・・・「ココロ」があるんです。」
       (自身を人間として意識している)

  5. 5 : : 2021/01/04(月) 16:01:52
    「私は、暁 十五夜と申します。
     以後、お見知りおきを。」

    超高校級の秘書

     暁 十五夜 (あかつき じゅうごや)

    ・東条枠

    ・「前の主の趣味でメイド服を着ている」

    ・「基本的に何でも出来る」

    ・「男性が苦手(・・・ただし、例外あり)」


    暁「・・・不本意だけど、服がこれしかなかったのよ。」
      (服が、メイド服しかなかった)

    暁「・・・ご指示を。」
      (指示を待っている)

    暁「貴方と私、どこか・・・いえ、
      色々とかぶってるわね。」
      (天城に対して)
  6. 6 : : 2021/01/04(月) 16:11:20
    「私はアリス・サクリファイス、
     超高校級の人形師よ、
     よろしくね。」

    超高校級の人形師

     アリス・サクリファイス

    ・メインヒロイン

    ・「小さい頃から、人形遣いとして育てられ
      その腕前は一流」

    ・「しかし、英才教育のせいで友達が出来なかった」

    ・「だが、なんとか皆仲良くなりたいと努力している」

    ・「天城 黒乃を知っているらしい?」

    アリス「私、何でもやるわよ。」ふんす!
       (頑張ろうと気合いを入れている)

    アリス「・・・大丈夫よ、こんなの・・・
        「あの時」のへでもないわ。」
        (辛い状況に陥ったとき)

    アリス「やっぱり、貴方は昔から変わらないのね。」クスッ
        (相談に乗って貰っている天城に対して)

  7. 7 : : 2021/01/04(月) 16:30:07
    「フハハハハ!!
     良かろう!、我が名を聞かせてやる!
     我こそは「全ての救いの祖」!
     ・・・もとい、「超高高級の教祖」!
     神道 教子 とは、私の事だ!!」

    超高校級の教祖

     神道 教子 (かみみち きょうこ)

    ・田中枠

    ・完全オリキャラ枠その2(その1は天城)

    ・身長155cm 体重50kg Bカップ

    ・「新宗教団体「全」の教祖、
      新宗教ということで世間的には
      白い目で見られてるが、
      なんだかんだで、信者は多い」

    ・「こんなんだが、頭は良く、
      教祖として前線にしっかりと出て
      違法にならない程度にちゃんと
      やっている」

    ・「中二病キャラの例に漏れず、
      素は良い子、頼みを断ったりすると
      普通の女の子のように悲しむ。」
      ↑
    作者「かわいい」←天城「おたくちょっと黙ってろ!」


    神道「フハハハハ!!
       これこそ正に
       「流星群(メテオレイン)!!」
    ※体育館でボール入れをひっくり返しただけです。

    神道「・・・さすがだな!
       そんな貴様には、
      「巨人(タイタン)の称号を授けよう!」
    ※宝(後述)の胸に嫉妬してます。

    神道「・・・ごめんなさい。」
    ※シンプルにがち切れされて中二モードが切れた。

    作者「素直な教子たんカワユス!!」

    天城「おたく、いい加減黙れよ?」(ガチトーン)

    補遺
    作者のお気に入り
  8. 8 : : 2021/01/04(月) 16:42:22
    「私に掛かればこんなモノ!
     ・・・とは、行かねえもんだぜ。」

    超高校級の手品師

     霧島 魔莉 (きりしま まり)

    ・「マジシャンでも良かったんだけど、
     やっぱり本家との才能かぶりは避けたかったので
     急遽手品師に変更した」(裏事情)
     (まあ、他の創作論破にいるんすけどね・・・)

    ・「天才マジシャン、「ホントに種がないのでは?」
      といいたくなるほどすごいクオリティーらしい」

    ・「本人は「普通」「やれば素人でも出来る」
      と、自己評価が低い奴。その1」

    ・「オン・オフの差が激しい」

    ・左右田枠


    霧島「これが私のミラクルパワーだぜ!」
      (オンの時の霧島)

    霧島「・・・そうか、所詮は、私はこの程度だぜ。」
      (オフの時の霧島)

    霧島「いや、長えよ、そんなことしてる内に
       ハ○ター×○ンター完結するぞ!」
      (主人公を除くツッコミ役の一人)

  9. 9 : : 2021/01/04(月) 17:02:07
    「私は超高校級の侍!
      決して「辻斬り」ではありません!」

    超高校級の侍

     近藤 甘千香 (こんどう あまちか)

    ・茶柱枠?

    ・「戦闘狂」←近藤「違います!!」
      ↓
     「誰よりも、礼儀に重んじる、
      侍の鏡」

    ・「甘い物大好き」←近藤「甘い物は別腹ですから!」ドヤ

    ・「この後色々あって天城のことを「師匠」と呼ぶようになる」(第二章にて説明)

    ・「祖父から貰った刀を大事に腰にしまっている
      緊急事態以外は抜かないと決めている」
      ↑
    天城「・・・その割にゃ結構刀抜いてねぇか?」

    近藤「師匠!、そんなこと言わないでくださいよ~!?」


    近藤「私に切れぬ物は・・・ない。」
      (決め台詞、
       ・・・ただし、大体切れてないが。)

    近藤「!、シン⤴️トウ↘️メッキャク→ヒモマタ、スズシー⤵️」
      (緊張するとイントネーションがおかしくなる)

    近藤「剣の道に終わりはありません、
       この命がある限り、私はやります。」
      (改めて、殺し合い学園生活を生き残ると決意を抱く)

  10. 10 : : 2021/01/04(月) 17:13:01
    「どうも~、私の名前は~
      白崎~、倶零~。
     ・・・まあ、あまり関わらないでいただける
     と嬉しいかな。」

    超高校級のイラストレーター

     白崎 倶零 (しらさき ぐれい)

    ・リア友枠

    ・身長159cm 体重49kg Cカップ

    ・「彼女がイラストを担当した作品は売れる」
      という、当てのない噂のせいで
      常に絵を描いている。」

    ・「常に目に隈が出来ている」

    ・「モノクマのメタ発言に対して唯一
      反応出来る」


    白崎「君も、物好きだね~、
       まあ、別に良いけどさ、
       私と居ても何もないよ?」
      (天城が話しかけたとき)

    白崎「いや、メタイ、メタイ。」
      (メタ発言をするモノクマに対して)

    白崎「・・・そんな扱いされたら
       ・・・期待しちゃうじゃん。」ムス
      (天城が少しからかったとき)
  11. 11 : : 2021/01/04(月) 17:27:04
    「私に掛かれば
     大丈夫で~す!
     この、トレジャーにお任せくださ~い。」

    超高校級のトレジャーハンター

     宝・トレジャー

    ・澪田枠

    ・「常時ハイテンション、
      その元気で皆を勇気付けようとするが
      から回ってしまう。」

    ・「ボン・キュッ・ボン!な褐色美人
      よく、現地でナンパされる。」

    ・「男女関係なくスキンシップが激しい、
      ボディタッチやキスは当たり前、
      挙げ句の果てには天城と一緒に
      風呂に入ろうとした。」

    ・「でも、意外と純情派、
      普通に下の話は顔を赤らめる」


    宝「私の勘が疼きまーす!」
     (嫌・良い予感がしたとき)

    宝「○○~、I LOVE YOU!」ガバッ!!
     (大好きコールしながら抱きつく時)

    宝「人間何でもバランスで~す、
      良い事ばかり考えても
      悪いことばかり考えても
      だめで~す。」
     (誰かが、落ち込んでいるとき)

  12. 12 : : 2021/01/04(月) 17:27:59
    作者 ・・・疲れた、ようやく半分だよ。
       いったん休憩させてください。
  13. 13 : : 2021/01/08(金) 16:17:18
    「貴方も、私の「物」にしてあげる。」(妖笑)

    超高校級の調教師

     轟 調 (とどろき しらべ)

    ・真宮寺枠?

    ・どんな動物でも調教できる。
     ・・・無論、「人」も。

    ・特に若い男は調教しがいがあるらしい。

    ・鞭を常備している。


    轟「さあ、私のオモチャにしてあげる。」
     (動物に対して)

    轟「いいわぁ~、その「瞳」(め)、
      ぞくぞくしちゃう。」
     (天城の目を見て)

    轟「私だって、ちゃんと気を遣う位
      出来るわよ?」
     (ドSと言われて)

  14. 14 : : 2021/01/08(金) 16:25:47
    「私の名はバレリア・ガーネット!
     「超高校級のお嬢様」とは、私の事だ!」

    超高校級のお嬢様

     バレリア・ガーネット

    ・十神枠?

    ・「ガーネットインテリジェンス」
      代表取締役の一人娘

    ・傲慢で我が儘

    ・でも、寂しがり屋


    バレリア「ふんっ、近寄るな、
         これは「命令」だ!」
    (誰かに対して、命令するとき)

    バレリア「どうしても・・・というのなら
         手を貸してやらんこともないぞ。」
    (自分が、頼られそうになったとき)

    バレリア「な!、貴様、・・・ずるいぞ
         ・・・そんなの。」
    (天城に突然優しくされたとき)


  15. 15 : : 2021/01/08(金) 16:33:28
    「私の名前は白昼夢阿、
     「超高校級の巫女」を
     名乗らされてるわ。」(ため息)

    超高校級の巫女

     白昼 夢阿 (はくちゅう むあ)

    ・霧切枠?

    ・数百年の伝統を持つ巫女の一族

    ・数百年に一人の天才といわれるほど
     あらゆる術を使いこなす

    ・しかし、本人はかなりプレッシャーみたいで・・・


    白昼「・・・大丈夫よ、慣れてるから。」
      (彼女の口癖、こう言い聞かせると
       落ち着くらしい)

    白昼「別に私は、「師匠」に比べたら
       まだまだよ。」
      (思い出を語っているとき)

    白昼「今のあんたには、悪霊が二人
       憑いてるわよ。」フフ
      (他人をからかうとき)
  16. 16 : : 2021/01/08(金) 16:37:32
    「俺にかまうな!」(怒)

    超高校級の???

     藤原之 千明 (ふじわらの ちあき)

    ・才能不明枠

    ・天海枠

    ・俺っ子

    ・何故か才能を明らかにしようとしない

    ・常にイライラしている


    作者「彼女は死亡しているので、
       もう、台詞はありません、
       ですが、もし完結したら・・・?」

  17. 17 : : 2021/01/08(金) 16:49:14
    「ありゃりゃりゃ!、これは失礼。
     私、「超高校級の新聞記者やらせて貰ってます、
     文野 文と申します。」ペコリ

    超高校級の新聞記者

     文野 文 (ぶんや ふみ)

    ・小泉枠?(又は王馬枠)

    ・「一にスキャンダル
      二にスキャンダル
      三四がなくて
      五もスキャンダル」な、
     スキャンダル大好き野郎
      ↑文野「野郎って何ですか!
        野郎って!」

    ・ちょっとしたことも何でも大げさに言う
      ↑文野「失礼な!、
          真実を皆に分かりやすくしてるだけですよ。」

    ・他人を質問攻めするのは得意だが、
     自分が質問されるのは苦手


    文野「閃きました!!」
      (記事のネタを見付けたとき)

    文野「そこの所実際どうなんですか~?」つんつん
      (天城をからかっているとき)

    文野「な!、・・・私に聞かれても、
       ・・・すいません、慣れてないんです、
       ホントに。」
      (天城に質問されて)

  18. 18 : : 2021/01/08(金) 16:56:14
    「・・・」

    超高校級のディーラー

     無野 こころ (むの こころ)

    ・セレス枠

    ・裏カジノの最強ディーラー

    ・小さい頃から感情を出さないように
     鍛えられた結果、どんな状況でも
     眉一つ動かなくなった

    ・意外と、よくしゃべる


    無野「・・・ポーカやろ?」
      (ポーカに誘っている)

    無野「・・・貴方は私が嫌い?」
      (ポーカに勝ち続けて)

    無野「・・・私は貴方が好き。」
      (天城に対して)

  19. 19 : : 2021/01/08(金) 17:03:55
    「ごめんなさい。
     生きててごめんなさい、
     ・・・本当に、
     ごめんなさい。」

    超高校級の不幸

     山城 幸 (やましろ さち)

    ・罪木枠

    ・過去作キャラも真っ青の
     超不幸体質

    ・この才能のせいで周りから
     腫れ物扱いを受けていた

    ・妹がいる

    ・ちょっとしたことに過激に謝る


    山城「はは、不幸ですね。」
      (口癖、自分に対して
       なんか悪いことが起きたとき)

    山城「死ねたら今からでも死にたいですよ。
       ・・・でも、この才能は「死」すら
       許してくれないみたいなんです。」
      (何をやっても「死ねない」自分を恨んでる)

    山城「・・・私が、「幸せ」だと、
       言って、良いんでしょか?」
      (天城に励まされたとき)

  20. 20 : : 2021/01/08(金) 17:08:09
    「残念だけど、
     将棋と人生は
     別みたいだね。」

    超高校級の棋士

     和傘 多々良 (わかさ たたら)

    ・西園寺枠?(見た目)

    ・女流棋士初のタイトル全制覇を成し遂げた

    ・姉が居たが若くして亡くなってしまった

    ・僕っ子


    作者「藤原之と以下同文(※16参照)

  21. 21 : : 2021/01/08(金) 17:10:25
    作者 ・・・以上!簡単なキャラクターPVでした。
       質問がございましたら、いつでもコメントください。
       それじゃあ、本編に・・・、
       と、言いたいところですが、
       疲れたので、明日書きます。
       絶対書くのでご安心を!
       それでは、失礼!
  22. 22 : : 2021/01/09(土) 10:04:31
    ???「・・・、君は僕の・・・。」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ガバッ

    天城「う~ん、なんか夢を見たような?」

    天城「・・・、まあ、いいか、
       さっさと食堂へ行くか。」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    第二章「ショータン・コンプレックス」


    食堂

    天城「おはよ~さん。」(大あくび)

    霧島「お~う、おはようだぜ~。」(大あくび)

    白昼「あくびで返事するんじゃないわよ。」

    アリス「おはよう、黒乃くん。」

    AI「おはようございます、マスター。」

    無野「・・・おはよう。」

    神道「ふん、遅いではないか。」

    白崎「・・・眠い。」

    暁「おはようございます、黒乃さん。」

    轟「もっと速く起きられるように
      してあげようかしら?」

    宝「Goodmorning、
      黒乃く~ん。」

    バレリア「・・・ふんっ。」

    山城「お!、おはよう・・・ございます。」

    近藤「おはようございます。」

    文野「おはようございます(パシャリ)
       黒乃さんの寝起き顔、頂きました!」

    天城(皆、様々に返してくる。)

    モノクマ「おはようございま~す!」ひょい

    天城「おう、はよさん。」

    モノクマ「あれ?、思ったよりリアクションが薄くない?」

    天城「出現方法がワンパターン過ぎて予測出来たわ。」

    モノクマ「しょぼ~ん、そんな~、
         ・・・あ!、それはそうと、
         おめでとう黒乃くん、
         今日から君はカップ麺生活卒業だよ。」

    天城「・・・!、まじか、良かった、
       さすがにそろそろきつかったから
       ありがたかったわ。」

    モノクマ「うぷぷぷ、どういたしまして。」

    白昼「あんた、何、
       そんな知人みたいな感覚で話してんのよ!
       そいつは私たちに殺し合いを要求するような
       奴だって事を忘れたの!」

    モノクマ「ひどいな~、折角良いお知らせを持ってきたのに。」しょぼ~ん

    天城「良い知らせ?」

    霧島「そんなこと言って、また「動機」?
       じゃ、ねえだろうな?」

    モノクマ「ああ、動機は今用意中だから
         しばらく待っててね。」

    白崎「可能なら一生来て欲しくないけどね。」

    天城「ほんで?、良い知らせってのは?」

    モノクマ「うぷぷぷ、そろそろ一階も調べ尽くしちゃった
         でしょう?、だから・・・」

    モノクマ「二階を開放しま~す!」どや!

    一同「!」

    天城「えっ?、まじで。」

    モノクマ「クマ、ウソ、ツカナイ。」

    霧島「なぜ、カタコト?」

    モノクマ「・・・とにかく、二階は解放してあるから
         調べるならご自由にね~。」ひょい

    天城「・・・だ、そうだが、
       ・・・どうする?」

    白昼「そんなの、調べるに決まってるでしょう!」

    霧島「そうだな、さっさとご飯食っちまおうぜ。」

    天城(それにしても、唐突だな?
       まさか、なんか意図があんのか?)

    天城(まあ、調べるに越したことはないな。)

    天城「さて、行くか!」

  23. 23 : : 2021/01/09(土) 10:18:06
    階段前

    天城「ホントに解放されてらぁ。」ほへ~

    霧島「よしっ!、私一番乗りな!!」

    天城「あ!、ずるいぞ霧島!
       待ちやがれゴラ!」

    白昼「あいつらはホント・・・まったく。」(ため息)

    アリス「あははは。」

    AI「私たちもマスターの後を追いましょう!」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    二階廊下

    天城「はへ~、此処が二階か~。」

    霧島「なんかシャバから出れたみたいだな。」

    天城「誰が、ヤクザだ!」

    ピコン

    天城「お!、生徒手帳に二階のマップが出たな。」

    希望ヶ峰女学園 二階

    ・職員室

    ・視聴覚室

    ・事務室

    ・理科室

    ・美術室

    ・体育館渡り廊下

    ・プール


    天城「結構あるな?、さて、どこから行くか。」


    安価は※24で、
    2日なかったら先進めます。
  24. 24 : : 2021/01/09(土) 18:55:52
    職員室
  25. 25 : : 2021/01/11(月) 09:49:21
    職員室

    天城「ここは、職員室か?」

    白昼「どうやらそうみたいね、
       ・・・ただし、人の気配がまったくしないけどね。」

    天城(白昼の言うとおり、此処には
       「人が居た」という事実のみが
       ぽっかりと抜け落ちたかのように
       何もなかった。)

    天城「机や椅子はあるがそれ以外には何もない。
       ・・・此処はホントに職員室か?」

    白昼「・・・少なくとも、入り口の札には
       そう、書いてあったわよ。」

    天城(職員室っていうから少し期待したが
       特にこれと言った情報はなかったな。)


    天城「さてと、次はどこに行くか。」

    ・視聴覚室

    ・事務室

    ・理科室

    ・美術室

    ・体育館渡り廊下

    ・プール

    安価は※26、連取あり。
  26. 26 : : 2021/01/11(月) 15:09:39
    キャラ紹介読みましたが、近藤はどちらかというと辺古山と茶柱を2で割った感じ、
    白崎は白銀っぽい感じに思いました。
    安価はプールで。
  27. 27 : : 2021/01/11(月) 18:57:47
    ※26
    作者 安価ありがとう!
       そうか、そっちの方か!
  28. 28 : : 2021/01/11(月) 19:11:17
    プール

    天城「ここは・・・、
       プールだな。」

    宝「そうみたいで~す!!」

    天城「宝・・・って!」

    宝(白水着)

    天城「なんで、水着なんだよ!」

    宝「?、なぜって、プールがあるんだから
      泳ぐために着替えたに決まってま~す。」

    天城「いや、それは良いんだけどさ。」

    天城「・・・なんで白水着なんだよ!
       他になかったのか!」

    宝「?、はい、そうで~す。」

    天城「はあ~、もういいわ、
       俺は他ん所行くわ。」

    ガシッ!

    天城「・・・おい、なんで俺の腕を掴んでんだ。」

    宝「一緒に入りたいからで~す。」

    天城「やっぱりな!、薄々予想出来たよ!
       この野郎!」

    宝「私と入るのは嫌で~すか?」うるうる

    天城「うぐ!」ズキッ!

    宝「お風呂の時もそうで~す、
      ・・・黒乃さんは私が嫌いですか?」

    天城「いや、嫌いでは・・・ん~、ない!
       ・・・けど。」

    宝「(パアァ)それじゃあ、
      一緒に泳ぎましょ~う。」

    天城「・・・ソノイライ、
       タシカニウケタマワッタ。」(棒)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    天城「はあ、疲れた。」

    天城(あの後、何とか宝の誘惑に耐えた。)

    天城「あいつは、異性に対する距離感が
       異常すぎんだよ。」

    天城「トレジャーハンターって
       皆、あんな感じなのかね?」

    天城「・・・まあ、いっか。」ケロッ

    天城「さてと、次はどこに行くか。」


    安価は※29 連取あり。
  29. 29 : : 2021/01/13(水) 08:42:50
    渡り廊下
  30. 30 : : 2021/01/13(水) 16:56:15
    体育館渡り廊下

    天城「ここは・・・渡り廊下か。」

    天城「んで、その先は。」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    剣道場

    近藤「!、黒乃さん。」

    天城「おっ!、やっぱりおたくか。」

    近藤「ええ、懐かしいです。」

    天城「まあ、まだ一週間も経ってないがな。」

    竹刀 ブン!ブン!

    天城「結構手になじむな。」

    近藤「!、黒乃さんもしかして、
       ご経験が!」

    天城「おう、万事屋だからこれくらいはな。」

    近藤「あの、もしよろしかったら・・・
       私と一戦交えてもらっても?」

    天城「・・・おう、いいぜ、
       少し体がなまってたからな。」

    近藤「はい!、よろしくお願いします。」

  31. 31 : : 2021/01/13(水) 17:36:40
    近藤「・・・」

    天城「・・・」

    天城「・・・行くぞっ!」ヒュン!

    近藤「っ!」ぱ~ん!

    近藤「!、はぁ!」ブン

    天城「甘いわ!」スカ

    近藤「!、な!?」

    天城「・・・俺の勝ち、
       で、良いよな。」

    近藤「・・・参りました。」

    天城「おう、ありがとうございました。」ペコ

    近藤「ありがとうございました。」ペコリ

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    近藤「というか、黒乃さんお強くないですか!」

    天城「まあ、万事屋なんで。」

    近藤「万事屋って便利な言葉ですね。」(ため息)

    天城「まあ、悪くはなかったぞ。
       まだ、伸びしろはあるから頑張れよ。」

    近藤「・・・あの、黒乃さん。」

    天城「・・・ん?、どした?」

    近藤「・・・「師匠」って呼んでも良いですか!」キラキラ

    天城「・・・へ?」

    天城「・・・え?、今なんて?」

    近藤「黒乃さん、・・・もとい、
       「師匠」と呼んでも良いですか!」

    天城「・・・いや、俺より良い奴がいんだろ。」

    近藤「!、すみませんいきなり(しょぼ~ん)。
       私としては黒乃さんにご指導頂ければ
       もっとうまくなれそうな気がして・・・。」

    近藤「・・・すいません、いきなりすぎますよね。」しょんぼり

    天城(うぐっ、そんな顔すんなよ!
       罪悪感が・・・。)

    天城「・・・良いぞ(ぼそ)。」

    近藤「へ?、今なんと?」

    天城「・・・良いぞって、言ったンだよ!」

    近藤「!」

    天城「契約だ、近藤、この学園にいる間おたくの
       指導をしてやる。」

    天城「どうだ、悪い条件じゃないと思うが。」

    近藤「!、はい!よろしくお願いします!」

    天城「そんじゃ、契約成立だ、
       今後ともよろしくな。」

    近藤「はい!師匠!」


    近藤とのキズナが深まった!

     希望のかけら

      1→2(UP!)

    天城「そんじゃ、もう一度・・・
       と、言いたいところだが、
       俺は他の場所も調べたいんでね、
       指導はまた今度で。」

    近藤「はい!、分かりました師匠。」

    天城「そんじゃ~な。」スタスタ

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    天城「・・・まさか、弟子ガ出来るとは・・・。」

    天城「・・・まあ、いっか!」

    天城「さてと・・・、次はどこにするか?」

    ・視聴覚室

    ・事務室

    ・理科室

    ・美術室


    安価は※32 連取あり。
  32. 32 : : 2021/01/15(金) 16:15:47
    作者 2日以上安価がなかったので、先に進めます。

  33. 33 : : 2021/01/15(金) 16:30:05
    視聴覚室

    天城「ここは、視聴覚室か。」

    霧島「おう!、黒乃じゃねえか。」

    天城「霧島か、どした?
       んな、興奮して?」

    霧島「これ見てくれよ。」


      棚に収納されたビデオの数々

    天城「これは・・・、ビデオだな。」

    霧島「しかも色んなのがあるぜ!これとか。」ひょい

    「B級ホラー映画」

    天城「・・・何で数ある奴からそれ選んだし。」

    霧島「良いじゃねえか、早速見ようぜ!」

    天城「・・・まあ、良いけど。」

    天城(この後、霧島と映画を見た、
       ・・・案の定、怖くなかった。)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    霧島「いや~、良かったな~。」

    天城「俺は良くなかったよ、主に内容が。」

    霧島「まあまあ、・・・でもありがとな、
       私の都合に付き合わせちゃって。」

    天城「・・・あ?、別に良いぞ?
       俺もおたくといて楽しいしな。」二カ

    霧島「!、・・・ずるいぞ、そう言うの!
       卑怯だぜ!」

    天城「・・・いや、何が!?」

    霧島「ホント、お前って奴は・・・。」

    天城「・・・まあ、良いわ。
       ほんじゃ、俺はもう行くわ。」スタスタ

    霧島「!、お、おう!、じゃあな!」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    霧島「うう~、顔があついぜ。」

    霧島「まさか私・・・そんな。」


     霧島とのキズナが深まった!

      希望のかけら
       
       1→2(UP!)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    天城「ふう、良いリラックスにはなったな。」

    天城「さて、次はどこにするか。」

    ・事務室

    ・理科室

    ・美術室


    安価は※34 連取あり。
  34. 34 : : 2021/01/15(金) 16:32:32
    作者 ちょっとしたことでも好感度が上がるのは、
       ヒロインの総数が多いのでこうでもしといて
       自由行動の時少し、やりやすくするためです。
  35. 35 : : 2021/01/17(日) 17:26:00
    理科室で!
  36. 36 : : 2021/01/20(水) 08:29:23
    作者 パソコンをメンテナンスしてるので、
    暫く更新出来ません。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場