ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

もしも比企谷八幡が優等生風な性格だったら…

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2020/08/19(水) 03:15:35
    職員室
  2. 2 : : 2020/08/19(水) 11:03:14
    これ?
    https://dic.pixiv.net/a/HACHIMAN
  3. 3 : : 2020/08/20(木) 04:28:52
    八幡の設定
    目の腐りはなく、クラスでは学級委員長を勤めている。
    男女からの情もあり、葉山クラスのイケメンで文武両道
    トラウマなど皆無。

    □職員室□(八幡の作文編)


    八幡「先生、僕はなぜ職員室に呼ばれたんですか?」



    平塚「それは、だな… この作文だ。」



    八幡「僕の? 作文ですよね? 何か、至らない点でも有りましたか?」



    平塚「いや、そうではないんだが… 確かに君の作文は高校生として完璧だ。だからこそ、君にお願いしたいことがある。」



    八幡「何ですか?」



    平塚「頼む、私の部活の部員になって欲しい!」



    八幡「先生って、部活の顧問やってましたっけ? たしか、名簿には名前がなかった筈ですが?」



    平塚「ひあ、私の部活はまだ同好会止まりで正式に認めてもらってない物なんだ。」



    八幡「そうでしたか、折角のお誘いですがお断りします
    僕、両親が共働きで中3の妹が居まして、その妹を遅くまで1人で居させるのが心配なのでごめんない。」



    平塚「そ、そうか… いや、すまんな! 無理やりみたいな誘い方して… うんうん。 いきなり呼び出してすまんな」



    八幡「いえ、大丈夫です、では失礼します。」


    ガラガラ…ピシャン




    □テニスコート□(テニスコート騒動編)



    …ハヤトッ!! ハヤトッ!! ハヤトッ!!



    八幡「ん? 何か、テニスコートが騒がしいな」テクテク




    モブ男子A「隼人ッ!! 隼人ッ!!」



    八幡「すまない、何をしているんだ?」



    モブ男子A「? うわっ!? 比企谷くん!!」



    モブ男子B「え、えっと、何か葉山くん達が雪ノ下さん達と口論になってテニスコートで試合するみたいだよ?」



    八幡「? そうなのか? だが、昼のテニスコートの使用権はテニス部顧問に申請を出してからでないと使用できない筈なんだか? 少し葉山くんにも聞いてみよう。」テクテク









    葉山「さぁ、どうするんだい? 雪ノ下さん。ペアが居ないとテニスはできないよ? 戸塚くんは怪我をして居るし。」




    雪ノ下「私、1人でやるわ。」




    三浦「はぁ? あんた、あーしたちの事舐めてんの?」ムカ




    八幡「葉山くん、話の途中ですみませんが、少しお時間大丈夫ですか?」




    葉山「!? ひ、比企谷くん?! あ、あぁ、大丈夫だよ。」




    八幡「テニスコートを使用していると言うことは、皆さんテニス部顧問に申請を出して使用許可証は貰って居ると言うことですか?」




    葉山「? 使用許可証?」




    三浦「はぁ? 何だし使用許可証って! そんなん要らなくね?」




    戸塚「あ、あの 比企谷くん!!」




    八幡「どうかしましたか? 戸塚くん。」チラッ




    戸塚「その、使用許可証を貰ってるのは僕と雪ノ下さんと由比ヶ浜さんだけだよ。」




    八幡「そうですか、ご情報ありがとうございます。
    と、言うことは君たちは何でテニスコートを使用して居るのですか? 許可証もって無いんですよね?」




    葉山「ウグッ… ほ、ほらみんなでやったほうが楽しいじゃないか? だか、僕たちも戸塚くんの練習を手伝おうかと。」




    大岡「それな!」 大和「そう、それそれ。」




    八幡「でも、可笑しいですね。 どんな場合でも昼に部活用途以外でテニスコート等を使用する際は必ず使用許可証が必要と各部活の顧問からは入部した際に説明があったと思うのですが?」




    葉山「!? す、すまない… 忘れていただけなんだ!」




    八幡「サッカー部のキャプテンとも有ろう葉山くんが、それを忘れて、勝手に使って居るとはこれは先生に報告する必要がありますね。」




    葉山「!? 待って!待ってくれ! 僕たちも悪気があってやったことじゃないんだ! 先生に報告だけは止めてくれ!」




    戸部「ちょっ! そりゃないっしょ!比企谷くん!!」




    三浦「そ、そうだし! ちょっと手伝ってあげようとしてただけだし!」




    八幡「でも、使用許可証を貰っていないんでしたら、何を言っても同じですので葉山くん達には退場お願いします。」




    葉山「くっ すまない。」




    葉山たち「…」テクテク…




    八幡「ふぅ、大丈夫でしたか? 戸塚くん?」




    戸塚「いやいや、ありがとう! 比企谷くん!!助かったよ!」




    由比ヶ浜「ヒッキー! ありがとう!流石、学級委員長だね!」




    雪ノ下「比企谷さん、ありがとう。」




    八幡「いえ、では、僕はこれで…」テクテク




    □文化祭実行委員会 会議室□(文化祭 相模失踪編)



  4. 4 : : 2020/08/20(木) 04:36:24
    >>2さん
    こう言う、ヤツなのですが別に葉山くんアンチではないですよ? のちのち、葉山くんとは友情が芽生える作品もあります。

    この【もしも比企谷八幡が優等生風の性格だったら】は葉山くんが攻められる場面も有りますが、大体は普通に葉山くんと比企谷くんは話をしてますよ。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
kyokusin0729

トールネーゼ

@kyokusin0729

この作品はシリーズ作品です

もしも比企谷八幡が○○風な性格だったら… シリーズ

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」カテゴリの最新記事
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」SSの交流広場
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 交流広場