ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

問題が起きたが夏休みは続く

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/08/02(金) 01:23:31
    このssは、エレンの謎の過去の続きです
    注意
    面白くない
    面白くない
    亀より遅い投稿
  2. 2 : : 2019/08/06(火) 02:28:44
    http://www.ssnote.net/archives/79154
    前作
  3. 3 : : 2019/08/06(火) 02:38:55
    ありがとうございます!
  4. 4 : : 2019/08/06(火) 02:58:24

    秋(今、何時なんだ?)スタスタ
    ミーンミーン

    秋(それにしても、セミがうるせぇ!)イライラスタスタ

    不良「おいガキ!、アイス買って来いよ!」

    秋「俺は今イライラしてるんだ」ギロッ

    不良「いえ、何もありません」ダラダラ
    ダッダッダ

    秋「大量に汗掻いてたな彼奴」

    秋「流石に暑いな」アセアセ

    秋「早く帰るか」ダッダッダッ

  5. 5 : : 2019/08/08(木) 03:00:17
          エレン家

    秋「鍵が開いてなかったら終わりだな」ボソボソ スッ

    秋ギィー「よし!開いてる!」コソコソ

    秋(コソコソしとけば誰にも気づかれずに行けるはず)コソコソ

    秋(リビングに誰も居ない事を願う)コソコソ
          リビング

    フラン「ねぇお姉ちゃんテレビ見ようよぉ~」ダラ~←勉強中

    レミリア「そうね、少し息抜きも必要ね」スッ←リモコンを取る

    秋ソーチラッ(あれは、フランとレミリアか)

    秋(まぁコソコソの敵じゃねぇな)コソコソ

    レミリア「はい、フラン」ポイッ

    フラン「って、どこ投げてんのお姉ちゃん?」

    秋コソコソ

    リモコンヒュー

    秋ドゴォ「ひでぶ」バタッ

    レミリア「あら、そんなとこで、何してるの」ニヤニヤ

    秋「リモコンは、投げる物ではごさらん」ヒリヒリ

    フラン「あれ?秋そこで、何してるの?」
  6. 6 : : 2019/08/09(金) 00:35:57

    レミリア「あら、誰かいると思って投げたら秋だったのね」

    秋「コソコソしてたから気づかれてないと思ったんだがな」サスサス

    フラン「全然分からなかったよ」

    秋(リモコン壊れてないかな?)チラッ

    レミリア「リモコン取ってくれない」

    秋「自分で投げたんだから自分で取れよ」ガシッ

    秋「ほい」ポイ

    レミリア「ありがと」ガシッ

  7. 7 : : 2019/08/10(土) 01:04:54
    コソコソの力ってすげぇぇー!!
  8. 8 : : 2019/08/10(土) 01:05:59
    科学の力ってすげぇぇー!!
  9. 9 : : 2019/08/10(土) 01:53:55

    秋「じゃ、俺部屋に戻るから」クル

    レミリア「ちょっと待ちなさい」クンクン

    秋「なんだ?」キョトン

    レミリア「血の匂いがするわ」クンクン

    秋「気のせいじゃないか?」

    レミリア「いいえ私の鼻に間違いは、ないわ」

    秋(鼻がいいな、ちょっと試してみるか)

    フラン「どうしたの?」

    秋「まぁ、吸血鬼の鼻はよく効くからな」

    レミリア「・・・・・・」

    フラン「・・・・・・」

    秋「図星かよ」

    フラン「もう、殺すしかないねお姉ちゃん」ボソッ

    レミリア「フラン少し待ちなさい」ボソッ

    秋(やべ、この後考えてなかったw)

    レミリア「いつから分かっていたの?」

    秋「適当に言っただけだが」

    レミリア「え?適当に言っただけ?」

    フラン「じゃあ、私達が動揺しなければ良かったって事?」

    秋「まぁそうだな」

    レミリア「お喋りはもう終わりよ、これから貴方を殺すわ」シャキン

    秋「うお!何だそれ」

    フランコソコソ

    レミリア「そんなの聞いてもどうせ今から死ぬんだから意味ないわ」

    秋「今戦うと皆来るんじゃねえか?」

    レミリア「大丈夫よ、今フランが睡眠薬を皆に飲ませに行ったわ」

    秋(今、果物ナイフしか持ってないけど大丈夫かこれ)
  10. 10 : : 2019/08/10(土) 01:57:34
    まだ問題続くのかよ
  11. 11 : : 2019/08/10(土) 02:32:08

    レミリア「そろそろフランが皆に催眠薬を飲ませてると思うし、始めようかしら」

    秋「果物ナイフで戦ってやるよ」チャキ

    レミリア「随分舐められたものね」シュッ

    秋「舐めるなんて汚いだろ!」ガキン

    レミリア「そっちの舐めるじゃないわ」ギギギ

    秋(絶対折れるだろうなぁ~)ギギギ

    パリィン
    秋「やっぱりか」

    レミリア「あら折れてしまたわね、これで貴方の死は確定したわ」

    秋「折れたぐらいで何で死ぬんだよ」

    レミリア「じゃあその刃折れで戦うの?」

    秋「まぁそうだな」チャキ

    レミリア「じゃあ終わりにしようかしら」チャキ

    秋「じゃ少し本気を出すか」

    レミリア(私は最初から本気だったのに,,,,この男)

    秋「ーー」ボソ

    レミリア「何を言ってるの?」

    秋シュイン

    レミリア「な!どこに」

    秋シュイン「これならどうだ」シュッ
  12. 12 : : 2019/08/10(土) 02:57:10

    レミリア(防がないと死ぬ)シュッ
    ボキッ

    レミリア(グングニルが折れるなんて
    )

    秋「これで、終わりだ」シュッ

    ピンポーン

    秋ピタッ「一旦休戦だな」ニコッ

    レミリアヘナ「ハァハァ」ドクンドクンドクン

    秋「じゃ俺が見に行くよ」スタスタ

    レミリア「格の差が違いすぎるわ」

    秋ズキズキ「流石に体が追い付かないな」スタスタ
    ピンポーン

    秋「はーい今出まーす」タッタッ

    秋ガチャ「はs????「あれ秋どうしてこsガチャ

    秋「きっと悪い夢を見てるんだ」ガチャ

    ????「どうして閉めるのよ!?」

  13. 13 : : 2019/08/10(土) 03:10:36

    秋「やっぱ夢じゃないか」ハァ

    ????「何ため息してんの幸せが逃げちゃうよ」

    秋「で何の用だフリーダ」

    フリーダ「それは勿論、秋に会いに」キャピッ

    秋「じゃあな」ギギ

    フリーダ「このフリーダ様を甘く見ない方がいいわよ」

    秋「どうした急に」ギギ

    フリーダ「ドアを閉めようとしても無駄だよ私の足を挟んで置いたから」

    秋「ん?」チラッ
    ド /
    ア /
      / 足 下手ですいません

    秋「じゃ無理矢理閉めるか」グググ

    フリーダ「痛い痛い!!足もげちゃう!ごめん謝るから!」

    秋スッ「お前たまーに凄くバカになるよな」

  14. 14 : : 2019/08/12(月) 00:35:14
    /が一マスずれてました
    すいません
  15. 15 : : 2019/08/12(月) 01:34:56

    フリーダ「私の足を痛めつけるなんて、最低!」ヒリヒリウルウル

    秋「自業自得だろ」ハァー

    秋「それで、ここに何で来たんだ?」

    フリーダ「ちょっとエレン君に話があってね」ヒリヒリ

    秋「どんな内容だ?」

    フリーダ「グリシャさんが行方不明になったのよ」

    秋「どっか行ってるだけじゃないのか?」

    フリーダ「あと、少し涼みに来た」

    秋「じゃあ入れよ」スッ

    フリーダ「ありがとね♪」ニコッ

  16. 16 : : 2019/08/13(火) 00:54:25
          リビング

    レミリア(これが世間一般が言うオリチーかしら?)ウーン

    レミリア「フラン遅いわね」

    レミリア「少し様子を見に行こうかしら」スクッスタスタ

           数秒後

    秋「ここがリビングだ」

    フリーダ「やっぱり広いわね」

    秋「じゃあ俺は、エレン呼んでくる」クルスタスタ

    フリーダ「じゃあ私はダラダラしとくわ」

    秋(確かレミリアが『フランが睡眠薬を飲まに行った』とか言ってたな、少し急ぐか)タッタッタッ

    フリーダ「あれ?無視?」

    フリーダ「そういえばグリシャさんにGPSを付けたの忘れてたうっかりうっかり」テヘペロ

    フリーダ「確かスマホで見れたはず」ピッ

    フリーダ「!何で、二つ反応があるの!?」ガタガタアセアセ

    フリーダ「落ち着かないと深呼吸、深呼吸」スーハー

    フリーダ「もう一度確認すればきっと」ズズズ

    フリーダ「よく見たら、この位置この家じゃない?」

  17. 17 : : 2019/08/14(水) 02:18:26

    秋「起こすの面倒臭そうだなぁ~」タッタッ

    秋「叩いて起こそうかな」タッタッ

    秋ピタッ「ここがエレンの部屋だろ多分」

    秋「まぁ誰の部屋であろうと開けるがな」ガチャ

    エレンスースー

    秋「叩くか」グググッ

    <秋ぃぃ待ってぇぇ!

    秋ビクッ

    フリーダシュバ「綺麗に着地」

    秋「今天井から出てきてなかったか?」

    フリーダ「気のせい気のせい」

    フリーダ「それよりエレンを起こさないで」

    秋「何でだ?」

    フリーダ「それが分からないのよ」

    秋「?ウーンあ!どうしてか分かったぞ!」

    フリーダ「もしかして試験かしら」

    秋「多分だが、そうだと思う」

  18. 18 : : 2019/08/15(木) 03:00:43
          夢の中

    エレンキョロキョロ「ここどこ?」

    エレン「頬を引っ張れば起きるかな?」グニィパッ

    エレンヒリヒリ「痛いって事は、現実なのか?」

    ??「嫌、これは夢だ」スタスタ

    エレンクルッ「ゼロ兄!、どうして俺の夢の中に!?」ギョ

    ゼロ「俺にも分からん」

    グリシャ「久しぶりだな、エレン、ゼロ」ニコッ

    エレン「え?父さん、何でここにいるんだ?」

    ゼロ「父さん久しぶり」

    エレン「ゼロ兄は、驚かないんだ!?」

    ゼロ「ここは夢の中だぞ」

    エレン「あ、あぁそうだったな?」

    グリシャ「時間がない始めるぞ」

    エレン「え、何を?」

    グリシャ「お前達に質問をするだけだ」

    ゼロ「どんな内容ですか?」

    グリシャ「じゃまずは、ゼロに質問するからな」

    ゼロ「良いですよ」

  19. 19 : : 2019/08/15(木) 03:07:28
          フリーダ達

    フリーダ「どんな内容だっけ?」

    秋「お前も受けたろ」

    フリーダ「嫌、ちょっと忘れちゃって」テヘ

    秋「テヘじゃねぇ!、大事な事を忘れるな」

    フリーダ「それで、どんな内容なの?」

    秋「質問だ、ゼロは詩から、エレンは四個から一つ」

    フリーダ「ちょっと意味分かんない」

    秋「話にならん」
  20. 20 : : 2019/08/16(金) 00:37:05
           夢の中

    グリシャ「二人の囚人が鉄格子の窓を眺めたとさ。」

    グリシャ「一人は泥を見た。」

    グリシャ「もう一人は星を見た。」

    グリシャ「ゼロなら何を見る?」

    ゼロ「俺は……寝る」

    エレン「え?」

    グリシャ「それで?」

    ゼロ「早く起きて朝日を見る」

    グリシャ「合格だ」

    エレン「自分なりに答えろって事か」

  21. 21 : : 2019/08/16(金) 00:58:44

    グリシャ「次はエレンお前だ」

    エレン「少し不安だけど…いいぜ」

    グリシャ「お前は、夢の一歩手前まで来てるだが近くで、怪我をしている子がいる…お前はどうする?」

    エレン「応急手当てをして、夢を叶える」

    グリシャ「不合格だ」

    エレン「合格と思ったんだけどなぁ~」ガーン
  22. 22 : : 2019/08/17(土) 00:11:40

    グリシャ「質問はこれで終了だ」

    エレン「それじゃあ俺の質問は、どうするんだよ」

    グリシャ「もうチャンスはない」

    ゼロ「この質問はした意味があるのか?」

    グリシャ「秋に教えてもらえるさ」

    エレン「チャンスがないってどうするんだよ」

    グリシャ「分からない」

    グリシャ「まだ質問はあると思うがもう時間だ」
  23. 23 : : 2019/08/22(木) 01:08:42

    ゼロ「時間がないって俺達が起きるって事ですか?」

    グリシャ「まぁそんな所かな?」

    エレン「っと事はやっぱり夢の中なのかここ」

    グリシャ「じゃ私は帰るよ」クルスタスタ

    エレン「でもまだ、話があsピカァァ

    ゼロ「う!」

  24. 24 : : 2019/08/22(木) 01:17:19
           
    エレン「ハッ!」バサッ

    秋「起きたか」

    フリーダ「点はなくなったよ」

    ゼロ「何か、起きてから体が軽い」ピョンピョン

    秋「お前いつのまに」ギョ

    エレン「え?でも俺はいつもと同じだけど」ピョンピョン

    フリーダ「あちゃ~」

    秋「不合格か」

    エレン「そんな不味いのか不合格って?」

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「進撃の巨人 × 東方Project」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場
「東方Project」SSの交流広場
東方Project 交流広場