ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

ツンデレな姉とヤンデレな妹 9

    • Good
    • 4

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/06/09(日) 06:44:14
    ツンデレな姉とヤンデレな妹 8
    http://www.ssnote.net/archives/52873
    の続きです!



    できればこちらもどうぞ!

    未来予告が見せる異世界物語
    http://www.ssnote.net/archives/56990

    『人間と妖怪の学園物語』 1
    http://www.ssnote.net/archives/54800

    エレン「俺がそっちに戻ることはない」
    http://www.ssnote.net/archives/42475

    隻眼の喰種兵士
    http://www.ssnote.net/archives/43954

    エレン「ハッハ!!いいなその表情!!」
    http://www.ssnote.net/archives/27906

    エレン「あんな退屈な世界にいるよりはいいな!」
    http://www.ssnote.net/archives/30127

    エレン「俺の脳内選択肢が学園ラブコメを全力で邪魔している!」
    http://www.ssnote.net/archives/38943

    七色の魔法世界
    http://www.ssnote.net/archives/40486

    エレン「俺は・・・・化け物だ」
    http://www.ssnote.net/archives/24833
  2. 2 : : 2019/06/09(日) 14:26:53
    なんか久し振りに見た気がす(ry
  3. 3 : : 2019/06/09(日) 14:30:17
    キター!!
    期待でぃす!
  4. 4 : : 2019/06/09(日) 14:31:47
    北井さんの奇態な機体に稀代の気体を入れたら期待になる
  5. 5 : : 2019/06/09(日) 18:32:31
    人間と妖怪の学園物語の更新まだですか?楽しみにしてます
  6. 6 : : 2019/06/09(日) 20:58:08
    新しいの出てる!
    期待です!
  7. 7 : : 2019/06/09(日) 21:32:14
    期待!
  8. 8 : : 2019/06/09(日) 22:13:43
    期★待
  9. 9 : : 2019/06/09(日) 23:34:32
    期待です‼
    頑張ってください
  10. 10 : : 2019/06/10(月) 17:20:19
    まdゲフンゲフン続きに期待!
  11. 11 : : 2019/06/10(月) 18:36:40
    期待!やっと更新されてここ2ヶ月頑張れる!お疲れの出ませんように
  12. 12 : : 2019/06/12(水) 19:27:52
    PV数の異常なほどの増加量
  13. 14 : : 2019/06/12(水) 23:22:38
    9月1日





    夏休みという長い休みが終わり





    僕たちは久方ぶりに学校に通う





    ー学校ーー



    ワイワイ ガヤガヤ



    ジャン「よーお前ら」




    ライナー「よう」




    ベルトルト「おはよう」




    ミーナ「おっはー」




    ジャン「」チラ チラ




    みんな「」




    ジャン「・・・エレンはまだ来てないみたいだな」




    アルミン「いつも通りだよ」




    ライナー「さすがエレンだな」




    マルコ「今日は遅刻かな?」




    ベルトルト「ありえるね」




    イルゼ「・・・」




    ガラッ(ドア)




    ミカサ「お、おはよう、みんな」


    サシャ「おっはようでーす!」


    フリーダ「おはようございます」




    アルミン「おはよう」




    サシャ「いや~まだまだ暑いですね~」




    マルコ「確かに暑いよね、まだ熱中症には気を付けないとね」




    ライナー「だな。ところでお前ら宿題は終わらせてきたか?」




    ジャン「当然だろ」




    ミーナ「宿題忘れたらあとが怖いよ」




    ベルトルト「キース先生容赦ないからね」




    ジャン「だよな・・・まあ一人だけ不安な奴がいるけどな~今はいねぇけど~」




    フリーダ「エレンなら大丈夫ですよ、夏休み一週間前には終わってます」




    ライナー「おっ!そうなのか?エレンにしては頑張ったじゃないか!」




    アルミン「まあ結構嫌々やってたけどね、何度も逃げようとしてたし」




    ベルトルト「あははは、エレンらしいね」




    ライナー「しかし、本当に遅いなエレン。もう朝の朝礼(HR)始まるぞ」




    ジャン「まだ寝てたりしてな」




    みんな「(ありえる)」




    イルゼ「寝てるよー」




    みんな「!」




    ジャン「は?」




    イルゼ「今も寝てるよー」




    ジャン「エレンがか?」




    イルゼ「うん」




    ライナー「い、いやいや、それはないだろ。エレンは確かに朝弱くてめんどくさがりだがあの姉妹の方はしっかりしてるし今も寝てるってことはないだろ」




    イルゼ「うんうん、そうだね。クリスタちゃん達は多分もう起きてるだろうね~でもエレンは寝てるよー」




    ジャン「なんでわかんだよ」




    イルゼ「さあ~なんでだろうねー」




    ベルトルト「(出た、イルゼのどこから入手したかわからない情報・・・)」




    フリーダ「・・・」




    ミカサ「(エレン君寝坊かな・・・)」



    ーーーーーーーーーーーーーー


    ー学校(二年生)ー



    ユミル「」チラ




    クリスタの席 シーーーーン




    ユミル「(クリスタ遅刻か?)」




    ーーー








    ーー











    ーイェーガー大病院ー




    エレン「」シュコーシュコー(酸素マスク)
    ※ベッドの上




    クリスタ「ううっ・・・お兄ちゃん・・お兄ちゃん」ポロポロ




    アニ「か、母さん・・・」




    カルラ「!」




    アニ「エレン大丈夫なんだよね?ねえ?」ガシッ!




    カルラ「お、落ち着いてアニ」ギチ




    アニ「落ち着けるわけないよ!!だって・・・だってエレンが・・・私の弟が」ガタガタ




    カルラ「エレンは大丈夫、命に別状はないわ」




    アニ「!!」




    クリスタ「ほ、ホント?お兄ちゃん死んだりしない?」ポロポロ




    カルラ「しない。カルテ(診断記録)を見たところ主な怪我は右足骨折、右腕の骨にヒビ、後頭部打撲、外傷は擦過傷が多く見られるけど命に別状はない。CT検査で体の中も調べたけど特に異常はなかったわ」




    クリスタ「???よくわからないけど大丈夫ってことだよね?」




    カルラ「ええ、大丈夫よ」




    クリスタ「ホントにホント?」グイ




    カルラ「ホントにホントよ」




    クリスタ「ホントにホントにホントにホント?」グイグイ




    カルラ「ホントにホントにホントにホントよ」




    アニ「そう・・・(よかった、本当に)」ギュッ




    クリスタ「お兄ちゃん・・・」クル




    エレン「」シュコーシュコー




    クリスタ「なんで交通事故なんかに・・・」




    カルラ「・・・警察から聞いた話では運転手の居眠り運転による信号無視らしいわ」チラ




    エレン「」シュコーシュコー




    カルラ「こんな言い方変かもしれないけど当たりどころがよかったわ、下手したら死んでたかもしれないわ」
  14. 15 : : 2019/06/14(金) 23:56:50
    期待!
  15. 16 : : 2019/06/17(月) 00:28:45
    よっ!待ってました!
  16. 17 : : 2019/06/17(月) 21:34:43
    なんか見てみたら次話始まってた
  17. 18 : : 2019/06/21(金) 00:48:40
    クリスタ「お兄ちゃん・・・」ギュッ




    エレン「」シュコーシュコー




    ガラッ(ドア)




    アニ・クリスタ・カルラ「!」クル




    グリシャ「」スタスタ




    クリスタ「お、お父さん・・・」




    グリシャ「」チラ




    エレン「」シュコーシュコー




    グリシャ「カルラ、容態の方はどうだ?」




    カルラ「!は、はい!今のところは変わった様子はありません。バイタルも安定しています」




    グリシャ「そうか・・・」チラ




    クリスタ・アニ「」




    グリシャ「・・・二人とも学校はどうしたんだ?」




    クリスタ「休んだよ」

    アニ「私も」




    グリシャ「・・・そうか。カルラあとは任せる、なにかあればすぐ知らせろ」クル




    カルラ「はい」




    グリシャ「」スタスタ ガチャ…




    アニ「・・・チッ」ギリ




    カルラ「!ど、どうしたの?アニ」




    アニ「あ?」ジロ




    カルラ「!」ビクッ!!




    アニ「!ご、ごめん・・・」




    カルラ「え、ええ・・・でも本当にどうしたの?」




    アニ「・・・父さん」




    カルラ「!」




    アニ「いくらエレンが嫌いだからって・・・自分の息子がこんな目にあってるっていうのになんであんなに平然としてられるの」ギュッ




    カルラ「アニ・・・」
  18. 19 : : 2019/06/22(土) 19:57:50
    クリスタ「期待してるよ」ウルウル
  19. 20 : : 2019/06/23(日) 19:36:47
    もうここまで来るとね、期待しかないよね。
  20. 21 : : 2019/06/24(月) 21:25:12
    遅くても良いので放置だけは止めてください!と104期訓練兵からの伝言です。
  21. 22 : : 2019/06/27(木) 07:39:38
    神作だ!あ…>>19と別人ですので…
    期待です   >>19なんかすみません
  22. 23 : : 2019/06/28(金) 23:03:59
    コンコン




    アニ・クリスタ「ん?」




    カルラ「はい、どうぞ」




    「し、失礼します!」ガチャ(ドア)




    アニ・クリスタ・カルラ「?」




    男「ど、どうも・・・はじめまして」ペコ




    カルラ「は、はあ・・・あのどちら様ですか?」




    男「!その・・・えっと・・・え、エレン君、いや!エレンさんのご家族の方々ですか?」




    カルラ「は、はい。エレンの母です。この二人は娘です」




    アニ・クリスタ「(誰だ?)」ペコ




    カルラ「あなたは誰ですか?」




    男「!わ、私は・・・・ダズという者です」




    カルラ「ダズ・・・?」ピク




    ダズ「その・・・えっと・・・」バッ




    アニ・クリスタ「!!」




    ダズ「申し訳ありませんでした!!!」(土下座)




    アニ「申し訳ありません?・・・・!!」


    クリスタ「まさか・・・」ジロ




    ダズ「私の不注意でこのようなことになってしまい本当に申し訳ありません!!」




    カルラ「・・・あなたがエレンを」




    ダズ「はい。私が居眠り運転をしてしまいこのようなことに・・・」




    クリスタ「    」ピキ




    カルラ「その話は警察から聞きました。お見舞いに来てくださったのhダッ!!




    クリスタ「」タタタ スッ!!




    アニ「!!」シュンッ!!




    クリスタ「!!」ガシッ!!! グイッ!!




    ダズ「!!」




    カルラ「!く、クリスタ!?」




    クリスタ「放してお姉ちゃん!!」ギチギチ グググ




    アニ「断る」グググ




    カルラ「クリスタ急にどうしたの!?」ササッ




    クリスタ「くうぅぅっ!!」グググ ギロ




    ダズ「!」ビクッ!!




    クリスタ「よくもお兄ちゃんを・・・このおおおおぉっ!」グググ




    アニ「落ち着きな!」グググ


    カルラ「クリスタ!落ち着きなさい!!」




    クリスタ「落ち着いてられないよ!!こんな奴のせいで私のお兄ちゃんが!!」グググ




    アニ「落ち着きな」グググ




    クリスタ「放して!!!!」グググ




    アニ「・・・ハァ」グググ スゥ




    ギュウウウッ!!!




    クリスタ「!!うっ!」ギチギチ!!!




    カルラ「!!」




    クリスタ「い、痛い痛い!!!痛いよお姉ちゃん!!」ギチギチ!! パンパン!!(叩)




    アニ「おとなしくしな、じゃないともっと絞めるよ」ギュウウウッ!!! ギロ




    クリスタ「!!ううっ・・・」ゾクッ!!!




    アニ「おとなしくするかい?」ギュウウウッ!!!




    クリスタ「」コクンコクン!!




    アニ「よし」ギュウウウ……




    カルラ「・・・」クル




    ダズ「!」




    カルラ「ダズさんでしたっけ?」




    ダズ「は、はい」




    カルラ「お見舞いに来てくださったのは嬉しいです、しかしあの日からエレンはまだ目覚めていません」




    ダズ「・・・」




    カルラ「ダズさんが本当に謝るべきなのは私達ではなくてエレンです。なのでエレン自身に謝ってください」




    ダズ「・・・はい」




    カルラ「連絡先を教えてください、エレンが目を覚ましたら教えますので。それ以外はお見舞いに来なくていいですよ、ダズさんも仕事があるでしょう」




    ダズ「!え、いやしかし・・・!」チラ




    クリスタ「」ギロ ゴゴゴゴ




    ダズ「・・・はい、わかりました。ではこちらに連絡をお願いします」スゥ(名刺)




    カルラ「はい」ギュッ




    ダズ「では、失礼します」クル スタスタ




    カルラ・クリスタ・アニ「」




    ダズ「・・・本当に申し訳ありませんでした」ペコ




    カルラ・クリスタ・アニ「」




    ダズ「」ガチャ





    シーーーーン




    アニ「・・・アホ」シュンッ!




    クリスタ「あうっ!!」ペシッ
  23. 35 : : 2019/07/04(木) 19:14:13
    はぁなんで荒らしが沸くんだろ...気持ち悪っ
    期待(✋٠∀٠)<デース
  24. 36 : : 2019/07/11(木) 13:45:46
    アニ「たく」




    クリスタ「痛いよ!なにするの!!」




    アニ「アンタこそ何やってんだい」




    クリスタ「お兄ちゃんをこんな目にあわせたアイツは許せない!!!お兄ちゃん仇取ってやるの!」




    アニ「・・・仇取ってってエレンは頼んだのかい?」




    クリスタ「!!」




    アニ「アイツをボコボコにすればエレンは目覚めるのかい?」




    クリスタ「え、いや・・・」




    アニ「憎い気持ちはわかるよ。私だってあの男をぶっ殺してやりたいくらいだよ」




    クリスタ「!」




    アニ「でもそんなことしても意味ないことは考えればわかるでしょ・・・」




    クリスタ「お姉ちゃん・・・」




    アニ「・・・お腹空いた」ポイ→財布




    クリスタ「うわっ!」トトッ!! ギュッ




    アニ「私とアンタの分なんか適当に買ってよ」




    クリスタ「え・・・」




    アニ「早く行きな」ジロ




    クリスタ「!う、うん!」タタタ ガチャ




    アニ「・・・母さんも仕事に戻っていいよ」




    カルラ「!」




    アニ「ずっとエレンに付きっきりってわけにはいかないでしょ?私が付いてるから大丈夫だよ」




    カルラ「アニ・・・ありがとう、じゃあお願いするわ」




    アニ「うん」




    カルラ「なにかエレンに異変があったと時はこのスイッチを押してね」カチャ




    アニ「わかった」




    カルラ「それじゃあ」 クルスタスタ ガチャ





    シーーーーーーン





    アニ「・・・」チラ




    エレン「」シュコーシュコー




    アニ「エレン・・・」ギュッ




    エレン「」シュコーシュコー




    アニ「早く起きな。妹も・・・私も心配してるんだよ」




    エレン「」シュコーシュコー




    アニ「」ナデナデ




    エレン「」シュコーシュコー   ピク…




    ・・・








    ・・











    ・・・数時間後


    ーイェーガー大病院:病室ー
  25. 37 : : 2019/07/21(日) 16:59:37
    エレン「」シュコーシュコー




    アニ「」ペラ…
    ※読書中




    クリスタ「」ギュッ スリスリ




    エレン「」シュコーシュコー




    コンコン!




    アニ「ん?どうぞ」




    ガチャ




    アニ・クリスタ「!」




    アルミン「ど、どうもこんにちは」


    フリーダ「失礼します」


    ミカサ「こ、こんにちは」ペコ




    アニ「あんた達・・・」




    アルミン「エレンが事故にあったとイルゼから教えてもらったのでお見舞いに来ました。アニさんにはお見舞いに行くとメール送ったはずですが?」




    アニ「!あ・・・」カチャ(携帯)




    フリーダ「大勢で来るのは迷惑だと思ったので皆さんを代表して私達がお見舞いに」




    アニ「・・・そう、ありがとう」




    エレン「」シュコーシュコー




    ミカサ「エレン君・・・」




    アルミン「相手の居眠り運転による信号無視の接触事故だったみたいですね・・・」




    アニ「なんでそこまで知ってんだい」




    アルミン「!い、イルゼです」




    アニ「・・・そう(どこから情報でてんだい)」




    フリーダ「・・・エレン、あれから目を覚ましてないの?」




    クリスタ「・・・うん」




    フリーダ「」




    エレン「」シュコーシュコー




    フリーダ「エレン・・・」




    ポワポワ(脳内)

    ーーーーーーーーーーーーーーー


    フリーダ(天使)「ああぁ・・・エレン君が・・・私の命の恩人が・・」ガタガタ



    フリーダ(悪魔)「落ち着けよ、まだ死んだわけじゃない」



    フリーダ(天使)「死?い、いや・・・エレン君が死ぬなんてそんなの・・・」ガタガタ



    フリーダ(悪魔)「あーーーー!だから落ち着けって!!大丈夫だって!(どうしよう・・・エレン様が死んだら、いやいや!!そんなこと考えるな!!!でももしもそんなことになったら・・・)」ブル…


    ーーーーーーーーーーーーーーー




    フリーダ「・・・ふぅー(落ち着け私)」




    ミカサ「」ジー




    エレン「」シュコーシュコー クルクル(包帯)




    ミカサ「(包帯だらけ・・・)」




    アルミン「あ、これお見舞いの品です。どうぞ」スゥ




    アニ「!・・・ありがとう」ギュッ




    アルミン「いえ、じゃあ長居するわけにもいかないので僕たちはこれで」ペコ




    フリーダ「また明日もお見舞いに来てもいいですか?」




    アニ「ええ。でも無理はしないいから、あんた達は受験生でなにかと忙しいだろうし」




    フリーダ「はい(受験なんてどうでもいい)」チラ




    エレン「」シュコーシュコー




    フリーダ「エレン、また明日」


    アルミン「じゃあねエレン、早く元気になってね」




    ミカサ「」




    アルミン「ミカサ、行くよ」




    ミカサ「!う、うん」 チラ




    エレン「」シュコーシュコー




    ミカサ「・・・」




    「ミカサ先輩」




    ミカサ「!」




    クリスタ「お兄ちゃん・・・すぐ起きるよね?」




    ミカサ「クリスタちゃん・・・」




    クリスタ「」グス




    ミカサ「・・・うん、きっとすぐ起きるよ」スッ




    クリスタ「!」ポン(頭)




    ミカサ「大丈夫・・・大丈夫だよ」ナデナデ




    クリスタ「・・・うん」コクン




    ミカサ「・・・それじゃあ私はこれで」スタスタ




    クリスタ「!み、ミカサ先輩」




    ミカサ「ん?」クル




    クリスタ「お、お見舞いに来てくれてありがとう・・・」モジモジ




    ミカサ「!・・・うん、また明日も来るよ」




    エレン「」シュコーシュコー




    ミカサ「じゃあね、エレン君」スタスタ




    エレン「」シュコーシュコー










    ギュッ




    アニ・クリスタ・アルミン・フリーダ「!!」




    ミカサ「」ギュ(手) クル




    エレン「」ギュッ




    ミカサ「エレン君・・・?」




    エレン「」スー(目) ムク




    みんな「!!」




    エレン「・・・ん」ジロ




    ミカサ「!」




    エレン「」ジーー




    ミカサ「え、エレン君・・・」




    エレン「・・・誰?」




    ミカサ「      え?」




    ガタン!(椅子)




    エレン「ん」クル




    クリスタ「」ウルウル




    エレン「?・・・クリスタ?」
  26. 38 : : 2019/07/23(火) 22:12:32
    クリスタ「お兄ちゃん!!」ガバッ!!




    エレン「!!?!?」ダキッ!!




    クリスタ「お兄ちゃん!お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん!!よかった!よかったよぉ!!」ギュッ




    エレン「ぐがあああっ!!」ズキズキ!!




    アルミン「!!く、クリスタちゃん!」


    フリーダ「エレンが痛がってる!!」




    クリスタ「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん!」ギュウウウウ!!




    エレン「がっあぁぁ!!」ズキズキ!!




    アニ「なにやってんだい!」ガシッ!! グイ!!




    クリスタ「うわっ!!」グンッ!!




    アニ「全身怪我だけの怪我人におもいっきり抱きついてんじゃないよ!!」




    エレン「っ・・・い、イテェ・・・」グググ




    アニ「大丈夫かい?エレン」ササッ




    エレン「くっ・・・」グググ チラ




    アニ「」




    エレン「!・・・?お姉ちゃん・・・なの?」




    アニ「は?(お姉ちゃん・・・?)」




    アルミン・フリーダ「エレン!」タタタ ザッ!




    エレン「!」クル




    アルミン「起きて大丈夫なの!?エレン!」




    エレン「・・・あ、アルミン?」




    フリーダ「よかった・・・本当によかった」ポロ




    エレン「?」




    フリーダ「」ポロポロ




    エレン「誰?」




    フリーダ「     え?」




    アルミン「え、エレンなに言ってるの?」




    エレン「え?なにが?」




    アルミン「フリーダさんだよ」




    エレン「ふりーだ?」




    アルミン「うん」




    エレン「」ジロ




    フリーダ「!」




    エレン「・・・いや知らない、見たことも会ったことない」ジーー




    フリーダ「        」ガーーン!!




    ミカサ「え、エレンくん」




    エレン「ん?・・・お前も誰だよ」クル




    ミカサ「!」




    エレン「?いや・・・なんかミカサに似てるな。ミカサのお姉ちゃん・・・?」ジーー




    ミカサ「わ、私ミカサだよ」




    エレン「!は?え?ミカサ!?」




    ミカサ「う、うん」




    エレン「」キョロキョロ




    アニ・クリスタ・アルミン・フリーダ・ミカサ「」




    エレン「な、え?ど、どういうこと?ていうかここどこ?なんだ俺こんなに体が痛いんだ?」ズキズキ!! オロオロ




    ミカサ「エレン君・・・」




    ガチャ(ドア)




    カルラ「エレン、診察の時間よ」スタスタ




    みんな「!」クル




    カルラ「!あら、エレンのお友達?」




    アルミン「は、はい!」




    カルラ「エレンのためにありがとう」




    「母さん」




    カルラ「!!」




    エレン「」




    カルラ「エレン!目が覚めたのね!」




    アニ「母さん、目覚めたのはいいけどさ。エレンなんか変だよ」




    カルラ「変・・・?」




    エレン「????」




    ~~~~~時間経過~~~~~



    ーイェーガー大病院(個室)ー



    カルラ・グリシャ「」




    先生(精神科)「えーエレン・イェーガー君、あなた方のお子さんなんですが」




    グリシャ「用件は早く済ませてくれ、こっちは忙しいんだ」




    カルラ「!ちょっとあなた!!」




    先生「あーすいません、イェーガーさん」ペコ




    カルラ「先生、娘(アニ)がエレンが変だと言っていました。なにかわかりましたか?」




    先生「・・・CTスキャンやレントゲンなどで身体を診たいところですがまだ安静にしていないといけない身体なので無理に動かすわけにはいきません。なので彼にいくつか質問をしてわかったことなのですが・・・」




    カルラ・グリシャ「」




    先生「おそらく記憶喪失ですね」




    カルラ「!!き、記憶喪失!?」




    先生「はい、自分が誰であるのかはちゃんと覚えているみたいですが・・・彼に年齢を訪ねたらなんと小学生四年生で9歳と言ったんですよ」




    カルラ「9歳・・・あの子は14のはずですよ」




    先生「はい、カルテにもそう書いてありますね。どうやら小学生四年生から昨日までの記憶がないみたいです。自分の怪我の原因もわかってないみたいでした」




    グリシャ「・・・本当に記憶喪失なのか?」




    先生「はい、彼が私をからかっているのでなければ」




    グリシャ「・・・そうか」




    先生「まあ一時的なものかもしれませんし今は様子を見ましょう。では私はこれで」スタスタ ガチャ




    カルラ「・・・エレンが記憶喪失」




    グリシャ「小学四・・・か」
  27. 39 : : 2019/08/06(火) 23:58:28
    カルラ「小学四年生と言えば5年前ね・・・!じゃああの時の震災のことも覚えてないんじゃ・・・」




    グリシャ「・・・さあな」ムク(立)




    カルラ「!あなたどこに!?」




    グリシャ「仕事に戻る」




    カルラ「!」




    グリシャ「カルラ、アイツのことはお前が看ていろ。アニ達には明日からちゃんと学校に行くように伝えておけ」




    カルラ「え?でも・・・」




    グリシャ「仕事の方は心配するな、私と他の者達でなんとかする」




    カルラ「は、はあ・・・」




    グリシャ「あとアイツの怪我が回復次第学校に行かせろ」




    カルラ「!!学校に!?記憶喪失なんですよ!エレンが忘れてしまった環境で生活したら混乱するかもしれませんよ!」




    グリシャ「・・・かもしれんな。だがアイツは高校受験を控えてる」




    カルラ「!」




    グリシャ「一時的なものかもとは言っていたがもし記憶が戻らなかった場合どうだ?アイツの高校受験の結果は目に見えてると思うが?」




    カルラ「!」




    グリシャ「なら少しでも勉強させて受かる確率を上げさせた方が私はいいと思うが」




    カルラ「・・・」




    グリシャ「それに忘れてしまった環境で生活することで記憶を取り戻すかもしれないだろ」




    カルラ「・・・な、なるほど」




    グリシャ「学校にも事情を話してサポートしてもらうようにお願いしておけ」




    カルラ「はい」





    グリシャ「あとアイツに仲の良い友人がいただろう、アルミン君という同学年の友人が」




    カルラ「はい」




    グリシャ「彼にも学校でのアイツのサポートを頼んでおいてくれ」




    カルラ「わかりました」




    グリシャ「じゃあ任せたぞ」スタスタ ガチャ(ドア)




    カルラ「・・・(あの子のこと心配してるんですね、あなた)」ギュッ




    ーーーーーーーーーーーーーーー


    ー(エレンの)病室ー
  28. 41 : : 2019/08/16(金) 22:44:08
    クリスタ「はいお兄ちゃん、あ~ん」スゥ(ご飯)




    エレン「あーんっ」パクッ




    クリスタ「美味しい?」




    エレン「んーーー・・・うまいけど母さんの作るご飯の方がいい。母さんの作ったハンバーグが食べたい、カレーが食べたい、あとアイスも食べたい」モグモグ




    アニ「なに寝ぼけたこと言ってんだい」




    エレン「だってさー」




    ガラッ!(ドア)




    エレン・クリスタ・アニ「」クル




    カルラ「」スタスタ




    エレン「あ、母さん!」




    カルラ「あら、食事中だったのね」




    エレン「うん!このご飯やだー!母さんの作ったご飯が食べたいー!」




    カルラ「!」




    エレン「」キラキラ★




    カルラ「・・・ええ、退院したらエレンの好きな料理いっぱい作ってあげるわ」ニコ




    エレン「ホント!?ならすぐ治す!!今治す!!はいもう治った!!」ガバッ!!




    ズキッ!!




    エレン「いぃっ!!イタァッッ!!!」ズキズキ!! グググ




    クリスタ「!!お兄ちゃん!!大丈夫!?」ササッ!!




    アニ「バカかいアンタは、そんな簡単に治るわけないでしょ」




    エレン「ううっ、すげぇ痛い」グスン




    カルラ「エレン、今は無理して動いちゃダメ。安静にしていなさい」




    エレン「はーい」




    カルラ「・・・アニ、クリスタ」




    アニ「」ジロ

    クリスタ「ん?なにお母さん」




    カルラ「ちょっとこっちに来なさい」スタスタ




    アニ・クリスタ「?」スタスタ




    エレン「?どこ行くの?」




    カルラ「ちょっと飲み物を買いにね、エレンはなにがいい?」クル




    エレン「飲み物?うんとね~オレンジ!いや!やっぱりコーラがいい!」




    カルラ「コーラね」ガチャ(ドア) スタスタ




    アニ・クリスタ「」スタスタ




    ー病院:自販機前ー



    アニ・クリスタ「記憶喪失!?」




    カルラ「ええ、自分自身が誰なのかはわかるみたいだけど小学生四年生から昨日までの記憶がないみたいなのよ」




    クリスタ「小学生四年生・・・」




    アニ「記憶喪失・・・そういえば私のことは「姉ちゃん」って呼ぶエレンがさっきは「お姉ちゃん」って呼んでた・・・あの呼び方は小学生までだったはず」




    クリスタ「あ、ミカサ先輩やフリーダ先輩のことも誰だって言ってたよね」
  29. 42 : : 2019/09/10(火) 04:26:14
    すいません
    仕事が忙しく中々書けませんでしたが仕事の方がやっと落ち着きました
    これから書いていきます
    これからもよろしくお願いいたします
  30. 43 : : 2019/09/11(水) 13:29:18
    カルラ「・・・そうなのね」




    クリスタ「!も、もしかして記憶戻らないの!?」




    カルラ「!」




    クリスタ「ねえ!お母さん!」




    カルラ「・・・なんとも言えないわね、一時的なものかもしれないしそうじゃないのかもしれない」




    クリスタ「そんな・・・」




    カルラ「とりあえず二人は明日からちゃんと学校に行きなさい、エレンのことは私が付きっきりでちゃんと見るから」




    クリスタ「!お母さんが?」




    カルラ「ええ」




    アニ「いいの?患者はエレン一人じゃないでしょ、付きっきりになったら仕事に支障出るんじゃないの?」




    カルラ「大丈夫、仕事の方はなんとかするってお父さんが」




    アニ「!父さんが・・・?」




    カルラ「あの人もエレンのこといろいろ心配しているのよ」




    アニ「・・・」




    カルラ「とにかくエレンは私がちゃんと見ておくから二人は心配しないで明日から学校に行きなさい」




    アニ・クリスタ「うん」コクン




    カルラ「あ、でも今日だけはエレンのことお願いしても大丈夫かしら。仕事の引き継ぎとかしておきたいから」




    アニ「いいよ」

    クリスタ「任せて!お母さん!」




    カルラ「ありがとう、じゃあよろしくね」




    クリスタ「うん、お仕事頑張ってね」




    カルラ「ええ」クル スタスタ




    クリスタ・アニ「」




    カルラ「」スタスタ…




    クリスタ「・・・」




    アニ「・・・まさか記憶喪失とはね」




    クリスタ「・・・お兄ちゃん」ギュッ




    アニ「(小学四年からの記憶がない・・・それにエレンの母さんに対するあの接し方。もしかして震災のことも忘れてる・・・?)」




    クリスタ「」ズーーン




    アニ「・・・なに暗い顔してんだい」シュン




    クリスタ「!」ポン




    アニ「大丈夫だよ」




    クリスタ「お姉ちゃん・・・」




    アニ「ほら、さっさと飲み物買ってエレンの病室行くよ」




    クリスタ「う、うん」




    ー病院:受付付近ー


    スタスタ



    カルラ「(資料をまとめて患者の皆さんにも一言あと・・・)」スタスタ




    アルミン・ミカサ・フリーダ「」
    ※待合所




    カルラ「!(あの子達は・・・)」ピタ




    アルミン「エレンどうしちゃったんだろう」




    フリーダ「なんで?なんで私のこと・・・冗談?あっそっか!冗談だ!じゃないと私がエレン君に忘れられることなんて」ブツブツ




    ミカサ「お、落ち着いて!フリーダ!」
  31. 45 : : 2019/10/01(火) 15:01:33
    「」ザッ




    アルミン・ミカサ・フリーダ「?」クル




    カルラ「こんにちは」ニコ




    アルミン「!エレンのお母さん!どうもこんにちは」ペコ


    ミカサ「こ、こんにちは!」ペコ


    フリーダ「こんにちは」ペコ




    カルラ「(礼儀正しい子達ね)久しぶりね、アルミン君、ミカサちゃん」ニコ




    アルミン「はい」




    ミカサ「お、お久しぶりです。もう何ヶ月も来てなくてごめんなさい・・・」




    カルラ「ふふ、相変わらず変わった子ね。そんなこと謝る必要なんてないわよ、病院に来ないってことは元気で健康的な証拠。いいことじゃない」




    ミカサ「は、はい!」




    カルラ「」チラ




    フリーダ「!」




    カルラ「エレンのお友達ね(この子確か体育祭のビデオに映ってたわね)」




    フリーダ「はい、フリーダです。いつもエレン君にはお世話になってます」ペコーーー




    カルラ「フリーダちゃんね(この子どこかで・・・)」




    アルミン「あ、あの!エレンのお母さん!」




    カルラ「!ん?なに?」




    アルミン「エレンの容態の方は大丈夫でしょうか?」




    カルラ「!・・・心配してくれてありがとう」




    アルミン「友達ですから」




    カルラ「・・・怪我はしているけど命に別状はないわ」




    ミカサ・フリーダ「!・・(よかった)」ホッ




    アルミン「そうですか、よかったです」




    カルラ「みんな、お見舞いに来てくれてた本当にありがとう」




    アルミン「いえいえ」


    ミカサ「あ、明日もお見舞いに来ます!」


    フリーダ「毎日来ます」




    カルラ「(本当にいい子達ね・・・!あ、そうだ)アルミン君、ミカサちゃん、フリーダちゃん。エレンのことで話しておきたいことがあるだけど今時間あるかしら?」




    アルミン「エレンのこと?」




    カルラ「ええ」




    ミカサ「わ、私は大丈夫です」


    アルミン・フリーダ「僕も(私も)」




    カルラ「ありがとう、それじゃあここで話すのもなんだしあっちで(アルミン君だけに話そうと思ってたけどこの二人にも話して大丈夫よね、二人共いい子そうだし)」スタスタ




    アルミン・ミカサ・フリーダ「」スタスタ





    ・・・数分後


    ー病院(外):自販機付近ー



    カルラ「~~というわけなの」




    アルミン「エレンが記憶喪失・・・だからフリーダさんのこと誰かわからなかったんだね」




    フリーダ「小学四年から・・(私とエレン君が出会ったのは小学四年の時だけど私のことを知らないってことはあの日の記憶もないのね)」




    ミカサ「な、治るんですか?」




    カルラ「わからないわ」




    ミカサ「・・・(エレン君)」ギュッ




    カルラ「それでみんなにお願いしたいことがあるんだけどいいかしら?」




    アルミン「お願い?」




    カルラ「怪我が治り次第エレンを学校に行かせようと思ってるの」




    フリーダ・ミカサ「!!」




    アルミン「エレンを学校に・・・?記憶喪失の状態でですか?」




    カルラ「ええ、最も怪我が治る前に記憶を取り戻してくれたらそれが一番いいんだけど・・・怪我が治って記憶が戻ってない状態でも学校に行かせようと思ってるわ、」




    アルミン「だ、大丈夫でしょうか?」




    カルラ「・・・心配なところもあるけど忘れてしまった環境で生活することで記憶を取り戻せるかもしれない、受験が近いから少しでも勉強させておこうっていうのもあるけど」




    アルミン「なるほど。それでお願いというのは?」




    カルラ「・・・」スゥ




    アルミン・ミカサ・フリーダ「!!」




    カルラ「エレンの・・・あの子のサポートをお願いしたいの」




    ミカサ「エレン君のサポート・・・?」




    カルラ「学校側にも事情を話して先生方々にエレンのサポートをしてもらうように頼むつもりだけど、先生達の生徒はエレン一人じゃない・・・何百人といる中でずっとエレンだけを気にしてもらうことは無理かもしれない」




    フリーダ「なるほど、それでエレン君と同じ生徒である私達にエレン君のサポートを」




    カルラ「ええ・・・お願いできるかしr「やります!!」ガシッ!!




    カルラ「!!」ギュッ(手)




    フリーダ「任せてください、全力でエレン君のサポートをします」ギュッ




    カルラ「あ、ありがとう」
  32. 46 : : 2019/10/01(火) 15:34:09
    フリーダ「礼には及びません!エレン君のためですから!」




    カルラ「(近い・・・でもやっぱりこの子どこかで・・・)!!」




    ザザザザ

    ーーーーーーーーーー

    ・・・5年前


    ーイェーガー大病院ー



    フリーダ父「お願いします先生!娘を助けてください!!」



    グリシャ「ん~・・・(どこも手術したくないはずだ、手術しようにもこれは難しすぎる)」ペラ(診断書)



    カルラ「」チラ



    フリーダ「」
    ※9歳

    ーーーーーーーーーー




    カルラ「    も、もしかしてあのフリーダちゃん!?」




    フリーダ「・・・はい、5年前はこちらでお世話になっていましたフリーダです」ペコ




    カルラ「わーーー!大きくなったわね!」




    フリーダ「ありがとうございます、5年前はなんの挨拶もなくここを出てしまい申し訳ありません。父の仕事の都合で急遽引っ越しすることとなったので・・・」




    カルラ「そんな!気にしないで!」




    フリーダ「一年ほど前にこの街に帰ってきました」




    カルラ「そうなのね、元気そうでよかったわ」




    フリーダ「はい、今こうして私が生きていられるのはエレン君のおかげです」




    カルラ「!」




    フリーダ「エレン君には本当に感謝しています」




    カルラ「・・・そっか(そういえばフリーダちゃんもエレンに治してもらったんだっけ)」




    フリーダ「もちろんグリシャ先生にも感謝しています」




    カルラ「!」




    フリーダ「いろんな病院からたらい回しにされていた私をグリシャ先生は見捨てなかった・・もうほとんど生きるのを諦めていたんですけど少しだけ嬉しかったんです」




    カルラ「」




    フリーダ「ご挨拶にお伺いしようと思っていました・・・でも私はグリシャ先生でなくエレン君に手術してもらったので・・その・・・なんとグリシャ先生に謝罪したらいいかわからなくて・・・」




    カルラ「フリーダちゃん・・・」




    フリーダ「」




    カルラ「本当にいい子ね、フリーダちゃん」




    フリーダ「!」




    カルラ「そんなに思い悩まなくても大丈夫よ、どんな形であれフリーダちゃんがこうして元気に生きている。それは私たちにとってとても嬉ことなんだから」




    フリーダ「カルラさん・・・」ウル




    カルラ「それに・・・」




    ザザザザサ

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    ・・・約5年前


    ーイェーガー大病院ー



    グリシャ「」ゴクリ スー…



    手術シミュレータ(機械) ピーピー!!



    グリシャ「!!っ!くそ!またか!!」



    カルラ「(これで何回目かしら、今までこんなに手術シミュレータで失敗したことなんて一度もなかった)」



    グリシャ「くそ・・・こんなの私じゃ無理だ・・・」ギュッ



    カルラ「あなた・・・」



    ーーーーーーーーーーーーーー




    カルラ「・・・」




    フリーダ「?カルラさん・・・?」




    カルラ「!あ、ごめんなさい」




    フリーダ「どうかなさいましたか?」




    カルラ「なんでもないわ、気にしないで」




    フリーダ「は、はい・・・」
  33. 47 : : 2019/10/24(木) 11:33:09
    カルラ「じゃあお願いするわね」




    アルミン・ミカサ・フリーダ「はい!」




    カルラ「それじゃあ私は仕事に戻るわ、皆も気を付けて帰ってね」




    アルミン「ありがとうございます、お仕事頑張ってください」




    カルラ「ええ」クル スタスタ




    アルミン「・・・記憶喪失か」




    ミカサ「エレン君・・・」ギュッ




    アルミン「とりあえず今はエレンの回復を待とう、そしてエレンの記憶が早く取り戻せるように学校でサポートしよう」




    ミカサ「う、うん!わかった!」


    フリーダ「ええ(学校だけといわず24時間常に側でサポートしてあげたい)」




    ーーーーーーーーーーーーーーーー


    ー(エレンの)病室ー



    エレン「ぷはーー!くぅ~~!うまい!おかわり!」ゴクゴク バッ!(コップ)




    クリスタ「はい」トクトク




    エレン「ありがとう、クリスタ」ニッ




    クリスタ「うん!」




    エレン「ところで母さんは?」




    アニ「仕事だよ」




    エレン「ふ~ん、そっか」ゴクゴク




    クリスタ「お兄ちゃん!他に欲しいものない!?」




    エレン「ほしいもの?そうだな~~ん~~~じゃあお菓子!」




    クリスタ「お菓子ね!すぐ買ってくるよ!」タタタ ガチャ!!(ドア)




    エレン「気を付けてなー」




    アニ「・・・」




    エレン「おかしーおかしーおーかーしー♪」ワクワク




    アニ「・・・エレン」




    エレン「ん?なに?」




    アニ「ほかにほしいものあるかい?」




    エレン「!う~ん・・・」




    アニ「」




    エレン「ない!」




    アニ「・・・そう」




    エレン「それよりお姉ちゃん」




    アニ「なに?」




    エレン「なんで俺こんなに怪我してるの?」




    アニ「」ピク




    エレン「ねーねー」




    アニ「・・・車にはねられたんだよ」




    エレン「!え?俺が!?」




    アニ「ええ、昨日ね」




    エレン「昨日!?え?車に、あれ?全然覚えてない。車にはねられたっけ・・・?」




    アニ「突然のことだったんだから覚えてなくても仕方ないよ」
  34. 48 : : 2019/11/18(月) 06:07:50
    エレン「・・・マジで?」




    アニ「マジだよ」




    エレン「俺が車にはねられた・・・」




    アニ「とにかく今は安静にしてな」




    エレン「え~~!外で遊びたいんだけど~!」




    アニ「怪我が悪化するよ」




    エレン「ちょっとくらいいいじゃ~ん」




    アニ「ダメ」




    エレン「ブ~~!」




    アニ「大人しくしてな」ペラ(本)




    エレン「は~い(お姉ちゃんが出て行ったあとにこっそり抜け出そう)」




    アニ「病室からこっそり抜け出そうとか考えてると思うけどやったら承知しないよ」




    エレン「!!な、なんでわかったの!?あっ!」




    アニ「アンタの考えそうなことくらいわかるよ」




    エレン「・・・チェ~」




    アニ「」ペラ…ペラ




    エレン「」ジーー




    アニ「」ペラ




    エレン「」ジーー




    アニ「・・・なに?人のことジーと見て」




    エレン「!あーーえっとさ、お姉ちゃんなんかすごく変わった気がするからつい・・・」




    アニ「」ピク




    エレン「大きくなったっていうか、その・・・大人っぽくなった?っていう感じでさ。なんだか俺の知ってるお姉ちゃんじゃないような気がして・・・」




    アニ「」




    エレン「それにクリスタもアルミンやミカサも大きくなっててなんだかよくわからなくて」




    アニ「」





    どうしよう・・・





    アニ「(記憶喪失になったことを言った方がいいのか、言わない方がいいのか・・・)」




    ガチャ!




    クリスタ「ただいま!」




    アニ「!」




    クリスタ「買ってきたよ!」バッ!




    エレン「おー早いな!」




    クリスタ「売店すぐそこだったから!はい」スッ(お菓子)




    エレン「おう!ありがとな!」ギュッ

▲一番上へ

このスレッドは書き込みが制限されています。
スレッド作成者が書き込みを許可していないため、書き込むことができません。

著者情報
ryky0107

カネキ・イェーガー

@ryky0107

この作品はシリーズ作品です

ツンデレな姉とヤンデレな妹 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場