ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第5話 『指令』 ――トロスト区奪還編 No.2――

    • Good
    • 10

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/10(木) 13:28:59
        進撃の巨人Another 第5話 『指令』


    トロスト区への侵攻

    巨人と人類の攻防はすでに巨人へ戦況が傾いていた

    圧倒的な生命力と身体の大きさを誇る巨人に対して、
    戦闘経験がないに等しい駐屯兵団前衛はすでに壊滅していた


  2. 2 : : 2013/10/10(木) 13:29:58

    ――――中衛部 エレン班――――

    エレン「俺達、中衛まで前衛へ駆り出されるなんて」

    ミーナ「巨人がもう、あんなに…」

    サムエル「普段威張り散らしてる前衛の先輩方は一体、
         何をやってるんだ?」

    トーマス「まだほとんど時間が経っていないのに、
         前衛部隊が総崩れじゃないか」

    エレン「(決して楽観視していたわけじゃないが、
         これはあまりにも…!?)」

    エレン「奇行種だ!避けろ!!」ビュン
  3. 3 : : 2013/10/10(木) 13:30:20


    ドガッ


    エレン「トーマス!?」

    トーマス「あ、ああ、くそっ」ガクガク


    ゴクン


    エレン「ま、待ちやがれ!!」バシュ

    ナック「待て、単騎行動はよせ!エレン、下にももう1体!」

    エレン「!?」
  4. 4 : : 2013/10/10(木) 13:30:55


    ガブ


    エレン「ぐはっ」ドゴン ゴロゴロ

    ミーナ「そんな、エレンが…」

    アルミン「」ガク

    サムエル「おい、止まってる場合か、来るぞ!」

    一同「」ダッ バシュ


    ウワァーーー

    バキバキバキ


    ミーナ「きゃあ、うぅ」バシン

    アルミン「(どうして僕は、仲間が喰われる光景をただ見ているんだ…?)」

    アルミン「(どうして僕の足は動かないんだ…?)」
  5. 5 : : 2013/10/10(木) 13:31:10


    アーン


    ミーナ「きゃあああああああ!!」


    スバッ

    ズズーン


    「大丈夫か、ミーナ?」

    アルミン「(…なんで君がここに?)」


  6. 6 : : 2013/10/10(木) 13:31:57

    ――――同時刻 後衛部隊――――

    上官「前衛がすでに壊滅したとの情報が届いた、これより中衛部隊を前進させ、
       我々後衛部隊も半数が援護に回る」

    上官「精鋭部隊は、優先的に戦いに向かってくれ」

    ユーク「戦況は圧倒的に不利みたいだな」

    ミカサ「ええ、しかも中衛が前衛へ駆り出されるということは、エレンたちも…」

    ユーク「そういうことになるね、だが、俺達も中衛へ出ることになる。
        まずは自分の身だ。気を引き締めていこう」
  7. 7 : : 2013/10/10(木) 13:32:28

    ミカサ「…私は、自分の命なんてどうだっていい。
        だけどエレンだけは何としても助けたい」

    ユーク「またそんなこと言って、エレンだってミカサが自分のために死んだなんて知ったら、
        それこそ悲しむはずだ。もっと自分を大切にしたほうが何よりエレンの為になる」

    ミカサ「でも、エレンが死んでしまったら、私にはもう、生きる意味がない。この命は
        エレンから再び与えられたもの。私は、エレンさえいれば、何でもできる!」

    ユーク「…わかった。エレンを生かす努力をしよう。(エレンも幸せ者だね)」

    ミカサ「ええ、あなたとは行動を共にする仲間、お願い」

    ユーク「さぁ、行こう」


  8. 8 : : 2013/10/10(木) 13:33:05

    ユーク「想像以上の大惨事だね」

    ミカサ「ええ、5年前を思い出す」

    ユーク「あの時も…酷かった」

    ミカサ「急ごう、エレンを見つけたい」


    ――――ミーナヲ イカセ

  9. 9 : : 2013/10/10(木) 13:34:01

    ユーク「……」ピーン

    ミカサ「どうかしたの?」

    ユーク「(何だ、今の声は?だが、この声に身体が逆らえない)」

    ユーク「ごめん、ミカサ。今やるべきことができた。別行動を取らせてくれ」

    ミカサ「どういうこと?」

    ユーク「ごめん、どうやら言えないみたいだけど、
        仲間を助けるためなんだ、信じてくれ」
  10. 10 : : 2013/10/10(木) 13:34:23

    ミカサ「……」

    ユーク「……」

    ミカサ「…わかった。あなたを信じよう。
        でも後でちゃんと何があったか報告して」

    ユーク「わかった、約束しよう。それじゃ」パシュ

    ミカサ「(エレン……)」


  11. 11 : : 2013/10/10(木) 13:34:46

    ――――エレン班――――

    ユーク「よかった、間に合った」

    アルミン「ユーク!?なんで後衛の君がここに?」

    ユーク「俺達後衛部隊も前衛の惨状の報告を受けて前進したんだ。」

    アルミン「そうだったんだ。…そうだ、エレンが危ないんだ!!」
  12. 12 : : 2013/10/10(木) 13:35:21

    ユーク「エレンは、どこに?」

    アルミン「あそこの屋根の上だ。単騎行動して下から巨人に片足を喰われちゃったんだ。
         僕は、仲間が喰われている光景をただ見ているしかできなかった、弱虫野郎だ…」

    ユーク「…アルミン、今はミーナとエレンを助けることが最優先だ。
        俺が2人を担いでいくからサポートしてくれ」

    アルミン「いくら君でも2人を抱えながら立体機動で移動するなんてできるのかい!?」

    ユーク「できるかじゃなくて、やるしかないんだよ、いくぞ」

    アルミン「(ユーク、君はどうしてそんなに強いんだい?なにが君の身体を突き動かすんだ
         …その勇気、僕も分けてほしい)」
  13. 13 : : 2013/10/10(木) 13:35:48

    ユーク「エレン、大丈夫か?」

    エレン「…ユーク、すまない。俺のせいで班のみんなが…」

    ユーク「言い訳は後から聞くから、今はミーナとアルミンだけでも助けるぞ」

    エレン「でも片足を失った今の俺に何ができるんだ?」

    ユーク「今は、俺とアルミンに任せろ、エレンは今はただ、
        ミカサの為に生き延びることだけを考えるんだ」

    エレン「…すまねぇ」
  14. 14 : : 2013/10/10(木) 13:35:59

    アルミン「ユーク、進路を考えたよ、僕が先導とサポートをするから並行しよう」

    ユーク「了解した。今は考えることはアルミンに任せるよ、頼んだ」

    アルミン「ユークこそ、2人を担ぐのは至難の業だけど頑張ってついてきて。行こう」


  15. 15 : : 2013/10/10(木) 13:37:24

    エレン「ユーク、ミーナの状態はどうなんだ?」

    ユーク「家の壁に背中をたたきつけられて、意識を失っただけのようだ。
        それほど重傷にも見えない。だが、今は安静にしているべきだろう」

    エレン「そうか。よかった。アルミンとミーナだけでも生き残って…」

    ユーク「エレン、何があったんだ?簡単に教えてくれ」

    エレン「あぁ、奇行種がトーマスを喰って、血が上った俺が、単騎特攻を仕掛けたんだ。
        下に潜んでいた巨人に気付けず、片足を喰われて、屋根の上を転がったんだ」

    ユーク「そして、君が倒れている間に、残りのみんなは巨人に捕まって…」
  16. 16 : : 2013/10/10(木) 13:37:56

    エレン「あぁ、そうだ…俺さえ、しっかりしていれば…」

    ユーク「死んだみんなには薄情かもしれないが、これが戦いだ」

    ユーク「エレンだって覚悟していたはずだ。現実は上手くいかないことだらけだって」

    ユーク「だけど、俺達には後悔している暇は与えられていない。
        常に前を見て頭を使い続けなければ、生き残れない。そうだろ?」

    エレン「…そうだな、俺は死んだみんなの分まで…!?アルミン、危ない!!」
  17. 17 : : 2013/10/10(木) 13:38:16

    アルミン「!?」ガシ

    ユーク「(巨人に捕まれた!?いつの間に)」

    アルミン「うわぁぁぁぁ」クチノ ナカヘ シュート

    エレン「アルミン!!」

    ユーク「(くそ、どうする!?ミーナは体に括りつけてあるから直ぐに解けない。
        仮に離せたとしても、この移動のなか、一体どこに降ろすんだ?
        エレンは体を動かせない。一体どうすれば?)」
  18. 18 : : 2013/10/10(木) 13:38:36

    エレン「くそっ」バシュ

    ユーク「エレン!?何をしている!」

    エレン「アルミンは…俺が絶対、助ける!!」ウオオオオオ


    ガシ


    アルミン「エレン!?」

    エレン「ア、ル、ミン」ググ

    エレン「うらぁぁぁあ!!」バッ

    アルミン「うわっ」ドガッ
  19. 19 : : 2013/10/10(木) 13:39:31

    アルミン「エレン!!」

    エレン「…こんなところで…死ねるか…」グググ

    エレン「アルミン…お前が教えてくれたから…俺は、外の世界に…」グググ

    アルミン「エレン!!早く!!」バッ


    バクン ゴクッ


    アルミン「!?うわぁぁぁぁあ…」

    ユーク「そんな…エレンまで…(ミカサ、君との約束、守れなかったよ…ごめん…ごめん)」
  20. 20 : : 2013/10/10(木) 13:39:46



    ――――――――

    ミカサ「……エレン」



    To be continued...
  21. 21 : : 2013/10/10(木) 13:41:57
    第5話です

    見返して、あまり不備もないと思い、投稿しました

    謎の声っていうのは、ちょっと厨二くさくてあまり使いたくはないんですが、話の性質上、仕方ないですね。

    書いていてちょっと、恥ずかしいですけど

  22. 22 : : 2013/10/11(金) 19:29:19
    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  23. 23 : : 2014/10/21(火) 20:38:56
    次の作品を早く読みたい。

    こんなに楽しみで仕方がないのは初めてです!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場