ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

エレン「俺は...負けない...!」エレンチート3

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/12/27(木) 01:30:38
    長い間放置してすみませんでした!いろいろあって今に至ります...。また少しずつやっていきたいと思いますのでよろしくお願いします!
  2. 2 : : 2018/12/27(木) 01:35:00
    http://www.ssnote.net/archives/60618
    前作です!
  3. 3 : : 2018/12/27(木) 22:09:32

    ーーーーーーーー

    マーエン「ガァァァァァァ!!!」パリィィン

    エレン「ふぅ....」

    アルミン「エレン!!」

    エレン「アルミン、無事でなによりだ」

    ミカサ「エレン...」

    ジャン「おい!なんだあの力はよ!」

    コニー「そうだ!なんなんだよ!」

    エレン「んー、修行の成果?」

    ライナー「修行って...」

    ベルトルト「明らかに人間の力を超えてるよね」

    アニ「...」

    マルコ「なんにせよ、みんな無事でよかったよ」

    サシャ「あー、一生分戦いましたぁ」

    エレン「おいおい、まだまだこれからだろ」


    ドドドド


    ユミル「ん、あれは...」

    クリスタ「調査兵団?」


    兵員「みんな!無事か!?」

    兵員「怪我人は急いで救急車へ!」


    キース「アルレルト訓練兵、どれだけの人が犠牲になった?」

    アルミン「...詳しくは分かりませんが...最低でも20人は...」

    キース「...そうか...」

    ミカサ「初日でこれは辛い...身体的にも...精神的にも...」

    ジャン「まぁ、あれだけ力の差を見せつけられてはな」


    キース「とりあえず、明日は休みにする。皆心身的にもやられているからな」

    エレン「いや、教官。明日は予定通りで構いません。」

    キース「なっ...」

    アルミン「そうです!僕たちは魔族の力の差を見せつけらたこそ訓練するべきです!」

    ミカサ「犠牲になった人たちの分も...」

    ジャン「俺たちは強くならなければならねぇんだ!そうだろ、みんな!」

    モブ
    そうだ!!あいつの分も強くなる!

    キース(...なんて奴らだ...あれだけの恐怖を味わって戦意を失ったと思ったが...コイツらは強くなるぞ...!)」

    ライナー「みんなエレンに鼓舞されたな」

    ベルトルト「僕たちもでしょ」

    アニ「...フッ」

    キース「分かった。明日は予定通りにする!時間に気をつけろよ!」

    みんな「ハッ!!」







    ???「エレン...あの力は一体...」

  4. 4 : : 2019/01/02(水) 09:19:46
    期待!
  5. 5 : : 2019/01/02(水) 09:20:28
    期待です!
    頑張って!なんか上の人と時間が被ってる気が?
  6. 6 : : 2019/01/13(日) 15:48:44

    ーーー夜ーーー寮ーーーー


    エレン「...」

    アルミン「エレン?どうしたの?」

    エレン「ん...いや、何でもないよ」

    ジャン「エレン....しつこいと思うが、あの力はなんだ?」

    ライナー「確かに、魔族と戦っていた時のお前はなんかこう...雰囲気って言うか..」

    ベルトルト「エレンじゃないみたいだった...かな?」

    ジャン「とにかく、あれは人間にできる芸当じゃねぇってことだ」

    エレン「....」

    アルミン「まぁまぁ、エレンも疲れてるだろうし、明日も通常通りなんだから早く寝よう」

    ライナー「そうだな...悪いエレン。言いたくないなら言わなくても大丈夫だからな」

    ベルトルト「誰だって秘密ぐらいあるしね」

    ジャン「すまん...」

    エレン「いや...いつか話せる時が来るから」

    アルミン「....」



    ーーーー精神世界ーーーー

    ランサー「それにしても、魔族にもエリートっていう奴もいるんだねぇ...」

    キャスター「...あれは普通の人間じゃ勝てないな」

    ランサー「....なぁ...」

    キャスター「なんだ?」

    ランサー「魔族を倒した後、なんか俺らと同じ魔力を感じたんだが....」

    キャスター「お前もか...やはり気のせいじゃなかったのか...」

    オルタ「......”英霊”...」

    ランサー「!?」

    キャスター「俺ら以外にこの世界に召喚されてるってことか!」

    ランサー「器にできる人間がいれば勝ち目があるぞ!」

    キャスター「そんな都合よくいるかねぇ....」



    ーーーーーーーーーーーー


    ???「やはりここからかすかに感じる...先程の奴が持っていた槍でわかった...お主も来ていたのだな....













    セタンタ 」




  7. 7 : : 2019/03/04(月) 03:25:32
    続き期待
  8. 8 : : 2019/03/04(月) 21:24:13
    エレン大好き軍ですー


    期待してまーーす
  9. 9 : : 2020/02/03(月) 12:23:12
    放置ですねわかります
  10. 10 : : 2020/02/14(金) 10:15:11
    頑張れー!
    ゆっくりでもいいから必ず終わらせてください
    応援してます
    期待!
  11. 11 : : 2020/03/08(日) 18:33:40
    頑張って!
  12. 12 : : 2020/03/08(日) 20:17:53
    エレン「クラス替えなり!今年は何組なりか」


    一組モブ


    二組進撃の巨人組み


    三組モブ 



    四組エレン



    デッデーン!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「未分類」カテゴリの人気記事
「未分類」カテゴリの最新記事
「未分類」SSの交流広場
未分類 交流広場