ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

CCGと喰種の魔物

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/08/08(水) 16:59:58
    カネキは最初から半喰種です、そしてクインケ製人工アームを装着してます。
  2. 2 : : 2018/08/08(水) 17:02:24
    人工アームはスパイダーマン2で出てくる ドクター·オクトパスと調べれば出てきます。
  3. 3 : : 2018/08/08(水) 17:25:32
    ーーーー路地裏ーーーー

    喰種「ヒ、ヒィィィ」

    カネキ「うるさい、少し黙っててよ」

    人工アームは喰種の頭を掴み潰した、そして赫子を喰らった。

    カネキは24区でオクトパスと呼ばれている。

    カネキ「20区に行ってみよう、ついでにあんていくに寄っていこう」

    カネキは刑事が着てるコートを着て人工アームを隠してます。

    ーーーー路地裏ーーーー

    モブ捜査官「また首無しの遺体がある」

    モブ捜査官2「オクトパスが現れたか」

    モブ捜査官「血が新しい」

    モブ捜査官2「て事はさっきまで居たということか」

    モブ捜査官「周辺を調べよう」

    モブ捜査官2「嗚呼」

    ーーーーあんていくーーーー

    トーカ「いらっしゃいませー(この匂いは半喰種か?)」

    カネキ「ブラックコーヒーとサンドイッチを(アームが邪魔で座りにくい)」

    トーカ「わかりました~」

    店長「トーカちゃん彼に気をつけて」

    トーカ「はい」
  4. 4 : : 2018/08/08(水) 17:49:28
    リゼ「(彼美味しそう)」フフ

    CCGに入るのはまだ先になります 

    トーカ「どうぞ」コトッ

    カネキはコーヒーとサンドイッチを食い終わり

    カネキ「美味しいですね」ニコッ

    トーカ「ドキッ(カッコいい)」

    カネキは人間の食い物も食えます

    カネキ「では」ガチャ

    トーカ「ありがとうございます」

    リゼ「ごちそうさま」

    トーカ「ありがとうございます」

    ガチャ

    カネキ「(さっきの女の人が来ている)」スタスタ

    モブ捜査官「あれは《大食い》です」

    モブ捜査官2「つけるぞ」

    モブ捜査官「嗚呼」

    カネキ「(路地裏で殺るか)」スタスタ

    リゼ「(路地裏に行くって事は私の事バレてるわね、返り討ちにしよう)」スタスタ

    モブ捜査官「路地裏に入ったぞ、彼が危ない急ごう」スタスタ

    モブ捜査官2「嗚呼」スタスタ
  5. 5 : : 2018/08/08(水) 18:09:57
    奥まで来たカネキ立ち止まり振り返ったそして「さて殺ろうよ」

    リゼ「そうね」赫子を出す

    カネキ「《大食い》リゼか」

    リゼ「ええその通りよ」

    カネキ「大人しく死んで下さい」

    リゼ「死ぬのはあなたよ!」

    リゼは赫子でカネキを刺そうとしたが人工アームによって防がれるそしてリゼの腹を貫通した。

    リゼ「グフッ あなた何者なのそれにこれは何? ガハッ」

    カネキ「僕はオクトパスだ、これはクインケ製人工アームです」

    カネキ「所詮この世は弱肉強食 強い者が生き弱い者が死ぬ」

    リゼ「弱肉強食ね グフッ」

    カネキ「サヨウナラ」

    カネキはリゼの心臓を貫いたそして赫子を喰らった

    モブ捜査官「これは君がやったの?」

    カネキ「そうですけど」

    モブ捜査官2「CCGに入ってみないか?」

    カネキ「(面白そうだな)」

    モブ捜査官「どうだい?」

    カネキ「入ります」

    モブ捜査官2「それは良かった」

    モブ捜査官「行こう」
  6. 6 : : 2018/08/08(水) 19:57:50
    モブ捜査官「君名前と年齢は?」

    カネキ「金木研です...17歳です」

    モブ捜査官2「17歳か?!凄いね」

    カネキは17歳で身長は...170cmです、父親が喰種で母親が人間です

    ーーーーCCGーーーー

    「あの人カッコよくない?」ヒソヒソ

    「だよね、でもアレなんだろ?」ヒソヒソ

    「アームだよね」ヒソヒソ

    モブ捜査官「失礼します」ガチャ

    和修総議長「...何だ?」

    モブ捜査官「和修総議長この少年を捜査官にしてもよろしいでしょうか?」
  7. 7 : : 2018/08/08(水) 21:25:03
    和修総議長「何故だ」

    モブ捜査官「《大食い》を駆逐してました」

    和修総議長「何?!」

    和修「そのアームは何だ?」

    カネキ「クインケ製人工アームです」

    和修総議長「そうか···よしカネキを一等捜査官にする」

    モブ捜査官「わかりました」

    モブ捜査官「失礼しました」ガチャ

    スタスタ

    真戸「モブ上等、久しぶりそこの少年は?」

    モブ捜査官「真戸上等、久しぶりです」

    カネキ「金木一等捜査官ですよろしくお願いします真戸上等捜査官」

    真戸「こちらこそよろしく金木一等捜査官」

    亜門「真戸さん、こんな所に」

    真戸「亜門君さっき新人が入ったから挨拶してるんだよ、ほら君も」

    亜門「はい、亜門一等捜査官ですよろしくお願いします」

    カネキ「金木一等捜査官です、よろしくお願いします」

    真戸「では行こうか亜門君」

    亜門「はい」

    カネキ「(真戸上等に亜門一等か)」

    モブ捜査官「カネキ一等、君のクインケだよ」スッ

     刀型クインケ 

    カネキ「ありがとうございます」

    モブ捜査官「ではまた、あと君の家はここにあるから」スッ地図

    カネキ「はい、ありがとうございます」

    カネキ「(あんていくに行こうかな)」

    ーーーーあんていくーーーー

    トーカ「いらっしゃいませ~って今朝の」

    カネキ「また来ました、ブラックコーヒーとサンドイッチを」

    トーカ「わかりました」

    カネキ「あなたたちは喰種ですか?」

    店長「そうだけど」

    カネキ「じゃあまずいですね」

    店長「どういう意味で」

    カネキ「さっき白鳩になったので」

    店長「...そうですか」

    カネキ「別に何もしません、僕も喰種なので」

    店長「?!喰種なのに白鳩に」

    トーカ「出来ました」コトッ

    カネキ「ありがとう、半喰種です」

    トーカ「店長この人は白鳩なんですか?」

    店長「そうだよ」

    トーカ「?!なら何故」

    店長「彼も喰種だから、それに半喰種」

    トーカ「わかりました」

    カネキ「やっぱり美味しいですね、誰が作ってるんですか?」
  8. 8 : : 2018/08/08(水) 21:33:03
    トーカ「私です」

    カネキ「上手だね」ニコッ

    トーカ「///」ドキ

    この時トーカはカネキに恋をした

    カネキ「ごちそうさま」

    トーカ「あっ、あの名前何て言うんですか?」

    カネキ「金木研です、君は?」

    トーカ「霧嶋董香です」

    カネキ「よろしくね、トーカちゃん」ニコッ

    トーカ「///よっよろしくカネキさん」

    カネキ「呼び捨てでいいよ、じゃあね」
  9. 9 : : 2018/08/09(木) 00:07:34
    ガチャ

    スタスタ

    カネキ「(ん?あの子はたしかあんていくにいた子か)」

    ヒナミ「(お母さん...お母さん...)」グスッ

    カネキ「(泣いてる?声かけてみよう)」

    カネキ「ねぇ君、今朝あんていくにいたよね?どうしたの?」

    ヒナミ「お母さんを...助けて」グスッ

    カネキ「(もしかして、お母さんが殺されそうなのかな)」

    カネキ「お母さんはどこ?助けてあげるよ」

    ヒナミ「うん...こっち、だよ」タッタッタッ

    カネキ達が目にしたのは真戸上等がヒナミの母親 リョーコの死体だった

    ヒナミ「うっ...うえングッ」

    カネキはヒナミの口を塞いだ、そうしないとこの子の命が危ない、そしてカネキはヒナミをその場所から離れた

    カネキ「(この子どうしよう)」

    ヒナミ「ングッ...お母さん...グスッ」

    カネキ「君、名前は?」

    ヒナミ「...ヒナミです...グスッ」

    カネキ「ねぇ、ヒナミちゃん父親はいる?」

    ヒナミ「いない...」

    カネキ「(じゃあどうしよう...あんていくに行ってみよう)」

    カネキ「ヒナミちゃん、あんていく行こうか」

    ヒナミ「...うん」

    ーーーーあんていくーーーー

    ガチャ

    トーカ「いらっしゃいm カネキそれにヒナミ」

    カネキ「ヒナミちゃんの母親が殺されたんだよ」

    ヒナミ「お母さん...グスッ」

    トーカ「そう...店長どうすれば?」

    店長「トーカちゃんの家に住まわせてあげてくれるか?」

    トーカ「できますけど」

    カネキ「僕からも頼むよ、それに真戸上等達に顔がバレてるから」

    トーカ「わかりました」

    ヒナミ「ありがとうお兄ちゃんお姉ちゃん」

    カネキ「(今度こそ家に行こう)」

    ???「この匂いは」

    ーーーーカネキ家ーーーー

    カネキ「ここらへんだよね」

    カネキ「大きい...」

    カネキの目の前には二階建ての一軒家があった

    カネキ「とりあえず入ろう」鍵ガチャ

    カネキ「おお...広い」

    ピンポーン

    カネキ「誰だ?もしかしてCCG人かな?」ガチャ

    月山「こんにちh」バタン

    月山「ちょ君、待ちたまえ」

    カネキ「なんですか?」

    月山「君を招待する」

  10. 10 : : 2018/08/09(木) 02:00:59
    カネキ「あなたはストーカーですか?いきなり他人に招待すると言われても困るんですけど」

    月山「すまない決してストーカーではないよ、それと僕は月山習だよ よろしく」

    カネキ「僕は金木研です、どこに招待するんですか?」

    月山「それはねあるレストランなのだよ」

    カネキ「はぁ じゃあ明日の昼に行きます」

    月山「では金木君また」

    カネキ「めんどくさい人に絡まれたなぁ」

    カネキ「今日の月はどこを照らすんだろう?」

    翌日

    カネキ「CCGに行こう」

    ーーーーCCGーーーー

    カネキ「今日は会議か」

    捜査官「会議を始めます」

    捜査官「カクカクシカジカマルマルバツバツアレアレコレコレソレソレドレドレ」

    ーーーー30分後ーーーー

    捜査官「これで会議を終わります」

    カネキ「そういう事か」

    篠原「君が金木君かい?」

    カネキ「はい、あなたは?」

    篠原「私は篠原特等だよろしく」

    カネキ「よろしくお願いいたします」

    篠原「こっちはパートナーの什造だ」

    什造「鈴屋二等捜査官ですぅ、カネキくんよろしくですぅ」

    カネキ「こっちこそよろしく什造君」
  11. 11 : : 2018/08/09(木) 02:26:03
    什造「篠原さ~ん、カネキ君に四本のアームついてましたよねぇ?」

    篠原「うん、そうだね、気になるのかい?」

    什造「カネキ君って《オクトパス》じゃないんですかぁ?」

    篠原「確かにオクトパスの特徴は四本のアーム、って事はカネキ君はオクトパスか!和修総議長に言おうか」

    什造「ですぅ♪」

    ガチャ

    篠原「失礼します」

    和修「篠原、何の用だ?」

    篠原「金木君はSSレートの《オクトパス》です」

    和修「そうか...しばらく様子を見よう」

    篠原「わかりました」

    篠原「失礼しました」ガチャ

    カネキ「あんていくに行こう」

    ーーーーあんていくーーーー

    店長「いらっしゃいカネキ君」

    カネキ「こんにちは店長」

    店長「どうだい?最近の様子は?」

    カネキ「昨日の夜ストーカーみたいのが家に来ました」

    店長「へぇ、ストーカーねぇ」

    カネキ「いきなり招待するとか言われるんですよ、月山習っていうですけどなんなんでしょう」

    店長「月山君ねぇ」

    カネキ「店長知ってるんですか?あのストーk月山っていうひとを」

    店長「知ってるよ、トーカちゃん聞いたほうが早いよ」

    カネキ「トーカちゃんは今どこにいますか?」

    店長「ここだよ」地図

    カネキ「ありがとうございました、では」

    ガチャ

    古間&入見「「店長彼は」」

    店長「カクカクシカジカマルマルバツバツアレアレコレコレソレソレドレドレ」

    ーーーートーカ家ーーーー

    ピンポーン

    トーカ「誰だろ

    カネキ「トーカちゃん、僕だよ」
  12. 12 : : 2018/08/09(木) 02:53:32
    トーカ「カネキかぁ、わかった」ガチャ

    カネキ「トーカちゃんに聞きたい事があるんだけど良い?」

    トーカ「別にいいけど、とりあえずあがって」

    カネキ「お邪魔しまーす、キレイだね」

    トーカ「そ、そうか?」

    カネキ「うん」

    ヒナミ「お兄ちゃん」

    カネキ「ヒナミちゃんこんにちは」

    トーカ「で話って何?」

    カネキ「月山っていう人の事なんだけど」

    トーカ「あの糞山がどうかしたの?」

    カネキ「実はあるレストランに招待されて、店長に聞いたらトーカちゃんがいいって」

    トーカ「わかった、月山は喰種で《美食家》なんだよ、行かないほうがいいよ」

    カネキ「《美食家》ねぇ、一時間後にレストランに行くんだよ」

  13. 13 : : 2018/08/09(木) 03:27:50
    トーカ「止めときな、行ったら死ぬよ、いくらカネキでもSレートには勝てないよ」

    カネキ「大丈夫だよ、Sレート僕に勝てるわけないじゃん」

    トーカ「???だからカネキ一等でしょ、止めといたほうがいいよ」

    カネキ「トーカちゃん、僕がCCGに入る前何してたと思う?」

    トーカ「......う~ん...わかんない」

    カネキ「24区で喰種狩りしてたんだよ、SSレートで《オクトパス》って呼ばれてたよ」

    ヒナミ「お兄ちゃん強いね」

    トーカ「カネキSSレートなんだ」

    カネキ「うん、じゃあもう行くねバイバーイ、また来るよ」ニコッ

    トーカ「ドキッ///バイバーイ」フリフリ

    ヒナミ「お姉ちゃんってお兄ちゃんの事好きなの?」

    トーカ「///バッバカ、そ そんなわけないじゃない///」

    ヒナミ「応援するよ」ニコッ

    トーカ「お、おう///ありがとなヒナミ///」

    ーーーー喰種レストランーーーー

    月山「ようこそ、テーブルはあれだよ」スタスタ

    カネキ「(ここが喰種レストランか、随分キレイだな)」
  14. 14 : : 2018/08/09(木) 12:50:53
    月山「カネキ君少し待っててくれたまえ」

    カネキ「わかりました」

    月山 スタスタ

    10秒後床がエレベーターみたいに下がっていった

    ウィィィィーーーン

    カネキ「?!」
  15. 15 : : 2018/08/09(木) 20:46:48
    「ウオオォォぉぉ」

    「イェェェイ」

    月山「皆さん、お静かに、今日のディナーは喰種です。」

    「共食いはちょっと」

    カネキ「(ここが喰種レストランか、騒がしい)」

    ナンチャラカンチャラ

    「殺れぇ」

    「殺せぇ」

    タロウちゃん?「見ててよ、ママぁ」

    性格わかりません

    ビッグマダム?「殺っておしまい、タロウちゃん」

    カネキ「(とりあえずこいつを殺ればいいのかな)」

    タロウちゃん?「死ねぇぇ」グサッ ブシャッ ザクッ ブチッ

    人工アームの一本がタロウちゃん?の左腕を引き千切り、二本目は右胸を貫通し、三本目は右足を引き千切り、四本目は左腹部を貫いた、そしてカネキはクインケの刀で心臓に刺した。

    カネキ「弱い」

    喰種でも弱点は変わらないウナジ・心臓・脳も人間と同じ、人間を殺さない喰種も居れば、人間を殺す喰種も居る。

    カネキ「さて此処に居る喰種は皆殺しか、疲れるなぁ」

    ーーーー三分後ーーーー

    そしてカネキは月山以外の喰種を殺し尽くした。

    月山は逃亡した、カネキはCCGに連絡した。

    ーーーー10分後ーーーー

    CCG到着

    捜査官達「後は我々に任せて」

    カネキ「はい、僕は《美食家》を追います。」

    捜査官「気をつけて」

    カネキ「はい」

    カネキ「さあて何処かな?」

    カネキ「あんていくに行けば分かるかな?」

    ーーーーあんていくーーーー

    ガチャ

    店長「いらっしy、カネキ君?!どうしたのその血は?」

    カネキ「喰種レストランに行ったので沢山の喰種達の返り血です」

    店長「そうかい、で何の用で?」

    カネキ「月山さん見てませんか?」

    店長「いいや、見てないよ」

    カネキ「そうですか、ありがとうございます、では」

    店長「じゃあね」

    ガチャ

    カネキ「うーん、困ったなぁ、トーカちゃん家に行こう」スタスタ

    ーーーートーカ家ーーーー

    ピンポーン

    トーカ「ん?誰だろう?」

    ヒナミ「多分お兄ちゃんだよ」

    トーカ「カネキかもね」

    カネキ「トーカちゃん」

    トーカ「今開けるよ」ガチャ

    カネキ「ありがとう」

  16. 16 : : 2018/08/09(木) 21:17:00
    トーカ「カネキどうしたのその血?!」

    カネキ「喰種レストランの人達の返り血だよ」

    トーカ「そ、そうか」

    カネキ「ねぇ、トーカちゃん月山さん見てない?」

    トーカ「見てないよ」

    カネキ「そう、ありがとうじゃあ」

    トーカ「ね、ねぇ」

    カネキ「ん?何?」

    トーカ「で///電話番号///お、教えてくれない?///」

    カネキ「いいよ」

    トーカ「あ///ありがと」

    カネキ「これね(可愛い)」

    トーカ「は、はい///私の」

    カネキ「うん(美人だな~)」

    トーカ「あとLINE交換も///」

    カネキ「うん」

    トーカ「わかった」

    カネキ「ありがとう」

    トーカ「ありがと」

    ガチャ

    ヒナミ「よかったね、お姉ちゃん!」

    トーカ「う、うん///」

    カネキ「あ、CCGから電話だ」ポチッ

    カネキ「はい、もしもし」

    『カネキ一等、《美食家》は東京スカイツリーだ、市民が危険だ』

    カネキ「了解」ポチッ

    カネキ「東京スカイツリーか」

    ーーーー東京スカイツリーーーーー

    カネキ「エレベーター遅いし、登ろう」

    カネキは人工アームで登り始める

    市民「おい?!なんだアレすげぇぞ」

    地上には野次馬が多い

    ーーーー東京スカイツリ最上階ーーーーー

    月山「君達は僕の人質だっ」

    市民「助けて」

    月山「(さあ金木君来るんだ、君はCCGだから市民を人質取られれば迂闊に手を出せない、君は食べられるしかないんだ?!)」

    バリーーーーン
  17. 17 : : 2018/08/09(木) 21:39:44
    糞山変態野郎の背後から大きな音がしたと共に二本のアームが月山の右腕と頭を掴んだ、そして右腕を掴んでるアームがそのまま引き千切った、そしてアームは人質を掴み月山から遠ざけた、頭を掴んでるアームは月山の顔面床に叩きつけた。
  18. 18 : : 2018/08/09(木) 21:58:57
    月山「グヘッ」

    その衝撃で月山は気絶した

    カネキ「そこの人、大丈夫?」

    市民「は、はいありがとうございます」

    「CCGだ?!助かるぞ」

    「やったー」

    カネキ「月山さん、死んでください」ポイッ

    カネキは月山を割れたガラスから放り投げた。

    カネキ「皆さん怪我は?」

    「ないです」

    「ありません」

    カネキ「そうですか、では」スッ

    カネキは割れたガラスから出ていった。

    カネキ「CCGに連絡しなきゃ」ポチッ

    『どうした?』

    カネキ「《美食家》討伐しました」

    『そうか、場所は?』

    カネキ「東京スカイツリーです、死体はスカイツリーの真下です」

    『わかった』

    カネキ「フゥ」ピッ
  19. 19 : : 2018/08/09(木) 22:36:25
    ーーーー東京スカイツリー真下ーーーー

    「うわっ?!人が落ちてきたぞ!」

    「うわぁ」

    カネキ「あなた達下がってください」

    「CCGって事はこいつ喰種か?!」

    ーーーー五分後ーーーー

    捜査官「ご苦労様カネキ一等、君には今日から明後日まで休日が与えられた。」

    カネキ「はい、では」

    捜査官「休みは、大事だぞ」

    カネキ「(この服どうしよう?)」

    カネキ「(まぁいいや家で洗おう)」

    ーーーー本屋さんーーーー

    カネキ「(丁度、高槻作品の処女作『拝啓カフカ』を買ってこう)」

    店員「いらっs キャーーー」

    カネキ「大丈夫です、CCGの者です!」

    店員「キャーa、え?そうなんですか」

    カネキ「はい」

    店員「すいません」

    カネキ「大丈夫です」

    カネキ「(さてと拝啓カフカ、拝啓カフカ)」

    カネキ「あっあった」

    カネキ「すいまーせん、これを」

    店員「はーい、税込○○円でーす」

    カネキ「はい」チャリン

    店員「ありがとうございました」

    ーーーーカネキ家ーーーー

    カネキ「さてと服を脱いで」ヌギッ

    カネキは服を洗濯機に突っ込んだ

    カネキ「風呂に入ろう」

    部屋に戻り着替えを取りに行った、そして風呂に入った

    カネキ「あぁ、暖かい」チャプ
  20. 20 : : 2018/08/09(木) 23:20:03
    人工アームは取れます
  21. 21 : : 2018/08/09(木) 23:42:07
    ザパァ

    カネキ「あぁ気持ち良かった」

    カネキは服を着て人工アームを装着?し部屋に戻った

    カネキ「あ、LINE来てる」ピッ

    トーカ:カネキ大丈夫だったか?

    カネキ:うん、無事討伐出来たよ

    トーカ:良かった

    カネキ:大変だったよ東京スカイツリーの最上階にいたから(º¤º)

    トーカ:大変だね

    カネキ:でしょ

    トーカ:ねぇ、カネキ

    カネキ:ん?

    トーカ:今日の夜7時に69公園に来てくれない?

    カネキ:いいよ

    トーカ:やったー

    カネキ:?

    カネキ「なんだろ?」

    ーーーートーカ家ーーーー

    トーカ「(今日の夜告白)」

    トーカ「(//////)」

    ヒナミ「どうしたの、お姉ちゃん?顔赤いよ」

    トーカ「う、うん」

    ヒナミ「どうしたの?」

    トーカ「実はカクカクシカジカで」

    ヒナミ「お姉ちゃんなら大丈夫だよ、美人だし、頑張ってね?!」

    トーカ「ヒナミありがとう」

    トーカ「どうやって告白すればいいんだろう?」

    ヒナミ「勇気を出して言えばいいんじゃないかな?」

    トーカ「だよね」

    トーカ「今は」時計チラッ 4:50分

    トーカ「(あと2:10分後に告白///)」

    カネキの家はあんていくから徒歩8分の所にあります

    ーーーーカネキ家ーーーー

    カネキ「外食しよう」ガチャ
  22. 23 : : 2018/08/10(金) 02:32:40
    ーーーーすき家ーーーー

    カネキ「ここで食おう」自動ドア ういぃぃぃん

    ♪美味しいねってすき家だね♪ ♪楽しいねってすき家だね♪

    店員「いらっしゃいませ~」

    カネキ「(ん~どれにしよう?)」スッ

    カネキ「(うな牛でいいや)」

    カネキ「すいませ~ん うな牛一つ」

    店員「分かりました」

    ーーーー9分後ーーーー

    店員「お客様~お待たせしました、うな牛でございます」

    カネキ「」パクッ

    カネキ「(ウマい)」バクバク

    ーーーー6分後ーーーー

    カネキ「(ごちそう様っと)」ガタッ

    カネキ「すいませ~んお会計を」

    店員「○○円です」

    カネキ「」チャリン

    店員「ありがとうございました、またのご来店をお待ちしております」

    カネキ「(喉乾いたな)」

    ーーーーファミマーーーー

    ♪~~~♪

    カネキ「(う~んどれにしよう)」迷

    カネキ「(これでいいや)」スッ コーヒー

    カネキ「これを」

    店員「えっと、○○円ですね~」

    カネキ「はい」チャリン

    店員「ありがとうございました」
  23. 24 : : 2018/08/10(金) 03:03:07
    カネキ「」コーヒーゴクゴク

    カネキ「やっぱりコーヒー美味しいな」

    カネキ「(待ち合わせまでまだ1:40分か、長いな)」

    その頃トーカちゃんは

    トーカ「待ち合わせまであと1:40分...長い」

    カネキ「(スマホゲームしよう)」

    この世界どこでもWi-fiが飛んでいます

    カネキ「(どれやろう?)」

    荒野行動 WOR ROBOTS

    カネキ「(WOR ROBOTSやろう)」ピッ

    WOR ROBOTSはロボットゲームです、面白いので是非やってみて下さい。
    6vs6と11vs1(自分) を選べます、ロボットは色々あります、盾を装備しているロボットやエネルギーシールドを展開出来るロボットがあります。
    エネルギーシールドを無視する武器もあります、重スロットの武器はZEUS(ゼウス)とかあります、盾ロボットにはミサイルがオススメです、ミサイルはかなりの広範囲で爆発します、全部発射出来るまで時間がいりますそのぶん相手の体力を減らせますなので盾ロボットには天敵です。
    盾ロボットでオススメが雷神です、武器は重スロットの2個以外持てません、そして盾を展開したら動けません攻撃や視点は出来ます、オススメはZEUS×2です。
    雷神はLvをMAX(12)にすれば体力が25万なります、ロボットの中でも一番高いです。
    雷神は四足歩行です。 風神エネルギーシールドを展開出来ます雷神同様動けません、オススメ武器はミサイルです、中スロット武器を3個持てます、四足歩行です。
    四足歩行ロボットはあと一体います、名前忘れましたけど。
    仲間を回復出来ますこちらも展開と同じですなので動けません、重スロットの武器を2個装備出来ます、オススメ武器はサンダーです。
    サンダーはショトガン見たいになってます、威力も高いです連射出来ます。
    課金ゲームですけど、課金しなくてもいいです、では。
  24. 25 : : 2018/08/10(金) 03:26:16
    カネキは17連勝していた。

    カネキ「(今何時?)」時計チラッ 18:41分

    カネキ「あと19分か行こう」スタスタ

    その頃トーカ達は大富豪(トランプゲーム)をしていた

    ヒナミ「お姉ちゃん、時間大丈夫?」

    トーカ「?!」時計チラッ

    トーカ「あと19分もう行こう」

    ヒナミ「お姉ちゃん、頑張ってね!」

    トーカ「うん」

    ーーーー69公園ーーーー

    カネキ「着いた、時間は」時計チラッ

    ―18:54―

    カネキ「あと6分」

    トーカ「カネキッ」

    カネキ「トーカちゃん、用って?」

    トーカ「あ、あの///好きです、つ///付き合ってくだしゃい///(か、噛んだ///)」

    カネキ「あははっ、噛んだねwいいよ、僕もトーカちゃんの好きでした」ニコッ

    トーカ「良かった、ありがとっ///」グスッ

    カネキ「トーカちゃん泣いてるの?」

    トーカ「う、うん断られるかと思って」グスッ

    カネキ「僕はそんな事しないよ」

    トーカ「だっ大好きっ///ん」チュッ

    カネキ「?!ん///」

    トーカ「///」プハァ

    カネキ「いきなりキスだなんて、ズルいよトーカちゃん」

    トーカ「いいじゃん、恋人なんだし」

    カネキ「あははっそれもそうだね」

    トーカ「ね、ねぇ」

    カネキ「ん?どうしたトーカちゃん?」

    トーカ「今日泊まってかない?ダメ?」上目遣いウルウル

    カネキ「いいよ///(上目遣いでお願いされたら断れないや)」

    トーカ「やったーありがと」ピョンピョン

    カネキ「(はしゃいでる姿もかわいいなぁ)」

    トーカ「早く行こうよ」ギュッ

    カネキ「うん」

  25. 26 : : 2018/08/10(金) 10:32:38
    人工アームは意思を持っています
  26. 27 : : 2018/08/10(金) 11:02:03
    ーーーートーカ家ーーーー

    ガチャ

    トーカ「ただいまぁ」

    ヒナミ「お姉ちゃんおかえりー」

    カネキ「やぁヒナミちゃん」

    ヒナミ「お兄ちゃん!なんでここに?」

    トーカ「今日泊まるんだよ」

    ヒナミ「ホント!」

    カネキ「うん」

    ヒナミ「ヒナミ嬉しい♪」

    トーカ「なぁカネキ?」

    カネキ「なぁに?トーカちゃん」

    トーカ「そのアームどうしたの?」

    カネキ「このアームは二年前に貰ったんだ」

    トーカ「なんで?」

    カネキ「6年前に親が殺されたんだそれで4年間罪のない人を殺すもしくは殺そうとしてる喰種を殺しまわってるんだ」

    トーカ「へぇ」

    カネキ「父さんは喰種だけど一度も人を殺したことがなかった食っているのは自殺者の肉だったよ、母さんは普通に優しい親だったそれなのに二人共喰種に殺された、犯人は《隻眼の梟》だよ」

    トーカ「《隻眼の梟》?!」

    カネキ「うん、しかも目の前で、何故か僕は生かされたんだよ、なんでと思う?」

    カネキ「君がイケメンだからって」

    トーカ「《隻眼の梟》って女なんだ」

    カネキ「その時の感情は憎しみ、悲しみ、恨みだったよ」

    トーカ「大変だったね」

    ヒナミ「お兄ちゃん大丈夫?」

    カネキ「大丈夫だよ、ヒナミちゃんのほうが苦しいと思うよ」

    ヒナミ「なんで?」

    カネキ「君の母親と父親はCCGに殺されたんだよ」

    ヒナミ「...」グスッ

    トーカ「だったらなんで殺さないの?」

    カネキ「真戸さんも大切人を殺されたんだよ、《隻眼の梟》に」

    トーカ「そうな..のか」

    ヒナミ「可哀想」

    カネキ「《隻眼の梟》に大切人を奪われた人を殺す事はできない」

    トーカ「そうだよね

    ヒナミ「分かるきがする」

    カネキ「さて話を戻そうか、あれから四年間たったそしてある人に出会った」
  27. 28 : : 2018/08/10(金) 11:08:43
    ーーーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーー
    ーーーー

    天才物理学者「君にこれをあげるよ」スッ ロボットアーム

    カネキ「なんでですか?」

    天才物理学者「私はもう死ぬだから君にあげるんだよ」

    カネキ「わかりました」

    ーーーー
    ーーーーーーーー
    ーーーーーーーーーーーー
  28. 29 : : 2018/08/10(金) 11:19:20
    カネキ「あれ以来24区で喰種を殺しまくったそして赫子を食いまくった、そしたらCCGに《オクトパス》と呼ばれたんだよ、
    そして先日20区に来た」

    トーカ「大変だ、それに強いな」

    ヒナミ「寝る時とか大変じやないの?」

    カネキ「大丈夫だよ、取り外せるから」

    トーカ「カネキ、ヒナミ、もう寝ないか?」

    ヒナミ「うん♪」

    カネキ「そうしようか、僕は床で寝るよ」

    トーカ「一緒に寝ようよ」

    ヒナミ「ヒナミも一緒に寝たい」

    カネキ「わかったよ」アームを取り外す

    トーカ「おやすみー」

    布団の例はこう トーカ|ヒナミ|カネキ
  29. 30 : : 2018/08/10(金) 12:32:53
    ヒナミ「(お兄ちゃんがいるから寝れないよぉ///)」

    トーカ「(カネキと一緒に寝てる///)」

    カネキ「(他の人から見たら家族だよね///恥ずかしい)」

    ーーーー翌日ーーーー

    カネキ「ふぁ~ん?」パチッ目覚める

    ヒナミ「」ダキッ

    カネキ「(どうすればいいんだこの状況?)」

    カネキ「(時間は)」時計チラッ07:14

    カネキ「(起こすか)」

    ヒナミ「」ユサユサ

    カネキ「ヒナミちゃん起きて」ユサユサ

    ヒナミ「ん~おはようお兄ちゃん」ムクッ

    カネキ「おはようヒナミちゃん」

    カネキ「次はトーカちゃん」ユサユサ

    トーカ「」ユサユサ

    カネキ「トーカちゃん起きて」ユサユサ

    トーカ「んむ~おふぁようカネキ」ムクッ

    カネキ「おはようトーカちゃん(寝顔かわいい)」

    トーカ「今何時?」

    カネキ「07:15分」

    トーカ「ヤバッ07:45分からバイト行かなきゃ」

    カネキ「トーカちゃんは準備してて僕が肉持ってくるから」アーム装備

    トーカ「わかったありがとう」

    カネキ「じゃ」ガチャ

    カネキ「悪い喰種は何処かな?」スタスタ

    カネキ「路地裏行こう」スタスタ

    ーーーー路地裏ーーーー

    悪い喰種「おらぁ死にやがれぇ」ドスッ

    カネキ「あぁいたいた」

    悪い喰種「ああなんだおめぇはまぁいい死にやがれぇ」ヒュッ

    カネキ「おっと危ない危ない」サッ

    カネキ「死ぬのはアンタだよ」アームジャキン

    悪い喰種「そんな物で勝てるとっ...思う...な」グサッ

    アームが心臓を貫いた

    カネキ「よし食料確保」スッ

    ーーーートーカ家ーーーー

    玄関ガチャ

    リビングガチャ

    カネキ「トーカちゃん食料持っt///」バッ

    そこには着替えてる途中の下着だけのヒナミがいた

    ヒナミ「」

    ヒナミ「///////////」

    ヒナミ「お兄ちゃんのえっち」バタン
  30. 31 : : 2018/08/10(金) 13:45:52
    カネキ「どうしよう?」

    ーーーー五分後ーーーー

    ヒナミ「いいよ入ってきて」ガチャ

    カネキ「ヒナミちゃんさっきのは(焦」アセアセ 

    トーカ「カァァネェェキィィ(般若」

    カネキ「?!」ビクッ

    カネキ「えっと、これは(焦」

    トーカ「いいから、部屋に来て(般若」

    カネキ「はい」

    ガチャ

    カネキ「あのですね、これはj「カネキは年下がいいの?」

    カネキ「」

    カネキ「えっ?」

    トーカ「だから年下が好きなの?」

    カネキ「違います!」

    トーカ「じゃあなんで?」

    カネキ「えっと、食料を持ってきてリビングのドアを開けたら下着姿のヒナミちゃんいました」

    トーカ「そうかじゃあ下心は?」

    カネキ「ないです」

    トーカ「なら良かった」
  31. 32 : : 2018/08/10(金) 14:58:02
    カネキ「トっトーカちゃん」

    トーカ「何?」

    カネキ「食料持ってきたんだけど」

    トーカ「ありがとう」

    ーーーー10分後ーーーー

    トーカ「なぁカネキ?」

    カネキ「何トーカちゃん」

    トーカ「あんていくで働かない?」

    カネキ「う~ん、働いてみるよ」

    トーカ「じゃ行こうよ」

    カネキ「ヒナミちゃんは?」

    トーカ「一緒に行くよ、一人は危ないから」

    カネキ「だね」

    ーーーーあんていくーーーー

    トーカ「おはようございます」

    ヒナミ「おはようございます店長」

    店長「おはようトーカちゃんヒナミちゃんと」

    カネキ「金木研です、今日から働かせていただきます」

    店長「よろしくカネキ君」

    喰種「隻眼があんていくに入りました」

    ーーーー3時間後ーーーー

    10:45分
  32. 33 : : 2018/08/18(土) 22:30:24
    続きはよ
  33. 34 : : 2018/08/21(火) 21:09:46
    遅れてすいませんでした。 

    店長「金木くん、今日は帰っていいよ」

    カネキ「いいんですか?」

    店長「ああ、今日は人が少ないからね」

    カネキ「ありがとうございます」

    店長「トーカちゃんも帰っていいよ」

    トーカ「ありがとうございます」
  34. 35 : : 2018/08/21(火) 21:13:08
    P.S.ナキと...誰?...ヤモリの性格を変えて出します、ナシロとクロナも出ます。
  35. 36 : : 2018/08/21(火) 21:17:07
    それかイモリの性格を変えて出してもいいですか?
  36. 37 : : 2018/08/21(火) 21:17:29
    それで物語が少し変わります
  37. 38 : : 2018/08/21(火) 22:19:55
    カネキ「(今から暇だな)」

    トーカ「(暇だなー)」

    カネキ「(トーカちゃんとヒナミちゃんと遊園地行こうかな)」

    トーカ「(...何しよう)」

    カネキ「ねぇトーカちゃん?」

    トーカ「何?」

    カネキ「ヒナミちゃんとさ遊園地行かない?」

    トーカ「行きたい?!」

    カネキ「じゃあ行こっか」

    トーカ「うん」

  38. 39 : : 2018/08/22(水) 10:41:45
    トーカ「ヒナミに言ってくる」

    カネキ「分かった」

    トーカ「ヒナミ~」

    ヒナミ「どうしたのお姉ちゃん?」ハイヒョッコリハン

    トーカ「今から遊園地行こ」

    ヒナミ「行く行く!」
  39. 40 : : 2018/08/23(木) 10:15:08
    ーーーー三分後ーーーー 

    カネキ「じゃあ行こっか」

    トーヒナ「うん」

    カネキ「」スッ手をあげる

    タクシー来る→タクシー止まる→扉開く→カネキ達乗る→扉閉まる→タクシー動く→バイバーイ

    ーーーーどっかの遊園地ーーーー

    タクシー止まる→扉開く→カネキ達降りる→扉閉まる→タクシー動く→バイバーイ

    カネキ「着いたね~」

    トーカ「うん!」

    ヒナミ「早く行こうよ」
  40. 41 : : 2018/08/25(土) 08:51:27
    ーーーー遊園地ーーーー

    作者は遊園地に興味がないのでニュースとかゲーム(青鬼)で聞いたのを書きます。

    ジェットコースター 観覧車 メリーゴーランド お化け屋敷

    コーヒーカップ 

    ーーーーコーヒーカップーーーー

    トーカ「あれ乗ろうよ」

    ヒナミ「乗ろう乗ろう」

    カネキ「う、うん(元気ありすぎ)」

    カネキ達はコーヒーカップに乗った

    ヒナミ「うわー回ってる」

    トーカ「楽しい」

    カネキ「そうだね」

    トーカ「これって何?」

    カネキ「ああこれはね、このコーヒーカップを回せるんだよ」

    ヒナミ「へぇ~」

    トーカ「じゃ回そっ」

    カネキ「え、ちょ、まっ「そりゃっ」」

    トーカは思いっきり回した、そして高速回転した。

    カネキ「うわぁぁ(勘弁してよ)」

    ヒナミ「きゃあああ」

    トーカ「アハハハハ」

    ーーーー七分後ーーーー

    トーカ「楽しかったぁ」

    カネキ「うぅぅ」クルクル

    ヒナミ「お姉ちゃん回しすぎだよぉぉ」クルクル

    トーカ「ごめんヒナミ」

    カネキ「次行こうか」

    トーヒナ「うん」

    ーーーーメリーゴーランドーーーー

    ヒナミ「あれ楽しそう」

    トーカ「だな」

    カネキ「僕はいいよ」

    トーカ「なんで?」

    カネキ「さっきのでちょっと」

    トーカ「わ、悪い」

    ヒナミ「じゃあ乗ってくるね」

    カネキ「うん」

    ヒナミ「よいしょ」ストッ
  41. 42 : : 2018/08/27(月) 04:17:25
    スピーカー ~回れま~われメリーゴーランド~

    ヒナミ「うわー」

    トーカ「ヒナミ楽しい?」

    ヒナミ「うん!すっごく」

    トーカ「私には分かんないや」

    ヒナミ「♪」

    ーーーー三分後ーーーー

    ヒナミ「楽しかったぁ」

    カネキ「さぁ次行こうか」

    トーカ「ああ」

    ギャーギャー

    カネキ「何だろあれ」

    トーカ「さぁ?」

    カネキ「見に行こうか」

    ヒナミ「そうだね」

    マ○オ「金くれよぉぉ」ドゴッ殴る

    エ○ザベス「」グハッ

    マ○オ「金くれよぉぉ」ガシッ掴む

    エ○ザベス「痛てぇな放せよ、ミンチにすんぞ」ギラン

    マ○オ「す、すいませんでした」バッ

    エ○ザベス「」ベッ血吐く

    桂小○郎「エ○ザベスこんな所に居たか」
  42. 43 : : 2018/08/31(金) 18:21:54
    桂小○郎「さあ行くぞエ○ザベス」スタスタ

    カネキ「なんだったんだろ?」

    トーカ「さあ?」

    カネキ「まぁいいや行こう」

    トーヒナ「うん」

    ―――ジェットコースター―――

  43. 44 : : 2018/09/03(月) 09:31:11
    カネキ達はジェットコースターに乗った

    席は三人乗りにします、ヒナミが真ん中です。

    店員「行ってこいやーー」ダァンボタンを思いきり殴る

  44. 45 : : 2018/09/04(火) 22:37:40
    ヒナミ「楽しみだねぇ」ワクワク

    トーカ「あぁ」

    カネキ「へ、へぇ」

    ゴトン

    ヒナミ「た、高いね」

    カネキ「そうだねー」

    トーカ「なんでカネキは平気そうなの」

    カネキ「だって慣れてるし」

    トーカ「...うん」

    ガタン

    ヒナトー「キャーーー」

    カネキ「う、うわぁぁ(無心)」

    ーー2分後ーー

    カネキ「凄かったね」

    ヒナミ「うん」

    トーカ「つ、次いこう」

    ーーお化け屋敷ーー

    ヒナミ「不気味だね」

    カネキ「うん」

    トーカ「なぁ止めないか?」ビクビク

    カネキ「トーカちゃん怖いの?」

    トーカ「そうだよ」

    カネキ「へぇトーカちゃんが」

    トーカ「うっせー」

    そして屋敷に入るカネキ達
  45. 46 : : 2018/09/05(水) 10:20:05
    ヒナミ「怖い」ギュッ

    トーカ「...カネキ」ギュッ

    カネキ「...」ボキッ

    カネキ「(骨折れたよね今)」チラッ

    カネキ「(どうすれば握力がゴリラ並みになるの?)」

    貞子スタスタ

    ヒナミ「ヒッ」

    加揶子ギシギシ

    トーカ「ヒャッ」

    ヨシエフワフワ

    カネキ「ワッ(顔デカ)」

    青鬼ドタドタ

    カネキ「(大きい)」

    フワッティーハハハハハハハ

    トーヒナカネ「かわいい」

    カネキ「あっ出口だ」

    ヒナミ「やっと出れる」

    トーカ「普通だったね」

    店員「ありがとうございます」

    カネキ「凄いですね特に青い化け物」

    ヒナミ「凄かったね」

    トーカ「おう」

    店員「化け物?設置してないですけど」

    カネキ「えっ」

    トーカ「でも確かに」

    ヒナミ「いたよ」

    店員「わかりました後で確認しますので連絡先を」

    カネキ「○○○○○○」

    店員「では後程」
  46. 47 : : 2018/09/05(水) 12:02:49
    学校はどうした?
  47. 48 : : 2018/09/05(水) 12:03:02
    サボり?
  48. 49 : : 2018/09/05(水) 15:39:05
    カネキ「あの青い化け物はなんだったんだろ?」

    トーカ「誰かのイタズラだよ」

    ヒナミ「早く行こうよ」

    ーー観覧車ーー

    店員「次の方~」

    カネキ「僕達の番だよ」

    ヒナトー「うん」

  49. 50 : : 2018/09/05(水) 15:39:49
    学校は暇なんで行きません教師が全員無能だし
  50. 51 : : 2018/09/05(水) 17:25:44
    店員「」ガチャ

    この時カネキ達は気づいていなかった、ボルトが緩んでいた事に

    ーーてっぺんーー

    ヒナミ「景色綺麗」

    トーカ「綺麗だな」

    カネキ「そうだね」

  51. 52 : : 2018/09/05(水) 18:37:53
    ーー東側ゴンドラーー

    ガキン

    カネトーヒナ「?!」

    人間1「おい落ちてくるぞ」

    人間2「逃げろー」

    人間3「うわー」

    カネキ「(まずいこの高さから落ちれば人間は死ぬ、だが喰種は死なないどうすれば?)」

    カネキ「(!そうだこの手段があった)」ガン

    カネキは天井をぶち抜いて二本のアームで鉄筋を掴み、もう二本のアームでゴンドラを掴んだ

    カネキ「ふぅ危ない危ない」

    トーヒナ「ありがとう」

    人間4「おい何だあれは」

    人間5「ぐ、喰種か?」

    人間6「でもあれ赫子が銀色だぞ」

    人間7「確かに、じゃあ何者なんだ」

    カネキはゴンドラをゆっくり降ろした

    店員「だ、大丈夫ですか?」

    トーヒナ「大丈夫です」

    店員「あのあなたは?」

    カネキ「えーと喰種捜査官です」

    店員「そうでしたか」

    カネキ「ちゃんと点検しといた方がしましたか?」

    店員「はい...あ、点検しに来た者が新人なので、もしかしたら」

    カネキ「まぁ終わり良ければ全てよしなのでそれでは」

    店員「(新人めぇ)」

    カネキ「帰ろっか」

    トーヒナ「うん」

    カネキ「危なかったね」

    トーカ「助けなくても自分で何とか出来たのに」

    ヒナミ「そうだよ」

    カネキ「あぁしなければ僕達の命が危ないんだよ」

    トーカ「なんで?」

    カネキ「あの時人間ならどうなってたと思う」

    トーカ「そりゃもちろん死ぬよ」

    カネキ「そう人間なら死ぬ、だけど喰種なら死なない」

    トーカ「そういう事か」

    ヒナミ「ありがとう」

    カネキ「どういたしまして」

    カネキ「」スッ手あげる

    タクシークル→タクシートマル→トビラアク→カネキタチノル→トビラシマル→タクシーウゴク
  52. 53 : : 2018/09/05(水) 20:28:31
    12:25

    トーカ自宅

    タクシートマル→トビラアク→カネキタチオリル→トビラシマル→タクシーバイバーイ

    ガチャ

    トーカ「楽しかったー」

    ヒナミ「景色が綺麗だった」

    カネキ「だね」

    トーカ「カネキお昼食べていきなよ」

    カネキ「悪いよ」

    ヒナミ「一緒に食べようよ」

    カネキ「ハァ分かったよ」
  53. 54 : : 2018/09/05(水) 21:54:39
    ーー十分後ーー

    カネキ「ごちそうさま」

    ヒナミ「美味しかったー」

    トーカ「だろ」

    カネキ「じゃあ僕は帰るよ」

    トーカ「じゃあね」

    ヒナミ「また来てね」

    カネキ「また来るよ」ガチャ

    カネキ「さてと暇だなー」スタスタ

    カネキ自宅

    カネキ「音楽聴こう」

    音楽は『今宵月が見えずとも』『サウダージ』『アポロ』『ジョバイロ』『メリッサ』『ロキ』『Lemon』『LOSER』『曇天』『修羅』『現状ディストラクション』です

    カネキ「♪~♪」

    プルルルルプルルルル

    カネキ「?」ピッ

    カネキ「もしもし」

    捜査官「カネキ一等休暇中すまないが頼みたいことがある」

    カネキ「何ですか?」

    捜査官「喰種が立てこもりをしている場所は○○だ、やってくれるか」

    カネキ「はい暇なもんで」

    捜査官「よろしく頼むぞ」

    カネキ「はい」ピッ

    カネキ「行くか」ガチャ

    ーー立てこもり場所ーー

    喰種「おらぁ金用意しろぉ」

    店員「わ、わかりました」

    カネキ「あそこか」
  54. 55 : : 2018/09/06(木) 15:34:09
    カネキ「えっと...どうしよう」

    カネキ「あ、人質が強盗喰種から離れた」

    カネキ「車を投げよう」

    カネキは二本のアームで車を持ち上げ建物に向かって投げた

    バリーン

    強盗喰種「うわぁぁ」グシャッ

    強盗喰種「うっ」ガクッ

    カネキ「一件落着」

    カネキ「大丈夫ですか」

    店員「は、はいありがとうございます」ペコッ

    カネキ「起きられたら困るし...貼り付けにしとこ」

    カネキはクインケ製小刀わ四本だ出して手足に一本一本刺した、そしてクインケ製刀で背中に刺した

    カネキ「これでよしっと」

    カネキ「連絡しよう」スマホピッ

    ーーなんやかんやで夕方ーー

    カネキスマホプルルルルプルルルル

    カネキ「ん?誰だろ」ピッ

    カネキ「もしもし」

    お化け屋敷担当の店員「お化け屋敷の件ですが」

    カネキ「はい」

    お化け屋敷担当の店員「青い化け物はいませんでした」

    カネキ「そうですか、ありがとうございます」ピッ
  55. 56 : : 2018/09/06(木) 22:54:00
    カネキ「いない...見間違いか?...トーカちゃん達も見たんだし」

    カネキ「ま、いいや終わり良ければ全てよし」

    カネキ「夜ご飯何食おう...ピザでいいや」

    ーーなんやかんやで次の日ーー

    携帯ピコン

    07:05

    カネキ「う~ん...朝か」ムクッ

    カネキ「ん...トーカちゃんから連絡かな」チラッ

    ーーLINEーー

    トーカ:カネキ今日あんていく休みだって

    カネキ:分かった

  56. 57 : : 2018/09/07(金) 19:19:49
    トーカ:ねぇ、今日も暇?

    カネキ:暇だけど

    トーカ:じゃあさ、出かけない?

    カネキ:いいけど、ヒナミちゃんは?

    トーカ:ヒナミにはお留守番させとく

    カネキ:わかった、でどこに行くの?

  57. 58 : : 2018/09/07(金) 22:14:21
    トーカ:映画館と...服屋に

    カネキ:うん映画は何見るの?

    トーカ:『銀魂2』で

    カネキ:わかった何時から行くの?

    トーカ:昼12時から

    カネキ:わかった

    携帯ピッ

    カネキ「昼12からか...二度寝しよう」
  58. 59 : : 2018/09/08(土) 00:20:56
    ーー夢の中ーー

    白カネキ「おい起きろ」

    カネキ「ん...君は?」

    白カネキ「俺はまぁ白い髪の毛の君だから白カネキでいいだろう」

    カネキ「(うっわ適当)」

    白カネキ「これから言うことを覚えておくといいよ」

    カネキ「?」

    白カネキ「まず悪いニュースだ、もうすぐ君の彼女が死ぬかもしれない」

    カネキ「?!」

    白カネキ「いいニュースは行方不明者に会える」

    カネキ「(行方不明者?もしかしてナシロとクロナか?)」

    白カネキ「安心しなよ、未来は変えれるんだから」

    カネキ「それってどういう意味?」

    白カネキ「彼女を助けれるっていうことだよ」

    カネキ「なら良かった」

    白カネキ「いざとなったら俺が力を貸してやるから」

    カネキ「あぁわかったよ」

    白カネキ「じゃあね」

    11:15

    カネキ「」パチッ

    カネキ「今何時だ?」
  59. 60 : : 2018/09/08(土) 14:08:53
    カネキ「11:15分か」フゥ

    カネキ「...妹達に会えるか...トーカちゃんを助けなければ」

    カネキ「映画館と服屋に行くからアームは外すか...拳銃を持っておこう」

    カネキ「...ご飯食おう」

    ーー食後ーー

    カネキ「ごちそうさまっと」

    カネキ「時間は11:30分...あれ待ち合わせしてたっけ?」

    カネキ「聞けばいいか」

    ーーLINEーー

    カネキ:トーカちゃん、待ち合わせ場所どこ

    トーカ:あんていくで

    カネキ:わかった
  60. 61 : : 2018/09/08(土) 14:16:51
    カネキはいろんな武器を持っています

    アサルトライフル サブマシンガン スナイパーライフル 
      AK-47      UZI       L96A1

    ショットガン ハンドガン ロケラン など
            マグナム  RPG



    L96A1はスナイパーライフルです、荒野行動をしてる方はAWMを知ってると思います、本当はAWMじゃなくL96A1です
  61. 62 : : 2018/09/08(土) 14:17:49
    アルミン 「(グフフ)」鼻血タラー
  62. 65 : : 2018/09/08(土) 14:20:35
    携帯ピッ

    カネキ「あんていくか15分後に行くか」

    11:45

    カネキ「行くか」

    ガチャリ

  63. 74 : : 2018/09/08(土) 14:24:22
    荒らしの方ですか?
  64. 75 : : 2018/09/08(土) 14:24:57
    荒らすのであれば削除します
  65. 76 : : 2018/09/08(土) 21:31:18
    12:20

    カネキ「遅いなぁ」

    12:45

    カネキ「...映画の上映は01:45だからいいけど」

    01:00

    トーカ「お待たせ」

    カネキ「ハァトーカちゃん遅いよ」

    トーカ「ご、ごめん」

    カネキ「まぁいいけど」

    トーカ「行こ行こ」

    カネキ「う、うん」

    ーー映画館ーー

    作者はまだ銀魂2を見ていません

    01:30上映

    ーー二時間半後ーー

    カネキ「面白かったね」

    トーカ「うん」

    ーー服屋ーー

    トーカ「カネキ手伝って欲しいんだけど?いい?」

    カネキ「いいよ(絶対こうなるよね)」

    トーカ「やった、じゃ待ってて」
  66. 77 : : 2018/09/09(日) 20:43:37
    ーーアオギリの樹ーー

    エト「タタラさん、カネキくんの事調べてくれた?」

    タタラ「嗚呼」

    エト「じゃ教えて」

    タタラ「カネキはこの前ぐ喰種捜査官になり一等だ、昨日あんていくで働き始めた」

    エト「へぇ喰種が喰種捜査官に、そしておとーさんの店で働くかぁ」

    エト「で今どこいるの?」

    タタラ「アヤトの姉とお出かけで服屋にいるらしい」

  67. 78 : : 2018/09/09(日) 21:02:52
    エト「?!...カネキくんの恋人なのかな?」

    タタラ「カネキの事が好きなのか?」

    エト「う、うん\\\」

    タタラ「聞けばいいんじゃないのか?」

    エト「えっでもカネキくんにカネキくんに殺されちゃうかもしれないし」

    タタラ「そうだったなカネキの親を殺したんだったな」

    エト「謝ったら許してくれるかな」

    タタラ「どうだかな」

    エト「とりあえず行ってみる」

    タタラ「気を付けてな」

    エト「うん」

    注意:カネキは親を殺したエトの姿を見ていません

  68. 79 : : 2018/09/10(月) 17:30:26
    ジャラララ

    トーカ「どう?」 ノースリーブ ホットパンツ

    カネキ「ちょっとエロいね」

    トーカ「なっ\\\この変態」ドガッ

    カネキ「いったー」

    ジャラララ

    カネキ「本当の事言っただけなのに」

    ジャラララ

    トーカ「今度こそ」 半袖 ミニスカ

    カネキ「似合ってるよ」

    トーカ「よっしゃ」

    エト「あっいたいた」

    エト「やぁカネキくん」

    カネキ「あなたは確か...高槻先生?」

    エト「そうだよ~」
  69. 80 : : 2018/09/10(月) 21:04:21
    トーカ「ちょっとカネキィその人は誰?(怒」ガシッ

    カネキ「えっとね僕が読んでる小説の作者の高槻先生だよ」

    トーカ「浮気じゃないんだよね」

    カネキ「うん」

    トーカ「なら良かった」

    カネキ「であなたが何故ここに?」

    エト「う~んそれはねぇ君に用事があったからだよ」

    カネキ「トーカちゃん席外してくれない?」

    トーカ「いいけど」

    カネキ「じゃあね」

    カネキ「で用事って」

    エト「まずそこの彼女は恋人なのかい?」

    カネキ「えぇそうですけど」

    エト「そっか残念」

    カネキ「残念?なんで?」

    エト「恥ずかしいけど君が好きだからだよ」

    カネキ「そ、そうですか」

    エト「謝りたい事もあるから」

    カネキ「謝るって何を?」

    エト「まず私が《隻眼の梟》だからだよ」

    カネキ「?!隻眼」ギロッ

    エト「君の親を殺してしまって本当にすまない」ペコッ

    カネキ「なぜ謝るんですか?」

    エト「だから言ったでしょ君が好きだと」

    カネキ「そうですかじゃあ何故あの時僕を生かした?」

    エト「き\\\君に一目惚れしたからだよ\\\」

    カネキ「じゃあなんで親を殺した?」

    エト「いつもそうしてたからだよ、それに親を殺した事は本当に悪かった」

    カネキ「じゃあ目を見せてください」

    エト「恥ずかしいよ」

    カネキ「いいから」

    エト「わかったよ」ジッ

    カネキ「」ジッ

    エト「」ジーッ

    カネキ「心から誤ってるのは本当のようですね」

    エト「うん」

    カネキ「で用事は終わりましたか?」

    エト「君の恋人は大切なのかい」

    カネキ「トーカちゃんを殺すんですか?」ギロッ

    エト「い、いや違うよただいいなーって思っただけだよ」

    カネキ「いいなーってなにが?」

    エト「守ってくれる人がいるから」

    カネキ「そうですか」

    エト「ねぇカネキくん私の事も守ってくれないかな?」

    カネキ「隻眼が何を言ってるんですか」

    エト「有馬から守ってくれって言ってるんだよ」

    カネキ「いやですよ」

    エト「なんで?」

    カネキ「あなた《隻眼の梟》ですよ大丈夫でしょ」
  70. 81 : : 2018/09/10(月) 22:57:15
    エト「大丈夫でしょって私は女の子だよ、それに有馬は強いし」

    カネキ「分かりました分かりました守ります」

    エト「本当?絶対に守ってね約束だよ」

    カネキ「約束です」

    エト「じゃあね」

    カネキ「はぁ」

    トーカ「で何だったの?」

    カネキ「それは言えないかな」

    トーカ「教えてよ」

    カネキ「無理かな」

    トーカ「はぁいいや帰ろう」

    カネキ「そうだね」

    トーカ「カネキってさ兄弟とかいるの?」

    カネキ「いるけどなんで?」

    トーカ「いや気になったから」

    カネキ「トーカちゃんはいるの?」

    トーカ「うん弟がね」

    カネキ「どこにいるの?」

    トーカ「わかんない」

    カネキ「僕は妹が二人いたんだけど、八歳の頃に行方不明になったんだ」

  71. 82 : : 2018/09/13(木) 04:07:10
    トーカ「そ、そう」

    カネキ「トーカちゃんの弟はどんな人なの?」

    トーカ「...昔は優しい弟だったでもお父さんが白鳩に殺されて段々性格が荒くなっていって...本当どこほっつき歩いてんだろ」

    カネキ「...名前は?」

    トーカ「アヤト」

    カネキ「やっぱり知らないな」

    トーカ「カネキの妹はどんな子だったの?」

    カネキ「う~ん普通に純粋で可愛かったよ」
  72. 83 : : 2018/09/14(金) 01:31:01
    トーカ「...悲しいな...名前は?」

    カネキ「ナシロとクロナ」

    トーカ「いい名前だね...」

    カネキ「今は生死さえ分からない居場所も」

    トーカ「見た目は?」

    カネキ「名前の通りナシロが白髪でクロナが黒髪だよ、身長はヒナミちゃんと同じ位 歳もヒナミちゃんと同じ」

    トーカ「カネキって何歳?」

    カネキ「17」

    トーカ「じゃあアヤトと同い年じゃん」

    カネキ「トーカちゃんって学校行ってるの?」

    トーカ「行ってるよ」

    カネキ「...じゃあ僕も行ってみようかな」

    トーカ「いいんじゃね」

    カネキ「トーカちゃんとは別の学校にするけど」

    トーカ「えぇーなんで?」

    カネキ「一応ね」

    トーカ「なんで?」

    カネキ「付き合ってるの知られたくないから」

    トーカ「なんで?」

    カネキ「(めっちゃ聞いてくるなぁ)僕達だけの秘密にしたいから」

    トーカ「ふーん...秘密ね」

    カネキ「うん」

    トーカ「学校行くなら店長に聞いてみ」

    カネキ「わかったよ」
  73. 84 : : 2018/09/14(金) 06:27:12
    ーーあんていくーー

    カネキ「店長学校に行ってみたいんですが」

    店長「いいけどどうして急に?」

    カネキ「一度学校に行ってみたくて」

    店長「わかった」

    カネキ「ありがとうございます」

    ーーカネキ自宅ーー

    カネキ「CCGにも連絡しとかないと」携帯ピッ

    プルルルルップルルルルッ ピッ

    カネキ「もしもし」

    捜査官「嗚呼なんだ?」

    カネキ「明日から学校に行くことになったんですが」

    捜査官「何?!だが...」

    カネキ「捜査官はそのまましますので」

    捜査官「わかった」

    カネキ「クインケ製クナイを十本用意してほしいのですが」

    捜査官「嗚呼今日届けるぞ」

    カネキ「ありがとうございます」

    携帯ピッ

    カネキ「よしっ友達が出来るといいな」

    なんやかんやで明日(めんどいからとばします)

    ーー学校ーー

    体育館?

    安定のハゲ校長「えぇー今日は転校生が来ます」

    生徒1「転校生だってよ」

    生徒2「どんな奴だろうな」

    生徒3「男かな女かな」

    安定のハゲ校長を省略したら学校の名前になったwww

    安定のハゲ校長=安ハ校

    カネキ「」スタスタ

    生徒4「真面目そうだな」

    生徒5「イジメ対象にしようぜ」

    生徒6「だな」

    カネキ「金木 研ですよろしくお願いします」

    ???「金木研...どっかで聞いた事あるような」

    ???「中学校の誰かじゃない?」

    ???「でも...まぁいいや」

    教室

    生徒5「おいお前金寄越せよ」

    生徒6「渡さねぇとボコるぞ」

    生徒7「またやってるぞ」

    生徒8「仕方ねえよ俺達じゃ助けらんねぇし」

    カネキ「なんだい君たちは?」

    生徒5「だから金寄越せつってんだろ?!」

    生徒6「ボコられるか、金渡すかどっちかにしろ」

    カネキ「どちらとも断るよ」

    生徒5「ナメてんのかテメェ」

    生徒6「金渡せ」ガシッ

    カネキ「うるさいなぁ黙っててよ」ガシッ生徒6の首を掴む

    生徒6「ウッ苦しい...放せ...放せ」

    カネキ「」パッ

    生徒6「ゲホッゲホッ」

    生徒5「テメェよくも」ダッ殴りかかる

    カネキ「寝ててよ」ヒュッみぞおちに殴る
  74. 85 : : 2018/09/14(金) 15:01:29
    生徒5「グフッ」キゼツ

    カネキ「君達イジメは良くないよ」

    生徒6「は、はい」

    カネキ「今度したら許さないから」ギロッ

    生徒6「す、すいませんしたー」

    生徒9「すげぇ」

    生徒7「カネキって強いのな」

    生徒8「カッケェな」

    キャー ウワー ガヤガヤ

    カネキ「何?」

    生徒1「なんだなんだ」

    喰種集団の一人「お前らぁ死にたくなかったら体育館に集まれぇ」
  75. 86 : : 2018/09/14(金) 19:53:01
    カネキ「(...初めての学校でこれかぁ)」

    ーー体育館ーー

    生徒達ガヤガヤ ビクビク 

    喰種1「お前らぁ静かにしやがれぇ」

    生徒達 シーン

    先生達 シーン

    喰種集団「@%#&$¥!?§₩€£№¢¿?¿」

    カネキ「(数はえっと...九人)」

    カネキ「(殺るか...殺ろう殺ろう)」

    カネキ「」スッ

    喰種2「なんだお前は死にたいのか?」

    カネキ「」ジャキッ ヒュッ 八本のクナイを八人の首に突き刺さる

    バタバタバタッ

    喰種6「えっ...」グサッ

    カネキ「...ふぅ」

    生徒10「アイツ何者なんだ?」

    生徒4「とりあえず俺達は助かったぞ」

    生徒「ウオォォォ」

    カネキ「あのーマイク貸してくれますか?」

    先生「い、いいが」

    カネキ「ありがとうございます」

    生徒「アイツなんか言うのか?」

    カネキ「あーゴホン...一つ言い忘れていました、僕は喰種捜査官です」
  76. 87 : : 2018/09/18(火) 12:30:43
    生徒達 マジカヨ ダカラ強イノカ ざわざわ

    ???「お姉ちゃんあの人スパイなのかな」

    ???姉「そうだよね」

    ???妹「どうする?」

    ???姉「殺っちゃおうか」

    ???妹「だよね」

    カネキ「(殺気?)」

    ーー放課後ーー

    カネキ「ではさようなら」スタスタ

  77. 88 : : 2018/09/20(木) 07:14:53
    カネキ「(早く帰って店手伝わなきゃ)」スタスタ

    スタスタスタスタ

    カネキ「(誰かに尾行されてるなぁ)」スタスタ

    カネキ「(路地裏で返り討ちにしよう)」クルッ

    ???妹「お姉ちゃん気づかれたのかな?」

    ???姉「多分気づいてる」

    ???妹「でも関係ないよね」クルッ

    ???姉「2vs1だから勝てるの間違いなし」クルッ

    ???妹「いない?」

    ???姉「どこかに隠れてるんだよ」

    カネキ「君達は同じ学校の子だよね?」

    ???姉「なっ!後ろ」バッ

    ???妹「お姉ちゃん気をつけて」

    カネキ「...ナシロ クロナ?...」

    姉妹「?!」

    ナシロ「どうして私達の名前を?」

    クロナ「やっぱり私達を殺す為に送られて来たのか」

    カネキ「違うよ...ずっと会いたかった」

    ナシロ「何を言っている?」

    クロナ「なんかこの人知ってるような」

    カネキ「僕の事忘れたの?ナシロ達の兄弟だよ」
  78. 89 : : 2018/09/21(金) 04:04:02
    ナシロ「...兄弟?」

    クロナ「もしかしてお兄ちゃん?」

    カネキ「そうだよ」

    ナシロ「お兄ちゃーん」ダキッグスッ

    クロナ「会いたかったよぉ」グスッ

    カネキ「よしよし」

    クロナ「でも死んだと思ってた」グスッ

    ナシロ「そうそう」

    カネキ「何で?」

    ナシロ「だってやっと家に帰ってこれたと思ったらお母さんとお父さんが...」

    クロナ「うん」

    カネキ「えっ...その日はいつ?」

    クロナ「えっと確か...?.......お姉ちゃん」

    ナシロ「はぁ...7月13日」

    カネキ「そうか...」

    ナシロ「?」

    クロナ「どういこと?」

    カネキ「その2日前に両親は殺されたんだよ」

    クロナ「?!...」
  79. 90 : : 2018/09/21(金) 07:29:40
    ナシロ「でも何でお兄ちゃんは殺されなかったの?」

    カネキ「う~ん...両親を殺した人が女性で僕がイケメンだからって生かしてくれたんだよ」

    クロナ「...確かにイケメンだもんね」

    カネキ「ナシロ達はどこに住んでるの?」

    ナシロ「えーと...野宿」

    クロナ「...風呂とか入ってるよ銭湯に」オロオロ

    カネキ「...じゃあ僕の家に来ない?」

    ナシロ「いいの?」

    カネキ「いいよいいよ」

    クロナ「お兄ちゃんありがとー」ダキッ

    ナシロ「本当にいいの?」

    カネキ「うん全然構わないよそれにかわいい妹達の為だし」

    ナシロ「やったー」

    クロナ「ありがとー」

    カネキ「じゃあ行こっか」

    シロクロ「うん」

  80. 91 : : 2018/09/22(土) 07:37:19
    ーーカネキ家ーー

    カネキ「着いたよー」

    ナシロ「うわっでっかいお家ぃ」

    クロナ「すっごーい」

    カネキ「部屋は姉妹で使ってね」

    シロクロ「はーい」

    ガチャ

    カネキ「部屋は二階の奥にあるから欲しい者あったら言ってね買ってあげるから」
  81. 92 : : 2018/09/23(日) 07:24:44
    ナシロ「えっいいの?」

    クロナ「嘘じゃない?」

    カネキ「うん800万位あるから大丈夫だよ」

    ナシロ「わーい」

    クロナ「ありがとう」

    カネキ「あっ...」

    ナシロ「どしたの?」

    クロナ「?」

    カネキ「ベッドがないんだった」

    ナシロ「じゃあ床で寝るよ」

    カネキ「でも...」

    クロナ「慣れてるから大丈夫」

    カネキ「...あっそうだ僕はソファーで寝るからナシロ達はベッドで寝なよ」

    ナシロ「...じゃあさ一緒に寝ようよ」

    カネキ「いや...それはちょっと...」

    クロナ「久しぶりに寝ようよ」

    カネキ「......はぁわかったよ」
  82. 93 : : 2018/09/24(月) 12:51:51
    作者「...店の事忘れてました」

    このアニメあんまり好きじゃないんだよね、Re:ゼロから始める異世界生活が好きなんだよね
  83. 94 : : 2018/09/24(月) 13:04:04
    ーー夜ベッドーー

    ナシロ「おやすみお兄ちゃん」ギュッ

    クロナ「おやすみー」ギュッ

    カネキ「(.........腕が胸に挟まれて寝られない)」

    トーカ:Eカップ ヒナミ:Bカップ ナシロ&クロナ:Cカップ

    ーー朝ーー

    カネキ「ファー」パチッ

    クロナ「」ギュッ

    カネキ「............」

    ナシロ「」ギュッ

  84. 95 : : 2018/09/26(水) 00:35:12
    カネキ 学校 昼休みは喰種狩り 学校終了 働く

    カネキ「(何この状況)」

    クロナがカネキの上に乗っかり、ナシロがカネキの腕に抱きついてる

    クロナ「うーん...おはようお兄ちゃん」目ゴシゴシ

    ナシロ「....お兄ちゃ...おはよう」目ゴシゴシ

    カネキ「...どいてくれない?」

    クロナ「なんで?」

    ナシロ「嫌だ」

    カネキ「なんでって言われても」

    ナシロ「?」

    クロナ「私重いの?」

    カネキ「いや、その、む、胸が...」

    クロナ「?」

    ナシロ「胸がどうしたの?」

    カネキ「(...鈍感?)」

    ナシロ「ねぇ胸が何?」

    クロナ「教えてよぉ」

    カネキ「今日の夜調べてパソコン貸すから」
  85. 96 : : 2018/09/26(水) 06:36:16
    ナシロ「お兄ちゃんが教えてよ」

    クロナ「そうそう」

    カネキ「いやー無理かなー」アハハ

    カネキ「(あっそうだトーカちゃんなら...いっそのことトーカちゃんの学校に転校しようかな)」

    ―準備中―

    カネキ「じゃ行こうか」

    クロナ「うん」

    ナシロ「行ってきまーす」

    ガチャ

  86. 97 : : 2018/09/28(金) 02:23:01
    カネキ「ナシロ、クロナ、ベッドは二段ベッドでいい?」

    ナシロ「うん」

    クロナ「その方が広いし」

    カネキ「じゃあ今日買いに行こうか色々と」

    服¦下着¦ベッド¦色々

    カネキ「ん?」横チラ

    横を見ると20代位の女性が喰種に襲われていた

    カネキ「...」スッカチャッ

    カネキは無言でハンドガン(マグナム)を取り引き金を引き パァン 銃声が鳴り響いた 喰種はヘッドショットで死亡

    カネキ「」携帯ピッ

    カネキ「もしもし」

    捜査官「なんだ?」

    カネキ「学校に行く途中に喰種がいたので殺りました」

    捜査官「そ、そうか場所は?」

    カネキ「○○の○○です」

    捜査官「わかった」

    カネキ「では」

    ―学校―

    カネキ「おはようございます!」

    先生「おはよう!」

    ナシロ「おはよう!」

    クロナ「おはようございまーす!」

    先生「おはよう!」

  87. 98 : : 2018/09/28(金) 11:53:55
    めんどくさいので飛ばしまーす

    ―学校終わり―

    カネキ「一回帰ろうか」

    クロナ「うん」

    ナシロ「そうだね」

    ―金木家ー

    カネキ「着替えようか」

    シロクロ「うん」

    5分後

    ナシロ「お兄ちゃん背中のそれ何?」

    クロナ「私も知りたい!」

    カネキ「嗚呼これはねクインケ製人工アームだよ」

    ナシロ「へぇー」

    クロナ「スゴいね」

    なんやかんやでデパート

    カネキ「服選んでね」

    シロクロ「はーい」
  88. 99 : : 2018/10/02(火) 23:04:23
    ナシロ「お兄ちゃんこれどう?」

    カネキ「とっても似合ってるよ」

    クロナ「私はー?」

    カネキ「クロナも似合うよ」

    十分後

    店員「ありがとうございましたー」

    ―下着―

    カネキ「下着は自分で買ってね」

    ナシロ「えー何で?」

    クロナ「お兄ちゃんも選んでよ」

    カネキ「いやーそれはちょっと無理だなー」

    ナシロ「んーもうわかったよ」

    クロナ「ナシロ早く選ぼう」

    ナシロ「うん」

    ―ベッド買い―

    カネキ「どれにするー?」
  89. 100 : : 2018/10/05(金) 19:49:14
    二段ベッド

    ~~~~~

    他 スマホ ゲーム 等々

    注意うまるちゃんみたいにはなりません。

    二段ベッドは組み立て式です、アーム(一本)で箱を持ってます

    服は大量に買ってます、アーム二本で持ってます。

    ナシロ「お兄ちゃんありがとー」

  90. 101 : : 2018/10/10(水) 03:01:48
    カネキ「(さてとトーカちゃんに会わせよう)」

    その頃トーカは

    ヒナミ「お姉ちゃん楽しかったね」

    トーカ「うん」

    ???「よし今だ!」

    ワゴン車 扉開く

    ???「」バッ

    トーカ「ヒナミ逃げて!」

    トーカ「ん」捕まる

    ヒナミ「お兄ちゃん呼んでくる」タタタッ

    ???「兄貴逃がしちまった」

    ???「いや好都合だ」

    ???「?」

    車 発進

    ヒナミ「(待っててお姉ちゃん、絶対に助けるから)」

    カネキと合流

    ヒナミ「...ハァハァ」

    ヒナミ「お兄ちゃん!」

    カネキ「どうしたのヒナミちゃん?」

    ヒナミ「お姉ちゃんが...拐われた」

    カネキ「?! 場所分かる?」

    ヒナミ「うん」

    カネキ「急ごう」

    ナシロ「」ジーッ

    クロナ「」ジーッ

    ヒナミ「ヒッ」

    カネキ「ナシロ、クロナこの子はヒナミちゃん」

    カネキ「ヒナミちゃんこの子達は僕の妹のナシロとクロナ」
  91. 102 : : 2018/10/13(土) 14:39:16
    ヒナミ「お兄ちゃんの...妹...」

    カネキ「そう」

    ナシロ「よろしくねーヒナミちゃん」

    クロナ「よろしくねっヒナミちゃん!」

    ヒナミ「こちらこそよろしくお願いします、ナシロちゃん、クロナちゃん」

    カネキ「さぁ行くよ」

    ヒナシロクロ「うん!」

    ―――――――――――

    12階建ての廃墟のビル

    ヒナミ「お兄ちゃんここだよ」

    カネキ「ヒナミちゃんはここで待ってて」

    カネキ「ナシロ、クロナ、ヒナミちゃんと居て」

    ヒナミ「うん」

    シロクロ「わかった」

    カネキ「ヒナミちゃん、もし僕が戻って来なかったら店長達を呼んで来て」

    ヒナミ「う、うん...」

    カネキ「頼んだよナシロ、クロナ」

    ナシロ「任せてよ」

    クロナ「待ってるからお兄ちゃん」

    カネキ「じゃあ、行ってくるよ」

    ―――――――――

    ???「兄貴ぃ来たようだぜ」

    ???「そうか、罠があるとも知らずに」

    トーカ「(助けて...カネキ...)」

    ――――――――

    罠はカネキを気絶または捕獲させる物です

    カネキ「くっ...どこだ」

    麻酔針ヒュッ

    ブスッ

    カネキ「?!何だ?」

    カネキ「あ...れ...意識が...麻酔針か?...」バタッ
  92. 103 : : 2018/10/14(日) 16:36:32
    カネキ「うっ......ここは...」

    カネキ「(そういえば麻酔針で...)」

    カネキ「(アームは外されたか)」

    ???「起きたぞ兄貴」

    ???「そうかじゃあナキ、今からコイツの彼女を殺れ」

    カネキは椅子にクインケ製の鎖で縛られています。

    ナキ「分かったぜ、ヤモリの兄貴」

    カネキ「...めろ」

    ヤモリ「ハハハハハハ」

    カネキ「何故...殺す?」

    ヤモリ「俺達はなぁ、お前に家族を殺されたんだよ」

    カネキ「なら悪いのはそっちだろ」

    ヤモリ「俺達が悪い?」

    カネキ「僕は悪い喰種を殺し回ってるんだよ」

    ヤモリ「じゃあ、こっちは大切なモノを壊しに来たぜっ!」ブン

    カネキ「ガハッ」メシャ

    ヤモリ「いい様だ」

    カネキの頭の中

    白カネキ「ピンチだね、カネキ」

    カネキ「だね」

    白カネキ「君が弱いからトーカは死ぬ」

    カネキ「うん」

    白カネキ「トーカを助けたい?」

    カネキ「うん」

    白カネキ「なら俺を受け入れろ」

    カネキ「そうするよ」

    ――――――――

    白カネキ「さてと殺るか」ガキッ

    白カネキはクインケ製の鎖を壊した

    ヤモリ「なっ」

    白カネキ「」ダッ

    白カネキはヤモリの背中に飛び乗り、首を掴み360度回した。
  93. 104 : : 2018/10/15(月) 03:19:32
    ヤモリ「ガッ...」ガクッ キゼツ

    白カネキ「次はナキ」

    ――――――――

    トーカ「殺す」ギロッ

    ナキ「睨んでも無駄だぜ」

    トーカ「...チッ...」

    ナキ「今からお前を殺す」

    トーカ「(カネキ...じゃあな)」

    白カネキ「眠れ」ヒュッ

    ナキ「ガハッ」キゼツ

    白カネキ「助けに来たよトーカ」

    トーカ「遅いよ...カネキ...」ウルウル

    白カネキ「ゴメン」ガキッ

    白カネキはトーカを縛る鎖を壊した

    白カネキ「行くよ」

    トーカ「...うん」

    白カネキはアームを装着し、アーム(一本)でトーカを掴み逃げた



    ヒナミ「来たよ」

    ナシロ「本当?」

    ヒナミ「うん!」

    クロナ「やったー」

    白カネキ「皆逃げるよ」

    白カネキはアーム(3本)でヒナミ達を掴んで走った
  94. 105 : : 2018/10/15(月) 23:11:37
    シロキってもしかして白カネキのことですか?

    もしそうなら少し分かりにくいので、漢字で「白金木」にしたほうがいいとおもいます!
  95. 106 : : 2018/10/16(火) 00:28:51
    はい、白金木を略してたのでシロキにしてました。
    分かりました
  96. 107 : : 2018/10/16(火) 20:38:51
    間をとって白カネキにしました

  97. 108 : : 2018/10/16(火) 21:07:30
    白カネキ「ふぅ」

    トーカ「カネキ...ありがとう」

    白カネキ「当然だろ」

    ヒナミ「お姉ちゃん大丈夫?」

    トーカ「うん大丈夫だよ」

    ナシロ「お兄ちゃんその髪どうしたの?」

    クロナ「私も気になる」

    トーカ「お兄ちゃんってまさか?!カネキの妹?」

    シロクロ「??」

    白カネキ「そう行方不明の妹達だよ」

    トーカ「良かったなカネキ!」

    ナシロ「お姉ちゃんは」

    クロナ「誰?」

    白カネキ「このお姉ちゃんはトーカって言うんだよ」

    トーカ「でカネキの彼女!」

    ナシロ「お兄ちゃんの」

    クロナ「彼女」

    白カネキ「うん」

    トーカ「それよりカネキ髪の色」

    白カネキ「ああこれはね」

    白カネキ「簡単に言えば人格が変わっただけだよ」

    ヒナミ「へぇー」

    白カネキ「俺は白いカネキだからシロキ」

    トーカ「うん」

    白カネキ「でも俺と心が違う、カネキは正義の心」

    白カネキ「俺は強い者と戦いたい心」 

    有馬貴将や梟など

  98. 109 : : 2018/10/17(水) 07:16:00
    ナシロ「へぇー何だかカッコいいね」

    白カネキ「今戻すよ」

    髪の色が白から黒に変わった

    クロナ「すごーい!」

    カネキ「とまあこんな感じ」

    ヒナミ「綺麗だね」

    注意:トーカは人を殺していません

    カネキ「あ、そうだトーカちゃんちょっとこっち来て」クイクイ

    トーカ「何?」

    カネキ「ナシロ達の事何だけど」

    トーカ「うん」

    カネキ「鈍感だから色々教えてくれない?」

    トーカ「何で?」

    カネキ「昨日久しぶりに一緒に寝たら、腕が胸に挟まれて」

    トーカ「う、うん」

    カネキ「できる?」

    トーカ「任せて!」

  99. 111 : : 2018/10/17(水) 10:14:15
    一時間後

    ガチャ

    トーカ「...」

    カネキ「終わった?」

    ヒナクロシロ「//////」

    カネキ「えっ...何でヒナミちゃんまで」

    トーカ「ヒナミも教えてって言うから」

    カネキ「ハァ」

    カネキ「家まで送ってくよ」

    トーカ「きょ、今日はここに泊まる」

    カネキ「うん...ん?...えっ」

    トーカ「だから泊まるって言ってんだよ」

    ヒナミ「私もここに泊まりたい」

    カネキ「まあいいけど」

    ナシロ「ヒナミちゃん」

    クロナ「一緒に寝ない?」

    カネキはあの時二段ベッドとシングルベッドも買ってます

    ヒナミ「うん!寝たい」

    ナシロ「決まりだね」

    クロナ「楽しみだねー」

    カネキ「じゃあトーカt「カネキと一緒に寝る!」

    カネキ「ですよね」
  100. 112 : : 2018/10/18(木) 02:50:47
    カネキ「じゃあみんなお風呂入って」

    クロシロ「はーい」

    ヒナミ「ヒナミお兄ちゃんと入りたい!」

    トーカ「なら私も!」

    カネキ「それはダメ」

    ナシロ「私達は」

    クロナ「いいでしょ?」

    カネキ「ダメ」

    ナシロ「えぇー」

    クロナ「良いじゃん」

    カネキ「(トーカちゃんから何を学んだんだ)」
  101. 113 : : 2018/10/18(木) 13:38:27
    カネキ「さっきトーカちゃんから教えてもらったでしょ」

    ナシロ「お兄ちゃんなら大丈夫」

    クロナ「兄妹だし」

    カネキ「あのね兄妹でもダメなんだよ」

    クロナ「えぇー」

    ナシロ「なんで?」

    カネキ「それは......とりあえず入ってきて」

    クロナ「うぅー」

    ナシロ「もうわかったよ」

    ナシロ クロナ 風呂入り15分後あがった

    ナシロ「お兄ちゃんあがったよー」

    カネキ「次トーカちゃんとヒナミちゃん」

    ヒナミ「わかったー」

    ヒナミ トーカ 風呂入り17分後あがった

    トーカ「カネキーーー」

    カネキ「何?」

    トーカ「ふ、服がない」

    カネキ「.........」

    ヒナミ「ヒナミも服がない」

    カネキ「じゃあトーカちゃんは僕のシャツ貸すから」

    カネキ「ヒナミちゃんは妹達の借りて」

    トーカ「ありがとう」

    ヒナミ「うん」

  102. 114 : : 2018/10/20(土) 09:56:37
    期待
  103. 115 : : 2018/10/20(土) 10:34:24
    期待ありがとうございます。

    ちょっと銀魂のパクります

    吉田松陽の言葉 松陽の卍形の縁の日本刀

    吉田松陽を知らなかったら調べてください、物凄く強いです。

    喰種を完全に駆逐できます、そして不死身です

    腕一本からでも蘇る、両目を潰されても何も変わらない。
  104. 116 : : 2018/10/20(土) 11:45:21
    カネキ「(ん?ちょっと待てよ)」

    着替えがない→下着ない→ノーパンノーブラ

    カネキ「(ヤバいな)」

    カネキ「(いやパンツは妹達のでなんとかなるか?)」

    トーカ「カネキーまだー?」

    カネキ「待ってて」

    カネキ「はいシャツ」ホイッ

    トーカ「ありがと」

    ナシロ「はい、ヒナミちゃん」下着と服ホイッ

    トーカ「あっ...」

    ヒナミ「どうしたの?」

    トーカ「下着ない」

    ヒナミ「えっ...ナシロちゃん達の借りたらいいんじゃないかな」

    トーカ「でも...大きさが」

    ヒナミ「じゃあ待ってるねお姉ちゃん!」

    トーカ「うん」

    カネキ「ナシロ、トーカちゃんにも下着貸してくれる?」

    ナシロ「うん、別にいいよ」

    カネキ「ありがと」

    ナシロ「トーカ姉ちゃんはい」下着ホイッ

    トーカ「うんありがと、入るかな?」

    トーカ「んっ..ブチッ...あっ」

    トーカ「ど、どうしよ」

    トーカ「!そうだカネキにズボン貸してもらえば」

    トーカ「カネキー」

    カネキ「何?」

    トーカ「ズボン貸してー」

    カネキ「わかったー」

    カネキ「はい」ズボンホイッ

    トーカ「ありがと」

    トーカ「よしっ」
  105. 117 : : 2018/10/20(土) 12:44:55
    トーカ「」ガララッ

    トーカ「んぅ(乳首が擦れるし下がスースーする)」ピクッ

    カネキ「次は僕」

    飛ばします

    ―夢―

    白カネキ「カネキ」

    カネキ「何?」

    白カネキ「チームを創らないか?」

    カネキ「なんで?」

    白カネキ「だって面白そうだろ?」

    カネキ「僕はどうでもいいよ」

    白カネキ「そして来るべき時の為に」

    カネキ「...創るか」

    白カネキ「そうこなくちゃ」

    カネキ「チーム名は?」

    白カネキ「うーん...十戒」

    カネキ「わかったよ」

    ―朝―

    カネキ「ふぁ~」

    カネキ「十戒か」

    カネキ「トーカちゃんは」チラッ

    トーカ「スースー」

    カネキ「ッ///」バッ

    そこには服が捲れて片方の乳首が出て、ズボンが膝まで脱げて秘部が見えていた
  106. 118 : : 2018/10/24(水) 10:18:25
    十戒のメンバーを決めます

    神威 カムイ 24歳 男 SSS+レート 朧 オボロ

    羽赫 縁のない小太刀を使って戦う

    知歩 チホ 23歳 女 SSS+レート 骸 ムクロ

    尾赫 日本刀を使って戦う

    松陽 ショウヨウ 36歳 男 SSSSレート 虚 ウツロ

    鱗赫 日本刀を使って戦う 再生能力/速さが異常
  107. 119 : : 2018/10/24(水) 11:58:52
    沖田 オキタ 29歳 男 SS+レート バカイザー

    鱗赫 日本刀を使って戦う ドSでバカ
    ―――――――――――――――――――
    雷兎 ライト 28歳 男 SS+レート ラクサス

    羽赫 拳を雷の様に放つ
    ―――――――――――――――――――
    鳳仙 ホウセン 59歳 男 SSSレート 夜王

    赫者 尾赫 鯱よりも強い 夜の王
    ―――――――――――――――――――
    奈落 ナラク 36歳 男 SS+レート 暗殺王

    鱗赫 絶対に暗殺する
    ―――――――――――――――――――
    白銀 シラギ 31歳 男 SS+レート 白夜叉

    鱗赫 日本刀 二刀流の王
    ―――――――――――――――――――
    零斗 レイト 24歳 男 SS+レート 氷結王

    羽赫 感情がない
  108. 120 : : 2018/10/24(水) 13:01:23
    恵美莉亜 エミリア 22歳 女 SS+レート 女神

    羽赫 女神の微笑みをする
    ――――――――――――――――――
    優里 ユウリ 18歳 女 SS+レート 悪魔

    羽赫 悪魔のように笑う
    ――――――――――――――――――
    連 レン 19歳 女 SS+レート 魔王

    鱗赫 薙刀を使って戦う 男に見える為よく間違われる
    ――――――――――――――――――
    未久 ミク 23歳 女 SS+レート 39

    羽赫 銃が大好き
    ――――――――――――――――――
    有希 ユキ 20歳 女 SS+レート キラー

    鱗赫 弓を使って戦う
    ――――――――――――――――――
    愛花 アイカ 14歳 女 SS+レート 千本桜

    羽赫 幼くして捜査官を25人を殺した
  109. 123 : : 2018/10/24(水) 18:25:41
    オキタ、ナラク、シラギ

    ユウリ、レン、アイカ

    期待!
  110. 124 : : 2018/10/25(木) 19:00:45
    後の十戒六人です

    銀子 ギンコ 29歳 女 SSSレート 侍

    尾赫 木刀を使って戦う

    未亜 ミア 25歳 女 SSSレート ゴースト

    尾赫 ナイフを使って戦う

    名前も不明 歳は不明 男 SSS+レート 魘魅 エンミ

    赫子は不明 全身を包帯で覆っている 不思議な武器を使う

    恋夢 レム 17歳 女 SSSレート 鬼姫

    鱗赫 天使のように笑う

    終谷 シュウヤ 22歳 男 SSSレート マシンガン

    羽赫 赫子をマシンガンのように放つ

    天月 アマツキ 24歳 男 SSSレート 剣士

    尾赫 剣を使って戦う

    虚(うつろ)、朧(おぼろ)、骸(むくろ)、魘魅(えんみ)、鳳仙(ほうせん)は銀魂に出るキャラクターです。

    服装などは調べてください。
  111. 125 : : 2018/10/26(金) 08:19:25
    カネキ「(見ないように見ないように)」

    カネキは見ないように部屋を出た

    カネキ「ふぅ...」
  112. 126 : : 2018/11/05(月) 14:30:33
    遅くなりすみません

    カネキ「(今度から泊めるのは止めよう)」スタスタ

    ヒナミ「お兄ちゃん...おはよう」

    カネキ「おはようヒナミちゃん」


  113. 127 : : 2018/11/10(土) 09:43:49
    カネキ「(今日は十戒入ってくれる、SSSレートの人を探そう)」

    ヒナミ「お兄ちゃん?どうしたの?」

    カネキ「...あっ、何でもないよ」

    ナシロ「ふぁ~」ゴシゴシ

    クロナ「う~ん」

    カネキ「おはようナシロ、クロナ」

    クロナ「おはようお兄ちゃん」

    ナシロ「...おはよう」

    カネキ「今日はやる事あるから学校休むからね」

    クロナ「えぇ~」

    ナシロ「なら私も休む」

    カネキ「ダメだよ、学校に行かなきゃ」

    クロナ「ならお兄ちゃんが教えてよ!」

    ナシロ「そうそう」

    カネキ「まぁ...それならいいけど」

    ナシロ「やったー!」ピョンピョン

    クロナ「お兄ちゃんが教えてくれる!」ピョンピョン

    ヒナミ「お、お兄ちゃん」クイ

    カネキ「どうしたの?」

    ヒナミ「ヒナミにも教えて」

    カネキ「...うん、分かった」

    ヒナミ「ありがとー」
  114. 128 : : 2018/11/20(火) 10:19:07
    カネキ「(...困ったなぁ)」

    クロナ「で、やる事って何?」

    カネキ「えっとね...CCGを潰す人を探すんだよ」

    ナシロ「へぇー」

    カネキ「僕を入れて十人だから九人探すの」

    ヒナミ「うん」

    ナシロ「チーム名は?」

    カネキ「......十戒」

    クロナ「カッコいい」

    カネキ「じゃあ30分後に行くから、準備しててね」

    シロクロ「はーい」

    カネキ「ヒナミちゃんはどうするの?」

    ヒナミ「ヒナミはここで待ってるよ」

    カネキ「分かった...ん?」

    カネキ「ここで?」

    ヒナミ「うん...ダメ?」

    カネキ「いや、別にいいけど」

    ヒナミ「あれ?お姉ちゃんは?」

    カネキ「上で寝てるよ」
  115. 129 : : 2018/11/26(月) 05:24:02
    西尾錦をもうすぐ出します。 永近英良も

    ナシロ「じゃあ、私起こしに行ってくるー」タタタッ

    カネキ「ちょっ、ナシロっ!」

    カネキ「...行っちゃった」

    クロナ「なんかヤバい事でもあるの?」

    ヒナミ「えっ、エッチな本とかあるの?///」

    カネキ「ないっ断じてない!」

    ―――カネキ部屋―――

    ナシロ「お姉ーちゃんー?」

    トーカ「......スースー」

    ナシロ「まだ寝てる」

    ナシロ「起ーきーてー」ユサユサ/コチョコチョ

    トーカ「ん、う~ん...後五ふ~ん...」

    ナシロ「むぅ......フゥ、起きろーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!」

    カネ/ヒナ/クロ/トー「!!!!!!!!What!」ビクッ
  116. 130 : : 2018/12/04(火) 13:05:18
    ガンバでーす
  117. 131 : : 2018/12/09(日) 10:20:59
    遅れてすいません。

    >>130、ありがとうございます。

    トーカ「!!!!!」ゴトッベットから落ちる

    トーカ「痛ったぁ...」

    ナシロ「じゃねっ」

    トーカ「ゴシゴシ...ん?」チラッ

    トーカ「えっ」ズボンが途中まで脱げている

    トーカ「//////...カネキィ」

    スタスタ

    ナシロ「...」

    カネキ「ナシロ、心臓に悪いよ」

    クロナ「そうそう」

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
killkill

七つの大罪《色欲の罪》ゴウセル

@killkill

「東京喰種トーキョーグール」カテゴリの人気記事
「東京喰種トーキョーグール」カテゴリの最新記事
「東京喰種トーキョーグール」SSの交流広場
東京喰種トーキョーグール 交流広場