ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

阿笠「できたぞい!光彦君をア◯パンマンにするスイッチじゃ!」

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/09/24(土) 18:46:32
    コナン「ナイスだぜ博士!!これでスーサイドスクワッドの4DXのチケットがなかなか取れない腹いせの八つ当たりができるぜ!!」

    博士「ほっほっほ、くれぐれも悪用するんじゃぞ。
    ちなみに押せば光彦くんの体はアンパンマンと同じアンパンの体になり、もう一度押せば元の体に戻るわい。」

    コナン「サンキュー博士!!!」
  2. 2 : : 2016/09/24(土) 18:54:16
    コナン「さてと・・・いつ使うかな・・・」

    灰原「あら、また博士にスイッチを貰ったのね。
    今度は何をするのかしら?」

    コナン「灰原か。光彦をアンパンマンにするスイッチだそうだぜ。
    でもどうやって使うかな・・・」

    灰原「それならこれから公園へサッカーしに行くでしょ、
    そこで使うのはどうかしら?」

    コナン「そうだな、まあ何かしらのときに使えばいいか。」





    〜公園〜

    歩美「あ、コナン君に哀ちゃん!」

    元太「うな重〜!!」

    光彦「待ってましたよー!さあみんなでサッカーしましょう!」

    コナン「よーし、じゃあグッパーしてチーム決めるぞー。」

    哀「5人だから2人対3人になるけどね。」

  3. 3 : : 2016/09/24(土) 18:59:17
    全員「ぐっとっぱーっでわーかれーましょ!!」

    ーーーそして1時間後ーーーーー


    光彦「はぁ・・・はぁ・・・疲れましたね・・・」

    哀(小学生のサッカーってこんなにハードだったかしら・・・)

    元太「うな・・・うなじゅう・・・・うなっ・・・・」

    歩美「はぁ・・・元太くん、お腹すいたって・・・はぁ、歩美も、お腹すいた・・・」

    コテリン!!

    コナン(今だ!)

    スイッチポチッ

    光彦「(あれ?なんだか僕の顔を二人にあげたくなってきました・・・)ふたりとも!僕の顔を食べて下さい!」カオカラキリトリ
  4. 4 : : 2016/09/24(土) 19:06:09
    歩美「ちょ、ちょっと、これアンパンだよ!?光彦くん、アンパンマンだったのぉ!?」

    元太「うなじゅーう!!(モグモグ)・・・うなじゅううううううううううう!!!!!!!!!(ドピュドピュドピュン)」

    哀「ちょ、ちょっと!!あまりの美味しさに小嶋くんが
    射精しながら喜んでるわよ!!??」

    コナン「そりゃアンパンマンのアンパンは一口食べれば元気になる魔法の合法アンパンなんだぜ?」

    哀「その合法って子供の夢奪うからやめなさい。」

    歩美「歩美も食べてみよう・・・(モグモグ)おいしいいいいぃぃぃぃぃぃぃいいいいぃいぃいぃいぃ!!!!!!!!!!(ビクビクビクビクビク)」

    光彦「よかったです!!」

    スイッチポチッ

    光彦(あれ?僕の顔を誰かにあげたい願望が急になくなりました…なんだったんでしょうか?)
  5. 5 : : 2016/09/24(土) 19:10:33
    コナン「・・・おい、灰原・・・」

    哀「な、何よ・・・」

    コナン「光彦の顔見てみろよ・・・
     
            二人にあげた所の分が欠けてやがるwwww」

    哀「ちょwwwwwwなによこれwwwwwww」

    歩美「光彦くんの顔欠けてるよwwwwww」

    元太「うなじゅうwwwwwwうなうなwwwwww」

    光彦「そ、そんな・・・冗談はよしてくださいよwwww・・・・
    (顔触り)ホントに欠けてます!!どうしましょう!!」
  6. 6 : : 2016/09/24(土) 19:19:48
    コナン(こりゃおもしれーもの貰ったぜ!さすがは博士だな!
    こんな調子でどんどん押してくか。)

    ーーーー夕方ーーーー

    歩美「じゃあまた明日ねー!」

    光彦「学校で会いましょう!」

    元太「うなじゅう〜うなうな☆ナイトフィーバー!」


    哀「円谷君、結局顔は欠けたままだったわねwwwww」

    コナン「あれはウケるwwwwwさてと、俺達も帰るか・・・」

    ==)ヌッ

    阿笠「わしじゃよ」

    コナン「博士!?どうしてここに!?」

    阿笠「食料の買い足しついでに言い忘れとった事があったから言いに来たのじゃ。」

    哀「あら、副作用でもあるのかしら?」

    阿笠「いや、副作用ではないのじゃが、光彦くんは体を食べられても日付が変われば元に戻るのじゃ。」

    哀「それだけ?それに本当に副作用は無いのかしら。」

    阿笠「ホントにないもん!ワシ天才じゃもん!」

    コナン「わかったから、安心しろって。とにかく、体はどんだけ食べられても日付が変われば復活するんだな?」

    阿笠「そうじゃ。くれぐれも・・・」

    コナン「わーってるって。ちゃんと悪用すっからよ。」

    阿笠「新一はよく分かっとるの。」

    ーーーーーーーーー
  7. 7 : : 2016/09/24(土) 19:25:36
    ーーーー次の日 小学校 朝の会前ーーーー

    クラスメイト男子A(以下A)「はぁ・・・」

    コナン「あ、A君、どうかしたの?」

    A「今日の朝母ちゃんと喧嘩して朝飯抜きだったんだよ・・・腹減ったなぁ・・・給食まで待てねえよ・・・」

    歩美「お母さんと喧嘩しちゃったんだね・・・」

    元太「親子といえどもよく見れば他人。すれ違いでぶつかることもあるだろううな。それが親子の宿命だうなぎ。」

    光彦「元太くん、昨日の僕の顔を食べたせいで知能が格段に上がってますね。でももう人に顔をあげるなんてうんざりですよ。」

    コナン(それはどうかな?)

    ポチッ

    光彦「A君!僕の顔を食べて下さい!!」カポッ

    A「なんだこれ!!アンパンかよ!?」

    光彦(どうして!?さっきまであげたくなかったのに…)「はい!とても美味しいですよ!」

  8. 8 : : 2016/09/24(土) 19:58:07
    A「ホントかよ・・・(モグモグ)うっうまぁぁぁぁぁぁうわああああああああっ!!!!!!(ドバーーーーーーーー)」

    光彦「あまりの美味しさに涙が滝のように溢れてます!!」

    A「うめえよ光彦!ありがとな!!」

    光彦「どうってことないですよ。」

    ポチッ

    光彦「ってまた顔が欠けちゃいました!!どうしましょう・・・まあ一日経てば治るようですし放っておきましょう・・・」

    歩美「光彦くん一気に人気者になっちゃうね!」

    元太「人気者になればきっとたくさんの人が彼の助けを求めるでしょううなぎ。」

    哀「ホント、子供ね・・・。・・・っ、(視線を感じるわ…
    これは・・・まさか・・・組織の奴!?)」

    コナン「ん?どうした灰原。」
  9. 9 : : 2016/09/24(土) 20:06:05
    哀「組織の奴の視線を感じるのよ・・・」

    ーーーーーーーーーーーーー

    ジン「はっ・・・何故俺は小学校の校門の前にいるんだ・・・」

    ウォッカ「兄貴、こんなところに居たんですかい?なんで小学校の前なんかに・・・」

    ジン「・・・行くぞ。」

    ウォッカ「ちょ、あ、兄貴!?」

    ーーーーーーーー

    哀「行ったわ・・・一体何だったのかしら・・・」

    コナン(ん?待てよ・・・)ポチッ

    ーーーーーーーー
    ウォッカ「あ、兄貴!?また小学校の方に行くんですかい!?」

    ジン「体が勝手に動くんだ!!!」

    ウォッカ「あ、あにきぃぃぃぃ!」

    ーーーーーーーーー
    コナン(スイッチを押した瞬間またジンとウォッカがこっちに!?まさかこのスイッチが連動しているのか・・・!?)

    ポチッ

    ーーーーーーーーー
    ジン「・・・収まったか。なんなんだこれは一体・・・!?」

    ウォッカ「兄貴、きっと疲れてるんですよ、休んで下せえ!」

    ジン「あ、あぁ・・・すまない・・・」フラフラ
  10. 10 : : 2016/09/24(土) 20:17:57
    コナン(これは博士に聞いたほうが良さそうだ・・・!)「歩美ちゃん、ちょっと僕昨日の渡る世間は鬼ばかり録画したの見忘れたから帰るね!!先生には風邪引いたって伝えておいて!!行くぞ灰原!!」

    灰原「えぇ。吉田さん私もお願いね。」

    歩美「わかったよコナンくん!コナン君と哀ちゃんの為なら嘘の1つや2ついくらでもつくよ!!!」

    ーーーーーーーーーーー
    〜博士の家〜

    コナン「博士!!大変なんだ!」

    阿笠「おぉ、新一!哀君もおったか、大変じゃ。あの『光彦君をアンパンマンにするスイッチ」にたいへんな副作用があったんじゃ!」

    哀「まさか・・・」

    阿笠「このスイッチを押すと、光彦君がアンパンマンになると同時に、誰か第三者がバイキンマンになってしまい、光彦くんに接触を図ろうとしてしまうのじゃ・・・」

    コナン「そういうことか・・・実はだな。このスイッチを学校で押す度に、黒づくめの組織のジンが学校の周りをうろちょろしてやがった・・・」

    阿笠「なんじゃと!?哀君、大丈夫じゃったか?」

    哀「えぇ・・・なんとかね。でもそのスイッチはもう使わないほうがいいわね・・・」

    コナン「そうだな、これは封印しとかないとだな・・・」

  11. 11 : : 2016/09/24(土) 20:23:57
    ーーーーーーーーーー
    〜毛利探偵事務所〜

    コナン「ただいまー。」

    小五郎「おう、手洗って宿題やれよー。ふぁぁ・・・」

    コナン(わかってるってーの;・・・さて、手洗ってくるか・・・
    ここにスイッチ置いといてっと・・・)」〜on tha table〜

    〜〜

    小五郎「・・・あ?なんだこのスイッチ。押してみっか。」

    ポチッ

    小五郎「なんだこれ、何にも起こらないじゃねーか!
    もっと押してやる!!!!」

    ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ

    小五郎「くっそぉ!!!なんか起これよ!!!!!」

    ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ


    コナン「おじさん!!!それ勝手に触っちゃだめだよ!!!」

    小五郎「ってお前のかよ!!!こんなところに置いとくんじゃねえ!!とっとと部屋で宿題してこい!!」

    コナン「は、はーい・・・;」

    コナン(やべーよ!!あんな押しちまって大丈夫かよ…まあ光彦だしどうでもいっか。)
  12. 12 : : 2016/09/24(土) 20:24:55
    やっぱりコナンはコナンだった()
  13. 13 : : 2016/09/24(土) 22:22:31
    また1つ、神作が誕生してしまった…()

    期待しかないわw
    あとでスター入れますwww
  14. 14 : : 2016/09/24(土) 23:36:10
    <再開します。>

    ーーーーその頃光彦は
    光彦「あ、あれ、またアンパンな気分が・・・
    んもう!一体なんなんですか!この気持ちは・・・!
    もういいです、寝ましょう!!おまけに顔が欠けて変な気分ですし!」

    ーーーーそしてそしてその頃ジンは

    ジン「あぁぁ!!何なんだこの気持ちは!!!何の罪もねえ
    一般市民に危害を加えたくて仕方がねえ!!駄目だ、そんな事は・・・だが抑えられねえ・・・プランも頭に浮かんできやがった・・・!!!」

    ウォッカ「あ、兄貴ぃ〜〜!!!」


    ーーーーそしてその頃笑点では

    <お題・アンパンマン>

    円楽「えーん、えーん!!」
    歌丸「どうしたんだい円楽さん?」
    円楽「貰ったアンパンを歌丸師匠に食べさせたら
    死んじゃったよー!えーんえーん!」
    歌丸「山田くん座布団全部持っていきなさい!」
  15. 15 : : 2016/09/24(土) 23:42:38
    〜次の日〜

    蘭「それじゃあお父さん、行ってくるねー。」

    コナン「おじさーん、いってきまーす。」

    おじさん「おうおう、いってらいってら。」
    ーーーーーーーーーー
    コナン(さてと、光彦はどうなってるか・・・)

    灰原「あら?後ろから誰かが走って・・・」


    歩美「コナン君!!!哀ちゃん!!!」
    元太「コナン重!!!灰原重!!!!」

    コナン「お、おはよう。どうした??」

    歩美「コナン君、あのね・・・光彦君が・・・!!
    光彦くんの顔がまんまるになっちゃったの!!!」

    元太「ほら!この写真を見るうな!!防犯用に携帯電話を
    ママ重に買ってもらって正解だったうなぎ。」

    哀「そんな!!これじゃまるでアンパンマンにソバカスが生えた…そうね、そばパンマン・・・!」

    コナン(まさかおっちゃんが押したせいでカンストしちまったのか・・・?てことは・・・!)

  16. 16 : : 2016/09/24(土) 23:46:50
    小林先生「はぁっ、はぁっ、みんなぁぁぁ!!!今日はっ休校!!急いで家に帰って!!ここは危険よぉぉぉぉ!!!!」

    歩美「小林先生!?どうしたのぉ!?」

    小林先生「街で黒い悪魔みたいな格好をした男が破壊活動をしているんですって!!!危ないからみんな逃げてぇぇ!!!ひぃぃぃぃ!!!!」

    ドォォォォォォォォン

    歩美「いやぁ!!」

    哀「大丈夫よ、歩美ちゃん!!」

    元太「まさか、アンパンマンのような光彦が現れたってことはうなぎ・・・!?」

    コナン「あぁ・・・

             バイキンマンが存在するんだ!!!」




           【ギィィィィィィバタン】

                      名探偵 
                        コナン
  17. 17 : : 2016/09/24(土) 23:56:53
    【ギィィィィィィガチャッ】

                      名探偵 
                        コナン

    ーーーーーーーーーーーーー

    光彦「全く、朝から何なんですか!こんな黒い趣味の悪い古い車に僕を乗せた挙句に破壊活動を僕にまでさせようとするなんて!
    なんて人でしょうねぇ!!親の顔が見てみたいです!!」

    ジン「黙れガキ。・・・いや、アンパンマン改め、

              そばパンマンよぉ。」

    光彦「!?・・・何故、僕の体がアンパンマン化しているとわかったんですか?」

    ジン「匂いだよ。うまそうなアンパンの匂い、それと・・・

        気持ち悪いぐれぇの正義の匂いがなァ。」

    光彦「・・・どうやら貴方は本物の悪のようですね。
               バイキンマンさん。
    貴方の本名は知りません。誰かもわかりませんが、匂いでわかりますよ。ドブのような匂いと、吐いてしまうくらいの悪党の匂いが。本当にひどい匂いです。」

    ジン「俺はこの世界を制服する。そのために、悪に染まれ…
      アンパンマン!!!!行け、カビルンルン!!!」

    カビカビ~  カビカビ~ カビカビ~ 

    ーーーーーーーーーーーーーー
  18. 18 : : 2016/09/25(日) 00:07:06
    コナン「いた!!!博士、光彦がいたぞ!!!!!場所は小学校の校庭だ!!急いでくれ!!!!」

    阿笠(探偵バッジ)『分かったぞい!!」

    歩美「あの黒いおじさん、きもちわるーい!!」

    元太「おれが大人だなんてはずかしくて目が向けられないうな…」

    哀「えぇそうね…おっさんの癖に黒のショートパンツに黒いタンクトップ、おまけに黒い尻尾に黒い触覚・・・気持ち悪いわ。」

    小林先生「いつもいじめてる光彦君がとってもマシに見えるわ。」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    光彦「カビルンルンですか・・・懐かしいですね。
    でも僕には効きませんよ!」カビルンルングシャッ

    カビカビ~  カビカビ~ カビカビ~ 

    光彦「アンパンチ!!!!!!」

    ジン「効かねえな!!!!」ヒラリ

    光彦「さすがバイキンマン、一筋縄ではいきませんね。」

    ジン「お前…絵本のアンパンマンをよく分かってるようだな…」

    光彦「ええ。絵本のアンパンマンでもバイキンマンは意外とそこまでバカじゃありませんからね。

    ジン「あぁ。まさに悪事のために生まれた悪だ。・・・素晴らしいと思わねぇか、坊主。」

    光彦「今の僕は坊主ではありません・・・!!

           正義のアンパンです!!!!」
  19. 19 : : 2016/09/25(日) 00:15:18
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    阿笠「おーいみんな、大丈夫かぁ〜!!」

    歩美「博士!!」

    元太「お待ちしてたうなぎ!!」

    哀「光彦くん、完全にアンパンマン化しちゃったわ・・・」

    コナン「博士、何か手立てはないのか!」

    阿笠「それがのう……ダメなんじゃ。」

    コナン「なんでだよ!?」

    阿笠「あのスイッチが無事ならば、光彦くんのアンパンマン状態を解除すればなんとかなったじゃろう。しかし、あのスイッチは
    昨日毛利くんが押しすぎてカンスト、壊れてしまったのじゃ。
    そうなってしまえば光彦くんはもう一生、あのアンパンの
    体のままなのじゃ。」

    哀「そんな・・・ということは・・・」

    阿笠「バイキンマンも永遠に存在し続けるのじゃ。
    どちらかが粒子も残らず全てこの地球上…いや、宇宙からも
    消えてしまえば、なんとかなるんじゃが…」

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
  20. 20 : : 2016/09/25(日) 00:26:58
    光彦「粒子が残らなければ、なんとかなる・・・!?」

    光彦(・・・そうすれば、みんなはまたこの学校で
    再び学ぶことができるんですね・・・)

    (僕は何度もスイッチで酷いことをされました)

    (爆破されてなお再生させられて爆破されてを繰り返したり)

    (こうしくんというハムスターにさせられて大量のひまわりの種を食べさせられて、脂肪が付いたら解剖して再生させられて)

    (ある時はバズビーズチェアに延々と座らされて呪いと科学の因果付けの実験台にされたっけ)

    (でも、みんなは僕を使って笑ってくれた、笑顔でいた)

    (そんなみんなの学び舎を、僕は守らなければなりません)

    (そう、だって僕は)

         


              アンパンマンだから
  21. 21 : : 2016/09/25(日) 00:31:01
    ジン「坊主!!何を考えている!!いいから俺の手下になれ!!」

    光彦「嫌です!!さあ!!僕を攻撃してください!!!!」

    ジン「とんだ自信だなぁぁぁっ!!!!!」

    ボカッ・・・



    光彦「ぐわぁぁぁっ・・・・!!!!」

    (かかりましたね・・・!!)

    ーーーーーーーーーーーーーー

    コナン「うわぁ!!光彦がこっち飛んできた!!!」

    哀「顔がグチャグチャよ!!!!」

    歩美「歩美怖いよぉ!!!」

    阿笠「一種のホラーじゃのう。これゲームにして任天堂にでも売り込むかの?」

    小林先生「この状況で何変なこと言ってるんですか!?」

    元太「しっ、光彦が何か言ってるうなぎ!」






    光彦「みな・・・・さん・・・・僕を・・・
       

               僕を、食べて下さい。」
  22. 22 : : 2016/09/25(日) 00:36:58
    阿笠「なんじゃと!?し、しかし、・・・」

    光彦「粒子すらも残さない…そのために僕を廃棄処分するには
    時間が足りません…早く…バイキンマンを倒さないと…
    小学校が……だから…食べて僕を胃で分解して、粒子ごと地球…いや、この宇宙から消して下さい…」

    コナン「光彦・・・!!お前、なんでそんなに…」

    光彦「コナン君…僕は…君たちにいろんな事をされました…
    でも…僕は…みんなが…大好きです…だから…僕を食べて下さい…
    ・・・・!!バイキンマンが学校に手を出し始めました…早く…僕を食べて!!!!」

    コナン「光彦!!!」

    哀「円谷君!!!!」

    歩美「光彦君!!!!」

    阿笠「光彦くん!!!!!」

    元太「光彦うなぎ君…!!」




    全「いや、アンパンマン・・・・!!!!」



    ドォォォォォォォォン!!!













    アンパンマン「いいから僕を食べて!!!!!!!!バイキンマンを止めて下さい!!!!!!!!!!!」


  23. 23 : : 2016/09/25(日) 00:38:04
    コナン「み・・・光彦おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!!!!!!!!」
       ◯
        ○
         ● 
         。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


  24. 24 : : 2016/09/25(日) 00:44:43
    コナン「俺達は、光彦を食った。全身、どの部位も余すこと無く粒餡の詰まったアンパンだった。」



    哀「彼はアンパンマンだから、美味しいアンパンだったわ。でも」



    歩美「歩美達にとっては、世界一まずいアンパンだったんだ。」



    元太「光彦は、体がアンパンマンになった時、うなぎや歩美うなぎがお腹をすかせた時、アンパンを分けてくれたように、困っている人たちをあんぱんで助けたうなぎ。」



    阿笠「彼は、きっと本当に優しい子だったんじゃろう。」



    小林先生「こんなに悲しくて、辛い味のあんぱんは、生まれてはじめてだったわ・・・。円谷光彦。いいえ、アンパンマン…」




  25. 25 : : 2016/09/25(日) 00:50:20
    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    ジン「・・・・。」

    ウォッカ「兄貴・・・しっかりして下せえ、兄貴・・・!」

    ジン「・・・ウォッカか。」

    ウォッカ「兄貴、きっとこの頃作戦続きで疲れてるんですよ。
    ベルモット達も休めって言ってやす、数日休んでて下せえ…」

    ジン「・・・おい、この足元のアンパンは、お前が買ってきたのか?」

    ウォッカ「え・・・いいえ、俺は水しか持ってきてやせんぜ?」

    ジン(・・・。)

    スッ


    モグモグ



    ウォッカ「兄貴!?なんで落ちてるアンパンを・・・!!!」



    ジン「・・・うまいじゃねえか。」




    ウォッカ(あの兄貴が…アンパンを食べながら…泣いてやがる…)



    ーーーーーーーーーーー


  26. 26 : : 2016/09/25(日) 00:51:55

    こうして、バイキンマンの脅威は去った。

    しかし、アンパンマンという存在も消えてしまった。

    円谷光彦という少年の存在と共に。

    それでも、あの美味しいアンパンをくれた少年を、

    アンパンマンになった円谷光彦を、

    アンパンを与えられた歩美や元太、大勢の人間は

    生涯忘れることはないだろう。




    コナン「さようなら、そばパンマン。」




    ~END~
  27. 27 : : 2016/09/25(日) 00:56:40
    <あとがき>


    今回は即興で光彦SSとアンパンマンをかけてみました。
    前回は、あらかじめ作ったものを書き起こしたので
    まとまりはそれなりにあったかと思うのですが、
    今回は即興だったためまとまりは酷いでしょう。
    あまりにも読みにくい文章でしたらすみません。
    しかし、アンパンマンはいくつになっても良いものですね。
    今回はおふざけのようなネタとして使ってしまいましたが、
    アンパンマンを見ていると、人間として
    行きていく上で大切な道徳的観念をもう一度考えさせられます。
    今の時代、アンパンマンを小さい子に見せることは
    完璧にいいとは言えずとも、少なからず良いことではないかと
    思います。
    今回もありがとうございました。ちなみにアンパンはつぶあん派です。
  28. 28 : : 2016/09/26(月) 22:46:22
    面白かったです!
  29. 33 : : 2016/12/19(月) 17:05:47
    恐竜大好きキチガイ大学生、参上!!(スチャッ

    うんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこ
  30. 34 : : 2016/12/19(月) 17:06:19
    恐竜大好きキチガイ大学生、参上!!(スチャッ

    うんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこうんこちんこまんこ
  31. 35 : : 2016/12/29(木) 17:06:34
    ごめんなさい
    笑えばいいのか感動すればいいのか分かりません。
  32. 36 : : 2017/07/23(日) 01:06:04
    ちんぽぶりぶり

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mayugeyuge

眉毛ファンタジーパンク

@mayugeyuge

「名探偵コナン」カテゴリの最新記事
「名探偵コナン」SSの交流広場
名探偵コナン 交流広場