ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

東京喰種 bluemoon

    • Good
    • 9

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/08/20(土) 16:08:15
    初めてオリジナルキャラを出します〜
    読んでくれると嬉しい(๑’ω’๑)

    コメント来るともっと嬉しい(๑’ω’๑)

    よかったら√overも呼んでね
  2. 2 : : 2016/08/20(土) 17:08:30
    期待です
  3. 3 : : 2016/08/20(土) 17:13:08
    期待
  4. 4 : : 2016/08/20(土) 18:56:55
    「はぁ…はぁ」




    あれからどれくらい走ったのだろう



    「はぁ……はぁ」



    雨が強く打ち付ける中
    行く宛もない、ここがどこなのかすらわからない

    ただひたすら走る……


    生きなきゃ………みんなが守ってくれた



    この命を



    自分自身の納得のいく理由を

    誰かの命と等しい価値が自分にあるのか



    目元が熱い……焼けるようだ

    泣いているの?私

    何故泣く…誰の為に泣く


    あなた(自分)はその蒼い目で

    何を見ている



    東京喰種bluemoon



    「どうぞ…」


    アンティークな感じに人気がある
    喫茶店「あんていく」

    そこで働く青年
    白髪がとてもよく目立つ

    「けん君?…こっちもいいかしら?」


    カネキ「はい…ただいま」

    トーカ「ほら!あんたはいいから…私がやるよ!」


    カネキ「あっ…ごめんね」


    紺色の髪の毛が良く似合う
    この少女は霧島董香

    あんていくではカネキより長く働いている 一応先輩である


    錦「あっ……なんだよ、豆きれてんじゃん」


    西尾 錦 ある事情のより
    カネキの紹介で働いている
    大学でのカネキの先輩


    錦「おい!カ・ネ・キ!」


    錦がカネキの首に腕をかけてきた
    何か企んでいる……そんな気がしてならないが…一応聞いておこう


    カネキ「な……なんですか?」


    錦「わかるよな?」


    まぁ…少し前に言っていたセリフを思い出せばすぐに分かった


    カネキ「豆…ですか?」


    錦「お〜!やっぱり分かってるじゃないの!……な?」


    最後のな?は行け、という意味だろう

    正直パシリはやだが
    豆が無くては、作れなくなる珈琲も
    多いので渋々買いに行く事にした


    カネキ「暑い……」

    今は8月……夏だ
    暑いのは当たり前だが
    もとからあまり外に出るようなタイプではなかったカネキには少々キツイ


    いつものように豆を買わせてもらっている おじさんの所に向かう




    その途中


    人混みの中

    真夏にも関わらず
    長袖のフードを着てフードをしっかりと
    深く被る……おそらく少女だろうか

    人ではなく、「喰種」とすれちがった
    喰種は非常に鼻がきく

    特に嗅覚にすぐれる者は
    匂いだけでその人物が人間か喰種かを
    判別できる



    すれちがってから少ししてから
    人混みのカネキの後ろがやけに騒がしい

    少し戻ってみると
    先ほどすれ違った少女が倒れていた

    よく見ると、足は傷だらけだった
    体にも大きく斜めに切りつけられたような傷があった出血もしている


    他の野次馬の1人が声をかける

    「お…おい、お嬢ちゃん?大丈夫かい?」


    顔にかかるフード上げるとざわめきが広がる


    そこには目元にくっきりと痣が広がり

    喰種の特徴である赫眼が出現していた

    しかし……その色は

    喰種の暗い血の様な紅ではなく

    とても美しく……透き通るような

    綺麗な蒼色をしていた

  5. 5 : : 2016/08/20(土) 18:57:24
    「ぐっ……喰種?!」


    少女は一瞬……自分がどのような状況にいるか……困惑している様子だったが…

    少しの間の後……凄い脚力で飛び
    ビルの隙間をつたうように逃げていった

    カネキ(あのままだと……長くもたないな)

    同族な分……いやカネキがただお人好しなだけだが……放っとくわけにはいかなかった

    それに……あの眼……蒼眼の喰種
    そんな者を聞いた事はなかった
    そんな……興味もあり

    後を追うことにした


    カネキ(たしか……この辺りに)


    いた……傷が広がったのだろうか
    腹部を抑える様に苦しんでいる


    カネキ「君?……大丈夫?」

    少女「!!!??」


    なぜ?と理解が出来ていない様だったが
    カネキの左目を見たのだろう
    喰種という事がわかると少女の方から助けを頼んできた


    金木「……大丈夫、落ち着いて助けてあげるから」


    少女「本当?……ありがとう」


    少女は名前などを名乗ろうとしていてが
    カネキはとりあえず、うちの店へと来るように言った…

    傷を見る限り……早く肉を食わないとまずかった


    カネキは少女を抱き抱え
    あんていくへ急ぐ

    近くで見ても実に綺麗な物である
    この眼……本当になんなのだろうか


    店に着くと後を追うのに時間がかかっていたからだろうか……すっかり日もくれていた


    しかも豆を、忘れた


    店のドアを開けると……


    錦「カネキっ!てめっ…どこ行ってたんだよ!…てめーがいないとこのガキが泣き止まないだろ!」


    ガキ?あぁ…ヒナミちゃんか
    いや……違う…泣いていたのはトーカ
    だったヒナミはそれを慰めている


    トーカ「うぅ……ひ…ぐ」

    今までに見た事もないくらいの号泣だった

    カネキ「トーカちゃん?ごめんね遅くなっちゃった」


    トーカは声に驚いた様で…一瞬固まったかと思うとカネキに抱きついてきた


    トーカ「早く……帰ってこいよバカ」

    カネキ「ごめんね」


    後ろの少女が……カネキの袖を引っ張る
    …おっと、先にしなければ


    カネキ「古間さん…倉庫から肉を取ってきて貰ってもいいですか?」

    カネキ「この子の為に」


    全員がどよめく…無理もない自分達とは全く違う眼をもつ少女が目の前に立っているのだから


    それから…しばらくして
    カネキ達は少女に色々と質問をしだした


    名前は月乃澪(つきのれい)

    京都から逃げてきたらしい
    いったいどうやってここ東京まで
    来たのかは覚えていないらしい

    しかし走ってきたとなると少し……いやいや不可能に近い確率で無理だ

    そしてその眼の目の事については

    眼は自分の親……つまり遺伝のような物らしい……蒼眼の喰種達は……

    古くから…通常の喰種とは違い
    人々から神として崇められ
    信仰の的とされてきたらしい

    戦闘能力も通常種とはケタ違いで
    群を抜く強さを誇るらしいが

    澪は未だにまともに戦った事がなく
    それも定かではない

    しかし1つわかっているのは
    澪は全ての赫子を使え


    「生まれながらの赫者である」


  6. 6 : : 2016/08/20(土) 21:23:59
    いやいやいや チートでしょ〜

    まあ 面白いからいいか

    あとこのカネキは白?黒?

    白だったら カネキ

    黒だったら 金木 としてくれると助かり

    ます。(グルカル がそうなので)

    ワガママ言ってすいません
  7. 7 : : 2016/08/20(土) 22:25:37
    >>6
    白髪がよく目立つって書いてあるよ
  8. 8 : : 2016/08/21(日) 11:38:30
    カネキ「生まれながらの赫者……」


    澪「のはずなんです」


    はず?…なんか自信がないな
    どういう事だろう?


    澪「私……なれないんです赫者に」

    澪「赫子は出せますけど……2つぐらいが限界で」


    つまり……戦闘は得意ではないらしい


    今まで親や蒼眼を守る
    喰種達によって手厚く育てられてきたんだろう



    澪「ここってCCGの本部があるんですよね」


    あるが…なぜ?そんな事を?


    澪「私の両親はCCGに殺されました……蒼眼のクインケは強力ですから…本部の捜査官が持ってると思うんです」



    カネキ「>>9
  9. 9 : : 2016/08/21(日) 13:34:53
    安価?安価なら

    君と関わるとあんていくの皆や、僕の大切な人に危害が加わるかもしれない。悪いけど、僕達と関わらないでくれないかい?
  10. 10 : : 2016/08/21(日) 14:03:54
    なかなか厳しいカネキ君(笑)

    安価じゃなくてアンケートにするべきだったw

    えーと…まさか厳しいカネキクンが来るとは思っておらず展開が浮かばないので


    二択で再安価願います(〃・д・) -д-))ペコリン

    >>11

    1カネキ単独で手伝う


    2みんなで手伝う


    答えてくれたCCGの1匹狼さん
    ありがとうございます
    あと…すみません・゚゚(p>д<q)゚゚・
  11. 11 : : 2016/08/21(日) 14:12:20
    1
    お汁粉に蜂蜜いれた様な展開だな

    べ、別に!嫌いってわけじゃないんだからね!
    お汁粉に蜂蜜は!
  12. 12 : : 2016/08/21(日) 14:13:17
    謎のツンデレ名無しさんありがとうございますwww
  13. 13 : : 2016/08/21(日) 14:13:22
    1で。
  14. 14 : : 2016/08/21(日) 14:29:36
    1で
  15. 15 : : 2016/08/21(日) 21:49:35
    7番さん ありがとう

    あと1で
  16. 16 : : 2016/08/22(月) 00:15:05
    1よろしく
  17. 17 : : 2016/08/22(月) 13:06:16
    期待、月乃澪は見た目はどんな感じですか
  18. 18 : : 2016/08/22(月) 19:19:43
    澪ちゃんは…

    身長は155cmぐらい

    髪はショートで銀色?的な

    普段の目の色は茶色

    格好は長袖のフード(和風テイスト)

    ズボン……下駄?
  19. 19 : : 2016/08/23(火) 23:50:11
    下品ですけど

    その…む、胸はどれぐらいですか?
  20. 20 : : 2016/08/24(水) 12:21:40
    気になりますよね〜(笑)
    うーん、Dぐらいにしときます(笑)
  21. 21 : : 2016/08/24(水) 17:34:46

    終わって
  22. 22 : : 2016/08/24(水) 20:54:05
    うーん何ででしょうか?
    何か駄目な所ありましたか?
  23. 23 : : 2016/08/24(水) 21:17:57
    期待
  24. 24 : : 2016/08/24(水) 21:31:39
    全然全然そんな事ないですよ
    >>21荒らすのやめようね
  25. 25 : : 2016/08/24(水) 23:02:13
    >>24
    よかったです〜(๑’ω’๑)
  26. 26 : : 2016/08/25(木) 12:01:23
    シナリオ考えているので
    しばしお待ちを(〃・д・) -д-))ペコリン
  27. 27 : : 2016/08/26(金) 00:14:26
    21の名無しさん、ひょっとして

    ボクに対して怒ってますか?

    だったら ゴメンなさい

    皆さんにもゴメンなさい
  28. 28 : : 2016/08/26(金) 11:22:53
    カネキ「なら…僕が手伝うよ」


    澪「え…」


    トーカ「お前…何言ってんだよ」


    2人ともとても驚いた表情をしている だが…トーカは少し怒っているようにも見える


    トーカ「せっかく…みんなまた店が出来てんのに!わざわざ危険な事しなくてもいいだろ!」



    僕はつい最近…といっても
    一ヶ月程前……アオギリによる拷問から救出?
    されたばかりだった


    錦「まぁ……そういうなよ、みんなでやりゃ平気だろ」


    カネキ「先輩…ありがたいんですけどこれは、僕単独で手伝います」


    錦もまた驚いた表情をしているが
    自分の予想にはなかった返答が返ってきたのだろう


    錦「手伝わなくていいって……」


    芳村「何故だい?カネキ君」


    カネキ「前の拷問の事で嫌というほどわかりました…自分がどれくらい弱いのか…みんなをどれほど傷つけてしまったのか」


    カネキ「だから1人で手伝います」







    分岐


    A原作のカネキチームルート


    Bマジでカネキクン1人ルート
  29. 29 : : 2016/08/26(金) 11:52:41
    aで
  30. 30 : : 2016/08/26(金) 18:44:57
    コメントありがとうございます┏○ペコ


    澪ちゃんの設定でリクエストくださーい
  31. 31 : : 2016/08/26(金) 19:02:05
    マジでbでお願いします
  32. 32 : : 2016/08/26(金) 19:49:55
    bで
  33. 33 : : 2016/08/29(月) 09:55:12
    明日から書く予定です!
    更新遅れてすみません!
  34. 34 : : 2016/08/29(月) 21:47:57
    bで
  35. 35 : : 2016/08/29(月) 22:29:17
    Aで
  36. 36 : : 2016/08/29(月) 22:30:12
    Aで
  37. 37 : : 2016/08/29(月) 22:30:57
    >>50

  38. 38 : : 2016/08/29(月) 22:47:17
    すいません(´;ω;`)
    勉強が忙しくて(´;ω;`)
  39. 39 : : 2016/08/31(水) 20:20:57
    久しぶりです

    そしてBです
  40. 40 : : 2016/09/01(木) 00:35:29
    Bで
    期待
  41. 41 : : 2016/09/01(木) 07:05:48
    カネキ「さてと......まずは、蒼眼の喰種のクインケについて調べないとね」


    澪「そうですね......」


    といっても彼女自身がそのクインケを目撃した事があるわけではなく

    このままではまず見つけるまでに
    果てしない時間がかかりそうだ

    つまり...今出来る事は


    カネキ「捜査官を1人ずつ、摘んでいくしかないな」バキィ


    澪「...ひぃっ!...」ゾワッ


    カネキ「強力なクインケは強力な捜査官のところにいく事が多いね...なら準特等か特等クラスだな...」


    分岐


    法寺さんコース


    ハイヤァ!マインドォォォア!コース
  42. 42 : : 2016/09/01(木) 12:08:40
    :reで首ちょんぱの法寺さんコースで。
  43. 43 : : 2016/09/04(日) 00:43:14
    ホォォォォジィィィぃさぁぁんで
  44. 44 : : 2016/09/04(日) 10:35:37
    わかりました!
    法寺さんですね!

    なんかコメント欄にオウルがいますね!笑
  45. 45 : : 2016/09/11(日) 19:32:27
    はよ
  46. 46 : : 2016/09/11(日) 20:13:43
    ほじほじほーじさんおなしゃす←便乗
  47. 47 : : 2016/09/11(日) 21:40:07
    明日bluemoon投稿しまーす
  48. 48 : : 2016/09/12(月) 19:01:47
    蒼眼の喰種は...かつて通常の喰種とは
    違い...人々に神として崇められ祀られていた

    しかし...1人の蒼眼が規則を破った


    蒼眼の喰種は人を食べてはならない
    喰らうのは喰種のみ

    蒼眼は人間に対して常に味方として
    立ち、助け合い生きていく

    その蒼眼は人を喰らい
    知ってはならない”味"を知ってしまった

    人の味を



    澪「......」


    カネキ「どうかしたの?澪ちゃん?」


    澪「いえ...ただなんで私は追いかけられていたのだろうと」


    カネキ「わからないと」


    澪「はい...少し記憶が曖昧で、すみません」


    カネキ「いや、いいんだよ少しづつ取り戻せばいいよ」


    カネキは澪が法寺の事やCCGのクインケの情報などを調べているうちに
    蒼眼の喰種について調べていた

    どうやら蒼眼には謎な部分も多いらしい
    しかし歴史は古く調べれば調べる程ホコリが出てくるようだった

    生まれながらの赫者
    果たしてそれは幸せなのか
    生まれた瞬間から多くの責任を背負い
    生きていく蒼い瞳の喰種


    カネキは少し...彼らに同情するような
    変な気持ちをもった
  49. 49 : : 2016/10/08(土) 17:42:40
    明日、更新予定でーす
  50. 50 : : 2016/10/09(日) 21:51:21
    をけけりけるこりけをすをすけげこ?けせをそ?けをくるけるける
  51. 51 : : 2016/10/09(日) 22:59:59
    澪「あぁ...く」


    バキバキと音をたてながら
    銀色に輝く甲赫が出現する

    誰の赫子にも似ない
    特別は赫子

    カネキ「筋はいいと思うんだけどな...」


    澪「はぁ...はぁ」

    終了


    展開時間...10分ほど
    正直、短すぎる
    これでは戦うことなんて夢のまた夢である

    カネキ「どうにかしないとな」


    澪「ご...ごめんなさい」


    カネキ「まぁ...少しづつね」

    澪は自分とよく似ている
    カネキはそう感じていた

    カネキは拷問によって強さ
    喰種となった

    澪にもなにかリミッターのような物が
    かかっているような気がカネキはしてならなかった


    カネキ「今日の特訓は終わりにしようか」


    そういうと澪は「はぁ...」
    と息をすると安心したようすで座り込む


    カネキはいつものように珈琲をいるている
    澪が覗き込むような形で見てきた

    澪「なんで喰種は珈琲は飲めるんでしょうね」


    カネキ「さぁ...なんでだろうね」


    確かに不思議である

    カネキ「よし!休憩したらやっぱりあと1時間やろう!」


    澪「...へ」


    澪は落胆した
  52. 52 : : 2016/10/18(火) 07:00:47
    明日、更新でーす(〃'▽'〃)
  53. 53 : : 2016/10/19(水) 23:49:39
    マジで期待です!
  54. 54 : : 2016/10/20(木) 18:53:09
    かぜから復活しました!
    明日、投稿しまーす
  55. 55 : : 2016/10/22(土) 00:26:20
    今日の朝です!

    あ...あと、ヒデはからませます?
  56. 56 : : 2016/10/22(土) 11:20:00
    ヒデは無しで。
  57. 57 : : 2016/10/22(土) 11:57:10
    ヾ(`・ω´・)ゞラジャ
  58. 58 : : 2016/10/22(土) 15:51:20
    カネキ「...と」


    澪「はぁ...はぁ」


    カネキ「うん...なかなか筋が良くなったね」


    澪「そ...そうですか?!」


    カネキ「うんうん...具体的には」


    カネキ「ヒナミ<澪<トーカぐらいかな」


    澪「そ...そうですか」


    確かに強くはなった...けど
    こんなんじゃ特等になんか勝てっこない...
    もっと力が欲しい...力が


    カネキ「澪ちゃん?」


    澪「え?あっ...いや、なんでもないです」


    カネキ「そう?ならいいけど」


    いつか...この人の事も踏み台にしていってでも...特等共をCCGを潰す
    利用できる物は利用しなきゃね



    カネキ「...さてと、腕試しにこの区内にいるハトを狙ってみようか」


    澪「は...と?」


    カネキ「捜査官の事さ、クインケを持っている奴のことは箱持ちって読んでる喰種もいるね」


    澪「へぇ...箱持ち」


    カネキ「で...腕試しの準備として澪ちゃんのマスクを作りにいこうか」


    澪「マスク...ですか?」


    カネキ「そうそう...マスク」


    カネキ「僕はこんなのさ」

    そう言うと...ロングコートの内ポケットから
    なにか黒い物を取り出し...口元に運ぶ

    カチャ...と金具をはめる音が聞こえる
    カネキさんが振り向くと


    カネキ「どうかな?...喰種は素顔を知られないためにマスクを、つけるんだよ」


    思わず...鳥肌がたってしまった
    歯茎がむき出しになっている黒いマスク
    まるで眼帯のように右眼に布が被っている


    カネキ「さぁ...澪ちゃんのを作りにいこうか」


    いつもなら安心するはずのカネキさんの笑顔が
    マスクによって不気味な物へと変わる
  59. 59 : : 2016/10/30(日) 15:03:15
    明日、かきまーす
  60. 60 : : 2016/11/01(火) 06:29:24
    すみません...延長します
  61. 65 : : 2017/01/05(木) 00:45:07
    いつ来るの??
  62. 66 : : 2017/01/05(木) 15:15:37
    結構楽しみなんだけど笑
  63. 67 : : 2017/01/05(木) 17:07:46
    ありがとうございます(*´∀`*)
    すみません、他作品を書いていまして...
    こっちも進めます!
  64. 68 : : 2017/01/09(月) 00:05:18
    頑張れ〜!頑張れ〜!フレ!フレ!期待!
  65. 69 : : 2017/01/10(火) 07:10:08
    今日投稿します
  66. 70 : : 2017/01/10(火) 17:41:25
    よっしゃ〜
  67. 71 : : 2017/01/10(火) 17:42:21
    頑張って下さい!
  68. 72 : : 2017/01/10(火) 19:38:06
    澪「カネキさん...こんな路地裏にお店なんてあるんですかぁ?」


    いったいここが何区?なのかは知らないがあんてんくの周りとは違って...とにかく感じが悪い、ていうか怖い


    カネキ「まぁね、あの人自体こういうのが好きなんだと思うよ」


    私が「こういうの?」と問いかけようとすると
    遠くから悲鳴の様なものが聞こえる
    幻聴だ...幻聴に違いない、幻聴だと言ってください私の耳さん


    カネキ「ちょっと笑...澪ちゃん?大丈夫?」


    澪「平気です」んなわけないでしょ

    本音を咄嗟に隠す


    カネキ「こんな時程、イェ-イ☆みたいなテンションでいた方が人は安心するのかな...」


    なんか1人で哲学みたいな事言ってますけど
    「イェ-イ☆」よりは「ヒャッハァ!」の方があってますよ?この雰囲気


    カネキ「おっと...着いたね、ここだよ」


    澪「hysy、本当にお店があるんですね」


    なんていうか...オシャレなお店だ
    中に入ると数々のマスクが飾られていた
    売り物だろうか、それにしても全てかなり出来が良いのは素人の私にもわかる


    カネキ「いないな〜、これはあれか」


    澪「あれ?」


    カネキ「あそこにある布を取ってごらん、多分君のマスクだよ...プ」


    指さされた方向にはテーブルとテーブルの上に置かれている何かに布が被さっている
    しかも、最後笑った様な気もしたが...気のせいだろう、カネキさんに限ってないない


    澪「私のマスク〜」

    バサッ!って勢いよくあげると
    中に...ハ


    ウタ「( ᐛパァ)」


    私は気絶した紙の様にパタリと倒れた

    カネキ「澪ちゃぁぁあん?!」
  69. 74 : : 2017/01/10(火) 20:28:35
    澪ちゃぁぁあん?!
  70. 75 : : 2017/01/10(火) 20:40:13

    ウタさんそれは
    期待です
  71. 76 : : 2017/01/11(水) 00:11:43
    澪ちゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!?

    どしたの!?
  72. 77 : : 2017/01/21(土) 06:53:04
    明日かきまーす
  73. 78 : : 2017/01/21(土) 12:32:13
    よっしゃ〜
  74. 79 : : 2017/01/21(土) 14:30:20
    ヤッターー
  75. 80 : : 2017/01/30(月) 06:14:26
    期待です!
  76. 81 : : 2017/04/22(土) 13:07:43
    あれから何日の時を過ぎたんだろう
  77. 82 : : 2017/06/09(金) 01:40:27
    81気にせずまとうw

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
Kzyy1109

ILu@シロクロ 投稿再開

@Kzyy1109

「東京喰種トーキョーグール」カテゴリの最新記事
「東京喰種トーキョーグール」SSの交流広場
東京喰種トーキョーグール 交流広場