ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

メリー「私だって大変なのよ」

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/08/16(火) 14:33:50
    メリー「私メリーさん。今大変困っているの」

    花子「どうしたのよいきなり」

    メリー「最近変なの人とばかり会うからなかなか本領が発揮できないの」

    花子「どういうことよ、もっと詳しく言いなさいよ」

    メリー「例えばーーーーーー」
  2. 2 : : 2016/08/16(火) 14:34:36
    短編繋げていきます。1日数回の更新
  3. 3 : : 2016/08/16(火) 14:40:36
    ー非リアー

    prrrr...prrrr

    メリー「私メリーさん、今○○駅にいるわ」

    非リア「め、メリーさん!?今○○駅にいるの?」

    prrrr...prrrr

    メリー「私メリーさん、今あなたの家の前にいるわ」

    非リア「えぇっ!?待って!まだ着替えてないから!」

    メリー「え?あ、うん。待ってる」

    非リア「よし、いいよー!」

    prrrr..prrrr

    メリー「私メリーさん、今あなたの後ろにーーーーーー」

    非リア「いらっしゃい!うわわわ、メリーさん可愛いね!」

    メリー「え?」

    非リア「非リアの僕にもついに春が……うぅっ、涙が……」

    メリー「え?え?な、なんかごめん…」

    非リア「思えば学生時代はろくに女友達もいなかったし…なんなら男友達も少なかったな……はは、惨めだよ…」

    メリー「わ、私でよかったら、話聞くよ?」

    非リア「本当に!?ありがとう!僕は学生時代にーーーーーー」ペラペラ

    メリー「うん…うん」


    ーー1時間後ーー

    非リア「それで○○君は僕と約束したんだ!」ペラペラ

    メリー「(いつまで喋るのよ!帰るタイミング失っちゃったわ!)」

    ーーー
    ーー


    メリー「なんてことがあったのよ…」

    花子「メリー、あんたお人好しすぎるわよ」

  4. 4 : : 2016/08/16(火) 14:51:07
    メリー「それにこんなこともあったの……」

    ーー水泳ーー

    水泳男「ふんふふーん♪」

    水泳男「よし、体操も済んだし泳ぐか」

    prrrr...prrrr

    水泳男「ん?なんだ、今から泳ごうとしたのに」

    水泳男「はいもしもし」

    メリー「私メリーさん、今○○プールの入口にするの」

    水泳男「はぁ…?メリーさん?あ、切れた」

    水泳男「メリーさんか…メリーさんと言えばそうだな…」

    水泳男「よしっ!」


    prrrr...prrrr

    prrrr...prrrr

    メリー「あれ?出ないわね。まあいいわ、彼の後ろに……」シュン!

    水泳男「ふんふふーん♪」

    メリー「私メリーさん。今あなたの後ろに...ぶぼぁぁばあはあばあおぼあがば」

    水泳男「うおお!?本当に背中に出てきた!」

    メリー「ぷはっ......はぁ...背泳ぎ中とか聞いて...ないわよ」ガクッ

    水泳男「まさか本当に引っかかるなんて……」

    ーーー
    ーー


    メリー「なんてことも……」

    花子「何で泳ごうとしてる人に近づこうとしたのよ!?」
  5. 5 : : 2016/08/18(木) 16:22:02
    メリー「これよりもっとひどいのがあるわ…」

    花子「ま、まだあるのね……」(汗)

    ーー間が悪いーー

    男「……配ってたからついもらっちゃったけど…これってデリヘル嬢のチラシじゃん…」

    男「デリヘルか……」

    男「い、1回だけ…1回だけなら……」

    男「携帯携帯…あった、えーと番号は…」

    男「よし、か、かけるぞ……」

    男「はい、もしもし、あの、デリヘルを…はい、はい。お願いします」ガチャ

    男「これでいいのかな……ま、待ってよう」

    prrrr...prrrr

    男「」ビクッ

    男「も、もしもし!?何か不都合な点がありましたか!?」

    メリー「私メリーさん、今○△駅にいるの」

    男「え?…あ、もしかしてさっきのデリヘル……来るの早いな…」

    男「準備しなきゃ…」

    prrrr..prrrr

    男「はい、もしもし」

    メリー「私メリーさん、今あなたの家の前にいるわ」

    男「あ、今開けます!」

    prrrr...prrrr

    男「もしもし、今開けますよ!」

    メリー「私メリーさん、今あなたの後ろに……」

    男「よ、よろしくお願いします!一応童貞ではありません!」

    男「で、でも、素人童貞?みたいなものですが、よ、よろしくお願いします!」

    メリー「………………え?」

    男「お風呂はあっちです」

    メリー「すみません、間違えました」

    ーーー
    ーー


    メリー「私の貞操が危ないところだったのよ……」

    花子「間が悪かったのね……」
  6. 6 : : 2016/08/27(土) 16:50:17
    期待
  7. 7 : : 2016/08/27(土) 16:51:53
    期待だぜ!!
  8. 8 : : 2016/08/27(土) 17:15:47
    期待
  9. 9 : : 2016/09/08(木) 12:01:51
    メリー「そういえば、話が合う人もいたよ」

    花子「ふぅん、地雷臭がするけど話しみなさいよ」

    ーーー
    ーー

    prrr...prrr...

    男「はい、もしもし、男です」

    メリー「私メリーさん、○□駅にいるの」

    男「そうですか、それはそうと貴方の携帯の機種は何ですか?」

    メリー「えっ?わ、私は…ってだめだめ、さようなら」ガチャ

    男「切られた……」

    prrr...prrr...

    男「はいもしもし」

    メリー「私メリーさん、今貴方の家の前にいるの」

    男「そうですか、さっきの話の続きなんですけど、機種はなんですか?」

    メリー「それはもちろん、操作性も抜群でその一瞬も撮り逃さない高性能カメラの……って、また乗せられてる!」

    男「ほう、そうですよね。時間は刻一刻と過ぎていくものですね。その一瞬を撮り逃さない、素晴らしい高性能カメラがついている機種といえば…」

    メリー「これを使い始めてから私の人生観は変わりました、友達(花子)との連絡も取りやすくなったしガラケーの時代は終わりですね」

    メリー「だから私は、Xperia」

    男「最新機種をお買い求めの場合は○□駅の近くにあるショップをお訪ねください」

    メリー「はーい」ガチャ

    メリー「……って結局スルーされた!?」

    ーーー
    ーー


    メリー「Xperiaってすごいよね…」

    花子「当初の目的を思い出しなさい」ペシッ

    ※これはフィクションです。iPhoneやガラケーを貶しているのはフィクションの中の人物です。
  10. 10 : : 2016/11/23(水) 10:45:00
    メリー「花子は何か困ったこととかないの?」

    花子「私は特にないかなー」

    メリー「そんなこと言ってー、実は美少年に言い寄られてて困ってるのー(はーと)とかあるんでしょ!」

    花子「ないわ! というか女子トイレに生息してるのよ私!? その子ただの変態じゃないの!?」

    メリー「さて、そんな冗談はやめにして」

    花子「冗談!?」

    メリー「仕事に戻ろっか、話してたら仕事溜まってたよ」

    花子「そうね……じゃあまた私はトイレに引きこもるわ」

    メリー「私は電話かけてくるね」

    花子「……もう気をつけなさいよ」

    メリー「わかってるよー」


    メリー「もしもし、私メリーさん、今あなたの後ろにいるの」
  11. 11 : : 2016/11/23(水) 10:45:21
    ーendー

    ネタないから完結させた

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
yuhi

おしまい

@yuhi

「未分類」カテゴリの人気記事
「未分類」カテゴリの最新記事
「未分類」SSの交流広場
未分類 交流広場