ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another ――番外編―― 第15話 『寒気は夜の森、温もりは隣』

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/12/11(水) 20:27:35

    進撃の巨人Another ――番外編―― 第15話


    ――Part 1――

    ――――前回までのあらすじ――――

    季節は本格的に夏へ移り変わりつつある。今回は私、「ミカサ・アッカーマン」が担当する。
    私には願いが2つある。1つは、私とエレンと結ばれる事。そしてもう1つは、あの2人が結ばれる事、ただそれだけ――――

    寝苦しい初夏の夜、アニはお腹を出して寝た所為で、風邪を引いてしまった

    私はユークと共に昼と夜に看病へ行き、彼とアニが2人きりとなるようお膳立てをした

    結果、一晩中アニの手を握り、傍に居続けたユークは翌日風邪を貰い、今度は彼が彼女に看病をされる事に――――


    ――――――――
    ――――
    ――

  2. 2 : : 2013/12/11(水) 20:28:26

    ――――夜 男子寮 談話室――――

    ユーク「あっついなぁ」グテーン

    エレン「だなぁ」グテテーン

    アルミン「2人ともだらしないよ?」

    ライナー「もう、夏なんだな」

    ベルトルト「寝苦しいね」パタパタ

    エレン「ベルトルト、それ団扇か?」ムクリ
  3. 3 : : 2013/12/11(水) 20:28:41

    ベルトルト「そうだよ。ユークに作ってもらったんだ」

    エレン「いいなぁ」

    ユーク「欲しいなら、大量生産したから、あそこから持って行けば?」スッ

    アルミン「あの袋に沢山入っているね」

    ユーク「あぁ。休日1日潰して没頭したら、あんなに作ってしまっていたよ」ゴローン

    ライナー「すごい集中力だな」ワハハ
  4. 4 : : 2013/12/11(水) 20:28:55

    ユーク「まぁ、扇ぐがいいさ」グテーン

    アルミン「ユークは扇がないのかい?」

    ユーク「それすら、面倒くさい」グテーン

    アルミン「だらだらしていても、風邪引いちゃうよ?」

    アルミン「この前、アニの風邪を貰っちゃったんでしょ?」

    ユーク「…そうだったな」
  5. 5 : : 2013/12/11(水) 20:29:22

    アルミン「ほら、ちゃんと布団に入って」グイグイ

    ユーク「なぁんか、今日はアルミンに面倒見られているな、俺」モゾモゾ

    アルミン「毎年、夏に弱いね、ユークは」アハハ

    ユーク「ぐったりだぁ」グテーン

    アルミン「おやすみ、ユーク」

    ユーク「あぁ、おやすみぃ」ヒラヒラ
  6. 6 : : 2013/12/11(水) 20:29:30

    ユーク「(夏風邪かぁ)」

    ユーク「(アニの看病をして、アニに看病される…まぁ僥倖だったな)」

    ユーク「(アニは…免疫力が落ちたのかな?)」

    ユーク「(最近は、倉庫で寝ちゃっていたり…毛布は掛けているけど)」

    ユーク「(水遊びして、びしょ濡れになったりしたからなぁ)」
    (『――番外編―― 第12話』参照)

    ユーク「(それが、原因の1つかもな)」


  7. 7 : : 2013/12/11(水) 20:29:41

    ――――夜 女子寮 談話室――――

    ミカサ「あっつい」グテーン

    アニ「アンタもだらしないね」

    ミカサ「何か涼しくなる方法はないだろうか?」

    アニ「さぁ?ユークに貰った団扇で扇いでいればいいじゃないか」

    ミカサ「それすら、面倒くさい」グテーン

    アニ「何を本末転倒な事を言っているんだい、全く」ハァ
  8. 8 : : 2013/12/11(水) 20:30:02

    ミカサ「アニぃ、扇いでぇ」グイグイ

    アニ「いや」プイ

    ミカサ「じゃあ、クリスタぁ」チラ

    クリスタ「うん。ミカサは自分で扇いでね」

    クリスタ「私も自分を扇ぐのに、忙しいんだぁ」パタパタ

    ミカサ「そんなぁ」ガーン
  9. 9 : : 2013/12/11(水) 20:30:15

    ミーナ「じゃあさっ!怖い話でもしない?」ワクワク

    ミカサ「怖い話?」

    アニ「……」ピクッ

    ミーナ「そっ!きっと涼しくなるからさぁ!!」

    クリスタ「わぁ、楽しみだね!」キャッキャッ

    ミカサ「涼しくなるのであれば、何だっていい」
  10. 10 : : 2013/12/11(水) 20:30:29

    ミカサ「ので、お願い」グテーン

    ミーナ「ふっふっふ、余裕こいていられるのも、今のうちだからね?」キラン

    アニ「……」ソローリ

    ミカサ「アニ、どこへ行くの?」

    アニ「え?」ドキン

    クリスタ「アニは、怖い話を聞いて行かないの?」キョトン
  11. 11 : : 2013/12/11(水) 20:31:03

    アニ「わ、私はもう眠くてさ…」アセアセ

    アニ「へ、部屋に戻っているよ」ソワソワ

    ミーナ「(ははーん!)」ピーン

    ミーナ「ミカサ!アニを確保ぉー!!」

    ミカサ「御意」バッ

    アニ「きゃっ!!」バタン
  12. 12 : : 2013/12/11(水) 20:31:23

    ミカサ「捕まえた」ギューギュー

    アニ「放してよ、暑苦しいよ」ジタバタ

    ミーナ「ふっふっふ、アニったら…絶対に逃がさないからね?」ニヤリ

    アニ「…!!」ブルッ

    ミカサ「…ところで、どうしてアニを捕まえる必要があったの?」

    アニ「もう、放してよ」ジタバタ
  13. 13 : : 2013/12/11(水) 20:31:47

    ミーナ「アニ…怖い話が苦手なんでしょ?」ニヤリ

    アニ「(どきりっ!!)」ピクッ

    アニ「そ、そ、そ、そんな事…な、な、な、ないから…」アセアセ

    ミーナ「(これは、図星だね!!)」ピーン

    ミカサ「(アニ、とても分かり易い)」ジーーッ

    ミーナ「よぉーし!今日はずっと怪談話聞かせるからね!!」ニコ
  14. 14 : : 2013/12/11(水) 20:32:07

    アニ「嫌だっ!放せぇっ!!」ジタバタ

    ミーナ「(可愛いなぁ…)」ホクホク

    ミカサ「(アニは、怪談話の何がそんなに怖いのだろうか?)」

    ミーナ「それじゃあ、早速開始だぁ!!」パチパチ

    ミカサ「......」パチパチ

    サシャ「何か、面白そうな話ですね」ヒョコッ
  15. 15 : : 2013/12/11(水) 20:32:34

    クリスタ「どんな怖い話なのかなぁ?」キャッキャッ

    ユミル「ほぉ、私も入れてもらおうかな?」ヒョコッ

    アニ「……」ガクブル

    ミカサ「(アニの抵抗がなくなった)」ギューギュー

    ミーナ「じゃあ早速、私から話すね」

    ユミル「おっしゃ!こいや!!」バンバン
  16. 16 : : 2013/12/11(水) 20:32:52

    クリスタ「ユミル、盛り上がりすぎだよ」クスス

    ミカサ「……」ジーーッ

    アニ「(怖いよぉ…)」ガクブル

    アニ「(ユーク、助けてぇ)」ブルブル

    ミーナ「皆、用意はいい?」チラ

    ミーナ「これは…この女子寮に伝わる話なんだけどね――――」ヒュードロロ~

  17. 17 : : 2013/12/11(水) 20:34:30

    ―――――――― 

    ミーナ「そして、その子はこう尋ねたの」

    ミーナ「『一体誰に、殺されたの』って…」

    ミーナ「そしたら、その女の子がこう答えたの…」

    クリスタ「……」ゴクリ

    ユミル「……」ワクワク

    ミーナ「それは…お前だぁ!!」ババーン
  18. 18 : : 2013/12/11(水) 20:34:57

    アニ「(きゃぁぁぁああ!!)」ガタガタ

    ミカサ「(…特に面白くない)」ジーーッ

    クリスタ「面白かったね!」

    ユミル「まぁ、ありきたりだが、手始めとしては上出来だな!」

    アニ「(『て、手始め』!?)」ドキンッ!!

    ミカサ「(え、まだ続くのだろうか?)」アキタ
  19. 19 : : 2013/12/11(水) 20:35:15

    クリスタ「それじゃあ、次は私が語り手をやる!」ハイハイ!

    ユミル「おっ、楽しみだなぁ!!」

    ミーナ「1人3つくらい話すまでやるからね?」ニコ

    アニ「(え!?じゃあ、まだずっと続いちゃうじゃないか!!)」ガーン!!

    ミカサ「(…帰ろうかな?)」アキタ

    クリスタ「ふっふっふ、私もこわぁーい話するからね?」ニヤリ
  20. 20 : : 2013/12/11(水) 20:35:47

    アニ「(助けてぇ…ゆーくぅ…)」ガタガタ

    ミカサ「(アニが怖がる理由が、特にわからない)」チラ

    アニ「……」ガクブル

    ミカサ「(普通の人は、こういった話が好きなんだろうか…アニを除いて)」ウーム

    クリスタ「私の話はね、教室に住みつくお化けの話なんだけど」

    クリスタ「数年前に、教室で首を吊った訓練兵が居たの―――――」ヒュードロロ~

  21. 21 : : 2013/12/11(水) 20:36:21

    ――――――――

    クリスタ「その子の魂は、ずっと器の身体を求めて夜の教室を彷徨ってるんだって…」

    アニ「(怖いよぉ…)」ガクガク

    ミカサ「(怪談よりもアニを見ている方が、断然面白い…)」ジーーッ

    ユミル「じゃあ、次は私が行くぜ!」ハイ!

    サシャ「その後は、私が話しますね!」ハイ!

    アニ「(早く終わってぇ…)」ブルブル

    ミカサ「(アニが可愛い)」ジーーッ


  22. 22 : : 2013/12/11(水) 20:36:38

    ――――――――

    サシャ「――――というわけで、これで、3周しましたね」

    クリスタ「ミカサとアニはずっと聞いていただけだったけど、良かったの?」

    ミカサ「ええ、私はそういった怪談話を持ち合わせていない」

    ミカサ「ので、皆を楽しませる事は、出来なかったと思う」

    ミーナ「ミカサなら、面白い話持っていると思ったんだけどなぁ」

    ミカサ「ごめんなさい」
  23. 23 : : 2013/12/11(水) 20:37:03

    ユミル「まっ!別に謝るような事じゃねぇよ」ヘラヘラ

    サシャ「そうですよ!怖いもの知らずミカサですから!」

    ミーナ「そうだね。ごめん、ミカサ」

    ミカサ「それ程でもない」

    クリスタ「それはちょっと、使い方が違うよ」アハハ

    サシャ「それじゃあ、もう遅いですし、部屋に戻りましょうか!」
  24. 24 : : 2013/12/11(水) 20:37:30

    ユミル「そうだな。いい加減に帰るか」

    ミーナ「それじゃあ皆!おやすみー!!」フリフリ

    クリスタ「おやすみぃー」フリフリ

    サシャ「おやすみなさいです」

    ミカサ「皆、おやすみなさい」

    アニ「……」

  25. 25 : : 2013/12/11(水) 20:39:51

    スタスタ スタスタ


    ミカサ「さて…アニ」チラ

    アニ「……」ガクガク

    ミカサ「…私達も部屋に戻りましょう?」

    アニ「つ、連れて行って…」

    ミカサ「ええ、さぁ手を取って」スッ

    アニ「…ありがと」ギュ
  26. 26 : : 2013/12/11(水) 20:40:25

    ミカサ「それでは、戻りましょう」スタスタ

    アニ「うん…」ヨチヨチ


    スタスタ ヨチヨチ


    ミカサ「(アニがこんなに怖がりだったとは、知らなかった)」

    ミカサ「(以前、お化け屋敷へ行った時よりも、遥かに怖がっていた)」

    ミカサ「(あの時とは、何が違うのだろう?)」

    ミカサ「……」
  27. 27 : : 2013/12/11(水) 20:41:09

    ミカサ「……!」ピコーン

    ミカサ「(そうか…むふふ)」ニヤリ

    ミカサ「(涼しさと私の癒しを同時に満たす事が出来るような、良い事を思いついた)」

    ミカサ「(早速、明日にでも“彼”に相談してみる事にしよう)」

    ミカサ「(ただし、目的については仄めかすけれど…)」ムフフ

    ミカサ「(ふふふ、楽しみ、楽しみ――――♪)」


  28. 28 : : 2013/12/11(水) 20:41:29

    ――――ミカサ・アニの部屋――――

    ミカサ「アニ、部屋に着いた」

    ミカサ「ので、手を放しても構わないだろうか?」チラ

    アニ「う、うん…迷惑かけたね…」パッ

    ミカサ「どういたしまして」

    アニ「わ、私はもう寝るよ」スタタ

    ミカサ「ええ、おやすみなさい」
  29. 29 : : 2013/12/11(水) 20:41:49

    アニ「おやすみ」モゾモゾ

    ミカサ「(アニ、ちゃんと寝られるだろうか?)」ゴロン

    アニ「(とは、言ったものの…)」モゾモゾ

    ミカサ「(それよりも私は、プランを考えよう!)」モンモン

    アニ「(怖くて眠れないよぉ…ユーク、傍に居てよぉ…)」グスッ

    ミカサ「(ふふふ、今から皆の反応が非常に楽しみ――――)」ニヤリ


  30. 30 : : 2013/12/11(水) 20:43:18

    Part1おわり

    例外的に、本編29話および30話のタイトルを公開しました

    ただし、まだそちらはコメントを控えてもらっています

    ので、よろしくお願いします

  31. 31 : : 2013/12/11(水) 22:44:15
    続きが気になるwwwwww
  32. 32 : : 2013/12/11(水) 23:27:14
    >>31
    まぁ、一気に読むものじゃないよ、はは
  33. 33 : : 2013/12/12(木) 10:58:38

    ――Part 2――

    ――――翌日 夜 食堂――――

    ミカサ「――――と言う訳で、肝試しをしようと思う」

    ユーク「へぇ」

    アニ「(びくっ!!)」ドキリ

    ミカサ「それで、ユーク、貴方はどう思う?」

    ユーク「まぁ、いいんじゃない?好きにすれば?」シレッ

    アニ「……」ビクビク
  34. 34 : : 2013/12/12(木) 10:59:06

    ミカサ「何を他人事のように言っているの?」

    ミカサ「勿論、貴方も参加するのは決まっている」

    ユーク「えぇー、面倒くさいなぁ」

    アニ「ゆ、ゆーくぅ…」ビクビク

    ミカサ「貴方はこの震えるアニを見ても、まだそんな事を言っていられるの?」チラ

    ユーク「ん?」チラ
  35. 35 : : 2013/12/12(木) 10:59:22

    アニ「......」ガクブル

    ユーク「アニ…怪談は苦手だっけ?」

    アニ「う、うん…」ビクビク

    ミカサ「ご覧の通り」

    ユーク「はいはい、察しましたよ」

    ミカサ「では、参加してもらえる?」
  36. 36 : : 2013/12/12(木) 10:59:38

    ユーク「でもまぁ…それとこれとは、話は別かな?」シレッ

    ミカサ「え?」

    アニ「ゆ、ゆーくぅ…」ギュ

    ユーク「何?」

    アニ「つ、着いて来て…くれないの?」ジッ ウルウル

    ユーク「アニがお願いしてくれたら、着いて行くけど?」ケロッ
  37. 37 : : 2013/12/12(木) 10:59:58

    ミカサ「アニ、ユークもこう言っている」

    ミカサ「ので、可愛くお願いしてあげて?」ニヤニヤ

    アニ「…ユーク」ギュッ

    ユーク「…何だい、アニ?」

    アニ「私と一緒に…肝試しに着いて来て?」ジッ ウルウル

    ユーク「わかったよ。一緒に行こうか」ニコ
  38. 38 : : 2013/12/12(木) 11:00:12

    アニ「!!」

    アニ「ありがとう」ニコ

    ユーク「(ふふっ、可愛いなぁ)」ホノボノ

    ミカサ「(とてもいい笑顔)」ホノボノ

    ミカサ「(しかし、ユークも中々あざとい…)」ジーーッ

    アニ「……///」テレテレ

  39. 39 : : 2013/12/12(木) 11:00:30

    ――――――――

    ミカサ「それでは、メンバーを決めよう」

    ユーク「いつもの14人だろう?」

    ミカサ「その通り。そこで分担して、残り11人を招集しよう」

    ユーク「上手く集まるかね?」

    ミカサ「大丈夫、皆それぞれの想いに釣られて、自然と集まってくるから」ニヤリ

    ユーク「まぁメンバーの招集は、それでいいとしよう」
  40. 40 : : 2013/12/12(木) 11:01:11

    ユーク「で、だ!」

    ミカサ「ええ」

    ユーク「許可は、ちゃんと取れるの?」

    ユーク「肝試しなんだし、夜にやるんでしょ?」

    ミカサ「ええ、場所は訓練所の近くの森がいいかなと思っている」

    ユーク「無断で抜け出すの?」
  41. 41 : : 2013/12/12(木) 11:01:31

    ユーク「訓練兵が14人もぞろぞろと」

    ミカサ「いいえ、ちゃんと教官に交渉(物理)する!」

    ユーク「いや…君の“それ”には到底、期待できないよ」ハァ

    ミカサ「じゃあ、説得(物理)する!!」

    ユーク「それらは、同義だって」ヤレヤレ

    ミカサ「では、貴方とアルミンとマルコに、説得役を頼むとしよう」
  42. 42 : : 2013/12/12(木) 11:02:01

    ユーク「やれやれ、面倒事は押し付けられるのか」ハァ

    ミカサ「期待している」

    ユーク「それじゃあ、早速2人を探して申請してくるから、大人しく待っていてね?」

    ミカサ「そんな、飼い犬みたいな扱いをしないでほしい」シュン

    ユーク「放っておくと、どこへ行って、何をしでかすか分からないからね」

    ユーク「ちゃんと、言葉の首輪をつけておかないとさ」
  43. 43 : : 2013/12/12(木) 11:02:22

    ミカサ「あぅぅ…意地悪…」ジーーッ

    ユーク「今それは、ただの褒め言葉さ」ヒラヒラ

    ミカサ「アニからも何か言ってあげて」チラ

    アニ「……///」ポーー

    ミカサ「(やれやれ、アニは自分の世界へ入り込んでしまっていた)」

    アニ「(ユークが一緒に着いて来てくれるのなら、私も頑張れる気がする…///)」ポーー
  44. 44 : : 2013/12/12(木) 11:02:41

    ユーク「それじゃあ、行って来るから暫くはここに居てくれると助かるかな?」

    ミカサ「わかった。私達は雑談でもして待っている」

    ユーク「行って来まーす」スタスタ


  45. 45 : : 2013/12/12(木) 11:04:19

    ――――少し時間が経って――――

    ユーク「ただいまっ!」ヒョコッ

    ミカサ「あら、ユーク。随分と早かったのね」

    アルミン「やぁ、2人とも」

    マルコ「こんばんは」

    アニ「アルミンとマルコまで」

    ミカサ「という事は、交渉は?」
  46. 46 : : 2013/12/12(木) 11:04:34

    ユーク「無事、成功したさ」

    アニ「流石だね」

    アルミン「まぁ、ユークとマルコが居たからさ」

    マルコ「そうそう、ユークとアルミンが居たからね」

    ユーク「おいおい、何を言っているんだ」

    ユーク「偏《ひとえ》に、君達2人の活躍だろ?」ヤレヤレ
  47. 47 : : 2013/12/12(木) 11:05:15


    ワイワイ ガヤガヤ

    ユーク ダヨ! アルミン ダッテ! マルコ コソ!


    ミカサ「3人で互いに謙遜し合っている」

    アニ「素直にお互いに認めれば、すぐに解決するのにね」

    ミカサ「こういった謙虚な所も3人の長所だから」

    アニ「それもそうだね」
  48. 48 : : 2013/12/12(木) 11:05:25


    ガチャ バタン 

    ドタバタ ガヤガヤ


    ミーナ「ミカサ、話は聞いたよ!」ウキウキ

    クリスタ「肝試しをするんだって!?」ワクワク

    ユミル「まぁ、暑さを避けるには、良い案なんじゃねぇか?」

    コニー「オレも楽しみだぜ!!」

    ユーク「…というわけで、召集も既に完了している」キリッ

    ミカサ「流石、ユーク」
  49. 49 : : 2013/12/12(木) 11:05:41

    アニ「いつも通り、仕事が早いね」

    ユーク「ありがとう!」

    ジャン「まぁ、詳しい話を聞かせてくれや」

    ミカサ「ええ、それでは皆が集まった」

    ミカサ「ので、作戦会議と行こう!」

    ユーク「まぁ、教官に話したところね、訓練の一環と言う名目で――――」

  50. 50 : : 2013/12/12(木) 11:05:54

    ―――――――― 

    ミカサ「――――という風に、夕食後、訓練所近くにある森に出掛ける」

    ミカサ「肝試しでは、基本男女2人でのペアを組んで、順に森のコースを散策する」

    ミカサ「そしてゴール地点に着いたら、そこで待機するという流れ」

    ミカサ「皆、わかってもらえただろうか?」チラ

    エレン「まぁ、言いたい事はわかったよ」

    ライナー「いいイベントだと思うぞ?」
  51. 51 : : 2013/12/12(木) 11:06:03

    ベルトルト「そうだね。暑さを忘れられると思うよ」

    サシャ「夜の森が、私を呼んでいますねっ!!」ワクワク

    ユーク「皆もやる気があるみたいでよかったね、ミカサ」チラ

    ミカサ「ええ、準備の甲斐があるというもの」

    ユーク「何か準備する事なんてあるの?」

    ユーク「例えば、お化けの仕掛けとか?」
  52. 52 : : 2013/12/12(木) 11:06:19

    ミカサ「いいえ。そう言った類《たぐい》は、時間の関係もあって用意は出来ない」

    ミカサ「内容は、単に夜の森を2人で散歩する、というだけの事」

    ユーク「じゃあ、『準備』って?」

    ミカサ「それは、当日までのお楽しみ」ニシシ

    ユーク「(また何か企んでいるな、これは…)」

    クリスタ「ねぇねぇ、ミカサ!」
  53. 53 : : 2013/12/12(木) 11:06:31

    ミカサ「何、クリスタ?」

    クリスタ「聞きたい事があるんだけど」

    クリスタ「ペアはどうやって決めるの?」ワクワク

    ミーナ「それは、私も知りたい!!」ズイズイ

    ミカサ「ペアは当日、森へ着いた後に決めましょう!」

    ミカサ「その方が先入観もなくして、当日までわくわくできると思う」
  54. 54 : : 2013/12/12(木) 11:06:43

    クリスタ「なるほど!誰になるかなぁ?」

    ミーナ「希望の人とペアになれたらいいね、クリスタ!」ニコ

    クリスタ「うん、そうだね!」ニコ

    ミーナ「(マルコとペアになりたいなぁ)」ポワワーン

    クリスタ「(ジャンとペアに…きゃっ!///)」ポワワーン

    コニー「(肝試しなんて、何年振りだろうな!懐かしいぜ!!)」ワクワク
  55. 55 : : 2013/12/12(木) 11:06:59

    サシャ「(森で何か、木の実でも成っていませんかねぇ)」

    ライナー「(クリスタと組めたらなぁ…)」

    ベルトルト「(…正体がばれないように、ライナーの扱いには細心の注意が必要だね)」

    ユーク「(…まっ、このメンバーなら、ペアは誰とでもいいかな?)」

    アニ「(どうせペアになるなら…あいつと…///)」チラ

    ミカサ「(ふふふ…私の力を見せる時――――)」


  56. 56 : : 2013/12/12(木) 11:07:24

    ――――翌日 夜 倉庫――――

    ユーク「ところで、アニはどうしてお化けが苦手なんだっけ?」ホジホジ

    アニ「べ、別に、お化けが怖いわけじゃ…」オロオロ

    ユーク「それじゃあ、怪談話が苦手なの?」スッスッ

    アニ「そ、そうだよ…」ソワソワ

    ユーク「でも以前は、お化け屋敷でも怖がっていたよね?」ホジホジ
    (『――番外編―― 第6話』参照)

    アニ「あ、あれは…その…」
  57. 57 : : 2013/12/12(木) 11:07:40

    ユーク「そう考えると、やっぱりお化けが怖いと考えるのが普通じゃない?」ホジホジ

    アニ「あ、あぅぅ…」

    ユーク「理由だけでも、話してみない?」スッスッ

    アニ「アンタ…忘れたの?」チラ

    ユーク「顔を動かすと危ないよ?」

    アニ「あ、うん…」ジッ
  58. 58 : : 2013/12/12(木) 11:07:52

    ユーク「…ごめん、忘れちゃったよ」

    アニ「そ、そうだよね…3年以上も…前の事だもんね」

    ユーク「何があったんだっけ?」

    アニ「開拓地の頃にさ…」

    ユーク「……」

    アニ「夜中…トイレに着いて来てもらった事…あったでしょ?」
  59. 59 : : 2013/12/12(木) 11:08:10

    ユーク「…少しずつ、思い出してきた気がするよ」

    アニ「アンタはあの時も、いつものように優しく受け入れてくれて、着いて来たんだよ」

    ユーク「そう…だった…かな?」

    アニ「厠《かわや》は、外の森の近くにあったから…夜に行くのは、心細かったんだ」

    ユーク「…そうだったね」

    アニ「それで…アンタに着いて来てもらった時に、森から音が聞こえてきて…」
  60. 60 : : 2013/12/12(木) 11:08:29

    ユーク「…思い出した」

    アニ「…うん」

    ユーク「あの時は、おそらく森に住む動物の鳴き声だったんだけど」

    アニ「…うん///」カァァ

    ユーク「アニは…その音にとても反応しちゃってさ」クスッ

    アニ「恥ずかしいから…笑わないで…///」ギュッ
  61. 61 : : 2013/12/12(木) 11:08:44

    ユーク「ごめん。で、咄嗟に走り出したんだったね」

    アニ「だって…びっくりしたんだもん」

    ユーク「その事は、別に責めていないさ」

    アニ「迷惑を掛けたね」

    ユーク「まぁ、それはあまり否定しないかな?」

    アニ「…ふんっ」プイ
  62. 62 : : 2013/12/12(木) 11:08:55

    ユーク「拗ねないで?」ナデナデ

    アニ「……」スリスリ

    ユーク「それで、アニを追い掛けていたら、森の中に入ってしまっていてさ」

    ユーク「アニに追いつく事は出来たけど、暗かったから迷いそうになったよね」

    アニ「…ごめん」シュン

    ユーク「無事に帰れて、何よりだったさ」
  63. 63 : : 2013/12/12(木) 11:09:10

    アニ「あの時の私は、もっと怖くなって…終始、アンタにしがみ付いていたね」

    ユーク「それくらいでいいなら、お安い御用さ」

    アニ「アンタは、いつも優しいね」グスッ

    ユーク「アニが無事で、良かったとずっと思っていたよ」

    アニ「アンタ、さっきまで忘れていたじゃないか」グスッグスッ

    ユーク「そう言う事は、今は言わないの」ナデナデ
  64. 64 : : 2013/12/12(木) 11:09:22

    アニ「無事に帰れたのも、アンタのおかげだったよ」グシグシ

    ユーク「ここへ来るまでは、山の中の森に住んでいたから、眼と方向感覚は人一倍強いんだ」

    アニ「ねぇ、ユーク」

    ユーク「何だい?」

    アニ「あの時は、結局、言えなかったけど…」

    アニ「助けてくれて、ありがとね」
  65. 65 : : 2013/12/12(木) 11:09:41

    ユーク「…どういたしまして」ニコ

    アニ「随分と、お礼が遅れちゃって…ごめん」

    ユーク「それが聞けて、良かったよ」

    アニ「ねぇ」

    ユーク「今度は何?」

    アニ「今日は…このまま寝てもいい?」チラ
  66. 66 : : 2013/12/12(木) 11:09:54

    ユーク「…いつも勝手に、寝ているじゃないか」クスス

    アニ「ねぇ…どうなの?」ジーーッ

    ユーク「どうぞ?」

    アニ「…おやすみなさい」

    ユーク「おやすみ、アニ」ナデナデ

    アニ「Zzz――――」スリスリ


  67. 67 : : 2013/12/12(木) 11:10:17

    Part2おわり

    今日は、さっさと上げました

  68. 68 : : 2013/12/12(木) 20:56:03
    一気に読むなと言われても・・・
    気になるwwwwwwww(・ω・)
  69. 69 : : 2013/12/12(木) 21:10:01
    >>68
    文章で全て説眼するとなると、詳細や回りくどい表現が多くなりやすいからね。

    ずっと読んでいて、頭痛くならないかい?

  70. 70 : : 2013/12/13(金) 11:26:35

    ――Part 3――

    ――――肝試し当日 夜の森――――

    ミカサ「さて、ユーク達の活躍で見事、夜に肝試しを開催する事に成功した」

    ミカサ「ので、拍手」パチパチ

    コニー「おぉ!3人はすげぇな!!」パチパチ

    サシャ「ありがとうございます!!」パチパチ

    アルミン「ありがとね」

    マルコ「3人寄れば、文殊の知恵とも言うしね」
  71. 71 : : 2013/12/13(金) 11:27:01

    ユーク「言葉の本来の意味としては、若干ずれているけどな」ハハッ

    クリスタ「どういう事?」

    ユーク「蛇足だけど、この言葉の本当の意味はさ」

    ユーク「特別に頭の良い者でなくても、3人集まって相談すれば」

    ユーク「視野が限定されなくて、何か良い知恵が浮かぶものだ、という意味なんだよ」

    クリスタ「へぇ、ユークは物知りだね」
  72. 72 : : 2013/12/13(金) 11:27:59

    ユーク「アルミン程ではないけどね」

    ユミル「へぇ、確かにこの3人には不相応な言葉だな」

    コニー「ん?どういう意味だ?」ポカーン

    サシャ「さぁ、わかりませんね?」ポカーン

    クリスタ「うん、私も全然わかんないや」ポカーン

    ユミル「……」
  73. 73 : : 2013/12/13(金) 11:28:25

    ユーク「この3人が寄れば、このことわざが当てはまるかもな?」クスス

    ユミル「おいこら、ユーク!」

    ユミル「それは、クリスタが『アホの子』だって言いてぇのか、あぁん!?」ギロリ

    ユーク「誰もそんな事は、言ってないだろ?」

    ミカサ「寧ろ、ユミルがそう思っているのかどうかが怪しい」

    クリスタ「ユミルが?」ポカーン
  74. 74 : : 2013/12/13(金) 11:29:02

    ユミル「そ、そんな事…お、思っちゃいないぜ!!」アセアセ

    ユーク「まっ!そんな事は、割とどうだっていいんだけどね」シレッ

    ミカサ「そうね。話が逸れてしまった」

    ユミル「おいおい、今のお前らの発言は納得がいかねぇぜ!!」ズイズイ

    アニ「はいはい、アンタはもう引っ込んでいなよ」グイッ

    ユミル「ぐえっ!」ステン
  75. 75 : : 2013/12/13(金) 11:29:17

    ミカサ「ありがとう、アニ」

    アニ「どういたしまして」

    ユミル「くっそう、相変わらずぞんざいな扱いだぜ」イテテ

    クリスタ「大丈夫、ユミル?」サスサス

    ユーク「ミカサ、また話が逸れないうちに、続きを話して?」

    ミカサ「了解した」

  76. 76 : : 2013/12/13(金) 11:29:53

    ――――――――

    ミカサ「さて、これから本題の肝試しを行おうと思うのだけれど」

    ミカサ「まずは、男女でのペアを決めようと思う」

    ミカサ「私が順に呼んでいく」

    ミカサ「ので、呼ばれた人は、このくじを引いてほしい」スッ


    「「「はーい」」」


    ミカサ「じゃあ、まずはユークから」スッ

    ユーク「ミカサの持っている棒の束から、1つを引けばいいんだね?」
  77. 77 : : 2013/12/13(金) 11:30:14

    ミカサ「ええ、その通り」

    ユーク「どれにするかな?」

    ミカサ「……」スッ ヒョンッ!

    ユーク「ん?」

    ミカサ「……」ニコニコ

    ユーク「(1本だけ、明らかに飛び出ている…)」ジーーッ
  78. 78 : : 2013/12/13(金) 11:31:00

    ミカサ「……」ニコニコ

    ユーク「(そして、このミカサの表情…『その棒』を引かせたいわけか)」

    ミカサ「(さぁ、ユーク!早くこの『幸せを導く棒』を引いて?)」ニコニコ

    ユーク「(…仕方ない。ミカサの罠に掛かりに行くとするか)」ヒョイ

    ミカサ「(やった!誘導成功!!)」パァァ!

    ユーク「(嬉しそうだね、ミカサ)」ニガワライ
  79. 79 : : 2013/12/13(金) 11:31:23

    ミカサ「では、次はアニの番」スッ ニコニコ

    ユーク「(喜びが滲み出ているよ)」アキレ

    アニ「(…うーん、どうしようかな?)」ジーーッ

    ミカサ「……」ヒョンッ!

    アニ「(あっ!何か1本だけ飛び出たね)」

    ミカサ「……」ニコニコ
  80. 80 : : 2013/12/13(金) 11:31:42

    アニ「(ユーク、どうすればいい?)」チラ

    ユーク「(もういいから、それを引いちゃいなさい…)」コクリ

    アニ「(ユークが言うんだったら、間違いないよね?)」ヒョイッ

    ミカサ「(やったぁ!大成功ぉ!!)」パァァ!!

    ユーク「(ミカサ…君って人は…)」ハァ

    ミカサ「それでは皆も、呼ばれた順番に引いて行ってほしい――――」スッ


  81. 81 : : 2013/12/13(金) 11:31:55

    ――――抽選の結果――――

    エレン×ミカサ

    ジャン×クリスタ

    ライナー×サシャ

    ベルトルト×ユミル

    マルコ×ミーナ

    アルミン×コニー

    ユーク×アニ

  82. 82 : : 2013/12/13(金) 11:32:18

    ユーク「(随分と、都合のいい別れ方をしたな)」チラ

    ミカサ「(くじは仕組んだ!!)」キリッ

    ユーク「(はいはい、ご苦労様)」

    ミカサ「(貴方もアニとゆっくり楽しんで?)」ニヤリ

    ユーク「(それは、お互い様だろ?)」チラ

    ミカサ「(ええ、私も頑張る!)」フンス
  83. 83 : : 2013/12/13(金) 11:32:37

    エレン「(ミカサか…まぁいつも通りだな。今更だ)」

    ジャン「(ミカサはエレンに獲られちまったか…でもこんな事言っても今更か)」

    クリスタ「(やったぁ!神様ありがとうっ!!)」パァァ

    ライナー「(まぁ食べ物には関連がないから…大丈夫だろ?)」

    サシャ「(夜だと、ライナーが獲物に見えますねぇ)」ジーーッ

    ベルトルト「(まぁ、無難だね。話す事は多々あるし…)」
  84. 84 : : 2013/12/13(金) 11:32:52

    ユミル「(ふぅーん、ベルトルさんか。まぁいいかな?)」

    マルコ「よろしくね、ミーナ」ニコ

    ミーナ「うん!私の方こそ、いざとなったら守ってね?」ニコ

    アルミン「(外れちゃったか、残念だけど…コニーとなら楽しめそうな気もする)」

    コニー「よぉ、アルミン!よろしくな!!」ワハハ

    アニ「(ユークとペアだ…なんか嬉しいなぁ///)」テレテレ

  85. 85 : : 2013/12/13(金) 11:33:16

    ――――――――

    ミカサ「それでは、私達の組から順にスタートする」

    ミカサ「ので、後はユークの指示に従って、順次スタートしてほしい」

    ユーク「まっ、俺達が最後だから、その間は任せておいて?」

    ミカサ「ええ、心強い」ニコ

    ユーク「それじゃあ、エレンと共に“逝って”らっしゃい」ニヤリ

    ミカサ「ええ、“行って”来ます」キリッ
  86. 86 : : 2013/12/13(金) 11:33:38

    ミカサ「エレン、行きましょう!」ギュッ

    エレン「わかったけど、手を繋ぐ必要はあるのか?」

    ミカサ「勿論、大事!」

    エレン「でもなぁ」

    ミカサ「エレンは何かあった時に、私を守ってくれないの?」ジッ

    エレン「別にお前は俺に守られる程、弱くないだろ?」
  87. 87 : : 2013/12/13(金) 11:34:05

    ユーク「エレン、ミカサもこう言っているんだから、手を繋いであげなよ?」

    ユーク「それが、男の甲斐性ってもんさ」ニッ

    エレン「…わかったよ。行くぞ、ミカサ?」ギュッ

    ミカサ「(ユーク、ありがとう)」チラ

    ユーク「(どういたしまして)」チラ

    ミカサ「それと皆、ペアは手を繋ぐのが、必須条件だから」
  88. 88 : : 2013/12/13(金) 11:34:50

    ユーク「迷子になるのを防止する役割も兼ねているからね?」

    クリスタ「うん!わかったよ!!」パァァ

    ジャン「迷子は避けたいし、しゃあねぇなぁ」ヘヘッ

    マルコ「それじゃあ、僕達もね、ミーナ?」ニコ

    ミーナ「うん!私も嬉しいよ!!」ニコ

    ミカサ「それじゃあ、皆!今度こそ、行って来ます!!」スタスタ

  89. 89 : : 2013/12/13(金) 11:37:55

    ユーク「あぁ、くれぐれも気をつけて?」

    アニ「先頭だから、頼んだよ?」

    ミカサ「ええ、先陣は任せておいて!」チラ グッ

    エレン「俺達も迷わないように気を付ける」

    ミカサ「エレン、行きましょう」スタスタ

    エレン「あぁ、そうだな。じゃあな、お前らー!」フリフリ スタスタ
  90. 90 : : 2013/12/13(金) 11:38:18


    スタスタ トコトコ


    ユーク「逝ったな」

    アニ「アンタ、さっきから何を縁起でもない事、言っているんだい?」

    ユーク「ミカサがまた爆死するかもしれないからな」ニシシ

    アニ「『爆死』って?」

    ユーク「まぁ、後でミカサの様子を見れば、自ずと分かるんじゃないかな?」ニヤリ

    アニ「...?」
  91. 91 : : 2013/12/13(金) 11:38:46

    ユーク「まぁ、アニはその事は気にせずに、ゴールを目指す事だけを考えよう?」

    アニ「うん、わかった」


    ガサガサガサ ウワッ!!

    キャッ!! ガシッ グエッ!!

    バターン!! エレン!エレン!!


    ユーク「…早くも、もうダメかもね」トオイメ

    アニ「何があったんだろうね?」ポケーー

    ユーク「ジャンとクリスタ」チラ

    ジャン「何だ?」
  92. 92 : : 2013/12/13(金) 11:39:10

    ユーク「エレンとミカサの様子見も兼ねて、もうスタートしてくれないか?」

    クリスタ「うん、わかったよ!!」

    ジャン「じゃあ、行くか、クリスタ」チラ

    クリスタ「うん!」キラキラ

    ジャン「それじゃあ、ほら」スッ

    クリスタ「あっ!」ドキドキ
  93. 93 : : 2013/12/13(金) 11:39:25

    ジャン「手、繋ぐんだろ?」チラ

    ユーク「あぁ」コクリ

    ジャン「クリスタ?」チラ

    クリスタ「あ、あぅぅ…///」モジモジ

    ユーク「ほら、クリスタ。ジャンもこうやっているんだから、手を取ってあげて?」

    クリスタ「う、うん…///」モジモジ
  94. 94 : : 2013/12/13(金) 11:39:39

    クリスタ「よ、よろしく、お願いします…///」ジッ

    ジャン「あぁ!迷子にならねぇようにな!!」ニカッ

    クリスタ「う、うん!私、頑張るねっ!!」ニコ

    ジャン「おう。それじゃあ、行こうか!」グイ

    クリスタ「あっ、力強いよ、ジャン」トテテテ

    ユーク「(クリスタ、頑張れ!)」

    アニ「(頑張って、クリスタ!――――)」

  95. 95 : : 2013/12/13(金) 11:40:11

    ―――――――― 

    アルミン「それじゃあ、僕達も行くね?」

    コニー「よっしゃ!待ちくたびれたぜ!!」ワクワク

    ユーク「あぁ、いってらっしゃい」

    アニ「気を付けてね」

    アルミン「うん。それじゃあね!」フリフリ

    コニー「じゃあな、お前らー!」フリフリ

  96. 96 : : 2013/12/13(金) 11:40:47


    スタスタ スタスタ


    ユーク「さて、俺達だけになったな」チラ

    アニ「そうだね。先に行った皆はどうなったかな?」チラ

    ユーク「ジャン達が無事にミカサ達を助けてくれているといいんだけど…」

    アニ「少し、心配だね」

    ユーク「…誰も居ないな」

    アニ「私達で最後だもん」
  97. 97 : : 2013/12/13(金) 11:41:03

    ユーク「アニは、怖くないかい?」

    アニ「今のところは、大丈夫だよ」

    ユーク「…離れないでね?」ギュッ

    アニ「うん…そのつもりさ」ギュッ

    ユーク「さて、俺達もそろそろ行くとするか!」

    アニ「うん…守ってね?」ジッ
  98. 98 : : 2013/12/13(金) 11:41:18

    ユーク「あぁ、絶対に!」ニカッ

    アニ「頼もしいよ」ニコ

    ユーク「それじゃあ、出発だ!」オーー!

    アニ「お、おぉーー!」ビクビク

    ユーク「(遂に俺達の番だ。楽しみだな♪)」ウキウキ

    アニ「(だ、大丈夫…ユークだって居るんだから!――――)」ソワソワ


  99. 99 : : 2013/12/13(金) 11:41:41

    ――――森の中――――


    ザワザワ ガサガサ

    ホーホー ジリリリ


    ユーク「……」スタスタ

    アニ「……」ビクビク

    ユーク「アニ?」チラ

    アニ「(びくりっ!!)」ドキンッ

    アニ「な、何?」ドキドキ

    ユーク「…やっぱり、怖い?」
  100. 100 : : 2013/12/13(金) 11:41:58

    アニ「…す、少しだけ」ドキンドキン

    ユーク「気分を紛らわせる為に、話でもしようか」

    アニ「お、お願い…」ビクビク

    ユーク「森では、色々な音がするんだよね」

    アニ「そ、そうだね」ドキドキ

    ユーク「風の音や、草木が揺れる音」
  101. 101 : : 2013/12/13(金) 11:42:16

    ユーク「他にも、フクロウや昆虫の鳴き声が色々混ざって、雰囲気が出ているよ」

    アニ「だから、何なの?」ドキンドキン

    ユーク「怖がってばかりいないで、アニにもそういった音に耳を傾けほしいんだ」チラ

    アニ「どうして?」

    ユーク「そうやって、その正体が掴めれば、きっと怖くなくなると思ってね」

    アニ「そうなのかな?」
  102. 102 : : 2013/12/13(金) 11:42:28

    ユーク「きっとそうさ」ニコ

    アニ「じゃあ、やってみる」

    ユーク「……」

    アニ「……」

    ユーク「どうだい?」

    アニ「うん。耳を澄ませば、色々な音を区別できる気がする」
  103. 103 : : 2013/12/13(金) 11:42:55

    ユーク「その1つ1つを順に追っていけば、そのうち怖さもなくなるさ」

    アニ「うん。頑張ってみる」

    ユーク「じゃあ少し、ここに腰掛けようか」ポスン

    アニ「そんなにのんびりしていて、大丈夫なの?」

    ユーク「きっと、皆もそうしている筈さ」

    アニ「そうなのかな?」ポスン
  104. 104 : : 2013/12/13(金) 11:43:34

    ユーク「あぁ。だから、そんなに急がなくてもいいんだよ」ニコ

    アニ「……」

    ユーク「……」

    アニ「ねぇ、ユーク」ピトッ

    ユーク「何?」

    アニ「また…抱きしめて…くれないかい?」ジッ
  105. 105 : : 2013/12/13(金) 11:43:50

    ユーク「どうして?」

    アニ「アンタの温もりを…感じたいと思ったからさ…///」ギュッ

    ユーク「アニ…」ダキッ

    アニ「あっ…ありがとう」ギューーッ

    ユーク「好きな時に、頼んでくれていいからね?」ギュッ

    アニ「うん…安心する」ギューーッ
  106. 106 : : 2013/12/13(金) 11:44:09

    ユーク「俺もだよ…離したくない」ギュッ

    ユーク「(大切な家族のような存在を…誰が離したいと思うものか)」

    アニ「(ユークは今、何を考えているんだろう?)」

    ユーク「……」

    アニ「…ユーク」パッ

    ユーク「ん?」
  107. 107 : : 2013/12/13(金) 11:44:27

    アニ「もう大丈夫だよ。ありがとう」スッ

    ユーク「そうか」スッ

    アニ「私達もゴールに向かおう?」ギュッ

    ユーク「そうだな、皆のところへ行こう!」ギュッ

    アニ「うん!」

    ユーク「(アニは、少し落ち着いたようだね)」

  108. 108 : : 2013/12/13(金) 11:44:56


    スタスタ トコトコ


    ユーク「皆、どんな風に怖がっていたんだろうな?」

    アニ「コニーなんかは、寧ろ楽しんでいるだけかもね」クスリ

    ユーク「ははっ、それは言えているかも」

    アニ「それでいて、サシャなんかも案外、怖がりだったりしてね」

    ユーク「意外にあるかもな、それ」

    アニ「それとそれと…」
  109. 109 : : 2013/12/13(金) 11:46:56

    ユーク「(アニ、さっきの事で緊張が解けたのか、饒舌になって来たな)」

    アニ「でね、その時ね――――」

    ユーク「(普段から、こうやってもっと楽しそうに話してほしい)」

    ユーク「(そんな君の姿を見ると、俺は安心するから…でも)」

    ユーク「(そんな君をずっと見ていたいと思うのは、俺の我がままだろうか?)」

    ユーク「(それとも他に――――)」


  110. 110 : : 2013/12/13(金) 11:47:36

    Part3おわり

    明日でこの話も完結です
  111. 111 : : 2013/12/13(金) 17:34:42
    早く、明日にならないかなー
  112. 112 : : 2013/12/13(金) 20:58:06
    <<69
    返事遅れてすいません!
    自分はもう、読書とかss読むのとか平気です。
    ので、ご心配なさらずどうぞ!
  113. 113 : : 2013/12/13(金) 21:27:16
    >>111
    ありがとう。とても嬉しい言葉なんだけど...

    私はもう、毎日の研究と卒業論文の作成がしんどいです

    時間が欲しいです
  114. 114 : : 2013/12/13(金) 21:32:30
    >>112
    そうかい。まぁ本を読むのはいい事だと思うよ
  115. 115 : : 2013/12/13(金) 22:26:31
    ということなので、
    明日楽しみにしてます
  116. 116 : : 2013/12/14(土) 14:04:57

    ――Part 4――

    ――――ゴール地点――――

    ミカサ「2人が来た」

    ユーク「すまん、遅れたな!」

    アニ「ごめんね」

    エレン「遅かったな、何していたんだ?」

    ユーク「いや、単に順番待ちで時間を食っただけだよ」

    アニ「そういう事さ」
  117. 117 : : 2013/12/14(土) 14:05:11

    エレン「ふぅーん」

    ミカサ「2人とも、楽しめた?」

    ユーク「あぁ、勿論さ!」ニカッ

    アニ「ま、まぁね…///」モジモジ

    ミカサ「……」ニコニコ

    ユーク「クリスタもどうだった?」
  118. 118 : : 2013/12/14(土) 14:05:37

    アニ「楽しかったかい?」

    クリスタ「う、うん!楽しかったよ!!」ニコ

    ジャン「まぁ俺も楽しめたぞ?」ケロッ

    ユーク「それは、よかった」

    ミカサ「準備した甲斐があったというもの」

    ユーク「でもさ、ミカサ」チラ
  119. 119 : : 2013/12/14(土) 14:05:56

    ミカサ「何、ユーク?」チラ

    ユーク「初めに聞こえた騒動の音」

    ユーク「あれは…君が原因だろ?」

    ミカサ「うっ、そ、その通り」

    ユーク「エレンの首でも絞めた?」

    ミカサ「な、なんで解るの?」ワナワナ
  120. 120 : : 2013/12/14(土) 14:06:12

    ユーク「いや、何となくだけどさ」シレッ

    エレン「全くだよ!草のざわつきにビビッて、飛び付いて来たかと思えばさ」

    エレン「いきなり極めてきて、苦しかったんだからな!」プンプン

    ミカサ「ご、ごめんなさい…」シュン

    ユーク「まぁ、エレン。ミカサもわざとそんな事をやるはずがないだろう?」ドウドウ

    アニ「落ち着きな」
  121. 121 : : 2013/12/14(土) 14:06:37

    エレン「まぁ、それもわかってはいるけどよ…」ブツブツ

    ユーク「ミカサ、今回も失敗かい?」

    ミカサ「ぐぬぬ、エレンはやはり手強い」

    ユーク「まっ、頑張りなよ」

    アニ「応援はしているさ」

    ミカサ「そういう貴方達は、何かいい事でもあったの?」
  122. 122 : : 2013/12/14(土) 14:06:56

    ユーク「そう見えるかい?」

    ミカサ「ええ、2人とも随分と機嫌がいいように見える」

    ユーク「まぁ、あったね?」チラ

    アニ「うん…まぁ、ね?」チラ

    ミカサ「何々?教えてほしい」ズイズイ

    ユーク「ミカサには、絶対に言えないね?」チラ
  123. 123 : : 2013/12/14(土) 14:07:13

    アニ「そうだね。絶対に言いたくない」クス

    ミカサ「そんなぁ、ひどいっ!」ガーン

    ユーク「(言ったところで、君にみすみす『餌』をあげるようなものだしね)」

    アニ「(からかわれたくないから、言えない)」

    ユーク「(この思い出は、俺とアニの記憶の中だけに仕舞っておくよ)」

    アニ「(ユーク、温かかった…///)」ポーー
  124. 124 : : 2013/12/14(土) 14:07:37

    ユーク「それじゃあ、皆!気を付けて帰ろうか!!」

    エレン「そうだな、もう眠いぜ」ウトウト

    ミカサ「じゃあ、エレン!私がおんぶしてあげる!!」ハイハイ!

    エレン「いや、女のお前に担がれていくなんて、みっともないし」ウトウト

    ミカサ「がーんっ!」ワナワナ

    ユーク「(『担いでいく』とは、言っていないんだがな?)」ニシシ
  125. 125 : : 2013/12/14(土) 14:07:58

    アニ「(ミカサは、つくづく空回りしているね)」

    ミカサ「むぅぅ…私だけぞんざいな扱い」イジイジ

    ユーク「アニは俺がおんぶしようか?」チラ

    アニ「…どうしようかね?」チラ

    ユーク「……」ジーーッ

    アニ「……」ジーーッ
  126. 126 : : 2013/12/14(土) 14:08:08

    ユーク「…はい、どうぞ?」スッ

    アニ「お願い」ギュッ

    ユーク「森を歩いて、少しだけ疲れたね?」チラ

    アニ「うん、少しだけね」ギューーッ

    ユーク「アニ、鼓動が高鳴っているね」クス

    アニ「ばかっ…そんな事、言わないでよ…///」ギューーッ
  127. 127 : : 2013/12/14(土) 14:08:19

    ミカサ「……」ニマニマ

    ライナー「あいつら、俺達も居る事をすっかり忘れているんじゃないか?」

    ベルトルト「完全に2人だけの世界に入っているね」

    クリスタ「(なんかいいなぁ、あの2人の雰囲気)」ウットリ

    ユミル「(けっ、見せつけてくれるなぁ、あのバカップル)」

    ジャン「(俺もミカサと、あんないい雰囲気になってみたいものだ…)」
  128. 128 : : 2013/12/14(土) 14:08:29

    ジャン「(まぁ…叶わねぇだろうけどな)」

    ユーク「(アニの心音を感じると…なぜか安心する…)」スタスタ

    アニ「(ユークに私の心臓の音を聞かれている…///)」ドキンドキン

    ユーク「(アニの身体、温かくて…柔らかいな)」スタスタ

    アニ「(でも、ユークの背中も…温かい…///)」ギューーッ

    ミカサ「皆、夜の森ははぐれやすいので、気を付けて――――」


  129. 129 : : 2013/12/14(土) 14:08:48

    ――――兵舎へ帰宅後――――

    ミカサ「それじゃあ、皆、おやすみなさい」

    エレン「また明日な!」フリフリ

    サシャ「おやすみなさぁーい」フリフリ

    コニー「気ぃ付けろよぉ!」ブンブン

    クリスタ「ジャン、おやすみなさい」ニコ

    ジャン「あぁ、おやすみ!クリスタ」ニカッ
  130. 130 : : 2013/12/14(土) 14:09:12

    クリスタ「うん、ばいばーい」フリフリ タタタ

    クリスタ「(…うふふ)」ニコニコ

    ユーク「…アニ、女子寮まで送ればいいの?」チラ

    アニ「…折角だから、送って?」ジッ

    ユーク「畏《かしこ》まりました」ニコ

    ミカサ「2人とも、いちゃついていないで、早く行きましょう」ジトーーッ
  131. 131 : : 2013/12/14(土) 14:09:25

    アニ「い、いや、いちゃついてなんて…///」アセアセ

    ユーク「俺達はさ…そういうのじゃないでしょ?」

    アニ「あっ…そ、そう…だね」シュン

    ミカサ「…つまらないの」ボソリ

    ユーク「…何か言った?」

    ミカサ「…何でもない」プイ
  132. 132 : : 2013/12/14(土) 14:09:55

    ユーク「……」

    アニ「(ユーク…)」チラ

    ユーク「......」スタスタ

    アニ「……」ギューーッ

    ミカサ「……」トコトコ

    ユーク「…着いたね」ピタッ
  133. 133 : : 2013/12/14(土) 14:10:08

    アニ「ありがとね、ユーク」スタッ

    ユーク「どういたしまして」

    ミカサ「誰も話さなかった」

    ミカサ「ので、とても早く、それでいて長かった気がした」

    ユーク「…そうだな」フイ

    アニ「(ユーク…)」チラ
  134. 134 : : 2013/12/14(土) 14:10:21

    ミカサ「それでは、ユーク、おやすみなさい」

    ユーク「あぁ、おやすみ」

    ユーク「アニもね」ニコ

    アニ「うん。今日は色々とありがとう…///」モジモジ

    アニ「それと…おやすみ…///」テレテレ

    ユーク「それじゃあね!」
  135. 135 : : 2013/12/14(土) 14:10:47


    スタスタ


    ミカサ「それでは、私達も部屋へ戻りましょう」

    アニ「そうだね」

    ミカサ「ところで、アニ」チラ

    アニ「ん?」チラ

    ミカサ「『色々』とは、具体的には何を指すの?」ニヤリ

    アニ「あっ!」ヒヤリ
  136. 136 : : 2013/12/14(土) 14:11:06

    ミカサ「2人きりの時に、何かあったの?」ニマニマ

    アニ「な、何でもないさっ!///」プイ

    ミカサ「全然、動揺を隠しきれていない」

    ミカサ「ので、白状するべき」ニヤニヤ

    アニ「わ、私…もう部屋に戻って、寝るから!!」ピューーッ!

    ミカサ「逃がさない」ビュンッ
  137. 137 : : 2013/12/14(土) 14:11:18


    モウ ツイテ コナイデヨ!

    ワタシハ アナタト ドウシツ

    ノデ ヒツゼン!


    アニ「しつこいよ、アンタ」タッタッタ

    ミカサ「アニの自業自得」タッタッタ

    アニ「もう、寝るからさっ!」タッタッタ

    ミカサ「聞き出すまで、寝かせない!」タッタッタ

    アニ「(また、墓穴掘っちゃったよ…///)」タッタッタ

    ミカサ「(アニは少しでも、気が紛れただろうか?)」タッタッタ


  138. 138 : : 2013/12/14(土) 14:11:36

    ――――翌日 夜 食堂――――

    ミーナ「――――だから皆も、深夜は特別棟の教室には、決して近づかないように…」ヒュードロロ~

    アニ「(怖いよぉ…)」ビクビク

    クリスタ「いいね、その話!」

    ジャン「へぇ、そんな話があるとは、知らなかったぜ」

    ミーナ「まっ、言い伝えの怪談話なんだけどね?」シレッ

    マルコ「切り替え早いね」
  139. 139 : : 2013/12/14(土) 14:11:53


    ワイワイ キャッキャッ

    ヒュードロロ~


    ユーク「すっかり皆、怪談話にハマっちゃったな」

    ミカサ「ええ、そうね。暑いから仕方のない事かもしれない」

    ユーク「嫌な汗もかいてしまうかもしれないけどね」ハハッ

    ミカサ「でも、怪談話と貴方に貰った団扇のおかげで、夏は乗り越えられそう」パタパタ

    ユーク「どういたしまして」

    ミカサ「…アニを助けに行かないの?」チラ
  140. 140 : : 2013/12/14(土) 14:12:09

    ユーク「ここから、彼女が怖がっている様子を見ているのもまた、一興だと思ってね」

    ミカサ「意地悪ね」クスッ

    ユーク「偶には、こういうのもいいものさ」

    ミカサ「彼女はきっと、貴方の助けを求めているかもしれない」

    ユーク「もしそうだったら、すぐに行ってあげるさ」チラ

    ミカサ「ええ、そうしてあげて」チラ
  141. 141 : : 2013/12/14(土) 14:13:28


    アニ「(怖いよぉ…ユーク、助けてぇ…)」ガタガタ


    ユーク「…もう、助けに行く事にするよ」

    ミカサ「ふふっ、もう?」クスス

    ミカサ「貴方も案外、辛抱する事が苦手なのね」

    ユーク「…彼女に限ってだけさ」スタスタ

    ミカサ「(つまり、『そう言う事』…)」ニマニマ
  142. 142 : : 2013/12/14(土) 14:13:42


    ユーク「アニ」ヒョコッ

    アニ「あっ…ユーク…」グスッ

    ユーク「一緒に居てあげるからさ。ほら、泣き止んで?」ナデナデ

    アニ「うん…ありがとね///」グシグシ

    ミーナ「あっ!ユークだけずるい!!」ピョンピョン

    ユーク「悔しかったら、ミーナもすれば?」ニヤリ
  143. 143 : : 2013/12/14(土) 14:13:55

    ミーナ「私だって、アニをなでなでしたぁーい!」

    アニ「…いや///」プイ

    ミーナ「がーん!!そんなぁ…」ワナワナ

    ユーク「ほら、アニは俺がいいってさ?」ニコニコ

    アニ「そ、そうとも言っていないさ…!///」モジモジ

    ユーク「あれ、そうだっけ?」アハハ

    アニ「…もうっ」モジモジ
  144. 144 : : 2013/12/14(土) 14:14:09


    ワイワイ ガヤガヤ

    ヒュードロロ~


    アニ「(でも…ありがとう、ユーク)」チラ

    アニ「(私は何となく、この気持ちが何なのか…分かってきた気がするんだ)」

    アニ「(私はきっと…『ユークがずっと、私の傍に居てほしい』って…そう思っているんだ)」

    アニ「(アンタに抱きしめてもらって…温もりも貰って…そう感じたんだ)」

    アニ「(アンタが傍に居てくれたら、ずっとあったかいからさ)」

    アニ「(だから、これからも…ずっと傍に居てね…ユーク?――――)」



    進撃の巨人Another ――番外編―― 第15話

    『寒気は夜の森、温もりは隣』



    La Fin.

  145. 145 : : 2013/12/14(土) 14:14:42

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【執筆中 進撃の巨人Another 第30話 『隠す者』】
    http://www.ssnote.net/archives/4699

    【執筆中 進撃の巨人Another 第29話 『ハツゲン』】
    http://www.ssnote.net/archives/4697

    【13/12/05 進撃の巨人Another 第28話 『キタイ』】
    http://www.ssnote.net/archives/4287

    【13/12/05 進撃の巨人Another 第27話 『夜明け』】
    http://www.ssnote.net/archives/4235

    【13/11/30 進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』】
    http://www.ssnote.net/archives/3742

    【13/11/27 進撃の巨人Another 第25話 『帰る先』】
    http://www.ssnote.net/archives/3554

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

  146. 146 : : 2013/12/14(土) 14:14:53

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  147. 147 : : 2013/12/14(土) 14:15:01
    ――番外編――

    【執筆中 進撃の巨人Another ――番外編―― 第15話】
    http://www.ssnote.net/archives/4702

    【13/12/10 進撃の巨人Another ――番外編―― 第14話】
    http://www.ssnote.net/archives/4373

    【13/12/04 進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話】
    http://www.ssnote.net/archives/3949

    【13/11/30 進撃の巨人Another ――番外編―― 第12話】
    http://www.ssnote.net/archives/3487

    【13/11/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話】
    http://www.ssnote.net/archives/3066

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――その他――
    【執筆中 進撃の巨人Another ――104期相談所編―― ユーク「勉強の方法が分からない?」】
    http://www.ssnote.net/archives/4493


    ――雑談――

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924


    ――その他情報媒体――

    【随時更新中 SS Pedia記事 『進撃の巨人Another』】
    http://dic.ssnote.net/articles/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BAAnother
  148. 148 : : 2013/12/14(土) 14:20:22

    夏の定番!肝試し編完結!!

    珍しい事にPart3,4⇒Part2⇒Part1の順に書き始めたお話でした

    一昨日あたりから雪が降って、車の運転が慎重になりますね
    こちらは雪国なので、慣れっこですが寒いのはやっぱり苦手です(キーボードが打てなくなるから...)

    明日はどちらを投稿しようかなぁ?

  149. 149 : : 2013/12/14(土) 23:57:10
    そろそろ本編が気になるでござるよ
  150. 150 : : 2013/12/15(日) 00:31:00
    >>149
    まだ出来ていないでござる

    やばい

  151. 151 : : 2013/12/15(日) 18:56:01
    >>150
    自分のペースで大丈夫でござるのよ

    女型の巨人捕獲作戦がユークが介入することでどうなるのかが楽しみでござる
  152. 152 : : 2013/12/15(日) 21:04:47
    >>151
    本編つくりました。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場